FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理「私の、大切なお友達」-2

心理「私の、大切なお友達」-1
続きです

741 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 03:44:36.27 ID:tteao7Q0 [35/82]
――――――――――――――――――
To : 垣根帝督

Sub  : 手之家です
――――――――――――――――――

今日、一方通行さんからメールアドレスを
教えて頂いたのでメールさせて頂きました。

今日は麦野さんもいらっしゃらなかったので
残念でしたが、またの機会でお会いできればと
思います。

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub  : わお
――――――――――――――――――

あ、心ちゃんかww
わざわざメールくれちゃってthxな。
じゃあ今日一方と二人っきりだったのか、
何かされなかったか?

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 垣根帝督

Sub  : 大丈夫です
――――――――――――――――――

一方通行さんにそんな心配はいりませんわね。
前回お会いした時と似たような雰囲気でしたわ

――――――――――――――――――

742 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 03:51:51.12 ID:tteao7Q0 [36/82]
――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : マジかよ
――――――――――――――――――

なんだツマンネ。
ま、何かしてたらしてたで友達付き合い
考え直すレベルだけどなwww

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 垣根帝督

Sub : そういえば
――――――――――――――――――

そういえば、垣根さんと一方通行さんと
麦野さんはお付き合い長いのですか?

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To :手之家心

Sub : 実はそうでもない
――――――――――――――――――

会ったばっかって訳じゃねえけど長い
わけでもねえな。
俺が知り合った順番は一方→麦野だ

――――――――――――――――――

743 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 03:55:46.20 ID:tteao7Q0 [37/82]
――――――――――――――――――
To : 垣根帝督

Sub : そうなのですか
――――――――――――――――――

それにしてはとても仲が
よろしく見えたので……

いえ、他意は無いのですけれど

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : 間違いなく悪くはねぇよ
――――――――――――――――――

まああいつらとは趣味が近いしノリも良いし
馬が合うってやつだな

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 垣根帝督

Sub :それは……
――――――――――――――――――

妬けてしまいそうですわ
本当に仲が良さそうですもの

――――――――――――――――――

745 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:01:00.59 ID:tteao7Q0 [38/82]
――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : そりゃそうと
――――――――――――――――――

ああ、さっき一方からちょっとメール
来てたんだけどスタバ一緒に行くって話だよな。
行こうぜ、空いてる日とかある? 今週来週で

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 垣根帝督

Sub : あら
――――――――――――――――――

今週来週も週末が空いていますわ。
……一方通行さん行動がお早いですわね

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : イイヤツだけど
――――――――――――――――――

アイツそういう細かい所気が利いたり
するからなwwww
基本バカだけどなwwww

しかし一方も来るんだろ?
アイツ甘いもの嫌いだとか言ってなかった?

――――――――――――――――――

746 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:05:35.50 ID:tteao7Q0 [39/82]
――――――――――――――――――
To : 垣根帝督

Sub : そういえば
――――――――――――――――――

仰ってましたわね。前回飲んだものが
甘すぎて飲めたものでは無かったと

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : バレてねぇのかwwww
――――――――――――――――――

当たり前だぜ。
アイツが飲んだのオプションゴテゴテな上に
九割がたコーヒーじゃねぇもん

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 垣根帝督

Sub : 初耳ですわ
――――――――――――――――――

え? 
一方通行さんはコーヒーだったと
仰っていましたが

――――――――――――――――――

747 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:08:11.72 ID:tteao7Q0 [40/82]
――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : やっぱり
――――――――――――――――――

その様子だとまだバレてないっぽいな
あれチョコレートクリームの奴だから
全然コーヒーじゃねえよww

あー、次は何を飲ませようかww

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 垣根帝督

Sub : あらあら……
――――――――――――――――――

あんまりからかっていると怒られますわよ。
時折忘れそうになりますけれど、
一方通行さんは『一方通行』ですし

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : いやでも楽しいし
――――――――――――――――――

まあガチでキレさせるとワンチャン
脳みそ飛び散るまであるなww

まあ今週か来週の土日。一方に伝えとくか?

――――――――――――――――――

748 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:13:08.71 ID:tteao7Q0 [41/82]
――――――――――――――――――
To : 垣根帝督

Sub : 大丈夫です
――――――――――――――――――

いえ、私から後で今日のお礼のメールも
送りますから私から直接お伝えします。
それと、またメールしてもよろしいですか?

――――――――――――――――――


――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : オッケーオッケー
――――――――――――――――――

むしろガンガンくれよ。
一方と麦野ファミリーの色気無いメール
ばっかしか来ねえからな、
心のオアシスが欲しい

――――――――――――――――――


――――――――――――――――――
To : 垣根帝督

Sub : あら
――――――――――――――――――

社交辞令として受け取っておきますわ。
それでは、次は今週末か来週末にでも。

ごきげんよう

――――――――――――――――――


――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : オーライ
――――――――――――――――――

おうお疲れ。
こっちからもメールしたりするけどよろしくな

――――――――――――――――――

749 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:14:20.62 ID:tteao7Q0 [42/82]
――――――――――――――――――
To : 麦野沈利

Sub : 手之家です
――――――――――――――――――

今日、一方通行さんからメールアドレスを
教えて頂いたのでメールさせて頂きました。

今日は垣根さんもいらっしゃらなかったので
残念でしたが、またの機会でお会いできれば
と思います

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:手之家です
――――――――――――――――――

今日来ちゃったの?
タイミングわっるー。

丁度私がいない日に来るなんて
中々いい度胸じゃない、話したいこと
とかもあったのに

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 麦野沈利

Sub : でも
――――――――――――――――――

こうやってアドレスを教えて頂いた以上、
そのような事は今後そうそうは起きませんわね。
お話は今でも伺えますけど

――――――――――――――――――

750 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:18:20.27 ID:tteao7Q0 [43/82]
――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:でも
――――――――――――――――――

たーしかに。話はまた今度でいいや、
それよりも一方になんかされなかった?

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 麦野沈利

Sub : 全くもって
――――――――――――――――――

垣根さんにも同じ事を言われましたわ。
一方通行さんって信用無いのかしら

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : 逆に信用はあるけどさw
――――――――――――――――――

まあいまの質問まであわせて
伝統芸能よ伝統芸能。
なんかするとはこっちも思ってないってw

とりあえずスタバ行くんでしょ?

――――――――――――――――――

753 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:25:35.46 ID:tteao7Q0 [44/82]
>>751
やる気出ちゃうからやめて

>>752
そんなこと言っても俺は爆発せんぞ

754 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:26:31.42 ID:tteao7Q0 [45/82]
――――――――――――――――――
To : 麦野沈利

Sub : はい
――――――――――――――――――

ええ、今週か来週の土日であれば
都合が良いのですけれどいかがですか?

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : 暇人なめんなー
――――――――――――――――――

へーきへーき。
一昔前ならともかく今や超ベテランの油
売りだからね

その日付ならどっちでもいいから
一方か垣根にでも伝えといてくれる?

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 麦野沈利

Sub : 了解しました
――――――――――――――――――

では伝えておきますわ。 
少し気になったのですけれど、
『今は』お暇ってどういうことですの?

――――――――――――――――――

755 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:27:13.63 ID:tteao7Q0 [46/82]
――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : 話すと長いわよー
――――――――――――――――――

簡単に説明するとねー
詳しくは言えないけど私ちょっと前まで
ややこしい仕事やってたのよ。

危なかったりややこしかったりする仕事を
訳アリでまともな生活しにくい奴等で
集まってね

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 麦野沈利

Sub : (non title)
――――――――――――――――――

そうなのですか


不躾な質問をして申し訳ありませんでした

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : なんくるなーい
――――――――――――――――――

いいっていいって
今はもうややこしい仕事からは
足洗い気味だし。

前話してた『アイテム』ってやつがそれよ

――――――――――――――――――

756 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:29:37.48 ID:tteao7Q0 [47/82]
――――――――――――――――――
To : 麦野沈利

Sub : そういえば
――――――――――――――――――

以前伺いましたわね。
麦野さんの派閥のようなものでしたかしら

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : 正確には
――――――――――――――――――

少し違う。
元々は私が一人で現場で動く仕事? 
みたいのやってたんだけどそこで
何人か拾って一緒に仕事させてたのよ。

どっかから割り振られた仕事仲間って
事でもなかったから、
私が仕事しなくなったから
自動的にそいつらも仕事しなくなるわけ

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 麦野沈利

Sub : つまり
――――――――――――――――――

…………ニートの集まり?

――――――――――――――――――

757 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:31:16.24 ID:tteao7Q0 [48/82]
――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : 言ってはならないことをwww
――――――――――――――――――

ふざけんなwwwwwwwwwwwww
むしろ今私がアイテム養ってやってんのよ!
レベル5の財力舐めんな!

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 麦野沈利

Sub : 冗談です
――――――――――――――――――

失礼しましたわ

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : wwww
――――――――――――――――――

しれっと言うわねwww
まあ今度会うときに連れてくから
できれば仲良くしてやってよ

――――――――――――――――――

758 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:32:24.29 ID:tteao7Q0 [49/82]
――――――――――――――――――
To : 麦野沈利

Sub : 喜んで
――――――――――――――――――

こちらこそ是非お願い致します。
では一方通行さんに伝えておきますね。

長々とお時間を取らせてしまって失礼しました

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : もーまんたいね
――――――――――――――――――

いいって。じゃあまた今度だにゃーん

――――――――――――――――――

759 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:33:00.48 ID:tteao7Q0 [50/82]
――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : 手之家です
――――――――――――――――――

私ですが、ちゃんとこのメール
届いていますか?

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:手之家です
――――――――――――――――――

オレオレ詐欺は間に合ってます

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : 違います
――――――――――――――――――

手之家心です。一方通行さんですわよね?

――――――――――――――――――

760 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:35:12.71 ID:tteao7Q0 [51/82]
――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:違います
――――――――――――――――――

半分冗談だ。本気にしないで下さい
あとタイトル見てなかった
悪ィ

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : まったく……
――――――――――――――――――

垣根さんと麦野さんとメールして、
喫茶店の件は今週か来週の土曜日曜の
どこかでという事になりましたが。

一方通行さんのご予定はいかがですか?

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:まったく……
――――――――――――――――――

俺も行かなきゃ駄目か?

――――――――――――――――――

761 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:35:55.17 ID:tteao7Q0 [52/82]
――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : 勿論です
――――――――――――――――――

駄目です。来てください

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:勿論です
――――――――――――――――――

今週の日曜か来週の土曜で

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : 了解しました
――――――――――――――――――

では来週の日曜日にしましょう。
よろしいですか?

――――――――――――――――――

762 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:36:36.00 ID:tteao7Q0 [53/82]
――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:了解しました
――――――――――――――――――

よろしィです

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : では
――――――――――――――――――

私から垣根さん達に送っておきますね

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:では
――――――――――――――――――

頼ンだ

――――――――――――――――――

763 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:37:13.49 ID:tteao7Q0 [54/82]
――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : それにしても
――――――――――――――――――

本当にメール短いですわね、
前のお二方と比べると

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:それにしても
――――――――――――――――――

アイツらと比べンなよ。
集合とか時間はまたこっちで決めとく

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : それでは
――――――――――――――――――

お願いいたしますわ。


それでは失礼しますね、
夜に態々ありがとうございました
木原さんにもよろしくお伝えください

――――――――――――――――――

764 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:37:47.17 ID:tteao7Q0 [55/82]
――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : とりあえず
――――――――――――――――――

今日はあンがとな

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : (non title)
――――――――――――――――――

こちらこそ

――――――――――――――――――

765 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:38:41.66 ID:tteao7Q0 [56/82]



~~~


…………皆様と集まる前に、もう一度会おう。

十中八九。いえ全部が全部で、あの方々が学園都市への叛意を抱いているとは思えない。

そもそも殲滅戦の得意な面子が揃っているのだから、策を弄する必要も無い。でも、あの政治屋達はそれを信じることが出来ない。


……皆様と集まる前に、この危惧を払っておかねば。今一度心を覗かねばならない。

それを態々皆様が集まる日に行わずに前倒すのはなぜだろう。

わからないけれど、そうすれば来週の日曜日。私は皆様と『友達のように』なるのに、一歩近づけるかもしれないから。



~~~




769 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:44:18.50 ID:tteao7Q0 [58/82]


ある時から突然、彼女の能力は飛躍的な汎用性を見せ始める。

あらゆる分野に対して少しずつ発揮していた能力は、その全てに対して現状見られるほぼ最高レベルの力を発揮し始めたのだ。


当然だが、周囲の反応は一変した。

耳障りの良い言葉で彼女を讃え、褒め、懐柔しようとする彼らだったがしかし、心理掌握の能力は純粋で臆病だった少女に汚らしい大人達の内面を容赦なく見せ付けた。


自分の頭を撫でて褒めてくれるこの人達は、何故自分の事をこんなにも怖がっているのだろうか。

なんで皆、私を見ているのに私の事を何も見ていないのだろうか。


彼女の周囲に碌な研究者がいなかった事も災いした。

言われるがままに彼女は能力開発や実験を重ねていったが、既に研究者達に何の感慨も抱けていなかった彼女は年不相応にただ淡々とカリキュラムをこなしていった。

そしてその果てにレベル5の烙印を押されて尚、心理掌握は一切嬉しいという感情をそこに見出すことが出来なかった。

唯一の希望は、実験漬けの日々が終わりを告げることで自分にも『普通の友達』というものが出来るかもしれない、というものだった。

770 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:46:06.58 ID:tteao7Q0 [59/82]


しかしながら。いや、ある意味当然だったが、優秀生として常盤台中学に入学した彼女を見る周囲からの視線は三種類だけだった。好奇、嫉妬、そして恐怖。

接触方法は多様ではあったものの、同級生達との暫しの付き合いを経てから彼女は一つの結論を得る。

彼女達は自分と同じ場所に立っておらず、よって自分を理解してくれる事は多分無い、と。


かといって、能力を行使して友達を作るという行為は、ほとんど意味の無いものだ。

彼女の心理掌握とて万能ではあれ全能ではない。

その本人の思考の根幹に関わる部分を残したまま表面思考を無理やりに変質させようとすると、齟齬が発生するのか対象の精神状況は著しく不安定になり最悪倒れてしまう事は実験で明らかになっていた。

そして、相手の人格を破壊してまで友達という名の人形を作る等と言う行為を心理掌握は頑なに嫌悪して憚らなかった。


彼女は、他人の心を捻じ曲げたくなんて無かった。見たくもなかった。

それでも、決して一人でいたくはなかった。そんな少女の想いは、人が受け入れる自分を形作らせる事を選ばせる。


孤独と孤高は異なっている。彼女は自分の意思で、孤高である事を願った。そう思い込もうとしていた。

その実、遠巻きにでも構わないから人と接していたいと彼女は内心ずっと思い続けていた。

だが自分から近づけば、彼女達は自分を恐れる。いつ自分が自分で無くなるのかと怯えている。そんな様子の他人を見ることが、彼女はたまらなく嫌だった。





771 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:47:23.61 ID:tteao7Q0 [60/82]


いつしか、彼女は女王として讃えられ君臨していた。胡散臭い、飄々としている、底が知れない、優雅である。

そんな心理掌握の印象は全て間違ってはいなかったが、同時に全て正しくもない。

親しもうとせず、しかし圧倒的な能力を持ち、人の上に立つ者として振舞っている心理掌握を中心としていつしか巨大な派閥が出来上がっていた。


『見返りを求めない』感情はとんと生まれはしなかったものの、利害と権力を中心とした派閥構造は世の中の『普通の人間』達には理解しやすい構図のようで、彼女は以前ほど孤独にさいなまれはしなかった。

その代償として更に彼女は窮屈となり、それでもまだ心理掌握は周囲の人間を憎もうとはしなかった。


心理掌握は、凛とした趣の内の本人も気付かないような底の底で泣いていた。

誰一人として心を許せる、許してくれる友人も無く孤高なままに。


それでも彼女は耐えていた。ひたすらに耐えていた。

彼女が痛みに感じるのが侮蔑や罵倒なら、その発信源を絶とうとしたかもしれない。恐怖や下心なら、その発信源から離れようとしたかもしれない。

だが、彼女の痛みが湧き出る泉は。ただただ寂しいという感情だったのである。



だから――――――彼女は決して人から離れようとはしなかった。その行為が、更に痛みを加速させると薄々知っていながらも。




773 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:51:04.22 ID:tteao7Q0 [62/82]

麦野「それにつけてもさ、どうせ日曜に会うのにフライングかにゃーん?」

垣根「いや、そうでなくても普通にファミレス位来るだろ、そもそも最初もそうだったじゃねえか」

一方「ま、前哨戦ってトコじゃねェの? 俺らも普通に何時も通り集まってるしなァ。なァ手之家?」

心理「そんな所でしょうか。まあ偶然だとしても喜ぶべき偶然ですけれど、ね」

心理(今日の内に、最後の確認を行う。大丈夫、これだけ心理的な距離を縮めれば察知されることも無い筈ですわ)

垣根「お、そのカボチャ食わねぇの? 俺が食ってやるよ」ヒョイパクッ

一方「返事する前に食うなよなァ……、まァ別に良かったけど」

心理(……そしてあわよくばこの二人の関係も)ドキドキ

774 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:52:08.55 ID:tteao7Q0 [63/82]

店員「お待たせいたしました」

垣根「あ、オニオングラタンスープ一つ」

麦野「テリマヨピザにヤリイカの唐揚げ。ああマヨネーズ付けてもらえます?」

一方「テリマヨピザマヨ増しってか?」

麦野「んなわけないでしょ。ヤリイカよヤリイカ」

心理「じゃあ私はこのピリ辛チキンというのを」

麦野「新作だね。ほらにゅーって書いてるし」

一方「俺ァ13種類の新鮮彩りサラダで。ドレッシングはァ……垣根くンどれが良い?」

垣根「シーザー食った事ねぇからこれにしようぜ。受け取ってくれーッ!」

一方「じゃあコラーゲン入り野菜で」

店員「かしこまりました」

垣根「あれ? えww俺に聞いた意味はwwww」

775 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:55:33.83 ID:tteao7Q0 [64/82]

麦野「まだメールしてなかったけど、集まるのは十二時位に第七学区のモノレールの駅でって事になったから。昼に一方が知ってる超おいしいイタ飯屋があるらしいからそこで食べてー」

垣根「なんか適当に店歩いて買い物しながら腹ごなししたら、お待ちかねのスタバだな。ハジメテなんだって?」

心理「ええ……。あまり、というよりは一度も行った事がありませんの」

一方「俺も実際行ったのは一回だったけどなァ」

垣根「あぁ俺と行ったときだろ? いやーあんときの一方の様子最高だったねーwwww」

麦野「その話そういやまだ聞いてないかな? どんなだったのよ」

垣根「メニュー見て既に混乱してたからな、『垣根くンに全部任せた、コーヒーくれ』っつうから注文したんだよ。それで飲んだんだけどクリーム混ぜないで下から直飲みするもんだから目ン玉白黒させてんのwww赤いけどwww」

麦野「アンタならともかく甘いの苦手な一方によくやるわ。何飲ませたわけ?」

垣根「ハナッから最終兵器はかわいそうだったから、まずは軽くバニラキャラメルキャラメルソースチョコレートクリームチップフラペチーノ」

心理「……何の呪文ですか?」

一方「おィいまキャラメル二回言っただろ」

麦野「バニラキャラメルチョコレートクリーム……、コーヒーじゃないじゃんw」

垣根「ああっ、馬鹿! ……なんか既視感が」


一方「ァ?」

心理「あらあら」

776 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:56:44.42 ID:tteao7Q0 [65/82]
一方「どォいうこった、説明しろ麦野さン」

垣根「いやなぁ、心ちゃんがスタバ処女捨てるって事で何を頼むか考えようぜ!」

麦野「垣根が頼んだのはオプションゴテゴテの超甘党が飲むような代物よ。どうひっくり返っても、一方が飲むような代物じゃねーわ。絹旗でも胸焼けするんじゃないかな」

垣根「一度スタバの真髄をだな、ベンティアドショット(略)も悪くねえと…… 」

一方「つまりあのゲロ甘物質は……」

麦野「コーヒーよりココアの方が近いわよきっと」



垣根「聞いてねぇな…………」

心理「悪事はいつの世も最後には暴かれますのよ、きっと」クス

777 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 04:58:31.07 ID:tteao7Q0 [66/82]
一方「――――垣根くゥゥゥゥゥゥン」クルリ ニヤァァァァァ

垣根「これがスタバ流のコーヒーだっつってたが……、スマンありゃウソだった」キリッ

一方「ほゥ。それで?」

垣根「ちょっとしたジョークだ一方。出来心、奸心、魔が差したんだぜ、どんな奴にでもあるだろう突然そういう行動に走っちまう瞬間ってやつも……」

垣根「つまりは不可抗力だろう、あれは大自然の力に俺の意思が屈しただけなんだ。それにお前は特別何かあったわけでもねぇ、ノーカウントだ、ノーカウント!」

一方「それにしてもあの甘さはヤバかったなァ垣根くン」

垣根「ヤバかったのは俺の腹筋だwwww一口飲んで『ンブッ』とか吹くの必死にこらえてたお前みてこっちまで吹きそうになったじゃねーかwwww」

一方「ほォ」

垣根「oh」


                       ヘ(^o^)ヘ いィぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/
                /(  )
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  ブッ殺す



一方「テメェが! 死ぬまで! 殴るのをやめない!」

垣根「は、はい死んだ! はい今垣根死んだよ!」

一方「さっき死んだら殴るのやめるっつったが、すまンありゃ嘘だった」

垣根「いてててててててててて」


麦野「騒がしいなぁ……、もう暫く続くようなら止めっかな」

心理「でも……この騒がしさが幸せだと思いませんか?」

麦野「――――――何急にこっ恥ずかしい事言ってんのこの子」

心理「ふふっ」

778 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:00:27.69 ID:tteao7Q0 [67/82]

麦野「あ、そうだ。ねえねえ一方、こないだ終わったら言う!終わったら言う! って言ってたのって結局何の話だったの?」

垣根「ああなんか実験の話だろ?」

一方「いやー良くぞ聞いてくれたぜェ。事の始まりはてめェらにさンざもやしよわばりされた事なンですよ」

垣根「だが我々のその発言――――事実」キリッ

麦野「ぷぷぷっ」

心理「――――――っく・・・・・・(笑いをこらえている)」

一方「話す気が無くなってきた」シラー

麦野「嘘だよ嘘嘘! ライ、ライ、ラライ! んで、何の実験だったのよ」

一方「筋トレ」

垣根「は? え、能力開発でバーベルでもあげんの?」

心理「それでは肉体開発では……」

麦野「肉体を開発とか……エロっ」

一方「てめェら話聴く気ねェだろwwww」

781 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:01:47.81 ID:tteao7Q0 [68/82]

心理「つまり、『一方通行』で体の動きに大して逆ベクトルに負荷をかける事で筋トレと同じ効果を発揮できるようになったと……」

一方「力の一定比率をな。その名もDBYG」

垣根「見事に子音しかねぇからどうよみゃ良いのかわかんねえよ」

麦野「……あ、わかった。一方、それ木原さんのネーミングでしょ」

一方「ン? あァ、そォだぜ。他の研究員押し切って一方的に決めてたな」

麦野「やっぱwwwww大リーグボール養成ギプスwwwwwwwwwwww」

垣根「あ?  ああー…………そういや巨人の星何故か全巻置いてあったなお前んち」

心理「名前だけで読んだ事無いからわかりませんわ……」

一方「今度読み来るか? そこそこ貴重らしいから現物はあンまし無いらしィぞ」

心理「機会があれば甘えさせて頂きたいですわね」

782 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:02:47.27 ID:tteao7Q0 [69/82]

垣根「開発で思い出した。こないだの能力測定の具合はどんなだったよ」

一方「ベクトル操作二重の極みモドキでレベル5認定」

麦野「ビームと……ああ空飛べるようになったよ。たまに落ちるけど」

一方「怖いから飛ぶンじゃねェぞ麦野さン。言いだしっぺの垣根くンはどォだったンだ」

垣根「俺? 十二時間持つ冷房物質大量生産で研究所の皆さん大喜びでレベル5認定だったな。外に出ても涼しいっつって」

一方「買収じゃねェかwwwwwwwwwww」

麦野「なんだかんだで一番便利なのは未元物質よね……」

垣根「心ちゃんはどうだった?」

心理「私は……前と変わらず、でしたわ」

一方「そりゃ残念だが落ち込む事でもねェよ。常盤台に行ってる段階で既に勝ち組だろ手之家は」

麦野「『間接接触』って進化したらどんな能力になると思う? 念話の音量があがるとか音質が向上するとか」

垣根「超クリアの心ちゃんのボイスは聞いてみたいけどそれじゃあレベルあがらねえだろw」

麦野「じゃあ何したら上がんのよ」

一方「距離やら時間やら……」

心理「どんどん携帯電話に近づいていってますわ」

垣根「今に念写機能が付くな、写メ写メ」


784 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:04:15.26 ID:tteao7Q0 [70/82]
心理「――それにしても、ここまで学園都市の頂点がそろっていると邪推もしてしまいますわ。何か学園都市に対して行動してしまうのではないかと」

一方「ン、まあ気持ちはわかるけどなァ」

麦野「自分の住んでる街ぶっ壊してもしょうがないしねー」

垣根「そこまで不満もねぇしよ」


心理(――――――っ)キィン


心理「まあ、それもそうですわね。傍から見ればどうしても……そう思ってしまうものですから。失礼しましたわ」

垣根「いやまあな、理事共が群れてたら怪しいって考えんのと一緒だろ」

麦野「うわ、絶対それなんかしそうだよね。政治家とかそういうのってなんか群れ方気持ち悪くない?」

一方「纏めて踏み潰したくなる位にゃァな」

心理「一方通行さんが言っていると洒落に聞こえませんが」

一方「ひでェ…………」

麦野「日ごろの行いってやつね一方ぁ」フフン

垣根「日ごろの行い(笑)」

麦野「…………アンタ何が言いたいわけ?」

785 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:06:13.61 ID:tteao7Q0 [71/82]


心理(……学園都市に対する叛意は、無し)

心理(出てしまえばあっけない結論でしたわね)

心理(これで――――――そう、これで)

心理(私がするべきは後、この人たちが何か行動を起こさないかの監視)

心理(でも、この人たちが何かを起こすことはないでしょうし)

心理(これで心おきなく…………)



麦野「ねーこころん、聞いてる?」

心理「あ、え? あ……、すみません少しぼぅっとしていて」

垣根「大丈夫か?」

一方「ま、調子悪ィなら無理すンなよ」

心理「ええ、少し考え事をしていただけですから。問題ありません」


心理(問題ありませんわ。ええ、何も。ふふっ)


786 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:07:31.57 ID:tteao7Q0 [72/82]






心理「………………」カタカタカタ

心理「………………」カタ

心理「これでまずはひと段落……」

心理「慣れないパソコンなんていじるから体が痛いですわ……」ゴキゴキ

心理「日曜日……、カレンダーに印など付けて……」

心理「どうなってしまったのかしら、わたくし」



787 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:08:56.09 ID:tteao7Q0 [73/82]


ダゼリリマタワザアイイズシーン コーザイミラブウィザインアビーイン



心理(着信……、手之家心の物ではなく心理掌握の携帯電話からですわね)

心理(秘匿回線からのみしか受けていないからそうそう着信なんて無い筈なのですが……)

心理(…………)ピッ

心理「もしもし」

?『私だ。さ、先程送られた報告を見たよ』

心理「あら理事殿、つい先程いたしたばかりなのに……随分とお早いこと」

理事『今のところ彼らに叛意が無いという事は理解した。ご苦労』

心理「一度受けた依頼を放り出すのは趣味ではありませんの。ですから依頼の通りに引き続き接触を――――」

理事『いや、その必要は無い』







心理「――――――えっ?」

793 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:15:53.41 ID:tteao7Q0 [75/82]

心理「――――――ま」

心理「まだ、叛意が無いというのは確実ではありませんわよ」

理事『む……、どういうことだね?』

心理(監視が、まだまだ続けば良い。そういう事ですもの、ねぇ?)

心理「例を挙げるとするならば、一方通行。彼に読心(リーディング)は通用しても洗脳(ライティング)が通用しないというのは報告の通りですわ」

理事『そう書いてあるな。流石は学園都市第一位と言ったところなのだろうが』

心理「恐らく無意識下ではそうでしょうね。しかし、意識されていた場合読心能力に対しても干渉されている可能性はいなめません」

理事『ふむ…………』

心理「今回の報告は飽く迄中間報告。決定事項では無いという事をご理解くださいますかしら」

理事『――――――』

理事『……わかった。君に任せよう』

心理「ええ、ありがとうございます。以上でよろしいですかしら」

理事『仔細は君に任せよう。以上だ』プツッ ツーッ ツーッ ツーッ


794 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:16:54.50 ID:tteao7Q0 [76/82]


心理「…………」ピッ

心理「…………ふ」

心理「……ふふっ」

心理「あははっ」

心理(嘘は、ついていませんもの。言った事は、全て本当の事)

心理(そして私は――――――)



心理(まだ、まだあの方達と一緒にいることができる)



心理「うふふっ、あはっ。あははははっ、ははははは――――」

796 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:20:51.28 ID:tteao7Q0 [77/82]

理事「…………」プツッ ツーッ ツーッ ツーッ

理事「こ、これで構わないかね?」

?「ああ。これでどう動くかって所だな」

理事「私は……」

?「お前はもう良い。二度と妙な事を考えず、今あった事さえ忘れればお役御免だ」

理事「わ、わかった」フゥ

?「切欠はこんな下らねえ事にしろ……、今『手之家心』は自分の意思で動いてる、って事だな」

?「うーん……どうする? 大丈夫そうに見えるけど」

?「動くのを待っても良いんだが……もし動かないなら、こっちから仕掛けてれば良い事だ。そうだろ?」

?「そうねえ。もし自分の期待が裏切られたときどんな反応見せてくれるか……楽しみだわ」

?「今週末だったな、動くのは。その時にこちらも動こう」

?「りょーかい」


797 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:23:47.41 ID:tteao7Q0 [78/82]
――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : (non title)
――――――――――――――――――

改めて決定事項だけ伝えとく。
十二時に第七の駅出たとこン横の
ニューデイズに集合、
飯を直ぐに食うっつゥ事で

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : 仔細承知でしてよ
――――――――――――――――――

わかりましたわ。
楽しみ過ぎて夜寝れなかったらどうしましょう

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:仔細承知でしてよ
――――――――――――――――――

何日間徹夜するンですかァ

――――――――――――――――――

798 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:24:58.87 ID:tteao7Q0 [79/82]
――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : たとえば
――――――――――――――――――

そのくらい楽しみ、ということですわ。
一方さん一押しのイタリアンも
大いに興味をそそられますし……

私実はイタリアン大好きなんですの

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:たとえば
――――――――――――――――――

マジで。
まあ俺はオイシイと思ってるけどなァ、
パスタもピザもうめェし

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : 困りましたわ
――――――――――――――――――

ピザがおいしいのは得点高いですわね。
スターバックスと重ねて
更に寝れなくなりそうです

――――――――――――――――――

800 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:26:41.88 ID:tteao7Q0 [80/82]
――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:困りましたわ
――――――――――――――――――

当日寝ンなよ

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : もしも
――――――――――――――――――

寝てしまっても
一方通行さんが起こして下さいな

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : 乙ダルヴァ
――――――――――――――――――

そして誰もいなくなった

――――――――――――――――――

801 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/04(土) 05:27:18.89 ID:tteao7Q0 [81/82]
――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : あら
――――――――――――――――――

首を吊る気はありませんわよ。

ではきたる日の為に、
今日は無理にでも寝ておく事に致しますわ

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 手之家心

Sub : Re:あら
――――――――――――――――――

致しとけ。ンじゃオヤスミな

――――――――――――――――――



――――――――――――――――――
To : 一方通行

Sub : では
――――――――――――――――――

おやすみなさい。また、日曜日に

――――――――――――――――――

833 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/10(金) 23:07:20.20 ID:WRUX4xQ0 [2/13]


~~~


心理掌握は、今回の依頼――第一位、第二位、第四位の動向調査――を本気で断ろうと思ったのならば断ることが出来た。

それを断らなかった、という事に実は純粋な損得勘定以外にももう一つ理由が存在している。そしてそれは、彼女の興味から来るものだった。


彼女が特異な存在として周囲から疎んじられていたという事は先にも述べた通りであるが。それはつまり文字通りに、彼女と同じレベルの存在が周囲にいなかったと言うことに加えて彼女の能力自体にある程度の問題があったことに由来している。

レベルの差から友人が出来ないのであればまだ救いがある、あくまで強度の問題ならば自分は他者の延長線上にいるだけに過ぎないからだ。

それならば、振り返って手を伸ばせば届くかもしれない。『下々の者たち』に対してそういう距離にいる存在としては、超電磁砲が良い例である。


しかし能力そのものへの否定は、存在そのものへの否定に繋がる。何故なら、その力こそが『自分だけの現実』だからだ。

そしてたまたま同じ常盤台に超電磁砲という比較しやすい対象がいた為、心理掌握が内心で感じる寂しさと劣等感は寧ろ際立つものとなっていた。同じ超能力者なのに何故、と。



そんな所に舞い込んできた、件の依頼。心理掌握はこう考えた。

絶対的破壊力を持つ『原子崩し』、底の知れぬ能力である『未元物質』、そしてその全ての上に君臨している『一方通行』。

それぞれが下位互換を大きく引き離した、又は下位互換など持たぬ特異性のある能力者だった。

そんな彼らならば、自分と同じ気持ちを感じているかもしれない。自分と同じ立場に立っているかもしれない。

更に踏み込んで言えば――――自分と同じように苦しんでいてくれるかもしれない。それならば、自分を理解してくれるかもしれない。


彼女はこのような思考を、他人の不幸を望むような唾棄すべき感情だと考えている。しかしそう考えていながらも、彼女は無意識下でそう期待している。

彼女の纏う鎧はそのような惰弱な思考を許そうとはしなかったがそれで尚、期待してしまっている彼女自身を黙殺し切れる気配は一向になかった。

834 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/10(金) 23:14:24.54 ID:WRUX4xQ0 [3/13]


結果として。心理掌握が見たところの監視対象の彼らと彼女自身は同じように苦しんではいなかった。

はじめは、表面上はさておきその本質は単なる同属同士の傷の舐め合いかと考えた。それならば、彼らも自分と同じような存在だ、とも。

しかし実際は違っていた。彼らは同じ区分の存在であるという意識で繋がってはいたものの、彼らの結束は決してその事だけを絆に結ばれたものではなかったからだ。


過去まで知る由は無いが、今現在も心理掌握と同じ分類にある彼らは今現在彼女と同じ境遇にはいない。

何故なら彼らには、友達と呼べる存在がいるから。



その事を理解した心理掌握は裏切られたというような感情を抱いた。

何故貴方達にはあって、私には無いのだろう。

そして同時に羨望を抱く。

同じ超能力者でありながら、一緒にいる事のできる友達がいてうらやましい。

わたくしも――――――誰かと一緒にいたいのに。


結局、自分が自分である限り。心理掌握が相手の心を掌握する限り、私の今は何も変わらない。これからもずっと。

彼女はそう考え、それでも涙を零さなかった。彼女の纏ったレベル5第五位『心理掌握』の鎧はそのような事を許さない。


だが『心理掌握』はそうだとしても、『手之家心』はそうではなかった。

紛い物でも彼女は、彼女としての友を――それが例え相手の心を探るような下劣な行いを前提としたものであっても――手に入れることができた存在。

彼らとの触れ合いを通じて、心理掌握は奇妙な感情に包まれた。

はじめのうちはそれが何か掴みきれなかったが、それは体が震えるほどの歓喜だった。

渇望していたものが刹那の間我が身を満たし、その熱が心を焦がす。

内心の苦しみを大きく上回る与えられた快楽に彼女は酔う。

欲しかったものは、確かに彼女の掌の内にある。これ以上の幸せがあるだろうか。

836 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/10(金) 23:18:40.58 ID:WRUX4xQ0 [4/13]


そして今、心理掌握は怯えている。始まりがあれば必ずいつかは訪れる終わり、自分の正体が露見してしまう瞬間に。

自分に笑いかけている彼らが、他の者と同じように負の感情を込めた視線を向けてくる事に。

彼らと過ごせば過ごすほど、いつかきたる絶望が大きくなること位彼女だって理解している。
それでもいつかきたるものならば。それならば、それならばせめて今在る彼らとのこの繋がりに。

心理掌握としてのものではなく、手之家心としての繋がりに縋っていよう。彼女はそう、考えている。

今この関係が偽りのものでも、今感じているこの幸せという感情は本物のものだから。



故に、いつか崩れる砂上の楼閣だと知りながら彼女はそこを離れようとしない。ヒビだらけの鎧を、脱ぐこともない。

絶頂は今で、昇ったのならば落ちなければならない。それでも良いから今この時よ続けと願う。それですら分不相応な幸せだと思っている。自分が自分である以上、本当の幸せは来ないものだとあきらめている。

彼女の『心理掌握』を受け入れてくれる者がいる、そんな可能性など無きものと断じて。



――――――崩壊の日は、すぐそこまで来ている。


~~~



837 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/10(金) 23:21:30.08 ID:WRUX4xQ0 [5/13]

心理「――――気持ちの良い朝ですわね。良く眠れたし、天気も上々」

心理「絶好のお出かけ日和、って所かしら。ふふっ」

心理「……」


心理(さあ、参りますわよ手之家心)

心理(ずうっと続く、監視の為に)

心理(楽しくて、面白くて、時々意地悪だけれどとても優しい)

心理(貴方の――――『てのうちにこころをもてあそぶ』貴方の、大切なお友達に会いに)

839 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/10(金) 23:23:18.57 ID:WRUX4xQ0 [6/13]


ガヤガヤガヤ


心理(改札を出て直ぐのニューデイズ……、これですわね)

心理(この傍に皆様が――――まだいらっしゃらないのかしら)

心理(時間は十一時四十分。少し早く着すぎてしまいましたわn)

?「――――わっ!!!」

心理「ひんッッ!」ビクッッ!!

?「あっは、そんなに驚いてくれちゃこっちもやりがいあったってもんね」フフン

心理「む、むむっ、むむむむむ」

麦野「なにがむむむよ! ……落ち着きなさいってw」

フレンダ「ごめんねー、止める間もなく麦野が突っ込んじゃったから。ま、結局麦野のせいなんだけど」

滝壺「きぬはた、人工呼吸したら?」

絹旗「いや超生きてますし……」


840 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/10(金) 23:25:06.48 ID:WRUX4xQ0 [7/13]

心理「……急に驚かすなんて酷いですわ」ムスッ

麦野「あーほら、悪かったって。ごめんごめん、あんなに驚くなんて思わなかったからさ」

絹旗「貴方が噂に聞いたこころんですか?」

心理「ええ。貴方達が麦野さんの……」

フレンダ「そ、よくぞ聞いてくれた訳よ! アイテム四天王筆頭突撃隊長、私はフレンダ!」バッ

滝壺「ふれんだは四天王最弱」

絹旗「アイテムの超面汚しですね」

フレンダ「あれえええええ打ち合わせと何か違う!?」

麦野「字面だけだと頭突きに見えるわww ま、こいつらが前言ってたアイテムよ。仲良くしてねー」ナデナデ

心理「こ、こちらこそよろしくお願いしますわ」

841 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/10(金) 23:29:36.96 ID:WRUX4xQ0 [8/13]

絹旗「常盤台のお嬢様って麦野から聞いていましたからどんな超お嬢様お嬢様した人が来るのかと思ったら……」

フレンダ「案外想像通りのお嬢様だったわ。お嬢様に見えなーい! な展開じゃなかったわねww」

滝壺「……レベル3?」

心理「え、わ、私ですか? そうですけれど」

滝壺「わたしもレベル3。おそろい、だね」ムッフー

心理「おそろい? 貴方もレベル3なのですか?」

麦野「レベル3の『能力感知(AIMディテクター)』なのよ、滝壺はね。何か目に見えないような攻撃手段でも能力であれば感じることができるっていうセンサーみたいなもんってわけ」

絹旗「一方なんか、『はァ、カナリアみてェなもンか?』 とか超酷かったですけどね。あ、私は絹旗最愛です。最も愛されるべき、で最愛ですよ」

フレンダ「えー、モアーイ」

絹旗「」グググググ

フレンダ「ぐえ゛っ゛、ぐ、ぐる゛じい゛」

心理「…………フォースグリップ?」

麦野「違うわよww あー、絹旗ぁ、そんくらいにしときなさい」

絹旗「――――気にしてるって何度言えばわかるんですか、超頭悪いですね」

フレンダ「ェホッ、ゴホッ……冗談だってのに、死ぬかと思った訳よォ……」

滝壺「ちなみに、今持ち上がってたのがふれんだね」

心理「中々に楽しそうな面子ですのね……」

絹旗「今、私達超ディスられませんでした?」

フレンダ「中々に酷いディスりだった訳よww」


一方「ンだよ、もォ皆いるじゃねェの」スタスタ

垣根「出たなショッカー!」バッ

麦野「出たのはアンタらよ」


842 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/10(金) 23:31:15.22 ID:WRUX4xQ0 [9/13]

垣根「勢ぞろいだな。全員で集まんのは結構久方なんじゃねぇか?」

絹旗「そうですね。前に釣りとソバ食べに遠出した時以来なんじゃないでしょうか」

フレンダ「ダーツ・レーターよ。素振りは欠かさず行っておるか?」

一方「こないだ部屋で扉に向かってやってたら、木原くンが部屋に入って来て目が合って変な顔されたンです」シューコー

フレンダ「まあ扉開けた途端、自分に向かって体傾けながら腕振ってたら私でも笑うかなぁ」

滝壺「めとめがあうーしゅんかーんー」

麦野「何に気付いたのかすっごい気になるんだけど」

心理「言わぬが花とか、知らぬが仏とか、色々と言葉はありますわね」

垣根「コソ練たぁやってくれるじゃねぇか一方ァ……」


843 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/10(金) 23:33:44.25 ID:WRUX4xQ0 [10/13]

一方「ンじゃ腹も減ったしな。そろそろ行くとすっかァ」

麦野「一方案内よろしくー」ヒラヒラ

フレンダ「苦しゅうない訳よ」

垣根「もし行ってやってなかったとかだったら承知しねぇぞ」

たきつぼ「コンクリート目掛けてチョークスラムだね」

垣根「それするなら最愛ちゃんに任せるわ。俺だと若干マッスルガッツが足りない!」

心理「さっきもなさってましたけど、それだとフォースグリップになってしまいますわ」

一方「それにつけてもクソ暑さよ。あ、そのエスカレーター降りンぞ、少しでも中通ってかなきゃ溶けちまうわ」

垣根「賛成」

フレンダ「異議なーし」


絹旗「あれ、一方温度操作はどうしたんです? 超電池切れですか?」

一方「確かに腹は減ってるけどな。まだ外出て直ぐだしなァ、ヤベェ時以外は能力使わねェようにしてンだ」

麦野「にしちゃ汗かいてなくない?」

一方「今まさにヤベェからな」ヒヤー

心理「やだ、開き直ってますわこの人」

滝壺「あのかっこいい事言ってた過去のあくせらは何処に行ったんだろう」

一方「過去は振り返らねェ……現実も見ねェ。――――そう、輝かしい未来だけを見つめて生きていくンだァ……」

垣根「なんだこの近年稀に見るクソ野郎は」

麦野「百ぺん死んでワンって言えば良いのに」


850 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/10(金) 23:59:09.41 ID:WRUX4xQ0 [13/13]

一方「あ、ヤベェついでにちょっとトイレトイレ」タタタッ

フレンダ「クソ野郎がクソしに行った訳よ」

垣根「そして一方がトイレ行った、次の瞬間! なんと一方を放って皆歩き去ったではないか」

絹旗「丸見え、死んだりしないのがまあ予定調和の原因ですかね」

麦野「死んでたら笑い話にならないからねぇ」

滝壺「彼は果たして大丈夫なのだろうか……。数年後――――そこには元気にお墓に入るあくせらの姿が」

フレンダ「結局、あの時は駄目かと思ったよ。もうあんな死に方はゴメンだね、二度としないよ」

心理「一方通行は二度死ぬ、って少し語感がわるいかしら」



?「そろそろお昼時だけど、何処入る?」

?「わたくしはお姉様と一緒なら火の中でも水の中でもかまいませんのー!」

?「あれ、ここFKじゃなかったっけ。うどん屋になってる」

?「あ、上の本屋寄っても良いですか? ちょっと買いたい本があるかどうかだけ見たいんです」

?「良いわよ。で、結局どこにしようかなあ……ファミレスはこないだ行ったし――――――」


851 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:03:36.12 ID:Zsqx2hA0 [1/25]


垣根「ボンドはやっぱ胸毛だよなぁ」

心理「そこは同意しかねますわ……」

滝壺「あれは一種のフェチズムに通じるものがあると思う」

垣根「たまぁにいる腋毛好きよりは普通だと思うぜ」

滝壺「目くそ鼻くそだよ、それ」



フレンダ「で、やっぱりヨーグレットが一番…………ん? あれ超電磁砲じゃないかな。後ろのかたまりも見たことあるよ」

麦野「あれが? へぇ、ちょっと挨拶がてら声かけてこよっかにゃーん」

絹旗「ついでに喧嘩も売ってくる、みたいな気安さですね」

麦野「んなことしないっつーの。麦野、いっきまーす」タッ




麦野「――――ねーねーそこの女の子」スタスタ

?「だからゲコ太は――――へ?」

麦野「今日はあっついわねー、暑さに負けない元気してる?」

?「なな、ナンパですの?」

?「う、うっわー綺麗な人だなぁ……」

?「……なによ、何か用な訳?」

麦野「違うわよ。噂の超電磁砲を見かけたから思わず声かけちゃった、って感じ」ニコッ

御坂「――――」ピクッ

フレンダ(うわぁ、麦野の笑顔悪巧みにしか見えないんだけど……)

絹旗(どっちにしろ、もう本性知ってる私達からすればどんな顔してても超怖いですよ)


853 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:05:45.36 ID:Zsqx2hA0 [2/25]

麦野「そうかたくなんないでよ、別に取って食おうって訳じゃないんだからさ。ちょっとした挨拶しに来たの」

御坂「いきなり知らない奴に挨拶されるようないわれなんて無いと思うけど」

麦野「つれないなー、おんなじレベル5のよしみじゃない」

?「れ、レレレレレベル5!? 御坂さん以外に初めて見たかも!」

麦野「そういう初々しい反応の方がおねーさん嬉しいなぁ。『原子崩し』の麦野沈利よ、よろしくー」ギュ

佐天「わわ、私佐天涙子って言います!」ワタワタ

初春「初春飾利です」

黒子「……白井黒子ですの」

御坂「私の事知ってるみたいだし、自己紹介は必要ないわよね」

麦野「ん……仲良し四人組って感じ?」

黒子「!  ええっ、特にわたくしとお姉様は山よりも高く海よりもふっかーい赤い糸の絆で結ばれておりますのーーー!!」ガバッ

御坂「ち、ちょっこんな所で!」

麦野(…………ああ、そういう趣味の子なのね)

初春(生暖かい視線……これが一般人の反応ですよね、やっぱり)


854 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:10:53.17 ID:Zsqx2hA0 [3/25]

黒子「」シュゥゥゥゥ

御坂「で……、原子崩しだかなんだか知らないけどなんでこんなトコにいるの?」

麦野「多分アンタたちと一緒よ。お腹空いたから皆でご飯って感じ」

佐天「皆ですか?」

麦野「あっちで騒いでるでしょ? ――――ほらほら、ちょっとこっちこっち!」ヒラヒラ



垣根「脛毛はゆるされねぇのに胸毛――――ん? どうしたよ麦野」スタスタ

滝壺「でももみあげは正義だと思う」スタスタ

フレンダ「お呼びみたいね」

絹旗「ちょっぴりヒヤヒヤしてましたけど、余計なお世話だったみたいです」

黒子「」シュゥゥゥ


855 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:14:18.05 ID:Zsqx2hA0 [4/25]

初春「うわぁ、大所帯ですね……」

麦野「ほんとはもう一人いるんだけど、今そこのトイレ行ってんのよ」

垣根「何このJKの群れは。麦野がフィッシングしたのか?」

フレンダ「まあ間違っちゃいない訳イダッ」

麦野「前話した超電磁ファミリー見かけたから声かけちゃった」

絹旗「今にも超回りだしそうなネーミングじゃないですか」

垣根「へぇ。――――心ちゃん何そんなとこで固まってんだよ。どうした?」

心理「――――――ッあ、ッ……」ブルッ

御坂「なんかパッと見、随分統一感の無い面子ね…………あれ?」





御坂「――――『心理掌握』、久しぶりじゃない。普段全然出歩かないアンタとこんな場所で会うなんて更に驚きだわ」

860 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:22:35.99 ID:Zsqx2hA0 [5/25]

聞こえた。

何かが、壊れる音が。

私の何かか、私達の関係か。

佐天「え、『心理掌握』? あのレベル5の!? うわ今日レベル5の大安売りじゃん!」

でもそんな事はいい。

初春「心理、掌握?」

目が。

滝壺「レベル5……?」クルッ

あの人たちの、わたくしを見る目が。


麦野「ん?」


変わる。


垣根「あ?」


変わって、しまう――――――


心理「――――――――」ポウッ

心理「――――――見ない、で……ッ!!!」キィィィン






滝壺「――――――っ、信号が!」

麦野「へ? ――――ぐっ!」

垣根「うおっ、んだこりゃ!?」

初春「あわわわわわわ、せかいがぐるぐるぅぅぅ」

861 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:26:33.08 ID:Zsqx2hA0 [6/25]




フレンダ「…………落ち着いた?」

絹旗「と、一緒に手之家さんも消えましたね……」

佐天「なんだったんだろ今の……、まだ頭がクラクラする」

御坂「な、何コレどういうことよ……、あの子アンタらの身内じゃなかったの?」





一方「よォし超スッキリって訳よォ……、待たせて悪かっ…………何がどォした?」キョロキョロ


863 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:27:45.08 ID:Zsqx2hA0 [7/25]





タッタッタッタッタッ



心理(知られた! 知られた! 知られた! 知られてしまった――――!) 

心理(もう、もう駄目だ。偽名なんて名乗った理由も、私が何のために近づいたかも、あの方達がその気になれば調べられない筈が無い)

心理(そして一度崩れたものは……もう二度と同じ物には戻らない)

心理(だから…………、手之家心のお友達は。もう、いない)

心理(最後が、最後がこんなのって、こんな事って)

心理(自業自得、だけど…………だけど……っ!)

心理(お願いだから私を――――――その目で見ないで……!)

心理(その恐れるような目を向けないで…………)

865 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:36:03.89 ID:Zsqx2hA0 [8/25]



大通りから一つ二つ路地に入った所にある駐車場は、人通りも少なく喧騒も嘘のように消えている。

そんな場所にそぐわぬ少女が、膝を抱えてタイヤ止めに座り込んでいた。

下を向いて額を膝に乗せているため表情を窺うことはできない。服が汚れる事を気にも留めていない様子だった。

車の陰になっている少女の姿は、外からは死角になっていて見つかる筈が無かった。が、空からはそうでもないようだった。


一方「――――あァ、ゲーセンの裏の方の駐車場にいた。早く来いよ」


敷き詰められた石を飛ばしながら少年が一人、文字通り『降り立った』。

ああ、あの時言っていた空を飛べるっていうの、本当だったみたい。

垂れた前髪ごしに様子を覗き見た少女は、そう考えた後に今はもう手のうちから零れてしまった幸せを思い返して自嘲する。


膝を抱えていた少女と少年の視線が絡む。その僅かな時間の間に、少女は態度をガラリと変えた。

すいと音も無く立ち上がり、少々乱れていた長い髪を手で撫で付ける。少年は、携帯電話をズボンのポケットにしまった体勢のまま動いていない。



心理「もうお聞きになったと思いますが、改めて自己紹介致しましょう。私、学園都市第五位『心理掌握』の名を賜っておりますの」

一方「…………」


868 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:40:20.17 ID:Zsqx2hA0 [9/25]

心理掌握の言葉に、一方通行はただ黙って彼女を見ているだけだった。

その視線は恐怖も嫌悪も感じさせるものではなかったが、心理掌握にはそうではなかったのだろう。

毅然とした表情に少しだけ泣きそうな顔が覗く。それは直ぐに引っ込められる。

代わりに浮かんだのは挑発的な笑みだった。


今一度彼女が口を開こうとした時、白い羽をはためかせて垣根帝督が空から現れる。

続いて、走って麦野沈利が登場した。優雅にやってきた二人と違いこの暑い中を動き回ったせいか額には汗ぷつぷつとが浮いていた。

自称、花も恥らう乙女の見せる姿だとはお世辞にもいえなかった。


麦野「あーもう空が飛びたいぞ私はー」


ゼイゼイと荒い息の中からあえぐように発せられた彼女の第一声に、心理掌握を含めた残りの三人が含み笑いを漏らす。

何時もの空気に流されていることに気付いた心理掌握は、俯いて唇をかみ締める。

そして顔を上げるともう彼女の表情は『心理掌握』が常から浮かべている涼しげなアルカイックスマイルに戻っている。


心理「あなたがたが学園都市に対して叛意を持っていないかどうかの調査、そしてもしも持っているようならしかるべき対処をする。それが私の仕事でしたの」

心理「とはいえ、こうまでなってしまっては不可逆ですから……今更どうしようもありませんわね。とりあえず、騙してしまっていた事については謝罪させていただきますわ」



869 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:43:18.86 ID:Zsqx2hA0 [10/25]


何か仮面を被ったように様子を一変させている彼女の様子を見てレベル5三人は顔を向き合わせる。

やがて、一方通行が口火を切った。


一方「あー、一つだけ、言っとくことがあンだが」

心理「どうぞ?」


後ろ頭に手を当て、頭をかく一方通行。

『手之家心』には、その仕草が。一方通行が何かとても困っている時のものだとわかる。それが判ってしまう事も、彼女を打ちのめす。




対する三人には、心理掌握が。視線を微塵も揺らす事無く立っているその姿が、何故だか怒られている時に泣くのを必死で堪えている子供のようにも見えていて。

そしてそれは、それ程的外れなものでもなかった。


やがて心理掌握の鎧を打ち崩す最大の爆弾が、あっけなく投下された。




一方「実はなンだが俺達は途中から、手之家が『心理掌握』だって事は知ってた」







心理「―――――――――え?」

871 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:44:43.93 ID:Zsqx2hA0 [11/25]

心理掌握は、第一にその言葉を聴いた己の耳を疑った。そして次に目を見開いたままぽかんと口を開けた。

どの位に驚いたかと言うと、目を開き口も開き瞳孔も開きついでに頭も開いて脳みそがどこかへ飛んでいく程には驚いた。


飛んでいった脳みそが戻ってくるまで多少の時間を要したのちにも、心理掌握はパクパクと口を開けたり閉じたりしている。

尻目に語る一方通行は特に気負った様子も無かった。



一方「お前ン情報統制は能力のせいか悪く無かったが……、依頼主の理事の方がお粗末でなァ。遠巻きに無様な監視してる私兵を垣根くンと麦野さンにシメて貰ったら一発で吐いたンだわ、俺らに接触する奴がいるってなァ」

心理「――――――から」



雑音の少ない空間ですら聞こえない程の蚊の鳴くような心理掌握の声は、聞こえるような大きさになるまで暫くの時間を要した。


心理「――――いつから……ですの?」


俯いているせいか前髪で目は見えない。やっと搾り出した声は隠しようも無く震えていた。


872 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:47:07.74 ID:Zsqx2hA0 [12/25]

一方「二回目からはもォ知ってた」

麦野「理事も監視もシメたらぜぇんぜん持たねーでやんのよ。その辺のチンピラのがいくらかマシだったわ」

垣根「まぁそういうこったな、俺達もサプライズじゃねぇけど意趣返しに色々考えてて言い出さなかったんだが……」


口を揃える三人。そうでしたのとこぼして、心理掌握は腕で体をかき抱いて肩を震わせた。


心理「……あ、あはは。と、こ、ここでネタばらし、みたいな、も、ものですのね」

心理「それでは私、まるでピエロのようでは、ありませんこと……?」


頭を振った彼女に答える声は無い。

髪を梳いている手の動作にも、滑らかさが無い。まるで壊れた人形一歩手前だ。

心理掌握のもはや泣き笑いのような顔から、笑いの成分が失われるまで長くはかからなかった。


873 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:48:09.45 ID:Zsqx2hA0 [13/25]



心理「……………………」




心理「………………ぅ」





心理「う、ううう、ぅぅぅぅぅううううううぅ」ポロポロ


875 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:49:50.98 ID:Zsqx2hA0 [14/25]


『心理掌握』は、彼女自身の心を掌握できてはいなかった。


依頼の為に。手之家心として。そうして、いくつも張っていた予防線が彼女の過ち。

初めから、己は己として彼らに向かい合っていれば良かったのだ。

勿論彼女の生い立ちからそれが困難であることは判りきっているが、それでも彼女はそうするべきだった。

また、自分でも判っていたのだ。そうすればよかったと。そうしていたら変われていたと。

しかし彼女はそうしておらず自分の気持ちを偽った、その結果のみがある。



そして自分すら騙しきれていなかった嘘でできた鎧が、壊れ。

残ったのは孤独が大嫌いなだけの、ただの一人の少女だった。



心理「わ、わたく、わ、わ、ど、どんなおもいでぇ…………」

心理「そ、それを……み、み、みんな知っていただなんて――――ぇうぅ」ヒック


879 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 00:56:55.11 ID:Zsqx2hA0 [15/25]

困ったように笑う三人は、別段怒っている訳でもない。

切っ掛けがどうであれ、心理掌握が彼らと過ごした時間に嘘は無い。その事を知っているから。蛇足だがそもそも一方通行と垣根帝督の関係は半ば殺し合いから始まり、麦野沈利は売られた喧嘩を買う事から始まったのであるし。



へたり込み、嗚咽を漏らし始めた心理掌握に三人が近寄る。

このような事全般に不器用且つ揃って恥かしがりやな三人は、思い思いの言葉を心理掌握に投げかけた。

曰く、別に怖くなんかは無い。曰く、隠していたのは悪いが、こっちも途中から似たようなものだ。曰く、まあちょっと刺激的で面白かった。曰く、抹茶ラテ十杯飲めば許す、等。

それが心理掌握を励まし慰める為の言葉達で、聖人君子でもない彼らは彼女の『隠し事』に少なからず怒っていた事、そして先ほどの言葉達は完全に額面通りの物では無い事は心を読まずとも彼女は理解できていた。

しかし嬉しかった。彼らが、これまで自分に投げかけられた事のある言葉と同じようなものを発していても、その内面まで過去のそれと同じでないこともわかったから。


そしてそれ以上に怖かった。この期に及んで、と言わざるを得ないがそれでも彼女は『心理掌握』だから。これまで彼女(メンタルアウト)を受け入れた人間はいなかったから。

震えそうになる声を必死に抑えてもこぼれる涙は抑えきれず。泣いている子供そのものの様相で、彼女は唇を動かす。



心理「でもわたくし……『心理掌握』、ですのよ……?」

一方「それが俺らがつるむのになンか関係あンのか?」

垣根「俺も未元物質なんだぜ実は」

麦野「それこそ今更過ぎるでしょ、どっちもね?」


883 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 01:00:11.26 ID:Zsqx2hA0 [16/25]


鼻水を啜りながら心理掌握が顔を上げる。眼が赤い。


彼女の眼に写った三人の顔は、どれもこれも似たような物だ。




一方通行が表情を崩した。
垣根帝督が口元を緩めていた。
麦野沈利が目を細めていた。



彼らの視線は心理掌握の一身に注がれ、彼女はそれが何を望んでいるものなのかを視線だけで掌握した。


それに応えて、心理掌握は破顔する。


頬を流れる涙よりも、その笑顔は輝いていた。









                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                 d⌒) ./| _ノ  __ノ



887 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 01:01:41.43 ID:Zsqx2hA0 [17/25]


一方通行が表情を崩していた、だな正しくは
三度あった事なのになんで四度目があるの? どういうことなの?

何時もどおりのおまけを投下するの

890 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 01:03:56.59 ID:Zsqx2hA0 [18/25]

滝壺「おそろいじゃなかった……」シュン

垣根「ほらほら滝壺ちゃん、細かいこと気にしてちゃ駄目だって」

絹旗「ねえ一方、この『カマンベールのフライ』と『モッツァレラの衣揚げ』って、どう違ってどっちがおいしいんですか?」

一方「レラレラレラレラ……。実は来るたンびに俺もそれ考えてンだよなァ……、今日どっちも頼ンでみるか?」

フレンダ「パスタのサイズ……でも運動すればカロリーも……でも最近太ももが…………」

麦野「サーモン! スモークサーモンのサラダ! これね!」

心理「バジルは匂いというか香味が少し苦手なんですの……」



駅前から少し外れたイタリアンレストランに、七人組が座っている。

一つのテーブルで足りなかったからか、二つ並べられたテーブルごしに数多の会話が飛び交う。

メニューを覗き込みワイワイと騒いでいるその様子には、全員が数年来の友人達だと説明されても納得できる程の一体感があった。


892 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 01:05:14.48 ID:Zsqx2hA0 [19/25]

一方「サラミベーコンオニオンのS三つ、スモークサーモンのサラダL、スパゲティランチが――――なンだっけか」

絹旗「カルボナーラですね」

滝壺「ミートソース」

垣根「チーズカツレツ」

心理「トスカーナピラフを」

麦野「私はねー…………」


あれだこれだと矢継ぎ早に繰り出される言葉の全てに、弾んだような陽気が乗せられていた。

幸いにも、店内には珍しく彼ら以外に客の姿が無い。少しやかましくも微笑ましい光景に、店員はのんびりとした注文を全て受けた後、笑顔を浮かべて厨房へと消えていった。


そして他愛ない話をいくつかこぼしてから、垣根帝督がいかにも加虐的な笑みをこぼす。


896 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 01:10:41.48 ID:Zsqx2hA0 [20/25]

垣根「にしても、手之家心ねえ。こころてのうち、って今考えりゃちょっとストレート過ぎねえか?w」

心理「も、もう! その事はもう言わないで頂けませんかっ!?」

フレンダ「やー、結局でももう心ちゃんって呼ぶけどねー」

麦野「こころんマジこころん」

垣根「おい一方、テメェもなんか名前考えたらどうだ? 何なら俺が名付け親になってやっても構わねえぞ、アクセランよりはカッケェ名前つけてやんぜ」

一方「ァ? 垣念は黙ってろよ」

垣念「」ビキビキビキビキ


絹旗「でも私達にまで内緒にしとくなんて、超徹底してたんですね」

一方「まァ今だから言っちまうが、ここン店員さンに予め手紙渡しといてなァ……。『心理掌握お前の正体は知っているぞ、バラされたくなければ~~』みてェなのを帰り際に手之家に渡してもらう予定だったンだ」

垣念「そんで、ビビりまくってる心ちゃんを俺達がおどかす……っつう筋書きがパァだ」

麦野「残念無念垣念ね。その手紙私にも後で見せてよ」

垣念「おう、良いぜ。……ちげーし! 垣念じゃねーし!」


897 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 01:12:38.92 ID:Zsqx2hA0 [21/25]

フレンダ「そういうのホント好きだよねぇ。私も嫌いじゃないけど」

滝壺「ドッキリでした、に憧れるのは不可避だよふれんだ」



垣念「しかし心ちゃんの事、最初っから最後まで手之家って呼んでたのお前だけだな一方」

麦野「そういやそうね。なんで?」

絹旗「超気になりますね」

心理「…………」



麦野沈利の言葉で、その場の全ての視線が一方通行に集中した。心理掌握のものも含めて。

一瞬、生まれて初めてほんの少しビビった一方通行だったが、直ぐに気を取り直した様子だった。


彼が名を呼ばなかった理由は、別に大層なものでもなんでもない。ただ彼が自分でそうしようと決めた程度のものだ。

だから他人に言うことも吝かではない、筈だった。が、今のように話を振られると突如言い難くなる。一度口を噤むと、更に言い難くなる。ハードル上げの法則である。



一方「いや、そンな大した理由でもねェンだが…………」

垣念「ほうほう、それでそれで」


899 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 01:16:09.90 ID:Zsqx2hA0 [22/25]

何をどう言っても勿体ぶっている事になる、そう気付いた一方通行は、大人しく白旗を上げる事にした。

早目に終わらせてしまう事で、傷を浅くしようとの魂胆であった。


一方「アレだ。心理掌握ってバラして、それを認めたら名前を呼ンでやろォと思ったンだよ」



瞬間、あらゆるベクトルを感知し、操る一方通行はその場の空気が完全に停滞したのを感じた。

そして、停滞した空気が自分の望まぬ方向へ流れ始めているという事も、同時に。

だが勿論、操作する術などあろう筈も無く。


麦野「じゃあさぁぁぁぁ、あぁぁくせらぁぁぁぁ」


麦野沈利が、邪悪極まりない笑顔に顔を歪めている。


心理「――――――」


心理掌握が、何故か頬を染めている。理由は自分でも判ってはいまい。ただただ、雰囲気に押されただけなのだから。


垣根「名前、一発呼んじゃうか! な、一方ちゃぁぁぁぁん」

垣根帝督が、『良ィ』笑顔で一方通行の肩に腕を回した。


すかさず巻き起こる息の合った『な・ま・え!』コール。

ハァ!? とか アァ!? とか言っていた一方通行も次第に勢いを無くして口をパクパクとさせ始める。

コールが途絶え、俯いた一方通行を待って全員が今か今かとその瞬間を待ち構える。厨房の影から、ウェイターとシェフが顔を覗かせていた。

心理掌握と同じくらい赤面した一方通行は大きく深呼吸をして、ええいままよとばかりに口を開き――――――


一方「こ……、こ……、ここrなンだこの空気はァ!!!?? こォいゥ話じゃねェからこれ!!!!」



903 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 01:20:00.14 ID:Zsqx2hA0 [23/25]

空気が一気に弛緩すると同時にほぼ全員の口から笑い声が漏れ出た。そうでない者にも、笑っていない人間はいなかった。


いつの間にやら、ウェイターが料理を持って立っている。皆の笑顔の色が変わった。

鼻と空腹を擽る匂いと彩りに全員が笑みを深めた瞬間、麦野沈利の腹から鳴き声が上がる。


再び上がる笑い声。先ほどのものが漏れ出る笑いだとするなら、今のそれは馬鹿笑いだった。

今や麦野沈利の顔色は、怒りの赤を通り越して蒼白だ。そう、炎は高温で青白く燃え上がるのである。


むぎのん怒りの大爆発が起きるまさに五秒前。心理掌握は幸せだった。

その幸せを細かく分析する事も煩わしい程に幸せだった。

今この瞬間が永遠に続けば良い。なんて、そんな陳腐でありがちな願いに今なら心の底から同意できる。

能力とか、強度とか、実は自分にとってそんなに大切なものでは無かったんだと気付けばただそれまでだった。

そして今の自分には、何よりも大切な物があるから。それだけを心に留めておけば、私はこの先ずうっと幸せだろうと。心理掌握は右から左に顔を向けた。




心理(そうこの方達が……、この方達が『心理掌握』の――――――)

心理(――――私の、大切なお友達)




心理掌握は、そしてその場の友たちは、声を上げて笑う。それに麦野沈利の、乾いた笑いが重なる。

やがて学園都市の一角に響く爆発音。

合わせて。少年少女の断末魔が響いた。


904 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2010/09/11(土) 01:25:10.74 ID:Zsqx2hA0 [24/25]
おしまいケル!!! みんなありがとう!!

完全にオリジナルキャラになる『心理掌握』が出る事で若干万人向けから外れたと……っつうかそもそも結構危ないネタが多いけども、少し心配してたんだよww

この先も大きな話は一応二つある予定なんだけど、少し間空くかもしんないケル。
外伝だったり、本編だったり、頑張るわw あと、書けるかどうかは判らんが絡ませたいキャラの組み合わせあったら少し書いてみてくれー
関係ないけど絡むってなんかエロいね

コメント

No title

心理掌握はどのssに出てくるにせよ、ほぼオリキャラ扱いだものな
その中でもこのssの、偽名とはいえ「心」と名付けてもらえた心理掌握は一番可愛かったわ
作者も管理人も乙

No title

泣いた
たとえでなく泣いた

No title

そんな中で前編から引き続きACfAネタで笑ってた俺マジマイノリティ(キリッ

かなり面白かったわこのシリーズ。
しかし御坂が来たときのファミレスのレベル5濃度ぱねぇw
1~5までのストレート状態じゃないかw
六位が不明だからアレだが最終的にレベル5全員+αがファミレス集合とか愉快な状態になったらいいのに。

No title

こころんかわいいよこころん

ただただ面白かったです。


禁書の原作より好きかも。

No title

すごく面白かった!ありがとう

No title

こころんマジこころん!

No title

こころんマジこころん!
みんな仲良しになーれ

No title

面白いだけに、滝壺のレベル間違いがもったいない…

No title

滝壺は『能力追跡』→『能力感知』の設定変更にあわせて敢えて下げたのだろうと

こころんマジこころん!
この作者の書く暗部組は良いねー

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。