FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美琴「ツンツンしすぎなのかな…」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:06:32.26 ID:bPmEax8H0
ある日

寮内にて

美琴「はあ…」

黒子「どうしたんですの、お姉さま?さっきからため息ばかりつい
て?なにか悩みごとですの?」

美琴「え?あ、ああ…なんでもないわ…」

黒子「…?」

美琴「(はあ…来週の日曜日…アイツを映画に誘う計画をたてたものの…
   私ってなんかいつも、アイツに会う度に憎まれ口ばっか言ってる
   気がするわ…)」

美琴「(今のまんまじゃ、到底無理よね…映画に誘うなんて…もっと
素直にならないと…)」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:10:07.98 ID:bPmEax8H0
美琴「(…そういえば昔、漫画かなんかで流行ったわよね。気になってる人に
   素直になれなくて、きつくあたっちゃう人のこと…

   なんだったかしら…たしか、『ツンデレ』とかいったっけ…?なんか、
   それ、私みたい…)」

美琴「(い、いや…違うわ…確か、『ツンデレ』は好きな人にキツクあたるだけじゃ
   なくて、ときどき素直になるのよね…そう…『デレ』があるのよ、そういえば!
   
   …それに比べて私は、アイツに『デレ』なんか全然したことない…
   『ツン』ばっかりのような気がする…)」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:12:12.06 ID:bPmEax8H0
美琴「ツンツンしすぎなのかな…」

黒子「え?今、何かおっしゃいました、お姉さま?」

美琴「え!な、なんでもないわ!それより、もう寝るわよ!明日も学校なんだから!」

黒子「え、ええ…わかりましたわ…?」

美琴「(とにかく!明日の放課後、アイツに会って映画を誘うときには、
   『ツン』は禁止!もっと素直に会話するようにしよう!そう!
    もっと『デレ』を出せば、アイツをデートに誘うくらい、簡単
なんだから!)」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:15:46.43 ID:bPmEax8H0
次の日の放課後

とある公園

上条「よーし学校も終わったし、早速、晩御飯の食材を買いにいかないと…
   って、ん?…あの自販機の前にいるのは…」
   
美琴「……」

上条「……げえ…み、御坂…」

美琴「(来たわね…よし…今から『ツン』は禁止よ禁止…もっと素直に…『デレ』
   なきゃ…『デレ』…『デレ』…)」

上条「な、なんだよお前、待ち伏せしてたのかよ、もしかして、また何かたく
   らんでるんじゃないだろうな!」

美琴「イラッ」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:17:50.54 ID:bPmEax8H0
美琴「ま、待ち伏せって何よ!何で私がアンタなんかを待ち伏せしなきゃなん
ないのよ!はん!なんでアンタなんか!うぬぼれるんじゃ…

   …はっ!!」

上条「…?」

美琴「(し…しまった…また会った早々、憎まれ口をたたいてしまった…
   『ツン』してしまったわ…や、やばい…こんなんじゃ、映画に誘う
   なんて無理だわ…もっと素直に…もっと『デレ』ないと…)」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:21:46.15 ID:bPmEax8H0
美琴「…あ、あ、あはは…じ、実はそうなのよー…アンタを待ってたのよ…
   じ、実はアンタに話があって…」

上条「話?なんだよ??」

美琴「え、えっと!ま、まあ、立ち話もなんだし、あ、あそこのベンチに腰掛
   けては、話しましょうか!ね、ねっ!!か、上条さん?」

上条「か、上条さん…??」

美琴「(や、やばい…今、言葉遣いがおかしかったわ、私…違う違う、話し方は
   いつもどおりでいいのよ…『デレ』って難しいのね…ど、どうしようか
   しら…『デレ』、『デレ』…)」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:24:29.65 ID:bPmEax8H0
美琴「あ!そ、そうだ、アンタ!喉渇いてるでしょ?私がジュースおごってあ
   げる!ジュース!アンタ、『いちごおでん』でいいわよね!?わ、私は
   何にしよっかな~」

上条「え、い、いや…あの…」

美琴「はい『いちごおでん』!ほら、それじゃあベンチに…」

上条「お、おいなんか…今日お前、様子がおかしくないか…?どっか体の調子
   でも…」

美琴「いいから!!!とっととベンチに腰掛けろって言ってんでしょうがぁぁ!!!
   人の話聞けやコラァァァァァァーーーー!!!!!!」

上条「は、はいぃぃぃ!!!」

美琴「はっ!(ま…また『ツン』してしまった…私ってやつは…駄目だわ…
   もっとデレないと…『デレ』…『デレ』…)」


※今更ですが、この美琴はツンデレの意味がよく分かっていません。


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:30:09.91 ID:bPmEax8H0
(公園のベンチに腰掛ける二人)

美琴「…………」

上条「…………」

美琴「…………」

上条「…あ、あの御坂さん…?」

美琴「…………」

上条「(ど、どうしちゃったんだ…御坂のやつ…な、なにか考え事してる
    みたいだけど…なんで、このタイミングで…)」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:33:44.55 ID:bPmEax8H0
美琴「(やっぱ駄目だわ…コイツと話してると、どうも素直になれない…絶対
    に『ツン』してしまうわ…けど…そ、それはもう一夕一朝で直るモン
でもないし…

あ!も、もしかしたら、なまじ『ツン』しないように無理するから、
    逆にそれがアダになって、『デレ』しにくいのかもしれないわね…)」ぶつぶつ…

美琴「(そうよ!今からは、無理に『ツン』しないようにするのはやめよう!!
    けど…普段より『ツン』の頻度を減らす努力はしないと映画なんて到底
誘えないわ…!!
   
    そうね…『ツン』の頻度は3回中1回くらいにしよう!3回中2回で『デレ』
    すれば、十分よね!)」ぶつぶつ…

上条「(…御坂のやつ、さっきから、なに一人でぶつぶつ言ってんだ…?)」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:36:19.20 ID:bPmEax8H0
美琴「(つまり、『ツン』→『デレ』→『デレ』→『ツン』→『デレ』→『デレ』
のサイクルで会話を続ければいいのよ!いや、むしろその方が全部『デレ』
するよりも、バランスがとれていいのかも…!!!)」

上条「お、おい、御坂!お前いったい…」

美琴「え?あ、ああ、ごめんごめん、ちょ、ちょっと考え事してて…ってあれ?」

上条「ん?なんだよ…?」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:44:14.48 ID:bPmEax8H0
美琴「よく見たら、アンタ!せっかく私が買ってあげたジュース、全然飲んで
ないじゃない!?さっさと飲みなさいよ!!」

上条「い、いやあ、そうなんだけど…急に、お前が俺にモノくれるなんて、な
んだか裏がありそうで……もしかして、これは罠で、このジュースの中に毒でも」

美琴「入ってるわけないでしょうがァアアアアアアアア!!!!誰が、買って
やったと思ってんのよ!!!いいから、とっとと飲めコラァァァァァ!!!!!!」ぐいいっ!!

上条「お、おい!!!ちょ、ちょっと無理やり飲まそうと…う、うぐぐぐ…
ぶはあ!!げほっ!げほっ!…」

美琴「はっ!!(い、言ってるそばから『ツン』してしまった…ああ、もう!
私ってやつは…!!)」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:48:16.25 ID:bPmEax8H0
美琴「(あ、そうだ!!だ、だから、ここで『デレ』して帳尻を合わせればいい
んだ…ええっと、今、一回『ツン』したから…さっきの考えでいくと…そうだ
…あと2回連続して『デレ』すればバランスがとれるはず…!!)」

美琴「(け、けど…2回も『デレ』するなんて…一体何をすれば…)」

上条「ごほっ!ごほっ!ったく何なんだよ急に…ほら…吐き出したジュースで
俺の制服がびしょびしょになっちまったじゃねーか!」

美琴「(あ、そ、そうだわ!!)」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 00:54:36.99 ID:bPmEax8H0
美琴「あ、ああ~ご、ごめん、ごめんね、け、けど、ほら。私、ハンカチあるから
これで吹いてあげるわね…も、もう…ホント、ドジなんだから…///」

上条「い、いや、これは、元はと言えばお前が…」


美琴「ほ、ほら、きれいになった。これでいいでしょ?」

上条「え、あ、ああ…ありがとう…?」

美琴「(よし!これで一回『デレ』たわ!け、けど、あと一回はどうしようかしら…)」

上条「あの~御坂さん…??」

美琴「(ええっと、ええーーーっと…そ、そうだわ!!)」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 01:00:24.70 ID:bPmEax8H0
美琴「あ、アンタ!!」

上条「は、はい!?」

美琴「…きょ、きょ、今日の髪型、な、なかなかイケてるじゃない…なんか、いつもより、
   髪がピンピンで…わ、私はいいと思うわよ…////」

上条「え?あ、は、はあ…どうも…」

美琴「………/////」

上条「………え、あ、あの…?」

上条「(そ、それで、終わり…?)」

美琴「(…よし、ちょ、ちょっと強引だったけど、『デレ』したわ!これでとり
あえずはチャラね!)」

上条「(な、な、なんなんだ一体…)」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/18(木) 01:06:38.34 ID:bPmEax8H0
美琴「(それで…一体、どうやって映画に誘おう…や、やばい…誘う時のセリフ
なんて全然考えてなかったわ…どうしよう…緊張してきた)」

美琴「(そうだ!とりあえず、世間話でもして精神を落ち着かせよう!)
   
……ああ~、そ、そういえば、今日はいい天気ね…」

上条「い、いや、御坂、そんなことより、早くお前の話というのを聞きたい
んだけ…へぶう!!!」バシィ!!

美琴「せ、せ、せっかく人が世間話でもして緊張をほぐそうとしてんのに、
何、もう本題に移ろうとしてんのよ、この馬鹿ぁぁ!!ちょ、ちょっとは空気
読みなさいよね!!!!」

上条「え、いや、な、殴ることないだろ!?そ、それに緊張って…!??なに
がなんだか…」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 01:10:51.01 ID:bPmEax8H0
美琴「あーーーもーーー!!うるっさいわね!!だ・か・ら!!わ、私と今度の日曜日、
   映画に行きなさいって、言ってるのよ!!!この馬鹿!!!」

上条「え、映画?????」

美琴「(や、やばい!!つい、い、勢いで言ってしまった!!は、早く後に続
くセリフを考えないと…!!)」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 01:18:06.02 ID:bPmEax8H0
美琴「え、あ、ああ、うん…そ、そうよ、そうなのよ…映画…こ、ここ今度、
『恋愛☆ぱらだいす』っていう恋愛モノの映画があって…、その、い、行きたい
んだけど…

ひ、一人で見るのは恥ずかしいし…け、けど黒子とか…初春さんも佐天さんも
…よ、用事があるらしくて…」

美琴「わ、わわ私、ほ、ホントは女の子と見たいのよ、アンタとなんか嫌なん
だけど……け、けど!あ、アンタが暇っていうのなら…仕方ないから、べ、別
にアンタと二人っきりで、みみ見てあげてもいいわよ?ほんと、仕方ないわね
…アンタって…」

上条「も、もしもし御坂さん?…なんか途中から、ものすごーく、上から目線
の口調になってるんですけど…」

美琴「(あああーーーー!な、なんで肝心なところで『ツン』がでるのよ!!
せ、せめて、誘う場面くらい素直に話せないの!!??)」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 01:23:27.38 ID:bPmEax8H0
上条「…けど、まあ、いいぜ?映画くらい。」

美琴「ほ、ほんと!!!??」

上条「ああ。その日は暇だしな」

美琴「そうなんだ…(やった!やったわ!!ついに誘えた!!!
なんだ!『ツン』しても誘えるものなのね!!


…はっ!!け、けど、そういえば…)」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 01:28:13.45 ID:bPmEax8H0
美琴「(わ、私…今の映画に誘うくだりで何回も連続して『ツン』してしまった
気がする…やばい…『ツン』→『デレ』→『デレ』のサイクルが乱れてしまったわ…)」

美琴「(どうしよう…あ、そうだ!今からさらに連続して『デレ』しまくって、
帳尻あわせればいいのね!!け、けど、何回『デレ』すればいいんだっけ…!!?)」

上条「お、おい御坂…?(また、黙りはじめたぞ…?)」

美琴「ご、御免!!ちょっと今黙ってて!!け、計算中だから!!!」

上条「け、計算中ってなんだよ!??」

美琴「ええっと、まず、さっき連続して『ツン』した回数は……ぶん殴った分
が一回と…誘うときの上から目線のセリフで2回とすると…ぶつぶつ…」

美琴、現在計算中…

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 01:37:10.71 ID:bPmEax8H0
美琴「(そうだわ!!2回連続『ツン』したってことは…この後、4回連続で『デレ』
すれば、帳尻があうってことね!!……って4回もおぉぉ!!?)」

美琴「(む、無理よ、無理無理!!だ、だってさっき、2回連続『デレ』でも苦
労したのに…!!4回連続なんて無理だわ…ああもう…な、なんか急にめんどく
さくなってきたわ…!!)」

上条「………」

美琴「………(4回…4回…)」

上条「………あの」

美琴「………(4、4、4…)」

上条「あの、み、御」

美琴「あ!そ、そうだわ、アンタ!喉渇いたでしょ!!?ジュースおごってあげ
るわ!!飲めるわよね、4本くらい!!」

上条「そんなに飲めるかぁ!!!!」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 01:45:22.55 ID:bPmEax8H0
上条「…ま、まあいーや、…俺、もう帰るぞ?晩飯も用意しないといけないし…」

美琴「あ!ちょ、ちょっと!」

上条「大丈夫、約束は忘れてねーから。じゃあ、日曜日の12時に映画館前な。」

美琴「あ、ああ、うん…」

上条「それじゃーなー」

美琴「(け、結局、今日『ツン』した分を巻き返せなかった…け、けど、まあ、
今度の日曜日のデートで巻き返せばいいわよね…)」

美琴「(な、なんか、2人っきりのデート中なら…わたし、もっとアイツに素直
になれる気がするし…『デレ』できる気がするわ…

…それで…もし、本当に上手くいけば… 

…今度の日曜日に、想いを伝えられるかも…)」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 01:53:35.32 ID:bPmEax8H0
日曜日 映画デート当日

映画館前にて

美琴「おっそいわねー」

美琴「(全く、こっちは待ち合わせ時間の30分前から来てるっていうのに
アイツと来たら…
   
…いや、いけないわ…こんなことでイライラしてたら…今日は素直になるってき
めたんだから…!!…ってあ!来たみたいだわ!!)」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 01:56:55.03 ID:bPmEax8H0
上条「ああ、ごめんごめん、御坂!おくれちまって!!待ったか!?」

美琴「い、いいいいや全然待ってなんか…」

ぞろぞろ…

禁書「ねー、とーま。ホントにその『映画』ってやつは、とーまの家にある
『テレビ』ってやつより何倍もでかいの?」

小萌「まさか、上条ちゃんが映画を誘ってくれるなんて、先生は感激なのです~」

姫神「楽しみだわ。映画。」



美琴「」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 02:03:24.45 ID:bPmEax8H0
美琴「…あああああああアンタ…そ、そ、その連中は……!!??」

上条「え?ああ、お前、この間言ってただろ?『本当は女の子と映画を見たい』
って。だから、俺と2人で見るよりも、知り合いの女の子を何人か誘ったほう
がいいかなって…」

美琴「死ねえぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

バリバリバリバリバリィィィィィ!!!!!!!!!!!

上条「どわああああああ!!!!!」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 02:09:00.37 ID:bPmEax8H0
上条「…って、な、なにすんだよ、御坂!?急に電撃なんかあびせやがって!!!」

美琴「うるさい!!!!ほんっっっっっとアンタってやつは、空気読めないの
ね!!!!いつもいつもいつも!!!!!!
   
どうやったら、そんな発想が思い浮かぶわけ!一回、その脳みその中、覗いて
みたいわ!!」

上条「な、なんだよ、その言い方!!人がせっかく良かれと思って…!!」

美琴「なにが、良かれと思ってよ、この馬鹿!!信じられない!!


…も、もういい!私帰る!!!!」

上条「え…ちょ…おい!ど、どこ行くんだよ!!ほんとに帰っちゃうの
か!?…おい!御坂……!」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 02:16:32.28 ID:bPmEax8H0
その後…

とある公園

美琴「はあ……」

美琴「せっかく上手く言ってたと思ったのに…あの馬鹿…なんで、あんなに空
気が読めないわけ…??」

美琴「………」

美琴「…いや、違う…ホントに悪いのは私だ…この間、一番肝心な誘うところ
で『ツン』してしまって、『ホントは女の子と見たい』とか、変なこと言って
しまったから…アイツは私に気をつかっただけなんだ…」

美琴「何よ…結局、元々は、私の『ツン』が原因じゃない…
   
…な、なんで、私ってこんなに素直になれないわけ…?なんでこんなにツンツンな
のよ…」

上条「おーい、御坂ー!」

美琴「!!アイツ!(追っかけてきてくれたの!?)」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 02:23:55.31 ID:bPmEax8H0
上条「はあ…はあ…こんなところにいたのか…」

美琴「アンタ…」

美琴「(わざわざ来てくれたんだ…私のために…!!


…よ、よし、あやまろう!さっき、怒って電撃あびせたこと…!!)」

美琴「(ごめん、急に怒っちゃって、電撃あびせてごめんって…


…言うのよ!美琴!!)」

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 02:28:37.09 ID:bPmEax8H0
美琴「…な、なんの用よ、なんの!!も、もう私、アンタなんかに用事なんて
ないんだけど!!!」

美琴「(あ、あれ…?)」

上条「よ、用事なんかないって…。お、お前、映画はどうするんだよ!!お前が
誘ってきたんだろ!?」

美琴「はん!そんなモン中止よ中止!!!やっぱりアンタと見るなんて恥ずか
しくてやってらんなくなったのよ!!」

美琴「(ちょ、ちょっと…なんでここでまた『ツン』が
でてくるのよ…??あやまらなきゃいけないのに…!!)」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 02:35:43.06 ID:bPmEax8H0
上条「は、はあ!何言ってんだよお前!!人がせっかく、忙しい時間を割いてお前の
   頼みを聞いてやったのに!!」

美琴「なにが忙しい時間、よ!!!この間は暇、って言ってたくせに!!

(やめて!)

それに何よ、仕方ないから付き合ってやるか、みたいな上から目線の口
調は!!誰に口聞いてんのよ!!!

(これ以上『ツン』するのはやめなきゃ…!!)」

上条「な!?だ、誰が、上から目線だよ、誰が!!普段、上から目線なのはお
前だろ!!」

美琴「な、なんですって!?な、なによ!!こ、こっちだって、元々アンタな
んかと映画なんて行きたくなかったんだから!!
誰が、アンタみたいに空気読めない奴と…この…馬鹿ぁ!!!!

(……ああ…もう…な、なんで、私…)」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 02:42:16.51 ID:bPmEax8H0
上条「お、お前!!黙って聞いてりゃ調子に乗りやがって!!そっちこそ、い
いかげんに……!!!!

……って御坂……?」

ぽろっぽろっ…
美琴「ぐす…ぐす…も、も、もうアンタなんか嫌いよ…は、はやく、ど、…どっか
…い、い、行きなさいよ…!!!」

美琴「(信じられない…わ、私ってどこまでツンツンしてんの??なんで、少しも
素直になれないの…??)」

美琴「(最低だわ…私)」

上条「御坂…」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 02:46:46.47 ID:bPmEax8H0
上条「御坂……そ、その…」

美琴「な、なによ…ぐす…ぐす…ま、まだ、な、なにか、いい足りないわけ…」

上条「その、ごめん…いいすぎた…その、そこまでお前が傷ついてるなんて…」

美琴「…え?」

上条「色々、ひどいこと言ってごめん…あやまるよ…許してくれるか…?」

美琴「(コイツ……もともと、わ、悪いのは私なのに……)」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 02:51:05.22 ID:bPmEax8H0
美琴「……………」

上条「……………」

美琴「…あ」

美琴「…あ!あの!!」

美琴「わ、私のほうこそ…ごめん…きゅ、急に怒って電撃浴びせたりして…
ほんと…ごめん」

上条「御坂…ああ…もういいんだ…」

美琴「(あ、謝れた!!な、なんとか謝れたわ、私、今…!!)」


美琴「……そ、それとあの、じ、実は、こないだ…『映画を女の子と見たい』
っていったの…アレ…うそなんだ…ほんとは…ほんとは…」
  
美琴「(…な、なんか今なら素直になれる気がする!!

今よ!あ、『ホントはアンタと一緒に見たいのよ!!』って、ほら、今言うのよ!!)」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 02:59:06.35 ID:bPmEax8H0
上条「…ほんとは…?」

美琴「お、女の子じゃなくて……お、お、男の子、と一緒に見たかったの!!
だってほら!『恋愛☆ぱらだいす』は恋愛モノだし!!

(ああーーー!もう!!なんでそこ、はっきり、言えないのよ!!)」

上条「そ、そうか!だから怒ったのか…俺が、知り合いの女をたくさん呼んだから…」

美琴「う、うん…けど、ごめん…私が悪かったわ…はっきりいわなかったから…
   アンタの知り合いにも迷惑かけちゃったみたいだし…」

上条「いや…俺の方こそごめんな御坂」

美琴「(…一応、私が怒った理由は理解したみたい…)」

美琴「(…それにしても)」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 03:04:42.31 ID:bPmEax8H0
美琴「(…そうか…コイツはこういう奴なんだ…私なんかより
ずっと自分の気持ちに素直で…言動や行動にも全然嘘がない…)」

美琴「(…全然、ツンツンしてないんだ…私と違って)」

上条「…そうだ、御坂!来週の日曜日暇か!?」

美琴「え、ええ!?なんでよ!?」

上条「だって、今日はもう、映画の上映はじまったし、見れないだろ?だから、
   来週の日曜日にもう一回見に行こうぜ!!」

美琴「え!い、い、いいの!?」

上条「ああ、仕切りなおしだ!」

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 03:08:34.01 ID:bPmEax8H0
上条「あ、そうだ!…それと、御坂…別にお詫びってわけじゃないんだが…
これ…お前にやるよ…」

美琴「え!?こ、これ!ゲコ太のストラップ!!な、なんでアンタがこんなものを…」

上条「いや、この間、スーパーのくじ引きで当ててさ…けど、俺はいらないから、
前々からお前にやろうと思ってて、今日、もって来てたんだよ。
   
…別に、今、お前の機嫌をとろうと思って渡すわけじゃねえぞ!!元々、今日、
あげようと思ってたんだから…」

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 03:12:47.71 ID:bPmEax8H0
美琴「…………」

上条「い、いや…別に全然、大したものじゃないんだけど…」

美琴「う、ううん、ありがとう…本当に嬉しい…い、一生大事にするわ…」

上条「い、一生!?いや、そこまでしなくてもいいけど……っていうか御坂、
なんかお前…さっきから、いつもと雰囲気違うな…

なんていうか、いつもみたいな毒がないし、素直っていうか…」

美琴「え、ええ!?そ、そそ、そんなこと…!!!」

美琴「(い、いや、でも、確かに…私、さっきから、すごく自分の気持ちを素直に
言えてる…いつもより全然、ツンツンしてないわ…)」

上条「…普段から、これくらい素直ならいいのに…」ぼそっ

美琴「…え?」

上条「い、いや…なんでもない…」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 03:19:57.27 ID:bPmEax8H0
上条「まあ、いーや。色々ごめんな。今日のところは、もう帰るけど…

……また、来週の日曜日に映画館でな」

美琴「う、うん。ばいばい…////」

美琴「(今日は結局、デートできなかったけど…今日一日で、私ずいぶん素直に
なれた気がする…アイツに会ってからの前半はツンツンしまくったけど…後半
はデレまくってたわよね…?)」



美琴「少しはツンツン、直ったのかしら…」

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 03:25:58.51 ID:bPmEax8H0
それから…次の週の日曜日

映画館前にて

美琴「おっそいわねー」

美琴「(全く、こっちは待ち合わせ時間の30分前から来てるっていうのに
アイツと来たら…
   
…いや、いけないわ…もうツンツンは駄目!…今日はデレデレ!!『ツン』
とのバランスなんか、もう考えない!とにかく、デレデレしまくるってきめ
たんだから!よーし!気合いれるわよぉ!


…って、あ!来たみたいだわ!!)」

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 03:31:23.91 ID:bPmEax8H0
上条「ああ、ごめんごめん、御坂!おくれちまって!!待ったか!?」

美琴「い、いいいいや全然待ってなんか…」

ぞろぞろ…

土御門「いやーー、カミやんなんかと映画なんか、気が乗らなかったけど、ま
さか、こんな可愛い子がついてくるなんて、びっくりだにゃー」

青髪ピアス「確かに。常盤台中学のお嬢様と知り合いだなんて、ホント、尊敬
するで、カミやん!」

海原「お久しぶりです、御坂さん。いやあ、一緒に映画だなんて、光栄です」


美琴「」

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 03:37:55.70 ID:bPmEax8H0
上条「ほら、御坂!上条さんは今日こそしっかり学習してきたぜ!!お前が、
   ホントは男の子と映画が見たいっていうから、知り合いの男の子を…」

美琴「ふ、ふふふ………」

パリッパリッ…

上条「……って…み、御坂さん…?」

土御門「お、おい、カミやん…なんか…空が暗くなってきたんだが…」

青髪ピアス「きゅ、急に空に雷雲が立ち込めてきてるんやけど…」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/18(木) 03:42:59.69 ID:bPmEax8H0
上条「お、おい…御坂…じょ、冗談だよ…な?な、なんでフルパワーっぽいんだ、
お前…おい…」

美琴「…ふふ…だってしょうがないじゃない…先週の日曜日、あんなに『デレ』
しちゃったんだから…今日、思いっきり『ツン』しないと、帳尻が会わないでし
ょ?…ねええ??」

バリバリバリバリイイ!!!!

上条「ひ、ひいいい!!!!な、なんだよ、それ、『デレ』とか『ツン』とか…!!
全然意味分かんないですけど…!!」

美琴「あーーら、わかんなくたっていいわよ…だって、どーーせ、アンタは今から
この世からいなくなるんだからねえええええーーーーーー!!!!!!!」

上条「ちょ…そ、それ、完全に悪役のセリフ…!!」

美琴「死ねえェェェェぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーー!!!!!」

ドゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!

上条「ぎゃあああーーーーーーーーーーふ、不幸だあああーーーーー!!!!!!!!!」



おしまい

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。