FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女「着替えを見られても恥ずかしくないよ」前半

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:25:57.36 ID:6A0A3wRLP [1/21]
男「……いや、すまん」

女「気にしてないから」

俺にニッコリと笑って見せる。

男「いや、でも……」

女「ふふ、ボクの体にそんなに興味を持ったのかい?」

んなわけあるか。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:27:24.32 ID:6A0A3wRLP [2/21]
男「そんなことは決してない」

女「おや、残念だ」

思ってもないことを、残念がる。

男「……お前さあ」

女「ん?」

男「なんでそんなに平気なんだ?」

普通、もっと恥じるべきだ。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:30:20.88 ID:6A0A3wRLP
女「気にしていないからさ」

男「気にしてない?」

それは逆にダメだろ。

痴女か。

女「あ、今痴女だと思ったかい?」

ああ、思いましたとも。

女「安心したまえ。ボクは『君に』見られても気にしていないということさ」

俺はまったく、そういうので見てないのか。

まあ、そうなんだろうな。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:33:22.87 ID:6A0A3wRLP
女「君だって、ボクの体で興奮するわけでもないだろう?」

男「……」

そうだな。

女「家に帰った後、ボクをおかずに……こほんっ」

わざとらしい咳をするな。

ニヤニヤするな。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:35:49.34 ID:6A0A3wRLP
男「興奮もできないやつでするかよ」

女「じゃあ、何でするんだい?」

男「……」

くそ、鎌かけられた。

このせいで、俺がしていることがバレた。

女「ふふ、言いたまえ」

偉そうだな。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:40:00.51 ID:6A0A3wRLP
男「別に、なんでもいいだろうが」

ゆっくりと近づいてきて。

女「ふぅ~ん?」

なんだその……なんか、むかつく。

女「ふふ、やはり、君も男の子だね」

ほっとけ。

女「おかずにされている子の身になると……怖いなぁ」

男「お前がなることはないから安心しろ」

女「ふふ、そうかい」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:43:10.66 ID:6A0A3wRLP
……。

ああ、なんだよこいつ。

余裕だよなぁ、本当。

女「それで」

男「ん?」

女「着替えを見てしまった君が、ボクになんのようだい?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:47:31.78 ID:6A0A3wRLP
いや。

こいつ意外と気にしてないか?

男「えっとだな、これだ」

女「?」

男「お前が欲しがってた本があったから、買った」

女「……おや」

すげえ驚いてる。

女「ふふ、それだけのために、来てくれたのかい?」

それだけのためにって……。

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:52:14.42 ID:6A0A3wRLP
男「忘れるといけないと思ってな」

女「ありがとう。いくらだったんだい?」

男「1800円。意外と値段張るんだな」

女「そうか……えっと」

男「気にするな、今回は俺のおごりだ」

女「君の驕りかい?」

男「驕ってねぇよ」

奢りだ奢り。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:01:03.65 ID:6A0A3wRLP
女「でも……それは困ったな」

男「あん? 別にいいだろ」

こんなことで、何心配してんだ。

こいつらしくないな。

女「だって、そのお金で、ピンクの本を買うつもりだったんだろう?」

……こいつらしくてむかつく。

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:05:58.78 ID:6A0A3wRLP
女「おや、図星?」

男「俺をエロスの塊かなんかと間違えてないか?」

女「ふふ、間違いない」

男「どういうことだ」

女「ああ、エロスがボクに近づいてくる」

畜生。

そんなこと言われたら、近づきづらいだろうが。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:08:27.97 ID:6A0A3wRLP
男「もういい、用事済んだから帰る」

女「帰るのかい?」

エロスはさっさと帰ります。ええ。

女「……するために、帰るのかい?」

どういう解釈だ。

男「そんなわけあるか!」

女「じゃあ、お茶でも飲んでいってくれ。美味しいよ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:15:16.27 ID:6A0A3wRLP
男「……」

まあ、それくらいなら。

女「急用なら、別にいいんだけど」

男「ああ、大丈夫だ」

女「ふふ、それじゃあ、ちょっと待っててくれ」

そう言って、部屋をあとにする。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:03:40.74 ID:6A0A3wRLP
男「……」

さて。

いたずらでもしようかな。

でも、お茶の用意ならすぐに帰ってくるだろうし。

とりあえず、なにかできることはないだろうか……。

男「……下着……」

いや、ダメだ。

何考えてんだよ、バカ。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:14:15.80 ID:6A0A3wRLP
それじゃあ余計にダメだ。

変態だと、確定しちまうじゃねぇか。

ほら、なんかもっと簡単ないたずらでいいんだ。

男「そうだ、日記とか……」

がらっと。

あった。

『日記』。

普通に、日記と書いてある。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:17:51.99 ID:6A0A3wRLP
男「……」

男「……」

チキンだな。

本当に、チキン。

女「ほほう、いい趣味しているね」

男「!」

女「ふふ、女の子の部屋を、勝手に漁るのかい?」

男「えっと……」

これはまずい。やっちまった。

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:21:55.88 ID:6A0A3wRLP
女「ふふ、その感じだと、まだ見ていないようだね」

男「……」

女「見るかい?」

なぜ一番上のボタンを開けたんだ。

男「いいよ、別に」

女「そうかい?」

男「ああ、ちょっとしたいたずらをしようと思っただけだから」

女「君になら、見られてもいいのにな」

どういうことだ。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:28:08.62 ID:6A0A3wRLP
女「ここにはボクの全てが書かれてる」

なんだそりゃ。

女「君には、ボクを知って欲しいし、ボクは君をもっと知りたい」

いきなり、変なことを言う。

まあ、いつもどおりで安心。

女「……見るつもりが無いなら、強制はしないよ」

男「そうかい」

女「ふふ、お茶、飲もう」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:32:33.19 ID:6A0A3wRLP
といって、ニッコリと笑った。

女「紅茶、好きだよね?」

男「ああ、まあな」

女「よかった」

オシャレなコーヒーカップに、紅茶を注ぐ。

うん、いい匂いだ。

女「暖かいから、火傷しないようにね」

俺は子供か。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:39:53.71 ID:6A0A3wRLP
男「そんなこと、気にせんでいい」

女「そうか、それならいいんだ」

あつっ。

ビシャッと。

やつの下半身にぶっかかる。

女「おっと……」

男「! だ、大丈夫か!?」

女「ふふ、すこし、熱かったかな?」

すこしってもんじゃないだろう。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:44:03.08 ID:6A0A3wRLP
男「本当に大丈夫か!?」

女「心配してくれるのかい?」

俺が悪いからな。

男「火傷してないか?」

女「大丈夫さ」

うおい、いきなりズボンを脱ぐな。

男「バカ」

女「びしょ濡れだから、脱ぐのは当たり前だろう」

タイミングっていうもんがある。

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:07:23.85 ID:x6CGo3GnP [1/10]
女「ふふ、気にしなくていい。ボクは見られても平気だから」

なんだその顔は。

どや顔じゃない、少し違うけどどや顔に近い感じの顔。

男「お前がよくても俺がよくない」

女「君は見ていてもいいさ」

男「なんでそうなる」

意味がわからん。

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:12:34.97 ID:x6CGo3GnP [2/10]
女「元はといえば、君が悪いんだよ?」

そうだけども。

女「だから、ボクがちゃんと着替えることができるか、見ておいたほうがいいんじゃないのかい?」

男「そこまでしなくてもいいだろう」

女「ふふ、そうかもね」

こいつ。

俺で遊んでやがるな。

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:23:59.70 ID:x6CGo3GnP [3/10]
女「ああ、下半身がべちょべちょ……」

色気の無い声でいっても、まったくなにも感じませーん。

女「君にべちょべちょにされてしまったね」

変な言い方するな。

男「うるせえ」

女「それは逆切れだよ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 20:07:42.03 ID:x6CGo3GnP [4/10]
男「悪かった」

女「ふふ、素直でよろしい」

むかつく。

男「……」

女「着替えるから」

男「いちいち報告しなくていい」

女「言わないと怒るくせに」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 20:13:23.38 ID:x6CGo3GnP [5/10]
……まあ。

いきなり着替えたら怒るかもな。

男「そうかもな」

女「だったら、ボクは正しいことをしたんじゃないか」

男「ふんっ」

女「……パンツもびしょびしょ……」

そんなことつぶやくな。

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 20:21:30.26 ID:x6CGo3GnP [6/10]
女「ふふ、パンツも着替えなきゃ」

男「そうかい」

女「君はどんな色が好きだい?」

男「は?」

んなこと聞いてどうする?

女「黒と言われると、困るんだけれど」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 20:29:49.28 ID:x6CGo3GnP [7/10]
男「……黒」

女「困ったなぁ」

笑いながら困ったと言われても。

女「なんで黒なんだい?」

いや。

なんか、いやな予感がしたから。

女「ふむ。じゃあ、今度買ってこよう」

男「何をだ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 21:41:06.68 ID:x6CGo3GnP [8/10]
女「わかるだろう?」

男「わかってるけども」

それでも、いやだ。

女「黒……が好きなのか」

男「別に好きじゃない」

女「む? それじゃあ何が好きなんだい?」

男「……わからん」

女「ああ、間違えた。パンツなら何色が好きなんだい?」

最終的にそう聞くのか。

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 23:36:25.71 ID:x6CGo3GnP [9/10]
男「そんなもん、別に何色でもいい!」

そんなことを、俺に聞くな。

女「むぅ、君の好きな色に合わせたあげるのに……」

合わせてもらいたくない。

どうでもいいわ、そんなもん。

女「ふむ……じゃあ、これにしよう」

いいから、早く穿けよ。

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 23:47:24.85 ID:x6CGo3GnP [10/10]
女「うん、着替えが終了したよ」

男「本当かよ」

とか言いながら、こいつ下半身下着一枚とかありえそうで怖い。

女「もちろんさ。嘘はつかないよ」

冗談を言うけどな。

振り向くと。

女「どうだい? こういうフリフリしたものは、あまり好きじゃないんだけど」

なんだそのミニスカート。


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 00:02:34.33 ID:4rssN6YBP
男「さっきのカジュアルな服装はどうした」

女「君の好みはこういうのじゃないのかい?」

男「……」

まあ、合ってるかも。

女「凄いね、制服よりスースーする」

男「言わんでいい」

女「ボクもすこしは女の子らしく見えないかい?」

言ったら台無しだな。

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:17:03.86 ID:f9lblkLlP [1/7]
男「さあな」

女「微妙な答えだね」

別に。

興味、ないし。

女「さっき、母に買い物を頼まれてね」

男「ふむ」

女「今から行くのだけど、付き合ってくれないか?」

男「ああ」

それなら、いいけど。

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:19:53.76 ID:f9lblkLlP [2/7]
女「ふふ、いいのかい?」

男「おう、暇だし」

女「あれ? 家に帰るんじゃ……?」

男「帰るぞ」

女「あはは、すまない。冗談だよ」

揚げ足取りやがって。

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:23:41.44 ID:f9lblkLlP [3/7]
男「……」

さて、外に出たわけだが。

女「寒いね」

男「そうだな」

女「脚がより一層スースーするよ」

だからどうした。

117 名前:なんでID変わってんの?[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:35:01.24 ID:f9lblkLlP [4/7]
男「そんな格好してるからだろ」

女「そうだね」

なんだよ、普通に肯定するのか。

女「とりあえず、さ」

男「なんだ?」

女「くっついても、いいかな?」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 23:25:40.45 ID:f9lblkLlP [5/7]
男「はぁ……」

何言ってんの、こいつ。

女「マフラーだけじゃ、寒いんだよ」

人肌で暖めろってか。

女「ダメかい?」

男「いやだね」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 23:30:02.79 ID:f9lblkLlP [6/7]
女「そうか」

何を考えてるのかわからんやつだ。

……。

男「……おい」

女「なんだい?」

男「結局くっついてるじゃねえか」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 23:42:25.42 ID:f9lblkLlP [7/7]
女「ふふ、そうだね」

そうだね、じゃねえよ。

女「ボクはこっちに行きたいから、寄っただけさ」

男「そうか」

……。

男「おい、なんで俺と同じところに来るんだ」

女「ふふ、ダメかい?」

またそれか。

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 00:15:35.15 ID:xJj0jLx+P [1/34]
男「邪魔だ」

女「ひどいなぁ」

男「くどい!」

女「ボクは君の邪魔なんかしてないよ」

確実に歩行妨害だ。

女「ふふ」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 18:27:31.32 ID:xJj0jLx+P [2/34]
男「お前がそういうつもりなら……」

女「おっと」

走ればいい!

女「ふふ、元気だね」

男「うるせー」

女「追いかけたいところだけど……」

なんだ?

女「生憎、ボクはスカートだから」

……そうだったな。

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 18:39:41.18 ID:xJj0jLx+P [3/34]
女「なるほど」

男「……?」

なんだそのニヤケ面は。

女「ボクのパンツを、見たかったのかい?」

スカートをつまんでちょいちょい上げるのやめろ。

女「ほら、目が行ってる」

男「そんなことしたら誰でも行くだろうが」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 18:51:40.41 ID:xJj0jLx+P [4/34]
女「ボクが暑くてしているだけかもしれないじゃないか」

さっき寒いって言ってただろうが。

男「じゃあ今暑いのか?」

女「そうだなぁ……」

ゆっくりと俺に近づいてくる。

女「寒いよ」

といって、俺にくっつきやがる。

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 19:03:28.95 ID:xJj0jLx+P [5/34]
男「懲りないやつだな」

女「こりないよ」

ニッコリと微笑みかけてきた。

女「君だって、寒いだろう?」

男「そんなに」

女「少なからずは、寒いだろう?」

男「……」

寒いけども。

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 19:13:46.25 ID:xJj0jLx+P [6/34]
男「あー、もういい。わかったから」

女「ありがとう」

男「……」

なにがありがとうだ。

女「ふふ、人肌は暖かいね」

そうかい。

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 19:20:04.38 ID:xJj0jLx+P [7/34]
女「手が特に冷えてるんだ」

男「そうか」

女「……ふふ」

スーパーまで、あと少しか。

女「風が強いね」

男「そうだな」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 19:24:36.84 ID:xJj0jLx+P [8/34]
女「あっ」

ブワッと。

フワッと。

チラッと。

女「……ははは」

男「……」

見えた。

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 19:30:29.13 ID:xJj0jLx+P [9/34]
男「……」

女「見た……かい?」

男「見てない」

女「そうか……」

そんなこと気にしてるとは、なんか雰囲気違うな。

女「自信あったのに……」

前言撤回。

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 19:36:59.37 ID:xJj0jLx+P [10/34]
男「変態め」

女「変態でも構わない。見ないか?」

誰が見るか。

女「ほらほら」

チラチラするな。

男「そんなに見せたいならクラスのやつにでも見せてろ」

女「君に見て欲しいんだ」

大・迷・惑、だ。

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 19:49:24.09 ID:xJj0jLx+P [11/34]
女「……まあ、そこまで見せるつもりはないけど」

どうでもいいわ、もう。

男「ほら、着いたぞ」

女「うん、そうだね」

男「とりあえず、何買うんだ?」

女「変なものは買わないよ」

スーパーに変なものは売ってない。

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 19:52:59.61 ID:xJj0jLx+P [12/34]
男「晩飯か?」

女「うん、ほら」

この材料だと、カレーかな。

女「ボク、カレー大好きなんだ」

男「ふーん」

女「君も、好きだったよね」

なんで知ってるんだ。

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 20:24:18.76 ID:xJj0jLx+P [13/34]
女「ふふ、教えてくれたじゃないか」

男「そうだったか?」

覚えてない。

女「ボクも、言ったんだけどな」

ちょっとムスッとする。

なんかレアな顔だ。

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 20:29:44.15 ID:xJj0jLx+P [14/34]
男「そういう、お前の記憶力の良さアピールはいい」

女「ふふ、わかった」

いつもどおりに戻る。

男「さて、と」

この材料の書いた紙通りに買えばいいんだな。

女「ふふ、なんだか夫婦みたいだね」

全然そう思わん。

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 20:37:37.92 ID:xJj0jLx+P [15/34]
女「あっ……」

男「ん?」

女「これ……」

男「……」

なんだよ、それ。

新しく発売されたお菓子か。

ねったりしてりするやつの、新しいの。

目をキラキラさせやがって。お前は子供か。

女「買う」

男「いやいや、そんなの書いてないだろ」

女「ボクが個人的に買うの。いいじゃないか」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 21:04:06.81 ID:xJj0jLx+P [16/34]
言ってる事まで子供か。

男「わかったわかった」

女「ふふっ」

こいつ、いっつもこういうの買ってるよな。

それじゃあ、俺は。

女「ポッキーかい?」

男「おう、好きだからな」

女「そうなんだ」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 21:07:08.51 ID:xJj0jLx+P [17/34]
女「ポッキーって、名前面白いよね」

男「そうか?」

ポキっていう効果音からって感じがするけど、別に面白くは……。

女「一文字間違えれば大騒ぎだね」

男「……」

下品だ。

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 21:10:22.72 ID:xJj0jLx+P [18/34]
男「よし、これで全部買ったな」

女「うん、美味しいカレーが目に浮かぶよ」

男「そうかい」

女「買い物に付き合ってくれたんだし、晩も食べないかい?」

男「いいのか?」

女「うん、構わないよ」

なら、俺はいいけど。

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 21:13:21.15 ID:xJj0jLx+P [19/34]
女「面白くない冗談言っていいかい?」

お前の冗談で面白かった試しはないけどな。

男「別に、いいぞ」

女「ご飯にかかってるのが、カレーじゃなかったりしてね」

男「……」

下品だ。

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 21:17:38.38 ID:xJj0jLx+P [20/34]
男「頼むから、もうすこし離れろ」

女「寒いよ」

男「寒いのはわかってるっつーの」

それでも近すぎる。

いい匂いが、しすぎる。

……おっと、さっきのはなかったことにしてくれ。

女「ボクのこと、嫌いかい?」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 21:25:53.10 ID:xJj0jLx+P [21/34]
男「だったら一緒にいないだろうが」

女「それもそうだね」

これで、いつもなら終わり。

女「じゃあ、好きなのかい?」

……。

男「嫌いじゃ、ない」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 21:38:05.25 ID:xJj0jLx+P [22/34]
女「嫌いじゃない……か」

ニコニコと笑っている。

男「んだよ」

女「じゃあ、いいよね?」

良くないから言ったんだろうが。

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 21:50:57.15 ID:xJj0jLx+P [23/34]
男「離れろ!」

女「素直になりなよ」

男「お前は強引だな!」

女「韻踏んでないよ」

男「押韻じゃねえ!」

つまんねーギャグかますな。

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:06:27.92 ID:xJj0jLx+P [24/34]
女「ふふ、面白かっただろう?」

男「何が?」

女「強引と押韻の韻を踏んだ漢字が」

男「いんいんいんいんうるさい!」

女「三回しか言ってないよ」

男「だーもー!」

めんどくせー!!!

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:10:51.65 ID:xJj0jLx+P [25/34]
男「もういい!」

女「あっ、寒い」

男「おいてかれるなよー!」

女「そっちがそのつもりなら……」

さっき俺もそんなこと言った気がする。

女「えいっ」

男「ぐわっ」

こいつ、いきなり背中に……!!!

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:13:56.53 ID:xJj0jLx+P [26/34]
女「おんぶしてくれ」

男「馬鹿やろう!」

スカートのせいで太ももが直に!

女「ボクは結構。体力あるほうだからね」

男「じゃあ普通に歩けよ!」

女「ちゃんとつかんでるから、頑張って」

しがみついてる体力のことか。

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:16:15.81 ID:xJj0jLx+P [27/34]
女「君が望むなら……えっと……」

なんだ、顔赤くして……?

女「だ、だっこでも……いいけど」

男「なんで顔赤くしてそんな選択肢を追加した!?」

女「君のその目にやられてしまったよ」

俺はなにか問いかけたか!?

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:20:02.15 ID:xJj0jLx+P [28/34]
男「ああ、もういい!」

恥ずかしいからさっさとこいつの家まで……!

女「あっあっ……」

なんだよ!?

女「す、スースーする」

男「やっぱり降りろーーーー!」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:29:55.81 ID:xJj0jLx+P [29/34]
男「はぁ……はぁ……」

女「すまない、重かったかな?」

男「重くはねえよ……」

お前が余計なこと言わなかったら、俺はこんなに疲れてない……!

女「ふふ、カレーが楽しみだったんだね」

男「ちげえよ……」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:34:02.33 ID:xJj0jLx+P [30/34]
ガチャ ガチャガチャ

女「むむ?」

男「どうした?」

女「鍵が掛かってる」

男「?」

カチャ ガチャ


女「……母は出かけているみたいだ」

……。

こいつと二人かよ。

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:41:42.72 ID:xJj0jLx+P [31/34]
女「ここに置手紙がある。探さないでください、と……」

男「マジか!?」

女「冗談だよ」

男「……」

いい加減、そういうのやめろよな。

女「さて、カレーを作ろう」

男「手伝うぜ」

女「いいよ、君は客だ」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:45:11.15 ID:xJj0jLx+P [32/34]
男「……」

まあ、そうだな。

女「とりあえず……カレーを」

とか言いながらトイレに行くな!

男「……下品なやつだ」

女「覗かないでくれよ?」

男「誰が覗くか!」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:52:32.23 ID:xJj0jLx+P [33/34]
男「ったく……」

女「そうだ、ちょっとちょっと」

男「あん?」

トイレから声を出すな。

女「ボクの部屋で待っていてくれ」

男「なんで? お前の部屋で食うつもりか」

女「うん、ダメかい?」

別に、悪いことはないけど。

こぼしたらまずいんじゃないか?

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:59:39.45 ID:xJj0jLx+P [34/34]
男「じゃあ、言ってるぞー」

女「うん」

さて、行くか。

こいつの部屋の階段上るのも、何回目だろう。

まあ、昔からだから、覚えてねーや。

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:42:30.09 ID:+cyBb6kOP [1/54]
男「……」

それにしても。

女らしくない部屋だ。

なんか、質素。

でも、男の部屋ではない。

いい匂いがする。

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:43:36.76 ID:+cyBb6kOP [2/54]
男「……ふぅ」

あいつの、匂いだ。

あいつの……。

男「って、何考えてんだ俺は……」

別にいかがわしいことは考えてない。

……考えてみれば、ここでカレー食ったら、カレー臭でやばいんじゃ?

……加齢臭じゃなくて。

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:47:58.26 ID:+cyBb6kOP [3/54]
男「まあ、あいつが言ったことだ」

俺は関係ない。

男「……暇だ」

カレー、今から作るんだろうし。

相当時間かかるだろうからなぁ。

男「……ふわぁ……」

眠い。

男「ちょっくら寝るか」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:20:56.64 ID:+cyBb6kOP [4/54]
男「……」

ボフッ。

別に、構わないだろ。

俺があいつのベッド使っても。

あいつはいつも俺の部屋でベッドに寝そべったりしてるし。

俺だって使わせてもらおう。

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:49:17.65 ID:+cyBb6kOP [5/54]
眠気って、本当に突然来る時がある。

……。

女の匂いが、すごく漂うこのベッドで。

俺は、少し目を閉じた。

なぁに、目を閉じるだけさ。

寝るつもりなんてない。

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:52:59.35 ID:+cyBb6kOP [6/54]
女「おーい、おーい」

男「……」

寝ちまった。

女「ふふ、ずいぶん寝てたね。疲れちゃった?」

男「ああ……」

女「カレーどうする?」

男「いただくよ……」

女「ふふ、凄いよだれ」

男「えっ……」

まくらに、よだれがべっちょりとついていた。

男「すいませんでしたー!!」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:55:47.85 ID:+cyBb6kOP [7/54]
女「気にしないでよ、そんなこと」

男「し、しかし……」

熟睡したうえに枕を汚すとは……。

女「ボクのベッドは寝心地が良かった、ということだろう?」

いや、どうしようもなく眠かったから。

男「……ん?」

疑問な点がある。

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:59:00.85 ID:+cyBb6kOP [8/54]
男「……なんで、お前ベッドの上にいるんだ?」

女「え?」

男「それと、なんで微妙に髪がはねてるんだ?」

女「ベッドに横になってたからさ」

……。

男「お前、俺の横で寝てたな!?」

女「いいじゃないか、別に」

良くない!

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 03:00:41.96 ID:+cyBb6kOP [9/54]
男「……もういい、飯」

女「うむ、了解した」

もういいや。

男「……はぁ」

あいつは、好き勝手しすぎだ。

俺もしたっていいだろうに。

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:29:30.80 ID:+cyBb6kOP [11/54]
女「どうぞ」

男「おお……」

上手そうだ。

これは食欲が湧く。

女「さっきは凄く快便だった」

……。

食欲減少。

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:38:46.91 ID:+cyBb6kOP [12/54]
女「ほら、食べてくれ。自信作だ」

自信作……。

男「喋るな。食う気が失せる」

女「ふふ、仕方ないな」

食えば美味い。しかし、なんか……。

男「……」

食ってるもんが、違うものに見える。

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 18:09:06.02 ID:+cyBb6kOP [13/54]
男「……ご馳走様」

女「お粗末様」

男「美味かった。しかし、気持ちが晴れない」

女「慰めようか?」

男「冗談はやめろ」

女「ボクは本気さ」

……はあ。

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 19:25:40.78 ID:+cyBb6kOP [14/54]
さて、どうするか。

女「どうしようか」

俺もそう思ってたところだ。

女「なにかする?」

男「なにかって?」

女「まだ、決まってないけれど、なにがいい?」

男「なんでもいい」

女「じゃあ、しよう」

男「あん?」

女「これ」

何かを棒状のものを握ったような手を上下させる。

男「アホか」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 19:38:09.64 ID:+cyBb6kOP [15/54]
女「いいじゃないか、楽しいよ?」

男「ふざけるな」

女「じゃあ、これは?」

棒状の先っぽほ舐めるような仕草。

男「余計ダメだ」

女「これ」

先っぽを咥えこむような仕草。

男「バカヤロー」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 19:44:12.73 ID:+cyBb6kOP [16/54]
かじる仕草。

男「痛っ!!」

女「イった?」

男「バーロー」

女「新一?」

男「ちげーよ」

女「ふふ、何が痛いって?」

下半身が物凄く、痛くなったぞ。



302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 19:46:25.24 ID:+cyBb6kOP [17/54]
女「どこを抑えているんだい?」

男「黙れ」

なに楽しんでやがる。

女「当のボクは、したことないけどね」

何をだ。

女「君は?」

男「……」

ははは、残念だったな。

実は俺は。

……俺は……。

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 19:48:08.46 ID:+cyBb6kOP [18/54]
男「……」

女「さくらんぼ」

ぴくりと反応してしまう俺。

女「ふふ、一緒か」

男「うるせぇ」

畜生、畜生……。

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 19:53:25.04 ID:+cyBb6kOP [19/54]
女「じゃあ、卒業しようじゃないか」

男「いやだね」

女「どうして?」

男「どうしてもこうしてもない」

女「そうか」

ニッコリと笑う。

女「よかった」

なんでだ。

女「君が、女の子に飢えてなくて、ホッとしたよ」

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 19:58:00.70 ID:+cyBb6kOP [20/54]
男「は?」

女「まあ、ボクのことを、女の子として見てないだけかも知れないけどね」

男「そっちだ」

女「そっちか」

笑いながら、ベッドに横になる。

女「はぁ……何しようか?」

男「……」

パンツ見えてるぞ、馬鹿野郎。

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:01:04.80 ID:+cyBb6kOP [21/54]
男「……」

女「ふぅ」

ゴロンゴロンと。

男「……」

ベッドにゴロンゴロン。

そして俺は、ムラムラと。

当たり前だ。

ムラムラするのも、無理はない。

無理無理するのも、ムラはない。

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:05:48.82 ID:+cyBb6kOP [22/54]
女「? どうしたんだい」

男「……」

こいつ、わかってないのか?

女「ふふ、なんだい?」

何笑ってやがる。

パンツをどや顔で見せてるようにしか見えない。

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:11:27.37 ID:+cyBb6kOP [23/54]
男「別に」

くそ。

俺はやはり、飢えていた。

おんなというやつに。

女「そうか、何か面白いことを思いついたら、教えてくれ」

またゴロンと。

ドドーンと。

パンツ。パンツ。パンツ。

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:14:14.43 ID:+cyBb6kOP [24/54]
女「ああ、そうだ」

男「ん?」

ビクッとした。

ばれたのかと思ったじゃねえか。

男「んだよ」

女「ボク、引っ越すんだ」

男「……」

……え?

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:18:28.89 ID:+cyBb6kOP [25/54]
女「いやあ、ボクもビックリだよ。いきなり言われてね」

男「は……?」

女「ボクの父は、単身赴任だろう?」

男「お、おう……」

女「そっちに行こうと思って」

聞いてないぞ、こんなこと。

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:22:52.52 ID:+cyBb6kOP [26/54]
男「マジか……?」

女「うん、学校にも届け出したしね」

俺が、休み時間に寝てる間とかに……。

女「ふふ、どうしたんだい? 変な顔、してるよ」

いや、当たり前だろう。

なんで、教えてくれなかったんだ?

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:25:43.08 ID:+cyBb6kOP [27/54]
俺とお前は、長い付き合いだろう。

俺に、最初に、

言えよ。

男「……」

女「すまなかったね、言ってなくて」

男「……いつ、行くんだよ?」

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:31:09.84 ID:+cyBb6kOP [28/54]
女「明日だよ」

男「!」

女「本当に言わなくて、すまなかった」

明日?

女「どうしても、君には言いたくなかったんだ」

男「……ふざけるなよ」

なんで言わなかった。

いつも通りに。

接しちまったじゃねえか。

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:36:43.14 ID:+cyBb6kOP [29/54]
女「ボクは君と、いつも通りに話をしたかったんだ」

男「……っ」

女「その方が、君もいいだろう?」

男「よくない」

女「どうしてだい?」

男「お前……」

俺は。

俺は。

お前に、まだ……、

言ってないことが、ある。

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:44:45.76 ID:+cyBb6kOP [30/54]
女「ふふ、だから、今日は……」

ベッドを起き上がったやつを、俺は押し倒す。

女「?」

きょとんとした顔をして。

女「どうしたんだい?」

笑みを見せる。

こいつの笑顔を見るのも、最後になっちまうのか。

男「俺は……」

328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:47:56.24 ID:+cyBb6kOP [31/54]
男「俺は……」

言えない。

ここまでして。

押し倒しておいて。

女「……」

笑いながら、静かに見ている。

男「す、す……」

女「好きだよ」

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 20:56:17.24 ID:+cyBb6kOP [32/54]
男「え……」

女「君の事、好き」

ギュッと。

俺を抱擁する。

女「ずっと、ずっと、ね」

もっと強く抱擁される。

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 21:02:47.81 ID:+cyBb6kOP [33/54]
男「……」

女「もう、だんまりかい?」

そんなこと言われても。

俺は。

言おうとしたことを言われちまったんだ。

男「お前が先に言うからだろうが」

女「何をだい?」

しらばっくれやがって。

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 21:08:23.64 ID:+cyBb6kOP [34/54]
男「俺は、お前が」

女「好きなのかい?」

ふざけんな!

男「そうだよ! 悪いか?」

女「ううん、嬉しいよ」

ニッコリと笑う。

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 21:18:56.81 ID:+cyBb6kOP [35/54]
男「……でも、お前……」

こいつは、明日。

引っ越すんだ。

女「うん、そうだね」

男「きっと、また、会えるよな」

女「ボクと離れるのが、いやかい?」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 21:19:53.21 ID:+cyBb6kOP [36/54]
男「そりゃあ」

いやだよ。

男「俺は、お前のこと、好きなんだし」

女「ボクもさ」

男「……なあ」

女「ん?」

男「……しないか?」

女「えっ?」

顔を、真っ赤にする。

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 21:27:31.82 ID:+cyBb6kOP [37/54]
男「今日が、最後なんだから」

女「で、でも……」

凄く小さな声で、おびえている。

なんだよ、そんなキャラじゃねえだろ。

女「ボクは……」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 21:41:17.02 ID:+cyBb6kOP [38/54]
もじもじとしだす。

女「そこまで、求めてないって言うか……」

どういうことだよ。

さっきまで誘いまくってきたじゃねえか。

男「いざやるってことになると、いやだってことか?」

女「違うよっ、そういうことじゃない」

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 21:51:06.57 ID:+cyBb6kOP [39/54]
男「じゃあ、なんだよ」

女「……」

男「お、おい?」

女「ま、まだ……」

まだそんなことしたくないって言うのか?

女「まだ、キスしてないよ!」

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 21:55:40.06 ID:+cyBb6kOP [40/54]
男「……あ」

忘れてた。

することばっか考えてた。

くそ。

やっぱり、俺は飢えてんだな。

女「……もう」

頬を膨らませる。

可愛い。

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 21:59:01.17 ID:+cyBb6kOP [41/54]
男「そうだったな」

女「本当に、エッチだね」

男「悪い悪い」

女「ボクは結構、そういうの、気にしてるから」

男「そうかい」

女「その言い方、ちょっと酷いよ?」

そうかもな。

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 22:05:39.25 ID:+cyBb6kOP [42/54]
男「それじゃあ……」

顔を近づける、俺。

女「ちょ、ちょっと!」

また、止められる。

今度はなんだ。

女「普通に、キス……恥ずかしい」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 22:10:47.44 ID:+cyBb6kOP [43/54]
男「……」

じゃあ、どうすればいいんだ。

女「目、つぶってるから」

男「?」

女「その間に、して?」

男「わ、わかった」

そして、やつは目を閉じた。

……。

女「着替えを見られても恥ずかしくないよ」後半
続きます

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。