FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド「バトルキャッスル求人のお知らせ?」-2

レッド「バトルキャッスル求人のお知らせ?」
続きです

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 18:56:11.53 ID:HZ3TJwXg0 [33/87]
ヤマブキシティ

ナツメ「助かった」

レッド「気にすんなって、お礼だよお礼」

ナツメ「なあ、レッド」

レッド「ん?」

ナツメ「・・・・・・」

ナツメ「お休み」

レッド「ああ、お休み」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:12:45.20 ID:HZ3TJwXg0 [34/87]
バトルキャッスル

レッド「ふう、思ったより早く帰ってこれたな。風呂でも入るか」

レッド(・・・ナツメ、か)

レッド(やさしいな、あいつは)











カトレア「・・・レッド?」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:15:51.46 ID:HZ3TJwXg0 [35/87]
他の日

バトルキャッスル中庭

レッド「今日もいい天気たなぁ」

作業員若「ですね」

レッド「こんな日はゆっくりして・・・」

BC受付「レッドさん!」

レッド「そんなに急いでどうかしたんですか!?」

BC受付「今からすごい人がコクランさんとバトルを始めるんですよ!!」

BC受付「見ない訳にはいかないでしょう?」

レッド「!?」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:27:44.56 ID:HZ3TJwXg0 [36/87]
レッド「ありがとう、今すぐ行ってくる」

作業員若「・・・大変ですね~」

レッド「何言ってんだ、ほら行くぞ」

作業員若「ぼ、僕もですか!?」

レッド「当たり前だ」

作業員若「でもどうせコクランさんの勝ちですよ」

レッド「いや、多分・・・コクランさんは負ける」

作業員若・BC受付「「!?」」

レッド「・・・そんな気がする」

レッド「そんな、気が・・・」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:33:50.36 ID:HZ3TJwXg0 [37/87]
バトル場

コクラン「では、オレンジ様、準備はよろしいでしょうか?」

オレンジ「・・・」コクン

オレンジ「よろしくお願いします」

レッド「間に合ったみたいだな」

レッド(それにしてもあのマスクは?)

作業員若「あのマスク・・・センスないですね」

オレンジ「・・・」シュン

レッド「・・・そうか?俺は好きだぞ?」

オレンジ「・・・!?」♪

レッド(そういえば最近フルーツ食べてないな)

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:42:48.65 ID:HZ3TJwXg0 [38/87]
コクラン「では、行けヘルガー」

ヘルガー「グルーッ」

オレンジ「パルシェン!」

パルシェン「パル」

コクラン「ヘルガー、かみなりのキバ」

ヘルガー「ガー」

こうかはばつぐんだ

オレンジ「よく耐えてくれたね。なみのり」

こうかはばつぐんだ

ヘルガー「グー・・・」パタ
 
コクラン「く、戻れヘルガー」


236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:43:31.72 ID:HZ3TJwXg0 [39/87]
コクラン「行け、エンペルト」

エンペルト「キュー」

オレンジ「パルシェン、だいばくはつ」

パルシェン「パルー」キュイィィィィン

コクラン「な!?」

―――ドーン

コクラン「エンペルト!?」

エンペルト「・・・」グッ

コクラン「よく耐えてくれました」ホッ

オレンジ「ありがとうパルシェン。行って、ア・・・デンリュウ」

デンリュウ「ウー」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:52:55.91 ID:HZ3TJwXg0 [40/87]
コクラン「エンペルト、ハイドロポンプ!」

エンペルト「オォォォ」

オレンジ「アカリちゃん耐えて!」

デンリュウ「リュウ!」

オレンジ「次は無理そうね・・・」

オレンジ「10万ボルト!」

こうかはばつぐんだ

エンペルト「ウ・・・」パタ

コクラン「戻れ、エンペルト」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:57:19.63 ID:HZ3TJwXg0 [41/87]
コクラン「なかなかの腕をお持ちで」

オレンジ「・・・そんなことありません」

コクラン「ともあれ、こちらはこれが最後の一匹です。いけ、ムクホーク!」

ムクホーク「ムクー」

オレンジ「デンリュウ戻って。お願い、ネール」

ハガネール「グゴー」

コクラン「クッ、ムクホーク、そのままつばめがえしを打て!」

ムクホーク「ウー」

オレンジ「読みが当たりました」

コクラン「・・・あまりダメージを与えることができなかったようですね」

オレンジ「ネールは固いですから」ニッ

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:08:47.04 ID:HZ3TJwXg0 [42/87]
コクラン「・・・ムクホーク、かげぶんしん」

ムクホーク「・・・」シュンシュン

オレンジ「ネール、ジャイロボール」

ハガネール「ネール」

ムクホーク「グワ・・・」パタ

コクラン「積みきれませんでしたか・・・戻れ、ムクホーク」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:12:18.85 ID:HZ3TJwXg0 [43/87]
作業員若「コクランさんが負けた!?」


コクラン「ありがとうございました。また機会があれば是非もう一度おてあわせ
願いたいものです」

オレンジ「はい!」







コクラン「・・・ハァ」

コクラン(これではまたカトレアお嬢様が不機嫌になってしまいますね)

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/03(水) 20:13:02.88 ID:HZ3TJwXg0 [44/87]
カトレア「・・・・・・レッド!」

カトレア「こちらへ」

レッド「・・・?」タッタッタ

カトレア「貴方、あの方の正体に気づいているかしら?」

レッド「・・・ああ、多分」

レッド(多分ミカンちゃんだよな)

カトレア「倒せる?」

レッド「――やれるだけはやるよ」

カトレア「そこは絶対勝てるとか言って欲しいわ」

レッド「・・・ははは」

レッド「慢心はなるべくしたくないからさ」ポリポリ

カトレア「・・・」フッ

カトレア「まあ、いいわ。聞き方を代えるわ」

カトレア「勝つ見込みはあるかしら」

レッド「勿論」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:15:31.41 ID:HZ3TJwXg0 [45/87]
カトレア「と、言うわけで。コクラン、あの方にもう一度挑戦を促して」

コクラン「はい、承知いたしました」




受付

ミカン「ふう、なかなか面白いですね」

コクラン「気に入ってもらえましたか?」

ミカン「あ、執事さん」

コクラン「どうも」スッ

ミカン「ありがとうございました」ペコ

コクラン「いえ、それはこちらの言葉ですよ。久々にバトルができました」

ミカン「え!?そうなんですか?」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:17:46.33 ID:HZ3TJwXg0 [46/87]
コクラン「オレンジさんがこのまま勝利し続けましたら、今度は私も本気でお相手させていただきます」

ミカン「本気じゃなかったんですか!?」

コクラン「負け惜しみに聞こえてしまいますがね」ハハハ

ミカン「・・・」

ミカン「いつ本気の執事さんと戦えます?」

コクラン「オレンジさまが勝利し続けるのでしたらすぐにでも」

ミカン「・・・もう一度申しこんできます」タッタッタ

コクラン(・・・うまく、いきましたか)

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:21:19.13 ID:HZ3TJwXg0 [47/87]
レッド「ミカンちゃんはまた?」

カトレア「ええ、そうみたいね」

コクラン「パーティーは分かりませんが・・・」

カトレア「それは――」

レッド「知らないのがフェアですよ」

コクラン「ええ、そうですね」フフ

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:42:55.98 ID:HZ3TJwXg0 [48/87]
職員用控え室

メイド長「・・・」スッ

レッド「これは?」

メイド長「執事服」

レッド「コレを着ろと?」

メイド長「・・・」コクン

レッド「でも・・・」

メイド長「なにか不満でも?」

レッド「いえいえ」ブンブン

レッド「オレなんかが執事服・・・」

メイド長「さっさとする」ゲシゲシ

レッド「は、はい!」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:43:44.38 ID:HZ3TJwXg0 [49/87]
レッド(なんだか落ち着かないな」

コクラン「や、レッドさん。お似合いですよ」

レッド「馬子にも衣装って言ってくださってもかまいませんよ」ハハ

コクラン「いえ、お似合いですよ。本当に」

レッド「あ、ありがとうございます」

コクラン「次がオレンジ様の七戦目ですから、そこにレッドさんは入ってもらいます」

コクラン「パーティーはピカチュウ、フシギバナ、ギャラドスでよろしいですね?」

レッド「はい」

コクラン「今回は道具の使用許可が出ていますがどうしますか?」

レッド「あ、そうなんですか?何体まで持たせられるんですか?」

コクラン「合計で30CPまでですね」

レッド「じゃあ・・・・・・」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/11/03(水) 20:45:40.57 ID:HZ3TJwXg0 [50/87]
レッドパーティー

ピカチュウ(でんきだま) フシギバナ(ヤチェのみ) ギャラドス(きあいのたすき)

でんきだま:ピカチュウの攻撃、特攻が二倍に(15CP)

ヤチェのみ:効果抜群のこおりタイプのワザのダメージを半分に減らす

きあいのたすき:HPがMAXのとき、どんな攻撃を受けても必ずHPが1残る。


ミカン「・・・!?レ・・・」フルフル

ミカン(レッドさんはジムを回るって言ってたし、他人の空似だよね)

レッド(執事)(あー、えーっと、台詞は・・・)

レッド「よろしくお願いしますお嬢様」ペコ

ミカン「・・・・・・こちらこそ」ペコ

ミカン(88点ってところね)♪

レッド「行け、ピカチュウ」

ピカチュウ「ピカー」

ミカン「お願い、フォレトス」

フォレトス「フォー」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:59:55.05 ID:HZ3TJwXg0 [51/87]
レッド「ピカチュウ、10万ボルト!」

ピカチュウ「ピーカーチュー」

ミカン「!思ったよりダメージが大きい。まさかでんきだま?」

レッド(・・・言っていいのかな?いや、ここは)

レッド「・・・」ニヤリ

フォレトスはオボンのみを使ってHPが3/5に回復した。

ミカン「む、フォレトス、まきびし」

まきびし:相手がポケモンを交代するごとにダメージを与える。威力は三段階まで大きくなる。

レッド「クッ、面倒d・・・ですね」

レッド「ピカチュウ、もう一度10万ボルト」

ピカチュウ「ピーカーチュー」

ミカン「あと、1/9ですか。なんとか耐えてくれました」


257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:04:10.08 ID:HZ3TJwXg0 [52/87]
ミカン「フォレトス、だいばくはつ」

フォレトス「フォオオオオー」キュイィィィン

――――ドーン

ピカチュウ「ピ・・・」パタ

レッド「戻れ、ピカチュウ」

レッド(相手がハガネールを出してくればドンピシャ。デンリュウならフシギバナに。その他がもし来ても3いや、2ターンあれば落とせる)

ミカン「お疲れ様フォレトス」

ミカン(相手がほのお、みずならコレが最善。でんきなら最悪・・・だけど3匹限定の中にでんきを2匹入れている可能性はとっても少ない)

ミカン(相手の先手は大体エース。なら、エースを潰せたら後はその補強を倒すだけ。たぶん相手の手持ちはみずかくさは確定。なら、このコ)

レッド「行け、ギャラドス」

ミカン「お願い、マンタイン」

ギャラドスはまきびしのダメージをうけた。HPが1/9減った

ギャラドスはいかくしている、マンタインのこうげきがさがった。

レッド(相性△+ってとこか、いけそうだな)

ミカン(ギャラドス、でんき系のワザがこわいな)

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:04:58.60 ID:HZ3TJwXg0 [53/87]
ミカン(このコは特防が高いからギャラドスの特攻ならかみなりでも2発は確実に耐えられる。ソクノのみももさせてるし)

ソクノのみ:効果抜群のでんきタイプのワザのダメージを半分にする

ミカン(積む?それともでんき?)

ミカン(こっちはつばさでうつかあやしいひかり、いや、アクアリングを張るのは?でんき読みの交換も・・・)

レッド「ギャラドス、10万ボルト」

ギャラドス「ギャラー」

こうかはばつぐんだ

ソクノのみを使ってダメージを半減させた

レッド「・・・きのみもちか」

ミカン「はい。マンタイン、つばさでうつ!」

マンタイン「マー」

レッド「地味に痛いな、のこり4/7か」


264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:11:24.97 ID:HZ3TJwXg0 [54/87]
レッド(相手の残り1匹はなんだ?ここでフシギバナに換えて耐久もありだな・・・知っているってのもなかなかに困りものだな)

レッド(換えるか?いや、わざわざ1発受けにいく必要性をあまり感じない。まきびしをある。できればギャラドスで落としたいが・・・)

レッド「ギャラドス、10万ボルト」

ギャラドス「ギャラー」

こうかはばつぐんだ

ミカン「マンタイン?」

マンタイン「ンー」

ミカン「よく耐えたわね」

ミカン「行け、つばさでうつ」

マンタイン「ンー」

レッド「くっ、残り1/5」

265 名前:くそっ!せっかく本読みながら書いたのに!そーゆー基本的なことミスるとは(泣[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:13:15.61 ID:HZ3TJwXg0 [55/87]
レッド「ギャラドス、10万ボルト!」

ギャラドス「ギャラー」

こうかはばつぐんだ

マンタイン「マー」パタ

ミカン「お疲れ様、マンタイン」

ミカン「コレが最後のポケモンです。お願い、ハガネール」

ハガネール「グゴー」

ギャラドスのいかくでハガネールのこうげきが下がった。

レッド「ギャラドス、なみのり」

ギャラドス「ドー」

こうかはばつぐんだ

ハガネールはきあいのたすきでもちこたえた

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:14:38.00 ID:HZ3TJwXg0 [56/87]
ミカン「・・・アイアンテール!」

ギャラドス「ギャ、ラー」パタ

レッド「お疲れ、ギャラドス。いけ、フシギバナ」

フシギバナ「バナー」

レッド「フシキバナ、はなびらのまい」

フシギバナ「バナー」

ハガネール「グーッ」パタ

ミカン「お疲れ様、戻れハガネール」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:17:31.14 ID:HZ3TJwXg0 [57/87]
ミカン「ありがとうございました」シュン

レッド「いえ、お嬢様もなかなかの腕前でしたよ」

ミカン「・・・・・・ハァ」

レッド「どうしました?」

ミカン「あ、あの、いや。私もまだまだだなって」

ミカン「これでも結構色々考えてバトルしてたんですよ?」

レッド「今回は自分の運が良かっただけですよ」

レッド「先ほどの活躍を拝見させていただきました。他の方に勝てるよう、そして勿論あなた様にも勝てるよう私の考えうるもっともバランスの良い
パーティーを組ませていただきました」

>>266 違うんだオレが悪い。どーせどくびしだろとかおもってググらなかったオレが悪い。ついでにいちいちページめくる本が悪い

レッド(まあ、こんなところかな)

ミカン「そう・・・だったんですか」

レッド「ええ、しかしピカチュウが倒されてしまったときは流石に肝を冷やしましたが」

ミカン「そうですか?」パア

ミカン「先手のエースを落とすために考えたんですよ」エッヘン

274 名前:ミスorz[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:18:19.26 ID:HZ3TJwXg0 [58/87]
>>266 違うんだオレが悪い。どーせどくびしだろとかおもってググらなかったオレが悪い。ついでにいちいちページめくる本が悪い

ミカン「ありがとうございました」シュン

レッド「いえ、お嬢様もなかなかの腕前でしたよ」

ミカン「・・・・・・ハァ」

レッド「どうしました?」

ミカン「あ、あの、いや。私もまだまだだなって」

ミカン「これでも結構色々考えてバトルしてたんですよ?」

レッド「今回は自分の運が良かっただけですよ」

レッド「先ほどの活躍を拝見させていただきました。他の方に勝てるよう、そして勿論あなた様にも勝てるよう私の考えうるもっともバランスの良い
パーティーを組ませていただきました」

レッド(まあ、こんなところかな)

ミカン「そう・・・だったんですか」

レッド「ええ、しかしピカチュウが倒されてしまったときは流石に肝を冷やしましたが」

ミカン「そうですか?」パア

ミカン「先手のエースを落とすために考えたんですよ」エッヘン

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:20:55.39 ID:HZ3TJwXg0 [59/87]
ミカン「次に会うときには必ず倒しますから!」ダダダ

レッド「楽しみにしております」ペコ






レッド「ふう、何とか気づかれなかったか」

ミカン「そんなわけないじゃないですかレッドさん」ヌッ

レッド「!?ミカンちゃん!」

レッド「・・・もしかして気づいてた?」

ミカン「ピカチュウと最後のフシギバナで」

レッド「えー、あー」

ミカン「次は負けませんから」

レッド「・・・」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:25:49.73 ID:HZ3TJwXg0 [60/87]
レッド「ああ、楽しみにしてるよ」

ミカン「ここで働いてるってことはまた会えます?」

レッド「ああ」

ミカン「じゃあ、私、暇なときにリベンジしに来ますから準備しといてくださいよ」

レッド「オレはいつでもいいぜ」

ミカン「では、また今度」グ~

レッド「・・・」

レッド(もう1時過ぎだもんな)

ミカン「・・・」

レッド「・・・」

レッド(食べ盛りだし、お腹も空くだろう)

ミカン「・・・」

レッド「ご飯食べに行く?」

ミカン「・・・はい」///


280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:26:31.01 ID:HZ3TJwXg0 [61/87]
カトレア「よくやったわ、レッド」フフン

レッド「まあ、相性の問題もあったし」

カトレア「・・・まあね。けれど何故ほのおタイプを入れなかったの?彼女はは
がねタイプ使いでしょう」

レッド「はがねタイプ使いならなおさらほのお対策はしてくる・・・って読んで入れなかった」

カトレア「・・・」キーン

カトレア「本当は?」

レッド「――流石にそれは卑怯かな・・・って思って」

カトレア「甘いわね。慢心ではなくって?」

カトレア「まあいいわ、勝ったのだしね」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:29:23.65 ID:HZ3TJwXg0 [62/87]
レッド「・・・そういえば何でミカンちゃんに俺を差し向けたんだ?」

カトレア「そんなこと分かりきってるじゃない」

カトレア「従者が負けるのが気に入らなかっただけよ」

レッド「はは、カトレアさんらしいな」クスクス

カトレア「な、別にいいじゃない。悔しいものは悔しいの!」

レッド「はいはい分かりました分かりました」

カトレア「バカにしてない?」ムスッ

レッド「まさか」ハハ

レッド(なんか可愛いな)

カトレア(最近こんな感じばっかりな気がするわ)ムー


283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:30:09.49 ID:HZ3TJwXg0 [63/87]
私室

カトレア「・・・誰もいないわね」

カトレア「・・・」キーン

(コ、コクランさんだ、ダメですよ)

カトレア「!?」

(レッドくん、私のはこんなになってるんですよ)

カトレア(コクランとレッドの映像が・・・!?しかもは、裸)プシュー

カトレア(刺激的過ぎるわ)

(ほら、レッドくんのもこんなに大きくなって)

(ん、んっ・・・)

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:34:24.16 ID:HZ3TJwXg0 [64/87]
(ほら、気持ちいいでしょう?)

(人に触られるのはどうです?)

(・・・です)

(よく聞こえませんよ)クスクス

(気持ちいいです!)

カトレア「ハァハァ」

カトレア(だ、ダメだわ。もっと見てたいけれど・・・なぜか胸がモヤモヤする)

カトレア(・・・止めないといけないわね。どの部屋かしら)


318 名前:さるさん解けた![] 投稿日:2010/11/03(水) 22:35:43.61 ID:HZ3TJwXg0 [65/87]
職員用私室前

カトレア(・・・多分、こちらの方ね)

(ハァハァ、こ、コクランさぁん)

カトレア(・・・こっちみたいね)///






カトレア「え、ここは」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:39:09.27 ID:HZ3TJwXg0 [66/87]
BC受付私室前

カトレア「なぜレッドとコクランがこんなところに?」

カトレア「まあ、いいわ」コンコン

カトレア「入るわよ」ガチャ

BC受付「――――」ガリガリ

BC受付「――――」チラ

BC受付「――――!」ペコ

BC受付「――――」ガリガリ

カトレア「へ!?」

カトレア(たしか、ここよね)キーン

(ハァハァ、レッドくん)

カトレア(たしかにここだわ)

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:40:15.84 ID:HZ3TJwXg0 [67/87]
カトレア「・・・」チラ

カトレア(あーなるほど、BLの同人誌ね)

BC受付(〆切まで時間が!時間が!)

カトレア「失礼したわ」

BC受付「――――!」ガリガリ

BC受付「――すいません、おもてなしもできなくて」ペコ

カトレア「いいわ、勝手に入ったのはこちらだし、あなた急ぎの用事もあるようだしね」ガチャ

BC受付私室前

カトレア「とりあえず。何にも問題はないわね」

カトレア(・・・タイトルは執事と執事見習いのイケナイ関係ね)メモメモ

カトレア「・・・・・・」

カトレア「お菓子でも渡せばもらえるかしら?」

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:41:57.18 ID:HZ3TJwXg0 [68/87]
なんだかんだで3ヶ月が経過


――プルプルプル

BC受付「はい、こちらバトルキャッスル」

BC受付「・・・レッドですか?はい、今もここに」

BC受付「はい、それでは失礼します」

BC受付(また女の人・・・。レッドさんは節操なし?)

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:43:52.58 ID:HZ3TJwXg0 [69/87]
ジュンサー「はい、良かったわね見つかって」

ジュンサー「ラプラス、あなたの言っていた通り赤い斑点があったわ」

レッド「本当っっっっにありがとうございます」バッ

ジュンサー「捕まえたロケット団員が偶然もってたの」

ジュンサー「ロケット団は解散したって聞いてるけれど・・・どうしてかしら?」

レッド(・・・ロケット団が?)

ジュンサー「なにはともあれ再開を喜ばなきゃ」

レッド「そうですね!」

ジュンサー「じゃあ、私はこれで」

レッド「本当にありがとうございました」

ジュンサー「フフ、これが私達の仕事ですから」ヒラヒラ

レッド「・・・・・・」

レッド「お帰り、相棒」

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:45:51.51 ID:HZ3TJwXg0 [70/87]
給料日

レッド「おお、今月もこんなに!」

レッド「ありがとうございます」

コクラン「いえ、当然の報酬ですよ」

コクラン「今月は特に頑張ってくれましたし」

コクラン「ここには強いトレーナーがいると言う噂が流れてそれがさらに強いト
レーナーを呼んでいますから。すべてはレッドさんのお陰ですよ」

レッド「そう言われると照れますね」

コクラン「そうですね、今日あたりどうです?」

レッド「・・・?」

レッド「・・・!」

レッド「今回は本気ですよね」

コクラン「ええ、次の試合は私と。全力でお相手します」ニッ

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:48:45.91 ID:HZ3TJwXg0 [71/87]
受付

BC受付「・・・レッドさんとコクランさんがマジバト?」

BC受付「本当ですか?・・・胸が熱くなりますね!」

職員用控え室

作業員「レッドとコクランさんが・・・これは見るっきゃねぇな」

作業員若「ですね」


328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:50:41.03 ID:HZ3TJwXg0 [72/87]
メイド室

メイド1「聞きました?レッドさんとコクランさんが本気でバトルするらしいわ」

メイド2「まあ、レッドさんはいつも本気だけど・・・」

メイド3「でも二人が本気で戦うところ見てみたいわ」

メイド4「それは賛成、だけど・・・」

メイド1「二人に優劣つけたくない?」

メイド4「・・・」コクン

メイド2「まあ、わからないでもないわね」

メイド3「あんたは二人とも大好きだもんね」

メイド4「・・・」///

カトレア私室

カトレア「レッドとコクランが・・・?」

メイド長「・・・」コクン

カトレア「そう、面白いバトルになりそうね」フフ

メイド長「・・・」


329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:54:06.06 ID:HZ3TJwXg0 [73/87]
コクラン「お越し頂きありがとうございます。49戦目は―――」

レッド「・・・」ニッ

コクラン「フロンティアブレーンがお相手いたします」

コクラン「こちらに」スッ

タッタッタ

レッド「・・・」

レッド(久しぶりだ、こんなに身体の芯が熱くなるなんて)

レッド(多分コクランさんに勝ったらまた俺は最強に近づける、こいつたちと共に!)

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:00:29.30 ID:HZ3TJwXg0 [74/87]
観覧席

カトレア「あらあら、満員御礼ってやつかしら?」

メイド長「他のブレーンの方々も・・・」

メイド長「クロツグ氏、ネジキ氏、ケイト氏、ダリア氏・・・」

カトレア「そんなに噂なの?レッドは?」

メイド長「・・・なかなかに」

カトレア「そう♪」フフ

カトレア「さあ、私たちは特別席に行きましょうか」


336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:05:59.76 ID:HZ3TJwXg0 [75/87]
コクラン「公平を規するために今回は彼が私の代行をしてくれますので」

レッド「了解です」

執事「よろしくお願いします」

レッド(道具もポケモンも考えうる限り最強の構成にした)

レッド(どんな相手が来ても最低でも2割の勝率はある)

レッド(最高の道はある、後はオレが進むだけ)

レッド「じゃあ持ち物はコレとコレとコレで」

執事「かしこまりました。では会場にどうぞ」

レッド「・・・」コクン

338 名前:>> ウーハー!![] 投稿日:2010/11/03(水) 23:12:52.25 ID:HZ3TJwXg0 [76/87]
コクラン「公平を規するために今回は彼が私の代行をしてくれますので」

レッド「了解です」

執事「よろしくお願いします」

レッド(道具もポケモンも考えうる限り最強の構成にした)

レッド(どんな相手が来ても最低でも2割の勝率はある)

レッド(最高の道はある、後はオレが進むだけ)

レッド「じゃあ持ち物はコレとコレとコレで」

執事「かしこまりました。では会場にどうぞ」

レッド「・・・」コクン

339 名前:>>337 って入れんの忘れた[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:13:35.78 ID:HZ3TJwXg0 [77/87]
ウオオオオォォォォォ!!

レッド「な、なんだこの観客の多さは!?」

レッド「いつもの5いや10倍は入ってる!?」

コクラン「それほど魅力的、ということで」

レッド「そうですか?」

コクラン「まあ、私たちにはあまり関係のないことですがね」ニヤ

レッド「全くです」ニヤ

コクラン「いけ、エンペルト」

レッド「いけ、ピカチュウ」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:18:12.41 ID:HZ3TJwXg0 [78/87]
レッド「・・・。ピカチュウ、かみなり!!」

ピカチュウ「ピカー!」

こうかはばつぐんだ!

エンペルト「キュ~」ビリッ!

エンペルトはまひした

まひしてうごけない

コクラン「なっ!」

レッド「よし!」

レッド「ピカチュウ、10万ボルト」

ピカチュウ「ピーカー」

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:21:29.80 ID:HZ3TJwXg0 [79/87]
エンペルトのせんせいのつめが発動した

レッド「!?」

コクラン「エンペルト、じしん!!」

エンペルト「キュ~!」

こうかはばつぐんだ!

ピカチュウ「ピ・・・カ・・・」パタ

レッド「・・・よくやったピカチュウ。戻れ」

レッド「いけ、リザードン!」

リザードン「リザー」

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:23:07.11 ID:HZ3TJwXg0 [80/87]
レッド「リザードン、つばめがえし」

リザードン「リザー」

エンペルト「キュ~」パタ

エンペルトはたおれた

コクラン「なかなかやりますね」

レッド「そっちこそ」

コクラン「戻れエンペルト。いけ、エルレイド!」

エルレイド「ドー」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:25:20.73 ID:HZ3TJwXg0 [81/87]
レッド「リザードン、かえんほうしゃだ!」

リザードン「ゴオー!」ブワア

コクラン「くっ、なかなかのダメージですね、もう一撃はもたなそうだ」

コクラン「ではこちらは、ストーンエッジ!」

エルレイド「ドー」シュッ

こうかはばつぐんだ!

きゅうしょに当たった

リザードン「リザァ・・・」

リザードンはきあいのたすきで持ちこたえた

レッド「よし!もう一度かえんほうしゃだ!」

リザードン「リザー」

エルレイド「ドー」パタ

コクラン「戻れ、エルレイド」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:29:42.01 ID:HZ3TJwXg0 [82/87]
レッド(ここまできて実質1対1。せんせいのつめが痛かったか)

レッド(積んでくると思ってリザードンにほえるを覚えさしていたけど無意味だったな)

レッド(次は何でくる?水か?半分素早さで決まる。こちらが先手を取れれば有利、後手なら・・・)



コクラン(なかなかに厳しいですね。でんき、ほのおひこう、と来ましたから次はエスパー、いわ、じめん、みずあたりですか)

コクラン(どれにしてもなかなか相性が悪い、先手はピカチュウ読みでじめんにすればよかったか?レッドさんもエンペルト読みだったんでしょうか?)

コクラン(まあ、リザードンは落とせるとして、次の手がどう出てくるか・・・)

コクラン(・・・・・・)

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:32:36.38 ID:HZ3TJwXg0 [83/87]
コクラン「いけ、エンテイ」

エンテイ「テーイ」

レッド「!?」



観客「!?」

メイド「なにあれ?」

クロツグ「実に興味深い」

受付「炎帝?」

ネジキ「ワーオ! これは分析できない!」

作業員「これまたドでかいのを」

ダリア「かっこいいわネ」

ケイト「あらあらこれは」


357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:54:38.21 ID:HZ3TJwXg0 [84/87]
メイド長「・・・あれは」

カトレア「伝説のポケモンよ。曰く『ほえると かざんが ふんかする。みなぎる ちからを おさえきれず みちという みちを かけめぐる。』
『あたらしい かざんが できるたび うまれてくると つたえられる だいちを かけめぐる ポケモン。』」

カトレア「かわいそうなあるポケモンの成れの果て・・・。または幻想。まあ陳腐な言葉で表現するならこんなところね」

カトレア「ただ、人とは比べ物にならないわ、それはたしか」

メイド長「・・・コクランさんはアレをどこで?」

カトレア「さあ、私も初めて見るのだもの」

メイド長「・・・!?」

カトレア「・・・・・・でも、レッドなら案外あっさり倒してしまうかもね」


358 名前:解けたb[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:55:20.34 ID:HZ3TJwXg0 [85/87]
レッド「エンテイですか」

コクラン「ええ、行きますよ!にほんばれ」

エンテイ「グルルゥ」

ひざしがつよくなった


レッド「えっ!?あ、がんせきふうじ」

レッド(攻撃ワザじゃない?)

リザードン「リザー」

コクラン「くっ、半分手前までッ!」

コクラン「エンテイ、だいもんじ!」

こうかは今ひとつだ

リザードン「リザー」パタ

レッド「戻れ、リザードン」

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:58:01.14 ID:HZ3TJwXg0 [86/87]
レッド(なるほど、多分ソーラービームもちだな。ほのおの威力アップと、水つぶし・・・キツイか?)

コクラン(さて、何をもってくるのですか?)

レッド「出番だ相棒」

ラプラス「キューン」



カトレア「―――――」ピクン

メイド長「どうかされましたか?」

カトレア「・・・いいえ、なんでもないわ」

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:59:11.38 ID:HZ3TJwXg0 [87/87]
コクラン(・・・相性は最悪、しかし・・・)

コクラン「エンテイ、ソーラービーム」

エンテイ「テー」

急所に当たった!

こうかはばつぐんんだ!

レッド(!! きあいを持たせておいて良かったな)

ラプラス「キューン」ググッ

きあいのたすきでたえた

レッド(どうする?ハイドロか?ぜったいれいどか?)

レッド(ハイドロは当たるのか?そして落とせるのか?絶対零度も確立は3/10だし・・・定石ならハイドロだよな)

レッド(なあ、オマエはどっちがいい?)

ラプラス「キュー」

レッド(はは、自分できめろってか?そんなに拗ねるなよオレはオマエと勝ちたいんだ)

レッド(せっかくの復帰戦。初めからクロはいやだろ?)


364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:02:33.53 ID:t9brtb1O0 [1/40]
レッド(そういえば、コイツがオレの初めてのポケモンなんだよな)

レッド(初めて会ったのは小さい頃母さんとオーキド博士とグリーンとナナミさんと旅行に行ったときだったっけ)

レッド(グレン諸島の小島。アレは夏の暑い日だったっけ)

レッド(幼)「わあ、周りが全部海だ!」ダダダ

ママ「あんまり遠くに行っちゃダメよ、危ないんだから」

オーキド「まあ大丈夫ですよママさん、グリーンも一緒ですし」

ナナミ「それだと逆に心配よね」

オーキド「ハハハ言えとるわい。さて、ワシはこのあたりのポケモンの調査にでも・・・」

ママ「・・・」ジトー

オーキド「と、思いましたがここで荷物番していようかナ」

ママ「ありがとうございます」ニコッ

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:05:02.69 ID:t9brtb1O0 [2/40]



オーキド(本当はここら辺のポケモンの調査をしたかったんじゃが)

オーキド(あやつが居なくなってから苦労しているママさんのためじゃ、少しくらい我慢しようかの)

オーキド(・・・それにしても)

オーキド(ひまじゃなぁ)





オーキド「・・・まあ、たまにはのんびりするのもいいかの」


366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:08:26.33 ID:t9brtb1O0 [3/40]
レッド「グリーン!グリーン!ほら、コイツ」

グリーン「おぉ!シェルダーじゃん!」

シェルダー「?」

レッド「さわってもいいかい?」

シェルダー「・・・」シャカシャカ

グリーン「いいよっていってるのかな?」

レッド「おー、かたい」

グリーン「っておい!危ないだろ」

レッド「? なんで?」

グリーン「なんでって・・・なんでだろ?爺さんは危ないって言ってたぞ」

レッド「大丈夫だよ。ほら」ナデンデ

シェルダー「・・・」ニコニコ

グリーン「・・・」チョン

グリーン「おお!固いな」

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:10:46.30 ID:t9brtb1O0 [4/40]
グリーン「なあ、どっちが綺麗な貝殻探せるか勝負しようぜ」

レッド「いいよ。負けたほうがナナミちゃんのままごとの相手な」ダダダ

グリーン「あ、おい。いきなり走り出すなんて卑怯だぞ」ダダダ




ママ「まあ、元気に遊んでるわね」

ナナミ「おばちゃんこっちにもお砂!」

ママ「まだ二十二歳なんだけど?」ニコッ

ナナミ「じゃあ、お姉ちゃんこっちにもお砂!」

ママ「はいはい」フフ




オーキド「・・・暇だのう」

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:11:28.45 ID:t9brtb1O0 [5/40]
レッド「♪~」

レッド「お、綺麗な貝殻はっけ~ん!」

レッド「砂が着いてるから洗おう」

ジャバジャバ

ユラ~

レッド「あ、まて」ザブン

ユラ~

レッド「まてって」バタバタ

ユラ~

375 名前:ありがと![] 投稿日:2010/11/04(木) 00:19:57.82 ID:t9brtb1O0 [6/40]
レッド「くそっ、どんどん沖に行っちゃう」

パク

レッド「?」

ラプラス「ん~」

レッド「お~ラプラス!?ありがと」

ラプラス「キュー」

レッド「向こうに運んでくれない?もうヘトヘトなんだ」

ラプラス「キュー♪」コクン

レッド「ありがと!」


376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:20:40.54 ID:t9brtb1O0 [7/40]
ラプラス「キュー!」

レッド「で、ここどこだよ」

ラプラス「キュー?」

レッド「ここに来たかったんじゃなかったんだけどな」

ラプラス「キューゥ」

レッド「落ち込むなって、オレにも良くわかんないし」

ラプラス「キュー!」

レッド「流石にそれは手のひら返しすぎ」

レッド「ん? オマエなんかヒレに赤い斑点があるな」

ラプラス「キュー」

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:25:09.72 ID:t9brtb1O0 [8/40]
レッド「オレ、レッドって言うんだ。お前もレッドだな」

ラプラス「キュ!」フルフル

レッド「青い?いやいやここは赤いだろ」

ラプラス「キュー!」

レッド「OKOKじゃあここは間をとってブルーでいこう。オマエ青いし」

ブルー「キュー!」コクコク

レッド「はは、気に入ってくれたか」

????「誰かいらっしゃるの?」


379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:29:04.53 ID:t9brtb1O0 [9/40]
レッド「ん?」

ブルー「キュー?」

????「あら、ラプラス!」

????「これはあなたのポケモン?」

レッド「違うよ、な」

ブルー「キュー」コクンコクン

????「ふふ、ほんとに?はたから見たら立派なパートナーよ」

レッド「ぱーとなー?」

????「相棒って言えば分かる?」

レッド「ほんとに!? だってよ」

ブルー「キュー」ニコニコ


380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:33:20.38 ID:t9brtb1O0 [10/40]
????「ねえラプラスに乗せてくれない?」

レッド「んー」

????「ダメ?」ウルウル

レッド(か、かわいい)

レッド「だって」

ブルー「キュ!」スッ

レッド「いいって!」

????「ありがとう。それにしてもこのラプラス紳士的ね」

レッド「メスだけどな」

????「あなた分かるの?」

レッド「だってコイツがそう言ってたし」

385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:06:09.74 ID:t9brtb1O0 [11/40]
????「・・・ねえ、あなた名前は?私は■■■■」

レッド「オレは―――」

ブルー「キュー!」

レッド「ブルーが早くしろだって」

■■■■「ブルーね、よろしく」

レッド「さあ出発しんこ~」


386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:08:32.19 ID:t9brtb1O0 [12/40]
■■■■「ラプラスに乗って・・・ね」

レッド「なにそれ?」

■■■■「そういう歌よ」

レッド「へー」チラチラ

■■■■「なに見てるの?なにか私についてる?」

レッド「な、なんでもないよ」

■■■■「本当に?」

レッド「た、ただ」

■■■■「ただ?」

レッド「かわいいなって思って、髪も綺麗だし」カーッ

■■■■「ほ、本当に!?」///

レッド「うん」コクコク

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:10:22.03 ID:t9brtb1O0 [13/40]
ブルー「キュー」

■■■■「あれは?」

レッド「コイキングだよ」

■■■■「コイキング?」

レッド「進化するんだって!」

■■■■「物知りなのね」

レッド「えっへん」

■■■■「ふふ」

ブルー「キュー」


389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:11:37.84 ID:t9brtb1O0 [14/40]
――――――――――――――――――――

――――――――――

―――――

―――

■■■■「今日は楽しかったわ!」

レッド「そう?」

■■■■「ラプラスにも乗れたし、パウワウだっけ?も見れたし!」

レッド「ボクも初めて見たよ!」

レッド「・・・」

レッド「そうだ!これ、あげる」

■■■■「貝殻? 綺麗ね」

レッド「拾ったけどあげる」

390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:13:11.53 ID:t9brtb1O0 [15/40]
■■■■「いいの?」

レッド「いいのいいの」

レッド「じゃあそろそろ帰るね」

■■■■「あ、あの!」

レッド「ん? なに?」

■■■■「また遊んでくれる?」

レッド「もちろん!」

レッド「じゃあまたね、バイバイ」ブンブン

■■■■「・・・バイバイ」フリフリ


392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:16:38.19 ID:t9brtb1O0 [16/40]
レッド「今度は間違えないでくれよブルー」

ブルー「キューー!」

レッド「んー、多分むこうかな?」




ママ「レッドー! レッドー!」

オーキド「おーいどこじゃー!」



レッド「あ、ママとオーキド博士だ」

レッド「ブルー、このまま真っ直ぐ!」

ブルー「キュー!」

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:17:53.95 ID:t9brtb1O0 [17/40]
ママ「もう!勝手に居なくならないで!心配したんだから」ギュッ

オーキド「ほんとじゃぞ。無事だったから良かったものを・・・それにしてもラプラスか」

レッド「ブルーって言うんだよ!」

ママ「・・・・・・」

ママ「はあ、やっぱりあの人の血なのね」

オーキド「そういうことじゃな」

オーキド「コイツはワシが預かっておこう」

レッド「えーなんで?博士」

オーキド「まだ十歳にもなっておらんからな」

394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:18:50.93 ID:t9brtb1O0 [18/40]
レッド「それまで会えないの?」

オーキド「マサラの池にいてもらうか」

レッド「すぐ会える?」

オーキド「ああ。いつでも会えるぞ」

レッド「じゃあそれで」

ママ「おねがいします、でしょ?」

レッド「お願いします」ペコ

オーキド「承ったぞ」

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:20:02.78 ID:t9brtb1O0 [19/40]
レッド(そのあとオレのそばにはいつもアイツが居たっけ)

レッド(考えてみれば10年以上アイツと居るんだよな)

レッド(そういえば。あのコの名前なんだっけ? カ・・・)

ブルー「きゅー?」

レッド(思い出に浸るのは後回し・・・分かってるって)

レッド「OKOKじゃあいくぜ?」

レッド「ブルー、ハイドロポンプ!!」


カトレア「!」ガタッ


ブルー「キュュュュウウウ!!」

レッド「いけえええぇぇぇぇ!」

こうかはばつぐんだ!

コクラン「エンテイィィィイ!!!!」

エンテイ「ウオォォォォオオ!」

ブルー「キュウウウウ!!!」


396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:21:11.57 ID:t9brtb1O0 [20/40]
エンテイ「ウオォォ」

エンテイ「ウォ」パタ



レッド「よっしゃあ!」

コクラン「はあ、参りました」


観客「「「「「うおおおおぉぉぉ!!!」」」」」


ネジキ「ワーオ!」

クロツグ「やったか」フフ

ダリア「あの少年、かっこいいわネ」

ケイト「スターじゃない」

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:29:31.61 ID:t9brtb1O0 [21/40]
コクラン「さすが、レッドさん。完敗です」

レッド「まあ、こいつらが頑張ってくれましたから」

コクラン「あのラプラスは?初めて見ましたが」

レッド「アイツは昨日帰ってきたんですよ。詳しくはまた今度ということで」

コクラン「そうですね。ではまずコレを」

レッド「?」

コクラン「BPですよ」

レッド「あ、ああ!」

コクラン「忘れてましたね」

レッド「はは」

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:30:19.15 ID:t9brtb1O0 [22/40]
レッド私室

レッド「ふう。なんつーかギリギリだったな」

コンコン

レッド「はい、空いてますよ~」

カトレア「失礼するわ」ガチャ

レッド「あれ?カトレアさん。どうかしたんですか?」

カトレア「座っていいかしら」

レッド「あ、椅子どうぞ」サッ

カトレア「ありがとう」スッ

レッド「何か御用でも?」

415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:31:15.12 ID:t9brtb1O0 [23/40]
カトレア「・・・」

カトレア「ねぇ、覚えてる?」スッ

レッド(いかにも高そうな箱だな)

カトレア「中には貝殻が入ってるの」

レッド「・・・貝殻?」

カトレア「そう」パカ

レッド「これって」

カトレア「――――そう、あの時あなたに貰った貝殻。私ずっと持ってたのよ?」

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:31:59.68 ID:t9brtb1O0 [24/40]
レッド「・・・カトレアさんが?」

カトレア「ずっと勘違いしてたわ。私、あのときのあなたのことをブルーだと思ってた」

カトレア「でもそれはあるラプラスの名前だったのね」

レッド「オレもカトレアって名前忘れてたよ。ごめん」

カトレア「謝らなくていいわ。ねえレッド」

レッド「ん?」

カトレア「あのときの約束覚えてる?」

レッド「約束?」

カトレア「『また、いつか遊ぶ』っていう約束」

カトレア「あの頃、私の遊び相手はポケモンだけだったわ」

カトレア「近くに遊び相手もいなかったしね

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:34:39.76 ID:t9brtb1O0 [25/40]
カトレア「あの日もそうだったの。一人でお散歩して、本を読んで、ご飯を食べて」

カトレア「両親は忙しかったのよ。知ってる?コレでも名家の生まれなのよ私」

カトレア「音がしたから外に出たらあなた達が居た」

カトレア「久しぶりだったわ、いや、初めてかもしれなかったわ。同い年ぐらいのコに会うのは」

カトレア「嬉しかったけど、怖かったの」

レッド「怖かった?」

カトレア「その頃には少しずつだけど私の力も強くなってきていたの」

カトレア「その、なんて言うのかしら? 人に力を持っていることを知られたくなかった、と言ったらいいのかしら?」

カトレア「人に嫌われたくなかった。特に初めて会う同じ年のころのコには」

カトレア「だからね、あなたがかわいいって言ってくれたとき本当に嬉しかったのよ」

カトレア「多分あのときの言葉が嬉しすぎて他の人が私にどんな賞賛の言葉を掛けてきてもあまり心が震えなくなるほどうれしかった」


418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:35:58.55 ID:t9brtb1O0 [26/40]
カトレア「でも体が覚えてるって言葉の通り。酔ったあなたにかわいいって言われたとき、久々に嬉しかったわ」

カトレア「多分あなたの声を覚えてた」

カトレア「あの時から、少しずつ気になってきてたの。もしかしたらあなたが・・・って」

カトレア「ねえ、私あなたが好きかも」

レッド「お、オレを!?」

カトレア「十年以上想ってたの。あの日のことを思い出すと胸が熱くなって、でも顔がはっきり思い出せなくて」キイーン

カトレア「あなたがあの人かもしれないと思うと胸が張り裂けそうなの!」キィィーーン

カトレア「今日のバトルを見て。あのラプラスとあなたを見て確信したの」キイィーーン

カトレア「私、もう抑えられない!」キイイィィィィィイイイイン!!!!!

レッド「カトレアっ!」

パリンパリンパリンパリンパリン!

レッド「ガラスが!?」

ゴオオオオオ

レッド「家具が浮いてる!?」

レッド「力の暴走が!?」

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:37:19.93 ID:t9brtb1O0 [27/40]
カトレア「私思ったの。あなたのあり方は歪なんじゃないかって」キイィーーン

カトレア「最強を目指すのはいいことだわ。何事も勝っているのはいいことだもの」キイィーーン

カトレア「でも、あなたが求める最強の先には何があるの?」キイィーーン

カトレア「本当にあなたが欲しいものはなに?」キイィーーン

レッド(くそッ! 頭が割れそうだ)

カトレア「ねえ、教えてレッド」キイィーーン

レッド「お、オレは!」

レッド(最強になって何がしたい?)

レッド(最強になって何をする?)

レッド(オレは何故最強になることを望んだ?)

レッド(オレは何のために旅を続けてきた?)

レッド(オレは何故こいつらと旅をしてきた?)

レッド(オレは何故ポケモンと共にあるんだ?)

レッド「オレは!」

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:38:18.88 ID:t9brtb1O0 [28/40]
レッド(オレの奥底に、一番深くにあるものは――)

レッド「父さんに会ってみたいかもしれない」

レッド「多分オレは父さんの背中を追ってたんだ」

レッド「母さんに聞いたことがある。オレの父さんはポケモンマスターになるために母さんがオレを生んですぐ旅立ったって」

レッド「だからかな。最強になって父さんを倒したいのかも知れない」

レッド「そして父さんに強くなったなって言われたいのかもしれない」

レッド「まあ、そんなこと言ったってオレはまだガキだからただひたすらに駆けていたいのかもしれない」

レッド「はは、結局何も見えてないのかもしれないな」

カトレア「随分と歯切れが悪いのね」キイィーーン

カトレア「ねえレッド。あなたがもしお父さんに会えて、全てを成し終えたら」キイィーーン

レッド「その先は分からないな」

421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:38:59.99 ID:t9brtb1O0 [29/40]
カトレア「うんん、もし終わったら、終わったらでいいのよ」キイーーン

カトレア「わ、私のそばに居てくれる?」キィーン

レッド「そ、それってどういう」アタフタ

カトレア「それを私から言わせる気? 返事だけちょうだい」キーン

レッド「何年かかるかわかんないんだぞ?」

カトレア「私があなたの支えぐらいにはなってあげるわよ」キー

レッド「・・・あ、ありがと」

カトレア「・・・///」-

カトレア「返事は?」ー

レッド「オレなんかでよかったら」

カトレア「そう、嬉しいわ」ニコッ  パタ

レッド「お、おい! カトレア!?」


422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:41:12.86 ID:t9brtb1O0 [30/40]
レッド(その後のことを少しだけ)

レッド(カトレアの体に異常はなかった。ただ、ナツメによると感情が振れすぎたらしい)

レッド(なぜか瞳の奥には炎が宿っていたが何故だろう)

レッド(そうそう、あの後コクランさん達がすぐ部屋に入ってきて救急車の手配やら後片付けを手伝ってくれた)

レッド(久しぶりにメイド長の本気を見たような気がする)

レッド(オレはといえば新しい旅の準備を始めた)

レッド(もう少し働くつもりだったのだが、カトレア自身ににらまれた)

レッド(曰く、さっさと親父を探して来い。あまり待たせるな、らしい)

レッド(正直すんげぇかわいいと思ったけど口に出さなかったけど多分モロばれだっただろう)

レッド(顔赤かったし)

レッド(実はクロツグさんからフロンティアブレーンとして誘われたが丁重にお断りした)

レッド(・・・でも、クロツグさんとは戦ってみたかったな)

レッド(まあ、そんなこんなで旅立ちの日である)


425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:00:06.11 ID:t9brtb1O0 [31/40]
レッド「今までお世話になりました」ペコッ

従業員若「オレもまた強くなりますから」

BC受付「寂しくなっちゃいますね」オヨヨ

メイド「また来てくださいね」

メイド4「が、頑張ってください!」

作業員「かーっ、もう行っちまうのか。しゃあねえけど、かなしいな。またな」

コクラン「お疲れ様でした。いや、しかしレッドさんが居なくなるのは寂しいですね本当に」

レッド「大丈夫ですよ、オレなんかが居なくてもコクランさんが居るじゃないですか」

コクラン「はは、そういってもらえると嬉しいですね」

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:00:59.55 ID:t9brtb1O0 [32/40]
カトレア「・・・」

レッド「・・・」

カトレア「なるべく早く帰ってきてくれるかしら?」

レッド「ああ、勿論」

カトレア「良かった」フフ

レッド「なんでさ?」

カトレア「いつもみたいにはぐらかすんじゃないかって」

レッド「父さん見つけて倒したらすぐ帰ってくるさ」

カトレア「そのために?」

レッド「ああ、先ずは最強になってくる」

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:03:35.02 ID:t9brtb1O0 [33/40]
カトレア「変わらないのねそこは」

レッド「コレばっかりは性分なんで」

カトレア「・・・」

カトレア「待ってるから」

レッド「・・・」

レッド「ああ」

カトレア「・・・っ!」バッ

カトレア「おまじないしてあげる」

428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:04:24.59 ID:t9brtb1O0 [34/40]
カトレア「レッドが早く帰ってこれるように」

レッド「え? な――」



―――――チュッ



レッド「にお?」

カトレア「行ってらっしゃい///」

レッド「あ、ああ。行ってくる///」









コクランとその他「「「「「・・・・・・」」」」」ポカーン

429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:09:15.36 ID:t9brtb1O0 [35/40]
四年後

レッド「・・・」ゴクッ

????「どなた・・・・・・? 私の眠りを妨げる野暮なトレーナーさんは?・・・・・・れ、レッド!?」

レッド「や、やあ。カトレア」

カトレア「・・・・・・ふーんアナタなのね」イライラ

レッド「――――」ダラダラ

カトレア「この私を何年待たせているのかしら?」

レッド「えーっと」ダラダラ

カトレア「よ・ね・ん。四年よ四年!?」

レッド「あー、ごめん」

カトレア「コレで私に負けたら承知しないわよ?」

レッド「え? それって」

カトレア「あ、な、なし!今のなし///」

430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:12:01.39 ID:t9brtb1O0 [36/40]
レッド「・・・そういえばポケモンバトルできるようになったんだな」

カトレア「訓練したのよ。時間はたっぷりあったから」ジロッ

レッド「ぐっ、何も言い返せない」

カトレア「でも、アナタとこうしてバトルしたかった」

カトレア「そのために訓練もしたのよ?」

レッド「じゃあこっちも本気で行きますか」

カトレア「本気じゃなかったら怒るわよ」


431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:16:09.29 ID:t9brtb1O0 [37/40]
カトレア「四天王の私が完敗」

レッド「あー、初手ブルーはやりすぎたか?」

カトレア「いきなり2体落とされるとは思ってなかったわ」

カトレア「でも、私、レッドとこんな胸躍る勝負をしてみたかった」

カトレア「楽しかったわ、それに自分の力も知ることができた」

カトレア「そういえばレッドは今までなにしてたのよ。ライブキャスターも持たないで」

レッド「らいぶきゃすたー?」

カトレア「はい、これ」

レッド「なにこれ?」

カトレア「はら、電源つけて。そこのカトレアってところをタッチして。もう登録してあるから」

レッド「お!」ピッ

434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:26:01.28 ID:t9brtb1O0 [38/40]
カトレア『どう?すごいでしょ?』

レッド「顔まで映るんだな」

カトレア『これからはコレ使って』

レッド「了解」




レッド「でも、近いとあんま意味ないな」

カトレア「・・・レッド機械オンチっぽいし」

レッド「え?ポケギアとかなら使えるぞ?」

カトレア「・・・・・・え?」

レッド「ほら」スッ

カトレア「・・・」ブチッ

レッド「ひい」ブルブル

435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:27:12.44 ID:t9brtb1O0 [39/40]
カトレア「私が今までどんな気持ちでいたか知ってる?」

レッド「――――」ブンブン

カトレア「こういうの使えるなら電話ぐらいよこしてくださらない?」ピキピキ

レッド「番号知らないし・・・」

カトレア「宅配便使えばいいんじゃないかしら?」ピキピキ

レッド「あ! 流石カトレア」

レッド「つーかナツメに頼めばよかったんだ!」ピカーン

カトレア「・・・」ピク

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:28:15.74 ID:t9brtb1O0 [40/40]
カトレア「ねえ?ナツメさんの電話番号は入ってるの?」

レッド「あ、ああ。アサギの船着場に居たときに交換したけど」

カトレア「へ、へー」ピクピク

レッド「え、なになに? なんで怒ってるんだよ」

カトレア「別になんでもないわ!」

レッド「なあ、怒ってるだろ?」

カトレア「怒ってないわよ?」

レッド「あー、その機嫌直してくれないか?何でもするから」

カトレア「何でも?」ピーン

レッド「久しぶりに会ったし、何一つカトレアにしてやれなかったしな」

カトレア「そうね、じゃあチャピオンを倒したら私と――――」

442 名前:最後は携帯から、さるった[] 投稿日:2010/11/04(木) 08:00:22.84 ID:zFLm77WzO [1/2]
『ドゥワー 発見っ! ジム! リーダー! 特別編』

『はーい! 街で 見かけた ジムリーダーの うわさを 集める コーナーだよ!

今日のおたよりは こちら!

ペンネーム ……匿名希望さん

おおっと 今回は なんと 四天王のカトレアさんの 目撃情報だ! なになに』

『四天王の カトレアさんが ライモンシティの 遊園地で 彼氏と デートしていた! 綺麗に着飾って 貝殻のネックレスもしていた

朝も 見たけど 夕方も 見ました。夕方二人で 観覧車に 乗って 出てきたときには 二人とも 顔が 夕日より 赤かった!

本当に ラブラブって 感じでした。しかも 恋人つなぎ していた。 幸せ そうでした!』

『……なんか すごく 細かいとこ まで 見てますね。まあ ともかく 二人とも お幸せに!

発見 ジムリーダー! 今回は 特別編 でした。 みんなの おたより 待ってるぜ!

これで レッド「バトルキャッスル求人のお知らせ?」は 終わり! 読んでくれて ありがとう では また いつか どこかで 会いましょう! じゃあね』


コメント

うはああああ面白かった乙!!

ええのう

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。