FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「純ちゃん、モップ借りるね」純「えっ?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 21:21:34.40 ID:jW1G8trq0 [1/17]
ブチブヂブチィ

純「ぎいいぇぁあああ!!」

唯「おそうじ、おそうじ~」

純「な、なにずるのお゛お゛お」

唯「えー?ちゃんと借りるって言ったよ?」

純「びどすぎますよぉ!唯先輩ぃ!」

唯「いやぁ、このモップはよくホコリがとれるねぇ」

純「うぅっ、私の髪がホコリだらけになっていくぅ・・・!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 21:32:14.97 ID:jW1G8trq0
澪「よし、唯もちゃんと掃除してるな。あれ?純ちゃんなんでいるの?」

純「澪先輩!唯先輩ったらひどいんです!私の髪を・・・」

律「お~い、こっちは終わったぞー?って佐々木さんじゃん!なんでいるの?」

純「鈴木です。それより・・・」

梓「あれ?純、なんでいるの?」

純「あずさぁ!ちょっと聞いてよ!唯先輩ったらさぁ・・・」

紬「ふぅ、整理はだいたい終わったわぁ。あら、純ちゃん・・・だよね?なんでいるの?」

純「・・・」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 21:42:08.74 ID:jW1G8trq0
律「おっ!唯いいモップ使ってるじゃん!どこにあったの?」

唯「純ちゃんの頭の上だよ!ホコリがよくとれるんだー」

律「ずるいぞ唯!私も佐々木さんのモップも~らい!」

ブヂブヂブヂィ

純「あんぎゃぁあああああ!!」

律「大げさだなぁ。ちょっと借りるだけだってぇ。すぐ返すよ!」

梓「私もひとつ・・・あれ、もうない。」

澪「ところで純ちゃん、その500円ハゲどうしたんだ?それも二つも。」

紬「計1000円になりま~す♪」

純「ひぞいよぉ、ひぞすぎるよぉ・・・」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 21:55:11.33 ID:jW1G8trq0
唯「あれ?もう汚くなっちゃった。純ちゃん、返すね。」

純「私の、私の髪・・・」

澪「し、心配するなよ。洗えばまた使えるよ。」

純「うぅ・・・」ジャブジャブ

唯「だいぶキレイになってきたね!」

律「おいおい、排水溝を詰まらせないでくれよ?」

紬「でも洗えば何度でも使えるなんてすばらしいわね!」

澪「生活の知恵ってやつだな。」

唯「地球に優しいね!エコじゃん!」

純「うぅ・・・汚れおちてよぉ・・・」ジャバジャバ

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 22:01:24.79 ID:jW1G8trq0
梓「もうそろそろいいんじゃない?純、濡れモップ借りるね」ヒョイ

純「あ・・・」

ゴシャゴシャゴシャゴシ

梓「まぁ~どぉ~ににぃしぃびがぁ~あたるぅ~へやはぁ~♪」ゴシゴシ

澪「ご機嫌だな、梓。」

紬「まぁ!床がどんどんきれいになっていくわぁ!」

純「やべでぇえええええ!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 22:08:34.15 ID:jW1G8trq0
律「ふぅ、あらかた片付いたな。」

唯「ぴっかぴかだね~!」

澪「純ちゃん、モップが二つとも戻ってきてよかったな!」

純「・・・」ジャバジャバ

梓「純、そのモップ、もう十分キレイになったんじゃない?」

純「うぅ・・・」

紬「純ちゃん・・・泣いてる?ど、どうしたの?」オロオロ

純「が、がみが・・・もどに、もどらないんでずぅ・・・」シクシク

澪「なんだそんなことか」

律「アロンアルファなら持ってるぞー。」

唯「はい!私がつけます!」

梓「無理でしょう、唯先輩には。」

唯「ええ~!?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 22:25:34.93 ID:jW1G8trq0
紬「はぁ~い!私がつけたいで~す!」

澪「まぁムギなら・・・」

律「いいか?くれぐれも慎重にな!」

紬「らじゃー!」

ピュッグリングリン ビュビュッグリングリングリュンッ

純「ひよぇああああああああ」

梓「なんて荒っぽい・・・」

紬「なおったわぁ!」

純「うぅ・・・どうでしょう?」

澪「い、いいんじゃないか?なぁ?」

律「あ、あぁ、違和感ないと思うぞ、うん。」

紬「じゃあお茶にしましょうか。純ちゃんもどう?」

純「はい、いただきます・・・」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 22:35:19.35 ID:jW1G8trq0
唯「わぁ!和菓子ぃ!」

梓「きれいですね」

澪「なんだか食べるのがもったいないな。」

律「私このピンクのも~らい!」

唯「あ、ずるい!私も食べたかったのに!」

律「へへっ、早いもの勝ちだよ~ん」

澪「やれやれ、純ちゃんはどれが食べたい?」

純「あ、じゃあこの緑の・・・」

澪「これもかわいいよな!はい、どうぞ」

純「ありがとうございます」

澪「ふふっ、モップを貸してくれたお礼だ。」

純(おさげはブチ抜かれたけど、澪先輩とお話できて嬉しいな・・・)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 22:41:06.68 ID:jW1G8trq0
梓「嬉しそうな顔しちゃって。純はホントに澪先輩のことが好きだね。」

純「澪先輩は憧れのベーシストですから!」

澪「ありがとな、純ちゃん。」ナデナデ

純「えへへ。」

紬「みんな、今日はお抹茶よ~!」

唯「ええ~。苦いのやだよぉ~」

澪「たまにはいいんじゃないか?風情があるし。」

紬「ふふ、甘い和菓子にぴったりのお抹茶を用意してみたの~。」

純(ムギ先輩って上品でかわいらしい人だな・・・ちょっと憧れるかも)

紬「いけない、茶せんを持ってくるのを忘れちゃった!純ちゃん、ちょっと借りるわね?」

純「え?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 22:55:39.91 ID:jW1G8trq0
ビリィブヂブチブヂィ

純「しぎぇああああああ!!」

澪「あはは、茶せんにもなるなんて純ちゃんは便利だな。」

唯「一家に一台、純ちゃんだね!」

純「もっでいがれたぁ!!頭皮もっでいがれだぁっ!」

律「・・・どうでもいいけど、モップでお茶立てる気か?」

紬「あら?これはモップじゃなくて純ちゃんの髪の毛よ?」

律「そっか!なら安心だな!」

一同「あははははははは」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 23:09:23.66 ID:jW1G8trq0
シャカシャカシャカシャカ

紬「みなさん、お抹茶が入りましたよ~」

律「おおっ!どれどれ?」

梓「いただきます。」

紬「うふふ、粗茶ですが。純ちゃんも飲んでね?」

純「あ、ありがとうございまず・・・」シクシク

唯「にがいよりっちゃん・・・」

律「あはは、唯にはレディのたしなみはまだ早かったかな。・・・にがっ!」

梓「もう、二人とも作法がなってないです!こうして3回まわして・・・」

紬「うふふ、お抹茶の楽しみ方は人それぞれよ。」

澪「純ちゃん、おいしいか?」

純「・・・は、はい!」

こうして、純を交えた軽音楽部のお茶会はなごやかに終わりました。

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 23:10:08.65 ID:jW1G8trq0
その後、純のモップは全校生徒に愛用されるようになりました。

使っても、翌日にはキレイに洗って戻ってくるので重宝しています。

ダスキンならぬスズキンなんていう人もいるみたい。

梓「あ、習字用の筆忘れちゃった。純、ちょっと貸して?」

純「いやぁあああああ!!」

おしまい

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。