FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梓「純の髪ってモフモフしてて触り心地良いよね」

1 名前:一定間隔で投下する[全141レス] 投稿日:2010/10/13(水) 13:10:44.74 ID:KZdW7Dw9P [1/124]
純「いや……えっとさ」

唯「だよね~♪ わたしも触らせてもらったことあるけど気持ちよかったよぉ」

梓「なんていうか、触り始めたら止まらないって感じですよね」

唯「うんうん♪」

純「あの、そーじゃなくて」

紬「そんなにモフモフしてるの?」

律「確かに触りたくなる髪形ではあるな」

梓「ですです」

純「あー……え~っと……」

憂「モフモフしてる上に可愛いよね♪」

澪「確かに可愛いと思う……」

純「そ、そうですか!?」

梓「澪先輩に対しては相変わらずリアクション大きいね」

純「まぁね……っていうかさ、これは一体どういう状況なわけ?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:16:11.86 ID:KZdW7Dw9P
梓「わたしが純を部室に連れてきた」

憂「お願いされたのは私だけど」

唯「もう一回純ちゃんの髪をモフモフしたくて!」

律「梓が純ちゃんを連れてくるって言うから」

澪「私は律が来いって言ったから部室に来たんだけど」

紬「とりあえずお茶入れましょうか♪」

純「…………」

梓「…………」

純「憂、通訳してもらっていい?」

憂「えっとね……まずお姉ちゃんが」

唯「純ちゃんの髪をモフモフしたかったんです!」

純「そ、そう……ですか」

憂「それで、そのことを梓ちゃんに言ったの」

梓「どうせならって思って、純を軽音部に連れて来たんだよ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:20:14.21 ID:KZdW7Dw9P
純「どうせならって……」

梓「ほら、純って澪先輩に憧れてるし、唯先輩のことも褒めてたでしょ?」

純「そうだけどさ」

律「で、それを梓から聞いたあたし達が『多分面白い事になるんじゃないか?』って思って集まったんだよ」

紬「人数が増えてお茶会が楽しくなると思って♪」

澪「っていうか、見世物みたいに言ったら純ちゃんが可愛そうだろ」

純「いえ! 澪先輩とお喋り出来るならいっそ見世物でもいいです!」

澪「そ、そう……か?」

純「はい!」

梓「ホント、澪先輩に対してはテンション高いね」

純「当然だよ! だって澪先輩だよ!?」

律「差別だー」

唯「差別だ~♪」

純「あ、いえ! 先輩達のことも、もちろん凄いって思ってますよ!?」

5 名前:ただの日常系だからどんでん返しとか無いんだよ[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:25:14.66 ID:KZdW7Dw9P
唯「ホントに?」

純「本当ですよ! ライブとか聴いてて、一緒に演奏してる梓が羨ましいなぁって思ってましたし」

澪「そ、そうか」

律「こう……ストレートな反応はちょっと照れるな」

紬「なんか、くすぐったいわね♪」

梓「まぁ普段はダラしないけどね」

律「なにおー」

唯「あずにゃんのいけずー」

澪(……否定できない)

純「何言ってんの梓。そーいうのも良いんじゃない」

梓「そうかもだけど……いつもだよ?」

純「あたしはたまにしかここに来ないから問題ないもん」

梓「むぅ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:30:02.06 ID:KZdW7Dw9P
憂「とにかく色々あって、純ちゃんをここに連れてきたってことなの」

純「すごい大雑把な説明だね」

憂「うぅ」

唯「憂を……憂を責めないであげて純ちゃん!」

純「あ、責めてるわけじゃ……」

唯「わたしが最初に『純ちゃんの髪をモフモフしたい!』って言ったのが悪かったんだから!」

純梓律澪「…………」

律「確かに責めるなら唯だな」

澪「うんうん」

梓「そうですね」

唯「がぁん……し、しどいよみんな……」

憂「お、お姉ちゃん! 大丈夫だよっ 私も一緒に悪い子になるから!」

唯「憂……うい~!」

≪ガバッ ぎゅぅ~≫

純梓律澪(この姉妹は……)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:35:02.07 ID:KZdW7Dw9P
紬「さ、お茶が入ったわよ~♪」

唯「じゃぁ、みんなでお茶にしよう」

律「さんきゅー、ムギ」

純「……グダグダだぁ」

梓澪「う」

純「あ、澪先輩は違いますよ!」

梓律「おい」

純「す、すいません律先輩!」

梓「わたしには?」

純「なにが?」

梓「むぅぅ」

憂「わ、私もいいのかな……」

唯「もちろんだよ~」

紬「憂ちゃんの分も純ちゃんの分も入れてあるわよ~」

律「んじゃ、いただこうぜー」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:39:02.11 ID:KZdW7Dw9P
          ティータイム!

唯「相変わらずおいしぃ~♪」

律「やっぱこれがないとな~」

澪「むしろこればっかりだけどな」

梓「ですね」

純「わっ すごい美味しい!」

憂「うん、ホント美味しいね~」

紬「クッキーもあるわよ」

唯律「いただきー」

憂「純ちゃん、クッキーも美味しいよ」

純「ホントだっ すごい美味しい!」

紬「そう言ってもらえて嬉しいわ♪」

澪「……なんか」

梓「普通にティータイムになっちゃいましたね」

梓澪(グダグダって言われても仕方がない……)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:43:02.30 ID:KZdW7Dw9P
唯「はっ そうだよ! お茶もいいけど、今日は純ちゃんの髪をモフモフするために集まったんだった!」

律「いや、唯以外は目的違うけどな」

純「あはは……やっぱするんですね」

唯「うん! モフモフしたい!」

律「でも、それってある意味失礼だよな……いまさらだけど」

澪「ある意味も何も、思いっきり失礼だろ」

唯「そうかなぁ……だって可愛いよ? モフモフしたいじゃない」

律澪(お前の可愛いは未だに分からん!)

純「い、いえ……構いませんよ。美味しいお茶もクッキーも頂いちゃいましたし」

梓「あげたのはムギ先輩だけどね」

紬「じゃぁ……私もモフモフしていいかしら?」

純「え?」

紬「だ、駄目……かしら?」

唯「わたしもモフモフしたい……」

純(う……なに、このほんわかオーラ)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:47:01.94 ID:KZdW7Dw9P
澪「無理しなくていいぞ? 純ちゃん」

純「……というか、もう好きにしてくださいって感じです」

梓「その台詞、何だかイヤラシイね」

純「なんで!?」

唯「よし! んく……んくっ もぐもぐ……」

憂「お姉ちゃん、そんなに急いで食べると喉に詰まっちゃうよ」

唯「ふぅ~……だいじょぶだいじょぶ♪ さぁ! 純ちゃんの髪をモフモフしちゃうよ!」

紬「わ、私も……こくこく……ぱくぱく……」

律「ムギまで……」

紬「だいじょ~ぶ! それじゃぁ、私もモフモフさせてもらうわね♪」

澪「そんなに純ちゃんの髪、触りたいのか」

梓「あ、ちょっとタンマ! えと……じゃすとあもーめんとぷりーず!」

唯「え、英語!? あ、えっと……ふぁっきゅー!」

律「さのばびっち!」

梓「何でですか!?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:51:00.69 ID:KZdW7Dw9P
唯律「つい!」

梓「ついって……」

澪「それより、どうした梓?」

梓「えっと……ちょっと思いついたことがあるんで、モフモフタイムはちょっと待って下さい」

唯紬「えぇ~」

梓「純、ちょっと手伝って」

純「なに?」

梓「そのソファー動かすから手貸して」

純「いいけど……」

憂「何するの? 梓ちゃん」

梓「ちょっと待ってね……純、ソファー反対向きにするからそっち持って」

純「ひっくり返すの?」

梓「違う! ソファーをテーブルの方に向けるの!」

純「冗談だってば」

憂唯律澪紬「?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:55:00.92 ID:KZdW7Dw9P
梓「こうやって……」

純「っしょっと!」

≪ガタガタッ≫

梓「じゃぁ、純はここに座って」

純「ほいほい」

梓「唯先輩……あ、唯先輩だけこっち来て下さい」

唯「ほーい」

律「何が始まるんだ?」

澪「さぁ?」

紬「何かしら?」

梓「で、他のみなさんはそっちのテーブルで」

律紬「了解~」

澪「あぁ」

憂「それでどうするの? 梓ちゃん」

梓「純と唯先輩のやり取りを、みんなで見学しようと」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 13:59:01.10 ID:KZdW7Dw9P
純「ちょ!? 一対一でお喋りしろってこと?」

梓「基本的にね」

純「……イジメ?」

梓「何でよ」

唯「純ちゃんはわたしと二人でお話しするのは嫌?」

純「え……ち、違います。そういう意味じゃなくてですね」

律「まぁまぁ、こっちからも少しはフォローするって」

澪「律……お前楽しんでるだろ」

律「だって面白そうじゃん」

梓「みなさんも純に興味ありそうだったし、こっちの方が色々聞けると思って」

純「そうかもだけど……これってめっちゃ緊張する」

憂「でも、澪さんと二人っきりでお話できるよ?」

純「このままでお願いしますっ」

梓律「変わり身早っ」

紬「じゃぁ……スタート~♪」

16 名前:(´・ω・`)>>14 ありがとよ[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:03:00.89 ID:KZdW7Dw9P
唯「それじゃぁ、お隣失礼しまぁす♪ ……よいしょっと」

純「よ、宜しくお願いします」

唯「えへへ~♪ 何か変な感じだね~」

純「そ、そうですね……」

唯「緊張してる?」

純「えと……ちょっとだけですけど」

唯「自分の家だと思ってリラックスしてね~」

純「が、頑張ります」

唯「あ、そだ……それじゃぁ、髪触ってもいい?」

純「えと……はい、どうぞ」

唯「ありがと~♪ ではでは……モフモフ」

純「んっ」

唯「あ、乱暴に触っちゃったかな? もっと優しくするね?」

純「いえ……ちょっとくすぐったかったもので」

唯「そっか、痛かったら言ってね? ……モフモフ……サワサワ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:07:00.92 ID:KZdW7Dw9P
律「……会話がエロく聞こえるのはあたしだけか?」

梓「わたしもです」

澪「う、うん」

憂紬「?」

唯「モフモフ♪ モフモフ♪」

純「あ、あのそろそろ……」

唯「モフモフ♪ モフモフ♪」

純「あの……唯先輩?」

唯「モフモフ♪ モフモフ♪」

純「えっとぉ……」

唯「モフモフ♪ モフモフ♪」

純「…………」

唯「モフモフ♪ モフモフ♪」

律澪(そんなに触り心地いいのか)

紬「うずうず」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:11:01.13 ID:KZdW7Dw9P
唯「ふはぁ~……堪能しました!」

純「ふぅ……ご満足していただけでよかったですぅ」

唯「じぃ~」

純「な、何でしょう?」

唯「やっぱ可愛いよー!」

≪ガバッ ぎゅぅ~!~≫

純「ひぃ!?」

唯「モフモフ可愛い! 純ちゃん可愛い!」

純「ひゃぁぁぁぁっ!」

梓「そこは『にゃぁっ!』って言わないと」

純「そんなこと言ってないで助けてよ!」

唯「スリスリ~♪」

憂「でもそうなっちゃうとお姉ちゃん止まらないから♪」

純「憂まで!?」

紬「後輩とのスキンシップってほのぼのするわね~♪」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:15:00.84 ID:KZdW7Dw9P
梓「唯先輩のはちょっと行き過ぎな気がしますけどね」

唯「♪~」

純「わっ あ、あれですよ! 色々と何かこうギュ~って!」

憂「お姉ちゃん暖かいでしょ~♪」

純「そうだけど! 当たってますって! 押し付けられてますって!」

律「当ててんのよ!」

澪「何で律が言うんだよ」

律「ちくしょー! 言ってみてぇ!」

梓「無いからってキレないで下さいよ」

律「お前も無いだろ!」

純「ゆゆゆ唯先輩く、くっつきすぎでは!」

唯「よいではないかよいではないか~♪」

紬「……(ぽぉ~)」

憂「紬さん?」

律「ありゃ……唯~? このままだとムギがどっか逝っちゃうから、そろそろやめとけ」

21 名前:(´・ω・`)>>19 色々混ざってる[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:20:01.83 ID:KZdW7Dw9P
唯「むぅ……でも、十分堪能したからいいか」

純「はふぅ……そ、そうですか……」

唯「中々の抱き心地でした!」

純「あ、あはは……」

梓「純、顔赤いよ」

純「うるさい!」

紬「女の子同士なんだから照れること無いのに~」

律「いや、あれはさすがに照れるだろ」

澪「私達が慣れすぎてるんだろうな」

梓「う」

唯「モフモフもしたし、ギュ~ってしたし……それじゃぁお話しようか」

純「あ、続けるんですね」

唯「当然だよっ 前から純ちゃんとはお話したいって思ってたしね」

澪「そうなのか? 二人って接点無さそうな……あぁ、憂ちゃんか」

律「梓はあまり自分のクラスのこととか言わないしな」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:24:01.08 ID:KZdW7Dw9P
純「そうなの?」

梓「だって練習しに部活に来てるんだし……」

純「お茶会目的だと思ってた」

梓「うぅ」

律「まぁ、梓は弄られるのが仕事だしな」

梓「仕事じゃないですぅ!」

憂「でもお姉ちゃん。私、純ちゃんのことそんなに話したっけ?」

唯「話してるよ~。特に……二年生になった頃からかな?」

憂「そ、そうだっけ?」

唯「ご飯食べた後とかに『今日は純ちゃんが~』とか『今度の休みに純ちゃんとね~』とか」

純「そうなの? 憂。あたし話題になるような面白いことなんて、あんまし言ってないと思うんだけど」

梓「いやいや」

唯「あ、特別何かあった……って話じゃないよ? 普段の学校の話とかだよ」

紬「憂ちゃんって、家ではあまりそういう話しなかったの?」

憂「そんなことはないと思うんですけど……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:28:01.29 ID:KZdW7Dw9P
唯「えぇ~っ そんなことないことないよ~」

律「どっちだ」

唯「学校の行事があった~……くらいは話してたけど」

澪「誰か特定の子との話はあまりなかったってことか?」

唯「そそ、それ!」

憂「そ、そう……かな?」

律「ひょっとして……憂ちゃん、友達少ないのか?」

憂「え」

唯「そうなの!? 憂!」

憂「え……え?」

純「それはないですよ。中学も高校もクラスメイトとは仲良いですから」

唯「よ、良かった~」

純「ただ単に、憂がお姉ちゃ……唯先輩好きだからじゃないかと」

憂梓唯律澪紬「?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:32:00.95 ID:KZdW7Dw9P
純「ようするに、クラスメイトより唯先輩と遊んでる方が多いってだけじゃないかと」

律「つまりこういうことだな……カキカキっと」

純憂梓唯澪紬「?」

律「憂ちゃんの心の中はこうなっていると」



     唯>>>>>(超えられない壁)>>>>>その他人類



憂「大袈裟すぎますよ!」

純「そんな感じですね」

憂「違うよ!?」

唯「あ、壁の左側にお父さんとお母さんと和ちゃんが入るよ」

憂「そういう話じゃないもん!」

純「まぁ、つまりはそういうことです。憂は部活にも入ってなかったですし」

憂「違うのに……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:36:01.06 ID:KZdW7Dw9P
澪「でもそれが高校二年になってから変わった?」

律「何か一大イベントでもあったか」

紬「どんな事件が……」

純「無いと思いますけど……何かあったっけ? 憂」

梓「わたしも特に気が付いたことはないなぁ」

憂「何もないよ~」

唯「じぃ~」

純「ふむぅ……」

憂「二人ともどうしたの?」

唯「憂……それは嘘だね?」

純「あたしもそう感じました」

憂「そ、そんなことないよ?」

純唯「じぃ~~」

憂「う……」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:40:00.61 ID:KZdW7Dw9P
唯「実はさ、純ちゃんと話したいことってそれなんだよね」

純「憂のことですか?」

唯「うん。なぁんか前と違うっていうか」

純「実はあたしもそんなこと考える時がありますよ。いつも気にしてるわけじゃないですけど」

憂「そうだったの?」

梓「わたしは……よくわかんないな。あんまり変わった気がしないし」

唯「変わってない所はもちろんあるよ? あったかくて可愛いし」

純「優しいし気が利くっていう部分も変わりませんよね」

唯「うんうん♪ 料理も美味しいし掃除もしてくれるしっ」

純「理想の女の子! って感じですもんねぇ」

唯「ちょっと抜けてる所があるけど」

純「それがまた可愛いんですよね~」

唯「そうそう! 純ちゃん分かってるね~♪」

純「憂とは付き合い長いですから!」

憂「……本人の前で分析するの止めてほしいな」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:44:00.18 ID:KZdW7Dw9P
純「良い所を挙げてるんだから、いいじゃない♪」

唯「うんうんっ」

憂「でも……恥ずかしいよ」

律「これはこれで後悔処刑だな」

澪「……あぁ」

紬「でも、そういう変わらない部分とは別に、どこか変わったところがあるって唯ちゃんと純ちゃんは思ってるのよね?」

唯「そうなんだよ~……それがなぁんか気なってね~」

純「う~ん……確かにどこか変わったなぁ……とは思うんですけどねぇ」

唯「何となく気になって……そうしたら純ちゃんの名前がよく出てくるじゃない? だからお話すれば分かるかもって」

律「大雑把な推理だな」

唯「直感と言って!」

梓「あんまり変わりませんよ、それ」

唯「まぁ、それはそれとして」

澪「どれだよ」

唯「というわけで、何か気付いたことない? 純ちゃん」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:48:00.34 ID:KZdW7Dw9P
純「う~ん……うぅ~ん……」

唯「…………(ソワソワ)」

純「変わったとこ……変わったとこ……」

唯「……モフモフ」

純「え、えっとぉ……」

唯「……モフモフ」

純「唯先輩?」

唯「お気になさらず!」

純「……は、はい」

澪「家族である唯でも気が付かないのに、さすがに無理じゃないか?」

律「でも案外、友達の方が変化に気付く場合もあるしなぁ」

紬「しかも純ちゃんは、憂ちゃんと付き合いが長いって言うし」

梓「わたしは高校に入ってからですしね」

唯「モフモフ……モフモフ……」

純(頭くすぐったいよぉ)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:52:00.42 ID:KZdW7Dw9P
純「あ、そういえば……」

唯「お? 何か思い出したかね? ……モフモフ」

純「憂って以前に比べてアクティブっていうか、積極的になってません?」

唯「う~ん……家だとあんまり変わらないかなぁ……モフモフ」

律「でも、憂ちゃんって結構アクティブじゃないか?」

紬「純ちゃんを誘って軽音部に来たこともあったわね」

澪「唯に成りすましてギター演奏しようとしたりとか」

純「唯先輩絡みのことだと、昔っから積極的なんですよ」

唯「姉想いの妹を持ってわたしは幸せだよ~」

梓「幸せを噛み締めるのはいいですけど、唯先輩はもうちょっとしっかりした方がいいと思いますよ」

憂「大丈夫だよっ お姉ちゃんの代わりに私がもっとしっかりするから!」

純梓律澪「いやいや」

紬「唯ちゃんが関係してないことだと積極的じゃなかった?」

純「消極的ってほどじゃありませんけどね。でも憂って基本的に受け手ですから」

憂「…………」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 14:56:02.59 ID:KZdW7Dw9P
唯「およ? ……モフモフ」

純「あれ? ビンゴ?」

憂「えと……」

唯「純ちゃんの言ったこと当たりっぽいね……モフモフ」

純「ですね……って、そろそろ髪を触るの勘弁してもらえないでしょうか」

唯「お気になさらず!」

純「……はい」

憂「…………」

律「何だ何だ? もうここまでバレちゃったら言っちゃいなよ」

澪「言いたくないんだったら無理にとは言わないけどさ」

紬「もし悩みとかがあるのなら、話すだけでも楽になるかもしれないわよ?」

憂「い、いえ! 悩みとか難しい話じゃないんです」

唯「じゃぁ、どうしたの? ……モフモフ」

憂「えっと……何て言えばいいかな……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:00:00.29 ID:KZdW7Dw9P
憂「私って普段は引っ込み思案なところがあるっていうか」

純「確かに一歩引いた感じだよね」

憂「う、うん……でね? いつまでもそれじゃ駄目かもって思って」

唯「憂っぽくて良いと思うけどなぁ」

憂「かもしれないけど……高校生になったんだし、もっとこう『しっかりしよう!』って思ったの」

梓「誰かさんにも見習ってほしいですね」

唯「だね~」

律澪(お前だよ!)

憂「そんなこと考えてたら、近くにお手本になる人が居た……というか、居ることに気付いたというか」

純「へぇ~、憂の近くにそんな凄い人居たんだ。全然気が付かなかった」

梓「憂に見込まれるって相当なもんだよね」

律澪紬「うんうん」

唯「で? それってどんな人? この中に居る? わたしも知ってる人?」

憂「えっと……(チラッ)」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:04:00.02 ID:KZdW7Dw9P
純「……へ?」

梓唯律澪紬「…………」

憂「……純ちゃん」

純「えぇー!?」

憂「だ、だって純ちゃんって、自分から色んな人に話しかけたり、仲良くなろうとしたり出来るでしょ?」

純「いや……まぁ、そうかもだけど」

憂「それって凄いなって思うんだよっ 私、そういう積極性とか全然ないから何ていうか……」

唯「憧れ?」

憂「う、うん。そんな感じd」

梓「憂! 早まっちゃ駄目だよ!」

律澪「おいおい」

純「ちょ! 梓!? なにそれ!」

梓「だって憂が純に憧れるなんて……逆なら分かるけど!」

純「ま、まぁ憧れはあるけどさ? 勉強とか運動とか料理とか色々」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:08:00.35 ID:KZdW7Dw9P
梓「でしょ!?」

純「でも梓のその言い方は気に入らない」

梓「う……び、びっくりしたせいで言い方がアレだったのは謝るけど……」

憂「もう二人ともやめてよ~」

純梓「むぅ」

律「とにかく、純ちゃんに憧れる部分があって、それで自分なりに変わっていこうって思ってたのか」

憂「はい」

唯「それならそうと言えばよかったのに~」

紬「隠すことはなかったんじゃない?」

憂「わざわざ言うのは何となく恥ずかしくて……」

澪「まぁ、気持ちは分かるな……うん、分かる」

律「おんやぁ? みおちゅわん……何か思うところがあるんでちゅかぁ~?」

澪「う、うるさい!」

律「♪~」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:12:00.36 ID:KZdW7Dw9P
唯「でも、これで心のモヤモヤが晴れたよ」

憂「心配させてゴメンね? お姉ちゃん」

唯「いいよぉ~。憂くらいの年頃なら色々あるだろうからね~」

律「一つ違いだろ」

唯「一つ違いでも姉だからね! 妹のことは心配なんだよ……姉だからね!」

澪「何でそんなに強調する」

純「あたしの方はモヤモヤが一つ増えましたけどね」

憂「純ちゃん……ごめんね?」

純「え? あはははっ 謝んないでよ、憂。単にちょっと照れくさいだけだから……さ」

梓「純に照れは似合わないよ?」

純「うるさい!」

紬「でもいいわね、こういうの。友達同士で憧れたりとか♪」

純憂「うぅ」

唯「や~……純ちゃんが良い子でよかったよ」

純「あ、あたしなんて全然ですよ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:16:00.05 ID:KZdW7Dw9P
唯「純ちゃん! これからも憂のこと宜しくね!」

純「え……あ、はい! もちろんです!」

唯「いつまでも親友でいてあげてね!」

純「はい!」

唯「そして出来ればお嫁さんに貰ってやって下さい!」

純「はい! ……って、えぇ!?」

憂「お姉ちゃん!?」

梓「女同士で結婚なんて出来ませんよ!」

唯「やだなぁ~、冗談だよ~♪」

律澪(唯の場合、もしかしたらってのがあるからなぁ)

純「び、びっくりしたぁ」

唯「それじゃ、わたしの番は終わりかな」

純「ひょっとして……この一対一のお喋りって全員あるんですか?」

唯「もちろんだよ!」

純「…………」

41 名前:(´・ω・`)ちょっと食べ物買ってくる[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:16:55.12 ID:KZdW7Dw9P
梓「自分で言っておいてアレですけど、別に一対一のお喋りって感じじゃありませんでしたね」

律「まぁ、面白かったからいいんじゃないか?」

唯「そうだよ、あずにゃん。気にしたら負けだよっ」

澪「ちょっとは気にした方がいい場合もあるけどな」

紬「じゃぁ、次は誰にする?」

唯「あ、その前に!」

純憂梓律澪紬「?」

唯「……もう一回モフモフさせて?」

純「…………はい」

律「まだ触り足りなかったのか……」

唯「モフモフ~♪」

・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:38:00.64 ID:KZdW7Dw9P
唯「むふぅ~♪」

純「はぅ」

澪「両者の表情の差が激しいな」

梓「あれから五分耐久モフモフタイムでしたからね」

律「オマケに時々抱きつき攻撃も入ったしな」

唯「まだまだいけるよ!」

純「ご、ご勘弁を……」

律「まぁ、とにかく……次は誰いく?」

紬「はい! 私立候補します!」

唯「おぉっ ムギちゃんやる気満々だね!」

紬「フンス!」

律「よし、行ってこいムギー」

紬「お~」

梓「それじゃ……スタート!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:42:00.40 ID:KZdW7Dw9P
紬「それじゃ、隣……失礼するわね?」

純「は、はははい!」

紬「そんなに緊張しないでいいのよ?」

純「がが、頑張ります!」

梓「凄いガチガチだね」

憂「あんなに緊張した純ちゃん見たことないね」

紬「あ、約束通り、私も純ちゃんの髪に触っていいかしら?」

純(しまったっ ムギ先輩もモフモフしたいって言ってたんだ!)

律「モフモフタイム追加だな」

紬「駄目……かしら?」

純(ぅわーんっ 唯先輩と似た空気! 断れないってば!)

純「い、いえ……どどどうぞ!」

紬「やった♪ ありがと~♪」

律「なんという平和的脅迫」

澪「あれは断れないな……」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:46:55.29 ID:KZdW7Dw9P
紬「それでは~♪ (サワサワ)」

純「ぅひゃぅっ!?」

紬「ご、ごめんなさい。痛かったかしら?」

純「そそそうじゃないですけど……びっくりしちゃって」

紬「そう? 続けていい?」

純「は、はい……」

紬「それではそれでは~♪ (サワサワ)」

純「ぅぅ……ぁ……ん……ひぁ……ぅ」

純(くくくくすぐったいよぉ! ムギ先輩の触り方が優しすぎて、ものスッゴイくすぐったい!)

紬「ぽわぽわが可愛い~♪ (サワサワ)」

律「……なぁ……やっぱエロくないか?」

梓「で、ですね」

澪「……う、うん」

憂「…………」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:50:00.73 ID:KZdW7Dw9P
唯「それは三人がHぃからじゃない?」

律澪「違うっ!」

梓「何でですか!?」

憂「お、お姉ちゃん……」

純「は……ぁ……ぅん……そ、そろ……そろ」

紬「もうちょっと……もうちょっとだけ! (サワサワ)」

純「は……ぃ…………んんっ ……ゃ……ぅ……」

純(あ、頭がぼぉ~っとしてきたぁ)

紬「♪~」

憂梓澪「…………(ゴクリ)」

律「ムギ……恐ろしい子っ」

唯「ほのぼのだぁね~♪」

律「……ほのぼのに見えるお前が心配だ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:54:40.04 ID:KZdW7Dw9P
紬「ふぅ……はい、堪能しました~♪」

純「お、お疲れ様れしたぁ~……」

唯「純ちゃんの髪、モフモフして可愛かったでしょ~」

紬「うん♪ とってもモフモフで可愛かった♪」

梓律澪(その『可愛い』の感覚が分からない)

純「頭がムズムズするぅ……」

紬「あ、そうだ」

純「ふぇ?」

紬「えいっ♪」

≪ガバッ ぎゅぅ~≫

純「わっぷ!?」

紬「すりすり~ぎゅぅ~♪」

唯「おぉ! ムギちゃんの抱きつき攻撃!」

紬「唯ちゃんが可愛いって言ったのよく分かるわ~♪」

唯「うんうん♪ 純ちゃん可愛いよね~」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 15:58:00.54 ID:KZdW7Dw9P
純「ムギ先輩! 正面……からっ 来ると! 当たってぇっ 顔……に!」

紬「あ、ごめんね? 苦しかった?」

律「言ってみてぇ! 『苦しかった?』って心配してみてぇ!」

梓「だから無いからってキレないで下さいよ」

律「お前だって無いだろ! 抱きついたら『痛い』って言われるだろ!」

梓「律先輩だって同じじゃないですか!」

唯「あははは」

梓律「笑うな!」

澪「別にどっちでもいいじゃないか」

律「その余裕が気に入らない!」

梓「…………(ジィ~)」

憂「ん?」

梓「くっ!」

憂「え?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:02:00.23 ID:KZdW7Dw9P
紬「はい、今度こそ堪能しました♪」

純「うぅ……ご満足頂けて何よりでふぅ……」

紬「じゃぁ、お話しましょうか♪」

純「はいぃ~」

澪「すでにフラフラだな」

憂「あ、ひとまずお茶にしません?」

紬「そうね……じゃぁ……」

憂「紬さんは純ちゃんと座っててください。私が入れますから」

紬「そう? それじゃぁ、甘えさせてもらうわね♪」

憂「はい♪」

律「それにしても、ムギのターンは最初っから飛ばしてたな」

梓「唯先輩と同じ感じだったのに、何となく違いますね」

唯「りっちゃんとあずにゃんの反応は同じだったけどね」

梓律「くぅっ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:06:00.46 ID:KZdW7Dw9P
澪「というか、すでに座らせておいてなんだけど……ムギと純ちゃんって接点無さすぎじゃないか?」

唯「いざとなったらこっちから助け舟出せばいいんだし、大丈夫じゃない?」

律「お前ら気楽だな」

梓「律先輩もですけどね」

律「あたしは、楽しければそれでいい!」

澪「まぁ、共通の知り合いで梓もいるし、音楽繋がりを考えれば平気か」

純(む、無責任だぁ)

紬「その件につきましては私に話題があります!」

梓唯澪「おぉ?」

律「実は二人とも仲良しだったとか?」

紬「そうじゃなくて、どっちかって言えば音楽繋がりの方かな?」

純「あ、それならあたしもムギ先輩に聞いてみたいことありました」

紬「じゃぁ、純ちゃんからどうぞ……何かしら?」

純「ムギ先輩ってどうして軽音部に入ったんですか?」

律澪「…………」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:10:00.52 ID:KZdW7Dw9P
純「あたしの勝手なイメージですけど吹奏楽部とか……あと合唱部とかのが似合いそうなイメージがあったんですよ」

律澪「…………」

唯「えぇ~……ムギちゃんは軽音部って感じだよ~」

純「あ、もちろん軽音部が似合わないっていうんじゃないです。今はもう『軽音部!』って感じですし」

唯「だよね~。うんうん、ムギちゃんは軽音部って感じだよ♪」

純「ただ、梓に軽音部のこと聞く前は、不思議に思ってたんですよ」

律澪「…………」

紬「えっとね……私、最初は合唱部に入ろうかなって思ってたのよ」

純「あ、そうだったんですか」

紬「でも、一年の頃に軽音部を復活させようとしていた、りっちゃんと澪ちゃんに誘われて軽音部に入ったの」

純「なるほど……そんな経緯があったんですか」

紬「うん。今では誘ってもらえて良かったって思ってるわ♪」

唯「わたしもムギちゃんが軽音部に居てくれてよかったって思うよ~」

梓「お茶とお菓子が出るからですよね」

唯「うん♪」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:14:00.21 ID:KZdW7Dw9P
澪「いや、そこは否定しろよ」

唯「もちろんそれだけじゃないよ~。ムギちゃん優しいし暖かいし綺麗だし♪」

純(音楽に関係するものが一つもない)

紬「私も唯ちゃんが軽音部に入ってくれてよかったって思ってるわ♪」

唯「一緒だね~♪」

紬「ね~♪」

純「でもその話からすると……律先輩って凄いんですね」

律「へ?」

純「だって一人で……って、澪先輩は幼馴染って話だから、二人で軽音部を復活させようとしたんですよね?」

澪「私も最初は違う部に入ろうとしたんだけど……」

純「え? ということはたった一人で部を復活させようって思ったんですか!?」

律「えっとぉ……」

澪「まぁ、結果から言うと……そうなるな」

純「それってホントに凄いですよね!」

律「…………」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:18:00.43 ID:KZdW7Dw9P
純「そんなことまで梓に聞いてなかったんで知りませんでしたよ。尊敬しますよ、律先輩!」

律「いや……そんなことは……」

梓唯澪紬「…………」

純「?」

澪「律」

律「う……ごめんなさい!」

純「え?」

律「澪は嫌がってたのに無理やり入部させました!」

純「…………」

律「ムギは泣き落とししてたら、ムギの方から入ってくれるって言ってくれました!」

純「…………」

律「唯にいたってはお菓子で釣りました!」

純「…………」

律「梓は新入部員が一人も入ってこなかったから、どのみち『逃がさねぇ』って思ってました!」

純「…………」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:22:00.81 ID:KZdW7Dw9P
律「…………」

純梓唯澪紬「…………」

律「……てへっ♪」

純「律先輩」

律「なんでしょう、鈴木さん」

純「あたしの感動を返してください」

律「はっ! 貰ったモノは返せねぇな!」

純「…………」

律「……ごめんちゃい」

澪「ま、まぁ最初はそんなだったけど、私も今では誘ってくれてよかったって思うし」

紬「そうね、結果よければ全て良しって言うしね」

唯「りっちゃんも反省してることだし許してあげようよ」

律「お菓子に釣られた唯にだけは言われたくねー!」

梓「わたしはあえてノーコメントで」

律「ぐ……それが地味に一番効く」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:26:00.82 ID:KZdW7Dw9P
憂「お茶が入りました~」

律「おっと……それじゃぁ、憂ちゃん特製のお茶をいただくとしようか!」

唯「誤魔化した」

梓「誤魔化しましたね」

澪「あからさまだな」

紬「うんうん」

純「分かりやすいですね」

律「ちくしょー! イジメっ子どもがー!」

憂「?」

梓「憂は気にしないでいいよ」

憂「そう? あ、これは紬さんと純ちゃんの分です」

純「ありがと♪」

紬「ありがとう、憂ちゃん」

律「誰かあたしに優しくしてくれ……」

澪「……はいはい」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:30:00.44 ID:KZdW7Dw9P
純「あ、憂のお茶も美味しい!」

梓「うん、美味しい美味しい」

憂「ありがと、純ちゃん、梓ちゃん」

紬「ホントに♪」

律「同じお茶の葉なのに、やっぱ入れ方で味って変わるもんだなぁ」

澪「ムギの入れたお茶もいいけど、憂ちゃんが入れたお茶も美味しいな」

憂「ありがとうございます」

唯「はふぅ……ゴロゴロしたくなる~」

憂「駄目だよ、お姉ちゃん」

唯「分かってるよぉ~」

澪「自分の家での唯の様子がよく分かるな」

梓律(確かにこんな感じだった)

紬「一息ついたところで……純ちゃん、お喋りの続きしましょうか!」

純「え……は、はい!」

律「ムギのやつ気合入ってるなぁ」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:34:00.67 ID:KZdW7Dw9P
純「えっと、それであたしに聞きたいことって何ですか?」

紬「ジャズ研って普段どんな感じなのかなって」

澪「あ、それは私もちょっと興味あるな」

唯「ムギちゃん、澪ちゃん……まさか移籍!?」

律「なにー!? この裏切り者どもがー!」

梓「いやいや……っていうか、卒業まであと少しなのに移籍って……」

純「どんなって言われても……普通ですよ?」

紬「普通……みんなでお茶飲んだりお喋りしたり?」

純「お、お茶は飲みませんね……」

澪「それは私達くらいじゃないか?」

梓「悲しい現実ですね」

唯「悲しくないよっ 楽しいよ!」

律「アレだな……こーいう時、ムギ達がどんだけズレてるか分かるな」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:38:00.40 ID:KZdW7Dw9P
梓澪「…………」

唯「あずにゃんと澪ちゃん、どうして離れるの?」

紬「?」

梓「気にしないで下さい」

澪「うん、気にするな」

律「……悪あがきを」

憂「あ、それじゃぁ……純ちゃんは普段どんな感じにジャズ研の練習してる?」

純「あたし? そーだねぇ……まずベース持って部室に行く」

紬「うんうん」

純「で、先輩……はもう引退しちゃったので、同級生や後輩がいたら挨拶して、自分と同じパートの子がいるか確認しますね」

澪「ジャズ研は人数多いもんな」

純「はい。同じパートの子がいれば一緒に音合わせも出来るんで」

律「同じパートの子がいない時もあんの?」

純「大抵はいますけどね……なにせ人数が人数ですから。でも時々いない時もあるんで、そーいう時は個人練習ですね」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:42:00.45 ID:KZdW7Dw9P
唯「純ちゃんって偉いねっ」

純「え? そ、そうですか?」

唯「うんっ 一人でもちゃんと練習するんだもん。凄いよ!」

純「あ、ありがとうございます……」

梓澪(普通のことなんだけどなぁ)

紬「それでそれで?」

純「先輩がいた頃は難しいところ教えてもらったりして……それ以外の時は、後輩の練習みたり教えたり」

梓澪紬「うんうん」

純「同級生とはお互い腕を競う……というか、ミスったところ指摘し合ったり」

憂「ジャズ研はサバイバルだーって、純ちゃん言ってたもんね」

純「ギスギスしてるわけじゃないけどね。でもやっぱ心のどこかで『負けなくない!』って思ってるのは確かだよ」

唯「それって変じゃない? 音楽に負けも勝ちもないと思うけどなぁ」

純「え……」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:46:05.63 ID:KZdW7Dw9P

律(あちゃぁ……この天才っ子が)

憂「お、お姉ちゃん……」

梓澪紬「…………」

唯「上手い人は『すごい!』って思って、上手じゃない人は『がんばれ!』って思うじゃない?」

純「そう……ですね」

唯「勝ちとか負けとか関係なしで、みんなで楽しく演奏するものだと思うなぁ」

純「…………」

紬「で、でもほら。ジャズ研って人数が凄く多いって聞くしっ」

澪「だだだよな。人が大勢集まれば色々あるだろうし!」

梓「き、競い合うっていうのも上達に必要なものでもあるしさ! ね? 純」

唯「えぇ~っ 仲良くやった方が絶対上手くなるよ~」

憂「おおお姉ちゃんっ」

律「お前は空気読め!」

唯「わたし空気読めるもん!」

梓律澪(それは絶対嘘だ!)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:50:00.33 ID:KZdW7Dw9P
純「…………」

梓「じ、純? ほら唯先輩ってアレだから気にしないで……」

唯「アレってなにさ~? あずにゃん酷いよっ」

澪「そ、そうだぞ? 唯はアレだからなっ そんなに気にしないでいいぞ?」

唯「がぁんっ 澪ちゃんまで……」

紬「えっと……えっとぉ……」

律「梓も澪もムギも、とりあえず落ち着け」

純「…………ぷっ」

憂「純ちゃん?」

純「ぷふっ あはははっ ……す、すみません急に笑ったりして……」

憂梓唯澪紬「?」

純「何だか……ちょっと場違いというか、全然違うことが頭に浮かんで……つい」

律「……何考えてたんだ?」

純「えっと……軽音部って良いなぁって」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:54:00.88 ID:KZdW7Dw9P
憂梓唯澪紬「??」

純「ん~……何だろ。自分でもよく分かんないですけど……うん、何か良いなぁって」

梓「何それ?」

純「ほらアレだよ、梓が言ったんじゃん」

梓「わたし?」

純「そそ。軽音部って練習ほとんどしないし、一人一人はそうでもないのに……みんな集まると凄い演奏するって」

梓「あ、うん……確かに言ったけど」

純「なぁんとなくね……それがちょっと分かった気がしたってだけだよ」

梓「そう? まぁ、純がいいなら構わないけど」

純「うんうん。別に傷ついたとか怒ったとか、そーいうのないから平気平気♪」

紬「そっか……よかった♪」

唯「よ、よく分からないよ……」

律「よーするに、軽音部って凄いですね! って言ってくれてるんだよ」

唯「おぉ、なるほど! ありがと~♪」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 16:58:00.80 ID:KZdW7Dw9P

純「いえいえ♪ それにお礼を言うのはあたしの方かもしれません」

唯「ほえ?」

純「唯先輩のおかげで、後輩に教えたいことが一個増えたってことです」

唯「ふぇ?」

純「あー、えっと……ようするに、ありがとうございます! ってことです」

唯「よく分からないけど……どういたしまして!」

純「あはは♪」

唯「えへへ~♪」

紬「きゅぅぅんっ!」

律「……何? その擬音」

紬「純ちゃん可愛い! 純ちゃん良い子!」

≪ガバッ ぎゅぅ~!≫

純「ぉわ!? またっ!」

唯「あ、ムギちゃんズルイ! わたしもー!」

純「さらに追加!?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 17:02:01.83 ID:KZdW7Dw9P
唯「え~い♪」

≪タタタッ ガバッ ぎゅぅ~!≫

純「ぉっぷ!? 二人とも! ちょっ タンマですってば!」

唯紬「ぎゅぅ~すりすり~なでなで~♪」

純「うわ! 何この柔らかさっ! 挟まれてむぎゅぅ!?」

律「阿鼻叫喚」

梓「あれ? 律先輩、言わないんですか?」

律「……あえて聞くが、何をだ?」

梓「胸の話ですが?」

律「もう虚しくなってきた」

梓「その方がいいですね」

律「でもやっぱりお前にだけは言われたくねぇ!」

憂「…………」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 17:06:00.81 ID:KZdW7Dw9P
澪「憂ちゃんどうしたんだ? ぼぉ~っとして」

憂「ひゃぃ!? なな何でも……あり…ません……」

澪「?」

梓「でも……後輩に教えたいことかぁ」

律「ん?」

梓「いえ、何でもないです」

律「…………」

梓(そーいうの、いいなぁ)

律「…………」

≪ポンポンッ≫

梓「にゃっ!? な、何ですかいきなり頭触ってきて」

律「べぇっつにぃ~?」

澪「おい、二人とも。そろそろいい加減にしておけっ」

唯紬「はぁ~い」

純「おふぅ……」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 17:10:00.76 ID:KZdW7Dw9P
憂「純ちゃん……髪が凄い事になってる」

律「ぐちゃぐちゃだな」

純「うぅ……直したい」

紬「じゃぁ……私の番も終わりってことで、少し休憩にしましょうか」

律「そだなー」

唯「憂~、またお茶入れて~?」

憂「うん、分かったよ」

紬「あ、私も一緒にやるわ」

澪「なら私はお菓子出すよ」

梓「純、トイレ行こ。髪直すの手伝ってあげる」

純「うん、お願い~」

梓「わたしと純はちょっとトイレ行ってきます」

唯律「ほ~い」

純「ぁぅ」

梓「ほら、しっかり歩きなよ」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 17:14:00.56 ID:KZdW7Dw9P

唯「いやぁ~、純ちゃんのぽわぽわは良いね~♪ また後で触らせてもらおうっと」

澪「そろそろ嫌がられるんじゃないか?」

唯「そんなことないよ~」

律「なぁ……」

澪「どうした? 律」

律「アレ見てみ?」

唯澪「?」

憂「あ、そうやると良いんですね」

紬「ちょっとしたコツみたいなものね」

唯律澪「…………」

憂紬「♪~」

唯律澪「何ていう癒しオーラ……」

澪「見てるだけで癒されるな」

律「だな」

唯「うん」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 17:18:00.68 ID:KZdW7Dw9P
          トイレ!

純「うぅ……すごいことに……」

梓「ほら、じっとして」

純「さんきゅ……でも、梓はアレを毎日されてたのかぁ……」

梓「あそこまでされることは滅多にないけどね」

純「はぁ……死ぬかと思ったよ」

梓「そんな大袈裟な」

純「だってダブルだよ? ダブル」

梓「まぁね」

純「ふぅ……」

梓「…………」

純「…………」

梓「凄かった?」

純「凄かった」

梓「そっか」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 17:22:00.94 ID:KZdW7Dw9P
純「むしろ超凄かった」

梓「超……か」

純「うん、超……だね」

梓「そっか」

純「うん」

梓「…………」

純「ムギ先輩さ……スゴく良い匂いするよね」

梓「するね」

純「なんでだろ?」

梓「……お金持ちだから?」

純「俗っぽい理由だね」

梓「…………」

純「…………」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 17:26:10.07 ID:KZdW7Dw9P
梓「唯先輩ってあったかかったでしょ」

純「うん」

梓「憂が言ってること、ちょっと分かるよね」

純「可愛いって言ってたのも、ちょっと分かるよね」

梓「まぁね」

純「……素直だ」

梓「先輩達いないし」

純「捻くれ者」

梓「素直じゃないだけだよ」

純「自分で言っちゃうんだ」

梓「自覚……あるもん」

純「そっか」

梓「うん」

梓「…………」

純「…………」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 17:30:01.07 ID:KZdW7Dw9P
梓「あのさ……後輩がいるってどんな感じ?」

純「楽しいよ。時々生意気だし手も掛かるけど……楽しいよ」

梓「そう……」

純「…………」

梓「…………」

純「楽しくて仲の良い先輩が四人もいるってどんな感じ?」

梓「……楽しいよ。ダラダラしてばっかだけど……うん、楽しい」

純「そっか……」

梓「でも純にだって、ジャズ研に憧れてる先輩いるじゃん」

純「どっちが……とか、比べるのあたし嫌い」

梓「……ごめん」

純「いいよ」

梓「…………」

純「…………」

梓「……出来たよ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 17:34:01.04 ID:KZdW7Dw9P
純「ん~……よしっ さんきゅ~」

梓「いえいえ」

純「んじゃ、戻ろっか」

梓「だね」

純「……楽しんでる?」

梓「いつもより……じゃなくて、いつもと違う楽しみがあるよ」

純「それはよかった」

梓「純は楽しい?」

純「もちろんっ」

梓「そか……よかった」

純「うっし! 澪先輩のターンまで頑張るぞぉ~」

梓「じゃぁ、次は律先輩ね」

純「むぅ」

梓「えへへ♪」

純「まったくもぅ……」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 17:38:01.17 ID:KZdW7Dw9P
          軽音部部室!

梓「ただいまです」

純「戻りました~」

唯「おかえり~」

律「冷めちゃうからお茶飲んじゃえ~」

憂「あ、お姉ちゃん、お菓子食べすぎだよ?」

紬「まだあるから大丈夫よ」

澪「それだけ食べて何で太らないんだ……」

純「……軽音部だなぁ」

梓「時々はさ……時々はこの光景に違和感を覚えることもあるんだよ?」

純「へぇ?」

梓「……信じてないでしょ」

純「うん」

梓「むぅ」

唯「二人とも早くこっち来なよ~」

84 名前:(´・ω・`)さるェ……[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:00:49.35 ID:KZdW7Dw9P
純梓「はぁ~い」

憂「二人とも……はい、どうぞ~」

紬「お茶とお菓子よ~♪」

純梓(……癒しオーラが凄い)

梓「ありがと、憂」

純「ありがとうございます、ムギ先輩」

律「次、誰行く~?」

梓「あ、次は律先輩でお願いします」

律「よし来た!」

純「…………」

律「どしたん?」

純「い、いえ……」

律「だ~いじょぶだって♪ あたしは頭触らせろなんて言わないから」

純「……よかった」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:04:52.46 ID:KZdW7Dw9P
唯「えぇ~? 勿体無いよ? りっちゃんっ」

紬「そうよ? 純ちゃんの髪、凄いんだからっ」

律「はいはい、わかったわかった」

唯紬「む~」

律「よっし! 純ちゃん早く来るんだ!」

純「あ、はい! すぐ行きます! ……ごくごくもぐもぐっ」

澪「……なぁ、梓」

梓「何ですか?」

澪「意外っていうと失礼だけど……純ちゃんって上下関係とかしっかりしてるんだな」

梓「はい。いい加減に見えて実はそうなんですよ」

憂「梓ちゃん……」

唯「二人とも? それはさすがに失礼だよ?」

紬「そうよ?」

梓澪「う」

梓澪(この二人に常識を諭されてしまった)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:10:00.64 ID:KZdW7Dw9P
唯「あんなに可愛いんだもんっ ちゃんとしてるよ!」

紬「うんうん!」

梓澪(可愛い関係ない!)

純「…………」

律「……うちの部の連中がスマン」

純「い、いえ……」

律「んじゃ、ちゃっちゃと始めるか~」

純「その前に……律先輩」

律「ん?」

純「さっき差し上げたあたしの感動を返してくださいっ」

律「まだ言うか!」

純「こーいうネタは引っ張った方が面白いかと♪」

律「うむ。見所あるな!」

梓澪(何で息が合ってるんだろ)

唯「それではスタ~ト~♪」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:15:01.23 ID:KZdW7Dw9P
律「共通の知り合いネタも音楽ネタも特にないけど……どうしよっか?」

純「音楽ネタも無し……ですか?」

澪「おい、軽音部部長」

梓「最低です」

律「冗談だよじょーだんっ」

純「そうだっ あたしに一つ話のネタがあります!」

律「お? なになに? 言ってみんさい?」

純「律先輩って、前髪下ろすとカッコいいって聞きましたけど……本当ですか?」

律「…………(ジロリッ)」

澪「え? 私じゃないぞ? そもそも純ちゃんと私じゃ接点ないし」

律「…………(ジロリッ)」

梓「…………(サッ)」

律「お前か!」

純「はい、梓に聞きました」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:20:01.35 ID:KZdW7Dw9P
梓「何でバラすの!?」

純「てか、バレるでしょ……普通」

律「あーずーさ~っ」

梓「そ、そもそも、わたしにそれを教えた澪先輩の責任かと!」

澪「私!? いやだってっ 泊まった時とかみんな見たじゃないか!」

律「みぃ~おぉ~」

澪「え? あ……ご、ごめんっ」

律「むぅ~」

純「それで、ですね……あたしも一回でいいから見てみたいなぁっておm」

律「やだ!」

唯「いいじゃん~。カッコ良いんだし一回くらい見せてあげれば~」

紬「うんうん! りっちゃんカッコ良いから大丈夫!」

律「やだったら嫌だっ!」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:25:01.09 ID:KZdW7Dw9P
憂「お姉ちゃん……前髪下ろした律さん、そんなにカッコいいの?」

唯「惚れるね!」

律「惚れねぇよ!」

紬「惚れるわね!」

律「ないっつーの!」

梓「どちらかと言えば惚れますね」

律「どちらかってどっちだ!」

澪「うんうん、惚れるな」

梓唯紬「…………じぃ~」

澪「え……あっ ちがっ!?」

律「澪ぉ~……乗せられんなよぉ……」

澪「ま、待て! 違う……こっち見るなぁ!」

憂「澪さん、顔が真っ赤に……」

律「あーもー……澪をあんまりからかうなよなぁって、うわぁっ!?」

純「じぃ~~~~~~~っ」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:30:01.37 ID:KZdW7Dw9P
律「ガン見するな!」

純「ここまで聞いたらぜひとも見せて欲しいです!」

律「やだったら……い・や・だ!」

純「そんなこと言わずに~」

律「うるさーい!」

唯「りっちゃんテレ屋さんだね~♪」

紬「うんうん、ホントに♪」

律「ちくしょぅ……」

純「律先輩~見せてくださいよ~」

律「えぇい! 袖を掴むな振り回すな!」

純「ここまで聞いて見られないなんて、気になって夜も眠れませんよ~」

律「昼寝しろ!」

梓「お返しに、純の髪解いたところ見せるって事にすればいいんじゃない?」

純「…………(ピタッ)」


梓「純の髪ってモフモフしてて触り心地良いよね」後半
続きます

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。