FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紬「ぶー!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 19:00:06.80 ID:rDixx8FY0 [1/34]
紬「問題です」

澪「え?なんだ突然…」

律「クイズ王と呼ばれた私への挑戦とみた!受けて立とう!」

唯「そんなことよりお茶にしようよ」

紬「お茶は正解者のみに与えられます」

唯「お姉さんがんばっちゃうぞー!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 19:04:27.22 ID:rDixx8FY0 [2/34]
梓「…はぁ、お茶よりクイズよりまず練習でしょう…」

律「おんやぁ、梓ちゅわんは所謂クイズ苦手な頭カッチカチさんですかぁ?」

梓「…」カチン

梓「まぁ、律先輩のオデコほどじゃあないですがねぇ!」

律「ほぉ…やるのか、中野ォ…」

梓「やってやるです!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 19:08:18.57 ID:rDixx8FY0
澪「梓まで…」

律「ほら、澪もやろうぜ」

澪「私は…」

紬「このままじゃ澪ちゃん、 ぼ っ ち よ♪」

澪「私もやるぅ~…」

紬律(全員ちょろい)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 19:13:52.18 ID:rDixx8FY0
紬「では改めて問題です」

紬「パンはパンでも食べられないパンは?」

律「…なんだよー、ありきたりな問題じゃねーかよ」

唯「フライパン!」ビシッ

梓(早い!食欲が絡んだ唯先輩は恐ろしい!)

紬「ぶー!」

唯「えー、普通そうだよー…」

紬「フライパンはパンではありません」

律「確かにそうだ、なぞなぞにそんなこと言うのは野暮だけど」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 19:23:09.73 ID:rDixx8FY0
律(しかし、フライパンでないとするとなんだ…)

梓「はい!」

紬「はい、梓ちゃん」

梓「パンの食品サンプル!」

律(くっ…梓の奴…私より先に…)

梓(…どうです)ニヤリ

紬「ぶー!」

梓「なん…だと…」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 19:33:40.36 ID:rDixx8FY0
紬「先ほども言ったように食品サンプルはパン"では"ありません」

梓「くそー…」ガックシ

律(ふふふ、ざまぁみろ)

律(しかし、ムギの発言から分かったことがある)

律(少なくとも素材はパンそのものである、ということだ)

律(!…もしや!)ピコーン

律「はいはいはーい!」

紬「はい、りっちゃん」

律「腐ったパン!」

律(勝った…!)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 19:41:04.59 ID:rDixx8FY0
紬「ぶー!」

律(だが…ダメっ…!)

紬「腐ってても食べようとして食べれないことはありません」

律(確かに、太ったおっさんも飢えたら腐ったパン食ってたし…)

紬「じゃあ最後の澪ちゃん、どうぞ」

澪「へ?わ、私はまだ…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 19:53:23.77 ID:rDixx8FY0
律(ダメだ…澪は答えられない…)

澪「えーとえーと…」オロオロ

紬「10…9…」

澪「あ…う…」

律(くっ…ムギの奴…カウントダウンまでして…どれだけ追い詰めれば気が済むんだ…!)

紬「4…3…」

澪「と…とにかく食べられないパン!」

律(やっちゃったー!)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 20:04:24.08 ID:rDixx8FY0
紬「…」

律(なんだこの間は…)

紬「…っ!」

律(ああ、残念そうな顔!駄目だったか!)

紬「…っ~正解!」

律梓(え?)

唯「ちょっとムギちゃん!それどういうことなの!?」バンッ

梓(普段温厚な唯先輩が本気で怒っている…)

紬「食べられないパンは、どうやっても食べられませんよね
  よく考えればすぐにわかる簡単な問題でしたね」

澪「やったぁ!」

唯律梓(腑に落ちねぇーーーーー!)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 20:15:18.77 ID:rDixx8FY0
紬「正解者の澪さんにはこの高級ケーキと高級紅茶が贈られます」

澪「うめー!」モグモグ

律(ちくしょう!なんであんなのが答えなんだよ!)

紬「では次の問題です」

唯律梓「!」

律(私にはクイズ王としての意地がある…)

梓(律先輩には負けられない、私にだって意地があるんです…)

唯(私には食い意地がある…)

唯律梓(次は絶対に負けられない!)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 20:25:56.51 ID:rDixx8FY0
紬「問題です」

紬「上は大火事、下は洪水、これな~んだ」

唯(普通に答えるならばお風呂…かな?)

唯(!…いや、違う、それならば上は洪水で下は大火事であるべきだよ!)

唯(となると…)

梓「はい!」

紬「はい、梓ちゃん」

梓「上は大火事で下は洪水な状況!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 20:37:01.50 ID:rDixx8FY0
唯律「!!!」

唯(なるほど…!確かに同じ出題傾向で来るのならばその答えで正しい…!)

紬「…」

梓「ゴクリ…」

紬「ぶー!」

梓「くっ…」

紬「梓ちゃん、問題文をそのまま言ったらダメよ、もっと考えないと!」プンプン

唯(さっきの問題を早々に否定した…)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 20:51:15.32 ID:rDixx8FY0
唯(ならばその状況に当てはまる解答なんだね)

律「はいはいはーい!」

唯(先を越された!?)

紬「はい、りっちゃん」

律「…」

紬「どうしたの、りっちゃん?」

律「いざ言うとなると…恥ずかしー…」

唯(恥ずかしいような内容…何なんだろ一体…)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 21:05:08.37 ID:rDixx8FY0
紬「10…9…」

唯(ムギちゃん、容赦がないよ…)

律「…あぅ…たり…」

紬「ごめんなさい、よく聞こえなかったわ」

律「ぁ…愛し合う二人ぃ!!」

唯澪梓「!?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 21:20:27.22 ID:rDixx8FY0
唯(だが確かに…ムギちゃんらしい解答ではある…)

紬「そう考えた理由をどうぞ~」

律「…///」

唯(もう…やめろっ…りっちゃんは…限界だっ…!)

律「…う、上は…キスしてて…顔も火照って…し、下は…」カァァ

紬「下は?」

律「下はもう大洪水なんだよチクショー!もー言わせんなぁ!」シクシク

紬「ぶー!」

唯(ムギちゃん…それは時に残酷…!)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 21:30:43.22 ID:rDixx8FY0
紬「りっちゃんは本当に変態さんね、そんな解答の問題お子様に出せないじゃない」

律「…ぅう…」グスッ

紬「さぁ、あとは唯ちゃんよ」

唯(何も思い浮かばない…どうしよう…)

紬「10…9…8…」

唯「うーんうーん…」

紬「3…2…1…」

唯(もうダメ!)

唯「お風呂ぉ!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 21:38:31.67 ID:rDixx8FY0
梓(唯先輩…それだと問題の上下が逆です…!)

紬「…」

唯「…」

紬「…っ」シュン

唯(やっぱり…ダメ…?)

紬「…!」ニコ

唯「!?」

紬「正解!」

唯「や、やったぁ!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 21:44:49.00 ID:rDixx8FY0
律「なんで普通なんだよ!だいたいそれだったら上下が逆じゃないか!」

紬「間違えちゃった♪」テヘペロ

律「私は…何のために大やけどしたって言うんだ…!」ガクッ

梓「勝手に自滅しただけじゃないですか」ボソ

律「なんだとー!問題文そのままだったくせに!」

梓「にゃ!?やる気ですか!?」

澪「まぁまぁ…ここで争ったって意味ないよ」ホクホク

律「澪は黙ってろ!」
梓「澪先輩は黙っててください!」ウガー

澪「…あわわ…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 22:00:17.63 ID:rDixx8FY0
紬「正解者の唯ちゃんには高級大福と高級緑茶が贈られます」

唯「わーい!大福ー!」モソモソ

律(次こそは絶対に…)ゴゴゴ

梓(負けられない…!)ゴゴゴ

紬「問題です」

紬「真鍋さんはりんごを1,236個とイチゴを1,584個買いました」

紬「山中さんはりんごを57,664個、イチゴを40,008個買いました」

紬「真鍋さんは173,754円、山中さんは7,720,755円掛かりました」

紬「さて、りんごとイチゴはいくらだったでしょう」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 22:10:37.78 ID:rDixx8FY0
律「…」ポカーン

梓(…まさかここにきてクイズではなく連立方程式の問題が出されるとは…)

梓(しかし…律先輩がポカーンとしている今がチャンス!)

梓(いくら数字が大きかろうと所詮は連立方程式、紙に書いてしまえばこんなもの…)スラスラ

梓「あ、ムギ先輩、問題なんでしたっけ…」

紬「ンモー!ちゃんと聞いててよね!」プクー

梓(プクーじゃないですよ!そんな問題一回で聞き取れるほうがおかしいですよ!)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 22:22:26.34 ID:rDixx8FY0
唯「こんなにりんごとイチゴ買ってどうするつもりなんだろうね」モソモソ

澪「流石ムギ、問題もゴージャスだなぁ」

梓(外野うるせぇ)カリカリ

梓「えーーーーーっと…」

梓(りんごが126円なのは分かった、しかしイチゴ11.375円!?)

梓(いくらなんでも値段設定がおかしすぎる…)

梓「はい」

紬「はい梓ちゃん」

梓「りんごが126円、イチゴが11.375円…ですか?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 22:33:56.80 ID:rDixx8FY0
紬「…」

梓「…ゴクリ」

紬「ぶー!」

梓「ええ!?」

紬「良くそこまで計算したと褒めてあげたいところだけど…」

紬「現実的ではない数値を見た段階で答えではないことに気付きましょう」

梓(ええーーー!)

梓(でも確かに私の計算では…)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 22:44:57.06 ID:rDixx8FY0
律「はい!」

紬「はいりっちゃん」

律「答えはりんご126円、イチゴ136.5円」

律「つまり税抜きでりんご120円、イチゴ130円…だな?」

紬「…」

律「…」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 22:50:46.51 ID:rDixx8FY0
紬「…正解、私の負けよ、りっちゃん」

梓「ど、どうして!?」

紬「答えはりっちゃんからお願いするわ」

律「ああ」

梓「無駄にかっこつけないでください!」

律「まず私は問題を聞いた瞬間ある事に気が付いた…」

梓「…ゴクリ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 22:58:43.45 ID:rDixx8FY0
律「私にこの問題は解けない、と」

梓「ズコー」

律「だからまず梓に解かせた、ポカーンとしているふりをして、な」

梓「まんまと利用されたわけですか…」

律「ムギのことだ、梓が単純に計算して出した答えが正しくなるようにはしないだろうと思っていた」

梓「もし、そうじゃなかったら…」

律「もしそうじゃなかったら梓が正解する、しかしどの道私には解けないからな」

律「この作戦は私にとってマイナス要素はない」キリッ

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 23:04:24.10 ID:rDixx8FY0
梓「主に印象がマイナスですけどね」

律「で、だ…梓の答えを聞いてピンときた」

律「りんごの値段は合っている、それもこれは税込み価格である、と」

梓「…」

律「さらに、その値段が120円であることから問題設定が
  小学生のりんごみかん問題のソレであることも容易に想像できた」

律「つまり、イチゴの値段は120円前後(税込)になるであろうと」

梓「でもそこからどうやって130円が…」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 23:13:03.40 ID:rDixx8FY0
律「簡単な話だ、イチゴは複数個セットで売られてたのさ」

梓「なん…だと…」

律「セットで売られていると仮定した私はとりあえず11.375に掛けて120円前後になる数字を探した」

律「で、すぐに出て心の中で笑っちまったよ、なんたって…」

律「いたって簡単な、1ダース…12個だったんだからな」

梓「…」

紬「以上が解答よ」

律「いや、そこは私に締めさせて…」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 23:20:16.61 ID:rDixx8FY0
梓「…完敗です…クイズ王…」ガクッ

律「いやー、ははは」

唯「Zzz…」

澪「…あ、もう終わった?」シャカシャカ

律「…」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 23:26:06.36 ID:rDixx8FY0
紬「じゃあ"3位"のりっちゃんにはこの午後ティーとポッキーが贈られます」

律「何故3位を強調した!?何故急激に景品ランクダウンした!?私頑張ったよね!?」

梓「主に頑張ったのは私ですがね…」

澪「貰えるだけ良かったじゃないか」

律「くっそー!なんか悔しい!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 23:33:41.30 ID:rDixx8FY0
紬「ンモー、仕方ないわね、じゃあ特別にりっちゃんには別の物をあげるわ」

律「お!なんだなんだ!?」

紬「りんご58900個とイチゴ41592個よ♪」

律「ホントに買ったんかい!」

紬「120円と130円ではなかったけどね」

おわり

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 23:36:38.07 ID:rDixx8FY0
律「もう食べられない…」

澪「…」シャカシャカ

唯「Zzz…」

紬「あとは梓ちゃんだけね」

梓「あ、私にも何かくれるんですか?」

紬「この問題に正解したら午後ティーとポッキーをあげます」

梓「一気にやる気失せた」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 23:40:28.91 ID:rDixx8FY0
紬「問題です」

紬「この中で私が一番好きな女の子は?」

梓(え!もしかしてこれ告白!?)

梓「…わ、私?」

紬「梓ちゃん…勘違いはほどほどにね、正解は私、琴吹紬でした」

梓「…」

紬「ポッキーおいしいわぁ」

律「キュー…」

唯「Zzz…」

澪「…」シャカシャカ

おわり

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 23:51:08.96 ID:rDixx8FY0
はぁ、終わった終わった

それぞれちょっと解説

全体→実は全て32レス分、実はちょっと会話がリンクしてるものもある

唯「け!」→一番書くのに苦労した、話が上手く展開できなかった、地の文はやってみたけど上手くいかんかった
       ラストは一応しっかりしたから毛が…ってことは確定ではない

澪「い!」→落とし方に困った、腹筋を思いついてからは早く書けた

梓「お!」→いい話風を入れてみたかった、書きやすかった、というか収めきれないかと思った

律「ん!」→初めにできた、単体でも良かったけどしりとりネタは既にあったし、順番が席順の反時計回りかと思ったが唯と律が逆だったショック

これ→テーマを決めるのは大変だったけど決まった瞬間できた


というわけで、1日予定ずれた分と1回も出せなかった分のおまけ

和「わ?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 23:55:08.04 ID:rDixx8FY0 [34/34]
和「?…何かしら、これ」

和「蛍光灯?フリスビー?」

和「いや、フリスビーはないわね…」

和「…頭に乗せて、天使~」

和「…何やってるんだろ、私」

和「!?…と、取れない…!?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 00:03:27.97 ID:5LGyg2FB0 [1/16]
和「どうしようこれ、恥ずかしいわ…」

和「できれば誰にも会いたくない…」

唯「あ、和ちゃん!何してるの?」

和「!…な、なんでもないわ」

唯「何か頭の上に…」

和「わ、私生徒会行くね!」スタコラサッサ

唯「和ちゃん、今帰るところじゃないの?」

和「わ、忘れ物しちゃったー…」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 00:13:42.71 ID:5LGyg2FB0 [2/16]
唯「そうなんだ、ところで和ちゃん、頭の…」

和「あー忙しい忙しい…」

唯「大丈夫、全然バレバレだから」

和「…もう煮るなり焼くなり好きにしなさい!」

唯「煮ないし焼かないよ…」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 00:22:17.35 ID:5LGyg2FB0 [3/16]
唯「それ…天使の輪?」

和「所謂エンゼル・ハイロゥってやつね」

唯「かっこつけなくていいから」

和「別にコスプレとかじゃなくて、落ちてたのを拾ったらどういうわけかこんなことになっただけよ!」

唯「コスプレとか言ってないよ、私…」

唯「でも、良かった…そうだったら和ちゃん死んじゃった説はなくなったね」

唯「和ちゃんが死んじゃったら私…」

和「唯…」

唯「勉強を教えてもらう人が減る」

和「唯いいいいいいいいい!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 00:30:19.10 ID:5LGyg2FB0 [4/16]
唯「ごめんごめん、冗談だよー」

和「もう、唯ったら…」

唯「和ちゃん、これからも一緒だよ!」

和「そんなの…言わなくたっていつまでも一緒よ…」

唯「和ちゃんの口から聞きたいの!」

和「仕方ないわね…」

和「唯…これからも…すっと一緒よ」

Fin

唯「…という三文芝居はおいといて」

和「…楽しかったのに」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 00:41:37.14 ID:5LGyg2FB0 [5/16]
唯「それつけて何か変わったこととかある?」

和「って言っても本当にさっき付けたばっかりだし…」

唯「天使って何ができるんだろ?」

和「さぁ?創作でも能力が安定しないし、実物も見たことないもの」

唯「だよねぇ~」

和「じゃあみんなに聞いてみる?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 00:50:04.00 ID:5LGyg2FB0 [6/16]
prrr

律『おっす唯』

唯「あのねりっちゃん、天使って何ができると思う?」

律『どんな質問だ…』

唯「とにかく答えてくれれば問題ないよ」

律『天使ねぇ…ビーム出したりバリア張ったりじゃね?』

唯「ゲーム脳だね…じゃあ切るよ」

律『ちょ…何その残ね…』プツッ

和「どうだった?」

唯「りっちゃんはゲーム脳でした」

和「そうなんだ」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 01:01:59.54 ID:5LGyg2FB0 [7/16]
唯「ビームとかバリアとかは出ない?」

和「うん、ダメね…メガネからなら出そうだけど、それじゃあこの輪が関係ないし」

唯「そうだよね、メガネから出るんじゃ意味ないよね」

唯「やっぱ最初にりっちゃんを頼ったのが失敗だったよ…次は澪ちゃんだね」

和「澪ならそういうの詳しそうよね」

唯「うん、期待大だね」

prrr

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 01:11:19.20 ID:5LGyg2FB0 [8/16]
澪『なんだ、唯…今勉強中で…』

唯「至急、天使は何ができるかについて頼む!」

澪『なんだ、そういうことなら早くいってくれ!』

唯「十分早かったと思うけど…」

澪『新しい歌詞を考えてて、私に歌詞の書き方を教えてほしいんだな!』

唯「違うけどそういうことにしておくよ」

澪『天使かぁ…天使といえばまず有名なのがウンヌンカンヌン…』

唯「あ、あの…できることだけでいいです…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 01:24:15.37 ID:5LGyg2FB0 [9/16]
澪『はぁ~、まさか唯と天使談義ができるとは!ありがとうな!』プツッ

唯「…私一言も言わせてもらえなかったし、何も情報が無かった…」

和「その顔を見る限り…ダメだったみたいね」

唯「うん、やっぱオタクに専門知識の話を振るのは間違いだよ」

唯「次はムギちゃんだね」

和「軽音部メンバーに聞くのが間違いなんじゃない?」

prrr

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 01:36:38.96 ID:5LGyg2FB0 [10/16]
紬『唯ちゃん、どうしたの?』

唯「実は和ちゃんに天使の輪が付いちゃって、天使って何ができるのか聞こうと…」

紬『和ちゃんに天使の輪!』

唯「は、はい…」

紬『これは大変だわ!斉藤、至急撮影の準備を!』

唯「あ、あの…」

紬『和ちゃんマジ天使!』プツッ

唯「…」

和「どうしたの、唯?」

唯「ヘンタイに自ら電話をかけるのは無謀だったね…」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 01:47:38.20 ID:5LGyg2FB0 [11/16]
唯「最後の砦、ザ・常識人のあずにゃんなら!」

和「さっきからどこかから視線を感じるんだけど…」

prrr

梓『なんですか、唯先輩』

唯「実は和ちゃんが天使になって、天使って何ができるのか聞きたいんだ」

梓『状況が良くわかりません…』

唯「ああ…普通の反応…」ウットリ

梓『唯センパーイ、聞こえてますかー?』

唯「は!?いかんいかん、普通の反応が返ってくることは普通のことなハズなのに…」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 01:59:01.38 ID:5LGyg2FB0 [12/16]
唯「つまりカクカクシカジカってことだよ」

梓『見てる人に分かりにくい説明の仕方はやめてください!』

唯「つっこみまで常識的!メタ発言!」

梓『さっきから唯先輩おかしいですよ…』

唯「おかしい人たちが多いと自然とこうなるから大丈夫だよ!」

梓『大丈夫じゃありません!』

唯「で、本題のほうだけど」

梓『そんなこと言われても…私にはわからないですよ』

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 02:04:38.80 ID:5LGyg2FB0 [13/16]
和「どうだった?」

唯「常識人は非常識に疎いってことが分かりました」

和「つまり、ダメだったのね」

唯「全く…失望した!」

和「私達が言えることじゃないけどね」

憂「お姉ちゃん、帰りが遅いから迷子になってるのかと思ってたよ~」

唯「あ、憂~!」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 02:12:02.79 ID:5LGyg2FB0 [14/16]
憂「…天使にできること?」

唯「憂なら知ってそう」

憂「お姉ちゃんに勉強を教えてくれる!」

和「へ?」

憂「和ちゃん天使は私のお姉ちゃんに良くしてくれる優しい天使さんなんだよ♪」

和「憂…」

憂「だから…これからもよろしくね、天使さん♪」

和「…言われなくてもそのつもりよ」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 02:22:25.48 ID:5LGyg2FB0 [15/16]
唯「和ちゃ~ん!」ダキッ

和「わ!何するのよ唯…」

憂「私も~!」ダキッ

和「もう!この姉妹はいつもこうなんだから…」

和「でも…それが私にとって一番幸せなのよね…」

Fin

憂「とかどう?」

和「もういいわ」

おわり

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/11(月) 02:26:34.34 ID:5LGyg2FB0 [16/16]
じゃあ私ベッド行くね

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。