FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紬「ムギ茶!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 01:07:25.64 ID:b1dRk0y2O
唯「う~」

律「あ~」

唯「う~う~」

律「あ~あ~」

唯「う~……もう疲れた!飽きた!勉強嫌い!」

律「同じく!勉強なんてナンセンスだと思います!」

梓「何しに学校来てるんですか……」

律「もちろんムギのいれてくれるお茶を飲みに!」

唯「そうだよ、あずにゃん!常識だよ!」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 01:15:34.21 ID:b1dRk0y2O
澪「二人とも、受験生なんだから現実を見ろよ」

律「うっ……」

唯「嫌なこと思い出させないでよ、澪ちゃん……」

澪「ほら、手を止めないで」

唯「勉強しなきゃいけない放課後は嫌いだよ~……」

律「同じく……」

梓(この二人、本当に大丈夫かな……)

紬「みんな~、お茶が入ったわよ~」

唯「おおっ!待ってました!」

律「やたー!休憩しようぜー!」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 01:22:38.21 ID:b1dRk0y2O
紬「ほら、澪ちゃんと梓ちゃんもどうぞ~」

澪「あ、ああ どうも」

梓「ありがとうございます」

律「ふ~……ムギのお茶は心が安らぐな~」ズズッ

唯「ほんとほんと~……」ズズッ

梓「」ゴクゴク

澪「まあ、確かにな~……ん?」ズズッ

紬「……?澪ちゃん、どうかした?」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 01:28:15.54 ID:b1dRk0y2O
澪「いや……いつもと何かが違うような……」ズズッ

唯「そうかな~?いつも通り美味しいけど」

梓「お茶っ葉が違うとか、ですか?」

澪「そういうことじゃないな……たぶん」

紬「ごめんなさい……お口に合わなかったかしら……?」

澪「い、いや違うんだ……
 いつものお茶より、美味しい気がするんだ……」

紬「……っ!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 01:35:21.95 ID:b1dRk0y2O
澪「ムギ、何か普段と違うことしたか?」

紬「澪ちゃん、良く気づいたわね……
 実はほんの少し隠し味を入れてるのよ~」

律「へ?全然わかんないけど……」ズズッ

紬「本当にちょっとだから気づかなくて当然よ~……
 それに気づいた澪ちゃんにはびっくりね~」

澪「へ、へへっ……まあな、違いのわかる女だからな!」

唯「ほえ~……澪ちゃんビンカンだね~」

律「敏感だよな」

梓「敏感ですね」

澪「敏感敏感うるさい!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 01:46:39.38 ID:b1dRk0y2O
唯「それより、わたしもその違いってのがわかりたいよ!」

律「なあムギ、次はもう少し隠し味ってのを
 多めに入れて作ってくれよ
 わたしたちにもわかるくらいにさ!」

紬「うふふ、わかった
 それじゃあ明日は少しわかりやすくいれてみるわね~」

唯「やったー!」

梓「隠し味じゃないですよね、それ」

律「梓!細かいこと言うなよ!」

唯「そうだよ!美味しければ何でもいいんだよ!」

梓「ふう……まあ、そうですね
 わたしも楽しみにしてるです」

澪「ああ、わたしも!ムギ、よろしくな!」

紬「は~い、うふふ」

――――――――
―――――


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 01:53:18.78 ID:b1dRk0y2O

――――――――
―――――

唯「待ちに待った!」

律「放課後ティータイム!」

梓「テンション高いですね」

唯「あたりまえだのクラッカーだよ、あずにゃん!」

律「テンション高くなくてどうすんだよ!」

澪「二人とも、うるさいぞ」

梓「ところで、ムギ先輩はどこへ?」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 02:00:29.53 ID:b1dRk0y2O
澪「ああ、今準備室でお茶を用意してるぞ」

梓「隠し味は教えられないってことですかね」

唯「うう……見たい……
 何が入ってるのか気になるよ、りっちゃん……」

律「唯、はやまるなよ!覗くのはルール違反だ!」

――――――――
―――――

紬「さて、と……」

紬「」ジョロジョロ ジョロ ジョロンジョロン ジョロ

紬「……うふふ」

――――――――
―――――

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 02:09:07.23 ID:b1dRk0y2O

――――――――
―――――

紬「お待たせ~」ガチャ

律「待ってました!」

唯「はやくはやく~」

紬「うふふ、唯ちゃん落ち着いて~」

梓「楽しみです!」

澪「」ウズウズ

紬「さ、みんなどうぞ~」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 02:15:19.74 ID:b1dRk0y2O
唯「いっただっきまーす!」ズズッ

律「どれどれ……ん?」ズズッ

梓「」ゴクゴク

澪「おお……やっぱり美味いな!」

唯「ん~……紅茶の中に……塩気、かな……?」ズズッ

律「なんだろ……昆布茶に似てるかもな……」

梓(違いがわからない……)

紬「お口に合うかしら~?」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 02:24:01.20 ID:b1dRk0y2O
唯「少し味が強すぎるかもね~……」

律「ん~、そうだな~……
 やっぱり隠し味はわからないくらいが丁度いいのかもな!」

澪「わたしはもっと味が強くても美味しいと思うけどな」ズズッ

梓「わ、わたしはどっちでも……」

紬「うふふ、好みは人それぞれみたいね~
 澪ちゃんは気に入ってくれたようだけど」

澪「ああ、今まで飲んだお茶の中で、一番美味いよ!」

紬「そう?良かったわ~」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 02:32:04.24 ID:b1dRk0y2O
澪「なあ、ムギ 何を入れたらこんなに美味くなるんだ?」

紬「うふふ、それは秘密よ~」

澪「そ、そうか……残念だな」

紬「……」

澪「さて……お茶ももらったし、本腰入れて勉強するか!」

唯「え~」

律「え~」

梓「二人とも、本当に落ちますよ」

――――――――
―――――



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 02:39:04.48 ID:b1dRk0y2O

――――――――
―――――

唯「……」カリカリ

律「……」カリカリ

澪「……」カリカリ

紬「……」カリカリ

梓「」ジャカジャカ

唯「……あーっ!もー無理!わたし帰る!」バンッ

律「よっしゃ、ならわたしもー!」バンッ

澪「……まだ5時だぞ?」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 02:46:08.65 ID:b1dRk0y2O
唯「もう集中できないよ!帰るったら帰る!じゃあね!」ガチャ

律「あ、唯ー!待てよー!」バタン

澪「あいつら大丈夫かよ……?」

梓「あ、わたしもそろそろ帰ります
 親に早くに帰れって言われてたんで」

澪「そうか、うん、わかったよ」

紬「梓ちゃん、気をつけてね?」

梓「はい、それじゃあ、さようなら」バタン


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 02:53:02.84 ID:b1dRk0y2O
澪「わたしたちはもう少し勉強していくか?」

紬「うん……ねえ、澪ちゃん」

澪「ん?どうした?」

紬「さっきのお茶、まだ飲みたい?」

澪「おー、飲めるなら飲みたいな」

紬「じゃあ、味強めで作ってあげるわ~」

澪「ほんとか?なら、お願いするよ」

紬「それで、ええと……これ」

澪「……アイマスク?」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 03:01:08.14 ID:b1dRk0y2O
紬「いちいち準備室に行くのも億劫だから……
 これを付けて横になってくれないかしら?」

澪「ん……あ、ああ……いいけど」

紬「ごめんなさい、何を入れてるかは見せられないし……
 その代わりとっても美味しいのをご馳走するから!」

澪「ああ、わかったよ、ムギ」

紬「ありがとう、澪ちゃん」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 03:08:32.97 ID:b1dRk0y2O
澪「……これでいいか?」

紬「ばっちりよ~、それじゃあお口を開けて?」

澪「あー」

紬「今から入れるから……動かないでね?」

澪「あー」コクコク

紬「……んっ」ジョロ

澪「あー……ん……」ゴクゴク

紬「ん~……」ジョロジョロジョロン

澪「あ、あー……」ゴクゴク


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 03:24:27.61 ID:b1dRk0y2O
紬「……ふ~……どう、澪ちゃん?」

澪「あー……んっ……はあ……
 む、ムギ、一気に入れすぎだよ!」

紬「うふふ、ごめんなさい」

澪「でも、すっごく美味いよ!
 塩気と渋味があいまった、深みのある味っていうか……」

紬「喜んでもらえて嬉しいわ~」

澪「ムギ、これは店開けるレベルだよ!」

紬「うふふ、ありがと~……あ、ねえ、澪ちゃん」

澪「ん?」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 03:34:32.80 ID:b1dRk0y2O
紬「今のお茶に合うシロップを用意してたんだけど……いる?」

澪「お、それ入れても美味いのか?」

紬「美味しいんだけど……お茶がもうないのよね
 でも、そのままでも美味しいからどうかなー、って……」

澪「そうか、じゃあちょっとくれないか?」

紬「わかったわ~、それじゃあ、指を貸して?」

澪「指?……はい」

紬「この筒の中に入ってるからすくい取って舐めてみて?」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 03:43:15.67 ID:b1dRk0y2O
澪「ん……わっ!この筒の中、あったかいな……」グチュ

紬「ん……ええ、あっためると……
 より美味しくなるから……はあっ……」

澪「んーと……こんな感じでいいかな……?」グチュグチュ

紬「あ……はあっ!」

澪「ムギ?どうした?」

紬「い、いえ……それより、指、舐めてみて……?」

澪「ああ……んっ……」ペロ

紬「どう……かしら……?」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 03:56:08.73 ID:b1dRk0y2O
澪「シロップにしては、甘くないな……でも、なんだろう……
 口の中に広がって……残るんだけど、しつこくない……
 また舐めたくなるような味だな……」ペロペロ

紬「シロップはたくさんあるから、もっと舐めてもいいのよ~?」

澪「ほんとか?なら、もう少し……」グチュ

紬「んっ……お茶を飲む前に……
 言えば良かった、わね……はあ……」

澪「まあ、仕方ないさ
 それに、シロップだけでも充分美味しいぞ?」ペロペロ


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 04:05:30.97 ID:b1dRk0y2O
紬「そう……ならいいんだけど……あっ……!」

澪「うん……美味しいな……やみつきになるよ……」グチュグチュ

紬「はあっ……ねえ、澪ちゃん……
 とっておきのお茶菓子もあるんだけれど……いるかしら……?」

澪「おお、まだ何かあるのか!
 とっておきって言うくらいなら、食べてみたいな!」

紬「うふふ、ならお口をいっぱいに開けて?」

澪「ん?ああ」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 04:16:35.90 ID:b1dRk0y2O
紬「うふふ……動いちゃだめよ~?」

澪「あー」

紬「んっ……ああ……」ミチミチ

澪「っ?!」

紬「はあっ、はあっ……んんっ……」ミチミチ

澪「あー」モグモグ

紬「ふう……澪ちゃん、美味しい?」

澪「ん……ぐ……はあ、なんだこれ?!
 すっごい苦い……苦いんだけど……言葉で表せないような……」

紬「……」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 04:26:40.63 ID:b1dRk0y2O
澪「衝撃的な味だ……でも、もっともっと欲しくなる……!」モグモグ

紬「」パシャ

澪「ん……?なんだ今の音」

紬「な、なんか音したかしら?
 それより、まだ欲しい?」

澪「ああ、もっとくれ!
 このお茶菓子にシロップつけても合いそうだな!」

紬「うふふ、お茶はもう出な……もうないけれど……
 お茶菓子とシロップならあるから、好きなだけどうぞ~」

澪「ああ、ありがとう!遠慮なくいただくよ!」

紬「……」

――――――――
―――――

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 04:34:11.80 ID:b1dRk0y2O

――――――――
―――――

唯「澪ちゃん……」

律「あいつには失望したな……」

梓「尊敬してたのに……」

紬「仕方ない……わよね……」

ガチャ

澪「ごめん、掃除が長引いて……
 ってどうかしたか?みんな暗いぞ?」

律「なあ、澪……話があるんだ……」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/25(月) 04:41:09.40 ID:b1dRk0y2O
澪「どうした?そんなに改まって……」

律「……これ」ピラ

澪「写真?……なっ……!!」

律「悪いが、こんな変態をけいおんぶに
 置いておくわけにはいかないんだ……
 すまないけど、辞めてくれないか……?」

澪「これ……なんで……身に覚えが……
 あっ!……このアイマスク……!」

紬「澪ちゃん……」

澪「ムギ……どうしてこんなこと……!
 っていうか、これなんなんだよ!」

紬「……」

澪「なあ、ムギ!!」

紬「……さすがに食糞はヒくわよ」



おしまい


コメント

No title

自分でやっておいてそりゃないぜムギ・・・

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。