FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺「君誰?」守護霊「えっと…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 22:13:56.22 ID:6otLxwgv0
俺「…zzz」

守護霊「寝てますよねー?」

守護霊「それじゃちょっとだけ散歩させて頂きますよ」

俺「…ああんらめぇ!」

守護霊「!?寝言ですか…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 22:16:13.03 ID:6otLxwgv0
守護霊「それではちょっとだけ散歩させて頂きますね」

俺「ちょ…やめ…チンコ噛みちぎらないでええぇえ!」

守護霊「何という夢を…」

俺「あぎゃあああああ!」ガバッ



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 22:18:24.20 ID:6otLxwgv0
俺「…え?」

守護霊「…あ」

俺「えと…逆夜這いなんて存在してたんだなあ…と僕は思いました」

守護霊「ちょっと待ってください!足…」

俺「足?足がどうした?無いだけじゃん」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 22:22:16.03 ID:6otLxwgv0
俺「え?無いってどういうことよ」

守護霊「だから夜這いじゃないですハイ」

俺「じゃあどういうことだってばよ」

守護霊「何というか…霊です」

俺「霊ってことは…なんで見えるの?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 22:29:05.93 ID:6otLxwgv0
守護霊「まあなんと言いましょうか」

守護霊「守護霊って貴方の身体から離れると見えちゃうんですよね」

俺「そんなに簡単に見えちゃっていいのか…?」

守護霊「まあいいんじゃないですか?」

守護霊「人間が気づかないところで時々出てるんですよ?」

24 名前:1 ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/18(月) 22:31:42.54 ID:6otLxwgv0
なんかストレス溜まってる輩がいるようなので鳥

俺「出てる?」

守護霊「んー、出てるというよりはなれる感じでしょうか?」

俺「ふーん…」

俺「必ず一人に一人守護霊付いてるのか?」

29 名前:1 ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/18(月) 22:34:50.54 ID:6otLxwgv0
守護霊「仕組みはこうなってる…らしいです」

守護霊「死んだ姿で守護霊になって、守護霊の役目を終えると新しい人間になるらしいです」

俺「死んだ?ってことは君…」

守護霊「ええ…まあ事故ですよ、単なる」

俺「…すまんな」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 22:37:22.62 ID:6otLxwgv0
守護霊「あー、大丈夫ですよ」

守護霊「今は割とこの日常楽しんでいるんですよ」

俺「ふーん…それよりもてことは大半は年寄りなのか?守護霊」

守護霊「そうなりますねえ」

俺「守れるのか…?」

35 名前:1 ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/18(月) 22:41:33.07 ID:6otLxwgv0
俺「後さ、なんで君みたいな可愛い守護霊が付いてるのに俺はモテないの?」

守護霊「顔…いえあんまり守護霊関係ないですよ」

俺「顔っておま…ウツダシノウ」

守護霊「ごっ、ごめんなさい…」

俺「分かってるんだ…分かってるんだ…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 22:45:10.05 ID:6otLxwgv0
俺「んで、いつから俺の守護霊してるの?」

守護霊「生まれた時からずっとですよ」

俺「…てことはイケナイ雑誌とかオナーニとか…」

守護霊「勿論ですよ。そこの棚の百科事典の…」

俺「オーケー、君が守護霊だということは把握した」

守護霊「今までのオナニーの回数は43…」モゴ

俺「ごめんなさい!ごめんなさい許してえええ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 22:47:33.82 ID:6otLxwgv0
俺「でもさ、こんなに死後のとこ喋りまくって大丈夫なの?」

守護霊「貴方がこんなこと世間に広めても信じる人なんか誰もいませんし」

俺「そうだよな…」

俺「ていうかまだ深夜じゃないか…俺は寝る」

守護霊「はーい」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 22:50:10.19 ID:6otLxwgv0
翌朝

俺「あーあ、夢だったのか…」

俺「いるわけないよなあ…残念だ」

守護霊「おはようございます」ヌッ

俺「でたあああああああ!!!」ガシャーン

守護霊「(´・ω・)」

守護霊「あの…昨日の守護霊なんですけど…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 22:55:15.14 ID:6otLxwgv0
俺「おお、マジだ」

俺「今まで全く正体見たことなかったのにこんなに出てきていいのか?」

守護霊「もう見つかった以上出まくりです。出まくりりんぐ」

俺「そんなにテキトーなのか…いいな楽で」

俺「とりあえず飯食うかな」

俺「守護霊は?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 22:58:40.95 ID:6otLxwgv0
俺「って…食べられる訳ないか…」

守護霊「いえ、食べようと思えば食べられますよ」

俺「え?そうなの?ベタ的にいくと食べないじゃん」

俺「今日は親もいないしじゃあ飯食うか」

守護霊「守護霊がご飯食べるなんて珍しいですよね」

俺「自分が言うな」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 23:02:46.63 ID:6otLxwgv0
守護霊「パン美味しい…」モグモグ

俺「でも守護霊って今まで飯とか食べないよな」

守護霊「ええ、でもご飯食べてるの見てると羨ましく思ったりはしますよ」

俺「そうか…今までごめんな」

守護霊「守護霊なので気づかれないのが当たり前ですよ」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 23:05:12.84 ID:6otLxwgv0
俺「さーて、学校に行くとするかあ」

俺「守護霊は…流石にでられないか」

守護霊「出てても見えませんよ、他人には」

守護霊「霊感強い人はなんか違和感感じることあるようですが」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 23:09:02.35 ID:6otLxwgv0
学校

友「よう、相変わらずの('A`)顔して…」

友「ん!?何だその朝から幸せなことがあったような顔は!」

俺「あるわけねーだろ俺は鬱だ」

俺(鋭すぎだろ…怖いな友)

守護霊「凄い人がいるもんですね」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 23:13:52.94 ID:6otLxwgv0
俺「うわ…今日テストあるじゃん…」

友「勉強するわけねーよな」

守護霊「パンのお礼に答え教えてあげましょうか?」

俺「マジ!?イヤッホオオオウ!」ガタン

友「どうした友よ、気が狂ったか」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 23:16:04.51 ID:6otLxwgv0
俺(ヤベーヤベー電波扱いされるとこだった)

守護霊「気をつけて下さいよね!」

俺「ハーイ」

友「やっぱなんかネジ外れてるぞお前」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/18(月) 23:18:56.78 ID:6otLxwgv0
守護霊「んもぅ…言った傍から…」

俺(サーセンwwwwwww)

友「お、授業始まるぞじゃあまた後でな」

俺「おう」ノシ

先生「じゃあ小テスト配るぞー」

83 名前:1 ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/19(火) 21:44:27.23 ID:PqcHLTrL0 [4/23]
俺(ここkwsk)

守護霊「そこはxに2sを代入して…」

俺(ここは?)

守護霊「3+6は8ですよ」

俺(おお…全部埋まった…)

俺(俺の時代ktkr)

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 21:47:34.73 ID:PqcHLTrL0 [5/23]
後日

先生「おーいじゃあ前の小テストの結果配るぞー」

俺(フヒヒwwwww俺に死角はない!)

友「お…俺?なにかネジ外れてないか?」

俺「外れてないぜ★!」

友「語尾に★つける時点で十分外れてますねわかります」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 21:55:21.67 ID:PqcHLTrL0 [6/23]
先生「俺!取りこい」

俺「ハイ!」キラキラ

先生「なあ、俺。先生はお前が勉強不得意なのは分かってる」

先生「だが…今回のはもうちょい頑張って欲しかったな」つテスト

俺「何いってるんですかせんせ…」

俺「7点…だと…?」

守護霊「あちゃー」

俺(うおい!守護霊!)

守護霊「てへっ★」

俺(誤魔化…いやいい今の仕草で怒りが消失した)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:00:49.88 ID:PqcHLTrL0 [7/23]
守護霊(なんて単純な…)

守護霊(卑猥な雑誌の読みすぎでしょうか…)

俺「まあこういう時もあるさ!あっはー」

友「なんでそんなにポジティヴでいられるんだよ…」

俺「可愛いは正義なんちゃらって奴だよねうん」

友(ネジ外れてる…間違いないVIPにでもスレ立ててみるか)

88 名前:1 ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/19(火) 22:03:36.17 ID:PqcHLTrL0 [8/23]


俺「2chでも巡るかな…」

守護霊「2chってなんですか?」

俺「君にはまだ早いさ…フッ」

守護霊「何こいつ」

俺「…ん?何だこのスレ」

90 名前:1 ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/19(火) 22:08:01.38 ID:PqcHLTrL0 [9/23]
友人のネジが外れてるようなんだが(274)

俺「スゲー伸びてるな…」

1 以下、名無しにかわりまして(ry
なんか今日友人がおかしかったんだけど

2 以下、名無しにかわりまして(ry
kwsk

3 以下、名無しにかわりまして(ry
なんか何かにとりつかれてるような感じなんだ

俺「…これ俺じゃね?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:12:04.33 ID:PqcHLTrL0 [10/23]
俺「もうちょい見てみるか」

173 以下、名無しにかわりまして(ry
きっとそいつは幻覚で幼女かなんかでも見えているんだろう

174 以下、名無しにかわりまして(ry
つまり薬物常習者→タイーホ

俺「なんか大変な事になってね?」

守護霊「うわあ…」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:18:30.10 ID:PqcHLTrL0 [12/23]
翌日

俺「よう友」

友「タイーホワッショイ!我こそはてーちくである」

俺「…」

守護霊「なんか…ごめんなさい」

俺「いいんだよ…うん…」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:21:30.75 ID:PqcHLTrL0 [13/23]
家にて

俺「…」ピコピコ

守護霊「ゲームですか?」

俺「おう、面白いぞ」

守護霊「私もやりたいです」キラキラ

俺「いいけどコントローラ持てるの?」

守護霊「あっ…」ガーン



95 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/19(火) 22:24:27.90 ID:PqcHLTrL0 [14/23]
風呂

俺「風呂入ってくるわ」

守護霊「はーい」

俺「…なんでついて来るんだ?」

守護霊「いえ…守護霊ですから」

俺「いやん///」

守護霊「正直引きますよね」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:27:34.07 ID:PqcHLTrL0 [15/23]
守護霊「大体いままでずっと見守ってきたんですよ?」

俺「見られてる意識があると…こう違うよな」

俺「なんつーか、羞恥プレイ?」

守護霊「死んで下さい」

俺「あ、M男の感じわかった気がする」

守護霊「…」

97 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/19(火) 22:31:05.02 ID:PqcHLTrL0 [16/23]
俺「あーさっぱりした」

守護霊「もう見慣れましたけど俺さん巨根ですよね」

俺「そうか?」

守護霊「平常時15cmはかなり…」

俺「いつに間に測ったんだ…」

守護霊「///」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:35:12.10 ID:PqcHLTrL0 [17/23]
俺「さて、もう寝るとするか」

俺「そういや守護霊は睡眠とるのか?」

守護霊「とらなくても全く問題無いんですけど実際やる事ないですし」

守護霊「寝ることは寝ますね」

俺「…Zzz」

守護霊「もう寝ちゃったんですか…」

守護霊「寝顔は可愛いんですけどね」

102 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/19(火) 22:49:55.51 ID:PqcHLTrL0 [20/23]
授業

守護霊「俺さーん、暇ですー」

守護霊「ひーまー」

先生「であるからx^2=…」

守護霊「ひーまーです」

俺「うるへえ!」

先生「…俺、後で職員室来いよ?いいな」

守護霊「あ…ごめんなさい」

俺「ちゃんと謝っててよろしい」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:55:05.78 ID:PqcHLTrL0 [21/23]
コンビニ

俺(エロ本でも久々に立ち読みするか…)

守護霊「仮にも私の存在しっているのにエロ本平然とエロ本読むなんて…」

俺(エロ本=真理こうだろ?)

守護霊「無いですね」

104 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/19(火) 22:58:19.21 ID:PqcHLTrL0 [22/23]
俺「…」ペラ

守護霊「そこのページのこの人、良くないですか?」

俺「…君とはいい酒が飲めそうだ」

守護霊「なんか趣味まで似てきたような…」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/20(水) 22:16:44.45 ID:lVkJ0Wpv0 [5/10]
自宅にて

俺「…」

守護霊「またゲームですか…ってちょっと…」

俺「ん?」

守護霊「エロゲなんて…そんな」

俺「だって前一緒にエロ本見てたじゃん」

守護霊「私という守護霊がいるというのに…」

俺「…なんか初めてあった時と性格変わったよな」

140 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/20(水) 22:22:25.25 ID:lVkJ0Wpv0 [6/10]
学校

俺「…」カキカキ

先生「すなわちこれは二次方程式を応用した形で…」

守護霊「勉強熱心ですねえ」

俺(え?ノート見れ)

守護霊「うわぁ…厨二臭い絵ですねえ」

俺「いいんだよ!厨二の何が悪い!」

クラス一同「え」

先生「あのな、いまは数学だ」

先生「エターナルフォースブリザードは外でやってくれよな俺」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/20(水) 22:28:43.49 ID:lVkJ0Wpv0 [7/10]
家にて

俺「…」カチカチ

守護霊「何を調べてるんですか?」

俺「霊の存在とか調べてた」

守護霊「今更調べなくても私が霊の存在を証明してるじゃないですか」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/20(水) 22:34:01.96 ID:lVkJ0Wpv0 [8/10]
俺「そうじゃなくってさ、無人のところにいる霊って何なんだろうなって」

守護霊「私に聞いてくださいよ」

守護霊「大体主から抜け出して散歩でしょうね」

俺「悪霊とかって存在するのか?」

守護霊「そうですねー、実際いないんですよね」

俺「そうなのか?地縛霊とかもいない?」

守護霊「地縛霊もいませんね、結構霊って自由ですから」

143 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/20(水) 22:39:13.98 ID:lVkJ0Wpv0 [9/10]
守護霊「事業とか成功してる人の守護霊って罪人が多かったり」

俺「へぇー…」

俺「しかし、俺はラッキーだよな」

守護霊「なんでですか?」

俺「可愛い守護霊で、かつたまたま会うなんて」

守護霊「可愛いってそんな…//」

俺「まあ嘘だけどさ」

守護霊「(・ω・`

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/21(木) 21:18:23.82 ID:Zb6g1AiO0 [3/19]
日常会話

俺「よく考えたらお前霊だよな」

守護霊「よく考えなくても霊ですけどね」

守護霊「それで、どうしたんですか?」

俺「要するに幽霊じゃん」

守護霊「まああんまり気に食わない言い方ですがそうなりますね」



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/21(木) 21:21:23.13 ID:Zb6g1AiO0 [4/19]
俺「あのさ、俺心霊現象の耐性無いんだわ」

守護霊「えっ」

俺「」バタッ

守護霊「えっと…これは一体?」

守護霊「とりあえず寝かせておきましょうか」

守護霊「しかしどうしてこうなった」


174 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 21:24:32.36 ID:Zb6g1AiO0 [5/19]
……

俺「うーん…」パチッ

守護霊「目が覚めましたか?」

俺「あー…俺何で倒れたんだっけ」

守護霊「なんか心霊現象がどうたらって」

俺「ああ、そうだっけか」

守護霊「しかし今までずっと居たのにどうして今更?」

175 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 21:28:58.29 ID:Zb6g1AiO0 [6/19]
俺「いや…なんか今までお前のこと普通の女の子としてか見てなかったからさ」

守護霊「…」

俺「よく考えたら気が動転したというわけだ」

守護霊「俺さん…なんだかんだで優しいですよね」ボソッ

俺「ん?何か言ったか?」

守護霊「何も言ってないですよ?」

守護霊「それよりも今更倒れないで下さいよ」

俺「多分な」バタッ

守護霊「えーと…」

176 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 21:32:11.72 ID:Zb6g1AiO0 [7/19]


俺「そいじゃ俺は寝る」

守護霊「はーい」

……

守護霊「俺さんも寝静まって、暇になりましたね」

守護霊「久しぶりに本が読みたいですね」



177 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 21:35:55.17 ID:Zb6g1AiO0 [8/19]
守護霊「あら?俺さんもこんな本持ってるんですね」

守護霊「てっきりエロ本しか持ってないと思ってました」

守護霊「一人でぶつぶつ呟くのも空しいですね」

守護霊「さて、読書に耽るとしますか」

守護霊「…」

守護霊「本に触れない…」



178 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 21:38:27.85 ID:Zb6g1AiO0 [9/19]
守護霊「俺さーん!助けてください…」

俺「トルネードスピイイィィィン!!!!」スースー

守護霊「こりゃ…ダメですね」

守護霊「どうしましょうか」

守護霊「ふんぬっ!」スカッ

守護霊「…」

179 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 21:41:27.66 ID:Zb6g1AiO0 [10/19]
俺「うおおおおおお!」パチッ

俺「おお、今日は目覚めが最高だ」

俺「それなのに…なんだこの負のオーラは…」

守護霊「おはようございます…」ズウウゥゥゥン

俺「ど…どうした?」

180 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 21:45:21.85 ID:Zb6g1AiO0 [11/19]
守護霊「本が…読めませんでした…」ズウウゥゥゥン

俺「だ…大丈夫か?」

守護霊「あの本が読みたかったんです…」

俺「え…っと…すまん、この本『保型関数』とかじゃなくてさ」

俺「エロ本のコモフラージュなんだ…」

守護霊「…俺さんのバカああああぁぁぁぁぁぁ!」

181 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 22:00:35.56 ID:Zb6g1AiO0 [12/19]
さるさん食らった…

後ミス

コモフラージュ
じゃなくて
カモフラージュですサーセン

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/21(木) 22:08:46.16 ID:Zb6g1AiO0 [13/19]
日常会話

俺「それにしても数学まるで駄目なのになんであんな難しい分野やろうとしたんだ?」

守護霊「あれはちょっと反省してますしね」

俺「まあ気にするなよ…俺もアホだし」

俺「俺は数論専門だからな」

守護霊「それって一体…」

俺「だから、素数とかを研究してる訳よ」

守護霊「なんか勘違いしてたようですね」

183 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 22:15:04.83 ID:Zb6g1AiO0 [14/19]
秋の夕暮れ

守護霊「あ、トンボが飛んでますよ」

俺「なんか…和むよなあ」

守護霊「ですよねえ」

俺「知ってるか?蜻蛉ってかげろうとも読むんだぜ?」

守護霊「でっていう」

俺「(´・ω・)」

186 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 22:20:56.79 ID:Zb6g1AiO0 [15/19]
凄いこと思いついた編

俺「凄いこと思いついた」

守護霊「何ですか?」

俺「テストの時に成績優秀な奴の答えを見て教える」

守護霊「それってカンニングじゃ無いですか」

俺「そうだが?バレる確率はほぼ0!凄くね?」

守護霊「それは許しません」

俺「なんで?」

187 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 22:24:58.57 ID:Zb6g1AiO0 [16/19]
守護霊「曲がったことはいけないと父からの教えです」

俺「ここにひとつ、肉まんがあります」

守護霊「何ィ!?」バッ

俺「まあ俺が言いたいことは分かるよな?」

守護霊「し…仕方ないですね…今回だけですよ?」

俺「ワーイ」

俺(食い物に釣られるなんてもう殆ど曲がってるがまあいいか)

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/21(木) 22:33:14.68 ID:Zb6g1AiO0 [17/19]
勉強

俺「うーん…」

守護霊「勉強ですか?」

俺「ああ…英語が特にだるい」

俺「vとwって何が違うんだよ」

守護霊「そこからですか…」

190 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/21(木) 22:38:49.32 ID:Zb6g1AiO0 [18/19]
音楽鑑賞

俺「〜♪」

守護霊「何を聞いているんですか?」

俺「クラシック曲良くね?」

守護霊「成る程、俺さんとクラシック、ミスマッチですよね」

俺「…皆そう言うんだぜ…」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/22(金) 21:13:31.29 ID:cJ4VIsWq0 [6/34]
ノーベル

俺「しかし今では普通に会話してるけどこれって結構凄い事だよな」

守護霊「割と歴史に残りそうですよね」

俺「ノーベル賞とれるんじゃね?」

守護霊「ノーベル賞は違いますけど、なんか賞取れそうですよね」

俺「つまり金が儲かる→ウマー」

守護霊「でも他人には見えないので意味無いんですけどね」

俺「最初からそう言ってくれ…」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/22(金) 21:19:18.94 ID:cJ4VIsWq0 [7/34]
カーチャンの心配

カーチャン「最近独り言が多い気がするんだけど…大丈夫かい?」

俺「ああ、気にするな、敵は俺達に感づいていない」

カーチャン「そりゃあいい、D-21地区へ行くぞ」

俺「なっ…D-21地区だと!?あそこは…危険過ぎるっ!」

カーチャン「これが最後のチャンスかもしれないんだぞ?」


224 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 21:21:39.13 ID:cJ4VIsWq0 [8/34]
俺「だが…っく、仕方ない、行ってやろうじゃないか」

カーチャン「流石だ、では14秒後に侵入開始だ」

俺「なるほどな…把握だ」

守護霊「なにこれこわい」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/22(金) 21:27:01.58 ID:cJ4VIsWq0 [9/34]
トーチャン

俺「ただいまっ、と…」

俺「あれ?トーチャンが帰ってきてる」

守護霊「?いっつもいないんですか?」

俺「ああ、何かいっつもどっか放蕩してるんだ」

俺「リビングにいるかな?」スタスタ

俺「おっす」

227 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 21:29:57.20 ID:cJ4VIsWq0 [10/34]
トーチャン「よう、帰ってきますた」

トーチャン「お?こんにちは」

守護霊「えっ!?ど…どうも…」

俺(あれ…どう見ても見えてるよね?)

守護霊「見えてますよねえ」

トーチャン「おう、見えてるぞ」

229 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 21:32:52.82 ID:cJ4VIsWq0 [11/34]
俺(こいつ怖ええええええ!)

守護霊「なんか…謎ですよね」

俺(そうそう、トーチャンは今でも謎だらけなんだわ)

トーチャン「謎?良い言葉だよね」

俺「ちょい黙れ」

トーチャン「酷い…」ズーン

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/22(金) 21:42:37.94 ID:cJ4VIsWq0 [12/34]
占い

俺「うわ…今日の運勢最下位じゃん…」

守護霊「俺さんそういうの気にするんですか?」

守護霊「そんなんあてになりませんよー」

俺「でもさあ…なんかこう…不安にならね?」

守護霊「占いとかそういう不確定なもの嫌いなんです」

俺「なんで?」

232 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 21:45:59.87 ID:cJ4VIsWq0 [13/34]
俺「まあ他人から見たらお前も十分不確定だけどな」

俺「幽霊の存在なんて極々一部の人しか知らないだろうし…」

守護霊「た…確かに…」

守護霊「これって何?自己矛盾?怖いよ怖いよ」

俺「も…もちつけ」

守護霊「自己矛盾だー自己矛盾だーあはは」

俺「そってしておいてあげよう…」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/22(金) 21:51:09.73 ID:cJ4VIsWq0 [14/34]
運勢

守護霊「占い繋がりですけど時々運勢めちゃくちゃ悪い時あるじゃ無いですか」

守護霊「あれって守護霊がいなくなるからそうなるんですよ」

俺「てことは何?守護霊何しにいってるの?」

守護霊「ピクニックです」

俺「え?」

守護霊「ピクニックです」

236 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 22:06:30.93 ID:cJ4VIsWq0 [17/34]
俺「お前らが遊んでる間俺等は苦しんでいろと」

守護霊「まあまあ、守護霊にも休暇が欲しいこともあるんですよ」

俺「で、何だまさかピクニックに行くとかいうわけじゃ無いよな」

守護霊「行きます☆」

俺「でしょうねー」

237 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 22:09:37.39 ID:cJ4VIsWq0 [18/34]
不運

俺「行っちまいやがった…はあ」

俺「不運って言ってたけどどうなるのや」ゴッ

俺「ほ…本棚の角に小指ぶつけるなんて…」

俺「タンスじゃあるまいし」

238 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 22:12:13.76 ID:cJ4VIsWq0 [19/34]
ゴゴゴゴゴゴ…

俺「こ…今度はなんだ…?」

ドドドドヂドドドドドドソドドドドド

俺「ほ…本棚が崩れてくるううぅぅぅぅぅううううううう!!!!」

ズシャアアアアアァァァァァァァァ!!!!!!!

俺「」バタッ

239 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 22:17:10.51 ID:cJ4VIsWq0 [20/34]
俺「ハァハァ…やっと片付いた…」

俺「…こ…ここまで…酷い…なんて…」

俺「もう決めた、絶対に今日はもう動かない」

俺「…足が痺れた…」

その頃

守護霊「あ、蛾だー」

240 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 22:21:04.29 ID:cJ4VIsWq0 [21/34]
俺「誤算だった…まさか足が痺れて本当に動けなくなるとは」

俺「どうすっかn」ヒューン

俺「なんで照明が落ちてkくぁwせdrftgyふじこlp」ガシャーン

その頃

守護霊「あ、ナマコだー」


241 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 22:24:28.41 ID:cJ4VIsWq0 [22/34]
…帰還

守護霊「ただいまー」

俺「」

守護霊「えっと…これは一体…」

守護霊「ラーメンを頭から被り、照明の下敷きになってますね」

俺「」

242 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 22:28:23.37 ID:cJ4VIsWq0 [23/34]
俺「不運に…も…限度っての…が…あるん…だってゔぁ…よ…」バタッ

守護霊「ちょ、ちょっと!目を覚まして下さい!」

俺「おう…流石に今回は生命の危機を感じたぜ…」

守護霊(しかしこれは流石に異常ですね)

守護霊(ちょっと調べてみますか)

243 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 22:32:12.76 ID:cJ4VIsWq0 [24/34]
エンディングへ

守護霊「俺さん、ちょっとだけお話があります」

俺「ん?どうした?」

守護霊「前私が居なかった時凄い不運でしたよね」

俺「ああ、あそこまで酷いとは思わなかった」

守護霊「あれ…流石に異常だと思ったんで、調べたんですよ」

守護霊「そしたらですね…」

247 名前: ◆ghcbeI5JpY [若干シリアスへ…] 投稿日:2010/10/22(金) 23:02:47.99 ID:cJ4VIsWq0 [27/34]
守護霊「私の力が強まっちゃってるんです」

俺「…?どういうことだ?」

守護霊「貴方という主に干渉し過ぎたんだと思います」

俺「…」

守護霊「このままだと、力が逆転して、貴方の意識が飛ぶかも知れません」

俺「…」

250 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 23:06:20.37 ID:cJ4VIsWq0 [28/34]
守護霊「全く干渉のない正常な場合だと大体力の割合が8:2なんですよね」

俺「…」

守護霊「やっぱり、生きている人との干渉はよくなかった」

俺「やっぱり?」

守護霊「正直多少の自覚はあったんです」

守護霊「でも、また誰にも気付かれず…ていうのが怖くて」

251 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 23:09:16.89 ID:cJ4VIsWq0 [29/34]
守護霊「可笑しいですよね、ただの幽霊なのに」

俺「そんな事ないさ」

俺「人間だろ?一人が淋しいのは当たり前だ」

守護霊「でも、そんなんじゃ済まされないことだってあるんです」

俺「…」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/22(金) 23:11:42.10 ID:cJ4VIsWq0 [30/34]
守護霊「距離…ですよね」

守護霊「あまりにも馴れ合いの度が過ぎてしまった」

守護霊「ごめんなさい」

俺「…黙って聞いてりゃ謝るなんてアホか!」

俺「俺は、楽しかったぜ?」

守護霊「…」

253 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 23:13:27.68 ID:cJ4VIsWq0 [31/34]
俺「主がいいんだから、それでいい」

俺「これじゃ駄目か?」

守護霊「そう…ですよね…」

守護霊「いきなりシリアスな話になってすいません」ニコッ

俺「それでいいんだぜ…」

254 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 23:15:52.99 ID:cJ4VIsWq0 [32/34]
俺「そいじゃ、そろそろ寝るか」

俺「…おやすみ」

守護霊「おやすみなさい」

……………
…………
………
……


.


256 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 23:18:19.62 ID:cJ4VIsWq0 [33/34]
守護霊「でも、これ以上主に負担をかけるのは」

守護霊「だめなんです」

守護霊「涙…でる訳ないか」

守護霊「出来るなら泣きたいのに」

守護霊「それじゃあ、さようなら」

守護霊「新しい守護霊さんと仲良くして下さいね」

257 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/22(金) 23:20:34.49 ID:cJ4VIsWq0 [34/34]
………………………
‥‥‥‥…………
……………
……‥
‥‥


.

273 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 10:34:22.70 ID:IRxxz9aU0 [4/17]
俺「……」ムクッ

俺「だよな、そうだよな」

俺「俺の我侭なんだよな」

俺「あいつが泣かなかったのに、俺が泣ける訳ないだろ」

俺「…楽しかった」

俺「じゃあな」

274 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 10:37:53.04 ID:IRxxz9aU0 [5/17]


友「よう、気持ちのいい朝…」

俺「お、おう!気持ちのいい朝だな!」ズーン

友「く…口調と雰囲気があってないぞ…」

友「なんかあったんだろ?」

友「今日は何も聞かないでおいてやるよ」

俺「…すまんな」

275 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 10:41:15.39 ID:IRxxz9aU0 [6/17]


トーチャン「な、我が息子よ、元気出せよ」

俺「…ああ」

俺「トーチャンは、見えてたんだろ?」

トーチャン「さあ、どうかな」

トーチャン「それじゃ、一つだけ教えといてやる」

トーチャン「守護霊の役目を終えたら、新しい人生が始まるんだぜ?」

276 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 10:45:47.45 ID:IRxxz9aU0 [7/17]
俺「それは聞いたさ」

トーチャン「聞いたなら、いいじゃないか」

トーチャン「じゃあな」

俺「…分かったよ」

277 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 10:52:32.96 ID:IRxxz9aU0 [8/17]
十数年後…

友「まさかなあ…あの俺が結婚して子供まで授かるとは」

友「世も末だな」

俺「俺だってびっくりだわ!」

友「まあそんなことより早く病院行って来い!」

俺「おうよ!じゃあな」タタタ

友「…おめでとう」



278 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 10:57:18.24 ID:IRxxz9aU0 [9/17]
病院

俺「…お疲れさん」

嫁「女の子ですって」

俺「今顔見れる?」

嫁「勿論でしょ」

俺「そんじゃご対面ー」

俺「あれ…なんだろうこの既視感」

俺「どこかで会った?」

279 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 10:59:57.17 ID:IRxxz9aU0 [10/17]
嫁「あなたの子供何だから、当たり前でしょ?」

俺「そっか、そうだよな」

俺(まさか…戻って…?)

俺(…そんな訳ないか)

嫁「どうしたの?」

俺「ん、ああ、何もないよ」



281 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 11:01:49.73 ID:IRxxz9aU0 [11/17]
守護霊「お久し振りです」

俺「!?」

俺(確かに…あいつの声だよな)

俺(本当に…戻って来たのか)

俺(おかえり)

282 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 11:06:08.56 ID:IRxxz9aU0 [12/17]


俺「世の中って凄いもんだよな」

友「ん?何がだ?」

俺「妄言だ、気にするな」

友「だったら言うな!だったら言うな!」

友「畜生、自分だけ子供出来やがって…」

俺「お前も俺を見習えよ(キリッ」

友「ちくしょおおおおおお!!!」ダッ

俺「そっち川だぞ」

友「あっ…」ドボーン

283 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 11:09:38.61 ID:IRxxz9aU0 [13/17]
…後日深夜

俺「うートイレトイレ」

守護霊?「やあ」

俺「誰だお前!どこから侵入しやがった!」

守護霊?「君の守護霊さ」

俺「…また会うとは」

285 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 11:12:39.35 ID:IRxxz9aU0 [14/17]
守護霊「まあなんだ、こんな深夜だが」

俺「何脱いでんだお前…」


守護霊(アベ)「やらないか」


俺「アッー!」


〜fin〜


286 名前: ◆ghcbeI5JpY [] 投稿日:2010/10/23(土) 11:20:08.44 ID:IRxxz9aU0 [15/17]
えっと…完結です

後半若干シリアスになったことを反省してます。
でも一応ハッピーエンドってことになってます。

今まで支援保守して下さったみなさん、ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。