FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美琴「チーーンコ!!!チンコ!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[代行] 投稿日:2010/11/17(水) 16:29:29.66 ID:49xg2llw0
美琴「チンコ!チンコ!チンコ!」

黒子『お、お姉様どうされてしまいましたの…』

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 16:47:30.34 ID:wTdRafPgO [1/15]
美琴「チーーンコ!チーーンコ!」

黒子『お姉様本当にどうされてしまいましたの…』

佐天「やっぱり何か違くないですか?」

美琴「えぇー?こんな感じじゃない?」

佐天「全然違いますよ」

美琴「じゃあ、ちょっとやってみてよ」

佐天「いいですよ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 16:54:29.02 ID:wTdRafPgO [2/15]
佐天「チぃうーン~コォッ!」

黒子『佐天さんまで何をしていますの?』

佐天「チぃうーン~コォッ!」

美琴「えぇー、絶対違うわよ」

佐天「こんな感じですよ」

美琴「初春さんはどう思う?」

初春「私はどっちも違うと思います…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 16:58:55.81 ID:wTdRafPgO [3/15]
佐天「じゃあ初春やってみてよ」

初春「わ、私がですか!?」

美琴「そうよ。一人だけやらないのは卑怯よ」

初春「わ、分かりましたよ…」

初春「チッチッチンコ!チッチッチンコ!」

佐天「初春それはないよ」

美琴「うん。それはないわね」

初春「えぇ!」ガーン

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 17:07:09.24 ID:wTdRafPgO [4/15]
黒子『この方達は一体何をしているんでしょう…気になりますわ!気になりますけど今出て言ったら…』

――黒子の脳内――

黒子「お、お姉様達は何をしていますの?」

美琴「あっ!ちょうどいい所に!黒子あんたもちょっとやっみなさいよ」

佐天「いいですね!」

初春「白井さんなら完璧にできるはずです!」

黒子「な、何で私が…」

美琴「お願い黒子!」

初春&佐天「白井さん!」

黒子「ち、ちんこ…」

一同「ヤッター!黒子!黒子!黒子!」

黒子「いったい何ですのーー!!」

――黒子の妄想終了――

黒子『いゃあ~~!!これは絶対に出て行けませんの!』

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 17:11:28.70 ID:wTdRafPgO [5/15]
美琴「そうだ!固法先輩に聞いてみましょう!」

初春「そうですね!それがいいです!」

佐天「そうと決まれば早速しゅっぱ~つ!」

美琴&初春「オー!」

黒子『どこかに向かわれましたの。後を追うですの!』

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 17:18:04.12 ID:wTdRafPgO [6/15]
黒子『固法先輩と何か話していますがここからでは聞こえないですの…』

固法「そんな下らない事で来たの?」

美琴「下らなくなんかないですよ!チーーンコ!チーーンコ!ですよね?」

佐天「いやいや、チぃうーン~コォッ!ですよね!」

初春「違いますよ。チッチッチンコ!チッチッチンコ!ですよね?」

固法「残念だけど全部違うわね」

美琴「えぇー、じゃあ何て言ってるんですか?」

固法「ゲッチョン&バッチョンね」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 17:22:41.70 ID:wTdRafPgO [7/15]
美琴「えぇー、それはないですよ!」

佐天「今までで1番ないですよ」

初春「私もそれはさすがに…」

固法「あぁ!うるさいわね!仕事の邪魔だから帰りなさい!」

美琴「追い出されちゃった」

佐天「あと知ってそうな人っていますか?」

美琴「う~ん」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 20:28:08.56 ID:wTdRafPgO [10/15]
美琴「あ、あれって…」

土御門「ん、あれは」

土御門「どうしたんだにゃー?上ヤンなら補習だぜぃ」

美琴「べっ、別にああああいつの事なんて聞いてないじゃない!」

初春「ちょっと聞きたい事があるんですけど」

土御門「なんだにゃー?」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 20:41:25.37 ID:wTdRafPgO [11/15]
黒子『あれは類人猿のお友達ですの?』

黒子『やっぱり何を話してるか分かりませんの…』

土御門「あれは確か…ジャガリコバッシュヘイトじゃなかったかにゃー?」

美琴「そう言われればそんな気も…」

佐天「しなくは…」

初春「ないですね…」

土御門「まぁ、こういう事は上ヤンに聞いたらいいにゃー」

美琴「あいつ知ってるの?」

土御門「上ヤンに会う口実になるんだぜぃ」ボソッ

美琴「べべべ別に会いたかないわよ!」

土御門「はいはい。それじゃあまたにゃー」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 20:54:31.38 ID:wTdRafPgO [12/15]
佐天「じゃあ早速行きましょうか」ニヤニヤ

美琴「どこに?」

初春「上条さんの所に決まってるじゃないですか」ニヤニヤ

美琴「な、何であいつの所に行かなきゃなんないのよ!」

佐天「だってさっきあの人が上条さんに聞けって言ったじゃないですか」ニヤニヤ

美琴「そ、それは…」

初春「さっ、早く行きましょう」ニヤニヤ

美琴「ちょっとーー!!!」

黒子『あっ、移動しましたの』

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 21:07:04.84 ID:wTdRafPgO [13/15]
上条「はぁ…疲れた」

佐天「あっ!いましたよ!すみませ~ん」

上条「あぁ?げっ!ビリビリ!」

美琴「くっ!ビリビリって…」

美琴「言うなーー!!」ビリビリ

上条「うわぁあ!!」

佐天「ちょ、ちょっと御坂さんストップ!」

初春「落ち着いてください!」

上条「不幸だーー!!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 21:17:01.33 ID:wTdRafPgO [14/15]
黒子『ああああれは類人猿!』

黒子『お姉様も佐天さんも初春も何をしていますの!』

上条「あぁ?そんな事俺に言われてもなぁ…」

佐天「分かりませんか?」

上条「確か、ジャイアンデスーロじゃなかったか?」

美琴「何よそれ…全然意味わかんない」

初春「でも何か近い気がします!」

黒子『くっ…私抜きであんなに楽しそうに…』

黒子『もう我慢できませんの!』

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/17(水) 21:22:11.30 ID:wTdRafPgO [15/15]
黒子「お姉様達!」

美琴「あら、黒子?」

黒子「今すぐその殿方から離れて下さいまし!」

上条「な、何だ急に?」

黒子「ジャッジメントですの!」

美琴「ジャッジ…」

佐天「メント…」

初春「ですの…?」

一同「それだ!」

黒子「へっ?」


END

コメント

No title

えっ?

No title

ジャッジメントですの がどうしてチンコに...

No title

二回読んでやっとわかった

No title

二回目読んで把握wこれはひどい

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。