FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通行止め二世ネタ

740 名前:通行止め二世ネタ [] 投稿日:2010/12/01(水) 00:57:44.32 ID:WHPSkoAO [3/8]
家族愛っつっても配偶者的な意味なので、苦手な方はお気をつけ下さい









「別に、お前がやンなくてもよォ…」

「これからは私もやります。いえ、やらせてください」

「お母さんは嬉しいけど、あなたはまだ小さいからなあ」

「背丈的に無理があることはしません。それに、あと同じ年の分だけ生きたら成人です。お母さんもお父さんも家事が下手ですし、と今更ながら私は心配しているんです」

「否定はできねェけどよォ…」

「あははー…、結構上条さんだったり浜面さんにお世話になってるからねってミサカはミサカは…あっ、いけない」

「この家に両ご夫妻が来る回数は異常だと私は思うわけです」

「…確かにアイツらには世話になってるわなァ。だがなァ、こいつは電磁波が影響しちまって、俺は単に短気だけど、家電もすぐに壊れンだよ」

「それは開き直りというものです」

「あなたってば10歳にさとされてるのね」クスクス

「お母さんだって同じくです」

「はあい」




741 名前:通行止め二世ネタ 2[] 投稿日:2010/12/01(水) 00:59:34.08 ID:WHPSkoAO [4/8]







「話は逸れましたが、とにかく私にだって任せて下さい」

「んー、どうしよっか」

「…ン…お前に任せる」

「じゃあ、お風呂洗ったり、たまに掃除機かけたりしてくれたら助かるな」

「分かりました」

「お母さんは頑張ってお料理するから」

「俺は?」

「あなたは家電に喧嘩売る癖を直そうね」
「だけどよォ、アイツらが俺のことを」

「被害妄想だってば」

「絶対違ェ」

「でも、修道女であるインデックスさんは扱いがお上手でした」

「お前まで憐れみの目で俺を見るンじゃねェ!!つーか、あのシスターに使えて俺が無理ってことは絶対嫌われてンの!!」

「はいはい」

「お父さん、頑張って下さい」

「うっ…、分かりましたァ」



742 名前:通行止め二世ネタ 3[] 投稿日:2010/12/01(水) 01:08:47.64 ID:WHPSkoAO [5/8]






「料理は、美琴さんだったり、滝壺さんに教わろうかと思っています」

「お前だけは炊飯器クッキングを教わりに行くな!絶対に!!」

「黄泉川先生ですか」

「昔ね炊飯器が一斉に爆発して、台所壊れて以来、この人は怖がるの」

「あれは悪魔に違いねェ…!」

「お父さんの方が怖いと思いますが」

「うるせェ…、まァ良い。炊飯器は絶対禁止な!」

「わかりました」



このあと、一番若くて一番見た目は大人の叔母に、彼女は炊飯器クッキングバージョン改を教わることになるのだが、まだこの一家は知らない……。





743 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] 投稿日:2010/12/01(水) 01:11:00.18 ID:WHPSkoAO [6/8]
この美琴さんは垣根か削板と結婚してるイメージです、ありがとうこざいました

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。