FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女「先生、空飛べるって本当?」女医「・・・は?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:33:28.40 ID:nt5UUPxI0
女「担任先生が言ってたの!女医先生は飛べるって!」

女医「(担任・・・覚えていろ)」

女「で、どうなの?」

女医「いや、人は常識的に考えて・・・」

女「え、無理なの・・・?」シュン

女医「(くっ・・・!生徒の期待を裏切るのか私は・・・?)」

女「まぁ、普通そうだよね・・・じゃ、失礼します・・・」

女医「ま、待て!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:35:07.86 ID:nt5UUPxI0
女「え?」

女医「と、飛べるぞ。当たり前じゃないか」

女「本当?!やっぱり、飛べそうだもん!」

女医「(どういう目で私を見ているんだ・・・)」

女「で、どうやって飛ぶの?」

女医「それは・・・その・・・は、白衣で」

女「白衣?白衣でどうするの?」

女医「白衣をマントにして・・・飛ぶんだ・・・」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:36:14.34 ID:nt5UUPxI0
女医「(・・・私は何を言っているんだ)」

女「す、すごい!アンパン男みたい!」

女医「(信じてるー!)そ、そうだろう。はは」

女「じゃ、見せて!」

女医「(し・・・しまったアッー!!)」

女「どうしたの?女医先生」

女「もしかして・・・見せられないの・・・?」ウルッ

女医「いや・・・その・・・」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:37:05.12 ID:nt5UUPxI0
女医「(どうする私!どう切り抜ける!)」

女「先生・・・?」ウルウル

女医「(考えろ!MITでいくつもの博士号を取った私なら!)」

女医「え・・・」

女「え?」

女医「MPが・・・足りないんだ・・・」

女「・・・」

女医「・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:37:57.96 ID:nt5UUPxI0
女医「(\(^o^)/オワタ)」

女「そっか・・・MP切れならしょうがないよね・・・」

女医「」

女「あたしもゲームしててよくなるから、辛さ分かるよ・・・」

女医「え、あ」

女「じゃ、回復したとき見せてね!さよなら!」

スタスタ・・・

女医「とりあえず・・・助かったのか・・・?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:38:56.63 ID:nt5UUPxI0
-職員室-

ツカツカ・・・

女医「おい、担任」

担任「あ、やぁ。女医先生、どうしました?怖い顔で」

女医「ふざけるな!女に変なこと吹き込んだろう!」

担任「いやぁ、信じると思わなくて」

女医「まったく・・・そのせいで苦しい言い訳させられたんだぞ!」

担任「ははは、すみませんねぇ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:40:10.85 ID:nt5UUPxI0
女医「すみませんじゃない!」

担任「で、どうなったんです?」

女医「・・・今度見せて、と・・・」

担任「大変ですねぇ。ははははは」

女医「はははははじゃない!お前にも手伝ってもらうからな!」

担任「はいはい、喜んで」

女医「まったく・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:41:55.52 ID:nt5UUPxI0
次の日、保健室

女「先生!」

女医「おはy・・・やぁ、君か」

女「回復した?」

女医「あぁ、それはな・・・えーと」

女医「私のMPは毎月の満月の日にリフレッシュするんだ」

女医「(よし、昨日作った設定通りの応答。順調だな)」

女「へぇ・・・不便なんだねぇ」

女医「あぁ、やってられないよ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:43:00.81 ID:nt5UUPxI0
女「でも満月まで後3日だね!」

女医「」

女医「(チェック忘れてたぁぁ!後3日だって?!)」

女医「(1月くらい稼げる計画が・・・バカか私は!)」

女「先生?どうかした?」

女医「い、いやなんでもない・・・楽しみにしててくれ」

女「うん!」キラキラ

女医「は、はは・・・」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:44:34.76 ID:nt5UUPxI0
放課後

女医「はぁ・・・後3日か」

担任「ため息なんてついて、どうされました?」

女医「・・・お前か。お前のせいだ、この野郎」

担任「そうですか、大変ですね」

女医「絞め落とすぞ」

担任「勘弁願いたいですね。それで、どうするんですか?」

女医「あぁ・・・そうだな」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:46:09.50 ID:nt5UUPxI0
女医「とりあえず、女はあの性格だ」

女医「もう誤魔化しはきかないだろう」

女医「私も、生徒の期待を裏切りたくは無い」

担任「素晴らしいお考えですね」

女医「うるさい黙れ。とにかく、後3日だ」

女医「3日で、私は飛行スキルを身につけなくてはならない」

担任「3日・・・厳しいんじゃないですか」

女医「お前な」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[だめか\(^o^)/] 投稿日:2010/03/16(火) 22:49:07.46 ID:nt5UUPxI0
女医「とにかくだ。原因はお前にある。だから・・・」

担任「だから?」

女医「お前に案を出してもらうとしよう」

女医「この危機をどう切り抜けるのか、それを考えてもらう」

担任「ふむ。なるほど・・・」

女医「時間が無い。早くしてくれ」

担任「分かりました。では・・・>>16などどうでしょう」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:50:54.65 ID:trpUgKAY0
kskst

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:52:44.42 ID:f4Lj8yTx0
重力を自在にあやつり(ry)


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[だめか\(^o^)/] 投稿日:2010/03/16(火) 22:55:08.90 ID:nt5UUPxI0
女医「重力を自在に・・・」

担任「ええ。そうすれば万事OKです」

女医「よし。私の知恵ならば重力など自由自在」

担任「頑張ってくださいね」

女医「ああ。まず重力操作装置を開発しよう」

女医「開発スケジュールを立てよう。まず設計に3日・・・」

担任・女医「あ」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:57:15.43 ID:nt5UUPxI0
女医「だめじゃないか!使えないな」

担任「すいませんねぇ」

女医「他に案はないのか?」

担任「うーん、空を飛ぶのは人の夢ですからねえ」

担任「簡単にできるものなら誰かがやってますよ」

女医「それはそうだが・・・おっ」

担任「何か思いつきました?」

女医「あぁ。>>21などどうだろうか」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 22:57:56.78 ID:2nS13edQ0
巨大凧上げをつくり張り付く


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 22:59:47.91 ID:nt5UUPxI0
女医「もっと原始的に考えるんだ」

担任「はぁ」

女医「凧だ!大きな凧を作りそれに張り付けば・・・」

担任「凧ですか。MP使いそうにありませんけど」

女医「凧を召喚したことにすればいい」

担任「なるほど」

女医「よし、材料を買って来い。製作にとりかかるぞ!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:01:15.62 ID:nt5UUPxI0
担任「買ってきました」

女医「あぁ、ありがとう。設計は既に終わっている:

担任「さすがですね」

女医「何、この程度。じゃぁ、指示通り動いてくれ」

担任「了解しました」

セコセコ・・・

担任「完成、ですね」

女医「いい出来じゃないか!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:03:11.18 ID:nt5UUPxI0
担任「でも、女医先生がこんなに不器用だと思いませんでした」

女医「心外な!私は不器用などではない!」

担任「手、血まみれじゃないですか・・・凧もほぼ一人で作りましたよ」

女医「ううう、うるさい!次は凧を装備する!」

担任「はいはい、分かりました」

女医「ロープできつく巻いて・・・と」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:05:23.37 ID:nt5UUPxI0
女医「ではこれからテスト飛行を行う」

担任「学校の屋上からで大丈夫ですかねぇ」

女医「大丈夫、設計は完璧だ」

担任「いや、人の目とか・・・」

女医「かまわん。さぁ糸を持て」

担任「はい」

女医「よし・・・行くぞ!」ダッ

担任「お気をつけてー」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:07:30.91 ID:nt5UUPxI0
1時間後

女医「・・・おい」

担任「あ、おかえりなさい。大丈夫でしたか?」

女医「大丈夫じゃない!何で糸を離した!」

担任「ははは、すいません。手が滑ってしまって」

女医「わざとだろう!面倒くさくなったんだろう!」

担任「すいません、凧と聞いたときから考えていました」

女医「もういい、凧はやめだ!お前なんかに任せられない」

担任「それは残念」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:09:29.63 ID:nt5UUPxI0
女医「ちっ、もうこんな時間か・・・」

担任「今日はもう帰らないといけませんね」

女医「何一つ進展してないじゃないか・・・」

担任「大丈夫ですよ。何とかなりますって」

女医「お前なぁ」

担任「それでは、僕はお先に」

女医「あ、こら!・・・まったく」

女医「後2日、か・・・。本当にどうにかなるのか?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:12:35.64 ID:nt5UUPxI0

2日目、放課後

女医「時間が過ぎるのがあまりに早すぎる」

担任「おかしいですね、辛い時は遅く感じるんですけどね」

女医「はぁ。ま、ぼやいても仕方が無いし・・・やるか」

担任「そうですね」

女医「何か考えてきたか?」

担任「はい、2、3個考えてきました。リストをどうぞ」

女医「ほう、>>36とな・・・」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:13:07.15 ID:kitbGYT70
時を操る


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:15:01.74 ID:nt5UUPxI0
女医「時を操る・・・?」

担任「はい」

女医「どうやって」

担任「さぁ」

女医「いや、さぁって・・・大体時を操ってどう飛ぶんだ」

担任「お前タイムリープしてねぇ?」

女医「は?」

担任「何でもありません。それは眠い時に考えたんです」

女医「お前・・・やる気あるのか」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:16:49.21 ID:nt5UUPxI0
女医「いい加減にしないと怒るぞ!」

担任「怒っても素敵だから大丈夫ですよ」

女医「なっ・・・ぶ、ぶっ飛ばすぞ!」

担任「ははは。さ、次の案を見てください」

担任「次のはまじめに考えましたから」

女医「次の・・・>>40か」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 23:16:58.72 ID:xf5ly+Ky0
飛行用の背負い型ロケット


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:20:08.45 ID:nt5UUPxI0
女医「ロケット、か」

担任「はい。ペットボトルロケットで飛ぶTV番組を見て」

女医「それはまじめに考えたというのか?」

担任「まじめそのものです」

女医「まぁいい。とりあえずやってみよう」

担任「はい」

女医「本物のを2日で作るのは無理だな。それに飛びすぎる」

女医「お前が言っていたペットボトルのロケットでやろう」

担任「だと思って、ここに作ってきました」ズラッ

女医「おぉ、たまには役に立つじゃないか」

担任「ふふふ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:23:34.49 ID:nt5UUPxI0
担任「とりあえず2Lペットで10個作ってきました」

女医「壮観だな。昨日の凧のようにセットするのか?」

担任「あれよりきつく結びますけど、そうです」

女医「・・・よし、こうか」

担任「発射台セット完了、いつでもいけますよ」

女医「分かった。が、これは・・・」

担任「?」

女医「ペットボトルでもロケットだ。ちょっと怖いな・・・」

担任「女医先生にも、怖いものあるんですね」

女医「あ、当たり前だ!」

担任「ふふ、かわいいですね」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:26:59.98 ID:nt5UUPxI0
女医「ふふ、ふざけるな!」

担任「本気で言ってるんですけどね。あ」カチッ

女医「え」シュシュシュシュ

ドーン

女医「ぎゃあああああ!」

担任「あ、飛んでます飛んでます!」

女医「あああああ・・・・・」

担任「すごいじゃないですか、2Mくらい飛びましたよ!」

担任「・・・聞こえますかー?」

女医「・・・」

担任「さすがに屋上から1階へは声が届かないか。降りないとね」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:29:49.84 ID:nt5UUPxI0
担任「あ、いたいた。大丈夫ですか?」

女医「大丈夫だと・・・思うのか・・・」

担任「僕なら死んじゃってますねー。さすが、お強い」

女医「こんのクソ・・・やろ・・・う」バタッ

担任「あぁ、いけない。・・・誰も見てませんね」

担任「ちょっと触りますよ、っと」

担任「・・・これでよし。後は保健室に連れて行きましょう」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:33:14.26 ID:nt5UUPxI0
-保健室-

女医「うん・・・?ここは・・・」

担任「あ、気がつきました?よかったよかった」

女医「えーと・・・あ!き、貴様!」

担任「ほらほら、怒ってないで」

女医「怒らずにいれるものか!死ぬところだったんだぞ!」

担任「もう、死んでないじゃないですか」

女医「そういう問題じゃないだろう!」

担任「ほらほら、時間がなくなりますよ。後1個、残ってますよー」

女医「くそっ・・・。お前、事が無事に終わったら覚えてろよ!」

担任「僕が先生のこと忘れるはずないじゃないですか、はは」

女医「ちっ。・・・何々、>>46・・・?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:34:03.48 ID:xf5ly+Ky0
タケコプター


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:38:16.11 ID:nt5UUPxI0
担任「たーけーこーぷ「殺すぞ」

女医「お前、本当・・・もう・・・はぁ」

担任「いやいや、これこそ最終兵器ですよ」ゴソゴソ

担任「どうぞ」

女医「・・・モーター式の竹とんぼ」

担任「それをタケコプターと呼ぶのです、女医先生」

女医「お前の事はもう1mmも信用してないが・・・他に手はないしな」

担任「さぁ、頭に装着してみてください」

女医「ん、こうか」カチッ

担任「お似合いですよ」

女医「タケコプターが似合っても嬉しくもなんともないんだが」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:41:48.71 ID:nt5UUPxI0
女医「スイッチは?」

担任「根元にあるボタンです」

女医「これか」ポチッ

担任「あ、ここで押しちゃったら」

ヴィィィイン

女医「お、おお!飛んでる!飛んでるぞ!」

担任「・・・・・」

女医「これ、高度はどう保つんだ?」

担任「設計上、保てません」

女医「えっ・・・」ゴギャギャギャギャ

女医「うわあぁ、天井に!」

ポキン ドサッ

女医「・・・今回は私が悪かったと思う。すまん」

担任「いえ・・・」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:44:35.16 ID:nt5UUPxI0
女医「もう1度作れないか?」

担任「一応、特別製なので・・・時間が間に合いません」

女医「そうか・・・すまない」

担任「いえ、僕こそ力になれず」

女医「くそ・・・後1日か」

女医「明日でどうにかしないと・・・生徒の期待を裏切ってしまう」

担任「僕、また考えてきます。がんばりましょう」

女医「あぁ、私も努力しよう。」

担任「じゃ、今日はそろそろ失礼します」

女医「また明日、な」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:47:22.62 ID:nt5UUPxI0
-自宅-

女医「風呂にでも浸かって、ゆっくり考えよう・・・」

チャポン・・・

女医「そうだなぁ・・・」

女医「例えばこの豊満なおっぱいを回して飛行・・・」

女医「私は何を言っているんだ」

女医「・・・やはり、空を飛ぶ方法などそうそうあるものじゃないよな」

女医「うーん。・・・>>56、とかか・・・?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:47:53.02 ID:0ZMDfM440
ワイヤーアクション


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:52:38.90 ID:nt5UUPxI0
>>53想像したら凄い痛かったのでああしました

女医「ワイヤーアクション」

女医「あの、ミュージカルのような」

-イメージ中-

女医「ふふ、どうだ女!飛んでいるだろう!」テレッテー

女「凄い、飛んでる!でも先生、吊っているワイヤーはなに?」

女医「これは・・・魔法の綱さ!」

女「すってき!あこがれちゃう!」

-イメージ終了-

女医「違うな・・・」

女医「まぁいい。明日、アイツに賭けてみよう」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:56:17.31 ID:nt5UUPxI0
3日目、朝

女「先生、おっはよー!」

女医「・・・やあ、おはよう」

女「今日回復するんだよね!明日は見れるんだよね!」

女医「あ、あぁ。そんなに楽しみかい?」

女「そりゃもう!もし見れなかったりしたら首吊っちゃうくらい!」

女医「!!!」

女「なーんて、さすがに冗談・・・先生?」

女医「(自殺、だと・・・?そこまで期待されていたのか!)」

女医「(私は、なんとしてもこの若者の未来を守らなくては!)」

女「おーい、先生?私チャイム鳴っちゃうからもう行くよ?」

女医「・・・あぁ。女」

女「ん?」

女医「楽しみにしていろよ!」

女「う・・・うん!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/16(火) 23:59:21.71 ID:nt5UUPxI0
放課後

女医「だから早すぎる」

担任「誰に向かって喋ってるんですか?」

女医「いや、なんとなく・・・ところで」

担任「もちろん、考えてきました」

担任「もう明日ですからね。今日こそなんとかしましょう」

女医「あぁ。命がかかっているんだ・・・頼むぞ」

担任「(そんな重大な話なんですか・・・?)えー、まずは」

担任「>>63で>>65してみましょう」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 23:59:57.00 ID:Biz4as4c0
担任

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 00:00:33.15 ID:pWUfRFtD0
ハンググライダー


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:03:21.40 ID:Bf8kY9y60
担任「私でハンググライダーしましょう」

女医「いや、ちょっと待て」

担任「はい?」

女医「私じゃなくてお前が飛んでいるんだが」

担任「いえ、ですから」

担任「女医先生が私を使ってハンググライダーをするんです」

女医「あぁ、なるほど。それなら納得」

女医「できるか!意味不明じゃわい!」

担任「落ち着いてください、口調が・・・」

担任「とりあえず、やってみましょうよ」キリッ

女医「(こ、こんな真剣なコイツの瞳を見たのは初めてだ・・・)」ドキドキ

女医「(って、私は何をときめいているんだ!)」

女医「まぁ、お前も本気のようだ・・・試してみよう」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:06:42.04 ID:Bf8kY9y60
-屋上-

女医「セーフティメット装着完了。準備出来たぞ」

担任「こっちも出来ました。やりましょう」

女医「まだ少し・・・いや、結構納得はいかないんだが」

担任「私が横向きになってのしかかります。翼です」

女医「わかった。私はお前がつけてるこの紐を持って飛べばいいんだな」

担任「うまく行けば、飛べます」

女医「よし。・・・行くぞっ!」ダッ

ヒュンッ ドサッ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:10:24.06 ID:Bf8kY9y60
担任「大丈夫ですか?」

女医「・・・とりあえず・・・私の上から降りろ・・・」

担任「あ、はい。すいません」

女医「普通に考えて・・・無理だろ・・・」

担任「すいません。体重を考慮していませんでした」

担任「それに僕はあなたを下敷きにする形で助かると踏んでいたので」

女医「わざとじゃねぇかてめえええ!ぐふっ・・・」バタッ

担任「あらら。・・・誰も居ませんね」

担任「失礼しますよ、よいしょっと・・・」フワッ

担任「これでよし。後は保健室、ですね」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:13:32.75 ID:Bf8kY9y60
女医「うーん。またこの展開か・・・」

担任「あ、おはようございます」

女医「まったく・・・というか、私頑丈すぎじゃないか」

女医「4階建てを落下したんだぞ」

担任「・・・ふふ、先生はお強い方ですから」

担任「それより、早くしないと日が暮れてしまいます」

女医「あぁ、そうだな。次の案だ」

担任「次はですね。>>77を>>80してみましょう」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 00:15:10.33 ID:ZaTsV1Rq0
女医

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:16:06.66 ID:yjtD2JoF0
性的な意味で飛ぶ


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:18:23.64 ID:Bf8kY9y60
女医「私を・・・せ、性的な意味で・・・」

担任「はい。では、さっそく」

女医「おま、何を言ってる!おい、こらッ」

担任「口調は強いですけど、やはり女性ですね」

担任「僕の方が力は強い」

女医「おい、退けっ・・・ンッ、ど、どこ触ってる!」

担任「大丈夫です、やさしくしますから」

女医「んっ・・・ふぅッ・・・こ、この・・・」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:20:51.79 ID:Bf8kY9y60
女医「いい加減にしないか!」ドゴッ

担任「ははは、おいたが過ぎましたか」

女医「おいたどころの話じゃない!もういい、私一人で」

担任「今のは、女医先生をリラックスさせるためにやったんです」

女医「はぁ?」

担任「先生、かなり根を詰めているようでしたので・・・」

女医「・・・」

担任「差し出がましい真似をして、申し訳ない」シュン

女医「あ、あの・・・いや・・・」

担任「じゃ、僕帰りますね」

女医「ゆ、許す!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:23:57.76 ID:Bf8kY9y60
女医「私の為だと言うのなら・・・仕方ない、許す」

担任「本当ですか?やっぱり女医先生は心が広い」

担任「・・・信じていましたから」

女医「ばっ・・・」キュン

女医「バカ!いいから次の案を出せ!」

担任「ふふふ、分かりました」

担任「・・・時間的にも、これが最後の案になります」

女医「あぁ。・・・私も、お前を信じるよ」

担任「ありがとう、ございます。では・・・」

担任「>>92を>>95で>>98しましょう」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 00:24:58.26 ID:ZaTsV1Rq0
女医

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 00:25:24.34 ID:8+2AYmCK0
磁石

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 00:27:33.91 ID:pWUfRFtD0
反発


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:27:30.94 ID:Bf8kY9y60
女医「バカ!~~」と担任「ふふふ、~~」の間に

担任「(計画通り)」

を入れるの忘れてた 補完よろです

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:29:56.58 ID:Bf8kY9y60
女医「私を、磁石で、反発させる」

担任「ええ。ここに足に取り付ける用の磁石」

担任「そして床に設置する磁力発生装置を用意しました」

女医「なるほど、好きなタイミングで飛べるわけか」

担任「えぇ。・・・今出来る、最善の手かと」

女医「そうだな、初めてそれらしい案が出た気がする」

女医「とりあえず、デモンストレーションだ」

担任「はい、これを靴に取り付けてください」

女医「よし、分かった」


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:32:35.90 ID:Bf8kY9y60
担任「装置、準備できました」

女医「私も取り付けたぞ」

担任「では、装置の上にのってください」

女医「よし」

担任「このリモコンをどうぞ。スイッチを押せば反発します」

女医「・・・いくぞ」

担任「・・・ええ!」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:35:57.12 ID:Bf8kY9y60
ガラッ

女「せーんせ、こんな時間にまだ残ってるのー?」

女医・担任「!」

女医「お、お前!お前こそこんな時間まで!」

女「だって、私部活はいってるもん。バレー部」

担任「そういえばそうでしたねぇ」

女医「(そうでしたねぇ、じゃない!なんとかして追い払・・・)」

女「あー!女医先生、その足の下の機械何ー?」

女医「!いやこれは、そのー」

女医「そう、体重けi」

女「重力発生装置?なにこれ」

女医「」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:38:44.02 ID:Bf8kY9y60
担任「これはね、女医先生の研究に使うんだ」

担任「先生はいい大学を出た人だから、今でもこうやって研究するんだ」

女「へぇすごいかっこいい!しかも空も飛べるなんて!」

女医「・・・は、はは・・・」

担任「じゃ、もう暗くなっちゃうから帰りなさい、女さん」

女「はーい。さよなら、担任先生、女医先生!」

女「女医先生!楽しみにしてるからね!ばいばーい!」

女医「ば、ばいばーい・・・」

担任「・・・」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:42:11.52 ID:Bf8kY9y60
>>104 間違えた 磁力発生でした

女医「・・・帰るか」

担任「そうですね」

女医「くそ・・・もう、私の命で勘弁してもらうしか・・・」

担任「そこまですることでもないと思いますけど」

女医「うう・・・じゃ、お先・・・」フラフラ

担任「さよなら、女医先生。気をつけて、くださいね」

ガラガラ・・・パタン

担任「・・・」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:48:03.62 ID:Bf8kY9y60
-自宅-

女医「・・・寝る、か」

テテテテーテーテーテッテテー

女医「電話?」

女医「はい、もしもし」

担任「女医先生ですか?担任です」

女医「あぁ、お前か・・・どうした?今頃」

担任「いえ、ちょっと先生を元気付けようと」

女医「・・・いい。切るぞ」

担任「待ってください!・・案外、何とかなるものですよ」

女医「なるものか」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:49:50.69 ID:Bf8kY9y60
担任「大丈夫ですって。僕がおまじないの念を送りますから」

担任「僕の念、結構効くんですよ」

女医「そんな非現実的な」

担任「・・・えいっ」

女医「・・・?」フワッ

担任「どうですか?」

女医「(今何か・・・気のせいか)」

女医「何ともないぞ。だけど、まぁ」

女医「少し、気が楽にはなったかな」

担任「・・・そうですか。なら、よかったです」

担任「では、おやすみなさい」

女医「あぁ、おやすみ。・・・担任」

担任「はい?

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:51:52.93 ID:Bf8kY9y60
女医「3日間・・・ありがとう」

担任「ふふ、元はと言えば僕のせいですから。それじゃあ」

女医「ああ」プツッ

女医「担任・・・」キュン・・・

-担任宅-

担任「まぁ、本当はいけないんですけど」

担任「悪い事に使うんじゃないし、明日一日ですし」

担任「よしとしましょう」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:54:42.07 ID:Bf8kY9y60
翌日、朝

女「せーんせい!おーはよー!」

女医「・・・おはよう。いつも元気だな」

女「今日は特に!だって、先生が空飛ぶの見れるんだもん!」

女医「・・・そうか、あのな・・・」

女「何ー?」

女医「・・・いや、何でもないよ。さ、HRが始まるぞ」

女「あ、ヤバ!じゃあ先生、放課後ね!」ドタドタ

女医「あぁ、放課後」

女医「・・・言えなかったな、本当のこと」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:57:04.40 ID:Bf8kY9y60
そして、放課後―

女「女医先生、来たよ!担任先生も連れてきた!」

女医「えっ?」

担任「こんにちは、女医先生。僕も見せてもらおうと思って」

女医「(こいつ何考えてるんだ・・・もうわけが分からん)」

女「屋上いこ、屋上!」

女医「・・・あぁ」

担任「ふふふ」ニコニコ

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 00:59:18.02 ID:Bf8kY9y60
-屋上-

女「さぁ、先生!バーッと飛んじゃって!」

女医「・・・あのな、女。実は私は・・・」

女「?どーしたの、女医先生?」

女医「私・・・飛べ、な・・・」

ガシッ

担任「先生」

女医「なっ、なな、何だ、いきなり!」ドキドキ

担任「・・・先生なら、きっとできます。きっと」

女医「何を無責任な・・・」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 01:01:12.11 ID:Bf8kY9y60
女「ねー、何してるの?まだー?」

担任「今から飛ぶそうだよ」

女「わーい、早く早く!」

女医「(・・・もう、どうにでもなれ、だ)」

女医「・・・え、えーいっ!」

フワッ

女医「え」

女「・・・す、凄い・・・飛んでる・・・!」

担任「ふふ」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 01:03:30.50 ID:Bf8kY9y60
女「凄いよ先生!凄い!かっこいい!」

女医「は、はは・・・これは、夢か・・・?」スイスイ

担任「夢じゃないですよ」

女医「担任・・・」

担任「だから言ったじゃないですか。何とかなる、って」

女医「お前・・・」

女「先生、私感動した!」

女医「そ、そうか。それはよかった」

女「みんなに伝えてくる!」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 01:06:25.34 ID:Bf8kY9y60
女医「あ、それは・・・」

担任「大丈夫ですよ。あの子以外、信じたりしませんって」

女医「・・・それもそうだな」スタッ

担任「よかったですね」

女医「お前、何かしたか?」

担任「まさか。そんなこと、出来るわけないじゃないですか」

女医「だよな・・・訳が分からん」

女医「まるで、奇跡だ」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 01:09:17.16 ID:Bf8kY9y60
女医「そうだ、担任」

担任「はい?」

女医「・・・つ、次の週末は暇か」

担任「はい?まぁ、暇ですけど」

女医「奢ってやる。食事にでも、いかないか」

担任「はぁ、食事、ですか」

女医「だ、だめか?」

担任「いえ、喜んで。ですけど、いきなり何故?」

女医「な、何となくお前と行きたくなったんだ!」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 01:11:34.11 ID:Bf8kY9y60
担任「何となく、ですか」

女医「そうだ、何となくだ!奢ってやる!別に今回世話になったからとか」

女医「そういうわけじゃないぞ!勘違いするなよ!」

担任「ふふふ、分かってます」ニコニコ

女医「ふ、ふん。じゃあ私は帰るぞ!」

担任「はい、さようなら。お疲れ様でした」

女医「・・・それにしても、何がなんだか・・・」スタスタ

担任「・・・行きましたか」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 01:14:24.94 ID:Bf8kY9y60
担任「まさか僕の一言でこんなことになるなんて」

担任「思ってもいませんでしたね」

担任「まぁ、3日間女医先生をいじれて楽しかったですし」

担任「フラグも立ったようですし」

担任「一般人に魔法使っちゃだめ、ってルールは破りましたけど」

担任「ま、バレなきゃいいでしょう」

担任「さ、私も帰りましょうかね・・・」スタスタ


担任「あ、そこでごらんの皆様方」

担任「僕が魔法使いってこと、内緒にしておいてくださいね」

おしまい

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/17(水) 01:17:45.82 ID:Bf8kY9y60
うわ最後で担任の一人称ばらばらになってる。最悪。

盛り上がりも無い話をgdgdしたくて書きました。
投下初めてなのでもうgdgdもいいところでしたけど、
支援してくれた方、安価答えてくださった方、読んでくださった方

ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。