FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫「……違うわ、お義姉さんと呼んで」 桐乃「冗談……だよね?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:29:32.90 ID:UYGFhf2o0 [1/9]
黒猫「男女の契りが家庭を結びつけるという考え方はわが国ではごく一般的なこと。そして血縁によってではなく
婚姻、縁組によって結ばれた姻戚は義理の字を用いて義父、義姉などと表記する。なにかおかしいことがあって?」

桐乃「はぁ?おかしいことしかないじゃないの。なんでアタシがアンタをお義姉さん、なんて呼ばなきゃいけないのよ。
バッカじゃないの?ってゆーか年増宣言したいならひとりでやってなさいよね」

黒猫「……なるほど。小姑との確執が私たちの愛の障害ということなのね……」

桐乃「ワケわかんない。見えない敵と戦うのもほどほどにしなさいよ。少なくとも、アタシは付き合ってらんない」


桐乃「――ったく。いきなり呼び出すから何事かと思えば。電波女の妄言に付き合わされるなんて最悪。……ただいま」

京介「よ、よう桐乃。遅かったな」

黒猫「おかえりなさい。桐乃ちゃん」

桐乃「ちょっと!なんで中二病女がウチでお茶してんのよ!」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 21:50:44.55 ID:UYGFhf2o0
桐乃「…………」

黒猫「…………」

京介(く、空気が重い)

桐乃「お茶」

京介「あ、ああ!悪い。今入れるから、座って待っててくれ」

黒猫「私がやるから、あなたも座ってて」

京介「お、そうか?(正直ここから逃げ出したいんだが……)」

桐乃(イラッ)「やっぱりりんごジュースにして。100%のやつ」

京介「あぁ?んなもんねぇぞ。オレンジジュースでいいか?」

桐乃「なきゃ買ってくればいいじゃない。喉渇いたから早くして」

京介「あのなぁ――」黒猫「いいわ。コンビニ、すぐそこだし」

桐乃「アタシはこのバカに言ってんのよ!あんたは関係ない!」


アニメ2話分の知識しかない上書き溜めもないお( ^ω^)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:21:08.71 ID:UYGFhf2o0
京介「……あの言い方はないだろ。お客さんに」

桐乃「あらー、ごめんなさーい。不法侵入かと思ってー」

京介「あのなぁ」

桐乃「でもいつの間にか仲良くなっちゃって?『お義姉さんって呼んでv』なんていきなり言われたから
ビックリして大声出しちゃったけどそれも致し方ないことだと思うのよねぇ」

京介「……」

桐乃「で?マジでそういう仲なワケ?」

京介「その……まぁ」

桐乃「信じらんない!アイツアタシといっこしか違わないじゃん!やらしいってゆーかもうおぞましい!
身の危険感じるから近寄んないでこのヘンタイ!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:23:57.17 ID:UYGFhf2o0
京介「すぐに受け入れてもらえるとは思ってないけど」

京介「真剣なんだ。俺たち」

桐乃「真剣だから許されるなら世の妹は全員幸せなのよこの条例違反男!そっこー通報してやるから!」

黒猫「私は塀の中に囚われた彼とも愛を貫ける自信があるけど」

桐乃(!?)

黒猫「あなたの宝物も官憲の手に落ちることになるわよ。それでもいいの?」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:42:57.74 ID:UYGFhf2o0
黒猫「ただいま。……はいジュース」

桐乃「取引ってわけ?妖怪黒ずくめ女」

黒猫「あなたの解釈に干渉する気はない。私は有り得べき可能性を提示しただけ」

桐乃「ふんっ!ま、アンタたちがどうイチャついてようが関係ないわ!公然猥褻にだけ気をつけてくださればね!」

桐乃(バッカみたい!あんなのパパやママが認めるわけないし!勘当されて路頭に迷え下半身脳みそ馬鹿!)


コンコン、

桐乃「んー?」

黒猫「ご飯よ。桐乃ちゃん」

桐乃「……おたま割烹着とかハイセンスなギャグかましてくれるじゃない」

黒猫「今日はグラタンよ。早くいらっしゃいね」

桐乃「うっさい!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 22:57:15.91 ID:UYGFhf2o0
桐乃(もぐもぐ)(だ、誰もあの女の存在に疑問を示さないわけ?)

黒猫「口を開けて。あなた」

京介「は、はは……。ひとりで食えるし。お前も食えよ。腹減ってるだろ」

黒猫「あなたが食べ終わったらいただくわ。だから、あーん」

京介「あ、あーん……」

佳乃「まあ。昔を思い出しますねぇ、あなた」

大介「ん」

桐乃(既に両親公認!?)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 23:06:13.32 ID:UYGFhf2o0
そうなのか
イメージが固まるまで待機したほうがよさそうだな
というか詳しい奴カモンして書いてくれれば俺が喜ぶ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:31:13.33 ID:UYGFhf2o0
まあ寝るまでは続けるか
アドバイスあったらどんどん頼む。あと書いてくれる奴も待ってる

桐乃(はぁ……。意味わかんない)

桐乃「そういえばアイツ、妹恋コンプしたって言ってたっけ。だったら次はファンディスクよね」

桐乃「京介ー、アンタに宿題持って――ってアンタらなにやってんのよおぉ!」

京介「ん?おわっ!桐乃!?なんでお前俺の部屋に!」

桐乃「それはこっちの台詞よ!なんでそいつがアンタの部屋に!」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 23:55:49.42 ID:UYGFhf2o0 [9/9]
黒猫「夫婦が同衾するのは自然なことじゃなくて?あら、そのゲーム……『妹と恋しよっ♪』?……ふっ」

桐乃「鼻で笑った!?今アンタ鼻で笑ったでしょ?死ぬの!?ねえ死ぬの?」

黒猫「別に?虚構にのめりこんでも虚しいだけだって忠告してあげるべきかと思って。義姉として」

桐乃「そっくりそのままお返ししてやるわよ邪気眼女。能力とか使ってごらんなさいよ、できないだろうけど」

京介「い、一緒に寝るのがマズいのはわかるし……、やっぱ俺は床でいいから落ち着けお前ら、な!」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/12(火) 00:08:09.14 ID:bu2EdKSq0 [1/4]
桐乃・黒猫「「アンタ(あなた)は黙ってて!」」

京介「……はい」(立場弱ぇなぁ。俺……)

黒猫「考えてご覧なさい。近親相姦よ?神話の時代から罪と決まってるものよ。
自ら悪を行う者を見れば止めるのが人の道だわ」

桐乃「エロゲ即SEXみたいな短絡脳だからそういう結論になるのよ。いい?妹と兄ってのは切れない絆の象徴なの。
ともに過ごした思い出、ふとした時の優しさ。自然に湧き上がる暖かな思いやり……。肉体関係なんて二次的なものに過ぎないの!」

京介(俺とお前には無縁な単語だらけだなオイ)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/12(火) 00:33:22.33 ID:bu2EdKSq0 [3/4]
黒猫「だったら、まずすべての妹ものから18禁シールを剥がして見せなさいな」

桐乃「アンタを叩き出してからそうさせてもらうわ。……ってか妹恋とか普通にコンシューマー移植されてるっての」

京介(長くなりそうだなぁ……)

黒猫「押入れの中身のどれくらいがそうなってるか数えたことはあるのかしら?あなたみたいなお子様には刺激が強すぎると思うけれど」

桐乃「ご心配どうも。でも安心してもらって結構よ。モザイクの掛け忘れで即売会落ちるどっかの誰かさんみたいに妙な領域まで手ぇ出してないから」

京介(ぐぅ……)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/12(火) 00:46:53.80 ID:bu2EdKSq0 [4/4]
桐乃「あ!コラ寝るなバカ兄貴!!」

黒猫「そうです。愚義妹に正義の審判を下さなくてはならないのですから。しっかりしてください」

京介「もおおおお!今何時だと思ってんだよ。せめて続きは明日にしろ!」

桐乃「むぅ……」

黒猫「ま、私としては定まった判決を多少遅れて伝えたところで不都合はありませんし、ここは素直に夫に従っておくことにしますか」

桐乃「ちょっと!妙なこと口走りながら二人してふとんに潜り込むんじゃないわよ!まだ話は終わってないわよ!」

京介「俺に安寧の日々が訪れるのはいつになるんだ……」


キリもいいし眠いので俺はここまで
エロくならなくてスマン
wikipedia先生と付き合ってくれたお前らに敬礼(`・ω・´)ゞ
ここからはSS神を待ちわびるスレになぁれ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。