FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「無口な唯先輩」(唯「……」第二部)

2 名前:代理ありがとうございます[] 投稿日:2010/12/02(木) 23:05:24.74 ID:W7SwnVeK0 [1/11]
お待たせしました。
といっても覚えてる人もいないと思うのではじめまして。
一応続き物の後編にあたるのでよかったら前作も読んでみてください
前スレhttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1289476206/l50

唯「……」

では始めます

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/02(木) 23:10:18.33 ID:W7SwnVeK0 [2/11]
こんにちは、中野梓です。

桜が丘高校に二度目の秋がやってきました。


私がここ桜が丘高校に入学してから、

そして、軽音部に入部してからはや1年半――

泣いたり笑ったり、怒ったあとでまた笑ったり……

毎日がてんやわんやの大騒ぎで、あっという間に時間は過ぎていきました。

気付けばすっかり私も2年生。もちろん先輩たちは3年生です。


でも、そんな軽音部も今日は静か。なぜなら学祭の準備期間まっ只中だから。

先輩たちのクラスは劇の練習で大忙し。部活に顔を出す暇もなさそうです。

広い音楽室に一人きりじゃさすがに退屈だな。


だから今日は、少しだけ私の思い出話に付き合ってくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/02(木) 23:15:20.06 ID:W7SwnVeK0
梓が入学した春の話


唯「……」

律「なんやかんやであっという間に2年生だなー」

紬「そうねぇ…本当にあっという間ね」

澪「唯んちでクリスマス会やったり初詣に行ったり、冬のあいだも楽しかったな」

紬「学祭のライブも新歓ライブも大成功だったものね♪」

唯「……」コクコク

律「……そのはずなんだ、が」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/02(木) 23:20:09.17 ID:W7SwnVeK0
律「新入部員が来ない!!!!」

澪「だなぁ…」

紬「そうねぇ……」

唯「……」

律「なにがいけなかったんだ……」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/02(木) 23:25:52.07 ID:W7SwnVeK0
律「やっぱり澪のつくったビラが地味だったんじゃないかぁ?」

澪「なっ…!そんなことは無いぞ!それをいうなら律だって――」

ギャーギャー あーだこーだ

紬「まぁまぁまぁまぁ…」

唯「……」


『私はビラ配りするときに無理矢理きぐるみ着せたさわちゃんが悪いと思う』

律「…それだな」

澪「うん、それだ」

紬「違いないわ」


さわ子「クシュン!」

さわ子「風邪かしら…?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/02(木) 23:30:32.56 ID:W7SwnVeK0
澪「…まぁいろいろ言ってても仕方ないよ、またビラを配りに行こう」

紬「私も行きまーす♪」

律「じゃ私と唯は部室に誰か来るかもしんないからココで待ってるぜー」

澪「律は配るの面倒なだけだろ…」

律「そうとも言う」

澪「まったく……まぁいいや、そっちはそっちでよろしく頼むぞ」

律「任せとけって!」

唯「……」コク

澪「じゃあムギ、行こうか」

紬「は~い♪」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/02(木) 23:35:23.82 ID:W7SwnVeK0
澪「軽音部です、よろしくお願いします」スッ

紬「よろしくお願いしまーす♪」スッ


澪「ふー…ライブでそこそこ知名度が上がったから受け取ってはもらえるけど、それでもコレ全部配り切るのは難しいな…」ドッサリ

紬「澪ちゃん、それならいい方法があるわ」

澪「おぉ、本当か?」

紬「ちょっと待っててね」

prrr・・・
紬「もしもし、斎藤?ちょっと頼みがあるのだけれど…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/02(木) 23:40:14.99 ID:W7SwnVeK0
数分後


斎藤「お待たせ致しました、お嬢様」

紬「ご苦労さま、それじゃあコレお願いね」ドサッ

斎藤「かしこまりました」

澪「(執事……?)」

ババババ・・・・・・

バラバラバラバラ

「ねぇ見てみて!あんなところにヘリが…」

「しかもなにか降ってきてるし…!」


紬「ね?」ニコッ♪

澪「は…ははは……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/02(木) 23:45:06.90 ID:W7SwnVeK0
一方の部室


律「…誰もこないな」

唯「……」グデー

律「ま、最悪このまま4人でもいいかなーなんて少なからず思っていたりもする」

唯「……」


『でもやっぱり少し寂しいよ』

律「だよなぁー……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/02(木) 23:50:07.81 ID:W7SwnVeK0
律「悪い唯、ちょっとトイレ行ってくるわ」

唯「……」ノシ

ガチャ・・・ バタンッ


唯「……」


ガチャ

?「あの~…入部希望なんですけど…」

唯「…!!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/02(木) 23:55:28.54 ID:W7SwnVeK0 [11/11]
?「あっ…先輩、ライブでギター弾いてた方ですよね!?私あの演奏聴いてすっごく感動しました!」

唯「……」プイッ

?「(えぇっ…スルーされた…?)」

唯「(ど、どうしよう…ビックリして思わず目を逸らしちゃった……)」

唯「(わっ、しかも携帯の電池切れてるし…)」

唯「(どうしよ…困ったなぁ……)」アセアセ

?「あ、あの……」

唯「……」チラ・・・

?「(私、入部してもいないのに嫌われてるのかなぁ……)」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 00:00:19.77 ID:R+2ml3Ui0 [1/64]
?「……」

?「(…もしかして私、ちっちゃいからってナメられてる?)」

?「(はっ、まさかこの先輩は自分より上手いと認めた人としか話さないとか!)」

?「(きっとそうだ…、そうに違いないっ!)」

?「(なら私だって同じギタリストとして黙っているワケには……!)」

?「先輩っ!!」

唯「!?」ビクゥ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 00:05:08.28 ID:R+2ml3Ui0 [2/64]
?「そんなに私のことをナメてもらっちゃ困りますよっ!」

?「私だって小さい頃からギターを弾いてたので多少なりとも腕には自信があります!」

?「先輩が私のことを認めてくれないならギターで私と勝負してくださいっ!!」ビシィッ!!

唯「……」ヒイィ・・・

律「ただいm……ん?」

唯「……」オロオロ(←SOSのまなざし)

律「あちゃ~…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 00:10:16.14 ID:R+2ml3Ui0 [3/64]
?「ご、ごめんなさいいぃぃ!!」ガバッ

?「私、先輩が話してくれないのはナメられてるからだと勝手に勘違いしちゃって……」

?「失礼なマネをして本当にすみませんでした…」

唯「……」イエイエ・・

律「はは、そんなに謝らなくても大丈夫だって。唯だってべつに気にしてないだろ?」

唯「……」コクコク!

?「は、はい…ありがとうございます…」

ガチャ

紬「ただいま戻りました~♪ ……あら?」

澪「お」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 00:15:15.31 ID:R+2ml3Ui0 [4/64]
?「えと、改めまして…入部希望の中野梓ですっ。パートはギターをやってます、よろしくお願いします!」

律「よろしくな、梓」
澪「うん、よろしく」
紬「よろしくね、梓ちゃん」
唯「……」ヨロシク♪


律「じゃぁさ、せっかくだからちょっと弾いてみてよ」

梓「はい、いいですよ」

~♪~♪~♪

一同「(う、うまい……)」

澪「思わぬライバル参上だな、唯」

唯「……」ムム・・・

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:00:04.96 ID:R+2ml3Ui0 [5/64]
律「――というワケで自己紹介な。まずは軽音部の部長といったらこの私!田井中律だ!チャキチャキのドラマーでぇす☆」

梓「部長!って呼べばいいですか?」

律「普通に律でいいよ。なぜなら親しみやすさもNo.1だからなっ」エヘン

澪「おい律、ところでこの前の書類のコピーはちゃんととったのか?」

律「げっ」

紬「それなら私がとっておきました~♪」

律「さすがムギ!頼れる先輩No.1だな!」

梓「(本当に部長なのだろうか)」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:03:10.26 ID:R+2ml3Ui0 [6/64]
澪「私は秋山澪。パートはベースで……ええと…何を話せばいいんだ…?」

律「なんでもいいだろ、左利きだってこととか私の幼馴染だってこととか」

梓「澪先輩のボーカル、とっても素敵でしたよ!」

澪「あ、ありがと……//」

梓「澪先輩はクールなお姉さんってイメージがします」

澪「そ…そんなことは…」

律「なーに言ってんだ梓。あの甘々な歌詞をつくったのだって澪だぞ?それに怖い話もてんでダメ」

律「おまけに部屋は散らかってるしお母さんのことはママって呼ぶし、それから――」ペラペラ

澪「わぁーっ!もうやめてくれええぇぇーーっ!!///」

梓「(イジられキャラなのかな……)」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:06:10.99 ID:R+2ml3Ui0 [7/64]
紬「琴吹紬です♪キーボード担当なの、困ったことがあったらなんでも聞いてね」ニコッ

梓「(わぁ…なんとなくお嬢様みたい…)」

律「ちなみにいつもお菓子を持ってきてくれるのもムギなんだぜ」

梓「さっきから気になってたんですけど、軽音部にお菓子って必要ですか…?」

律「まぁつべこべ言わずに食ってみろって」ヒョイ

パクッ

梓「お…おいひぃ……♪」

紬「そう?よかったわぁ~…ニュージーランドのお土産だからお口に合うか心配だったの」

梓「(わぁ…ものすごくお嬢様だった…)」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:09:09.50 ID:R+2ml3Ui0 [8/64]
唯「……」ペコ

律「んで、コイツは平沢唯。梓と同じギター担当だ」

澪「唯は初心者からのスタートだったけど、そのぶん一番頑張ってきたもんな」

唯「……」エヘヘ・・

梓「えっ、唯先輩って高校からギター始めたんですか!?」

唯「……」コクコク

梓「すごいですよそれっ!一年間であんな演奏ができるようになるなんて…私も負けてられないです!」

唯「……」フンスッ!

紬「二人とも頑張って♪」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:12:14.44 ID:R+2ml3Ui0 [9/64]
律「よし!んじゃ自己紹介も済んだところで早速――」

梓「練習ですかっ!?」

律「お茶にするぞーっ!!」

梓「ズルッ」

澪「ははっ…いつも練習の前はこんな感じなんだよ、けどやる時はしっかりやる部活だからさ」

梓「放課後ティータイムってそういう意味だったんですね……」

紬「梓ちゃんはミルクいくつ入れます?」

梓「あ、3つがいいですっ」

律「梓は甘党かぁ~?」ニヤニヤ

梓「ほっといてください!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:15:25.18 ID:R+2ml3Ui0 [10/64]
律「――でさ、そのとき澪が……」

唯「~~」ププッ

紬「唯ちゃん、チーズケーキもあるけど食べる?」

唯「♪♪」

ワイワイ ガヤガヤ


梓「……」ジーッ

澪「ん?どうした梓、律たちのほうをじっと見て」ズズ

梓「あ、いえ…なんでもないです」ズズ

澪「?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:18:19.75 ID:R+2ml3Ui0 [11/64]
梓「あの……先輩たちは、唯先輩の言いたいことってわかるんですか?ずいぶん楽しそうに話してますけど…」

澪「うーん…どうだろう、でも一年間一緒に過ごしてきたわけだし、だいたい何が言いたいのかはわかることが多いかな」

梓「そうなんですか…」

澪「…やっぱり接しづらいか?」

梓「いえいえ!そんなことは全然ないですっ」

澪「そっか、ならよかった」


梓「(私もはやく唯先輩と仲良くなりたいな)」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:21:31.02 ID:R+2ml3Ui0 [12/64]
それから数日後


バンッ!

さわ子「ちょっと!新入部員が入ったのに私に一切報告無しってどういうこと!?」

律「あ、ごめんごめん。すっかり忘れてた」

梓「えっと…音楽の山中先生ですよね?」

さわ子「まったくもう…そうよ、私が軽音部顧問の山中さわ子。あなたが新入部員の子かしら?」

梓「はい!ギターの中野梓です!よろしくお願いしますっ!」

さわ子「よろしくね」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:24:13.60 ID:R+2ml3Ui0 [13/64]
律「ちなみにライブのときの衣装は全部さわちゃんの手作りなんだぜ」

梓「(さわちゃん?)そうだったんですか、すごい…」

さわ子「えっへん!」

律「ついでにさわちゃんには軽音部のOGだったという黒歴史も……」

さわ子「あ~っ!その話はもうしないって約束したじゃないっ!」

紬「ちなみにこれが当時の写真よ♪」ピラッ

梓「(おしとやかな山中先生のイメージが音を立てて崩れてゆく…)」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:27:26.67 ID:R+2ml3Ui0 [14/64]
梓「それにしても…私が入部してからも先輩たちお茶ばっかりしてるじゃないですかっ!」

律「そ、そうかな…?」

梓「そうですっ!先生も軽音部のOGならビシッと言ってください!」

さわ子「え、何?聞いてなかった」

梓「ぐすん」

さわ子「わ、わかったわ…ならビシッと言ってあげる」


さわ子「ムギちゃん、私アールグレイがいい!!!」ビシッ

紬「は~い♪」

梓「(…私、もうくじけそうです……)」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:30:19.40 ID:R+2ml3Ui0 [15/64]
さわ子「……」ジーッ

梓「…?」

さわ子「なるほど…ちっちゃくてかわいらしい体してるわね」

梓「なっ…」

さわ子「ココはちょっとかわいらしすぎる気もするわね~」モミモミ

梓「に゛ゃあぁっ!?///」

律「いい加減にしろっ!」ポカ

さわ子「きゃん!」

紬「………」ボタボタボタ

唯「……」フキフキ

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:33:24.44 ID:R+2ml3Ui0 [16/64]
梓「はぁ…はぁ……//」

唯「……」ダイジョブ?

梓「はい、なんとか…」

さわ子「フフフ、実はタダでお茶を飲みにきたわけじゃないのよ」

さわ子「なんと新入部員の梓ちゃんのためにプレゼントを持ってきました!」

梓「プレゼントですか…?」

さわ子「そう!はいコレ!」スッ

つネコミミ


梓「……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:36:03.92 ID:R+2ml3Ui0 [17/64]
梓「なんですかコレ…」

さわ子「なにって…ネコミミだけど」

梓「着けろってことですか…?」

律「そうだぞ梓、これは軽音部に入部する上での通過儀礼だからな」

澪「(律が悪ノリしはじめたぞ…)」

梓「じゃ、じゃあみなさんも着けてみてくださいよ!」

紬「にゃあ♪」スチャ

ヒョイ

唯「……」ニャー♪

梓「(墓穴を掘っただけだった……)」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:39:03.38 ID:R+2ml3Ui0 [18/64]
律「な?着けるだけなんだからべつにいいじゃんっ」

梓「そこまでいうならやってやるです!!」

スチャッ

澪「おぉ…似合ってるぞ」

紬「かわいいわ♪」

さわ子「さすが私の見込んだ子ね…」

梓「見込まれた覚えはないですっ」ツン

唯「……」パシャ!

律「……」パシャ!

梓「写メ撮らないでくださいっ!!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:42:08.75 ID:R+2ml3Ui0 [19/64]
唯「……」トントン

梓「な、なんですか…?」

『にゃあ!って言ってみてよ!』

梓「えぇぇ……」

唯「……」ジーッ

律「どうする梓、唯先輩の期待を裏切るのか?」ニヤ

梓「わっ…わかりましたよ!言いますから!」

ゴクリ・・・

梓「に……にゃあ♪」


律「にゃあいただきましたーっ!!」ドンドン パフパフ

『あだ名はあずにゃんに決定だね!!』

梓「もう練習しましょうよぉ~……」ヘナヘナ


~~~~~~~・・・・・

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:45:12.13 ID:R+2ml3Ui0 [20/64]
懐かしいな……

つい昨日の出来事のようで、もう一年以上も前なんだ。

それにしても…入ったばかりの頃はイジられっぱなしで大変だったなぁ……

あずにゃんってあだ名はけっこう気に入ってるんだけどね。

…唯先輩には内緒だけど。


そうそう、私の初めてのライブのときは唯先輩がカゼ引いて大騒ぎだったんだっけ―――

~~~~~~~~~~~~~~~

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:48:24.61 ID:R+2ml3Ui0 [21/64]
ちょうど一年前


梓「いよいよもうすぐ学祭ライブですねっ!」

律「張り切ってんなぁ~…梓は」

澪「梓にとっては初めてのライブだもんな」

梓「はいっ!絶対成功させてやるです!」

紬「去年は唯ちゃんも張り切ってたわよね」

律「…あれ?そういや唯が来ないな」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:51:22.45 ID:R+2ml3Ui0 [22/64]
澪「珍しいな…唯が部活に来ないなんて」

紬「なにかあったのかしら…」


コンコン

梓「律先輩、誰か来ましたよ」

律「? どうぞー」

ガチャ・・・

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:54:29.90 ID:R+2ml3Ui0 [23/64]
憂「こんにちは~…」ソーッ

梓「あ、憂!」

律「誰かと思えば憂ちゃんかぁー、一瞬新入部員が来たのかと思ったよ」ハハッ

憂「あはは…」

澪「唯のことでなにか伝言かな?」

憂「はい、そうなんですけど…」

紬「どうしたの?」

憂「実はお姉ちゃん、熱が出ちゃったみたいで…今日は早退するって」

梓「なんだぁ、ただ熱が出ただけなら大丈夫……」


一同「え?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 01:57:16.35 ID:R+2ml3Ui0 [24/64]
律「おいおいマジかよ…」

澪「…唯の具合はどうなんだ?」

憂「私もお姉ちゃんに伝言頼まれただけですから…まだ詳しいことはなにも……」

澪「そっか…」

紬「学祭までに元気になればいいけど…」

憂「ごめんなさい…私のせいでお姉ちゃんが学祭に出れなかったりしたら……」

梓「ううん、憂も唯先輩も悪くないよ!それより凹んでる暇があるなら練習しましょう練習!ね、先輩?」

律「梓…」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:00:11.14 ID:R+2ml3Ui0 [25/64]
練習終了後


律「う~ん…やっぱり唯がいないと雰囲気出ないよなぁ……」

澪「もしもの話だけどさ、もしも唯が学祭に来れなかったら…どうするんだ…?」

紬「そのときは4人で演奏するしか…」

梓「いえ、もしそうなったら辞退しましょう。一人でも欠けたら私たちの放課後ティータイムじゃないですからっ」

紬「梓ちゃん……」

澪「…それに唯のことだ、きっと明日には元気になってひょっこり戻ってくるよ」

律「……そうだな」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:03:17.16 ID:R+2ml3Ui0 [26/64]
翌日


紬「今日も唯ちゃん学校お休みだったわね…」

澪「ま、まぁさすがに一朝一夕には治らないんじゃないか?」


ガチャ・・

唯「……」


澪「ゆ、唯!?」

梓「唯先輩!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:06:18.27 ID:R+2ml3Ui0 [27/64]
律「唯…お前…体調は大丈夫なのか?」

唯「……」コクコク

紬「今朝にはもう熱は下がったの?」

唯「……」

『朝には少し微熱残ってたけど…午後には下がったから部活だけ来ちゃった』

梓「あれ、唯先輩のケータイ…それ憂のですよね」

唯「!」ギクッ

『慌ててたからケータイ家に忘れちゃって…憂に借りたんだ~』


梓「(なんか怪しい……)」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:09:17.70 ID:R+2ml3Ui0 [28/64]
律「ま、なにはともあれ唯も復帰したことだし!学祭に向けて合わせていこーぜー!」

澪「それがいいな」

紬「唯ちゃんも準備はオッケー?」

唯「はい!」


律澪紬「「「…え?」」」

唯「あ…」

梓「……」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:12:16.99 ID:R+2ml3Ui0 [29/64]
憂「ごめんなさい…お姉ちゃんのこと考えてたらいてもたってもいられなくなっちゃって……」

律「まさか憂ちゃんが正体だったとは…」

澪「それにしても髪型変えるとそっくりだな…全く気付かなかった」

梓「私はちょっと変だと思ったけどねっ」

憂「梓ちゃんもごめんね…」

紬「じゃあ、唯ちゃんはまだ…」

憂「はい…治るにはまだ少し時間がかかりそうです…」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:15:14.69 ID:R+2ml3Ui0 [30/64]
学祭当日


梓「唯先輩、来ませんね…」

律「昨日の晩もメールしてみたんだが熱が下がらないらしいからな……」

梓「そうですか…」

澪「…ムギ、生徒会に発表は辞退するってお願いしに行こうか」

紬「そうね…」


ガチャ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:18:20.27 ID:R+2ml3Ui0 [31/64]
さわ子「諦めるのはまだ早いわよ!」

律「さわちゃん…」

澪「で、でも唯がいないんじゃどうしようも…」

さわ子「唯ちゃんならここにいるわ」

スッ・・

唯「……」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:21:17.10 ID:R+2ml3Ui0 [32/64]
澪「唯……」

律「今度こそ本当に唯なのか…?」

唯「……」コク

梓「じゃあ唯先輩が私につけたあだ名は!?」

唯「……」

『あずにゃん』

梓「本当に唯先輩だ…」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:24:32.85 ID:R+2ml3Ui0 [33/64]
さわ子「実はね、唯ちゃんは朝から学校に来てたの」

さわ子「でも体調が優れないから、軽音部の出番になるまでは私が保健室で面倒みてたってわけ」

さわ子「どう?偉いでしょ私?」

澪「出番になるまでは――ってことは唯は今日演奏するつもりなのか…?」

唯「……」コクリ

さわ子「(華麗にスルーされた…)」

紬「いいのよ唯ちゃん、無理しなくても…」

唯「……」ブンブン

さわ子「…私も早退するように言ったんだけどね、唯ちゃんが『軽音部は私のすべてだから』って聞かなくて」

梓「唯先輩…」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:27:30.86 ID:R+2ml3Ui0 [34/64]
律「…そこまで言われたんじゃ、演奏しないワケにはいかないよなっ」

澪「本当にキツかったらすぐに言うんだぞ、私たちがなんとかするから」

紬「救急車手配しておく…?」

律「いや、そこまでせんでも…」

唯「……」クスッ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:30:26.21 ID:R+2ml3Ui0 [35/64]
梓「たとえ唯先輩がミスしても私がカバーします!それがバンドってもんです!」

唯「……」

律「おいおい、なにもカバーするのは梓だけじゃないんだぞ?」

紬「私たち5人、全員揃って……」

澪「放課後ティータイムだからなっ!」


唯「……」

唯「(ありがとう、みんな……)」


さわ子「フフッ…いい話じゃない」

律「さわちゃんもありがとうな」

さわ子「いえいえ♪♪」パァッ

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 02:33:26.70 ID:R+2ml3Ui0 [36/64]
――それからライブがどうなったのか……実はあんまり覚えてないんだよね。

きっと周りから見たら上手くいってなかったのかもしれない。

でも…それでも、私は満足だったな。

憧れだった先輩たちと一緒に演奏できてすっごく楽しかったもん。


他にもいろいろあったけど……思い出話はこれで終わり。

先輩たちと過ごす最後の学祭、いまはこの瞬間を大切にしなきゃ!

去年のリベンジの意味も込めて…今年は最高の学園祭ライブにするんだからっ!

さっそく練習するぞ――といいたいところだけど、今日は遅くなっちゃったからもう帰ろう。

また明日から頑張るぞっ!

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 13:30:18.92 ID:R+2ml3Ui0 [38/64]
次の日の放課後


憂「梓ちゃんは今日もライブの練習?」

梓「うん、そうだよー」

純「でも先輩たちはいないんでしょ?梓、一人で寂しくないの?」

梓「さ、寂しくないもんっ!」

純「あはは…ムキになったら余計怪しいぞ?でもまぁ、梓も大変だねぇ」

憂「そっか、お姉ちゃんのクラス劇の練習で忙しそうだもんね…部活は梓ちゃん一人なんだ…」

梓「…うん」

憂「梓ちゃんも頑張ってね。私も軽音部のライブ応援してるから!」

純「梓ファイト♪」

梓「…ありがと」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 13:34:17.15 ID:R+2ml3Ui0 [39/64]
梓「よし、今日は練習がんばるぞっ」

テクテク・・・

梓「(純たちにはああ言ったけど…)」

梓「(実際はちょっと寂しい)」

梓「(先輩たちライブのこと忘れてないかなぁ…)」

梓「(さすがにそれはないか…)」

梓「……」

梓「(やばい、けっこう不安になってきた)」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 13:38:25.15 ID:R+2ml3Ui0 [40/64]
音楽室前


梓「ま、ウダウダ考えてても仕方ないよね」

梓「いまの私にできることは練習あるのみっ!」グッ


ガチャ キィィ・・・

梓「こんにちは~…」

唯「……」ヤッホ

梓「ゆ…唯先輩っ!?」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 13:42:18.08 ID:R+2ml3Ui0 [41/64]
音楽室


梓「どうしたんですか先輩、こんなところで…」

唯「……」

『あずにゃんのこと待ってたんだよ』

梓「そ、それは嬉しいですけど……劇の練習はいいんですか?」

唯「……」コクリ

梓「でも律先輩たち心配するんじゃ…」

唯「……」

『うん、それがね――』

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 13:46:12.66 ID:R+2ml3Ui0 [42/64]
数分前
教室でのこと


律「実はさ、唯には軽音部のことを任せたいんだ」

唯「…?」

澪「たぶん私たちはしばらく部活に顔だせなくなると思うから…唯を一人にしちゃうのは申し訳ないんだけどさ」

唯「……」

『大丈夫だよ!私はみんなみたいに主役じゃないし、練習することも少ないから』

紬「ごめんね唯ちゃん、クラスの劇もライブも頑張って成功させようねっ」

律「梓も一人で寂しがってるだろうし、ひとつよろしく頼むよ」

澪「よろしくな、唯っ」

唯「!!」マカセナ!!

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 13:50:16.89 ID:R+2ml3Ui0 [43/64]
『――ということがあったんだ』

梓「そうだったんですか…」

唯「……」

『あずにゃんは一人で寂しかった?』

梓「そんな事ないですっ!」

唯「……」ジトー

梓「な、なんですかその目は……さあ!それより練習しましょう練習!」

唯「♪」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 13:54:22.46 ID:R+2ml3Ui0 [44/64]
梓「そういえば今回の歌詞は唯先輩が書いたんですよね?」

唯「……」コクリ

梓「こっちの『ごはんはおかず』っていうのはともかく…『U&I』はすごくいい歌詞だと思いますよ」

唯「……//」

梓「唯先輩って作詞の才能もあるかもですね」

唯「……」

『私はみんなと違って、想いのたけを詞にするしかないからね』

梓「…そっか」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 13:58:17.63 ID:R+2ml3Ui0 [45/64]
梓「ところでボーカルはどうするんですか?確かまだ決まってませんでしたよね」

唯「……」

『私はあずにゃんに歌ってほしいな』

梓「えぇっ!?私ですか!?」

唯「……」コクコク

梓「いやいや…私ボーカルなんてやったことないですし、澪先輩のほうが絶対うまいですよ」

唯「……」

唯「……」シュン

梓「(うっ……)」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:02:28.16 ID:R+2ml3Ui0 [46/64]
梓「ほ…本当に」

唯「…?」

梓「本当に私でいいんですか…?」

唯「…!」コクコク!

梓「えと、じゃあ唯先輩がそう言うなら……私頑張ります」

唯「~~!」ダキッ

梓「に゛ゃっ!?急に抱きつかないでくださいっ!」

唯「♪♪」スリスリ

梓「頬ずりもダメです~っ!!//」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:06:29.63 ID:R+2ml3Ui0 [47/64]
『ありがとね、あずにゃん』

梓「べ、べつにお礼を言われるほどのことはしてないです!」

唯「……」ニコニコ

梓「(…こんなに嬉しそうな唯先輩見たのはじめてかも)」

梓「唯先輩!」

唯「?」

梓「そうと決まればさっそく練習しましょうっ!」

唯「!!」オーッ!

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:10:14.28 ID:R+2ml3Ui0 [48/64]
唯「……」ヨイショ

梓「先輩、スタンドマイクなんて持ってきてどうしたんですか?」

唯「……」ハイ

梓「えっと…私が歌えばいいんですか?」

唯「……」

『二人でプチライブやろうよっ!』

梓「プチライブ…?クスッ、唯先輩らしい発想ですね」

唯「……」エヘヘ・・

梓「いいですよ、やりましょうか」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:14:22.74 ID:R+2ml3Ui0 [49/64]
梓「ゴホン…あーあー……」

唯「……」

梓「(なんか緊張するなぁ……)」


『それじゃあ始めるよ?』

梓「は、はい!」


唯&梓「(1、2、3、4!)」


~♪~♪~♪

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:18:12.05 ID:R+2ml3Ui0 [50/64]
~♪~♪~♪

梓「ごはんはすごいよ ないと困るよ――」


ガチャ・・

コソッ

律「音に誘われて見に来ちゃったけど……」

紬「…私たちは先に帰りましょうか?」

律「……そうだな」

澪「(よくわからないけどボーカルやらなくて済みそう…)」ホッ

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:22:15.60 ID:R+2ml3Ui0 [51/64]
ジャーン・・・


梓「いまの感じすごくよかったですね!」

唯「……」ブイ!

梓「なんだか本当にライブしてるみたいな気分になりましたっ」

『いつかあずにゃんと二人で路上ライブしてみたいな!』

梓「あはは、いつかやりたいですね」


梓「それじゃ、帰りましょうか」

唯「……」コクリ

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:26:22.97 ID:R+2ml3Ui0 [52/64]
帰り道
河原にて


梓「今日の練習は楽しかったです!たまにはこんなのもいいですね」

唯「……」

『やっぱり一人で寂しかっただけなんじゃないのぉ?』

梓「なっ…、まだ言いますか!そんなことは断じてないですっ!」プンスカ

唯「(むぅ…)」

梓「…唯先輩、さっき私と路上ライブやりたいって言いましたよね」

唯「…?」

梓「だったら私は…」

唯「……」

梓「だったら私は、先輩と一緒にボーカルがやりたいです」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:30:15.52 ID:R+2ml3Ui0 [53/64]
唯「……」

梓「いつか先輩と一緒に歌える日がくればいいなって、そう思ったんです」

唯「……」

梓「あ……ご、ごめんなさいっ!唯先輩の気持ちとか全然考えないでっ……急に変なこと言い出して…」

唯「……」


『いいんだよあずにゃん』

『だって…そしたら私が歌えるようになるまで、ずっと一緒のバンドってことだもんね?』

梓「えっ…?」


『だったら私、ずっとしゃべれないままでもいいかなぁ~…なんてねっ!』


梓「……唯先輩……」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:34:18.10 ID:R+2ml3Ui0 [54/64]
梓「…そんなのダメです、ズルいですよ」

『えへへ、冗談だよじょーだん。きっとみんなで歌える日が来るって、私も信じたい』

梓「きっと…唯先輩なら大丈夫ですよ。ずっと一緒じゃなくても済みそうです」

『そうかもね』クスッ

――――― ・ ・ ・

梓「それじゃあ私はこっちなので」

唯「……」コク

梓「今日は本当にありがとうございました。失礼します、唯先輩」

唯「……」バイバイ

梓「……」ペコ

スタスタスタ・・・


唯「……」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:38:25.85 ID:R+2ml3Ui0 [55/64]
ライブ前日
劇が終わって


律「いやぁ~、無事ロミジュリも大成功だったなっ!」

澪「はぁぁ…緊張したぁ……もう二度とやりたくない……」

紬「二人ともすっごく素敵だったわぁ~♪」

唯「……」パチパチ

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:42:19.52 ID:R+2ml3Ui0 [56/64]
律「さて、それじゃあ明日に向けてもう一仕事だな」

唯「……」ウム

澪「部活に行くのもすっかりご無沙汰になっちゃったな…」

紬「梓ちゃん、なんて言うかしら…」

律「そうだなあ……」

律「『もう!劇は終わったんですから、休んでる暇はありませんよ!練習です練習っ!』」

律「――とかじゃないか?」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:46:09.93 ID:R+2ml3Ui0 [57/64]
澪「あ~…確かにありそうかも」

律「澪はどう思うんだ?」

澪「うーん……練習しましょうって言うと思うよ」

律「ムギは?」

紬「『先輩たちがいなくて私…ずっと寂しかったです……』」

紬「『責任とってくださいっ…!その…、先輩の唇で……///』」

律澪「「それは絶対ない」」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:50:45.69 ID:R+2ml3Ui0 [58/64]
音楽室前


律「どんな反応か楽しみだなぁ…」ニシシ

唯「……」ワクワク

澪「あんまりからかうのはよくないぞ…?」

律「わかってるって!んじゃ開けるぞー」

ガチャ


梓「あっ、おかえりなさい先輩!お茶ですか?お菓子にしますか?それとも……私?//」


律「これは予想できなかった」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:54:31.55 ID:R+2ml3Ui0 [59/64]
梓「先輩たちの劇見ましたよ!澪先輩も律先輩もカッコ良かったです」

律「そ、そうかな…?」

澪「ありがとな、梓」

梓「ムギ先輩も唯先輩もお疲れ様でした」

紬「ありがと~♪」

唯「……」ニコッ

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 14:58:15.20 ID:R+2ml3Ui0 [60/64]
梓「それはそれとして…明日のライブのほうは大丈夫なんですか?もうあんまり時間ないですけど…」

律「なぁに、そう心配するなって」

澪「今日は泊まり込みで練習していくからな」

梓「へ?泊まり込み?」

律「そうだぞ、あとでさわちゃんが寝袋とかいろいろ持ってきてくれるってさ」

梓「そうなんですか!それならまだまだ練習できますね!」

律「いや、まずはお茶だろ?」

紬「賛成で~す♪」

梓「(ホントに大丈夫なのかな……)」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 15:02:30.07 ID:R+2ml3Ui0 [61/64]
その夜


澪「いよいよ明日は桜高最後のライブだな」

律「…そうだな」

唯「……」

紬「大丈夫、きっとうまくいくわ」

律「やるだけのことはやったさ。な、梓?」

梓「すー」Zzz・・

律「…ってもう寝てるし」

澪「一番練習はりきってたもんなぁ」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/03(金) 15:06:13.61 ID:R+2ml3Ui0 [62/64]
律「さて…私らもそろそろ寝ようか」

澪「うん、みんなおやすみな」

紬「おやすみなさいっ」

唯「……」オヤスミ

律「んじゃ電気消すぞー」


パチン・・

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 00:15:07.53 ID:Jsb1PTZM0 [1/76]
スー・・・ スー・・・


唯「……」

唯「(……眠れない)」

唯「(だれか起きてないかな…)」

唯「(…って起こしちゃ悪いか)」

唯「……」

唯「(ちょっと散歩でもしてこよう)」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 00:18:18.90 ID:Jsb1PTZM0 [2/76]
徘徊中


唯「……」

唯「(夜の学校って雰囲気あるよね…なにか出てきそうで怖いや)」

唯「(女の子が一人でうろつくような場所じゃないのは確かだね)」

唯「……」

唯「(あ、被服室の電気ついてる)」

唯「(さわちゃんかな…きっと明日のみんなの衣装つくってくれてるんだ)」

唯「(こんな時間までありがとう、さわちゃん)」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 00:22:09.42 ID:Jsb1PTZM0 [3/76]
一方の音楽室


パチ

澪「……んん…」

澪「ぅ……ふぁぁ~…」

澪「……」

澪「……」パッチリ

澪「…目が覚めてしまった…」

澪「やっぱり素直にウサちゃん持ってくるべきだったかな…」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 00:25:20.78 ID:Jsb1PTZM0 [4/76]
澪「日頃の感謝をこめて律の顔に落書きでもしてやろうか」

律「Zzz…」スヤスヤ

澪「…やっぱりやめとこう、倍返しにされそうだし」

澪「う~む……」

澪「…ってあれ?唯がいないぞ」

澪「トイレにでも起きたのかな?」

澪「うぅっ…寒…私もトイレ行こ」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 00:29:07.41 ID:Jsb1PTZM0 [5/76]
廊下


澪「ひえぇ~…真っ暗じゃないか……」

澪「一人でトイレまで辿り着けるか不安になってきた…」

澪「……」

澪「お化けとか出たらどうしよう……」

トントン

澪「ぎゃぁぁああぁあああ!!!??」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 00:32:09.50 ID:Jsb1PTZM0 [6/76]
唯「……」オッス

澪「な、なんだぁ…唯か……脅かさないでくれよぅ………」ヘナヘナ

唯「……」エヘヘー

澪「まったくもう……で、唯もトイレに起きたのか?」

唯「……」エート・・

澪「…もしかして寝れないとか?」

唯「……」・・コクリ

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 00:36:26.38 ID:Jsb1PTZM0 [7/76]
澪「唯もそうだったんだ、実は私も目が覚めちゃってさ」

唯「……」

澪「…だったらさ、これから二人で出かけてみないか?」

唯「…?」

澪「どうせすぐには眠れないだろうし、きっと誰にもバレないから大丈夫だよ」

唯「……」コクリ

澪「よしっ、じゃあ行こうか」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 00:39:17.48 ID:Jsb1PTZM0 [8/76]
テクテク・・


澪「さすがに秋ともなると夜は冷えるなぁ…」

唯「……」トテトテ

澪「でもさ、こうして夜の道を歩いてるとワクワクしてこないか?こういう夜の空気…私は好きだな」

唯「……」

『私はなんだか夜逃げしてるみたいでドキドキだよ~…』

澪「あははっ、なんだそりゃ」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 00:43:04.42 ID:Jsb1PTZM0 [9/76]
夜の公園


澪「さ、着いたぞ」

唯「…?」

澪「この公園はさ、昔律とよく遊んでた場所なんだ」

唯「……」

澪「二人で真っ暗になるまで遊んで…毎日のように親に怒られてたっけな」

唯「……」フフッ

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 00:46:13.33 ID:Jsb1PTZM0 [10/76]
唯「……」

『星が綺麗だね』

澪「ああ…この公園は星を眺めるにも格好の場所だからな」

唯「……」

澪「そういえば律がバンド組んで武道館に行くって言い出したのも、こんな星空の日だったよ」

澪「律が『あの一番星に向かって走るぞーっ!』ってね、走ってるのはドラムだっての」ハハッ

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 01:00:07.10 ID:Jsb1PTZM0 [11/76]
唯「……」

『澪ちゃん!私とも約束しようよ』

澪「うん?なにをだ?」

『澪ちゃんが、みんなを武道館に連れてってくれるって』

澪「えぇっ!私がみんなを連れていくのか…?ちょっと自信ないなぁ……」

澪「…でもわかった、約束だぞ」ユビキリ

唯「……♪」ゲンマン

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 01:03:47.54 ID:Jsb1PTZM0 [12/76]
さわ子「ちょっとあなたたち!こんな遅くに何やってるの!?」

唯「!」ビクッ

澪「ひぃっ!?」

さわ子「夜中にコッソリ出て行くから何かと思えば…こんなところでおしゃべりしてたのね…」

澪「気付いてたんですか…」

さわ子「当たり前じゃないっ。なにかあってからじゃ遅いんだからね?」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 01:07:08.71 ID:Jsb1PTZM0 [13/76]
澪「ご、ごめんなさい……」

唯「……」シュン・・・

さわ子「……ほら、ホットココア買ってきてあげたからコレでも飲んであったまりなさい」

澪「…さわ子先生……」

さわ子「私だって楽しく話してる所割り込みたくはなかったのよ?でも仮に風邪なんか引いたら大変じゃない、明日本番なんだし」

唯「……」

さわ子「それに私の一世一代の見せ場を勝手に潰されちゃたまらないものっ!!」クワッ

澪「(この人いっつも一言多いんだよなぁ……)」

169 名前:>>166 明日の昼までには[] 投稿日:2010/12/04(土) 01:11:09.67 ID:Jsb1PTZM0 [14/76]
さわ子「それで…ライブの準備はもうバッチリなの?」

澪「はい、やるだけのことはやりましたから」

唯「……d」グッ

さわ子「そう、大丈夫そうでなによりだわ」


さわ子「…それじゃ、私はまだ仕事の続きがあるから…あなたたちも早く学校に戻って寝るのよ?」

唯「……」コク

澪「なんだかありがとうございます、先生」

さわ子「いえいえ~」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 01:14:06.72 ID:Jsb1PTZM0 [15/76]
澪「…私たちもそろそろ帰ろっか」

唯「……」コクリ

キラッ☆彡

澪「あっ、流れ星……と思ったけどもう遅いか…」

唯「……」

『3秒ルールだよ、澪ちゃん』

澪「…そうだな、じゃあ願い事しておこうか」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 01:17:12.99 ID:Jsb1PTZM0 [16/76]
唯「(ずっとみんなと一緒にバンドを続けられますように…)」


澪「(……いつか唯の歌声が武道館に響きますように)」


澪「唯はなんてお願いしたんだ?」

唯「……」

『ずっとみんなとバンドができますように、って』

澪「…そっか」

『澪ちゃんは?』

澪「うん、私は武道館に行けますようにってお願いしたよ」


―――――――――――――
ちなみにさわちゃんの願い事↓

さわ子「(彼氏ができますように彼氏ができますように彼氏ができますように)」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 01:21:05.24 ID:Jsb1PTZM0 [17/76]
翌朝


澪「すぴー……」Zzz・・・

唯「……」Zzz・・・

梓「あの…澪先輩と唯先輩がまったく起きないんですけど……」

紬「でもなんだか幸せそうね」

律「…ったく…顔に落書きでもしといてやるか」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 01:24:28.94 ID:Jsb1PTZM0 [18/76]
本番前の舞台裏


律「さすがにライブも5回目ともなると落ち着いていられるなー」

唯「……」キリリ

澪「なぁムギぃ…額の落書きちゃんと消えてるかな…?」

紬「大丈夫よ、澪ちゃん」

梓「……」

梓「(MCもボーカルも今回が初めてだけど…ちゃんとできるかなぁ……もし噛んじゃったらどうしよう……)」

律「お、梓が無口だなんて珍しいな?緊張してんの?」

梓「あ…当たり前ですっ!だいたい先輩たちは緊張感がなさすぎなんです!今日にかぎらずいつだってそうなんですからね!」プンプン

紬「ふふ、いつもの梓ちゃんに戻ったわね」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 01:28:12.92 ID:Jsb1PTZM0 [19/76]
開演


―――……

和「それではみなさんお待ちかね、桜高祭の目玉イベント…放課後ティータイムによるバンド演奏です!」


\ワァァアアアァァアアーーーーー!!!!!!/

\待ってましたっ!!!/ \ヒューヒュー!!/


唯「!」

律「なっ、なんだぁ…?この観客の数は…」

梓「すごい…それにみんな同じTシャツを着てくれてる……」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 01:31:36.58 ID:Jsb1PTZM0 [20/76]

和「フフッ、びっくりした?これは私と山中先生からのサプライズよ」

紬「和ちゃんとさわ子先生の…?」

和「そう。Tシャツは山中先生が全部手作りしてくれて、ライブが始まる前には私と先生で客寄せを兼ねてシャツを配ってたってわけ」

澪「そうだったんだ……二人とも、本当にありがとう」

和「いいえ。あとで山中先生にも伝えておくわね」

唯「……?」

和「ああ…残念だけど先生はここには来てないのよ、なんでも徹夜明けだったみたいで被服室で力尽きてるわ」

唯「(…ありがとう、さわちゃん)」


さわ子「ムニャ…みんな頑張ってね……Zzz...」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 02:00:43.12 ID:Jsb1PTZM0 [21/76]
律「(ほら梓、ボーっとしてないでしゃべらないと!)」ヒソッ

梓「は、はい!えーと…みなさんこんにちわっ!放課後ティータイムです!!」


\こーんにーちわ~~~~~っ!!!!!/


梓「あの…突然のサプライズで本当にビックリしました……こんなに大勢の皆さんに集まっていただけるなんて、正直感動です」


純「梓ぁーーーーっ!!!」

憂「梓ちゃ~~~~んっ!!!」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 02:03:31.29 ID:Jsb1PTZM0 [22/76]
梓「それではさっそくですが、私たちの演奏を聴いて下さいっ!!」

梓「最初の一曲目は『ごはんはおかず』です!」


\ザワ……ザワ……/

\シーン……/


律「…よし、いくぞみんな」


律「……」スゥー・・・

律「1、2、3、4!」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 02:07:23.39 ID:Jsb1PTZM0 [23/76]
梓「ごはんはすごいよ なんでも合うよホカホカ

  ラーメン うどんにお好み焼きこれこれ

  炭水化物と 炭水化物の

  夢の
澪「夢の」

  コラボレーション
律「あつあつホカホカっ!」

  ごはんはすごいよないと困るよ むしろごはんがおかずだよ

  関西人ならやっぱり お好み焼き&ごはん」

梓「でも私関西人じゃないんですーっ!」

紬「どないやね~んっ♪」


\アハハハハハハ/

\なんだそれ~っ!!/


純&憂「いちにっさんしごーはーん!!!」


~~~~~~~~~~

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 02:10:26.45 ID:Jsb1PTZM0 [24/76]
梓「それでは改めまして、ここで軽音部のメンバー紹介をしたいと思います!」

梓「まずはベースの澪先輩!」

澪「ど、どうも…」


\みおーーーーーっ!!!!/


梓「澪先輩は、軽音部の中で一番大人っぽくて頼りになる先輩です」

梓「けど、怖いものが苦手だったり…恥ずかしがり屋さんだったり…けっこう可愛いところも多いです」

澪「ちょ、梓ぁ……」


\みおちゃんかわいいぃぃ~~~っ!!!/


澪「あうぅ……///」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 02:13:33.37 ID:Jsb1PTZM0 [25/76]
梓「ドラムの律先輩!」

律「どもどもっ」

梓「律先輩、実は軽音部の部長さんなんですが…部長としてはちょっと頼りないです」

律「…ってこらこらぁーっ!頼りないとかゆーな!」


\ワハハハハハッ/


梓「だって練習はしないし、毎回書類は出し忘れるし……でも、いつも一緒にいて楽しかったのも律先輩でした」

律「梓、お前……」


\せーの…/

\りぃーーつぅーーー!!!!!/

\デコ広いぞっ!/


律「デコは余計だっつーの!!」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 02:16:31.59 ID:Jsb1PTZM0 [26/76]
梓「次はキーボードのムギ先輩っ!」

紬「こんにちわ~っ♪」

梓「ムギ先輩はおっとりぽわぽわ、とっても優しくてなんだかお姉ちゃんみたいな人です」

紬「お姉ちゃん……///」

梓「それと…放課後ティータイムの原点、ティータイムの主役もムギ先輩です!ムギ先輩のお茶とお菓子はすっごく美味しいんですよ~!」


\私も食べた~~いっ!!/ \私も!!/ \むぎゅううううううう/


紬「フフ、音楽室でお待ちしてますっ」ニコッ

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 02:19:11.08 ID:Jsb1PTZM0 [27/76]
梓「えと、次は私……ギターの中野梓です」


二年生「\あずさガンバレーーーーっ!!!/」


梓「あ、ありがとうございます……//」

梓「私だけこのメンバーの中で二年生ですが、来年は部長になって軽音部を引っ張っていこうと思います!」

梓「今日は先輩たちのライブを盛り上げられるように頑張りますので、最後までよろしくお願いしますっ!」


\いいぞあずにゃあああああん!!!!!/

\あっずにゃん!!あっずにゃん!!!/


梓「なっ…!なぜそのあだ名を……」

唯「……」ニヤリ

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 02:22:14.17 ID:Jsb1PTZM0 [28/76]
憂「純ちゃん、次はお姉ちゃんの番だよ……っ!」

純「まぁまぁ落ち着きなって」


梓「最後に、ギターの唯先輩です」

唯「……」ソワソワ

梓「唯先輩は、私の憧れの先輩なんですっ。だって――」

律「いつも前向きで明るくて」

澪「だれよりも一生懸命練習して」

紬「他人思いで優しくて」

梓「――そんな、軽音部の……いいえ、学校中の人気者だからです」


唯「(みんな………)」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 02:25:30.18 ID:Jsb1PTZM0 [29/76]
\ゆーーーいーーーーーっっ!!!!!!/

\こっち向いて~~~~~!!!!/


唯「……」ウルッ

唯「……」ゴシゴシ

唯「……」ニコッ


\わぁぁぁあああぁぁああっっ!!!!!/

\唯ちゃんかわいいよぉぉぉうう!!!!/

\ピースして!ピース!/ \つぎはこっち向いてーっ!/


唯「……」ピース


憂「お姉ちゃぁん……っ………」グズッ

純「よかったね、憂」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 02:28:30.82 ID:Jsb1PTZM0 [30/76]
梓「――今日はこんなにたくさんの方に応援していただいて、本当にありがとうございましたっ!」

梓「いよいよ次が…最後の曲になります」


\えぇぇええぇぇぇぇ!!/

\もっと聴きたかった~……/


梓「最後に歌うのは、唯先輩がみなさんに向けて想いを宛てた曲です」

梓「唯先輩は歌うことはできないけれど……唯先輩が詞に込めた想いは、きっとみなさんの胸に届くと思います」

唯「……」

梓「…それでは聴いて下さい」

梓「『U&I』」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 03:00:38.96 ID:Jsb1PTZM0 [31/76]
キミの胸に届くかな?

今は自信ないけれど

笑わないで どうか聴いて

想いを歌に込めたから

ありったけの「ありがとう」

歌に乗せて届けたい

この気持ちはずっとずっと

忘れないよ


想いよ 届け―――

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 03:03:27.69 ID:Jsb1PTZM0 [32/76]
ライブ終了後
部室


シーン・・


「……」


律「……終わったんだなぁ」

澪「……うん」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 03:08:23.26 ID:Jsb1PTZM0 [33/76]
梓「まさかサプライズがあるとは思いませんでしたね」

紬「そうね…あんなに大勢の人がいるなんて思わなかったもの」

律「Tシャツもな」

梓「あんまり突然だったからビックリしてよくわかんなくなっちゃいました」

律「私もだよ、気がついたときにはもう終わってた」

澪「本当にあっという間だったな……」

唯「……」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 03:12:26.17 ID:Jsb1PTZM0 [34/76]
紬「もう高校でのライブは今日が最後だったんだよね……」

律「……そうだな」

紬「そう思うと…なんだか寂しくなってきちゃった」グス

律「ムギ…」

澪「……」

澪「……ゃだ」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 03:15:15.48 ID:Jsb1PTZM0 [35/76]
律「澪……?」

澪「ぃやだ……いやだよ……」

澪「私だって…私だってっ……みんなとまだまだやりたいこと…、たぐざんあるのに……っ…」

澪「ひぐっ…もう終わりなんて嫌だよっ…!最後だなんて嫌だよっ!!」

紬「…澪ちゃん……」

澪「うぅっ……うわぁぁぁん……」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 03:18:41.91 ID:Jsb1PTZM0 [36/76]
律「そんなに泣くなよ澪……ライブは成功したんだからよかったじゃないか、なっ…?」

澪「……」グスン

澪「うんっ……ありがとう律…」

律「……みんな澪と同じ気持ちだよ、だから澪だけ泣くなんてズルいぞ」

紬「ふふっ…りっちゃんだってずっと涙目だもんね」

律「う…うるせー!」グスッ

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 03:21:21.00 ID:Jsb1PTZM0 [37/76]
唯「……」

梓「…唯先輩は泣かないんですね」

唯「……」

『私はみんなの前では明るく振る舞うって決めたから』

梓「…でもメンバー紹介のとき泣きそうになってましたよね?」

唯「……」ギクッ

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 03:24:14.85 ID:Jsb1PTZM0 [38/76]
梓「…けど確かに唯先輩のいう通りですよっ、私たちに涙なんて似合わないです!」

唯「……」ニッ

律「へへっ…それもそうだな、ええーい!しんみりするのはもうやめだ!こんなの私たちの放課後じゃないだろっ?」

紬「ええ…そうね」

唯「……」コク

澪「うん…ごめんなみんなっ……」

律「そんな謝ることないって。もう細かいことはパーッと忘れてさ、いつも通りのティータイムにしようや!」

紬「そうそう、なんたって私たちは放課後ティータイムなんだからっ♪」

唯「♪」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 03:27:35.68 ID:Jsb1PTZM0 [39/76]
ガチャ


和「みんなお疲れ様~」

唯「!」

律「お、ちょうどいいところにきたな和!いまからお茶にするんだけど一緒にどうだ?」

紬「本日のおやつはショートケーキです♪」

和「えっと…それじゃあいただいていこうかしら」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 03:30:33.14 ID:Jsb1PTZM0 [40/76]
和「軽音部のライブは大盛況だったじゃない、成功してよかったわね」

律「えへへ、おかげさまで…」

澪「和もいろいろありがとうな」

梓「本当に感謝してますっ」

和「そんな大したことしてないわよ…みんなが頑張った結果だと思うわ」

唯「……」ヒョイ

梓「あーっ!?どさくさに紛れて私のイチゴ取らないで下さい唯先輩っ!!」

アハハハ

ワイワイ ギャーギャー

 ・ ・ ・ ・ ・

ソーッ・・

さわ子「やれやれ…放課後ティータイムはいつまでたっても放課後のままね」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 11:20:49.25 ID:Jsb1PTZM0 [41/76]
そして月日は流れ―――今日は先輩たちの卒業式。

思えばあっという間の二年間だったな……ずっとこんな毎日が続いてくような気がしてた。

先輩たちは全員揃って無事N女子大に合格。

大学でもみんな一緒にバンドを続けるそうです。

今日で先輩たちと過ごす高校生活も最後、これからは私の手で軽音部を守っていくんだ。


でもやっぱり卒業なんて寂しいし、できることなら卒業してほしくないよ…

ちゃんと先輩たちにお別れ言えるかな……―――

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 11:24:43.16 ID:Jsb1PTZM0 [42/76]
2年1組


梓「……」ボーッ

純「あーずさっ!」ポン

梓「純…」

憂「梓ちゃん、卒業式終わったみたいだからお姉ちゃんたちのところ行こっ?」

梓「うん……」

純「今日は元気ないね、ははーん…そんなに先輩とお別れするのが寂しいんだ?」

梓「うん…寂しい」

純「(これは重傷だ……)」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 11:28:33.65 ID:Jsb1PTZM0 [43/76]
梓「……」

純「…行かなくていいの?先輩たち帰っちゃうかもよっ」

梓「……うん、わかってる…」

憂「そろそろ私は下におりるけど……二人ともどうする?」

純「あ、待って憂!私も行く~」

梓「私は…まだ心の準備が…」

純「梓もちゃんと来てね、きっと先輩たちも寂しがってるよ」

憂「またあとでね、梓ちゃんっ」

キィィ バタン


梓「(……はぁ)」

梓「(どんなこと言えばいいんだろ……)」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 11:32:13.97 ID:Jsb1PTZM0 [44/76]
前庭


律「ついに私たちも卒業かぁー…」

澪「でもなんだか実感湧かないな…離ればなれになるワケでもないし」

紬「みんなで同じ大学に合格できてなによりねっ」

律「あれっ…そういや唯はどうしたんだ?さっきまで一緒にいたよな」

澪「あぁ、唯ならクラスのみんなに一緒に写真撮ろうって頼まれて引っ張りだこになってるよ」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 11:36:22.24 ID:Jsb1PTZM0 [45/76]
「唯ちゃん、一緒に写真うつろーよー!」

「あ、ずるい!つぎ私もお願い~っ!」

唯「……っ」ワタワタ


律「唯もいつしかすっかり人気者だよなー、嬉しいやら寂しいやら」

澪「はじめて律が声をかけたときはあんなに内気だったのにな…」

律「それもこれもやっぱり部長だった私のおかげじゃんっ?」ドヤッ

澪「調子に乗るなっ!……と言いたいところだけど、確かに唯自身がここまで頑張ってこれたのは律がいたからだと思うよ」

紬「きっと唯ちゃんの中で、りっちゃんは大切なキッカケをくれた存在なんじゃないかしら」

律「そ、そんなに褒められると照れちゃうぜ……///」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 11:40:04.55 ID:Jsb1PTZM0 [46/76]
和「律ももちろんそうだけど、私は軽音部の全員が唯にとって大切な存在だと思うわ」

律「和!」

和「まだちゃんと挨拶してなかったわよね、みんな卒業おめでとう」

紬「和ちゃんもおめでと~♪」

澪「第一志望校に受かったんだってな、本当におめでとう!」

和「ありがとう、みんなとは違う大学になっちゃったけど…また唯の家とかで会えたらいいわね」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 11:44:10.22 ID:Jsb1PTZM0 [47/76]
唯「……」タッタッ

紬「あっ、おかえり唯ちゃん」

律「記念撮影はもういいのか?」

唯「……」コクコク

和「唯も卒業おめでとう」

唯「!」

澪「さっき和と合流してさ、少し話してたんだ」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 11:48:08.63 ID:Jsb1PTZM0 [48/76]
唯「~~!」ダキッ

和「ちょっ…ふふっ、すぐに抱きつくクセは相変わらずなのね」

唯「♪」エヘヘー

和「…唯はこの3年間で本当によく頑張ったと思うわ」ナデナデ

唯「……//」

和「だからこれからも軽音部のみんなと一緒に頑張ってね、応援してるわ」

唯「……」コクリ

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 11:52:23.62 ID:Jsb1PTZM0 [49/76]
さわ子「みんな揃って何してるの?」

律「あ、さわちゃん」

紬「いつも通りの雑談です♪」

さわ子「なんだぁ…それなら早く私も誘ってよっ」

澪「先生はクラスのほうとかで忙しいかと思って…」

さわ子「なに言ってるの、今日は一日中いい顔してなきゃならなかったからもうヘトヘトなのよ」

唯「……」オツカレ!

さわ子「ありがとう…」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 11:56:20.20 ID:Jsb1PTZM0 [50/76]
さわ子「あなたたちも卒業しちゃうのね…もう軽音部でお茶ができないと思うと心底寂しいわ…」

律「重要なのはそこかいっ」

さわ子「そりゃそうよ、軽音部は私にとって心のオアシスだもの」

唯「……」

『でも最後の年の担任がさわちゃんでよかったよ』

さわ子「よく言うわ、唯ちゃんとりっちゃんはギリギリまで進路希望出さなくて担任としてはヒヤヒヤだったんだから…」

律「そういえばそうだっけ…」

唯「……」テヘヘ・・

さわ子「ま、結局受かったんだからいいんだけどね。ちゃんと大学でも仲良くやっていくのよ?」

『「「「もちろん(です)っ!!」」」』

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 12:00:13.43 ID:Jsb1PTZM0 [51/76]
憂「みなさんご卒業おめでとうございますっ!」

純「おめでとうございますっ」

澪「憂ちゃんに鈴木さんかぁ」

紬「二人ともありがとう」ニコッ

律「ありがとなっ」

憂「お姉ちゃんもおめでとー!」

唯「♪」エヘン!

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 12:04:24.22 ID:Jsb1PTZM0 [52/76]
純「私、澪先輩のこと尊敬してるんです!同じベースだし演奏上手だし美人だし……」

澪「そ、そうかな……//」

純「はいっ!あ、それと…よかったら名前で呼んでください!」

澪「名前で?うん、べつにいいけど…」

律「じゃあ私も純って呼んでいい?」

純「えっと…律先輩はどっちでもいいです…」

律「おい純コノヤロウ」

純「あはは、冗談ですって」

憂「(ほぼ初対面なのになんでこんなに仲良しなんだろう…)」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 12:08:13.26 ID:Jsb1PTZM0 [53/76]
紬「そういえば梓ちゃんが来ないわね…」

澪「二人とも知らないのか?」

憂「あ、えっと…」

純「トイレにでも寄ってるんじゃないですかね?」

律「まぁそう慌てなくたって待ってりゃ直に来るだろ」

唯「……」

『りっちゃんの言う通りだね』

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 12:12:11.81 ID:Jsb1PTZM0 [54/76]
タッタッタッ・・・


律「ほら、来たみたいだぞ」

紬「梓ちゃん!こっちこっち」

梓「はぁっ…はぁ…お待たせしました…」

澪「遅かったじゃないか梓っ」

梓「す、すみません……」

唯「……」ヨッス

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 12:20:12.04 ID:Jsb1PTZM0 [55/76]
梓「ご卒業おめでとうございます、先輩」

梓「えと…いままで口うるさいことばっかり言ってすみませんでした」

梓「でも私、この部活に入って本当によかったって思ってます」

唯「……」

梓「軽音部のことは私に任せてください!さわ子先生も残ってくれるし、先輩たちが卒業しても廃部にしたりしませんから」

梓「だから…大学に行ってもバンド頑張ってくださいね」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 12:24:13.92 ID:Jsb1PTZM0 [56/76]
律「ははっ、そんなにテンプレートみたいなこと言われてもなぁ」

梓「なっ…!これでも一生懸命考えたんですよっ!」

紬「だから来るのが遅かったのね」フフッ

澪「けど一生懸命考えてくれたことは嬉しいよ」

梓「む……」

律「本当は先輩たちが卒業するなんて寂しい!って言いたいんじゃないのか?」

梓「それは……」

唯「……」

『本当の気持ちを聞かせてよ、あずにゃん』

梓「……」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 12:28:32.09 ID:Jsb1PTZM0 [57/76]
梓「そっ……そんなの寂しくないわけないじゃないですかっ…!」

梓「いつも一緒に毎日を過ごして…たくさん思い出もできて…ずっとこんな日々が続くと思ってた……」

梓「でも先輩たちはこれからも同じ大学かもしれないけど、私はもう一人になっちゃうんですよ……?」

梓「寂しいに決まってるじゃないですか……」

梓「だから……だからっ……」

梓「卒業…しないでよぉ……っ」ポロ

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 12:32:24.05 ID:Jsb1PTZM0 [58/76]
唯「……」

唯「……」ポン

梓「唯先輩っ……?」

『あずにゃん、河原で私と話したこと…覚えてる?』

梓「……」

『あずにゃんと私がボーカルで、路上ライブするんだよね』

『そんな夢がいつか夢じゃなくなる日まで…私はずっと放課後ティータイムのままで待ってるよ、きっとみんなもそうしてくれる』

『あずにゃんを一人になんかさせないよ!』


梓「先輩………」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 12:36:16.87 ID:Jsb1PTZM0 [59/76]
梓「ゆいせんぱぁぁぁぁいっ……!!」ダッ

唯「……」ギュ

梓「っ……えぐっ………」

唯「……」ヨシヨシ


律「ずいぶんとハードルを上げるなぁ…唯は」

澪「きっといまの唯なら、どんなハードルだって飛び越えてみせるさ」

紬「私たちのほうこそ頑張らなきゃね」

律「…うん」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 12:40:32.22 ID:Jsb1PTZM0 [60/76]
梓「すみません……急に抱きついたりしてっ……」

唯「……」ニコッ

澪「フフッ…いつもと発言が逆だな」

律「ほらほら、そんなに泣いてたら可愛い顔が台無しだぞ?」

紬「はい、ハンカチ」

梓「うぅっ……」グスッ

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 13:00:20.12 ID:Jsb1PTZM0 [61/76]
澪「律、そろそろ時間も時間だしお開きにしないか?」

律「そうだな……ちょっと名残惜しいけど、卒業生は卒業生らしくおいとましないとな」

唯「……」・・コク

紬「梓ちゃんも落ち着いた?」

梓「はい…もう大丈夫です」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 13:04:28.48 ID:Jsb1PTZM0 [62/76]
律「…よし、んじゃあ帰ろうか」

澪「またライブのときには顔を出すからさ、梓もしっかり頑張るんだぞ」

紬「お茶が飲みたくなったらいつでも呼んでね♪」

唯「……」

『来年はキャンパスで待ってるからね、あずにゃん』

梓「…はいっ、じゃあ少しの間さようならです」

「またなーっ!」
「また今度なっ」
「またね、梓ちゃん」
「……」バイバイ

梓「……」(手を振り続ける)


 ・ ・ ・ ・ ・ ・

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 13:08:11.25 ID:Jsb1PTZM0 [63/76]
梓「先輩たち…行っちゃった……」

憂「でもちゃんとお別れ言えてよかったね、梓ちゃん」

梓「…うんっ」

純「素直じゃないのも大変だね?」

梓「からかうなぁっ!先輩たちの前では泣かないようにしようって思ってたけど……やっぱり我慢できなかった」

純「自分に正直になれてえらかったよ、梓は」

梓「てへへ…ありがと」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 13:12:15.22 ID:Jsb1PTZM0 [64/76]
純「でも明日からは梓が軽音部の部長なんだから、もっとしゃきっとしなきゃダメだよ!」

梓「う、うん!そうだよね!」

純「今日みたいにメソメソしてたんじゃ私が部長の座をいただいちゃうぞ?」

梓「もう泣いたりなんかしないもん――って、えっ…?」

憂「じゃ…じゃあ私も部長を狙っちゃおうかなぁー…」

梓「二人とも……」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 13:16:29.65 ID:Jsb1PTZM0 [65/76]
梓「軽音部に入ってくれるの…?」

純「梓一人じゃいろいろと大変でしょ?それに軽音部の先輩とも仲良くなりたいし」

憂「私はお姉ちゃんとか梓ちゃんの演奏を聴いて感動したから、自分でもやってみたいなぁって」

梓「憂も純も…ありがとうっ……」ジワ

純「今日の梓は涙もろいなぁ」

憂「これから一緒に頑張ろうねっ、梓ちゃん!」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 13:20:37.64 ID:Jsb1PTZM0 [66/76]
梓「あの…ところで部長は私でいいんだよね?」

純「いいや、部長は私がやるよ!」

憂「ううんっ、私がやる!」

梓「…ええい!部長はこの私だーっ!!」

純&憂「どうぞどうぞー♪」


梓「よし!そうと決まれば早速明日から練習だねっ!」

純「え、お茶じゃないの?」

憂「あはははっ」



さわ子「(フフッ…来年もにぎやかになりそうね……)」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 13:24:29.41 ID:Jsb1PTZM0 [67/76]
私…平沢唯は、この春桜が丘高校を卒業しました。

終わってみればあっという間だった3年間…

私のいつも隣にあったのは軽音部でした。


私……変わったよね?

高校に入ってから…?

…ううん、それは違う。

軽音部に入ってから…私は変わったんだ。

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 13:28:26.67 ID:Jsb1PTZM0 [68/76]
中学までの私は…いつも言葉の壁を言い訳にしてた。

目の前の壁に恐れをなして、背中を向けることしかできなかった。


――そんな私を暖かく出迎えてくれたのが軽音部でした。

出会いはあまりにも偶然だったけど、いま思えば運命だったのかもしれない……なんてね。

私が言葉を話せないとわかっても、みんなは私から離れてはいかなった。それどころか近付いてきてくれた。

会話なくして心が通じることを教えてくれたみんな…私はみんなと仲良くなりたいと思った。もっと一緒にいたいと思った。

それは、はじめて私が壁に向かって歩き出した瞬間でした。

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 13:32:17.10 ID:Jsb1PTZM0 [69/76]
軽音部のみんなには感謝してもしきれないよ…

私を軽音部に誘ってくれたりっちゃん、
いつもりっちゃんのおかげで笑っていられたよ、はじめてアドレスを交換したときの笑顔は一生忘れられないだろうな。

面倒見のいい澪ちゃんはいつも私のことを気にしてくれたよね、
星空の脱走劇は私たちだけの思い出。ちゃんと約束通り武道館に連れてってよねっ?

優しくてティータイムの癒し系アイドル、ムギちゃん。
また私の家に遊びにきてね、今度はゲームで負けないように特訓しておくから!

そして…大切な後輩あずにゃん、
意外と寂しがり屋さんなこと、私は知ってるよ。
あずにゃんと私の夢……きっと…いや、絶対に叶えてみせるからね。

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 13:36:28.14 ID:Jsb1PTZM0 [70/76]
それに、軽音部を支えてくれたさわちゃんに和ちゃん、

これから入部してくれる純ちゃん、

たった一人の大切な妹、憂―――


みんなみんな、大好きだよ。


まだ今は文字でしか伝えられないけど……

いつか「ありがとう」を言えるその日まで

私の放課後は、もうしばらく続きそうです。

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 14:10:23.86 ID:Jsb1PTZM0 [71/76]
―――3年後

とあるさわ子の休日


チュンチュン チチチ・・・

さわ子「ふあぁ……もう朝かぁ…」

さわ子「んーっ……」ノビー

さわ子「朝ごはんの準備しなくっちゃ」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 14:15:08.63 ID:Jsb1PTZM0 [72/76]
さわ子「ニュースニュースっと」

ポチ

『……えー続いてはCD情報です。
先日、初の武道館ライブの公演が決定し話題沸騰中の女子大生バンド、「放課後ティータイム」』

『そんな彼女たちの贈るニューシングルが本日リリースされます』

さわ子「へぇー…あの子たち頑張ってるのね」

『今回のシングル、武道館ライブで発表予定だった曲の新バージョンを先行公開するという形で、ファンにとっても見逃せない一枚と――…』

さわ子「なによそれ…ちょっと気になるじゃない」

さわ子「せっかく休みなんだし買いに行こうかしら」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 14:20:21.29 ID:Jsb1PTZM0 [73/76]
CDショップ


「ありがとうございましたー」

さわ子「フフッ、新バージョンってそういう意味だったのね…いい買い物をしたわ♪」


「…あっ、さわちゃん先生!」

さわ子「あら…?純ちゃんじゃない」

純「お久しぶりです!もしかして先生もシングル買いにきたんですか…?」

さわ子「うん、そうだけど」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 14:25:36.53 ID:Jsb1PTZM0 [74/76]
純「はぁ…やっぱり先生の仕業かぁ……」

さわ子「?」

純「私も今日発売のシングル買いにきたんですけど、さっきの一枚でちょうど最後だって…」

純「ドコ探しても売り切れでようやく見つけたと思ったのに……」

さわ子「そんなに人気だとは思わなかったわ…ねだってもあげないわよ?」

純「うぅ……せめてジャケットだけでも見せてください…」

さわ子「いいわよ、ほら――」


『U&I Vo.中野梓&平沢唯』




おしまい

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/04(土) 14:32:05.50 ID:Jsb1PTZM0 [75/76]
これで本編は終わりです。
支援・保守してくれた方ありがとうございました
後編はいろいろと詰め込もうとした結果テンポが悪かったりして究極のオナニーSSだった事は反省しています
意見批判要望等あったら聞かせてくれると嬉しいです、また番外編でお邪魔するかもしれません。では

コメント

この唯かわ唯

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。