FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澪「(やばい、漏れる…)」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 10:54:56.74 ID:4INQk3ly0 [1/57]
澪「(やばい、漏れる…)」

ビチャー



ざわざわ…

ヒソヒソ



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 10:58:55.08 ID:4INQk3ly0 [2/57]
小学校の音楽室

音楽の授業中、その事件が起きた。
先生がピアノを弾き、生徒が後ろに並んでピアノに合わせて歌を歌っていた。


A「うわーーー!」

澪「…」ペタン

澪が床に座り込んだ。その下には水が出ていた。



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:02:13.64 ID:4INQk3ly0
生徒がざわざわし始める。


澪「う…、ヒック…う、う…」


澪が座り込んで泣いている

 どうしたのー?

 お漏らし?

 えーうそー?

 うっわ…


先生「どうしたの…?」」

先生が異変に気づきピアノの演奏をとめる



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:06:13.64 ID:4INQk3ly0
ほどみんな何が起こったのか気づいていた。
どうしおようもない雰囲気に教室が包まれる。

「どけー!!」

そこへ誰かが生徒をかきわけて勢いよくやってきた

律「立てるぅ?」

澪「うぅ…、うぅ…」

律「よっ、っこいっしょ」

澪「ヒック…、う…!!グス」

律が無理やり澪を立たせて抱きかかた



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:08:59.61 ID:4INQk3ly0
律「ちょっとごめんねー」

澪「…」

澪はうつむいて泣いている。律に誘導されている
律が澪を抱きかかえてドアを目指して歩いていく。
そして教室を出て行った。


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:12:37.03 ID:4INQk3ly0
廊下はシーンとしていて誰も居ない。
律は何もいわずに澪を抱えて歩いている。

律「大丈夫?」

澪「グス…」

律「保健室いこっか?」

澪「うぅ…、ヒック…」コクン


律の問いかけに澪が泣きながらうなずく



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:17:45.15 ID:4INQk3ly0
長い廊下を歩き、階段を降りる。
すぐに保健室に着いた。

ガラガラ

律「失礼しまーす」

先「あら?律ちゃんどうしたの?」

ドアを開く保健室の先生が居た

澪「…」

律「ちょっとだけ澪ちゃんを見てほしいの!」

先「分かった」

律「お願いします!」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:20:11.59 ID:4INQk3ly0
ガラガラ

保健室から出て、律は走ってトイレに向かった

律「あった!」

そしてすぐにトイレからでて走って音楽室へむかう

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:24:39.95 ID:4INQk3ly0
ガチャ

音楽室に到着してドアをあける。
教室はすこし混乱していた。

律「あれー?先生は?」

 「雑巾とりにいったよー」

律「あれー、私が持ってきたのにー!」


律の手にはトイレットペーパーと雑巾があった。


律「みんな!手伝ってー!」

そういって何人かに手伝ってもらい床を吹き出す

律「でもビックリだねー」

A「え?」

律「澪ちゃんがお漏らしするなんてさー」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:28:32.31 ID:4INQk3ly0
A「え…」

律「んー?」

そんなことをいいながら律は床をせっせと拭いている

律「でも仕方ないよー。お前もお漏らしぐらいしたことあるだろー?」

A「は!?ねぇし!!」

律「どうせ毎晩お母さんにおぱんつ変えてもらってんだろー!!」

A「ふざけんなーー!!」


 っぷ…
 
 Aきたねぇー

 ハハ!!

そんな会話にみんなが笑っている

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:32:30.79 ID:4INQk3ly0
律「みんなー、澪ちゃんには普通に接してあげようね!!」

律がいきなりそんなことを言い出す。一瞬教室が静かになるがみんなが同意し始める

 そうだねー

  仕方ないよ

 俺ごみ箱もってくるねー

 私もてつだうよ?

律はせっせと床を拭いていながらアンドした顔をした


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:38:45.29 ID:4INQk3ly0
ガラガラ

先生が教室に戻ってきた。手には雑巾を持っている


先「あれ?」

教室を見渡すとほとんどを終わっていた

律「よーし!みんなありがと!!」

先生が状況を理解したみたいだ

先「律ちゃん、澪ちゃんはどこかな?」

律「保健室にいまーす」

先「そう。分かったわ」

先生が安堵したようすでにっこりわらう

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:42:34.01 ID:4INQk3ly0
律「せんせー、保健室に行ってきまーす」

律がそういってドアに向かう。

律「あ!」

律「雑巾とトイレットペーパー!!」

大きな声でそういって戻ってくる。
両手に雑巾とトイレットペーパーを持つ。

律「A-?」

A「なんだよ」

律「後は頼むねー」

A「うん」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:45:07.41 ID:4INQk3ly0
律がドアへ向かい、教室からでる。

律「ふー」タッタッタタt

トイレにいったん戻り、そして保健室へ向かう
すぐに到着する

律「失礼しまーす」


ガラガラ


律「澪ちゃーん?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:49:40.52 ID:4INQk3ly0
保健室に入って中を見渡す。
澪はジャージ姿になっていた。
後ろを向いて座っているので顔が見えない

先「律ちゃんありがとうね」

律「はーい」

澪「…」


律が歩いて澪に近寄る
澪の顔は見えない

律「澪ちゃーん?」ヒョコ



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:55:52.74 ID:4INQk3ly0
澪「…」ビクン!


律が澪の顔を覗き込んで澪がビックリしている


律「大丈夫ー?」

澪「…」ササ


律の問いかけに澪は顔を目をあわさないようにしている
そして律が澪の隣に座る


律「よいしょと」


少しの沈黙のあと、律が言い出す


律「大丈夫だからね」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 11:57:57.98 ID:4INQk3ly0
澪「…」

澪「…」ボソ


律の後に澪が何を言ったのか聞こえなくて律が耳をかたむける


律「んー?なんかいった?」

澪「…ありがと。」

律「いいよ。」

澪「うん…」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 12:02:49.26 ID:4INQk3ly0
しばらく二人は保健室にいた。
とくに何かをしていたわけではない。
しばらく時間がたった。


律「帰ろうっか?」

澪「うん」

律「とう!」


律が変な声を発して立ち上がる。
澪も普通に立ち上がった。


律「あ!澪ちゃんかばんとか全部教室だよねー?」

澪「…」


律がくるっと向いていきなりそう問いかけた。
澪は俯いている



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 12:05:47.04 ID:4INQk3ly0
律「あららー」

澪「「…」

律「澪ちゃん?」

澪「うう…、うぅ…」


澪がまた泣き出しそうになって座り込んだ
ウルウルして悲しい顔している


律「私がとってくるから大丈夫だよ!」

澪「…!」

律「ちょっと待ってて!」

澪「うん…」


そう行って律は保健室から出て行って走っていった

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 12:23:24.01 ID:4INQk3ly0
ガラガラ

教室に律が入ってくる。
帰りの会の途中である。

A「あれ?」

律「さっきはありがとねー」

A「いいよぉ」


Aと少し話した後、自分と澪のカバン等を持つ。


律「先生!今日は澪ちゃんと先に帰ってもいいですか!?」

先「いいよ。頑張ってね」

律「はーい!」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 12:27:30.53 ID:4INQk3ly0
律が荷物をもって後ろのほうへ歩いていく


A「律っちゃん」

律「ん?」


律が振り向く


A「澪ちゃんにまた明日っていっといてね」

律「分かった!」


そして律がドアへ向かい教室から出る



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 12:31:42.38 ID:4INQk3ly0
ガラガラ

保健室のドアが開く
そして律が入る。


律「持ってきたよー!」


律がカバンを二つ持っている。


律「ほい!」

澪「…」ス

律「じゃぁ帰ろっか?」

澪「…」コク


澪が律からカバンを受け取り問いかけうなずく


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 12:38:12.12 ID:4INQk3ly0
帰り道


律と澪は歩いている
律が一方的に話していてそれを澪が聞いている


律「Aの奴が前さーー  

  それでさー!

  ・・


澪はいつもより元気が無かった
そろそろ澪の家に到着しそうである。


律「あっ」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 12:41:55.49 ID:4INQk3ly0
澪「…?」


律は思い出したように言う


律「Aが「また明日」って言っといてだってー」

澪「うん」


澪の家の前に着いた


律「ついたね」

澪「うん」

律「どうしたの?」


澪の元気が無い。
もともと恥ずかしがりやで変な子だけど、律からすれば話せば普通の子だった


律「大丈夫だよ!」

澪「…」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 12:47:55.95 ID:4INQk3ly0
澪「…」ギュ


澪がい俯き、抱きかかえたカバンを強く握り締める
そして律が近づいて顔を除く


律「澪ちゃん!」


澪が驚いて見上げると律が変な顔をしていた


律「うにゅ~」

澪「…っぷ」

律「おかしいだろ?」

澪「うん…!」

律「また明日ね!!」

澪「うん!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 12:49:44.12 ID:4INQk3ly0
律がそういうと走っていった。


澪「…」


澪は見えなくなるまで見送り、しばらくして家に入った


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 12:52:48.18 ID:4INQk3ly0





澪「ってことが昔あったんだ」

唯「へーーーー!」

紬「さすがりっちゃんね~」


部室でみんなで机に座っていた。
澪、唯、紬、梓でケーキを食べていた。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 12:59:18.22 ID:4INQk3ly0
唯「そのとき澪ちゃんとりっちゃんは何年生だったの~?」

澪「2年生だったかな」

紬「それは仕方ないわ~」


梓「澪先輩がお漏らし…」

澪「うるさい!!」

唯「恥ずかしかった~?」

澪「当たり前だろ…。死ぬかと思ったよ」ガーン

紬「りっちゃんが居てよかったわね~」

梓「やっぱり昔から活発なひとだったんですね」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 13:04:30.58 ID:4INQk3ly0
紬「Aくんはいいこだったのかしら?」

澪「あぁ…あいつはクラスでやんちゃだったけどいい奴だったよ」

梓「空気を読めるけど読めない人ですね」

澪「まぁそうかな」ハハ


唯「それで次の日はどうなったのー?」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 13:11:32.25 ID:4INQk3ly0
澪「ああ。私は次の日は休もうと思ったよ」

梓「そうですよね」

紬「さすがにいきづらいわよね」

澪「そうなんだ。もう学校に絶対行かないって思ったよ」

唯「それで?」

澪「次の日起きて布団の中で包まってたんだ」

澪「マ…、お母さんには「お腹が痛い」って言ってな」

澪「それでこれからどうするか考えてたんだ」


みんなが話を聞いている
澪は思い出すようにゆっくり語っている

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 14:48:03.44 ID:4INQk3ly0
澪の部屋の中

澪はどうするか考えていた。


澪「…」


毛布の中でボーっとしている
昨日のことを思い出す


澪「…!」


澪は悲しくなって毛布を強く握る
そして律のことを思い出す

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 14:49:46.71 ID:4INQk3ly0


 「どけー!」

 「大丈夫ー?」

 「ほい!」


澪「(律ちゃん…)」

澪「(律ちゃんかっこいいな…)」

澪「(律ちゃんみたいになりたい…)」

澪「あ!」



澪「(そういえばまだ「ありがとう」って言ってない…)」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 14:50:34.31 ID:4INQk3ly0



澪は一人で考える
昨日のことしかでてこない
しかしもう考えるんのをやめた。


澪「…」

澪「(寝よ…)」


澪はまた寝ようとした。
睡魔が襲ってきて意識が少し遠のいていく


「みーーーおーーー」


澪「…!」


外で何かきこえた
明らかに律の声だった。
澪は立ち上がり、カーテンの隙間から外を見る


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 14:51:54.81 ID:4INQk3ly0
澪「(律ちゃんだ…!)」


それを確認して澪は急いでベッドに隠れた


澪「(あれ?どうして隠れてるんだろ…)」


律が何度か澪をよんだけどちょっとしたら声が聞こえなくなった。


澪「(律ちゃんいっちゃった…)」


澪は自分に失望した。
どうして隠れているのか。どうして無視するのか。
どうしようもなかった。


澪「(もういいや…)」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 14:52:36.13 ID:4INQk3ly0


ガチャ


律「澪ちゃんおはよ!」

澪「…!」


突然部屋に入ってきた
それは律である。


律「いくよ!」

澪「…」

律「おーい」

澪「やだ…」


澪は毛布に包まっている。
律から澪の顔は見えない。
そして律がカバンを床に置いてベッドへ近づき、毛布を奪う





69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 14:53:46.99 ID:4INQk3ly0


律「おりゃーーーー!」

澪「…きゃ…!」

律「アッハッハ!!」

澪「…?」


なぜか律が楽しそうだった


律「学校いこー!」

澪「…」

律「な?」

澪「っぷ…」

律「?どうしたの?」


澪は律を見ていると楽しくなった





70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 14:55:16.18 ID:4INQk3ly0


澪「学校いく…」

律「昨日約束したもんねー!」

澪「うん」

律「じゃぁ私下で待ってるね」

澪「分かった!」


律はカバンをもって元気そうに階段を下りていった
そして澪は部屋で着替える


澪「(律ちゃん…)」

澪「(来てくれてよかった!)」

澪「(早くしないと…!)」

澪「あ!」

澪「お礼いわないと!」





71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 14:55:59.07 ID:4INQk3ly0


律「澪ちゃーん」

澪「はーい」


着替えをすました澪が、カバンを持って急いで階段を下りる
そして玄関にいく


律「いこっか」

澪「うん!」

律「お邪魔しましたー」

ママ「はーい」

澪「いってきまーす」






72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 14:56:50.61 ID:4INQk3ly0
ガチャ

家から外へでる。澪が靴をはきなおす


律「早く澪ちゃーん」

澪「ごめんね…」

律「いいって!」

澪「あの…!」

律「なにー?」


澪が恥ずかしそうにする。俯いてモジモジしている


澪「昨日ね…」

律「学校まで競争だー!!」ッタッタタ


律は走っていった


澪「あ!待って律ちゃーん!」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 15:02:08.15 ID:4INQk3ly0
ちょっとだけ溜めたけどもうないごめん

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 15:04:10.67 ID:4INQk3ly0





澪「っとまぁこんな感じだよ」


澪が語り終える
みんな静かにしている


澪「ん?どうした…?」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 15:23:58.02 ID:4INQk3ly0
唯「りっちゃんかっこいいね!!」ジーン


唯が身をのりだして言う


澪「あ、ああ。そうだな…」

紬「りっちゃんかっこいいわ~」

唯「りっちゃんってさ、あんなんだけどみんなのことちゃんとかんがえてるもんね?」

紬「そうね~。気配り上手ってわけではないんだけど…」

梓「じゃぁなんなんですかね?」


澪「律はやさしいんだよ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 15:24:42.09 ID:4INQk3ly0
唯「ねぇ澪ちゃん」

澪「なんだ?」

唯「その後学校には普通にいったの~?」

澪「別に普通だったよ」

梓「行きづらくなかったんですか?」

澪「いや。はじめはそうだったけど全然そんなことなかったよ」

唯「頑張ったね澪ちゃん!!」

澪「いや…」

紬「りっちゃんのおかげね」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 15:29:21.33 ID:4INQk3ly0


澪「そうだな」

澪「律には感謝している。色んな所で助けてもらってるんだ」

澪「今までずっとそうだった」


唯「さすが部長!」

紬「そうね~」

唯「りっちゃんが居て良かったね!」

梓「そうですね」






83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 15:35:24.79 ID:4INQk3ly0
紬「その話はりっちゃんとたまにしたりするの?」

澪「しないよ」

梓「しないんですか?律先輩ならそのネタで澪先輩をいじめそうじゃないですか?」

澪「う…。確かにそうだな」

唯「じゃぁどうして?」

澪「さぁ、あいつのことだ。どうせ忘れてるだろ」


澪「とにかく]

澪「私は律が居ないと私はダメなんだ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 15:45:18.45 ID:4INQk3ly0
澪が真面目な顔で言う
また静かになる


澪「…」

澪「あっ!違う…!今のは…、」

梓「いえ、いいなーって思って…」

唯「うん!よかった!」


紬「じゃぁ、今日そのときのお礼を言えばいいんじゃないかしら?」





85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 15:46:06.75 ID:4INQk3ly0
澪「…!」


唯「うん!それがいいよ澪ちゃん!」

澪「い、いや、どうせ忘れてるだろうし…」

梓「澪先輩!言ったほうがいいと思います!」

澪「梓まで…」

紬「そろそろ来るんじゃない?」


澪「(はぁ。なんだよこの流れは…)」

澪「(今更お礼なんてな…。照れくさいっていうかなんていうか…)」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 15:48:34.81 ID:4INQk3ly0
唯「私りっちゃん大好きだよ!」フンス


唯がいきなりそんなことを言い出す


紬「私もよ」

梓「なんやかんや言って頼りになりますからね」

唯「澪ちゃんもでしょー?」

澪「あ、ああ」


澪「私にとって律は



ガチャ

突然部室のドアがあく
みんなが振いむく




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 16:07:19.36 ID:4INQk3ly0

律「遅れたー」

唯「りっちゃーん!」


律が部室に入ってすぐに唯がだきつく


律「ぅお!?なんだなんだ!?」

紬「遅かったねりっちゃん」

梓「お疲れ様です」

唯「りっちゃんの話してたんだよ!」

律「へ?そうなの?」

唯「うん!澪ちゃんがね!」

澪「…!バカ!してない!」

律「ははーん…。どんな話だー?」ニヤニヤ




89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 16:12:05.53 ID:4INQk3ly0
澪「なんでもない…」

紬「澪ちゃん!」

澪「ひっ!」

紬「頑張って」ニコ

澪「う…。分かったよ…」

律「?」

澪「ちょっと変な話なんだけどな…」

律「ぉう」

澪「小学生の時に私が漏らしたの覚えてるだろ?」

澪「私が音楽室で…」

澪「そのときの話だ…」


律「ふむふむ」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 16:13:49.17 ID:4INQk3ly0
澪「それで…、保健室につれてってくれて…」

澪「そのあと掃除してくれて…」


律「ストッーーーーープ!!!」


澪「…?」


律がいきなり叫ぶ。
みんなもきょとんとしている


律「澪…」

澪「なんだ…?」

律「その話…」

澪「…うん」

律「覚えてましぇーーーん!!」キャピ



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 16:17:27.53 ID:4INQk3ly0



澪「…」


澪「そうか」


律「大体いつの時だよー。よくわかんねぇやい」

澪「ならいいんだけど…」

律「そんなことより…見てくれこれを!」

唯「なにー?」

梓「いきなりなんですか…?」


澪「(そうだよな。大体何年前の話だよ。覚えてるほうがすごいだろ!)」

澪「あ!」


澪がいきなり思い出したように言う



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 16:30:51.13 ID:4INQk3ly0
律「どったの?」

澪「そうだ。それでだな…」

紬「澪ちゃんはその時のお礼をいいたいみたいよ」

律「…!」

澪「…。」

澪「まぁ、そんな感じだ…」

澪「その…、あれだ…」


澪が俯いている


澪「あの時は


律「ストッーーーーーーーーープーーー!!」


いきなり律が叫ぶ。みんなが驚く。


澪「なんだよ…!!」

律「お礼なら言ってくれたぞ?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 16:31:49.06 ID:4INQk3ly0
澪「え?」

律「言ったじゃん!覚えてねぇの!?」

澪「え?」

律「ボソっとだけど」


澪は混乱する。そして当時を思い出してみる
すこしの間ボーっとして突然ひらめく


澪「あ」

律「な?」

澪「保健室か?」

律「あたりー!」

澪「あぁ!そうだ!いったんだ!」

律「うん。だから大丈夫だからな」

澪「…」


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 16:37:34.87 ID:4INQk3ly0
律「ってか、後で楽器屋いくんだけど一緒にきてくれない?」

澪「ああ」


律「ほら!さっきの!見てくれみんな!!」

唯「なーにー?」

梓「テストですか?」

律「そうだ!!見るがいい!!」バ!


律がテストを勢いよくみんなに見せる


梓「うっ…」

唯「りっちゃん…」


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 16:39:21.38 ID:4INQk3ly0
紬「12点…?」

律「…えへ…?」キャピ


みんなが動けずに固まっている


澪「ぷっ…」

律「む?」

澪「あっはっはっはっは!」

唯「りっちゃん…。重症だね!!」

梓「留年ですね。ぷぷ…、っはっはっはは!」

紬「さすがりっちゅん。やってくれるわ~」


しばらくみんなで笑った。
その後は律のテストのこと。部活のこと、色々みんなではなした。

そして少しお茶をして解散。


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 16:41:37.92 ID:4INQk3ly0
律「みおいくぞー」

澪「ちょっと待ってくれ」

律「はいよー」

澪「よし。いくか」

律「おう」


二人で歩く


澪「(そういえば…)」


澪「(律覚えてたんだな…)」


律「どうしたー?」


澪「なんでもない」



end

.

コメント

りっちゃんいいこ

Aもいいやつだな

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。