FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「臭い、不潔、近寄らないで」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:44:15.77 ID:YUeBAJ+4O [1/18]

憂「お姉ちゃん。私ね、聡くんと付き合ってるの」

唯「へぇー」

唯「……へ?」

憂「聡くんのことは知ってるよね?」

唯「う、うん」

憂「恋人が欲しいなぁって律さんに相談したら、弟を紹介してやるって言われてね」

憂「それで……付き合うことになったんだ」

唯「い、いつから……」

憂「2ヶ月くらい前かなぁ」

唯「……なにか、そういうことはしたの?」

憂「実はね、昨日……」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:47:09.97 ID:YUeBAJ+4O

憂「えっち、しちゃった」

唯「うっわ……」

憂「でも、ちゃんとゴムとかしたからね?」

唯「……」

唯「汚い……」

憂「そんな風に言わないでよ、お姉ちゃん」

唯「うるさいなぁ……話しかけないでよ」

憂「……」

唯「何? じゃあこのお夕飯のハンバーグはさ」

唯「きったない男の手とかアレとか握った手で作ったんだ」

唯「……最低だよ憂。そんな人間だと思わなかった」

憂「けど、手も体もちゃんと洗ったし……」

唯「そういう問題じゃ……う、うろぇっ」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:50:03.97 ID:YUeBAJ+4O

憂「だ、大丈夫お姉ちゃん!?」

唯「近付かないで!」

憂「っ!」

唯「けがらわしいよ憂! こんりんざい私に触らないで!」

唯「見損なったよ……男と付き合うなんて」

憂「だって」

唯「喋るな!!」

唯「私に声をかけない、私の物に触らない、私の視界に入らない」

唯「出来ないなら出ていって。臭いんだよ」

憂「……わかった」

憂「できるように頑張るね」

唯「全くほんとに……ペッ」

唯「私、コンビニでご飯買ってくるから。あと明日からご飯用意しないでね」

憂「……うん」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:53:09.68 ID:YUeBAJ+4O

――――

唯「あー気分悪い……」

唯「……」

唯「わかってるんだよ、私だって」

唯「本当に気持ち悪いのは私のほうだって……」

唯「……」

唯「だけど……」

唯「なんにも言わないで、勝手に男と付き合って……そのうえ、ぇ」

唯「う、いっの……ばかぁ……」

唯「ひっ、ふ……ううぅ」

唯「……っ、はあぁー」

唯「……」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:56:01.69 ID:YUeBAJ+4O

唯「肉まんふたつください」

唯「あ、はい」

唯「どうも」

唯「はぁー。ほっかほかぁ」

律「だなぁ」

唯「……私の肉まん」

律「まぁ良いじゃん」

唯「105円と言い換えてもいいよね」

律「なんか飲む?」

唯「午後ティー」

唯「ミルクだよ」

律「おっけ」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 11:59:01.91 ID:YUeBAJ+4O

唯「……」

唯「おいし……」

唯「う、げほっ」

唯「はぁ……はふっ」

唯「……んぐっ、んっ」

唯「……はぁっ」

律「ほい」

唯「紙パック……」

律「105円って言ったろ」

唯「そうだね。っよいしょ、と」

唯「ちゅうー」

律「肉まんもう食ったのか」

唯「うん」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:02:03.59 ID:YUeBAJ+4O

唯「あ」

唯「こんばんは、りっちゃん」

律「あぁ、おっす」

唯「こんな時間にどうしたの?」

律「なに、ちょっとな……」

律「夜の散歩だよ」

唯「澪ちゃんがやりそうなことだね」

律「実際やってるけどな、澪」

律「唯こそどうした?」

唯「私は」

唯「ちょっと、憂が出かけてて、ご飯がねっ」

唯「無くって……」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:05:17.18 ID:YUeBAJ+4O

唯「はああぁーっ……」

律「うん……」

唯「……りっちゃんさぁ」

唯「なんであんなことしたの?」

律「……ただ、できることをしただけだよ」

律「最終的には、それが憂ちゃんの意志だったんじゃないのかな」

唯「自分は関係ないって?」

律「私はただ、聡の名前を出しただけだしな」

律「そっから先は、憂ちゃんの気持ちなんだろうよ」

唯「……」

唯「そっか」

律「唯さ、泣いてただろ」

唯「ちょっとね」

律「いや、びえんびえん」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:09:03.18 ID:YUeBAJ+4O

律「目が真っ赤だ」

唯「ブレーキランプだよ」

律「なら、赤くしちゃだめじゃないか?」

唯「どうかな」

唯「ほんとはアクセル全開で飛ばしたいけど」

唯「信号は赤なんだと思う」

唯「だって二人も人が通ってるもん」

律「そうだなぁ」

律「じゃ、信号が青だったらどうするんだ?」

唯「……」

律「ぷっぷー」

唯「進む、かな」

唯「青になったなら、だけど」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:12:05.71 ID:YUeBAJ+4O

律「ほほぉう」

律「わかった」

唯「……ちゅー」

唯「ごくん」

律「リッター210円」

律「高いなぁ」

唯「でも、よく走れそう」

唯「なんかありがとね」

律「なぁに」

律「唯の気持ちがそうだってんなら」

律「私は平等に機会をやりたいだけだよ」

唯「平等、かなぁ」

律「あぁ。しごく平等だ」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:15:01.41 ID:YUeBAJ+4O

律「アンフェアな部分があるとしたら」

律「唯は何も知らないってことかな」

唯「私は何も知らない?」

唯「どういうこと?」

律「さてな。それを知るために、走るんじゃないか?」

律「ぷっぷっぷー」

唯「後ろからクラクションが鳴ってるね」

律「きっと青信号なんだよ」

唯「そうなのかな」

唯「ううん、そうだよね」

唯「じゃあ、また明日」

律「あぁ。車に気をつけてゆっくり帰れよ」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:18:05.22 ID:YUeBAJ+4O

――――

唯「ただいまー」

唯「たーだいーまー」

唯「……あ、そうか」

唯「対向車線じゃすれ違うしね」

唯「……ここらへんまでにしとこうかな」

唯「うんしょ、うんしょ……」

唯「憂の部屋って遠いなぁ」

唯「さてと……」

唯「すぅー、ふぅー」

唯「うい、いるー?」

唯「……」

唯「あけて、ういー」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:21:01.89 ID:YUeBAJ+4O

唯「ういー?」

唯「ん、あれっ」

唯「くのっ、このっ」

唯「うぅー……」

唯「……」

唯「しょうがないな」

唯「姉の特権、部屋の合鍵」

唯「あなたには助けられてばっかりですよ、ほんとに」

唯「よし、開いた」

憂「っ……」

唯「……」

唯「いま、何隠したの?」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:24:06.26 ID:YUeBAJ+4O

憂「……」

唯「喋っていいから」

憂「……なんでもない、よ?」

唯「携帯だね。充電のコード出ちゃってるよ」

憂「あう……」

唯「誰と電話してたの?」

憂「それは……その」

唯「ふんっ」

憂「ああっ」

唯「最新は着信履歴、りっちゃんからか」

唯「ちょっと前にはりっちゃんに発信もしてるね」

憂「う、うん。ちょっとね」

唯「ちょっと?」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:27:05.64 ID:YUeBAJ+4O

憂「……ううん、ちょっとじゃないや」

唯「だよね」

唯「よかった」

憂「……もしかして」

憂「律さんから、ぜんぶ聞いた?」

唯「ううん、なんにも」

憂「そっか……」

憂「私は、ぜんぶ聞いちゃったんだ」

憂「ずるいかな、私」

唯「うん、すごくずるい」

唯「私はいま、すごくすごく不安なのに」

唯「憂にはこれから私が言う言葉、わかってるんだね」

憂「そうだね。……ごめんなさい」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:30:07.03 ID:YUeBAJ+4O

唯「いいよ」

唯「抱きしめてくれたらね」

憂「……ん」

憂「はい」

唯「……あったかい」

唯「ねぇ、憂。いいかな」

憂「うん。いいよ……」

唯「……聡くんと別れて」

唯「私のものになって」

憂「あとのお願いはいいけど」

憂「一つ目は、きけない」

憂「だって……私は聡くんと付き合ってないもん」

憂「そもそも、会ったこともないんだ」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:33:05.53 ID:YUeBAJ+4O

唯「……なぁんだ」

唯「つまり、作戦だったんだね」

憂「うん。律さんと手を組んでね」

憂「予想以上にお姉ちゃんが怒っちゃって、すごく焦ったけど」

唯「怒ったんじゃないよ。嫉妬したんだ」

唯「私の方が、ずっとずっと憂を欲しかったのにっ」

唯「くやしくて憎くて、私」

憂「お姉ちゃん、ちょっと苦しいよ……」

唯「あ、ごめん……」

憂「……それで?」

唯「うん」

唯「だけど、りっちゃんに励ましてもらって」

唯「私は、聡くんから憂を奪うって決めたんだ」

唯「そしたらこのオチだもん」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 12:36:32.99 ID:YUeBAJ+4O

憂「えへへ……ごめんね」

唯「ううん、いいんだよ憂」

唯「大好きだもん」

唯「うい、お返事きかせて」

憂「……」

唯「あ」

憂「ちゅ」

唯「……」

憂「言葉にするのは難しそうだったから……」

憂「……これで」

唯「うい……」

唯「……うん、伝わったよ」


 おわり。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。