FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エーフィ「行こう。」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:02:40.91 ID:AhEbEhUAQ

捨てられた

人間に

一番信じてた人間に

「大好きだ」って言ってくれたあいつの目には、私はもう映ってない

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:03:53.93 ID:AhEbEhUAO [1/15]
私とあいつが出会ったのは、私がまだ卵から生まれる前。

殻を破って出た時のあいつの嬉しそうな顔は今でも覚えている

親の顔は知らない。

それでも、あいつがいたから幸せだった



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:06:29.19 ID:AhEbEhUAO [2/15]
朝起きたら私があいつを起こして、一緒に散歩に行く

お昼はあいつがパソコンを触る時間

あいつがパソコンを触っている時は近寄っちゃダメらしく、私はお昼寝をする。

夜は一緒にお風呂に入り、一緒に寝る

そんな生活をしていた

そんな生活が楽しかった


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:10:17.91 ID:AhEbEhUAO [3/15]
ある日

私はレベルが19になったと同時に、エーフィに進化した

これからもっともっと強くなるよ。

そう言おうとして振り向いた

「あーぁ、進化してもうた。ちょっと目ぇ離したらこれや」

「20レベなったらトレーナーに売る予定やったのに、進化したらあかんやん」

残念そうに言うマサキ


何でそんなこと言うの?

私は商品として愛されていたから?

何で、そんな冷たい顔してるの?

愛されてすらいなかったのか。


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:14:11.67 ID:AhEbEhUAO [4/15]
「おいで」

そう言われてついて行くと、すぐ近くの育て屋でマサキは立ち止まった

マサキは私を育て屋に預けると、家に帰っていった

一度も振り返ることなく


私はこれからただ卵を産むだけの存在になるんだ。

目の前が真っ暗になった気がした。



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:18:10.17 ID:AhEbEhUAO [5/15]
「お前も進化したのか」

話し掛けてきたのは、ブラッキーだった

「あなたもマサキの…?」

「そうだよ」

この人も私と同じ

大好きだったマサキに預けられた、卵を作るだけの存在


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:22:04.57 ID:AhEbEhUAO [6/15]

だんだんと涙がこみあげてくる

目からあふれそうになるのを必死で堪えた

それを察したのか、ブラッキーは何も言わずに私の頭を優しくなでてくれた

それが嬉しくて、今の現実を認めたくなくて、悔しくて、悔しくて、声を押し殺して泣いた。


ブラッキーの手は、暖かくて心地よかった



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:26:04.62 ID:AhEbEhUAO [7/15]
しばらくして泣き止んだあと、私たちは行為をして卵を産んだ

明日になればあいつが笑顔で受け取りにくるだろう

悔しいけど、私にはどうすることも出来ない


それから何回か私たちは卵を作った

ブラッキーはいつも行為が終わると、少し悲しそうな表情で頭をなでてくれる

私にはそれが嬉しくもあり、悲しくもあった


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:30:20.73 ID:AhEbEhUAO [8/15]
数日後

「エーフィ」

マサキが来た

しかし、卵を取りに来る時と様子が違う

「はい、今日から自由やで。ほなな」

私を育て屋の外に出すと、あいつはそう言って帰っていった

あぁ、そう。
ついに捨てられたんだ


涙は出ない

あいつに流す涙などない。


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:34:09.45 ID:AhEbEhUAO [9/15]
育て屋を振り返る

柵の向こうで私を見つめるブラッキー

「ブラッキー…」

目の前にいるのに、すごく遠くにいるような気がする

「エーフィ…」

そんな悲しい顔しないで

そんな悲しい声で呼ばないで

ここを離れたくなくなってしまうから、

涙があふれそうになるから。



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:38:50.67 ID:AhEbEhUAO [10/15]
「これからどうするんだ…?」

私にもわからない

「これから離れ離れになるのか?」

…言わないで。

「エーフィ…!」

ブラッキーの目が潤んでいる

いつのまにか、私たちは惹かれあっていたようだ

互いに近づき、柵の間からおでこと おでこをくっつける。

ゆっくりと離れて、今度は唇を重ねた

初めてのキスは、少ししょっぱかった。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:42:05.71 ID:AhEbEhUAO [11/15]
「いけ。」

うつむいたまま声を震わせて言うブラッキー

泣いてる。

私のために涙を流してくれている

「いけ!」

私は走った

前なんか涙でほとんど見えてない

それでも走った。


人間なんか大嫌い

自分のことしか考えてない、人間なんか。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:46:05.76 ID:AhEbEhUAO [12/15]
どれだけ走っただろう

いつのまにか知らない町に来ていた

夕日が眩しいくらいに輝いている

これからどうしよう

生まれた時から人間と一緒に育った私は、野生の生活を知らない

少し疲れた。

休憩しようと思い、近くの木の下に移動する


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:50:02.89 ID:AhEbEhUAO [13/15]
お腹が鳴った

ご飯と寝る所を探さなければ。

「お?誰だ?」

振り向くとラッタがいた

ラッタ「か、かわいい…」

「おーい、ラッタ!」

短パンの男の子がラッタを追い掛けてくる


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:54:09.44 ID:AhEbEhUAO [14/15]

この人達にどこでご飯が手に入るか聞いてみよう

エーフィ「あの…」

ラッタ「あの、今夜一緒にご飯食べませんか!?」

思ってもみなかった言葉

こんないい話、のるしかない

ラッタは短パン少年に私のことを話し、一緒に少年の家に向かった


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/02(土) 23:58:17.85 ID:AhEbEhUAO [15/15]
ラッタ・少年「ごちそうさまでした!」

ご飯はとてもおいしかった

「エ、エーフィ!今日、と、泊まっていきなよ!」

顔を赤らめて言うラッタ

…なるほど、私の体が目当てか

「いいの?ありがとう」

野宿は嫌だったし、ご飯を食べさせてもらったのでそれくらいは仕方ない


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/03(日) 00:02:14.12 ID:Ff67HVNJO [1/7]
少年が寝静まった頃

ラッタは必死に私の上で腰を振っている

気持ち良さそうに吐息を漏らすラッタに対して、私は何も感じなかった

ただ、少しブラッキーのことを思い出した

疲れ果てたのか、満足したラッタは私の隣に倒れこみ、そのまま眠りについた

窓から月の明かりが差している

『エーフィ』

ふと思い出す、私を呼ぶブラッキーの声。

もう寝よう。

布団に潜り込んだ



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/03(日) 00:06:15.92 ID:Ff67HVNJO [2/7]
翌朝

少年とラッタはまだ眠っている

私は家を出た

何日も世話になったら、少年に捕まえられてしまうかもしれない

それだけは絶対に嫌。

ラッタのおかげでご飯と夜の凌ぎ方はわかった


本当は嫌だけど仕方ない。
人間に捕まるよりはマシだ。

今まで人間に利用されてきた。

その分、今度は私が利用する

ポケモンと一緒に暮らすトレーナーを。



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/03(日) 00:11:08.05 ID:Ff67HVNJO [3/7]
トレーナーとポケモンを見つける

ポケモンをじっと見つめ、視線に気付いた相手を誘うふりをする

それで向こうから声をかけてくれば、ご飯と宿ゲット。

私はただ股を開けばいいだけ


雄って、バカばっかり。

いや、そう思っている私の方が馬鹿か。

体を売って生きている馬鹿なポケモンなんて、私だけ。


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/03(日) 00:13:58.69 ID:Ff67HVNJO [4/7]
宿探しも慣れた

最近は行為中の演技も出来るようになった。

前方には買い物帰りのピカチュウと少年

今日はあのピカチュウを狙おう

いつもの作戦にでる

視線に気付いたピカチュウに誘うふりをする

すると、ピカチュウは少年と何やら話をはじめた



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/03(日) 00:18:01.92 ID:Ff67HVNJO [5/7]
ピカチュウと少年が近づいてきた

少年も一緒だと、夜のことが言いにくい

まあいい。

ご飯さえOKがでればあとはなんとかなるだろう

「お前さん、野生か?」

ピカチュウが話し掛けてきた

「野生のエーフィなんて珍しいな…」

続ける少年



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/03(日) 00:22:05.25 ID:Ff67HVNJO [6/7]
「腹減ってないか?飯作ってやるよ」

人間に誘われるのは初めてだ

少し戸惑う

「遠慮はいらねぇぜ。レッドの飯はうまいぞ」

少年はレッドというらしい
ご飯が食べれるなら、何でもいい

私はレッドとピカチュウについていった


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/03(日) 00:26:03.46 ID:Ff67HVNJO [7/7]
近くのポケモンセンターについた

ポケモンセンターはトレーナーの宿にもなっている

レッドは山盛りのご飯を作って、私とピカチュウの前に並べた

レッド・ピカチュウ「いただきまーす!」

二人はすごい勢いで山を崩していく


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 00:30:04.60 ID:Ff67HVNJO
「食わねぇのか?」

いたずらな笑顔で私のご飯を一口食べるピカチュウ

それにつられて私も一口食べてみた

…とてもおいしい。

今まで食べたご飯の中で一番おいしかった


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 00:34:11.59 ID:Ff67HVNJO
ご飯のあとにレッドはきのみジュースを作ってくれた

それを飲んで落ち着く私とピカチュウ

「お前、捨てられたのか?」

レッドから突然の質問

何も言葉が出てこない

「今日俺にやろうとしてたみたいに、ポケモンに体を売って生活してたのか?」

全てバレていたようだ。


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 00:38:09.72 ID:Ff67HVNJO
悲しそうな顔をするレッド

何で人間のレッドがそんな顔をするの?

ふと、私の頭を優しくなでるピカチュウ

「俺は何もしねぇよ。安心しろ」

ピカチュウの手は暖かくて、ブラッキーの手とよく似ていた

「今日は俺たちと一緒に泊まっていけ。」

レッドの優しい声


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 00:42:15.45 ID:Ff67HVNJO

捨てられてから一度も流さなかった涙が、二人の優しさに耐えきれなかった


レッドは私を きつく、優しく抱き締めてくれた

レッドの腕の中で、大声をあげて泣いた。

あんなに大嫌いだった人間の腕の中で。


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 00:46:06.36 ID:Ff67HVNJO
泣きながら私は今までのことを全て二人に話した

マサキとの生活のこと、捨てられたこと、捨てられてからの生活のこと、ブラッキーのこと。

うんうん、と頷きながら二人は最後まで聞いてくれた

話し終える頃には泣き止み、私も落ち着いていた

「レッド」

「あぁ。」

何かを確認する二人


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 00:50:10.17 ID:Ff67HVNJO
「エーフィ、明日マサキの所に行こう」

ドクン、と心臓が動く

「ブラッキーと一緒に暮らしたいか?」

呼吸が乱れる

何度も頷いた

「よし。俺にまかせろ」

レッドはニッと笑ってみせた

「じゃあ明日に備えて就寝!おやすみ!」

電気を消して、私たちは布団に入った


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 00:54:05.96 ID:Ff67HVNJO
次の日

私はレッド達と一緒にマサキの家の前にいた

呼び鈴を鳴らすレッド

「はいはーい」

のんきなマサキの声

「あれっ、レッドやん。どうした……」


マサキと目が合う


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 00:58:24.10 ID:Ff67HVNJO
「…なんや?」

戸惑うマサキ

「イーブイを売って商売してたのか」

レッドの声が怒ってる

「何のことや?」

「とぼけんじゃねぇよ」

険悪な空気が流れる


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 01:02:12.08 ID:Ff67HVNJO
「このエーフィが何よりの証拠だ」

マサキは悔しそうに舌打ちをした

「ポケモンを使っての商売は禁止されてるよな?」

「コイキング売ってたおっさんが捕まったの知ってるだろ?」

「…頼む。このことは黙っといてくれへんか」

この通り!と頭を下げる

「条件がある」

なんや?と少し嬉しそうに聞くマサキ

「育て屋のブラッキーを譲ってくれ」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 01:07:08.09 ID:Ff67HVNJO
「それでええんか?」

驚くマサキ

「あぁ」

レッドが言うと、マサキはレッドが来たらブラッキーを譲るように育て屋に電話した

「またこんなことがあったら、その時は警察に連絡するからな」

念を押して、私たちは育て屋に向かった

もうすぐブラッキーに会える

心臓が鳴り止まない


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 01:10:08.23 ID:Ff67HVNJO
育て屋に着き、レッドはブラッキーを抱えて出てきた

「エーフィ!」

ブラッキーは駆け寄ってきた

中でレッドに話を聞いたようだ

「これから二人で大丈夫か?」

心配そうなピカチュウ

「大丈夫です」

答えるブラッキー


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 01:14:34.16 ID:Ff67HVNJO
「じゃあな。元気でな」

レッドは私たちを野生に返し、ピカチュウとどこかに歩いていった

エーフィ・ブラッキー「ありがとうー!!」

声をそろえて叫んだ


人間は嫌い

でも、レッドは好き。

私に初めて優しさをくれたから

「行こう。」

どこか人間のいない森で暮らそう

レッド達と逆方向に、私たちは歩きだした。



おわり

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 01:16:13.94 ID:Ff67HVNJO
短かったけど見てくれた人ありがとう

支援嬉しかったありがとう

エロ期待してた人たちすまんかった。



エーフィは俺の嫁


また書いたときは見てくれるかな?

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。