FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ンデックス「お帰りなんだよトウマ!お風呂にする?ご飯にする?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/06(水) 23:36:47.64 ID:khoym/7Z0 [1/5]
上条「珍しいなインデックス。お前が夕飯作ってまってるなんて。」

インデックス「えへへ、今日ね。新鮮なイカをGETしたからイカメシを作ってみたんだよ!」

上条「おお!なんとビックなイカメシだ!上条さんこんなBIGなイカを見たのは初めてだぜ!」

インデックス「多分このイカはダイオウイカの一種と思われるんだよ」

上条「ふむふむ・・・で。どこでこんなBIGなイカをGETしたんだ?」

インデックス「それは聞かない約束なんだよ」

上条「・・・・気になるぞ。得体の知れない・・・・」

インデックス「ささ!冷めないうちに食べるんだよ!」

上条「ああ、そうだな!それじゃいただくか!!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 23:38:30.51 ID:khoym/7Z0
ンデックスってなんだよ・・・チクショウ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 23:43:28.28 ID:khoym/7Z0
インデックス「どう?おいしい?」

上条「うむ、初めてにしては上出来だな!何処で作り方を?」

インデックス「10万冊を記憶する私がイカ飯の作り方ぐらい知ってて当然なんだよ!」

上条「そうか、またお前の作ったご飯食べてみたいな」

インデックス「よろこんで・・・・もらえたのかな?」

上条「おう!美味しいぜインデックス」

インデックス「トウマから褒めてもらえるなんて・・・・また頑張って作るんだよ!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 23:50:18.81 ID:khoym/7Z0
数時間前へ戻る

インデックス「暇だねースフィンクス。」

スフィンクス「にゃー」

インデックス「なんか面白い事ないかなー」

インデックス「そうだ!」

新聞紙の上にマジックで魔方陣を書き始めたインデックス

インデックス「これをこうして、えーっと。これでいいかな!」

インデックス「くぁswでfr4g5t6hy7ふじこl、p;@」

よくわからない言葉で呪文を唱えると、魔方陣が光り始めた。

インデックス「はぁ!」

一瞬、視界が真っ白になる。すると、魔方陣の上に一人の少女が立っていた

????「ん?あれ?ここは一体何処でゲソ?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 23:55:42.20 ID:khoym/7Z0
インデックス「やったー!成功なんだよ!」

イカ娘「な、ここは何処でゲソ?お前は一体なんなんでゲソ?」

インデックス「ごめんなんだよ、暇つぶしにつき合わせちゃって」

イカ娘「何を行ってるのかさっぱりじゃなイカ。説明するでゲソ」

インデックス「あ、あのね、余りにも暇だったんで異世界の生物を召喚する魔法を使ってみたんだよ」

イカ娘「な?魔法?そんなばかげた物あるわけないでゲソ(笑)頭おかしいでゲソ(笑)」

インデックス「むむっ、そっちこそそんなコスプレして変なんだよ!」

イカ娘「コスプレ?何か勘違いしてるんじゃなイカ?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:00:19.91 ID:TR2hZD/G0 [1/2]
インデックス「なっ!」

イカ娘「私の触手は自由自在に動かせるんでゲソ!」

インデックス「人間?なのかな?」

イカ娘「私はイカなんでゲソ!海を何食わぬ顔で汚す人間どもを侵略する為に丘に上がったんでゲソ!」

インデックス「・・・・暴力を振るっていいのは異教徒と化け物だけ」

イカ娘「ど、どうしたんでゲソ?そんな怖い顔して、お、落ち着いたほうがいいんじゃないか?」

インデックス「シスターであるこの私が!悪魔を見逃すわけには行かないんだよ!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:07:49.94 ID:TR2hZD/G0 [2/2]
イカ娘「ふふふ・・・ははは!自称魔法使いのシスターでゲソwww最高にイカレテんじゃイカwwww」

インデックス「攻撃目標固定完了。排除」

イカ娘「ふんっ、自称魔女っ子だけあるでゲソ、でもそうそう簡単にやられるわけにはいかないじゃなイカ!」

インデックス「触手でナイフを弾き返した?四方から狙ったのに!」

イカ娘「敵に武器を与えるなんて馬鹿なんじゃないか?今度はこっちからいくでゲソ!」

インデックス「8本のナイフで切りつけてくるなんて危なっかしいんだよ!」

イカ娘「先に仕掛けてきたのはそっちじゃなイカ!手加減はしないでゲソ!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:10:59.89 ID:pWeJcVBI0 [1/9]
インデックス「それなら!はぁ!」

イカ娘「か、体が重いでゲソ・・・思うように触手が!」

インデックス「金縛りの魔法なんだよ!でもこれで終わりじゃないんだよ!」

イカ娘「このままじゃやられるっ!」

インデックス「往生するんだよ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:16:34.83 ID:pWeJcVBI0 [2/9]
インデックス「助かったんだよスフィンクス」

スフィンクス「にゃあ」

インデックス「あの後金縛りから抜けて触手で私の首を絞めてくるなんて・・・」

スフィンクス「にゃあ?」

インデックス「スフィンクスに強化の魔法かけといて正解だったんだよ」

インデックス「でもどうするかな?この悪魔・・・・」

イカ娘「・・・・ま、負けたでゲソ。やるな人間、焼くなり煮るなり好きにスルでゲソ」

インデックス「さっきも言ったよね。私は悪魔を見逃せないんだよ」

イカ娘「・・・・・」

インデックス「貴方をこのまま拘束するわけには行かないんだよね。居候なんだし」

イカ娘「・・・な、何を考えているでゲソ?」

インデックス「イカ料理ってやっぱり何がいいと思う?流石に刺身だとまずいよね」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:21:30.63 ID:pWeJcVBI0 [3/9]
イカ娘「い、いだいいいいい!」

インデックス「その凶暴な触手で今まで一体何人の人を殺してきたのかな?」

イカ娘「ひ、一人も殺してないでゲソ、許して欲しいでゲソ」

インデックス「悪魔はすぐに嘘をつくからね、見逃してあげないんだよ」

イカ娘「あ、あ・・・私の足が取れちゃったでゲソ・・・」

インデックス「中々、切るの大変なんだよ。」

イカ娘「おねがい・・・もうやめるでゲソ。謝るでゲソ」

インデックス「そうやって、人間に許しを求めて付け入る隙を作る気?私は騙されないんだよ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:24:55.81 ID:pWeJcVBI0 [4/9]
インデックス「あはは、達磨さんになっちゃったね!あ、でも触手がまだ残ってるんだよ!」

イカ娘「ひ、酷いで・・・ゲソ。痛い・・・でゲソ」

インデックス「切り口にゆびをつっこんでぇ・・・クチュクチュしてみたり」

イカ娘「ひぎぃ!やめるでゲソ!殺すなら早く殺すでゲソ!」

インデックス「やめないんだよ!ほらほらぁ!」

イカ娘「やめるで・・・・ゲソ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:28:03.10 ID:pWeJcVBI0 [5/9]
イカ娘「・・・・悪魔はそっちでゲソ」

インデックス「ん?何か今言ったかな?」

イカ娘「人間は何時もそうやって・・・平気で海の仲間を殺しまわって・・・胸が痛まないんでゲソか?」

インデックス「・・・・」

イカ娘「食べるだけならまだしも、こんな風に命を弄ぶような事をして。何が楽しいんでゲソ?」

インデックス「・・・・・わかったんだよ。そんなに言うんだったら、もう楽にしてあげるんだよ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:33:46.55 ID:pWeJcVBI0 [6/9]
イカ娘「い・・・あがっ・・・ひゅー、ひゅー」

インデックス「おかしいなあ?胴体から首を切り離したのに何でまだ生きてるのかな?」

イカ娘「・・・・・・」

インデックス「あ、そうか!イカだから内臓は上に入ってるのんだよ!」

イカ娘「やめ・・・」

インデックス「とりあえず頭部と上の帽子を切り離すんだよ!」

イカ娘「ふぎぃっ!」

インデックス「内臓がいっぱい出てきたんだよ!でも、イカ飯にするんだから中身はいらないね?」

イカ娘「ぜぇ・・・ぜぇ」

インデックス「長いのとか黒いのとか・・・ん?このドクドク言ってるのは何かな?心臓?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:36:37.53 ID:pWeJcVBI0 [7/9]
インデックス「もんでみるんだよ!くにゅくにゅ!」

イカ娘「ひ!やめ!ぐるじぃ」

インデックス「ごめんなんだよ・・・さっき殺してあげる約束したのに」

イカ娘「はや・・・く・・・」

インデックス「わかったんだよ。」グチャッ

イカ娘「・・・・・」

インデックス「とうとう死んじゃったんだよ。悪魔って案外脆いんだね」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 00:40:37.37 ID:pWeJcVBI0 [8/9]
インデックス「お風呂場汚しちゃったんだよ・・・ああ、でもこの悪魔のゴミどうすれば?」

スフィンクス「にゃあ!」

インデックス「まさかスフィンクスに食べさせるわけにもいかないし・・・」

インデックス「そうだ!転移魔法で海に返してあげればいいんだよ!」

インデックス「これをこうやって・・・・」

インデックス「ゴミをのっけてっと。」

インデックス「ふう、何とか片付いたんだよ。」

インデックス「それじゃあイカ飯を作るんだよ!レッツクッキング!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/07(木) 00:44:38.30 ID:pWeJcVBI0 [9/9]
上条「ふう、食った食った。こんなに腹いっぱいになるまで食ったのは久しぶりだな」

インデックス「よかったんだよトウマに喜んでもらえて」

スフィンクス「にゃ」

上条「なんだこれ、随分と長いゲソだな」

スフィンクス「むにゃむにゃ」

インデックス「もう、スフィンクスったら!勝手なんだよ!」

上条「まあまあいいじゃないか。スフィンクスもたまにはご馳走が食いたいよな?」

スフィンクス「にゃ!」


おわり


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。