FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂「手をつないで、外へ出よう」後半

憂「手をつないで、外へ出よう」
続きです

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 01:50:16.49 ID:1NfJOq+I0 [4/22]

 髪の毛を洗い終わると次にお姉ちゃんはボディソープを手に取りました。
 そして手の中でかるくあわ立て、肩から背中にかけてお姉ちゃんの指先で泡を広げていきます。

唯「ういの肌、すべすべしてて気持ちいいなあ…」

憂「もう、あんまりそんなとこばっかり洗ってるとくすぐったいよ」

唯「えへへ、ごめんごめん」

 泡の付いた指先は背中に泡を広げて両肩と首をやさしく洗い、鎖骨を通って胸元へとたどり着きます。
 身体の前を洗う段になると私は一度立ち上がり、代わりにお姉ちゃんが椅子に座ってかるく足を広げます。
 私はその足の間に腰を下ろして、お姉ちゃんに抱きしめられながら身体を洗い流してもらうのです。

唯「きもちいい?」

憂「うん。おねえちゃんだもん」

 私はしあわせな気持ちでお姉ちゃんに自分の身体を預けました。
 お姉ちゃんはやがて立ち上がり、私の爪先を指の一本一本まで丁寧に洗ってくれました。
 それからふくらはぎ、ひざこぞう、ふとももと身体中に指先を強くなぞっていきます。


222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 01:57:14.11 ID:1NfJOq+I0 [5/22]

憂「……ねえ」

唯「なあに?」

憂「今日のお姉ちゃん、なんだかすごくやさしいね」

 身体をやさしく洗ってもらいながら、なんとなく聞いてみました。
 けれども自分が発した質問はお姉ちゃんの優しすぎる感触の中で不安に変わり、五秒後には発したことを後悔してしまいます。

憂「……ううん、なんでもない」

唯「今日はね、ういにとびっきりやさしくしたかったんだ」

 自分で引き下げた問いかけに、お姉ちゃんは待ち構えていたように話してくれます。
 ですが、お姉ちゃんはそれからだまって身体を洗うことに専念しはじめました。
 腰骨のあたりからわき腹、二の腕から両手の指の間まで一本一本ゆっくりと洗っていきます。

 それは、私が何かを問いかけるのを待っているみたいで。
 期待する気持ちもどこかにありました。
 けれども怖い気持ちの方がその時は強かったです。

憂「……どうして、今日はたくさんやさしくしてくれるの?」

唯「決まってるじゃん。憂の恋人になりたいからだよ」


223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 02:08:35.63 ID:1NfJOq+I0 [6/22]

 私たちは半年間、こんな風にお風呂場で過ごした身体を重ね合わせたりしてきました。
 けれども二人の関係を定義しなおす、そんな話になったのは初めてです。
 当然でした。
 私たちは悪いことをしていて、関係を問い直したらそれが明るみになってしまうのですから。

 でも、その時のお姉ちゃんの声はいつもと違って、かたい芯のようなものがありました。
 椅子に座る私にひざまずいて、私の瞳をまっすぐに見つめるお姉ちゃんが少し怖く思えました。
 もしかしたら私たち二人で見ないふりをしてきたいろいろなことにメスをいれようとしているのかもしれない。
 そう思うと途端に不安になって、腕が硬直して息苦しくなって――

唯「だいじょうぶ」

 体調を崩してしまう二秒手前でお姉ちゃんは立ち上がって、そっと抱きしめなおしてくれました。
 椅子の後ろに倒れこまないように、ぎゅっと私の身体を抱きしめて。

 私が体調を崩した時、お姉ちゃんは安心するまでずっと抱きしめてくれます。
 たとえばこんな時は、肌と肌が繋がりあってひとつになるような気がするまで。

憂「……だいじょうぶ」

唯「よかったぁ」

 息が耳たぶを暖めるほどの近くで、背中をお姉ちゃんに支えられながらささやきあいます。
 けれども――お姉ちゃんの声は、かたいものを残したままでした。


224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 02:13:19.79 ID:1NfJOq+I0 [7/22]

唯「あのね、憂」

憂「なぁに、お姉ちゃん」

 二人きりのお風呂場で、抱きしめあいながら静かにささやきあいます。
 少しのぼせて、眠ってしまいそうなほどの安らぎの中で、けれどもお姉ちゃんは何かを変えようとしているみたいでした。
 今までは怖くてたまらなかった「変わる」ということが、お姉ちゃんの腕のおかげで少し平気になったようです。

唯「人を愛する条件って、わかる?」

憂「……相手を互いに思いやること、かな」

唯「それだけじゃないよ」

 私もどんなことを言おうとしているのかがわかった気がして、抱きしめる腕を強めます。
 お姉ちゃんは私をおどろかせないように数回息を整えて、耳元でささやきました。

 ――依存してちゃダメなんだよ。私たち。


226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 02:26:20.88 ID:1NfJOq+I0 [8/22]

 お姉ちゃんから重いものをおろしたように力が抜け、少し倒れそうになるのを私が支えました。
 身体にまとわり付いたままのボディソープが抱きしめあう私たちをくっつけ合わせているみたいで少しうれしいです。
 もしかしたら、そのためにお姉ちゃんは私の身体を洗ってくれたのでしょうか?
 でもそんないとしいお姉ちゃんが……なんだか今にも離れてしまいそうで、逃がさないようにと強く抱きしめてしまいました。

唯「わっ――」

 そのせいでバランスを崩して、私はお姉ちゃんを抱きしめたままお風呂の床に倒れこんでしまいました。
 ちょうどお姉ちゃんは私の身体に上乗りになって、そのまま抱きしめあっているような状態です。

 お姉ちゃんの濡れた髪から水滴が私の鎖骨にしたたり落ちます。
 目の前で少しゆがんで細められた瞳には、うっすらと涙の粒がにじんでいました。
 転んでしまったから、じゃないことぐらいは分かります。

唯「……これだけだからね。うい、これだけだからね」

 お姉ちゃんは私に、そして自分自身に言い聞かせるように口にしました。
 なにがこれだけなのか、私にはよく分かりません。
 けれどもそれが何を指していても私たちの何かが変わろうとしていることは、変わらないと気づいていたんです。

 お姉ちゃんは目をつむり、ゆっくりと私に顔を近づけ、くちづけをしました。


230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 03:04:21.77 ID:1NfJOq+I0 [9/22]

 どれほど長く唇の触れ合う感触に惚けていたのでしょうか。
 どれほど深く舌と舌を絡め合わせていたのでしょうか。
 それは定かじゃないですが、そのとき私はお姉ちゃんを受け入れ、お姉ちゃんを求めました。

 身体をまさぐったり、身をよじっては声を上げたりといったことはしていません。
 ただお姉ちゃんを抱きしめながら、いつのまにか繋がれた片方の手を握り締めて、口付けを交わした……それだけでした。
 ひたすら、確かめ合いたかっただけなのです。
 性的な繋がりではなく、依存でもないところにも私たちの「つながり」があることを。

 だから、逃避のような快感に身を任せることなく私たちの唇はそっと離れました。

 あの唇を濡らした液体が私の唇に垂れ落ちきったころ、お姉ちゃんはゆっくりと身体を起こしました。
 抱きしめあった腕が離れる瞬間、ほんの少しだけ身体の表面が冷えた気がしました。
 その時、浴室の床でオレンジ色の照明と換気扇を眺めながら気づきました。
 ――いまこの身体を抜けて換気扇の向こうへと消えた少しの熱こそが、これまで私たちを溶かし合わせていたことに。

 喪失感と解放感に満たされて行き場を失った私の身体をお姉ちゃんはそっと抱き起こしました。
 それからシャワーをひねり、お姉ちゃんは私たちを癒着していたボディソープを丁寧に流していったのです。


236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 03:47:24.36 ID:1NfJOq+I0 [10/22]

 私たちはもう一度湯船につかり、抱きしめあいました。
 私はお姉ちゃんの肩に頭をのせて、少しぬるくなった湯船の中で冷えた身体を芯まであたためていきました。

 身体を拭いてパジャマに着替えると私はお姉ちゃんの手を握りました。
 ここからお姉ちゃんの部屋まで連れて行ってもらうのです。
 一緒にお風呂に入った日はいつもこうして手を繋いだり抱きしめてみたり、ちょっと甘えんぼになってしまいます。

 ですが今日のお姉ちゃんは私を先にキッチンへと連れて行き、そこでコップ一杯の水を汲みました。
 それからそのまま水を持って自分の部屋に行くと、引き出しの奥底から白い紙袋を取り出しました。
 中は……半年前に病院でもらった、睡眠薬でした。

唯「あのさ。えっとね、憂がずっとごほごほしてたから、今日はちゃんと眠れるか心配なんだよね……」

憂「うん、だいじょうぶだよ。お姉ちゃん」

唯「これ、私がもらった薬だから身体に合うかわかんないけど……」


237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 03:48:27.23 ID:1NfJOq+I0 [11/22]

 お姉ちゃんはオオカミ少年のように変にうまい口ぶりで私を説得しようとしました。
 だけど私の心は最初から決まっています。

憂「お姉ちゃんが飲んだ方がいいっていうなら飲むよ。ずっと一緒にいたいもん」

唯「そっか……ありがとうね、うい」

 だけど一つだけ、お願いごとがあるかな。
 私は人差し指を立ててお姉ちゃんにおねだりしました。

憂「……きょうの夜、ちゃんと眠れるまでそばにいてくれる?」

 一瞬、お姉ちゃんはどきっとした表情を浮かべたような気がしましたが……すぐになんでもないようなそぶりに戻りました。
 それから「ずっと手を握っててあげる」と言って頭をなでてくれました。

 お姉ちゃんさえいれば、もう怖いものはないはずです。
 私はお姉ちゃんの睡眠薬を飲んで、一緒のベッドで眠りました。


238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 04:08:29.52 ID:1NfJOq+I0 [12/22]

 その日、私は深く寝入ってしまって夢一つ見ませんでした。
 薬によってもたらされた人工的な睡魔は私を十数時間の眠りの海へと落とし、なかなか上がらせてくれなかったのです。

 けれど、私の寝ている間に何か大変なことが起きていたようです。
 もうろうとした意識の向こう側で、何か大事なものが離れていくのを感じたのですから。
 けれども薬の睡魔は私を目覚めさせまいと押さえつけ、結局その感覚も起きる頃には忘れてしまいました。

 目覚めの間際、最初に違和感を覚えたのは空っぽの手でした。
 私はいつしか窓から差し込んでいた日光に薄目を開け、まぶしすぎる光から逃げるために布団の中へと潜り込みます。
 けれど、その布団の中にはあるべき存在が消えていたのです。

 それに気がついて、ガラスが割れたかような驚きと恐怖に私はすぐ目を覚ましました。

憂「なんで……? お姉ちゃんが、いなくなってる……!」

 飛び起きて部屋中を見渡しても、お姉ちゃんは影も形もなくなっていたのです。


239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 04:15:13.95 ID:1NfJOq+I0 [13/22]

 そこで初めて部屋の時計を見ると、もうお昼の十二時を過ぎたところでした。
 睡眠薬を飲んだせいで必要以上に眠りすぎてしまったことに、初めて気が付きました。

 ……そうだよ、勘違いだよ。お姉ちゃんがこの家からいなくなるはずない。
 お姉ちゃんは起きてこの家のどこかにいるんだ。

 私はそれを確かめるためにお姉ちゃんの部屋を飛び出しました。
 リビング、私の部屋、ベランダ、トイレ、さまざまなところを探します。
 けれども――お姉ちゃんは、この家のどこにも見つかりませんでした。

 私がリビングの真ん中で倒れそうになったとき、遠くで玄関の開く音が聞こえました。


255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 09:51:36.09 ID:1NfJOq+I0 [15/22]

 呼吸のリズムがおかしくなってひどいめまいにも襲われながら、私は手すりにもたれるように玄関へと向かいます。
 昨日までずっとそばにいたはずのお姉ちゃんが消えてしまった。
 不安を覚えた時、体調を崩した時、いつでも抱きしめてくれたあの優しい腕が……私を残して消えてしまった。
 私の心がばらばらになるのには、それだけで十分すぎるほどだったのです。

憂「けほっ…おねぇ――ごほっ、はぁっ…おねえ、ぢゃん……」

 支えてくれた腕を失って、一人では何度も倒れてしまいそうになりながら私は急いで玄関に向かいます。
 手足が上手く動かせずに、何度も階段で転びそうになりながら。
 私はたぶん、陸地に上げられた魚のように過呼吸に苦しみよろめいているんです。

 どうにか最後の階段を下りたちょうどその時、私は廊下でいきおいよく抱きしめられました。

唯「……うい! ちょ――ごめんね、大丈夫?!」

 ……それは外から帰ってきたばかりの、制服姿のお姉ちゃんだったのです。


258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:16:50.01 ID:1NfJOq+I0 [16/22]

 ローファーも脱がずに廊下に飛び出したお姉ちゃんに抱き抱えられ、私は玄関の向こう側に見知った人影を見つけました。
 同じく中学校の制服を着た、和ちゃんと純ちゃんです。
 和ちゃんはカバンの中から何かを取り出そうとしてあせって中身を床にばらまいてしまい、
 純ちゃんも発作を起こして手足を震わせる私にどうすることもできずあたふたと立ちすくんでいます。

唯「和ちゃんはお薬持ってきて! 私の部屋の勉強机の下から三番目、花田メンタルクリニックって書いてあるやつ! いそいで!!」

和「――わ、わかったわ」

 震える手足を押さえつけながら背中をさするお姉ちゃんが、強い声を上げました。
 お姉ちゃんの声を聞いて和ちゃんはすぐに階段を駆け上がります。

唯「純ちゃん、コップに水、あと紙袋! ……いいから、靴とか脱がなくて!!」

純「は、はいすいません!」

 和ちゃんに続いて純ちゃんもリビングの方へと飛び出して行きました。
 それからお姉ちゃんはずっと耳元で「だいじょうぶ、だいじょうぶ」とささやきながら背中をさすってくれました。


259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 10:31:46.05 ID:1NfJOq+I0 [17/22]

憂「はぁ…はあっ……おねえ、ちゃんっ……」

唯「だいじょうぶだよぉ、うい。心配ないからね、お姉ちゃん、ずっとういのそばにいるからね」

 大丈夫。心配ない。ずっと、そばにいる。
 不安でばらばらにされた私の心を拾い集めて戻すように、お姉ちゃんは耳元でずっとささやきます。
 お姉ちゃんの声はこんな時でも子守唄のように優しく伝わって、耳にあたる息と共に少しずつ呼吸もおさまってきました。

 私は腕の中で、お姉ちゃんの顔を見上げました。
 髪の毛もはねたまま、制服のスカーフも半分ほどけたような状態のお姉ちゃんは……泣いていました。

憂「……おねえ、ちゃん…」

唯「ういぃ、ごめんね……憂のこと、勝手において、外へ出てっちゃったりして、私が引きこもりだから…」

 涙と鼻水でひどい顔のお姉ちゃんが発作を起こした私を抑えるのを見て、
 悪いのは全部私なのに自分のせいだと謝り続けるのを聞いて、
 ……もう私は、耐えられなくなってしまいました。

憂「――違うよっ、病気なのは私の方だよ! お姉ちゃんは私のために引きこもりのふりをしてただけだもん!」

 九月のある晴れた金曜日。
 半年ずっと私たちを守ってくれた、二人で守ってきた嘘を――私は一思いに壊しました。


272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:36:26.00 ID:1NfJOq+I0 [18/22]

 三年ぐらい前の話になります。
 そのとき私は小学五年生で、たしか四月ぐらいだったでしょうか。

 その年、お姉ちゃんと和ちゃんが小六から塾に通い始めました。
 その塾は関東一帯にチェーン展開する大規模なものだったのですが、私たちは中学受験をするつもりなんてありませんでした。
 遊んでばかりだとよくないし、英語でも習ってみたらどうか。
 お母さんがお姉ちゃんを塾に入れたのはそんな軽い気持ちからだったようです。
 その頃からなんでもお姉ちゃんと一緒がよかった私は、後を追うように入塾しました。

 今にして思えば、たまたま運が良くて、他の生徒よりも少しだけ勉強をがんばっただけなんだと思います。
 けれども私は六月の五年生対象の塾内テストで、全塾生中で三位の成績を取ってしまったのです。

 和ちゃんは目を見開いて驚き、お姉ちゃんはうれしそうに抱きしめてくれました。
 お母さんやお父さんにも頭をなでられて、なんだかちょっとてれくさかったです。

 ――うい、よくがんばったね。

 そう言ってお姉ちゃんは冗談で、ほっぺたにキスをしてくれたのを今でも覚えています。


273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 11:58:49.69 ID:1NfJOq+I0 [19/22]

 もののはずみとは言ってもそんな成績を取ってしまった私は塾長から特別進学クラスへの転入を勧められました。
 お母さんやお父さんは応援してくれましたし、和ちゃんもがんばってみたらと後押ししてくれました。
 お姉ちゃんは転入した方がいいとは言いませんでしたが「憂がやりたいならおうえんするね」と励ましてくれました。

 転入した先のクラスで私は純ちゃんと知り合いました。
 はじめ新しいクラスにうまくなじめないでいる私を気にせず、純ちゃんは今と変わらない様子で話しかけてくれました。
 純ちゃんはもともとご両親の意向で都内の私立中学を志望していたみたいです。
 なので授業が終わった帰り道、純ちゃんはため息まじりに不満をもらしていました。

純「べーっつに、いい学校とか行く必要ないんだけどさー。そこの桜中でいいじゃんっていうね」

憂「うーん、でもいい学校に行けたら家族のみんながよろこぶんじゃないかな?」

純「自分が楽しくなきゃ意味ないよ、そんなの」

 特進クラスの生徒は教室の中だと私語一つ口にしないまじめな生徒ばかりでした。
 なので、純ちゃんみたいな子と一緒にいると……なんだかいつも気が楽になったのです。


275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 12:05:08.81 ID:1NfJOq+I0 [20/22]
外出するかも
その際はID:PQd0Hpx1Oから続き書いていきます

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 12:57:32.18 ID:1NfJOq+I0 [21/22]

 私が小学六年生になった年、お姉ちゃんと和ちゃんは市立の中学に進学しました。
 和ちゃんも成績は優秀だったのですが、授業料のことを考えて最初から中学入試は考えなかったそうです。

 受験生となった私は今まで以上に課題が増え、塾の授業後に家で勉強するだけでは時間が足りなくなってきました。
 特進クラスは小学一年の頃からずっと勉強をしてきた人もたくさんいました。
 ですので、そんな生徒たちに追いつくためには人一倍努力しなきゃいけなかったんです。

 そののち私は学校でも休み時間も昼休みも塾の課題に費やして、学校の友達ともほとんど遊べなくなりました。
 勉強しても勉強しても成績が伸びず、学校だとそれを相談する相手もいません。
 はじめクラスメイトたちはものめずらしそうに私の勉強を見ていましたが、やがて距離は開いていきました。

 そうして九月も半ばを過ぎた頃、学校で運動会が開かれました。
 小学校生活最後の、クラス対抗大縄跳びにクラスのみんなが活気だっていたのは輪の外の私にも分かりました。
 ですが、塾であまり練習に参加できず首都圏模試への対策のことばかり考えていた私は縄に引っかかってしまいます。
 次の日、登校すると私は誰とも口を利いてもらえなくなり、遠巻きに陰口をささやかれるようになっていました。

 あの日グラウンドで、一歩でも踏み出すタイミングが違っていたら。
 もしかしたら私の人生は大きく変わっていたのかもしれないです。


302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 16:36:02.23 ID:PQd0Hpx1O [2/5]
 誰とも話せないまま、ひとりぼっちの教室で黙々と鉛筆を動かしていると、自分がどこにいるのか分からなくなります。
 あたかも私とほかのみんなの間は見えないガラスで隔てられている気がして、ひどい孤立感にさいなまれるのでした。
 教室の中を泳ぐように行き来するクラスメイトたちも、屈折したガラスのこちら側からは別の生き物のようです。
 ときどき窓の向こうから耳鳴りのように響いては私を傷つける言葉から身を守るように、ますます勉強へと逃避していきました。

 中学の学年末テストの季節になると、和ちゃんがいつもうちに来てお姉ちゃんに勉強を教えていました。
 和ちゃんは私に会う度に「勉強がんばったらいいことあるわよ」と励ましてくれました。
 そんな和ちゃんの前で学校でうまくいかなくなった話をするのは、勉強のせいにしているみたいで申し訳なかったんです。

 そういえば、塾の先生も同じようなことを言っていたのを思い出します。
 先生たちは私たち生徒にはちまきを渡して、喉をからすまでかけ声を上げさせ、受験に合格すればすべて良い方向に向かうと説きました。

純「……なんかさ、もう宗教だよね。これ」

 塾の夏合宿の休み時間、純ちゃんはうんざりしたような顔ではちまきを握って私に耳打ちしました。
 もうなにが正しいのかよく分からなかったのですが、とにかく私は懸命に泳ぎ続けようとしたのです。

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 16:59:46.61 ID:PQd0Hpx1O [3/5]

 私が夜遅くまで勉強するようになると、お隣のとみおばあちゃんがうちに来て晩ごはんを作ってくれるようになりました。
 小さい頃から会社の仕事で海外を飛び回る両親はよくとみおばあちゃんに私たち姉妹を預けていたので、家族以上に家族のような関係でした。

 そういえば私が小学五年の冬、誕生日になってブリュッセルから高級なお菓子が送られてきたことがありました。
 お菓子に付いていた封筒を開くと「今年は受験生です。頑張ってください 父より」という手紙と三万円が入っていました。
 お父さんもお父さんなりの形で応援してくれている。
 私はそう思いたかったのですが、お姉ちゃんは私以上にその手紙に怒っていました。

 私たちが家に引きこもるようになったときも、お姉ちゃんはこう言っていました。

唯「あの人たちはお金だけ出す係なんだよ。家族は憂一人で十分だよ」

 いけないことだとは知りつつも、そんなお姉ちゃんが一瞬お父さんのように頼もしく感じてしまったのは事実です。
 もしかしたら、私たちは夫婦のような関係を演じてたのかもしれません。

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:30:31.81 ID:qax+8Q1Z0 [2/5]

 過呼吸やけいれんといった症状が最初に起きたのはその年の冬辺りでした。
 十一月末の理科の授業中、私は教室でふいに息が出来なくなりました。
 息を吸い込もうとすればするほど苦しくなって、まるで水が喉に入ったかのようにむせてしまうんです。
 暗い曇り空のために窓際の席にいた私の姿がガラス窓に映りこんだのが、今もはっきり目に焼きついて残っています。

 私が発作を引き起こした時、クラスメイトたちはどうするでもなくただビデオを見続けていました。
 ちょうどその時は地球の構造に関するビデオを見ていた時で、教科担任の先生も職員室で作業をしていたようです。
 自分でも分からない急な呼吸困難に陥った私は誰にも助けを求められないまま、喉をおさえて呼吸を取り戻そうとします。


326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:31:22.54 ID:qax+8Q1Z0 [3/5]

 『深海は水圧がとても高く、普通の魚は生きていけない世界です。』

 ――ビデオの音声が頭に反響して吐き気をもよおします。
 涙が勝手にあふれてここがどこにいるのかさえ分からなくなってきます。
 めまいがあまりに酷くて、足元の床が崩れていくような錯覚さえ覚えました。

 『また、水圧の高い深海から急浮上すると、急な圧力の変化で「潜水病」を引き起こしてしまいます。』

 めまいのせいで、ビデオに映る奇怪な深海魚と私を不安げに見やるクラスメイトの顔とが交錯します。
 身体が内側からおかしな圧力で壊れていきそうで、このまま死んでしまうとさえ思いました。

 私はそこに居もしないお姉ちゃんに心の中で助けを求めました。
 職員室から戻ってきた先生が私を保健室に連れて行く間も、ずっとずっとお姉ちゃんの名前だけを唱えていたのです。
 こんな時、本当につらい時に助けを求められるのはお姉ちゃんしかいないと決め込んでいたんです。
 そしてそれは、今だってあまり変わっていないと思います。


329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 22:06:11.17 ID:qax+8Q1Z0 [4/5]

 発作を起こした日、保健室の白いベッドの中で小さいころの夢を見ました。

 夢の中で私はお姉ちゃんと二人で手をつないで家の近くの公園まで散歩しました。
 錆び付いたジャングルジムや、揺れるたびにきいきいと音の鳴るブランコ。
 数年前まで和ちゃんを入れた三人でよく遊びに行っていた、あの公園です。

唯「ねぇうい、あっちいこうよ」

 お姉ちゃんが指差したのは足元に鮮やかな木陰が揺れる小さなベンチでした。
 そういえば私とお姉ちゃんが二人で公園に来たときは、いつもこのベンチで遊んだものです。
 おままごとをしたり、カスタネットを叩いたり、アルプス一万尺の速さを競ったり……どれも懐かしい思い出でした。

 ベンチに腰掛けたお姉ちゃんは手をぎゅっとにぎって、もう片方の腕でそっと私を抱きしめました。
 それから何かをささやいた気がしたのですが、うまく聞き取れなかったです。
 つないだ手の感触はやがてリアルなものへと変わっていき――私は目を覚まします。

 そこには手をにぎったままベッドで眠るお姉ちゃんがいました。
 子どものような寝顔をよく見ると、まぶたが赤くはれているようです。

唯「あ…ういー。げんきになった……?」

 ついさっきまで泣き顔だったような真っ赤な目を細めて、お姉ちゃんは安心したようにほほえみました。
 こらえきれなくなって、その日は私からお姉ちゃんに抱きついてしまいました。

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 01:06:28.96 ID:Ko0NG+Qf0 [2/23]

 それからこのような発作は入試の当日までたびたび起きてしまいます。
 授業中に起きたのは一番重かったあの一度きりでしたが、休み時間や登下校中や塾の授業前などで軽い過呼吸は何度もわずらいました。

 発作が起こるたびに「このままだと私は死んじゃうのかもしれない」としか思えなくなります。
 いつしか私は、一度発作が起きた場所を無意識に遠ざけるようになってしまいました。
 登下校でもわざと最短の市道を避けたり、塾のエレベーターを使わずに階段で移動したり。
 そうやって発作の起きた場所を避けていくたびに行動範囲が狭まると、見えない網に閉じ込められていく気がしてとても怖かったです。

 お姉ちゃんは学校や保健室の先生、それに和ちゃんから教えてもらったパソコンを使って私の発作のことを真剣に考えてくれました。
 過呼吸は紙袋を使って呼吸を整えるのがいいとか、この発作だけで死ぬことは絶対にないとか、私はお姉ちゃんからいろいろなことを聞きました。

唯「いつでもういのそばに居られるわけじゃないから、できることは一緒のときにしておきたいんだよね」

 私が気づかうと、お姉ちゃんはいつもそんな言葉で安心させてくれます。
 発作のこと以外でも、勉強している私の代わりに朝のごみ捨てに行ってくれて、トーストを焼いてくれてといろいろしてくれました。

 お姉ちゃんのために、受験はがんばらなきゃいけない。
 受験に合格したらお姉ちゃんが喜んでくれるんだ。

 ――けれども、そう思えば思うほど入試会場で発作を起こしそうな気がしてしまったのです。


362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 01:25:01.33 ID:Ko0NG+Qf0 [3/23]

 予感はいつも、悪い方ばかり当たってきたような気がします。

 当日、私は入試会場に一時間前に着いて自分の席で持ち物を確認していました。
 鉛筆は六本削ってとがらせましたし、消しゴムも新品に両面テープをしっかり貼っておきました。
 ティッシュペーパー、塾でもらったお守り、お弁当、紙袋……それから、大事なお財布。

 私は財布のカード入れのところから、プリクラ写真を一枚取り出しました。
 年明けに私とお姉ちゃんで撮ったものです。
 あの日お姉ちゃんはふざけてキスしようとして、思わずよけようとしてしまいました。
 けれどもお姉ちゃんは私をつかまえて、唇はあきらめてもほっぺにとキスをしてしまいました。

 『ゆい&うい』 『としこし!』 『ずっといっしょだよ』

 できあがったのは、ハートマークの背景にお姉ちゃんが書いたそんな言葉が並ぶプリクラです。
 そんなプリクラなのでちょっと誰かに見られるのは恥ずかしいのですが、やっぱり一番のお守りでした。
 私はそれをお財布にしまって、社会の年表を開きなおしました。

 やがて試験時間になって、受験票の照合が始まり机の上を片付けることになりました。
 寸前に私はカバンの中でお財布を探し、プリクラに触れてから試験を受けようとしたのです。


 予感はいつも、悪いほうばかり当たってきました。
 私たちがこの半年間、未来のことを考えるのから逃げ続けてきたのも、たぶんそのせいです。

憂「あれ、入ってない……?」


365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 01:44:25.74 ID:Ko0NG+Qf0 [4/23]

 後になって家に着いてカバンの中を調べた時に、奥の方で折れ曲がったプリクラが見つかりました。
 だからたまたま何かに引っかかって財布から落ちてしまっただけなのでしょう。
 けれどもそれは、緊張していた私の心をバラバラにするのに十分すぎるほどでした。

憂「……はぁっ…かはっ……あがっ…ふぅっ……」

 問題用紙が配られる頃には、私の喉はまた呼吸の仕方を忘れてしまいました。
 試験開始前、静まり返った会場に自分の呼吸音がうるさく響きます。

 ダメだ。
 大丈夫にしなくちゃ。
 これは病気なんかじゃない、ちょっと息がおかしいだけなんだ。
 ……そう言い聞かせても呼吸が戻るはずもなく、おさえようとするほどかえって悪化していきます。

 開始二分前、私の席に試験監督の先生が駆け寄って来ました。
 私はなんとか試験を受けたくて、だいじょうぶです、と言おうとします。
 けれども言葉の代わりに出たのは気管支まで響くようなくぐもったせきだけでした。

 それでも試験だけは受けようとしたので、解答用紙を腕で守ろうとします。
 その時、試験監督の人に腕をつかまれて椅子から倒れてしまいました。

 転げ落ちた足元から会場の教室を見上げたとき。
 私の視界に、着席した深海魚の群れが飛び込んで来ました。

 『アクシデントのため、この教室の国語試験は五分遅延します』

 副監督の先生が響かせた声を遠く聞きながら、私の意識は薄れていきました。


368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 02:15:37.27 ID:Ko0NG+Qf0 [5/23]

 それから次の年の四月、私が桜ヶ丘中学に進学するまでのことはよく思い出せません。
 受験勉強からの反動で無気力状態に陥り、卒業式の練習で学校に行く以外はずっと自分の部屋にいました。
 ベッドの上でいらない参考書を読み返したり、純ちゃんから借りたマンガ本をぱらぱらめくってみますが、何が書かれているのかもよくわかりません。
 文字が文字としてしか映らず、主人公の表情もただの絵にしか思えなくなっていたんです。

 そんな状態の私を気づかってか、お姉ちゃんは私の手を引いて買い物やアイスクリーム屋さんへと連れて行ってくれました。

唯「うい、おいしい?」

 三段重ねのアイスクリームをおいしそうになめながら、お姉ちゃんが聞きます。
 私はそのころ、本当は食べ物の味すらもよく分からなくなっていました。
 けれどもなんだか楽しそうなお姉ちゃんを見ていると、私の緑色のアイスがとてもおいしいような気がしました。

憂「……うん、おいしいよ!」

 お姉ちゃんはやわらかく笑って、私のアイスを一口かぷりと食べちゃいました。
 唇に緑色のアイスをつけたお姉ちゃんがなんだか子どもっぽくて、吹きだしてしまいます。
 たぶん私を笑わせる方法を、世界で一番知っているのはお姉ちゃんなんだと思います。


370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 02:30:34.05 ID:Ko0NG+Qf0 [6/23]

 一年前の四月から、私は桜ヶ丘中学に進学しました。
 お父さんが私立に行った方がいいのではと手紙で提案しましたが、お姉ちゃんと同じ中学校を選びました。
 どこか知らない中学に通ってお姉ちゃんと離れ離れになる方が不安が大きかったからです。

唯「えへへ、ういとおそろいの制服だね!」

 春休みじゅう、ずっとお姉ちゃんが一緒にいてくれたおかげで私もいくぶんか元気になりました。
 そのころ、受験中にいろいろお世話をしてくれた恩返しとして私は毎日お姉ちゃんにごはんを作ってあげることに決めました。
 それは春休みを過ぎてもずっとずっと続き、いつしか私の家のご飯はぜんぶ私が作ることになっていました。

 ずっと前からとみおばあちゃんと一緒に料理を作るのが好きだったのもあります。
 けれどもそれ以上に、恩返しはぬきにしたってお姉ちゃんを毎日喜ばせてあげたかったんです。
 困ったときにはずっとそばにいてくれて、つらいときにすぐ駆けつけてくれる。
 そんなお姉ちゃんを笑顔にすることだけが、私の生きがいになっていました。

唯「ういの作るごはんがおいしいから、生きるのが楽しいよ!」

 食べ終わった食器を片付ける時、お姉ちゃんはおどけたそぶりでそんなことを言いました。
 あの言葉が冗談だと分かっていたとしても、私の胸は音を立てそうなほど高鳴ったのです。

 あの頃から、私はお姉ちゃんに恋していたんだと思います。


373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 03:03:57.44 ID:Ko0NG+Qf0 [7/23]

 中学校での生活ははじめ、それほど楽しいとはいえなかったです。
 クラスメイトは小学校の時とほとんど変わらなかったので、わだかまりを残したまま進学してしまったからです。
 教室に入るとその頃のクラスメイトと顔をあわせるのが怖くて、なんとなく避けてしまいます。
 そういう態度をとってしまうせいで、ますます私は他の子たちとも話が出来なくなってしまう一方でした。

 それでも学区の区分けが変わって、純ちゃんと同じ学校になったのはうれしかったです。
 一年次のクラス分けでは別になってしまいましたが、休み時間のたびにちょっとずつ純ちゃんやその友達と仲良くなることができました。

 とはいえ……自分の教室に戻ると、誰とも話が出来ないまま本を読むような日々が続いていました。
 やっぱりこのままではいけません。
 こんな気持ちで通学していたらいずれはお姉ちゃんを悲しませてしまいます。
 そう思って私は和ちゃんに頼んで、生徒会のお仕事を手伝わせてもらうことにしました。


374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 03:18:58.57 ID:Ko0NG+Qf0 [8/23]

純「ふーん……やっぱぞっこんなんだね、憂」

 純ちゃんと一緒にいつものハンバーガーショップでお話していた時のことです。
 私とお姉ちゃんの話をしていたら、いたずらするみたいににやにやと口を挟まれました。

憂「え……そうかな。私はお姉ちゃんっ子なだけだよ」

純「ええー? それぜったいラブの域いってるって!」

 お姉ちゃんと、ラブの関係……。
 恥ずかしくて顔が熱くなってしまう私は気にせず、純ちゃんのテンションは上がります。
 こんな風に恋の話で盛り上がっていると、私も女子中学生なんだなって変に納得してしまいます。

純「じゃあもうコクっちゃいなよ! お姉ちゃん、すきです!って」

憂「あはは……うん、お姉ちゃんのことは、好きだけどね……うん」

純「憂、めっちゃ照れてるじゃん。いいなー私も恋したいなあっ」

 あの時どのくらい本気で純ちゃんが私の恋を応援していたのかは分かりません。
 普通に考えたら、自分の家族に恋愛感情を抱く時点でいろいろ間違っているはずです。

 純ちゃんは私といる時も学校と同じようにおどけてくれます。
 その言葉が冗談だとしても純ちゃんが私を元気付けようとしているのは伝わったので、なんだかほっこりした気分でした。


375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 03:35:47.30 ID:Ko0NG+Qf0 [9/23]

純「じゃあ、選挙終わったらデート行って告白しなよ」

 とんでもない提案をされてしまいました。

憂「えっ……ええっ! そんな、そんなことしたら…うちで気まずくなっちゃうよぉ…」

純「なにさ、憂だってコクったあとのことリアルに想像してんじゃん」

 こういう時だけ勘がするどい純ちゃんが怖いです……。

 そのとき私は六月に和ちゃんが会長に立候補する次期生徒会役員選挙で選挙管理委員となっていました。
 書類整理など生徒会の仕事をいろいろ任されるうちに他の生徒会員のみなさんからも信用がある、そう和ちゃんは言っていました。
 生徒会役員選挙は和ちゃんだけでなく、私にとっても正念場となる催しでした。
 だから……これは失敗するわけには行きません。

純「まったくもー。憂はがんばりすぎなんだよ、お姉ちゃんとデートの一つでも行ってくりゃいいじゃん」

憂「はい、はい……うん。じゃあ、選挙終わったらどこか出かけてみるね」

 そう考えると、純ちゃんのおかげで選挙の日が楽しみになってきました。


384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/12(火) 07:26:54.12 ID:Ko0NG+Qf0 [10/23]
寝てしまった
顔洗ってまた続き書いてく

388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 08:15:35.84 ID:Ko0NG+Qf0 [11/23]

 デートプランは純ちゃんが考えてくれるらしいので、私は選管の仕事に専念しました。
 投票方法を公示したり、立候補者のスピーチを録ってお昼の時間に流したりと実は選挙以外にも大忙しです。
 けれども生徒会や同じ選管の先輩がたに助けられながらの仕事は、楽しくてやりがいがありました。
 純ちゃんにはよく言われることですが、誰かが自分のおかげで笑顔になってくれることが一番うれしいんです。
 中でも一番好きな笑顔は……お姉ちゃんの、花が開くようにふわっとした顔なのですが。

和「無理しないでよ、憂は自分ひとりで抱え込みすぎるんだから」

憂「ありがとう、和ちゃん。でもだいじょうぶだよ」

 和ちゃんは心配そうに言いますが、生徒会や同じ選管の人に信用されたことが強い自信につながっていました。
 それに小学校の頃から和ちゃんには迷惑をかけどおしだったので、恩返しもしたかったのです。
 あとは……選挙が無事に終わったら、お姉ちゃんとデート。どきどきします。
 いろんな人のために、私は中学校で初めての選挙管理委員をまっとうしました。

 そうして、本番を迎えました。
 綿密な準備の上での本番は、たぶん成功だったのでしょう。
 体育館での選挙演説で和ちゃんは部活の活動時間を増やすマニフェストを掲げて、見事トップ当選しました。
 集計作業のとき、他でもない「真鍋和」の名前が丸で囲まれているのを見るたびに温かいものを感じたのです。

 けれども……次の週の月曜日、登校したときでした。
 同じクラスの子たちが集まってなにかうわさ話をしていました。
 そうして登校してきた私を見つけると、ちらちらと私の方に冷たい視線を向けるのです。


390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 08:31:33.20 ID:Ko0NG+Qf0 [12/23]

 私の方を見てはひそひそとささやきあうクラスの子たち。
 何を話しているのかはよく分からなかったですが、よくない話に繋がっていることは伝わりました。
 そんな彼女たちを見て、小学校の教室が一瞬、頭に浮かんで息を詰まらせます。
 ――ダメだ、そんなことないよ。お姉ちゃんに心配掛けちゃダメ。
 心の中でそう言い聞かせながら通学カバンを置くと、純ちゃんが教室に駆け込んできました。

純「ちょっと憂、時間ある?」

 どこか様子のおかしい純ちゃんに引っ張られるようにして階段を少し早足で上り、私たちは四階の社会準備室に入りました。
 授業用の世界地図や地球儀なんかが置かれたその部屋は普段入る人が居ないため、純ちゃんや私はそこでお弁当を食べることが多々あったのです。
 そこにお姉ちゃんや和ちゃんを交えることもあって、社会準備室は私たちの秘密の隠れ家のような場所でした。

純「……あのさ、私は憂のこと信じてっからね? だから、落ち着いて聞いてほしいんだけど」

 その口ぶりがいつもと違って重くて、何が純ちゃんをそうさせているかと思うと怖くなります。
 純ちゃんは私の左手にそっと手を乗せると、制服のポケットから携帯電話を取り出しました。

純「土日辺りから変なうわさ流れてるっぽいんだよ。和先輩の当選が、不正だったんじゃないかって」

 ――それから、その不正に関わっていたのが和ちゃんと仲のいい選挙管理委員の、平沢憂なんじゃないかって。

 胸の奥が変な風に響きだして、自分の息遣いが良くない方向へ強まるのを感じました。


393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 09:06:48.56 ID:Ko0NG+Qf0 [13/23]

純「――憂、大丈夫?」

 繋いだ手を思わず強く握ってしまうと、心配した純ちゃんが背中に手を置いて心配そうに声をかけました。

憂「ごめん、大丈夫……。でも、不正って、どういうことなの?」

純「うーん……いいや、私が話すよ」

 一瞬、携帯電話に目をやって悩んだそぶりの純ちゃんは、やがてそれをカバンに投げ込んで話始めました。

 昨日あたりに、純ちゃんの携帯にとあるサイトのアドレスがチェーンメールで送られてきたそうです。
 それは桜ヶ丘中学の裏サイトというもので、生徒や先生のうわさについて書き込みする掲示板みたいなものだったみたいです。
 純ちゃんが言うには、開票と和ちゃんの当選が決まった日の夜に掲示板へ「得票数がおかしい」という内容が書き込まれていたそうです。

憂「……その裏サイトっていうの、今も見られるの?」

純「ごめん、見せたくない。ひどいことしか書かれてないもん」

 そう言ってカバンを遠ざけようとした純ちゃんの腕を握って、見せてくれるように頼みました。
 いつしか、自分の声が涙交じりになっていたのに気づきました。


394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 09:19:32.19 ID:Ko0NG+Qf0 [14/23]

 『名無しさん:×ナベの一年の票が多すぎるけどこれ絶対票数いじってるよね?ワラ』

 『名無しさん:バスケ部のヨコタニ先パイが落ちるとかマジでない ×ナベってやつ裏でなんかしただろ』

 『名無しさん:あのガリベン!って感じのメガネのやつ?(^ω^;)』

 『名無しさん:前も生徒会にいたよなあの女 長い間生徒会に居座って内申書良くしてほしいってのが見え見え』

 『名無しさん:ってか票数工作したんじゃね?ww グルなんだろ』

 『りお☆:↑今年の選挙が自作自演だったってコトですか??』

 『名無しさん:俺1年だけど、×鍋の友達のH沢ってやつがアヤしいと思います コネで選管入ってたって先輩言ってたし』

 『真・バスケ狂:H沢って誰?』

 『平行世界に住む男:ところで昨日UFO見ました スーパーのカップ麺売り場で』

 『名無しさん:ユーウツの鬱って字書く子でしょ? 同じクラス』

 『通りすがりの桜中生:実名出すなよ つか根拠ないのに変なこと言うな』

 『名無しさん:↑↑鬱じゃないよwww』

 『名無しさん:↑↑↑知ってる 小学校でいじめられてたって友達から聞いた』


405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/12(火) 12:31:57.22 ID:Ko0NG+Qf0 [15/23]
ちょっとしばらく書き溜めます
それでも進み悪かったら製速に移転します…
どちらにせよ17時までには戻ります

409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 12:54:51.12 ID:Ko0NG+Qf0 [16/23]

 画面を下に移動させながら、自分がえたいの知れないものに飲み込まれるような感覚に襲われていきました。
 続きを見るのが怖くて、けれども見なくてはいけない気がして――そんなとき、純ちゃんは携帯電話を無理矢理閉じました。

憂「……どうしよう、わたしの、私のせいだ…」

純「えーっとうん、気にしない方がいいって。こんなの面と向かって言えない人が陰口書いてるだけだしさ」

 指先が少しずつ震えてくるのを抑えられず、そんな私の手を純ちゃんはずっと握っていてくれます。

 和ちゃんに恩返しをするどころか、信用を奪ってしまった。
 私が選管じゃなかったらこんなことにならなかったのに。
 不正のことはもうクラス中に伝わっているみたいで、うわさが見えない怪物のように私を囲み込んでいるのです。
 とめどない罪悪感と錯覚とも妄想ともつかないような何かが頭の中でぐるぐると膨れ上がって、学校中の誰からも憎まれているようなそんな気がして、

憂「――もう、いやだよぉ!」

純「うあ、ちょっと憂、落ち着こうって、ほらっ」


410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 12:55:41.38 ID:Ko0NG+Qf0 [17/23]

唯「憂、入るよ?!」

 飛び込んできたのはお姉ちゃんでした。
 手足のふるえが止まらなかった私を両腕でなんとか押さえつけていた純ちゃんに代わって、お姉ちゃんは全身で抱きしめてくれます。

純「あ、あの……唯先輩、授業とかって」

唯「だいじょぶさぼるから。純ちゃん、メールくれてありがとう」

 お姉ちゃんは即答すると震える私の身体を力強く抱きしめて、頭をなでながらだいじょうぶだいじょうぶとささやきます。
 中学に入ってから、私はお姉ちゃんに自分がクラスでも元気でやっているように振る舞ってきました。
 たぶん、その反動が来てしまったんです

憂「おねえちゃん…たすけて、つらい……」

唯「だいじょうぶ、ういのそばにいるよ」

憂「がっこう、いきたくないよ…もうやだよぉ……」

 ――じゃあ、家にずっといようよ。

 その時のお姉ちゃんのささやき声は、いつかに食べたハチミツのように甘かったのです。


412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 13:14:14.15 ID:Ko0NG+Qf0 [18/23]

純「えっと、じゃあ…私戻りますね」

唯「うん。ありがとね、純ちゃん」

 少し落ち着いてから準備室を出て、私はお姉ちゃんに抱きかかえられるようにして保健室へと向かいます。
 そこまでの道のりで生徒とすれ違うたび、私はその人たちの視線が怖くてお姉ちゃんの胸元に顔をうずめてやり過ごしました。
 あの掲示板に誰がどう書き込んでいたのかなんて分からないので、道行く人すべてに憎まれているような錯覚が消えなかったんです。
 そしてそれは赤の他人だけじゃなくて――

憂「……おねえちゃん、ごめんなさい…」

唯「だいじょうぶ! 今日の晩ごはんは私にまかしといてよっ」

憂「そういう、はなしじゃなくて……あは」

 思わず口にでてしまった私の言葉を、お姉ちゃんは見当違いな方へ解釈して元気づけてくれました。
 今も涙が乾き切らないほど泣いていたのに、思わず笑ってしまったんです。

 その日、私はお姉ちゃんと一緒に学校を早退して家でゆっくり過ごしました。
 私はベッドでお姉ちゃんに抱きついて、眠るまでそのままでいてとおねだりして、起きてからもそばにいてとお願いしました。
 選管の仕事でなかなか一緒にいられなかった分を、それに今までふれあえなかった分を取り戻すように。

 そうしてお姉ちゃんの腕の中で、何度目かに目を覚ましたころには。
 冗談半分で純ちゃんに見抜かれた気持ちを隠す気力なんてなくなっていました。

 私、やっぱりお姉ちゃんのこと、好きなんだ……。

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 14:55:37.30 ID:Ko0NG+Qf0 [19/23]

 次の日、私たちは学校を休みました。
 あんなことがあったから仕方ない――やさしいお姉ちゃんはそう言ってくれます。
 けれども……お姉ちゃんに甘えようとする度、あの掲示板の書き込みが頭をよぎるのです。
 心ない書き込みの中には私のクラスメイトだという人もいました。
 同じ教室にいて、それでも陰であんな風に思われていた……そう考えると、お姉ちゃんの気持ちでさえも曇りがあるように思えてしまうのです。

憂「……ねぇお姉ちゃん」

 お姉ちゃんの部屋で抱きしめられながら眠っていた私は、はずみで問いかけてしまいます。

唯「なあに、憂?」

憂「私のこと、いやだよね?」

唯「……そんなことないよ」

 私はお姉ちゃんに、何を言わせようとしたのでしょうか。


420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 14:56:31.67 ID:Ko0NG+Qf0 [20/23]

 大好きな人のことさえ信じきれない最低な私はお姉ちゃんの腕の中で、わざと困らせるようなことを言ってしまいます。
 そんなことしたって、ますます嫌われるだけなのに。

唯「ねぇうい……こわいの?」

憂「うん……ごめんなさい」

 じゃあさ、私の気持ち、おしえてあげるね。
 お姉ちゃんはそう言うと、涙で赤くはれた私の目をそっと閉じて、くちびるを重ね合わせました。

唯「……これでも、こわい?」

 薄暗い豆電球の灯りの下で、お姉ちゃんはちょっと涙ぐんで、けれどもいつものように笑ってくれました。
 私は無我夢中でお姉ちゃんを抱きしめ、胸に自分の顔を押し付けるようにして泣いてしまいます。
 そんな涙に濡れた私のファーストキスは、海のように塩からい味でした。


428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 16:21:12.10 ID:Ko0NG+Qf0 [21/23]

 いつしか教室へ足を運べなくなりました。
 学校の廊下を抜けて、三階の一年生の教室に向かって、引き戸を開けて席に着く。
 あとは本でも読んでやりすごせばいい。
 そう、頭の中で何度も繰り返すのですが、教室のドアの前まで来るとそれが開けられないのです。
 純ちゃんの友達と一緒に入って朝のホームルームと一時間目の授業まで受けたこともありましたが、そこでリタイヤしてしまいました。

 私はその教室が深海のようにえたいの知れない圧力に満ちた場所だと思うようになりました。
 クラスの子ともうまく話せず、自分だけが同じ生き物でないような錯覚さえ覚えたのです。
 結局、私はそれから二年生になるまでほとんど授業を受けられませんでした。

 お姉ちゃんはなるべく私と一緒にいてくれるようになりました。
 けれども……家にずっといると、私がお姉ちゃんをこの家に閉じこめているような気がして、とても罪深く感じました。
 泡のように消えてしまえたらと、何度も考えるようになりました。


429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/12(火) 16:30:40.68 ID:Ko0NG+Qf0 [22/23]

 保健室の先生の薦めで、私はお姉ちゃんと何度か心療内科に通ったことがあります。
 病院はささやきあう言葉すら吸い取られるような静けさの中で、クラシック音楽が湧き水のようにさらさらと流れていました。
 場の雰囲気にけおされてしまって、診察の席でも私はなにがどうしてこうなったのかがうまく話せませんでした。

 お医者さんは私にいくつかの薬をくれました。
 不安感をなくす薬。
 ふるえを止める薬。
 よく眠れるようにする薬。
 けれどもどの薬も、ドアを開ける瞬間のあの強すぎる圧力を弱めてくれることはありませんでした。

唯「なんか、お薬間違えてるのかもね……私がういの薬飲んだら、風邪とか治っちゃったりして」

 何度目かの病院からの帰り道、お姉ちゃんはおどけてそんなことを言いました。
 たぶん私に効く薬はお姉ちゃんの温もりと笑顔だけなのだと、ひそかに思っては勝手に顔を赤らめてしまいます。

472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 00:58:35.17 ID:A61Gh9L10 [1/24]

 たーくんと出会ったのもそのときです。
 お姉ちゃんが、二人で何かペットを飼ってみようと言い出したのがきっかけでした。

唯「二人で一緒に育てたら、なんだか私たちの子どもみたいだよね!」

 無邪気な笑顔でそう言われてしまうと、私もなんだかわくわくしてしまいました。
 お姉ちゃんとの子ども……今考えると、やっぱり恥ずかしいです。

 はじめ私は犬か猫を飼うのかなと考えていました。
 ですがお姉ちゃんはテレビで熱帯魚を飼っている家を見つけて「あれに決めたよ!」と言い出しました。
 気になって聞いてみるとお姉ちゃんは「わんこもかわいいけど、お散歩しなきゃいけないもん…」とぼやくのです。
 どうやら、外を出歩くのが怖い私のために、家の中で簡単に飼えるペットを選んでくれたみたいでした。

 そうしていつだかの心療内科の帰りに、ホームセンターの中のペットショップで小さなベタを一匹買いました。
 名前は、たーくん。
 私がベタをもじった名前にしようと言ったら、お姉ちゃんがつけてくれました。

唯「二人で考えた名前だと、本当に子育てみたいだね……えへへ」

 ちょっと顔を赤らめてお姉ちゃんは言うのです。
 そんなこと言われたら、私が照れちゃうよ……。


483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 03:14:51.32 ID:A61Gh9L10 [2/24]

 ベタの飼い方はお姉ちゃんが調べてくれましたし、前に熱帯魚を飼っていた和ちゃんもいろいろ手を貸してくれました。
 二人や時々連絡をくれる純ちゃんのおかげで、家の中でなら少しは元気になれたようです。

 お姉ちゃんが学校に行っている間、私はお菓子を作ったりお掃除をしたり、教科書の予習を進めてみたりして過ごしました。
 放課後、五時半になるとお姉ちゃんは寄り道もしないで帰ってきてくれます。

 ただいま。
 おかえり。
 ……そんな言葉を交わしていると本当の夫婦になってしまえたような気になって、なんだかとてもうれしいのです。
 ひとりぼっちの家でお姉ちゃんの帰宅を待つことは、少しさみしいけどうれしいことでした。

唯「ういは私のお嫁さんだね…!」

 いつだかお姉ちゃんがくれたその言葉は、私たちの姉妹関係が壊れる予兆だったのかも知れません。


485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 03:44:29.19 ID:A61Gh9L10 [3/24]

 秋も深まって窓の向こうの木々が色づく頃には、私はお姉ちゃんと一緒でないとどこにも行けなくなっていました。
 道行く人の視線が怖くて、いつ発作を起こしてしまうかも怖くて。
 気が付くと教室のドアどころか玄関さえもお姉ちゃんの温もりなしで開けられなくなっていたのです。
 私は家から一歩も出られず、ただただ家で登校するお姉ちゃんの帰りを待つ身となりました。

 やがて私は誘惑に負けて、少しずつお姉ちゃんにいじわるをしてしまいます。
 わざと身体を冷やしては風邪をひいてみたり。
 眠ってる振りをしてお姉ちゃんに抱きついて離れなかったり。
 じゃれ合って甘えているだけだったつもりが、いつの間にかお姉ちゃんが学校に行くのを邪魔するのがくせになってしまいました。

唯「もう……ういー、お姉ちゃんはちゃんと家に戻るから。ね?」

 玄関で靴を履いたお姉ちゃんに「いってらっしゃい」を言おうとするたび言葉に詰まりました。
 そして自然と手を握っては引き留めてしまうのです。
 お姉ちゃんは笑顔で私の頭をなでて、キスをしてから学校に向かいます。

 最初から、気づいていました。
 私がお姉ちゃんを家に閉じこめようとしてしまっていることに。
 けれどもいない間に心が変わってしまうことが怖くて、不安で、どうしようもなかったんです。

 ――お姉ちゃんを苦しめている私なんか、水に浮かぶ気泡のように弾けて消えてしまえばいいのに。

 心の底に焼き付いた自分を傷つける言葉は、一人でいると頭の中で反響して……どうしようもなくなります。
 こっそりと包丁の先で指をつついて怪我をしてみるようになったのは、年末ごろからでした。


501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/13(水) 08:21:49.47 ID:A61Gh9L10 [4/24]
寝ずに書こうとしたのが逆効果だと三日目にして気づいた
さすがにもう書ける
ほんとすまん

502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 08:22:40.55 ID:A61Gh9L10 [5/24]

 ことの起こりから言えば、はじめ私はお姉ちゃんを心配させたかったのかも知れません。
 けれども次第に、私の行為は自分への罰へと変わっていきました。

 いくらお姉ちゃんを困らせたって、お姉ちゃんは私のことを受け止めてくれます。受け止めてしまいます。
 やさしすぎて、よけいに失うのが怖くなりました。
 いつか私がお姉ちゃんを求めすぎて、ついに見捨てられるんじゃないかと不安でたまらなかったです。

 人の気持ちも考えず、わがままを言う悪い子は罰を受けなければいけません。
 私は自分の身を傷つけたときのぴりりとした痛みと、皮膚に浮かぶ赤い血を感じることを勝手に自分への罰にしました。

 でも、どんなに自分を罰してみたところで罪が消えるわけではない。
 結局自分を傷つけることで自分の行いを勝手に正当化してるだけなんじゃないか。
 ……最初から、そんなことは気づいていました。

 今年の三月のことです。
 私はお姉ちゃんをこれ以上苦しめないために、最高で最悪なやり方を選んでしまいました。


504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 08:42:14.24 ID:A61Gh9L10 [6/24]

 学年末テスト最終日の夕方、私はリビングでテレビをつけたまま掃除をしていました。
 番組を見るためというよりも人の声をそばで流しておくためでした。
 静かな場所は落ち着くけれど、あまりにそれが続くと自分がひとりぼっちなことをよけい思い知ってしまうからです。

 濡れた雑巾をバケツの上でしぼっていたら、夕方のニュース番組で引きこもりの特集が始まりました。
 そこに映った引きこもりの男性は、中学受験に失敗して不登校となり、十年近く社会復帰できないでいるそうです。
 彼は自分の家族に対して暴力をふるい、意のままにならないたびに部屋のものを壊したりと暴れます。
 家族はそんな男性を疎んじ、腫れ物に触るような態度でしか関わることができなくなっていました。

 彼のお姉さんは、音声を変えて目線を隠した状態で言いました。

 『私の人生は、あいつの世話のせいでめちゃくちゃにされたんです』

 機械でねじ曲げられた音声が、私の耳にはお姉ちゃんの心の叫びとして聞こえました。
 もう、お姉ちゃんに家に閉じ込めて世話をさせている自分に耐えられなくなりました。


 ――しばらくして、私はお姉ちゃんの叫び声で我に返りました。


505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 08:58:19.94 ID:A61Gh9L10 [7/24]

唯「……ばか! なにしてるのさぁ…なんで、なんでそんなこと、するのっ」

 お姉ちゃんの腕の感触に気づくと、左の手首は真っ赤に染まっていました。
 床の向こう側にお姉ちゃんが投げ飛ばしたらしい包丁が転がっています。
 放心状態でまだ感情の追いつかない私は自分がなぜ泣き叫ぶお姉ちゃんに抱きしめられているのか、よく分からなかったです。

憂「……ごめんなさい。私が引きこもってるから、お姉ちゃんは迷惑なんだよね」

唯「私は憂が死ぬ方がいやだよ?! ばかじゃないの! なんで……なんでそんなことも分からないのさっ」

 どこか冷めた状態の私とは対照的に、お姉ちゃんは涙と鼻水で顔をぐちゃぐちゃにして叫んでいました。
 お姉ちゃんの制服が汚れるからと身をよじっても、お姉ちゃんは私から離れようとしません。
 なので私の手首から流れ出た血がお姉ちゃんの制服をすっかり汚してしまいました。

 白い制服に広がった赤い染みが目に焼き付いて、ようやく自分がなにをしたのかを実感します。

 あ……そっか。
 私、死ぬこともできなかったんだ。
 またお姉ちゃんを心配させただけだったんだ。

506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 09:15:14.83 ID:A61Gh9L10 [8/24]

 お姉ちゃんに抱きしめられたまま、どれぐらいの時間が経ったでしょうか。
 テレビはいつの間にか消えていて、お姉ちゃんと私のすすり泣く音だけがリビングに反響していました。

唯「……ういはっ、ういはわるくないの…わるいのは、わたしなのっ」

 お姉ちゃんは私を抱きしめながら、受験で私を追いつめてしまったことを謝るのです。
 悪いのは全部私なのに。
 今もこうしてお姉ちゃんの身体を汚しているのは私なのに。

憂「おねえちゃん…わたし、もう、おねえちゃんにね、ひどいことしたくないよ……」

 答えを求めた言葉では、なかったです。
 ただそのときは頭の中はどうしようどうしようごめんなさいごめんなさいとそんな言葉であふれていただけでした。
 それなのに、私を抱きしめるお姉ちゃんはとっておきの嘘をついてくれたんです。

 憂、引きこもりは私の方なんだよ。
 憂が家にいるのは、家でごろごろしてる私のお世話をするためなんだからね――

唯「……だからねっ、ういはね、ぜんぜんわるくないんだよ……むしろいい子なんだよっ」

 ありがとう、憂。
 こんな、ダメなお姉ちゃんのお世話をしてくれて。
 そう言うとお姉ちゃんは私になにも言わせないように、くちびるを自分のでふさぎました。
 一瞬こばもうとしたお姉ちゃんの舌を……私は受け入れて、自分のそれを絡め合わせたのです。

 こうしてその日から、私たちは共犯関係となりました。


508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 09:37:43.65 ID:A61Gh9L10 [9/24]

 それからお姉ちゃんは不登校になりました。
 昼過ぎまで眠って、マンガを読んだりパソコンで遊んだりする毎日。
 私はそんなダメなお姉ちゃんのために、朝昼晩と晩ごはんを作ったりお姉ちゃんのお話相手になったりとがんばります。

唯「ういー、アイスー…」

憂「おはようお姉ちゃん、お昼ごはん食べてからね」

 私たちはみるみるうちにお互いの演技に騙されていきました。
 気づけば本当に自分たちが「引きこもりの姉と、世話をする妹」のように錯覚するほどでした。

唯「……ごめんね、お姉ちゃんが引きこもりなせいで、憂に迷惑かけちゃって」

 お姉ちゃんは自分の身を呈して、家から出られない私に「仕事」を作ってくれたのです。
 私たちはたがいになくてはならない存在となりました。
 ……もちろん、悪い方の意味ですけど。


510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 10:06:51.63 ID:A61Gh9L10 [10/24]

 同じ日の晩のうちに、私たちは身体の関係を持ちはじめました。
 お姉ちゃんが私を抱いてくれたのは、すぐ疑ってしまう私にはっきりと気持ちを伝えるためだった、いつだかそう言っていました。

 私が少しでも不安を感じないようにと、お姉ちゃんは私の髪の毛からつま先まで深く深く愛してくれました。
 身体の奥のやわらかいところに手を伸ばして、生乾きの私の手首ににじんだ血をなめながら言います。

唯「ずっと離れないからね。私は一生、憂のそばにいるからね」

 お互いの皮膚を溶かし合って、ピークに達した多幸感に意識が焼き切れるあの瞬間。
 ほんの数十秒、あの瞬間だけは私はお姉ちゃんと一つに繋がれた気がしたのです。

 満たされきってしばらくして気づくと、濡れた自分の指からはお姉ちゃんの匂いがしていました。
 お姉ちゃんはそんな私の指を、同じように水気の残る自分の指と絡め合わせます。
 絡まった太ももと、唇のなかをやわらかくなぞる感触は心の奥底の不安まで塗りつぶしてくれました。

 夜ごとに身体を求め合い、嘘の関係のなかで本当の気持ちを確かめ合う。
 私が欲していたのは、快楽というよりも実感だったのだと思うのです。

 生まれた時から仲良しだった私たちは夫婦となり、恋人となり、姉妹でもあり、そのどれでもなくなりました。
 現状がそのどれよりもすばらしい関係だということにして、二人そろって自分たちの依存心から目を背けたのです。


512 名前:やっぱ訂正して区切りいれとく(>>272)[sage] 投稿日:2010/10/13(水) 10:40:35.06 ID:A61Gh9L10 [11/24]
――――――

 三年ぐらい前の話になります。
 そのとき私は小学五年生で、たしか四月ぐらいだったでしょうか。

 その年、お姉ちゃんと和ちゃんが小六から塾に通い始めました。
 その塾は関東一帯にチェーン展開する大規模なものだったのですが、私たちは中学受験をするつもりなんてありませんでした。
 遊んでばかりだとよくないし、英語でも習ってみたらどうか。
 お母さんがお姉ちゃんを塾に入れたのはそんな軽い気持ちからだったようです。
 その頃からなんでもお姉ちゃんと一緒がよかった私は、後を追うように入塾しました。

 今にして思えば、たまたま運が良くて、他の生徒よりも少しだけ勉強をがんばっただけなんだと思います。
 けれども私は六月の五年生対象の塾内テストで、全塾生中で三位の成績を取ってしまったのです。

 和ちゃんは目を見開いて驚き、お姉ちゃんはうれしそうに抱きしめてくれました。
 お母さんやお父さんにも頭をなでられて、なんだかちょっとてれくさかったです。

 ――うい、よくがんばったね。

 そう言ってお姉ちゃんは冗談で、ほっぺたにキスをしてくれたのを今でも覚えています。


513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 10:41:26.07 ID:A61Gh9L10 [12/24]
――――――

 ちょうど半年前と同じ、制服姿のお姉ちゃんの腕の中で私はこれまでのことを思い返していました。
 呼吸もいつの間にか治まっていて、手足のふるえもなく思うようにお姉ちゃんを抱きしめていられます。

 私の太ももから体温が冷たい廊下へと少しずつ流れていることに、今になって気づきました。
 お姉ちゃんは……泣き疲れて、私を抱きしめながら眠ってしまったみたいです。

和「……大丈夫そうね」

純「みたいですね」

 和ちゃんと純ちゃんが腕の向こう側でほほえんでいるのを見つけて、少しほほえみ返しました。
 何かあったら連絡するのよ、和ちゃんはそう言うとカバンを持って純ちゃんと二人で家を出ました。
 ドアが閉まる直前、純ちゃんが振り向いて言います。

純「……待ってるからね」

憂「……うん。ありがとう」

 純ちゃんは少しだけ目を細めて、それからドアの向こうへと消えました。
 すき間から見えた向こう側はお天道様も照っていて、散歩するにはとても気持ちよさそうな天気でした。


514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 11:14:05.81 ID:A61Gh9L10 [13/24]

 なんだか長い夢から目覚めたような気がします。
 たぶん静かな海のように居心地のいい場所で、ハチミツみたいな甘い夢を見てきたのでしょう。
 そういえばお姉ちゃんはおととい、糖分も成長に必要だと言っていました。
 だったら……今まで見ていた夢も、私たちに必要なものだったように思えたのです。

 ふと、お姉ちゃんの腕時計を見ると午後二時を過ぎたところでした。
 私を抱きしめて、唇のはしっこから少しよだれをにじませて眠るお姉ちゃんは、いったいどんな夢を見ているのでしょうか。

憂「……お姉ちゃん起きて、もう昼過ぎだよ?」

唯「あれ…うい、起きてたの」

 私がそうささやくと、お姉ちゃんは眠りの海から目を覚ましたみたいです。
 ねぼけ眼のお姉ちゃんは、いつもと変わらないふわっとしたほほえみを浮かべていました。
 玄関の横の窓からは陽の光が射し込み、ドアの前をからりと照らしています。
 その温かみもいまは気持ちよくて、思わず一眠りしてしまいそうなところをこらえます。

515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 11:19:04.33 ID:A61Gh9L10 [14/24]

唯「そと……はれてるねぇ」

憂「そうだね、あったかくて気持ちよさそうだね」

 少しずつ目を覚ましつつあるお姉ちゃんに抱きしめられて、窓の向こうを見上げてみます。
 いつか見た海のように澄んだ青空の中、誰かが飛ばした白い風船が空を泳ぐように漂っていました。

 私は、お姉ちゃんに言います。

憂「晴れてるし……お散歩に、行ってみたいな」

 ようやく眠りから覚めたお姉ちゃんは、やがてまぶしいほどの笑顔でうなづいてくれました。

唯「そうだね……じゃあ、一緒にいこっか」

憂「うん。手をつないで、外へ出よう」

 お姉ちゃんの手は、やわらかくてあったかかったです。


518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 11:59:30.29 ID:A61Gh9L10 [15/24]

 私はシャワーを浴びて、服を着替えます。
 外出するのは本当に久しぶりなので、どうしてもどきどきします。
 それにやっぱり、まだちょっと怖いのです。
 半年ぶりの足を踏み入れる外の世界がどんな風なのか、想像もできなくて。

 だから髪を結った鏡の中の私もどこか不安げに見えました。
 けれども、鏡の向こう側に映ったお姉ちゃんが手を振った時――心のつかえが取れた気がしました。

唯「準備できた?」

憂「…うん」

唯「それじゃあ、いこっか」

 繋いだ手を離さずにお姉ちゃんがドアを開けて、私が歩き出すのを待っています。
 深呼吸を一つして……向こう側の世界へと、ゆっくり踏み越えました。
 おぼつかない足で少しずつ家を離れ、家の前の道路へと出ました。

憂「……あったかくて、きもちいいね」

唯「そうだね!」

 隣のお姉ちゃんは笑いました。
 そよ風の吹く暖かい道のりを、二人で歩く。
 絡ませた指に力を込めると、同じように握り返してくれる。
 たったそれだけのことが……とても尊いものに感じたんです。

 陽の光に照らされて半年振りに歩くこの街は、全てがきらきらと光って見えました。


520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 12:27:26.06 ID:A61Gh9L10 [16/24]

唯「どこ行こっか?」

憂「うーん…」

唯「じゃあさ、あっちいこうよ」

憂「うん!」


521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 12:28:27.02 ID:A61Gh9L10 [17/24]

 昼間のまばらな人通りの道を、手をつないで歩きます。

 肌を暖める陽の光。
 遠くで響く、鳥の鳴き声。
 うなじをなでて吹き抜ける風。
 一つにつながって伸びた二つの影。
 そのどれもが、家の中から水槽のような窓を通して見た時には味わえなかった新鮮な感触でした。

 私はただ、お姉ちゃんの進む方へ歩いてきます。
 言葉を交わさなくたって、どこへ向かってるかは分かりました。
 もしかしたら手の温もりが教えてくれたのかもしれません。

唯「ついたねえ」

 そこは、むかし私たちが一緒に遊んだあの公園でした。
 向こう側のベンチは、いつか見た夢のように砂金のような木漏れ日に照らされていました。


522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 12:40:08.68 ID:A61Gh9L10 [18/24]

 二人でそのベンチに腰掛けてみたら、ちょっと窮屈でした。
 小学生やその前は広く感じたので少し不思議な気分です。

唯「ベンチが小さくなっちゃったのかな…」

 お姉ちゃんはくすくす笑って言うので、私もつられてしまいます。

憂「私たちが、おっきくなったんだよ。お姉ちゃん」

 言葉に出してみると、幼稚園の頃の私たちがふっと浮かんで……なんだかとても遠くまで歩いてきたような気がしました。

 握ったままの手を私の太ももの上に乗せて、お姉ちゃんの肩に頭をあずけてみます。
 こうして狭いのも、くっつけるからうれしいかな。


524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 12:49:23.04 ID:A61Gh9L10 [19/24]

 木漏れ日が足下できらきらと揺れるなかで、私たちは寄り添って過ごしました。

 お姉ちゃんは今朝、私の復学に必要な手続きを調べに学校に行っていたそうです。
 話によると、一年近く休んでいても心療内科の診断書があればなんとか取りはからってくれるみたいです。

唯「落ち着いたら、さ」

憂「うん」

唯「学校、いこっか」

憂「……そうだね」

 学校に行って、中学生をやり直す。
 それは私たちが、姉妹をやり直すという意味でもありました。


525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 12:57:18.87 ID:A61Gh9L10 [20/24]

唯「ねぇ」

憂「なあに?」

唯「…すきだよ」

憂「うん…わたしも」


唯「…やっぱ、ういのこと、すきじゃない」

憂「………」

唯「……あいしてる」

憂「うん……わたしも、おねえちゃん」


526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:15:47.33 ID:A61Gh9L10 [21/24]

 隣にいるお姉ちゃんの顔を見上げると、うっすらと涙を浮かべていました。
 かすかに震えるお姉ちゃんの手を、私も強く握ります。
 私もまぶたが熱くなって、視界がうるんでいくのを感じました。

唯「……うい、わたし…離れたくないよ…」

憂「おねえちゃん…わたしも」

唯「でもね、私たち……おとなにならなきゃ。でなきゃ、愛せないよ」

 依存じゃなくて、愛にするためには、お互いが自立しなくちゃいけない。
 お姉ちゃんは、チャットでそういわれたと涙ながらに教えてくれました。

 いつも私のことを真っ先に守ってくれたお姉ちゃんが、そのときはとても小さく見えたのです。
 私は立ち上がって、そんなお姉ちゃんに覆いかぶさるように抱きしめました。


527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:16:37.51 ID:A61Gh9L10 [22/24]

唯「うい、あったかいね…」

憂「おねえちゃんだって、あったかいよ」

 涙声のお姉ちゃんが真っ赤になった目で私を見つめます。
 大きな瞳の中には、同じような顔の私が小さく映っていました。

唯「ねぇ……うい、やくそく。してくれる…?」

憂「……いいよ、おねえちゃん」

 ――いつか、ほんとの恋人になろうね。

 私は大きくうなづいて、愛する人に最後のキスをしました。
 その味もまた……涙で、ちょっとしょっぱかったです。


529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:20:28.50 ID:A61Gh9L10 [23/24]

  ◆  ◆  ◆

梓「……やっぱ、付き合ってたんだ」

憂「えへへ。ばれてた?」

梓「ばれてるっていうか、隠す気なかったじゃん」

憂「そ、そうかな…」


梓「それでさ。明日からなんだよね」

憂「……うん」

梓「唯先輩が、東京で一人暮らしはじめるのって」

600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 01:55:19.13 ID:a+ZMruKl0 [2/32]

憂「うん。荷物はおととい送っちゃったけどね」

 梓ちゃんの顔がどこか不安げに見えたので、思わず話をそらします。

 事実、お姉ちゃんの部屋はもうからっぽでした。
 本や勉強机、教科書、布団……さまざまなものがまだ置かれているのに、お姉ちゃんの匂いを感じないのです。

 あまりに掃除が行き届いた部屋は、ホテルのように生活感がなくなると聞いたことがあります。
 それはたとえば、きれいすぎる水槽では魚は生きていけないことと似ているのでしょうか。

 数日前まで部屋を埋め尽くしていたダンボール箱がいなくなった今では、部屋に入ってもお姉ちゃんの存在を感じないのです。
 私は今朝、ただの部屋を掃除しているのがつらくなって昼過ぎに梓ちゃんを呼びました。

 そして……お姉ちゃんとのことを、梓ちゃんに話したのです。


602 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 02:12:51.29 ID:a+ZMruKl0 [3/32]

 三年前のあの日。
 お散歩から帰ってきた私たちは、半年ぶりに心療内科への予約を入れました。
 自分の名前の入った診察券を使わなくなったお財布の奥から取り出して、初めてお姉ちゃんと病院に行った日を思い出したりします。

 お姉ちゃんはしばらくチャットをしてからリビングに戻ってたので、一緒に晩ごはんを食べました。
 相変わらずお姉ちゃんは好きなものを口にほおばりすぎてむせるので、なんにも変わってないんだって安心できました。

 それからテーブルを挟んで私たちは少しお話をします。
 距離間について、でした。

 キスはダメ。
 それ以上はもってのほか。
 したら嫌いになる……そう誓いました。

 本当は嫌いになれっこないのだって分かっています。
 ただ、一度そういう振りをするのが大事なことも、互いに分かっていました。

 それを全部分かった上で、私はお姉ちゃんに頼みます。

憂「でも……お姉ちゃんと、手はつなぎたいな。それだけで、それぐらいでいいから」

唯「……そうだね。じゃあどっか行きたいなら、連れてってあげるよ!」

 テーブルから恐る恐る伸ばした手を、お姉ちゃんが両手で握ってくれた時。
 私は、もう一度がんばってみようって思えたんです。


603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 02:25:07.77 ID:a+ZMruKl0 [4/32]

 お母さんやお父さんと、少しずつ話ができるようになったのもそのころからです。

 お父さんは相変わらず忙しく、お母さんも付き添っているので今でもあまり話す暇はありません。
 でもお散歩した日の後で書いた手紙に、お母さんから返事が来ました。

 小さい頃から仕事の都合でとみおばあちゃんにたびたび預けられていた私たちは、お母さんよりもおばあちゃんになついていたそうです。
 それが腹立たしくて、自分から私たちを遠ざけるような育て方をしてしまった……手紙には、謝罪の言葉とともにそう書いてありました。

唯『……自分勝手だね』

憂『うん…』

唯『でも……お母さんには、感謝してるんだ』

憂『どうして?』

 だって、憂を産んでくれたんだもん。
 そう言ってお姉ちゃんは手をぎゅっとにぎってくれました。


605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 02:49:09.66 ID:a+ZMruKl0 [5/32]

 私たちは話し合って、少しずつ両親のことを許していこうと決めました。

 親の居ない子供は無理やり大人になろうとするから、かえって途中で子どもに戻ってしまう。
 子どもでいなきゃいけないころに大人の役割を演じだしてしまうと、いずれ子供に逆戻りしてしまう。
 お姉ちゃんのチャット相手の人はそんな話を聞かせてくれたみたいです。

唯『おおきくなったら、ういのおよめさんになるんだ…!』

憂『だめだよお姉ちゃん、そしたら、私がお姉ちゃんのお嫁さんになれないもん……』

唯『……なんか、幼稚園のころもそんな風にいってたよね』

憂『そ……そうかなあ?』

 ういってこどもみたいだね。
 そう言ったお姉ちゃんも、やっぱりこどもみたいにはにかみました。


606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 02:50:13.75 ID:a+ZMruKl0 [6/32]

 クリスマス近くになって、お母さんだけが帰国しました。
 お父さんは忙しいと聞きましたが……本当は、私たちに会うのが怖いのだと聞きました。

 私たちは、自分たちの関係をそれとなく伝えました。
 否定されるかと思ったら……二人そろって抱きしめられました。

 ――こんなになるまで、逃げてしまってごめんね。

 お姉ちゃんとはどこか違った、私を包み込むように抱きしめる感触。
 変わった感覚にとまどうけれど……いつかはお母さんにも慣れて甘えられるような、そんな気がしました。

 お姉ちゃんの提案で、私たちは仕事でがんばるお父さんのために手紙を書きました。
 それからお父さんとは、エアメールのやりとりをするようになりました。
 私たちは少しずつだけど、家族へと戻っていったのです。

609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 03:27:11.86 ID:a+ZMruKl0 [7/32]

梓「……なんか、憂たちは大人だなー」

 話を聞いていた梓ちゃんが、ぽつりとつぶやきました。

憂「えっ……そんなこと、ないと思うけど」

梓「共働きっていえばさ、うちもそんな感じだったじゃん」

 梓ちゃんのご両親はプロのギター奏者で、公演でたびたび渡米しているそうです。
 だから梓ちゃんの家も、家に子どもの梓ちゃん一人になることが多かったそうです。
 私は軽音部を通して梓ちゃんと仲良くなって間もないころ、鍵っ子仲間だと分かって距離が近づいたのを思い出しました。

梓「授業参観に来てくれないとか、そんなぐらいだったけどさ。やっぱ、親を許そうって気にはなれなかったよ」

 別に恨んでたりとかしてないけど……距離とかあるんだよね。
 梓ちゃんはそうつぶやくと、うつむいてさみしそうに笑います。

梓「唯先輩がお姉ちゃんだったら、そういう意味で惚れてちゃってたかもしれないなぁ……」

憂「……私は、お姉ちゃんじゃなくても惚れてた気がするよ」

 思わず口にしてしまったら、心の奥にしまっておいた不安のかけらがみるみる大きくなるのを感じました。
 ……お姉ちゃんの一人暮らし、応援するって、決めたのに。


612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 04:10:27.88 ID:a+ZMruKl0 [8/32]

梓「ところで、さ」

憂「なあに?」

梓「唯先輩って、なんで一人暮らしすることにしたの?」

 そういえばこの質問は軽音部のみなさんにも聞かれました。
 律さんはふざけて「あんなけなげなお姉ちゃんっ子を捨ててどこに行く気だ!」とお姉ちゃんをいじめてたぐらいです。
 そんなことを聞いたらその場に居合わせた私の方が恥ずかしくて、顔から火が出そうでした。

 お姉ちゃんはその時「自立します! 妹に頼ってごろごろする私はもうやめたのです!」と高らかに宣言します。
 その場はどっと沸いて、みなさんもお姉ちゃんと一緒に笑っていたのですが……私は、それほど楽観的にはなれずにいました。

憂「……自立するためって、言ってたよ」

梓「それは聞いたよ。でも、それよりなんかあるんじゃないかなって」

 梓ちゃんは、私の瞳の奥を射抜くような眼差しでじっと見つめます。

憂「……うん。私と、離れて暮らしたいって」


618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 07:10:26.43 ID:a+ZMruKl0 [9/32]

 卒業式の二、三日前のことでした。
 お風呂から上がって眠る間際、私はお姉ちゃんから一人暮らしすることを聞きました。
 急な話なのでとにかくびっくりしてしまって、思わず問いただすような形になってしまったのを覚えています。

唯「う、ういぃ…あのね憂。そういうわけじゃ、なくてね」

 お姉ちゃんは私を落ち着かせるように、なだめるように語りかけます。

憂「うん」

唯「ほら、憂と私ってさ、ずっと一緒に暮らしてきたじゃん」

憂「……うん。生まれたときから、ずっとだよね」

唯「だから、その……一度、離れて、私が憂と一緒にいていいってことを、ちゃんと確かめたいっていうか…」


619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 07:21:09.82 ID:a+ZMruKl0 [10/32]

 お姉ちゃんはうまく言葉を選べずにいましたが、その意味ははっきりと私に届きました。
 あの日、公園で交わした言葉が優しい波の音のように耳の奥で響いた気がしました。

憂「私のために……大人になってくれるんだよね」

唯「うん、憂のためだもん……憂も、大人になる前に、ちゃんと大人になるんだよ?」

 お風呂上りのまま髪どめを外したお姉ちゃんが、少し震えた声で私に言いました。
 なんだかお姉ちゃんが私を置いて一歩先に大人になってしまったように見えて――思わず手を伸ばそうとしてしまいます。
 あれ以来、お姉ちゃんに触れることが少し怖くなってしまった私はすぐ手を引っ込めようとしました。

憂「……あ」

唯「えへへ。ぎゅ」

 気づくと私はお姉ちゃんの腕の中で、いつかのように頭をなでられていました。


621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 07:49:49.26 ID:a+ZMruKl0 [11/32]

唯「……よしよし。いいこいいこ」

 お姉ちゃんは私の身体を抱きしめると、私の頭をやさしくなでてくれました。
 髪の毛をなでられていると、心の奥につかえたものが甘いドロップのように溶けていくようで気持ちよかったです。
 三年以上前から、私は自分で作った壁に閉じ込められそうになるたびにお姉ちゃんはいつでも助けに来てくれました。

 でも、そんなお姉ちゃんが……あと数週間もしないうちに、離れて行ってしまう。

憂「――おねえちゃん…やだよぉ、さみしいよおっ…」

 心の壁がお姉ちゃんの体温で溶けるころ、私の涙もあふれ出してしまいました。


623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 07:52:07.72 ID:a+ZMruKl0 [12/32]

唯「うい…だいじょうぶ、だいじょうぶ」

 するとお姉ちゃんは抱きしめた耳元で、またささやいてくれました。
 だいじょうぶ、だいじょうぶ。ういはいいこ、いいこいいこ。
 そんなささやくリズムに合わせて私の心は温かいもので満たされて、落ち着いていきました。

 飴玉のようにころころと甘く鳴る声は、お姉ちゃんだけが使える魔法です。
 お姉ちゃんの歌声が人の心に届くのは当然なのです。


憂「ねぇ、お姉ちゃん、約束……おぼえてる?」

唯「うん! ……忘れたりなんか、しないよ」

 公園のことを思い出して、ちょっと聞いてみました。
 でもすぐに「約束」という言葉ひとつで伝わったことが、私を心から安心させてくれました。

憂「……がんばってね。がんばる、から」

唯「うん。……ずっと、いっしょだからね」

 この手や身体は離れていても、心は繋がっていられる。
 そんな、なんだか小説に出てきそうな言葉でさえも……お姉ちゃんは信じさせてくれたのです。


629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 08:54:38.75 ID:a+ZMruKl0 [13/32]

憂「――でもね、梓ちゃん」

 二人きりでは広いリビングで、梓ちゃんは私の話をずっと聞いてくれました。
 お昼過ぎにうちに来て、気づけばもう四時を過ぎていました。
 お姉ちゃんとのことをずっと話し込んでしまって、もう四日ぐらい経ってしまったような気もします。

梓「うん」

憂「私、やっぱ……お姉ちゃんいなくなるの、こわい、かも」

梓「それは…しかたないよ」

 お姉ちゃんと一緒にいるときは、上京のことなんて遠い先のように思えていました。
 けれども荷物の整理が始まって、少しずつ家の中からお姉ちゃんのかけらが消えていくにつれて……たまらなくなりました。
 明日が来るのが、怖いんです。
 広すぎるリビングに、ひとり取り残されるのを想像するだけで。

梓「……でもさ。憂は、大丈夫だよ」

633 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 09:50:27.89 ID:a+ZMruKl0 [14/32]

憂「そう、かな…?」

梓「てかさ、知ってる? 唯先輩って、一緒に練習してても憂の話ばっかしてるの」

憂「そ、そんなになの?」

梓「平沢姉妹は互いののろけ話しかしてこない、って純もあきれてたよ…」

 私といるときは梓ちゃんの話が多かったので、ちょっと意外でした。
 高校一年のころ、梓ちゃんと仲良くなる前に勝手にやきもち焼いてしまった私がばかみたいです……。

梓「お互いがいない時でも、ずっとお互いのこと考えてるんだよ。大丈夫じゃないわけないじゃん」

憂「そうだったら……うれしいな」

 知らないところでお姉ちゃんが私の話をしているのは……見てみたいような、恥ずかしいような気もします。
 ――大学入っても、唯先輩はあんな感じなんだろうね。
 ちょっとあきれた笑いとともに梓ちゃんがつぶやきました。
 だけど実感の伴ったその言葉は、大学生になるお姉ちゃんとの未来から不安を取り除いてくれたみたいです。

梓「それに……」

憂「それに?」

梓「あっうんなんでもない。ってかもう夕方だし、唯先輩そろそろ帰ってくるんじゃない?」

 梓ちゃんははっとしたように顔をあげたかと思うと、ごまかすように笑って話をそらします。
 とっさに何かを隠したみたいですが、不思議とわるい予感はしませんでした。

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 10:33:14.76 ID:a+ZMruKl0 [15/32]

 しばらくして、梓ちゃんと入れ替わりにお姉ちゃんが帰ってきました。

唯「あずにゃん、うちの憂を頼んだよっ」

梓「嫁に出すみたいなこと言わないでください…」

憂「えへへ、じゃあ梓ちゃんこれからもよろしくね?」

唯「えっ…! あずにゃんあずにゃん、妹にうわきされたよぉ!」

憂「そんなことないよ、私はお姉ちゃんのものだもん!」

梓「ねぇ私帰っていいよね、憂…」

 お姉ちゃんが帰ってきたとたん、窓の外からやわらかな光が射し込むように部屋があったかくなったようです。
 帰りたいとぐちをこぼす梓ちゃんも、そんな私たちのことをほほえみ混じりに見守っていました。


640 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 10:49:49.86 ID:a+ZMruKl0 [16/32]

梓「じゃあ……唯先輩、お元気で」

唯「って言っても、来週の日曜にはスタジオ入りだけどねぇ」

 桜高軽音部を引退したお姉ちゃんたちですが、放課後ティータイムはそれとは別に継続していくみたいです。
 私も梓ちゃんの軽音部に入るために紬さんにキーボードを習い始めたので、いつかお姉ちゃんと演奏するかもしれません。

唯「憂もがんばってね、今年の演芸大会はゆいういで出場するから!」

 お姉ちゃんは私の両肩に手を置いて、なにやら気合いを入れてくれます。
 そんな姿を見ていた梓ちゃんは少しほほえみながら、楽しみにしてるね、と言ってくれました。

 梓ちゃんが帰った後、私はお姉ちゃんと一緒に晩ごはんを作りました。
 お姉ちゃんはしばらく前から私に料理を習いはじめました。
 こうして毎日一緒に作るのも、最後だと思うとちょっとこみ上げてくるものがあります。

唯「うい、どしたの?」

憂「……たまねぎ、切ってただけだよ」

唯「そっかぁ。じゃあ、代わりに切ったげるよ」

 お姉ちゃんが手を差し伸べてくれましたが、遠慮しておきました。
 なんとなく、私にできることは私がやらなきゃいけない気がしたんです。


641 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 11:02:44.76 ID:a+ZMruKl0 [17/32]

 二人で食べる、最後の晩ごはんを食べ終わった後、お姉ちゃんは言いました。

唯「今日はさ。久しぶりに、お風呂はいろっか」

 一瞬悩んだ私の手を、お姉ちゃんが強く引っ張ります。

憂「うん……じゃあ、身体洗いっこしたいな」

唯「そうだね! ひさしぶりだからねぇ」

 お互いに「最後」という言葉を避けながら話しているみたいです。

 私は着替えを持って、お姉ちゃんの待つ浴室へと向かいます。
 曇りガラスの向こう側にぼやけて揺れるお姉ちゃんの肌が見えました。
 なにやら歌声が聞こえます。あのメロディーはたしか――

唯「あ。ういー! はやくはやく、私から洗うからねっ」


644 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 11:21:50.99 ID:a+ZMruKl0 [18/32]

 私たちは久しぶりに、互いの身体を洗い合いました。
 あの日から成長して身体の形も変わったような気がしましたが、やっぱりお姉ちゃんはお姉ちゃんです。

唯「なんかういのおっぱい見てると負けた気がしてくる…」

 本当に残念そうにぼやくのですが、私はお姉ちゃんの身体の方がきれいでうらやましいです。
 お姉ちゃんのすべすべした肌を、かつてお姉ちゃんがやってくれたみたいに丁寧に洗いました。
 明日は、きれいな格好で出発してほしかったのです。

唯「うい、ありがと。とってもきもちよかったよ!」

 一緒に入ったお風呂の中で、久しぶりにちょっと抱きついてみたりして。
 お風呂の蒸気の中で、こんな温かさが当たり前に続くような……そんな感覚にさえとらわれました。

 窓の外からはどこか遠くで、虫の音が聞こえていました。
 私はお風呂の中でお姉ちゃんに抱きしめられながら、ぼんやりとその歌声を聴いていました。
 あと数時間で日付が変わるときのことでした。


646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 11:46:59.60 ID:a+ZMruKl0 [19/32]

 お風呂から上がったあと、繋いだ手を離さないように気をつけて私の部屋に向かいました。
 今夜ぐらいは一緒の布団で寝ることになったのです。

 半日前までは、お姉ちゃんにふれることすら怖かったです。
 やわらかい感触を思い出してしまったら、昔みたいに引き止めてしまいそうな気がして。
 でも、きょう梓ちゃんといろいろ話せたからなのか、先の不安も前よりは薄れました。
 だから今日は、お姉ちゃんにいっぱい甘えることができたのです。

 暗い布団の中で手をにぎりあって、お姉ちゃんとお話します。

憂「ねぇ」

唯「……なあに? うい」


憂「……すき、だよ。」


648 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 11:56:15.13 ID:a+ZMruKl0 [20/32]

唯「………うん」

憂「すき、じゃないけどね。……おねえちゃんのこと」

唯「……えへへ。おぼえてるんだね」

憂「忘れられるわけ、ないよ。おねえちゃん」

 お姉ちゃんは私をぎゅっと抱きしめると、つづきをいって、とささやきました。

 私は、散歩の日に交わした言葉を……声に出してお姉ちゃんに返しました。


唯「うん……わたしもだよ。うい」

 お姉ちゃんはふわっとほほえんで、かわんないね、と言います。
 その言葉でなんだかとても落ち着いた気がしたので、ありがとう、と伝えました。

 あの日ベンチで交わしたその後のやりとりも、はっきりと覚えています。
 けれども分かりきった台本をなぞるのはやめて、お姉ちゃんを抱きしめたまま眠ることにしました。

 うすらぼやけた意識の狭間で、眠りの海のさざなみを感じるころ。
 くちびるが熱いもので満たされた気がしました。
 夢うつつの私は手をぎゅっとにぎりかえして、深い眠りについたのです。


657 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 13:14:50.95 ID:a+ZMruKl0 [21/32]

 朝、私はお姉ちゃんの腕の中で目を覚ましました。
 手が繋いだままになっていたのがうれしかったです。

憂「お姉ちゃん……朝だよ、おきて」

唯「ん……うい、おはよう」

 今朝も今までみたいにお姉ちゃんを起こして、一緒に朝ごはんを食べました。
 私の作ったハムエッグに、お姉ちゃんはおいしいと言ってくれます。
 いつも通りの朝、変わらない会話。
 それは私に、お姉ちゃんと二人で一緒に暮らす日々が、ずっと続くんじゃないかって錯覚を起こしました。
 もう、電車の時間は近づいているのに。


憂「じゃあ……そろそろ行こっか」

唯「あ、憂。その前に、ちょっと聴いてほしい曲があるのですが……」

 ふいにお姉ちゃんがそんなことを言ってはにかんだのです。


658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 13:18:44.90 ID:a+ZMruKl0 [22/32]

 私はわけも分からずお姉ちゃんの部屋に手を引かれます。
 すると、昨日までなかったはずのアンプとお姉ちゃんのギターがそこにありました。

憂「どうしたの……?」

唯「えへへ、実はあずにゃんにこっそり持ってきてもらったんだぁ」

 昨日の梓ちゃんの不自然な様子と、今のお姉ちゃんとがつながります。
 そっか……こういうことだったんだ。

唯「あずにゃんと練習したからね! 憂だけのための、アコースティックバージョンなんだよっ」

 鼻息荒く、お姉ちゃんは気合を入れます。
 けどアンプにつないでる時点で、アコースティックじゃないんじゃないかな……。

 お姉ちゃんは慣れた手つきでギターをチューニングしなおすと、アンプのスイッチを入れました。
 そうしてベッドに腰掛けた私の前に立ち、ギターを構えます。
 ……お姉ちゃんの大きな瞳が、やさしく細められました。

唯「じゃあ最後に一曲だけ聴いてください。 ――U&I、ソロバージョン!」

 そうして世界で一曲だけの、お姉ちゃんが私だけに向けた歌が始まりました。


659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 13:33:14.86 ID:a+ZMruKl0 [23/32]

 U&Iは、私が世界で一番好きな曲です。

 お姉ちゃんが部活で遅くなる間、カセットテープに録ったのを何度も何度も聞き返したり。
 晩ごはんを作っている時に、思わず口ずさんでしまったり。
 そういえば、鼻歌で歌っていたらお姉ちゃんがハミングしてくれたこともありました。

 メロディ、息遣い、楽器の演奏、お姉ちゃんの歌声……そのどれもが、私の中でずっと鳴り止まずに残っているものです。
 お姉ちゃんは、歌いながら少し涙ぐんでいました。
 私もときどき目頭をこすりながら、お姉ちゃんの歌う姿を目に焼き付けようとしました。


 ――ありったけの 「ありがとう」

   歌に乗せて 届けたい

   この気持ちは ずっとずっと 忘れないよ

 演奏が終わってギターが置かれ、アンプの音がぷつんと切れたとき。
 私はお姉ちゃんを抱きしめました。

 ……届いたよ、お姉ちゃんの歌。


660 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 13:45:04.62 ID:a+ZMruKl0 [24/32]

 そろそろお姉ちゃんが出発する時間です。
 私は駅まで、お姉ちゃんを見送ることにしました。

 ここから東京まではおよそ一時間ぐらいで、それほど離れた距離ではありません。
 手を伸ばせば、届く。会いたくなったら、会いにいける。
 それはこれからのお姉ちゃんと私のためにちょうどいい距離なのだと思います。

 玄関先で靴を履くと、お姉ちゃんはドアを開けました。
 ドアのすき間からはやわらかな陽の光が差し込んで、向こう側の世界が色鮮やかに映ります。

唯「じゃあ、行こっか」

憂「うん」

 私はお姉ちゃんと手をつないで、外へ出ました。
 やわらかくてあったかい手を、ぎゅっと握り締めて。


662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 14:18:56.90 ID:a+ZMruKl0 [25/32]

 お姉ちゃんと二人で、家の前の道を並んで歩きます。
 駅への道のりも途中までは通学路と一緒なので、歩いているといろいろなことを思い出します。

 家を出て少し歩くと、住宅街を抜けて広い道に出ます。
 途中で和ちゃんやとみおばあちゃんと小さい頃から一緒に遊んだあの公園が見えました。
 錆び付いたブランコが風に揺れて、細くきいきいと鳴いています。

唯「かわらないねぇ」

憂「そうだね」

 しばらく駅に向かって歩くと、家の近くの川が見えてきました。

 橋を渡っていると、欄干の下で川面に陽の光が天の川のように光っていました。
 そういえば塾の帰り道に、いつもこの橋を純ちゃんとお姉ちゃんと三人で渡って帰っていました。
 ここから見る夜空はとてもきれいで、二人の間で両手を握られて見たのを思い出します。

唯「ねぇ、うい」

憂「なあに?」

唯「……卒業したら、うちに来てほしい、かも」

 お姉ちゃんは、手をきゅっと強く握りしめます。
 車が一台、私たちの後ろ側から走り抜け、追い越していきます。
 声に出そうとした言葉はその走行音にかき消され……そのままでした。


663 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 14:42:42.98 ID:a+ZMruKl0 [26/32]

 駅に着きました。
 私はパスモで改札を抜けようとしたのですが、チャージ金額が足りなくて引っかかってしまいます。
 しょうがないので券売機でチャージしなおして、無事に改札を通りました。
 向こう側ではギターを背負ったお姉ちゃんがもう待っていて、私は慌てて追いつきます。

 上り電車のホームに着くと、人はまばらでした。
 平日の十時過ぎだと利用客も少ないみたいです。

唯「……ねえ、」

 お姉ちゃんが何かを言おうとした時、構内放送が流れました。

 『まもなく二番線に電車がまいります』

憂「お姉ちゃん……」

 電車の近づく音が少しずつ大きくなってきました。
 あの電車が来たら、お姉ちゃんともう離れ離れになる。
 そう考えるだけで息が詰まって……伝えたかったことも、言葉にならなくなってしまいます。


665 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 14:50:14.21 ID:a+ZMruKl0 [27/32]

唯「うい……しっかりだよ」

憂「………うん」

唯「お姉ちゃんも、がんばるから」


憂「……じゃあ、待ってて」

唯「んー?」


 私は、振り向いたお姉ちゃんを抱きしめました。


667 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 15:41:22.98 ID:a+ZMruKl0 [28/32]

 ホームの白線から足を踏み出して、車内に足を一歩踏み入れたお姉ちゃんを抱きしめます。
 発車のベルが鳴り響くまでの数分間、お姉ちゃんは私に身体を預けてくれました。
 みるみるうちに涙があふれてきて、私はお姉ちゃんの服を汚してしまいました。

憂「あのねっ…おねえちゃん、わたし……」

唯「……だいじょうぶだよ、うい。だいじょうぶだからね」

 いままでと同じように、お姉ちゃんは頭をなでて大丈夫と言ってくれます。

憂「わたし…ほんとの、ほんとの恋人になるっ、からぁ……」

唯「……そうだね、大人にならなくちゃ、だよね。やくそく、だもんっ」

 いつしかお姉ちゃんも涙声になっていました。
 時間が止まってほしい――そう思った瞬間、発射のベルが辺りに響きはじめました。


668 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 15:43:39.55 ID:a+ZMruKl0 [29/32]

 お姉ちゃんは私の腕をそっとはずして、ふるえる私の手を両手でにぎりしめました。

唯「……うい、まってるからね?」

憂「うん、おねえちゃん、ぜったい…おねえちゃんのとこ、いくから…!」

 ベルが鳴り終わる寸前に、お姉ちゃんは私の顔を引き寄せて、口づけをしました。

 唇から愛する人の熱が伝わった、ほんの数秒後。
 私はホームの側にそっと押し戻され、ドアが閉まりました。
 泣き顔のお姉ちゃんを乗せた電車は動きだし、次第に遠く小さくなって、やがて見えなくなったのでした。


672 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 15:55:43.68 ID:a+ZMruKl0 [30/32]

 取り残された私は、顔をぐしゃぐしゃにした涙を拭う気力も出ないままふらふらと階段を上ります。

 いまもひくひくと少ししゃくりあげながら、改札へと戻りました。

 改札を抜けようとしたとき、お財布を落としてしまいました。
 中のものが散らばって、慌ててかき集めます。
 そんな中……懐かしいものがそこにありました。

  『ゆい&うい』

      『ずっといっしょだよ!』

 六年前にお姉ちゃんと一緒に映った、プリクラ写真です。
 中学一年生のお姉ちゃんはその頃の私を抱きしめて、キスをせがんでいました。


673 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 16:06:30.64 ID:a+ZMruKl0 [31/32]

憂「あは……お姉ちゃん、変わってないなあっ…」

 なんとなく……自分の手のひらをひろげて、プリクラの中の自分と眺めてみました。
 小学生の頃と違って大きくはなったけれど、右手首の骨がすこしずれているのは変わりません。

 唇から心の奥へと流れ込んだ、熱のようなもの。
 絡め合わせた指と、少しの汗に溶けあった手のひら。
 耳元のささやき声はあのメロディーと溶け合って、はっきりとお姉ちゃんの歌声となって頭の中を満たします。

憂「……変わっても、変わらないよね?」

 写真のお姉ちゃんに問いかけたら、そのままの笑顔でうなづいたように見えました。

 ――だいじょうぶ、だいじょうぶだよ。

 耳元でささやく声が、聞こえた気がしたのです。
 私はそのお守りをお財布の中にしまうと、ハンカチで顔を拭いて立ち上がりました。

 駅を出て見上げると、海のように澄んだ青空がロータリーの上空に広がっていました。
 お天道様も照っていて、なんだか散歩するのにちょうどいい天気です。


憂「……うん。がんばろっと」

 大きく伸びをした私は、頭の中のメロディーを口ずさみながら、また家に向かって歩きました。
 それは三月のよく晴れた水曜日のことでした。


おわり。

675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 16:09:08.55 ID:a+ZMruKl0 [32/32]
読んでくれた人ありがとう 保守してくれた人、本当にありがとう
前に唯梓書いたら唯憂のイチャチャするSSも作ってと言われたんでやってみたらなぜか重たい話に どうしてこうなった…
しかし長引かせて本当に申し訳なかった 今度はもっとちゃんとする
とりあえず次は憂と梓が唯を後押しするか、唯が憂のブログを読むか、憂が寄り道する話にする


↓以下、憂ちゃんが作ってくれそうな料理を紹介するスレ


コメント

No title

すばらしいSSだった

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。