FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純「けいおん部にいこう!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:03:06.57 ID:VeuQZp2tO [2/20]
2の1

純「あ~!やっと授業おわったよ~!」

憂「ふふ、お疲れ様♪」

梓「まあ、このあと部活あるけどね」

純「あー、めんどくさ…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:11:27.23 ID:VeuQZp2tO [3/20]
梓「ジャズ研そんな面倒なの?」

純「いやいや、実際楽しいし
でも行く前はなんか面倒くさくなる時あるじゃん?それだよ」

梓「私はそんなことないけど…
それに純はいつも言ってるじゃん」

純「梓は真面目だからね…
憂なら分かってくれるよ!」

憂「へ?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:21:53.61 ID:VeuQZp2tO [4/20]
純「ねえ、憂!」ずいっ

憂「……」ニコニコ

憂「…?」

純(そうか、憂は帰宅部じゃねえか…!)キュピーン

純「私の味方はいないのかあ!!」

憂「え、ええ!?わ、私はいつでも純ちゃんの味方だよ?」

純「なにも分かってない、憂は!」

憂「??」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:26:32.73 ID:VeuQZp2tO
梓「はあ…バカバカしい……」

純「あ、そうだ!梓!」

梓「なに?」

純「けいおん部に行こう!」

梓「はい?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:30:16.61 ID:VeuQZp2tO
>>7ああ……夢が途絶えた

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:34:33.25 ID:VeuQZp2tO
ふん、次はやってみせるさ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:37:01.56 ID:VeuQZp2tO
・・・・・・
部室

がちゃ

梓「お疲れ様でーす」

律「おう、梓」

純「こ、こんにちは~!」

唯「あれ?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:40:34.35 ID:VeuQZp2tO
梓「ちょっと来たいって言ったんで連れて来ました」

律紬「佐々木さん!!」びしっ

純「す、鈴木ですう!!」

律紬「あれ…?」

澪「こら!」ごん

律「ぐふっ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:44:09.57 ID:VeuQZp2tO
律「うが~…」

紬「……」じー

澪「!
……?」

紬「はあ…」

澪「?」

律「あー…」

澪「なに…?」

律「まあ、純ちゃんってのは覚えてんだけどな
なあムギ」

紬「う、うん」ショボ

純「いい加減覚えてくださいよ…」

唯「私は覚えてるよ!
鈴木純ちゃん!ほら!!」

律「名乗った後に言っても説得力ないぞー」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:48:15.27 ID:VeuQZp2tO
梓「ていうか純、どうしていきなり来たのよ?」

純「へ?」

澪「ジャズ研は大丈夫なのか?」

純「あう…」

純「だ、だって…私もお茶飲んだりお菓子食べたりしたいも~ん!!」

梓「は、はあ?」

純「ジャズ研行ったらすぐ練習だしさ~」

澪「それはいいことだと思うけど…」

梓「……はっ!」

梓(私、ツッコめなかった!この空気になれてる!?)

純「たまには一息入れたい!」

紬「お茶やお菓子ぐらいならいつも出しても構わないけど?」

純「え、マジですか!?
って違うんです!そんながめつい理由じゃなくて!」

唯(釣られた)

律(一瞬だけむっちゃ顔うれしそうだった)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:52:21.22 ID:VeuQZp2tO
純「ティータイムが目当てなんじゃなくて、何て言うんだろう…
ちゃんと練習もやりたいけど、いつもお茶もしたいっていうか…」

梓「結局お茶したいだけじゃん」

純「そうじゃなくて…もう、むきーーー!!!」ワシワシ

澪「ついに壊れた…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 20:57:51.95 ID:VeuQZp2tO
唯「ていうかさー、それなら純ちゃん、けいおん部に入れば良かったのに」

純「」ぴたっ

純「……」

純「いや…だってそれは………ねえ?」

梓「私に同意を求めてきても無駄だよ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 21:02:26.79 ID:VeuQZp2tO
律「よっしゃー!!それなら、だ!」

澪「なによ?また変なこと考えてるんじゃないだろうな」

律「けいおん部が羨ましいけど、けいおん部には入りたくない…それを解消する方法がある!」

紬「なあに?」

律「第一回!純ちゃんとけいおん部部員が二人きりになって、けいおん部の雰囲気を味わわせてあげよう大会いいい!!」

唯「どんどん!パフパフ~!!」

梓「…なんですか、それ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 21:08:28.76 ID:VeuQZp2tO
澪「ていうか、二人きりって絶対普段のけいおん部の雰囲気は出ないだろ」

律「面白ければいーんだよ!」

紬「私は大賛成よ~♪」

澪「なにを考えてるムギ」

紬「澪ちゃん!けいおん部以外のお友達と触れ合うことも大切なの!」

澪「ま、まあそうだけど…」

律「ムギ……」

紬「これをきっかけとして、けいおん部以外の部活の人達も…
また新たな扉が開かれるわ……うふふふふふふ」じゅる

澪「やっぱりそこか」

律「ムギェ……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 21:14:59.39 ID:VeuQZp2tO
律「まあとにかく決行ー!」

唯紬「おー!!」

純「マジですか…」

純「……」ちら

澪「?」

純「や、やりましょう!ぜひ!!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 21:20:31.96 ID:VeuQZp2tO
律「よおーっし!
んじゃトップバッターは誰だあ?」

唯「ほいっ!私が行きます!」

律「おう、任せたぞ
唯捜査官!」

梓「本当にやるんですか」

律「ったりまえだろー!」

紬「私達は移動しましょう」

律「澪も、ほら」

澪「あ、ああ」

律「それじゃあな~」

ばたん

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 21:24:39.88 ID:VeuQZp2tO
純「……」

唯「えへへ」

純(まあ澪先輩が来るまで適当にやり過ごすか…)

唯「純ちゃん!」ずいっ

純「は、はい?」

唯「もふもふ入りまーす!!」ばっ

だきっ

純「き、きゃあああああああ!!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 21:27:47.04 ID:VeuQZp2tO [19/20]
・・・・・・
純「ぐあー…」ぐたー

唯「純ちゃんのもふもふ可愛いよね~」

純(なるほど、梓が愚痴るのも分かる)

純「…可愛いですかね、これ」

唯「うん」

純「実はこのくせ毛、コンプレックスなんですよね」

唯「コン…え?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/24(水) 21:32:55.85 ID:VeuQZp2tO [20/20]
純「劣等感を感じてるというか…」

唯「れ……え?」

純「…もういいです」

唯「それにしても純ちゃん、可愛いな~」

純「な、なんですかいきなり」

唯「あずにゃんや憂も可愛いし、二年生は可愛い子ばかりだね!」

純「まあ憂や梓は可愛いと思いますけど…
あ、そうだ
憂の話…聞かせてくれません?」

唯「ふえ?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/25(木) 00:22:54.02 ID:RngUe8xHO [2/6]
純「なんか気になって」

唯「えへへ、いいよ~」

純「幼稚園の時はどんな感じでした?」

唯「うーん、いつも一緒にいたよ
憂ったらいつも私の傍にいてね…可愛かったな~」

純(どうやらシスコンなのは憂の一方的ではないらしいな)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/25(木) 00:29:56.83 ID:RngUe8xHO [3/6]
唯「あ、でもね
私が小学校に入ると憂だけ幼稚園に残って…憂は泣いてたけど、一年たてばまた一緒にいれるよって言ってあげたんだあ
その一年でだいぶたくましくなったみたいで…小学校じゃ、『どっちがお姉ちゃん?』状態だったよお」

純(そのころから自立していたのか…!)

唯「そして中学入ったら、お母さん達があまり家にいなくなって憂が家事をし出したんだあ」

純「へ~、偉いですね」

唯「うん!いつもいつも感謝してる!
まあ口に出すのは照れ臭いけどね」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/25(木) 00:36:39.87 ID:RngUe8xHO [4/6]
唯「あっ、もうこんな時間だね
15分ごとに交替だった!」

純「そうなんですか?」

唯「うん!それじゃあね、純ちゃん!」

純「はい!」

ばたん

純「ふう…なんか和んだな~」

こんこん

純「あ、どーぞお」

純(って偉そうだな私)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/25(木) 00:41:19.86 ID:RngUe8xHO [5/6]
がちゃ

紬「こんにちは~♪」

純「あ…えと」

紬「ムギでいいわよ?」

純「あ、じゃあムギ先輩」

紬「ええ、私も純ちゃんって呼ぶわ♪」

純「は、はい」

紬「」ニコニコ

純(なんか可愛らしい人だな~
話したことないな)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/25(木) 00:45:24.17 ID:RngUe8xHO [6/6]
紬「」ニコニコ

純「……」

紬「」ニコニコ

純(な、なんも話すことない~!!
どうしよう…なにが好きとかわかんないよ)

紬「純ちゃん」

純「ひ、ひゃい!?」

紬「ふふ…つかぬことを聞くけど…いいかしら?」

純「な、なんでしょう?」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 00:48:28.91 ID:RngUe8xHO
紬「澪ちゃんのどこが好きなの!?」

純「は、はひい!?」

紬「あら…純ちゃんは澪ちゃんが好きって聞いたけど」

純「あ、憧れてるだけで好きとは…」

紬「そうなの?梓ちゃんからそうやって聞いたけど」

純(梓め…)


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 00:54:00.46 ID:RngUe8xHO
紬「じゃあ梓ちゃんが好きなの?」

純「なんでそうなるんですか!!」

紬「えー、でもこの前言ってたじゃない
『諸君、私は梓が好きだ
諸君、私は梓が好きだ
諸君、私は梓が大好きだ
浅頭筋が好きだ下垂体が好きだ
唾液腺が好きだ筋紡錘が好きだ
視床下部が好きだリンパ腺が好きだ
生殖器が好きだ甲状腺が好きだ骨格筋が好きだ
平原で街道で
塹壕で草原で
凍土で砂漠で
海上で空中で
泥中で湿原で
この地上に存在するありとあらゆる生物の中で最も梓が好きだ
梓!私だ、結婚してくれ!』って」

純「どこの少佐ですか!そんな演説してないです!てかただの変態じゃないですか!」

紬「あれは流石の私も引いたわ」

純「引いたんですか!?」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 00:57:10.68 ID:RngUe8xHO
紬「それよりもお茶にしましょうか
純ちゃん、ティータイムしたいようだし」

純「そ、そんなことないですけど…」

紬「うふふ♪」

かちゃかちゃ

純「で、でも梓のことは好きですよ」

紬「へ?」

純「も、もちろん友達としてですけど!一緒にいて楽しいし、ああ見えて優しいし…?」

紬「」ぼたぼたぼたぼた

純「って、お茶に鼻血たれてるう!!」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:01:31.49 ID:RngUe8xHO
紬「あ、ついうっかり…」

純「もう、はいティッシュです
拭いてあげますよ」

紬「へ!?い…」

純「?」さっ

紬「!?」

ぶしゃあっ!!

純「ぎゃあー!!!」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:04:17.97 ID:RngUe8xHO
・・・・・・
がちゃ

律「おーい、時間だ…ぞ……」

紬純「……」

律「部室中血まみれじゃねえか!何があった!!」

紬「ご、ごめん…つい鼻血を……」

律「またかよ」

純(また!?)

律「まあいいや、私がやっとくよ
交替だし、ムギはとりあえず唯たちのとこ行っとけ」

紬「う、うん」

ばたん


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:08:40.16 ID:RngUe8xHO
律「はあ…こりゃひでえなあ
鈴木さんも手伝ってくれ」

純「あ…はい」

・・・・・・
律「ふうっ!きれいになったな!これでいいだろ」

純(へえ…)

純「律先輩ってだらしない先輩だって思ってたけど、意外としっかりしてるんだ…」

律「声に出してるぞ」

純「はうっ!」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:12:03.05 ID:RngUe8xHO
律「まあいいや
んじゃ、時間もないし…とりあえずなんか話すか
なんかある?」

純「特に律先輩と話すことはないですね」

律「おい」

純「ていうか、唯先輩とムギ先輩が相手で疲れましたよ…」

律「私は慣れてるけどな」

純「とりあえずツッコミはうんざりなんで、ボケに回ります」

律「私もボケがいいけど」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:16:24.88 ID:RngUe8xHO
純「普段は梓がツッコミしてくれるんで気楽なんですけどね」

律「私は澪とだとボケかな~」

純「憂はくせ者ですね」

律「唯も相当だぞ」

純律「……」

純「なんか似た者同士ですね私達」

律(さしずめ、純ちゃんと憂ちゃん、梓の関係は梓とムギがいないけいおん部ってところなんだろうな)

純「あれ、もう時間ですよ?」

律「うはっ、ホントだ!早っ!」

律「んじゃ交替だな!ばあい」

ばたん

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:20:50.50 ID:RngUe8xHO
純「…唯先輩、ムギ先輩、律先輩ときたら……」

純「次は澪先輩!?」パアア

こんこん

純「いらっしゃ~い!!」ばっ

憂「へ?」

純「……」

憂「……」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:23:12.06 ID:RngUe8xHO
純「…なんで憂がいるのよ?」

憂「え?梓ちゃんに呼ばれてきたんだけど…わ、私じゃいけなかった…?」

純「いや、そうじゃなくて…」

憂「うう…」ウルッ

純「あわわわわわわ」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:26:26.17 ID:RngUe8xHO
・・・・・・
憂「へえ~、けいおん部のみなさんと?」

純「う、うん」

純(ふう…宥めるのに五年の時を有したぜ)

憂「じゃあ私がいる意味ないんじゃ…」

純「ううん、大丈夫大丈夫!憂が来てくれてうれしいよ!」

憂「えへへ」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:28:40.33 ID:RngUe8xHO
純「…でも」

憂「普段いるから別に話すことはないよね」

純「うん」

憂「うーん……じゃあ普段話さないようなことを話そっか!」

純「話さないようなことって?」

憂「えっと…わかんないけど」

純「……あ、そうだ
唯先輩の話してよ!」

憂「へ?」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:31:58.84 ID:RngUe8xHO
純「幼稚園から今までで変わったこととかさ!」

憂「そうだなあ…あんまり変わってないと思うけど……」

純「唯先輩から聞いたけど、幼稚園の時は憂は唯先輩に寄り添ってたみたいだね」

憂「そう…だったのかなあ?あんまり覚えてないけど…」

憂(クリスマスのことなら覚えてるけどね)


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:35:11.03 ID:RngUe8xHO
憂「あの日くれたホワイトクリスマス~♪とってもね嬉しかった♪」

純「ん?」

憂「ふふ、お姉ちゃんがくれたんだよ ホワイトクリスマスをね」

純「??」

憂「~♪」

純「…本当に大好きなんだね、唯先輩のこと」

憂「うん!お姉ちゃんのためなら家事でもなんでもしてあげちゃう!」

純「たまにはお姉ちゃんに甘えなよ?唯先輩も…」

憂「え?」

純「ん~、なんでもない!」

憂「?」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:38:31.29 ID:RngUe8xHO
純「あーもう時間じゃない?」

憂「時間って?」

純「15分って決まってるらしいよ」

憂「そうなんだ
じゃあ私いくね、楽しかったよ純ちゃん」

純「私も!」

憂「えへへ…ばいばい」

ばたん


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:41:39.73 ID:RngUe8xHO
純「…あの姉妹を見てると和むね、やっぱ」

こんこん

純「あ、どーぞー」

がちゃ

澪「こ…こんにちは」

純「うあああああああああああああ!!?」

澪「ひいいい!!」

純(そうだ、しまったあ~
完璧に心の準備ができてなかった~)

澪(わ、私が悪いの…?)ビクビク


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:44:04.54 ID:RngUe8xHO
澪「あ、あの…ごめんね?純ちゃん」

純「へっ!?め、滅相もございますられん!!
ささっ、こちらにどうぞ!」

澪「あ、うん…ありがと」

すたっ

純「……」

澪「……」

純(ですよねー)


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:46:42.04 ID:RngUe8xHO
純(梓の話によると、澪先輩はあまり積極的じゃないから私が積極的にいかないとね)

純「澪先ぱ…」がたっ

ばしゃあっ

純「うああっ!お茶があっ」

澪「だ、大丈夫か!?」たっ

純「あっ…」

澪「怪我はない?」

純「は、はいい…」

澪「気をつけてね?」

純「はひいい…」

純(はい、天使!!
どうしようもない私に天使が降りてきましたーマッキー様々ですー)


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:49:12.61 ID:RngUe8xHO
澪「」ふきふき

純「……」

純(こんなに可愛くてカッコイイ人が他にいるだろうか?いや、いない!
だって天使だもの!
…そうだ、告白しよう)

純「み、澪先輩!」がしっ

澪「へっ!?」

純「わ、私…ずっと前から澪先輩のことが……」

澪「え……」

純(い、言っちゃえ私!!)


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:52:57.77 ID:RngUe8xHO
純「す…」

がちゃん!

後輩A「ダメです、純先輩ー!!」

純澪「!?」

後輩B「抜け駆けは許しませんよ!!」

純「…なんでいるのよ」

後輩A「だって私達は澪先輩のファンですから!」

後輩B「随時傍で見守るのは当然の義務です!」

純「ストーカーじゃん!」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:55:56.19 ID:RngUe8xHO
後輩A「断っじて!!ストーカーなんかじゃありません!!!」

後輩B「私達は澪先輩をいつも見て、いつも見て、いつも見て、いつも見て、たまに家まで追いていって、窓から澪先輩の私生活を観察する!清く正しいファンなのです!」後輩A「なのです!」

純「ストーカーじゃん!」

澪「い、家まで…」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:57:15.10 ID:RngUe8xHO
後輩A「もちろん、授業中も廊下から見守ってますから安心してください!」びっ

純「安心できるかあ!ていうか授業どうしたの!?」

後輩B「澪先輩のためなら授業は二の次です!」

純「ある意味尊敬する!」

後輩AB「さあ澪先輩!私達の愛を受け取っ…」

がん!!

純「やめんかあ!」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 01:59:05.37 ID:RngUe8xHO
・・・・・・
後輩AB「うう…」

後輩A「ひどいですよお、純先輩」

後輩B「殴らなくてもいいじゃないですかあ」

純「本当なら通報してるところだけど」

後輩A「まあいいや
じゃあ少し自重します!」

後輩B「ここからは澪先輩への質問タイムで~!」

澪「ええ!?」

純「よし、みんな座ろう
時間がないぞ~」コロッ

澪「」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 02:08:46.21 ID:RngUe8xHO
・・・・・・
後輩A「はい!
澪先輩は好きな人いますか!?」

純(いきなり気になる質問キタ!)

澪「え…えと」

純・後輩ズ「」きらきらきらきら

澪「あ…えと、いない…かな?ははっ」

後輩ズ「」ずーん

純(澪先輩の処女は守られた!)

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 02:11:40.65 ID:RngUe8xHO
後輩B「じゃあじゃあ、この三人の中で好きな人はいますか!?」

澪「え!?」

純・後輩ズ「」きらきらきらきら

澪「あ…ぜ、全員好き…かな?」

後輩B「ぐはっ!」ばたっ

澪「ええ!?」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 02:14:40.65 ID:RngUe8xHO
純(一人脱落か…)ちらっ

純(あとは後輩Aだ…どうやって落とすか……
まあそんなことはいい!まずは質問だ!
私のこと好きですか?…よし、これでいこう!)

純「澪先輩!私のことs」

がちゃ

律「はい、時間だぞー」

純「」

澪「ふう…やっと終わった……」

律「ご苦労様」

純「……」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 02:17:05.84 ID:RngUe8xHO
後輩A「あ、待ってください澪先輩~!」

むくっ

後輩B「待って~!」

澪「ひ、ひいいっ!」だだだっ

ばたん!

純「……」

律「次が最後だからな」

ばたん

純「……」

がちゃ

梓「じゅ…」

純「うああああああああああああああああああああああ」

梓「ええええ!?」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 02:20:05.28 ID:RngUe8xHO
・・・・・・
純「ぐっ…うぇっ」

梓「よしよし」

純「うう……」

梓「まあまあ」

純「ぐすっ」

純「よし、いつまでも泣いてても変わらないよね!!」

梓「おお、復活した」

純「梓!」

梓「ん?」

純「好きだ!!」

梓「は?」

純「私は梓が好きだ!
梓、私だ!結婚してくれ!」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 02:23:37.02 ID:RngUe8xHO
梓「な、なに言って…」

純「はあ、やっぱり私にはけいおん部は合わないね」

梓「へ?」

純「個性が強すぎ!振り回されちゃうよ!ということだから!
んじゃジャズ研いってくる!」

ばたん

梓「……」

梓「…なに?」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 02:28:43.12 ID:RngUe8xHO
・・・・・・
ジャズ研

純「たっだいまー」

後輩C「あ、純先輩おつかれさまでーす」

純「え、今帰るの?」

後輩C「はい、先輩達も帰りましたよ
それじゃ私も」

ばたん

純「……」

純「やっぱけいおん部かもねー」

おわり


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/25(木) 02:36:25.06 ID:RngUe8xHO
おわりです
はい、駄作です

でも見てくださった人ありがとうございました!
次こそは我が夢叶えてみせる

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。