FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂「ジャメヴ!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 13:37:00.31 ID:xZBCJnDOO [1/78]
唯「ごちそうさまでした~」

憂「ごちそうさまでした!」

唯「ふぃ~今日もいっぱい食べた食べた。美味しかったよ~」

憂「えへへ~ありがとうお姉ちゃん」

唯「うん!……アイス食べたいなぁ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 13:40:27.56 ID:xZBCJnDOO [2/78]
憂「ダーメ!ご飯食べる前に食べたでしょ!」

唯「また食べたい!」

憂「ダーメ!今日は二つも食べたんだよ?お腹痛くなっちゃうよ!」

唯「うぅー…お腹痛くなっても私は構いません!」

憂「もう、お姉ちゃんったら……ちょっとだけだよ?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 13:44:56.78 ID:xZBCJnDOO [3/78]
唯「食べていいのぉ!?」

憂「ちょっとだけなら食べていいよ!」

唯「わぁ~い!ありがとう憂!」

憂「た・だ・し!私とアイス半分こだからね!」

唯「はぁ~い!」

憂「じゃあアイス取ってくるね~」

唯「うん!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 13:47:52.82 ID:xZBCJnDOO
憂「えーと……アイスアイス……あれ?」

憂「お姉ちゃん?」

唯「なーにー?」

憂「アイス、冷凍庫に入ってないよぉー」

唯「えぇ!アイス無いの!?」

憂「うん、確かパピコが入っていたんだけど……」

唯「パピコならご飯食べる前に私が食べたよー」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 13:54:28.77 ID:xZBCJnDOO
憂「えー!お姉ちゃんパピコ食べちゃったの?」

唯「うん!美味しかったよ~」

憂「あれ、私が楽しみにしてたアイスだったのに……」

唯「えぇ!憂……ご、ごめんね」

憂「ううん……いいよ」

唯「あ!私がパピコ買ってくるよ!」

憂「え、でも……もう夜遅いからお外は危ないよ」

唯「だいじょーぶ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 14:00:37.40 ID:xZBCJnDOO
憂「うーん……じゃあ私も着いて行く!」

唯「だから、大丈夫だよ~私、もうすぐ大学生だよ!大人だよ!」

憂「で、でも……もし怖い人やお化けからお姉ちゃんが掠われたら……」

唯「だいじょーぶ!憂の分のパピコ食べちゃった自分への罰!だから、私一人で買いに行くよ!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 14:06:19.11 ID:xZBCJnDOO
憂「そ、それじゃあ……お願いするね」

唯「はぁーい。パピコはチョコレート味でいいよね?」

憂「カルピスがいいなぁ~」

唯「チョコレートがいいなぁ~」

憂「じゃあチョコレートでいいよ~」

唯「えへへ~チョコレート味ね!買ってくるよ!」

憂「うん!気をつけてね?」

唯「うん!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 14:12:51.71 ID:xZBCJnDOO
憂「本当の本当に気をつけてね?」

唯「大丈夫だよ~」

憂「ケータイ持った?絆創膏は?」

唯「ケータイはポケットの中に入ってるよ~絆創膏はいらない!」

憂「こけたりしたら大変だよ!」

唯「もー!大丈夫だよー!行ってきまーす」

憂「あ、お姉ちゃん……行ってらっしゃーい!気をつけてねー!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 14:16:53.09 ID:xZBCJnDOO
憂「はぁ……本当に大丈夫かな?」

憂「……お姉ちゃんは大人になるんだもん。大丈夫だよね!」

プルルルル。

憂「あれ?お姉ちゃんのケータイの着信音だ」

憂「まさか、お姉ちゃんケータイ忘れてたんじゃ……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 14:23:45.72 ID:xZBCJnDOO
憂「た、大変だよ!」

憂「お姉ちゃんのケータイ探さなきゃ!あ、先にお姉ちゃんを呼び止めないと!」

ガチャ。

憂「お姉ちゃーん!い、いない……もうコンビニ行ったのかなぁ?」

プルルルル。

憂「お姉ちゃんのケータイ探さないと……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 14:27:31.64 ID:xZBCJnDOO
プルルルル。

憂「あ、あった!紬さんからだ……」

憂「も、もしもし……」

紬『もしもし唯ちゃん?夜分遅くにごめんね』

憂「あのー……憂です」

紬『憂ちゃんなの?ごめんなさい気付かなかったわぁ~』

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 14:39:00.17 ID:xZBCJnDOO
憂「あの、お姉ちゃんに何か用事があるんですか?」

紬『特に用事はないの。ただ少し話したいなぁ……って思って電話を掛けてみたの!』

憂「そうですか……お姉ちゃんは今出掛けてて居ませんから帰ったら紬さんに電話を掛けるように言っておきますね」

紬『ありがとう憂ちゃん。それじゃあ……電話切るわね~』

憂「はい、さようなら」ブツッ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 14:46:06.09 ID:xZBCJnDOO
憂「お姉ちゃんにケータイ届けようかなあ……」

憂「……ううん!お姉ちゃんはもう大人!」

憂「私が心配性なだけだよ!」

憂「だ、大丈夫!お姉ちゃんは無事に帰って来るよ!」

憂「大学行ったら一人暮らしもするし……大丈夫!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 14:52:40.65 ID:xZBCJnDOO
憂「はぁ、お姉ちゃん一人暮らしするんだ……嫌だな……」

憂「それよりもお姉ちゃん遅いなぁ、もう帰って来てもいい頃なんだけど……」

憂「心配だな……やっぱり私もコンビニに行こう!」

憂「何かあってからじゃ遅いもんね!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 15:00:24.68 ID:xZBCJnDOO
憂「家のカギと絆創膏とお姉ちゃんのケータイ……はちゃんとバックの中に入ってる。私のケータイはいらないよね」

憂「お姉ちゃんのケータイ届けに行くだけだし……やっぱり念の為に持って行こうかな~」

憂「行ってきまーす!」

ガチャ。

憂「ちょっと寒いなぁ……」カチャリ

憂「そう言えばお姉ちゃん何処のコンビニに行ったんだろ?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 15:10:17.41 ID:xZBCJnDOO
憂「やっぱりセブンイレブンかなあ?でも、お姉ちゃんローソンによく行くから多分ローソンだよね」

憂「途中で入れ違わなければいいんだけどなぁ……」

憂「さ、寒い……早くローソンに行こっ」

憂「お姉ちゃん薄着で外行ったけど……大丈夫かなあ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 15:16:15.15 ID:xZBCJnDOO
・・・・・・

定員「いらっしゃいませー」

憂「お姉ちゃん……居ないなあ」

憂「セブンイレブンに居るのかなあ……」

唯「おうい!憂ー!」

憂「あ、お姉ちゃん!」

唯「どうしてローソンにいるの?」

憂「お姉ちゃんがケータイを忘れてたから届けに来たんだよっ!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 15:23:44.00 ID:xZBCJnDOO
唯「あ、わざわざありがとうね~」

憂「ううん!いいよ~それよりローソンに着くの遅かったね。後から来た私の方が先に来ちゃったよ。何してたの?」

唯「ううん。ゆっくーり歩いてたんだぁ~」

憂「そっかあ~」

唯「うん!夜のお散歩って楽しいよね~」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 15:31:11.24 ID:xZBCJnDOO
憂「お散歩もいいけど、早くアイス買おうよ!」

唯「うん、アイス買おっか!何買う?」

憂「んもう!パピコを買うんでしょ!」

唯「てへへ。そーだったそーだった」

憂「あれ?お姉ちゃんスカートの裾、ほつれてるよ」

唯「あー!本当だ!何かに引っ掛けたのかなあ?」

憂「そうなんじゃないかな?後で縫ってあげるよ!」

唯「ありがとー!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 15:38:40.29 ID:xZBCJnDOO
憂「あ、早くパピコ買おうよ!お姉ちゃんの好きなドラマ始まるよ!」

唯「そうだね!」

定員「いらっしゃいませー。コチラ105円になりまーす」

唯「どーぞー」

定員「105円、調度お預かり致します。ありがとうございました」

憂「それじゃあ帰ろっか!」

唯「うん!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 15:45:53.69 ID:xZBCJnDOO
憂「あ、お姉ちゃん?」

唯「どったのー?」

憂「紬さんから電話があってお姉ちゃんと話したいって言ってたよ~」

唯「そっかあ~後で電話掛けるね~」

憂「お姉ちゃん……何だか大人びたね」

唯「ほぇ?いきなりどうしたの?照れるよ~」

憂「何だか今日のお姉ちゃん。お姉ちゃんじゃないみたい!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 16:08:38.03 ID:xZBCJnDOO
唯「え?」

憂「多分……大人びて見えるんだと思う!お姉ちゃん大人っぽい!」

唯「そ、そうかなぁ~憂がいきなりそんな事言うからびっくりしたよ~」

憂「えへへ~」

唯「帰ってパピコ半分こにして食べようねー」

憂「ねー」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 16:23:25.75 ID:xZBCJnDOO
―――見慣れた物や人が始めて見たように感じる事をジャメヴと言うらしい。

お姉ちゃんがコンビニへアイスを買いに行ったこの時から私はジャメヴを見るようになる。

何かがおかしい。それか私がおかしいんだろう。
だけど、確かに感じる。

何時も見ている光景が始めて見たように感じる―――

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 16:27:10.45 ID:xZBCJnDOO
憂「お姉ちゃん朝だ……あれ?」

唯「あ、憂おはよー!」

憂「ど、どうしたの?」

唯「どうしたのって……何が?」

憂「ううん。何でも無い!私より早起きさんだね!」

唯「えへへ~今日は目覚まし時計に勝っちゃった!」

憂「お姉ちゃん凄い!朝ご飯の支度するから制服に着替えててね~」

唯「はぁーい」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 16:34:35.07 ID:xZBCJnDOO
憂「お姉ちゃんが今日は珍しく早起きさんだから今日はパンにチョコレートを沢山塗ってあげよう!」

憂「でも、本当にお姉ちゃん大人びたなぁ~」

憂「大人びたのかなぁ?」

憂「大人びたんだよ憂!」

憂「そうだよね~」

唯「憂ー制服に着替えたよー」

憂「うん!パン今からオーブンに入れるからもうちょっと待っててね~」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 16:40:28.68 ID:xZBCJnDOO
唯「はぁ~い」

憂「チョコレート沢山塗ったからね~」

唯「ありがとお~」

憂「お姉ちゃん昨日、紬さんと何か話してたの?」

唯「う~ん。りっちゃんの話し!」

憂「そっかあ~あ、パン焼けたみたいだからそっちに持って行くね!」

唯「うん!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 16:49:50.08 ID:xZBCJnDOO
憂「ど~ぞ!」

唯「わぁ!美味しそ~」

憂「あ、お茶忘れちゃった!持って来るから先食べててね~」

唯「うん!いただきまーす」

憂「お茶持って来たよ!」

唯「ありがと~コレとっても美味しいよ!」

憂「そうなんだ~私も食べよっと、いただきます」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 16:53:02.69 ID:xZBCJnDOO
憂「本当!美味しい!」

唯「憂の作る料理は美味しいね!」

憂「えへへ~パンにチョコレート塗ってだけだけど、お姉ちゃんからそう言われると嬉しい!」

唯「じゃあ!もっと憂を嬉しくさせるよ!憂が作ったパン美味しい!」

憂「もぉーお姉ちゃんったら!ありがとう」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 16:57:04.10 ID:xZBCJnDOO
唯「ううん。美味しいパンありがとうね!」

憂「……ん?」

唯「どうしたの~?」

憂「ご、ごめん……何だか不思議な感じだよ」

唯「不思議?」

憂「何時も見てる光景なのに、何だか始めて見たような感じるんだあ~」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 17:05:05.20 ID:xZBCJnDOO
唯「気のせいって奴だよ~」

憂「そうだよね!」

唯「そうだよ。何時も見ている光景だもん。始めて見たような感じがする分けがないよ。何時も見てる。私も何時も見てるよ。だってさ毎日こうやって私は憂と朝ご飯を食べてる。それが始めて見る分けがないよお。」

憂「お、お姉ちゃん?」

唯「こんな美味しい物も毎日食べれるし、こんな可愛い妹とも毎日話せる。手を伸ばせば触れられる。その、柔らかい肌にね」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 17:09:58.90 ID:xZBCJnDOO
憂「ど、どうしたの?」

唯「ほら、触れられる」ギュッ

憂「お……姉ちゃん?」

唯「マシュマロみたいに柔らかい肌に手を伸ばせば触れられる。私は憂に何時でも触れられる。可愛い妹の肌に何時でもね」ギュッ

憂「痛っ……痛いよ」

唯「この体温をずっと感じられる。手を伸ばせば何時だって、感じられる。素晴らしいよね。何時でも憂に触れられるなんて素晴らしいよね」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 17:18:41.40 ID:xZBCJnDOO
憂「お姉ちゃん!痛いよ!」

唯「あ、ごめん……」

憂「……お姉ちゃん急にどうしたの?」

唯「別にどうもしてないよ……ご、ごめんね」

憂「ううん。お姉ちゃん急に早口になっちゃうんだもんびっくりしたよ~」

唯「ごめんね憂?」

憂「いいよ~」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 17:25:47.44 ID:xZBCJnDOO
唯「じゃあご飯も食べ終わったし歯磨きして学校行こっか!」

憂「うん!私は制服に着替えるからお姉ちゃんは先に歯磨きしててね~」

唯「は~い」

憂「じゃあ、制服に着替えてくるね!」

唯「わかった~」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 17:32:34.98 ID:xZBCJnDOO
ガチャバタン。

憂(はぁ、お姉ちゃんどうしたんだろう?)

憂(前はあんな早口で喋る事なんかなかったんだけどなぁ……)

憂「よいしょっと……」

憂(それに、あの不思議な感じはなんだろう?)

憂(う~ん。ま、いっか!)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 17:39:54.58 ID:xZBCJnDOO
憂「お姉ちゃん!着替え終わっ……ど、どうしたの!?」

唯「あ痛たたっ……」

憂「手とか切れてない?」

唯「だ、大丈夫……」

憂「なんで、鏡が割れてるの?」

唯「後ろに誰かが立っているかと思ったから……割った」

憂「……え?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 17:45:32.60 ID:xZBCJnDOO
唯「後ろに誰かが立っていたんだよ!その誰かは私だったけど」

憂「お姉ちゃん、手から血が出てるよ!」

唯「憂、私が後ろに立ってたのかな?」

憂「大変だ……ば、絆創膏持ってくるね!」

唯「憂!!質問にちゃんと答えて!!」ガシッ

憂「きゃっ!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 17:52:33.49 ID:xZBCJnDOO
唯「私の後ろに誰か立ってたの!?」

憂「お……お姉ちゃん?」

唯「私の後ろに私が立ってた……憂、私の後ろに私が居た?」

憂「誰もいないよ……誰もいない」

唯「そっか鏡の破片、片付けなきゃね」

憂「う、うん……あ!お姉ちゃん手見せて!」

唯「大丈夫、小さな切り傷だから大丈夫」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 17:59:32.42 ID:xZBCJnDOO
憂「で、でも……」

唯「大丈夫だって、鏡の破片を片付けようよ」

憂「うん……掃除機持って来るね」

唯「うん、足切れちゃうからさスリッパ無い?」

憂「持って来るよ……お姉ちゃん?」

唯「なあに?」

憂「手、本当に大丈夫なの?」

唯「えへへ~だいじょーぶ!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 18:08:50.51 ID:xZBCJnDOO
・・・・・

憂「お掃除終わったね……」

唯「終わったね~じゃあ学校行こっかぁ~」

憂「う、うん……お姉ちゃん?」

唯「なーにー?」

憂「本当にお姉ちゃんの後ろにお姉ちゃんがいたの?」

唯「居たよ~」

憂「それって……鏡に写ったお姉ちゃんじゃないのかなあ?」

唯「ほぇ?確かに居たよ」

憂「そ、そっか……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 18:17:36.12 ID:xZBCJnDOO
唯「憂、どうしたの?」

憂「ううん……何でも無いよ!早く学校に行こっか。遅れちゃうよ!」

唯「うん!」

憂「行ってきます」

唯「行ってきま~す」

憂(お姉ちゃん本当にどうしちゃったんだろう……)

唯「うぅ~寒い~」

憂「寒いね!」

唯「だね~」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 18:24:29.70 ID:xZBCJnDOO
和「あら?唯と憂じゃない」

憂「あ!和ちゃん!おはよー」

唯「おはよ~」

和「二人共、おはよう」

憂「和ちゃん今日は遅いんだね~どうしたのお?」

和「ちょっと寝坊しちゃったの」

唯「そうなんだあ~!」

和「あら?唯、その手の傷どうしたの?」

唯「私が鏡を割っちゃって切った!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 18:30:43.78 ID:xZBCJnDOO
和「そう、絆創膏貼ってないじゃない。ばい菌が入るから絆創膏貼ってあげるわね」

唯「はぁ~い」

憂(また……まただ。何時もの光景なのに、始めて見たような感じがする)

和「はい、今度から気をつけるのよ」

唯「わかったぁ~」

和「ん?憂?どうしたのボーッとして」

憂「う、ううん!何でもないよ!」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 18:39:46.16 ID:xZBCJnDOO
和「そう、あまり唯みたいにボーッとしたらダメよ?」

憂「う、うん……」

唯「和ちゃんそれ酷くない?言っていい事と悪い事があるんじゃない?今のは言ったらダメな事だよ」

和「……ごめんなさい」

唯「いいよ~」

憂「…………」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 18:45:03.73 ID:xZBCJnDOO
・・・・・・

唯「ふぃ~やっと学校に着いたね~」

和「そうね。私、生徒会に行ってくるからまたね」

憂「和ちゃんバイバイ~」

唯「バイバ~イ」

憂「意外に早く着いたね~」

唯「和ちゃんが急かすんだもん。そりゃ早く着くよ~」

憂「和ちゃん歩くの早いもんね~」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 18:52:10.97 ID:xZBCJnDOO
唯「本当に早いよね~」

憂「だよね~あ、そろそろ私も教室に行くからまたね~」

唯「もう行くの?」

憂「うん!梓ちゃん達と早くお喋りしたいもん!」

唯「憂は私よりも友達を取るの?」

憂「……?」

唯「憂は私より友達と話したいの?」

憂「……そんな事ないよ!どっちともいっぱいお喋りしたいよ!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 18:57:35.73 ID:xZBCJnDOO
唯「でも、憂は今あずにゃんとお喋りしたいんだよね?」

憂「うん!」

唯「それって、今の憂の中では私よりあずにゃんの方が大事って事になるよね?」

憂「な、ならないよ~」

唯「なるよ。私とあずにゃんどっちが大事なの?」

憂「どっちも大事だよ!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 19:33:01.70 ID:xZBCJnDOO
唯「でも、普通は友達より家族の方が大事なんじゃないの?どっちも大事っておかしいよ。おかしいよね?」

憂「お姉ちゃん何だか今日おかしいよ!どうしたの!?何か嫌な事あったの?」

唯「おかしいかなあ?私は何時もこうなんじゃないの?」

憂「お姉ちゃんは何時もほんわかしてるよ!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 19:40:43.25 ID:xZBCJnDOO
唯「ほんわかしてるの?」

憂「うん!何時のお姉ちゃんはほんわかしてるよ!今日のお姉ちゃんは何だかチクチクしてる……お姉ちゃん本当にどうしたの?」

唯「別にどうもしてないよ~。ほら、教室行くんでしょ?早く行かなきゃ」

憂「うん……機嫌悪かったら言ってね。何でもするから」

唯「ありがとう憂。バイバイ」

憂「うん……うん!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 19:47:01.58 ID:xZBCJnDOO
憂「純ちゃん梓ちゃんおはよー……」

梓「おはよう憂」

純「元気無いね。どーしたの?」

憂「お姉ちゃんがね……何だかチクチクしてるの」

純「ふぅん。憂のお姉ちゃんトゲ生えちゃったんだ」

憂「生えてないよ!性格がチクチクしてるの!」

梓「性格がチクチク?」

憂「うん、チクチクしてる……」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 19:51:44.23 ID:xZBCJnDOO
梓「唯先輩の性格がチクチクかぁ~あんまり想像出来ない」

純「だねー」

憂「今日のお姉ちゃん何だか怖いんだよ!私の手を強く握ったり私と梓ちゃんどっちが大事か聞いてきたり!」

梓「唯先輩がそんな事……」

純「大変だね~」

憂「それに今日は何だか変な感じがするし……」

梓「変な感じ?」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:00:16.64 ID:xZBCJnDOO
純「どんな感じがするの?」

憂「何か何時も見ている光景なのに始めて見たような感じがするの」

梓「どう言う事?」

憂「あのね、お姉ちゃんがパンを食べる光景とか、お姉ちゃんが和ちゃんと話してる光景とか、何時も見てる光景なのに始めて見たような感じがするの!」

純「それってジャメヴじゃない?」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:08:02.19 ID:xZBCJnDOO
梓「じゃ、ジャメヴ?」

憂「純ちゃんジャメヴって何?」

純「う~ん……ほら、何時も見ている光景が始めて見たように感じる事をジャメヴって言ってさ……例えば」

梓「な、何!?」

純「梓ーよしよし」ナデナデ

梓「撫でないでよーもー!」

純「これって何時もの光景だよね?」

憂「うん!」

梓「なんなのよー!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:17:54.90 ID:xZBCJnDOO
純「この光景が始めて見たように感じる、これがジャメヴ!未視感とも呼ばれてる!えっへん!」

憂「純ちゃんすごーい!」

梓「私、実験台!?」

純「デジャブとは反対の言葉らしいよ!憂はジャメヴを見てるんだよ」

憂「私が……ジャメヴを見てる?どうしてかなあ?」

純「そこまでは知らないよ~」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:27:40.78 ID:xZBCJnDOO
憂「そっかあ……」

純「あ、でも……ジャメヴなんてただの物忘れだよ。何時もの光景を憂は忘れてるだけだよ」

憂「そうだといいなぁ……」

梓「んもう!純は私は実験台にしたの?」

純「そうだよ~ま、憂はあまり色々考え過ぎない事だよ。何かあれば相談のるから」

憂「ありがとう!」

梓「私も相談のるよ!」

憂「梓ちゃんもありがとうね」

純「偉いえらーい」ナデナデ

梓「だから撫でないでよ。もー!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:47:45.61 ID:xZBCJnDOO
放課後。

純「あー…これから部活かぁ~」

梓「面倒臭そうだね」

憂「純ちゃん頑張って!」

純「はいはい。ありがとね~」

梓「憂は今日はすぐ帰るの?」

憂「ううん。今日は梓ちゃんと一緒に軽音部に行こうかと思って……」

梓「本当!?」

憂「うん!本当だよ~」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:52:51.96 ID:xZBCJnDOO
梓「ありがとう!」

純「梓、よかったね~。んじゃ私はジャズ研行ってくるからまた明日ね~」

梓「バイバイ純」

憂「バイバーイ!」

純「はいはーい」

梓「私達も部室行こっか」

憂「うん!お姉ちゃん達は居るかなあ?」

梓「昨日もお茶してたし今日も居ると思うよ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:06:21.05 ID:xZBCJnDOO
憂「そっかあ~」

梓「本当、お茶してないで勉強して欲しいですよ!」

律「よお!梓ー!」

梓「あ、律先輩こんにちは!」

憂「律さんこんにちは」

律「こんちはー!二人共、どうしたんだ?」

梓「どうしたって部室に行く所ですよ」

律「あーそっか!んじゃ私も行く!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:12:41.35 ID:xZBCJnDOO
梓「私も行くって……勉強はしなくていいんですか?」

律「大丈夫、大丈夫。澪達はもう部室に居るかもな!」

梓「あれ?澪先輩達と一緒に行かなかったんですか?」

律「私はちょっと用事があったからな~」

憂「お姉ちゃんも部室に来てますか?」

律「あー来てると思う。なぁ憂ちゃん?」

憂「どうしたんですか?」

律「唯の奴、何だか様子がおかしかったけど何かあったのか?」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:20:57.41 ID:xZBCJnDOO
憂「いえ、特に何も無いですよ」

律「そっか、変な質問してごめんな」

憂「あの!私もお姉ちゃんの様子がおかしいと思ってるんです」

律「憂ちゃんも?」

憂「はい……今朝、鏡を割っちゃうし……性格がチクチクしてますし」

律「鏡を割ったのか……?実は昼休み中に唯、自分の手鏡を割ってたんだ」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:34:34.33 ID:xZBCJnDOO
憂「手鏡を……?」

律「ああ、私がいるって言いながら割ってた」

憂「……今朝も同じ事を言ってました」

律「そっか……鏡を割る唯の顔がさ、何だか凄く怖かったよ」

梓「唯先輩が怖い?」

律「怖かったよ。まるで唯じゃないみたいだった」

憂「お姉ちゃん、何かあったんですかね?」

律「憂ちゃんが分からないんじゃ私も分からないよ……」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:41:04.48 ID:xZBCJnDOO
梓「唯先輩……」

律「それにさ、何か唯を見てると不思議な感じがしたんだ」

憂「不思議な感じ……それって、何時も見てる光景が始めて見るように感じました?」

律「少し違うけど大体同じだよ。今日の唯を見てるとさ、何時もの唯じゃないみたいに感じるんだ。唯を始めて見たように感じるんだ」

梓「ジャメヴですね……」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:49:08.31 ID:xZBCJnDOO
律「じゃめ……何だって?」

梓「何時も見てる光景が始めて見たように感じる事をジャメヴって言うらしいですよ!」

律「難しい言葉を知ってるんだな」

梓「純から教えて貰ったんですけどね」

憂「あの、律さんと同じ事を私も感じているんです」

律「憂ちゃんもか?」

憂「はい、お姉ちゃんがパンを食べてる光景とか和ちゃ……和さんと話してる光景とか始めて見たように感じるんです」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 22:00:06.11 ID:xZBCJnDOO
律「それって……何時も見てる光景が始めて見るように感じるんじゃ無くて、唯の事が始めて見るように感じるんじゃないのか?私が感じてるみたいに」

憂「お姉ちゃんの事を始めて見たように感じる……そう言えば昨日からお姉ちゃんが大人びて見えてるんです」

律「始めて見たように感じるんじゃなくて?」

憂「今、思えばお姉ちゃんが大人びて見えたのは始めて見たように感じたからかも知れません」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 22:11:43.27 ID:xZBCJnDOO
梓「そんなに唯先輩を見るとおかしいな?って思うんですか?」

律「まあ、会って見れば分かるよ。ムギ達も私と同じ事を言ってたし」

梓「そ、そうですか……何だか少し怖いです」

憂「大丈夫だよ……ただ始めて見るように感じるだけでお姉ちゃんはお姉ちゃんだよ」

律「うん、憂ちゃんの言う通りだ!ほら、あれこれ話してる内に部室に着いたみたいだから入るぞー!」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 22:18:21.37 ID:xZBCJnDOO
ガチャ。

律「ういーっす」

澪「あ、律!やっと来た!」

唯「あーずーにゃん!」ダキッ

梓「にゃっ!ゆ、唯先……輩?」

憂(またジャメヴだ……)

唯「あずにゃんどうしたの~?」

梓「……う、憂?律先輩?」

律「…………」コクッ

唯「あずにゃん何か反応が薄いよ~」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 22:27:02.10 ID:xZBCJnDOO
梓「ゆ、唯先輩離して下さい」

唯「はぁ~い!ほえ?憂だあ!」

憂「お、お姉ちゃん勉強ははかどってる?」

唯「えーと。今はティータイム中なんだ!」

紬「そうよ~今、三人の分の紅茶入れるわね~」

憂「あ、ありがとうございます!」

澪「ほら、唯……梓に抱き着いてないでそろそろ勉強するぞ」

唯「ティータイムが終わってからがいいなあ~」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 22:35:33.58 ID:xZBCJnDOO
澪「ダーメ!もう受験は近いんだし勉強するぞ!」

唯「いーやーだー!」

澪「ティータイムやりながらでもいいから……」

唯「うるさいよ!」ドンッ

澪「痛っ……」ドテッ

梓「ゆ、唯先輩!」

唯「私が嫌って言ったら嫌なんだよ!」

憂「お姉ちゃん……どうしたの?」

唯「うーいー、澪ちゃんが虐めるー……怖いよお」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 22:42:55.84 ID:xZBCJnDOO
紬「ど、どうしたの?」

唯「ムギちゃん澪ちゃんが虐めるぅ~」

澪「い、虐めて何か無い……」

梓「澪先輩は唯先輩の事を思って言ったんですよ!」

律「あぁ、澪はみんなと一緒の大学行く為に言ってくれたのに……虐めるって酷く無いか?」

唯「何で?今までなら私の我が儘が通ってたよね?何でみんな私の言う事を聞かないの?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 22:51:47.40 ID:xZBCJnDOO
梓「ゆ、唯先輩こそどうしたんですか?」

唯「私はどうもしてないよ。何時もの私と同じだよ。何時もの私とね」

憂「お姉ちゃん……今のはお姉ちゃんが悪いよ……澪さんにごめんなさいしなきゃダメだよ」

唯「憂……憂までそんな事言うの?」

律「唯……本当にどうしたんだよ!?」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 22:58:22.53 ID:xZBCJnDOO
唯「どうもしてないって言ってるじゃん。逆に聞きたいよ。みんなどうしちゃったの?」

紬「澪ちゃん怪我とか無い?」

澪「だ、大丈夫……」

唯「何でみんなは私ばっかり攻めるの!?おかしいよ!みんなおかしい。頭がおかしい、おかしい!おかしいよ!おかしいみんなおかしい!」

憂「お姉ちゃん……?」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 23:06:48.34 ID:xZBCJnDOO
唯「だってさ!みんな私の我が儘聞いてたじゃん!何で今になってみんな私の我が儘を聞かないの!?」

憂「お姉ちゃん!」

唯「憂……憂にずっと触れたかったしみんなとティータイムがずっとしたかった……」

紬「…………」

唯「みんな……私の事が嫌いなの?」

憂「嫌いな分けが無いよ!みんなお姉ちゃんの事が好きだよ!!」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 23:19:39.77 ID:xZBCJnDOO
唯「そっかみんなは私の事が好き何だね。じゃあ私の我が儘くらい聞いてよ」

憂「お、お姉ちゃん……」

唯「私は平沢唯だよ」

さわ子「唯ちゃん!」

律「さ、さわ子先生……」

さわ子「唯ちゃん……なのよね?」

唯「先生、どうしたの?何かあったの?」

さわ子「……死体が見つかったらしいわ。唯ちゃんの死体が見つかったらしいわ……」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 23:26:34.08 ID:xZBCJnDOO
律「え?でも、唯はここに……」

さわ子「えぇ、唯ちゃんは此処にいるわ……だから多分警察の人違いだと思うわ。よかった唯ちゃんが生きてて……」

憂「アナタは……誰?」

唯「誰に言ってるの?」

憂「お姉ちゃんに言ってるんだよ……アナタは誰?」

唯「私は平沢唯だよ。平沢唯。私の事忘れちゃったの?」

憂「違う……お姉ちゃんじゃない」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 23:33:57.61 ID:xZBCJnDOO
唯「私は唯だよ」

憂「違う……何で私達がお姉ちゃんにジャメヴを感じたか分かる?それは、アナタがお姉ちゃんじゃないから……」

唯「ジャメヴ?」

憂「アナタはお姉ちゃんじゃないから、私達はジャメヴを感じた。お姉ちゃんは何処なの?」

唯「……トラックで弾かれたよ」

憂「そ、そんな……」

唯「嘘だよ。私が殺した」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 23:40:43.33 ID:xZBCJnDOO
紬「こ、殺した?それも嘘よね?」

唯「この両手で殺したよ。首をぎゅーっと締めてね。段々、目が赤くなって行くんだ。体もね凄く震えてた。顔が真っ青になってさ血管が顔に浮き出て青いメロンみたいだったよ。やっと殺してやった」

憂「そんな……そんな……」

律「お前は……誰なんだ!?」

唯「だから、言ってるでしょう?平沢唯だって」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 23:48:11.54 ID:xZBCJnDOO
憂「お姉ちゃん……ううっ……」

唯「私は平沢唯だよ。平沢唯のドッペルゲンガー……ずっと入れ変わりたかった。ずっとずっと……」

梓「ゆ、唯先輩のドッペルゲンガー……」

唯「殺して、やっと入れ変われたのに……みんな嫌いだよ。大嫌いだよ。殺したはずの私が時々私の目の前に現れるし……」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 23:53:50.25 ID:xZBCJnDOO [77/78]
憂「お姉ちゃんを返して!返しよお!!」

唯「私じゃダメなの?」

憂「お前なんかお姉ちゃんじゃないよお!!あっち行けっ!」

唯「…………」

憂「お姉ちゃん……うぅっ……本当は生きてるんだよね?お姉ちゃんは本当に生きてるんだよね?」

唯「だから、殺したって言ってるでしょう!一回で理解してよ!!」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 23:59:53.95 ID:xZBCJnDOO [78/78]
憂「……ぐすっ」

唯「憂……な、泣かないで……泣かないでよ」ガシッ

憂「触らないでっ人殺し!」パシッ

梓「け、警察呼びましょう……」

律「そ、そうだな……」

憂「お前なんかお姉ちゃんじゃない!……殺してやる。殺してやる。殺してやる」ギュウウ

唯「う、憂……く、苦し……っ苦しい……」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/13(土) 00:11:17.76 ID:jR4B5QBFO [1/3]
梓「う、憂!?」

憂「殺してやる……」ギュウウ

唯「た、だすげてっ!ヒュッ……ヒューッ」

律「憂ちゃん……ダメだ!」

憂「離して下さい!本当のお姉ちゃんは死んでます……だから、こっちの偽物を殺しても……警察に何も疑われません」ギュウウ

律「だからって……お前らも憂ちゃんを引き離すのを手伝ってくれよ!」

紬「…………」

律「ムギィッ!!」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/13(土) 00:20:37.18 ID:jR4B5QBFO [2/3]
紬「りっちゃん……ごめんなさい」

律「ムギ……」

唯「ヒュッヒューッ。ヒューッ……ヒューッ」

律「梓!」

梓「…………」

律「澪!?」

澪「…………」

さわ子「ね、ねえ。憂ちゃんどうしたの!?」

唯「…………」ビクビクッ

憂「フーッ……フーッ……」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/13(土) 00:26:19.67 ID:jR4B5QBFO [3/3]
憂「………………」

律「死んだ……のか?」

憂「ううっ……おぇぇっ!」ビチャビチャ

さわ子「こ、殺したの!?な、何で……け、警察……」

律「さわちゃん!理由は後で話す……だから今は警察に言わないでくれ……」

憂「ううっ……」

律「なあ憂ちゃん死体……どうする?」




END

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。