FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朋也「軽音部? うんたん?」2-3

朋也「軽音部? うんたん?」2-2

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 00:52:28.18 ID:jpDSDOMkO
4/29 木 祝日

4月の祝日。
週末からはゴールデンウィークに突入するので、今日はその前座といった感じだ。
俺のような、何も予定がない暇人は、ただ怠惰に過ごして終わるだけなのだが。
今だって、町の中を意味もなくぶらついたりなんかしているわけで…
強いて言うなら、朝食の後の散歩といったところだ。
気が済めば、いつものように春原の部屋に向かうつもりなのだが。

朋也(ん…?)

歩いていると、ひとりの女の子を見つけた。

梓「………」

中野だった。
身をかがめ、停めてある車の下を覗き込んでいた。
その姿に、通行人がじろじろと目をくれていく。
それもそうだろう。スカートがはだけて少し下着が見えてしまっているんだから。

朋也(はぁ…ったく…)

顔を合わせる前に、無視して過ぎ去ろうと思ったのだが…
一応、忠告しておくことにした。

朋也「おい、中野」

声をかける。

梓「え…」


219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 00:52:52.52 ID:+UZ/pLeq0
振り返る。

梓「ああ…」

なんだ、こいつか…とでも言いたげな顔。

梓「はぁ…」

大きくため息をつき、また頭を下げて、車の下を覗き込む。
…せめて、なにか言え。

朋也「おい、見えてるぞ…おまえのパンツ」

梓「っ!」

ばっと身を起こし、手でスカートを抑えながら俺に向き直る。
頬を赤く染め、目を潤ませていた。

梓「へ、変態っ!」

朋也「いや、おまえ自ら見せてたんだろ。そんなに自信あったのか、下着に」

梓「ち、違いますよっ! 私はただ…」

車を見る。

朋也「車上荒らしか? やめとけよ、ここは人の目が多い」

梓「それも違いますっ!」


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 00:54:05.42 ID:jpDSDOMkO
梓「この下に猫がいるから、危ないと思って、助けようとしてたんですっ!」

朋也「猫?」

俺もしゃがんで覗き込んでみる。

朋也(あ…ほんとだ)

身を丸め、じっとしたまま動かない猫が一匹いた。

朋也「あの猫、あそこからどかせればいいんだな?」

低姿勢のまま言う。

梓「え?」

朋也「ちょっと待っとけ」

俺は匍匐前進で車の下に入り込んでいった。

朋也(ん、動かないな、あいつ…)

近づけば逃げていくかと思ったのだが…

朋也(よ…)

ひょい、と掴めてしまった。
そのまま這い出る。

朋也「ほら、いけ」


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 00:54:32.46 ID:+UZ/pLeq0
そっと手を離す。
だが、それでも動かない。
座り込んで、前足を舐めていた。

梓「あ…この子、怪我してる…」

見れば、舐めている箇所の毛が抜けていて、そこから血が滲みだしていた。

梓「ど…どうしよう…助けてあげなきゃ…」

おろおろと狼狽する中野。

朋也「動物病院、行ってみるか」

梓「あ…は、はいっ…」

朋也「よし」

中野の返事を聞き、俺は猫を抱えた。
そして気づく。病院の場所なんて、まったく心当たりがないことに。

朋也「あのさ…この辺って、動物病院、あったっけ」

梓「ちょっと待ってください…」

携帯を取り出し、なにか操作していた。

梓「あ、ありました。こっちですっ」

液晶画面を見ながら言う。


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 00:56:34.92 ID:+UZ/pLeq0
そして、先導するように小走りで道を進んでいった。
俺もその後についていく。

―――――――――――――――――――――

行き着いた先には、こじんまりとした、寂れた建物があった。
看板には、しっかりと、動物病院と記されていたのだが…
ペンキが落ちたのか、文字がただれていて、ホラーチックだった。
ここで本当に大丈夫かと、内心、心配だったのだが、それも杞憂に終わった。
診察と治療は至極まともだったのだ。
担当の獣医は、好々爺然とした風貌で、事情を話すと、おもしろそうに笑っていた。
なにが気に入られたのか知らないが、診察代も、治療代も格安にしてくれていた。

―――――――――――――――――――――

梓「…かわいそうです」

今は中野が猫を抱いていた。
通りに据えられたベンチに腰掛け、膝の上でくつろぐその猫を撫でている。

朋也「まぁ…野良だろうからな。首輪もしてないし」

獣医が言うには、どうも、傷は、人の手によってつけられた可能性が高いということだった。

梓「じゃあ…飼い猫だったら、こんな目に合わないって言うんですか」

朋也「まぁ、少なくとも、野良よりはマシなんじゃないのか」

朋也「そもそも、野良なんて、保健所に収容されれば、それだけでアウトだからな」


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 00:57:56.20 ID:jpDSDOMkO
朋也「それに、餌の確保ができなけりゃ、餓死するし…他にも、危険なんてたくさんある」

梓「…そう…ですよね、やっぱり」

梓「………」

しばらくの間視線を落として黙っていると、猫を抱きかかえ、無言で立ち上がった。
どこか思いつめたような顔をしている。

朋也「どうしたんだよ」

梓「私、この子を飼ってくれる人を探します」

朋也「どうやって」

梓「それは…道行く人に、声をかけて、とか…」

朋也「そら、大変だな」

梓「それでも、やるんですっ」

声を張って答えていた。

朋也(はぁ…俺、こういうのに弱いのかな…)

なぜか放っておけない。

朋也「俺も手伝うよ。おまえがよければだけど」

梓「ほんとですか? ちょっと、不本意ですけど…」


225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 00:58:30.40 ID:+UZ/pLeq0
梓「この際、なんでもいいです。よろしくお願いしますっ」

朋也「ああ」

梓「それじゃ、人通りの多いところに…」

朋也「いや…そうだな、まず、軽音部の連中に当たってみろよ」

朋也「知り合いだから訊きやすいだろ? それに、もしOKならそこで終わりだ」

梓「あ、そうですね、すっかり忘れてました」

携帯を取り出す。
そして、猫の写真を撮ると、また画面と向き合っていた。
多分、今の画像を添えてメールでも送っているんだろう。
俺は黙って結果を待つことにする。

―――――――――――――――――――――

梓「あ、きた」

中野の携帯から着信音が鳴り響く。
慌てたように開いて、返信を確認する。

梓「…ムギ先輩もダメでした」

朋也「そうか…」

他の部員からも、断りの返事が届いていた。
家庭の事情や、経済的負担などが理由だった。


226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 00:59:56.28 ID:jpDSDOMkO
琴吹なら、猫の一匹くらい、なんでもないだろうと期待していたのだが…
その想いも、打ち砕かれてしまった。

朋也「で、琴吹はなんだって?」

梓「なんか…ポチに捕食されるかもしれないから、責任が持てない…らしいです」

朋也「……捕食?」

梓「……はい」

朋也「………」

梓「………」

朋也「…なにを飼ってるんだろうな、琴吹は」

梓「…多分、知らないほうがいいです」

だろうな…。

―――――――――――――――――――――

朋也「あ、すいません、ちょっとい…」

朋也「あ…くそっ」

人の往来が激しい大通りで飼い主探しを始めたのだが…
何かのキャッチと思われているのか、見向きもされなかった。


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:00:22.70 ID:+UZ/pLeq0
朋也「俺じゃだめだ。次、おまえいってくれ」

梓「わかりました」

梓「…不甲斐ない人」

朋也「聞えたからな…」

―――――――――――――――――――――

朋也(あいつはなんか、上手くやりそうだよな…)

中野から預かった猫とじゃれあいながら、思う。

梓「あの、すみません」

男「ん?」

一発目から捕まえることに成功していた。

梓「えっと、私、今…」

男「3万…いや、君なら4万出すよ」

梓「へ? どういう…」

男「この近くに、いいとこあるからさ、今からいく?」

これは、まさか…



228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:01:39.55 ID:jpDSDOMkO
梓「え…いいとこ…ですか?」

朋也「おい、おっさん、なにやってんだよ」

猫を抱いたまま、睨みを利かせて近づいていく。
プリチーな生き物を伴って絡んでくる仏頂面の男…さぞ不気味なことだろう。

男「ひぃっ、い、いや、私はまだなにも…」

朋也「まだ?」

男「い、いや…はは、なんでも」

背を向けて、足早に去っていった。

梓「なんで邪魔するんですか!」

朋也「おまえ…わかんなかったのか、今の」

梓「岡崎先輩の行動の方がわかりませんよ!」

朋也「いや…だから…」

梓「足を引っ張るなら帰ってください!」

本当に、ただ俺が妨害しただけだと思っているようだ。
誤解を解いておいたほうが、今後の信頼関係のためにもいいんだろうが…
詳しく説明するのも、なんだか気が引けた。

朋也「…ああ、悪かったよ。もう邪魔しない」


229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:02:05.24 ID:+UZ/pLeq0
だから、俺に非があったと、黙って認めておくことにした。

梓「勘弁してくださいよ、ほんとにもう…」

朋也「でも、ああいうおっさんは避けろよ、一応」

梓「おっさん差別ですか? 最低ですね、自分の近い将来の姿なのに」

朋也「まだ遠いっての…」

今年で18だ、俺は。

―――――――――――――――――――――

梓「そうですか…話を聞いてくれて、ありがとうございました」

女性「いえ…」

朋也(だめだったか…)

今ので4人目だった。

梓「はぁ…」

中野も落胆を隠しきれないようだった。

男1「ねぇ、君さ、さっきから声かけてるよね」

男2「逆ナン?」



230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:03:21.13 ID:jpDSDOMkO
梓「え? いえ…違います…」

ちゃらちゃらとした男の二人組に絡まれていた。

男1「じゃ、俺らが君ナンパしていい?」

男2「かわいいよね、君。遊びいこうよ」

梓「あの…それは、ちょっと…」

男1「いいじゃん、いこうよ」

男2「そこのカフェでなんか食べようよ。おごりだよ?」

梓「う…あう…」

困惑した表情で、すがるように目を向けてくる。
SOS信号だろう。

朋也(いくか…)

立ち上がる。

朋也「こらぁ、なんだ、おまえらは」

男1「はぁ?」

男2「なにおまえ」

朋也「みりゃわかるだろうが。猫を持ったキレ気味な人だ」

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:04:01.40 ID:+UZ/pLeq0
猫「にゃあ」

男1「意味が…」

男2「君、もういこうよ。変なの来たし」

中野の手を取ろうと、腕を伸ばす。
俺はその腕を掴んで止めていた。

朋也「やめとけ。こいつは俺が先に目をつけてたんだよ」

少しキャラを作ってみた。設定は、鬼畜王だ。

朋也「失せろ、カスども」

猫「にゃあ」

男2「…っ離せよっ」

ばっと俺の手を振り払う。
そして、その瞬間から睨み合いが始まった。

朋也「………」

男1「………」

男2「………」

猫「にゃあ」


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:05:25.70 ID:jpDSDOMkO
男1「…ちっ」

男2「ばぁか」

間の抜けた猫の鳴き声を以って、ガンつけ勝負は終わった。
ふたりの男は捨て台詞を吐くと、雑踏の中へと消えていった。

朋也(ふぅ…)

朋也「おい、中野…」

朋也「あん?」

振り返ると、俺から距離を取って身構えていた。

梓「…このけだもの。ずっと私を狙ってたんですねっ」

朋也「おまえが信じるなっ! ありゃ方便だっ」

梓「………」

疑惑に満ちた目を向けてくる。

朋也(どこまで信用ないんだ、俺は…)

もともとなかったところを、先の一件でさらに信用を失ってしまったのか…。
なら、捨て身でこちらから歩み寄っていくしかない。
まずは安心感を与えて、警戒を解かなくては…。

朋也(はぁ…ちくしょう)


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:05:53.64 ID:+UZ/pLeq0
朋也「こほん…あー…」

朋也「ほら、おいで梓ちゃん、怖くないよ~」

ぎこちない笑顔で、猫なで声を出す。

梓「…キモ」

…ものすごく冷めた顔で暴言を返されていた。

朋也(ま、そりゃそうか…)

わかってはいたが、実際言われると、ショックと恥ずかしさが同時に襲ってきた。

梓「冗談です。助けてくれて、ありがとうございました」

朋也「ああ、別に…」

恥をかく前に言って欲しかったが。

梓「キモかったのは本当ですけど」

朋也「あ、そ…」

徒労に終わった上に、追い討ちまでかけられていた。

朋也「まぁ、いいけど、何か対策考えないとな」

朋也「おまえ、見た目可愛いから、変な奴よってくるし」


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:07:02.35 ID:jpDSDOMkO
梓「な、か、可愛いって…お、おだててどうするつもりですかっ!」

梓「気をよくしたところを、一気につけこんでくるつもりですかっ!」

梓「このけだものっ!」

朋也「想像が飛躍しすぎだ。思ったことを言ったまでだよ」

梓「な、なな…わ、私は騙されませんからっ」

朋也「だから、そんな気はないっての」

朋也「それよか、もう昼だし、飯にしようぜ」

梓「う、うう…」

朋也「ほら、いくぞ」

俺が歩き出すと、後ろからうーうー言いながらもついてきた。


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:07:22.42 ID:+UZ/pLeq0
―――――――――――――――――――――

朋也「ほらよ」

コンビニで買ってきたパンとジュースを差し出す。

梓「ありがとうございます」

受け渡すと、俺も中野が座っているベンチに腰掛けた。

梓「よかったんですか? おごってもらっちゃって」

朋也「いいよ。いつか、おまえにおごってもらった事あっただろ」

朋也「これであいこだ」

梓「でも、あれはお詫びのつもりだったから…」

朋也「まぁ、細かいことは気にするなよ」

梓「はぁ…」

朋也「よし、おまえにもやろう」

俺は自分のパンをちぎって猫に与えた。
くんくんと匂った後、ぺろりと口にしていた。
その姿を見て思う。

朋也「こいつって、あの時おまえがねこじゃらしで遊んでた奴か?」


239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:08:37.33 ID:jpDSDOMkO
梓「そうですよ。気づかなかったんですか?」

朋也「ああ、まぁな。今ようやく思い出したよ」

梓「こんな可愛い子、普通は一度みたら忘れないのに」

言って、中野も自分のパンをちぎって猫の前にそっと据えた。
すると、それも遠慮なく食べ始めていた。

梓「かわいいなぁ…」

その様子を温かい目で見守る中野。

朋也「おまえ、猫好きなのか」

梓「はい、大好きですっ!」

朋也「そっか。なんか、らしいよな。おまえ、猫っぽいし」

梓「あ、ありがとうございます…」

こいつにとっては称賛と同義だったようだ。
素直に礼なんか返してきた。

朋也「でもさ、それなら、おまえの家で飼ってやれないのか」

梓「それができたら、最初から飼い主探しなんてしてませんよ」

朋也「それもそうだな」


240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:09:01.54 ID:+UZ/pLeq0
梓「岡崎先輩こそ…いや、いいです、やっぱり」

俺に飼えるかどうか打診するつもりだったんだろう。
だが、回答はどうあれ、俺に飼われるのは嫌だったようだ。
だから、途中で切ったんだろう。
まぁ、うちで飼えるわけじゃないので、別によかったが。

朋也「飯、食い終わったら、また頑張って探さなきゃな」

梓「そうですね。頑張りましょうっ」

―――――――――――――――――――――

梓「あの…ほんとにこれ、効果あるんでしょうか」

朋也「ああ、ばっちりだ」

中野が手に持つのは、可愛らしく装飾されたプラカード。
頭には、ネコミミカチューシャをつけていた。
その2つのアイテムは、憂ちゃんと行った、あのファンシーショップで調達してきていた。

朋也「今までは、こっちから攻めていってたけど、それは間違いだった」

朋也「興味のない人にまで当たっちまうから、効率が悪かったんだ」

朋也「だから、今度は待ちに入るんだ」

梓「いえ…そうじゃなくて、なんでネコミミなんですか…」

梓「このプラカードは、わかりますけど…」


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:10:19.94 ID:jpDSDOMkO
そのプラカードには『この猫、飼ってください!』と書いてある。
宣伝のつもりだった。

朋也「そっちの方がわかりやすいじゃん」

梓「いえ、これつけなくても、プラカードだけで事足りると思いますけど…」

朋也「より目立ったほうが、目を引きやすいだろ」

朋也「おまえ、似合ってるしさ、大抵の男は振り向くと思うぞ」

梓「そ、そんな…」

朋也「こいつのためだ。頑張れよ」

ダンボールを抱えてみせる。
その中には、猫が入っていた。
やはり、拾ってください、なんて言うなら、このスタイルしかないだろう。

梓「うう…わかりました」

ダンボールを手に持ち、街頭に立つ。
そして、足元に置くと、プラカードを掲げた。
やはり、道行く人は皆一瞥をくれていく。
こっちをみて、ひそひそと話しこんでいる者たちも見受けられた。
ナンパの算段でも立てているんだろうか。
それでも、隣に俺も立っているから、簡単には近づいてこないだろう。
これが、俺の考えた対策だった。抑止力というやつだ。
単純なことだが、効果は高いと思う。
今も、中野を遠巻きに眺めていた男たちが、諦めたように散会していくのが見えた。


243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:10:47.22 ID:+UZ/pLeq0
やはり、これで合っていたようだ。

―――――――――――――――――――――

5分くらい経った頃だろうか。
一人の男がこちらに近寄ってきていた。

男「あの…ふぅ、ふぅ…」

興奮しているのか知らないが、息が荒い。

男「か、飼うって、い、いいの…?」

梓「え…はいっ、もちろんですっ!」

男「はぁ…はぁ…き、君、家出少女なんだ…?」

梓「え、あ…はい?」

男「ふっひ…う、うちのアパート…いこう…」

男「君みたいな可愛い子なら…悦んで飼ってあげるよ…」

梓「い、いえ、私じゃなくてっ! この子ですっ」

ダンボールから猫を抱き起こした。

猫「にゃあ」

男「え…なんだ…でも、君も猫だし…」


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:12:20.43 ID:jpDSDOMkO
言って、ネコミミに目をやる。

男「君もついてくるなら、一緒に飼ってあげるよ…ふっひ…」

梓「ひぃっ…え、遠慮しておきます…」

男「はぁ、はぁ…じゃあ、いいや…」

のそのそと立ち去っていった。

梓「…岡崎先輩のせいですよ」

朋也「いや、でも、世間にはああいう奴もいるってわかってよかったじゃん」

梓「上から目線で言わないでくださいっ!」

梓「次は岡崎先輩がやってくださいよっ!」

俺にプラカードを押し付けてくる。

朋也「ああ、いいけど」

受け取る。

梓「ちゃんとこのネコミミもつけてくださいよ」

朋也「やだよ、なんで俺が」

梓「私にはつけさせたじゃないですかっ!」


245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:12:47.46 ID:+UZ/pLeq0
朋也「だからってなぁ、俺だぞ?」

梓「いいから、つべこべいわずにつけてくださいっ!」

朋也「わかったよ…」

仕方なく、装備した。
…周囲の視線が痛い。

梓「…ぷっ」

朋也「せめておまえだけは笑わんでくれ…」

―――――――――――――――――――――

朋也(お…)

一人の女性がこちらに近づいてくる。
男の情欲を煽るような服を綺麗に着こなして、妖艶な雰囲気を纏っていた。
年の頃は、二十代後半といったところか。

朋也(って、なに分析してんだ、俺は…)

女性「ボウヤ…飼って欲しいの?」

朋也「あ、いえ…俺じゃなくて、こっちの猫っす」

ダンボールを指さす。

女性「そうなの?」


247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:14:02.70 ID:jpDSDOMkO
朋也「はい。だめっすか」

女性「私、動物嫌いなの」

女性「でも…」

俺の頬に手を添えた。
どきっとする。

女性「あなたみたいな動物なら、死ぬほど可愛がってあげるわ」

朋也「はは…」

なんと答えていいのやら…。

女性「これ、名刺。渡しとくわ」

手を取られ、少し強引に握らされた。
そこには、夜の店の名前と、この人の源氏名らしきものが書かれていた。
裏も見てみる。電話番号が手書きされていた。

朋也「俺、未成年なんですけど…」

女性「見ればわかるわよ」

朋也「そっすか…」

女性「お店に来いって言ってるんじゃないわ」

女性「私にいつでも連絡入れなさいって言ってるの」


248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:14:23.10 ID:+UZ/pLeq0
朋也「はぁ…」

女性「それじゃね」

色気を漂わせながら去っていく。

梓「…ヒモ野郎。最低です。死ね死ね」

朋也「悪口のタガが外れてるからな、おまえ…」

梓「こんな時まで女をたぶらかすなんて、信じられないです」

朋也「俺は何もしてないだろ…」

朋也「…あぁ、とにかく、もうネコミミはやめだ。これは危険すぎる」

梓「最初からいらないって言ってたのに…このヒモ男は…」

ぶつぶつと小言をぶつけられていた。
止む気配はない。
しばらくはこの状態が続きそうだった。

朋也(はぁ…)

―――――――――――――――――――――

一度休憩を取るため、適当な石段に腰掛けた。

朋也「なかなか見つからねぇな」


252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:19:13.14 ID:jpDSDOMkO
梓「そうですね…」

梓「やっぱり、岡崎先輩が女たらしのクセに唯先輩に手を出すから、皆怒ってるんですよ」

朋也「それはおまえの心の内だ」

朋也「つーか、俺はあいつに手なんか出してないからな」

梓「嘘つき。いつもベタベタしてくるせに」

朋也「どこがだよ。普通の距離感だろ」

梓「朝だって一緒に登校してるじゃないですか」

梓「それに、唯先輩、部室でも岡崎先輩の隣に座りたがるし…」

朋也「それは俺からじゃなくて、あいつの方からきてないか」

梓「あーっ! 今、自分がモテ男だってさりげなく言いましたね!?」

梓「やらしいですっ! すべてにおいてあらゆる意味でやらしいですっ!」

梓「やらしいですっ! やらしいですっ!」

朋也「悔しいですみたく言うな」

朋也「前に言ってたけど、あいつは俺のことなんとも思ってないらしいぞ」

梓「ほんとですか? でも、どういう会話の流れでその発言が出たんですか?」


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:19:56.02 ID:+UZ/pLeq0
朋也「いや、冗談のつもりで、俺に気があるのかって訊いてみたんだよ」

朋也「そしたら、そんなんじゃないってさ」

梓「…なるほど」

梓「まぁ、唯先輩は、わりとすぐ人と仲良くなりますからね…」

梓「ってことは、岡崎先輩にじゃれついてるのは、遊びだったってことですね」

梓「あはは、唯先輩にとっては、岡崎先輩なんて、遊びだったってことですよ」

梓「あははは」

朋也「はは…」

俺もなぜか乾いた笑いで同調してしまっていた。

梓「じゃあ、岡崎先輩も、唯先輩のことは、なんとも思ってないわけですね」

朋也「ん、ああ…」

梓「…なんで言いよどむんですか?」

朋也「いや…」

がたっ

朋也(ん?)


254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:21:11.09 ID:jpDSDOMkO
音のした方に振り向く。
ダンボールが倒れ、猫が飛び出していた。
空に飛び立っていく鳥を追っている。
その先には、激しく車の行き交う道路があった。
俺は考える前に駆け出していた。

朋也(うらっ…)

飛び込み、猫をキャッチする。
間一髪間に合った。
猫は、俺の胸の中できょとんとしている。

朋也「いっつ…」

背中に痛みが走る。
モロにコンクリでぶつけたからだ。
腕も擦ってしまい、血が流れてくる感触が肌に伝わってきた。

梓「大丈夫ですかっ!?」

中野が駆け寄ってくる。

朋也「ああ、無事だよ」

上体を起こし、猫を両手で掲げてみせる。

梓「そうじゃなくて、岡崎先輩がですよっ」

朋也「ああ、俺は…っつ…」


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:21:42.81 ID:+UZ/pLeq0
梓「痛みますか? どこです?」

朋也「いや、大丈夫」

梓「ちょっと腕見せてください」

言って、俺の袖をまくった。

梓「血が出てるじゃないですか…」

朋也「ほっときゃ止まるよ」

梓「そんなこと言って、バイ菌が入ったら大変ですよっ」

梓「ここでじっとしててください。私、ちょっと行ってきます」

そう言い残し、人ごみを縫ってすぐ近くの雑貨店に入っていった。

―――――――――――――――――――――

梓「はい、これでいいです」

朋也「サンキュ」

中野は、水で傷口を丁寧に洗い流し、その上から透明なシートを貼ってくれていた。

梓「患部を水で濡らした後、このシートを貼っておくんですよ」

パック入りになったそれを渡してくる。



256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:22:54.02 ID:jpDSDOMkO
朋也「ああ、わかったよ。で、いくらだったんだ? これと水合わせて」

受け取って、そう訊いた。

梓「お金なんていいですよ。この子、助けようとしてくれたんでしょ」

膝の上に乗り、安心して丸まっている猫の顎を撫でる。

梓「ほんと、馬鹿ですね。あんなことしなくても、道路になんか飛び出しませんよ」

朋也「そうだったかな」

梓「そうですよ」

朋也「ちょっと神経質すぎだったな」

朋也「動物の挙動なんて、予測できないからさ、嫌な予感がして、先走っちまった」

梓「岡崎先輩の行動の方がよっぽど予測できません」

朋也「そっか」

梓「はい、そうです」

朋也「………」

梓「………」

会話が途切れる。


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:23:14.62 ID:+UZ/pLeq0
俺はなんとなくネコミミを手にとってみた。

梓「って、なんで猫にネコミミをつけるんですか…意味ないですよ…」

朋也「これで、二倍猫になるだろ」

梓「もう…なんなんですか、それ。意味がわかりませんよ」

梓「ほんと、馬鹿なんだから」

柔和に微笑む。
初めて俺に向けられた曇りのない笑顔。
いつもこんな風に笑っていてくれれば、こいつも無害な普通の女の子なのだが。

声「あら、岡崎じゃない」

朋也「ん…」

声がして、顔を向ける。
そこには一人の女性が立っていた。

女性「奇遇ね。こんなとこで、なにやってんの」

朋也「美佐枝さん…」

この女性、学生寮の寮母をやっている人だった。
名は相楽美佐枝。
寮生でない俺も、あれだけ通い詰めていれば、嫌でも顔見知りになる。

美佐枝「ところで…そっちの子は?」


258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:24:33.41 ID:jpDSDOMkO
中野を見て言う。

朋也「ああ…まぁ、後輩だよ」

梓「あ、初めまして。中野梓といいます」

美佐枝「これは、ご丁寧にどうも。私は、相楽美佐枝。学生寮の寮母をやってるの」

梓「寮母さんなんですか…すごくお若いのに…」

美佐枝「あら? そうみえる? ありがと」

美佐枝「にしても…」

美佐枝「岡崎、あんたも隅に置けないわねぇ。こんな可愛い子とデートなんてさ」

梓「な、ち、違いますっ」

中野が勢いよく否定する。

美佐枝「ありゃ、彼女じゃなかったの?」

朋也「こいつとはそんなんじゃねぇよ」

梓「そ、そうですよっ」

美佐枝「ふぅん、なかなか似合って見えたのにねぇ」

梓「そ、そんなことないですっ! 私たち、犬猿の仲なんですっ」


259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:24:53.87 ID:+UZ/pLeq0
梓「こ、こんな人となんて…そんな…」

美佐枝「あんた、嫌われてるの?」

朋也「少なくとも、好かれちゃいないかな」

美佐枝「あ、そなの」

朋也「ああ」

猫「にゃあ」

中野の膝の上、猫が鳴いてた。

美佐枝「あら…可愛い猫だこと。触ってもいい?」

梓「あ、もちろんです」

美佐枝「ありがと。それじゃ…」

くすぐるように顎を撫でた。
ごろごろと気持ちよさそうに唸る。

美佐枝「あんたの猫なの?」

梓「いえ…野良なんです」

美佐枝「へぇ、それにしては毛並みが綺麗よね」

梓「ですよね。可愛いです」


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:26:18.66 ID:jpDSDOMkO
美佐枝さんが撫でると、猫もうれしいのか、尻尾をピンと立てていた。
ここまで気を許させてしまうのは、この人の持つ、包み込むような母性のためだろうか。
動物にもそれが直感的にわるから、安心して身をゆだねることができるのかもしれない。
どうせ飼われるなら、こんな人がいいと思う。
面倒見のいいこの人のことだ、きっと大事にしてくれるに違いない。
だが、寮で飼うなんてことが許されるのだろうか…
そこだけが唯一気にかかる。

朋也(ダメもとで訊いてみるか…)

朋也「美佐枝さん。そいつ、飼ってやれないか」

美佐枝「え? あたしが?」

朋也「ああ。俺たち、ずっと飼ってくれる奴探してたんだけど…」

俺はこれまでのいきさつを美佐枝さんに話した。

美佐枝「はぁ…その猫の怪我、そういうことだったんだ」

朋也「ああ。だから、頼むよ。美佐枝さんなら、安心して任せられるし」

梓「私からも、お願いします」

美佐枝「う~ん…でもねぇ…」

美佐枝「………」

顎に手を当て、しばしの間、思案に暮れる。


261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:27:15.50 ID:+UZ/pLeq0
美佐枝「…猫、か。もう一匹増えたところで、変わりないか…」

何かつぶやいていたが、小さくて聞き取れなかった。

美佐枝「うん…わかった。一応、つれて帰ったげる」

梓「ほんとですかっ? ありがとうございますっ」

美佐枝「でも、正式に飼うわけじゃないわよ」

朋也「どういうこと?」

美佐枝「原則、寮でペットを飼うのは禁止されてるからねぇ」

美佐枝「おおっぴらには飼えないってことよ」

美佐枝「部屋を間借りさせてあげるのと、餌をあげることくらいしかできないけど…」

美佐枝「それでもいい?」

梓「十分ですよっ」

朋也「ああ、それだけしてくれりゃ、飼ってるのと変わりねぇよ」

美佐枝「そ。じゃあ、あたしはもう帰るとするかねぇ」

美佐枝「さ、おいで」

猫をその胸に抱く。
一片の抵抗もみせず、大人しく美佐枝さんの腕の中に収まっていた。


262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:29:27.81 ID:jpDSDOMkO
朋也「ありがとな、美佐枝さん」

梓「ありがとうございますっ」

美佐枝「ん、いいわよ、別に」

美佐枝「それじゃね」

朋也「ああ」

梓「はいっ」

俺たちに背を向け、歩いていく。

梓「よかったぁ…」

よほど嬉しかったのか、肩の力を抜いて、安堵の表情を浮かべていた。

朋也「そうだな」

おもむろに、ぽむっと中野の頭に手を乗せる俺。

梓「な、なにするんですかっ」

が、すぐに振り払われた。

朋也「いや、いい位置にあったから」

梓「そ、そんな理由で触らないでくださいっ」


263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:29:57.78 ID:+UZ/pLeq0
朋也「悪かったな。もうしねぇよ」

梓「………」

朋也「そんじゃ、俺も行くからさ。じゃあな」

言って、俺も美佐枝さんが行ったのと同じ方向に足を向けた。
これから春原の部屋に向かうつもりだった。
今からなら、途中で美佐枝さんに追いつくだろう。
別れの挨拶をした意味がないな…ぼんやりと思う。

梓「あ、あのっ」

朋也「なんだよ」

声をかけられ、振り返る。

梓「きょ、今日はありがとうございましたっ…協力してくれて…」

梓「その…岡崎先輩のおかげで、飼い主も見つかりましたし…」

梓「猫を助けようって、必死になってもくれましたし…」

梓「ちょっとだけ…見直しました」

朋也「そりゃ、どうも」

梓「それと…頭に手を乗せられたのも、ほんとは嫌じゃないっていうか…」

梓「むしろ…その…」


266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:31:07.50 ID:jpDSDOMkO
もじもじとしているだけで、その先は出てこなかった。

朋也「じゃあさ、これからは仲良くしてくれよな、あずにゃん」

梓「な、あ、あずにゃんって呼ばないでくださいっ」

梓「この調子乗りっ! うわぁぁんっ」

顔を真っ赤にして、どぴゅーっとものすごい勢いで逃げていった。

朋也(変な奴…)

だが、少しだけあいつとの関係が改善された…ような気がした。

―――――――――――――――――――――


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:31:30.34 ID:+UZ/pLeq0
4/30 金

唯「あ~…だるぅい~」

憂「お姉ちゃん、たった一日で休みボケしすぎだよ」

唯「だってぇ…もうゴールデンウィーク入ったって錯覚しちゃったんだもん…」

憂「あしたいけば、本物の連休がくるから、がんばろ?」

唯「う~…えいっ」

憂ちゃんに腕を回し、全体重を預ける平沢。

憂「な、なに? 重いよぉ、お姉ちゃん…」

唯「このまま進んで、学校まで運んでよぉ~」

憂「うぅ…わかったよ…私頑張るね…」

憂「よいしょ…よいしょ…」

懸命にずるずる引きずっていく。

唯「遅いよぉ~スピード上げてよぉ~」

憂「う、うん、わかったよ…よい…しょ…」

憂「あ…もうだめ…」


269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:32:50.06 ID:jpDSDOMkO
ぺたり、とその場にへたりこんでしまう。

朋也「自分で歩けよ、平沢」

朋也「ほら、憂ちゃん」

手を差し伸べる。

憂「あ、ありがとうございます」

その手を取って立ち上がる憂ちゃん。
平沢は崩れ落ちたまま微動だにしなかった。

唯「はひぃ…」

朋也「置いてくぞ」

唯「ああ…まってぇ」

のろのろ立ち上がり、追ってくる。

唯「岡崎くん、しがみついていい?」

朋也「だめ」

唯「けちぃ…」

―――――――――――――――――――――


270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:33:09.99 ID:+UZ/pLeq0
下駄箱まで足を運んでくる。

朋也「おい、平沢…そろそろ離せ」

唯「え~、教室まで連れてってくれてもいいじゃん…」

結局、坂を上ったあたりから、平沢を引きずってくることになってしまっていた。
あまりにもしつこかったので、俺のほうが折れてしまったのだ。

朋也「ここまででいいだろ。さっさと靴履き替えろ」

唯「ぶぅ…」

声「…おはようございます」

…この声。
振り向く。

梓「………」

中野が引きつった笑顔をぴくぴくとひくつかせ、音もなく背後に立っていた。
…おまえは忍者の末裔か。

唯「あ、あずにゃん、おはよぉ」

朋也「…よぅ」

梓「………」

眉間に寄った皺は消えそうにない。


272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:34:35.22 ID:jpDSDOMkO
また、いらぬ恨みを買ってしまったんだろうか…。

梓「…また、放課後に」

唯「うん、部活でね」

梓「それじゃ、失礼します」

言って、軽く会釈。
最後に俺をちらっと見て…

梓「…馬鹿」

ムッとした顔を向け、そう口が動いた気がした。
それも、一瞬のことだったので、定かではなかったが。

―――――――――――――――――――――

………。

―――――――――――――――――――――

昼。

唯「あぁ…刻(とき)が見える…」

平沢は未だにローテンションを引きずっていた。

唯「はぁ…むしろ生きる意味がわからない…」


273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:35:00.28 ID:+UZ/pLeq0
澪「どんどんひどくなっていってるな…」

和「唯、口からぼろぼろこぼれ落ちてるから、咀嚼する時だけは気合入れなさい」

唯「ああぅ…わかた…多分」

春原「はは、情けねぇなぁ。もっとピシッとしろよ」

律「おまえは今日も重役出勤だったくせに、えらぶんな」

春原「うるせぇっ! 元気があればなんでも出来るんだよっ!!」

律「うわっ、ばかっ、口の中に食べ物含んだまま叫ぶなよっ!」

律「内容物が飛び散ってんだろうがっ! 私に当たったらどうすんだよっ!」

春原「避ければいいじゃん」

律「おまえが飛ばさなきゃいいの!」

律「ったく…」

朋也「あ、部長、右肩んところ…」

律「ん?」

律「うひぃ、ちょっと被弾しちゃってるし…最悪…」

汚らしそうに、ばっばっと振り払っていた。



274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:36:10.24 ID:jpDSDOMkO
澪「唯、今日が山場だ。明日は4時間だし、ここさえ乗り切ってしまえば、あとは楽だぞ」

春原「そうそう、土曜なんて、あってないようなもんだしね」

律「そりゃ、おまえが大抵昼からしかこないからだろ」

唯「う~ん、わかっちゃいるけど、体がついてこないよぉ…」

紬「唯ちゃん、よかったら、これ食べて、元気出して?」

琴吹が弁当箱から高級そうなだんごを覗かせた。

唯「え? いいの?」

紬「うん、もちろん」

唯「やったぁ、それじゃ…あ~ん」

餌を待つヒナ鳥のように口を開けた。

紬「はい、あ~ん」

箸で平沢の口まで運ぶ琴吹。

澪「そこまでめんどくさがるのに、ちゃっかりもらうんだな…」

唯「むぐむぐ…おいひぃ~」

紬「ほんと? よかったぁ」


275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:36:37.73 ID:+UZ/pLeq0
律「しょうがねぇなぁ、私からもやるよ…このキンピラゴボウ」

春原「おまえ、またんなもん食ってんの」

律「うるせぇなぁ、りっちゃんキンピラは最高にうまいんだぞ」

唯「う~ん…一応もらっておこうかな…あ~ん」

また口を開けて待つ。

律「一応とはなんだ、一応とは」

言いながら、箸でひとかたまり摘んで、口に運ぶ。

唯「むぐむぐ…ぺっぺっ」

律「あーっ! てめぇ、唯!」

春原「ははは、だせぇ」

律「こぉの野郎ぉーっ!」

平沢に横からヘッドロックをかける部長。

唯「ご、ごめぇん、冗談だよ、おいしいよぉ」

律「80回以上噛んでから飲み込め、こらっ!」

唯「2回で許してぇ」


276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:37:54.29 ID:jpDSDOMkO
律「味が出る前に飲み込もうとしてるだろ、それっ!」

律「不味いって言いたいのかよぉ!」

ぎりぎりと締め付けていく。

唯「うわぁん、嘘、嘘だよ! 分子レベルまで噛み締めるから、許してぇ」

澪「まったく…もっと静かに食べられないのか」

唯「冷静なこと言ってないで、助けてよぉ、澪ちゃんっ」

紬「くすくす」

こうして、昼も騒がしく過ぎていった。

―――――――――――――――――――――

………。

―――――――――――――――――――――

放課後。

唯「………」

梓「唯先輩、どうしたんですか?」

平沢は机に突っ伏して、一言も発していなかった。


277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:38:24.26 ID:+UZ/pLeq0
律「なんか、連休前で、息切れしてるんだってさ」

梓「はぁ…」

紬「はい、唯ちゃん。ここ、置いておくね」

唯「ん…」

少し顔を上げる。

唯「ひゃっほうっ、今日はチーズケーキなんだねっ!」

ケーキを目の前にして、今まで伏せていた上体を勢いよく起こしていた。

澪「いきなり元気になったな…」

律「現金な奴…」

―――――――――――――――――――――

春原「おい、部長。ちょっとラジカセ貸してくんない?」

律「あん? どうすんだよ」

春原「これをかけようと思ってね」

ポケットからカセットテープを取り出す。

春原「ボンバヘッ聴きながら、ムギちゃんの用意してくれたお茶を飲む…」


279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:39:53.66 ID:jpDSDOMkO
春原「これ以上のくつろぎ方はこの世に存在しないね」

律「いや、いいけどさ…ボンバヘッってなによ?」

春原「かぁ、知らねぇのかよ、あの有名なHIPHOPの最高峰を」

春原「おまえ、それでも軽音部部長かよ」

律「いや、聞いた事ないからさ…みんな知ってるか?」

唯「知らなぁい」

澪「私も…」

紬「私も、ちょっと…」

梓「私も聞いたことないです」

春原「ええ、マジ? じゃ、この機会に知っておいたほうがいいよ」

春原「部長、ラジカセまだかよ」

律「物置にあるから、自分で取ってこい」

春原「ちっ、気の利かねぇ奴だな」

律「おまえのために動く道理なんかねぇよ」

春原は物置に入っていくと、ややあってラジカセを手に戻ってきた。


280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:40:31.33 ID:+UZ/pLeq0
春原「んじゃ、かけるよ」

テープを入れ、再生ボタンを押す。
流れてきたのは、古臭い歌謡ヒップホップ。

朋也(ダッサ…こんなの聴かねぇだろ…)

春原「よくない? ボンバヘッ!」

律「ん、まぁ、なかなか…」

唯「ノリがいいよね」

澪「そうだな。普段、こういう曲はあんまり聞かないけど、いいかも」

紬「うん、なんか、親しみやすいなぁ」

梓「ちょっと古い感じしますけど…逆に新鮮でいいです」

春原「へへ、だろ?」

…意外と好評のようだった。

春原「おまえら、どんどんボンバヘッコピーして、いいバンドになれよ」

律「アホか。私たちの音楽性と違いすぎるわ」

梓「音楽性って…それも、プロみたいでちょっと大げさな気もしますけどね」

唯「でも、おもしろそうじゃない? ボンバヘッ時間とかやってみたらさ」


281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:41:47.79 ID:jpDSDOMkO
律「んなアレンジするかよ…澪だって、歌詞思いつかないだろ、そんなんじゃ」

澪「う~ん…頑張ればできるかも…」

律「できるんかい…」

唯「どんな感じ? 澪ちゃん」

澪「うん…えっと…」

澪「キミをみてると、いつもハートBON☆BAHE…とか…」

静まり返る室内。

澪「………」

律「じゃ、練習しよっか」

唯「そだね」

梓「やってやるです」

紬「頑張りましょうね」

春原「岡崎、せんべいちょっとわけてよ」

朋也「いいけど」

澪「ちょっと待てぇっ!」


282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:42:13.64 ID:+UZ/pLeq0
律「どうしたんだよ、澪。んな大声出しちゃって」

澪「なんでなかったことにされてるんだよっ!」

律「いや、だって、すげぇ微妙だったし…」

澪「仕方ないだろぉ! 即興だったんだからっ!」

律「にしてもなぁ…」

澪「うぅ…じゃあ、納得できるもの書いてきてやるっ」

澪「春原くん、後でテープダビングさせてっ!」

春原「あ、ああ、いいけど…」

律「澪ちゃ~ん、そこでまでしなくていいからなぁ~…」

―――――――――――――――――――――

練習が始まり、俺たちは暇になる。
今残っている茶を飲み干せば、退散を決め込むつもりだった。

春原「う~ん…まだか…」

春原がなにやらラジカセのアンテナをしきりに動かしていた。

朋也「なにやってんの、おまえ」

春原「みてわかんない? ラジオ聴こうとしてんだよ」


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:43:32.82 ID:jpDSDOMkO
朋也「いや、わかるけどさ、なんで琴吹に向けてんの」

ちょうど、胸のあたりに照準を合わせているような…

春原「どうせなら、ムギちゃんのおっぱいを通った電波受信したいじゃん」

朋也「あ、そ…」

こいつは絶対アホだ。

春原「うぉおおおっきたきたぁっ!」

じりじりとラジカセが音を立て始める。
内容は、情報番組のようだった。

春原「ちっ、なんだよ、つまんねぇチャンネルだなぁ」

春原「せっかくムギちゃん通してんだから、ムギちゃんのおっぱい情報を事細かに伝えろよなぁ」

朋也「琴吹の前に、どっかのおっさんを5、6回経由してきたようだな」

春原「マジで? それ、やべぇよ」

春原「くそぉ、知りてぇえええ! ムギちゃんのおっぱい秘話っ!!」

がんっ

春原「イテぇっ!」

ドラムスティックが春原の顔面に直撃していた。


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:44:04.31 ID:+UZ/pLeq0
律「変態発言はよそでやれ、アホっ!」

部長が投げ放った物のようだ。

春原「顔面狙うことないだろ、クソデコっ!」

律「黙れ、変態ヘタレ野郎っ!」

悪口の応酬が始まる。
平沢たちは部長を、俺は春原をなだめ、なんとか場を収めた。

律「ったくぅ…ムギもなんとか言ってやれよぉ」

律「こいつ、ムギにすげぇやらしいことしてたんだぜ?」

律「セクハラだよ、セクハラ」

春原「いや、そういうつもりじゃ…」

春原「ちょっとしたジョークだよ。ムギちゃんなら、わかってくれるよね?」

紬「えっと…もう少しで、立件できそうなの」

春原「前々から準備進めてたんすかっ!?」

律「わははは!」

―――――――――――――――――――――

結局、最後まで居座ってしまい、一緒に下校することになってしまっていた。


285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:45:38.15 ID:jpDSDOMkO
春原が寮に戻り、俺ひとりが女集団の中に残されたので、やはり少し離れて歩いた。
目の前では、平沢たちが楽しげに会話をしている。
部長と平沢がボケて、秋山と中野がつっこみを入れ、琴吹が笑う。
役割が大体決まっているのだろうか。よく見かける構図だった。

澪「岡崎くん」

話がひと段落ついたのか、輪から抜けて、秋山が俺に近寄ってきた。
他の奴らは、次の話題に移っているようだった。

朋也「なんだ」

澪「今ね、みんなで星座占いやってたんだけど…」

言って、持っていた携帯に目を落とす。

澪「よかったら、岡崎くんもやってみない?」

朋也「俺?」

澪「うん。興味ないかな、やっぱり…」

少し寂しそうな顔。
確かに、別段興味はなかったが…
こんな顔をされては、断る気にもなれない。

朋也「さそり座」

澪「え?」


286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:45:59.63 ID:+UZ/pLeq0
朋也「俺の星座だよ。占ってくれるんだろ」

澪「あ…うんっ」

表情をぱっと明るくして、携帯を操作する。

澪「えっとね…」

澪「今日のあなたは超絶好調☆誰にも止められない☆邪魔者はみんな叩き殺しちゃえ☆」

澪「…ということだそうです」

…どんな占いサイトだ。

澪「あはは…よかったね…すごく運いいみたいだよ…」

秋山もその結果に、とういうか、文章にうろたえているのか、声がうわずっていた。

朋也「ああ…みたいだな。まぁ、すでに今日も後半に入ってるけどさ」

澪「あはは…そうだね…」

朋也「はは…」

澪「あはは…」

意味もなく笑う俺たち。

澪「あの…相性占いもしてたんだけど…やってみる?」


287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:48:54.72 ID:jpDSDOMkO
口直しに、とでもいうように、そう訊いてきた。

朋也「相性って…俺と、誰を?」

澪「誰でもいいよ。名前と、誕生日を知ってる人なら」

澪「春原くんとか、どう?」

朋也「いや、あいつは、俺の中でまだ顔と名前が一致してないくらいの仲だしな」

朋也「相性なんて、どうでもいいよ」

澪「そ、そんな他人みたいな…ひどいなぁ…あんなに仲いいのに」

朋也「よくない」

澪「素直じゃないんだね」

朋也「本音だ」

澪「あはは…そういうことにしておくね」

澪「じゃあ、春原くん以外で、誰かいる?」

朋也「そうだな…」

俺の交友関係なんて、あいつを除けば、ほとんど無きに等しい。
改めて考えてみると、俺って、かなり寂しい奴なんじゃないだろうか…。

澪「もし、よかったら…私たちの内の誰かでもいいよ」


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:49:33.45 ID:+UZ/pLeq0
朋也「おまえでも?」

澪「え、わ、私? 私なんかで、いいの…?」

澪「岡崎くん、唯と仲いいし…その…相性知りたいんじゃないかなって…」

また平沢との疑惑が持ち上がってくるのか…。
これももう何度目だろうか。
まぁ、今となっては、俺自身、そんなに嫌でもなかったが…

朋也「おまえとにするよ」

だが、露骨に俺から近寄っていくのも、何か違う気がした。
第一、平沢は、その気がないとかつて言っていたこともあるのだ。
だから、今のままが一番いいと思う。

澪「…う、うん、わかった…じゃあ、私とで…」

携帯の画面と向き合い、カチカチと入力していく。

澪「岡崎くん、誕生日は?」

朋也「10月30日」

澪「10月…30…」

俺の返答を聞くと、また画面に目を戻し、入力を始めた。

澪「名前の、ともや、ってこの字でいいかな?」


290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:52:14.75 ID:jpDSDOMkO
画面を俺に見せてくる。

朋也「ああ、いいよ」

澪「えっと…朋也っと…」

澪「血液型は?」

朋也「A型」

澪「Aっと…」

澪「それじゃあ…」

カチッと一押しする。
最後の入力が終わったようだ。

澪「あ…出てきた…」

幾ばくかの間があって、そう声を上げた。

澪「………」

画面をじっと見つめたまま何も言わない。
言い辛い結果だったんだろうか。

朋也「どうだったんだ」

澪「うん…えっと…」


291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:53:17.59 ID:+UZ/pLeq0
澪「…話す内、お互い、気を許し合えることがわかります」

澪「長年に渡って、良きパートナーとなれるでしょう…」

澪「…って、ことなんだけど…」

朋也「ふぅん、結構よさげじゃん」

澪「う、うん、そうだね…」

澪「それで…男女ペアだったから、もうひとつあるんだけど…」

男女ペア特有の相性…それは、やっぱり…

澪「あの…恋愛相性…なんだけど…」

…そうなるか。

澪「き、興味、あるかな…?」

頬を赤らめながら訊いてくる。

朋也「あ、ああ…まぁ、一応」

仮にも、秋山は美人の部類である女の子だ。
そんな奴との相性が気にならないと言ったら、それは嘘になる。

澪「じ、じゃあ、言うよ…えっと…」

澪「…お互いの精神的弱点を補い合い、成長できる恋愛が出来そうです」


292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:55:19.55 ID:jpDSDOMkO
澪「強さと繊細さを持ち合わせた理想のカップルとなれるでしょう…」

澪「………」

言い終わると、口をきゅっと結び、目を泳がせながら押し黙ってしまう。

朋也「あー…俺たち、相性いいみたいだな」

つとめて淡白な素振りを意識して、軽い口調で言った。
所詮アルゴリズムで弾き出された答えだ。
気負うことはないと、そう伝えたかったからだ。

澪「う、うん、そうだね…」

俺の意思が通じたのか、秋山も笑顔を作ってそう返してくれた。

澪「あの…岡崎くんってさ…」

朋也「うん?」

澪「えっと…」

グサ

下腹部に違和感。

澪「あ…」

朋也「…ん?」


293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:55:54.50 ID:+UZ/pLeq0
秋山から視線を外し、下にさげていく。
…股間に枝が突き刺さっていた。

朋也(なぜ…)

ゆっくりとその先に視線を這わせていくと、中野が呆れた顔で突っ立っていた。

梓「まったく、ちょっと目を離すとすぐふたりっきりになろうとする…」

梓「最低です」

朋也「いや、まずこの枝どけろよ」

言って、振り払う。
が、すぐにまた戻される。

澪「あ、梓、やめなさい」

梓「だって、澪先輩がこのけだものに襲われてたから…」

澪「そんなことされてないから、やめなさい」

梓「…はい」

しぶしぶ枝を自然に還していた。
まぁ、ただ捨てただけなのだが。

梓「岡崎先輩、後ろの方でこそこそといちゃつくのはやめてください」

朋也「んなことしてねぇって」


295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:57:34.93 ID:jpDSDOMkO
澪「そ、そうだぞ、ただ私が話しかけて…」

梓「澪先輩、だまされちゃだめですっ」

澪「はうっ…」

その迫力に気圧される秋山。

梓「気を許させて、そこから一気に畳み掛けるつもりなんですからっ」

梓「岡崎先輩、卑怯ですよ、こんな純情な澪先輩まで毒牙にかけようなんてっ」

朋也「ただトークしてただけだっての…」

梓「そんなに女の子とふたりっきりで話したいんですかっ」

朋也「いや、俺は…」

梓「そういうことなら…私…私が犠牲になるので、先輩たちに手を出さないでくださいっ」

朋也「じゃあ、おまえとならいちゃついてもいいってことかよ」

梓「な、なななっ…」

梓「…そ、それで岡崎先輩が大人しくなるなら…我慢しますです…」

澪「あ、梓…」

律「おーおー、敬語が雑になるくらい動揺しちゃって…」


296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:58:02.00 ID:+UZ/pLeq0
紬「あらあら、梓ちゃんったら…」

いつの間にやら部長と琴吹も集まってきていた。

律「まさか、梓まで攻略するなんてな…岡崎、おまえ、すげぇよっ」

梓「ななな、なに言ってるんですかっ! そんなことされた覚えありませんっ!」

律「だってさぁ、岡崎が他の女といちゃつくの嫌なんだろ?」

律「それで、今、独占しようとしてたじゃん」

梓「違いますっ! あくまで身代わりになろうとしてただけですっ!」

律「ふぅん、身代わりねぇ…いひひ」

梓「り、律先輩っ! 変な笑い方しないでくださいっ」

律「いやぁ、おもしろくなってきましたなぁ、ムギさんや」

紬「そうですねぇ、りっちゃんさん」

梓「む、ムギ先輩までっ…」

声「おお、すごぉいっ!」

前方で声。この場に居合わせた全員が前を向く。

唯「りっちゃんとトンちゃんの相性ばっちりだよっ…って、あれ?」


298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:58:59.94 ID:jpDSDOMkO
唯「なんでみんなそんな後ろの方にいるの?」

平沢がひとり、こちらを振り返ってきょとんとしていた。

律「あいつは…なにとあたしの相性占ってんだよ…」

唯「ほら、りっちゃんみてみて、トンちゃんとの相性!」

とてとて走ってくる。

唯「すごいフィーリングだよっ。よかったねっ」

唯「りっちゃん、私たち全員と相性微妙だったからっ」

律「それは言うなぁっ!」

バックを取り、チョークスリーパーをかける。


299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:59:19.63 ID:+UZ/pLeq0
唯「うわぁん、ごめんなさぁいっ」

騒ぎ出すふたり。

澪「…はぁ」

秋山が俺の隣でため息をついていた。
そういえば、中野が現れる前、なにか俺に言おうとしていたような…

朋也「なぁ、さっきなにか言いかけてたけど、なんだったんだ」

澪「ん? うん…いいの、なんでもない」

朋也「あ、そ」

澪「うん…」

間が空いて、興がそがれてしまったんだろうか。
何を言おうとしていたのか…少しだけ気になった。
それは、こいつの横顔が、やたらと儚げにみえたからだろう。
物憂げな表情も、こいつなら絵になるものだと…
この時、俺は単純に感心していた。

―――――――――――――――――――――


301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:00:19.85 ID:+UZ/pLeq0
5/1 土

唯「ふでぺーんふっふー♪ ぐふふ」

憂「お姉ちゃん、きのうとは別人のようにハイテンションだよね」

唯「まぁね~。明日からは黄金週間だしね~おもいっきりだらだらするんだぁ」

憂「でも、お父さんとお母さんが帰ってくるから、家族で出かけるんだよ?」

憂「話、聞いてたでしょ?」

唯「え? うん、まぁ…」

憂「忘れちゃってた?」

唯「いや、えっと…覚えてたよ…うん…」

声のトーンが落ち、濁したように答えていた。

唯「………」

俺の顔色を窺うように、ちらりと見上げてくる。
目が合っても、逸らそうとはしない。
その瞳には、なにか複雑な色をたたえていた。
…ああ、そうか。今、わかった。
平沢は、俺を気遣ってくれているのだ。
こいつには、うちの家庭環境を話していたから、それで。

朋也(そういうことには敏感なんだよな、こいつは…)


302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:01:48.40 ID:jpDSDOMkO
俺は平沢の頭に手を乗せ、ぽむぽむと軽く触れた。

唯「…ん、なに? どうしたの?」

朋也「いや、なんでも」

唯「?」

―――――――――――――――――――――

………。

―――――――――――――――――――――

昼。

律「ったく、なんでネタ被らせてくんだよ、ばか」

春原「僕の方が先に食券買ってただろうがっ! おまえが加害者で、僕が被害者だっ」

律「ごちゃごちゃうっせぇやい、りっちゃんちゃぶ台返し食らわすぞっ!」

今回のいざこざは、ふたりが同じメニューを購入してきたことに端を発していた。
部長は普段、弁当食なのだが、気分を変えたかったらしく、今日は学食を利用していたのだ。

春原「んな言いにくい技、僕には通用しねぇってのっ」

律「なんだとぉ! じゃあ、食らわせてやるよっ」

腕まくりする部長。


303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:03:25.90 ID:jpDSDOMkO
律「死んでからあの世で後悔するんだなっ」

唯「まぁまぁ、落ち着きなよ」

平沢が肩にぽん、と手を乗せる。

唯「おんなじもの選ぶってことは、それだけ気が合うってことだよ。だから、仲良くしなきゃだめだよ?」

律「気も合わないし、仲良くもしねぇってのっ。あんまりおぞましいこと言うなよなぁ」

律「こんなヘタレなんかと一緒にされた日にゃ、くそ夢見悪ぃよ」

春原「あんだとっ! てめぇ、あとで便所裏こいやぁっ!」

朋也「それが男子便のことを指すなら、裏は女子便ってことになるな」

春原「えぇ? それ、マジ?」

そのつもりで言っていたようだ。

律「なんてとこ呼び出そうとしてんだ、この変態っ!」

春原「ち、ちが…そ、そうだ…体育館裏こいやぁっ!」

朋也「告白でもするのか? あそこ、告りスポットで有名だぞ」

春原「マジかよっ!?」

律「うわ…勘弁してよ…」


304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:03:57.04 ID:+UZ/pLeq0
春原「くそ、勘違いするなよ…えっと…えっと…」

朋也「校庭に生えてるでかい樹の下でいいんじゃないか。なんか伝説あるみたいだし」

春原「そ、そうか…じゃあ…」

春原「校庭にある伝説の樹の下までこいやぁっ!」

朋也「敬語のほうが丁寧で印象もよくなるし、来てくれる確率もあがるんじゃないか」

春原「そ、そっか、じゃあ…」

春原「校庭にある伝説の樹の下まで来てくださいっ!」

春原「って、こっちの方が告ろうとしてるようにみえるだろっ!」

朋也「成功したら、次は実家に呼び出せよっ」

ぐっと親指を立ててみせる。

春原「なんだよそのさわやかさはっ! つーか、展開早ぇよっ!」

律「最低…そんな目であたしをみてたんだ…キショ…」

春原「あ、てめぇ、勘違いすんなよ、こらっ!」

唯「春原くん、大胆だねっ」

春原「ああ? だから、違うって言ってん…」


305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:04:34.82 ID:+UZ/pLeq0
紬「頑張って、春原くんっ」

春原「って、え゛ぇえっ!? ムギちゃんまで…」

朋也「よかったじゃん、追い風吹いてるぞ。本人には拒否されてるけど」

春原「岡崎、頼むからもうおまえは喋らないでくれ…」

―――――――――――――――――――――

………。

―――――――――――――――――――――

放課後。

紬「あの…ちょっとみんなに見てもらいたいものがあるんだけど…」

いつものように茶をすすっていると、琴吹がおもむろに口を開いた。

春原「うん? なにかな? もしかして、おっぱ…」

律「黙れ、変態っ」

ぽかっ

春原「ってぇな…」

律「それで、ムギ、なに? みせたいものってさ」


306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:06:14.65 ID:jpDSDOMkO
紬「うん…マンボウ改、なんだけど…」

律「マ、マンボウ改…?」

唯「ムギちゃん、なに、それ?」

紬「ほら、一年生の時に、クリスマスパーティーやったじゃない?」

紬「あの時、一発芸で私が披露した、あれの改良版なの」

唯「あ、ああ、なるほどねぇ~…」

澪「あ、あれか…」

とすると、二年前のことなんだろう。
俺と春原にはさっぱりわからない話だった。

梓「なんなんです? マンボウって」

…ああ、こいつもか。

澪「いや、口じゃちょっと説明しづらいっていうかだな…」

梓「そうなんですか?」

澪「ああ…」

律「しっかし、なんでまたそんなものを…」

紬「鏡みてたら、急に思い出しちゃって…」


307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:06:34.38 ID:+UZ/pLeq0
紬「それで、ひとりで思い出し笑いしてたら、新しい案が閃いちゃったの」

紬「で、完成型を今日みんなにみせるために、98429回は素振りしてきたのよ」

澪「す、素振りって、マンボウをか…?」

律「しかも、その回数かよ…」

唯「すごいポテンシャルを持ってるね…さすがムギちゃんだよ…」

紬「あ、ごめんなさい。そのくだりは嘘なの」

ずるぅっ!

天使のような笑顔で言われ、みな転けていた。

律「あ、そですか…」

紬「でも、マンボウ改が生まれたのは本当よ。みてくれるかな…?」

春原「僕は喜んで見るよっ」

紬「ほんとに?」

春原「うん。めちゃみたいよっ」

梓「私も興味あります」

唯「わ、私もあるかなぁ~…あはは~…」


308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:08:04.65 ID:jpDSDOMkO
澪「そ、そうだな、ある意味見てみたいかも…」

律「ほどほどにな、ムギ…」

紬「それじゃあ…」

ステージに登るようにして、俺たちの前に立つ。
目を閉じて、一度深呼吸…
腹を決めたのか、かっと見開いた。

紬「マンボウのマネっ」

口の中いっぱいに空気を含み、頬を膨らませ、手でヒレの部分を再現していた。
シュールだ…

朋也(つーか…)

…顔がおもしろい。

梓「え…」

春原「はは…」

初見のこのふたりも、ある種ぶっ飛んだこのネタについていけていないようだった。

紬「…改っ!」

叫び、手で虎爪を作って腕をひねらせながら前に突き出した。
そこで動きを止め、微動だにしなくなった。
どうやら、ここで終わりのようだ。


309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:08:30.27 ID:+UZ/pLeq0
………。
皆、唖然とした表情で、口をあけてぽかんとしていた。

律「ムギ、今のは…?」

紬「威嚇よ」

体勢を元に戻し、一仕事やりとげたいい顔でそう答えた。

律「い、威嚇…」

澪「マンボウって威嚇するのか…?」

唯「っていうか、攻撃してたよね?」

律「ああ、こう、腕が敵にめり込んでたっていうかさ…」

律「マンボウの面影がまったく残ってない攻撃方法だったよな」

梓「絶対あのマンボウは生態系の頂点にいると思います」

次々にダメ出しされていく。

紬「…ダメ、だったかな…」

顔を伏せ、しょぼくれる琴吹。

春原「さ、最高だったよ、ムギちゃんっ!」

春原の苦し紛れの賛辞が飛ぶ。


310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:09:49.78 ID:jpDSDOMkO
律「あ、ああ、言うほど悪くなかったぞ、ムギっ」

澪「う、うん、再現度高かったぞっ」

唯「だよね、一瞬マンボウが陸で二足歩行してるのかと思っちゃったよっ」

梓「す、すごくハイレベルな芸でしたよ。二発目以降も十分ウケると思いますですっ」

それに続き、部員たちのフォローが入る。

紬「…よかったぁ♪」

その甲斐あってか、もとの明るい表情を取り戻していた。

紬「じゃあ、アンコールにこたえて、もう一回…」

律「い、いや、もういいよっ」

律「…っていうか、アンコールしてないし…」

小声で言う。

澪「そんなに連続してやったら、ムギの体がもたないだろ?」

澪「休憩したほうがいいぞ、うん」

紬「そう…?」

唯「アンコールには、りっちゃんが代わりにこたえてくれるんだって」


311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:10:19.51 ID:+UZ/pLeq0
律「私かいっ」

唯「がんばって、りっちゃん」

澪「がんばれ、おまえの腕の見せ所だぞ」

律「あたしゃ芸人かい…」

律「でも、急に言われてもなぁ…ネタが…」

梓「ムギ先輩に倣って、マネシリーズでいいんじゃないですか」

律「マネか…う~ん、それもそうだな。じゃあ、なにがいいかな…」


312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:11:42.45 ID:jpDSDOMkO
律「ウケるには、滑稽な生き物がいいだろうから…」

律「む…そこから導き出される答えはただ一つ…春原、ってことになるな」

春原「あんだと、てめぇっ」

朋也「それはやめといた方がいい。難易度が高すぎる」

春原「そうだよ、こいつに僕のマネなんかできるわけないからね」

春原「滑る前に、無難なのにしといたほうがいいぜ、ベイベ?」

朋也「春原を再現しようと思ったら、白目向いて、痙攣しながら泡吹かなきゃいけないからな」

春原「って、なんでだれかにヤられた後なんだよっ!」

律「わははは!」

―――――――――――――――――――――


朋也「軽音部? うんたん?」2-4

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。