FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「勘定奉行にまかせあ~れ~」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 21:31:18.98 ID:FKfUmrIIO
梓「勘定奉行になったので評定所を作りました!」

純「ナニソレ?」

梓「トラブルとかがおこった時に私が処分を決めるんだけど、その相談所だよ」

純「へ~」

純「ってそれ結構偉い人なんじゃない?梓」

梓「まあね~」えっへん

純「なんで梓が…」

梓「いいでしょ。別に」
梓「まっ何か相談があれば評定所まで。あと宣伝しといてよ」

純「わかったわかった」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 21:45:14.42 ID:FKfUmrIIO
――――――

梓「さてと!」

梓「バッチリ宣伝もしたし誰か来ないかな~」

梓「部活はしばらく休むっとことになっちゃったけどしょうがないよね…」

梓「唯先輩には行かないで~って泣きつかれたけど…」

梓「…我慢我慢。がんばろっと」

ガララ

梓「おっ」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 21:55:53.23 ID:FKfUmrIIO
純「あずさぁ!」ウワーン

梓「なんだ純か」

純「なんだって何~」シクシク

梓「じょ、冗談だよ。何か相談?」

純「うん…」

梓「ふむ」

純「私の頭をさ…モップとか言って馬鹿にする人がいるんだよぉ」

梓「そんな人が…」

純「ヒドいよね!」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 22:05:33.37 ID:FKfUmrIIO
純「私はこの髪型気に入ってるけどさ…いっそのこと変えようかなって…」

梓「う~ん」

純「どう思う?」

梓「そんなことする必要無いよ」

純「でも…」

梓「モップって言ってる人だって別に本気で馬鹿にしてるわけじゃないよ」

純「そうかな…」

梓「そうだよ。純はムードメーカーみたいな所もあってちょっといじられてるだけで」

梓「決してイジメられてるって分けじゃないよ」
純「うん…」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 22:13:10.75 ID:FKfUmrIIO
梓「それに私は純の髪型かわいいと思ってるしさ」

梓「唯先輩もモコモコかわい~って言ってたよ」

純「そっか///」

梓「うん!おっぱいだってそこそこ大きいし身長もそこそこ高いしファンクラブ出来たっておかしくないよ!」

純「そうかな~///」デヘヘ

梓「うんうん。純は笑ってる方がいいよ」

梓「てことで純は変に悩むよりモップって言われたときのツッコミを考えなさい」

純「わかった!なんか元気でたよ梓。ありがとう」

梓「いえいえ」

純「じゃ~ね~」

バタン

梓「一件落着。今日はこんなもんにしとこう」

―――――


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 22:38:31.75 ID:FKfUmrIIO
そんなこんなで一週間ぐらい立ちいくつかのトラブルを解決して評定所と私もそこそこ有名になりました

――――

梓「さてと今日も誰か来るかな~っと」

ガララ

?「…」

梓「いらっしゃ…い?」

梓(マスクで顔隠してる…けど)

?「…」

梓(この髪と乳…澪先輩だよね…)

梓「…何かご用でしょうか」

?「はい…実は…」

梓(ボイスチェンジャーまで…)


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 22:45:17.52 ID:FKfUmrIIO
?「実は幼なじみの事が気になってるんですが」

梓「気になる…とは?」

?「…好き…なのかも」

梓「なるほどなるほど」(なんとっ)

?「でも向こうはそんな風に私を見てないみたいで…」

梓「なるほどなるほど」

?「私も素直になれなくて…向こうが冗談で抱きついてきたりしても殴ってしまうんです」

梓「なるほどなるほど」

梓「思い切って想いを打ち明けて見ては?」

?「断られた時のことを考えると…」

梓「なるほどなるほど」
?「それやめろ」

梓「スイマセン」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 22:54:11.50 ID:FKfUmrIIO
梓「…私の知り合いにも幼なじみのコンビがいます。二人はとても仲良しです」

?「…」

梓「想いを伝えてそれに答えてくれるかは分かりませんが…」

梓「少なくとも関係が壊れるってことは無いです!」

?「そう…かな…」

梓「そうです!」

?「…うん」

?「…相談しといて何だけどやっぱりもう少し考えてみるよ」

梓「そうですか…」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 22:57:23.00 ID:FKfUmrIIO
?「ごめんな。私に勇気がないから」

梓「いえ。私も力になれなくて…」

?「いや、話せて少し気が楽になったよ。ありがとう」

梓「はい」

?「じゃあ今日は失礼するよ。しゃあな梓」

梓「またです」

ガララ

梓「…ふぅ」

――――


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 23:00:51.70 ID:FKfUmrIIO
梓「昨日は力になれなかったなぁ」

ガララ

律「あずさっ!」ウルウル

梓「ど、どうしたんですか律先輩」

律「澪がぁ…澪がぁ」

梓「落ち着いてください」

律「…最近澪の殴るパワーが上がっててさ…」

梓「はぁ…」(澪先輩…)

律「私の事嫌いなのかなって…」シクシク

梓「そ、そんなことないです!」

律「だって私だけ殴るし…」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 23:37:30.37 ID:FKfUmrIIO
梓「いいですか律先輩?」

梓「澪先輩が律先輩を殴るのは一番信頼しているからです」

律「そんなこと…」

梓「そんなことあります」

梓「澪先輩が律先輩のこと嫌いならここまで一緒に来てないです」

律「うん…」

梓「…律先輩は澪先輩のことどう思ってるんですか?」

律「どうって…」モジモジ

梓「…」

律「…好き…なのかな」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/13(土) 23:52:21.82 ID:FKfUmrIIO
律「か、勘違いするなよ!友達としてだからな///」

梓「はいはい」

律「くっ///」

梓「そうですねぇ…」

梓「…律先輩、お家に帰ったら澪先輩を家に呼んであげてください」

律「ん?いいけど…」

梓「それで澪先輩に思いっきり抱きついてください」

律「えぇ!?」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 00:08:44.02 ID:0u35dX7lO
律「また殴られるって…」

梓「いえ…ふざけた感じじゃなくて真剣に目を見て名前呼びながらいってください」

律「えっ」

梓「それで殴られたり何も起こらなかったらまたきてください」

律「う…うん。わかった」

梓「きっと大丈夫です!」

律「やってみるよ」

梓「がんばってください」

律「あぁ…ありがと梓」

梓「いえいえ」

――――

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 00:18:35.76 ID:0u35dX7lO
梓「ふ~」テクテク

梓「律先輩達どうなったかなあ」

ガララ

梓「ん」

ヒラヒラ

梓「手紙…律先輩からだ」

~~~~~

梓へ

昨日梓に言われた通りやったら、まぁうまくいったってゆうか…なんとゆうか///

サンキューな梓

梓もがんばれよ!

~~~~~


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 00:29:59.44 ID:0u35dX7lO
梓「おー上手くいったのか~」

梓「…私もがんばれって///」

梓「…」

梓「軽音部行かなくなって一週間ぐらいか…」

梓「…」

『あずにゃーん』ギュー

梓「はぁ…何やってんだろ…」

ガララ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 00:35:20.70 ID:0u35dX7lO
唯「あずにゃーん!」ワーン

梓「ゆ、唯先輩!」

唯「相談があるだよう」ウルウル

梓「どうしたんですか」

唯「私の大好きな後輩がいるんだけどさ…」

梓「…はい」

唯「その子はツインテールで黒髪でネコみたいな娘なんだけど」

梓「…」

唯「その子が勘定奉行っていうのになってさ」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 00:50:03.79 ID:0u35dX7lO
唯「全然部室にも来てくれないし構ってくれないの」

梓「…」

唯「最初は応援しようと思ったけど…」

唯「やっぱり私のそばに居てくれないとヤダ!」

梓「…」

唯「それで相談しに来たの」

梓「…」

唯「あずにゃん…」

梓「わ、私…」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 01:03:20.52 ID:0u35dX7lO
梓「勘定奉行をやめます!」

唯「!」

唯「あずにゃーん!」ギュー

梓「///」

唯「ざびしかっだよぉぉ」

梓「ごめんなさい」

唯「でも…いいの?勘定奉行さん…」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 01:07:28.66 ID:0u35dX7lO
梓「はい…純にでもやらしますよ。それに…」

梓「唯先輩といた方がずっと楽しいです///」ギュ

唯「あずにゃん…///」ギュー

梓「///」

唯「今からデートいこっデート!」

梓「わかりました///」

―――――

つぎのひ評定所

純「なんで私が…」



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。