FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「今日は家族でご飯食べに行くんだー」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:29:09.23 ID:VFbH420D0
唯「だからクレープ食べにいけないんだぁ」

澪「そっか。それじゃあ、仕方ないな」

律「普段、唯んちって親いないんだっけ」

唯「うん。仕事で出かけたり、二人で旅行に行ってるから。
  今日も会うの久しぶりなんだー」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:33:12.15 ID:VFbH420D0
紬「家族との団欒は大切だと思うわ」

梓「唯先輩のお父さんって何やってるんですか?」

唯「んーよくわかんない。なんか、いっつもパソコンいじったり、変なスーツ着て体操したりしてるよ」

律「ジムのインストラクターとか?」

唯「運動はあんまりしないかなぁ。ご飯もそんなに食べないし。あ、メール」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:37:27.21 ID:VFbH420D0
fromおとうさん

ダラーっとしながら帰宅を待っている。
別に急かしてるとかではない。


唯「わっ、もう帰ってきてる! ごめんね、みんな! もう私行くね!」

澪「また明日ー」

律「報告は今度なー」

紬「楽しんできてねー」

梓「お疲れ様ですー」

唯「ばいばーい! もっと遅くなるって言ってたくせにも~。ふんすっ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:43:07.73 ID:VFbH420D0
澪「唯の親かぁ。どんな感じなんだろうな」

律「うーん、憂ちゃんはよく出来た子だから、親のほうは唯そのまんまとか?」


唯父『あははは~』

唯母『うふふふ~』

唯父『あははは? あはは~ははは?』

唯母『うふふー。うふふうふふふー!』


澪「シュールな……家族風景だな」

梓「でも、今も二人で旅行に行くなんて、仲のいい両親ですね」

紬「唯ちゃん、もうお家に着いた頃かしら……」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:47:04.84 ID:VFbH420D0
唯「ただいまー」

憂「あ、お姉ちゃんおかえり! もうお父さんたち帰ってきてるよ」

唯「うん。さっきメール来た。7時ごろって言ってたよね」

憂「お父さん、はやくお姉ちゃんに会いたかったみたいよ?」

唯「そうかなぁ」

憂「あ、お母さん今お風呂入ってるから。お父さんは部屋でちょっと仕事してるー」

唯「うん」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:52:28.83 ID:VFbH420D0
唯「おとーさーん。おかえりー」

父「……」

唯「なにこれ? 新しい仕事?」

父「……」カチカチ

唯「あんまりパソコンの画面に近いと、目が悪くなっちゃうよー」

父「……」カチカチ(F5連打)

唯「えーと、なになに……ヒwiヒヒ……er?」


『ただいま帰国した。日本は寒い。これから食事をする』

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 16:58:22.14 ID:VFbH420D0
唯「ねえねえ、これって2ちゃんねるってやつ?」

父「……これで業務を終了にする」

唯「ねえねえ、そういえば今日どこに食べに行くの?」

父「ごきげんよう、娘。父は5時間ほど前に成田につき、3時間前に帰宅した」

唯「あ、今日はイタリアンがいいなー!」

父「唯も憂も変わらないようで結構。私はさっきまで仕事の都合上、有象無象に近況報告をしていたのだ」

唯「あ! デザートは絶対クレープがあるところでね!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 17:03:45.73 ID:VFbH420D0
父「お前にはもっと遅く帰ると言ったかもしれないが、急遽早い便に乗ることになったのだ。
  別にはやく帰りたかったとかじゃないから。違うから」

唯「なんか、また変な機械が増えてる……」

父「別に家族サービスに努める父を気取ろうとしたわけじゃない」

唯「このタルボちゃん、まだ使ってるのー?」

父「だから! 私はそういうキャラじゃないから! もう出かける準備が出来てるハズもない!」

唯「ちょっと小腹がすいたよう」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 17:09:15.94 ID:VFbH420D0
唯「お母さんおかえりー」

母「ただいま、唯さん」

唯「お父さん、またロボット作ってるよー?」

母「ロボットではなくて、YA○AHA様から頂いた機材を分解して……」

憂「お姉ちゃん、まだロボットだと思ってる……お父さんの仕事は……」

父「では出かけようと思う。女たちの化ける時間にかまける暇などない」

憂「お父さん、ホント女の人嫌いだよねぇ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 17:15:15.29 ID:VFbH420D0
憂「今度の旅行はどうだった?」

父「どうということはない。私はヘリコプターを飛ばしていた」

母「知り合いの方から、高級レストランの招待券を頂いたんです」

父「もう少し操作性が必要だ。あのままでは客席に飛ばせない」

憂「またそんなこと考えてる……お客さんに嫌われちゃったら、お父さん仕事なくなっちゃうよ!」

父「だからイヤになる。今度は水鉄砲をあいつらにかけてやるからな」

唯「おなかすいたー」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 17:21:48.23 ID:VFbH420D0
唯「あ、そうだー。お父さん、昔の仕事はどうなったの?」

父「今、ようやく娘と疎通できた気がする」

憂「二人とも、話聞かないから……」

父「還元作業もかなり進んだといっていい。しかし、有象無象にヌカ喜びをさせるだけだと、ふと思うこともある」

唯「そりっでええーー♪」

父「……とりあえずは外へ♪」

憂「(機嫌よさそう)」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 17:29:31.71 ID:VFbH420D0
レストラン到着

唯「おお~……」

憂「すごーい」

父「まるでバブル時代のように無駄に派手な装飾……うんざりさせられる」

憂「こんなすごい所で今日はお食事するの!?」

父「体に必要な分だけ摂取すればいい話。別に場所の良し悪しはない」

唯「ねえねえ、はやく入ろうよ~」グイグイ

父「……娘の感触は快いが、あまり成長を感じられない……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 17:37:50.18 ID:VFbH420D0
母「コースでいいかしら」

憂「ここはお母さんたち、大人にまかせまーす」

唯「お父さん、最近わたし音楽やってるんだよ」

父「……地は避けられない。ん? あ、違う血だ」

唯「それでね、わたしギターなんだぁ」

父「禁じられた遊びは弾けるようになった?」

唯「なにそれ?」

父「最初は誰もが通る曲らしいが」

唯「ふぅん。あ! 最近ね! "シンス・アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー"弾けるようになったよ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 17:39:30.30 ID:VFbH420D0
苦しくなってきたかそうでないかといえば
どちらかというと苦しくなってきた

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 17:43:21.39 ID:VFbH420D0
ヒラサワはあまり知らんがそれでもいいのか

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 17:49:08.19 ID:VFbH420D0
需要は確認した
しばらく席を外す
生姜紅茶を淹れなくてはならない

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 18:46:39.15 ID:VFbH420D0
ここの住人は需要という言葉に過敏に反応するらしい
もう一度書いてみよう。需要

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 18:51:33.69 ID:VFbH420D0
母「前菜がきましたよ、平沢さん」

憂「お母さん、相変わらず苗字で呼ぶんだ……」

唯「はやくメインこないかなぁ」モグモグ

父「物事は順序が大事だ」モグモグ

憂「おいしそうに食べてるじゃん」

父「生姜紅茶ほしい」モグモグ

唯「アイスほしい」モグモグ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 18:57:42.32 ID:VFbH420D0
父「ときに唯」

唯「ほい?」

父「家を空けてる間になにか変わったことはあった?」

唯「んーコードだっけ? 覚えてもすぐ忘れちゃう」

父「ふむ……覚えなければいいんじゃないかな」

唯「でも、ライブで弾けなくなったら困るよ」

父「録音したものを流せばいい」

唯「あ、そっかぁ!! お父さん頭いいー!」

憂「えー……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:01:57.04 ID:VFbH420D0
母「憂さんはどう?」

憂「うーん、高校生になってから急に勉強が難しくなって……ついていくのが大変だよ」

父「勉強しなければいいんじゃないかな」

唯「遊べばいいんじゃないかな」

憂「それじゃ落第しちゃうでしょっ! も~二人ともマジメ聞いてよ」

唯「あぅ……私はそうしてるのに」

父「父もそうしてるのに……」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:06:06.73 ID:VFbH420D0
母「メインディッシュがきましたよ」

憂「うわぁ、お肉やわらか~い」

唯「おいしいよ~」モグモグ

父「……」

唯「お父さん、食べないの?」

父「父は肉を好まない」

憂「そういえば、お父さんベジタリアンだったね」

唯「じゃあ、私食べてあげよっか」

父「ソースだけ残しなさい。パンを浸して食べるから」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:12:42.90 ID:VFbH420D0
母「太りにくいからって、食べすぎもよくないわ」

唯「大丈夫だよ~」モグモグ

父「唯の成長を促進するために、むしろもっと食べさせるべきだ。
  今日、帰宅して憂を始めは唯だと私は思ったぞ」

憂「まぁ、顔はよく似てるって言われるけど」

父「身体の具合から見て、憂のほうが姉だと認識してしまったよ。前回確認したときより、格段にボリュームが増えているだろう」

憂「ちょっと! セクハラしないでよ!」

父「それに比べて唯。父は少し残念な思いだ」

唯「ふえ?」ムグムグ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:18:37.12 ID:VFbH420D0
父「近年は未成熟なものが需要があるらしい。そう需要があるらしい。
  もちろん憂の肉体にも需要はあるだろうが、唯のような肉体のほうが求められているということだ。
  しかし、私はそんな世間の需要をあえて否定したい。需要」

憂「お父さん、一気に気持ち悪いキャラになってるよ……」

唯「お父さんの分も食べ終わっちゃった」ペロリ

父「巨か貧か、それが問題だ。こういうわけだ。私は前者を取る需要」

母「平沢さん、日本語が変です」

父「それをいうなら、君の昔の歌だってそうだろう。
  なぜ、好き好き大好きなのに、殺すと脅されなければならんのだ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:25:00.38 ID:VFbH420D0
唯「デザートまだー?」チンチン

父「今の音を聴いたかな?」

憂「え?」

父「唯、もう一度今の動作を繰り返しなさい」

唯「デザートまだー?」チンチン

父「そう、これだよ」

憂「えっと……ちょっとわかんないかな」

父「唯は食器で音を出したにすぎないのに、まるで局部を表現しているような音だったろう?
  音楽の可能性はこういうところか広がっていくのだよ」

憂「もう! いいかげんにしないと怒るよ!」

唯「デザートまだー?」チンチン

憂「お姉ちゃんもっ!」

父「え? 何を怒ってるの憂?」

憂「だからー……チン……とかっ!」

父「え? なに? 珍? 今日は珍な食事じゃないよ? ん?」

憂「ウザイ!!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:31:25.53 ID:VFbH420D0
父「ここでさりげなく愛用カメラを取り出してみる」

憂「あっ、そういえば、お父さん写真に凝ってるよね」

父「今のは言葉のアヤ。愛用なんかしてない。今すぐ窓から投げ捨ててもいい」

憂「わかってるから」

父「ホントだよっ! 本業が儲からないから、今のうちに撮りためて、いつかまとめて出版しようなんて考えてねえよっ!」

唯「お父さんは計画的だねっ」

父「お前らの写真のフォルダなんかねえよっ!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:38:25.90 ID:VFbH420D0
唯「わぁい、デザートだ~」

憂「あ、ケーキだねっ」

唯「……今日はクレープが食べたかったなぁ」

父「娘の落ち込んだ表情をカメラにおさめてみる」カシャッ

唯「ケーキもいいけど……」

父「唯、私の過去作を知っているだろう。2D OR NOT 2Dだ。
  私は目の前のものが絶対とは限らないと説いてきたつもりだ」

唯「……」

父「さぁ、よく見てごらん。このケーキ、実はクレープに見えないかい?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:43:43.42 ID:VFbH420D0
唯「おお……なっ、なんだかクレープに見えてきましたっ! お父さん!」

父「そうだよ、クレープだよ。おいしい、おいしいクレープだよ」カシャッ

唯「ふおおー! イチゴにキウイにスイカにチョコレートがのってるぅ!」

父「その通り。実は1日5個限定の超貴重なスイーツだよ」

唯「たっ、食べてもいいんでしょうかっ、お父さん!」

父「いいよ、いいよ、食べてもいいよ」カシャッ

唯「いっ、いただきまーすっ!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:48:07.29 ID:VFbH420D0
唯「モグモグ……うーん! なんだかスポンジのような感触のスイカです! お父さん!」

父「だって、唯が食べてるのふつーのケーキじゃん」

唯「えっ? あ……ほんとうだ……」ショボン

父「やーい、やーい、ひっかかってやんのー」

唯「うっ、ううーううー」ポカポカ

父「娘のパンチなんてきかねーよー」カシャッカシャッ

憂「泣き顔撮ってる……」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:51:56.88 ID:VFbH420D0
帰宅

唯「……」ムスーン

憂「お姉ちゃん、お父さんも悪気が……あったけど、お父さんなりの愛情表現だったんだよ」

唯「もう口きかないっ」

父「……」

母「平沢さん、どちらへ?」

父「部屋……」

唯「ふんすっ」

憂「お父さん……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:55:08.25 ID:VFbH420D0
父「……」カチカチ



タイトル:娘に嫌われたんだけど、質問ある? 新規スレッド作成
名前:      E-mail:

うはwwwwwwwwからかったら口きいてwwwwwwwwくれないwwwwwww
メシウマ


父「一生利用することはないと思ってたが……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 19:57:45.59 ID:VFbH420D0
父「……ハァ……ハァ」プルプル

憂「お父さん」

父「!」

憂「あのー」

父「なにかな?」

憂「ほら、お姉ちゃん」

唯「うぅ……」

父「……」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 20:01:07.29 ID:VFbH420D0
唯「……お、お父さん」

父「うん……」

唯「こ、これ……」

父「……これは?」

唯「バレンタインの……もうホワイトデーだけど」

父「……」

唯「おかえりなさい、お父さん。いつもお疲れ様。今日は久々に会えて嬉しかった」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 20:03:58.68 ID:VFbH420D0
父『ありがとう。ちょっと……一人にしてくれないか』



唯「……怒ってるのかな」

憂「まさか! だって、お父さん、お姉ちゃんのこと大好きだもん!」



父「……」カチカチ

『プレゼントをもらった。思わず、泣く』



父「……憂は、くれないのか……」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 20:06:24.27 ID:VFbH420D0
べつのひ!

父「それでは、また出かけるから」

母「留守はよろしくね」

憂「うん! 二人とも気をつけてね!」

父「……」

唯「お父さん!」

父「うん?」

唯「……いってらっしゃい!」

父「……カメラを、しまわなければよかった」


おわり

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/14(日) 20:12:33.65 ID:VFbH420D0
あまり関係がないな、とヒラサワは溜息をついてみる

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。