FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「変ゼミ・・・?」 第四話

207 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 01:09:08.99 ID:t1RsKS1V0
第4話 原石の発掘~後編~

ほのぼの・閲覧注意

木山「さて、上条君は御坂君を目覚めさせたので[優]評価3回分だが・・・
一方通行とは知り合いなのだろう?彼についてもお願いしたい」

上条「いやいやいやいや!それは無理ですよ木山教授!一方通行って言ったら
学園都市第1位の能力者ですよ!?そんなの変態を自覚させる以前の問題ですって!」

上条(一回勝ってはいるけど、ありゃまぐれみたいなもんだしな・・・)

木山「いや、それについては心配ないよ上条君」

上条「・・・?というと?」

木山「今回はコトがコトだからな・・・変ゼミOBがサポートに来てくれている、彼の力を借りれば
今回は楽に事を進められるだろう」

上条「変ゼミOBって・・・木山教授のおっぱいを吸った人ですか?」

木山「それは残念ながら違うな、彼は現在おっぱいパブのマスターとして
学園都市の外で立派に働いているよ」

上条「じゃあ一体誰が・・・」

コンコン

???「失礼します」

木山「む、時間通りだな、入ってくれ」

208 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 01:15:36.12 ID:t1RsKS1V0
土御門「木山教授が呼び出してくるなんて・・・珍しいんだにゃー」

木山「やぁ、土御門君、久しぶりだね」

上条「つ、土御門おおおおおおぉぉぉぉぉ!!!???」

土御門「んー?カミやんがいるってことは、木山教授、カミやんも[目覚めた]のかにゃー?」

木山「うむ、その通りだ・・・彼は紛れもない原石だったよ、君の報告には感謝している」

木山「まだ変ゼミに入って2週間もしていないのに、子羊を1匹導いた・・・これは驚くべき事だ」

土御門「さっすがカミやん、この俺が目を付けただけはあるにゃー!」

上条「じゃ、じゃああれか?土御門ももしかして元・変ゼミの生徒・・・?」

土御門「そうだにゃー・・・俺も自らの欲求を受け入れられず苦しんでいた所を、木山教授に
救ってもらったぜよ、この恩はとても返しきれるものじゃないんだにゃー」

上条「そうだったのか・・・ところで、土御門が持ってた悩みってのは?」

209 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 01:25:00.59 ID:t1RsKS1V0
土御門「ん?それはもちろんシスコンだにゃー?俺は舞夏の事が好きで好きでたまらなかったけど、舞夏は義妹ぜよ・・・
妹が好きだなんておかしいって思ってたもんだにゃー、でも舞夏も俺のことが好きだったんだぜい!
そうして相思相愛になった俺と舞夏はラブラブになったんだにゃー!」

上条「・・・・・・・・・・・・・」

土御門「なんぜよその目は」

上条「いや、当人が満足ならそれでかまわねぇよ・・・うん」

土御門「おお・・・カミやんがツッこまない・・・!さすが木山教授だにゃー・・・!
たしかにこれは期待の新人ぜよ・・・!」

木山「うむ、そうだろう・・・まあ積もる話もあるが、とりあえず本題に入ろう」



211 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 01:38:03.38 ID:t1RsKS1V0
木山「さて、まずは情報を整理しよう」

木山「一方通行には隠れた願望があり、かれは自らが変態たりえる事を認めていない・・・
これは私が彼を実際に目にしたから言えることだ、長年のカンにかけてこれは間違いない」

土御門「木山教授がそう仰るならそうだにゃー」

木山「そして、一方通行の私生活に関する情報も土御門君からレポートにまとめてもらってある」

上条「な、お前一方通行と知り合いだったのか?」

土御門「そうだぜーい?ま、これに関してはノーコメント、だがな」

上条「お、おう・・・(真面目口調に戻ったってことは、知られたくないって事か・・・?」

木山「でだ、彼は今10歳付近の少女とアンチスキルの職員、無職の女性と同居している」

上条「いいんですか?そんな情報・・・プレイバシーもへったくれもないような・・・」

土御門「カミやん」

上条「な、なんだ?」

土御門「秘密厳守だ、わかるな?」

上条「あ、ああ・・・(相当ヤバイってことか・・・!)」

213 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 01:44:27.14 ID:t1RsKS1V0
木山「彼はよく、その10歳付近の少女と行動を共にしているようだ」

上条「・・・?アイツってそんなちっちゃい女の子と一緒に歩くようなヤツだったかな・・・?」

土御門「まぁ、人それぞれ色々事情があるんだにゃー」

木山「さて、ここまでの情報だけで彼が変態に目覚めるとしたら、どんな性癖が出てくると思う?上条君」

上条「え?・・・・・・・・・そりゃ、10歳付近の子と一緒に出歩くんだから、ロリコンとかじゃないんですか?
あんまり想像できないけど」

木山「ここまでの情報で判断するならばそれが妥当だ・・・だが、そうではない」

木山「土御門君・・・あれを」

土御門「カミやん、いや、上条当麻」

上条「お、おう」

土御門「これを見たらもう後戻りはできない・・・それでも見るか?」

上条「・・・・・・・ゴクリ・・・・・・・そこまでヤバいものなのか?」

土御門「ああ・・・・・・・俺もこれを始めてみた時は、原典を見たんじゃないかと思ったぞ」

215 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 01:47:12.38 ID:t1RsKS1V0
上条「原典って・・・あの原典だよな?」

土御門「そうだ、原典クラスのヤバさだ」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・わかった、見るぜ」

上条「土御門だけに危ない橋を渡らせるわけにはいかねぇよ」

土御門「後悔しないな?」

上条「・・・・・・・あぁ」

土御門「木山教授、お願いするにゃー」スッ

木山「ああ、わかった」

上条(DVD・・・?いや、これはBDか・・・・・・)

216 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 01:51:44.91 ID:t1RsKS1V0
ザザーッ・・・・・・

土御門「これは一方通行の住むマンションから15kmはなれた場所からの撮影だにゃー」

土御門「俺もなりふりかまってられないからにゃー・・・仕方なかったぜよ」

上条「15kmって・・・そこまで警戒する必要があるのか?」

土御門「おそらくアイツなら5km以内で監視した位なら気がつくと思うんだにゃー」

上条「そりゃ言いすぎってもんじゃ・・・」

土御門「いや、言いすぎじゃない、お前もこれを見ればわかる・・・15km離れててよかったなと」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・ゴクッ」


217 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 01:56:23.81 ID:t1RsKS1V0
ウィィィィィィー・・・


上条「これは・・・・・・・一方通行の部屋か?」

土御門「そうだにゃー、いっつもカーテンを締め切ってて、中の様子がわからないようになってるぜよ」

上条「それじゃあこんな遠くからズームしても、意味ないんじゃないのか?」

土御門「・・・ところが、今日に限ってはカーテンを開けたんだにゃー」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・」

土御門「きっと驚くだろうが、まずは黙って見てて欲しいぜよ」

221 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 02:01:45.03 ID:t1RsKS1V0
上条「お・・・一方通行がカーテンを開けたぞ」

ウィー・・・

上条「おお・・・カメラが近づいて・・・ん・・・?これは・・・?」

上条「お、俺の写真!?」

上条「しかも1枚や2枚ってレベルじゃねぇぞ!?壁一面に・・・ベッドの上にもある!」

上条「ポスターまで俺の顔が・・・・・・・・・パソコンの画面は俺の笑顔・・・・・・
け、携帯電話に俺のミニチュアストラップ・・・・・・」

上条「つ、つちみかど・・・こ、これは一体なんでせうか・・・・・・・・・?」

225 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 02:08:41.62 ID:t1RsKS1V0
土御門「見ての通り、お前の大ファンだにゃー!」

上条「なにぃぃぃいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!???」

土御門「この映像の中で確認できるだけでも、当麻ストラップ、当麻マグカップ
当麻タオル、当麻壁紙、当麻ポスター、当麻座布団、当麻ベッドカバー、当麻抱き枕
当麻そげぶ目覚まし(時間になるとその眠気をぶち殺す!と合成音声で喋る)
当麻タンス、当麻Tシャツ(達筆な字でそげぶ)当麻仕様M9 etc,etc・・・
あげればキリがないんだにゃー」

上条「な・・・ななな・・・ここここれは・・・ていうか俺の知らないような写真まで・・・」

上条「ね、寝顔とかいつ撮ったんだ・・・?」

土御門「結論から言おうカミやん」

土御門「一方通行はカミやんの大ファンかつ隠れストーカーって事だにゃー!」

上条「・・・・・・・・・・・・・!」パクパク

木山「開いた口がふさがらないとはまさにこのことだな・・・」

227 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 02:12:44.81 ID:t1RsKS1V0
上条「」

土御門「あーあ・・・だから言ったのに、カミやん魂が抜けちゃってるぜよ」

木山「彼にはまだ早かったか・・・?」

土御門「まぁ仕方ないにゃー、俺もこれを見てからは一方通行を見るたびにビビッてしまうんぜよ」

土御門「ま、それにこの先には救いがあるだけカミやんはマシなんだにゃー」

木山「そうだな・・・流石に私もこれだけのゆがんだ愛情をぶつけられたら相当クルだろうな」

土御門「ほら、カミやんー?起きろー?魂が天国までイッちまったかにゃー?」

上条「・・・・・・・・・・ハッ!」

228 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 02:17:54.62 ID:t1RsKS1V0
上条「こ、これは現実なのか・・・?まさかあの一方通行が俺のストーカーだなんて・・・」

土御門「事実は小説よりも奇なり、ってにゃー、それにまだ一方通行がただのストーカーと
決まったわけじゃないんぜよ」

上条「ま、まだ何かあるのか・・・?」

土御門「まだまだあるんぜよ、さあ、現実を直視するぜよカミやん!」

上条「こ、こんな現実・・・幻想であって欲しいぜ・・・」


ウィー・・・・・

上条「一方通行が服を脱ぎ始めた・・・もうなんかあらゆる意味でお前を見たくねぇよ一方通行・・・・・・」

土御門「まぁまぁそういわずにカミやん」

上条「うわ・・・インナーも俺関連のプリントが・・・アクセサリもK(上条)T(当麻)・・・どんだけだよ・・・」


上条「

231 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 02:24:11.98 ID:t1RsKS1V0
やべぇ中途半端に送信しちまった

上条「なぁ土御門・・・もうこんな一方通行の着替えなんて見なくてもいいんじゃないか・・・?」

土御門「いやいや、これからが本題なんぜよ」

上条「本題って・・・」

上条「んなモン一方通行がズボンぬいでショーツに手をかけ・・・・・・ショーツ?」

上条「お、おい土御門、まさか一方通行は俺のストーカーな上に女装趣味とか言うんじゃないだろうな!?」

土御門「いや、それは違うにゃー」

上条「じゃあなんだってッ・・・・!?」








土御門「一方通行は男でもあるし、女でもあるんだにゃー・・・・・・・・・」


上条「ち・・・ちん○んと・・・・・・お○んこが一緒に・・・・・・・・・・」

238 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 02:32:33.89 ID:t1RsKS1V0
上条「これは・・・上条さんもいろんな物を見てきましたけれど・・・・これは・・・・・・」

土御門「人体の神秘という他ないぜよ・・・・・・」

木山「彼の能力、一方通行はあらゆるベクトルの操作・・・だが、彼は今までその能力を
外的要因のほぼ全てを反射する設定にしていたそうだ」

木山「そのせいで体内のホルモンバランスが崩れ、あのような体になったのだろう」

上条「うわ・・・・・・男の裸だから見てもいいだろって気持ちと女の子の裸を見ているという罪悪感が・・・」

木山「別に彼のような条件でなくとも、彼のような両性具有は今まで世界に多数確認されている」

上条「え!?そうなんですか!?」

木山「ああ、少なくとも明治以前から[ふたなり]という単語が存在する程度には認知されていた」

木山「といっても、遺伝子的には男性だが女性の形態をとる、というものもあるから、彼のように露骨に性器がはっきりとしているのは・・・世界初かもしれないな」

239 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 02:39:50.12 ID:t1RsKS1V0
上条「うわ・・・なんだろう・・・見ちゃいけないのに見なきゃいけないような・・・そんな気がしてきた・・・」

土御門「俺も始めてみた時は、前半の重度の当麻ストーカーっぷりでドン引きしたぜよ・・・・・・
しかしここにきてふたなりというダブルパンチ・・・学園都市第1位はあらゆる意味で恐ろしいにゃー」

木山「こうなると彼?彼女?の行動が違った物に見えてくる」

上条「というと・・・」

木山「ああ、おそらく一方通行は単に同性愛としてではなく、君を異性として好きかもしれない、ということだ」

上条「そりゃ・・・あんな格好してたら異性かもしれないですけど・・・・・・」

上条「うわ・・・当麻パジャマを着てるぞ・・・ってか下着つけねーのかよ!ベビードールかっつーの!」

土御門「・・・なんでカミやんはベビードールなんて単語知ってるんだにゃー?」

上条「あ・・・いや、変ゼミの課題で・・・」

土御門「・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・なんなんだよ!なんとか言えよ土御門!」

土御門「カミやんも成長したにゃー・・・鼻が高いぜい」

上条「ぐ・・・・・・・・」

242 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 02:48:46.33 ID:t1RsKS1V0
上条「そ、それより一方通行は・・・?あ、布団に入るのか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土御門「一方通行が当麻人形に何かささやいてるにゃー」

上条「これは・・・何て言ってるんだ?」

土御門「せっかくなので読唇術のスペシャリストに読み取ってもらったにゃー」

上条「おお・・・なんて言ってるんだ?」



一方通行「当麻ァ・・・だいすきだぜェ・・・夢の中でしか会えねェけどよォ・・・
俺はいっつもお前の事考えてよォ・・・目標にしててよォ・・・
苦しくて寂しいけど・・・俺に明日がんばる勇気をくれェ・・・
・・・・・・ン・・・・(ここで当麻人形にキス)・・・おやすみ・・・とーまァ・・・」



上条「」

土御門「やっぱり刺激が強すぎたにゃー」

木山「やはりな・・・明らかに彼のキャラじゃないことはたしかだ、それだけはわかる」

243 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 02:54:30.61 ID:t1RsKS1V0
上条「もーえるーたーいよおー、せーにうーけてー
ゆくぞー、はっしんー、まぁしんがうぅーなぁーるぅー」

土御門「ダメだ、カミやんがついに現実逃避を始めたぜよ」

木山「無理もない・・・この映像を見たのが我々だけだったということが唯一の救いだろう」

上条「おれーはきかいだてつじんだー、いまーときはなーてーよーはがーねのたまーしいー、いくぜー」

土御門「はぁ・・・一方通行はカミやんが適役なんだけどにゃー」

木山「今はヘタに刺激しないほうがいいだろう、彼が落ち着いてから作戦会議だな」

土御門「ま、変ゼミに入って日が浅いカミやんにはちょっと無理がある内容だったのは間違いないかもにゃー」

木山「私ならともかく、土御門君ですら身もだえする内容だからな・・・
さぞかし、初めて剥いた包茎の少年のように強い刺激だったろう」

土御門「いや、そのたとえはおかしいぜよ」

244 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 02:56:05.89 ID:t1RsKS1V0
眠気が限界すぎるので一旦中断!
明日も同じく7時くらいから投下予定!
落ちてたら立てるよ!じゃあね!

283 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 19:08:07.37 ID:t1RsKS1V0
きたわよ
>>275可愛い事言ってくれるじゃないの・・・
ウンコの出が悪いから俺の家まで来てケツに浣腸をしてもいいぞ

285 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 19:16:44.68 ID:t1RsKS1V0
超電磁砲23話の木山センセかわいそうだった・・・そして木原くぅぅぅぅぅぅンは顔芸がひどかった

3時間後

土御門「どうぜよ?カミやん、ちょっとは落ち着いてきたかにゃー?」

上条「あ、あぁ・・・ちょっとこの世の見方って物が変わりそうだったけど
なんとか大丈夫だ、認めたくないけど」

土御門「いいじゃないか、嫌われるならまだしも愛されるなんて喜ばしいことぜよ?」

上条「限度ってモンがあるだろ!・・・はーっ、まさか一方通行が俺のストーカーで、ふたなりだなんて・・・不幸だ・・・」

木山「嘆くのはいいが、君のその言葉を彼が聞いたら相当ショックを受けると思うぞ?」

木山「彼を救ってあげられるのは君だけだ・・・そんな君が彼を否定してどうする」

木山「変ゼミの方針を忘れたのか・・・?彼は自分が変態だと自覚してないんだぞ?」

上条「・・・そうですね、すみません」

上条「俺、がんばりますよ、木山教授」

木山「その意気だ、上条君(こんな感じでいいか?)」

土御門(ナイスアシストぜよ木山教授)

287 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 19:23:04.99 ID:t1RsKS1V0
木山「でだ、上条君、彼を救うにしてもまずは接触しなければ意味がない」

木山「私も彼を目にする機会はあったが、それは本当に偶然だったんだ・・・
土御門君の協力が無ければ名前だって知らなかったかもしれない」

木山「そこで今回彼と接触するための手段として・・・これがある」

土御門「断っておくがカミやん、これも多少ショックを受ける事になるけど
さっきの映像よりは多少はマシだからがんばって見て欲しいにゃー」

上条「・・・・・・・・・・もう上条さんは大抵の事なら受け入れられると思いますよ!?」

木山「では、いいな・・・・・・・上条君、時に君はインターネットは利用するか?」

上条「いえ、家にパソコンはないんで・・・使い方くらいならわかりますけど」

木山「学園都市にしてはめずらしいな、君は・・・・・・まぁいい、今から説明しよう」

289 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 19:38:54.63 ID:t1RsKS1V0
木山「学園都市のインターネットには色々なホームページがあるが・・・それはたとえばニュースサイトやSNS、掲示板にブログとか、だ」

木山「そんなサイトの中にSNSとファンクラブが合体してサイトがあるんだ」

木山「それが、これだ」

上条「上条当麻様ファンクラブ・・・・・・・・・・・・・・・・!?」

木山「君がインターネットを使っているならば知っているかもしれないと思ったんだが・・・
その反応を見る限り、どうやら知らなかったようだね」

土御門「ちなみに俺も知らなかったんだにゃー」

木山「一方通行にどうやって接触しようかと思っていたが、どうやら彼はこのサイトの管理人・・・
上条当麻ファンクラブの会長であり創始者だ」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・なるほど」

土御門(引いていない!?・・・順応性があがっているぜよ!?)

木山「このサイトはSNSの機能も兼ねており、極めて閉鎖的でもある、このサイトのメンバーに
招待してもらわないと、トップページから先には進めないようになっている」


292 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 19:52:49.17 ID:t1RsKS1V0
木山「・・・・・・上条君はよく学園都市で困っている人を助けているようだね」

上条「あ・・・別にそんなつもりじゃないんですけど・・・助けてるのかぁ、俺?」

木山「ここは君に助けられて一目惚れをしたり、君に好意を寄せている人間が
君に助けられたエピソードや君の勇姿を投稿したりし、て皆で上条様を応援しよう・・・
という主旨のサイトらしい」

土御門「カミやん病もここまで来るとある意味魔術の粋ぜよ」

木山「私も君に助けられたからな・・・上条様体験談投稿フォーム、という所に
君との話を投稿させてもらったよ」

木山「カギを一緒に探してもらった、くらいでは招待してもらえないと思ったが・・・
何か琴線に触れる物でもあったのか、16人の招待を受けてサイトに登録する事ができたよ」

土御門「流石です上条様!こんな小さな事でも助けに来てくださるだなんて・・・!
私感動です!」

土御門「これが上条様のデフォルトです、フラグメイカーの異名は伊達ではありませんよ!」

土御門「相当慕われてるみたいだにゃー、カミやん」

上条「・・・なんか恥ずかしいな、知らない人からこんな好意を受けるなんて」

294 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:04:08.79 ID:t1RsKS1V0
なんか脱字が目立つな・・・

木山「ちなみに私は初期投稿で15人以上の招待を受けたからゴールド会員だ」

木山「初期投稿で1人以上5人以下はブロンズ、6人以上10人以下はシルバー
11人以上16人以下はゴールド、飛んで40人以上の招待を受けるとプラチナ会員になる」

木山「会員のランクはサイトへのアクセス、上条様エピソードへのレスポンスや評価によって
レベルがあがるシステムになっているようだ」

木山「会員レベルによって出来る事が増えていくようだが、まぁそれは割愛しよう」

木山「幸運にも私はゴールド会員になることが出来たから、かなり上位のメンバーである幹部や
会長にメールで連絡できる権利を手に入れた」

上条「それじゃあ管理人の一方通行に連絡が!?」

木山「ああ、これで接触を図れるだろう・・・が、これを見てくれ」

上条「管理人の名前・・・?・・・・・・・・・・・・・・・・・鈴科百合子?」

木山「偽名、だろうな」

土御門「まぁこれで一方通行なんて書けるわけないにゃー」

296 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:15:32.95 ID:t1RsKS1V0
木山「ゴールド未満は会長の名前どころか、会長の書き込み、プロフィールも閲覧できない
設定になっていた」

木山「プロフィールを見る限り、驚く事に彼の書き込みは100件以下だ・・・
だがしかし、彼のコメントへのレスポンスは1万件以上、ファンクラブ内での信頼も厚いんだろう」

木山「しかし彼が偽名でこのサイトを運営している以上、一方通行の存在を知っている
事を仄めかすようなメールを送ってしまえば怪しまれ、接触できないかもしれない」

上条「じゃあ一体どうするんです?」

木山「ゴールド会員の権限を使う」

上条「?」

木山「ゴールド会員の権限の中に、ファンクラブ会員全体へ連絡をする
上条様緊急速報!という機能がある」

木山「2週間に一度しか使えないが、会員用トップページに私の書き込みを表示させる事ができる」

木山「これを利用して、上条当麻がとある場所に出現する、との書き込みをする」

木山「恐らく熱心なファンならば、君を一目見ようと集まりに来るだろう」

297 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:24:48.79 ID:t1RsKS1V0
>>295プラチナ会員は幹部定例会議や
有志作成の上条グッズが手に入るから非常に格式高い会員なのだ!

木山「それは会長である一方通行も例外ではないはずだ・・・」

上条「ならその場所にいけば一方通行に会える・・・?いや、それじゃあダメなんじゃないですか?
他の会員も現われたら、一方通行と接触してる場合じゃないんじゃ」

木山「それも問題はない」

木山「上条当麻様ファンクラブの掟として、君に話しかけられたり、助けられたりしなければ
君に話しかけてはいけない、というルールがあるんだ、もちろん作ったのは一方通行だ」

木山「だから君がその場所に現われても、遠巻きにちらちら見たりするだけだろう」

上条「そうなんですか・・・じゃあその時に一方通行を見つけて話しかければ?」

木山「ああ、他の会員も手出しは出来ない」

木山「それに、一方通行がふたなりだと知っているのは我々3人だけだ」

土御門(読唇術のスペシャリストもだにゃー)

木山「彼は男性の格好で来るはず・・・ならば、鈴科百合子など明らかに女性の名前だ
会員が彼を会長だと気づく余地もない」

299 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:34:00.16 ID:t1RsKS1V0
上条「なるほど・・・それならいけそうですね」

木山「ああ、後は追って連絡する・・・土御門も、これでいいな?」

土御門「俺からは特にないんだにゃー」

上条「あ、でも俺って何かしなきゃいけない事とかはないんですか?」

木山「君は普段どおりで構わない、御坂君と同じく、その時が来れば
君がすべき事は君自身で理解できるだろう」

木山「さて、今日はここまでだ・・・とりあえず解散としよう」

木山「諸君、成功を祈る」

上条「はい、木山教授」

土御門「カミやんがいれば楽勝だぜーい」

~~~~~~~






御坂(・・・・・・・木山教授に課題を出そうと思ってたけど・・・凄い事聞いちゃったわね)

300 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:40:34.60 ID:t1RsKS1V0
御坂(とりあえずここにいるのはマズいわ、一旦どこかに逃げて・・・!)タッタッタッ





土御門「じゃ、カミやん、言うの忘れてたけど、小萌先生が『上条ちゃんは、木山先生の下で
頑張ってるみたいなので、追加の宿題は免除してあげるなのですよー!』
って言ってたぜーい」

上条「マジでか!?くう~~~~~~~っ!!ありがとう木山さん!ありがとう変ゼミ!」

土御門「伝える事も伝えたし、俺は帰って舞夏と午後のアバンチュールとしゃれ込むんだにゃー」

上条「おう、またな!土御門!」

上条「いや~~、これはついに上条さんにもいい風が吹いてきてるって事ですか!?」

上条「午後も空いてるし、インデックスと・・・・・・ぐふふ」



御坂「ちょ、ちょっとアンタ!」

上条「んぁ!?美琴か・・・びっくりさせんなよな」

御坂「あ、ごめん・・・そのさ、アンタに聞きたいことがあるんだけど」

上条「ふふーん、何でも言ってごらんなさい?今上条さんは大変機嫌が良いのです!」

302 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:47:25.71 ID:t1RsKS1V0
御坂「・・・・・・・・・・・一方通行が・・・・・・・・・・・・・・ふ、ふたなりって、ホント?」

上条「!!な、なんでお前がその事を・・・・・・」

御坂「木山教授の部屋の前で聞いちゃったのよ・・・悪いとは思ったけどさ、つい・・・」

上条「そうか・・・・・・ってことは、俺たちのやろうとしてることもか?」

御坂「うん・・・」

御坂「ね、ねぇ、私にも何か手伝える事ってない!?」

御坂「一方通行は妹達を1万人も殺したわ・・・それは許せることじゃない」

御坂「でも・・・あんなやつでも、自分自身を許せていないんでしょ」

御坂「私も自分を認める事が出来なくて辛かった・・・・・・とても苦しかった」

御坂「アイツもこんな気持ちを味わってるんだとしたら・・・・・・放っておけなくなっちゃって」

上条「美琴・・・・・・・・」

上条「いいのか?もしかしたらアイツは自覚以前の変人かもしれないんだぞ」

御坂「そんときゃアンタが右手でアイツの頭つかんで、私が顔面を殴り飛ばしてやるわよ」

御坂「こんなヤツにノロけてないで、さっさと自分の罪を償え!ってね!」

上条「・・・・・・・・・へっ、いいぜ、美琴も協力してくれ!」


304 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:54:55.31 ID:t1RsKS1V0
御坂「うん!」






スフィンクス「次のh ドガッ

インデックス「次の日なんだよ!出番が少ないんだよ!これくらい喋らせて欲しいんだよ!」

スフィクス(こやつめ・・・)




木山「準備はいいか?上条君」

上条『オーケーです、木山さん』

土御門『こっちも準備万端だにゃー』

御坂『私も大丈夫です』

木山「・・・・・・・・・正直、私は今でも反対なんだがね」

305 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:55:49.43 ID:t1RsKS1V0
上条『すみません、でも美琴も真面目に考えての行動なんです、許してあげてください』

御坂『コイツが私を救ってみせたんだから、私だって一方通行を救えるはずです、信じて下さい木山教授!』

木山「・・・・・・・わかった、成功した場合は君たち二人に[優]と[普]評価1つずつだ、いいね?」

上条『はい!ありがとうございます!』

御坂『あっ、ありがとうございます!』

土御門『・・・そろそろ済んだかにゃー?・・・・・・・・・時間だ』

木山「よし、各員準備はいいな?・・・・初め!」

307 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 21:08:09.90 ID:t1RsKS1V0
上条「って格好よく作戦開始したのはいいけどさ・・・俺突っ立ってるだけじゃねえか」


・・
・・・

上条「ひ・・・・・・暇だ・・・・」


ガガッ
土御門『こちらポジションについたぜよ』

御坂『私もいつでもいいわよ』

木山『上々だな・・・上条君、聞こえるか?』

上条「はい・・・・・・・・・・ナノマシンってすごいですね、首に手を当てるだけで無線通信が出来るなんて」

木山『相手は一方通行なんだ、これくらいしないとな』

木山『・・・・・・・・・・・・周りを見てみろ、上条君、しかしゆっくりと、自然に風景を観察するようにだ』

上条「?・・・・はい、わかりました」

308 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 21:08:54.00 ID:t1RsKS1V0

会員A「きゃっ・・・上条様よ・・・♪あの情報は正しかったのね!」

会員B「あの気だるげな佇まい・・・・・・はぁはぁ・・・・・・あの腕で抱かれたい・・・・!」

会員C「・・・・・・パシャッ・・・・・・パシャッ・・・・・・パシャッ・・・・・パシャッ」

会員Y「さすがあいつじゃん、見所あると思ったけどここまでとは思わなかったじゃん」

会員K「そうですよー、上条ちゃんは誰からも慕われる良い子なんですよー?」

会員I「ロ、ロンドンから超音速機で来たかいがありました・・・」

会員K「そ、そうですね・・・・・・バレてないでしょうか?」



上条(・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・くそ、ツッこんじゃいけない!スルーだ!スルーするんだ!)

310 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 21:17:10.15 ID:t1RsKS1V0
木山『既に続々とファンクラブのメンバーが男女含めて300人以上そのエリアに集結してきている』

木山『気を抜くなよ上条君・・・不幸な事故を装って君と接触を図ろうとする会員がいるかもしれない』

木山『一方通行を見かけたらなるべく自然に彼に接触を図れ』

上条「男女!?男もいるんですか木山さん!?・・・・・うぉぉう!寒気を感じる・・・・ッ!!
わわわ、わかりました、見つけたら速攻で接触します!通信終わり!」

会員A「独り言かしら・・・?まさか上条様、お悩み事でも・・・?私、心配です・・・・」

会員B「はぁはぁ・・・ナイーブになってる上条様もステキ・・・・・・抱いて・・・・・・」

会員C「フーッ・・・フーッ・・・フーッ・・・・・・・・パシャパシャパシャパシャパシャ」



上条(クソッ・・・・!こんなの間に合わないんじゃないか!?)

316 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 21:36:31.09 ID:t1RsKS1V0
>>309やべぇやっちまった^o^

上条(くそ・・・!早く来てくれーっ!一方通行ーっ!)


「でよォ、俺は納豆クレープは邪道なンじゃねェかって思うンだよなァ・・・そうだろォ?」

「そう?あれって結構おいしいんだよ?ってミサカはミサカはチャレンジ精神の大事さを教えてみたり!」

「あァ!?マジで言ってンのかテメェ!?よくやンぜ・・・」


上条(この特徴的なガフガリオン!間違いない!一方通行だ!)

上条(・・・でもおかしいな、俺を見に来たのに女の子と一緒にいるぞ?)

「おい!黄泉川テメェ!俺は今日用事があるって言ってただろォ!?なンで家にいねェンだよ!」

「あ?そんなの私の勝手じゃんよ、私にも用事くらいあるじゃんよ」

「チッ・・・、とにかく打ち止めを預けンぞォ・・・さっさと家に帰りやがれ」

「ったく・・・しょうがないじゃんよ、打ち止め、一緒に家に帰るじゃん?」

「えー!せっかくお外に出たのにー!ってミサカはミサカは不満を訴えてみる!」

「おい・・・チビ、この金で帰りにアイスでも買ってろォ・・・さっさと家にかえンな」

「わーい!やったやったー!ってミサカは割と現金なところをアピールしてみたり!」


318 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 21:44:54.15 ID:t1RsKS1V0
上条(一方通行が一人になった・・・?これは、チャンスか!?)

上条(でも一体どうやって接触する・・・?あの1件があるし、そうホイホイと声をかけるわけには・・・)

上条(・・・・・・・・・・ッ・・・・・・なんだこの強烈な視線は!?
まるで蛇を目の前にした蛙のような気分だぜ・・・!)

上条(くっ・・・・・・一般人を装った俺のファンの何百もの目線があってどれかわからない・・・・!)

上条(誰だ・・・・・・?この視線の先は・・・・・・?)







一方通行「         <●>       <●>       」







上条(ひぃいいぃいぃぃいぃぃぃぃぃいぃぃいぃぃ!?)

320 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 21:48:48.26 ID:t1RsKS1V0
上条(怖い!怖い!何が怖いって目が怖い!死んだ魚のような目っていうか!
養豚場の死に行く豚を眺める目っていうか!)

上条(でも俺が目を合わせようとすると絶対に目をそらすその自然さが何より怖い!)

上条(やべぇよなんだよなんなんだよなんなんですかこれ!
人間ってあんな目で人を見れるんですか!?愛の行く末があんな目なら俺は愛なんていらないですよ!)

上条(うわぁ・・・・・・・もう嫌だ・・・・・・家に帰ってインデックスとイチャイチャしたい・・・・・)

上条(・・・・・・・?携帯・・・・・?何を・・・・・)

木山『上条君!?緊急事態だ!返事はしなくてもいい!』

上条(今度は一体なんだ!?)

325 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 22:03:23.50 ID:t1RsKS1V0
木山『上条当麻様ファンクラブのホームページに一方通行の書き込みが入った!』

木山『読み上げるぞ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
投稿者・鈴科百合子 題名・会員No14823 木山さんの上条様緊急速報!について
皆様こんにちわ、上条当麻様ファンクラブ会長の鈴科百合子です。ご機嫌いかがでしょうか?
ゴールド会員未満の方には私の情報は公開されていませんが、今回の緊急速報について
思う所があり、一時的に規制を解除しました。
結論から言えば、木山さんの情報は間違いありません、上条様は○○学区の
△△にいらっしゃられます・・・。
ファンクラブ創立以来、私、鈴科百合子は上条様の勇姿を遠くから見守るだけで
充分でした・・・しかし、今日、上条様がいらっしゃるという情報を見て、いても立っても
いられなくなったのです。そして上条様はやはり上条様でした・・・
凛々しいお姿、特徴的な髪の毛、何も変わっておりません。
あまつさえ、私と目が会ったら微笑んでくださったのです!
・・・私はこの喜びを独り占めしたくはありません
ぜひ、皆様もお時間の許す限り、この場所へ来てみてはいかがでしょうか?

P.S. 大変混雑する事が予想されます、一般住民の方に危害を加えぬよう
    落ち着いた行動を心がけてください
           ファンクラブ会長 鈴科 百合子 より」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

木山『私の会員Noが約1万5千付近だ・・・!
つまり最低でも1万人近くの人間が、その場所に集結するぞ!
急いで逃げるんだ!上条君!暴動を起すファンクラブ会員が現われるかもしれない!
君の命にかかわる問題なんだ!走れ!上条君!」

332 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 22:10:15.37 ID:t1RsKS1V0
上条「いや、俺、微笑んでねぇし・・・むしろ恐怖してるっていうか・・・」

木山『泣き言はいい!とにかく逃げろ!後から土御門君と御坂君がサポートに向かう!
公共交通機関は使うな!足がつく!ジャッジメントもスキルアウトも頼りにできない!
ファンクラブ会員が根を張っているからな!とにかく足が動かなくなるまで走れ!
ハリー!ハリー!ハリー!」

上条「不幸だ・・・・・・・・不幸だ・・・・・・不幸だぁぁぁーっ!」

ダダダダダダダダダダッ!


会員A「あ、上条様が!追うわよ!B!」

会員B「はぁはぁ・・・上条様の残り香・・・クンクンはぁはぁ・・・イ・・・イキそう・・・」

会員C「カタカタカタカタカタカタカタ・・・・・・上条様は△△を南へ走ったっぽい、現場に近いヤシは写メキボンヌ・・・・・・」

会員I「!?追いますよ!女教皇様!」

会員K「い、五和!?待ちなさい!」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

一方通行「・・・・・・・・・・・とうまァ・・・・・・かわいいなァ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ニタァァァァ・・・

335 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 22:21:17.01 ID:t1RsKS1V0
投稿者・一万人の同胞たち 題名 上条様の行方Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:
上条様は今現在走りながら6km/hで南下中、住宅街に侵入する模様です

投稿者・名無しの当麻LOVE 
一万人の同胞たちキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!
毎回毎回圧倒的なスピードで上条様の居場所を突き止める
この人が来たって事は相当マジって事でいいんだよねぽまえら!?
会長様も規制解除するくらいだし・・・こりゃメシ食ってる場合じゃねぇ!

投稿者・一万人の同胞たち
住宅街のセンサーにかかりました、方向から察するに上条様の高校に向かっている模様です

投稿者・ゴールド会員@優待措置な名無しの当麻LOVE
マ   ジ   か
やっべすっげぇ近くにいる・・・
上条様にお近づきになるチャンスかも!?

投稿者・シルバー会員@もう少しでゴールドな・・・
↑まじうらやましすぎ、俺と変われ

投稿者・プラチナ会員@左方の幹部
お前ら少しは落ち着け、上条様を傷つけるような真似をしたヤツは退会処分
いや、【制裁】だからな


木山「・・・・・・・・・・・・・・・どうしてこうなった」

337 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 22:30:05.07 ID:t1RsKS1V0
上条「はぁっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・なんだってんだ・・・」

木山『FBIもビックリな速度で君の居場所が報告されている、その場所もすぐに限界だぞ!』

上条「クソッ!地下街なら人も多いから逃げれると思ったのにッ!」

木山『だが少しは状況が改善された、今現在御坂君がゲコ太のきぐるみを着て
能力を大幅に抑えながら会員を撃退している』

木山『暴動を起こしかねない会員は皆ほとんどがシルバー以下だ、能力者もレベル2以下が
ほとんどのようだしな・・・御坂君なら遅れは取らないだろう」

木山『ゴールド以上が達観しているのが救いだ・・・彼らの中にはレベル4もいる』

木山『上条君、そこから地下鉄と電車を乗り継いで第二十三学区まで向かえ!』

木山『土御門が超音速機を手配した!一旦国外まで逃げろ!』

上条「話のスケールがどんどん大きく・・・・・・・・・・・わかりましたよっ!あーもう不幸だ!」

339 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 22:37:20.65 ID:t1RsKS1V0
木山『一旦国外まで出てしまえば君の勝ちだ!急げ!』

上条「クソッ・・・・クソッ・・・・・クソッ!・・・・・愛が重い!!!!」




御坂「ふぅ・・・こんなトコかしらねー?」

ファンクラブ会員達「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

御坂「っていうか妹達までいるし・・・アイツ、何やったらこんな大人数に追われんのよ!?」

土御門『それがいわゆるカミやん病ってヤツの極みだにゃー』

御坂「男の人もいるし・・・見境なしね、それって」

土御門『俺も流石に同情しちゃうにゃー』

御坂「まぁ、別にいいんじゃないの?アイツったらいっつも女の子とベタベタしてるし・・・
良い薬になるわよ、こういうのも」

土御門『ああ、哀れカミやん、天はお前が嫌いどころかツバを吐いてるぜよ』

土御門(ねーちんが本気出さなくてほんッッッッッとうによかったぜよ・・・)

御坂「それにしても・・・・・・あ・・・・・・私の汗の匂いが・・・・んッ・・・・・・きぐるみだから
すごい蒸れて・・・・・すごッ・・・・・はぁっ・・・・・」

土御門(・・・・・・・・・・・・・・)

342 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 22:43:27.21 ID:t1RsKS1V0
御坂「んあッ・・・・・・だめ、だめよ私ったら、こんなとこで・・・・・・すぅーっ・・・・・・はぁっ・・・・
でも、・・・・ンっ・・・・・・匂いすごくて・・・・・・あっ・・・・だめなんだから・・・・・・」

土御門『美琴!!!!!濡れ濡れのドロドロになってサカッてる場合じゃないぞ!!!!!』

御坂「え!?ええええ!?」

土御門『ゆっくりと・・・・・・ゆっくりと後ろを向け・・・・・・刺激するなよ・・・・』

御坂「え・・・・ま、さか・・・・・・・」





一方通行「とうまァ・・・・・・・ケヒッ・・・・・ケヒヒヒッ・・・・ケヒヒヒヒヒヒッ!」

一方通行「とうまとうまとうまとうまとうまァ!!くけけけきかくこかきくひくかくこ!!」


御坂・土御門「『ひぃぃぃぃぃいぃぃいぃっぃぃいぃ!!!!???』」


一方通行「おいィ?・・・そこのhfamnヤロウ・・・とうahufねェかァ・・・?」

御坂(お願いだから日本語を喋ってくださいーッ!?)

344 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 22:49:28.62 ID:t1RsKS1V0
御坂(しかもなんか背中から黒い羽が!?なに!?なんなのよコレ!?)

一方通行「jhfahuねェのかァ・・・?とfhauァ・・・どこイッたンだよォ・・・?・・・・・・ケヒッ」

一方通行「てめェ・・・ほンとうにしhraのか・・・?」

御坂「―――――ッ!!!!!」ブルブルブル

御坂「ハイッ!ハイッ!知りません!そんな人知らないし聞いた事もありません!ハイッ!」

一方通行「そうかァ・・・すまねェな・・・」

御坂(あ、あれ?)

一方通行「とうまの「ニオイ」を辿っていくしかねェなァ・・・」

御坂(はぁ!?)

一方通行「くンくン・・・こっちかァ!?まっててくれよォ!!dahuァ!」

ズバンッ!

御坂(と、飛んだ!?って・・・もう見えなくなってるし・・・)

御坂「っていうかニオイって・・・なんか負けた気分ね・・・」

土御門『そんなこと言ってる場合かにゃー!ちょっとは足止めしろにゃー!」

345 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 22:55:35.48 ID:t1RsKS1V0
御坂「無理よ!!じゃあアンタなら出来たっていうの!?」

土御門『いや無理だ』キリッ

御坂「じゃあ言うんじゃないわよ!・・・・・・っていうか、あの方向・・・第二十三学区のある方向じゃない!?」

土御門『な、なんだって!?じゃ、じゃあここも危ないな・・・』

御坂「超音速機の手配は出来てるの!?」

土御門『ああ!後はカミやんだけだ!』

御坂「何やってんのよアイツ・・・早くしなさいよ!」

御坂「早くしないと・・・間違いなく【死ぬ】わ・・・」


~~~


上条「ぜぇっ・・・・・・・・・・・・・・ぜぇっ・・・・・・・・・・・・・」

木山『がんばれ上条君!そこのターミナルを出ればすぐそこに超音速機が待ってる!
もうひと踏ん張りだ!必ず生きてここから逃げろ!君は私たちにとって大事な
【原石】でもあり【同胞】なんだ!勝手に死ぬ事は許さん!』

上条「へ・・・へへ・・・・・・・きやま・・・さんが・・・・・・・こんなに熱いなんて・・・・・・
普段じゃ・・・・・・聞けない・・・・・・ですね・・・・・」

木山『もう喋るな・・・!行け・・・・・・行くんだ上条君・・・・・!」

346 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:02:59.82 ID:t1RsKS1V0
上条「へへ・・・・・・生きてこの地獄から抜け出せたら・・・・・・・・・
[優]評価を・・・・・・御坂も一緒に・・・・・・・くれますか・・・・・・・?木山教授・・・」

木山『・・・・・っ!・・・・・・ああ!やるさ![優]評価くらい安いものだ!
お願いだからっ・・・・・・・生きて帰ってくれ・・・・上条君っ・・・・・!』

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・泣いてるんですか?」

木山『ぞう”だっ!・・・生徒に危機が迫っているのに・・・・っわだじは何もでぎないっ”!
愚かな私をっ・・・・・・・・許してくれっ・・・・・・・うっ・・・・うっ・・・・」

上条「・・・・・・・・・大丈夫です、俺は絶対帰ってきます」

木山「・・・・・・上条君」

上条「まだまだ教えてもらっていない事が沢山あります・・・・・・・・」

上条「だから、こんなところでバッドエンドを迎えるワケには、いきませんよ」

木山「・・・・・・・・・・・・・・そうだな」

上条「ええ!」

348 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:06:28.20 ID:t1RsKS1V0
上条「・・・・・・・・あ、あれは!?」

土御門「カミやん!早くするぜよ!」

上条「土御門!・・・・・・・・・・・・助かった・・・・・・・・助かったんだ!俺!」

土御門「急げ!ボサッと突っ立ってるな!早く早く!」

上条「おう!」


ジャキッ

土御門「出せ!今すぐ離陸だ!他の飛行機なんか知ったこっちゃない!
責任は【グループ】の土御門が取る!だから早くだせ!」

パイロット「は、ハィィ!う、撃たないで下さい!!」


・・
・・・

ゴォォォォォォー・・・・・・


一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

350 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:09:45.54 ID:t1RsKS1V0
土御門「ふぃー・・・・・・一件落着ぜよ・・・・・・・」

上条「あぁ・・・・・・・そうだな・・・・・・今回ばかりは流石の上条さんも
人生が終わるかと思いましたよ・・・・・・・・・・・・」

土御門「俺も、もう舞夏に会えなくなるかと思って、遺書を一筆・・・・とか
思ってしまったにゃー」

上条「はははっ、そりゃぁやりすぎじゃねぇな!ありえたかもしれねぇ!」

土御門「はははっ!笑えない冗談だけど笑うしかないにゃー!」

上条「ははははははははっ!」

土御門「はははははははははっ!」


ドスンッ


上条「何だ?今の音?」

土御門「さぁ?ちょっと機長に聞いてみるかにゃー」

352 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:13:18.31 ID:t1RsKS1V0
土御門「おーい?今の音はなんなんだにゃー・・・・・・・・・・・・・ッ!!」

上条「ん?どうした?土御門?」

土御門「来るなッ!!」

上条「!?」

土御門「ここから先は・・・見るな・・・見ないほうがいい・・・」

上条「な、なにが・・・・・・・・・・・」








土御門「全員、バラバラになって・・・・・・・・・・・・・血文字で窓ガラスに

            当 麻  ☆  L O V E     


って書いてあるぜよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「――――――――ッッッッ!!!!!!!!!!」

355 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:21:12.58 ID:t1RsKS1V0
土御門「カミやん、もしかしたらこの超音速機に・・・一方通行がいるかもしれない」

上条「そんなっ!?乗った時はたしかに俺とお前と機長と職員だけだっただろ!?」

土御門「でも、現にこんな惨状が広がってるんだ・・・・・・疑いの余地はない」

土御門「幸い、自動運転制御が効いてるままだ、これなら墜落の心配もない」

上条「でも、どうすんだよっ!?こんな状況で・・・・・・」

土御門「パラシュートがあるだろ、それで脱出する」

上条「でも下は海じゃ」

土御門「それでもだ」

上条「・・・・・・ムチャだ土御門、溺れて死んじまうぞ」

土御門「・・・・・・・・・今死ぬよりかはマシだ」

上条(土御門・・・・・・・・震えてる!?)

上条「お前・・・・・・・・怖いのか」

土御門「ああ、そうだ」

359 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:26:49.87 ID:t1RsKS1V0
土御門「今まで沢山の危機に直面してきた・・・だが、これは違う
『地獄』の【るつぼ】の中にいるんだ・・・俺たちは」

土御門「俺は決めたんだ・・・必ず生きて舞夏の元に戻る
舞夏を一人にするわけにはいかないんだ!」

上条「土御門・・・・・・・・・・」

土御門「たとえカミやんが止めたとしても、俺はやる、それだけの覚悟がある」

上条「・・・・・・・・やろう、土御門」

土御門「・・・・・いいのか?」

上条「少しでも生き残る可能性があるなら、それがたとえ途方もなく低い確率でも
俺たちには充分すぎる、そうだろ?土御門」

土御門「・・・・・・・飛び降りる前に魔術を使う、これで海面に落ちた後も時間稼ぎが出来るだろう」

上条「土御門っ!」

土御門「大丈夫だ、心配するなカミやん、海上でもがくくらいの体力は残す」

361 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:33:34.73 ID:t1RsKS1V0
上条「でもっ・・・!」

土御門「でも、はナシだカミやん、今は最善を尽くす、そうだろ?」

上条「あ、ああ・・・」

土御門「そうと決まればまずはパラシュートを・・・・・・・・――――――」

上条「・・・・・・・・どうした?土御門?」

土御門「あ・・・・あれ・・・・は、はね・・・飛行機の・・・羽、羽・・・・はねのうえに・・・・」ガチガチ

上条「羽・・・・?何が・・・――――――――」


ビュオオオオオオオオ
バタバタ・・・バタバタ・・・








一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

364 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:38:28.29 ID:t1RsKS1V0
ぞあああああぁぁぁぁっっっっ!!!!!

上条・土御門「!!!!!!!!!!!!!!!」

一方通行『・・・・・・・・・・・・パクパク』

上条「つ、つちみかど・・・あいつ・・・なんて言ってるんだ・・・?」

土御門「そ・・・・そりゃ・・・・・・かくれんぼの鬼が・・・・・・・言うセリフなんて・・・・・・
古今東西一緒なんだにゃー・・・・・・・・」




見ィつけた・・・・・・・・・♪




上条・土御門「っつうわああああああああああああああああ!!!!!!!」

それは心の叫びだった、魂の奥底が悲鳴を上げていた
もう俺たちはダメだ、助からない、ここで死ぬんだ
どうしようもない理不尽が、二人を襲った

上条「つちみかどォオオオオオオオオオオオオ!出るぞォオオオオオオオオオオ!!!!!!」

土御門「うおおおおおオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!」

二人に出来る事といえば、己を鼓舞するための、絶叫であった

366 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:42:39.89 ID:t1RsKS1V0
上条「だらっしゃああああああああアアアアアアアアアアア!!!!!」

バゴンッ!!

土御門「うおアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」

ガコンッ!!

土御門「かみじょオオオオオオオオオ!!パラシュートを付けろオオオオオオオ!!」

上条「おおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」

土御門「付けたらあああああああああ!!!!ダイブしろおおおおおおああああああ!!!」

上条「んなこたわかってらああああああああああああああああ!!!」

バッ バッ

ビュオオオオオオオオオオオオオオオ

土御門「体をまっすぐにしろオオオオオオオオオオ!!少しでも速度を付けるんだああああああ!!」

上条「おああああああああああああああああああ!!!!!」

土御門「ギリギリまで粘れ!!!!!!俺が合図したらパラシュートを開けッ!!!!!」

上条「オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!」

370 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:49:30.54 ID:t1RsKS1V0
スッ・・・





一方通行「・・・・なンで逃げるンだよォ・・・とうまァ・・・・・・俺が何かしたのかよォ・・・・・・・」

上条「―――――――――――・・・え?」

土御門「カミやっ・・・・・!」

一方通行「・・・・・・ちょ、ちょっと挨拶しよォと思っただけなのによォ・・・俺、そんなに悪いこと
したのかよォ・・・・・・ごめンなァ・・・・・・・とうまァ・・・・・・・」

土御門(カミやん!カミやん!今一方通行は精神が安定してる!それはお前が近くにいるからだ!
うまく一方通行の事をフォローしろ!)ぶんばぶんばぶんぶん

上条(わ、わかった!やってみる!)

上条「い、いや!一方通行さんは何も悪くないです!た、ただ他の知らない人たちに
お、追っかけられてただけで、決して上条さんは一方通行が嫌いだとか
そういうわけではありませんっ!!はいっ!!」

一方通行「そ、そォかァ・・・?」パァァ

一方通行「お、俺のこと嫌いになったンじゃねェかと・・・うっ・・・・ぐすっ・・・・ぐすっ」

上条(そこで泣いちゃうのおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!?)

373 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:53:31.46 ID:t1RsKS1V0
上条「な、泣くなよ一方通行!?ほら!?よ、よしよーし!
ほら、上条さんはどこにもいきませんよー!?」

だきっ

一方通行「あっ・・・・・・とうまァ・・・・・・・とうまァ・・・・・・・あったけェ・・・・・・・・」

上条(つちみかどぉぉぉぉぉォォォォ!どうすりゃいいんだ!!!!?)

土御門(・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・)

上条(・・・・・・・・・・・・・・・・・・土御門?)

土御門(グッバイ、アミーゴ・・・・・・また会う日まで)

上条(ちょ!土御門!嘘ですよね!?嘘だと言ってよバーニィ!)

土御門「はははー、どうやら俺はお邪魔虫みたいだから、退散するぜよー!」

スィーッ

上条「ちょ、まてゴラアアアアアア!!!つちみかどオオオオオオオオ!!!」

土御門(上条・・・お前の事は忘れないにゃー・・・)

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 23:52:46.96 ID:DK9tbBDB0
今落ちてる最中じゃねえの?

375 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:59:12.45 ID:t1RsKS1V0
>>372すまん表現力が足りんかった
上空からベクトル操作で上条の隣に一気に落ちてきた



一方通行「・・・・・・・・・・・・ンっ♪」

上条(ど、どーすんだよこれっ!こんなのどう対応すればっ!)

上条「な、なぁ?一方通行?」

一方通行「どしたァ?とーまァ?」

上条「い、今俺たちさ、空を落ちてるからさ・・・・・・パラシュート開かないと・・・その、死んじまうんだが」

一方通行「あ・・・・・・そ、そうだったなァ・・・・・・ついうっかりしてた、わりィ・・・・・・?」

上条「じゃ、じゃあ一旦離れてくれないか?手がヒモに届かないからさ」

一方通行「・・・・・・・・・・やだ」

上条「・・・・・・・へ?」

一方通行「とうまと離れたくねェ」

上条「そ、そうですか・・・・ははは・・・・・(どうしようもねえじゃねえかっ!!)」

377 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:04:53.08 ID:3oUzrtIB0
上条「な、なら一方通行がヒモ引っ張ってくれないか?そうすれば大丈夫だろ」

一方通行「あァ・・・それならいいぜ」

ゴソゴソ・・・

上条(う・・・・・・ホルモンバランスのせいで胸が大きくなってるのか、胸が当たって・・・・・・
心なしか顔も赤いし眼も潤んでて・・・・・・やべ・・・・・・ちょっと可愛いとか思ってしまったぞ!?)

きゅっ
バサバサッ

上条「ふぃー・・・とりあえずは一安心だな・・・」

一方通行「あァ・・・・・・でもこのまま、ずっと二人で空を飛んでいてェなァ・・・・・・」

上条「ソ、ソウデスネー・・・ロマンチックデ、イインジャナイデショウカ、ハハハー」

一方通行「―――っ!?」

上条「・・・・・・・どうした?一方通行」

一方通行「とうまと、とうまとロマンチック・・・・・・空中で誰も邪魔できないし・・・・うン・・・」

上条「一方通行さん?どうしたんだ?」

一方通行「と、とうまァ!」

上条「ビクゥ! は、はいッ!」

379 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:11:34.55 ID:3oUzrtIB0
一方通行「い、いい天気だなァ!」

上条「そ、そうですね!」

一方通行「こ、こンな綺麗な場所で二人っきりだなンて、そうそうない事だよなァ!」

上条「そうですね・・・?」

一方通行「だ、だからよォ・・・その・・・俺と・・・・・・・・」

上条(なんだ、何をするつもりなんだ!?)

一方通行「キ、キス・・・・・・してくンねェかァ・・・?」ウルウル

上条「」

381 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:16:31.40 ID:3oUzrtIB0
上条(ど、どうする!?一方通行は男・・・いや女でもあるし・・・
俺はホモじゃないけど一方通行とキスってそれはそれで抵抗があるっていうか・・・)

上条「あ、頭なでたりとか、抱きつくとかじゃ、ダメか?」

一方通行「キス・・・・してくンねェのかァ・・・・・・?」ポロポロ

上条「(~~~~~~っ)な、泣くな泣くな!わかった!わかったから!」

上条(く・・・やるしか・・・ないのか!?」

一方通行「「や、やったァ・・・・・・うれしいなァ・・・・・・とうまとキスかァ・・・・・・」テレテレ

上条(なんだろう・・・・・・・すッッッッッごく怖いのに、このかわいらしさは・・・・・・)

一方通行「そ、それじゃあ・・・・・・・ンっ・・・・・・」

上条(く、唇を突き出して・・・・・・キスのおねだりポーズ・・・・!もう逃げれないぞ!俺!)

382 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:21:21.03 ID:3oUzrtIB0
上条「(ええい!ままよ!)・・・・・・んっ」

一方通行「・・・・・・・・・ン」カチッ

上条(うわ・・・・・・一方通行の唇やわらけぇ・・・・・・そういやインデックスとはキスしてないんだよな・・・
もしかしてこれ、俺のファーストキスなんじゃ・・・ははは・・・)

上条(って[カチッ]ってなんだ?キスの音じゃ・・・?ん?首輪かこれ?スイッチらしきものが・・・)

上条(まぁ気にするほどでもないか・・・・・・そろそろ離れないと)

・・・・・・
・・・・・・・・・?

上条(離れられない!?)

一方通行「ン・・・・・・・♪」

387 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:25:12.61 ID:3oUzrtIB0
上条(な、なにが起きたんだ!?体が密着して・・・身動きが取れねぇ!)

一方通行「ぷはっ・・・・・・へへ・・・とうまァ」

上条「ア、一方通行!お前何かしたか!?」

一方通行「だって・・・とうまがキスしてくれたのは嬉しいけど、ディープキスじゃねェし・・・」

上条「は!?」

一方通行「だから、とうまが逃げないように能力使って身動きを封じたンだよォ・・・」

上条「な、なーっ!?(って事はあのスイッチは能力操作の!?)」

一方通行「へへ・・・これでいーっぱい、いーっぱいちゅーっってできンぜェ・・・?」

上条(た・・・・たすけてくれ・・・・)

390 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:32:31.49 ID:3oUzrtIB0
一方通行「いただきまァーっす・・・・・・ンっ」

上条「んーっ!んんーっ!(一方通行の舌が入って・・・!)」

一方通行「ちゅっ・・・・・・ちゅぱっ・・・・・・ふゥンっ・・・・・・うゥン・・・」

上条(な・・・一方通行の舌が俺の舌と絡み合ったり、歯茎をなぞったり・・・!
や、やべぇ・・・キスってこんなに気持ちいいのか!?)

一方通行「はぷっ・・・・・・ちゅっ・・・・・・うェろっ・・・・・・ン・・・・・」

上条(唾液を流し込まれて・・・・っつぁ・・・のんじまう!・・・・・・・・・んぐっ・・・・・
のんじまった・・・一方通行の・・・・・・唾液・・・)

一方通行「ぷはっ・・・・・・はァっ・・・・はァっ・・・・とうまの唾液・・・・・・うめェなァ・・・♪」

上条「はーっ・・・はーっ・・・はーっ・・・はーっ・・・」

上条(やべ・・・何も考えられねぇ・・・)

上条(俺と一方通行の間に涎の端がかかってる・・・・・・エロいな・・・・・・これ・・・・・・)

一方通行「とうまのために・・・一生懸命勉強したンだぜェ・・・?気持ちよかっただろォ?」

上条「あ・・・・ああ・・・・・」

394 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:38:38.46 ID:3oUzrtIB0
一方通行「あ・・・・・・とうま・・・・・・・ココ・・・・・・」

上条「え・・・あ・・・?お、おまッ、どこ触ってんだよ!」

一方通行「俺とのキスがあンまりにも気持ちよくって、サカッちまったのかァ?」

上条「あ、あいやその・・・」

一方通行「それじゃあ俺がそのサカッたとうまのチ○ポ・・・鎮めてやンよォ」

上条「まてまてまて!それはもういろんな意味でマズイ!何がマズイって上条さんのナニがまずい!」

一方通行「とうま・・・とうまのチ○ポ・・・・とうまのチ○ポォ・・・♪」

上条(トリップしてる・・・!どうにかして俺の貞操を守らなければ!)

一方通行「はァっ・・・・・・・・♪はァっ・・・・・・・・・・♪」

上条(くそッ!万事休すか!?)



パチッ


一方通行「」ガクン

上条「ど、どうした!?一方通行!?」

397 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:42:26.60 ID:3oUzrtIB0
一方通行「」ガクガクガクガク

上条「お、おい!どうしたんだよ!しっかりしろ!」

上条(目の焦点が合ってない・・・口もひらきっぱなしで、どうなったんだ!?)

上条「と、とりあえず海面までは・・・?って近ッ!!一方通行!しっかりしろ!
着水するぞ!溺れちまうぞ!」

一方通行「・・・・・・・・・あー・・・・・・あー・・・・」

上条「クソッ!ダメか・・・・・」


ザブン・・・
ゴボゴボ・・・・・・

上条(くそっ、なんとかして海面に一方通行の顔をださねぇと!)

バシャバシャ・・・・

上条「おい!一方通行!聞こえるか!?返事をしろ!!」

400 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:47:12.67 ID:3oUzrtIB0
一方通行「」ブルブルブルブル

上条「ったく・・・さっきから何が起こってんだ?どうしたらいいんだよ・・・」

上条「大海原で二人ぼっち・・・・・・ははは、こりゃマジに死んだかもな」

パタパタパタ・・・

上条「・・・な、なんだこれ・・・?折鶴?」

『カミやん!無事か!?』

上条「その声は・・・土御門!テメェ!一人で逃げやがって!」

『どうやら無事みたいだにゃー、今からヘリで救助に向かう、それまで待っててくれ!』

上条「え・・・?」

『俺は親友を置いて逃げるような男じゃないにゃー、一方通行はお前に任せて
なんとか近くの陸地まで飛んだんだにゃー』

上条「つ、つちみかど・・・お前ってやつは!」

401 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:54:23.48 ID:3oUzrtIB0
『ま、結局魔法を使うハメにはなっちまったが、こういう結末なら安い代償だぜい』

上条「土御門・・・すまねぇ」

『カミやんが謝る必要はないぜよー・・・ところで、一方通行は?』

上条「あ、ああ・・・いきなり支えを失ったみたいに変になってさ・・・
目の焦点も合ってないし・・・どうしたんだ?一方通行は」

『そうか・・・電力が切れたのか・・・そりゃああれだけガチで追ってきたら、配分も
考えてなさそうだしにゃー』

上条「?」

『とにかく今の一方通行は無能力者と一緒だ、おまけに演算能力マヒが付いてるけどにゃー」

上条「通りでこんな・・・・・・とにかくこのままじゃ俺はともかく一方通行があぶねえ
早めに来てくれ、頼む」

『あんな目にあっても一方通行の心配をするとは・・・さすがカミやんぜよ
あと20分もすれば到着するはずだ、それまでなんとかもってくれ!」

ポンッ・・・パラパラ・・・

上条「消えた・・・」

402 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:55:10.03 ID:3oUzrtIB0
疲れた、7時からぶっ通しで色々とヤベぇ
風呂はいってくる

408 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 01:55:38.16 ID:3oUzrtIB0
戻った
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9994398
変ゼミ的にはこういう公開処刑もアリなんじゃねぇかな・・・?

409 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 02:01:11.03 ID:3oUzrtIB0
パチャパチャ

上条「ふぅ・・・・・・さすがに、人一人抱えて、その場で浮くってのは、キツいな・・・・・・」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・あー」

上条「・・・・・・・・・・・お前・・・・・・・どうして俺の事あんなになるまで好きになったんだ?」

上条「・・・・・・・・・後で聞かせてもらうからな、一方通行」

上条「・・・・・お、リュックの中に浮き輪が入ってる・・・・・・こういう時は神様も俺を見放さないんだな」

上条「・・・・・・・・・・・一方通行の唇、やわらかかったな・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・クソッ」

411 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 02:06:40.49 ID:3oUzrtIB0
バラバラバラバラバラバラ・・・・・・

上条「!?この音は?」

『おおーい!カミやーん!無事かにゃー!?』

上条「土御門!おおーい!大丈夫だぞー!」

『その様子なら大丈夫そうだにゃー!ロープを下ろして固定するから、もう少し待ってるんだぜい!』

シュルルルッ

レスキュー隊員「もう大丈夫ですからね、ロープを固定するので、動かないで下さい!」

上条「はい!ありがとうございます!」

グッ

レスキュー隊員「ん?」

上条「あ?」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・ああー」

上条「一方通行・・・お前、演算能力がマヒしてるはずなのに・・・
そんなに俺と無意識で俺にしがみつくほど、離れたくないのか」

414 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 02:14:49.04 ID:3oUzrtIB0
そういや>>332でアンチスキルのことスキルアウトって書いちゃってた・・・ハズカチ

上条「すみません、コイツと一緒に引き上げることはできませんか?」

レスキュー隊員「一度に二人同時に引き上げるのは危険なんだが・・・
まぁ学園都市製のロープだ、一度に4人引き上げても大丈夫みたいだからな
二人同時に引き上げよう」

上条「すみません、迷惑かけます」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・うあー」

上条(・・・・・・・・・・?)

上条(心なしか一方通行が笑ったような・・・・・?)

上条「クソっ・・・・・・・一方通行・・・・・・・お前が歪んじまった原因、突き止めてみせるぞ」


土御門「カミやん!」

上条「土御門・・・一方通行を頼む、俺は大丈夫だ」

土御門「ああ・・・・・・・で、一方通行とはどうなったんだ?」

上条「わからねぇ、あれだけじゃ一方通行がこうまで俺に好意を寄せる原因は探れなかった」

上条「後で本人に聞いてみる必要がある」

415 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 02:16:22.52 ID:3oUzrtIB0
じゃ、ねます
歯磨いて寝ろよ!

467 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 23:27:30.83 ID:3oUzrtIB0
きたわよ
>>464 ほ ばっかり並んでるとホーッ!ホアアアーッ!ホアアアアアアーッ!
しか頭に出てこないぜ
今日は忙しかったんでちょっとだけ更新するわ!
消えたら立てるって言ってるのに保守ばっかりしてお前ら優しいな!
ありがとね!

471 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 23:38:54.85 ID:3oUzrtIB0
毎回その場その場で思いついた事書いてるからいつか展開が詰みそうで
怖いけど気にしません!

ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・

冥土帰し「君がたいしたケガもせずここに来るだなんてめずらしいね?
とりあえず彼のチョーカーは必要最低限の機能だけのものと交換しておいたよ?」

上条「ありがとうございます、先生・・・一方通行の容態は?」

冥土帰し「概ね安定しているよ、だが・・・呻きながらも君の名前をうわ言のように呟いている
意識が戻った時、君が傍にいなければ錯乱するのではないかとヒヤヒヤしているよ」

上条「・・・・・・・・・そうですか」

冥土帰し「すぐにでも意識を取り戻すはずなんだけどね?・・・彼は能力を使いすぎたんだ」

上条「?」

冥土帰し「本当なら彼は30分しか能力を使えないはずなのに、脳へのダメージを見る限り
どう計算しても40分は能力を使っていたんだ」

冥土帰し「・・・・・・・・・・・・・愛の成せる業、かな?彼は本当に常識では測りきれない存在だね?」

上条(・・・・・・・・・・・愛が重いな)

474 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 23:45:18.12 ID:3oUzrtIB0
バタン

土御門「カミやん!」

木山「上条君!」

御坂「当麻!」

上条「おお!?皆どうしたんだ揃いも揃って!(あれ、美琴今俺の事名前で・・・?)」

土御門「カミやん!すまないっ!」バッ

木山「上条君!すまなかった!」

御坂「ごめんなさい!当麻!」

上条「え?え!?な、なんで皆いきなり俺に謝ってるんでせうか・・・?」

木山「・・・今回の作戦は完全に失敗だった、君を囮に使った挙句、君の命まで危険にさらして
しまった・・・許してもらおうとは思っていない、だが、どうか謝らせてほしい」

土御門「一方通行の行動があまりにも予想とはかけ離れていたとはいえ、対策を練られなかった
俺達の不手際だにゃー・・・どうか許してほしいぜよ」

御坂「そ、そうよ・・・当麻が空から落ちたって聞いて、私・・・心配で心配で・・・」

上条「みんな・・・・・・・・」

476 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/15(月) 23:53:02.01 ID:3oUzrtIB0
上条「・・・顔を上げてくれよ、たしかに俺は危ない目にあったけど、怪我もしてないし
ピンピンしてるだろ?むしろ謝るのは俺のほうだ・・・・・・一方通行を受け入れるとか言っても
結局逃げちまった・・・本当ならファンに追われる前に俺から一方通行に話しかければ
もっと違った未来があったかもしれないんだ・・・だから・・・謝らないでくれ」

土御門「なーんだカミやん!じゃあさっそく次の段階に進むぜよ!」

木山「そうだな、上条君がそういうならさっさと次の行動に移ろう」

御坂「ちょ、え、え!?なにこの空気!?」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お前ら・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

土御門「スマン、カミやん調子に乗りすぎたにゃー」

木山「・・・・・・・・・・・・・・・・私は土御門君のノリに乗っただけだ、たまにはお茶目でもいいじゃないか」

御坂「え?え?え・・・・・え!?」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はぁ」

479 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 00:01:29.79 ID:+4xZXqM40
土御門「ま、まぁ次の段階云々は本当だにゃー!カミやんが一方通行の様子を見ている間に
木山教授と一緒に調べ物をしていたんぜよ!」

木山「ああ、どうやら我々はある種の勘違いをしていたのではないか・・・とな」

上条「勘違い、ですか?」

木山「ああ、一方通行は上条君の大ファンで、隠れストーカーで、ふたなりで、ファンクラブの会長でもあるが・・・そうなってしまった原因を我々はしっかりと把握していない」

木山「土御門君は単純に性愛として、上条君は日ごろの不運からくるストレスが転じて
御坂君は幼少からの日ごろのクセが過剰になりすぎて、インデックス君は、君に
喉に手を突っ込まれた時の衝撃で・・・・・・そうだな?」

土御門「まぁそうだにゃー」

御坂「はい・・・・・・」

上条「ええ」

木山「では・・・・・・一方通行はどうしてこうなった?」

上条「たしかに直接的な原因は誰も把握してないな・・・・・・・・・」

481 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 00:10:09.87 ID:+4xZXqM40
木山「そこでだ、私は彼がこうなった原因は何か重大なトラウマから来るものではないかと予想した」

上条「トラウマですか?」

木山「ああ・・・彼は学園都市のレベル5として、過去に【地獄】と呼ばれる研究所を
たらいまわしにされ、幾多の実験に関与していたと聞いた」

土御門「詳しい事は知らないけどにゃー」

木山「もしかしたらそこで何か重大なトラウマを背負い、ああなったしまった原因の
基盤が作られたのでは・・・・・・と思う」

木山「彼の過去を調べるために御坂君の能力を借りた、彼女がいなければ
【書庫】の深層までアクセスすることは出来なかった・・・感謝しているよ、御坂君」

御坂「え、ええ・・・(途中で噂の【守護神】に見つかりそうになったけど・・・バレてないよね?)」


484 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 00:29:19.15 ID:+4xZXqM40
木山「【書庫】から得られた情報はこうだ・・・
鈴科百合子 能力名 一方通行 あらゆるベクトルの操作

9歳までは特力研、その後も虚数研・叡智研・霧ヶ丘付属・・・
と所属を転々とする
木原数多の指導の下に能力を開花、その圧倒的な力により学園都市1位となる
能力開花の時点で身体が変異し始め、レベル5になる頃には
両性具有となる、男性か女性かの明記が不可能なため性別は「中間」
能力開花前は【女性】であった
レベル6シフト計画に参加するもoafjoaneawho・・・・・・・・・・

上条「一方通行は元は女性・・・・・・・・!?あ、っていうか木山さん、最後のほうデータが
バグってませんか?」

木山「それはだn」

御坂「そ、それはね!ジャ、ジャッジメントに見つかりそうだったから!急いで逃げないと
逆探知されそうになったからデータを強制受信したからよ!」

御坂(本当はここから先は見せるべきじゃなかったから無理やり消したんだけどね・・・)

上条「そうか・・・・・・(何でかしらないけど、ここから先が消えててよかったな)」

485 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 00:36:01.67 ID:+4xZXqM40
木山「このデータを見るに、彼が開発を受けていた場所に彼のトラウマの原因があると
見ても過言ではないだろう」

土御門「・・・・・・どれもヒドイ場所ぜよ、敷地内に死体処分場があると噂されているくらいだにゃー
・・・・・・まぁ、実際はそれ以上らしいけどな」

木山「人権も道徳も無視したような実験が行われていた場所だ、今の一方通行が
まともに見えても、実際は心に深い傷を負っているかもしれないな・・・」

上条「・・・・・・・・・一方通行」

木山「だが【書庫】で得られた情報はこれだけだ・・・この情報を元に我々は最善を尽くさねばならない」

土御門「俺は一方通行が所属してた研究所の跡地の調査、職員との接触を図ってみるにゃー」

御坂「私は引き続き【書庫】にハッキングして情報を集めるわ」

木山「私も、持てる限りの権限と[変ゼミ]OBの力を借りる・・・上条君、ここが正念場だ
彼のトラウマの原因を探り、彼がなぜこうなってしまったのか、突き止めるぞ!」

上条「・・・・・・・・・・・はい!」

488 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 00:42:12.50 ID:+4xZXqM40

・・
・・・
上条「と言っても、上条さんにはハッキング能力も木山先生みたいなコネもないしな・・・
どうすりゃいいんだろう」

一方通行「・・・・・・・・・・スー・・・・・・スー・・・・・・・・・とうまァ・・・・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・・すまねぇ、俺が不甲斐ないばっかりに・・・・・・・」

ダダダダダダッ!

上条「ん?足音?」

黄泉川「おい!ここか!一方通行が入院してる部屋は!」

打ち止め「ここに違いないよ!ってミサカはミサカの迷子センサーの正しさを訴えてみる!」

上条「うぉわアンチスキルの!?ここは病院ですよ!静かにしないと!」

黄泉川「あ、あぁ、すまないじゃん・・・って、少年?お前がなんでここにいるじゃん
(ヤバイじゃん・・・KJ様ファンクラブに投稿しないとじゃん、超ラッキーじゃん!)」

打ち止め「あーっ!あなたは妹達を救ってくれたあの人じゃ!ってミサカはミサカは
運命の出会いに驚いてみたり!」

491 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 00:47:52.11 ID:+4xZXqM40
上条「????上条さんには何がなんだかさっぱり・・・」



打ち止め「・・・・・・・・というワケなんだよ!ってミサカはミサカは面倒な説明を省いてみたり!」

上条「はー・・・上条さんの知らないところでそんなのっぴきならない事態が・・・」

打ち止め「だから私は前からあなたにすっごい感謝したかったの!ってミサカはミサカは
願いが叶ってとってもうれしいな!」

黄泉川「こら、打ち止め、あんまり騒ぐな!ここは病院じゃん!」

打ち止め「えーっ!黄泉川が言えるセリフなのー?ってミサカはミサカはむくれてみる!」

黄泉川「うるさいじゃん、一方通行が心配だったんだからしょうがないじゃんよ」

上条「ま、まぁまぁ・・・・ははは」

上条(この二人、一方通行と一緒に住んでるんだよな・・・一方通行の普段の生活について
聞けるチャンスじゃないか?)

493 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 00:54:28.01 ID:+4xZXqM40
>>489・・・もしかして地下街かどっかでインデックスが迷子になったときのアレか・・・?
やらかしたな!おい!でも!物語は続くよ!

上条「あの、聞きたいことがあるんだけどいいか?」

打ち止め「え?なになに?」

上条「一方通行ってさ・・・普段はどんな生活してるんだ?」

打ち止め「えーっとぉ・・・朝起きるのが遅くて・・・朝食はコーヒーだけで・・・
いっつもだりぃだりぃとか言ってて・・・急にどこかに出かけたと思ったら血だらけで帰ってきたり!」

黄泉川「あいつは私の炊飯器料理をいっつもおいしそうに食べてくれるじゃん」

上条(なんだ・・・?普通の・・・とはいえないけど高校生っぽい生活ぶりじゃないか?)

黄泉川「炊飯器煮込みハンバーグとか作ってみたけど、あいつもそもそ食べながら
『うめェじゃねェか黄泉川・・・腕を上げたンじゃねェのかァ?』
とか言ってたじゃん・・・良い子なんじゃん?」

打ち止め「休みの日になると、外に連れてってくれたり、一緒にお菓子を食べたりするの!
ってミサカはミサカはすっごく楽しいよって説明してみる!」

上条(・・・・・・・・・・・・どう考えても俺のストーカーにならないんですが)

495 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:02:33.97 ID:+4xZXqM40
上条「そ、それじゃあ普段の生活の中で変わった事とかは?」

打ち止め「変わった事?・・・・・・・・うーん・・・・・・・・・・・・・
月1くらいですっっっごく機嫌が悪くなったりとか・・・・・・・・
小悪魔AG○HAとか読んだり・・・・・・望遠カメラのカタログ持ってきたり・・・」

黄泉川「たまにカツラと大量の何かをスポーツバッグに押し込んで外出するじゃん?
何やってんのかしらないけど」

打ち止め「あ!あと一方通行の部屋には絶対に入るな!って言われるよ!
ってミサカはミサカは入ろうとしたら夜まで目が覚めなかったってあのときの
恐怖を思い出しながら語ってみる!」

上条(本当に何やってんだよ一方通行・・・・・・)

上条(この話を聞く限りじゃ、二人とも一方通行が俺のストーカーって事は
知らないみたいだな・・・)

上条「(これは聞いてもいいのか・・・?)・・・・二人は一方通行が・・・・・ふたなりって事は知ってるのか?」

黄泉川・打ち止め「知ってるじゃん」「しってるー!」

上条(それは知ってるんかい!重要じゃねえのかよ!それって!)

496 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:08:05.41 ID:+4xZXqM40
黄泉川「っていうか少年、何で一方通行がふたなりって知ってるんだ?
・・・・・・・・・・・・・もしかして一方通行に」

上条「ああああああいやいやいや!たまたま一方通行から聞いただけでしてはい!
と、友達だからこれくらいは教えておいてやンよォ・・・・・・・みたいに!はい!」

黄泉川「一方通行に・・・・・・・・・・・・・友達・・・・・・・・・?」

打ち止め「よ、黄泉川・・・・・・・・・・・・・・・・・・これは夢なのかな?ってミサカは・・・・ミサカは・・・・・」

黄泉川「・・・・・・・・・・・今日は赤飯じゃん!炊飯器フル稼働じゃにょ!」

打ち止め「うわ・・・・・・泣きそうかも・・・・って・・・・・ミサカはミサカは言葉に出来ないくらい
感動してたり・・・・・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・・・は、ははは・・・・・・・・・・・・」

黄泉川「少年!一方通行の友達でいてくれてありがとう!もうコイツには友達なんて
出来ないんじゃないかと思ってたんじゃん!」

打ち止め「うんうん!やっぱりこの人はすごいね!ってミサカはミサカは尊敬のまなざしで
あなたを見る!」

上条「ははは・・・・・・・・(余計な事いっちまった・・・・・・・不幸だ・・・・・・)」

498 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:09:34.33 ID:+4xZXqM40
やっべ黄泉川がネコ語に
脳内保管して

502 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:15:25.43 ID:+4xZXqM40
黄泉川「そうと決まれば一方通行の初友達歓迎会を開くじゃん!」

打ち止め「さんせいさんせーいっ!」

上条「え、え?」

黄泉川「少年!私の家に招待するじゃん!同じ釜のメシを食って家族同然になるじゃん!」

打ち止め「一方通行が退院したらすっごく喜ぶと思う!ってミサカはミサカは新しい家族
が増える事に感動してみたり!」

上条「え、ちょ、そんなヤクザみたいな!」

黄泉川「さあ!今からいくぞ!やれいくぞ!新しい家族に乾杯するじゃん!」

打ち止め「いえーっ!いえーっ!かーんげーいかーい!」

上条「う、うおぁ、ちょ、ま、まってーっ!?」

ズンドコズンドコズンドコズンドコ

黄泉川「おらおらー!お通りじゃん!道をあけるじゃん!」

打ち止め「おそれおおくも一方通行の親友のおとおりでーい!」

上条(な、なんだこのテンション・・・・・・!)

上条(ってまてよ、一方通行の住んでる家にいけるチャンス!これって幸運かも!?)

504 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:22:43.30 ID:+4xZXqM40
黄泉川「へいタクシー!」

打ち止め「へいタクシー!べらんめい!」

キキキーッ!!

黄泉川「急いでこの場所に向かうじゃん!でも法廷速度は守るじゃん!」

打ち止め「そこはテンション上がってても守らせるんだ・・・ってミサカはミサカは
アンチスキルの職業病だねーって黄泉川を哀れんでみる」

上条(一方通行の過去・・・一方通行の部屋に入れば何か情報が得られるかもしれない
・・・・・・・・・・・待ってろよ、一方通行、お前のトラウマなんて、俺がぶち殺してやる)

上条(っていうか一方通行ほったらかしだし・・・よくあんな騒音で目覚めなかったな・・・・・・)

上条(それだけ脳内へのダメージが大きかったって事か!?・・・・・・・・クソッ)










一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ムクリ」

一方通行『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・とうまァ・・・・どこォ・・・?」

507 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:28:01.46 ID:+4xZXqM40
冥土帰し「さて、と・・・・・・一方通行君の様子はどうかな?」

コンコン

冥土帰し(まぁノックしても意味はないけど、これも礼儀だね?)

冥土帰し「失礼するよ一方通行・・・・・・・く・・・・・・ん・・・・・・?」

ヒュー・・・・・・・・・・・
バタバタバタ・・・・・・・・・・・

冥土帰し「一方通行君が・・・・・・・いない・・・・・・!?」

冥土帰し「まさか・・・・・・完全に意識を失っていたはずだよ?」

冥土帰し「もしかして、上条君の所へ向かったのか・・・?」

冥土帰し「・・・・・・・・・・・・マズいかもしれないね?これは」


ガチャッ・・・・・・・プルルルルル

冥土帰し「・・・・・・・・・・・・・僕だ、この回線はまだ生きてるようだね?」

アレイスター「・・・・・・・・・・・・・・・・・君がまさかこの回線にかけてくるとは・・・・・どうした?」

冥土帰し「一方通行が暴走する可能性がある、緊急事態だ」

アレイスター「・・・・・・・・・・・それは放置してかまわない」


508 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:30:50.79 ID:+4xZXqM40
冥土帰し「なんだって!?彼は今見境のない状態だ!これがどんなに危険なことか」

アレイスター「大丈夫だ」

冥土帰し「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

アレイスター「幻想殺しがなんとかする」

冥土帰し「・・・・・・・・・・これも君のプランの中の一部なのかい?」

アレイスター「好きに受け取ってもらってくれて構わない」

冥土帰し「・・・・・・・・・・わかった、僕の仕事場は病院だ、手出しはしないことにするよ」

アレイスター「賢明な判断だ」

ガチャッ

冥土帰し「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふぅ」

冥土帰し「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・次は腕1本で済むかな?上条君」

510 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:37:49.97 ID:+4xZXqM40
黄泉川宅

黄泉川「ふへへ~~~でさぁ、一方通行がこれまた女装するとかわいいんじゃん?
フリフリのワンピースとか着せるともう私でもドキッとするくらいなんじゃん~?」

打ち止め「たしかにアレは破壊力バツグンだったよね!ってミサカはミサカは将来私も
あんな綺麗な人になりたい!って個人的な夢がありますって目標を定めてみたり!」

上条「あ、あの黄泉川さん?こんなにお酒飲んだらあんまり体によくないんじゃ・・・」

黄泉川「ああ~?一方通行に友達ができたんじゃん?これくらいパァーッとやるべきじゃんよ?」

黄泉川「それより少年もぐいーっとやるじゃん?ぐいーっと!」

上条「だ、ダメですって!不良神父みたいな俺の知り合いならともかく!未成年ですから!」

黄泉川「なんだ?つまんないじゃん・・・若いうちに色々体験するのもいいんじゃん」

打ち止め「黄泉川がアンチスキルなのに非行を推奨してる!ってミサカはミサカは
相当酔ってるんだね!って黄泉川の心配をしてみる!」

上条「あ、ははは、はははははー(赤飯とおかずが酒のつまみばかり・・・胃にもたれる・・・!)

黄泉川「うう~ん・・・・・・一方通行をよろしく・・・・じゃん・・・・・Zzzzzzzz」

打ち止め「黄泉川寝ちゃった!」

上条「ありゃりゃ・・・・」

513 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:41:36.56 ID:+4xZXqM40
上条(・・・・・・・・うーん)

上条「なぁ、打ち止め?・・・・・・・・一方通行の部屋に入ってみてもいいか?」

打ち止め「・・・・・・・・・・・・・・・・!」

上条「ラ、打ち止め?どうかしたか?」

打ち止め「ミサカは何もし、しらない」

上条「は?」

打ち止め「ミ、ミサカは悪くありません、もう二度としませんってミサカはミサカは・・・・・・・」

打ち止め「や、やめて・・・・・・ち、誓ったから!ミサカはこの命にかけて誓ったから!」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

打ち止め「ガタガタガタガタガタガタガタガタ」

上条「・・・・・・・・・心してかかる必要があるな」

516 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:47:12.63 ID:+4xZXqM40
上条「ここが一方通行の部屋・・・・・・・・・・・・」


はいンな!入ったらぜってェブチ殺すかンなァ!?


上条「中学生かお前は・・・・・・・・・」

上条「カギがかかってる・・・ま、当たり前か」

上条「打ち止め、一方通行の部屋のカギは・・・?」

打ち止め「ブルブルブルブルブルブルブルブル・・・・・・・・・あ、あそこです一方通行さま」

上条(一方通行さま!?)

打ち止め「ひ、引き出し一段目が二重底になってて、裏に小さい穴が
あるので、エンピツか何かで、も、持ち上げてくださいって、ミ、ミサカは、ミサカは」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

打ち止め「そ、そうしないと、ば、爆弾がさ、作動して、この部屋が吹っ飛ぶって・・・ミサカはミサカは・・・・・」
ガタガタガタガタガタガタガタ

上条「デス○ートかよ・・・・・・しかも爆弾って・・・・・・」

517 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:51:59.17 ID:+4xZXqM40
ガタッ

上条「うわ、これゲームで見たことあるぞ!?C4じゃねぇか!
この部屋が吹っ飛ぶってレベルじゃねぇだろ!?マンションが吹っ飛ぶっての!」

上条「慎重に・・・・・・・慎重に・・・・・・」

チャリッ

上条「ふぅー・・・・・・・カギ一つにも命をかける必要があるとは、一方通行、恐るべし」

上条「さて、あとはコイツでカギを開けてっと・・・・・・?」

打ち止め「ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタッ!!!!!!」

上条(震えが強くなった・・・?って事はまだ何かあるな・・・?)

上条(・・・・・・・・・・・・・悩んでても仕方ねえ、開けるか)

ガチャリ・・・

上条(・・・・・・・・・・・?カギが開いた・・・・・・・・?)

ギィィィィ・・・・・

上条(・・・・・・・・・・・・・うわ、目の前に俺の笑顔の写真が・・・・・・・・・・・・・・・・)

キラッ

上条(!?ドアの少し先!足元の位置にピアノ線!?)

518 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 01:57:18.22 ID:+4xZXqM40
上条(トラップか!目の前の写真で気を取られ部屋に入ったと同時に仕掛けが作動する・・・
クソ、こんなの普通だったら気がつかねぇ!ありがとう打ち止め!)

上条(部屋のインパクトに押されてトラップの存在を忘れそうだ・・・・・・解除しておきたいな)

上条(ピアノ線のつながってる先は・・・・・・・?)


・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・ドアの上にショットガン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条(は・・・・・はは・・・・・・死ぬだろ、これは死にますよ一方通行さん
あなたは今、自分が愛する人を殺しかけましたよ、はい!)

上条「あーっと・・・・・・・・・黄泉川さんの炊飯器があるな、アレを使うか」

上条「んしょっと・・・・・・・どっせい!」

ブンッ!・・・・・・・・・・・・ピンッ!

バゴンッ!

上条「うわ・・・・・・炊飯器が原型をとどめてねぇ・・・黄泉川さん、請求は一方通行にしてくれ!」

560 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 21:19:36.40 ID:WKK6T82B0
上条「もうトラップはないよな・・・?」

ソローリ・・・

上条「・・・・・・・・・ふぅ、とりあえずなさそうだ」

上条「・・・・・・・・・どこを見ても俺、俺、俺、俺、俺・・・・・・・・・・・・」

上条「ん?・・・・・・とうまのたからばこ?なんだこれ」

ガチャッ

上条「げっ!これ俺が持ってる靴下のかたっぽじゃねえか!
洗濯して干したらどこかに飛んでったと思ったら・・・・・・うわ!
パンツとかシャツまで・・・・・・歯ブラシ・・・・?
う・・・・・・・・ストーカーってみんなこんな事すんのか!?」

上条「いや、これは後で問い詰めるとしてだ、今はこんな事してる場合じゃねえ
さっさと一方通行の過去に関する物を探さないと・・・・・・
いつ一方通行が目を覚ますかわからねぇしな」

561 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 21:27:51.08 ID:WKK6T82B0
ガサゴソガサゴソ

上条「とうまの行動観察日記Vol.1~140・・・・・・これは違うな
とうまと俺の愛の写真☆・・・・・・これ、コラ写真か?
一方通行の満面の笑みが心に痛いな・・・・・・俺の等身合ってないし
とうまへの愛のポエム~俺の大事な人~・・・これは読まないほうがいいな、精神的に」

上条「これ、拳銃の弾か?明らかに実弾っぽいけど・・・なんてもの持ってんだ一方通行・・・
・・・・・・・・弾丸のお尻の部分にK・Jの刻印が・・・・・・・オーダーメイドですか!?」

上条「くそ・・・それらしいものが見当たらないな、家捜ししてるみたいで気分悪いけどさ!」

上条「・・・・・・と、なると、後はパソコンか?」

上条「でも一方通行の事だ、何か操作せずに電源を入れたらデータを消去する
くらいの設定はしてそうだな・・・・・・・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いや、付けてみよう
ここでうじうじしててもしょうがねぇ、仮にデータが消えたとしても、アイツなら
バックアップくらい取ってるだろ、うん」

パチッ・・・・・・・・ブウーン・・・・・・・・・

564 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 21:31:53.39 ID:WKK6T82B0
上条「・・・??大丈夫・・・・か?」

パスワードを入力して下さい

上条「ま、そりゃ当然だよな・・・・・・・・・・・」

アクセラレータ

・・・・・・・・・・・・・エラー!パスワードが違います

上条「今時本人の名前で登録してるヤツはいないか、どうするか・・・・・・パスワードなんてわからねぇぞ」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・もしかして」

上条当麻

・・・・・・・・・・・・ok!ログインします

上条「おいっ!」

上条「パスワードまで俺ですか!もうどこまで俺にこだわるんだ一方通行!
せめてパスワードくらいは俺以外の事にしてくれよ!本当にさあ!」

上条「愛が重い・・・・・・・ほんっとに重い・・・・・ははは」

566 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 21:37:18.94 ID:WKK6T82B0
>>563しまったK・Tだった

ピコンッ

『よう!元気か?一方通行!俺は今日も元気だぜ!』

上条「・・・デフォルメされた俺が挨拶してきた・・・・・・これ、プログラムで動いてんのか?
この情熱をもっと別の方面に動かしたほうが世の為人の為になると思うんですが・・・」

カチッ・・・・・・カチッ・・・・・・・

上条「・・・・・・・・・・・!?アクセラダイアリー!?これだ!」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・?何も書いてねぇ」

上条「その割にはやたら長いデータだな・・・・・・・いくらスクロールしても空白ばっかだぞ」


・・
・・・
・・・・
・・・・・

ホンダナノウラ

上条「!?」

567 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 21:41:02.29 ID:WKK6T82B0
上条「本棚の裏!?どういうことだ・・・?本棚の裏に本当の日記があるってことか
わざわざこんなマネを・・・・・・・しかも見ればわかるなんていちいち面倒臭い・・・・・・」

上条「んぎぎっ!重たい!主に俺への愛とか本の重量が相まって余計に重い!」

ズズズズズ・・・・

上条「ハァ・・・・・・ハァ・・・・・・穴が開いてる・・・・・・・・・」

上条「これか・・・・・・やけに古ぼけた日記帳だな・・・・・・・・」



鈴科百合子の日記

上条「・・・・・・・・・・・本名だったってことか?
わりぃ、一方通行、中身を見させてもらうぞ」

568 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 21:44:09.97 ID:WKK6T82B0
上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ググッ

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!」

ギリッ

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・クソッ!!」

上条「なんだよ、なんだよこれ!!こんな事があっていいのか!
こんな事が、この学園都市で起きてた事なのか!?」

上条「妹達計画だって吐き気を催すような実験だった!
けど・・・・・・けど・・・・・これは・・・・・・・・・ふざっけんな畜生!」

バンッ!!

上条「・・・・・・・・・・・落ち着け、俺はこれから一方通行に合わないといけないんだ
冷静になれ、上条当麻、アイツを救ってやれるのは俺だけなんだ」

570 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 21:48:35.57 ID:WKK6T82B0
上条「・・・・・・・・・・・・・・よし、心の準備は出来た」

上条「・・・・・・・・・・こんな事してたヤツラをぶん殴りに行きたい気分だけど
今は一方通行の事が先だ、こんなの、許せねぇよ」

上条「・・・・・・・そうと決まれば病院に行くか!ここからでも走っていけ・・・・・・・・・・ば・・・・・・・・」








一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・とうまが俺の部屋にいる・・・・・・・・・
なんでだァ?・・・・・・・・・・・・・・これは夢かァ・・・・・・・・・・・・・・・・?
答えてくれよォ・・・・・・・・・・・・・・とうまァ・・・・・・・・・・・・・とうまァ・・・・・・・・」


一方通行「とうまァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!?!?」

573 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 21:52:18.78 ID:WKK6T82B0
上条「――――――――!!!!!」

上条(どういうことだ!?冥土帰しの話じゃ目覚めるまでしばらく時間がかかるハズじゃ!?
いや、今ここに一方通行がいる事はどうでもいい!とりあえず一方通行を落ち着かせないと!)

上条「ア、一方通行!俺の話を聞いてくれ!これには深いワケが!」

一方通行「も・・・・・・・・・・もうダメだァ・・・・・・・・・・・・とうまに嫌われたァ・・・・・・・・・
絶対嫌われたァ・・・・・・・・・・・・嫌だァ・・・・・・・・・・・」

上条「一方通行!落ち着け!話を聞いてくれ!」

一方通行「やだ・・・・・・・・やだやだやだァ!
とうまに嫌われたら・・・・・・俺ァ・・・・・・・どうやって生きていけばいいンだァ・・・・・・?」









一方通行「とうまを殺して・・・・・・・・・・俺も死ぬしかねェよ・・・・・・・・・・・グスッ・・・・・・・・・・・」

577 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 21:57:34.83 ID:WKK6T82B0
上条(マズいっ!?)

上条「まてまてまてまて!!たしかに部屋に黙って入ったのは謝る!
でも俺はお前の事を嫌いになってない!」

一方通行「ヒグッ・・・・・・えぐっ・・・・・・嘘だァ・・・・・・・・・・・・・・
じゃあなんでこんなに部屋が荒れてンだよォ・・・・・・・・・・
こんなの気持ち悪くて、めちゃくちゃにしたかったンだろォ・・・・・・・?」

ズリ・・・・・・・ズリ・・・・・・・・

上条「(何やってんだよ俺のバカーッ!?不幸すぎるだろ!?)ち、ちがう!
一方通行ってどんな趣味してたのかって気になっていろいろ見てて!
ただ単に片づけを忘れていただけなんです!本当です一方通行さん!」

一方通行「とうまは優しいなァ・・・・・・・・・俺みたいなヤツにも、こンな嘘までついてよォ・・・・・
やっぱヒーローは違ェよなァ・・・・・?俺はとうまみたいな善人じゃねェからよォ・・・・・
グスッ・・・・・・ごめンよォ・・・・・でも、こうするしかねェンだよ・・・・・・・・」

ブオァッ!!

上条(!!黒い羽!?スイッチを入れてないのに能力が発動した!?)

578 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:02:40.65 ID:WKK6T82B0
一方通行「ghauieァ・・・・・・すぐに俺もsajhiogに【イク】から・・・・・・
【アッチ】でたくさんsaniナサイってするからよォ・・・・・・・・・・・・・・
な、なるべくfamnoeようにするかンな・・・・・?ゴメンな・・・・?」

上条(来るッ!!!!)

ゴアアアアアアアアアアアアッ!!!

上条(この黒い羽がどんなものかはしらねぇ!でも一方通行の能力なら!)

パキィィンッ!!

上条(消えた!?よし、これならっ!)

ダダダダダッ!

上条(羽で攻撃してくるなら、一度攻撃を避ければもう一度羽で攻撃するまでに
スキが生じるはずだ!その間に一方通行に向かって全力で走る!)

一方通行「!!hufaァァ!!なンでだよォ!?そんなことしたら、とうまがfhirせないじゃ
ねェかよォ!?」

579 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:05:47.62 ID:WKK6T82B0
上条「お断りだ!俺はこんなところで死ぬつもりはないし、そもそも―――――!!」

上条「一方通行だって!死なせるわけにはいかねぇ!!
そんな幻想!俺が!ぶち殺してやるッ!!」

バッ!!

上条「――――――ッ!!」

一方通行「――――――――ッ!?」

・・・・・・・・・・・・・・だきっ

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふェ・・・・・・?」

上条「一方通行は【女の子】だろ、紳士な上条さんには、そんなマネできねぇよ」

一方通行「と、うまァ・・・・・・・・・・・・・・・・?」

583 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:09:26.72 ID:WKK6T82B0
上条「お前の部屋に勝手に入った事も謝る、お前がこれだけ焦る理由もわかる
普通だったら嫌われて当然だ・・・・・・でも、俺はにげねぇ
一方通行を嫌ったりしねぇ・・・・・・だから、今は落ち着いてくれ、俺の話を聞いてくれ」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「納得いかないか?」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・だって、とうまはよォ」

上条「じゃあこうすれば満足だろ?」


ちゅっ・・・・・・・・・

一方通行「!」

上条「・・・・・・・・・・」

一方通行「ぷぁっ・・・・・・・ンふぁ・・・・・・・っふぅ・・・・・・・んぷっ・・・・・・んっ・・・・・」

上条「一方通行仕込みのディープキスだ、上手だったか?」

一方通行「あ・・・・・・・・・・・・・・・・・うン・・・・・・・・・・・」カァァァ

585 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:13:42.41 ID:WKK6T82B0
上条「・・・・・・・・話、いいか?」

一方通行「ま、まってくれェ・・・・・・・・・・その・・・・・・もう少しこのままでいてェ・・・・・・・・」

上条「・・・・・・・・わかったよ、一方通行の気の済むまででいい」

一方通行「ン・・・・・・・・・ありがとう・・・・・・・・・・とうまァ」



打ち止め「ミサカは悪くない、ミサカは悪くない、ミサカは悪くないって
ミサカはミサカはミサカはミサカは・・・・・・・・・・・・・・・」

黄泉川「目が覚めたと思ったら・・・・・・・一方通行の部屋が・・・・・・・・
打ち止め・・・・・・・逃げるじゃん・・・・・・・・まだ死にたくないじゃん・・・・・・・・・・・・」

打ち止め「ミサカはミサカはミサカはミサカは・・・・・・・・・・・・」

黄泉川「何トラウマってんじゃん!急いで逃げるじゃん!もう今夜の寝る場所はカプセルホテルでも
いいじゃん!命には代えられないじゃん!」

ダダダダダダッ

上条(・・・・・・・・・・・丸聞こえじゃねぇか、そして一方通行はガン無視してるし・・・・・・)

588 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:16:44.96 ID:WKK6T82B0
30分後

上条「なあ一方通行・・・そろそろいいか?流石に同じ姿勢のままでいるのは
疲れるし・・・・・・・」

一方通行「あ・・・・・・・・あァ」シュン

上条「・・・・・・・・・・・・くっ」

一方通行「ンで・・・・話ってなンだァ?とうまァ」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・わりぃ、先に謝っておく、お前の日記を見た」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日記だァ?なンだそりゃァ、俺は日記なンか、つけてねェぞォ?」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・なんだって?」


590 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:20:35.56 ID:WKK6T82B0
上条「そんな!お前のパソコンの中に、お前の日記に至るヒントが書いてあった!
そしてその場所に日記はあった!ってことはお前が書いたものだろ!?」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・初耳だァ」

上条「・・・・・・・・・・・・・・そうか、予想通りの、答えだったよ、クソッ!!」

一方通行「とうまァ・・・・・・・・・・・・・・・・?」

上条「ああ!今これで確信した!お前がこうなってしまった原因が何なのか!
クソったれだ!クソったれだよちっくしょうが!」

一方通行「と、とうまァ・・・・なンか悪ィ事言ったかァ・・・・・・?
す、すまねェ・・・・俺が悪ィンだよな・・・・・・・とうまァ・・・・・嫌いにならないでくれェ・・・・・」

上条「ああ・・・・ああ・・・・!嫌いになんかならない・・・・・・・!お前は悪くない・・・・・・・・・!」

一方通行「・・・・・・・・・・・・とうまァ?」

593 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:24:30.01 ID:WKK6T82B0
一方通行「とうまァ・・・・・・泣いてンのかァ・・・・・・」

上条「ああ・・・・・・・・そうだよ!悪いかよ!泣いてるんだ!
どうしようもできなかった過去に!お前がこうなってしまった今この【現実】に!」

一方通行「・・・・・・・・・・・・とうまァ」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・すまねぇ、取り乱しちまった」

一方通行「いや・・・・・いいんだァ」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一方通行」

一方通行「なんだァ?」

上条「俺はこれをお前に話そうか悩んでいる
もしかしたら、が現実になっちまた・・・・・・これを話す事で果たして
一方通行が救われるのか・・・・・・正直、自信がねぇ」

一方通行「・・・・・・・・話してくれねェか?とうまァ」

上条「・・・・・・・・・・いいのか?」

一方通行「とうまが俺のせいでそンな顔すンのは・・・・・・・嫌だァ・・・・・・・・・・」

594 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:28:53.64 ID:WKK6T82B0
上条「・・・・・・・・・・わかった」

上条「俺がこれから話す事は、一方通行、お前の過去をずけずけと暴き
心の奥底にメスを入れる事と一緒だ・・・・・・・・・・・理解してくるか?」

一方通行「あァ・・・・・・・・・わかったぜ」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・いいぜ、語ろう、お前の、過去を」

上条「お前は幼少の頃から実験漬けだった・・・レベル5に成長しても
色々な実験、研究所をたらいまわしにされ、たくさんの【地獄】を見てきた
そして、今学園都市の第1位として君臨している・・・・・・・・そうだろ?」

一方通行「あァ・・・・・・・・・・・でも、そンなの、なンの関係が」

上条「違うんだ」

一方通行「え?」

上条「ここには大事な記憶がぽっかり抜けちまってるんだ」

上条「お前が本当のお前であるべき・・・・・・・・・・大事な記憶が」

596 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:34:33.71 ID:WKK6T82B0

・・
・・・

○月×日 はれ! すずしなゆりこ

きょうははじめての「のうりょくかいはつ」です
「きはら」さんが、わたしのたんとうしゃなんだって!
みんな、「ぱいろきねしすと」とか「えあろますたー」とか
「えれくとろますたー」とか、すごい「のうりょく」に
めざめたので、ゆりこはすごくうらやましいです
ゆりこも、はやく「のうりょく」にめざめたいなぁ



・・
・・・
■月○日 曇り 鈴科百合子

今日も能力開発だった
レベル3じゃ、まだまだ足りない、足りないって薬を投与される
大好きだったクラスメイト達と、【進化】の為に戦わされる
・・・・・・・・・・・命をかけて
もう、嫌だ、逃げたい、なんで?なんで私は、こんな事をしているの?
・・・・・・・・・・今日もまた、クラスメイトを殺した

597 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:40:05.39 ID:WKK6T82B0

・・
・・・

×月□日 雨 鈴科百合子

レベル4になった
殺したクラスメイトは、元々いた私以外のクラスメイトの数と一緒になった
「おめでとう鈴科君、君は進級できた、これは喜ばしいことだ」
・・・豚のようなヤツにそんな事を言われた、何が喜ばしいだ
こんな事なら、能力なんていらない、学園都市なんか、なくなってしまえばいいのに
明日は、実験と一緒に私の進級祝いをするらしい、ちっともうれしくない



・・
・・・
○月○日  
(涙で濡れていて読みづらい)
・・・・・・・・・・し・・・・・・能力を抑える・・・・・・・・・・
木原・・・・・・・・おか・・・て・・・・・・・・・・・・
たくさん・・・・・・・の人・・・・・・・・・・汚らしい・・・・・・・・・
・・・・・・・・・私は叫んだのに・・・・・・・・・・・・・・痛い・・・・・
・・・・・・・を投与去れ・・・・・・・・・・・「・・・・・・・・
妊娠しねぇ・・・・・・・・・・だろ!?・・・・・・・・・・ちゃん!?」
・・・・・・・・・・・許せない・・・・・・木原・・・・・・・・・・・・・・・


601 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:46:44.66 ID:WKK6T82B0

・・
・・・
□月■日

以前レベル5に成長してから、私の体に変化してきた
男性器が生え、体つきが多少がっちりとして、中性的になった
調べたところ、「ふたなり」というヤツらしい
これからは女でもなく男でもない・・・・・・私のような人間にはお似合いだろう
「あの」せいでレベル5になって、こんな体になるだなんて
とことん皮肉だ、ある意味、自己防衛といっていいかもしれない
木原のクソ野郎は、「そんなんじゃ立たねぇーっつーの、興ざめだぜ?鈴科ちゃんよぉ」
とも言っていた、良い気味だ、クソ豚野郎め・・・

●月☆日

今日で「私」の日記を終える事にする
「私」は「私」ではなくなり、明日から「俺」になる
女である事を捨て、男になる
「私」は強くなる、男として
いつの日か、「女」である事を思い出せるほど
平和な日が訪れた時のために、この日記を残す

606 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:50:05.55 ID:WKK6T82B0

・・
・・・
・・・・
・・・・・

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カタカタ」

上条「これが、お前の過去だ、本当の過去だ」

一方通行「・・・・・・・・・・・うそ、だ・・・・・・」

上条「嘘じゃねぇ、【事実】だ、【幻想】じゃねぇんだ」

一方通行「・・・・・・・・・・・・うそだ!うそだうそだうそだァ!!」

上条「一方通行!!!!!!」

一方通行「ビクッ」

上条「認めたくないのはわかる、他人の俺ですら、こんな事があっただなんて認めたくねえ」

上条「でも事実だ、紛れもなくお前が【鈴科百合子】が書き記した
未来のお前の為の、【事実】なんだ・・・・!」


608 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:55:46.11 ID:WKK6T82B0
一方通行「違う・・・・・・・違うよ・・・・・・・・・・」

上条(一方通行?)

一方通行「俺はよォ・・・・・・・研究所では敵ナシでよォ・・・・・・・・・
頂点に君臨してよォ・・・・・・・・あ、いや、わた、し・・・・・・・・?
やめろ・・・・・違うよ・・・・・・いや、違ェ・・・・・・・・・・・・あれ・・・・・?」

上条「一方通行!一方通行!」

一方通行「は・・・・はは・・・・あれ?・・・・・お、れ・・・?わたし・・・・・?
・・・・・・・・いや・・・・・・・・・・・やめて・・・・・・・・触らないで・・・・・・・
わ、わたし・・・・・・・・・・・俺・・・・・・・・違ェ・・・・・・・・・・・」

上条「しっかりしろ!おい!」

一方通行「あ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?
き・・・・・・・・・・・・・・・・はら・・・・・・・・・せんせい・・・・・・・・・・・・?」

上条「!!!!!!」

パァン!

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・え?」

上条「しっかりしろ!一方通行!お前は!・・・・・・お前は!・・・・・・・・・・・・」

611 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:59:41.24 ID:WKK6T82B0
上条「おまえは・・・・・・・・・・・どうして・・・・・・・・・・・こんなんになっちまったんだよ・・・・・・・・・・・・」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「お前はちっとも、悪くなかった、周りの大人が、環境が、悪かっただけだろうが・・・・・・
なのに・・・・・・・よってたかって、お前の心をいたぶって・・・・・・・クソ・・・・・クソ・・・・!」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「本当にこの世の中に神様はいんのか!?こんな事があって!
こういう言を認めているのが神なのか!?そんな神!クソくらえだろうが!」

一方通行「・・・・・・・・・・いいンだ、とうま」

上条「無意識にパソコンに手がかりを残すくらいこいつは!
もともとの自分が大切でしょうがなかったってのに!」

一方通行「とうまァ・・・・・いいンだ、もう・・・・・・・・・・いいンだ」

上条「一方通行・・・・・・・・・・・・・・・・」

613 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 23:04:22.26 ID:WKK6T82B0
一方通行「段々、思い出して、きたンだ」

上条「・・・・・・(口調が?)」

一方通行「私、きっと怖かったンだ」

一方通行「研究所では、ひどい目にあった、けど・・・・・・それよりもっと怖かったのは
【私】が消えてなくなってしまう事だったって思う」

一方通行「組み伏せられて、犯されて、女であることをうらンだ事もある」

一方通行「だから、【女】を辞めて、【男】として生きれば、強くなるンじゃないかって」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・」

一方通行「はは・・・・おかしいよね、結局、私、【女】に
【鈴科百合子】に執着したまンまだったンだから・・・・・」

上条(ガフガリオンは抜けきってないけどな・・・・・・)

617 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 23:10:43.55 ID:WKK6T82B0
一方通行「でも、まだ自信がもてない」

一方通行「【一方通行】として生きてきて、少しは私の周りも平和になってきたかもしれない
けど・・・【女】に戻ってしまったら、私、以前のように、うまく【一方通行】には
なれないンじゃないかって・・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・いいじゃねえか、女でも」

一方通行「え・・・・・・・・・・?」

上条「お前は、弱い自分が嫌で、自分の心を閉ざして、男になったんだ
変わりたかったんだよな・・・・・・・でも、充分うまくやれてたじゃねぇか
そんなお前なんだ、女に戻ったって、うまく【一方通行】やれるさ」

上条「スゲェの見せてくれよ、【鈴科百合子】」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・それでも、いいの?」

上条「ああ、お前が【男】でも【女】でも、お前は友達さ、【一方通行】」

一方通行「・・・・・・・・・・・・・・・・・バカ」ゲシッ

上条「ちょ、な、なんで!?なんで今ので殴られないといけないんでせうか!?
い、痛い!ほんとイタイってねぇアクセラ?いや百合子?さんー!?」

622 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 23:17:36.71 ID:WKK6T82B0
>>614 変ゼミ原作は大真面目に変態です、あんまりクロスできてないのは俺がヘたっぴだから
あとレスにもあるように蛆虫どんぶりとかゲロ風呂とか女体盛りとかボディーフックとか
めくるめく変態の世界が君を待っていますはい、好評発売中だよ?





スフィンクス「んんんんんん!満を持してこのコール!つぅぎぃのぉ!ひぃ!」



木山「と、いうわけだ、改めて紹介しよう【一方通行】改め【鈴科百合子】君だ」

一方通行「みなさん、よろしくお願いしますね」

土御門・御坂「「えええええええええええええええええ!?」」

会社員A「いやぁ第1位がこんなかわいらしい女の子とはねぇ、趣味じゃないけど」

会社員B「そうっすねAさん!マジパネェっすよ!」

木山「驚くべき事に、今までの彼女の人格は、彼女が過去のトラウマを克服するために
作られた人格であり、本来はこのような女性の人格が彼女のベースだったのだ」

木山「その信憑性は彼女の日記、および上条君の証言により検証済みだ」



628 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 23:25:18.64 ID:WKK6T82B0
>>620笑ったじゃねえかバカ

土御門「ア、アクセ、いや、百合子さん?お、俺の事は覚えてるのかにゃー?」

一方通行「ええ、もちろんです土御門さん?
一緒に秘密のお仕事をする仲じゃないですか」

土御門「・・・・・・なんてことだにゃー・・・・・人間変わるとここまで変わるのかにゃー・・・」

御坂「わ、私の事は!?覚えてるの!?」

一方通行「ええ、もちろん?学園都市第3位の超電磁砲でしょう?
・・・・・・妹達には、実験といえ酷い事をしました、申し訳ありません」

御坂「え?あ、いやその・・・・調子狂うわね、なんか」

土御門「でも・・・こんなこと出来るのかにゃー?とても信じられないぜよ」

                      ・・
一方通行「ええ、できますよ?土御門さん?天才ならバカにだってなりきれるんです
でも本物の天才は本当にバカになってしまうから戻れない
つまり、残念ながら私はタダの【天才】ですケド」

土御門「【一方通行】っぽさは相変わらずだにゃー・・・」

631 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 23:32:24.95 ID:WKK6T82B0
>>626職員はきっとグループの手ごまだから・・・覚悟してたはずだようん

一方通行「私が戻ってこれたのも、当麻くんのおかげです、感謝してますよ?」

御坂「と、とうまってアンタ・・・・・・もしかして、当麻、コイツと、何かあったんじゃ」

上条「いやいやいやいや別に何も!何もしてまs」

一方通行「はい、一夜を共にしました♪」

上条「」

御坂「なんですって・・・・・当麻!アンタはいっつもいっつも・・・・女の子?を
たぶらかして・・・・あ、あまつさえ一晩一緒だなんて・・・・・」

上条「おま、お前もじゃねぇか!何いってんだよ!それに百合子とは仕方なしに・・・・
大体そんなやましいことはなにも!」

一方通行「当麻くん?」


632 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 23:35:27.63 ID:WKK6T82B0
上条「えっ・・・・」

ちゅっ

御坂「―――――!」

土御門「oh」

一方通行「ふふっ♪」

上条「ふ・・・・・・ふ・・・・・・・」

御坂「とうまああああああ!アンタってやつはああああああ!」

上条「不幸だあああああああああ!」

土御門「・・・・・・・・・なんか一方通行の凶悪性が増した気がするぜよ」

一方通行「別段気にすることじゃありませんよ・・・・・なァ、つちみかどォ?」

土御門「怖ッ!急に戻らないでほしいにゃー!?」

一方通行「冗談に決まってンだろォ?・・・・・・ふふっ♪」

土御門(カミやん・・・・・・間違いなくカミやん病は【神上】といっても差し支えないにゃー・・・)

634 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 23:38:13.13 ID:WKK6T82B0
木山「どうでもいいが・・・機材は壊さないようにしてくれたまえよ」



~~~

インデックス「なーんか今回存在を忘れられていた気がするんだよ」

スフィンクス「なーぅ」

インデックス「次があったら活躍できるといいねー?スフィンクスー?」

スフィンクス「なーぅ」

スフィンクス(私を殴ったからだぞインデックスよ・・・バチがあたったのだ、フハハハハハ・・・・)



第4話 原石の発掘~後編~ おわり

636 名前: ◆xBlvwMd9ho [sage] 投稿日:2010/03/16(火) 23:40:58.28 ID:WKK6T82B0
第3話までと比べて4話すごく長くなっちまったな
付き合ってくれた人あんがとね!
一応あと1話か2話やるつもり!
メンバーも増えてきた【変ゼミ】もとい【変態サイド】
そろそろ原作のような流れが出来る・・・かな?
全然原作の流れでねえじゃねえかクソが
ってかエロはどうした!?って人も読んでくれたかな?
次回はもっと上手にできたらいいと思う!

Tag : とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 ほのぼの 一方通行 鈴科百合子

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。