FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女「……男、勃起してる」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:06:04.02 ID:CoN2gyTLP
男「!」

女「手遅れ。テント張り」

隠すぐらいさせてくれ。

女「……エッチ、変態、スケベ」

男「やめろ」

女「……勃起させといて、何を今更」

否定はできない。

以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:07:52.90 ID:CoN2gyTLP
男「悪かったな」

女「どうして、立ったの?」

男「わからん」

とりあえず、お前じゃない。

女「ふぅん……」

どこを見ている。

女「小腹空いちゃった」

どこ見ながら言ってんだ。


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:10:02.54 ID:CoN2gyTLP
女「何か食べる物あったかな」

そう言って、やつは部屋を出た。

男「……」

やれやれ。

俺の息子め、いきなり立ち上がったりしたらダメだろうが。

まあ。

注意しても無理だけど。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:12:13.51 ID:CoN2gyTLP
がちゃり、と。

やつが戻ってきた。

女「よかった、してなくて」

男「するか」

女「何を?」

ジトッとした視線が痛い。

いやあ、まあ。

……カマかけられた。


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:16:19.60 ID:CoN2gyTLP
男「なんでもねえよ」

女「ふうん」

そう言って、ベッドに座る。

俺の位置からは。

パンツがそろそろ、見えるところ。

女「どこ見てるの?」

やめろ、その視線は相当ダメージが大きい。

まるで人間じゃない何かを見るような目で見やがって。


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:18:41.38 ID:CoN2gyTLP
男「それで、なにかあったのか?」

女「あったよ」

よかった、上手いこと話が流れた。

女「これ」

男「……」

黄色い。

三日月のような。

バナナ。

女「テント張り」

……うぅ。

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:21:32.67 ID:CoN2gyTLP
男「……そうか」

女「いただきます」

男「お、おう」

女「……」

ムキムキと。

皮を、むく。

バナナのだ、バナナの。


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:24:16.97 ID:CoN2gyTLP
女「久しぶりに食べる」

そんなことはどうでもいい。

さっさと食え、さっさと。

女「はむっ」

と、勢いよく。

かぶりついた。

と、思ったら。

やつは、咥えただけだった。

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:27:17.82 ID:CoN2gyTLP
女「んっ……」

小さく声を漏らす。

バナナを上下に動かす。

男「なんだその食い方は」

女「?」

その疑問顔はなんだ。

女「これがいつもの食べ方」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:30:10.96 ID:CoN2gyTLP
女「すこしずつ、食べていくの」

男「……」

なんつーか、その。

ダメだろ。

いや、別に。

何かほかのことを考えてるわけじゃなくてだな。

女「美味しい」

恍惚の表情を浮かべてやがる。


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:31:55.28 ID:CoN2gyTLP
女「食べる?」

男「っ……」

唾液がヌラーッと、していて。

艶を帯びている。

男「……いや、いい」

女「遠慮しなくていいよ」

遠慮なんかしてない。

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:34:58.44 ID:CoN2gyTLP
女「ほら、ほら」

男「ええい、やめろやめろ」

近づくな。

その唾液たっぷりのバナナをこっちに向けるな。

女「あっ」

手を滑らせたようだ。

男「!」

ベチャッと。

俺の頬にバナナがぶつかる。


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:53:23.46 ID:CoN2gyTLP
男「……」

女「……間接」

男「この状況で言うんじゃねえ」

まったく。

ベチョベチョじゃねえか。

女「汚い」

男「お前なぁ……」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 21:58:33.81 ID:CoN2gyTLP
女「大丈夫?」

なわけがないだろう。

男「あー、もうベトベトだ」

女「あんまりわかんないよ」

俺にははっきりとわかるんだよ。

自分自身がベタついてんだから。


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:07:28.12 ID:CoN2gyTLP
女「そっか」

おい。

何か言うことあるだろうが。

女「じゃあ、はむっ」

そして、再び食べ始めた。

女「美味しい」

ニッコリしやがって。


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:10:44.02 ID:CoN2gyTLP
女「……男」

男「あん?」

女「ちょっといい?」

男「なんだよ……」

ぺロリと。

俺の頬を舐めた。

男「!」

女「甘い」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:16:22.70 ID:CoN2gyTLP
男「なにしやがる」

女「ちょっと好奇心」

そういう理由で、舐めたのか。

なんだよ、それ。

女「もっといい?」

男「ふざけるな」

女「勃起するから?」

男「しない!」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:22:11.34 ID:CoN2gyTLP
女「じゃあ、なんで?」

男「されたくないから」

女「なんで?」

男「されたくないから!」

女「だから、なんで?」

埒があかねえ!


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:28:51.32 ID:CoN2gyTLP
男「いいから、やめればいいんだ!」

女「つまんないの」

そして、やつは。

バナナを咥えた。

女「ノリ悪い」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:32:59.52 ID:CoN2gyTLP
また、上下に。

バナナを動かして。

女「滑り悪い」

なんのだよ。

あえて声には出さない。

なんか、めんどくさそうだからな。

女「ん……ちゅっ、ぬちゅ……」

バナナを舐めてやがる。

汚いやつだ。


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:36:43.50 ID:CoN2gyTLP
女「こんなになっちゃった」

見せるな、汚い。

女「あ、男のはまだまだテント張り」

……あれ。

男「ほっとけ」

女「興奮してる?」

してない。


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:41:45.20 ID:CoN2gyTLP
男「してない」

女「うそつき」

嘘じゃない。

あるんだよ、こういうことも。

なんか、いきなり。

突発性息子直立不動病が。

男「してないって」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:45:02.75 ID:CoN2gyTLP
女「うそつき」

ツン、と。

俺の息子をつつきやがった。

男「やめい!」

女「あ、今ピクンって」

反応した、とニヤける。

触られたら、そうなるだろう。

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:48:35.17 ID:CoN2gyTLP
男「当たり前のことだ」

女「ふうん」

別にお前に反応してるわけじゃない。

女「見せて」

男「は?」

女「見せてよ」

男「ふざけんな」

ペチリと。

頭を叩く。

調子に乗るな。


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:53:19.80 ID:CoN2gyTLP
女「むむ……痛い」

怒ってる。

眉間に皺を寄せて。

女「酷いよ、叩くのは」

ぺチンと。

俺の息子を叩く。

男「ぬおっ……!!」

女「仕返し」

ニッコリと笑う。

悪魔め。


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 22:56:02.64 ID:CoN2gyTLP
うずくまる俺。

いてえ。

女「やっぱり痛いの?」

男「当たり前だろ!?」

女「ないからわかんないもん」

プイッとそっぽを向く。

むかつくぜ。


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 23:08:12.09 ID:CoN2gyTLP
男「てめえ……」

女「先に叩いたのは男」

そうだけども。

男「でも、ダメージの差が……」

女「じゃあ、私のも叩く?」

お前はないだろうが。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 23:12:17.71 ID:CoN2gyTLP
男「叩いても痛くないだろ」

女「濡れちゃうかも」

……。

変なこというなよ。

男「ああ、もういい」

そう言って、俺は立ち上がった。

女「?」

男「帰る」

女「ふーん」

男「じゃあな、また明日」

女「うん、学校で」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 23:15:20.29 ID:CoN2gyTLP
帰宅中。

男「……」

やれやれ。

やっと帰れる。

……あれ。

俺、なんであいつの家にいたんだっけ。

男「……あ」

本を借りに来たんだった。

めんどくさいが、戻るか。

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 23:23:11.66 ID:CoN2gyTLP
ガチャと。

俺はなんのためらいもなく家に入る。

男「おーい、入るぞー」

まあ、あいつと俺の仲だ。

別に怒られることはないからな。

男「悪い、本を借りるの忘れ……」

女「!」

男「……」

オナニー中だった。

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 23:28:51.49 ID:CoN2gyTLP
女「……」

スカートを穿きなおす。

男「本……」

やばい。

やばいところをみてしまった。

女「……」

すっごいジト目。

俺が、悪いのか?

ああ。

俺が悪い。

勝手に入っちまったんだから。


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 23:32:38.97 ID:CoN2gyTLP
女「……本、そこ」

男「お、おう」

女「……」

やべえ。

急に顔が赤くなってきた。

女「……タイミング悪い」

男「す、すまん」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 23:37:30.13 ID:CoN2gyTLP
でも。

俺が帰って早々。

そんなことするもんなのか。

実は溜まってたり?

女「……」

あ、顔めっちゃ赤いぞ、こいつ。

男「なんだよ」

女「ふんっ」

そっぽを向いた。


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 23:40:43.34 ID:CoN2gyTLP
男「悪かったって」

女「もういい」

顔をこちらに向けようとしない。

男「……」

そう言うなら、俺はいいんだが。

女「……責任、取ってくれれば……」

ゑ?


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 23:45:31.19 ID:CoN2gyTLP
責任。

自分のした事の結果について責めを負うこと。

俺がしたこと。

やつのオナニーを見てしまったこと。

じゃあ、どうやって責めを負えばいい。

男「どうやって」

女「……」

モジモジせずに早く言え。


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/29(金) 23:50:29.21 ID:CoN2gyTLP
女「そっちも、見せればいいじゃん」

男「……」

俺、マジマジ見たつもりは無い。

というか。

見た、ってほど、じゃないぞ。

してたのを発見したってだけだぞ。

ディスカバーだぞ。

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:11:44.74 ID:Tpcg47H/P
女「ねえ」

迫ってくるな。

男「ま、待て! それはおかしいって!」

女「もう、テント張りは見せてるんだよ?」

男「そうだけども……」

女「なら、いいでしょ?」

男「よくない!」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:19:54.58 ID:Tpcg47H/P
女「現にさ、ほら」

男「!」

気づかぬうちに。

俺の息子はまた。

無意識に、起立していた。


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:32:29.40 ID:Tpcg47H/P
女「エッチ」

エッチじゃねぇよ。

俺は。

……。

わかったわかった。

無意識じゃない。

意識的に、立っちまった。


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:35:25.20 ID:Tpcg47H/P
やつの。

生スカートに。

正直、興奮した。

パンツを穿いていないという。

そのことを考えただけで。

ムラムラした。

男「……わかった、やってやる」

もうヤケだ。


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:37:39.18 ID:Tpcg47H/P
ストンと。

俺は座り込み。

ゆっくりと。

しごきはじめた。

女「……!」

顔を真っ赤にして、見ている。

恥ずかしい。

まあ。

見てるあっちも、恥ずかしいか。


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:44:34.06 ID:Tpcg47H/P
男「……」

こんな状態で。

イけるはずもなく。

女「……すご……」

小さく、声を漏らす。

いきり立った息子に、顔を近づけてくる。

女「気にしないで、続けて」

無茶言うな。


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:48:29.77 ID:Tpcg47H/P
女「……」

そんな中。

いきなり、絶頂がやってくる。

ティッシュ!

男「くおおおっ」

いつもなら出ない、変な声を漏らした。

女「!」

ビクビクしてないで、どけ!


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:55:45.34 ID:Tpcg47H/P
男「ど、どけ……!」

女「えっ?」

どけ! 本当に……。

男「すまんっ!」

出た。

女「!」

女の顔に、全部。


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 01:02:10.19 ID:Tpcg47H/P
女「うわぁ……」

さっきまでベトベトだった俺の頬以上に。

ベトベトになったやつの顔。

女「髪にまでついた……」

凄いいやな顔。

仕方ないだろ、お前がずっとそこにいるから。

女「苦い」

舐めるな!


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 01:10:31.35 ID:Tpcg47H/P
男「……」

女「……なんか、濃いね」

飲み込めない、と苦笑い。

え、なにそれ。

飲み込んだのかよ?!

女「ここまでするとは思わなかった……」

お前がやれと言ったんだろうが!

……いやあ、まあ。

顔にかけろとは言ってなかったけど。


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 11:25:28.37 ID:Tpcg47H/P
女「……ふんっ」

怒ってる。

怒っていらっしゃる。

男「あやまる、悪かった」

女「殺める?」

男「謝るだ」

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 12:20:13.57 ID:Tpcg47H/P
女「あのさ」

突然、話を変える。

女「私にこんなことして、いいの?」

男「どういうことだよ」

女「興奮もしない女の子に、ぶっかけちゃう」

……そうだな。

酷いことだな。


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 12:36:50.23 ID:Tpcg47H/P
女「とりあえず」

そう言って。

俺の息子を。

握りやがった。

男「! な、なんだよ!?」

女「つぶすよ?」

やめろ、それはマジでやばい。


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 13:02:08.75 ID:Tpcg47H/P
男「悪かったって、言ってるだろ」

女「そんな心のこもってない謝罪はいらない」

じゃあどうすればいい。

女「ちょっと、おしおきをうけなさい」

男「は?」

そう言って。

ゆっくりと女は。

しごき始めた。

バカ。

さっき出たばっかりだぞ。


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 13:09:01.49 ID:Tpcg47H/P
女「うわ、なんか汁くっついてる」

だから(ry

男「やめい、もう出ないぞ」

女「うそつき、こんなに硬いのに」

男「お前なぁ……」

女「意外と大きくてビックリしちゃった」

悪かったな。


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 13:19:36.22 ID:Tpcg47H/P
男「ん……」

女「どうしたの?」

わかってるくせに。

こいつ。

女「ねえ、どうしたの?」

息子を指先ではじくな。

女「脈打ってるね」

うるさい。


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 13:26:47.57 ID:Tpcg47H/P
男「黙ってろ」

女「あったかくなってきたし」

頬擦りするなよ!

うわあ、顔についてるベトベトが息子に……!

女「舐めてもいい?」

男「アホか」

女「おしおきー」

そう言って。

舌で舐められた。


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 13:29:19.37 ID:Tpcg47H/P
それに過敏に反応する。

女「ふふふ……」

いやな笑いだ。

男「やめろ」

女「どうしてー?」

喜んでるじゃん、と小悪魔笑顔で言う。

暗黒微笑。


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 13:35:44.76 ID:Tpcg47H/P
女「素直になれよっ」

上下に手を動かすな。

男「やめ……ろ」

女「嬉しいくせに」

ニンマリと笑う。

女「いつ、した?」

男「なにを」

女「オナニー」

聞くなよ、そんなこと。

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 13:43:48.33 ID:Tpcg47H/P
男「……」

そういえば。

最近ご無沙汰だったかも。

男「さっき」

女「さっきの前」

男「……」

くそ、ごまかせんか。


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 13:57:42.41 ID:Tpcg47H/P
男「……覚えてない」

女「へえ……」

更に激しく。

上下にこする。

女「この立ち様じゃ……結構してなかったでしょ?」

笑う。

くおお、暗黒微笑。

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 14:05:31.19 ID:Tpcg47H/P
男「……ちっ」

正直なもんだ。

口ではこう言っても。

息子は正直だからな。

性欲に逆らえない。

女「ふふふ……可愛い」

つんつんするな。

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 14:08:44.73 ID:Tpcg47H/P
女「パンツ、シミできちゃった」

男「!」

と。

パンツをゆっくりと。

脱ぎ始めた。

女「ノーパンです」

パンツをくるくると回してやがる。

女「エロい? エロエロ?」

変態。


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 14:19:02.08 ID:Tpcg47H/P
というか。

まだ穿いてたのか。

くそ。

俺は。

ひとりで勝手にノーパンだと決めつけ。

それで。

興奮していたということか。

女「男も、ズボン脱ぎなよ」

なんでだよ。


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 14:23:20.75 ID:Tpcg47H/P
女「だって、窮屈じゃない?」

息子さんはもうボロンってなってますから。

意外と窮屈じゃないですよ。

女「ねえ?」

また頬擦り。

汚いぞ、おい。


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 14:33:01.57 ID:Tpcg47H/P
女「……」

ニンマリと笑ったあと。

女「ねえ、男」

息子から手を離し。

靴下を脱ぎ始めた。

長い長い靴下を。


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 14:36:33.96 ID:Tpcg47H/P
男「んだよ……のわっ」

靴下を投げられた。

女「ちょっとこっちに来てよ」

と言って、ベッドに座る。

男「……」

女「ベッドに近づくだけでいいから」

男「なにするつもりだ」

靴下、生暖かい。


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 15:00:18.79 ID:Tpcg47H/P
女「してみたいことがあるんだ」

男「?」

そして。

俺の息子を。

踏みつけた。

男「!!」

女「えいえい」

男「お、お前……!」


217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 15:06:41.19 ID:Tpcg47H/P
足。

冷たい!

男「や、やめろ!」

女「もっと乱暴にしてほしい?」

一度も言ってない!

女「ぐいぐい」

言うとおりぐいぐいと踏みつけてくる。


222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 15:20:03.54 ID:Tpcg47H/P
男「くそお……」

畜生。

気持ちいいじゃねえか。

女「足でされるのって屈辱?」

当たり前だ。

女「足でこするの難しいな」

そう言って。

両足を上下に動かす。


229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 15:27:46.50 ID:Tpcg47H/P
まずい。

このままだと。

第二波が!

下半身がすこし震える。

女「あれ?」

ここで、ニヤリと笑う。

女「もしかして?」

ニヤーッと、笑いやがる。


231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 15:33:00.41 ID:Tpcg47H/P
女「足まで汚くするつもり?」

男「じゃあ、どかせろ」

もう、そろそろ。

出ちまう。

女「いいよ、それでも」

なんでだよ。

ベタベタの顔で、言いやがって。


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 15:59:20.71 ID:Tpcg47H/P
女「でもさ」

ぐいっと。

また強く踏まれる。

男「ぬおっ……」

女「こうやったら、自分にかかっちゃうよね?」

男「や、やめろ!」

息子の方向を変えやがった。


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 16:01:42.93 ID:Tpcg47H/P
男「やめろ!」

女「やだ」

男「このやろう……」

今にも出そうだってのに……。

女「じゃあ、足にかけてよ」

男「いいのかよ」

女「うん」

どういう趣味だ。


240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 16:08:01.70 ID:Tpcg47H/P
男「残念だが、今の俺は―――」

と。

言ったそばから。

女「ひゃっ」

ドクドクと。

溢れ出した。

女「うわぁ...」

足に、ためらいもなく。

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 16:18:31.14 ID:Tpcg47H/P
女「うわぁ……」

また、いやな顔。

女「暖かいね」

ベタベタしてる、と。

笑いながら、言う。

女「もう、2回目だね」

うるさい。


247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 16:25:48.23 ID:Tpcg47H/P
男「……」

すこし、疲れた。

女「まだ、入れてもいないのにね」

ニッコリと笑っている。

男「うるせ」

女「えーっと……自分で一回、足コキで一回……」

言われると、なんか恥ずかしい。


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 16:31:55.58 ID:Tpcg47H/P
女「あと、手コキで一回、フェラで一回したいな」

男「は?」

そんなに出ねぇし。

女「いいじゃん、頑張って」

男「ふざけるな、お前のわがままに付き合わなきゃならん」

それと、頑張ってってなんだよ。

女「……でも、立ってるじゃん」

……そうですね。

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 16:46:19.65 ID:Tpcg47H/P
男「……」

女「さて、と」

男「なんだよ?」

女「次は、なにしたい?」

男「……」

女「あ、もちろん、手コキ、フェラでもいいけど」

男「他に、あるのかよ?」

女「たとえば……靴下足コキとか、ストッキング足コキとか」

足コキばっかじゃねえか。


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 17:09:22.07 ID:Tpcg47H/P
男「……!」

そういえば俺。

なんで聞いてんだよ。

されたいのか?

実は、されたいのか?

そんなこと、ないはず。

ないはず……なんだ。


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 17:14:48.29 ID:Tpcg47H/P
男「……」

女「じゃあ、まずは……」

男「俺は……」

女「?」

男「俺は……」

女「なに?」

男「俺はもう、しない」

女「え?」


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 17:27:50.39 ID:Tpcg47H/P
女「な、なんで?」

いきなりおろおろする。

男「別に、いいじゃねえか」

女「よくない、おしおきだもん」

男「俺の意思も考えろよ」

女「やだやだ」

男「ふざけんな」


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 17:49:42.00 ID:Tpcg47H/P
女「なんで?」

寂しそうな顔で言う。

男「……ふん」

女「ま、待ってよ」

なんだよ、もう。

男「他に当たれ」

誰だっていいんだろうが。


269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 17:50:54.29 ID:Tpcg47H/P
別に俺じゃなくても。

こいつは結構モテるし。

俺じゃなくてもいいはずだ。

女「他?」

男「そ、他」

女「どうして?」

こいつ……。


271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:00:19.76 ID:Tpcg47H/P
男「ふんっ」

女「なんで? 他の人がいるの?」

男「はあ?」

女「ちょ、ちょっと」

男「どうせ俺以外とも、こういうことしてるんだろ?」

女「……」

黙った。

やっぱりな。


273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:08:45.09 ID:Tpcg47H/P
じゃなきゃ、こんなこと。

進んでやれないだろう。

女「……」

男「……本借りるからな」

俺がやつに背中を向ける。

すると。

すぐに俺の背中を、やつが抱きしめた。

女「酷い、その言い方」

何が悪い。

女「処女だし、あんなことするの、初めてだったし」

……ヱ?


279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:17:39.80 ID:Tpcg47H/P
女「だから頑張って、勇気出したのに……」

ふくれっ面。

男「嘘つけ」

女「嘘じゃないっ」

ギュッと。

さらに強く抱きしめられる。

女「……失礼だよ、男」


289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:31:47.96 ID:Tpcg47H/P
男「はっ、どうだかな」

女「……む」

するとやつは。

俺の正面に来て。

俺を押し倒した。

ベッドに上手く倒れる。

男「どうするつもりだ」

女「わかんない」

考えなしにするな。


296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:41:06.43 ID:Tpcg47H/P
男「ったく、どけ」

女「やだ」

男「なんでだよ」

女「一緒にいたいもん」

男「……」

女「私のこと、いや?」

違う。

臭いから。

俺の……えふんえふんで、顔とか臭うから。


301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:49:01.06 ID:Tpcg47H/P
男「寄るな」

胸の感触は素晴らしいが。

臭いは凄まじい。

最悪の臭いだ。

俺の……うん。

女「嫌い?」

男「そうじゃないけど……」


326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:24:24.55 ID:Tpcg47H/P
女「じゃあ、どうして……?」

涙目になるな。

男「いいから、離れろ!」

胸の感触ぅ、感触ぅ!

女「わかったよ」

ゆっくりと離れる。

女「……あ」

ん?

女「……」

自分の体を嗅いでる。

女「なるほど……」


330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:29:50.17 ID:Tpcg47H/P
女「イカ臭い」

男「そうだな」

女「イカ臭いゲソ」

変なこと口走ってる。

男「とりあえず、体洗って来い」

女「……」

どうしたんだ?

男「おい、早く行って来いよ」

女「帰らない?」


337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:36:15.83 ID:Tpcg47H/P
男「帰らん」

女「本当?」

男「ほんとだ」

女「本当に、本当?」

男「しつこいぞ」

女「だって、怖いんだもん」

男「……」

何がだ。


338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:43:09.49 ID:Tpcg47H/P
女「……帰らない?」

男「さっきも言ったとおり、帰らん」

さっきから何を気にしてるんだ。

女「じゃあ、一緒に来て」

男「は?」

女「お風呂まで、一緒に来て」


341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:46:28.38 ID:Tpcg47H/P
男「なんで!」

女「やっぱり帰るの?」

男「一緒に行く意味はないだろ?」

女「帰るかもしれないじゃん」

男「だから……」

女「一緒に入ろうとは言ってないんだから、いいでしょ?」

……あ。

そうだな。


343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:51:41.94 ID:Tpcg47H/P
ちょっと勘違いしてた。

男「わかったよ」

女「うん、じゃあ行こ」

ギュッと、手を握られる。

男「別に握らんでもいいだろ」

女「いや?」

いやっつーか。

……その手は、息子を触った手だろ?


348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:59:14.32 ID:Tpcg47H/P

男「とりあえず、だ」

女「?」

男「手を離せ」

女「うーん、どうしよっか」

男「はーなーせー」

女「いーやー」

今の状況は。

風呂に到着。

やつは着替えようとしている。

部屋を出ようとする俺。

やつが手を離さない。つまり、出れない。


349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 20:04:40.24 ID:Tpcg47H/P
女「着替えるから見ちゃダメだよ?」

男「なら手を離せ」

女「やーだ」

だったら、どうやって服を脱ぐ気だ。

女「あ、脱げない」

今更気づいたか。


352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 20:16:18.63 ID:Tpcg47H/P
男「やれやれ」

女「……じゃあ、離す」

男「そうしろそうしろ」

女「……」

悲しそうな目でこちらを見ている。

男「わかった、ここにいてやるから」

ニンマリと笑う。

やれやれ。


353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 20:34:09.66 ID:Tpcg47H/P
女「目、つぶってる?」

男「おう」

女「じゃあ……」

衣擦れ。

衣擦れの音。

女「……ふぅ」

男「……ん?」

服を頭に乗せられた。

好き放題しやがって。


355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 20:39:45.34 ID:Tpcg47H/P
女「あ、パンツ忘れてた」

そう言って。

やつは部屋を出て行った。

……え。

今あいつ、どういう格好?

ノーパンなのはわかる。

そして、上を着てない。

ということは……。

ブラジャー一丁。


358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 20:49:21.98 ID:Tpcg47H/P
すこし、乗せられた服をずらす。

なんでかって?

野暮なこと聞くなよ。

まあ、うん。

俺もやっぱり。

当たった胸は見ておきたいと言うか、なんというか。

バレないように……な。


363 :>>360 YES:2010/10/30(土) 21:07:07.96 ID:Tpcg47H/P
女「おまたせ」

中に入ってきた。

おお。

これは……。

凄いな。

女「? どしたの?」

男「何が?」

女「勃起してる」

男「!!」

えええ……。

俺の息子、絶倫すぎやしないか。


369 :>>365 Sorry:2010/10/30(土) 21:17:29.71 ID:Tpcg47H/P
女「もしかして、私の服の匂いで?」

男「……」

んなわけあるか。

女「ねえね、どうして?」

近づくな。

……すげえ、でかい。

腕が、挟まってる。

女「これ、何かわかる?」

男「何が?」

女「腕に当たってるの」


372 :>>370 Not yet:2010/10/30(土) 21:31:14.52 ID:Tpcg47H/P
おっぱい。

おっぱい。

ち、違う、胸だ。

男「わ、わからん」

女「うそー?」

ムニムニと。

心地よい感触。


374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 21:37:08.67 ID:Tpcg47H/P
女「ねぇねぇ」

こいつ。

変態だ。

男「やめろ」

女「なんだと思う?」

男「……」

なんか、言いたくねぇ。

言ったら、もっと何か言われそうだ。


381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 21:53:36.92 ID:Tpcg47H/P
男「……どれ」

女「ひゃっ」

触ってやった。

女「触るのは反則」

男「触らんとわからんだろう」

女「でも……ちょ、ちょっと……」

揉んでみた。

男「やわらかいな」

女「……うぅ……」


383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:00:26.38 ID:Tpcg47H/P
女「も、もういいでしょ」

怒られた。

女「酷い、わかってるくせに」

男「いやあ」

素晴らしかった。

いい体験をさせてもらった。

女「酷すぎる……」

男「早く入れよ」

女「うん……」

小さくホックを外す音。

やばい、興奮してきた。


385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:06:02.86 ID:Tpcg47H/P
男「やれやれ」

やっと入ったか。

女「うわーなんかヌルヌルするよ」

男「そうかい」

どうでもいい。

女「くさーい」

うるさい。

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:20:49.18 ID:Tpcg47H/P
男「……じゃあ、部屋で待ってるからな」

女「えっ」

男「いいだろ、それくらい」

女「う、うん」

男「帰らないから、安心しろ」

女「わかったよ」


388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:24:54.23 ID:Tpcg47H/P
ふう。

これでやっと。

落ち着くな。

男「さて、と」

本を読んで、待っているか。

男「……」

もしかして、もしかすると。

このままだと、あの後の続きをすることになるのか?


401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:57:46.80 ID:Tpcg47H/P
そうと決まればレッツゴー!

レットイットビー!

ビートイット!

階段をゆっくりと降りれば、いける!

女「あっ」

……。

脱出失敗のお知らせ。


403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:04:42.13 ID:Tpcg47H/P
男「ちょっと、トイレにだな」

女「トイレは2階にもあるよ?」

男「……」

もっと良い言い訳は……!

男「まあ、実は、お前を驚かせようとしてたんだ」

女「そうなんだ」

つか、早くね?


405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:08:53.04 ID:Tpcg47H/P
それと。

なんでタオル一枚なんだ。

女「服、持ってくるの忘れちゃった」

……はぁ。

こいつ、色々抜けてるな。

男「じゃあ、部屋に戻るか」

女「うん」


406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:12:50.01 ID:Tpcg47H/P
男「……ふぅ」

女「もう、このままでいい?」

男「なんで?」

女「暑いから」

男「勝手にしろ」

女「まあ、最終的にこうなるし」

男「……は?」

女「ふふふ」

出ましたよ、暗黒微笑。


409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:17:53.65 ID:Tpcg47H/P
女「さってと」

ハラリと。

タオルを落とす。

女「なにがいい?」

男「……」

女「フェラ? 手コキ? それとも足コキ?」

マジでか。

女「あ、エッチは最後だからね」

いや、聞いてないです。


411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:24:12.03 ID:Tpcg47H/P
タオルを落としたくせに。

見えるのは尻と背中。

背中を向けて、落としやがった。

ええい、前を見せろ。

いや、きょ、興味ないけどね。

男「最初でも最後でも別に変わらんだろ」

女「大事だよ、私の初めてだもん」

……。

本当に処女らしい。


414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:42:19.42 ID:Tpcg47H/P
男「あーじゃあ」

女「?」

そのワクワクした顔で見るな。

男「……手コキ」

女「わかりましたー」

クルリと。

体を前に……ってあれ?

タオルをまた、巻き直した……?

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:47:49.05 ID:Tpcg47H/P
おいおい、なんだよそれ。

見せろよ。

女「パイズリってのもあるね」

男「……」

あー、もうどうでもいい。

女「じゃあ、いきまーす」

そして。

俺はズボンを脱いだ。


423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:52:31.98 ID:Tpcg47H/P
男「……はぁ」

やはり。

俺の息子は凄まじい立ちようだった。

仁王立ちだな。

女「ふふふ」

音符がつきそうなほど、上機嫌のようだ。


424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:58:39.85 ID:Tpcg47H/P
女「さっき見た時より大きくなってるね」

黙れ。

女「ふふ、こんにちは」

俺の息子に話しかけるな。

女「それじゃあ……」

優しく。

握った。


428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:02:18.22 ID:nS4xKxxiP
男「……っ」

ゆっくり、しごく。

女「さっきもしごいたけど、出なかったからね」

ああ、そうだったな。

女「ふふっ、もっともっと……」

少し、早くなる。


430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:04:58.36 ID:nS4xKxxiP
男「うお……」

女「ふふふ……気持ち良い?」

自分でするより。

気持ちいいもんだ。

男「……そういえば一ついいか?」

女「? なに?」

これは聞いとかないと。

男「お前、俺のこと……」

女「大好きだよ?」

今更どうしたの? みたいな感じで。

答えられた。


434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:11:12.08 ID:nS4xKxxiP
男「そうか」

女「だからさ……」

ギュウッと。

強く握られる。

いたたた……。

女「好きじゃなかったらこんなことしないよ!」

怒られた。

痛いから、マジで!


437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:20:12.92 ID:nS4xKxxiP
男「わ、わかった……い、痛い!」

女「あ、ごめんごめん」

男「……ふぅ」

そう言って、またしごき始めた。

女「……それで」

男「ん?」

女「男は?」

……。

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:24:36.65 ID:nS4xKxxiP
男「……おおおお、気持ち良いー」

女「そんなことどうでもいいの!」

また。

力強く握られた。

男「いたい!」

女「しらないもんっ」

男「ち、違う!」

女「え?」

男「一緒にいたい!」

女「……ぷっ、何そのシャレ?」


440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:29:43.58 ID:nS4xKxxiP
男「なんて、言うと思ったか!」

我ながら、つまらんシャレだった。

女「ふーん……私は一緒にいたいけどね」

……。

素直なやつだ。

女「男も、正直に答えてよ」

恥ずかしいだろうが。


443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:37:21.19 ID:nS4xKxxiP
男「……どうだろうな」

女「えっ」

唇が震えている。

男「……うーん」

女「そ、そんなに考え込むことなの……?」

目に涙が溜まっている。

え? 泣くの?


445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:42:33.35 ID:nS4xKxxiP
女「私のこと……嫌いなの?」

男「そうとは言ってない」

女「じゃあ好き?」

男「そうとも言ってな――」

あ、涙。

女「酷いよぉ……男ぉ……」


449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:48:36.15 ID:nS4xKxxiP
男「……えっとだな」

女「うぅ……」

男「可愛いお前が見たかっただけでだな」

女「……?」

男「好きだよ、好き」

言っちまった。

女「……」

もう、本当にそれは。

太陽みたいな笑顔だった。

……。

俺の息子を握りながらするような顔じゃないけどな。


452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:58:31.07 ID:nS4xKxxiP
女「もう、可愛い私が見たかったらさ」

男「ん?」

女「言ってくれれば、いつでもするよ」

可愛いことを、言う。

……そんな作られた可愛さはいらん。

ナチュラル イズ ザ ベスト!


454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 01:15:17.47 ID:nS4xKxxiP
女「なんて、バカみたいだね」

と、笑う。

あ、今の可愛かった。

男「ふんっ……」

女「なに?」

男「別に」

いえない……実はそろそろ出そうなんて……。


456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 01:18:53.58 ID:nS4xKxxiP
男「……」

クールを装っている俺。

女「あっ」

何かに気づいたようだ。

女「そろそろ出そうでしょ?」

何故わかった。


458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 01:24:29.70 ID:nS4xKxxiP
女「そんなあなたにひとつ質問」

男「なんだよ」

女「どこにぶっかけたいですか?」

ドコニブッカケタイデスカ?

どんな質問だよ。


462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 01:32:30.59 ID:nS4xKxxiP
女「私のオススメは……」

オススメとかあるんですか。

参考にしよう。

女「お口、おっぱい、お尻かな」

……どれもいいな。


464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 01:41:42.41 ID:nS4xKxxiP
男「どうしようか……」

こういうときは、誰に相談すればいい?

俺の趣味でいけばいいのか……。

正直。

どれもいいんだよなぁ……。

女「お、お尻って言っても、穴じゃないからね……?」

聞いてませんよ。


473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:12:52.12 ID:nS4xKxxiP
あ、でも。

純粋に尻にぶっかけるのも……。

って、何言ってんだ。

だったらここは……。

男「じゃあ、胸で」

女「はーい」

そして、ついに。

タオルで隠されていた胸を。

見た。


476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:16:03.61 ID:nS4xKxxiP
男「……」

これは。

凄い。

本当に、その一言。

女「早く、出すなら」

男「すまん、もう少しだけ頼む」

女「ん……」

すこし、手でしごくやつ。


477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:19:43.02 ID:nS4xKxxiP
男「あ……そろそろ」

女「はいっ」

胸を寄せる。

女「お好きなだけどうぞ」

ニッコリと微笑む。

そして。

出した。

本日3回目。


479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:24:02.97 ID:nS4xKxxiP
女「うわぁ……」

同じ反応だ。

なんか安心する。

女「暖かいけど、ベトベト……」

仕方ないだろ。

女「……うん」

男「あん?」

女「やっぱり、エッチしたい!」

いきなりだな。


481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:26:52.11 ID:nS4xKxxiP
女「やっぱり、私も体を持て余してるっていうか……」

男「そうだな」

でもな、考えてごらん?

俺はもう3回出してるんだぞ?

結構満足してるんだけどな。

女「あ、ナヨナヨ!」

男「流石にな」

そしていきなり、息子を咥える。

女「復活!」

欲望に正直だな、人間って。


485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:37:24.25 ID:nS4xKxxiP
女「じゃあ、やろっか?」

男「その前に」

女「なに?」

男「いじらせて」

女「えっ!」

顔を真っ赤にして。

目を見開く。

女「は、恥ずかしいよ……」


486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:38:43.35 ID:nS4xKxxiP
男「俺にもする権利はあるだろう?」

女「でも……」

タオルで隠れている、やつの下半身を見やる。

女「ひゃ、エッチな目」

以外にどんな目をしてそこを見るんだ。


595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:08:07.06 ID:nS4xKxxiP
女「で、でもでも……」

モジモジしてる。

女「やっぱり……恥ずかしいって言うか……」

男「俺なんか公開オナニーだぞ」

俺のほうが死ぬほど恥ずかしい。

女「わ、私だって……」

俺「お前のは目撃だ、見入ってない!」


597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:12:13.53 ID:nS4xKxxiP
女「それでも……」

男「……わかった」

女「もう、ビショビショだから……」

……。

立った。

俺の息子は。

その言葉で一気に。

さらに勇敢に、気高く。

勃起した。


600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:20:37.45 ID:nS4xKxxiP
女「もう、男は知らないと思うけどさ」

何をだよ。

女「男の……いじってる時から……なんだから」

興奮する。

激情する。

感奮する。

熱狂する。

そして息子が熱り立つ。

603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:23:28.25 ID:nS4xKxxiP
勝手に。

体が勝手に。

やつを。

抱きしめていた。

女「へっ!?」

この際、自分の……は気にしない。

強く抱きしめてやる。


607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:26:02.04 ID:nS4xKxxiP
女「や、やめてよぉ」

嬉しいくせに。

なんて、ちょっと自意識過剰か。

男「好きだ」

女「……」

あれ。

すっげえ泣いてるぞ。

……なんか、ダメだったか?

女「ふわぁぁん……イっちゃった……」

可愛いやつめ。


610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:30:33.27 ID:nS4xKxxiP
女「そんなこと耳元で言わないでよ」

怒ってる。

ペロリと、首筋を舐めてみる。

女「ひひゃあ」

まあ、当然の反応だな。

男「本当にイったのかよ?」

流石に、言葉だけでって凄いよな。


612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:34:00.82 ID:nS4xKxxiP
そこまで。

俺のことを愛してくれてるってわけか。

思わずニヤける。

気持ち悪いな、俺って。

……うん、気持ち悪い。

女「ホントだよ」

そして、唇を尖らせる。

男「ん?」

女「チューして」


615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:41:34.57 ID:nS4xKxxiP
男「なんで」

女「したいから」

当たり前のことを聞いて。

当たり前の答えが返ってくる。

男「そうか」

女「うん」

満面の笑顔。

キス、か。


617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:44:11.79 ID:nS4xKxxiP
してやるよ。

女「おとこ~」

そんな甘い声を出さなくても、な。

女「……んっ」

唇で唇をふさぐ。

なんてロマンチックな表現。

いや、なんかこれは。

無理やりな感じだけど。

それでも、いいと思った。


620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:47:35.18 ID:nS4xKxxiP
女「んんんっ……」

こいつ。

舌を入れてきやがった。

このやろう。

お返しだ。

口が、いやらしい音を立てる。

怖いくらいに。


634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:27:10.02 ID:nS4xKxxiP
男「はぁはぁ」

息切れ。

激しい、接吻。

深い接吻。

ディープな、キス。

女「はぁはぁ……来て?」

行きまーす。

こんなこと言われて。

引くわけには行かないだろう。


635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:30:36.40 ID:nS4xKxxiP
綺麗だ。

とても。

女「あんまり見ないでよぉ……」

恥ずかしそうに顔を隠す。

男「……」

マジで、濡れてやがる。


636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:37:14.35 ID:nS4xKxxiP
男「入れるぞ」

女「うん」

ゆっくりと。

息子を近づける。

息子よ、大人になって帰って来いよ。

女「んあ……」


637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:40:10.86 ID:nS4xKxxiP
小さく、声をあげる。

……。

なんか、恥ずかしくなってきた。

これ、実況しないとダメか?

省いちゃってもいいんじゃないか?

包み隠さず全部言ったところで、何も生まれないぞ?


639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:45:45.00 ID:nS4xKxxiP
正直に。

俺は間一髪。

先端が入ったくらいで、止められた。

せっかくここからクライマックスなのに。

女「な、生でやるの?」

そういうことか。

男「いや、別に」

考えてなかった。

なんて、最低なやつだ、俺は。


640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:51:53.26 ID:nS4xKxxiP
男「ちょっと、待ってろ」

女「私はいいけど……」

え。

ヱ。

ゑ。

マジで。


641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:52:45.66 ID:nS4xKxxiP
さて。

事後。

事故か?

いや、事後。

男「……ふぅ」

女「ふふふ、男~♪」

男「はいはい」


646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:55:45.26 ID:nS4xKxxiP
男「本、読んでいいか?」

女「どうぞー」

腕に胸が当たって、動かしづらい。

男「邪魔だ」

女「何よー」

ふくれっ面をしながら、笑う。

器用なやつだ。


652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:57:53.71 ID:nS4xKxxiP
なんだよ。

みんな、なんでそんな顔で俺を見る!?

俺が意気地なしだとでも?!

事後だよ、事後。

そんなにみんな、知りたいのかよ!?

俺は本を読みたいんだよ!


655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:01:29.17 ID:nS4xKxxiP
わかった、わかったよ。

俺はどうしようもないダメ男だ。

頼む。

俺とやつのデートについて話すから。

それで勘弁してくれ。

頼むよ、本当に。


660 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:04:40.18 ID:nS4xKxxiP
おお、よし。

というわけで。

話して行きたいと思う。


男「じゃあ、俺帰るわ」

女「泊まっていかないの?」

男「アホか、明日学校だぞ」

女「そっか! 学校かぁ……」

男「残念だったな」

女「……」

男「……次の休日、どっか行くぞ」


662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:10:31.13 ID:nS4xKxxiP
女「え?」

男「……じゃあな」

女「あ、待ってよ」

男「ん?」

俺は、うそつきだ。

実は、デートなんて行ってない。

見栄を張りました。

女「おっぱい、男のでいっぱいなんだ」

男「……」

女「一緒にお風呂、入ろ?」

男「……入る」

デートはしてないけど。

一緒に、風呂には入った。

それだけだ。


664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:14:29.00 ID:nS4xKxxiP
女「あ」

男「なんだよ」

女「……男、勃起してる」

男「そうだな」

女「元気いっぱいだね」

言うな、バカ。

女「続き……する?」

男「……」

する。

END



669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:18:13.35 ID:nS4xKxxiP
ごめん、本当に。
初の試みで、新しい男女SS書きたかったんだけどね。
それがこのざまです。
ヤマなし、オチなし、文才なしと。
いいところ無しですいませんでした。

実は、ハロウィンでボクッ子SS書こうと思ってたんです。
今から立てようか、考え中です。
ボクッ子だったらこんなことには……ならなかったかと。


関連
女「ほほう、これが自慰か」
の人らしいです

コメント

最高っした

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。