FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂「かわいいあの子は髪の毛結び」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:49:41.40 ID:lxRFAGrZ0 [1/38]


憂「ひ、平沢憂です」

憂「えっと…みんなと仲良くして、楽しい中学校生活にできたらいいなと思ってます」

先生「はい、ありがとうございました。では次の人…」

 ガタ

憂「…」ドキドキ

 「…」ジー

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:50:23.00 ID:lxRFAGrZ0 [2/38]
~休み時間

憂(ふぅ、終わったぁ)

憂(緊張するなあ…)

憂「…」キョロキョロ

憂(知ってる人いない…)

憂(どうしよう…お姉ちゃんのところに…)

憂(ってダメダメ!がんばってお友達作らなきゃ!)

 「ねえ!」

憂「ひゃいっ!?」

純「ぷっ!びっくりしすぎー!」ゲラゲラ

憂「…えと…あなたは?」

純「はぁ?さっき自己紹介したんだけど!」

憂「ご、ごめんなさい緊張してて…」

純「ひどっ!…あんたは平沢だっけ?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:51:03.05 ID:lxRFAGrZ0
憂「う、うん」

純「ふーん…」ジロジロ

憂「あ、あの」

 キーンコーン…

純「あ、もう始まる。じゃ」

憂「あ…」

憂(お名前きくのわすれちゃった…)

憂(せっかくのチャンスだったのに)

憂(……なにしてるんだろ)

憂「はぁ…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:51:43.15 ID:lxRFAGrZ0


先生「では係を決めたいと思います」

憂(どうしよう…みんな二人ずつだ)

憂(知らない人と一緒になっちゃう)

憂(…って積極的にいかなくちゃ)

純「平沢さーん!」

憂「あ…」

純「平沢さん係ナニにすんの?」

憂「えっと、まだ…」

純「ふーん。何も出来なさそうだもんねえ」

憂「!」ガーン

先生「こちらの列の人から黒板に記入してください」

純「あ、ほら早く行きなよ」

憂「う、うん」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:52:23.34 ID:lxRFAGrZ0
憂(うわ、みんな決めるのはやい…)

憂(あわわわ…これでいいや!)

 カキカキ

憂(…ふぅ)

先生「では次の列の人」

憂(何にしちゃったんだろ…)

憂(…体育係…うわぁ、大変そうだ…)

憂(…ん?)

純「…」カキカキ

憂(あれ、あの子も体育…)

憂(鈴木純ちゃんかぁ…体育好きなのかな?)

憂(でもなんだか安心しちゃった)

純「…」ジー

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:53:03.51 ID:lxRFAGrZ0
憂「あの!よ、よろしくね!」

純「ん?なにが?」

憂「えっ、係一緒だから…」

純「あーそうなんだ」

憂「う、うん」

純「ふーん。よろしく」

憂「うん!よ、よろしく!」

純「…で?」

憂「え?」

純「まだ何か用あんの?」

憂「う、ううん…」

純「じゃ、バイバーイ」

憂「うん…」

 トボトボ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:53:43.95 ID:lxRFAGrZ0
憂(何か悪いことしちゃったかなぁ)

憂(お友達になれると思ったのに…)

 「ういー?」

憂「?」クル

唯「あ、ういー!」

憂「お姉ちゃん!」

 タタタ

唯「どう?大丈夫だった?」

憂「う、うん」

唯「お友達はできたー?」

憂「……ううん」

唯「ふふふー、大丈夫。憂ならいっぱいお友達できるよ」ナデナデ

憂「うん、ありがとうお姉ちゃん」

唯「何かあったら私のところまでくるんだよ」

憂「うん」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:54:24.28 ID:lxRFAGrZ0
唯「……もう授業始まっちゃう。じゃあね」

憂「うん、ばいばい」

憂(お姉ちゃんも来てくれたんだし、がんばらなくちゃ!)

憂(よーし…!)



唯「ただいまー」

唯「ういー?」

憂「……あ、お姉ちゃん…」

唯「ごめんね一緒に帰れなくて」

憂「ううん…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:55:04.27 ID:lxRFAGrZ0
唯「…憂?」

憂「?なあに…?」

唯「元気ないよ。どうしたの?」

憂「……実は、まだお友達できなくて…」

唯「…」

憂「…はぁ」

唯「うい」

憂「?」

唯「憂なら大丈夫だよ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:55:44.64 ID:lxRFAGrZ0
憂「そう、かな」

唯「うん、憂は優しいから、みんなの方から近づいてくるよ!」

憂「うん…」

唯「まだみんな慣れてないからもうちょっと頑張ろう?」

憂「…うん」

 ギュ

唯「…お姉ちゃんの言うことだからね、ほんとだよ?」

憂「…ありがと、お姉ちゃん」

唯「えへへ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:56:25.75 ID:lxRFAGrZ0
~二日後

憂(もうちゃんとした授業が始まるんだ)

憂(頑張ろう!)

憂(…まだお友達できないけど…)



憂「…」

憂「次は体育かぁ…」

憂(係だから早めにいかなくちゃ)

 タタタ

 「…」

 タタタ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:57:05.93 ID:lxRFAGrZ0
先生「じゃあメジャーを用意してくれ」

憂「は、はい」

先生「…ところで、もう一人は?」

憂「あ、まだです…」

憂(忘れちゃったのかな?)

先生「仕方ないな…」

 「おくれましたー!」

憂「!」

純「ふー、ごめんなさい忘れてました!」

憂「ごめんね、わたしが誘えば…」

純「このメジャーを用意すればいいですか?」

憂「え…」

先生「ああ、よろしく」

憂「…」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:57:46.04 ID:lxRFAGrZ0


憂「…うん、そうなんだあ」

 「うん、それでね…」

憂(やっと話せる人できた…よかった)

 「平沢さん?」

憂「ん?あ、ああごめんなさい!」

 「もー」

憂「えへへ」

憂(お友達になれそうかな…?)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:58:26.24 ID:lxRFAGrZ0
純「おらおらー!」ズカズカ

 「わっ!」

憂「あ…鈴木、さん」

純「あんたこんなやつと話してんのー?」

 「えっ?」

純「こっち来なよ、こっちの方が楽しいよ!」グイグイ

 「ちょ、ちょっと」

憂「…」

純「ほら!」

 「ご、ごめんね平沢さん、またね」

憂「うん…」

純「がははー!」

憂「…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:59:06.52 ID:lxRFAGrZ0
憂(また一人になっちゃった)

憂(もっと積極的に行こうって決めたのに)

憂(……ダメダメだなぁ、わたし…)

 「平沢さん!」

憂「へ?」

純「一人でなにしてんの?」

憂「あれ?鈴木さん…」

純「友達いないの?」

憂「……」

純「まあ地味な顔してるしねぇ」

憂(地味…)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 20:59:46.69 ID:lxRFAGrZ0
純「…」

憂「…?」

純「何か言うことないの?」

憂「え?」

純「バカにしてるのに、怒らないわけ?」

憂「…だって、地味なのは本当だし…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:00:44.56 ID:lxRFAGrZ0
純「…はぁ~」

憂「?」

純「つまんないなぁ」

憂「…」

純「もっとつっかかって来てくれたらよかったのに」

純「なんかもう飽きちゃった。バイバーイ」

憂「うん、ばいばい…」

純「あー、つまんない!」

憂「…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:03:56.02 ID:lxRFAGrZ0


憂(やっとお昼だ)

憂(ゆっくりしてよう)モグモグ

憂「…」

憂(さっきの人も他の人と話してるし、入りづらいな)

憂(…一人は、寂しいな)

 「あー、平沢さーん!」

憂「え?」

純「うわ、何このお弁当」

憂「え…」

純「…」パク

憂「あっ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:07:02.13 ID:lxRFAGrZ0
純「…これ平沢さんが作ったの?」

憂「う、うん。どうして分かったの?」

純「やっぱりかぁ、これおいしくないもんね」

憂「えっ…」

純「…」パク

純「うわ、これも」

憂「…」

純「もっと練習しなよ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:10:12.80 ID:lxRFAGrZ0
憂「……ひっ」

純「ん?」

憂「ふっ…うわぁぁぁん…」

純「えっ?」

憂「ひっく……うぅ…わぁぁん」

純「え、えっ!?」

憂「おねえちゃぁぁん…うぅ…」

純「あわわ…じゃ、じゃあね!」ドヒュン

憂「…」グス

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:13:39.02 ID:lxRFAGrZ0


先生「…じゃあ、落ち着いたら授業に戻ってね」

唯「はい、ありがとうございました」

憂「…」

 バタン

唯「……うい」

憂「…ごめんなさい」

唯「ううん、怒ってないよ」

憂「ごめんなさい…」

唯「怒ってないから、ね?」

憂「…ごめん、なさい…」グス

唯「よしよし」ナデナデ

憂「おねえちゃぁん…」ギュー

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:16:53.00 ID:lxRFAGrZ0
唯「…何かあったの?」

憂「…」

唯「よかったら教えてほしいな」

憂「…うん」



唯「…そっか」

憂「うん…」

唯「憂のお弁当はおいしいよ」

憂「そんなこと…」

唯「ううん、だって今日初めて作ったんでしょ?私美味しくてみんなに自慢しちゃった!」

憂「…」

唯「私なんて全然…」

憂「そんなことない!」

唯「…憂?」

憂「わたしの料理なんか、すてちゃえばいいんだよっ!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:20:05.13 ID:lxRFAGrZ0
唯「…うい」

憂「わたしなんてお姉ちゃんみたいにお友達もいないし、なんにも出来ないの!」

唯「憂」

憂「わたしなんて…」

 ギュ

唯「そんなこといっちゃだめ」

憂「あ…」

唯「憂は私の自慢の妹なんだから、もっと自信もって」

憂「…お姉ちゃん…」

唯「ね?」

憂「……ごめんなさい…」

唯「いいよぉ」

憂「…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:23:55.78 ID:lxRFAGrZ0


純「…はぁ」

純「……」

 「おーい」

純「?」

唯「こんにちは」

純「こんにちは…えっと…」

唯「ああ、平沢唯です」

純「平沢…?」

唯「うん、憂のお姉ちゃん」

純「あ、ああ…」

唯「それで、憂のことなんだけど」

純「…ごめんなさい!」

唯「……へ?」

純「え?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:26:42.88 ID:lxRFAGrZ0
純「えっと、わたしを殴りに来たんじゃ…」

唯「えーっ、そんなことしないよー」

純「でも、わたし平沢さんにひどいことしたし…」

唯「…ふふー」

純「?」

唯「ひどいことしたって、わかってるんでしょ?」

唯「なら別に怒ったりはしないよ」

純「じゃあ何を…」

唯「憂とね、仲良くしてほしいって頼みに来たんだ」

純「…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:29:32.52 ID:lxRFAGrZ0
唯「…だめかな?」

純「……そんなこと…」

唯「え?」

純「だめなわけ、ないじゃないですか…」

唯「じゃあ…」

純「でも!わたしもう平沢さんにどんな顔して会えばいいか…」

唯「大丈夫だよ、だって…」

純「わたしだって仲良くしたかったのに!でも…ひどいことばっかりやっちゃって…」

唯「純ちゃん、大丈夫だよ」

純「どうしてそんなこと言えるんですか!」

唯「…憂ね、さっきも純ちゃんと仲直りしたいって言ってたよ」

純「え…」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:32:57.33 ID:lxRFAGrZ0
唯「ずっと純ちゃんのこと心配してた」

純「そんな…」

唯「だからね、憂がちゃんと謝ったら許してあげて欲しいんだ」

純「わ、わたしが悪いんですよ!だから」

唯「ううん、憂に謝らせてあげて」

唯「憂、自信なくしちゃってるから、だから憂からきっかけをつくらせてあげてほしいんだ」

純「そんな…」

唯「お願い」

純「…でも、わたしが謝らないと…」

唯「憂なら平気だから、お願い」

純「…そんなのっ、ずるいです…よぉ…」

唯「ごめんね」ギュ

純「わたしが、謝らなくちゃ…ひっく…そんなの…ぉ」

唯「ありがとね」

純「…っ、うわあああああん!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:36:02.42 ID:lxRFAGrZ0


純「ね、ねえ平沢さん」

憂「ん?あ、鈴木さん」

純「あのね…その…」

憂「ごめんなさい!」

純「あっ…」

憂「わたし、鈴木さんに迷惑かけちゃったよね。だから謝っておきたいと思って」

純「わ、悪いのはわたし……」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:37:01.62 ID:lxRFAGrZ0
憂「ううん、そんなことないよ」

純「…でも…」

憂「…す、鈴木さん」

純「…?」

憂「よかったら……お友達になってほしい、です」

純「…!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:37:42.49 ID:lxRFAGrZ0
憂「…」チラ

純「…」

 ガシッ!

憂「ふわっ」

純「…すぅー……」

憂「? ??」

純「あったりまえでしょおおおおおおおおおおおお!!」

憂「うっ」キーン

純「…はぁ、はぁ……」

憂「……えへへ」

___
_____

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:40:23.48 ID:lxRFAGrZ0
純「……とまあこんな感じ」

梓「…」

憂「懐かしいねー」

梓「…唯先輩もいまよりずっとお姉ちゃんだね…」

憂「お姉ちゃんは今でもお姉ちゃんだよー」

梓「……それより、純なにしてるの」

純「ほら、よくあるじゃん。好きな子にちょっかい出したりとか」

梓「ああ、律先輩も言ってたけど…」

純「でしょ?好きの裏返しみたいな」

梓「でも、さすがに中学生でやらないよ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:43:37.74 ID:lxRFAGrZ0
純「まあ、若気の至りってやつ?」

梓「憂がかわいそう」

憂「あはは」

梓「…やっぱり純は純だね」

純「なによー」

梓「今と大して変わらないなって」

純「そんなことないし」

純「だって今はー…」

 ギュー

憂「わっ」

純「憂大好きーっ」

梓「…」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:46:31.78 ID:lxRFAGrZ0
純「…こうすればいいだけだもんねー!」

憂「純ちゃんったらぁ」

梓「……はぁ」

純「文句あんの?」

梓「別に」

純「やれやれ、嫉妬は見苦しいぜ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:47:48.41 ID:lxRFAGrZ0
梓「なっ、誰が嫉妬してるの!」

純「私が憂と仲良しこよししてるからいじけちゃったんでしょ」

梓「そんなことない!」

憂「まあまあ」

純「私のほうが憂と付き合い長いもんねー」

梓「…」イラ

憂「純ちゃんやめなよぉ」

純「ああ、ごめんね憂」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:50:22.37 ID:lxRFAGrZ0
純「……じゃあ梓はどうだったの?」

梓「あん?」

純「な、なによ……はじめて憂と会ったときのこと!」

梓「……はじめて?うーん…」

憂「……あ、そういえば」

純「なになに」

憂「初めて目があったとき、梓ちゃんに無視されちゃったんだよね」

純「まっ!」

梓「ば、ばか!言わないでよ!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:52:26.06 ID:lxRFAGrZ0
憂「やっぱり梓ちゃん覚えてたんだー」

梓「お、覚えてない!」

純「なによ、人のこと言えないじゃん」

 ガタン

梓「ち、違うもん!別に恥ずかしかったからとかじゃないもん!」

純「ほー」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 21:54:57.68 ID:lxRFAGrZ0
梓「違うの!べ、別に憂のことが気になったとかじゃないの!」

憂「あ、梓ちゃん」ポッ

梓「あわわ…」

 ダッ

純「あっ」

梓「違うったら違うのー!憂と仲良くなりたかったとかそんなのじゃ……」

 タタタ…

憂「行っちゃった…」

純「全く高校生にもなって…」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/12(金) 22:00:29.33 ID:lxRFAGrZ0 [38/38]
憂「……そんなわけで、今も昔もモテモテな私なのでした」

純「おいっ!自分で言うな!」

憂「ちゃんちゃん」

純「はあ……」

憂「ちゃんちゃん」

純「…」

純「ちゃんちゃん!もう終われ!」



おしまい!






「……私も純ちゃんと梓ちゃんのこと、大好きだからね」ムギュ

「な、なによ急にぃ……もー…//」



ほんとにおしまい!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。