FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「ゴミを木に変える力!」2

唯「ゴミを木に変える力!」
続き

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 15:46:13.28 ID:ZN+7JwP7O [12/72]
第八話

姉妹の法則!(前編)

~~~~~~~~~

さわ子「……ってわけなのよ」

律&澪&梓「」

さわ子「?ちょっと!三人とも聞いてるの!?」

澪「いや…聞いてはいますが…」

梓「いきなり夜明け前に電話で起こされて何事かとと思えば…」

律「…さわちゃんは人間じゃなくて憂ちゃんも人間じゃないって…なんのこと?」

さわ子「そういうことよ」

犬丸「さわ子先生…色々と端折り過ぎかと…」

530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 15:51:54.24 ID:ZN+7JwP7O [13/72]
~~~~~~~~

律「つまり…さわちゃんは神様を目指していて神様になる為に唯に能力を与えた…と」

澪「それが…あの木の能力…?」

さわ子「そういうこと。やっと理解してくれたわね」

律「いや、まだイマイチ…」

梓「あ、あの!」

さわ子「ん?何かしら梓ちゃん?」

梓「ひゃ、百歩譲って先生が人間じゃないのはまだ認めます…」

さわ子「なんか複雑ね」

梓「憂が…人間じゃ…ない?」

さわ子「……」

531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 15:55:55.69 ID:ZN+7JwP7O [14/72]
さわ子「…ええ。これまた話すと長くなるんだけどね…」

律「うっそだろ…流石にそれは信じらねぇって…」

澪「じゃ、じゃあ…唯も…?」

さわ子「大丈夫。唯ちゃんはれっきとした人間よ」

梓「それって…」

さわ子「そうね。唯ちゃんと憂ちゃんは本当の姉妹じゃないわ」

律&澪&梓「!!」

532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 16:05:04.28 ID:ZN+7JwP7O [15/72]
律「おいおい…いくらなんでもそんなのって…」

澪「二人が本当の姉妹じゃないなんて…」

梓「…唯先輩はもうそのことを…?」

さわ子「…ええ。知っているわ」

澪「そんな…」

さわ子「知った上で今でも憂ちゃんの姉として彼女のことを 大切に思っている」
律&澪&梓「…!!」

さわ子「…彼女のことを救おうとしているの。だからお願い…あの子の力になってあげてほしいの!」

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 16:16:11.60 ID:ZN+7JwP7O [16/72]
律&澪&梓「……」

さわ子「……」

律「…ハハッ!やっぱ能力者とかそんなんでも唯は唯だなー!」

さわ子「…えっ?」

澪「ホントにな…裏表も何も無い…」

梓「……」

梓「…能力者バトルというものが如何せんまだ信じがたいものなんですが…」

梓「救うっていうのは唯先輩と一緒に唯をいつも通りの暮らしに連れ戻す…って意味で良いんですかね?」

さわ子「あなた達…」

澪「そういえば救うってなんのことか聞いてなかったな…怖い内容だったらイヤだな…」ブルブル

律「まぁ内容聞こうが聞くまいがアイツらの為だ!部長としては一肌脱がないとな!」

梓「全く…律先輩は…それで私達は何をすれば?」

さわ子「あなた達…」

536 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 16:28:01.01 ID:ZN+7JwP7O [17/72]
さわ子「あなた達は…」

律&澪&梓「?」

さわ子「なんて良い子なの~!!」ガバッ

律「おわっ!?さ、さわちゃんなんだよ!?」

さわ子「(…ちょっとだけ未練が残っちゃうわね)」

~~~~~~~~~

律「で、私らはどうすりゃ良いのさ?その能力者バトルに参加すれば良いわけ? 」

澪「えぇっ!?ババババトルに…さ、参加するのか!?」

律「いや能力者とかそういう話を聞いて力になってくれってことはつまりそういことじゃねぇのかなー?って澪?」

澪「コワイコワイコワイコワイコワイコワイ」

律「おいおい…」

梓「でもバトルに参加するにしても私達には能力も何も…」

澪「そ、そうだよ!私達はバトルで使えるような…」

澪「…!?」

538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 16:36:00.77 ID:ZN+7JwP7O [18/72]
律 1
澪 2
梓 3

さわ子 1
犬丸 2
斉藤 3

澪「あれ…まさか…これって…」

さわ子「ちょうど三人いて良かったわ~!一人に一つずつ能力が与えられるから!」

澪「うわああああああ!?」

律「あぁ、後ろの二人も神候補なんだ。じゃあやっぱりバトルに参加しろってことか」

さわ子「ええ。夜明け前に自然公園で能力者によるチームバトルがあってね…向こうが6でこっちが3だったからどう考えても不利だって思っていたところでね…」

律「チームバトルか!なんか燃える展開じゃん!」

澪「コワイコワイコワイコワイコワイコワイ」ガクカク

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 16:43:34.80 ID:ZN+7JwP7O [19/72]
律「あれ?6対6?唯…あとは、あぁ斉藤さんいるからムギもか!」

斉藤「左様でございます。紬お嬢様の神候補にてございます」

律「案外身近なとこに神候補っているんだなー…」

律「となると後一人…」

律「……」

律「私らの知らない人?」



犬丸「……」シクシク

さわ子「アンタが泣くなアンタが」

541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 16:50:28.28 ID:ZN+7JwP7O [20/72]
~~~~~~~~~

律「……和か。すまん和…完全に忘れてた…」ズーン…

犬丸「あなたが謝る必要はありません…悪いのは…」ズーン…

さわ子「二人して落ち込まない!」

梓「…あれ?ここにいる皆さんってそれぞれの担当の人がもういるんですよね?」

さわ子「ええ。そうよ」

梓「既に担当の人がいるのに他の人にも能力を与えりしちゃって良いんですか?」

さわ子「ダメね」

梓「そんなあっさり!?」

542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 16:57:04.00 ID:ZN+7JwP7O [21/72]
律「ダメって…ああ、じゃあ他に私らの担当をしてくれる神候補が…」

さわ子「いないわね」

律「能力無しで戦えと!?」ガーン

さわ子「そんな危険な真似を生徒にさせたりなんかしないわ」

梓「(能力使ってバトルすること自体は危険じゃないのかな…)」

律「じゃあ、どうすんのさ?」

さわ子「ルール破る」

律「そっちの方が生徒の前でやっちゃダメだろ!?」ガーン

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 16:59:21.02 ID:ZN+7JwP7O [22/72]
先に風呂だけ入ります><

すぐ戻ります

546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 17:22:24.00 ID:ZN+7JwP7O [23/72]
さわ子「大丈夫よ。ルール破ったところで罰なんかたかがしれてるもの」

律「どうなんの?」

さわ子「地獄に落ちる」

律「そんなサラッと言うなよ!?」ガーン

梓「じ…地獄…って…」

さわ子「あっ、別に死ぬわけじゃないから大丈夫。所謂人間界で言うところの囚人生活が待ってるだけだもの」

律「待ってるだけってアンタ…私達に能力を与えてから地獄に落ちるまでの執行猶予とかあるのか…?」

さわ子「無いわよ。即地獄行き」

律「おいおい!?」

547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 17:30:43.00 ID:ZN+7JwP7O [24/72]
律「じ、じゃあ唯のことはどうすんのさ!?ていうか、そっちの二人もそれで良いのかよ!?」

犬丸&斉藤「……」

律「ムギは?和は!?アンタらなぁ…!」

さわ子「だから、りっちゃん達が支えてあげて。だって私達神候補はバトルに手を出すことすら出来ないもの」

さわ子「今、出来る最善のことは仲間を増やして唯ちゃん達のバトルの負担を少しでも軽くすることなの」

律「……」

さわ子「…わかってくれる?」

律「…バトルが終われば地獄から出てこれんの?」

梓「(律先輩…)」

さわ子「……」


548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 17:36:48.05 ID:ZN+7JwP7O [25/72]
さわ子「…出てこれないことは無いけどね。それがいつになるかはわからないわ」

梓「!!」

律「……」

律「教師が生徒をほったらかして良いのかよ…」

さわ子「今、生徒の為に頑張ろうとしてるからチャラじゃダメ?」

律「明日から私の担任誰だよ」

さわ子「副担任?」

律「…卒業式までに出てこれんの?」

さわ子「…約束は出来ないけど覚える」

律「…ずるいぜ、さわちゃん」

さわ子「そうね…ごめんなさい…」

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 17:40:28.70 ID:ZN+7JwP7O [26/72]
律「……」ギュッ

さわ子「…!りっちゃん…?」

律「…さわちゃんいねぇならずっと留年する」

さわ子「…ダメよ。そんなの許さないわ」

律「……」グスッ

さわ子「りっちゃん…」

梓「(律先輩…)」

澪「コワイコワイコワイコワイコワイコワイコワイコワイコワイ」

553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 17:50:15.12 ID:ZN+7JwP7O [27/72]
さわ子「…ありがとうりっちゃん。こんな優しい生徒を受け持つことが出来て先生嬉しいわ」ギュッ…

律「……」

さわ子「…きっと早く返ってくるからね」キュイン…

律「…!?」

梓「さ、さわ子先生の体が光って…」

さわ子「………を………に変える能力………」

律「さ、さわちゃんっ…」

さわ子「さてと…」バシッ…!

律「うわっ!?……!?」

さわ子「こんなことに巻き込んでごめんなさいね…」ゴォォォォッ…!

梓「(先生の周りにブラックホールみたいな…穴が…)」

さわ子「……」




さわ子「またね」

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 17:58:36.91 ID:ZN+7JwP7O [28/72]
ヒュンッ……!

梓「消え…た…?」

律「……」

律「ずりーよなぁ大人って」

律「次から次へと言葉を並べてさ…」

律「…早く帰ってくる。…またね?」

律「……ホント…かよっ…!」グスッ

梓「(律…先輩…)」

梓「(多分…もうきっとさわ子先生には…)」

梓「……」

梓「…あなた達はそれでも良いんですか?」

犬丸&斉藤「……」

560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 18:07:52.51 ID:ZN+7JwP7O [29/72]
斉藤「…ええ。決めたことなのです」スッ…

梓「!」

斉藤「これが今、お嬢様の為に出来る最善の一手…」キュイン…

斉藤「………を………に変える能力………」

梓「あっ…」

斉藤「お嬢様を…どうか…」ゴォォォォッ!

斉藤「どうか、よろしくお願いいたします」ヒュンッ……!

梓「……」

犬丸「…このような戦いに彼女達を巻き込んでしまった私達の贖罪みたいなものです…」

梓「(…でも、それで本当に良いの…?)」

犬丸「…さて、私も…」

澪「」ガクガク

561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 18:18:22.08 ID:ZN+7JwP7O [30/72]
犬丸「秋山さん…だったかな…」

澪「」ガクガク

犬丸「…うん。怖いんだね。こんなことに巻き込んでしまってすまない…」

犬丸「しかし私だけ地獄に行かない…ってわけにもいなくてね…じゃないと多分さわ子先生に殺されそうだし…」

澪「」ガクガク

犬丸「秋山さん…君には………を………に変える能力を与えようと思います」

澪「…えっ?」ブルブル

犬丸「えーと…ほら!こんな感じです!」パァァッ…

澪「…!」

犬丸「きっとあなたならこの能力と上手くやっていけると思いますよ」ニコッ

犬丸「そしてあなたの支えてなってくれるでしょう」

犬丸「どうでしょうか?この能力…受け取っていただけますか?」

澪「……」

澪「(バトルは怖い…怖い…けど…!)」

562 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 18:28:26.26 ID:ZN+7JwP7O [31/72]
澪「は、はひっ!や、やります!」

犬丸「そうかありがとう」ニコッ

梓「(…!澪先輩がやる気に…一体どんな能力を…?)」

犬丸「では…………を………に変える能力………」キュイン…

犬丸「能力を受け取ってくれてありがとう秋山さん……和さんをよろしくお願いします」ゴォォォォッ…!

澪「え、えっ!?黒い大きな穴が…?」

梓「(そっか…澪先輩は地獄に落ちる瞬間をさっきまで見てなかったんだっけ…)」

犬丸「…では、さらば!」ヒュンッ……!

澪「!?」

梓「(犬丸さん……)」

梓「(…澪先輩…今の見て大丈夫だったかな…?)」

澪「……」

梓「(あれ?案外大丈夫そう…?)」

澪「」

梓「(…よく見たら立ったまま気絶してた…)」

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 18:36:21.42 ID:ZN+7JwP7O [32/72]
~~~~~~~~~

澪「そ…そうか…斉藤さんや…さわ子先生も…」

律「…ああ」

梓「…本当にこれで良かったんでしょうか?唯先輩達にも別れを告げずに…」

律「…まぁ、帰ってくるとは言ってたし良いと思ったんじゃね?…ホントかどうか知らないけどよ…」

梓「律先輩…」

澪「……」

澪「あのさ一つ思ったんだけどさ…」

律「ん?なんだよ?」

澪「このバトルって…」ゴニョゴニョ

律&梓「……」

律&梓「…!!」

澪「…ってのはダメなのかな?」

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 18:43:36.78 ID:ZN+7JwP7O [33/72]
律「いや、アリだろそれ…大アリだよ澪!」

梓「さわ子先生達の言ってたことが本当なら…試す価値はありますね」

澪「そ、そうか…?けど地獄に落とされてそれってやっぱり少し無理が…」

律「ないない!絶対ないって!むしろ無理なら神様ぶっ飛ばす!」

梓「なんという発言を…」

律「よっしゃー!!そうと決まれば俄然やる気出てきたぞー!!サクッとチームバトルで勝っちまおうぜ!!」

澪「律が急に闘志を…」

梓「くすっ。やる気があるに越したこはとないです」

梓「(となると、これから始まるバトルには絶対に負けられない…!)」

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 18:52:27.74 ID:ZN+7JwP7O [34/72]
そうちょう!
しぜんこうえん!

唯「…あれ?」

和「…えっ?…どうして律達がいるの…?」

律「そんなの決まってんじゃーん。私らも今日のチームバトルの参加者なのだ!」

紬「…ってことは」

律「そういうこった!」

紬「……」

紬「敵チーム!?」

律「ちげーよ!」

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 18:59:34.49 ID:ZN+7JwP7O [35/72]
~~~~~~~~~

紬「えっ?ホントに私達のチームなの?」

律「あったりまえだろー!!」

梓「むしろなんで敵チームだなんて思ったんですか…」

和「いやだって…マーガレットが言うには残る能力者の数は9人でそのうちの6人は相手チームだって言うものだからてっきり…」

律「あぁ…もうそれだけの人数なのか」

唯「じゃあ敵じゃないってことは私達と一緒に戦ってくれるってこと!?」

律「だから最初からそう言ってんじゃん」

唯「やたー!!これで6対6だぁー!」

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 19:06:25.16 ID:ZN+7JwP7O [36/72]
紬「ホントに私達のチームなのね!嬉しい!」

紬「…でも」

澪「」ガクブル

紬「…澪ちゃんは大丈夫なのかしら?」

律「うーん…まぁ澪が戦うことになるとも限らないし…ルーレット形式で先に大将を倒した方の勝ちなんだろ?」

和「まぁね」

和「(どうか私に当たりませんように…)」

唯「そういや相手チームはともかく、さわちゃん達遅いねー。寝坊かなー?」

律&梓「…!!」

澪「」ガクブル

571 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 19:17:37.51 ID:ZN+7JwP7O [37/72]
和「そういえばそうね…さわ子先生はともかく犬丸さんも…」

紬「斉藤は昨日の夜に私用の為に屋敷を抜けたと聞いていたけど…」

梓「(り、律先輩…どうしましょう…)」ゴニョゴニョ

律「(うーん…いきなり地獄に落ちたとか説明してもなぁ…多分みんな神候補の禁忌のこととか知らないだろうし…)」ゴニョゴニョ

唯「もぅ!しょうがないなぁ~さわちゃん先生は!」フンス!

和「犬丸さん…あとで少しお説教をしてあげないとね!」フンス!

紬「私斉藤を減給するのが夢だったの~」ニコニコ

律&梓「……」

律「(なんか…今は言わなくても良さそうじゃね?みんなそこまでモチベーションに影響出てる感じが…)」

梓「(先輩方たくましいです…)」

澪「」ガクブルガクブル

576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 19:28:00.18 ID:ZN+7JwP7O [38/72]
マーガレット「…おや?皆さんお揃いのようで。待たせてしまったかな?」

和「…!マーガレット…」

マーガレット「…おや?」

律「(マーガレット…さわちゃんが言ってたな…)」

梓「(なんだろう…この人…不気味なオーラを感じる…)

澪「」ガクブル

マーガレット「(能力者…?昨日の時点では確かに9人だけだったはず…)」

マーガレット「……」

マーガレット「(なるほど…そういうことか…愚かな人たちだ…)」

マーガレット「(今更能力を与えたところで所詮は数合わせ程度にしかならないだろう…)」

579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 19:34:53.22 ID:ZN+7JwP7O [39/72]
マーガレット「てっきり3対6かと思っていたが…私としたことが残り人数を数え間違えるなんて…簡単な計算ミスをしてしまったよ」

和「(…あれ?そういえば律達っていつから能力者だったの…?)」

紬「(…それよりもどうしてこの場所へ…?マーガレットの反応を見る限りりっちゃん達とは初対面…)」

和&紬「(…まさか)」

唯「それよりも!憂は!憂はどこですか!?」

和&紬&律&梓「!」

澪「コワイコワイコワイ」ガクブル

584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 19:43:10.28 ID:ZN+7JwP7O [40/72]
マーガレット「ああ…ちゃんとこの先で待っている。昨日からずっと君と戦いたくてしょうがない様子だったよ」

唯「そうですか…」

律「(なんてこった…なんか流れ的にそんな気はしたけど憂ちゃんは敵チームの能力者か…)」

梓「(…憂…どうして唯先輩と…)」

和「(今は能力云々を考えている場合じゃないわね…)」

紬「(目の前の出来事に集中しないと…)」

澪「……を……に変える能力……」ボソッ

澪「……」ガクブル

澪「…ふふっ///」

587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 19:49:36.08 ID:ZN+7JwP7O [41/72]
マーガレット「それでは案内しますよ。どうぞこちらの方へ…」

唯「(憂…)」

律「よっし!行くか…って澪?行くぞー?」

澪「…えっ!?あっ…あ、あぁ…」

澪「……」シュン

澪「(バトルとかしないでずっと能力だけ使ってたい…)」

澪「(むしろこの能力…バトルで使えるのか…?)」

澪「(怖いとか怖くない以前に…出来れば使いたくないなぁ…)」

澪「……」

澪「(また怖くなってきちゃったよぅ…)」グスッ

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 20:28:04.22 ID:ZN+7JwP7O [43/72]
ザッザッザッ…

和「(随分奥まで進むのね…)」

梓「(それよりもこんなに広かったっけなぁ…この自然公園…)」

澪「(ううっ…もう引き返せないんだなぁ…)」

律「(つーか、やる気はあるけど能力貰ったの昨日の今日だからちゃんと使えるか少し不安だな…)」

紬「(…そろそろかしら)」

唯「(おじさん元気かなぁ?)」

マーガレット「さぁ…着きましたよ」

596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 20:34:21.07 ID:ZN+7JwP7O [44/72]
ばとるかいじょう!

デデーン…!

律「うえっ!?公園の奥ってこんな風になってんの!?」

唯「うひゃー…広いねぇ…」

和「中央にリングが置いてあるだけで周りには特に…」

紬「いや、あそこに機械みたいな物が…あれがルーレットかしら?」

梓「ていうか明らかにこれ別世界じゃないですか!?」

澪「(…着いてしまった)」ガクブル




マーガレット「ようこそ。天界の入り口へ」

599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 20:43:33.20 ID:ZN+7JwP7O [45/72]
律「へっ?なんだって…?」

和「天界の…入り口…?」

マーガレット「ああ。だが深く考えなくても大丈夫。私が人間界を行き来するのに創っただけのものだから。特に意味は無い」

マーガレット「今から始まるバトルを考えて、これぐらいの広さがちょうど良いと思ってな」

梓「ちょうど良いってレベルじゃ…」

紬「…特に有利不利があるわけでは無いのね?なら良いじゃない」

律「ムギ…大物だな…」

澪「」

梓「また気絶してる…」

601 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 20:51:55.80 ID:ZN+7JwP7O [46/72]
唯「ひょえー…」

唯「……!」

律「ん?唯?どし…」


憂「……」


梓「う…憂…」

律「…うへ…如何にも大将って風格だな…私の知ってる憂ちゃんとは別人に見えるよ…」

唯「……」

唯「(…憂)」

唯「…始めましょう!マーガレットのおじさん!」フンス!

紬「(唯ちゃん…)」

マーガレット「準備すでに完了している。そちら側の面々も準備はよろしいということで良いのかな?」

604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 20:58:01.63 ID:ZN+7JwP7O [47/72]
紬「…ええ。私はいつでも」

梓「や、やってやるです!」

律「私もいつでもオッケー!」

和「私も覚悟は出来たわ」

澪「……を……に変える能力……」ガクブル

律「澪なんか能力出しっぱで一番やる気満々だな!」

マーガレット「そうか。テンポが良いのは助かるよ」

マーガレット「それでは神候補と空白の才をかけたルーレット式チームバトルを始めるとしようか!」


憂「……」

憂「(お姉ちゃん…)」

606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 21:09:25.56 ID:ZN+7JwP7O [48/72]
マーガレット「では…第一試合のルーレットを回させていただくまえにそちら側の大将を確認したいのだが」

律「あぁ…そっか。先に大将を倒した方が勝ちのバトルなんだっけ…」

和「(能力だけを見ればまずムギで間違いだろうけど…)」

紬「唯ちゃん、お願い出来るかしら?」

唯「うんっ!任せて!絶対に負けないよ!」フンス!

和「(ここは唯しかいないわよね…)」

マーガレット「そちら側は平沢唯さんだね?わかっていると思うがこちら側の大将は憂だ…フフッ…」

唯「はい!わかってます!」フンス!

マーガレット「それぐらいじゃ臆しないか…君と戦う時は良いバトルが見れそうだね」

マーガレット「それでは!第一試合のルーレットを回させてもらう!」ガチャッ!

607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 21:17:53.42 ID:ZN+7JwP7O [49/72]
ガシャガシャガシャッ…

澪「(神様ぁ…)」プルプル…

『琴吹 紬』ガチャン!
『マリオ』ガチャン!

マーガレット「唯チーム!琴吹 紬VS憂チーム!マリオ!両者前へ!」

澪「(よ、良かったぁ…)」ホーッ…

紬「あら?初戦は私ね。それじゃあ行ってくるわね!」タタッ…

律&梓「……」

律「ムギの奴…すげー余裕だな…」

梓「ムギ先輩ってお強いんですか?」

和「ムギの実力?…フフッ」

唯「すぐにわかるよ!」

614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 21:26:26.05 ID:ZN+7JwP7O [50/72]
第一試合

紬VSマリオ

マリオ「おいおい勘弁してくれよ…チームバトル形式だっつーから、どんだけ強い奴らが来るのかと思ったら女学生の集団じゃねぇか!」

マリオ「まぁ女学生って言っても憂さんはスーパーな人だかり別物だけどな!」

律「なんか態度デカくてムカつく奴だな…」

梓「でも体が大きくて強そうです…」

紬「……」

紬「もう良いのかしら?始めても?」

マリオ「……!」

マリオ「随分余裕じゃねぇか、このウルトラタクアン眉毛が!俺の能力の前でもそんな顔出来るか見ものだな!」

マリオ「いくぞ!体をスーパーダイナミックエレガントとボールに変える能力!!」パァァッ…!

619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 21:32:52.79 ID:ZN+7JwP7O [51/72]
律「スーパーダイナミック…なんだって?」

梓「ってかアレ、ビリヤード玉ですよね…」

マリオ「ビリヤード玉じゃねぇ!スーパーダイナミックエレガントボールだっ!」ムキー

律&梓「(うわっ、めんどくさい)」

律「で、でもセンスはともかくとしてあれめちゃくちゃデカいぞ!?あんなでぶつかってこれたらマズくね!?」

紬「あら?ビリヤード?私もたまにするのよね~」

マリオ「…!!」ブチッ

マリオ「テメェら揃いも揃ってぇ!スーパーダイナミックエレガントボールだって言ってんだろ!」

マリオ「もう許さねぇ!一撃で終わらせてやるっ!」ギュインッ…!

梓「つ、突っ込んできた!ムギ先輩、避けてー!」

和「…さて、次は誰かしらね。ムギが連闘だと良いんだけど…」

621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 21:37:33.69 ID:ZN+7JwP7O [52/72]
律「和っ…お前何を余裕かましてっ…!」

バキッィ!!!

律「うっ…イヤな音が…ムギぃ…!」

律「…って、えっ?」

梓「……」ポカーン

梓「(今、何が起きたの…?)」

マリオ「」ピクピク

紬「ナインボールゲット…ゲームセットね」

唯「おおっ!さすがムギちゃーん!」

梓「(まばたきした瞬間にビリヤードの人の方が倒れてた…!?)」

626 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 21:44:00.26 ID:ZN+7JwP7O [53/72]
マーガレット「…マリオ戦闘不能!勝者琴吹紬!よってマリオはゲームは除外される!」


和「ムギ、おつかれさま」

紬「ありがとう。うふふ。初戦で勝てて良かったわ~」

律「勝てて良かったわ~…ってなんだありゃ!?あの一瞬で何をしたんだ!?」

紬「玉を打ち返すのにキューが無かったから拳で打ち返したの~。ちょっと痛かったわ…」

律&梓「……」ポカーン

律&梓「(敵じゃなくて良かった…)」

澪「」

唯「あっ澪ちゃんまた気絶してる」

和「多分ビリヤード玉見た時に驚いたのね…」

631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 21:50:10.65 ID:ZN+7JwP7O [54/72]
マーガレット「(マリオはうちのチームで最弱クラスとはいえ…琴吹紬…あの能力はとてつもないものだな…)」

マーガレット「(フフッ。憂が彼女と当たらないことを祈ろう)」

マーガレット「(憂の負ける姿など想像出来ないがね…)」

マーガレット「それでは第二回線のルーレットを回させてもらう!」ガチャッ!

和「(唯かムギなら間違い無く憂以外なら安定だろうけど…)」

『真鍋 和』ガチャン!

和「」

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 21:58:41.43 ID:ZN+7JwP7O [55/72]
唯&紬「…!!!」

律「おっ…和かぁ。ムギがあんなんだもんなぁ…」

梓「きっと凄いお強いんでしょうね…自分の番が来たに自分の能力が相手に通用するのか不安になってきちゃった…」

和「(通用する気がしないわ…)」

紬「…やはり1/6じゃ和ちゃんにもどうしても当たってしまうわね…」

唯「相手の能力の限定条件がぶりっこポーズをすること!なら勝てるよ!」

和「(絶対いないわ…)」

和「(くっ…せめて相手が少しでも……)」

『バロン』ガシャン!

マーガレット「唯チーム真鍋和VS憂チームバロン!両者前へ!」

644 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 22:03:35.44 ID:ZN+7JwP7O [56/72]
バロン「お前の相手、バロン!バロン、強い!」デデーン!

和「」

律「うっわ!?さっきの奴よりでけぇ…」

梓「ていうかあれ明らかに学生じゃないですよね!?軍服にナイフ持ってるし!?」

紬「まずいわ…明らかにさっき私が戦ったビリヤードさんとは格が違う…」

唯「それって和ちゃんピンチってこと!?」

唯「(和ちゃん…)」

和「(こ、これはもう一発勝負にかけるしか無いわね…じゃないと死ぬわ…)」

645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 22:09:35.36 ID:ZN+7JwP7O [57/72]
バロン「覚悟はいいか?バロン、出来た!)」

和「(もう、どうにでもなれっ!)」

和「ね、ねぇ待って!その前に両手首こすると良い香りがするのよ!」

バロン「えっ?ホント?」ゴシゴシ…クンクン…

和「……」

和「あぁっ!?ちょっとあなた右足に犬の糞をついてるわよ!」

バロン「なにぃいい!?」ヒョイ

和「……」

律「な、なんだあれ…?」

650 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 22:13:31.89 ID:ZN+7JwP7O [58/72]
律「な、なんだあれ…なぁ、ムギ…」

紬「…!!」

バロン「どこどこ!?」キャルン

紬「今よ和ちゃん!!!」

律「ええっ!?」

和「…!!」

和「相手をメガネ好きに変える能力ぁ!!」ドーン!

バロン「!?」ビクッ!

唯「きたー!!」

律&梓「(…なにそれ)」ポカーン

652 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 22:19:55.73 ID:ZN+7JwP7O [59/72]
バロン「なに!?お前…今、何を…」

和「ふふっ…まんまと騙されたわね」

バロン「…なんだと!?」

和「ホントは手首こすっても良い香りなんてしないわ!」ドーン!

バロン「なにぃいい!?」ガーン!

和「ホントはあなたの靴に犬の糞なんて最初からついてないわ!」ドーン!!

バロン「なにぃいい!?」ガーン!!

和「全ては私の限定条件をクリアする為の真っ赤な嘘だったわけよ!!」ドーン!!

バロン「はかったなぁあああああ!!!」

和「さぁ…覚悟はいいわね?」

唯&紬「和ちゃんかっこいい~!!」

律「そ、そうか…?」

656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 22:24:32.37 ID:ZN+7JwP7O [60/72]
バロン「ふん!お前が何の能力使ったかわからないけどバロンの方が強い!」

和「そう…私に攻撃してくるの…?」

バロン「もちろん!いくぞ!」

和「えいっ」パキッ

バロン「」

律「!?和のやつ自分のメガネを折った!?」

紬「なんて惨い技を…」ガクガク

梓「(ええっ!?ムギ先輩が怯えてる)」

バロン「な…な…」

バロン「うわぁあああああ!?はかったなぁあああああ!!!!!」

661 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 22:31:20.51 ID:ZN+7JwP7O [61/72]
バロン「うわぁあああああ!?」

和「落ち着いて。今のは予備のメガネ。もう1つ本物があるわ」

バロン「!?き、貴様!そのメガネだけは…!」

和「ええ。手を出さないわ。…でも、条件があるの」

バロン「条件?バロン、なんでもする!」

和「ホント?じゃあ床に頭ぶつけて自爆してくれる?」

バロン「はいっ!!ぐほぉ…!」バキッ!!!

和「…あなたが気絶したその瞬間、この試合私の勝ちね」

バロン「!?」

バロン「はかった…なぁ…」ガクッ…

和「…ふっ」

和「あ、相手が…悪かったわね…!!」フンス!

663 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 22:32:17.69 ID:ZN+7JwP7O [62/72]
一旦トイレ休憩をはさませてください…

667 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 22:50:44.32 ID:ZN+7JwP7O [63/72]
マーガレット「…バロン戦闘不能!勝者真鍋和!よってバロンはゲームから除外される!」


唯「やったねー和ちゃん!」

紬「あんなに強そうな相手を倒すなんて凄いわ!」

和「当然ね…軍隊が生徒会に勝てるわけないじゃない」

律&梓「……」ポカーン

律「(いや強い…強いけどさ…)」

梓「(なに…あの能力…)」

律「(そういや澪って和の担当から能力を…)」チラッ

澪「」

律「まだ気絶中かよ!?」

669 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 22:55:49.95 ID:ZN+7JwP7O [64/72]
マーガレット「(真鍋和の能力侮れない…)」

マーガレット「(流石はここまで生き残っただけはある…)」

マーガレット「それでは続いて第三回戦のルーレットを回す!」ガチャッ!

『田井中 律』ガチャン!

和「……」

和「(良かった…本当に良かった…!)」

671 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 23:04:44.89 ID:ZN+7JwP7O [65/72]
律「おおっ!?ついにきたか!?」

唯「りっちゃん隊員ー!!頑張るであります!」

律「了解であります!唯隊長!さくっと勝ってくるぜ!」

梓「(り、律先輩…)」ゴニョゴニョ

律「(…ん?梓…?)」

梓「(えーと…そのこうやって能力を使って戦うのは…その…)」

律「……」

律「(そんな顔、すんな)」クシャッ

梓「(わぷっ!?)」

律「(実戦は初めてだからな。無理はしないが実験がてら色々と遊んでくるぜ!)」

梓「(遊ぶって…も、もぅー!緊張感無いんだからっ!)」プクー

梓「……」

梓「(なんて頼もしい人なんだろう…)」

675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 23:11:43.71 ID:ZN+7JwP7O [66/72]
律「(とか、おどけてみたものの…やっぱり少し緊張するなぁ…)」

律「(かっこ悪い戦いになっても良い…ネタキャラでもなんでも良いからあんまり強く奴…来い!)」

『ムーニン』

マーガレット「唯チーム田井中律VS憂チームムーニン!両者前へ!」

ムーニン「デコ娘・今日がお主の・命日だ」

律「……」

律「(うわぁ…ネタキャラっぽい…)」

681 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 23:18:26.89 ID:ZN+7JwP7O [67/72]
律「つーか、なにその変な格好…ださっ」

ムーニン「!?お主…今、なんと…!?」

律「えっ?聞こえなかったか?変な格好!ださい!!」

ムーニン「こ、この芸術的センスをバカにするとは…」フルフル

律「(あっ…やべぇ…思ったことそのまま口に出してた…)」

律「え、えーと!悪いっ!今のはちょっと言い過ぎ…

ムーニン「…許すまじ!我の怒り・頂点へ!」

律「(手遅れっぽーい!?)」

紬「なんで時々口調が五・七・五なのかしら?」

和「ネタキャラなのよ。多分」

683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 23:25:51.10 ID:ZN+7JwP7O [68/72]
ムーニン「いくぞ!我の能力の前に絶望しろ!」

律「(やべぇ…いきなり向こうから仕掛けてくる…!)」

ムーニン「ブタがぶった!」

………

律「……」

律「…へっ?なに?」

ムーニン「!?」

和&紬&梓「(だ…ダジャレ…?)」

唯「ブタがぶっ…ププッ…アハハ!ブタがぶっただって!」

ぶた「ブヒ」ポンッ!

唯「えっ?ぶたが出てきた…」

ぶた「ブヒッ!」

唯「ぶへっ!?」バキッ!!!

687 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 23:32:09.86 ID:ZN+7JwP7O [69/72]
和「!?ゆ、唯!?どうしたの!?」

唯「ううっ…ブタに…」

梓「ブタ?」

唯「ブタに…ブタれた…」グスン

和&梓「……」

和&梓「…はい?」

紬「(ブタにぶたれた…?)」

紬「(何故唯ちゃんはダメージを…)」

紬「…そうか!あの能力は!」

律「えーと…なに?もしかしたら笑った方が良かった?」

ムーニン「!!う、うむ!次こそは・笑ってくれると・我喜ぶ(字余り)」

律「しゃーねぇな…さっき服もバカにしちまったし…」

ムーニン「……」ニヤリ

紬「りっちゃん!笑ってはダメ!」

ムーニン「!?」

688 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 23:41:06.56 ID:ZN+7JwP7O [70/72]
律「ムギ?いや確かにつまんねーけど、さっき服バカにしちゃったからさ。せめてものお詫びに…」

ムーニン「つまんない!?」ガーン!

紬「つまんないものは笑わなくも大丈夫なのよ!それに笑ってしまったら彼の能力が発動する!」

ムーニン「なっ!?我が能力・沢庵眉毛に・バレている!?」

律「能力の発動…じゃあつまり…!」

紬「ええ!彼の能力はダジャレを現実に変える力!限定条件はおそらくダジャレで相手が笑うことよ!!」

唯「だ、だから私はさっきブタに…なんておそろしい能力なの…!?」

和「彼の相手が唯じゃなくて良かったわ…」

梓「とりあえず念のため唯先輩の耳と口、塞いでおきます?」

690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 23:47:40.75 ID:ZN+7JwP7O [71/72]
律「なるほどなぁ…なるべく同情とはいえクソみたいなダジャレで笑っちまうとこだったぜ!」

ムーニン「ク、クソ!?最高の芸術であるダジャレを前によくそのような暴言を吐けるな!」

律「あぁっ?ダジャレが芸術だぁ?なに言ってんだお前」

律「夢中になれるものがあるのは良いけど視野狭いのも良くないぜ?」スッ…

和「?ドラムのスティックを取り出した…?」

律「(さぁて…使ってみるか私の能力!!)」パァァッ…

694 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 23:59:32.72 ID:ZN+7JwP7O [72/72]
ムーニン「木の棒?フフッ!そんな棒きれで私と戦うと申すとは笑止!」

律「焦んなよ。これだけで戦うなんて言ってないさ…いてっ」プチッ

紬「髪の毛を一歩抜いた…」

律「右手にはスティックを!」パシッ

律「そして左手には…棍棒を!!」バシッ!

ムーニン「!?」

律「これが私の能力!髪の毛を棍棒に変える能力だ!」

和「髪の毛を棍棒に…」

律「あーでも…ドラムスティックと一緒だとバランス悪いな…やっぱスティックはしまっとくか…」

律「さて、そんじゃあお前に本物の芸術を見せてやるぜ…!」スッ…!



唯「おおっ!?りっちゃんなんか凄いかっこいい~!」

和「かっこいい能力でいいなぁ…」シクシク

紬「和ちゃんもさっき格好良かったわ!」

梓「(律先輩…頑張って!)」

706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 00:06:40.81 ID:zp1Z89B7O
ムーニン「髪の毛が棍棒に…なんて奇怪也…」

律「さぁて…いくぜぇ!」ヒュン…

ムーニン「(あ、あの棒を・受けてこの身・危険也!)」

ムーニン「くそっ!サイにひかれなサイ!」

唯「ぷっ…」

和&梓「!!」サッ

唯「ふぎゅ!?」

和&梓「(危なかった…)」

律「……」

ムーニン「く、くそ!この芸術作品でも笑わぬとは…何か他に…」

律「だからお前のダジャレは芸術じゃねぇっての!」ブンッ…

ムーニン「く、来るなぁ!!」

710 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 00:18:10.48 ID:uHVW2YQ+O [1/60]
律「よい…しょっと!」ブオン…!!

和「あっ!バカ!振り下ろすのが早すぎる!」

紬「失敗…?いや…!」

梓「…あっ!?」

ムーニン「は、ははっ!間合いも取れぬとはな!!」

ムーニン「さてはお主、実戦慣れは…ぐほぁ!?」バキッ!!!

律「おおっ!こりゃすげーわ!思った通りに伸縮自在になるんだな!」

ムーニン「なっ…?なにぃ…?」フラッ…

律「…さてと能力の勝手はわかったし…そろそろ芸術のお部屋の時間だ」

律「やっぱり一本だけだとしっくり来ないからやっぱりスティックも出すか」

ムーニン「お、お主…一体何を…」

律「…芸術とは叩くこと!すなわちドラムと見つけたり!!いくぜぇ!!」

ムーニン「わっ、わああああ!?」

712 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 00:25:03.08 ID:uHVW2YQ+O [2/60]
バキッボキッバキッボキッペチペチバキッペチ

律「おおっ!棍棒短くしたら良い感じになったな!」

ムーニン「…無念也・我が芸術・叩き壊され…」ガクッ…

マーガレット「…ムーニン戦闘不能!田井中律の勝利!よってムーニンはバトルから除外される!」


唯「りっちゃん、つよーい!!」

律「へへっ、音楽センスの賜物だな」

梓「音楽センスっていうか、もうただのリンチじゃないですか…」

梓「(でも初めてであそこまで戦えるなんて…)」

梓「(わ、私にも…あれぐらい戦えるのかな…)」

紬「でも本当に凄いわ!見てて格好良かった!」



和「私はどうせカッコ良くないよね…」シクシク

唯「いや、あの能力を自信満々に堂々と使えるのはかっこいいよ!」

梓「唯先輩、フォローのつもりでしょうがフォローになってません…」

唯「ふぇっ?」

745 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 08:24:43.55 ID:uHVW2YQ+O [5/60]
律「さぁて、これで向こうは憂ちゃんも入れてあと三人!」

紬「こっちはまだ六人全員が戦える…行けるわ!」

和「(私はもう除外で良いと思うなぁ…)」

マーガレット「(田井中律…彼女は戦闘は初めてのはず…)」

マーガレット「(それでいて自身の能力をあれだけ使いこなせるとは…恐るべき格闘センス…)」

マーガレット「(フフッ…楽しませてくれる…)」

マーガレット「それでは第四回戦のルーレットを回させていただく!」ガチャン!

ガシャガシャガシャガシャ…

『中野 梓』ガチャン!

梓「…!」

梓「(つ、遂に来ちゃった…!)」

747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 08:33:41.43 ID:uHVW2YQ+O [6/60]
唯「おおっ!遂にあずにゃんの勇姿が見れるんだね!!」

紬「梓ちゃん、頑張ってね!」

梓「は、はいっ!頑張るです!」

梓「(い、いざ自分の番が回ってくると凄い緊張が…)」ガチガチ

律「よっ!」ポンッ

梓「にゃっ!?…律先輩?」

律「私があれだけ戦えたんだ…お前にだって出来るさ」

梓「で、でも…」

律「それに負けたって、まだみんながいるんだ。あんま深く考えずに戦ってこい!」バシッ!

梓「あぅっ!…先輩痛いじゃないですか!」

律「ははっ!調子出たじゃん!暴れてこい!」

梓「…!」

梓「(…ちょっと緊張が和らいだな…)」

梓「(先輩…ありがとうございます…)」

749 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 08:40:57.62 ID:uHVW2YQ+O [7/60]
ガシャガシャガシャガシャ…

『ギタール』

マーガレット「唯チーム中野梓VS憂チームギタール!両者前へ!」

梓「やってやるです!」

ギタール「んだぁ…?長い時間待たされてやっと戦えると思ったらこんなチビとかよ…」

梓「なっ!?」カチン

梓「わ、私だってやっと出番が来たと思ったら、こんなセンスのかけらもないヘンテコ頭な人が相手なんてガッカリです!」

ギタール「…んだとぉ!?」カチン

唯「おおっ!?もう 勝負は始まってる!?」

和「なんか如何にも分かり合えなそうな二人ね…」

753 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 08:49:30.45 ID:uHVW2YQ+O [8/60]
ギタール「言ってくれるじゃねぇかチビ!俺を怒らせやがったなベイベー!」

梓「チビチビチビうるさいです!この時代遅れ!もうボッコボコにしてやりますから!」パァァッ…!

ギタール「ハン!やれるもんなやってみろよベイベー!」

ギタール「俺の能力前じゃどんな能力も無意味…だ…ぜ…?」

梓「さぁ、覚悟するですっ!」ニョキニョキ!

ギタール「」

和「…なに…あの能力…」

紬「み…見たままだと思うわ…」

律「(…能力使用するところは初めて見るが…あれはちょっと髪型的に…)」

唯「なんかあずにゃん…まるで…」

梓「腕を六本腕に変える能力!!」デデーン!

ギタール「ゴキブリじゃねぇかベイベー!?」

757 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 08:57:08.11 ID:uHVW2YQ+O [9/60]
梓「なっ!?ご、ゴキブリ!?いくらなんでもその例えは酷すぎるでしょう!?」プクー!

ギタール「いやそれ以外に例えるもんねぇから!」

梓「チビとか…ゴキブリとか…もう絶対許さないです!」タッ…

ギタール「うわっ!よってくんなベイベー!!マジでこえーから!!」

梓「くらうですっ!」ヒュン…!

ギタール「!!」バキッ…!

梓「(よし!手応えアリ!)」

ギタール「…なんだぁ、そのへなちょこパンチは…?全然効かねぇなぁ!」ニヤリ

梓「…!?」

758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 09:12:13.06 ID:uHVW2YQ+O [10/60]
ギタール「俺は生まれつき無敵の体を持っていてなぁ!どんな攻撃も通用しねぇ!」

ギタール「(ていうのは嘘!本当は俺の服をバリア能力によるもの!)」

ギタール「(このバリアは絶対無敵!)」

ギタール「(バリアを張っていない首から上の攻撃だけに気をつけておけば俺は誰にも倒せねぇぜベイベー!)」

ギタール「それじゃあ今度はこっちが…ってぐほっ!?」バキッ!

梓「あっ顔には効いたみたい」

ギタール「(し…しまった…バリアでガードして浮かれてたら他の腕のことを忘れてた…)」

梓「(よーし!なら六本の腕全部で顔を乱打だ!)」ヒュンヒュン…!

ギタール「ごへぇ!?」バキボキバキボキバキッ…

ギタール「あ…相性が悪すぎるぜ…ベイ…ベー…」バタッ…

梓「…え?ダウン…?」

760 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 09:20:15.41 ID:uHVW2YQ+O [11/60]
マーガレット「…ギタール戦闘不能!勝者中野梓!よってギタールはバトルから除外される!」

梓「えっ?えっ!? 」

梓「(そ…そんなあっさり…?)」ボカーン
梓「(まだ相手は何も能力を使ってきてないのに…?)」

ギタール「(ちゃんと使ってたぜベイベー…)」シクシク

唯「す、凄いあずにゃん!瞬殺だ!!」

紬「見た目とは裏腹に実はかなり優れた能力なのね…」

和「それでもあの見た目はちょっと…うっ…慣れそうもないわ…」

律「…同感だ」

律「(まぁ、勇気づけたかいはあったか?…敵があまりにも弱すぎだったけどな)」

ギタール「(俺は本当はもっと強いんだぜベイベー…)」シクシク

767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 10:17:36.07 ID:uHVW2YQ+O [13/60]
マーガレット「(ギタールの服をバリアに変える能力はなかなか強力なのだが…)」

マーガレット「(バロンの時といい相性に問題があったか…)」

マーガレット「それで第五回戦のルーレットを回させてもらう!」ガシャン!

紬「向こうはあと二人…もう憂ちゃんが出てきてもおかしくないわ…」

和「こっちはまだ六人だけど…そろそろ被りが出るかもしれないわね…」

律「けど順当に行くと次に当たるのは…」チラッ

澪「」

律「いつまで気絶してんだよ!?」

ガシャン!

『琴吹 紬』ガチャン!

紬「あら?また私?」

772 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 10:27:59.50 ID:uHVW2YQ+O [14/60]
唯「おおっ!ムギちゃんまた出番だね!」

律「(澪…良かったな…)」

和「さて…となる向こうの相手は憂か否か…」

『バロウ・エシャロット』ガチャン!

梓「…憂じゃ、ありませんでしたね…」

律「ラスボスはやっぱりラスボスってか…」

和「最終戦になるかなとも思ったけど…まぁ、とりあえず憂じゃないなら勝ちは安定ね…」

紬「ふふっ。そうだと良いのだけれどね…」

紬「(ここで違う相手が当たって良かった…)」

紬「(やっぱり憂ちゃんは唯ちゃんと決着をつけて欲しいもの…)」

紬「(だからと言って試合で負けてバトルから除外なんて道は選ばないけれどね!)」

778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 10:39:11.63 ID:uHVW2YQ+O [15/60]
マーガレット「唯チーム琴吹紬VS憂チームバロウ・エシャロット!両者前へ!」

バロウ「……」

律「アイツがバロウか?見た目凄く幼い少年って感じだけど…あんま強そうじゃないな…」

紬「……」

紬「(いえ…明らかに今までの四人とは明らかにレベルが違うわ…)」

バロウ「あなたが琴吹 紬さんですね。憂さんから話は聞いています」

紬「……!」

バロウ「なんでも憂さんと互角の勝負をしたということらしいとのことだけど…」

バロウ「素晴らしいです!そんな強い人と戦えるなんて光栄だな!」

和「随分と余裕ね…」

バロウ「…それでは行きますよ?失望させないでくださいね?」

紬「(くる…!)」

バロウ「…鉄!(くろがね)」

紬「…!?」

779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 10:47:19.10 ID:uHVW2YQ+O [16/60]
和「えっ!?鉄…?」

唯「…確かあの技って…」

紬「(…神器!?)」

紬「(…一秒を10秒に変える能力…!)」ヒュンッ…!

バロウ「…軽々と避けてしまいましたね。それが時間を変える能力って奴ですか…」

バロウ「…電光石火!」ギュンッ…!

紬「(…!電光石火…!)」

律「お、おい!?なんだよアイツ!?能力を二つも持ってるとかアリかよ!?」

和「いや…残念ながらまだ相手は能力を出していないわ…」

梓「えっ…!?」

唯「ムギちゃん…」

紬「(鉄…電光石火…間違いなく憂ちゃんと同じ技…)」

紬「(この子は人間じゃない…天界人…!)」

780 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 10:52:53.10 ID:uHVW2YQ+O [17/60]
バロウ「次、行きますよ?鉄!」ドンッ…!

紬「(まさか憂ちゃん以外にも天界人のバトル参加者がいるなんて…)」

紬「(つまりあの子は仮想憂ちゃんね…)」

紬「(でも電光石火を使っても憂ちゃんよりスピードはやや劣っている!)」

紬「(この鉄も軽くかわせるっ…!)」ヒョイ…

バロウ「どうやらとらえましたね…」ニヤリ

紬「えっ…!?」

紬「…うぐっ!?」バキッ!

紬「(別の方向から…鉄…?)」

781 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 11:02:44.61 ID:uHVW2YQ+O [18/60]
和「ムギが直撃…?冗談でしょ…?」

梓「…黒い玉が同時に二発…しかも違う角度から!?」

律「な、なんだよ…アイツ…?デタラメに強いじゃねぇか!?」

唯「ムギちゃーん!!!」

紬「(べ…別の角度からも鉄…?一体何が…?)」ヨロッ…

バロウ「流石に一発じゃ沈みませんよね…唯我独尊!(マッシュ)」ドンッ!

紬「くっ…!」ヒュッ…!

紬「…!?」バキバキッ!

紬「(また…鉄…!?しかも二つ…?)」

バロウ「フフッ。単発なら僕の攻撃はあなたのスピードに到底追いつけないけど、違う角度からも攻撃が来たらいくら能力で時間を長くしても簡単には避けられないでしょう?」

紬「(これは憂ちゃんの理想的な神器とは違う…一体彼の能力は…!?)」

782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 11:10:47.39 ID:uHVW2YQ+O [19/60]
マーガレット「流石にバロウとなると例え琴吹 紬が相手だろうとも隙が無いな」

マーガレット「どうやらようやく向こうチームも一人…しかも実力を除外出来そうだな憂?」

憂「……」

憂「(ムギさん…彼の能力…あなたならすぐに見抜けるはずでしょう?」


紬「…くっ!」フラフラ…

バロウ「もうフラフラ?少し打たれ弱いのでは?」

バロウ「いや今までは打たせる機会も無かったのですから…しょうがありませんか…」

紬「(あの子は何かの能力を神器と組み合わせて使っている…!)」

紬「(考えて私!…次にまた鉄や唯我独尊が来たら…)」

紬「(…あれ?)」

紬「(鉄に…唯我独尊…?)」

紬「……」

紬「(もしかして…彼の能力は…?)」

784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 11:18:01.66 ID:uHVW2YQ+O [20/60]
バロウ「さて…トドメだよ。あなたの能力なら一発は避けられるだろうけどね」キュイン…!

紬「…!!」

律「マズい…!またあの黒い玉を出してくるつもりだ!」

紬「(私の考えが当たっているなら…)」

バロウ「鉄!」ドンッ!

唯「ムギちゃんっ!!」

紬「(恐らく後ろへ避けてはダメ…正面から受け流すっ…!)」ヒュン!

バロウ「…!」


憂「(…気づきましたかムギさん…)」

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 11:28:50.15 ID:uHVW2YQ+O [21/60]
梓「避けた!」

和「でも、まだ違う角度からの攻撃が…」

ドンッ…!ゴォォッ…!

律「…アテの無い方向を…?外したのか…?」

紬「…どうやら間違いないみたいね…」

紬「しかし恐ろしい能力だわ…時間をかけるほどその強さを増す能力だなんて…ね…」

バロウ「くっ…」

バロウ「(どうやら完全に気づかれたみたいだ…)」

紬「あなたの能力は過去の映像を現実に変える能力…!」

紬「一度神器を放ちその映像をあとで現実化する…」

紬「私がダメージを受けた別角度の鉄は次の攻撃でも同じ軌道を描いていた…」

紬「もし今回もそうだとしたら…と避ける場所を敢えて正面に変えたみたけど正解だったみたいね…」

バロウ「(マズい…こうなるともう…)」

787 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 11:40:53.34 ID:uHVW2YQ+O [22/60]
和「そんな能力だったなんて…」

紬「まぁ軌道は後付け…鉄ばかり使ってるところでピンと来たわ…」

紬「過去の映像を現実化するなら快刀乱麻(ランマ)といった一体化する神器は自分の過去像まで残してしまうから使えないものね…」

バロウ「くっ…くそっ!唯我独尊!」ドンッ!

紬「もう遅いわ…」ヒュッ…

バロウ「(!?しまった…間合いに…)」

紬「神器を打つ度に過去の映像も増えて避け辛くなるのがこの能力の恐ろしさ…」

紬「でも…全ての軌道がわかれば私には当たりはしない…!終わりよ!」シュッ…!

バロウ「(人間でも…こんなに強い人がいるんだね…)」

バロウ「(いや人間だからこその強さなのかもしれない…)」

バロウ「(憂さん…少なくとも僕は人間が羨ましいよ…)」

バロウ「」バキッ!…ドサッ…

憂「……」

788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 11:49:50.86 ID:uHVW2YQ+O [23/60]
マーガレット「(まさかバロウまで敗れるとはな…)」

マーガレット「……バロウ戦闘不能!琴吹 紬の勝利!よってバロウをバトルから除外する!」

律「よっしゃー!やっぱムギつえぇ!!」

和「ムギ以外が戦っていたらどうなっていたことか…」

梓「それよりもこれで向こうはあと一人…」

唯「…だねっ!」

バロウ「」

紬「(バロウ・エシャロット…手強い相手だった…)」

紬「(…何故かしらね…)」

紬「(…憂ちゃんの時もそうだった…)」

紬「(…戦ってる時に時折悲しみが見えたりしていた…)」

紬「(天界人でありながら人間界で生活をしていた二人…)」

紬「(どんな想いでこの能力者バトルに参加しているの…)」

818 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 19:20:21.98 ID:uHVW2YQ+O [27/60]
最終話

姉妹の法則!(後編)

マーガレット「まさか天界人であるバロウまでも撃破するとはな…」

マーガレット「気がつけば1対6…バロウ以外は最初から数に入れていないにしろ彼女達は素晴らしいチームのようだね憂」

マーガレット「この不利な戦況を一体どうしたものか…」

憂「…残りの人数なんて関係ないよ」

憂「このチームバトルは先に大将を倒したチームの勝利」

憂「次に向こうチームからお姉…唯さんが出てくれば条件は同じ」

憂「…それにそうでなくても私は誰にも負けたりはしない…」

マーガレット「ふふっ…流石だな憂。実に頼もしい娘だよ…」

憂「……」

憂「(このバトルさえ終われば…)」

819 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 19:30:17.73 ID:uHVW2YQ+O [28/60]
紬「ふうっ…流石にあんな弾丸を二度も受けると堪えるわ…」

律「ムギが言うぐらいなんだからやっぱ相当強かったんだなアイツ…」

和「憂以外の天界人もこのバトルに参加していたなんてね…」

梓「人間も天界人も関係ないです!だって残るは…」

憂「……」

唯「…うん!どっちでも関係ないよ!」

唯「人間でも天界人でも…」

唯「…憂は相手側の大将!倒さなくちゃね!」



マーガレット「それでは第六回戦のルーレットを回す!」ガチャン!

820 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 19:36:28.53 ID:uHVW2YQ+O [29/60]
ガチャガチャガチャガチャ…

唯&憂「……」

『平沢 唯』ガチャン!

唯&憂「!!」

マーガレット「ほう…大将の平沢唯さんか」

梓「…ていうことは」

和「ええ…向こうはもう憂だけ…お互いに大将同士だから…」

紬「今までの勝敗関係なくこれが最終戦になるわ…」

律「まぁ、パターン的にこういう風になりそうなのはちょっと予感してたけどな…」

律「それよりも…」チラッ

澪「」

律「(まぁ、いいか…澪には戦いとか似合わねーからな…)」

823 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 19:43:19.03 ID:uHVW2YQ+O [30/60]
マーガレット「人数的に不利と思っていたところだがいきなり大将同士での最終戦になるとはなんと運が良い…」

紬「(不利を不利とも思っていないくせに…よく言うわ…)」

マーガレット「こちら側は既に憂で決定している。平沢唯!前へ!」

唯「はいっ!」フンス!

和「唯…」

唯「ん?なぁに?」

和「えーと…その…」

唯「……」

唯「…明日は私と和ちゃんと憂の三人で一緒に学校に行こうよ!」

和「…!」

和「(唯…)」

和「…じゃあ、まずはあの反抗期の妹をしつけてこないとね!」

唯「うんっ!じゃあ行ってくるよ!」

824 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 19:50:17.42 ID:uHVW2YQ+O [31/60]
憂「……」

唯「……」

律「おいおい…あれ本当に唯と憂ちゃんのツーショットかよ…場の空気違い過ぎるぜ…」

梓「…能力を手に入れたせいかもしれませんが雰囲気だけでわかります…憂は間違いなく強い…!」

紬「…私もよくあんな相手と戦って生き残れたものね…」

和「(唯…憂…)」

憂「……」

憂「…なにも聞かないの?」

唯「えっ?」

825 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 19:58:01.21 ID:uHVW2YQ+O [32/60]
憂「私が何のためにお姉…唯さんを純ちゃんに襲わせたのだとか…?」

憂「…私が本当は何者なのか…だとか… 何も無いの…?」

唯「うーん…襲われた理由は別になぁ…」

唯「ほら!憂も反抗期かもしれないし!そこはお姉ちゃんとして暖かく見守りたいかなって!」

憂「……」

唯「あと憂が何者でも私は…良いの…」

憂「…!」

826 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 20:07:36.06 ID:uHVW2YQ+O [33/60]
唯「最初…家族じゃないことをさわちゃん先生に聞かされた時は実は私はショックで何も考えられなかったんだけど…」

唯「だけど…例え本当の家族じゃなくても…私が憂のこと大好きだって気持ちは変わらないの」

唯「だって私にとっては…ずっと一緒に側にいてくれたかけがえのない妹だから…」

憂「……」

唯「…でも見過ごせないことあるの」

憂「…?」

唯「憂の能力は限定条件が大変なものなのにそれを使用してること!」

唯「あとさっき「唯さん」って言ったでしょー!?そんな他人行儀な呼び方されたら私でも傷つくんだからぁ!」プンスカ

梓「なんか一気に緊張感が抜けた気が…」

律「ホントにな…でも、あの方が唯らしいじゃん!」

唯「だからそんな悪い子は私がおしおきしちゃうよ!いくよ~憂!」

827 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 20:18:10.69 ID:uHVW2YQ+O [34/60]
憂「(お姉ちゃん…)」

憂「(出来れば戦いたくなかった…純ちゃん達に倒されて欲しかった…)」

憂「(でも…ごめんなさい…)」

憂「(私は負けられないの…だからお姉ちゃんを倒します!)」

憂「電光石火!(ライカ)」ギュインッ…

唯「!!」

律「…はえぇっ!?なんだあの機動力!?」

唯「(うひゃ~…こりゃちょっと目に追えそうもないね…)」

唯「(だったら狙いなんて定めずに手数で勝負した方が良さそうだねっ!)」パァァッ…!

828 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 20:27:49.72 ID:uHVW2YQ+O [35/60]
憂「……」ヒュンッ!

唯「!!」

梓「なっ!?もう間合いに!?」

律「つか、なんであのスピードで止まれるんだよ!?」

紬「(小回りが利く超スピードという理想を現実に変えたからこそね…)」

憂「…もらったよ!快刀乱…」

唯「その位置は危ないよ!」

憂「…!?なっ!?」ニュル…ガシッ!

憂「(地面から生えて来た根っこで足と手を…)」

憂「(攻撃に移る為のその一瞬だけを狙って…)」

唯「憂!ゲットだぜ!」

830 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 20:38:40.76 ID:uHVW2YQ+O [36/60]
和「凄い…あの一瞬を狙って止められるものなの…?」

紬「(確かに凄いわ唯ちゃん…けど憂ちゃんは手の内をまだまだ見せていない…)」

唯「じゃあ今のうちに叩かせてもらうよ!…えいっ!」パァァッ…ヒュン…

憂「威風堂々!(フード)」ボコッ…ガチィ!!

唯「(…わっ!?木の幹が弾かれた…)」

梓「あれは…盾…?」

憂「鉄!(くろがね)」ドンドンドンッ!メキメキッ…!

紬「鉄を下に向けてその反動で根っこを引きちぎった…」

憂「ふぅ…少し焦ったよ…」トンッ…

唯「うひゃー…参ったなぁ…これ…」

833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 20:44:49.11 ID:uHVW2YQ+O [37/60]
憂「ピンポイントで足を捕らえられた時は焦っちゃったよ…」

憂「…流石だね。ベッキーや純ちゃんがしくじるわけだよっ…」バサッ…!

和「と、飛んだ…?」

紬「(!?あの技は初めて見る…!?)」

唯「憂の背中に…羽が生えちゃった…」

憂「花鳥風月(セイクー)見た目通り空を飛ぶことが出来る神器だよ」

憂「そしてスピードは電光石火にも劣らないよ…!」ヒュンヒュン…!

唯「!!」

837 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 20:54:33.43 ID:uHVW2YQ+O [38/60]
憂「行くよ…鉄!」ドン!

唯「むおっ!?」ヒョイ

唯「ひょえー危ない危ない…」

唯「もぉー!危ないなぁ!その羽毟っちゃうんだからっ!」キュイン…ドンッ!

律「うおっ!?でけぇ大樹!?毟るってレベルじゃ…」

憂「(当たったら一溜まりもないなぁ…)」

憂「でも花鳥風月の前じゃそんな大味な技は無意味だよっ!」ヒュンッ…

唯「…!!」

梓「ああっ…!避けられた…」

憂「そして…この大樹…ちょっと使わせてもらうね…」キュイン

839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 21:02:42.49 ID:uHVW2YQ+O [39/60]
憂「浪花!(なみはな)」ギュルン…!

律「!?なんだありゃ!?でっけぇ鞭!?」

憂「そう…変幻自在の大きな鞭の神器…」

憂「それに加えて大きな物を掴める力があったら…」

憂「理想的だよね…」シュルン…パシッ!

唯「…!!」

紬「唯ちゃんのこぼした大樹を掴んだ…?」

和「ちょ…ちょっと待ってよ…まさか…あれを空中から唯に叩きつける気…!?」

梓「そんなの…シャレになりませんよ!?」

憂「(ごめんなさい…お姉ちゃん…)」ギュンッ!!

842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 21:09:35.59 ID:uHVW2YQ+O [40/60]
ブオンッ…!!

唯「…!!」

バキャン!!!!!

律「お…おいおい…ホントに叩きつけちまったぞ…」

和「大樹は粉々に砕けたけど…砂埃で何も…」

梓「ゆ、唯先輩!!」

紬「砂埃が晴れてきた…」

和&紬&律&梓「!!!」

唯「……」ガクッ…

マーガレット「ふふっ…終わったか」

844 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 21:13:50.53 ID:uHVW2YQ+O [41/60]
マーガレット「どうやらここまでか…憂相手によくやったよ…」

憂「……」

憂「(これでやっと…全てが終わるんだ…)」

憂「(けれど…お姉ちゃんを…)」

憂「(自分の手で…)」

律「おいっ!憂ちゃん!!」

憂「律さん…?」

846 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 21:21:42.79 ID:uHVW2YQ+O [42/60]
律「なんであそこまでやった!?あそこまでやんなくたって結果は見えてたようなもんだろっ!?」

憂「……」

律「自分の姉ちゃんじゃねぇのかよ!?なんであんなに仲良かった家族にこんな酷いことが出来んだ!?」

憂「…!!あなたには関係ないことです…それに唯さんは本当の家族でありませんし…」

律「…!」プチン

和「憂…あなた…」

紬「よくもそんなことが言えたわね…」

梓「さすがに今のは私でもカチンと来たよ…」

澪「…う、う~ん…」

澪「……」

澪「…あれ?」

851 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 21:51:01.30 ID:uHVW2YQ+O [44/60]
律「もう…我慢なんねぇ…人様のよく出来た妹さんだが、ちょっと私がしつけてやるよ…!」

紬「さすがにこればかりは黙っていられない…」

梓「やってやるです!」

和「手首こすると良い香りがするよ!」

憂「なんなんですか?もう大将戦で勝負はついているんですよ? それなのに…」

マーガレット「いいじゃないか憂」

憂「…お父さん」

マーガレット「どうせ結果は同じこと。彼女達にもリタイアしてもらうことは変わりはない」

マーガレット「早いか遅いか…なだけだ。相手してやりなさい」

憂「…はい」

853 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 21:54:53.55 ID:uHVW2YQ+O [45/60]
澪「あわわ…」ガクガク

澪「(な、なんだかわからないけど唯が倒れていて羽の生えた憂ちゃんとみんながバトルを始めようとしている…!?)」

澪「(こ、こわい…)」ガクブル

澪「(で、でも…私も参加した方が…)」

澪「(だけど…私が参加したところで私の能力で何が…)」

856 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:02:52.00 ID:uHVW2YQ+O [46/60]
律「まずは地面叩き落としてやんぜ!髪の毛を棍棒に変える能力!」バシッ!

律「行くぜ!憂ちゃんに向かって伸びろっ!!」ギュンッ!

憂「伸縮自在の棍棒ですか…だけど…」

憂「軌道が丸わかりです。そんなものは…」ヒョイ…

律「ムギ!今だっ!!」

紬「ええ!」

憂「……!!」

紬「さぁ、ちょっとだけ痛い思いをしてもらうわよ…!」ヒュッ…!

憂「(律さんの棍棒を蔦って私のところまで…なんという身体能力…!)」

857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:10:12.39 ID:uHVW2YQ+O [47/60]
憂「(律さんの棍棒は最初から囮だったわけだ…)」

憂「(けれど…)」

紬「もらった!」ヒュッ!

憂「無駄ですよ」ヒョイ

紬「なっ!?」

憂「ムギさんが10秒という時間の中にいようが私の花鳥風月の機動力の前では無意味です」

紬「(花鳥風月…なんて性能なの…!?)」

憂「さぁ、空中じゃあなたは逃げれませんよね?鉄!」ドンッ!

紬「きゃあっ!!」バキッ…!

律「む、ムギっ!!」

859 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:17:16.54 ID:uHVW2YQ+O [48/60]
紬「」ヒュ…

和「…マズい…!只でさえバロウ戦のダメージも残ってるムギがあの高さから落ちたら…!」

律「くそっ!あの高さから人間を受けとめろってか…!?」ダッ…

梓「私に任せてください!」キュイン…

律「梓?…あっ、そうか!!」

梓「腕を六本腕に変える能力!」デデーン!

律「六本も腕がありゃあの高さ落ちてきても受けとめきれる!」

和「でも…やっぱりあの見た目はちょっと…」

861 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:23:44.99 ID:uHVW2YQ+O [49/60]
紬「」ヒュー…!!

梓「よいしょっ!」ガシッ!!

律「おおっ!ナイスキャッチ!」

梓「…うっ!?」ビキビキッ…

和「!?どうしたの!?」

梓「(うぅ…六本腕とはいえ元が非力だから流石に…)」ガクガク…

律「…!お前、まさか骨を…!」

梓「も…問題無いです…っつ!?」ピキッ

律「問題ありまくりだバカ!無理してギター弾けなくなったらどーすんだ!?ムギと一緒にどっか隠れてろ!」

梓「り…律先輩…」

梓「…すいません…」グスッ

律「泣くな泣くな。泣くのはハッピーエンドのあとにしようぜ!」

863 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:30:46.10 ID:uHVW2YQ+O [50/60]
律「さて…と。かっこつけて二人を逃がしちまったけど…悪いな和。無理させることになっちまって」

和「律らしくて良いじゃない…多分他のみんなでもきっと律と同じ行動取るわよ」

律「友達甲斐のあるヤツらばっかで嬉しいよ」

和「ふふっ。そうね」

憂「…雑談は終わりましたか?そろそろ仕掛けますよ?」

律「ほんじゃま、もう少し気張るか!」

和「憂!右足に犬の糞がついてるわよ!」

865 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:34:26.06 ID:uHVW2YQ+O [51/60]
澪「……」ガクガク

澪「(なんだよ憂ちゃん…とんでもない強さじゃないか…!?)」

澪「(彼女の相手を律と和は二人で…!?)」

澪「(死んじゃう…死んじゃうよ…!)」

澪「……」

澪「(私は…どうしたら…)」

867 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:42:05.04 ID:uHVW2YQ+O [52/60]
~~~~~~~~~

憂「どうしたんですか?もう体力の限界ですか?」

律「(くっそが…全然隙がねぇ…)」ハァハァ…

和「(能力使う前にメガネが割れてしまったわ…絶体絶命ね…)」ハァハァ…

憂「もう喋る気力も残っていませんか?だったら次の一撃でまとめて楽にしてあげますよ」

憂「(律さんの格闘センスは素晴らしいものでした。私に神器が無かったら危なかったかもしれません)」

憂「(和ちゃんは…うん…限定条件が残念だったね…)」

憂「トドメです!連射可能の…理想的な鉄!」ドンドンッ!

和&律「(…ここまでか…)」

870 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 22:50:13.83 ID:uHVW2YQ+O [53/60]
「ゴミを木に変える能力!!」パァァッ…!

和&律「…えっ!?」

憂「…なっ!?」

唯「和ちゃん、りっちゃん大丈夫!?」

和&律「ゆ、唯!!」

憂「そんな…何故あれだけのダメージを受けて立ちあがって…」

唯「えへへー。まだ勝負は着いてないよー!とりあえずこれだけ打ち返させてもらうよ!!」グッ…

唯「ホームラーーーーン!!」カギィッ…!!!

唯「うぬぬっ…そりゃっ!!」キーン…!!

憂「(し、しかも鉄を二つとも…打ち返した…!?何故そんなまだパワーが…!?)」

871 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 23:00:47.40 ID:uHVW2YQ+O [54/60]
憂「くっ…!」ヒョイ…!

唯「ありゃ…避けられちゃったか。憂は速いなぁ…」

律「お、おい!?唯!お前大丈夫なのかよ!?」

和「そ、そうよ!あんな勢い良く大樹を叩きつけられて…」

唯「ん~…確かにあちこち痛いんだけどね…」

唯「それでも私はまだ戦える!大将戦続行だよ!」フンス!

律「でも…お前さっきピクリともしてなかったのに…」

唯「ああーあの時は全身が痛くて動けなくてさー…意識はまだあるのに戦闘不能って言われたらどうしよう!?ってずっとドキドキしてんだよ~!」

和&律「……」ポカーン

律「ハハッ…お前も大概むちゃくちゃなヤツだよな…」

和「ふふっ…唯らしくて良いじゃない…」
唯「?」

872 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 23:03:36.97 ID:uHVW2YQ+O [55/60]
梓「(ゆ、唯先輩生きてた!)」

梓「……」

梓「(良かった…ホントに良かったよぅ…)」グスッ…

梓「(唯先輩がこうして戻ってきたんだ!私も…)」

澪「……」タッタ…

梓「(…ってあれ?澪先輩…?)」

梓「(…起きたの?)」

874 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 23:15:43.19 ID:uHVW2YQ+O [56/60]
唯「とりあえず大将戦続行だよ!憂!覚悟しろぉ!!」

憂「…!!」

律「い、いや!待て唯!」

唯「りっちゃん?」

律「いつの間にかこの戦いはもうバトルの方式が関係がなくなってる。所謂殲滅戦だ」

律「だから1対1よりもチームとして助け合いながら戦った方が良い!ようは憂ちゃん倒せば勝ちなんだから!」

唯「ええー!?それって私良いとこ無し!?」

律「さっきといい充分良いとこありまくりだろ!」

唯「でもなー…」

律「じゃあとどめは!とどめは唯で良いから!なっ?」

唯「…むぅ~それなら良いかな~…でも、りっちゃんワガママだよ!」プクー

律「わりぃわりぃ!」

律「(どうもこういう時、熱くなって気持ちが引くに引けなくなっちまうんだよなぁ)」

876 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 23:23:51.39 ID:uHVW2YQ+O [57/60]
憂「…どうするか決まりましたか?私は別に何人がかりでも…」

律「あぁ、待たせて悪いな!そんじゃあこっちは二人で!」

唯「トドメは私が決めるよー!」フンス!

律「はいはい。わかったわかった!」

憂「(なんてお気楽なんだろう…)」

憂「(…だけど)」

憂「(そんな日常を見てるのが…楽しかったな…)」

憂「(もう…戻れないけどね)」

憂「…覚悟は出来ましたか?」

唯「まず憂にどうやって攻撃を当てよう…」

律「とりあえず私の棍棒を蔦って憂ちゃんのとこに行くにして…隙が無いんだよなあの子…」

憂「……」

憂「(もう勝手に神器放とうかな…)」

877 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 23:33:13.38 ID:uHVW2YQ+O [58/60]
律「とりあえず棍棒を蔦って、その後は自分でどうにかするんだ!」

唯「りっちゃん無責任ー!」

律「唯がトドメが良いって言ったんだろー!」

和「こらこら…あんた達…」

「け、ケンカしてる場合じゃないだろ!?」

唯&律&和「……」

唯&律&和「えっ?」

澪「ま、全く…なにしにここまできたと…」ガクガク

和「澪!?あなたやっと起きたの…!?」

唯「(あれ?そういや澪ちゃんいたんだっけ?)」

律「おいおい…怖がりなんだから無理して出てこなくても…」

律「……」

律「…!!」

律「澪、お前の能力ってなんだっけ…!?」ゴニョゴニョ

律「(…もしかしたら救世主のお目覚めかもしんねぇ…)」

882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 23:42:00.39 ID:uHVW2YQ+O [59/60]
律「憂ちゃん作戦ターイム!!」

憂「…良いですよ。でもこれが最後ですからね?」

律「へへっ!サンキュー!」

律「で、澪…お前の能力なんだが…」

澪「えっ、私の………を………に変える能力…?」

律「…あぁ、お前の能力が憂ちゃんを倒す為の鍵だ!」

澪「ええっ!?」

澪「そ、そんな…私は実戦初めてで…しかもこの能力で…何が…」

律「その能力だからこそ出来ることがあるんだ!」

律「(もし上手くいけば憂ちゃんに大きな隙を与えることが出来る…)」

律「(あとはこの能力について憂ちゃんが全く知識が無いことを祈るのみ…)」

律「唯と澪…作戦はこうだ…」ゴニョゴニョ

883 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 23:49:35.52 ID:uHVW2YQ+O [60/60]
~~~~~~~~~

唯「了解であります!りっちゃん隊長!」フンス!

澪「お、おい…?ホントにそんなことだけで良いのか…?」

律「あぁ。タイミング間違えんなよ?」

澪「あっ…あぁ…」

澪「(そ、それじゃあ…これで良いのかな?)」パァァッ…!

憂「(澪さんが何か能力を…一体…?)」

憂「(しかしどんな能力を使ったところで私を崩すことは不可能です…)」

律「そんじゃあ…いくぜ!二人とも!」

唯「おー!」

澪「あ、あぁ…」

澪「……」ガクガク

澪「…///」

890 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 00:00:18.32 ID:+VpGk71/O [1/13]
律「髪の毛を棍棒に変える能力!!」バシッ!

律「憂ちゃんに向かって伸びろ!」ギュンッ…!

憂「なんですか、それ?まさかのさっきのパターンを…」ヒョイ…

唯「よいしょっと!」タッタッタッ…

憂「(ムギさんの代わりに今度はお姉ちゃんが棍棒を蔦ってこっちに…)」

憂「(しかしお姉ちゃんにムギさんほどのスピードは無い…油断しないければまず攻撃は当たらない…)」

憂「(となると本命は…)」

澪「い、いけぇっ!」ヒョイ!

憂「(やはり澪さんですか!)

憂「(単調な作戦だ…三人がかりならどうにかなるのかと思ったんですかね…)」

憂「(澪さんは石みたいな物を投げてきましたが軌道は直線…問題なくかわしてお姉ちゃんの攻撃にも対応でき)」

憂「(る……えっ!?)」

892 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 00:07:33.35 ID:+VpGk71/O [2/13]
石「こんにゃろー!!!」

憂「(い、石に顔がついてる…?)」

憂「(しかも…ちょっと…かわいい…!?)」

澪「(ああっ///敵に立ち向かっていく姿もラブリー///)」

澪「(良い能力だなぁ…無生物を生物に変える能力…///)」

石「とりゃー!!」

憂「!!」

憂「あいたっ!?」ペシッ

憂「(や、やばい…完全に見惚れちゃってた…!)」

律「やっとデカい隙を見せてくれたな…?何から何まで完璧超人じゃなくて安心したぜ!」

憂「…!?」

唯「やっほーい!」

憂「お姉ちゃん…!」

900 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 00:14:09.75 ID:+VpGk71/O [3/13]
憂「(しまった…もう真上にまで…!)」

憂「(この距離じゃ…!)

唯「ふふー!やっとお姉ちゃんって言ってくれたねー!」

憂「…!!」

唯「…私は憂のお姉ちゃんで良いんだよね…?」

唯「これからずっと変わらず仲良しの姉妹だよね?」

憂「わたし…は…」

唯「まぁ少なくとも私は憂のことを妹だと思っています…だからっ」パァァッ…!

唯「妹が悪いことしたらちゃんとお姉ちゃんがしつけてあげるから!いくよー!憂!!」

憂「おねえ…ちゃん!」ホロホロ

唯「ゴミを木に変える能力ぁ!!」バジュッ!

901 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 00:16:01.49 ID:+VpGk71/O [4/13]
次からエピローグです

なんとなく構想は出来てるんですが少しだけ休憩させてください

908 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 00:31:43.49 ID:+VpGk71/O [5/13]
エピローグ

空白の才の法則!

~~~~~~~~~
律「あの戦いからもう1ヶ月近く経ったんだなぁ…」

梓「なんだか今でも夢のようですよね…私なんかその日に能力貰ってその日だけに使用しただけですから…」

律「でも私は結構気に入ってたぜあの棍棒」

梓「お似合いでしたものね。まぁ、でも…」

澪「ジュリエッタ…」エグエグ

梓「…澪先輩ほど自分の能力を愛した人もいないでしょうね…」

律「ジュリエッタってなんだよ…あの石の名前か…?」

そう、これはあれから1ヶ月後のある日の日常

912 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 00:40:51.64 ID:+VpGk71/O [6/13]
紬「まさか憂ちゃんのお父さん…マーガレットが地獄人に支配されていたって聞いた時はびっくりしたわね」

和「しかも、その地獄人ってヤツ。マーガレットにデスペンタゴンっていう天界の吸血生物を貼り付けて憂に能力者バトルで優勝しないと発動させるって脅して…とんでもないヤツよね」

唯「でも、無事に外れて良かったね!ねっ、憂!」

憂「うん!皆さん達のおかけです…本当にありがとうございました…!」

和「ふふっ。もう憂ったらあの日から何回もお礼言っちゃって」

これが憂の能力者バトルに参加していた理由
私を執拗に仲間に狙わせていたのは自分の能力だと殺してしまうんじゃないか…って思ったからだって!
憂はやっぱり優しい子です

913 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 00:46:45.96 ID:+VpGk71/O [7/13]
~~~~~~~~~

憂「」ドサッ…

梓「ぐっう!」ピキピキッ…

唯「おおっ!あずにゃんナイスキャッチ!」

律「お、おい…お前だからあんま無理すんなって!」

梓「う…憂は軽いから平気です!」

紬「あら?もしかして重いとでも…」ゴゴゴ…

梓「そんなこと言ってないですっ!?」ビクッ

和「それよりも澪の能力…凄いわね!まさか憂に一撃を与えるなんて…」

石「ご主人様!僕やったよー!!」

澪「あぁ!えらいぞ!お前はなんてラブリーでえらいんだ///」

和「……」


マーガレット「(なっ…まさか…まさか憂が負けるなんて…!?)」

917 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 00:56:50.18 ID:+VpGk71/O [8/13]
マーガレット「(ぬぅぅ…マーガレットになりすまし神となり天界を支配する計画がめちゃくちゃになっただと…!?)」

マーガレット「(憂め…!天界人といえど所詮は人間界にどっぷりと浸かってしまった小娘か…!)」

マーガレット「(許さん!マーガレットの体が出て行きデスペンタゴンを…がっ!?」

神様「そこまでだぜ…マーガレット…いや地獄の守人」

マーガレット「なっ!?神…だと…!?何故ここに…!?」

神様「んなことはどうでも良いだろうよ。それよりも首のデスペンタゴン。物騒だから外させてもらったぜ」

マーガレット「な、なんだと!?」

神様「ここまでだ。さっさと地獄に送還されな」

神様「(斎藤の地獄からビデオレターの言った通りだったな…)」

918 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 01:02:29.59 ID:+VpGk71/O [9/13]
神様「(さて…ついでにだ…)」

神様「よう!そこ嬢ちゃん達!」

律「うわっ!?変質者だ!」

神様「誰が変質者だ!?」ウガー

神様「(この残った嬢ちゃん達にはもう神候補がいねーんだよな…)」

神様「(知ってる知らないにしろ…空白の才やらのことを含めて俺からちゃんと説明しておかないとな…)」

神様は思っていたより見た目がファンキーでした
りっちゃんが変質者って言う気持ちも理解出来ます
私たちは神様から憂のお父さんのこと空白の才のこと…
そして…さわちゃん先生達のことも聞かされました

920 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 01:10:06.93 ID:+VpGk71/O [10/13]
~~~~~~~~~

紬「まぁ…黙っていたりっちゃん達の気持ちはまだ理解出来るから良いの」

紬「私に黙っていなくなった了見はどういうことかしらね斎藤?」

斎藤「申し訳ありません紬お嬢様…なんなりと罰を…」

紬「…斎藤」

斎藤「…はい」

紬「私は結構こう見えて人見知りなの」

斎藤「は…はぁ…」

紬「だから貴方は一生私専属の執事!私の許可なく勝手な行動は出来ない!これが罰です!」

斎藤「…!!」

斎藤「…御意」

形として能力者バトルの優勝者は救世主である澪ちゃんで満場一致しました

922 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 01:15:54.16 ID:+VpGk71/O [11/13]
~~~~~~~~~

犬丸「お、お久しぶりです…和さん…」

和「……」

和「じゃあ、私生徒会行くね」

犬丸「ちょっといくらなんでも冷たすぎやしませんか!?」ガーン

和「…冗談よ」

和「…おかえりなさい。犬丸さん」

犬丸「…!」

犬丸「はい!ただいま帰りました」

和「ところでずっと聞きたいことがあって…」

犬丸「はい?なんでしょう?」

和「なんで澪の能力はあんなに可愛かったのに私の能力はメガネなのよ!?」

犬丸「い、いやそれはだから!いたっ!蹴らないで!」

だけと空白の才はりっちゃんが考えた才になりました
澪ちゃんは本当に形だけの優勝者
だけどのその空白の才の内容に澪ちゃんとあずにゃんは納得していました
実は私はどんな内容なのかしりません

923 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 01:24:25.97 ID:+VpGk71/O [12/13]
~~~~~~~~~

唯「しかもりっちゃん達もヒドいよね~さわちゃん先生達のことずっと黙ってたんだもん!」

律「いや…それは唯達の為を思ってな…」

澪「許してやってくれ唯…律なんかその場で号泣してたぐらいなんだから…」

律「号泣とかしてねーし!」

梓「いや、してましたね」

律「梓まで~…いやだからそれは違うんだって…!」

ガラッ!

律「おっ、ムギが来たか…な…?」

梓「あっ!逃げた…って…えっ?」

「私が今日から軽音楽部の顧問を担当することなった…」

澪「ははっ…声も同じって…偶発じゃ…ないんだよ…な…?」

唯「…おかえりなさい!」

さわ子「みんな…ただいま!」

『再会!の才』

924 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/08(金) 01:26:36.47 ID:+VpGk71/O [13/13]
これで完結です!

次スレは避けたいと思って駆け足になってすいませんでした><

それでも多くの人に支援をしていただけて感謝でした!

本当に読んでいただいてありがとうございました!


コメント

No title

マジで駆け足だな
つうかかなり強い能力者がああもあっさりやられるとつまらねぇ・・・
バロウとか佐野レベルの戦闘センスがあって初めて見抜ける能力だったのに、能力覚られたマリリンで勝てるとは・・・植木愛読者だったオレとしては思いたくないな

No title

事首になった
※1
批判するならカエレksg

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。