FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼女「とうもろこし、いる?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:14:56.81 ID:Y40jaRPI0 [1/143]
幼女「とうもろこし、いる?」

男「いらん」

幼女「ね~」

男「なんだ」

幼女「とうもろこし、食べる?」

男「いらねぇ」

幼女「う~~~~~」

男「どうした?」

幼女「とうもころし、たべる?」

男「とうもろこしだろ?」

幼女「う~~~~~!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:16:50.25 ID:Y40jaRPI0
幼女「ね~」

男「どうした?」

幼女「チンチン電車のりたい」

男「却下」

幼女「う~~~~~~」

男「ダメなものはダメ」

幼女「乗りたい乗りたい~~~! チンチン電車のる~~~!」

男「我侭言うな」

幼女「う~~~~~!」

男「肩車ならしてやる」

幼女「やった~!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:17:57.17 ID:Y40jaRPI0
幼女「めろん電車ってなあに?」

男「路面電車だ」

幼女「めろん電車だよ?」

男「路面電車だ」

幼女「う~?」

男「ロメン電車だ」

幼女「??」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:20:29.59 ID:Y40jaRPI0
幼女「やるくとやるくと」

男「ヤクルトだ」

幼女「おじちゃんも飲む?」

男「飲みかけたら最後まで飲みなさい」

幼女「う~」

男「どうした?」

幼女「おじちゃんもやるくと飲む?」

男「ヤクルトだ」

幼女「のむ?」

男「……少しだけだぞ」

幼女「うん!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:22:27.37 ID:Y40jaRPI0
幼女「う”~~~」

男「ちょっと待ちなさい」

幼女「う”~~~?」

男「急に冷えたからな」

幼女「う~~~おはなちゅるちゅる」

男「鼻チーンだ」

幼女「う”~~~」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:23:49.65 ID:Y40jaRPI0
幼女「……」トテトテ

幼女「……」トテトテ

幼女「……」トテトテ

男「……?」

幼女「……」トテトテ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:25:46.91 ID:Y40jaRPI0
男「何やってるんだ?」

幼女「あ、おじちゃん」

男「うん?」

幼女「あのねあのね」

男「うん」

幼女「おはなでしおり作ったよ~~」

男「ほう」

幼女「おじちゃん本たくさん、つかって」

男「ありがとうな、大事に使うよ」

幼女「えへへ~」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:28:09.90 ID:Y40jaRPI0
幼女「動物ってな~に?」

男「熊とか犬とか猫とかだよ」

幼女「なんで~?」

男「動くからだよ」

幼女「動かないのは?」

男「動かないのは物だよ」

幼女「う~~~」

男「どうした?」

幼女「チンチン電車は動物なの~~?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:29:48.59 ID:Y40jaRPI0
幼女「あれな~に?」

男「あれはタコだよ、赤いだろ?」

幼女「たこさん?」

男「そうだな、沢山いるな」

幼女「たこさんたくさん」

男「そうだな」

幼女「たこさんたくさん♪」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:33:06.88 ID:Y40jaRPI0
幼女「すいぞくかん、たのしいね!」

男「楽しいな」

幼女「じんべいざめ、大きいね!」

男「大きいな」

幼女「おじさんとどっちが大きいの?」

男「どっちだろうな?」

幼女「おじさんのほうが大きいよ!」

男「はは、ありがとうな」

幼女「うん!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:35:25.77 ID:Y40jaRPI0
男「正直に言いなさい」

幼女「う~~~~」

男「顔を見なさい」

幼女「う~~~」

男「どうしてお弁当を残したんだい?」

幼女「たこさんういんなー、かわいかったから」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:37:43.67 ID:Y40jaRPI0
男「そうか」

幼女「ごめんなさい……」

男「私じゃなくてタコさんウインナーにごめんなさいだ」

幼女「うん、たこさんごめんなさい」

男「次はちゃんと食べるんだぞ?」

幼女「うん!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:38:58.80 ID:Y40jaRPI0
男「週末どこか行きたい所あるか?」

幼女「う~~?」

男「どうした?」

幼女「おじさん、一緒ならどこでも」

男「そうか」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:41:21.17 ID:Y40jaRPI0
幼女「おじさんおじさん」

男「どうした?」

幼女「しりとり!」

男「林檎」

幼女「ごりら」

男「ラッパ」

幼女「ぱんつ」

男「つくえ」

幼女「えっち」

男「なっ?!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:42:41.62 ID:Y40jaRPI0
男「どこでそんな言葉を覚えてくるんだろうか」

幼女「リカちゃんがタケルくんに言ってたよ」

男「どうなってるんだ最近の幼稚園は」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:43:17.73 ID:Y40jaRPI0
昼飯たべてきます

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:58:10.46 ID:Y40jaRPI0
幼女「おじさん」

男「ん?」

幼女「車のりたい」

男「そうか。日曜日、海でも行くか?」

幼女「うん!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:03:12.56 ID:Y40jaRPI0
幼女「う~~~~」

男「泳ぐにはちょっと寒いなぁ」

幼女「およぐ~~~」

男「風邪ひくぞ」

幼女「う~~~~」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:05:01.22 ID:Y40jaRPI0
男「泳ぐのはダメだが」

幼女「う~~~~」

男「波打ち際で遊ぶくらいなら良いか」

幼女「やった~~!」

男「こらこら、走ったらこけるぞ」

幼女「へぶっ?!」スッテーン

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:06:32.16 ID:Y40jaRPI0
男「だ、大丈夫か?!」

幼女「うん! へーき」

男「……?」

幼女「へーきだよ?」

男「そ、そうか? どっか痛くないか?」

幼女「うん!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:09:11.35 ID:Y40jaRPI0
幼女「おじさん、どうしたの?」

男「いや、てっきり大泣きするもんかと思ってな」

幼女「む~~」

男「ははは、そう怒るな。我慢できてちょっぴり大人になったな、偉いな」

幼女「おとな? えらい?」

男「褒めてるんだぞ?」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:10:38.36 ID:Y40jaRPI0
幼女「……」ペタペタ

幼女「……」ペタペタ

幼女「……」ザクザク

男「……?」

幼女「……」ペタペタ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:11:57.21 ID:Y40jaRPI0
男「何作ってるんだ?」

幼女「おしろ!」

男「ほう」

幼女「ここがおじさんの部屋」

男「ずいぶん狭いんだな」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:14:23.93 ID:Y40jaRPI0
ザザーン

幼女「あ~~~」

ザザーン

幼女「う~~~」

ザザーン

幼女「あ~~~」

ザザーン

幼女「う~~~」

男「引き波が’あ~~~’で打ち寄せ波が’う~~~’か」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:16:53.00 ID:Y40jaRPI0
幼女「おじさんおじさん」

男「ん?」

幼女「これあげる」

男「貝?」

幼女「きらきら♪」

男「ふむ」パキ

幼女「あっ」

男「これで私と二人分だ」

幼女「ありがと、おじさん」

男「こちらこそ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:18:29.29 ID:Y40jaRPI0
男「日も暮れてきたな、そろそろ帰るか?」

幼女「う~~~」

男「まだ居るって?」

幼女「うん」

男「ちょっとだけだぞ」

幼女「うん!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:20:47.69 ID:Y40jaRPI0
幼女「へっくち!」

幼女「へっくち!」

男「……すまない、私のせいで風邪をひかせてしまったな」

幼女「おじ……っくち! おじさん」

男「何だ?」

幼女「ごめんね」

男「なぜ謝る?」

幼女「おじさん、かなしい顔してる」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:22:37.50 ID:Y40jaRPI0
男「……」

幼女「いたいのいたいの、とんでけ~」

男「……」

幼女「いたいのいたいの、とんでけ~」

男「もういいよ、……ありがとう」

幼女「いたいの飛んでいった?」

男「飛んでいったさ、飛んでいったとも」

幼女「やった! ……っくち!」

男「ほら、いまお医者さんが来るから布団に入ってなさい」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:24:23.05 ID:Y40jaRPI0
医者「──、熱が下がば大丈夫ですね」

男「そうですか、ありがとうございました」

医者「いえいえ、では私はこれで」

男「えぇ、いつもありがとうございます」

医者「お大事に」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:26:09.83 ID:Y40jaRPI0
幼女「おじさん」

男「なんだ?」

幼女「えほん読んで」

男「わかった、どれを読めばいいんだい?」

幼女「ももたろう」

男「コホン、むかしむかしあるところに──」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:27:47.29 ID:Y40jaRPI0
男「──こうして鬼退治を果たしたももたろうは……」

幼女「……」スースー


男「眠ったか」

幼女「……」スースー

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:30:44.12 ID:Y40jaRPI0
幼女「……」スースー

男「寝顔は姉さん似だな」

幼女「……」スースー

男「さて、書類の整理でもするか」

パタン

幼女「……おじさん……」スースー


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:33:44.82 ID:Y40jaRPI0
チクタクチクタク

男「11時か、風呂入って寝るかな」

幼女「おじさん」

男「ん? どうした」

幼女「おしっこ」

男「一人で行きなさい」

幼女「う~~~」

男「怖いのか?」

幼女「う~~~」

男「しょうがない、一緒についていってあげるよ」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:35:00.66 ID:Y40jaRPI0
パタン

幼女「おじさん」

男「なんだい?」

幼女「いる?」

男「居るよ」

幼女「ほんと?」

男「ああ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:37:20.89 ID:Y40jaRPI0
幼女「おじさん」

男「ん」

幼女「終わったよ」

男「そうか、戻ろうか」

幼女「……」ギュ

男「ん?」

幼女「こわい」

男「どうした?」

幼女「めがさめるとね、だれもいないの」

男「っ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:39:27.00 ID:Y40jaRPI0
幼女「おじさん」

男「何だ?」

幼女「う~~~」

男「一人で眠れないのかい?」

幼女「う~~~」

男「わかったわかった」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:43:20.58 ID:Y40jaRPI0
先生「はーい、それじゃあ今日は似顔絵を描いてもらいます」

男の子「ねー、だれ書いてるの?」

幼女「おじさん」

男の子「おじさん?」

幼女「うん」

女の子「ヘンなのー!」

幼女「ヘンじゃないよ、おじさんだよ」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:45:03.39 ID:Y40jaRPI0
女の子「おとうさんとおかあさんはどうしたの?」

幼女「わかんない」

女の子「この子、たにんと暮らしてるのよ、フジュンだわ!」

幼女「たにんじゃないよ、おじさんだよ」

女の子「そんなのおかしいよ!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:48:18.08 ID:Y40jaRPI0
幼女「おかしい?」

女の子「だってかぞくじゃないんでしょ?」

幼女「カゾク」

女の子「かぞくじゃない人と暮らしてるなんておかしいよ!」

幼女「おかしくないよ」

女の子「だいたい、そのおじさんってただのヘンタイじゃないの」

幼女「!」

女の子「いたっ?! なぐった! 今この子なぐったわ!」

男の子「わー、ケンカだー!」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:50:17.70 ID:Y40jaRPI0
先生「──というわけでして」

保護者「もう! うちの子に大怪我負わせるなんて信じられませんわ!」

男「大怪我って、子供の喧嘩でしょうに」

保護者「なんですって!?」

男「こうやって大人が出るまでもないでしょう、もう帰っていいですか?」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:52:37.73 ID:Y40jaRPI0
保護者「むきー!」

男「事情はわかりました、それでは失礼します」

保護者「あなた! ちょっと!」

男「なんですか?」

保護者「知ってますわよ、あの子があなたの子じゃない事くらい」

男「そうですが、それが何か?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:54:38.69 ID:Y40jaRPI0
保護者「こーんな不出来な人間に育てられて子供が可哀想だと申し上げていますのよ」

男「その言葉、そっくりそのまま返してあげますよ」

保護者「なっ……」

男「それでは失礼します」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:59:02.86 ID:Y40jaRPI0
先生「あ、あの。ちょっと待ってください」

男「はい?」

先生「あの、ありがとうございました」

男「ちょ……頭を上げてください先生。それに私は何も御礼を言われるような事はしていないですが……」

先生「いえ、あの保護者さん、前々からよくああいう事言う人だったんですよ。ホントは、ちょっぴり嫌だなあって思ってたんですけど……」

男「あぁ、先生も大変なんですね」

先生「ええ。私はまだ日が浅くて何も言い返せなくて、あの、だから、ありがとうございます」

男「はい、それでは私はこれで」

先生「あ、あの」

男「まだ何か?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:01:25.22 ID:Y40jaRPI0
幼女「……」

男「ここに居たのか」

幼女「……」

男「だいたいの話は先生から聞かせてもらったよ」

幼女「……」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:04:44.03 ID:Y40jaRPI0
幼女「……ごめんなさい」

男「うん、素直な良い子だ。でもおじさんに謝ってもだめだろ?」

幼女「……」

男「……」

幼女「……」

男「黙ってたらわからないぞ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:07:23.48 ID:Y40jaRPI0
幼女「ねえ、おじさん」

男「ん?」

幼女「あのね、おじさんと一緒にいるの、ヘンなんだって」

男「っ!」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:09:07.51 ID:Y40jaRPI0
男「そんな事は無い、ヘンじゃないよ」

幼女「ねえ、おじさん」

男「なんだい?」

幼女「カゾクってなに」

男「家族?」

幼女「カゾクじゃない人と居たらヘンなんだって」

男「言われたのかい?」

幼女「うん」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:10:14.47 ID:Y40jaRPI0
男「それで怒ったのかい?」

幼女「ううん」

男「?」

幼女「あの子がおじさんの悪口言うからおこったの」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:12:51.74 ID:Y40jaRPI0
男「……」

幼女「だいすきなおじさんの悪口いうからおこったの」

男「……」

幼女「だから……、おじさん?」

男「……ん? どうした?」

幼女「どこかいたいの?」

男「どうしてだい?」

幼女「ないてるから」

男「はは、違うよ。これは」

幼女「ちがうの?」

男「痛いんじゃない、嬉しいんだよ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:16:01.04 ID:Y40jaRPI0
幼女「泣いたらおとなじゃないんだよ?」

男「そうだね、おとなじゃないね」

幼女「泣いたらえらくないんだよ??」

男「そうだね、えらくないね」

幼女「いたくないのに、泣くの?」

男「あぁ、そうだよ。そうなんだ」


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:17:39.99 ID:Y40jaRPI0
幼女「……う”ぅ」

男「泣きたい時は、泣いていいんだ」

幼女「う”うぅぅぅ”」

男「泣いていいんだよ」

幼女「うわぁぁぁああ”あああ”~ん」

男「よしよし」

幼女「ほんと、は。こわか、った」

男「そうだね」

幼女「たたいたら、いたくて、でも、でも、」

男「うん、うん」

幼女「ふえぇぇぇえええ~~~ん」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:21:33.41 ID:Y40jaRPI0
幼女「……ひっぐ……えっぐ」ギュ

男「ほら、顔がくちゃくちゃだ」

幼女「おじさん、も」

男「はは、そうだな」

幼女「鼻ちーんする?」

男「そうだな、鼻ちーんだな」

幼女「はい、てっしゅ」

男「ありがとう」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:27:12.99 ID:Y40jaRPI0
幼女「あ」

男「どうした?」

幼女「てっしゅ無くなっちゃった」

男「ほら、ハンカチ貸してあげるから拭きなさい」

幼女「ありがとおじさん」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:31:14.95 ID:Y40jaRPI0
男「さて、……もうそろそろ帰ろうか」

幼女「うん」


ガラガラ


女の子「……あの」

男「うん? 君は?」

女の子「その、」

男「どうしたんだい?」

女の子「ご、ごめんなさい!」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:34:12.28 ID:Y40jaRPI0
女の子「絵が、わたしより上手だったから。ちょっと……いけずしたくなって」

幼女「うん」

女の子「その……ほんとに、ひどい事いって、ごめんなさい」

幼女「ううん、こっちこそごめんね、いたかったよね」

女の子「ごめん……許してね」

幼女「ううん、ごめんなさい」


男「……二人とも偉いなぁ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:36:36.32 ID:Y40jaRPI0
女の子「その、あの」

幼女「うん?」

女の子「よかったらともd」

保護者「まーーーーーー!!!!!! こんな所に居ましたの!!!!!」

女の子「おかあさん」

保護者「こんな人間と一緒の空間に居ちゃいけません! 帰りますわよ!!!」

女の子「あ、ちょ、待って」

保護者「か・え・り・ま・す・わ・よ!!!!」

女の子「……はい」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:38:48.06 ID:Y40jaRPI0
幼女「いっちゃった」

男「行っちゃったね」

幼女「おじさん、帰ろ」

男「ん、そうだね。我が家に帰ろう」

幼女「うんっ」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 13:44:09.88 ID:Y40jaRPI0
すんません
キリがいいとこまで来たんでちょっと出かけてきます
夕方には戻りますが、読んでる人少なそうだし落としてくれても構いません

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:30:47.34 ID:Y40jaRPI0
ただいま。
保守感謝。
なんというヌクモリティ

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:33:17.54 ID:Y40jaRPI0
幼女「おじさん」

男「ん?」

幼女「きもちいい?」

男「うん、気持ち良いよ」

幼女「上手にできてるかなあ?」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:34:15.98 ID:Y40jaRPI0
トントン

トントン

幼女「かたこってますなー、だんなさん」

男「念入りに頼む」

トントントン

トントントン

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:34:56.74 ID:Y40jaRPI0
男「それにしても肩たたき券か」

幼女「うん、ぷれぜんと」

男「ありがとう、嬉しいよ」

幼女「あのね」

男「うん?」

幼女「おじさん、いつもありがとう」

男「ん、どういたしまして」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:38:15.36 ID:Y40jaRPI0
男「そろそろお風呂も沸いたかな」

幼女「かなー?」

男「もう一人で入れるだろう?」

幼女「う~~~」

男「ん?」

幼女「……」ギュ

男「ああ、わかったわかった。わかったからしがみ付くのを辞めなさい」

幼女「わーい!」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:40:15.17 ID:Y40jaRPI0
幼女「おふろおふろー♪」

男「こらこら、お風呂で走っちゃいけません」

幼女「はーい」

ザッパーン!

男「湯船に飛び込むのもダメです」

幼女「む~~」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:42:25.59 ID:Y40jaRPI0
男「ほら、シャンプーが目に染みるぞ。目つむってなさい」

幼女「はーい」

男「お客さん、どこかかゆい所はありませんか?」

幼女「ないよー?」

男「かしこまりました」

幼女「ねえ、おじさん。アレやって」

男「アレかい?」

幼女「アレアレ」

男「ん、わかった」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:45:06.45 ID:Y40jaRPI0
男「できた、東京タワー」

幼女「すごーい、かみがくもみたいー!」

男「曇か、どっちかと言えばモンブランだが……」

幼女「もんぶらん?」

男「あぁ、デザートだ。美味しいぞ?」

幼女「もんぶたん食べたい」

男「もんぶらん、な」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:47:12.51 ID:Y40jaRPI0
男「じゃあシャンプー流すから目つむってろ」

幼女「えー」

男「どうした?」

幼女「もんぶらんくずすのもったいないよ」

男「後で本物食べさせてあげるから」

幼女「ほんと?」

男「あぁ、約束だ」

幼女「やっくそく、やっくそく♪」

男「じゃあ目つむってなさい、流すぞ」

幼女「はーい」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:50:10.67 ID:Y40jaRPI0
男「それじゃ湯船につかってから出るぞ」

幼女「うん」

ザバーン

男「はぁ……生き返るなぁ」

幼女「わー、こうずい」

男「はは、こうずいだな」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:52:41.95 ID:Y40jaRPI0
幼女「ねえ、おじさん。水はどこにいくの?」

男「水は川に流れるんだよ」

幼女「そのあとは?」

男「川に流れた水は海に行くんだ」

幼女「そのあとはー?」

男「海に流れた水は蒸発して雨になるんだよ」

幼女「それでそれで?」

男「雨になって、また川に流れて、海にもどって。また雨になるんだ」

幼女「えぇ? そうなの?」

男「そうだよ、だから水を汚したら汚れた雨が降って皆が困るんだ。水は大事にしないといけないよ」

幼女「わかった!」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:53:55.91 ID:Y40jaRPI0
男「それじゃあ10数えたら出るか」

幼女「うんっ」

男「いーち」

幼女「にー」

男「さーん」

幼女「よーん」

男「ご」

幼女「ろーく」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:56:02.78 ID:Y40jaRPI0
男「なーな」

幼女「はーち」

男「きゅう」

幼女「はーち」

男「きゅう」

幼女「はーち」

男「こらこら、終わらないだろ?」

幼女「やだー、でたくない」

男「のぼせちゃうから、今日はこれで上がろう」

幼女「う~~~」

男「わかったわかった、明日も一緒に入ってあげるから」

幼女「やった~!」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:58:04.80 ID:Y40jaRPI0
幼女「おっきがえ、おっきがえ♪」

男「一人でボタン留められるか?」

幼女「できたー」

男「……見事に一段ズレてるな」

幼女「あれ?」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:01:58.51 ID:Y40jaRPI0
幼女「ありがとおじさん!」

男「こらこら、待ちなさい」

幼女「なーに?」

男「ドライヤーで乾かさないと風邪を引く」

幼女「うん」トテトテ

男「……?」

幼女「よいっしょ」コトン

男「あの?」

幼女「おじさん、座って」

男「この椅子に?」

幼女「うん」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:02:53.84 ID:Y40jaRPI0
男「座ったよ」

幼女「乗せて乗せて」

男「……」

幼女「う~~~」

男「わかったわかった」

幼女「おじさんの膝のうえ、たかーい」

男「じゃあ、乾かすぞ」

幼女「はーい」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:08:19.18 ID:Y40jaRPI0
男「歯磨きしたな?」

幼女「うん」

男「トイレも済ませたな?」

幼女「うん」

男「じゃあ布団敷いて……と、寝るか」

幼女「おじさんも」

男「あぁ、わかった。私も寝るよ」

幼女「おやすみなさーい」

男「あぁ、おやすみ」

幼女「……」スヤスヤ

男「眠りに入るのが早いな、色々あったし疲れているんだろうな」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:13:02.73 ID:Y40jaRPI0

パタン


男「さて、もう少し作業してから寝るか……ん?」


Prrrrrrrrrrr.....


男「もしもし?」

『あ、起きてた?』

男「起きてるよ」


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:15:58.44 ID:Y40jaRPI0
『よかったー、そっちが今何時なのかたまに忘れるのよね』

男「そうかい」

『あの子は元気?』

男「元気に寝てるよ」

『それはなにより、子供は寝るのが仕事だからね』

男「それより姉さん」

『何さ?』

男「今度はいつ帰ってくるのさ?」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:19:13.05 ID:Y40jaRPI0
『さあね』

男「さあね、って」

『そんな事言われてもねー、こっちはこっちで忙しいんだっての。体が4つくらい欲しいわよ。仕事と遊びとプライベートと自分磨きに』

男「まったく……、母親ならその中に子育ても入れてくれよ」

『それは言わない約束でしょー? こっちもあんたに全部押し付けちゃって負い目感じてるんだからさー』

男「とにかく、今年中に一回くらい戻ってきなよ。あの子も喜ぶ」

『こんな最低な母親が戻ってもあの子は喜びやしないわよ』

男「そんな事ないって」

『……そうかしら』

男「そうだよ」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:23:48.29 ID:Y40jaRPI0
『それよりあんたの方はどうなのさ?』

男「ん?」

『執筆、進んでるの?』

男「ぼちぼちだよ」

『どうせならこっちでも流通するくらいのモン書きなさいよね、取り寄せる輸送費も高いんだから』

男「俺はそんな事言いながらバカ高い国際電話を掛けてきてくれる姉さんが好きだよ」

『揚げ足を取るのがうまくなったじゃない? 作家っていう生き物はみんなそうなのかしら?』

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:26:51.49 ID:Y40jaRPI0
男「とにかく、一度帰ってきなよ。年末くらいは休み取れるんだろ?」

『取れたら帰るわよ』

男「約束だぞ」

『はいはい、っと。ボスが戻ってきそうだわ、このへんでね』

男「あいよ」


プツ

ツーツーツー


男「ったく、どこで何やってんのやら」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:31:07.40 ID:Y40jaRPI0
幼女「おじさん……?」

男「ん」

幼女「いまのひと、だれ?」


男(しまった、軽率だった)

男(なんと答えるべきか……)

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:32:07.44 ID:Y40jaRPI0
男「んー……」

幼女「?」

男「サンタさんだよ」

幼女「え?」

男「サンタさんにモンブランを持ってきてくれるように頼んだんだ」

幼女「ほんとっ?」

男「本当だとも、良い子に待ってたらサンタさんが届けてくれるよ」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:34:46.95 ID:Y40jaRPI0
幼女「良い子にしてるっ」

男「うんうん、そうだね」

幼女「さんたさん、もんぶらん♪」

男「はは、そんなに嬉しいのか?」

幼女「うんっ」

男「ところでどうして起きてきたんだい?」

幼女「あ」

男「?」

幼女「おしっこ……」


男「あちゃー……」


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:36:52.86 ID:Y40jaRPI0
幼女「ごめんな……さい」

男「いいからいいから、とにかく着替えよう」

幼女「良い子に……ふえっ、良い子……に”っ」

男「大丈夫、ちゃんと謝る子は良い子だよ」

幼女「ふえっ……ふえぇえええぇぇぇぇえ~~~~ん」


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:39:53.38 ID:Y40jaRPI0
フキフキ

フキフキ

男「フローリングの床で良かった」

フキフキ

フキフキ

男「よし……あらかた綺麗になったか」


男「ん? これは? あの子が描いた絵か」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:43:10.42 ID:Y40jaRPI0
ペラッ

男「4歳にしちゃ上手だなあ」

男「’おじさん、いつもありがとう’……か」

男「ありがとうを言いたいのはこっちなんだけどな……」

男「……久しぶりに何か書いてみるか」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:44:20.97 ID:Y40jaRPI0
男「……」カタカタカタ

男「……」カタッ

男「……」カチャ

男「……」

男「……」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:45:41.52 ID:Y40jaRPI0
男「ダメ、か」


チクタクチクタク


男「……今日はもう寝るか」


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:52:31.33 ID:Y40jaRPI0
チュン

チュンチュン


先生「おはようございます」

幼女「おはよーございますっ」

男「おはようございます」

幼女「おじさん、行ってきます!」

男「おう、行ってらっしゃい」


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:53:55.54 ID:Y40jaRPI0
先生「あの子、今日は特に元気ですね?」

男「えぇ、なんだか楽しみな事があるそうですよ」

先生「ふふ、そうなんですか?」

男「では私はこれで」

先生「あ、あの!」

男「はい?」

先生「この間の話──」

男「あぁ、考えておきますよ」

先生「あ、ありがとうございますっ」

保護者「あーーーら? 誰かと思ったら……」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:57:22.93 ID:Y40jaRPI0
保護者「暴力行為を容認した最低男じゃありませんの」

男「おはようございます」

保護者「あー、やだやだ。同じ空間にいるだけで息苦しいですの」

男「大変ですね、花粉症の方は」

保護者「むぐ……、気に入りませんの!」

女の子「……お母さん」

保護者「いいですの? あんな家の子と金輪際関わってはいけませんの!」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:00:51.04 ID:Y40jaRPI0
先生「ちょっと……っ」

男「いいですいいです、私は何を言われても構いませんから」

先生「でもっ」

男「それより、子供たちの事お願いいたします。先生」

先生「え? あ、はい」

男「では、私はこれで」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:04:05.29 ID:Y40jaRPI0
保護者「むっきー!!!!! あの男!!!」

保護者「今に吠え面かかせて……っ!! あら?」


TV『……また凶悪な事件が発生致しました……、先週土曜日未明……ショッピングモールで……』


保護者「ふふ、ふふふふふ、ふーっふーん♪」

保護者「いい! いいわ! なんて素晴らしいアイデアなの、あ・た・し!」

保護者「そうとくれば早速準備! 準備ですわよ!」


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:08:29.72 ID:Y40jaRPI0
ワイワイ

ガヤガヤ


男の子「これあげる」

幼女「え?」

男の子「土だんご」

幼女「なんで?」

男の子「昨日、俺のせいで二人がケンカになっただろ」

幼女「……そうだっけ?」

男の子「そうだよ! だから、これ。仲直りのシルシな」

幼女「うん、ありがと。大切にするねっ」

男の子「へへっ、それじゃあな」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:10:22.67 ID:Y40jaRPI0
幼女「あ、まって」

男の子「ん? なんだよ」

幼女「い、一緒にあそばない?」

男の子「いいけど何する?」

幼女「あやとりとか、コマとか」

男の子「えー、サッカーやろうぜ」

幼女「さっかー?」

男の子「サッカー知らないの?」

幼女「う、うん」

男の子「しょうがねえなぁ、教えてやるよ」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:12:32.46 ID:Y40jaRPI0
男の子「こーやってボールをけるんだ」

男の子「てい!」

ポーン

幼女「すごい」

男の子「はっはっは、どうだ」

幼女「すごーい、田んぼの中までとんでったよ」

男の子「だろ? 田んぼの中に……」

「コラー! ボール蹴ったの誰だー!」

男の子「やっべぇ!!!!! に、逃げるぞ!」

幼女「え? へ?」


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:14:34.05 ID:Y40jaRPI0
幼女「だめだよ、悪いことしたら謝らないと」

男の子「でも怒られるぞ?」

幼女「だめだよ。ちゃんと謝らないと」

男の子「う~ん……」

幼女「ほら、行こ」グイ

男の子「あ、おい」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:16:52.24 ID:Y40jaRPI0
「……なんじゃ」

幼女「おじいさんごめんなさい、ボールが田んぼに入ってしまいました」

男の子「ご、ごめんなさい!」

「またお前か!」

男の子「っ」ビク!

「……まぁ素直に謝った事だし、今日は許してやるかの」

男の子「ほんと?!」

「男に二言は無い」

男の子「やったぜじーさん、ありがとな!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:22:01.41 ID:Y40jaRPI0
「まったく、ほんとに反省しとるんじゃろうな?」

幼女「あの、」

「なんじゃ? 見ない顔じゃの」

幼女「田んぼ、いたくない?」

「ん?」

幼女「やさい、いたくない?」

「……は、ハーッハッハ!」

幼女「?」

「そうかそうか、野菜の心配をしてくれるか。なに、大丈夫じゃよ、当たっとりゃせんわ」

幼女「ほんと?」

「ワシはボールを蹴り入れた事を怒ってるんじゃない、それを謝りに来ないガキ共に怒っているのじゃ。お前さんはちゃんとごめんなさいができるんじゃの」

幼女「うん」

「はっは、そうかそうか。いや、世の中まだまだ捨てたもんじゃないって事よの」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:24:29.53 ID:Y40jaRPI0
「さ、戻りんしゃい。先生が心配するぞい」

幼女「うん、おじいさん。ありがとう」

「なに、次からは気をつけてくれれば良い話じゃ」

幼女「またね、ばいばい」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:27:45.29 ID:Y40jaRPI0
男の子「おーい! はやく帰るぞー!」

幼女「まって」

男の子「ったく、足おせぇなぁ」

幼女「む~~~」

男の子「毎日はしったら速くなれるぞ」

幼女「はやくなってどうするの?」

男の子「足も鍛えて、サッカーも上手くなって、ワールドカップに出るんだ」

幼女「わーるどかっぷ?」

男の子「サッカーの世界大会だよ、4年に1回だけ世界のいちばんを決める大会があるんだ。世界中の人が注目するんだぜ」

幼女「へー」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:29:26.07 ID:Y40jaRPI0
男の子「ま、俺がワールドカップに出たら招待してやるよ」

幼女「うん!」

男の子「へへっ」


先生「もう! 二人とも一体どこへ行ってたの!」

男の子「げ!」

先生「とっくに休憩時間は終わってます!」

男の子・幼女「ご、ごめんなさい……」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:35:02.44 ID:Y40jaRPI0
とりあえずここまでで
ちょっと晩御飯たべてきます。
また夜に戻ります。

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:19:38.31 ID:Y40jaRPI0
ただいま
みなさん保守ありがとです

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:21:42.73 ID:Y40jaRPI0
幼女「でね、今日はこんなことがあったの」

男「ほう」

幼女「すっごくこわかったけど、がんばったよ」

男「えらいなぁ、良い子だ」

幼女「いいこ?」

男「うん、そうだな」

幼女「やった!」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:24:59.32 ID:Y40jaRPI0
幼女「それでね、おじさん」

男「ん?」

幼女「あたし、わーるどかっぷになる」

男「ワールドカップ?」

幼女「うん」

男「サッカーでもやるのかい?」

幼女「ううん」

男「??」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:29:16.12 ID:Y40jaRPI0
幼女「世界じゅうの人が、みんな見るんだって」

男「あぁ、そうだね。世界大会だからね」

幼女「だから、ひょっとしたらおかあさんがあたしを見つけてくれるかもしれないって」

男「あぁ、……そうだね」

幼女「男の子がね、つれてってくれるって」

男「あぁ、……そうだね。……そうなるといいね」

幼女「おじさん? どうしたの? 泣いてるの? どこかいたいの?」

男「いや、なんでもない。なんでもないんだよ?」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:30:59.33 ID:Y40jaRPI0
幼女「……」トテトテ

幼女「……」トテトテ

幼女「……」トテトテ

男「……?」

幼女「いたいのいたいのとんでけー」

男「……」

幼女「いたいのいたいの、とんでけー」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:32:00.10 ID:Y40jaRPI0
男「ありがとう、……ありがとう。もう痛くないよ」

幼女「ほんとっ?」

男「あぁ」

幼女「よかったね、おじさん」

男「ありがとう、助かったよ」

幼女「うんっ!」


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:34:22.14 ID:Y40jaRPI0
男「もう遅いし、今日は寝よう」

幼女「うん、おじさんおやすみなさい」

男「私は隣の部屋にいるから、何かあったら呼びにきなさい」

幼女「わかった!」

男「おやすみ」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:38:41.96 ID:Y40jaRPI0
幼女『だから、ひょっとしたらおかあさんがあたしを見つけてくれるかもしれないって』


男「……」カタカタカタ


姉『こんな最低な母親が戻ってもあの子は喜びやしないわよ』


男「……」カタカタッ


先生『あの話……考えておいてくださいね』


男「……」カタン


保護者『あーーーら? 誰かと思ったら……』



男「……」

男「……だめ、か」


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:45:05.36 ID:Y40jaRPI0
ワイワイ

ガヤガヤ


男の子「おーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!」

幼女「あ」

男の子「おはよ!」

幼女「おはよう。ひょっとして、はしってきたの?」

男の子「へへっ、俺の家すぐそこだからさ。毎日走ってきてんの」

幼女「あのね」

男の子「?」

幼女「あたし、わーるどかっぷになるよ」

男の子「そっか! がんばれ!」

幼女「うんっ」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:48:24.15 ID:Y40jaRPI0
男の子「それでよ、昨日の香川のゴール見たかっ? すげーよなぁ、海外のチームに入って活躍するなんて」

幼女「かいがい?」

男の子「おう、サッカーうまくなれば外国だっていけるんだぜ」

幼女「さっかーうまくなったら外国いけるの?」

男の子「いけるいける、ブラジルだってスペインだっていけるぜ」

幼女「あたし、がいこくに行きたい」

男の子「なにーーーーーーーーっ?!」


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:01:25.20 ID:Y40jaRPI0
男の子「それじゃあ……、今日から俺達は翼とコジローだ」

幼女「?」

男の子「ライバルってやつだな」

幼女「らいばるってなに?」

男の子「えっと、すごく仲の良い友達ってことかな?」

幼女「ともだち。……うん、わかった」

男の子「へへっ」

幼女「ねえ」

男の子「なんだよ?」

幼女「らいばるって何をするの?」

男の子「さあ? なんだろうな?」

幼女「??」


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:02:28.97 ID:Y40jaRPI0
ワイワイ

ガヤガヤ


「あれれー? おっかしいなー!」

「どうしたでやんす? コナソくん」

「おかしいなー、この土だんご。壊れてるよー?」

「本当でやんす、事件のにおいでやんす」

「ペロッ……、これは……」

「なんでやんす? まさか青酸カリ……」

「土の味だ、間違いない」

「さっさと退散するでやんす、ずらかるでやんす~」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:04:52.43 ID:Y40jaRPI0
幼女「……」

男の子「おい、どうした?」

幼女「われてる」

男の子「なにが?」

幼女「もらった土だんご」

男の子「まー二日持てばいいほうだしな、土団子なんて──」

幼女「ちがうの」ポロッ

男の子「……それ」

幼女「こわれてるの」ポロポロ

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:06:29.92 ID:Y40jaRPI0
女の子「ひっどーい! この子ったらせっかく作ってもらった土団子を壊してるわ!」

「え?」

「なになに?」

「またケンカ?」

幼女「ちがうよ、こわれてたの」

女の子「どうだか! せっかく貰ったものを壊すなんてサイテーよね!」

「貰った?」

「壊すってなに?」

「あれれー? おかしいなー」

「さっさと帰るでやんす」


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:08:31.28 ID:Y40jaRPI0
男の子「ちょっと待て」

女の子「な……なに?」

男の子「こいつがそんな事するはずない!」

女の子「な、なんでよ?」

男の子「ライバルだからな!」


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:13:38.52 ID:Y40jaRPI0
「あーもう、バーロー。みてらんねえ……しゃーねーな、この時計型麻酔銃で……と」


女の子「なっ?! とにかく。その子が壊したんだから、サイテーなのよ!」

コナソ「コホン、それがまずおかしいってんだ」

女の子「なにがおかしいの!」

コナソ「昨日はずっと俺と一緒に居たからな、こいつにいつそんな暇があったんだ?」

女の子「うっ……」

コナソ「アリバイが成立してるんだよ、こいつはシロだ」

女の子「そんな……そんなっ」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:18:51.56 ID:Y40jaRPI0
コナソ「それだけじゃない」

女の子「……」

コナソ「君は’貰った’土団子と発言したね?」

女の子「えぇ、したわよ! それが何か?」

コナソ「なぜそんな事を知っていたのか?」

女の子「……それは」

コナソ「それは? そこに最大の動機が潜んでいるんじゃねーか? お前は俺の事が──」

男の子「ムニャ?」

コナソ「(バッ、カ?! このタイミングで起きるだとっ?!)」

女の子「……っ」

「あ、逃げたぞ」

「どこ行くんだ~」


183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:20:44.67 ID:Y40jaRPI0
女の子「……っ」

タッタタタタタ

女の子「あぁぁああああああああああああ?!」

女の子「キラワレタきらわれた嫌われた!」

女の子「男の子から嫌われた」

女の子「どうしようどうしようどうしよう……」

女の子「なんで? なんでこんなことに……」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:24:40.72 ID:Y40jaRPI0
保護者『いいんですの? こっそりあの子に嫌がらせをしてやるんですの、やられたらやり返せですの』

女の子『えぇ? そんなの嫌だよ、それにもうわたし達……』

保護者『いいから! このままじゃママの腹の虫が治まらないの!』

女の子『でも……』

保護者『デモも大正デモクラシーもありゃしませんの! とにかく! 何か仕掛けてこないとご飯抜きですの!』

女の子『……』

保護者『返事は?!』

女の子『……はい』

保護者『それで良いんですの』

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:28:35.18 ID:Y40jaRPI0
女の子『はぁ……どうしよう……』

女の子『あれは……?』



男の子『これあげる』

男の子『土だんご』

男の子『これ。仲直りのシルシな』

幼女『うん、ありがと』

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:01:00.99 ID:Y40jaRPI0
書けてるかな?
1時間10レス位でさるさん食らってます。
時間空いたら確実にさるってますのでご了承ください。

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:02:03.31 ID:Y40jaRPI0
女の子『男の子があの子と仲良くなってる』

女の子『胸が……ちくちくする』

女の子『……なんだかイヤだなあ』


保護者『いいんですの? こっそりあの子に嫌がらせをしてやるんですの、やられたらやり返せですの』

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:06:58.29 ID:Y40jaRPI0
女の子『やられたら、やり返せ』

女の子『やられたら、やりかえせ』

女の子『でもっ、そんなのやっぱりだめだよ』


保護者『何か仕掛けてこないとご飯抜きですの!』


女の子『ヤラレタラ、ヤリカエス』

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:09:37.43 ID:Y40jaRPI0
女の子『……誰も、見てない、よね?』

ガタッ

女の子『……』ビクッ

ニャーン

女の子『……はぁ。なんだ、猫か』

ニャーン?

女の子『ねぇ猫さん、わたしどうすればいいのかな』

ニャー

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:11:48.71 ID:Y40jaRPI0
女の子『猫さん、あのね。わたし、家ではお父さんもお母さんもケンカばっかりでつまんないの』

ニャー?

女の子『でもね。あの子はお父さんもお母さんも居ないんだって』

ニャーン

女の子『それでも、見てるとわたしよりずっと楽しそうで。いいなって思った』

ニャア

女の子『ねえ猫さん、お父さんもお母さんも居ない方が幸せなのかな』

女の子『猫さん?』

女の子『そっか、つまんないよね。こんなはなし』

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:14:59.67 ID:Y40jaRPI0

女の子『……』

女の子『……』

女の子『……、やっぱり帰ろう』

ニャーン

女の子『あ』

ニャ”ー!

ゴトン

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:17:55.12 ID:Y40jaRPI0
女の子『どど、どうしよう。割れちゃった、だんご、割れちゃった』

ニャー?

女の子『……』

ニャー

女の子『……ううん、あなたは悪くないよ。悪いのはわたし、悪いことをしようとしたからてんばつが下ったんだよ』

ニャ?

女の子『ほら、いいから、あとはわたしがやるから』

ニャー

女の子『ばいばい、猫さん』

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:22:01.46 ID:Y40jaRPI0
ワイワイ

ガヤガヤ


男の子『おい、どうした?』

幼女『われてる』

男の子『なにが?』

幼女『もらった土だんご』


女の子『(だいじょうぶ、きのう考えたとおりにすれば)』

女の子『(これでお母さんからも嫌われない、猫さんもわるくない)』

女の子『(わるいのは、わたしなんだから)』



女の子『ひっどーい! この子ったらせっかく作ってもらった土団子を壊してるわ!』


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:25:33.85 ID:Y40jaRPI0
幼女「ねえ、そんなところでなにしてるの」

女の子「っ!」ビクッ

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:00:23.56 ID:Y40jaRPI0
女の子「……」

幼女「……あのね」

女の子「……」

幼女「コナソくんが教えてくれたんだけど、猫さんの肉球のあとがあったって」

女の子「……」

幼女「それから、お母さんから、ひどい事言われてたって」

女の子「……」

幼女「あのね、えっと、だから」

女の子「……」

幼女「女の子は、何もわるくないよ」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:07:00.96 ID:Y40jaRPI0
女の子「……」

幼女「だまってたら、何もわからないよ?」

女の子「……」

幼女「ねえ」

女の子「なんで?」

幼女「うん?」

女の子「なんでわたしより、楽しそうなの?」

女の子「おとうさんもおかあさんも居ないのに」

女の子「なんで男の子と仲良くしてるの?」

女の子「ねぇ、なんで?」

女の子「なんで……」

女の子「なんで、わたしじゃないの……」


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:13:10.57 ID:Y40jaRPI0
女の子「わたしなんか、もう……っ!」

幼女「そんなことないよ!」

女の子「え?」

幼女「猫さん、この子でしょ?」

ニャー

女の子「ど、どうして」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:15:11.97 ID:Y40jaRPI0
幼女「肉球がぴったりだったの、みんなで探したんだよ」

男の子「見つけたの俺な!」

ニャーン

幼女「猫さんをかばったんだよね? えらいよ。良い子だよ」

女の子「わたし、わだし……ひどい事、しようと、でもっ……」

幼女「もういいよ、だいじょうぶ」

女の子「ごべんな……さい、ひどい……ごめん……」

幼女「うん、うん。わかった、わかったよ」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:24:13.44 ID:Y40jaRPI0
幼女「あのね、おじさんが言ってたよ」

女の子「……ひっぐ、な……に?」

幼女「悪いことしたらごめんなさいって言うんだよ、それでおしまいっ」

女の子「あう……うん」

幼女「ね? 男の子も」

男の子「おう! なんだかよくわかんねーけど、土団子くらいならいつでも作ってやるぜっ! だから泣くな!」

女の子「うん、……うん!」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:27:15.28 ID:Y40jaRPI0
ニャー

幼女「はい、これあげる」

女の子「これは?」

幼女「土だんご、あんまりじょうずに作れなかったけど」

ニャ?

女の子「……ありがとう、ありがと……う」

幼女「仲直りのしるし、ね」

女の子「うんっ!」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:30:40.47 ID:Y40jaRPI0
男の子「雨ふって、ダンゴ固まるだな!」

女の子「それなんか違う気が……」

幼女「でもだんごよりとうもろこしの方が好きだなあ」

男「なにーーーーーーーーーーーーーっ?!」

幼女「どうしたの?」

男「なんでもねぇ! ちくしょーーーーーー!」

幼女「ヘンな男の子、ね?」

女の子「ふふ、そうだね」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:33:57.50 ID:Y40jaRPI0
女の子「あなたって不思議な子ね」

幼女「そう?」

女の子「うん」

幼女「あのね、秘密おしえてあげる。ぜったい誰にもナイショだよ?」

女の子「ひみつ?」

幼女「あのね、良い子にしてるとクリスマスにさんたさんがもんぶらん持ってきてくれるの」

女の子「さんたさん?」

幼女「だから良い子にならなきゃいけないの」

女の子「わたしのところにも来てくれるかしら」

幼女「ぜったい! ぜったいきてくれるよ!」


220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:38:25.80 ID:Y40jaRPI0
女の子「ふふ、素敵な秘密ありがとう」

幼女「それじゃあ、今日からあたし達らいばるだね」

女の子「ライバル?」

幼女「あのね、らいばるってすごく仲のいい友達らしいよ」

女の子「ライバル……ライバルか、うん。わかった。今日からわたし達、ライバルだね」

幼女「うんっ」

女の子「わたし、がんばる」

幼女「うん!」

女の子「よろしくねっ!」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 14:26:04.54 ID:MSADbkGP0 [2/70]
男「──へぇ、それで女の子とライバルになったのか?」

幼女「うん!」

男「こんな年齢から三角関係……なのか?」

幼女「ちがうよ、らいばるだよ」

男「うーん……、そうだな。ライバルだな」


268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 14:27:43.23 ID:MSADbkGP0 [3/70]
幼女「うん、ふぉれでね。ふぉれでね」

男「口にもの入れたまま喋るんじゃない、しっかり噛んでからにしなさい」

幼女「……」コクコク

幼女「……」モグモグ

幼女「……」ゴックン

幼女「おいしい!」

男「そうかい」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 14:28:39.67 ID:MSADbkGP0 [4/70]
男「よし、お昼ご飯食べ終わったら買い物に行こう」

幼女「わー! おでかけー!」

男「隣町に新しく出来たっていうショッピングモールに行こうとおもう」

幼女「ゆうえんち?」 

男「ショッピングモールだよ、人がたくさん居て色んなものが売ってて広くて大きい建物だ」

幼女「う~~~~、たのしみ!」

男「はは、そうかい」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 14:29:58.26 ID:MSADbkGP0 [5/70]
パタン

男「よし、乗ったな?」

幼女「うん」

男「シートベルトは?」

幼女「つけたよ」

男「よし」

幼女「しゅっぱーつ!」

ブロロロロロロロロロ……

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 14:31:37.02 ID:MSADbkGP0 [6/70]
幼女「くるまはやーい」

男「そうだな、自転車よりは速いかな」

幼女「ろけっととどっちがはやいの?」

男「う~ん、そりゃロケットの方が速いなぁ」

幼女「う~~~~」

男「空とんでるからな、相手は」

幼女「おじさんも空とべる?」

男「どうだろう」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 14:33:28.69 ID:MSADbkGP0 [7/70]
幼女「あ、止まっちゃった」

男「赤信号だからな」

幼女「う~~~~」

男「歩いてる時も赤は止まれだろ?」

幼女「?」

男「車も同じさ」

幼女「おんなじなの??」

男「交通ルールってやつさ、守らないと皆が困るからね」

幼女「そっか、わかった!」

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 14:35:07.61 ID:MSADbkGP0 [8/70]
男「よし、着いたな」

幼女「うんっ」

男「じゃー、何から買おうか」

幼女「なにをかうのー?」

男「晩御飯の食材と、日用品と。あと好きなもの何でも1個買ってあげよう」

幼女「ほんとっ?!」

男「あぁ、本当さ」

幼女「やったぁ!」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 14:36:46.35 ID:MSADbkGP0 [9/70]
幼女「わぁ……ひろーい」

男「そうだね、広いなあ」

幼女「おうちより広いね」

男「はは、家の100倍はあるかもな」

幼女「あ! きらきらがある!」

男「きらきら?」


○○宝石店


男「なん……だと……」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 14:39:10.84 ID:MSADbkGP0 [10/70]
幼女『おじさん、これ欲しい!』

男『お、決まったか』

幼女『うんっ』

男『どれどれ』

幼女『あのね、なんでもひとつかってくれるんだよね』

男『ああ、約束だからね』

幼女『じゃあ、これっ!』

男『なになに……、真珠のネックレス?』


価格35万円


男『なん……だと……』

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:00:13.40 ID:MSADbkGP0 [11/70]
ナン……

ダト……


幼女「おじさん」

男「なん……だと……」

幼女「おじさーん?」

男「はっ?!」

幼女「おじさんどうしたのー?」

男「あ、あぁ、なんでもないよ」

幼女「おいていくよー?」

男「あぁ、すまない。もうきらきらは良いのかい?」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:02:07.16 ID:MSADbkGP0 [12/70]
幼女「うんっ、あたしこれあるもん!」

キラッ

男「貝のネックレスか」

幼女「うん」

男「似合ってるぞ」

幼女「えへへ、おじさんとおそろい」

男「そうだな、おそろいだな」


283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:05:48.03 ID:MSADbkGP0 [13/70]
男「それじゃあ食材を買おうか」

幼女「ごっはん、ごっはん♪」

男「好きなもん作ってやるぞ、何が良い?」

幼女「う~~~」

男「なんでもいいぞ?」

幼女「とうもころし!」

男「とうもろこしだろ?」

幼女「う~~~~~」

男「ははっ」

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:09:16.74 ID:MSADbkGP0 [14/70]
男「じゃあトウモロコシと、あと何だ?」

幼女「たこさんういんなー」

男「トウモロコシとウインナー……、パスタでいいか?」

幼女「あのね」

男「ん?」

幼女「おじさんのりょうり、何でも好き! だからパスタも好き!」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:14:57.30 ID:MSADbkGP0 [15/70]
ワイワイ

ガヤガヤ


──ザリッ

『ターゲットを目視で確認しやした』

──、了解ですの。

『これから手はず通りに事を進めますぜ』

──、やっておしまい。

『はぁ……、しかしいいんですかい? あんな小さな子を……』

──、お灸を据えてやりますの! 天罰ですのよ! その為のお金は支払ってますの!

『はいはい、わかりましたぜ』

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:25:59.11 ID:MSADbkGP0 [16/70]
『ん』

──、どうしたましたの?

『ターゲットに接近する人物を確認しやした』

──、誰ですの?

『さあ? 資料にはなかった顔ですぜ』

──、むきーーーー! ここにきて邪魔者ですの?!

『どうしやす? 中止にしやすか?』

──、中止なんてありえないですの!

『はぁ……了解、切りますぜ』

──ザリッ

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:30:08.92 ID:MSADbkGP0 [17/70]
先生「あれ?」

男「あ、どうも」

幼女「わー、せんせー」

男「こんにちは、先生もお買い物ですか?」

先生「こんにちは、偶然ですね。そちらも?」

幼女「とうもころしと、たこさんういんなーだよ!」

先生「そう、良かったわねぇ」

幼女「うんっ」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:32:32.03 ID:MSADbkGP0 [18/70]
男「今日はいつもとなんだか印象が違いますね先生」

先生「あはは、いつも幼稚園ではジャージですもんね」

男「そのスカート、とってもお似合いですよ」

先生「あ……ありがとうございます」

男「それでは、また明日」


先生「あ! あのっ!」

男「はい?」

先生「よ、よければ一緒に回りませんか?」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:37:14.53 ID:MSADbkGP0 [19/70]
男「ええ、いいですよ。せっかくですからね」

先生「や、やった」

男「?」

幼女「……」じー

男「じゃあ行きましょうか」

先生「はいっ」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:39:53.54 ID:MSADbkGP0 [20/70]
男「これと、これと。あと、これ……か」

先生「たくさん買われるんですね?」

男「ええ、大型店だとディスカウントされてますからね。このトイレットペーパーなんか地元のスーパーより150円も安いんですよ」

先生「そ、そうなんですか」

男「先生のカゴは随分インスタントが多いみたいですね?」

先生「え、あ、はい。あの、私……あんまり料理が得意じゃなくて、ついついこういうのに頼ってしまうんですよね」

男「それじゃあ栄養も偏るでしょう」

先生「そうなんですよ~」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:04:32.90 ID:MSADbkGP0 [21/70]


男『よろしければ今度の日曜日、うちでご飯をご馳走しますよ』

先生『えぇ?! いいんですか?』

男『あの子がいつもお世話になっている御礼です』

先生『そんな……私は何も……』

男『いいえ、この際だから申し上げます』

先生『は、はい? なんですか?』

男『先生、ずっと一目見た時からあなたの事が好きでした。結婚を前提にお付き合いください』

先生『は……はい……喜んで……』



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:06:29.32 ID:MSADbkGP0 [22/70]
先生「そんな……でも……あぁ……」

男「先生?」

先生「ひゃっ!?」

男「どうしたんですか? 何か考え事でも?」

先生「な、なんでも! なんでもないです!」

男「そうですか?」

先生「ええ、なんでも! はい!」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:09:27.29 ID:MSADbkGP0 [23/70]
男「……好き……な……ありますか?」

先生「好きっ?!」

男「何か好きな食べ物はありますか?」

先生「あ、……食べ物、ですか」

男「えぇ」

先生「肉じゃがとか、ビーフシチューとか」

男「おぉ、家庭的ですね」

先生「……を、作ってみたいです」

男「なるほど」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:15:03.48 ID:MSADbkGP0 [24/70]
男「料理もやってみると意外と楽しいものですよ」

先生「そうでしょうか、私……不器用だから……」

男「始めてみると、新しい自分が見つかったりするかもしれませんよ」

先生「新しい……自分、ですか」

男「私もあの子を預かってから色々と初めてみましたが、料理も一通りは作れるようになりましたよ」

先生「すごいですね……子育てされてるんですもんね」

男「いや私なんてまだまだ。むしろあの子から教えられる事の方が多いくらいですよ」


299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:17:18.58 ID:MSADbkGP0 [25/70]
>>298
すみません、誤字でした。


× 男「私もあの子を預かってから色々と初めてみましたが、──」

○ 男「私もあの子を預かってから色々と始めてみましたが、──」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:33:26.31 ID:MSADbkGP0 [26/70]
先生「……あの」

男「?」

先生「こうしてると、その、夫婦、みたい……ですよね」

男「……しまった」

先生「え、どうしたんですか?」

男「あの子が居ない」

先生「へ?」

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:43:16.60 ID:MSADbkGP0 [27/70]
先生「どうしよう……、あの、私ったら会話に夢中になってて……ああ、ごめんなさい!」

男「落ち着いてください、子供の足です。そんなに遠くに行ったとは思えない」

先生「そ、そうですね」

男「先生はこの事を警備員に伝えてください、私はあの子を探してきます」

先生「は、はいっ」

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:47:42.66 ID:MSADbkGP0 [28/70]
すみません、とりあえずここまでで
もこの時間帯ならバンバン投下できると思いきやすぐさるっちゃいますね。
また夜に戻ってきます。

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 18:53:48.22 ID:MSADbkGP0 [29/70]
ワイワイ

ガヤガヤ


便利屋「で」

幼女「次はあそこあそこ!」

便利屋「なんであっしはお嬢ちゃんのお守りなんぞやってんでしょうね」

幼女「次は二階~!」

便利屋「へいへい、ちょいと待つっすよ」

幼女「はやくはやく~」

便利屋「っていうか、ターゲットが向こうからこっちに来るなんて。あっし今日まだ何もしてないっすよ……ラッキーというか幸運というか」

幼女「おいていくよ~」

便利屋「あ~もう、ちょっと待つっすよ~」


319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 18:55:17.81 ID:MSADbkGP0 [30/70]
便利屋「はぁ……、いつまでこんな便利屋なんて仕事をやってるんすかね……あっしは」

幼女「るんるん♪」

便利屋「お得意さんからの依頼だから引き受けちまったけど……」

幼女「るーんるん♪」

便利屋「よく考えたらこれ誘拐なんじゃ……」

幼女「るんるーん♪」

便利屋「はぁ……正直もうこんな仕事辞めて実家に帰りたいですぜ……」

幼女「次あっち~」

便利屋「あ、こらこら。一人で行っちゃだめっすよ~、迷子になるっすよ~」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 18:56:44.86 ID:MSADbkGP0 [31/70]
幼女「次はここ!」

便利屋「へいへい」


幼女「次はあっち~!」

便利屋「ふえ~い」


幼女「えっとね、次は──」

便利屋「屋上の遊園地がそんなに楽しいんすかねぇ」


321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 18:58:18.12 ID:MSADbkGP0 [32/70]
幼女「つぎは~あっちに行きたい!」

便利屋「お嬢ちゃん、ちょっと休憩しやせんかい?」

幼女「う~~~~」

便利屋「アイスでも買ってきやすから」

幼女「わー! ありがと!」

便利屋「はぁ……子供は暢気でいいっすねぇ。ほら、あそこのベンチに座るっすよ」

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 18:59:28.60 ID:MSADbkGP0 [33/70]
便利屋「ほい、買ってきたっすよ」

幼女「お兄さんありがと!」

便利屋「お安い御用っすよ」

幼女「ねーえ?」

便利屋「何ですかい?」

幼女「お兄さん、だーれ?」

便利屋「あっしですかい?」

幼女「うんっ」

便利屋「お嬢ちゃんのおじさんのお友達……っすよ」

幼女「おじさんの?」

便利屋「えぇ、そうっすね」

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 19:03:53.40 ID:MSADbkGP0 [34/70]
幼女「じゃあ、お兄さんもとうもろこし食べにくる?」

便利屋「トウモロコシ?」

幼女「うんっ、ばんごはん」

便利屋「トウモロコシ、……か」

幼女「?」

便利屋「いや、なんでもねぇです」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 19:06:11.49 ID:MSADbkGP0 [35/70]
幼女「あのね、とうもろこしってとってもおいしいんだよ!」

便利屋「知ってやすぜ」

幼女「たいようのあじがするの」

便利屋「っ」

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 19:07:04.26 ID:MSADbkGP0 [36/70]
────────
────
──


『いいかぁ、よく聞け息子よ。農家ってのは太陽の味を作ってんだよ』

『太陽の味?』

『おうよ、お天道さんがくれたものを父ちゃん達がこうやって形にしてるのさ』

『ふ~ん』

『見ろ、この玉蜀黍。太陽の色してんだろ?』

『ただの黄色じゃん』

『かっかっか、お前にゃまだわからんか』

『むー、なんだよ』

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 19:08:32.40 ID:MSADbkGP0 [37/70]

便利屋「……太陽の味、……か」




幼女「とうもころしきらい?」

便利屋「とうもろこし、ですぜ」

幼女「すき?」

便利屋「あっしの実家は農家ですぜ、玉蜀黍なんか毎日食ってやした」

幼女「えぇ~! いいなぁ」

便利屋「本場の玉蜀黍をしらないとはお嬢ちゃん、モグリですぜ」

幼女「もぐら?」

328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 19:12:15.99 ID:MSADbkGP0 [38/70]
幼女「じゃあこんど、お兄さんの作ったとうもころし食べさせてね!」

便利屋「……っ」

幼女「どうしたの?」

便利屋「いや……、なんでも無いですぜ」

幼女「どこかいたいの?」

便利屋「心が……少し」

幼女「あのね」

便利屋「?」

幼女「なきたいときは、ないてもいいんだよ?」

便利屋「……はは」

幼女「いいんだよ」

便利屋「……お嬢ちゃんの方が大人っすね」

幼女「こどもだよ?」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 19:19:15.74 ID:MSADbkGP0 [39/70]
────────
────
──


『子供なんかじゃねぇよ!』

『なんだと! 父ちゃんに向かってその口の利き方はなんだ!』

『うるせえ! なんでわかってくれねぇんだよ! もう……もう、こんな家かえらねぇよ!』

『……今何て言ったっ?!』

『もう出てくって言ったんだよ!』

『……お前はまだ子供だ、……アテはあるのか? ちゃんと食べていけるのか?』

『今更父親面すんじゃねーよ!』

330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 19:22:47.65 ID:MSADbkGP0 [40/70]


便利屋「お嬢ちゃん、よく聞いてほしいっす」

幼女「なあに?」

便利屋「あっしは、お嬢ちゃんに嘘をついてやした。あっしは本当はおじさんの友達なんかじゃないんですよ」

幼女「えぇっ、そうなの?」

便利屋「本当は……悪の組織に雇われてる悪い人間なんですよ」

幼女「あくのそしき?」

便利屋「だから……、騙しててごめんなさいっす」

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 19:27:48.51 ID:MSADbkGP0 [41/70]
────────
────
──

『お前……俺を騙してた……のか?』

『はっ、ひっかかるお前の方が悪いんだろうが』

『ちょっと待ってくれよ、お前を信じて家まで飛び出してきたのによ!』

『そんなの知ったこっちゃねぇよ。金さえ貰えれば俺はそれでいいの、じゃ』

『まっ……待てよ! 待ってくれ!』

『ははは、あばよ~』

『そん……な……』

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 19:29:06.39 ID:MSADbkGP0 [42/70]

『くそ……あいつ……畜生っ……』

『何が儲かる話だ! 何が……くそ!』

『あれだけ親父に啖呵きって……家出までして、これからどうすりゃいいんだ……』

『金も全部もっていかれちまったし……』

ゴソゴソ

『ん? カバンの奥のほうに……なんだこの箱?』

カパ

『封筒と、なんだこりゃ、トウモロコシ?』

『ん? 封筒の裏に何か書いてるな』



少ないけれど、もっていきなさい。

それと、おなかがすいたらたべなさい。


父より。

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 20:22:23.48 ID:MSADbkGP0 [43/70]
モグモグ

『あぁ……』

モグモグ

『しょっぺぇなあ』

モグモグ

『……』

モグモグ

『太陽の、あじ……か』


344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 20:28:57.77 ID:MSADbkGP0 [44/70]


便利屋「……あっしは、本当に……っ。……大バカ野郎なんすよ」



便利屋「ごめん。ごめんな、お嬢ちゃん」

幼女「お兄さんはわるくないよ?」

便利屋「いや、事実こうやってお嬢ちゃんを──」

幼女「お兄さん、一緒にあそんでくれたもん」

便利屋「そういう手口なんすよ」

幼女「アイスもくれたし」

便利屋「大人は金持ちなんすよ」

幼女「それに!」

便利屋「……それに?」

幼女「とうもころし好きなひとに悪いひとは居ないんだよ」

便利屋「──っ」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 20:29:54.29 ID:MSADbkGP0 [45/70]
幼女「お兄さん、ちゃんとごめんなさいしたから」

便利屋「……え?」

幼女「あたし、今日はお兄さんと遊んだだけ」

便利屋「お嬢、ちゃん?」

幼女「お兄さんも、今日はあたしと遊んでただけ」

便利屋「お嬢ちゃん……」

幼女「あくのそしきなんかにまけないで」

便利屋「あぁ……、合点承知ですぜ」

幼女「それじゃ、あたしおじさんのところに戻るね」トコトコ

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 20:30:50.81 ID:MSADbkGP0 [46/70]
便利屋「お嬢ちゃん!」

幼女「うん?」

便利屋「あっしは……もう一度、最初から頑張ってみるっすよ!」

幼女「うんっ」

便利屋「あっしの作ったとうもろこし、食べてくれっす」

幼女「わかった!」

便利屋「達者で!」

幼女「ばいば~い」

幼女「とうもろこし、いる?」2
へ続きます

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。