FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「ビアンカかなぁ…」 憂「ビアンカだよねぇ…」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:23:41.70 ID:1RNV3pSn0 [1/87]
律「え?唯ドラクエやったことないのか?」

唯「ドラクエってドラゴンクエストのことだよね?うん。ないよ」

律「お前それ人生の4パーセントぐらい損してるぞ」

唯「だって私ゲームあまりやらないもん」

律「それでも普通ドラクエぐらいプレイしたことあるだろ。梓もプレイ済みだよな?」

梓「9以外はコンプリートですよ」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:24:24.92 ID:1RNV3pSn0 [2/87]
律「流石は梓。で、梓は何が一番好きなんだ?」

梓「そうですね。一番プレイ時間が多いという点ではモンスターズ1ですが、シナリオ面から言うと5が一番好きです」

律「わかってるな!やはり天空シリーズだよな!特に5なんて感動しまくりだったよ」

梓「唯先輩ドラクエというか、RPGやったことあるんですか?」

唯「私?一回もないよ」

律「よしわかった。唯PS2もってたよな?明日5持っていってやるからプレイしてみろよ」

唯「え……、いいよ別に。たぶんすぐわからなくなっちゃうし」

律「物は試しだろ?大丈夫、わからなくなったら私が教えてやるから」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:26:48.84 ID:1RNV3pSn0
翌日学校!

律「ほら唯。ドラクエ5」

唯「本当に持ってきたんだ……」

律「唯、お前のことだ。最初の船で詰む可能性大だろう。だから先に言っとく。船では全員に話しかけろ。それで上陸できる」

唯「船?よくわからないけど全員に話しかけたらいいの?」

律「あぁそうだ。とにかく上陸さえしちまえば詰む要素はほぼ0に近いはずだ」

唯「うーん、正直あまり乗り気じゃないけどとにかくやってみるよ……」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:29:13.05 ID:1RNV3pSn0
自宅!

憂「ただいまー」

唯「おかえりー」

憂「あれ?ゲームしてるの?珍しいね」

唯「うん。りっちゃんに貸してもらったのドラクエ5」

憂「ふーん。面白い?」

唯「ぜんぜん。さっきからずっと船なんだもん」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:31:19.73 ID:1RNV3pSn0
憂「海戦物なの?」

唯「ドラゴンを倒しに行くって話だよ。たぶん」

憂「そうなんだ。……お姉ちゃんさっきから何をグルグル回ってるの?」

唯「ん?あぁこの宝箱が取れなくて」

憂「鍵かかってるから開けられないの?どっかに鍵があるんじゃないの?」

唯「おお流石憂。じゃあちょっと鍵探しに行くね」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:32:25.75 ID:1RNV3pSn0
1時間後!

憂「ふう。お風呂の用意も終わったし夕飯の下ごしらえも済んだ。……お姉ちゃん鍵見つけたかな?」

唯「……」ピッ、ピッ

憂「(また宝箱の周り回ってる……)」

唯「駄目だーこれ苦行に近いよ」

憂「お姉ちゃん、いったん宝箱は諦めなよ。普通に話すすめよ?」

唯「それがねえ、ここ以外行くところないんだよ」

憂「そこの部屋以外行ってみなよ。私まだ宝箱の部屋しか見たことないよ」

唯「この部屋を出るとね、こういう風になってるの」

憂「うん。……え?」

唯「え?」

憂「いや、何でそこの部屋に戻るの?他の部屋とかいろんな人に話しかけてみようよ」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:35:33.00 ID:1RNV3pSn0
30分後!

唯「……」

憂「……」

唯「……」

憂「……そこ、そこの人に話しかけて」

唯「……あぁ、ここにも居たんだ」

ブオーン イカリヲタタメー

憂「あ、何か起こったよ」

唯「本当だ。りっちゃんの言うとおり全員に話しかければよかったんだね」

憂「お姉ちゃんがそれ思い出すのに、1時間半かかることまでは律さん想像できなかったみたいだね」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:38:49.50 ID:1RNV3pSn0
唯「とりあえず外出てみるよ」

憂「うん」

タララララララララーータッター

唯「うひゃあ」

憂「スライムが出てきたね」

唯「かわいいねぇ憂みたい」

憂「褒めてるのかな?」

唯「もちろんだよ。…戦う押せばいいのかな?」

憂「いいんじゃないかな」

唯「うわっ強!1対3は卑怯だよ」

憂「逃げる押してみれば?」

唯「回り込まれた!足で潰して逃げればいいのに」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:42:33.67 ID:1RNV3pSn0
憂「あ、お父さんが助けに来てくれたね」

唯「お父さんめちゃめちゃ強いね」

憂「うん。一回で二回攻撃してる」

唯「それにしても上のHPとMPって何だろう」

憂「攻撃を受けたときに減ってるからHPは体力ってことじゃないかな」

唯「じゃあMPは?」

憂「うーん……アーマーゲージ?」

唯「憂?」

憂「ごめん。忘れて……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:46:04.07 ID:1RNV3pSn0
唯「町についたはいいけど、また何をするかわからない状態になっちゃったよ」

憂「とりあえずいろいろ探索してみようよ」

唯「そうだね」

1時間後!

憂「まさか川の向こうに洞窟があるなんてね」

唯「…うん。気づくのにずいぶんかかっちゃったね」

憂「もう10時だよ…おねえちゃんご飯どうしようか」

唯「これやりながら一緒に食べよ」

憂「じゃあ持ってくるね。あ、カレーだから」

唯「……」ピッ ピッ

憂「(聞いてない……)」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:48:46.82 ID:1RNV3pSn0
憂「ハムハムあ、宝箱あるよ」

唯「ふぇ、ふぉこ?パクッ」

憂「ゴクゴクそこ、左側」

唯「やくそうかぁパク」

憂「パクパク序盤だし仕方ないよ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:52:11.87 ID:1RNV3pSn0
唯「ところでやくそうってどういうアイテム?」

憂「病気が治るんじゃないの?異常状態とか」

唯「たとえば?」

憂「例えばって、うーん。……骨折とか内臓系の病気とか?」

唯「……そんなリアルなゲームやりたい?」

憂「冷静に返さないでよ…」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 19:53:59.89 ID:1RNV3pSn0
1時間後!

唯「すごい!メラつよい!」

憂「あ、MP減ってる!お姉ちゃんMPはメラの回数だよ!メラポイント!」

唯「ごめん…さっきホイミ使った時も減ってた…」

憂「あ、そうなんだ……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:00:30.74 ID:1RNV3pSn0
2時間後!

唯「うーボスが強すぎて倒せないよ」

憂「確かに凄まじい強さだね。歯が立ってないよ」

唯「レベルが足りないのかなぁ」

憂「今14レベルだね」

唯「鬼のようにレベル上げしたからね。りっちゃんにメールしてみるよ」メルメル


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:01:17.49 ID:1RNV3pSn0
唯「あ、返信きた」

律『お前武具装備してないだろ』

唯「?」

憂「律さんなんて?」

唯「武具装備してないだろって」

憂「武具って?」

唯「さぁ?」

憂「あ、武器のことだよ!」

唯「え?いや、それはわかってるけど」

憂「……」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:04:30.83 ID:1RNV3pSn0
唯「町に戻ったはいいけど、りっちゃんの言う武器屋と防具屋がないんだけど」

憂「夜だからお店の人とか寝てるんだよ。一回昼間にしてみようよ」

唯「おぉなるほど。そういえば私達夜の街しか見てなかったね」

憂「あ、あれだよたぶん。そこの店みたいなの」

唯「あーこれかぁ普通にスルーしてたよね」

憂「武器見てみようよ武器!」

唯「ノリノリだね憂!私もちょっと面白くなってきたところだよ」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:05:32.38 ID:1RNV3pSn0
憂「……お金いっぱいあるね」

唯「今レベル15だからね。いっぱい倒したよ」

憂「そのブーメランといばらの鞭でいいんじゃないかな?攻撃力すごい上がるし」

唯「じゃあ防具も適当に一番高いやつで」

憂「早くモンスターと戦ってみようよ、外出てみようよ。早く」

唯「ノリノリだね。憂」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:08:21.96 ID:1RNV3pSn0

唯「つよ!ブーメランつよいよ!一度に全員攻撃してるよ!?」

憂「いばらの鞭も大概だよ!さっきまでの私達ってなんだったんだろうね」

唯「レベル上げだって思えば大丈夫だよ!お金もまだあるし」

憂「……あれ?いばらの鞭って全員に攻撃するってわけじゃないんだ」

唯「え?あ、本当だ。固まってる敵をまとめて攻撃するんだね」

憂「スライム1 スライム3とかだとちょっとイラッてしちゃうね」

唯「なんだか仲間はずれみたいだよね。魔物の世界にもいじめってあるんだ」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:10:09.22 ID:1RNV3pSn0
憂「今2時だよお姉ちゃん」

唯「とりあえずおやぶんゴーストだけ倒そうよ」

憂「そうだねキリがいいからね」

唯「うん。キリがいいから」


5時間後!

唯「うっうっ…グスッ」

憂「ヒグッグスッ…」

唯、憂「……お父さんグスッ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:12:20.47 ID:1RNV3pSn0
学校!朝9時!

さわちゃん「平沢さんは風邪のためお休みです」

澪「唯のやつ風邪かぁ律どうする?お見舞い行くか?」

律「ん?あぁいらないと思うぞ?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:14:34.54 ID:1RNV3pSn0
憂「お姉ちゃん……流石に私眠くなってきたかなぁ…」

唯「奇遇だね憂…そろそろ私も限界だったよ……」

憂「いったん休憩しようよ。もう11時だよ?」

唯「じゃあ寝ようか。ソファでいいや」

憂「おねえちゃん。ちょっと詰めてくれる?」

唯「一緒に寝る?」

憂「うん。部屋まで戻るのちょっとしんどいや」

唯「いいよおいで」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:17:45.34 ID:1RNV3pSn0
6時間後!

ピッピッ

憂「ん……。ハッ!」

唯「……」ピッピッ

憂「ちょっと!ちょっと!!」

唯「あ、おはよ」

憂「お姉ちゃん独りで先に進めないでよ!私も起こしてよ!」

唯「え?あ、ごめん。えと…気持ちよさそうに寝てたから?」

憂「絶対うそでしょ!ただやりたかっただけでしょ!」

唯「まぁまぁ。まだ奴隷から開放されたばっかりだから」

憂「なにその奴隷って!前提からわからないよ!お願いだから詳しく説明してよ!」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:21:15.15 ID:1RNV3pSn0
唯「オラクルベリーについたよ」

憂「カジノがあるね」

唯「今どれくらいお金持ってたっけ」

憂「1000ちょっとだね。カジノの前に探索しようよ」

10分後!

唯「……」

憂「所持金0になったね…」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:28:22.95 ID:1RNV3pSn0
憂「お姉ちゃんもう諦めよ?」

唯「うぅ…うぅ…グリンガムの鞭…」

憂「序盤から強い武器手に入れたら徐々に攻撃力上がる楽しみがなくなっちゃうと思うの。だからね」

唯「あ、セーブ!セーブ繰り返せば!」

憂「聞いてよ!」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:36:15.02 ID:1RNV3pSn0
唯「馬車買ったはいいけど、どうやってモンスター仲間にするんだろ?」

憂「さっき言ってた通り戦って倒せばいいんじゃないの?」

唯「じゃあとりあえずスライム仲間にしてみよっか」


憂「一回で仲間になった…」

唯「随分人懐っこい性格なんだねぇ。ういやつめ」

憂「え?」

唯「え?」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 20:37:29.11 ID:1RNV3pSn0
唯「ちょっと…」

憂「うん」

唯「この人通してくれないんだけど…」

憂「ヘンリー王子だって気づいてないのかな?ヘンリーも何か言ってくれればいいのに」

唯「黙っちゃってるよ…勘弁してよ。また2時間コースだよ…」

憂「他にいけるところは行ったよね」

唯「うんアルカパとサンタローズ行ったけど特に何もなかったよね」

憂「もう一回行ってみない?」

唯「どこに?」

憂「アルパカ」

唯「ぶふっ」

憂「……」

アルパカ


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:44:46.44 ID:1RNV3pSn0
2時間後!

唯「またこの洞窟だよ!また気づくのに2時間かけさせられたよ!」

憂「いい加減学習しないと駄目だね私達」

唯「そういえば少年時代にお父さんよく小船使ってたよね」

憂「あ、そういえばそうだね。あれ一応伏線だったんだねぇ」

唯「私達やくそうの存在理由に気づかなくて何回も死んでたから、何往復もしてたよね」


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:45:52.37 ID:1RNV3pSn0
憂「お姉ちゃん基本的に道具とかステータス確認しないから…」

唯「私のせいにしちゃうんだ」

憂「だってお姉ちゃんがコントローラ持ってるから…」

唯「じゃあいいよ憂こっから交代交代でプレイしてこうよ。そうすれば公平だよ」

憂「いいよ別に。私は確認するタイプだし意外にゲーム知ってるよ?」

唯「やくそうの効果なんだっけ?」

憂「HPを30ぐらい回復でしょ?」

唯「骨折を直すんでしょ?」

憂「やめてよ!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:53:49.68 ID:1RNV3pSn0
10分後!

唯「うぅ…悔しいけど合理的なMAPの進め方…」

憂「ふふん♪」

唯「アイテムを取り逃すことなく体力管理もばっちり…」

憂「ふふふん♪」

唯「あ、メタルスライムだ!」

憂「ほんとだ!集中攻撃!逃げないで逃げないで…」

ザザザザッ

唯「……」

憂「……」


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:55:45.09 ID:1RNV3pSn0
唯「う~い~?ニヤニヤ」

憂「今のは仕方ないよ…だって…逃げるように設定されて…」

唯「でも私倒したよねぇ?さっき」

憂「それは…た、たまたまで」

唯「う~い~?」

憂「もう!いいじゃない!レベルも高いんだし別に無理して倒さなくても!可哀想だよ!」

唯「初めて倒したときの経験値に興奮してたの誰だっけ?」

憂「わ、わたしだけど…」

唯「やったーーすごいすごい!お姉ちゃん経験値1000だよ!?すごいスライム何匹分!?」

憂「やめてよ!」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 20:59:39.91 ID:1RNV3pSn0
唯「はい渡して」

憂「え?」

唯「えじゃないよ。コントローラー渡して?」

憂「なんで!?私まだ10分ぐらいしかプレイしてないよ!?」

唯「1ミスしたじゃん。だから交代」

憂「先に言ってよ!それだったら今までのお姉ちゃんのミス250回分ぐらいあるよ!あと249回私だよ!」

唯「記憶にございませーんノーカンノーカン」

憂「うううぅぅ!いいよ!1ミスで交代だからね!」

2分後

憂「今攻撃スカした!交代交代!」


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:02:39.18 ID:1RNV3pSn0
唯「何言ってるの!?これは仕方ないことだよ!」

憂「交代!交代交代!!ううぅうう」

唯「わかった!ルール決めよ!」

憂「うぅぅどんな…?」

唯「死んだら交代」

憂「わかった…それでいいよ…」

唯「うんうん自分ながら良いルールだねぇ」

憂「はい」

唯「え?」

憂「私からでしょ?」

唯「え?」

憂「え?」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:04:21.99 ID:1RNV3pSn0
唯「…憂?私は誰?」

憂「え?お姉ちゃん…」

唯「そう。お姉ちゃんなの」

憂「うん。…え?」

唯「私から」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:07:21.19 ID:1RNV3pSn0
唯「小部屋かな?奥に剣が刺さってるけど…」

憂「伝説の剣っぽいよ」

唯「あっ!手紙だ!お父さんの手紙だよ!」

憂「嘘!?しかも私宛だよ!」

唯「何言ってるの?主人公『ゆい』だよ?私宛だよ。憂じゃないよ」

憂「どっちでもいいじゃない!」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:08:22.61 ID:1RNV3pSn0
“ゆいよ。お前がこの手紙を読んで
 いるということは 何らかの理由で 私は
 もう お前のそばにいないのだろう。
“すでに 知っているかもしれんが
 私は 邪悪な手にさらわれた 妻の
 マーサを助けるため 旅をしている。
“私の妻 お前の母には
 とても 不思議な力が あった。
“私には よく分からぬが
 その能力は 魔界にも
 通じるものらしい。
“たぶん妻は その能力ゆえに
 魔界に 連れ去られたのであろう。
“ゆいよ!
 伝説の勇者を さがすのだ!
“私の調べたかぎり
 魔界に入り 邪悪な手から 妻を
 取りもどせるのは……
“天空の武器と防具を 身につけた
 勇者だけなのだ。
“私は 世界中を旅して
 天空のつるぎを 見つけることができた。
“しかし いまだ
 伝説の勇者は 見つからぬ……。
“ゆいよ! 残りの防具を さがし出し
 勇者を見つけ わが妻マーサを
 助け出すのだ。
“私は お前を信じている。
 たのんだぞ ゆい!”


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:09:36.21 ID:1RNV3pSn0
唯「うぅぅお父さん!グスッ!」

憂「ヒックヒッグ…」

唯「絶対…絶対お母さんを探そうね憂…」

憂「うん…おねえちゃん…絶対見つけてあげようね…ヒグッ」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:13:20.10 ID:1RNV3pSn0
20分後!

唯「ところでさ、さっきの手紙なんだけど」

憂「なに?」

唯「お父さんが健在だったら自分で回収しにいってたんだよね?セリフからすると」

憂「そうだろうね」

唯「10年後とかに『私はもう居ないだろう』とか書いてるの見るってどんな気分なんだろうね」

憂「すっごい恥ずかしいよね。過去の自分を見るのって」

唯「……アルパカ」ボソッ

憂「しつこいよ!」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:18:07.67 ID:1RNV3pSn0
唯「あ、りっちゃんからメールだ」

律『おーいハマりすぎるのも考え物だぞー明日から連休入るから二日でクリアしちゃえよー』

憂「律さんなんて?」

唯「何か自分たちの行動が筒抜けって嫌な気分だね…」

憂「?」


1時間後!

唯「ああああああもう!この人通してくれない!もう嫌だ!憂パス!」

憂「うーんこの状態でパスされてもなぁ…」

唯「お願い憂!この状態を打開して!」

憂「まかせて!」

唯「ご飯食べてくるよ」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:28:08.63 ID:1RNV3pSn0
憂「あれ?はなすコマンド?」

ヘンリ『ラインハットに行きたいのか?うーんもう少し考えさせてくれ。そうだなアルカパの宿屋にでも泊まって考えさせてくれよ』

憂「おねえちゃん!!」

唯「な、なに!?どうしたの?」

憂「ヘンリーが!」

唯「ヘンリーが?」

憂「喋ったの!」

通常はなすコマンド『初使用』

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:32:47.62 ID:1RNV3pSn0
現在のパーティー
ゆいLV18 ヘンリーLV13 スライムLV13

かわいいモンスターが居ないと唯の判断で仲間モンスター1匹のみ

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:33:47.91 ID:1RNV3pSn0
唯「ようやく打開…お手柄だよ憂…」

憂「うぅありがとうお姉ちゃん…これできっと関所とおれるよね?」

唯「うんきっとヘンリーがなんとかしてくれるよ」



兵士「ここから先はラインハット国だ。通行所のない者を通すわけには」

ヘンリー「……えいっ!(デコピン!)」

兵士「あいたた!無礼なやつ!何者だっ!?」

ヘンリー「ずいぶん偉そうだな、トム!」


唯「いいよぉ!ヘンリー!もっとやっちゃえ!殴っちゃえ!」

憂「そうだそうだ!いっそのことクビにしちゃえ!」

唯「クビ!クビ!」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:34:28.28 ID:1RNV3pSn0
トム「どうして私の名前を??」

ヘンリー「相変わらずカエルは苦手なのか?ベッドにカエルを入れておいた時が、一番傑作だったな。」

トム「………っ!!」

トム「そ、そんな……まさか……。」


憂「クビ!クビ!」

唯「クビ!クビ!」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:35:49.48 ID:1RNV3pSn0
ヘンリー「なにも言うな、トム。」

ヘンリー「兵士のお前が国の悪口を言えば、何かと問題が多いだろう。」

トム「はっ」

ヘンリー「通してくれるな?トム。」

トム「はい!よろこんで!」


唯「えぇ!?それだけ?罰は!?私の4時間返せ!」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:43:19.67 ID:1RNV3pSn0
約20時間前!

唯「うーんこの猫ちゃんの名前かぁ…」

憂「ビアンカちゃんあまりいい名前提示してくれないね…」

唯「憂?何か気に入ったのあった?」

憂「うーんひとついいかなってのがあったよ。お姉ちゃんは?」

唯「私もひとついいって思ったのがあったよ」

憂「せぇので言おうよ」

唯「いいよ。せぇの!」

憂「ビビンバ!」

唯「ビビンバ!」

ベビーパンサー改め『ビビンバ』 

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:44:14.43 ID:1RNV3pSn0
ピロロロロロ
憂「あ、梓ちゃんからメールだ」

梓『律先輩から聞いたよ。二人でドラクエやってるんだって?私も行っていい?』

唯「あずにゃんなんて?」

憂「え?・・・えと」

ピッピッ
憂『ごめんねあずさちゃん。ネタバレとか怖いから二人でやるね』 送信

憂「宿題範囲教えてもらっただけだよ!」


234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:48:39.58 ID:1RNV3pSn0
10時間後!

唯「ああああああああ!!!!!」

憂「ああああああああ!!!!!」

唯、憂「橋の下!!!!」


唯「もお!過去最大の詰め所だったよ!何度諦めようかと思ったことか!」

憂「本当だよ!橋の下なんて気づかないよ!大体なんで10年前の小船がまだ残ってるの!?」

唯「知らないよ!もお!10時間返せ!」


視点回転コマンド『未使用』

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 21:53:20.87 ID:1RNV3pSn0
新モンスターだよ!


唯、憂「かわいいーーー!!」

憂「なにこのモンスターすごいかわいいよお姉ちゃん!」

唯「本当だねすごいかわいいよ憂!」

憂「ちょっとラインハットの前にこの子仲間にしようよ!」

唯「うん絶対する!目がかわいいよぉ」

憂「わかるなぁ…」

10分後

唯「やった!起き上がったよ!」

憂「意外に早かったね!名前は?」

唯「ダニー!」


4人目の新メンバー ダンスニードル改め『ダニー』

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:12:51.02 ID:1RNV3pSn0

5時間後!

唯「ポートセルミについたよ!」

憂「ヘンリーと別れちゃったのは辛いね。パーティーが3人になっちゃったよ」

唯「まぁレベル高いから大丈夫だよ!さあ新しい大陸、新しい町だよ!」


270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:15:32.29 ID:1RNV3pSn0
憂「……」

唯「……」ピッピッ

憂「お姉ちゃんさ」

唯「ん?」

憂「なんで町とか隅々まで探索しないの?」

唯「え?だってめんどくさいんだもん」

憂「でも種とかいろいろあるかもしれないじゃん」

唯「もおうるさいなぁ。ちゃんと重要そうなのは取れてるよ」

憂「取れてないよ!偶然拾ったものだけ重要扱いしてるだけでしょ?」

唯「そんなことないよ!じゃあ憂やってみてよ!ちゃんと全部回収するんだね?」

憂「いいよ貸して!」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 22:16:12.60 ID:1RNV3pSn0
唯「……」

憂「……」ピッピッ

唯「……」

憂「……」ピッピッ

憂「…よしカボチ村いこ」

唯「ちょっと待って」

憂「え?」

唯「コントローラー」

憂「え?あ、はい…」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:16:52.91 ID:1RNV3pSn0
唯「……」スタスタスタ ピッ ピロリロリン

憂「……」

唯「……で?」

憂「…えと、その…」

唯「で?」

憂「ちょっと待ってよ!そんな花畑の中にメダルなんてわかるわけないじゃない!」

唯「で?」

憂「…えと……ごめんなさい……」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:25:15.99 ID:1RNV3pSn0
ビビンバ洞窟!

唯「……」

憂「……」ピッピッ

唯「あ、憂そこ宝箱」

憂「知ってる」

唯「……イラ」

憂「……」ピッピッ

唯「……!」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:25:56.20 ID:1RNV3pSn0
憂「……」ピッピッ

唯「あ、そこ落ちると宝箱だよさっき見たやつ」

憂「うん私も思ってたから」ヒュー スタ

憂「……」スタスタスタスタ… スタスタスタ… スタスタスタスタ……

唯「ぷっ…ぶふっ……ぶふぅっ…」

憂「……」ピッピッ

唯「『うん私も気づいてるから』」

憂「邪魔しないでよ!」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:36:10.03 ID:1RNV3pSn0
唯「ん?あれって……」

憂「うん…」

唯「ビビンバ…だよねぇ…?」

憂「おっきくなってるね」

唯「えっちょっと戦闘になっちゃったよ!?」

憂「どうしよう…普通に戦っていいのかな?」

唯「無理だよ!ビビンバだよ!ビビンバなんだよ!?」

憂「う、うん…」

唯「きっと私の事覚えてくれてるよ!」

憂「だ、だよね…」ピッ

ビビンバの攻撃!ゆいに20ダメージ!


憂「……」

唯「……」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:40:08.05 ID:1RNV3pSn0
憂「……」

唯「……」

憂「お姉ちゃんの言うとおり薬草使ったのに平然と攻撃してきたよ…?」

唯「き、きっとおびえてるだけだよ!薬草はまだあるから全部使っちゃって!ビビンバに攻撃したら怒るからね!」

憂「わ、わかった…」

唯「……」

憂「……」ピッ →やくそう

唯「……」

憂「……」ピッ →やくそう

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:43:05.92 ID:1RNV3pSn0
『ビビンバは何かを思い出してるようだ』

唯「ほら!ほら!私の言ったとおり!言ったとおり!」

憂「ほ、ほんとうだ…」

唯「ほらね!きっと攻撃してたら絶対思い出してくれなかったよ。だって攻撃したら敵だと思っちゃうもん。」

憂「う、うん…」

唯「きっと最初に防御か道具使わないと思い出してくれない設定になってるんだよ。絶対そうだよ」

憂「も、もうわかったから…」

唯「たぶん2割ぐらいじゃないのかな?ビビンバに攻撃しないで薬草使い続ける人って私含めてね」

憂「……」ピッ

ビビンバに攻撃!30のダメージ!

唯「あああああぁぁぁあ!!!!!!」


308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:46:00.90 ID:1RNV3pSn0
唯「何で攻撃したの!?何で!?」

憂「え?だって薬草切れたから…」

唯「防御があるでしょおおお!?さっきの話聞いてなかったの!?」

憂「ご、ごめん」

唯「もお憂のせいで台無しだよ!せっかく2割の人間になれたのにもうビビンバ思い出してくれないよ!どうしてくれんのさ!」

憂「……ごめん……」

唯「もう知らないよ!一生スラリンとダニーで良いんじゃないかな!憂は!」

憂「……うぅ…」ピッピッ

『ビビンバは何かを思い出してるようだ』

唯「……」

憂「……」


315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:49:54.34 ID:1RNV3pSn0
憂「攻撃しても思い出してくれてるね…おねえちゃん?」

唯「……」

憂「あ、ごめん攻撃しちゃいけないんだっけ?えと防御防御」

唯「……」

憂「何か行動パターン決まってるみたいだね。攻撃、様子見、思い出しのパターンみたいだよ」

唯「……」

憂「おっと攻撃しちゃいけないんだよね。防御防御」

唯「インケン女!」

憂「なっ!?」


317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 22:51:20.30 ID:1RNV3pSn0
唯「それにしても……」

憂「うん……」

唯「ビビンバ強くなったねぇ……」

憂「……本当だねぇ」

唯「もう1240ダメージ与えてるよ」

憂「数えてたんだ……」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:53:50.40 ID:1RNV3pSn0
憂「絶対おかしいよ!」

唯「何が?」

憂「だって明らかに体力が桁違いだもん!」

唯「う、そりゃビビンバだってレベル上げて…」

憂「ゆいのHPまだ128だよ!?ビビンバどんだけレベル上げたの!?」

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:56:04.42 ID:1RNV3pSn0

唯「わかった!たぶん……いや間違いない!」

憂「一応聞いておくけど、なに?」

唯「主人公独りじゃパンチが弱いんだよ!ビアンカが居ないと!ビビンバなだけに」

憂「でも今ビビ、……ビアンカ居ないよ?」

唯「だからさ!ビアンカに代わる物があるでしょ!?」

憂「!」

唯「そうだよ!リボンだよ!」

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 22:59:48.15 ID:1RNV3pSn0
憂「お姉ちゃんそれだよ!冴えてる!天才!」

唯「ふふん!もっと!」

憂「凄いよ本当に気づかなかった!伏線あったよ!」

唯「もっともっと!」

憂「流石2割の人間だね!」

唯「……」


唯「それじゃ早速使おうよ」

憂「まかせて!」ピッピッピッ…

唯「……」

憂「……」

唯「持ってないじゃん……」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:03:34.80 ID:1RNV3pSn0
憂「……どうしよう…」

唯「大丈夫だよ。多分こういうのは詰み防止のために逃げれるはず…」

憂「……」ピッ ダダダッ

憂「あ、ほんとだ!」

唯「ね?あとは袋からビアンカのリボンを出してもう一回挑戦すれば大丈夫だよ!」

憂「まかせて!」

憂「……」ピッピッ

唯「……」

憂「……」ピッピッピッピッ

唯「……」

憂「……グスッ」ピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッ……

唯「……なんで預けてるのよぉ…」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:10:21.34 ID:1RNV3pSn0
憂「ごめんなさい……使わないお金と使わないイベントアイテムはいつもの収納癖で…」

唯「もう!さっさとリレミトして引き出してついでにレベル上げもしといてよね!私お風呂入ってくる!進めないでよ!」

憂「うぅ…」

40分後!

唯「レベル上がった?」

憂「……」ピッピッ バヒューンバヒューン

唯「ちょ!ちょっと!」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:13:20.72 ID:1RNV3pSn0
憂「え?なに?」

唯「なにその浮遊呪文!?」

憂「あぁラインハットに戻らなきゃいけないみたいで戻ってるんだよ」

唯「違うよ!なにその移動呪文!?知らないよ!ていうかビビンバは!?」

憂「4人目にいるよ?」

唯「さも当然のように言わないでよ!!ていうかさっきの呪文はなに!?」

憂「あぁルーラだよ」

唯「だから当たり前の様に言わないでよ!きいぃぃぃ腹立つ!レベルアップで覚えたの!?」

憂「ルラフェンでラルムーン草取っておじいさんに渡して実験してもらったんだよ」

唯「知らない単語を一気に出さないでよ!何で勝手に進めたの!?しかも私がお風呂上がったと同時にルーラ見せたでしょ!?」

憂「ただの偶然だよ。知らないよ」

唯「死ね!」

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:21:16.46 ID:1RNV3pSn0
憂「お姉ちゃんだって今朝やったじゃない!同じこと!」

唯「あ、あれは憂が起きないから!私はお風呂!お風呂なの!憂は寝てた!」

憂「関係ないよ!お風呂も寝てたも!両方とも待てば解決する問題じゃない!」

唯「そ、それは憂が気持ちよさそうに寝てたから…」

憂「じゃあ私は、お姉ちゃんが気持ちよさそうにお風呂入ってたから」

唯「屁理屈こねないで!」

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:22:11.72 ID:1RNV3pSn0
憂「こねてないよ!お姉ちゃんこそ大概だよ!これでお相子でしょ!?」

唯「はぁ…いいよもうお姉ちゃんだから許してあげる」

憂「うん。当然だよ。だってお相子だもん」

唯「貸し1だね」

憂「え?」

唯「貸し1」

憂「なにそれ貸しって?」

唯「さぁね」

憂「な、なんなの?お姉ちゃん貸しってなに!?」

唯「知らないよ。その時になるまでね」

憂「お姉ちゃん!」

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:24:56.26 ID:1RNV3pSn0
30分後
唯の部屋
唯「…………」

憂の部屋
憂「…………」

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:30:07.19 ID:1RNV3pSn0
唯『酷くない!?だって進めちゃったんだよ!?ルーラも覚えちゃったんだよ!?バヒューンバヒューンって!ちょうど私が出るの見計らって待機してたんだよ!嫌らしい子だよ!』

律『まぁまぁ唯も同じ事を今朝やったんだろ?』

唯『わ、私はただ起きたらちょっとだけやりたくなっちゃっただけで…』

律『なら憂ちゃんもやりたくなっちゃったんじゃないのか?』

唯『違うよ!絶対違うよ!あのルーラ唱えたときの顔は絶対違うよ!ドヤ顔だったんだよ!?』

律『(憂ちゃんのドヤ顔なんて想像できねぇよ……)』

380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:32:23.83 ID:1RNV3pSn0

唯『だから今喧嘩してドラクエも封印してるの!でも明日絶対早起きしてクリアしてやるの!』

律『あのな、唯』

唯『なに?』

律『あまり熱中しすぎて本当に大切なもの無くすなよ?』

唯『どういう意味……?』

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 23:37:59.80 ID:1RNV3pSn0
憂『ってわけだよ!酷いよね!?梓ちゃんもそう思うでしょ?』

梓『うーん憂は自分がやられたことをやり返しただけなのに怒ってきた事に対して腹が立ってるんだよね?』

憂『それだけじゃないけど、でも今朝のことは本当にイライラしたの!ドラクエ5がやっと楽しくなってきたところで勝手に進めちゃうんだもん』

梓『あのさ、憂』

憂『なに?』

梓『あまり大人げ無い事してたら全部どっか行っちゃうよ?』

憂『え?』

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:39:17.16 ID:1RNV3pSn0
梓『憂は本当にドラクエが楽しかったの?うんうん。聞き方が違った。憂は独りでプレイしてたらここまで楽しめた?のめりこめた?』

憂『……』

律、梓『二人でやってたからそこまで楽しめたんでしょ?』

唯、憂『…………』

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:42:58.89 ID:1RNV3pSn0
律『唯はその事に気づいたから独りでプレイした事を怒ったんだろ?』

唯『……うん。』

梓『憂はその事に気づいたから唯先輩に気づいてほしくてやったんでしょ?』

憂『……うん。』

律、梓『だったら素直に言えよ(言いなよ)。きっと憂ちゃん(唯先輩)だって気づいてるから』

唯「……」ブチッ ツーツー

憂「……」ブチッ ツーツー

唯「……」ガチャ

憂「……」ガチャ

403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:46:40.69 ID:1RNV3pSn0
唯「……」

憂「……」

唯「……ごめんね憂…」

憂「っ!……お姉ちゃん!ごめんなさい!」ダキッ


唯「喧嘩しないでもう一回だけやってみようよ!」

憂「うん!グスッ」


30分後!

唯「だからはじゃの剣買ったほうが良いって言ってんでしょ!」

憂「4400Gだよ!高すぎだよ!他の防具をそろえるほうが先決だよ!」

唯「たったの4400Gで何言っちゃってんのさ!」

憂「それだったらおねえちゃんが4400G貯めてよ!大体おねえちゃんが起き上がってくるモンスターが可愛くないとか理由つけて断るからこんなに苦戦してるんでしょ!」

唯「だまれ!」

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:50:39.30 ID:1RNV3pSn0
1時間後!

唯「……」

憂「……」ピッピッ

唯「ねぇ」

憂「なに?」

唯「これで全滅何回目?」

憂「さぁ?9回目ぐらいかな?」

唯「ようがんげんじん強すぎだよ!」

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:54:30.93 ID:1RNV3pSn0
現在のレベルだよ!
ゆいLv25 スラリンLv19 ダニーLv19

勘の良い人ならわかるよね!スラリンフラグだよ!

424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/05(火) 23:57:12.72 ID:1RNV3pSn0
憂「……」ピッピッ

唯「……」

憂「……」ピッ タララタッター

スラリンはレベル20になった!
メダパニの呪文を覚えた!

432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:05:15.93 ID:WdW4FrfF0 [1/82]
唯「これってあれだよね。たまに敵キャラが使ってくるあれだよね」

憂「目がパニくってるやつだね」

唯「メガパニって?やめてよ親父臭い」

憂「……使ってみるよ?」

唯「うん」

憂「3匹中2匹混乱したね。なかなかの精度じゃないかな?」

唯「とりあえずようがんげんじんに使いに行こうよ。倒せるかも」

憂「無理だよ。マヌーサも効かなかったじゃない…」

唯「試しにだよ。もしかしたら効くかもしれないでしょ?」

憂「じゃあおねえちゃんが進めてよ。私もうサラボナと死の火山の駅伝で疲れたよ…」

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:09:04.64 ID:WdW4FrfF0 [2/82]

唯「ふふん。じゃあもし私がようがんげんじん倒したら、次のイベントで何かあった時に私に決めさせてくれる?」

憂「いいよ別に。倒せたらねー」

唯「(むふふ)」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

律『あ、ちなみにな唯』

唯『なに?りっちゃん』

律『サラボナ終わったらな、そのゲーム最大の一大イベントがあるからな!よーく考えて選択しろよ!』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:12:17.23 ID:WdW4FrfF0 [3/82]
唯「(とはいったものの…正直メダパニなんかどうせ当たらないだろうし、レベル上げしようかな?)」

憂「お姉ちゃん?」

唯「な、なに?」

憂「早くメダパニ試すんでしょ?早く行こうよ。ずっと見てるから」

唯「い、言われなくても今行くよ……」

憂「レベル上げとかはしないよね?メダパニ試すんだから」

唯「うるさいな!いま掛けに行くよ!黙ってて!」

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:15:09.48 ID:WdW4FrfF0 [4/82]
唯「……」スタスタ

憂「……」

唯「……」スタスタ

憂「……」

唯「(どうしよう……まったく策が思いつかないままようがんげんじんと対峙しちゃってるよ……)」

憂「どうしたの?はやくめだぱn」

唯「うるさいよ!このメダパニ中毒!ちょっと静かにして!」

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:18:11.38 ID:WdW4FrfF0 [5/82]
唯「(えぇい!ままよ!)メダパニ!」

ようがんげんじんAは混乱した!ようがんげんじんBは混乱した!ようがんげんじんCは混乱した!

唯「え?え?~~~ッ!!ほ、ほら!!!私の言ったとおりでしょ!?ようがんげんじんはメダパニに弱いんだよ!だってそうでしょ?げんじんだもん!頭の中パーだよ!」

憂「……」ペラッ

唯「なに漫画見てんのよ!!見なさいよ!画面を!!」

457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:21:31.92 ID:WdW4FrfF0 [6/82]

唯「ほのおのリングを手に入れたけど、これ装備しちゃっていいのかな?」

憂「いいんじゃないのかな?それを手に入れるためのイベントでしょ?」

唯「え?」

憂「え?」

唯「あれ?何のためにリング集めてるんだっけ?」

憂「ていうか私リングが目的なんて知らなかったんだけど…ただ死の火山があったから…」

唯「ごめん。私も正直適当に進めてた…」

461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:23:42.58 ID:WdW4FrfF0 [7/82]
憂「とにかくルドマンさんに報告しに行こうよ」

唯「そうだね。」

10分後!


唯、憂「ビアンカちゃん!!!!!!」

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:30:10.09 ID:WdW4FrfF0 [8/82]
憂「まさかビアンカちゃんが仲間になるなんてね!」

唯「うんうん!いいね!幼馴染の再開って!ビアンカちゃん最高だよ!」

憂「ところで、誰が抜けるの?」

唯「え?」

憂「いや4人パーティーだから誰か抜けないと…」

唯「じゃあビビンバで」

憂「絶対言うと思ったよ…一応聞くけど理由は?」

唯「可愛いもの順の消去法」

469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:31:17.08 ID:WdW4FrfF0 [9/82]
ゆい ビアンカ スラリン ダニー

憂「か、火力が…」

472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:33:03.21 ID:WdW4FrfF0 [10/82]
憂「次は水の洞窟ってとこに行くらしいね」

唯「……」ピッ 話す

憂「薬草かった?」

唯「……」ピッ 話す

憂「お姉ちゃん?」

唯「……」ピッ 話す

憂「一歩動くだけじゃビアンカの言葉変わらないから!」

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:34:30.76 ID:WdW4FrfF0 [11/82]
唯「おなか減ったよ」

憂「おなか減ったねぇ」

唯「カレー全部食べちゃったよ?」

憂「食べちゃったねぇ」

唯「出前取ろうか」

憂「取っちゃおうか」

唯『チーズ&チーズのLひとつ』


479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:40:14.19 ID:WdW4FrfF0 [12/82]
30分後!

唯「もう!このダンジョン長すぎ!地下7階ぐらい!?いま?」

憂「さっきから思ってたけど、どうしてお姉ちゃんどうでもいいことばかりカウントしてるの……?」

唯「いい加減ボスなり宝箱なり出てきてよぉ……もうマーマンはうんざりだよぉ」

憂「あ、お姉ちゃん!そこ!」

唯「おお!やっとそれらしい部屋が!あ、宝箱あった!絶対これだよ!」

憂「やったねお姉ちゃん!」

唯「うひひ。それじゃあおーぷん!」ピロリン 

エルフの飲み薬を手に入れた!

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:42:56.04 ID:WdW4FrfF0 [13/82]
憂「結局通り過ぎてたんだね」

唯「地下7階にみずのリングで地下9階に消費アイテムってどうなの?」

憂「配置がえぐいよねぇ」

唯「まぁいいや。それじゃサラボナに戻ろっか」

憂「うん。……あれ?」

唯「どうしたの憂?」

憂「ビアンカちゃんってどうなるの?」

唯「え?」

憂「え?」

唯「このまま一緒についてきてくれるんでしょ?」

憂「え?だって水のリングの手助けだけって言ってなかった?」

唯「え?」

憂「え?」

482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:45:03.78 ID:WdW4FrfF0 [14/82]
10分後

憂「お姉ちゃん……もういこ?」

唯「やだ」

憂「さっきからずっと水の洞窟ばっかりじゃない……」

唯「取り逃したアイテム取ってるの」

憂「もうないよ……」

唯「あるの!」

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:47:21.97 ID:WdW4FrfF0 [15/82]

憂「わかるよ。私もビアンカちゃんと離れたくないもん……」

唯「……」ピッピッ メダパニー

憂「でもルドマンさんのところに行かないと次に進めないんだよ?」

唯「……」ピッピッ メダパニー

憂「だからさ、いい加減諦めていこ?……あとガスタンゴにメダパニ効かないよ」

唯「……」

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:52:38.73 ID:WdW4FrfF0 [16/82]
10分後!

ルドマン「まさかほのおのリングとみずのリング両方を手に入れるものが現れるとは…」

唯「……」

憂「……」

ルドマン「よかろう!フローラとの結婚を許可しよう!」

唯「!?」

憂「!?」

496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 00:56:57.10 ID:WdW4FrfF0 [17/82]
フローラ「待ってください!見たところビアンカさんもゆいさんのことを好いていらっしゃるようです。ここは一晩考えてもらって私かビアンカさんか選んでもらえませんか?」

唯「!?」

憂「!?」

ビアンカ「あはは、何か凄いことになっちゃった」

唯「ちょちょちょっと!え?」

憂「お姉ちゃん落ち着いて!落ち着いて!」

唯「何?ビアンカちゃんと結婚できるの!?え?嘘!?」

憂「そうだよ!結婚できるんだよ!ビアンカちゃんと!これからもずっと一緒にいれるんだよ!水の洞窟だけじゃなくて、これからいろんな世界に一緒に行けるんだよ!」

唯「うぅぅぅぅ……ぐゥ…ありがとぉぉ……グスッ」

505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:03:42.55 ID:WdW4FrfF0 [18/82]
夜のサラボナ!

ビアンカ「あら ゆい。なんだか大変なことになっちゃったね」

ビアンカ「でも悩むことないわ。フローラさんと結婚した方がいいに決まってるじゃない」

ビアンカ「私のことなら心配しないで。今までだって1人でやって来たんだもの」

ビアンカ「さあゆいは疲れてるんだからもう眠った方がいいわよ」

ビアンカ「私はもう少しここで夜風にあたってるわ。なんだか 眠れなくて……」

唯「グスッ……」

憂「ヒグッ……ヒッグスッ……」

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:07:18.16 ID:WdW4FrfF0 [19/82]
唯「ビアンカちゃん……スグッ…ヒックッ…いい子だねぇ…」

憂「うん。本当に……ヒグッ」


唯「あれ?宿屋で眠れないよ?これって強制イベント?」

憂「まだフローラさんと話してないからじゃないかな?」

唯「だってスヤスヤ寝てたよ?信じられないよ」

憂「うん。私もちょっとビアンカちゃん見てから考えるとどうかなって思うよ…」

唯「そうだよね!?やっぱりビアンカちゃんだよねぇ」

憂「ビアンカちゃんだよねぇ」

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:09:08.66 ID:WdW4FrfF0 [20/82]
唯「結局全員に話さないと眠れなかったね…」

憂「船上系イベントだったね…」

唯「やめて恥ずかしい過去思い出すの」

憂「お姉ちゃん宝箱の周り2時間ぐらい回ってたからね」

唯「やめてよ!」

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:13:19.84 ID:WdW4FrfF0 [21/82]
ルドマン「さて、一晩考えてどちらと婚を結ぶか結論が出たかね?」

唯「はい」

ピロリロリン
憂「もちろんだよねお姉ちゃん(梓ちゃんからメール?)」

ルドマン「ではどちらかを選びたまえ」

唯「むふふーもちろん」スタスタ

ピッピッ
憂「…………!!そ、その結婚!待ったぁ!!」

540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:17:43.47 ID:WdW4FrfF0 [22/82]
FROMあずさちゃん

題:そろそろ結婚かな!?

>フローラを選ぶとね!
 2000Gと水の羽衣と神秘の鎧とさらに5000ゴールドもらえるようになるよ!
 水の羽衣と神秘の鎧の売却値はね、11100ゴールドと15000ゴールドだよ!

560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:24:54.08 ID:WdW4FrfF0 [23/82]
憂「(どうしよう…ビアンカちゃんと結婚なんてすごい素敵な事だし、私にとっても幸せなことだけど…
   33100G……33100Gが私の心を揺さぶるの……)」

唯「……」

憂「(どうしよう…お姉ちゃんの趣向のせいで変なパーティーにしかできないし、装備固めるぐらいしか進め方が…33100ゴールドあったら今まで敬遠してたものが一気に)」

唯「……い」

憂「(うぅぅ恨むよ梓ちゃん……こんなこと聞いちゃったら素直にビアンカちゃん選べないじゃない……)」

唯「うい!」

憂「え!?な、なに?」

唯「何か悩んでるんでしょ?」

575 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:28:23.70 ID:WdW4FrfF0 [24/82]
憂「そ、そんなことないよ!ただちょっと待ってほしいだけで」

唯「話してよ……」

憂「え?」

唯「話してよ……憂…姉妹なんだからさ、悩みは一緒に考えようよ…」

憂「お姉ちゃん……」

唯「ね。憂が苦しむの見たくないから」

憂「(お姉ちゃん……ありがとう!)」

憂「お姉ちゃん!ビアンカちゃんだよ!」

唯「え?」

憂「ビアンカちゃんと結婚しよう!」

唯「……うん!」

憂「(お金じゃ絆は買えないよ!ね!お姉ちゃん!)」

593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:33:18.70 ID:WdW4FrfF0 [25/82]
唯「で、憂は何悩んでたの?」

憂「えっとね…えへへ…梓ちゃんからのメールでね」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唯「えぇぇ!憂お金とビアンカちゃん両天秤にかけてたの!?」


600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:34:17.60 ID:WdW4FrfF0 [26/82]
憂「う、うん……」

唯「やっらしい!さっきまであんなにビアンカちゃん言ってたのに!」

憂「……うん……」

唯「たったの33100Gなんかとビアンカちゃん比べること自体が失礼だよ!反省しなさい!」

憂「…………」

ピロリロリン


FROMあずさちゃん

題:まぁ言っても

>神秘の鎧と水の羽衣手に入るの相当先だけどね!あははっ!



憂「…………」

ピッピッ

603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:34:58.12 ID:WdW4FrfF0 [27/82]
ピロリロリン
梓「あ、憂だ」



FROM憂

題:無題

>死ね

638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:46:54.23 ID:WdW4FrfF0 [29/82]
唯「船もらったね」

憂「で、結局パーティーはこれなんだね……」

唯「文句あるの?」

憂「……ないよ。」

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:52:15.86 ID:WdW4FrfF0 [30/82]
唯「でも流石にスラリンは、そろそろ戦力外かなぁ…悪いけど。あ、メダパニは活躍してるよ!」

憂「…誰に対してのフォロー?」

唯「スラリン抜けるとなるとなぁ…他にかわいいモンスターいたっけ?」

憂「ドラゴンマッドとかは!?なかなか強そうだし!」

唯「かわいいと思ったの?」

憂「え?」

唯「あれがかわいいと思ったの?平沢憂は」

憂「う、で、でも強そうだよ?……」

唯「だからさ、あれを可愛いと思ったの?平沢憂は」

憂「やめてよフルネームで呼ぶの!」

656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:56:39.06 ID:WdW4FrfF0 [32/82]
憂「ん?」

唯「どうしたの?」

憂「いや、お告げ聞いてたんだけど……」

唯「うん」

憂「ダニーが成長限界って……」

661 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 01:59:29.17 ID:WdW4FrfF0 [33/82]
唯「えぇそれじゃダニーはもうレベルアップしないって事!?」

憂「うん。残念だけどね」

唯「何笑ってんの?」

憂「え!?」

唯「笑ったよね?」

憂「笑ってないよ……」

唯「絶対笑った!」

668 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:03:19.39 ID:WdW4FrfF0 [34/82]
憂「笑ってないよ……」

唯「絶対笑った!」

憂「笑ってないよ!」

唯「嘘!どうせこれでダニーが戦闘メンバーから外れると思ったんでしょ!?ところがどっこいだよ!はずさないよ!ダニーのNo4は逆永久欠番だよ!」

憂「ちょ、ちょっと!せめてスラリン入れてよ!ダニーはずしてさ!」

唯「嫌だよ!スラリンなんてダニーの可愛さに比べたら月とマントヒヒだよ!」

670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:05:23.45 ID:WdW4FrfF0 [35/82]
憂「じゃぁパーティーはどうすんのさ!」

唯「決まってるよ!こうだよ」

ゆい ビアンカ ビビンバ ダニー

憂「ちょ!やめてよ!ダニーはずしてよ!もう成長しないんだよ?おじいさんなんだよ!?」

唯「スラリンだって26だよ!?もう大概の年だよ!」

憂「それでもスラリンはレベル上限着てないんだから育てるべきだよ!」

唯「ふん!どうせスラリンなんて上限27Lvだよ!」


30分後!

憂「わ、わかったよ……それでいいよ……」

唯「うん……じゃあこの案で」

代案!
『ダニーを逆永久欠番にする代わりにパーティー編成権と仲間モンスター選択権を3匹分を割譲する』

674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:08:11.96 ID:WdW4FrfF0 [36/82]
唯「で?」

憂「え?」

唯「いや、仲間モンスター。早速一匹分つかうんでしょ?」

憂「うん。もう決めてるよ」

唯「へぇドラゴンマッド?ニヤニヤ」

憂「……イラ」

677 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:10:52.88 ID:WdW4FrfF0 [37/82]

憂「(どうしよう……ドラゴンマッドにするつもり満々だったけど、ここまで当てられると癪に障りすぎるよ……)」

唯「だれなの~?」

憂「(でもドラゴンマッド強そうだよぉ……前に起き上がったときにお姉ちゃんが即いいえ押したときは正気を疑ったよ……)」

唯「ねぇう~い~だれなの~?もしかしてさぁドがつく?ねぇドがつくの?」

憂「だまってて!」

680 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:12:55.35 ID:WdW4FrfF0 [38/82]
憂「ド、ドラゴンマッドは……か、可愛くないから……きゃ、きゃ、きゃ……」

唯「きゃ?ニヤニヤ」

憂「きゃ、却下で……」

唯「へぇぇそうだよねぇドラゴンマッド選ぶ女子高校生なんて居ないよね!それが普通だよねぇ」

憂「(もおおおおお!私の馬鹿ぁああああああ)」

683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 02:15:36.15 ID:WdW4FrfF0 [39/82]
たぶん40時間ぐらい前!

唯「天空の剣だよ!」

憂「天空だねぇ」

唯「伝説の武器らしいよ!」

憂「らしいねぇ」

唯「これをゆいが装備してるところをお父さんに見せたかったよ……」

憂「お父さん死んじゃったからね」

唯「でもお父さんの意思は私が継ぐよ!さぁ伝説の剣よ我が手中に!」

→てんくうのつるぎ

しかしゆいは装備できない!

憂「……」

唯「……」

688 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:18:25.50 ID:WdW4FrfF0 [40/82]
唯「……」

憂「ぶふっ!ぶはっうふふ!」

唯「……」

憂「あはは!あははは!ごほっげほっ!はっあははは!あはははは!!」

唯「……」ピッ ピッ…

憂「あはは!伝説の剣よ!あっははははぶふふはは!げほっ!我が手っぶはあははは!」

693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:22:06.99 ID:WdW4FrfF0 [41/82]
憂「お姉ちゃーん!ごめんね!私が悪かったよ!」ドンドン!

唯の部屋!
唯「……」

憂「いい加減出てきて一緒にやろうよー!もう笑ったりしないからー!」

唯「……」

憂「(でも冷静に考えたら出てこれないよね。伝説の剣よ我が手中にって恥ずかしすぎるもん)」

唯「……」

憂「(駄目……思い出したらまた……笑いが……)ぶふっ」

唯「笑った!もう出ない!」

695 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:24:08.41 ID:WdW4FrfF0 [42/82]
そして現在!テルパドール!

憂「何か天空のかぶとがあるらしいね」

唯「もういいよ天空シリーズは……」

憂「え?なんで?…………ぶふっ」

唯「また笑った!怒るよ!?」

憂「ご、ごめんなさい…」

696 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:28:39.04 ID:WdW4FrfF0 [43/82]
唯「案の定装備できないし…何なのこの国……もう用はないよファイト一発だけ買って帰ろうよ」

憂「そうだね。あと近くにお城があるね」

唯「いってみようよ」

憂「うん」タララララララララタータッター

唯「わぁスラリンがいっぱい」

憂「でもこの周辺レベル高いモンスターばかりなのになんで?」

スライムAは仲間を呼んだスライムE,F,G,Hが現れた!
なんとスライムたちは重なって合体した!
キングスライムになった!

700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:31:02.09 ID:WdW4FrfF0 [44/82]
唯「わぁでっかいスラリンになったねぇ」

憂「……」

唯「うい?」

憂「かわいい……」

唯「え?」

憂「かわいすぎるよ!スライムの王様!決めた!私絶対キングスライム仲間にする!お姉ちゃん権利一匹分執行だよ!」

唯「そ、そんな高らかに宣言しなくても……好きにしなさいよ……」

705 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:34:18.35 ID:WdW4FrfF0 [45/82]
2時間後!

憂「どうして……」

唯「う~い~」

憂「どうして仲間にならないの……?さっき梓ちゃんから聞いた情報だと確かに仲間になるはずなのに……」

唯「もうあきらめよーよ。先にすすもう?」

憂「きっと倒し方に愛が足りないんだ……そうだよ主人公に殴られて誰が起き上がるんだろう……ゆいは殴っちゃいけないんだ……」

唯「うーいーそれオカルトだよー」

憂「もう!うるさいな!」

709 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:38:41.03 ID:WdW4FrfF0 [46/82]
憂「ちょっとトイレ!」

唯「かっかかっかしてるなぁ……まったく………………」ヒョイ

ピッピッ!


バシ!バシ!トゥルルルン!
唯「……」

ピッピッタララタッター!

ピッ スタ
唯「……あ」

713 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:41:57.17 ID:WdW4FrfF0 [47/82]
唯「一回で起き上がっちゃったよ……なにしてたんだろうあの子は一体……」

唯「憂はまだトイレかぁ………………!」


5分後!

憂「ふぅ……愛!愛!愛だよね!よし!」

憂「…あれ?お姉ちゃん?おねえちゃーん?自分の部屋戻ったのかな?……ん?」

キングスライムが起き上がり仲間になりたそうにこちらを見ている!

憂「!?」

718 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:44:49.80 ID:WdW4FrfF0 [48/82]
憂「え!?うそっ?ちょっと……なんで?起き上がってるよ!起き上がってるよキングスライム!どうして!?」

憂「ちょっとちょっとなんでなんで!?すごいすごいよ!おねえちゃーん!おねえちゃーん!キングスライムがね!立ったの!」

唯「……」コソー REC

憂「信じられないよ!あんなに頑張ったのに!すごいすごい!うーーーーうれしい!!」

唯「……ぶふっ」REC

憂「!?」

723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:48:07.69 ID:WdW4FrfF0 [49/82]
憂「…………」トテトテトテトテ パカッ

唯「あ……」

憂「……戸棚の中で体育座りして何のつもりかな?」

唯「えっと……き、キングスライム……なんちて…………」

724 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:50:24.78 ID:WdW4FrfF0 [50/82]
憂「それは?」

唯「え、えっと……カ、カメラです……」

憂「何を撮影してたの?」

唯「う、ういがキングスライムを華麗に仲間にするところを撮ろうかと…」

憂「でもお姉ちゃんがもう仲間にしてたんだよね?」

唯「えっと……その……あ、うい!」

憂「……なに?」

唯「うーーーーーうれしいね!」

憂「死んでよ!!」

728 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:54:47.13 ID:WdW4FrfF0 [51/82]
チベット山頂!

憂「いやぁキングスが強いからサクサク進むね!」

唯「そうだね……」

憂「なに?何か文句でも?」

唯「いや、えっと……ダ、ダニーにザオラルしてもらえるとうれしい……かなって言っちゃったり……」

憂「MPの無駄」

732 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 02:57:53.55 ID:WdW4FrfF0 [52/82]
唯「あれ?ビアンカちゃんの様子がおかしいよ!」

憂「え?あ、本当だ!」

唯「あ、倒れた!タンカタンカ!」


唯「ビアンカちゃんどうしたんだろう……」

憂「心配だよね」

女「奥さんおめでたですよ」

憂「!?」

唯「!?」

735 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:02:37.04 ID:WdW4FrfF0 [53/82]
憂「え?ちょっと……」

唯「子供ができたってこと?」

憂「そう……だよね?」

唯「ってことはあれしたんだよね?」

憂「あれ、したんだろうね」

唯「いつしたの?」

憂「私に聞かないでよ…」

唯「初夜かなぁ……ロマンチックだねぇ」

憂「そうだねぇ………………」

唯「…今えっちな事考えたでしょ」

憂「い、え、考えてないよ!何言ってんの?ほんとにメダパニなんだから!」

唯「ちょっと!代名詞みたいに言わないでよ!」

742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:09:18.53 ID:WdW4FrfF0 [54/82]
グランバニアへの洞窟!

憂「あ、何か人が居る」

唯「よくここまで単独で来れたね。ダニーは死に体だよ全く……」

憂「う、いいじゃないダニー直ぐ死ぬんだから」

男「このすごろくけんってさ、落ちてたんだけど君の?」

憂「……」→はい

唯「ちょ、ちょっと!駄目だよ憂!ネコババ!?」

憂「お姉ちゃんゲームなんだし……」

唯「駄目なものは駄目!お姉ちゃん権力を行使するよ!」→いいえピッ

744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:13:50.13 ID:WdW4FrfF0 [55/82]
憂「もう!もらえるものはもらっとこうよ!」

唯「憂…ゲームでもね。ビアンカちゃんが死んじゃったら悲しいでしょ?」

憂「え……?」

唯「それと一緒なんだよ…」

憂「……」

唯「……ね?」

憂「……いや!わからないよ!すごろく券とビアンカちゃんの死を一緒に扱わないでよ!」

 
男「じゃあこのちいさなメダルは君のかい?」

憂「!」ダッ

唯「あ、ちょっと!コントローラーとんな!」バシッ →いいえ ピッ!

憂「ああああぁぁぁ!!!あと一枚で奇跡の剣だったのにぃぃぃ!!!!ばかぁ!!」

唯「いい?憂。ゲームといってもねビアンカちゃんがもし…」

憂「もういいよ!その例えになってない例え話は!」

747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:15:49.82 ID:WdW4FrfF0 [56/82]
男「じゃあこの水のはごろもは君のだろう?」

憂「!?!?お姉ちゃんストップ!!!止まれ!」

唯「……」→いいえピッ

憂「もうお姉ちゃんが死んでよ!」

751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:19:45.41 ID:WdW4FrfF0 [57/82]
憂「死んじゃえ!ばか!どじ!偽勇者のピエロ!」

唯「……」ピッピッ

憂「何とか言ってよ!あほ!偽善者!偽勇者のピエロ!」

男「君は正直な人間だな。落ちてるものをそのまま放置しても仕方あるまい。君にすべて託すよ」

ゆいは男からすごろく券、小さなメダル、水のはごろもを受け取った

男「この世は正直者には辛すぎる世界だ。その気持ちを忘れないでね」


憂「……」

唯「……」

憂「……」

唯「馬鹿でアホでドジで偽善者で偽勇者のピエロの私に言うことは?」

憂「………………」

757 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:28:21.17 ID:WdW4FrfF0 [58/82]
ピロリロリン
梓「ん?憂から電話だ……さっきの死ね結構怒ってるよわたし!」

ピッ
梓『なに?』

憂『…………』

唯『(早くいいなさいよ)』

梓『うい?』

憂『……わ、わたしこそは!暗黒の世界から母マーサを助け出す勇者う、う、ういだ!』

梓『……は?』

唯『(ぷふっ!ぶふふ!)』

憂『こ、この混沌とした世界に再び光を取り戻す日はそう遠くない!あ、梓よ!私を信じろ!……エ、エンダルゥ…プリオ!』ブチッ!

唯「あはははっ!!エ、エンダルゥぶふっ!ぷ、ぷ、ぶはははぷりおってあはははゴホッあははは!!」

憂「……」

760 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:29:36.49 ID:WdW4FrfF0 [59/82]
憂「こ、これで許してくれるんだよね……?」

唯「うん大満足だよ!あとりっちゃんとのどかちゃんと澪ちゃんとむぎちゃんね!」

憂「なにさまなのさ!」

765 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:36:16.65 ID:WdW4FrfF0 [60/82]
唯「……」

憂「……」ピッピッ

唯「あ!はぐれメタルだ!」

憂「!!………………」

唯「憂はぐれメタルだよ!はぐれメタル!」

憂「ふふどうせ逃げるよ。おねえちゃんそんなにはしゃいじゃって」

唯「だって見るからに経験値凄そうだよ!うい!うい!集中攻撃!」

憂「どうせ逃げるからまずはメッサーラが先決だよ………………」

唯「もうばか!逃げちゃうよ!」

767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:37:25.78 ID:WdW4FrfF0 [61/82]
数ターン後

唯「ほら!結局最後の一匹になるまで逃げないじゃん!先に叩けばもう倒せてたよ!」

憂「た、叩いたら直ぐ逃げるんだからき、期待しても……」

はぐれメタルは様子を見ている!
ペチッ!はぐれメタルに1のダメージ!
ペチッ!はぐれメタルに1のダメージ!
ペチッ!はぐれメタルに1のダメージ!

憂「!?!?」

770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:39:51.45 ID:WdW4FrfF0 [62/82]
唯「うい落ち着いて!慎重にね慎重に……」

憂「お姉ちゃん……」

唯「え?」

憂「お願い……」

唯「な、なに?」

憂「……ダ、ダニーチェンジを許して……」

唯「それは駄目。」

771 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:44:27.39 ID:WdW4FrfF0 [63/82]
憂「だって!さっきからずっと3人で攻撃してるんだよ!?棺桶にパーティースペース空けるほど裕福な装備じゃないの知ってるでしょ!?」

唯「それは憂がザオラル分のMPケチるからでしょ!なんといっても駄目だよ!No4はダニーの逆永久欠番!そういう約束!」

憂「そこを曲げてなんとかお願いしてるんじゃない!お姉ちゃんお願いだよ!ダニーに一時の休憩、もとい成仏を……」

唯「私のダニーを死人みたいに言わないでよ!4人で攻撃したいなら今ザオラル唱えればいいでしょう!?」

憂「唱えてる間に逃げるかもしれないじゃない!この1ターンの貴重さ理解してる!?」

唯「さっきまで何ターンも無駄にしてたあんたがそんなこと言うんじゃないよ!私の忠告も聞かないでさ!」

憂「だってだって!メッサーラめっさ強いんだよ!」

唯「こんなときに親父ギャグ挟まないでよ!イライラする!」

774 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:47:44.82 ID:WdW4FrfF0 [64/82]
唯「もういい!貸して!」ガシッ

憂「あっちょっと!」

唯「……」ピッピッ

憂「ちょっと……まさか!」

ゆいはダニーにザオラルを唱えた!
しかしダニーは生き返らなかった!

唯「あ、」

憂「~~~~~~~ッ!!!!!」

777 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:49:54.99 ID:WdW4FrfF0 [65/82]
はぐれメタルはギラを唱えた!

ビアンカの攻撃!ミス!
ビビンバの攻撃!ミス!

唯「あぁもう使えない!」

憂「使えないのはお姉ちゃんの腐りきった脳みそだよ!」

782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:54:04.41 ID:WdW4FrfF0 [66/82]
唯「うい……私を信じて」

憂「え……」

唯「もう1ターン、いやもう2ターンだけ私に任せて!」

憂「だ、だめだよ!普通に攻撃したほうが倒せる確率高いよ!だからもう殴ろう!?」

唯「なんとなくね、今攻撃したら逃げちゃいそうなそんな気がするの……」

憂「お、お姉ちゃん……」

784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 03:58:32.53 ID:WdW4FrfF0 [67/82]
憂「うん。わかった!お姉ちゃんに任せるよ!絶対、絶対倒してね!」

唯「任せて!」ピッ

ゆいはダニーにザオラルを使った!
なんとダニーは生き返った!

はぐれメタルのメラ!
ビアンカの攻撃!ミス!
ビビンバの攻撃!ミス!

憂「うぅ…生き返ったのはいいけど他の攻撃がさっぱり当たってない…」

唯「ここからだよ!ダニーは!」


憂「2ターン目……」

唯「すべてをかけるよダニー!引退戦だ!」

憂「え!?」

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 04:03:01.08 ID:WdW4FrfF0 [68/82]
はぐれメタルのギラ!
ゆいの攻撃!はぐれメタルに1のダメージ!
ビビアンの攻撃!はぐれメタルに1のダメージ!
ビアンカの攻撃!はぐれメタルに1のダメージ!

唯「よし!」

憂「い、いけるよ!おねえちゃん!」

唯「ダニー!最後の攻撃だよ!すべてをかけて!」

ダニーの攻撃!改心の一撃!はぐれメタルに163のダメージ!
魔物の群を倒した!

唯「や、やった……」

憂「やったよーー!!おねえちゃーん!すごいすごい!ダニー大活躍だよ!」

789 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 04:06:25.59 ID:WdW4FrfF0 [69/82]
唯「ダニーありがとう……そしてさようなら……あなたのことは忘れないよマイダニー…」

憂「ぷふっ」

唯「……なに?」

憂「べ、別に…」

唯「それより経験値だよ経験値」

憂「そうだね。メタルスライムが1000弱だったから3000ちょっと?」

唯「もっと行くでしょ4000あたり?」

経験値11200手に入れた!
レベルがいっぱいあがった!

憂「……」

唯「……」

793 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 04:09:49.74 ID:WdW4FrfF0 [70/82]
唯「……」

憂「……」

唯「……うい?」

憂「……なにおねえちゃん?」

唯「……あのさ、」

憂「……うん。言わなくてもわかってるよ」



1時間後!

憂「二匹きた!」

唯「いけぇうい!」

799 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 04:14:21.98 ID:WdW4FrfF0 [71/82]
現在のパーティー!
ゆいLv31 ビアンカLv25 ビビンバLv28 キングスLv12

803 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 04:19:16.37 ID:WdW4FrfF0 [72/82]
グランバニア!サンチョの家!

唯「サ、サ!なんだっけ?」

憂「サンチョだよ!生きてたんだねぇ」

唯「そうサンチョだよ!年いくつだろ!」

憂「40近いんじゃないのかなぁ?」

唯「そういえばゆいは?」

憂「え?あ、あぁゆいは7歳ぐらいで10年間奴隷してたんだから18歳ぐらいかなぁ?」

唯「わかいねぇ」

憂「わかいね」

804 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 04:20:49.52 ID:WdW4FrfF0 [73/82]

唯「ビアンカは2歳年上だから20歳なんだ!」

憂「あ、そういえば最初にそんなこと言ってたね。よく覚えてるねお姉ちゃん」

唯「ふふん」

憂「船で宝箱に費やした時間は?」

唯「二時間ってやかましいよ!」

806 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 04:23:43.30 ID:WdW4FrfF0 [74/82]
憂「う~ん話の流れからして王様になるには試練の洞窟クリアしないと駄目みたいだね」

唯「ビアンカちゃんが抜けちゃうよ?どうしようか」

憂「スラリンが居るよお姉ちゃん」

唯「うーん私が言うのもなんだけど、ビアンカちゃん産気づいてるから今後かなりの期間パーティーから外れちゃうと思うんだ」

憂「あ、そうだったね!なるほど」

唯「だからね新しいパーティーメンバーを入れたらどうかな?……かわいいの」

810 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 04:27:55.91 ID:WdW4FrfF0 [75/82]
憂「おねえちゃん?」

唯「な、なにかな?」

憂「契約の内容もう一回言ってみて」

唯「な、仲間モンスター3匹権限とう、ういがパーティー編成…」

憂「だよね?」

唯「う、うん……」

憂「もうダニーはコリゴリだよ」

唯「こ、こりごりダニー……なんちて…」

812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 04:31:49.19 ID:WdW4FrfF0 [76/82]
憂「ういです。」

憂「結局パーティーモンスターは、メッサーラを選択しました」

憂「比較的仲間にしやすかったのと、見た目的に将来性があると感じたからです」

憂「お姉ちゃんは終始可愛くない可愛くないと連呼してました」

憂「正直私も全く可愛くないと思ってます。でもそれを言うとまたお姉ちゃんが騒ぎ出すので黙っています」

というわけでパーティ!

ゆい ビビンバ キングス サーラ

815 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 04:33:39.08 ID:WdW4FrfF0 [77/82]
1時間後!試練の洞窟1F!

唯「う、ういー……」

憂「うん……お姉ちゃん……」

唯「わけがわからないよぉ…」

819 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 04:39:08.78 ID:WdW4FrfF0 [78/82]
ついに始まった王家の試練!待ち受ける奇怪なダンジョン!

唯たちの目の前に聳え立つ4つのトビラが意味するものとは!

新メンバーサーラの恐るべき性能はいかに!

そして多くのプレイヤーをトラウマへと駆り立てた赤ん坊イベントを前に平沢姉妹は!?

多くの波乱を抱えたまま物語はついに怒涛の後半戦へ続く!

前半完!

乙!おわれ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。