FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紬「ラブコメ主人公は鼻血で勃起を防いでいる」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:09:40.09 ID:3mfO2qdu0 [1/24]
唯「ど……どういうこと?」

紬「男性の勃起って陰茎に血液が集中することで起こっているのは知ってる?」

紬「ラブコメの主人公はえっちな場面に出くわすと」

紬「すぐさま鼻血を出して陰部の勃起を防いでいる、という説があるの」

紬「学園のアイドルのパンチラ目撃した時、主人公は股間にテントじゃ絵的にアレでしょ?」

唯「へ、へぇー……」

紬「だからね」

紬「私も鼻血を我慢すればふたなりさんになれるんじゃないかしら?」

唯「」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:12:59.72 ID:3mfO2qdu0 [2/24]
ビーッ ビーッ ビーッ

紬「はっ!」

唯「えっなに? なんのブザー?」

紬「これは百合ブザーよ」

紬「どこかで誰かが百合百合しいことをすると発せられる乙女電波をキャッチして」

紬「それを知らせてくれるの!」

紬「早く行かなくちゃ!」

唯「あっ、待ってよムギちゃーん!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:15:14.93 ID:3mfO2qdu0
澪んち
 
 
律「いやー」

律「なんのかんの言っても澪はちゃーんと勉強教えてくれるんだよな」カリカリ

澪「不法侵入されれば断る気も失せるよ……」

律「ありがたいありがたい」

律「えー……このsを積分してー」カリカリ

澪「……ん。ちょっと待った」

澪「その積分、sに自然対数を掛けなきゃ」

律「あ、そっかそっか」カリカリ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:18:16.85 ID:3mfO2qdu0
紬「しゃ――――――っ!!」

紬「その積分、sに自然対数を掛けなきゃ」キリッ

紬「sに! 自然対数eを! 掛ける!」

紬「S・E・X!! S・E・X!!」

紬「澪ちゃんが!」

紬「りっちゃんと2人きりの部屋で!!」

紬「SEXって言った!!!」

紬「しゃ―――――――っ!!」

唯「ムギちゃーん。電信柱に登ったら危ないよー」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:24:09.47 ID:3mfO2qdu0
紬「さすが律澪……のっけからレベルが高いわね!」

紬「興奮して鼻から血が……あっ!」ムズムズ

紬「止まれっ!! 止まれっ!!!」

紬「……危ない危ない。思わず鼻血を吹き出すところだったわ」

紬「がまんがまん……」

唯「ム、ムギちゃん! パンツ見えてるよパンツ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:27:04.59 ID:3mfO2qdu0
澪「待った待った」

澪「なんで3×5が18なんだよ」

律「しまった」

律「えー、消しゴム消しゴムっと……あれ? ないぞ」

律「澪ー、消しゴム貸してちょんまげ」プリーズ

澪「ネタが古い」ハイヨ

律「どもども」ケシケシ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:30:05.79 ID:3mfO2qdu0
紬「うっひょ―――――――――――――――!!!」

紬「消しゴムの貸し借り!!」

紬「それってつまり澪ちゃんが触ったものにりっちゃんが触るってことよね」

紬「消しゴムの上で澪ちゃんの乳酸菌とりっちゃんの乳酸菌が交わり逢うってことよね!」

紬「人には人の乳酸菌」

紬「んほ――――――――――――――!!」ブシャアアアアアア!

唯「うわっ、血の雨!」

紬「しまった鼻血が!……って」ツルリ

紬「あ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:35:03.73 ID:3mfO2qdu0
ブシャアアアア!! ツルリ ヒューン ドシーン!!
 
 
澪「ん?」

律「どうかした?」

澪「今外から変な物音が……」

律「変な物音……」

律「……季節外れのお化けだったりして!」

澪「ひぃ!?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:38:01.76 ID:3mfO2qdu0
紬「いたたたた……」

唯「(鼻血で顔が血まみれだからお化けみたいだ……)」

唯「ムギちゃん大丈夫?」

紬「ええ、平気。百合さえあれば私は不死身よ」

唯「そ、そうなんだ……」

紬「それにしても結局鼻血が出てしまったわ」

紬「私にはまだ律澪は早すぎたのかしら……」

ビーッ ビーッ ビーッ

紬唯「!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:41:24.64 ID:3mfO2qdu0
教室
 
 
純「あれ憂ってば今日日直だっけ?」

憂「うん。学級日誌も出したしあとは黒板消したらおしまいなんだけどね」

純「ふーん……」

憂「……」ケシケシ

純「……よーし。優しい純ちゃんが憂の仕事を手伝ってあげようかなっと!」ケシケシ

憂「えっそんな悪いよ!」

純「いーのいーの。憂も家事とか大変でしょ?」ケシケシ

憂「うん……純ちゃんありがとう!」

純「へへっ……いーのいーの」ケシケシ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:45:55.80 ID:3mfO2qdu0
紬「だらっしゃ――――――――――――――――――――!!」

紬「憂純! 憂純! 憂純!」

紬「基本的にいつ何時でもかわいい憂ちゃん!」

紬「そして垣間見える純ちゃんのモップとは思えない優しさ!」

紬「いやっほ―――――――――――――――――――――!!」

紬「……っ! は、鼻血が」ムズムズ

紬「……静まれ私の動脈! 静まれ!!」

唯「……」

唯「ムギちゃん……どうしてそんなに股間にティンパニーを生やしたいの?」

紬「そりゃあ、百合百合してる美少女達と3Pがしたいからよ」

唯「」

紬「あー今すぐにでも憂ちゃん犯したいわぁ」

唯「」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:50:59.46 ID:3mfO2qdu0
唯「(いけない……このままじゃ憂の貞操が危険でピンチで危ないよ)」

唯「(ていうかムギちゃん犯罪者になっちゃうし)」

唯「(……わ、私がムギちゃんを止めなくちゃ!)」

唯「(やるぞやっちゃうぞ!)」フンス

紬「うひょ―――! そこだ! 純ちゃんキスしちゃえ!」

紬「おっと危ない」ズルズル

唯「(……手遅れかもしれない)」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:55:28.31 ID:3mfO2qdu0
唯「ムギちゃんムギちゃん」

紬「なに? 今いいところなんだから邪魔しないd

唯「あーん」

紬「あーん」パクッ

紬「ん。甘い……唯ちゃんこれなに?」コロコロ

唯「チョコレートだよ」

紬「」ブッシャアアアアアアアアアアア!

唯「うえっ!」

紬「ガハッ……唯ちゃ……ん……どうして……」ピクピク

唯「ムギちゃんにはいつもお菓子もらってばっかりだからたまにはお返しがしたくって!」ニヘラッ

紬「」ボタボタボタボタ

唯「ムギちゃん!?」

紬「か……かわいいから……許しゅ……」

紬「」ガクリ

唯「ムギちゃーん!?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 10:59:07.57 ID:3mfO2qdu0
唯「そして次の日」

紬「今日こそ股間にティンカーベルを生やしてみせるわ!」

紬「でも……なかなか百合ブザーが鳴らないわね」ハァ

唯「(もう鳴らなきゃいいのに)」

ブーッ ブーッ ブーッ

紬「鳴った!」パァッ!

唯「鳴った!」ガーン!

紬「場所は……生徒会室ね!」

唯「(……和ちゃんが危ない!)」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:02:17.51 ID:3mfO2qdu0
生徒会室
 
 
和「あれ? 先生、眼鏡どうしたんですか?」

さわ子「えっ?」

和「今それコンタクトですよね?」

さわ子「ああこれ。さっき階段で転んだ時メガネ壊しちゃって。臨時で着けてるの」

和「なるほど」

さわ子「似合う?」

和「それなりに」

さわ子「でしょでしょ? あーこれからいつもコンタクトにしようかしら!」
 

  
紬「ぴゃ――――――――――――――――――――!!」

紬「和さわ! 和さわよ唯ちゃん!」ユッサユッサ

唯「いたいいたい!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:05:10.31 ID:3mfO2qdu0
紬「マイナー! そうマイナー! だけどそれがいい!!」

紬「クールな和ちゃんと年に似合わず無邪気なさわ子先生が2人きり!!」

紬「そして始まる大人の授業!!!」

紬「……かぁ――――っ! 最高ね!」

唯「でも……昨日もそうだったけど2人は普通におしゃべりしてるだけだよ?」

紬「ばっ! 実際的絡みなんて百合ラーにとって本質じゃないことくらい常識でしょ!」

紬「大事なのは美少女が2人いる、この事実なのよ!!」

紬「あとは想像力でどうにでもなるわ!」

唯「想像……」

紬「That's right! 今のおしゃべりも秘技ムギビジョンを通せばこうなるの!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:10:15.43 ID:3mfO2qdu0
さわ子「ふふふ……立派なフレームじゃない。かわいいんだからっ♪」ベタベタ

和「あっ! フレームなんか触っちゃ……」ビクン

さわ子「触っちゃ?」

和「だ、だめ…で……す……ぅぁ…あぁ……」ビクビク

さわ子「あらあらもうダウン?」

さわ子「ふふっ。お楽しみは……ここからなのに!」グイッ

和「!」

和「ブリッジ摘まんじゃらめえええぇえぇ!」プシャアアアアア!
 
 
 
紬「これぞ百合ラーの想像力!」

唯「いやそれ捏造力だよ!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:14:28.61 ID:3mfO2qdu0
紬「うひぃ! 和ちゃんもメガネ外したわ!!」

唯「はぁ……」

紬「いけっ! 今だ! 押し倒せ!」ムクムク

唯「……あっ!」

唯「(ムギちゃんの股間のティンカーベルがテント張ろうとしてる!)」

唯「(は、早く鼻血を出させてティンカーベルにお帰り願わなきゃ!)」アタフタ

唯「と、ところでムギちゃん。ピーナッツ食べない?」

紬「クーンーニ! クーンーニ!」ハァハァ

唯「(……聞いてない)」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:17:44.55 ID:3mfO2qdu0
紬「うへ、うへへへへへ」ギンギン

唯「あぁっ! そうこうしてる間にムギちゃんの息子が元気いっぱいに!!」

紬「えっ、今なんて!?」ギンギン

唯「しまった!」

紬「!」

紬「ホ、ホントda!! わ、私の息子が元気いっぱぱぱぱ……!」

ティンカーベル「やあ」ギンギン

紬「……」

紬「私の股間にティンカーベルキタ━━━━━━(i)━━━━━━!!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:21:27.33 ID:3mfO2qdu0
紬「きゃっほ――――――――――――――!!!!」

紬「雌雄同体完全無欠のふたなりさん!」

紬「私は神に近づいた!!」

紬「これで美少女犯し放題ね!!」ピョンピョン

唯「」ガタガタ

紬「手始めに……唯ちゃん!」

唯「ひゃい!?」

紬「据え膳食わぬは紬の恥……いただきまーす!」ガバッ

唯「きゃ――――――!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:25:16.88 ID:3mfO2qdu0
唯「ちょっ、ムギちゃんストップストップ!」ジタバタ

紬「こらっ暴れちゃだめよ! パンスト破きにくいでしょ! めっ!!」

唯「うわあああああああ!!!」ジタバタ

信代「あれ? 2人とも何してるのさ?」

唯「あ、信代ちゃん!」

紬「!」

信代「仲いいのは結構だけど廊下で暴れまわるのはどうかと思うよ?」

唯「あ、あはは……」

信代「じゃあ私店の手伝いあるから」

唯「うん。じゃあねー」

紬「……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:28:38.26 ID:3mfO2qdu0
紬「……」

唯「……ムギちゃん?」

紬「おぼぼげえええええええええ!!」ゲロッパー!

唯「うわっ!? 吐いた!!」

紬「なに!? なんなのあの豚は!!」

唯「同じクラスの信代ちゃんだけど……」

紬「あの豚が同じクラス!? おぇっ!」

唯「……」

紬「気分悪くなっちゃった……」

唯「(酷い言われよう……)」

紬「……はっ! こんな時こそムギビジョンの出番じゃない!」

紬「えいっ!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:32:06.00 ID:3mfO2qdu0
唯「ほら。自分が何なのか言ってごらんよ」ゲシゲシ

信代「ブーブー……」

信代「私は卑しい豚です……あぁどうか私を踏んで! 殴って! 罵っt
 
 
  
紬「おぇええええええええええ!!」ゲロリンパ!

唯「うわあっ!?」

紬「はぁ……はぁ……」

紬「ありえないわ……桜高に入学できるのは美少女だけのはz……」

紬「……?」

唯「どうかしたの?」

紬「……ああっ!?」

ティンカーベル「」シオシオ

唯「あっ! ムギちゃんの股間のティンカーベルが!」

紬「な、萎えていく……」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:37:12.43 ID:3mfO2qdu0 [24/24]
紬「た、勃って! もう一度勃って私のティンカーベル!」

ティンカーベル「」

紬「あぁ……そんな……」

唯「あー……」

紬「そんなぁ……」シクシク

唯「……」

唯「ムギちゃん、あーん」

紬「あーん」パクッ

紬「唯ちゃん、これは?」ポリポリ

唯「ピーナッツ」

紬「」ブッシャアアアアアアアアアアア!
 
 
こうして股間のティンカーベルはネバーランドに帰り、ムギちゃんは普通の女の子に戻ったのでしたとさ

めでたしめでたし

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。