FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「俺にも彼女が出来たんだ」美琴「え・・?」 2

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/20(水) 17:57:21.67 ID:CRX/EoQR0
個人的には五和ルート行きたいのですが・・・・・・・・

それと書留めるから書き始めは少し時間をいただくかもしれません

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/20(水) 18:16:48.63 ID:CRX/EoQR0
インデ「五和?いきなりあわてだして一体全体どうしたんだよ?」

五和「えぇぇっ!?あの・・・・・・そのですね、急な用事ができてしまいすぐにここをでなくてはいけなくなったんですよ」

インデ「そうなの?じゃあ私もそろそろへそ曲げてないで帰んなきゃだね」

五和「いっ・・・・いやいや!!あなたは大丈夫です!!用があるのは私だけですよでここでもう少しゆっくりしていてください!!」

インデ「そう・・・なの?じゃあお言葉に甘えてもう少しいようかな・・・・?」

五和「そ、それがいいです!!是非ともそうして下さい!!では、わたすはこれで」

インデ「・・・・天草式も忙しいんだね」


五和「ふぅ・・・・(よしっ、そうときまれば早速空港に・・・・・!?)」


425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/20(水) 18:32:56.80 ID:CRX/EoQR0
五和「たっ建宮さん!?なんでこんなところに・・・・・・・・!!」

建宮「今更なにいってんだ?お前の考えなんざ丸々おみとうしなんよ?」

五和「なっ!?・・・・・」

建宮「まぁ聞け、今の上条の野郎は言伝によると2次元キャラにすっかり魅了されちまってる訳でな・・・」

五和「えっ?2次元?なんですかそれ・・・」

建宮「・・・とんかくなんでも寧々っつう女に惚れ込んでるのよな、これが」

五和「はっ!?・・惚れ込!?」



428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/20(水) 18:40:09.25 ID:CRX/EoQR0
五和「どうゆうことですか!!それ!?」

建宮「まったくだ!普通凛子だっつうのよ!!!」

五和「え?・・・・・」

建宮「とにかく五和、オレはお前を応援するっていってんのよ。とにかく一緒にこい!!」

五和「えっ?ちょっ・・・待っ・・・・・・」

建宮「つべこべ言わずに乗るんよ!!」

五和「なんですかこの馬鹿でかいのは!?」

建宮「これなら学園都市だろうがどこだろうがひとッとびなのよ!!!」





431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/20(水) 20:18:55.94 ID:CRX/EoQR0
学園都市の一室にて

ガチャッ

一方「・・・・・・どうした」

土御門「大変だっ!学園都市に謎の飛行物体が高速でむかってきている!!」

一方「はぁ?そんなもん学園都市お手製のミサイルでもぶっ放しとけば解決だろぉが」

土御門「・・・・だめだ、今回学園都市は訳あって動けない。(魔術関係はこいつもアウトのはずだがアレイスターの野郎・・・・どういうつもりだ?)」

土御門「とにかく仕事だ、急いで今からいうところに向ってくれそれと今回はオレとお前だけだから」

一方「・・・・・・少しまってろ、寧々さんをもう少しで家に送ってこれる」

土御門「・・・・・・・・・」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/20(水) 20:52:07.44 ID:CRX/EoQR0
登場人物はこんなもんで?
他に要望あるなら聞きます

候補としては

御坂妹
滝壷&絹旗
とか?

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/20(水) 22:28:00.02 ID:CRX/EoQR0
絹旗「たまにはこんな大物映画もいいね~」

滝壷「・・・・・そうだね」

絹旗「しかし、B級C級にもそれぞれのよさがだね・・・・」

滝壷「あれ・・・・・・常盤台のレールガン・・・・」

絹旗「えっ?・・・・・あっ!なになに?彼氏連れですかい、レールガンも隅におけませんなぁ?」

滝壷「でも・・・・・・寝ちゃってるみたい。」

絹旗「おうおう膝枕狙ですか?お暑いですな」

滝壷「常盤台のお嬢様と・・・・・・ツンツン少年」

絹旗「むむっ!ああいう悪にうつつを抜かすお年頃なんですね、わかります」

滝壷「浜面、あれ誰だと思う?」

浜面「ちょっとまて、寧々さんとしゃべってる時は話かけんなよ」

滝壷「(・・・・・・・・・・・浜面)」

絹旗「(・・・・・・・・・・気持ち悪っ!)」


457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/20(水) 22:40:32.80 ID:CRX/EoQR0
御坂「またこいつは私の膝で・・・・・・」

御坂「・・・・・・・今ならまた(ゴクッ)」

ぷにっ、ぷにっ、ぷにっ、

御坂「ふふっ・・・・」

ぷにっ、ぷにっ、ぷ

上条「う~ん・・・・」

御坂「ヒッ!(ビクゥッ!!)」

上条「zzz、zzz」

御坂「ふ~・・・・・・・・びっくりした~」

御坂「・・・・・・・もうちょっとだけなら」

上条「くすぐったいよ、寧々さ~ん」

御坂「!?」

464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/20(水) 23:02:35.83 ID:CRX/EoQR0
イギリスにて

傭兵「やはり、あの少年には一度礼をいっておきたたいのである」

騎士「あぁ、あの右手の少年か。いいんじゃないか?あの少年には実際大変世話になったんだからな」

アクビショ「あら、二人にてなんのお話しをしけりているの?」

騎士「あの右手の少年の話を少々・・・・・・」

アクビショ「あ~、かの人にはこの前の事では随分と世話になりけたからの」

騎士「いや、そっちの話では・・・・・・・」

アクビショ「??」

傭兵「まさかあんなエンドになるとは、いささか私も驚いてしまった」

騎士「ははは、全く君は女心というものがわかっていない。とはいっても私もあそこまで完成されたキャラクターには驚かされた・・・・」

アクビショ「・・・・・・・色恋の話かしら?いったい誰の話しをしたりているのかしら?」

                  寧々である」
傭兵・騎士「「それはもちろん
                  凛子でしょう」

その日、世界に20人といない聖人とイギリス騎士派のトップが再び刃を交えた・・・・・・・


アクビショ「・・・・・・・・・・気持ち悪っ」

471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 00:46:14.27 ID:ZhYT6CCU0
五和「アガガガガガガガっ!!ちょっ、建宮さん!!」

建宮「いや~凛子さんやめてくれよ~www」

五和「建宮さん!!なんなんですかこの揺れは!!」

建宮「うぉぉぉぉ、こ、この展開は!?」

五和「建宮さん!!!!いいかげんその機械見てニヤニヤするのはやめてください!」

建宮「うるさいのよ五和ぁ、急ごしらえなんだからこのぐらいの揺れ我慢するのよ」

五和「だって、アガガ、この揺れは我慢というよりも生命の危機という感じが・・・・」

神裂「大丈夫ですよ五和、この機体には魔術的コーティングがされているので落ちることはまずありえません」







473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 00:48:28.71 ID:ZhYT6CCU0
五和「プリエステル!?なんでプリエステルがここに・・・・・・・!!」

五和「まさか、当麻さんに会いにですか?」

神裂「!?」

神裂「た、確かに今回私は上条当麻に会うためにここにいるのですが・・・・・決してそういう意味ではなくてですね、」

神裂「・・・・・そう!上条当麻がなにやら怪しい化学の塊に精神的にマイってしまっていると聞き、救命のために上条当麻と接触するのです」

五和「でも確かプリエステス、化学の知識は私以下とお聞きしたことがあるんですが、一体どうやって当麻さんを救命するんですか?」

神裂「そっ・・・・・それは・・・・・まずは見てみなければなんともいえないのですよ五和。そのためにも一刻も早く上条当麻の所に行かなければ・・・・」

五和「・・・・・・・・」

神裂「なんなんですか、その疑わしい目は・・・・・」

神裂「わっ、私は本当に上条当麻を救うためだけに動いています決して、上条当麻に会う口実とかでは・・・・・・・建宮もなにかいってやってください」


建宮「遂に・・・・・遂にここまできたんだな・・・・・・・・凛子ちゃん」

神裂・五和「・・・・・・・・・・・」


474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 00:54:45.41 ID:ZhYT6CCU0
上条「寝てるところに電撃あびせられるとはワタクシこと上条さんはどこまで不幸なんですか・・・・・・」

御坂「だから悪かったっていってるじゃない。そもそもあんたが寧々さ~んなんていうからじゃない」

上条「なにっ!?オレは寝言でそんなこといってたのか?」

御坂「いってたわよ!これにこりてもうそんなゲームは・・・・・・」

上条「そうか、寝てる間にもオレは寧々さんのことを・・・・・ふふふ」

御坂「・・・・あんた、もどってきてるわよ?」



476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 01:00:22.95 ID:ZhYT6CCU0
上条「わかったか?やっぱりオレと寧々さんの間にはそんぐらいの深い絆があってだな・・・・・」

御坂「ちょっ、あんた何ヨシとしてんのよ!」

上条「えっ?別にいいんじゃん?これも一つの愛の形か~☆」

御坂「よくないわよ!!そんなこと私が許さないんだからね!!」

上条「?」

上条「結構前まらおもってたけど・・・・なんでお前はそこまで俺のことをあーだこーだいってくんだ?」

御坂「それはもちろんあんたが・・・・・・・!!」

上条「??」

御坂「あんたが・・・・・・・心配だからにきまってんじゃない!!」

478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 01:02:33.20 ID:ZhYT6CCU0
>>475
すまん

480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 01:11:27.63 ID:ZhYT6CCU0
上条「心配・・・・・・?なんでお前が・・・・・・・??」

御坂「自分でもわかんない、あんたをみてるとね、近づきたくなって、話しかけたくなって、ちょっかいだしたくなって・・・・・・・・一緒にいたくなったの」

上条「・・・・・・お前」

御坂「あれ?私なにいってんだろ?・・・・・あはっ・・・・・いや、そういうことじゃなくて・・・・・・・キャッ!?」

御坂を抱きしめる上条

御坂「ちょっ・・・どうして・・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・多分、うすうすはオレも気づいてたんだ」

御坂「・・・えっ?」


481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 01:14:15.90 ID:ZhYT6CCU0
うん、尽きた、もうオレは真っ白です

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 01:23:27.89 ID:ZhYT6CCU0
上条「朝お前に・・・・美琴にあって、学校いって、放課後また会って・・・・偶然かもしれないけど、そうして日々をすごすなかでオレはいつしか・・・」

上条「・・・・また今朝も、またこのあとの放課後も、美琴に会えたらな・・・・・・・会いたいなって、気づいたらそう思ってた・・・」

御坂「・・・・・・あんた」

上条「まさか美琴も、オレのことをそんなふうに見ていてくれていたなんて」

御坂「そっ、そんなこと・・・・・・・・・・・そんなこと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ギュッ)」



489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 01:28:44.07 ID:ZhYT6CCU0
絹旗「浜面~?いいかげんに超おこりますよ?」

滝壷「浜面・・・・・・・行こ?」

浜面「あぁ?いいよ先帰ってろ。今寧々さんが・・・・おぉぉぉぉ!!」

絹旗「だめだ・・・・もういこ?滝壷」

滝壷「浜面・・・・・・・・・・」

浜面「おぉぉぉ!?寧々やべぇぇぇ!!」

滝壷「・・・・・・・・・・(もう、私の声は届かないんだね・・・・・)」

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 01:36:26.62 ID:ZhYT6CCU0
土御門「どうしてもお前は動かないんだな?」

一方「うっせぇな、しつけぇぇんだよてめぇはよ。なっ!寧々?」

土御門「お前が動かないってのがどういう意味かわかってんのか!?詳しいことなんかしらねぇが、お前はいままで血反吐はいて地面はいつくばってそれでも守りたいものを必死で守ろうとしてたんじゃねぇのか!?」

土御門「それら全部放り出してまでお前はそこに残るっていいやがるのか!?」

一方「あぁ、そうだ!!オレは決めたんだこれからは寧々と生きていく、他のこと?・・・・・はっ!しったこっちゃねぇな」

土御門「!?・・・・・・てめぇ」

一方「しつこいんだよ。あばよ」

土御門「一方つうこ・・・・」

ガチャン


491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 01:46:56.97 ID:ZhYT6CCU0
上条「よしっ!!決めた!!これからはお前だけ見て生きていく!!」

御坂「さっきまでの寧々さ~んが随分な変わりようじゃない(赤顔)」

上条「・・・・・・・・・美琴」

御坂「・・・・・・・・・当麻」


二人の唇が触れ合うその瞬間、通常の何十倍もの身体能力を持つ「聖人」神裂が二人をとらえた!!!

いままで数々の戦いをしてきた上条の第六感は確かにすさまじい殺気を感じ、あと数mmと迫った唇を周りへ向けてしまう

上条「・・・・!?」

御坂「・・・・・??」

494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 02:02:52.21 ID:ZhYT6CCU0
数十秒前、某高速飛行物体内

建宮「凛子ちゃ~ん」

五和・神裂「・・・・・・・・・・・・(もうほっといたらいい)」


神裂「そろそろ学園都市に着きますよ。五和・・・・・と建宮、着陸準備に入りますよ」

五和「・・・・へっ?私もなにかするんですか?」

建宮「もうそんな時間?凛子ちゃんといると時間を忘れるから困るのよな~ww」

とかいいつつもしっかりとあれ程使い続けていた化学の塊を二つに折りたたんでいる

神裂「大丈夫ですよ五和、ちょっと飛び降りるだけですから。では私は先にいって足場を整えてきます」

五和「・・・・はっ?」

495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 02:05:09.59 ID:ZhYT6CCU0
建宮「いやだからよ、急ごしらえだから着陸のところまでは流石にきつかったんよね。まぁ必要最低限の減速はするし、死にゃぁせんよ」

五和「えええええぇぇぇえ!?それって、ホントに大丈夫なんですよね?」

建宮「あ~、うん、大丈夫、ダイジョブ~」

五和「とても不安なんですけど」

建宮「まぁまぁ、我等がプリエステルを信じるのよ~」

五和「あぁぁ・・・おいてかないでくださいよ~」

建宮「あれ?・・・・・・・・・・・」

五和「?・・・・・・どうかしました?」

建宮「プリエステルが・・・・いない?」

497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 02:24:02.98 ID:ZhYT6CCU0
上条が殺気の元を探して辺りをキョロキョロすること0.5秒上条はその元凶を捕らえた

上条「えぇぇぇぇぇぇ!?神裂さん!?何故にそんなところに!?」

謎の巨大飛行物体の上に仁王立ちしていた聖人神裂香織は上条がその正体に気づくころには既に感極まり、聖人としての力をフルに使った跳躍で上条の場所へと一直線に飛び込んできていた!!

神裂「かぁぁぁみじょうぅ当麻ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

上条「うあぁぁぁ、美琴!!逃げるぞ」

御坂「えっ?逃げるって何が・・・・・ちょっ・・・・と、当麻・・・・・手を(赤面)」

上条「行くぞ!!はなすんじゃねぇぞ!?」

御坂「・・・・・・・ったく、いいわよ!どこにいだってついていってあげるんだから!!はなしたりしたら承知しないわよ?(ギュ)」

上条「あぁ望むところだぁ!」


       
     完

498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 02:26:32.10 ID:ZhYT6CCU0
終わりでーす

ノリで始めた初挑戦でしたが、無事おわりました

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。