FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「ありがとう」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 18:43:45.33 ID:QDRAKssv0 [1/41]
前スレ 憂「ありがとう」の唯視点です

「おきてー、お姉ちゃん」

「んぅ…後少しー」

「ほーら、今日は出かけるんでしょ?」

「はっ!……おはようございます…」

私はまだ眠い目をこすりながら憂に反応します

時は早く、既に3月、春もすぐそこです

「ふふっ、ご飯できてるからね?」

「はぁーい、着替えたらいくよぉー」

トントントン

憂が階段を降りる音が響きます
最近は自分で起きるように努力してるんですが…えへへ
また憂に起こされちゃいました、失敗失敗
…さて、着替えるとしますか

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 18:46:55.35 ID:QDRAKssv0


昨日、憂をお出掛けに誘いました
最近は大学の準備や引越しで忙しかったから。
それに、憂の事。
ううん、本当は私自身の事かもしれません


ガチャ
「ふぁー」

思わず欠伸が出てしまいます

「はい、朝ご飯だよ」

そう言って朝ご飯を並べる妹の憂、大切な家族
憂のご飯はとってもおいしくて
憂の顔をみるだけで元気が出ます

「おぉ、ありがと憂~、いただきます!」

「私も、いただきます」

でも、それも今週で最後。
来週には私はこの家を出て行きます。
それは悲しいことではありません
…わかっていても、憂を見ると胸が苦しくなります
私は憂が大好きです、憂の笑顔が大好きです
憂の悲しい顔は見たくありません

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 18:52:02.18 ID:QDRAKssv0


「よし、じゃあそろそろ行こうか!」

朝ご飯を食べ終わった私はそう言って立ち上がります

「そうだね、じゃあ少し支度してくるね」

「りょーかいです!」

憂は笑いかけると自室に向かいました
私は気づいています、憂の些細な変化。
憂の笑顔がいつもと違うことに。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 18:58:05.80 ID:QDRAKssv0


「おまたせ、お姉ちゃん」

「よし、じゃ行こうか!」

私は勢い良く外へ飛び出しました。
まだ肌寒さが残る3月。
でもその空はとても晴れていて …
その日差しの中、私と憂は歩き出しました

「そういえばお姉ちゃん、どこに行くの?」

歩きながら憂が私にそうたずねます

「んー……それが、実は決めてないんだよね…でへへ」

私は申し訳ない、と呟いて苦笑いしました
実は全く決めていません、
でも、憂には全部わかっているようでし

「ふふふ…やっぱり」

憂はまったく、と言う風に笑います。
いつもと同じ笑顔、それを見るだけで私の胸が温かくなるのを感じました

「えへへ、じゃあまずは買い物でも行こうか!シッピングショッピング!」

私は元気よくそう言いました

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 19:06:09.69 ID:QDRAKssv0
「憂は何かほしい物あるー?」

「んー、やっぱり服とかかな?」

「おっ、いいねいいね、じゃあまずは服屋に直行だぁ!」

私は意気揚々と前を歩きます
憂は少し後ろを歩いています
おっと、忘れていました

「あっ………憂!」

私は振り返り憂いに向き直ります
これがなきゃ始まりせん

「ん?なぁに、お姉ちゃん」

「ふふっ…はい!」

私は憂に向かって手を差し出します

「手、繋ごうよ!」

「………うん!」

憂は私の手をしっかりと握りました

「ふふっ……温かいね、お姉ちゃん」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 19:07:27.01 ID:QDRAKssv0

そう笑いながら言います
その笑顔が嬉しくて、
わたしもつい上機嫌になります

「そうだね、あったかあったか!」

ふふ、私たちは笑いながら目的地に向かいました。



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 19:10:33.19 ID:QDRAKssv0

洋服屋

「お姉ちゃん、なんかいいのある?」

「んーそうだなぁー」

私はあっちを見たりこっちを見たり、中々決まりません
そこで憂にも聞いてみました

「憂はー?なんかあるー?」

「えっと………どうだろ」

そう言って困った表情になりました
まだ決まってないようです…ふふふ。
それなら、と私は声をあげました


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 19:12:55.78 ID:QDRAKssv0
「じゃあ、私が選んであげるよ!!」

「え?お姉ちゃんが…?」

憂が少しびっくりしながら言います

「うん!私にまっかせなさい!」

「…うん、わかった、お姉ちゃんに任せるよ」

「ふふふ、憂にピッタリ似合う服、探してあげるからね!」

そう言って私は服選びに戻ります
憂に似合う服、どれにしようか迷います
一つ取っては憂を思い浮かべる。
その動作が何か楽しくて。夢中になって店内を回ります



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 19:25:09.44 ID:QDRAKssv0

私は立ち止まると、一枚のTシャツを手に取りました
可愛い楽器のキャラクターがプリントされたTシャツ。

「…ふふ、ギー太そっくり」

そう笑っていると横のシャツにも目がとまりました

「あっ…色違い」

色違いの同じTシャツ。
まるで…それ私と憂のような

「…うん、これにしよう!」

これは中々良い選択です、憂の笑顔が浮かんで頬が自然と緩みます
私はTシャツを手に取ると、憂の元に向かいました

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 19:30:26.36 ID:QDRAKssv0
「ふふ………じゃーん!」

しばらくして戻った私は憂にTシャツを見せました
憂はシャツをじーっと見た後、顔を上げて微笑みました

「…ふふふ、可愛いね、ギー太かな?」

「ちっちっち、わかってないな憂、これはギー汰だよ!似てるけど違うよ!」

そう言っておどけて笑う私、それを見て憂もクスクスと笑います

「それにね、これ見て」

「…?」


そう言って私が取り出した、色違いのTシャツ
おそろいのTシャツ…。

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 19:32:26.95 ID:QDRAKssv0

「私と憂、二人でおそろいだよ~」

「…お姉ちゃん」

私が出したおそろいのTシャツ
私と、憂
同じように、どこか違っても、一番近い存在… なんてね!

「…素敵だね、お姉ちゃん」

「えへへ~、気に入ってもらえてよかったよ!」

憂に気に入ってもらえてとっても嬉しいです。選んだ甲斐があります!
憂ははしゃぐ私を見てニコニコしてる……
私にはわかります、そのどこか悲しげな笑みに。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 19:39:25.96 ID:QDRAKssv0


「よし、じゃあそろそろいい時間だし、ご飯食べに行こうか!」

「おっ、いいねいいね、何食べようか~」

服の勘定を済まし、私たちはまた歩き出します


「さて、どこで食べようか」

「ん~そうだなぁ~、あっ、見てみて憂!!、春のスイーツ追加だって!」

そう言って私が指さした先には「春のスイーツメニュー追加」
と垂れ幕が下がったファミレスだった
甘いものに目の無い私は、正直ワクワクが止まりません

「ふふ、じゃあそこに行こうか」

「うん!レッツゴー!」

そう言ってはしゃぎながら憂の手を引いて歩きます

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 19:46:59.52 ID:QDRAKssv0

「んー」

「どうしたの?お姉ちゃん」

憂がメニューを凝視している私に問いかけます

「んー?、いやこのスパゲッティ食べたいけど、こっちのハンバーグも捨てがたい…」

そう、私は今迷っています
このシーフードスパゲッティ
それともこの特製デミグラスハンバーグ……おっと涎が

「じゃあさ、わたしが一つ頼むから、半分こしようか」

それを見かねたのか、憂いが笑いながらそう言います
流石私の妹です、感激です

「えっ!いいの?、ありがと憂~」ガバッ

「わっ、もう…お姉ちゃんったら」クスッ

抱きつかれた憂は周りの視線が恥ずかしいのか頬をすこし紅色させながら微笑みます
そんな憂の反応を見るのは楽しいです。
あ、わざとやってるわけじゃないよ?

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 19:52:01.09 ID:QDRAKssv0


「ふー、満腹じゃ」

うー、思ったよりボリュームがあったな…
ちょっと苦しいや

「もう…だらしないよ?」

「えへへ、面目ない…」テレテレ

憂に叱られました、
えへへ、きをつけましょう

「あっ、お姉ちゃん、デザート来たみたいだよ」

その直後、頼んでおいたデザートが運ばれてくる

「むほぉ、待ってました!!」

子供のようにとびつきます
これが無くては来た意味がないというものです!

「いただきます!」

「ふふっ…いただきます」

私は早速パフェを食べ始めます
一方憂はケーキを………ケーキを……ゴクリ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 20:00:41.58 ID:QDRAKssv0
「…」ジー

「クスッ、一口食べる?お姉ちゃん」

いつの間にか憂のケーキに意識がいっていたようです
……お恥ずかしい

「えっ!?いいのぉ?」パァッ

ですが私の思いが通じるとは流石憂!
それではケーキをいただきましょうか…でへへ

「じゃあいただきます!、憂!、あーん」

「…え……」

憂が戸惑っています
憂が恥ずかしがるのはわかっていました
これでも憂のお姉ちゃんです、憂の事はわかります

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 20:07:33.06 ID:QDRAKssv0

「ほら、はやくはやく~」

「もうっ、しょうがないなぁ…はい、あ~ん」

「パクッ………うん、んまい!!」

それでも私の言うことは聞いてくれるのが憂です

「良かったね、お姉ちゃん」

そう言って憂ははにかみます

「じゃあ、はい、憂、あーん」

「えぇ、いいよ私はぁ」

今度は私の番です、私はスプーンを憂に向けました
えへへ、照れてる照れてる

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 20:15:26.79 ID:QDRAKssv0

「いいからいいから!、あ~ん」

「え…えと…あっ、あーん」パク

「えへへ…おいしい?」

「…うん!、冷たくて、すごくおいしいよ、お姉ちゃん」

「よかったよかった、えへへ」

「ふふふ…」

本当に楽しいな
いつもと変わらない日常
でもやっぱり…どこかで不安になります
幸せなら、幸せなだけ。



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 20:23:19.88 ID:QDRAKssv0




あれから色々な所を回りました…。
映画館にゲームセンター、 
どれもすごく気持ちが安らいで…楽しくて

今私と憂は帰り道の川沿いの道を歩いている、手を繋いで

「憂…今日は楽しかった?」

「うん!楽しかったよ!お姉ちゃん」

「そう?、良かったぁ」

本当に良かった。
憂の顔が夕焼けに染まっていつもより眩しいです
つい笑顔がでちゃいます


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 20:29:50.85 ID:QDRAKssv0

「…憂」

私は憂を見据えて名前を呼びます
いつもと違う雰囲気を憂も感じたようです

「…?」

「本当に、今までありがとうね?」

「っ!…」

憂の顔が歪むのが、確かにわかりました。
ならせめて、私が笑っていないと
………うまく笑えてるかな

「今まで…ずっと傍にいてくれて、迷惑いっぱいかけたね?」

「…ちがう!…迷惑なんて…私は……楽しかったから」

「ううん、私は憂に何もしてあげられなかったから、せめて楽しい思い出を、そう思った」

わかってるよ憂
憂の事はわかるから、言わなくてもいいんだよ?
憂のその優しさから私は元気をもらえた
憂のその強さから私は勇気をもらえた
全部、憂のおかげ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 20:34:40.09 ID:QDRAKssv0

「お姉ちゃん…っ…私こそ…ありがとう…」

…憂の精一杯の「ありがとう」
お姉ちゃんは受け取ったよ

「えへへ…憂の事はわかってるから…大丈夫だよ…」

「お姉ちゃん………」

「じゃあ、帰ろうか、私達の家へ!」

「…うん!」

そう言って私達は歩き出した

同じ歩幅、同じ速さで

………
……



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 22:21:20.33 ID:QDRAKssv0


数日後、引越し前夜。


「ふー、よし、大体終わったなー」

そう言って思い切り伸びをするのは律ちゃん

「みんなありがとね、引越し手伝ってもらって」

みんな、本当にありがとう

「いいってことよー」

「そうだぞ、遠慮なんかするな」

「うふふ」

軽音部の皆が引越しを手伝ってくれました

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 22:22:49.77 ID:QDRAKssv0

「さて、そろそろ帰るか律」

「えー、もう帰っちゃうのかー?」

「バカ…」

「……あっ」

律ちゃんが私をを見てきづいたようです
えへへ…気を使わせてごめんね




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 22:25:29.46 ID:QDRAKssv0

「そっか…へへへ、よし、んじゃ帰るかー!」

「そうね、唯ちゃん、憂ちゃんも、またね」

「憂ちゃん、元気でな」

「はい!、みなさん、ありがとうございました!」

憂はお辞儀おしてお礼を言う
そして皆はそれぞれの帰路に着きました

「じゃ、行こうか憂」

「うん…」

私達は家の中に戻りました



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 22:30:16.32 ID:QDRAKssv0

「あー、疲れたねー」

「そうだね…あっ、もうこんな時間だよ」

時計を見ると、針は11時を回っていました

「ほんとだー、じゃあ今日はもう寝ようか!」

「うん………えと…」

憂が何か言おうとしています
…わかるよ、憂

「憂…一緒に寝ようか」

「…!……うん!」

憂が笑顔になりました、

「じゃ、行こう!」

「うん」

私達は階段を一緒にをあがっていきます… 二人で一緒に


………
……


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 22:35:16.48 ID:QDRAKssv0


パサッ
「うふふ…お邪魔しまーす」

「いらっしゃい、お姉ちゃん」

私は憂のベットに潜り込みます
まだ夜はすこし肌寒いけど、二人でいればあったかです
「…」
「…」

しばらくの沈黙
わかってるから、憂も。
…これが二人で過ごす最後の夜ってこと

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 22:40:25.03 ID:QDRAKssv0

「お姉ちゃん、明日、何時ごろでるの?」

「んー、向こうでの整理もあるし朝かなー」

「そう……」

「……えへへ、少し寂しくなるね…」

「っ…そうだね……」

憂の顔はよく見えません
私は、胸が苦しくなるのを感じます
わかってるから、憂は無理してるんだって


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 22:50:45.39 ID:QDRAKssv0

「なん…で……私…っ!」

憂は必死に涙を拭おうとしました

「憂……泣かないで?…憂…」

私は憂の頭をそっと撫でました
妹の温もり、憂は安心したのか、
憂の目からは一層激しく涙が溢れます

「…ッ…おねぇ…ちゃ……グスッ……」

「憂……いい子…いい子…」ポロリ

気づけば私も涙が出ていました
憂…無理させてごめんね。
お姉ちゃんの私がしっかりしなきゃいけないのに。
憂には笑顔でいてもらうために、私は泣かない
そう決めたのに。

「おねぇ…ッ…ちゃ…うっ……うわぁぁぁぁっ」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 22:51:47.03 ID:QDRAKssv0
あぁちくしょう!!上と張り間違えた、逆だ、すいません

「憂………本当に、今まで、ありがとね…」

「……っ……」

私は憂の頬に触れます
そこで気づきました

「…憂?……泣いてるの……?」

「……え………?」

憂は自分の顔を触りました
…憂の目からは涙が溢れていました、憂もびっくりしてる
自分でも気づかない、それ程自然な涙。



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 22:52:33.25 ID:QDRAKssv0

「なん…で……私…っ!」

憂は必死に涙を拭おうとしました

「憂……泣かないで?…憂…」

私は憂の頭をそっと撫でました
妹の温もり、憂は安心したのか、
憂の目からは一層激しく涙が溢れます

「…ッ…おねぇ…ちゃ……グスッ……」

「憂……いい子…いい子…」ポロリ

気づけば私も涙が出ていました
憂…無理させてごめんね。
お姉ちゃんの私がしっかりしなきゃいけないのに。
憂には笑顔でいてもらうために、私は泣かない
そう決めたのに。

「おねぇ…ッ…ちゃ…うっ……うわぁぁぁぁっ」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 22:57:30.14 ID:QDRAKssv0

「憂…」ギュ

私は憂の名前を呟くと、そっと、
でもしっかりと、憂が壊れないように抱きしめました

「うわぁぁぁぁぁん、おねえちゃぁ゙ぁぁぁぁん」

「ふふ…うぃは…グスッ……泣き虫さんだね?……」

私は憂の頭を撫でて慰めます
憂…よく頑張ったね。
大丈夫、大丈夫だよ


………
……



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 23:02:35.70 ID:QDRAKssv0


「憂…落ち着いた?」

「うん……ごめんね、お姉ちゃん」

憂は大分落ち着いたようです

「いいんだよ、私は、憂のお姉ちゃんだから!」

そう言って私は笑います
全て吹っ切れたように。
今だからこそ胸を張れる、
私は憂のお姉ちゃんだから。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 23:05:30.87 ID:QDRAKssv0

「憂…寂しいけど……私は憂の事、ずっと想ってるから」

………憂。

「…うん……」

「どんな時も、学校でも、お風呂でも、寝るときも、トイレだって…」

………どんな時だって。

「………ぷっ、あははは、トイレは流石におかしいよお姉ちゃん」

そう言って憂が笑う
やっと笑ったね。

「えーそうかなぁ?、…どこだって、離れてたって私の気持ちは変わらないから」

「………うん」

………だから。だからね


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 23:08:35.29 ID:QDRAKssv0

「憂も…忘れないでね?」

「ふふっ、お姉ちゃんの事、私が忘れるわけないじゃん…」

「そう?…えへへ、嬉しいよ、………」

本当に嬉しいよ

「私も…最後まで…ありがとう、お姉ちゃん」

憂は真っ直ぐ私を見た
そこに、さっきまで泣いてた憂はいませんでした
もう、憂の心配はいらないみたい


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 23:12:42.75 ID:QDRAKssv0

「うん………もう。大丈夫みたいだね」

「…うん、私頑張れるよ…もう泣かないよ!」

「本当に?…約束だよ?」

「うん…約束約束…えへへ」

「ふふっ、やっぱり憂は笑ってなくちゃ…これで私は安心だよ憂」

本当に、安心だよ…憂。
でも少し寂しい、これが子供が成長した時の親の気持ちかな?
ふふふ…なんてね。

「おやすみ、憂」

「うん、おやすみ」

おやすみ。大切な憂

………
……


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 23:15:48.49 ID:QDRAKssv0


「じゃあ、行って来るよ、憂!」

「うん!、行ってらっしゃい、がんばってね!」

憂はいつもと変わらず、笑顔で送り出してくれる

「まかせて!、夏にはまた帰って来るから」

「…うん」

「寂しくなったらいつでも遊びに来てもいいんだよ?」

寂しくなくても…ね

「ふふっ…わかった」

「じゃあいってきます!」

「行ってらっしゃい、お姉ちゃん!」

………バタン

最後に私は精一杯の笑いました

行って来ます。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 23:20:44.26 ID:QDRAKssv0

「さて、いきますか!」

私は駅に向かって歩き出しました

そういえば…憂は手紙に気づくだろうか

…きっと大丈夫だよね。


「………ふふ」

思わず手紙の内容を思い出して笑みがこぼれます
手紙の内容?………えへへ、恥ずかしくて言えないよ





今日も太陽が眩しいです



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 23:22:54.45 ID:QDRAKssv0

「………温かい」

私は立ち止まりました

季節はもう春、それは楽しいけれど、ちょっぴり悲しい季節


そんな事を考えたその時。
私の気持ちを後押しするかのように、
ヒュ、と柔らかな風が私の背中を押しました
………。


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 23:26:07.59 ID:QDRAKssv0

その風に乗るようにして、
不意に、もしかしたら気のせいかもしれないけれど
確かに憂の声が聞こえた。


思わず頬が緩んでしまいます

憂…。

私は振り返りました、いつも大切な人と歩んだ道を。
憂…私の精一杯の気持ち、受け取ってくれる?





「ありがとう」






おわり

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/04(月) 23:29:20.88 ID:QDRAKssv0 [41/41]
呼んでくれた人、支援・保守してくれた人、ありがとうございました
特に前回から見てくれた人はこんな下手な文章につきあってくれてありがとう

原作で唯のひとり立ちがあっさり決まってるのを聞いたとき、
複雑な気持ちになったのは俺だけじゃない…はず。

コメント

No title

感動した、ありがとう

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。