FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外個体「これからヨロシクね」

913 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[saga] 投稿日:2010/11/17(水) 01:51:53.85 ID:BVKpiwoo [1/17]
なんか番外個体が主人公の話を書いてみたくなったんで書いてみた。
学園都市に潜り込んだ番外個体が明るく前向きに頑張るアウトロー風味な物語。
独自設定、独自解釈につき注意。オリキャラは出ません。
地の分:台本=1:3 ぐらい


番外個体「これからヨロシクね」


915 名前:番外個体「これからヨロシクね」 1/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 01:53:44.52 ID:BVKpiwoo [2/17]

少女は自ら暗がりに足を踏み入れた。

彼女は稀少とも言える力を手に入れ、学園都市は新たな力を求めていた。
両者の利害は一致、少女は処分予定という立場から一転し、高待遇で迎えられたのである。
かくして、学園都市の平穏を影から支える組織が立ち上げられることとなった。

この時、学園都市は見抜けなかったのか、見て見ぬふりをしたのか。
彼女の本当の目的が、立場や安息などではなかったということを。

 :
 :
 :

学園都市第3学区、個室サロン。
上流階級のお子様御用達の"隠れ家"で彼女は待機していた。

セミロングの茶髪は無造作に流され、鋭い目付きは肉食獣のそれを連想させる。
その身に纏った黒いパンツスーツは、女性としてはやや高めの身長と相まって、
見た人間にスタイリッシュな印象を与えるだろう。

彼女の名は番外個体。
序列第3位、超電磁砲のDNAマップを基に造られた軍用クローンである。


916 名前:番外個体「これからヨロシクね」 2/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 01:55:12.22 ID:BVKpiwoo [3/17]

番外個体 「なーんで誰もこねーんだよー」バタバタ

番外個体 「今日ここで待ち合わせって……ハッ、まさかミサカハメられた?」

番外個体 「やぁだぁ☆ ハメるならもっと別の……はあ、アホらし」ガサゴソ


 コトッ コトッ コトッ


番外個体 (携帯電話が4つ。1つはミサカ用だから、3つは他の連中に配れってか)

番外個体 (それにしても、今回の件でより実感したね。上層部はイカれてる)

番外個体 (ミサカも大概ブッ壊れだけど、アイツらにゃ負けるよ)

番外個体 (ミサカがリーダーとか何の冗談かと……だけど、ヤツら本気だった)

番外個体 (……まっ、お互いに骨の髄までしゃぶり尽くし合いましょ)ゴロン


917 名前:番外個体「これからヨロシクね」 3/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 01:56:22.71 ID:BVKpiwoo [4/17]

学園都市にはいくつかの暗部組織が存在していたが、いくつかの事件を経て、
全てが使い物にならなくなっているらしい。

裏稼業を担う部隊を組織する必要があると判断した上層部は人材を探した。
そんな折、番外個体からの接触があったのである。
力があるとは言え、処分予定であった彼女が持て囃されたのはこういった事情もあったのだろう。

そうして発足した非公式治安維持部隊(暗号名は未決定)。
番外個体はそのリーダーとして迎えられた。そして今日。
同僚となる3人の能力者をこの部屋で出迎える、というのが彼女の初任務だ。


「……せいぜいリーダーっぽく振舞ってやるさ」


いい加減待ちくたびれた番外個体は靴も脱がないまま高級ソファーに寝そべっている。
微睡んでいた彼女の意識は、控え目なノックの音で呼び戻された。

918 名前:番外個体「これからヨロシクね」 4/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 01:57:37.88 ID:BVKpiwoo [5/17]

番外個体 「鍵なら開いてるよー」


 ガチャ


???? 「あら、貴女が新しいリーダーさん?」カツカツ...

番外個体 「あなたは? どこの店のage嬢かな?」

???? 「そんな怖い目で睨まないでよ。そうね……"心理定規"<メジャーハート>、そう呼んでもらおうかしら?」

番外個体 「本名は明かせないってかい。シャレてるね」

心理定規 「あら、ここでは珍しいことじゃないわよ」

番外個体 「くふ、そんなもんかね」

心理定規 「それで、貴女は?」

番外個体 「ふひひひ、知りたい? 全員揃ってから紹介するよ。リーダーらしくね」ニヤニヤ


<コンコン



919 名前:番外個体「これからヨロシクね」 5/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 01:58:46.57 ID:BVKpiwoo [6/17]

番外個体 「どーぞー」


 ガチャ


?? 「よ、よう」

番外個体 「よくきた。座れ座れ」

?? 「あ、ああ、悪いな。邪魔するぜ」

番外個体 「……何ビビってんの? これがどういう集まりか聞いてないの?」ジロ

?? 「分かってるよ。分かってるからビビってるんだろ」

心理定規 「先が思いやられるわね。この先生き残れるのかしら」

?? 「……」

番外個体 「……で、あなたなんていうの?」

?? 「お、丘原だ」

番外個体 「アゴヒゲとウニヘッド、ニックネームにするならどっち?」

アゴヘッド 「なんで名前聞いたんだよ!? あ、おい、アゴヘッドってなんだよ!」

920 名前:番外個体「これからヨロシクね」 6/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 01:59:59.46 ID:BVKpiwoo [7/17]

心理定規 「あと一人……どんな人かしらね?」

丘原 「」ソワソワ

番外個体 「んー、どんな人か聞いてないからねぇ」

心理定規 「見た目通り、いい加減なリーダーさんね」

番外個体 「うふ、ありがと♪ 死んじゃえ♪」

丘原 (こいつら怖ぇぇよぉぉ!)


<コンコン ガチャ


?? 「超お邪魔しまーす」

心理定規 「え? 貴女なの? ええと、確か絹旗さんだったかな?」

絹旗 「げぇっ! なんであなたがいるんですか!」

心理定規 「呼ばれたんだもん」

番外個体 「おっ? なになに? お友達?」ニヤニヤ


921 名前:番外個体「これからヨロシクね」 7/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 02:01:07.93 ID:BVKpiwoo [8/17]

絹旗 「超違います! 超心外です!」

番外個体 「怒っちゃやーだー」ナデナデ

絹旗 「頭撫でないでください!……はあ、あなたが新リーダーさんですか」

番外個体 「ニワカの不束者ですが、どうぞよろしく。なんつってね」ニヤニヤ

絹旗 「……とりあえず、話だけでも聞いておきましょうか」

番外個体 「はー、これで全員か。もー疲れちゃった」グビグビ

心理定規 「さっきから何飲んでるの?」

番外個体 「スパークリングコーヒー」

絹旗 「よくそんなもんが飲めますね、舌が超腐ってる証拠です」

番外個体 「脳みそも腐ってるけどね? 言わせないでよ恥ずかしい、ひゃはははは!」

心理定規 (このヒト、なかなか侮れないじゃない)

丘原 (帰りてぇよぉぉぉ!)


922 名前:番外個体「これからヨロシクね」 8/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 02:02:17.78 ID:BVKpiwoo [9/17]

番外個体 「んじゃ始めるかね。ええとね、今日はとりあえず顔合わせと自己紹介」

絹旗 「では、超リーダーさんからどうぞ」

番外個体 「お、超照れるねぇ。名前は……そうだね、本名はないからワーストって呼んで」

番外個体 「能力は"帯電装甲"<シールドチャージ>。ヨロシクねん☆」

心理定規 「初めて聞く能力ね。何ができるの?」

番外個体 「説明もメンドイな。丘原くン」

丘原 「なんだ?」

番外個体 「銃持ってるよね? それであたしを撃ってよ」

丘原 「撃てって? いや、その前になんで銃持ってるって分かったんだ?」

番外個体 「んな金属の塊ぶら下げてれば分かるっつの、ド低能」

丘原 「う、撃っていいのか? いや、だけどなぁ……」

絹旗 「いいんじゃないですか? ご本人が撃てって言ってるんですから」


923 名前:番外個体「これからヨロシクね」 9/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 02:03:34.27 ID:BVKpiwoo [10/17]

丘原 「う、うぐ……恨むなよ」チキッ

番外個体 「ささ、眉間でも心臓でも……お好きなところにブチ込んで?」ニヤー

他全員 「」ゾクッ

丘原 「ッ!」パンッパンッ


 バヂ バヂィン


丘原 「!?」

心理定規 「あら、すごい……」

絹旗 「着弾の直前に青白く光りましたね……電磁の壁ですか」

番外個体 「そんなとこ。ホントはもーっとややこしいんだけどね。要はこれを24時間サービスで展開する能力さ♪」

絹旗 (24時間サービス? シールド?……いや、そんなまさか……)

番外個体 「今ならオプションで、2億ボルト程度の電気でイカせてあげるよん?」ビリッ


924 名前:番外個体「これからヨロシクね」 10/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 02:04:32.64 ID:BVKpiwoo [11/17]

心理定規 「受けも攻めもどっちもいけるのね、流石リーダーってところかしら」

番外個体 「うーん、責めるのは大好きかな」

絹旗 (さっさと帰ろうと思ってましたが……これは超面白いことになりそうですね)

絹旗 「では、次は私が」シュタッ

丘原 (おいおい、小学生じゃないか。正気の沙汰じゃねぇ……)

番外個体 「よっ、拍手」パチパチ

心理定規 「」パチパチ

 :
 :
 :


925 名前:番外個体「これからヨロシクね」 10/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 02:06:12.18 ID:BVKpiwoo [12/17]

番外個体はチームメイトとなる3人の能力者に自己紹介を促す。

実は番外個体は事前に資料を受け取っていたのだが、敢えて本人たちに説明させた。
資料と本人申告、この両者の整合性から信用に足る人物か確認したかったからだ。
資料が信用に足るかという問題もあるが、その点については能力クラッキングで既に裏を取っている。


(ま、みんな正直者なようでミサカ一安心)

「それにしても、ずいぶんと攻撃的なメンバーね。私出番あるの?」


―心理定規。能力は他者の心の距離を測定し、自在に操る"心理定規"<メジャーハート>。
―丘原燎多。能力は火炎を放出・操作し、熱源の視認探知も可能な"空間放炎"<インシネレータ>。
―絹旗最愛。能力は大気中の窒素を操り、圧縮した窒素の壁を身に纏う"窒素装甲"<オフェンスアーマー>。


リーダー、番外個体の"帯電装甲"<シールドチャージ>も含めると、実にオフェンシブな構成となる。
心理定規の指摘はごもっともと言えるだろう。


926 名前:番外個体「これからヨロシクね」 12/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 02:07:53.42 ID:BVKpiwoo [13/17]

一通りの自己紹介を終え、番外個体が手をパシパシ叩きながら口を開く。


「うぅん、みんな強くてス・テ・キ☆」


茶化してはいるが、紛れもない本音だ。
かつて"最強"の存在に強く惹かれていた彼女は、男女関係なく実力ある者を好む傾向にある。


「んじゃ、これ渡しとくね。失くしたら、かみなりパンチの刑だから」


最後に、番外個体はチームに割り当てられていた携帯電話をメンバーに配布した。
心理定規にレッド、丘原にピンクの花柄、絹旗にネイビーの携帯を渡し、彼女の初任務は完了となる。


「あら、赤って私好きよ?」

「このガラはねぇよ……絹旗さんだっけ? 交換しようぜ」

「何バカ言ってるんですか、超丘原。リーダーが決めたことですよ」


未発売の現行最先端機種に対して、三者三様の反応が返される。
余談だが、どの携帯電話も色が違うだけで機能面に差異はなく、互いの連絡先も登録済みだ。
つまり、誰がどの色を持とうと関係ない。その割当は番外個体の独断で決められたのであった。


927 名前:番外個体「これからヨロシクね」 13/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 02:09:07.48 ID:BVKpiwoo [14/17]

番外個体 「こんなところかな? よしよし、これで今日のミッションはコンプリート」

丘原 「……で、今日はこれからどうすんだ? 帰っていいのか」

心理定規 「どうせみんな暇なのでしょ? ここで少しゆっくりしていきましょうよ」

番外個体 「あ、そうそう。この部屋は向こう1年間貸し切ってるらしいから。使い放題、やったね☆」

丘原 (もうお腹痛くなりそう……)

絹旗 「この高級菓子の山は食べていいんですか?」ガサガサ

番外個体 「いいんじゃない? あ、そのパリブレストちょうだい」

絹旗 「はいどうぞ」

番外個体 「ふふっ、ご苦労……なんだこりゃぁ? イチゴおでん味?」

心理定規 「丘原くん、何か飲む?」

丘原 「あ、いや、俺は……」

心理定規 「」ジー

丘原 「……じゃ、ワースト姐さんと同じヤツで」

928 名前:番外個体「これからヨロシクね」 14/14[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 02:10:34.85 ID:BVKpiwoo [15/17]

番外個体 「おーい、あたしもお代わりー」

絹旗 「本当に、よくそんなモンが飲めますよね」モキュモキュ

番外個体 「ふふん、チビっこにはこの味は分からないかぁ」

絹旗 「誰が超チビですか! 誰が!」ウガー

丘原 「超は付けてねえだろ」

心理定規 「テレビつけさせてもらうわね、ドラマの再放送見ないと」

絹旗 「なんですか超丘原。ちょっと図体がでかいからって調子に乗らないでください」

丘原 「乗ってねえ! あと超丘原ってなんだよ!?」

番外個体 「ヒュー、早速仲良くなっちゃって。妬けちゃうにゃー」ニヤニヤ

絹旗 「そんなんじゃないです。上下関係を教え込んでるだけです」

丘原 「えっ、俺下っ端なの?」

心理定規 「ちょっと二人とも静かにしてよ、テレビ聞こえないでしょ」

番外個体 「……おし、"上"に終わりました連絡完了。んじゃ、ま」

番外個体 「これからヨロシクね」


929 名前:以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage saga] 投稿日:2010/11/17(水) 02:11:42.93 ID:BVKpiwoo [16/17]
終わり。地の分と台本のミックスを試したかったんだけど、難しいね。お目汚し失礼。
ミサワさんなら戦術・戦略関連の知識もインスコ済みだろう、と考えたらこうなった。
ミサワさん新能力については色々考えたけども、"わかり易くて強力"なほうがいいだろうと思い、
ここに落ち着きました。ありがちだけどね。

この後、ドタバタお仕事パートとまったり日常パートだとか、
絹旗を連れ戻しにきた浜面軍団とのいがみ合いとかやってみたいなと。

今進めてるSSが終盤に近づいたら、本格的に続けるかどうか考えます。

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

No title

おもしろいです!丘原くんかわいいー

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。