FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「あずにゃーん、本みたよー」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 19:20:39.88 ID:wHsFKKBF0 [1/6]
唯「私達両想いだったんだねー♪」クネクネ

梓「本…?何のことですか?」

唯「ほらこの本のあずにゃん特集のあずにゃん対人関係図!私のところ!」ズイッ

『先輩。目が離せない。言わないけど大好き』

梓「なっ…!?ち違います!私そんな思ってません!返してください!」

唯「あずにゃん可愛いよぉ~♪よしよし」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 20:12:07.88 ID:TgajJ86bO [1/2]

唯「よぉ~しよしよし」ナデナデナデナデ

梓「ふにゃぁ…や、やめて下さいよ~ゆいせんぱい…//」

唯「えぇ~?いいでしょ?私たち両思いなんだしさ~♪」

梓「だ、ダメです…ゆいせんぱい……わたし、へんなキブンになっちゃいます…」ドキドキ

唯「あずにゃんはもしかして、えっちな子なのかな~?」サワサワ

梓「ゆ、ゆいせんぱいぃ、どこさわって…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 20:21:34.03 ID:oq3iaiSf0 [1/18]
梓「こんなのデタラメです!」

唯「そんな!…あずにゃんは私のこと嫌いだったの?」

梓「…そ、そこまで嫌いじゃ…むしろ…その…」

唯「むしろ?」

梓「す…すき…です」

唯「!」パァァ

唯「あずにゃ~ん!」ダキッ

梓「ち、違います!今のは…隙だらけだって…」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 20:25:07.51 ID:oq3iaiSf0 [2/18]
ガチャ

律「おーっす…毎度毎度お熱いね二人とも」

唯「あ、りっちゃんおーっす!」

梓「律先輩…この人を離してください…」

律「ほら唯、なんで今日はいつも以上にベタベタしてたんだ?」

唯「りっちゃんも見て見て!あずにゃん特集だよ」

律「ほう…反抗できる相手…ねぇ…」

梓「違うんですってば!」

律「じゃあ早速自分より小さい後輩でも弄っちゃおうかな~?」

梓「ひぃ~!どうしてこんなことに!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 20:29:52.77 ID:oq3iaiSf0 [3/18]
ガチャ

澪「うるさいぞー、外から声が丸聞こえだったよ」

紬「面白そうなことやってるわね♪」

律「おー、澪にムギ!見て見て~!」

唯「私の本…」

澪「梓の人物相関図かー、良くできてるなこれ、律のとことか」

律「そこ!?」

紬「梓ちゃん、私が「かわいい人」ってホント?」

梓「あ、はい…そこはホントです」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 20:40:06.82 ID:oq3iaiSf0 [4/18]
澪「私の印象はそんなに悪くないみたいだな、良かった」

律「憧れの人だけど…って怪しくないかー?」

梓「あーもう!憧れの人でいいじゃないですか!」

唯「誰に怒ってるの?」

梓「とにかくこんなのほぼデタラメです!廃棄処分です!」ビリッ

唯「ああ!私の本…」

梓「あ、その…アイス奢りますから…」

唯「許す!」

律「後輩に奢らせんなよ…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 20:51:20.68 ID:oq3iaiSf0 [5/18]
澪「梓もそこまで過剰反応しなくてもいいんじゃないか…まぁデタラメとはいえ嫌だろうけど…」

梓(違うんです…おおよそ合ってるから嫌なんです…)

唯「じゃあみんなそろったしお茶にしようよ!」

律「さんせー!」

紬「もう準備万端よ♪」

梓「練習してください!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 20:58:00.77 ID:oq3iaiSf0 [6/18]
唯「あずにゃん」

梓「何です?唯先輩、アイスのことなら終わってから話しましょうよ」

唯「…結局私のことどう思ってるのかな?ちゃんと聞けなかったし」

梓「ふぇ!?あ…いや…それは…」

紬「!」キラキラ

梓「皆さんの前では…ちょっと…」

唯「いいじゃん、言っちゃいな!」

澪「いや、言われる側の台詞じゃないだろソレ…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:06:44.01 ID:oq3iaiSf0 [7/18]
梓「うぅ…す…」

唯「す?」

梓「好きです…」

紬「!」キマシタワー

唯「そっか、ありがとあずにゃん!」ニコ

梓「で、でも…ラブじゃなくてライクです!勘違いしないでくださいね!」

律「ツンデレだー!」

唯「ラブでもライクでも…あずにゃんに好きって言われて嬉しいよ!」ギュッ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:18:29.83 ID:oq3iaiSf0 [8/18]
梓「ぼー…」

唯「どうしたの?」

梓「!…あ、ゆ唯先…」

憂「どうしたの?梓ちゃん、ボーっとして…」

梓「あ…憂か…いや、何でもないよ、あははは…」

純「おーっす二人とも!」

憂「おはよー純ちゃん」

梓「おはよー」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:22:27.89 ID:oq3iaiSf0 [9/18]
純「今日はいいもの持ってきたんだよ!」

憂「なになに?」

梓「どうせくだらないものでしょ…」

純「じゃーん!この本、梓の相関図が…」

梓「わー!わー!」

純「梓のその反応が欲しかった!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:32:30.89 ID:oq3iaiSf0 [10/18]
純「なになに~、鈴木純 クラスメイトで親友その①。2年生の律ポジション。」

純「梓は私のこと羨ましいと思ってたんだ~」

梓「全然思ってないもん!」

憂「純ちゃんが律さんポジションって言うのはなんとなくわかるかなー」

梓「言えてる、なんか扱いがめんどくさい」

純「何よそれ~、それ律先輩に向かって言える?」

梓「反抗できる相手ですから」

純「チェー、梓いじろうと思ったのに…」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:36:07.33 ID:oq3iaiSf0 [11/18]
純「平沢憂 唯のよく出来た妹。梓のクラスメイトで親友その②。」

憂「そんな…よく出来た妹だなんて…」テレテレ

梓「なんか私の相関図なのに憂からだけやたら色々伸びてるのは何だろう」

純「唯先輩は梓とベタベタだからね、唯先輩の妹って言うのは大事だったんじゃない?」

憂「私と純ちゃんが同じ中学校っていうのは書く意味あったのかな?」

純「それはアレだよ、私と憂の中に軽音部きっかけで優しい親友①が入れてあげたっていう…」

梓「はいはい、冗談はそこまで」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:40:31.37 ID:oq3iaiSf0 [12/18]
梓「だいたい、親友①はどっちかって言うと憂だよね」

純「それどういう意味よ」

梓「だって憂がいなかったら多分純ともここまで仲良くないよ」

純「うーん、確かに…」

憂「この番号は紙面の都合じゃないかな?私はお姉ちゃんと繋げる必要あったし…」

純「そうそう、その通りだよ、憂」

梓「なんだそのテンション」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:43:03.06 ID:oq3iaiSf0 [13/18]
純「平沢唯 後輩・かわいくて大好き!!、先輩・目が離せない。言わないけど大好き。」

梓「どどどどうしてソコ読むのよ純んんんん!」

純「あはは、動揺してる梓可愛い!」

憂「お姉ちゃんのこと、好きなの?」

梓「ち、違う…これは…」

憂「…嫌いなの?」ウル

梓(ヤバイ…昨日の唯先輩と同じ手にかかりそう…)

梓「す、好きだよ、先輩として!」

憂「そっか…」

梓(その含みのあるそっかは何!?)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:47:15.97 ID:oq3iaiSf0 [14/18]
純「告白とかしないのー?」

梓「だーかーらー、先輩として!」

純「またまたそんなこと言って~」

梓「にゃー!もー!」

憂「ちゃんと好きって気持ち、伝えたほうがいいよ」

梓「へ?」

憂「お姉ちゃん鈍感だから…梓ちゃんのほうから言ってあげたほうがいいと思うな」

梓「そ、それなら…昨日言ったから大丈夫」

憂「そう…良かった♪」

純「ああ、なんだか私の本が予期せぬ展開を生んでいる…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:51:46.60 ID:oq3iaiSf0 [15/18]
梓「…何が鈍感なんだか」

梓「はぁ~…昨日変なこと言っちゃったから部室入りにくいよ~…」

梓「無かったことにならないかな~…」

唯「あずにゃん、部室の前でどしたの?」

梓「ふわああああ!唯先輩、い、いきなり声かけないでください!」

唯「?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:53:57.04 ID:oq3iaiSf0 [16/18]
梓「ダメなものはダメなんです!さー練習練習!」

唯「あずにゃん」

梓「なんd…」

唯「チュッ♪」

梓「ななななななにするんですかあぁぁ!///」

唯「昨日のアイスのお返し♪」

梓「アイスは本を破ったお返しですよ…」

唯「じゃあ今のお返しにあずにゃん…」

梓「…ゴクリ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 21:59:26.68 ID:oq3iaiSf0 [17/18]
唯「ネコミミ付けてにゃーんって言って♪」

梓「な、なんだ、そんなことなら…ってそんなことじゃないです!」

唯「はい、ネコミミ♪」

梓「なんでネコミミ着けないといけないんですかあああ!」

唯「はい、にゃ~ん」

梓「にゃ、にゃ~ん…」

唯「やっぱり可愛い♪」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 22:00:41.02 ID:oq3iaiSf0 [18/18]
梓(唯先輩は私のことどっちの「好き」なのかな…)

梓(でもまぁ…ライクでもラブでも…嬉しいな)

梓「唯先輩」

唯「なあに?」

梓「大好きです」

唯「ありがとう、今日は素直に言えたね♪」

梓(素直になれたのは、あの本のおかげかな?)

おわり


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。