FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド「タケシに破壊光線だ」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:00:37.21 ID:/lbWUjBFO [1/66]
ニビシティ

タケシ「レッドじゃないか!チャンピオンになったんだってな!」

レッド「だまれ」

タケシ「…?どうした?具合悪いのか?」

レッド「ギャラドス…破壊光線だ。殺れ」

タケシ「な…うぁあああああああ!!!!」

ズガァアアアン…!

レッド「…チッ」スタスタ

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:04:35.04 ID:/lbWUjBFO
ハナダシティ

カスミ「あ…レッド!?久しぶりじゃない!!そういえばアンタ」

ドスッ

カスミ「か……は……っ!?」ドサッ
カスミ「ゴホッ…ゴホッ…な…なんで…っ!?」

レッド「……チッ」

ドフッ

カスミ「ガハッ!?」
カスミ「え…こほっ…え…?」

レッド「……」

ゴッ

カスミ「あぁあうっ!!!」

4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:08:39.70 ID:/lbWUjBFO
レッド「マダツボミ、まきつくだ」

カスミ「ぁっ…!!う、動けな、…あ…、離し…て!」

レッド「キングラー、ハサミギロチンだ。右足をな」

カスミ「え…?え…?」ガタガタ

ギリギリギリギリ

カスミ「ァァあぁあああッ!!痛い!!痛いぃい!!」

ブツッ

カスミ「ギャアぁあああああッ!!!!!」ゴロゴロ

レッド「……じゃあな」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:11:11.10 ID:/lbWUjBFO
レッド「……いや…」ピタ

カスミ「ふぅーっ!ふゥーっ!ぁああ…!!」ガタガタガタ

レッド「カメックス、カスミを運べ」

カスミ「ぁあ!!離して!!痛いぃい!!!」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:13:24.91 ID:/lbWUjBFO
ピカチュウ「ピ…ピカピ…」

レッド「なんだよ」

ピカチュウ「ピカ…ピカピ!チュウ!!」

レッド「フン、どうやらお前もあの女みたいになりたいみたいだな」

ピカチュウ「ピッ…!」ガタガタガタ

レッド「大人しく俺の言う事を聞け」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:16:59.65 ID:/lbWUjBFO
レッド「死なれちゃ面倒だ、ビードル。糸をはいて止血しろ」

シュルル…ギュッ

カスミ「ぐっ……」
カスミ「レッド…」

レッド「なんだ」

カスミ「ヒッ…」ビクッ
カスミ「あ…あぁう…」ガタガタ

レッド「何も言わないのなら、こちらから言う」
レッド「カスミ、お前を生かしたのはある理由があってな」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:20:47.52 ID:/lbWUjBFO
レッド「ジムリーダー全員に今のお前の状況を報告し、こう告げろ。『一人ずつ潰す』とな」

カスミ「そ…そんな…」

レッド「…」ギロッ

カスミ「ひっ…」ビクッ
カスミ「し…知らせるだけなんだよね?それだけだよね?」

レッド「早くしろ」

カスミ「は…はい…」
prrrrr…

ナツメ「もしもし」

カスミ「ナツメさん…?」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:23:31.65 ID:/lbWUjBFO
カスミ「ひ…い、今から言うことをジムリーダーの皆に伝えて欲しいの…」

ナツメ「何かしら?」

カスミ「レ…レッドが…皆…潰すって…」

ナツメ「あら、私たちは皆あの子に負けたわよ?」

カスミ「そ…そうじゃなくて…!」
カスミ「私…右足切られちゃって……」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:25:49.69 ID:/lbWUjBFO
レッド「貸せ」
カスミ「あっ…」

レッド「聞いたか?ナツメ」

ナツメ「右足を切られたって…シュールなジョークね」

レッド「今から写真を送る」

レッド「動くな」
カスミ「は…ひ…」

パシャ

レッド「これでもまだジョークと言えるか」

ナツメ「……!!!」

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:29:28.06 ID:/lbWUjBFO
ナツメ「どういうつもり!!?」

レッド「お前らを潰すつもりだ」
レッド「鬼ごっこをしようじゃないか」

ナツメ「く…狂ってるわ…」

レッド「もし捕まったら…キングラー、左手」

ブツンッ

カスミ「ぎゃああァァアアア!!!」

ナツメ「や、やめて!!!」

レッド「この事を全員に伝えろ」

ナツメ「…四天王が黙っちゃいないわよ……」

レッド「潰した」

ナツメ「!?」

レッド「さっさと伝えろ」

ナツメ「………」ブツ

ツ-、ツ-…

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:35:59.11 ID:/lbWUjBFO
ナツメ「そういう訳なの」

カツラ「ナツメ君…これは冗談では済まされんぞ…」

マチス「オウ……ヒーズクレイジー…」

エリカ「私…彼を止めに行きます…」

カツラ「よしたまえ!彼はチャンピオンなんじゃ!実力的に、彼が数段上…負ければ」

キョウ「止めるとするならば、拙者ら、男の務め…」

マチス「イエス!」

カツラ「うむ…しかしグリーン君、君は行っては駄目だ」

グリーン「何故です?」

カツラ「君は新任でしかも若い…生き急ぐには早かろう…」

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:39:05.86 ID:/lbWUjBFO
カツラ「そして彼女らを守ってあげて欲しい」

グリーン「…わかりました」

キョウ「では…行くとするか…」

マチス「OK!」

カツラ「うむ」

ナツメ「カツラさん!彼の強さは本物よ!?」

カツラ「誰かが止めねばならんのじゃ…誰かがのう…」
カツラ「しかしレッド君…何故じゃ……?」

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:41:41.74 ID:/lbWUjBFO
レッド「…痛いか」

カスミ「…」コクコク

レッド「そうか」グリグリグリ

カスミ「ぐぁあうぅ…!!ぁあ!!」

レッド「もう絶叫する元気もないみたいだな」
レッド「見ろ」

カスミ「……?」

レッド「客だ。どうやら俺を潰しに来たらしい」

カスミ「…!」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:46:33.93 ID:/lbWUjBFO
キョウ「しばらくでござるな…」

マチス「オウ…マイフレンド…ホワイッ!?」

カスミ「に…逃げてください!!下手をすれば…」

レッド「黙れ」
ドフッ

カスミ「ゴホッ!?」

カツラ「レッド君…君という男は…!!!」

キョウ「モルフォン!」

マチス「ライチュウ!!」

カツラ「ブーバー!!」

レッド「…ダグドリオ、ギャロップ、イワーク」

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:51:33.87 ID:/lbWUjBFO
レッド「ダグドリオ、地震…ギャロップ、だいもんじ…イワーク、岩雪崩…」

ズガガガガガッ!!!

マチス「……アンビリィバボゥ!」

キョウ「ぜ…全滅…!?」

カツラ「くっ…腕をあげおって……」

レッド「目障り」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 01:56:20.07 ID:/lbWUjBFO
レッド「そうだな…ギャラドス、食え」

キョウ「!!」

マチス「オゥ!?」

カツラ「なっ…に、逃げるんじゃ!2人とも!!カスミ君を連れて!!」

レッド「丸腰の人間がギャラドスから逃げ切れるとでも?」

カツラ「ワシが囮になる!!うおおぉぉお!!!」

レッド「っ…」

ギャラドス「グオア!?」

カツラ「今のうちに逃げるんじゃ!!」

キョウ「くっ…この仇は…必ずや……!!」ダッ

マチス「ガール!!逃ゲルネ!!」ダッ

レッド「ちっ…」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:00:07.92 ID:/lbWUjBFO
ガツガツガツガツガツガツ…

レッド「二人とも遠くに行ったかもな…」

グチャ!バリッベリベリッ!!

レッド「ゴルバット、ゲンガー」
レッド「ゴルバットはマチスを。ゲンガーはキョウを殺せ」
レッド「カスミは生かしておけよ」


ガツガツガツ…ゲェップ…

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:05:26.37 ID:/lbWUjBFO
キョウ「ハァ…ハァ…やはり忍者の道を離れていたせいか…体力に…ムッ!?」

ガサガサガサガサッ!

キョウ「まさか…いや…ギャラドスほどの巨体ならば、姿は……」

ガサガサガサガサ

キョウ「……何者だ…」

ゲンガー「キシャァァァ…」

キョウ「!?」


………

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:09:15.72 ID:/lbWUjBFO
マチス「大丈夫!モウスグ…ポケモンセンターネ!!」

マチス「普通ノ病院ホドジャナイニシロ…確カナ安全ト、ソレナリノ応急処置ガ…」

バサバサバサ

マチス「…ワッツ…?」

バサバサバサバサ

マチス「大量ノゴルバット…一匹ガ群ヲ読ンデ…!?」

マチス「クッ…」ダッ

バサバサバサバサバサバサ

………

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:13:19.49 ID:/lbWUjBFO
prrrr……

ナツメ「もしもし?誰?」

レッド「……3人来たが…」

ナツメ「……」

レッド「わかるだろ?」

ナツメ「……!!」

レッド「いよいよお前らだな…グリーンはどうした」

ナツメ「あ…あぁぁあ……」

レッド「話にならん、代われ」

グリーン「レッド…」

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:17:01.89 ID:/lbWUjBFO
グリーン「何故、俺たちジムリーダーを潰そうとする」

レッド「言う意味があるのか?」

グリーン「言いたくないってことだな…」

レッド「そうなるな」

グリーン「俺がお前にチャンピオンの座を取られたとき…俺の敗因はポケモンの気持ちを考えていなかったからだった」
グリーン「今のお前…昔の俺を見ているようだ…」

レッド「………言うことはそれだけか?」

グリーン「…あぁ…」

レッド「そういえばリーフもいたな」

グリーン「なっ…あいつは関係ねぇだろ!?」

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:20:11.03 ID:/lbWUjBFO
レッド「大アリだ。あいつも例外ではない」

グリーン「やめろ…これ以上、人を傷つけるな!」

レッド「俺だって見知らぬトレーナーを片っ端からハネていく訳じゃないさ」

グリーン「くっ…」
プツッ…ツー、ツー、

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 02:23:56.24 ID:/lbWUjBFO
ナツメ「リーフちゃん」

リーフ「は、はい」

ナツメ「貴方に話たいことがあるの」

リーフ「………」

……

リーフ「そ…そんな…レッド君が…」

ナツメ「信じられないのはわかるわ。でも…」

エリカ「貴女も狙われているんですもの…」

リーフ「……わかりました……」

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:04:17.62 ID:/lbWUjBFO
エリカ「…」

ナツメ「エリカ…さん…?」
エリカ「彼が…何故…こんなことを…」ブルブル…

グリーン「わかりません…しかし、今の俺達では、おそらく…ワタルでさえも歯が立たなかったみたいですし…」

ナツメ「リーフちゃんと合流しましょう。バラバラになっては一人ずつ潰されてしまう」

グリーン「…そうですね」

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:14:34.09 ID:/lbWUjBFO
………
リーフ「レッド君は…本当に…」

グリーン「…あぁ…既に5人…やられた…」

リーフ「そ、そんな!私達…3人で…」

グリーン「3人で同時にマサラを出たな…その時あいつはこんな奴じゃなかった…」

ナツメ「………来る……」

エリカ「……え…?」

ナツメ「彼がこちらの方向に向かってるのを感じる…!まさか…私だけでなく彼も超能力を使えるというの…!?」

グリーン「くっ…フーディン!皆を連れてテレポートだ!!」

シュンッ

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:17:57.65 ID:/lbWUjBFO
グリーン「とりあえず…ここで…」

ナツメ「助かったわ…私もエスパーポケモンがいるから、交代でテレポートで逃げましょう」

エリカ「…でも、逃げてばっかりじゃ…」

グリーン「えぇ…どうすればアイツを止められるのか…」

リーフ「レッド君…どうして…?」シクシク

グリーン「泣いてばかりじゃどうにもならない、それよりどうするかだ…」

Prrrrrr

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:22:41.94 ID:/lbWUjBFO
ナツメ「…はい…」

レッド「……急いで逃げたようだな…」
レッド「今は…シオンタウンといったところか…」

ナツメ「!!くっ……何故こちらの居場所が…!?」

レッド「さぁ…?」

リーフ「ひ…いや…いや…!」ガタガタガタ

エリカ「大丈夫…!リーフちゃん。貴女もトレーナーでしょ…?しっかりして…!」

レッド「あぁ、そうそう」
レッド「各地に俺のポケモンを配置しました…その辺りだと…ニドキングかな?」

グリーン「!?」

リーフ「あ…あれ…!」

ナツメ「くっ…早速来たようね…!!」

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:26:57.66 ID:/lbWUjBFO
ニドキング「グァアアアアアアッ!!!」

グリーン「くっ…ナッシー!たまごばくだん!!」

ドガッ

ニドキング「…グゴォオ?」

グリーン「ほとんど効いてない…」

ナツメ「フーディン!サイコキネ…」

ズガッ

ナツメ「キャアアッ!!!」

エリカ「強い…!」

グリーン「一旦引き返しましょう!!ナツメさん!」

ナツメ「ぐっ…それもそうね…!」

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:31:17.14 ID:/lbWUjBFO
Prrrrrrr…

ナツメ「はぁ…はぁ…何よ……」

レッド「上手く倒せました?」

グリーン「くっ…あそこまで鍛えてあるとはな…!」

レッド「なんだ…逃げたのか…逃げてばかり…」

グリーン「お…お前…!」

ナツメ「挑発に乗っちゃダメ!!」

レッド「固まったらまとめて潰されると思うけどな…」


ザッ…
レッド「ほら、見ぃつけた」

ナツメ「なっ!?」

グリーン「お前初めからここがわかって…!」

リーフ「いや…いやぁあああ!!」

エリカ「ぐっ…」

106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:35:01.67 ID:/lbWUjBFO
グリーン「…俺が行く…」

エリカ「グリーン君!?」

ナツメ「ダメよ!!一人で挑んだら…!!」

グリーン「……こいつは俺が止めます…」

レッド「久しぶりだな…グリーンと戦うのは」

グリーン「こんな形で戦いたくなかったけどな…」

グリーン「…リザードン…!」

レッド「…フシギバナ…」

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:37:35.86 ID:/lbWUjBFO
グリーン「行け!!だいもんじ!!」

ボゥゥウウッ!!!

レッド「ふっ…なかなかやるな…だが…」

フシギバナ「グゥウ…」

グリーン「倒しきれてない…!?」

レッド「フシギバナ、ねむりごな」

リザードン「グ……グ…」ドサッ…

110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:41:02.51 ID:/lbWUjBFO
レッド「やどりぎのタネだ、フシギバナ」

リザードン「グ…ゴ…ガ…」

グリーン「くっ…ピジョット!お前も出ろ!!」

レッド「やれやれ、ダブルバトルをご所望か…」
レッド「いいところに来たようだな、ニドキング…」

ニドキング「グルルル…」

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:44:19.43 ID:/lbWUjBFO
グリーン「ピジョット!ゴッドバードだ!!」

ピジョット「…!」ググッ…

レッド「力を溜める暇があるのか?ニドキング、10万ボルトだ」

バリバリバリバリッ!!!

ピジョット「ピ……ジ……」ボトッ…

グリーン「し…しまっ……!!」

リザードン「グオオオオッ!!」

レッド「起きてしまったか…」

114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:48:07.97 ID:/lbWUjBFO
グリーン「そっか…そうだよな、こんなところで負けるわけにはいかないからな…」
グリーン「リザードン!!フシギバナだいもんじだ!!」

レッド「甘いな…ニドキング、なみのり」

グリーン「なっ…!?」

ザバァアアア!!

グリーン「だいもんじが…かき消され…!!」

ザバァアアッ!!

リザードン「グ…ゴォォアア!!!」

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:52:53.16 ID:/lbWUjBFO
グリーン「くっ…ナッシー…!」

レッド「もう諦めろ…」

…………

ナツメ「…強すぎる……」

グリーン「く…くそぉぉぉぉ!!!」

エリカ「…私がいきます…!」

グリーン「ダメだ…3人とも…逃げてください…!」

エリカ「で…でも…!」

グリーン「早く!!」

ナツメ「…」
ナツメ「…わかったわ…!エリカさん、行きましょう」グイッ

エリカ「まっ…待っ…」

ナツメ「フーディン!テレポート!!」シュン

レッド「ふん…」

リーフ「レッド…君…」

グリーン「バ、バカ!!ナツメさんについて行けって行っただろ!!なんで逃げてないんだ!!」

117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 15:57:25.46 ID:/lbWUjBFO
リーフ「レッド君…こんなの…冗談だよね…?そうでしょ…?」

グリーン「く、来るな…!!」

レッド「…ニドキング、リーフに破壊光線だ…」


リーフ「…!」ゾクッ

グリーン「ケ…ケーシィ!!」
グリーン「リーフを…どこでもいい!!テレポートで飛ばせ!」

リーフ「え…グリーンく」シュンッ


ズバアアアアンッ!!

レッド「ちっ…破壊光線より早く逃がしたか…」

グリーン「お前の好きに…させるかよ…」

レッド「そうか…ニドキング、グリーンを始末しておけ」

…………

121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:02:40.44 ID:/lbWUjBFO
エリカ「どうして!?なんでリーフちゃんを置いてきたんですか!!」

ナツメ「違う!私はあの子の手を掴んでた!!でもあの子はそれを振り払って…!」

エリカ「だ…だからといって…!!」

ナツメ「…とにかく、グリーン君達のためにも、彼を止めなきゃ…」

エリカ「…私は、リーフちゃんを捜しに行きますわ…」

ナツメ「なっ!?今バラバラになったら…!!」

エリカ「自分達が生き残るのが優先ですの!?リーフちゃんはどうなるんですか!!」

ナツメ「くっ…勝手にしなさい!私は行かないわ…!」

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:06:30.79 ID:/lbWUjBFO
ピカチュウ「ピ…ピカァ…」

レッド「なんだ…」

ピカチュウ「ピカピカッ…チュ…ピカッ…」

レッド「…」
レッド「トレーナーの言うことをきかないポケモンなどいらん」

ピカチュウ「…ピッ…!?」ビクッ

レッド「ニドキング…ツノドリル…」

ピカチュウ「ピッピィッ!ピカァッ!!!」フルフル

ギャラリリリリリリッ!!

ピカチュウ「ビガァアアアアアアッ!!!」グチャグチャグチャグチャ!!

レッド「さ…鬼ごっこ再開だな…」

124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:09:12.51 ID:/lbWUjBFO
リーフ「…グリーン君…」
リーフ「ケーシィ、ありがとね…。でも…私これから…どうすれば…ここ…どこの森だろ…」

ザッ

リーフ「ひっ!?」ビクッ

リーフ「だ…誰!?」

ストライク「キシャァア…」

リーフ「あ…あぁぁ……」

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:12:54.84 ID:/lbWUjBFO
リーフ「…ピ、ピクシー!!フラッシュ!!」

カッ

ストライク「……ッ!!!」

リーフ「よし…目がくらんでる今のうちに…!!」ダッ

129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:15:18.50 ID:/lbWUjBFO
リーフ「こ…ここまでくれば…流石に…」


アーボック「ジャァア…」

リーフ「!?」
リーフ「くっ」ダッ!

アーボック「ジャッジャァアア!!」

ジュウゥウ!

リーフ「ようかい液!?」
ジュウウ

リーフ「あ…ぁああっ!!!」

130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:17:26.45 ID:/lbWUjBFO
リーフ「足が……!ド…ドードー、お願い!!」

ダダダダダダダッ!!!
…………

エリカ「……この一帯のポケモン、皆殺されてる…!ひどい…!」
エリカ「リーフちゃん…どこにいるのかしら……?」」

131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:20:35.68 ID:/lbWUjBFO
ドードー「ピ…ピピッ!」ピタッ

リーフ「わっ…どうしたの?ん?前に何かいる…」

ストライク「キシャアア!!!」

リーフ「…さ…さっきの…!?」

アーボック「ジャアァアア……!!」

リーフ「はさまれた…!?嫌!!いやぁああああ!!!」

136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:24:23.39 ID:/lbWUjBFO
エリカ「ウツボット!ねむりごな!!」

ストライク「……」ドサッ

リーフ「…え?エリカ…さん…?」

エリカ「早く逃げましょう!!」

アーボック「ジャアアッ!」

ガブッ

リーフ「あぐっ!?…ピクシー!フラッシュッ!!」

エリカ「!?大丈夫!?」

リーフ「は…はい!!行きましょう!!」



138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:26:49.75 ID:/lbWUjBFO
ナツメ「これからどうしようかしら…私の超能力なら、彼の意図が読めるかもしれない…」

ナツメ「……」

Prrrrrrrrr

ナツメ「はい…」

レッド「次は俺、貴女のところに行こうと思って…」

ナツメ「……!!」
ナツメ「いいわ…私も聞きたいことがあるの……」

142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:30:32.55 ID:/lbWUjBFO
レッド「……」

ナツメ「……」

レッド「聞きたいことは?」

ナツメ「何故、こんなことをするの…?」

レッド「そんなありふれた質問ですか…なら用はありませんね…」

ナツメ「いいえ…私は貴方の思考が読める…!」
ナツメ「…貴方……本気で…!?」

レッド「大マジですとも…さ、そろそろ死んでもらいますね、行け、スピアー!」

145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:34:14.74 ID:/lbWUjBFO
ナツメ「フーディン…!!」

レッド「勝てるとでも…?」

ナツメ「思ってないわ…!でも抵抗くらい、させてもらうわよ…!サイコキネシス!!」

スピアー「………」

ナツメ「くっ…」

レッド「ダブルニードル…やれ」

フーディン「……ッ!!!」ドサッ

ナツメ「フーディン!!」

149 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:39:03.88 ID:/lbWUjBFO
レッド「…ここまでのようですね…」

ナツメ「くっ……」
レッド「スピアー、やれ」

プス…チュウゥウゥ……

ナツメ「あ…あぁあ…!な…何を打って…」

レッド「神経に作用するものです。媚薬で他の男に襲わせるという手もありますが、今回は苦しませて殺すのが主旨なので」
レッド「痛みが何倍にも膨れあがる作用です」

ナツメ「…くっ…」

153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:42:00.26 ID:/lbWUjBFO
レッド「マダツボミ、まきつくだ」

ギュッ

ナツメ「あぐっ!?」

レッド「ただ巻き付かれただけなのに、ずいぶん痛そうですね」

ギリギリギリギリ…!

ナツメ「ァアアッ!!!痛い!!痛いぃい!!!!」

レッド「ほらほらまだ序の口ですよ」

156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:44:32.04 ID:/lbWUjBFO
レッド「フシギバナ、つるのムチだ」

ナツメ「え…?や…やめっ」

バチィンッ!!

ナツメ「ぁァァアアアアッ!!!」
ナツメ「ひっ…ひっ…!!」

バシィインッ!!

ナツメ「いやぁあああ」

160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:46:44.51 ID:/lbWUjBFO
レッド「貴方みたいな聡明な女性がそんなに痛がって…」

ナツメ「あ…あぁあ…」

レッド「爪を一枚ずつ剥がしたらどうなるんでしょうね」

ナツメ「!?」
ナツメ「ひっ…!!いや!!いやぁあああああっ!!!」

バリッ

ナツメ「あがぁああああっ!!!!」

162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:48:53.35 ID:/lbWUjBFO
…………
レッド「剥がす爪全部なくなったな…」

ナツメ「…が……あ……」

レッド「ほら、寝てないで起きて」パチンッ

ナツメ「あ…は……」

レッド「さ…そろそろ仕上げに入りますか…」

ナツメ「…貴方…何を考えて……そ、それだけはいや!!それだけは!!」

163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:51:39.07 ID:/lbWUjBFO
レッド「カイロス、ハサミギロチンだ」
レッド「カスミと同じようにしてあげますよ」

ナツメ「いやぁあああっ!!!」

ザクッ

ナツメ「あがぁああああああああっ!!!!」

レッド「痛いですか?」

ナツメ「……あっ…」

ザクンッ

ナツメ「ギャアアアアアアアッ!!!」

166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:53:22.71 ID:/lbWUjBFO
……
ナツメ「…ア…アハハハハハ……」

レッド「?」

ナツメ「アハハッ……アハハハハ……」

レッド「はぁ…」
レッド「白けた…カイロス、バラしてリュックに詰めててくれ」

ナツメ「アハハハハ……」

ザクッ…
ブツッ…

ゴロン…

169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 16:57:45.37 ID:/lbWUjBFO
エリカ「ここまで来たら…でもすぐ見つかるでしょうね……」

リーフ「はぁ…はぁ……」

エリカ「どうしたの…?顔色悪いですよ…!?」

リーフ「だ…大丈夫…です……」


ストライク「……」キョロキョロ

エリカ「来た…私たちを探してる…。ここも危ないわ…行きましょう。立てる?」

リーフ「は…はい…」

172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:02:01.38 ID:/lbWUjBFO
リーフ「あ…ぅ…」ドサッ


エリカ「!?大丈夫ですか!?」

リーフ「さっき…噛まれたところから…」

エリカ「見せなさい!!」バッ

エリカ「……!!」エリカ「毒が……!」

リーフ「はぁ…はぁ…もう…全身に回ってる…そんな気がします……私…もう……」

エリカ「馬鹿な事言わないで!!毒吸い出しますわ!」
エリカ「チュウウ……ペッ…チュウウ……」

リーフ「無駄…です…エリカさんだけでも……」

177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:05:18.06 ID:/lbWUjBFO
エリカ「リーフ…ちゃん…っ…!!」

リーフ「も…目が見えませ……ありがとうございます…エ…カさ…」
リーフ「………………………」

エリカ「ひっ…いや!!起きて!!起きなさい!!!いやっ!いやぁああ!!!」

アーボック「ジャアアァ…!」

エリカ「!?」

レッド「ここにいたんですか…」ザッ…

180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:08:52.75 ID:/lbWUjBFO
エリカ「あ…あ…あぁぁぁ……」ガタガタガタ…

エリカ「い…ひ……あぁあ……」ジョォオ…

レッド「そうか、1番怖がりなのは貴女でしたか、それを強がってリーフを励ましてたってことですね」

エリカ「あ…いや…ぃゃ…」

レッド「もう漏らすような年齢じゃないでしょ?まったく………」

186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:12:59.28 ID:/lbWUjBFO
ロケット団員1「へっへ…やっとか…」

レッド「あ、来たんですか」

ロケット団員2「お前は仕事が早過ぎるんだ…せっかく女ジムリーダーいただこうとしたのによ……もう一人だけじゃねぇか」

レッド「仕方ないですね…じゃ、ここにいる二人で仲良くわけあってください。終わったら呼んで下さいね。始末しますから」

ロケット団員1「あぁ…ジュルリ…」

エリカ「え…?え…?いや…!いや…ッ!!」

192 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:16:50.15 ID:/lbWUjBFO
ビリィッ!!

エリカ「ひっ…!?」

ロケット団員1「おいおい着物の下なにも履いてねぇじゃねぇか…」

ロケット団員2「これが本格らしいな」

エリカ「や…離し……!!」

ロケット団員1「レッドの前だと小便もらすくらい怯えてたのになぁ?」

エリカ「……!!!」

ロケット団員2「ほら!股開け!!ジムリーダーさんよぉ!!!」

エリカ「いや!!離して!!離してぇええ!!」

197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:20:09.12 ID:/lbWUjBFO
ロケット団員1「じゃ、俺からな」

ロケット団員2「ちっ…」

エリカ「な…いや…」

ズブッ

エリカ「はぁあっ!!痛い!!痛いー!!!」

ロケット団員1「ふへへ、初めてゲットだぜ…てか?」

エリカ「あ…あぁあ!!抜いて!!抜いてぇえ!!」

ロケット団員1「あーあー心配しなくても中で『抜いて』やるよ」

エリカ「ひっ…!?」

201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:23:01.11 ID:/lbWUjBFO
ロケット団員2「あ、後ろ空いてるじゃん」

グイッ

エリカ「!?そ…そんなの!入らな…」

ズッ

エリカ「ひぐぅううッ!!?」

ロケット団員1「ほらほらぁ」

ロケット団員2「前後から腹の中掻き回される感想はぁ!?」

エリカ「あはっ!!はぁああっ!!苦しい!!んやぁああ!!!」

208 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:27:25.18 ID:/lbWUjBFO
エリカ「あは…はぁぁ……」ジュボジュボ

ロケット団員1「見ろよ、こいつヨダレ垂らしてやがる」

ロケット団員2「気持ちよくなってきやがったのか?清楚なイメージNO1のエリカさんよぉ」

エリカ「あは…あがぁあっんっ、ふぁあっ!!」ブルッ…ジョォオ…

ロケット団員1「うわっこいつ…ハメられながら小便漏らしてやがる…!」

ロケット団員2「もうただのメスだな…!」

エリカ「あがぁああっ!!んぅ!ふぁああああッ!!!」ビクンッ

211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:32:33.62 ID:/lbWUjBFO
……

ロケット団員1「ふぅ…」
ロケット団員2「終わったぞ」

レッド「長かったですね、エリカは?」

ロケット団員1「ほら」グイ

エリカ「ぁ…ぁぁ……」

ロケット団員1「股間から子種垂れちゃってよぉ。どんな子供を産むのかなぁ?」

エリカ「や…いやぁ……見ないで…見な…い…でぇ…」フルフル

レッド「心配ありません、今から死ぬんですから」

エリカ「…?こ…殺して……お願い…殺して……」

レッド「はいはい」グッ

レッド「最後は首を僕が絞めてあげますからね」

エリカ「が……ぁ…ぁ………」ガクガク




エリカ「…………」

218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:35:28.40 ID:/lbWUjBFO
アジト

サカキ「おぉ…戻ったか…レッド」

レッド「はい」

サカキ「証拠は?」

レッド「男のジムリーダーはこの写真に死体を…そして」

レッド「女のジムリーダーは死体を持ってきました」

ゴロ…ドサッ…

サカキ「ホゥ…よし…約束のポケモンをやろう…ミュウとミュウツーをな」

223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 17:40:23.08 ID:/lbWUjBFO
サカキ「しかし、まさか人間の命より図鑑の完成を優先するとは」

レッド「人の価値観なんてそれぞれです」

サカキ「そうか…よし、ほれ、ミュウとミュウツーが入ったボールだ」スッ…

レッド「…ありがとうございます」スッ

サカキ「あぁ…そしてさらばだ」ガチャ

レッド「拳銃!?」

パンッ…

レッド「……」ドサッ…

サカキ「このガキのポケモン、所持品を全て回収しろ」

サカキ「邪魔者はいなくなった…我々の復活の時が来たのだ…!フフハハハハハ…ッ!!!」


the end…

コメント

マジキチかよ…

No title

続きマダー?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。