FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「ほかほかごはんにたくあんのせて」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 21:53:24.12 ID:DDZ2YsK60 [1/42]
律「入部希望者を待つ!!」

澪「…待つの?」

………………

律「…」

澪「…帰ろっか?」

ガラッ

紬「あの~」

律澪「!!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 21:55:09.01 ID:DDZ2YsK60 [2/42]
紬「見学したいんですけど~」

律「軽音部の!!?」

澪「…」

紬「い、いえ、合唱部の…」

澪(うわぁ~…、可愛い子だなぁ…)ポッ

律「軽音部に入りませんか!? 今部員少なくて…」

紬「え、え~と…」オロオロ

澪(がさつな私や律と大違い…ぽわぽわしてて、なんかまさに女の子って感じ…)

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 21:58:12.90 ID:DDZ2YsK60 [3/42]
紬「……」チラッ

澪「!」

紬「…」ニコッ

澪「!!」ドキン

律「お、お願いしますぅぅ!!」ガシッ

紬「へ!? いえ、あの~…」チラリ

澪「…は!」

澪「こ、こら!! そんな強引な勧誘したら迷惑だろ!」

律「うぅ~…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:01:32.25 ID:DDZ2YsK60
律「――あの時の約束は嘘だったのかーー!?」

澪「――捏造すんな!」ゴン

紬「ぷっ…くすくす…」

澪「!」

澪(笑われた……。でも、笑顔いいな……)

澪(なんかこの子、優しそうだし……可愛いし…///)

澪(この子と一緒に部活できたら……)

澪(でもなぁ…。どう考えても軽音部って感じじゃあないし、文芸部に誘ってみようかなぁ)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:07:12.73 ID:DDZ2YsK60
紬「――なんだか楽しそうですね。私でよければ入部させてください」

律澪「えぇぇぇ!!」

澪(う、うそ……)

澪(本当にこの子と一緒に…3年間部活を…青春バイブレーションを……)ポー

律「やったぜーー! これであと2人揃えれば!」

澪「ほぇ!?」

紬「2人ですか?」

律「ああ…部として認められるには4人の部員が必要で…」

紬「え~と…」チラッ

律「ん、ああ。ここいる澪は他の部活入りたいんだってさ」

律「今だけちょっと勧誘手伝ってもらってるだけなんだ」

紬「そうなんですか…」ショボン

澪「うえぇ!?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:09:57.14 ID:DDZ2YsK60
澪「い、いやぁ、これであと『1人』で軽音部設立だな!!」

律「は…?」

澪「さあ! すぐに見つけよう! 『1人』ぐらいすぐだよ!」

紬「! それじゃあ!」

律「あの~、澪さん? アナタ確か文芸b…」

澪「ふん!」ドゴッ

律「ぐぇっ!」

澪「よろしく! え~と…」

紬「琴吹 紬と申します」

澪「よろしく! 琴吹さん」

律「…なんだっつーんだよ…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:12:46.59 ID:DDZ2YsK60
律「う~ん、それにしてもこれからは同じ部活の仲間! 苗字で呼び合うのもなんだかなあ」

紬「そうですか?」

律「琴吹さん、あだ名とかある?」

紬「……」

律「琴吹さん?」

紬「あ! い、いえ、特に何も…」

律「つむぎー、って呼ぶのもなんか長いしな」

澪「いや、長くはないけど……(ていうか、恥ずかしくて呼び捨てはムリだ…)」

律「そうだ! じゃあムギでいいや。呼びやすいし、ねぇ?」

紬「え? うふふ……」

澪(ムギ、かぁ……。律にしては良い仕事するじゃないか///)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:15:25.57 ID:DDZ2YsK60
律「私のことは律って呼んでくれムギ! これ以上省略しようもないしな!」

紬「よろしくお願いします。りっちゃん♪」

律「オイオイ…長くなってるじゃあねーか」

律「…そんでコイツは秋山澪!」

澪(ムギ…うふふふふ…ムギ……)

紬「よろしくお願いします。澪ちゃん」

澪「へ、へぇぇ!!?」ドキーン

紬「あ、あの…?? ごめんなさい…」

律「ああ、ごめんなー、ムギ。こいつ凄い人見知りなんだよ」

澪「あ…いやいや。よよよよろしく!……ム……」

紬「!」パァァ

澪「…ム……琴吹さん…」

紬「…」シュン…

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:17:25.81 ID:DDZ2YsK60
律「おいおい澪ー。この子はムギだって言ったばっかだろーが」

紬「いいんです…こういうことは人それぞれですし…」

澪「あ、いや…その…」

律「ほ~ら、澪~。ムギって呼んでみ」

紬「…」

澪「うぅ……///」

澪「ム……」

紬「…」

澪「ム…」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:20:12.80 ID:DDZ2YsK60
澪「ムギュ…ゥ…っ」

律「えぇ~…」

澪(か、噛んだ///)

紬「ぷっ」

紬「…くすくす」

澪「あ…///」

律「ふ、あはははは!」

澪「わ、笑うなよっ」

紬「ふふふ…ごめんなさい…くす」

澪「もう! よろしく、ムギ!!」

紬「よろしく、澪ちゃん♪」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:23:04.19 ID:DDZ2YsK60
……………………………
…………………
………

唯「は~、もう疲れたよぉ~…」ドタリ

律「私も~」バタリ

澪「早っ!」

澪「まだ練習始めたばかりだろ! やる気だせよ!」

紬「…」ジー

澪(ムギの前だからな…いい所見せなければ)ドキドキ

律「だいたい澪はウチの部入るつもりなかったくせに、なんで一番はりきってんだよー」

澪「」ギクリ

澪「や、やるからには全力が私のモットーなんだよ!」

律「初めて聞いたぜ、そんなのー」

紬「…」ジー

澪(ムギが見てる…! ここは格好良くみんなを説得して……)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:25:46.15 ID:DDZ2YsK60
紬「…お茶にしましょうか?」

澪「」ガーン

唯「わぁ~い! さすがムギちゃん」

紬「ね、澪ちゃん?」ニコッ

澪(うぅ…反則だその笑顔…///)

澪「で、でもっ…!」

紬「今日はガトーショコラ持ってきたの~」

澪「…少し、休もうか」

律「おい、とんだ全力野郎だな」

澪(あぁ…おいひぃ…むぎゅカワユス…)ニマニマ

律「な、なんてしまりの無い顔してるんだ…コイツ…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:27:56.63 ID:DDZ2YsK60
……………………………
…………………
………

澪「えーと…」カキカキ…

澪「はぁ…詩を先にすれば良かった…」

ヴヴヴヴヴ

澪「…メール」

澪「!!」

澪「ムギからだ…!」

澪「なんだろう///」ニヤニヤ

紬『―さわ子先生が顧問になって、なんだかドキドキしています―』

澪「? ドキドキ…?」

澪「ま、まさかな…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:30:27.95 ID:DDZ2YsK60

唯「――うぅ…ギター弾きながら歌えない…」

さわ子「――私が特訓してあげるわ! まずは歯ギターから…!!」

澪「…はぁ」

澪「…ん」チラリ

紬「…」

澪(ああ…ムギの横顔…かわひい…)デレ

澪(ムギを見てるといつもハートむぎゅむぎゅ…)ポー

紬「…」ポー

澪(…んん?)

澪(なんかムギもぼーっとしてるな)

澪(視線の先は……さわ子先生!?)

紬「ふぅ…」

澪(そういえば…この前もさわ子先生を見ると胸がドキドキするって言ってた…)

澪(まさか…ムギ…)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:33:19.29 ID:DDZ2YsK60
澪「ね、ねぇ律…!」

律「ん~なんだよ」

澪「ムギってさ、もしかして、さわ子先生のこと…」

律「なに?」

澪「い、いや、だだだから…さわ子先生を…」

律「マジか! ムギ~! さわ子先生のこと好きなのか~?」

澪「ば、ちょっと…っ!!」

紬「…え?」

紬「ああ…いえ、女の子同士ってなんかいいな~って…」

律「はぁ?」

澪「なんだ…良かったぁ…」ホッ

律「えぇぇ?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:35:46.93 ID:DDZ2YsK60
律「いいのかよ…」

紬「本人たちがいいならいいんじゃあないでしょうか!」

律「おまえは何を言ってるんだ…」

澪(はぁ…びっくりした)

澪(でも、ムギ…女の子同士は有りなのか…)

澪(ムギ自身は女の子を好きになったりするのかな…)

澪(って、何を考えてるんだ…)

澪(おかしいよな私…)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:38:29.65 ID:DDZ2YsK60
……………………………
…………………
………

唯「ムギちゃ~ん。お茶にしようよ~~」

澪「毎度毎度…、練習始めたばっかりじゃないか!」

梓「そうですよ! せっかく皆やる気出してるのに…」

律「あ~疲れた。休もうぜー」

澪「やはりお前もか…」

梓「…もう! 澪先輩! ここは一つ、ビシッと言ってやって下さい!」

澪「ああ、もちろんだ! 唯! 律! よく聞け!!」

紬「まぁまぁまぁ、落ち着いて澪ちゃん? ここはひとまずお茶にしない?」

梓「またそうやってムギ先輩は甘やかして……さあ、澪先輩!!」

澪「…ああ! 何してるんだ梓! お茶の準備だっ!!」

梓「ぇ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:42:44.20 ID:DDZ2YsK60
紬「ふんふんふ~ん♪ しゃらんら~♪」

澪「…」ジロリ

梓「ぇ……。て、手伝いますムギ先輩……」

紬「あら、ありがとう梓ちゃん」

梓(どうしてこうなった…)

澪(ああ…お茶を淹れるムギ…美しい……)ポー


紬「はい、今日はガトーショコラよ♪」

唯「うわ~い! 頂きます!」

澪(ああ…ガトーショコラを食べながらムギを見つめ…ムギの淹れたお茶を飲む…)

澪(これ以上の幸せって、この宇宙にあるのかな…)ドバドバ

梓「み、澪先輩…口に入れたもの全部漏れてますよ…」

律「な、なんてだらしない口してるんだ…コイツ……」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:45:06.78 ID:DDZ2YsK60
……………………………
…………………
………

紬「今日はショートケーキよ~」

律「おお! やっぱりケーキの基本はショートケーキだよな!」

梓「すいません、頂きます」

澪(ムギが用意してくれたものならなんでもいいけどな///)

唯「…」

梓「? なんか今日唯先輩おとなしいですね」

律「確かに、お茶の時間になるといつも全身で喜びを表すのに」

唯「…」

紬「唯ちゃん…まさか……?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:48:16.77 ID:DDZ2YsK60
唯「…」ジー

澪「な、なんだよ唯。私のケーキずっと見て…」

唯「…」ジー

律「ふは! 澪のケーキにゴキブリでも付いてるのか?」

梓「ひえぇ!」

澪「ひ、ひぃぃぃ! 変なこと言うな!!」ゴチン

梓「どうしたんですか、本当に?」

唯「澪ちゃんのケーキ…」

澪「なんだよ…」

唯「みんなのよりイチゴおっきい…」

澪「」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:51:35.38 ID:DDZ2YsK60
澪「なんだよ、そんなことか…」ホッ

唯「そんなことじゃないよ! ショートケーキのイチゴは重要なんだよ! ケーキ国の王様なんだよ!!!」フンスカ

澪「ひぃっ! わ、わかったよ…。でもそんなに大きさ違うかなぁ」

唯「全然違うよ!」

澪(言われてみれば確かに……だけど)

澪「気にするなって。同じ同じ。唯の方だって色ツヤ良いじゃないか」

唯「じゃあ交換して」

澪「え」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:54:03.78 ID:DDZ2YsK60
唯「澪ちゃんは同じと思ってるんでしょ? それなら交換してよ~」

澪「なななんでだよ、ヤダよ…」

唯「じゃあやっぱり自分の方が大きいと思ってるんだ! あげるのが惜しいんでしょ!」

澪「ち、違うって! 同じだから交換するだけ労力のムダだろ!?」

唯「ぶー。澪ちゃんのケチー!」

律「おいおい、ケンカすんなよ」

梓「どうしたんですか唯先輩? なんかいつも以上にわがままですね…」

紬「ご、ごめんね唯ちゃん…次は唯ちゃんに大きそうなの渡すようにするから…」

澪「おいおいムギが謝ることじゃあないような…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:56:17.47 ID:DDZ2YsK60
唯「そうだ…そうだよ…ムギちゃんてさ…」

唯「なんか澪ちゃんばっかりヒイキしてない?」

紬「え…そんなことは…」

唯「嘘! だって澪ちゃんが『ガトーショコラ食べたい』って呟いた次の日は絶対に持ってくるし!」

唯「お茶だって澪ちゃんのカップにはいつも私より1cm多いし!」

律「なんつー言い掛かりを…」

梓「唯先輩…ちょっと本当にどうしたんですか……」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 22:59:21.44 ID:DDZ2YsK60
紬「唯ちゃん…」

唯「ふ~んだ! どうせムギちゃんて澪ちゃんのこと好きなんでしょ!」

紬「え…?」

澪「え!!」ドキン

澪(ム、ムギが私のこと……!?)

澪「ゆゆゆ唯…ちょっといい加減にしろよぉ///」ドキドキ

紬「ごめんね…唯ちゃん。私、出来る限り平等にするようにしてたんだけど…」

澪「…(平等か…。ま、そうだよね)」

唯「ぶー」

紬「じゃあ、明日は唯ちゃんの好きなケーキ持ってくるわ」

唯「…え」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:01:34.69 ID:DDZ2YsK60
唯「じゃあ…もんぶらん!」

紬「うん、楽しみにしててね」ニコッ

澪(ふふ…やっぱりムギってこういう所が良いよな…)

澪(そりゃあ普通に考えてありえないことくらいわかってたけど…)

澪(でも…それでも、もしムギが私のこと……)

澪(うふふふふふ…ふひひひ……///)

澪(ちょっとだけど、いい夢見させてもらったよ…唯……)フッ

澪「唯、ほら」スッ

唯「え?」

澪「欲しいならやるよ、私のイチゴ…食べてくれよな?」

唯「澪ちゃん……」ウルウル

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:04:01.02 ID:DDZ2YsK60
梓「いいんですか…澪先輩?(私もちょっと欲しい…)」

澪「いいんだ。一瞬だけど、私はイチゴよりももっと大切な夢<モノ>を見れたから」フッ

唯「澪ちゃん///」

紬「ふふ…澪ちゃんてやっぱり優しいね」ニコッ

澪「…!!」ズキュゥゥゥン

澪「ほ、ほら唯! もうイチゴだけと言わず、丸ごとあげるよ! ほら!」ニヤニヤ

唯「澪ちゃん……愛してる///」ポー

紬「あらあら…うふふ」

律(……私以外が騒々しいって珍しいな)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:06:40.74 ID:DDZ2YsK60
……………………………
…………………
………

ドア「ガチャ」

澪「さあ、今日も部活がんばるぞー!」

シーン…

澪「…って誰もいないのかよ///」

澪「ふぅ…」ストッ

澪「誰かこないかなぁ」

澪「ムギとか…ムギとか……ムギとか」

澪「しかし今日は体育でマラソンあったから疲れたなぁ…」

澪「…」

澪「良かったなぁ……走るムギ…体育着姿…揺れるカラダ……」ジュルリ

澪「…は!」

澪「なんか…私ただの変態になってるな……」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:09:11.86 ID:DDZ2YsK60
澪「しかし疲れた……」

澪「ねむい…」コクリコクリ…

澪「むぎゅぅ……」

澪「」zzz

ドア「ガチャリ」

紬「遅くなってごめんね~」

紬「…って、あら?」

澪「」zzz

紬「…澪ちゃん?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:12:14.78 ID:DDZ2YsK60
澪「う~ん、むにゃむにゃ…」

紬「…」ジー

澪「ん?」パチリ

紬「おはよう澪ちゃん」

澪「ああ、ムギだ…ムギが見える…」

紬「うふふ」

澪「良い夢だ……」

紬「夢じゃないよ?」

澪「…え~……現実かぁ…そりゃ最高だぉ……」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:14:09.99 ID:DDZ2YsK60
澪「!! って、え!!?」ガバッ

紬「おはよう♪」

澪「うぁああ! ムギ!! ななな何やってるんだよ!!」ズザザ

紬「澪ちゃん見てたの」

澪「び、びっくりした…」ドキドキ

紬「…あ、澪ちゃん。じっとしてて?」

澪「…?」

紬「ほら、涎」フキフキ

澪「…は///」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:16:48.28 ID:DDZ2YsK60
澪「ご、ごめん! そのハンカチ洗って返すから!」

紬「あら、気にしないで」

澪「い、いいから!」

紬「いいから、いいから♪」

澪「……恥ずかしい///」

紬「…」クスッ

澪「ていうか、いるなら起こしてくれよ…」

紬「ふふ、あんまり気持ちよさそうに寝てたから」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:19:36.39 ID:DDZ2YsK60
紬「部室って日差しが気持ちいいもんね」

紬「私も寝てるとこ梓ちゃんに見られちゃったことあるわ///」

澪「なん…だと…(中野め…なんて羨ましいイベントを…)」ギリギリ

紬「それに今日マラソン疲れたもんね」

澪「うん…(走るムギ、素敵だったよ! …とか気軽に言いたい)」

紬「走る澪ちゃん格好良かったわ」

澪「!」ドキンコ

紬「ふふ」ニコニコ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:22:52.55 ID:DDZ2YsK60
澪「ム、ムギも素敵だったょ……」ボソボソ

紬「…ん?」

澪「い、いやいや! ム、ムギって本当いい娘だよな!」

澪「いつもニコニコしてるし…誰にでも優しいし…可愛いし…」

紬「う、嘘…。そ、そうかな///」

澪「!!(誤魔化しで結構大胆なこと言ってしまった…っ)」

紬「ど、どうしたの急に///」

澪(ああ…真っ赤になったムギたまらん……じゃあなくて! この反応っ…! く、口説けるのか!? このまま!?)

澪「ほ、本当だよ…! 素直だし裏表とかないしさー」

紬「…」

紬「そうかな」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:25:16.18 ID:DDZ2YsK60
澪(あれ? なんか失敗かな…)

紬「ふふ…それは澪ちゃんの勘違い…かな?」

澪「え…」

紬「だって、私は人に言えない内緒だらけだもの」

澪「そ、そりゃあ一つ二つは誰にだって…」

紬「ううん…もっとたくさんよ」

紬「こうして澪ちゃんと話してる今だって…私、とんでもない隠し事してるかも」

澪「…?(なんだろう、このムギの表情……なんか、からかうような寂しいような感じ)」

澪「ム、ムギの秘密かぁ…知りたいなぁ~、なんて……ハハ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:28:02.75 ID:DDZ2YsK60
紬「そう…? …じゃあ、1つだけ聞いてくれる?」

澪「え…いいのか?(い、意外な展開…? でもムギの秘密って…)」

紬「ときどきね、誰かに無性に聞いて欲しくならない? 心の奥底にあるものって」

澪「まぁ…わかるような」

紬「聞いて……くれる?」

澪「…うん(なんか緊張してきた…)」

紬「私ね…実は」

澪「…」ドキドキ

紬「女の子を好きになっちゃったの」

澪「!!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:31:26.99 ID:DDZ2YsK60
澪「な、何を…じゃなくてだだ誰を…(やば…やばい…動揺してる…わたし)」

紬「ふふふ…これ以上はまた内緒!」

澪「そ、そんな…」

紬「ね? 私ってちょっとフツーじゃないし、隠し事だらけでしょ?」

澪「む、ムギ…(うぅ…なんかワケわかんない…なんでか…涙でそう……)」

紬「ごめんね…急に変なこと言って……」

澪「だ、誰なんだよ…軽音部の誰かなのか!?」

紬「…それは」

澪「…」ドキドキ

紬「…言えないわ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:33:58.42 ID:DDZ2YsK60
澪「そ、そんなぁ~…」

紬「今は…ごめんね。でも、いつか澪ちゃんには絶対に聞いてほしいな…なぁ~んて…」

澪「…!!(なんだよ…それ…)」

澪(少なくとも私じゃあないって言いたいのか!?)

紬「…みんな、遅いね~」

澪「……ん…だよ…」

紬「うん?」

澪「なんだよ! それ! 今じゃあダメなの!?」ガシッ

紬「み、澪ちゃん…?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:38:17.14 ID:DDZ2YsK60
澪「むむむムギ…! 教え…デ!、く」

紬「」

澪(ぐぉぉ…思い切り舌噛んだ///)

紬「だ、だいじょうぶ澪ちゃん?」

澪「ら、らひじょうぶ…」

紬「ちょっと舌見せて」グイッ

澪「うわっ…(ムギ…顔近いよ…)」

紬「あら…凄い血出てるわ…ちょっと拭いてあげる」

澪「!! い、いいって……!!」バッ!

紬「…え…き、きゃあっ」ガッ グラァ…

澪「あ! む、ムギッ!」ガシッ

ガッ

澪(!! あ、私まで躓いて…)グラァ

ドス! ドスン!

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:41:33.90 ID:DDZ2YsK60
澪「…(ソファに…お、押し倒してしまった…!)」

紬「…」

澪「ご、ごめんムギ…大丈夫…」

紬「う、うん…別に…」

澪「ほ、本当に大丈夫か…? 痛くない…?」

紬「ほ、本当よ…ソファの上だし…」

紬「それより…」

澪「…う、うん?」

紬「そのぉ…澪ちゃん…手が……///」

澪「ん? …あぁ!!(私の左手………ムギの…胸に…!)」

澪(あぁ…なんだこの感触…むぎゅむぎゅするぅ///)ムギュムギュ

紬「……え? …ん……み、みお…ちゃ…ん……?///」

澪「は!(し、しまったぁ!! 何やってるんだ私!!?)」

ドア「ガチャッ!」

澪紬「!!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:44:34.74 ID:DDZ2YsK60
律「おっくれたぜーー!!」

律「…ってあれ……お前ら…」

紬「!」

紬「ち、違うの!!」ドン

澪「!! う、うわ」ガタッ

紬「あ…ご、ごめん澪ちゃん…」アセアセ

紬「違うのよりっちゃん! 本当に違うの!」オロオロ

澪(…ムギ?)

律「あ、ああ…そなの……ていうか違うて何が…」

紬「だ、だから…へへへ変なこと…してたワケじゃあ…」

律「いや、当たり前だろ…たぶん、転んで覆いかぶさってただけだろ?」

紬「あ…………うん…///」

律「そんぐらい普通わかるし…」

紬「///」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:48:16.22 ID:DDZ2YsK60
紬「でも…こんな姿見せたくなかった…」ボソリ

澪「!!」

律「ん…なんか言った?」

紬「ううん、何でもないの」ニコッ

律「おお、もういつも通りに! …でも慌ててるムギって珍しかったな」ニヤニヤ

紬「もぉ…りっちゃんたら」

律「ははは」

澪(…なんか)

澪(いろんなことがいっぺんにありすぎて、ワケわかんなくなってしまった…)クラクラ

澪(でも、確かにムギがあんなに取り乱すの初めて見たかも…)

澪(今のってつまり…)

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/19(金) 23:51:57.19 ID:DDZ2YsK60 [42/42]
律「唯と梓はまだなのか?」

紬「そうみたい」

律「アイツらもまたどっかでイチャついてるのかな、ハハ」

紬「…あらあら、そうだといいわね♪」

律「おいおいジョーダンだよ」

紬「うふふ」

澪「…」

澪(なんだろう…このモヤモヤ感は)

澪(私…やっぱり…ムギのこと好き…なのかな)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 00:37:30.93 ID:rGlZCFbH0 [1/38]
……………………………
…………………
………

その夜 秋山家!

テレビ『ぼくは死にましぇーん! ぼくは死にまっしぇーん!!』

テレビ『あなたが…あなたのことが! 好きだから!!』

澪「……っ」ジーン

澪「ふぅ…やっぱり恋愛ドラマはいいなぁ…」

澪「特にこの告白のシーンだけは、たとえどんなにつまらないドラマでも泣けるんだよな…」

澪「告白…か」

澪「ムギ…誰を好きになったんだろ…」

―――「ときどきね、誰かに無性に聞いて欲しくならない? 心の奥底にあるものって」

澪「確かに…」

澪「私の心、伝えたい…たとえムギが他の誰かを見ていたとしても」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 00:39:03.98 ID:rGlZCFbH0 [2/38]
澪「この想いはきっと本物、だよな…」

澪「伝えよう…たとえ後悔するとしても」

澪「告白しよう!」

澪「でも…何て言おう?」

澪「どうせならちょっとは格好良いこと言って、少しでも気を惹きたいしな」

澪「何か良いセリフは…」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 00:42:19.71 ID:rGlZCFbH0 [3/38]
澪「『私は死にましぇ~ん! ムギが好きだから!』」

澪「……いやいや、状況設定が難しいな…」

澪「『ムギの瞳に乾杯…』」

澪「……お酒は20歳になってから!」

澪「『月が綺麗ですね』」

澪「……そう、綺麗な半月をムギの眉毛に例えて…って、余計わかりずらいわっ!」

澪「『む~ぎ! セッ○スしよ♪』」

澪「……アタマが壊れてきた…」

澪「…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 00:45:03.63 ID:rGlZCFbH0 [4/38]
澪「ダメだ」プシュー

澪「う、うん。最初から私にセリフは向かないよ!」

澪「口下手だし、どうせ噛むしどもるしな…」

澪「!!」

澪「そうだ! 私の得意分野! 文章にして気持ちを伝えよう!!」

澪「これならバッチリだ! ムギの心を掴んで離さない、素敵なラブレターを書くぞ!」

澪「まったく…自分の最大の武器を忘れるなんて…私ったら」テヘ☆

澪「よし」バッ

カキカキカキカキ…

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 00:47:57.59 ID:rGlZCFbH0 [5/38]
澪『どんなに空腹でも、私は幸せ。』

澪『黄色い眉毛弾ませて駆けてゆく君を見てると、切りそろえた大根がとても似合っている。』

澪『でも沢庵をはずした君の姿も見てみたい・・・。』

澪「…ふぅ、こんなもんかな」フッ

澪「…」

澪「……」

澪「バカか私はぁぁぁぁああああああ!!!」

ビリビリバリーン!

バカカアアァァアアアアア!

アアアアア…

…アア…ア…

………


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 00:50:25.38 ID:rGlZCFbH0 [6/38]
チュンチュン! ピーヨピーヨ

澪「…ふぅ」

澪「やっと書けた…最高の出来だ…」

澪「あとはこれを今日ムギに渡すだけ…」

澪「……ねむい」バタリ


がっこう!!

澪「結局寝坊して遅刻してしまった…」

澪「まあそれはとにかく! 重要なことは、これをどうやってムギに渡すかだけど…」

澪「放課後…直接かな……」

澪「でもムギと2人きりになれるチャンスなんてそうそう無いよな…」

澪「…」ブルル…

澪「もう緊張してきた…トイレいこ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 00:53:32.14 ID:rGlZCFbH0 [7/38]
澪「うぅ…改めて鏡見ると酷いカオしてるなぁ私…」

澪「目赤いし…ガチャピンみたいな半目だし…髪なんてボサボサ…」

澪「今日はやめといた方がいいかな…」

紬「あら、澪ちゃん?」

澪「!!」ドキン!

紬「澪ちゃん…なんか寝不足みたいだけど大丈夫?」

澪「いいいいやいやいや! だいじょぶだよ! はっはっは!」ドキドキ

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 00:55:54.49 ID:rGlZCFbH0 [8/38]
紬「そう…?」

澪「ははは…(ん? あれ、もしかして今って2人きり?)」

澪(ここで渡すか…)

澪(いやいやトイレてロマンの欠片もないし…しかもこんな身なりで)

紬「?」

澪(いや、でも引き伸ばすと私の性格上どんどんハードル上がるし…)

澪(チャンスだし! もう行くか!)

澪(問題なのは気持ちだ! ムギは良い子だから場所とか外見とか気にしないって!!)

紬「? ?」

澪「ムギ…突然だけど、これ読んで欲しいんだ…」スッ

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 00:58:11.00 ID:rGlZCFbH0 [9/38]
紬「…え? な、何」

澪「読めば…わかるから…」

紬「いま、ここで?」

澪「で、出来ることなら…(部室で読まれでもしたら厄介だしなぁ…)」

紬「…わかったわ」カサカサ

澪「…っ!(渡した…渡してしまった!)」

紬「…」

澪「…」ドキドキ

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:00:28.79 ID:rGlZCFbH0 [10/38]
紬「…」

紬「…」グスン

澪「!! む、ムギ…?」

紬「…ごめ…ごめんなさい……」グスングスン

澪「え……?」

紬「凄い…凄いの…澪ちゃんの想いが……とても伝わってきて……」

澪「……!(伝わったっ……!)」

紬「…でも、無理よ……私は…」

澪「え」

紬「こんなの無理……私と澪ちゃんじゃあつり合わない……」

澪「そ、そんな……」ジワッ

紬「ごめんなさい…」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:03:10.10 ID:rGlZCFbH0 [11/38]
澪「つ、つり合うとか合わないとか、そんなの関係ないだろ…!!」

紬「!!」

澪「私の気持ちわかってくれたんだろ!?」

澪「だったら応えてくれよっ……!!」

澪「これが…私の全力なんだ……」グスン

紬「でも…でも……」

澪「お願いだっ! ムギ!!」

紬「でも…私…」

紬「こんな素敵な歌詞に見合う曲、作る自信ないわ……」

澪「だから! そんなことな…」

澪「…」

澪「ほぇ?」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:06:26.94 ID:rGlZCFbH0 [12/38]
澪「えっと…そこには私の想いとか…全力とか……って、あれれ??」

紬「…」

紬「澪ちゃんの全力の歌詞…なのね……」

澪「え、歌詞っていうかえと…」

紬「…そうね…澪ちゃんの折角の力作をムダには出来ないしね…」

澪「あ、ああ…」

紬「…そうよね。やる前から諦めちゃあダメだよね」

澪「お、おお…」

紬「澪ちゃんを見習わなきゃ! 弱音吐いてごめんなさい! やっぱり私やってみる!」

澪「え、ええ…」

紬「つり合うかわからないけど…私も全力で曲作るわ!」

澪「う、うん…」


律「おいおい…お前らなに便所で騒いでるんだよ…」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:08:56.94 ID:rGlZCFbH0 [13/38]
紬「あら、りっちゃん♪」

律「どーしたんだ?」

紬「うふふ、まだ何でもないの」

律「まだ?」

紬「楽しみにしてて、ね!」

律「……???」

澪「…(残念なような安心したような)」

澪「…(ま、いっか…なんか疲れた……)」

澪(きっと、今のままが一番幸せなんだって、神様が言ってくれてるのかもしれない…)

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:13:12.65 ID:rGlZCFbH0 [14/38]
……………………………
…………………
………


澪「よし、日直の仕事終わり!」

澪「…ふふふ」ニヤニヤ

澪「今日は唯と律は掃除当番っ…」

澪「ムギは先に部室に行ってるっ…!」

澪「…うふふふふふ…今部室に行けば…でへへ///」

澪「」ニヤニヤ

スタスタ…

ドア「ガチャ」

澪「おまたせ…、ムギ…///」

澪「…あれ?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:15:20.26 ID:rGlZCFbH0 [15/38]
澪「誰もいないし…」ガックリ


澪「…あれ…戸棚の陰から…何かが出ている」

澪「な!」

澪「あの世界が嫉妬する黄金の輝きは!」

澪「ムギの髪………?」ソォ~

澪「!」

澪「ム、ムギ!? どうしt…」

紬「…」スー スー

澪「寝てる…」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:17:51.50 ID:rGlZCFbH0 [16/38]
澪「こ、これが中野梓が見たという幻の! 『部室で眠る女神』か…」

紬「…ん」

澪「!」

紬「…」ムニャムニャ…

澪「!!」ドキュゥゥゥン

澪(なんだろうこの可愛い生き物は///)

紬「…みおちゃん……」

澪「え…」

紬「…みおちゃん……すき…」

澪「!!」

紬「…すきまに入っちゃダメよ……ふふふ…」ムニャ

澪(……なんの夢だよ…私は梓かっつーの)

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:20:10.15 ID:rGlZCFbH0 [17/38]
澪「し、しかし…こんなにじっくりゆっくりムギを近くで見れるなんて…」

澪「肌真っ白だし…髪ツヤツヤ……唇もキレイなピンク……」ハァハァ

澪「む! ダメだダメだ!」ブンブン

澪「私…完全に変態だ……」

澪「…くちびる…?」

澪「…」ドキドキ

澪「ちゅ、ちゅーしちゃおうかな…///」

澪「いやいや、やめろ私! 最低過ぎるぞ!!」

澪「でも…何も減るもんじゃあないし…」

澪「…このまま、ムギさえ気付かなければ…誰も何も傷つかない…」

紬「…」ムニャ

澪「」ドキッ

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:23:09.86 ID:rGlZCFbH0 [18/38]
澪「これは『チャンス』だ……ムギにちゅーしろという『チャンス』と私は受け取った………」

澪「私の成長は……未熟な恋愛経験に打ち勝つことだとな……」ゴゴゴ…

澪「ムギ……」

澪「…ごめんっ……!」スッ

紬「…ん……」zzz

澪「…………っ(あと…1mm……!)」ドキドキ

ドア「ガチャコン」

澪「」

梓「こんにちわー!」

澪「    」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:26:13.35 ID:rGlZCFbH0 [19/38]
梓「って、えええええ!!! 先輩たちなななナニをッ!!?」

澪「」ビクーン!

梓「い、いま…キキキ、キス……あ…あ…わ……」

澪「ち、違うぞ! 違うんだ梓!!」アセアセ

梓「なんだ、違うんですか」ホッ

澪(あれ? ちょろい)

紬「……ん~~?」パチリ

澪「ぬふぅ!!?」ビクリ

紬「ふぁ……。あら…澪ちゃん、梓ちゃん…どうしたの~?」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:29:05.79 ID:rGlZCFbH0 [20/38]
梓「いや、今澪先輩がムギ先輩にキスしてるように見えt」

澪「う、うわー! わー、わー、わー!!」

紬「…えぇ?」

澪「あうあう…」

紬「……澪ちゃん…本当…なの…?」ジッ

澪「ちちち違うよ! 神に、女神に誓ってしてない! そんなこと(まだ)してない!!」カグブル

梓「じゃあ、あんなに顔近づけてナニしてたんですか、澪先輩」

紬「……っ!!」

澪「そそそそれれれはは……(黙れぇぇええ中野ぉぉぉおおおお!)」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:32:24.95 ID:rGlZCFbH0 [21/38]
澪「む、ムギがこんなところで、ねね寝てるから、ぐぐ具合でも、わ悪いのかと、思て!」

澪「おデコで熱測ってただけだよ!!」

…シーン

澪(あわわ…さ、さすがに苦しいか!?)

梓「なんだ、そうだったんですか」

澪(あ、やっぱりちょろい)

紬「…そう…なの……?」ジッ

澪「う」

紬「…ごめんね、心配かけちゃって…西日が気持ちよくて寝ちゃってただけなの」

澪「あ、ああ…別に…元気なら…(信じて…くれたのかな?)」

梓「もしかしてまた誰か驚かそうと隠れてたんですか?」

紬「えへへ」ニコッ

澪(あ、いつもの笑顔///)ホッ

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 01:35:16.07 ID:rGlZCFbH0 [22/38]
紬「…ありがとう、澪ちゃん」

澪「? いや…それほどでも…」

紬「…」

澪(なんだろう…今一瞬見せた表情は)

紬「りっちゃん、いないわよね?」キョロキョロ

梓「? まだみたいですけど?」

紬「…」ホッ

澪(ハァ……とにかく反省しよ…)

澪(バレて、嫌われなかったのが最大のラッキーだったと考えとこう…)

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 08:34:16.41 ID:rGlZCFbH0 [23/38]
……………………………
…………………
………

ジャ~ン♪

唯「いぇ~~い!」

澪「ふぅ…なかなかだな」

紬「いい感じだったね!」

澪「今の調子でもう一回演ってみよう!」

律「…」

梓「? 律先輩どうしたんですか?」

律「まだ…何かが足りないな」キリッ

梓「そうですかね…ホントに良かったと思いますが…」

律「何ていうかな…そう! 一体感が足らんな!」キリリッ

澪「は…?」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 08:36:17.74 ID:rGlZCFbH0 [24/38]
唯「私たちは一心同体っす、りっちゃん部長!」

紬「私もそう思いまっす!」

律「そうだな…でも、もっともっと私たちは一つにならなければならない!」

澪「律…何が言いたいんだ……ていうか何を企んでいる」

律「私が言いたいのはだな、もっと軽音部で絆を深めないといけないってことさ」

梓「えっと、つまり…??」

律「そのために! これからポッキーゲームを行う!」

澪梓「な ん で だーーーッ!!」

梓「遊びたいだけじゃあないですか!!」

澪「話の持って行き方が無理やりすぎる!」ゴチン

律「あいたーー!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 08:38:41.82 ID:rGlZCFbH0 [25/38]
澪「…ったく! なんだかんだと練習をサボることばっかり!」プンプン

唯「わぁ~い! げーむげーむ!」

梓「乗らないでくださいよ!」

澪「くだらない提案は放っておいてもう一回演奏するぞ!」

澪「さあ、準備しよう、梓!」

梓「もちろんです! 澪先輩」

紬「…私、一度ポッキーゲームやってみたかったの~」

梓「ム、ムギ先輩まで!?」

唯「やろうやろう~!」

梓「んな! み、澪先輩~……」チラリ

澪「ああ! 何してるんだ梓! 早くポッキーを準備しろと言っただろ!!」

梓「ぇ」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 08:41:08.50 ID:rGlZCFbH0 [26/38]
梓「…ポッキー…買ってきましたぁ……」

律「うむ、ご苦労」

梓(どうしてこうなった)

律「よし、対戦相手を決めるぞ。このくじを引いてくれ」

唯「よぉ~し」サッ

澪「…(ていうか、ポッキーゲームてよく考えたら…色々マズイだろ///)」サッ

紬「♪」サッ

梓「…(どうしてこうなった)」サッ

一同「……!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 08:43:37.71 ID:rGlZCFbH0 [27/38]
律「組み合わせが決まったようだなっ…!」

律「第一試合! 唯VS梓!!」

律「第二試合! 澪VSムギ!!」

澪「なん…だと…?」

紬「あらあら…」

唯「あ~ずにゃんだ~~! むちゅぅ~」

梓「ひぃッ! なんでゲーム始める前から!?」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 08:46:02.31 ID:rGlZCFbH0 [28/38]
ポッキーゲームっ…! 唯VS梓……!

唯「ふふふ…子猫ちゃん…今夜は寝かさないぞ☆」

梓「な、何をワケのわからないことを…。でも、やるからには負けないです!」

律「両者! 咥えて!!」

唯「よ~さ~こい!!」パクッ

梓「…(どうしてこうなった)」パク

律「勝負っ…スタートっ……!!」

唯「」カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ…ブチュゥゥゥゥ!!

梓「ブフォォッ!」

唯「…ふぅ」チュパン

梓「よ、避ける暇も与えぬとは……」ヨロッ

梓「は、迅い…」ガクリ

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 08:49:01.24 ID:rGlZCFbH0 [29/38]
唯「ごちです! いい勝負だったよ、あずにゃん!!」

梓「」グッタリ

律「まあ、勝負的には引き分けだけどな」

澪「」

紬「」

澪「や、やりよった…あいつら…本当に……」

紬「これが…これがッ! 『ポッキーゲーム』…ッ!!」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 08:52:08.10 ID:rGlZCFbH0 [30/38]
ポッキーゲームっ…! 澪VSムギっ……!

紬「お手柔らかにね…澪ちゃん…」

澪「あ、ああ…(唯と梓め…なんてものを見せてくれたんだよぉ…)」ドキドキ

律「両者! 咥えて!!」

紬「よぉ~し、負けないぞぉ~」パクリ

澪「よよよよ~し…!」パクリ

澪(うわぁ…ムギが咥えてるポッキーを私も咥えて…この時点でもう…倒れそうだ)クラクラ

律「勝負っ…スタートっ……!!」

紬「…」カリカリカリカリ

澪(な…! は、速いぞムギ…)ポリ…ポリ…

紬「…」カリカリカリカリ

澪(ム、ムギの顔が…もうこんなに近くまで///)ポリ…

紬「…」カリカリ…カリ…

澪(な、何考えてるんだよぉ…ムギぃ……このままだと…)

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 08:55:18.50 ID:rGlZCFbH0 [31/38]
紬「…」カリ…カリカリカリカリ

澪(うぁあ! 勝負をかけに来たっ……!)ポリポリ…

澪(ムギの顔が…目の前に……)

澪(もう…ダメだ……)クラッ

紬「…」カリカリ

澪(……いや、いいの、かな? このまま、事故って、ことに、して)

澪(ムギ、と…)

澪(そう)

澪(しちゃおー)

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 08:58:27.78 ID:rGlZCFbH0 [32/38]
澪(…って、いやいや!)

澪(ムリに決まってんだろぉぉぉおおおお!!)

ポキン! グルン!

律(…! 顔を横に背けたっ…! これは澪の負けっ…!)

…チュ

澪(え)

紬「あ…」

澪(いま…)

澪(ムギのくちびるが…)

澪(たしかに…)

澪(ほっぺに…)クラァッ

バターン!

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 09:02:02.42 ID:rGlZCFbH0 [33/38]
紬「……!!」

律「お、おいおい澪!」

紬「み、澪ちゃん!!」

律「おい、澪! 大丈夫か! 澪! みおーーー!!」

紬「澪ちゃん! しっかりして! 澪ちゃーん!!」

澪「…」

……………………………
…………………
………

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 09:18:25.26 ID:rGlZCFbH0 [34/38]
澪「…はっ」ガバッ

澪「あれ…確か私…ムギと…」

澪「…」

澪「なぁんだ…ただの夢か」

澪「…なぁんだ……ハハ」

紬「澪ちゃん…」

澪「!!!」ビクゥ

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 09:20:34.68 ID:rGlZCFbH0 [35/38]
紬「良かった…本当に良かった…」グスン

澪「ム、ムギ!?? あ、あれ? ここは…」

紬「…保健室のベッドよ」

紬「澪ちゃん…倒れちゃったの…」

澪「ムギ…?(ゆ、夢じゃあなかったのか! 私あのまま倒れて…)」

紬「私が…私が、あんなことしたから……」ポロポロ

澪「!!」

紬「ごめんな…さい…。本当にごめんなさい…!」ガバッ

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 09:22:35.14 ID:rGlZCFbH0 [36/38]
紬「キモチ…悪いよね……よりによって私なんかが澪ちゃんに……ひっく」

澪「なんで…泣くの? 泣かないで…ムギ」

紬「だって…だってっ……!」

澪「ムギ…私の方こそごめん…倒れたりなんかして」

紬「どうして…? 悪いのは私だけよ…」

澪「ムギは何も悪くないよ…私ちょっと緊張しすぎてただけだから」

紬「澪ちゃん…優しすぎるよぉ……」ポロポロ

澪「…」

澪(優しい? 私が?)

澪(そんなことない)

澪(私は…最低の人間だ)

澪(こんなに泣いているムギを目にしても、キスされて良かった、としか思ってない)

澪(ムギの泣き顔は可愛いな……とか思ってる)

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 09:24:20.70 ID:rGlZCFbH0 [37/38]
澪「大げさだよ…そんなに泣くなってば…」

澪「それとも、本当はムギの方が嫌だったんじゃあないの?」

澪「『よりによって私なんか』に…キ、キス…しちゃってさ」

紬「…え?」

澪「そうなんだろ? ムギ…」

紬「そんなことないっ!!!」

澪「!!?」ビク

紬「あ…ごめん…私は…」

澪「…」

紬「…」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/20(土) 09:27:45.51 ID:rGlZCFbH0 [38/38]
澪「なぁ、ムギ」

紬「…うん?」

澪「ムギってさ、キスしたことあるの…?」

紬「…どうして…急に…」

澪「…ちょっと気になっただけ。…ムギのこと…知りたいだけ」

紬「澪ちゃん…?」

澪「正直に答えてよ…それともまた内緒?」

紬「…」

澪「答えてくれたら…さっきのこと忘れるから…ムギも自分を責めなくていいから…」

紬「……。わかったわ」

澪「………あるの?」

紬「…」コクリ

澪「……っ!!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 00:18:14.56 ID:+lXCkZkA0 [1/88]
澪「…それって、こないだ言ってた『好きな人』と?」

紬「…うん」

澪「…ほっぺた? それとも…く、くち?」

紬「…え、と……」

澪「りょ…両方とも……?」

紬「///」コクリ

澪「…」

澪「…そっ、かぁ……」ジワッ…

澪「…そう、なんだぁ……」ポロポロ

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 00:22:00.17 ID:+lXCkZkA0 [2/88]
紬「澪ちゃん、なんで澪ちゃんが泣くの?」

澪(なんでだろうな。涙が止まらない)

紬「もしかして、全部わかってて聞いたの?」

澪(知らないよ。もしわかってたら、そいつに飛び掛かってしまいそうだ)

紬「ごめんね、澪ちゃん。私は最低の人間なの」

澪(何を言ってるかわからない。最低なのは私だってば)

紬「澪ちゃんに優しくされる資格なんて全然ない」

澪(優しくなんてしてないってば。ただの私の下心とムギの勘違いだ)

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 00:24:23.36 ID:+lXCkZkA0 [3/88]
澪「ねぇ、ムギ」

紬「…なあに」

澪「もういいよ。変なこと聞いて悪かったよ。今日のことはお互い全部忘れよ?」

紬「…そんなこと」

澪「忘れようよ…そしてまた元の仲に戻ろう」

澪「別に何も無かったんだよ…」

紬「ごめんなさい」

澪「謝る必要なんてないんだ。何も無かったんだから」

紬「ごめんなさい…りっちゃん」ボソリ

澪(最後に何か聞こえた気がする)

澪(ううん、聞こえてない。ムギは今、何も言ってない)

……………………………
…………………
………

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 00:27:42.43 ID:+lXCkZkA0 [4/88]
澪「ムギ、おはよう」

紬「おはよう、澪ちゃん」

澪「古文の宿題やってきた?」

紬「うん、ちょっといつもより難しかったね」

唯「ムギちゃん澪ちゃん~~! 写させて~~!!」バタバタ

澪「やれやれ、またかよ…」

紬「はい、唯ちゃん」クス

唯「ありがとう~。ムギちゃんは天使さんだよっ」カキカキ

澪「ハァ…まったくムギはぁ…自分でやらせないと為にならないぞ?…ふふ」

律「そうだぞぉ~唯。まったくお前はいつまでたっても成長しないな!」カキカキ

澪「お前が一番最悪だっ!」ゴチン

律「ぐぇ」

紬「…」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 00:30:13.28 ID:+lXCkZkA0 [5/88]
澪(あれから…私たちは不思議なくらいいつも通りに戻れた)

澪(いや、正確に言うとちょっと変化はあった)

澪(気付くと、ムギが律のことばっかり見てる…気がする)

澪(私が過敏に意識しすぎるようになったのか。それとも本当にムギが変わったのか)

澪(どっちの変化かはわからない)

紬「…ねぇ、りっちゃん」ボソボソ

律「ん~? なんだよムギ! 小さい声で?」

紬「!! …ごめん、なんでもない。…あとで」

澪(…)

澪(別に…私が気にしなければいつも通りなのかもしれない)

澪(それならもうやめよう)

澪(前と同じようにムギと友達でいられるならば、やっぱりそれ以上の幸せは無いのかもしれない)

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 00:33:41.14 ID:+lXCkZkA0 [6/88]
……………………………
…………………
………

澪「もしもしー、律?」

澪「今から買い物でも行かない? 私駅にいるんだけどさ」

律『ごめんなー澪。これから用事なんだよ』

澪「そ、そうか…」

律『また今度な!』

澪「うん、じゃあな」

澪「…」

澪「これから、どうしよ…」

澪「ム、ムギでも誘ってみるか///」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 00:35:43.39 ID:+lXCkZkA0 [7/88]
澪「って、あ! あそこにいるのはムギじゃないか」

澪「なんという運命…」デヘヘ

澪「よし」フンス!

澪「む~ぎ!」ノシ

紬「あら、澪ちゃん♪ こんなところで会うなんて」

澪「ムギ、良かったらこれから一緒に買い物でも行かないか?」

紬「あらあら、澪ちゃんと買い物だなんて嬉しいわ。うふふ」

澪「え!」ドキン

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 00:37:14.49 ID:+lXCkZkA0 [8/88]
紬「…でもごめんね、今日はムリなの」

澪「…え……何か用事でもあるの?」

紬「うん」

澪「もしかして誰か待ってるの?」

紬「うん」

澪「だ、だ誰を!?」

紬「私これから、りっちゃんとデートなの~」

澪「」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 00:39:26.71 ID:+lXCkZkA0 [9/88]
澪「へ、へへへぇ~~…これから律とああ遊ぶのかぁ~~…」

紬「デートなの~♪」

澪「そ、それって私がいちゃマズイのか…な…?」

紬「…」ギロリ

澪「ひっ!!」ビクゥ

紬「澪ちゃん、『デート』の意味もわからないの?」

澪「え、え、え、だ、だって…遊ぶってことじゃあないの!? 別にここ恋人ってワケじゃあないんだし…」

紬「私とりっちゃんは恋人同士よ。何度もキスしてるって言ったじゃない」

澪「」

律「お~い! むっぎ~、おまたせ!」

律「…って、あれ? 澪じゃねーか」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 00:43:14.27 ID:+lXCkZkA0 [10/88]
紬「あら、りっちゃん♪ …なんかね澪ちゃんが邪魔するの」

澪「じゃ、じゃま…」ガーン

律「おいおい、澪~。私達の都合くらいわかってくれよな」

律「お前とはまた今度遊んでやるからさ、ハハ」

澪「……っ!!」ジワッ

律「おい~、まだ何かあるのか?」

紬「…澪ちゃん、もしかして悔しがってるの?」

澪「な!?」

律「ん?? どういうことだ」

紬「なんかね、澪ちゃんて私のこと好きみたいなの」

澪「!!」

律「ま、マジかよ…」

紬「だって…澪ちゃんていっつも私のこと、イヤラシイ目で見てるんだもん。わかってるわよ?」

澪「そ、そんなこと…な…」ブルブル

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 01:19:55.39 ID:+lXCkZkA0 [11/88]
紬「体育の時間なんて、私のカラダばっかり見てくるし」

紬「事故のフリして胸さわってくるし」

紬「ちょっとほっぺに唇が当たったくらいで興奮して倒れるし」

紬「言い難かったけど、正直キモチ悪かったんだから」

澪「……~~~っ」ポロポロ

律「澪……」

紬「りっちゃん、丁度いい機会だから、澪ちゃんにわからせてあげよ?」

紬「ここで…いつもみたいに激しくキスをして…」クス

澪「…!!」

律「ムギ…そうだな。その方が澪のため、かな?」クス

澪「り、律……お前……!」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/21(日) 01:23:20.84 ID:+lXCkZkA0 [12/88]
紬「さ、りっちゃん…来て」

律「ああ、よ~く見とけよ、澪?」

澪「や…やだ……」

紬「ん~~~」

律「ふふふ…」スッ

澪「やめろぉぉぉおおおおおおッ!!」


唯「ほかほかごはんにたくあんのせて」-2
続きます

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。