FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯・律「大学落ちた…」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:34:40.84 ID:tq6sLSPWO [1/78]
大学に落ちてから一年
私とりっちゃんはここボロアパートで二人暮らしをしている。いわゆるルームシェア。というやつだ
そして生計をたてる為、内職やバイトを繰り返し、時間の空きを見つけては二人でストリートライブを行い実力を磨き続けていた



みたいなの頼んだ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:13:59.77 ID:tq6sLSPWO
唯「ただいま~」

律「おかえり」

玄関をくぐるとりっちゃんの声といい匂いが私を迎えてくれた。この匂いは…

唯「今日はシチューだね!?」

律「隠し味は愛情ですわよ奥さん」

唯「わ~い」

日に日に上達するりっちゃん。イイ奥さんになれそうだなぁ

唯「りっちゃんホント凄いよ。イイお嫁さんになれるね」

律「よせやい。…まぁ何だ、本気でミュージシャンを目指そうって言い出したのは私だし。…責任感じてんだぜこれでも」

唯「りっちゃん…」

律「だから、さ。私に出来る事は可能な限りやりたいんだよ」

唯「…だめ!」

律「…え?」

唯「一人で背負い込んじゃ駄目だよ!りっちゃん!」

律「唯……へへ。ありがと」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:19:33.20 ID:tq6sLSPWO
唯「あわわ」
居間の中心に寂しく置かれたちゃぶ台。その上には恐らく内職の物であろう何かが乱雑に放置されていた

唯「りっちゃーん。これ、腕の関節を繋げばいいのぉ?」
右腕の無いお人形を掴み取る

律「そだよー」

唯「ふふん。簡単だね」
パキッ

唯「……」

律「ふー。出来たぞ」
二人分のシチューを持ちながらりっちゃんが居間までやってきた

律「唯、その人形が入ったダンボールどかして」

唯「…」

律「唯?」

唯「はっ!あ、アイアイサー!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:26:02.83 ID:tq6sLSPWO
律「あらら、壊しちゃったのか」
隠し事はよくないよね…

律「ま、仕方ねーよ。次から気、つけてな」

唯「あぐあぐ…ぁい」

律「食べながらしゃべらない。ほら、ほっぺにシチューついてる」
どこから取り出したか、ハンカチで私のほっぺをスリスリするりっちゃん

唯「…ぁう」

律「ははは、全く、唯はいつまでたっても子供みたいだよな」
りっちゃんは日に日にイケメンになってくね

唯「むー」

律「むくれるな、むくれるな。そこが唯のイイところでもあるんだし」

唯「…えっ」

律「可愛いって事だよ」

唯「あ…あ…ぅ」
はい来ましたいただきました!!天然!天然ジゴロ!

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:32:17.69 ID:tq6sLSPWO
唯「私が洗うよ」
食べ終わった食器に腕を伸ばそうとした時、りっちゃんが同じように腕を伸ばして、割に入った

律「いいよ、唯はバイトで疲れてるんだし」

唯「駄目だよ。りっちゃんは炊事洗濯、内職までやってるじゃんか。それだって疲れるでしょ」

律「むむぅ。あ……じゃあ、さ」
唯「はい」

律「一緒にやろうぜ」

唯「むー。少しは楽、してほしいんだけどなぁ…」

律「そこは譲れない。楽しい事も、辛い事も、その他全部、半分こだ」

唯「……」
顔が火照ってくのが自分でもわかる。あぁだめだ。りっちゃん最高やで

律「唯?」

唯「はいぃ!?」

律「どうしたんだよ…まぁいいや。皿洗い終わったら、一緒に風呂はいろーぜ!」

唯「イエス」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:38:11.64 ID:tq6sLSPWO
唯「りっちゃん肌綺麗だね…ハァハァ」
視界いっぱいに広がるりっちゃんの背中。これはたまりませんね

律「唯には負けるよ~。てなんか鼻息荒くないか」

唯「ハァハはっ!き、気のせい気のせい」

律「そか」

唯「あーん手が滑った~」
私の手がりっちゃんのわき腹を通り胸へと動く。ふっ、貰った…

律「あっ」

唯「!!」
たまりません。お母さんお父さんごめんなさい。唯は変態でした

律「やったなぁ~」
そして計算通り。こうすればりっちゃんは仕返しとばからに私の胸を揉んでくる。これで合法的(?)にちちくりあうことが出来るのだ

唯(エヘヘ…)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:47:11.68 ID:tq6sLSPWO
唯「りっちゃん寝た~?」
背中越しに伝わる大好きな人の温もり
りっちゃんは布団をもう一人分買おうと言ったのだが、私が頑なに断ったのだ
「私は別に一緒で平気だよ。それに置き場所にも困るし、ね」と言った具合。
まぁ本音としては「りっちゃんと…毎日添い寝!!」なのだが。そんな事言えるはずもなく
律「ん~おきてるー」
眠そうに返事をするりっちゃん

唯「…ねぇりっちゃん」

律「んぁ」

唯「て、てて…て、手を、手を繋いでも…い、いいかな?」

律「なんだー、怖い夢でも見たか…」

唯「う、うん」
返事と同時に布団の中がもぞもぞと動く
身体ごと振り向くとりっちゃんがこっちを向いた状態だった
唯「あ…」
そして、手に暖かい感触

律「おやすみ…んが」

唯「うん…おやすみ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:56:36.27 ID:tq6sLSPWO
唯「んが」
目を開けるとまぶしい光が私を襲った

唯「朝……む」
同時にいい匂い。そしてリズミカルなトントントンという音

律「起きたか。おはよう」

唯「りっちゃん。えへへ、おはよう」

律「そろそろ朝ご飯出来るからな」

唯「ぁい」
上体を起こし背を伸ばす

唯「んーっ。今日は何時からバイトだったかなぁ」

律「10時。あと二時間はあるな」
トレイを2つ持ったりっちゃんが視界に映った

唯(エプロン可愛い…)

唯「ライブは今週末だよね」

律「そだよ。許可貰ったのはその日。はい、唯の分」
味噌汁に焼き魚に漬け物にご飯にお茶…りっちゃん、完璧やで!

唯「ありがとう。よーし、がんばるぞぉ!」

律「その意気だ、唯!!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:59:39.74 ID:tq6sLSPWO
唯「ごちそうさまでした」

律「お粗末さま。まだバイトまで時間あるな。どうする?」

唯「えーと…あっ」

律「?」

唯「ブラブラしようよ!りっちゃん!」

律「あはは、唯らしいな」

唯「そうと決まればさっさとお片付けだよ!」
トレイを勢いよく持ち上げる

律「元気だなぁ」

唯(デートっデートっ、りっちゃんとデート~)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:05:24.57 ID:tq6sLSPWO
律「何だか視線を感じるな。それも複数」

唯「りっちゃんがイケメンだからじゃない?」

律「あんまり嬉しくねぇな…」
今りっちゃんの頭にあれ…(名称なんだっけ忘れた)がついていない。髪を全部おろした状態になっている

律「唯が可愛いからじゃないか?なーんてな」

唯「て、照れるぜ…」

律「あはは」
りっちゃん、そんな何気ない言葉でも私には大ダメージだからね。気をつけてね。いやまぁ嬉しいんですけどね!!!

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:08:52.11 ID:tq6sLSPWO
律「あ…唯、時間だ」
携帯を開いていたりっちゃんが言う。そう…もう0時の金が鳴るのね…なーんてね

唯「ハニー、行ってくるよ」

律「ダーリン!気をつけて!」

唯「…ぷっ」

律「…ぷっ」
あはははと二人して笑う

唯「じゃあ行ってくるね、りっちゃん」

律「おう。行ってら」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:11:49.95 ID:tq6sLSPWO
律「さて」
家に帰るか。と、そう思った時だった

「律先輩!」
懐かしい声が私を引き止めた。振り向く。そこにはかつての部活仲間がいた

梓「お久しぶりです、律先輩!」
梓だ――――――

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:18:31.28 ID:tq6sLSPWO
梓「お邪魔します」

律「おう」
立ち話もなんだし、家も近かったので、招き入れる事に。何よりも梓が行きたいですオーラを醸し出していた

梓「生活してるって感じですね」

律「そらな。それより…いつ以来だ。卒業して以来かな?」

梓「はい。澪先輩やムギ先輩には結構会ったりしているんですが…お二人は忙しそうだったので声、かけづらかったです」

律「んな寂しい事言うなよなぁ~。可愛い後輩が会いたがってたら会うよ、ちゃんと」

梓「…何だか律先輩、変わりましたね」

律「ん、そう?」

梓「はい。なんだか大人っぽく」

律「そりゃどうも」
そう言ったと同時に、梓のお腹が悲鳴をあげる

梓「そう言えばお昼まだでした」
照れながら、そう言った

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:22:59.54 ID:tq6sLSPWO
梓「先輩、凄いですね」

律「へ?」
面食らったような顔で梓が言う

梓「とっても美味しいです」

律「そりゃどうも」

梓「唯先輩毎日こんなの食べれるなんて…しかも律先輩の手料理ブツブツ」

律「?」
小声でブツブツ呟く梓。よく聞き取れなかった

唯「どーん!!」

律「わっ」

梓「きゃっ」
突然勢いよく開かれる玄関

律「ゆ、唯?!あれ?バイトは?」
唯「クビになりました!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 18:03:23.23 ID:tq6sLSPWO
梓「く、クビ!?」

唯「あれ?あずにゃん?」

律「また落ちたのか~?」

梓「ま、また!?二度目なんですか!?」

唯「ごめんね、りっちゃん。また、すぐ新しいバイト先探すから…」

律「んー。とりあえず落ち着こう。唯、こっち来て座れよ」

唯「う、うん」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 18:09:14.01 ID:tq6sLSPWO
唯「最近失敗続きで…『平沢!お前もう来なくていいよ!』って言われちゃった…」

律「そ、か…」

梓「…」

律「まぁ、あれだ。多分、唯、疲れてるんだよ。慣れない生活だし。そろそろ一年経つだろ?溜まっていた疲れが今になって出てきたんだよ」

唯「そう…なのかなぁ……よくわかんないや。あはは…」

梓「…す」

律「え?」

梓「…じゃだめです」

唯「あ、あずにゃん?」

梓「こんなんじゃダメですーっ!!」

律・唯「わっ」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 18:11:13.45 ID:tq6sLSPWO
梓「私から見れば律先輩も疲れているように見えます!」

律「え…そうか?」

梓「何でそんなに2人だけで頑張っていたんですか!?何で…何で少しくらい頼ったりしてくれなかったんですか!?」

梓「私は…私はそんなに頼りない後輩でしたかっ…!」
突然立ち上がった梓は身体を震わせながら泣きそうな…いや、泣きながら私たちに訴えかけていた

唯「あずにゃん…」

律「悪い…でもな、梓。これは2人で決めた事なんだ」

梓「え……」

律「ムギや澪、2人には勉強を沢山見てもらって…澪なんか推薦蹴ってまで同じ大学を選んでくれたのに…」

律「そんな2人に、これ以上迷惑はかけられない…」

梓「そんな!迷惑だなんて…思うわけがーーー

唯「ダメなんだよ。あずにゃん。私たちが耐えれないんだ。その優しさに、ね」

唯「だから、2人で決めたんだ。当分は…誰の手も借りずに頑張ろうって…」

梓「…先輩…」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 18:21:01.43 ID:tq6sLSPWO
梓「……わかりました」

梓「今日はもう…帰ります」

律「あ、送ってくよ」

梓「いえ。大丈夫です。…それより」

律「…ああ…。…本当に困ったら頼るよ。梓にも。澪やムギにも、な」

梓「ふふ。ならイイんです」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 18:22:14.18 ID:tq6sLSPWO
唯「あ、あずにゃん!」

梓「はい?」

唯「今度ね、私たち路上ライブするんだ!!良かったら見に来てよ!」

梓「路上…ライブ!?そんな事してたんですか!?」

律「まぁ、ちょいちょいな。場所は×××の××でやるんだ。今週末」

梓「えっっ」

律「ん?」
場所と時間を伝えると梓が驚きを見せた。と思いきや直後に不適な笑みを浮かべる梓

律「?…梓?」

梓「ふふふ。路上ライブ。楽しみにしていますね。でわっ!」

律「あ、おい!ムギや澪には言うなよ!?まだあいつらには会いづらいんだ」

梓「は~い!」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 18:29:39.75 ID:tq6sLSPWO
律「ふぅ…ふぅ…」

唯「はぁ…はぁ……。…あー~~~っ!…ふぅ」

律「だー~~っっ!…ふぅ」
・・・少しの沈黙の後
唯「前より人、増えてたね!りっちゃん!!」
唯が破顔しながらこちらに振り向いた。そりゃそうだろう私だって嬉し。前の倍くらいは居たんじゃないだろうか

律「あぁ!口コミで広がったんだろうな。とりあえず、すげぇ嬉しい!としか言いようがないぜ」

唯「見て見てりっちゃん!おひねりの中に野口さんがいっぱい!」
マジか!と飛びつこうとしたが、一応周りの目もある

律「ごほん。…唯、そういうのは後にしなさい」

唯「は~い」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 18:36:00.07 ID:tq6sLSPWO
律「とりあえず急いで片付けるぞ」

唯「え?なにかあるの?」

律「次にここ使う奴が来るんだよ。そろそろ」

唯「あ、そうなんだ~。じゃあ急がないとね!」

律「だからそう言ってるジャナイカ・・・」

「先輩!」

律「ん」

唯「お」

梓「こんにちは、唯先輩、律先輩」
声がするほうに振り向くと梓が立っていた。さらにその後ろには誰か2人。なんだ?どこかで見た事あるような…

律「おお。よう、あず……

ムギ「…」

澪「…」

律「さ……」
ムギと澪だった

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 18:41:29.49 ID:tq6sLSPWO
ツカツカツカツカと幼なじみが迫ってくる

律「あ、あの…みおしゃはぶっっ!!」
額に広がる痛み。懐かしの澪チョップ

澪「これで許してやる」
ぷいっと明後日の方向に顔を背けながら言った。顔が赤かったのは気のせいか…

唯「澪ちゃん…ムギちゃん…」

ムギ「2人とも…久し…ぶり…ね…うっ」

律「む、むぎぃっ?」
唐突に涙を浮かべるムギ。よせやい。つられて泣きそうなになるだろーが

澪「…全く、朝から梓の機嫌が異常に良かったらのはこれか」

梓「えへへ」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 18:51:15.25 ID:tq6sLSPWO
それから色々話した…私たちの事。澪やムギ、梓は同じ大学で、共に軽音楽を続けていた事…。
そしてお互いにあったわだかまり

律「そういえば、三人しかいないのか?他の大学仲間とかは?」

澪「バカ。…ずっと空けてあるんだよ」

唯「空けてあるって…」

ムギ「大学でね。私たち三人と一緒にバンドしたいって人達は沢山いたわ」

ムギ「でもね」

ムギ「放課後ティータイムのメンバーは…もう決まっているから…」

律・唯「あ…」
その時、まだ始まらないのか!とか、早くしろ!などのヤジが飛んだ

澪「久しぶりの5人だけど……いけるよな?」
不適に澪が笑う。お前、そんなキャラだったっけ

律「……」

唯「りっちゃん…」
不安そうに唯が私の名を呼ぶ。それに応えるようにして唯の手を強く握った

唯「あ…」澪「む」梓「ぬ」ムギ「あら…」

律「大丈夫。…へへ、よし!始めよう!!放課後ティータイム、再結成最初のバンドだ!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 19:00:28.02 ID:tq6sLSPWO
律「だはぁ~っ!イイ汗かいたぜ!やっぱり5人揃うと何か違うな!」
路上ライブを終えた私たちは全員揃ってファミレスへ来ていた

唯「だねー。なんというかテンションの上がり具合がもう、こう、イイ感じなんだよね!」

澪「お前たちがそれを言うのか!今まで私たちを避けていたお前たちがっ!」

律・唯「あぅ」

澪「まったく…」

ムギ「まぁまぁ。澪ちゃん落ち着いて。そんなに照れ隠ししなくても」

澪「照れっ!?照れ隠しなんてしていないぞ!」

梓「でも嬉しいんですよね?大学で、いつも言ってますもんね。律先輩どうの唯先輩どうのって」

澪「あずさぁああああっ!少し黙っててくれ!」

律「みおしゃん…」

唯「えへへ。そんなに私たちの事思ってくれてたなんて」

澪「や、やめっ!もうこの話題終わりっ!」

律・唯・ムギ・梓「え~」

澪「お!わ!り!なの!」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 19:13:49.53 ID:tq6sLSPWO
梓「ところで」

律「ん」

梓「これからは5人でしていくんですよね?路上ライブ」

律「まぁ、こうなった以上はな」

唯「えへへ。楽しみだね~」

澪「全く最初からこうしていればよかったんだ」

ムギ「まぁまぁ」

律「…だな。本当にその通りだ」

唯「…りっちゃん?」

律「みんな、ごめん」

ムギ「そ、そんなっ、頭をあげて、りっちゃん」

唯「…。…私もごめん」

澪「…唯……。いや私
ガタッ

梓「私たちの方こそごめんなさい。です。先輩」

澪(梓それ私の台詞)

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 19:17:49.80 ID:tq6sLSPWO
その日から5人で路上ライブを行う日々が始まった。
そして、たまにみんなが家に遊びにきたり…
とにかく、お互いにあったわだかまりが消えたのが大きかった
私と唯は今まで以上に笑う事が多くなった。その事をムギに話すと
「私たちもよ」
何て言うので、ちょっと照れ臭かった


そして…

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 19:21:39.02 ID:tq6sLSPWO
律「ふぅ」

澪「今日もイイ調子だったな」

唯「ん~っ。ふぅ」

ムギ「唯ちゃん、肩、揉んであげようか?」

唯「わ、ホント?お願いお願いっ」

梓「また人が増えてましたね」

律「だな」

さわ子「そんなあなた達に朗報よ」

律「え?朗報?…って、うわっ!!!さわちゃん!??」

さわ子「なによ。化け物でも見たみたいに驚いて」

律「いや、化け物よりこe



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 19:27:01.84 ID:tq6sLSPWO
唯「りっちゃん…大丈夫?」

律「み、みぞおち…」

澪「それにしても久しぶりですね。先生」

さわ子「ほんとに、ね~。みんな会いに来ないから死んだのかと思ってたわ」

一同「・・・」

さわ子「冗談よ☆」

梓「…そ、それよりも先生、朗報って?」

律「ああ、そういえばそんな事言ってたな」

さわ子「ああ、それはね」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 19:31:36.62 ID:tq6sLSPWO
さわ子「うちの生徒がね。あなた達を目撃したって言うから来てみれば」

さわ子「とんでもなく上手くなってるじゃない。って驚いたのよ」

さわ子「そ!こ!で!よ」

さわ子「ここからが朗報なんだけど」

さわ子「私の知人に…まぁ、小さなコンサートを開いている人がいてね」

さわ子「そこにあなた達を出そうかなあと」

律「そんな権限あるの?」

さわ子「まぁ、私の昔馴染みだし…」

律「ああ、あの黒歴s

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 19:36:34.06 ID:tq6sLSPWO
唯「…りっちゃん、大丈夫?」

律「…ウン。タブン」

さわ子「お偉いさんも来るから」

さわ子「もしかしたら…があるかもしれないわよ」

梓「それって…デビューって事ですか!?」

ムギ「わぁ、凄い凄い」

澪「デビュー…かぁ…」

さわ子「ちなみに一週間後だからね」

律「ぶふっ!すぐじゃん!」

唯「れ、練習する間もないね」

さわ子「まぁ、今のあなた達なら大丈夫なんじゃない?詳しい時間や場所は後で連絡するわ。りっちゃんでいいかしら」

律「うん」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 19:43:58.98 ID:tq6sLSPWO
律「いやぁ~、それにしても腕がなるなぁオイ」

澪「何だか、夢みたいだよ」

梓「澪先輩、まだ早いですよその感想は」

澪「そ、そうだった」

ムギ「うふふ」

唯「………私…」

律「…唯?」

唯「軽音部に入って良かったよ!」

律「……へへ。そっか」

ムギ「唯ちゃん……うん。そうだね。…私も、軽音部に…みんなに会えて良かったわ…」

梓「私もですよ」

澪「ふふ。だな。みんなに会えて良かったよ」
そう、澪がそう言い終えた時だった。唯が陽気に、鼻歌を歌いながら一歩ステップを踏んで信号を渡る
まさにその時だった。気づけば私は身を乗り出していた

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 19:48:03.41 ID:tq6sLSPWO
一瞬何が起こったのかわからなかった
気づけば私の視界には……私の…私の一番大切な人が……
ぐったりと横たわっていた――――――――





129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 19:56:38.98 ID:tq6sLSPWO
澪「…」

ムギ「…」

梓「…」

唯「…」

律「お、おいおい、皆元気出せよ。何で事故にあった私よりへこんでんだよ!あはは」

唯「…りっちゃん……ごめん…ごめんなさい…ごめんなさい!!!私がぁっ…わ、わたっわたしわ、ああ、あ…あぁあっ!」

律「唯、落ち着けって!誰もお前を責めてねーんだ!居眠り運転。向こうが悪い。なっ!」

唯「りっ、りつ…りっちゃ…ううっひっく、うぐっ、あっあっあうっあ…ひっ」

律「お~よしよし。…あでで。腕動かすといてぇなこれ」

澪「りつ…」

律「おーまえらまでンな顔すんなって!私は生きてる!死んでないんだ。ならイイじゃんか」

澪「ばっ!縁起でも無いこと…っ」

医者「すみません。少し、重要な話しがあるので、席を外してもらえませんか?」

ムギ「あ……はい。いこ?唯ちゃん」

唯「…ぅん…」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 20:00:58.27 ID:tq6sLSPWO
後日

律「えーと。だな。皆に集まって貰ったのは他でもない、コンサートの事なんだけど…」

さわ子「…間に合いそうに無いのね?」

律「……うん」

唯「…りっちゃ

律「ストーーップ!唯は喋らなくてイイ!お前絶対泣くだろ?」

唯「う、うぅ…」

澪「仕方ないさ。また次の機会を狙おう」

律「いや、そこで…提案なんだが」

ムギ「?」

梓「何かあるんですか?」

律「え~っとな、さわちゃんと話し合った結果…な」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 20:07:09.02 ID:tq6sLSPWO
梓「先生がドラム!?」

さわ子「頼まれちゃったし…一応人並みには出来るから…ね」

唯「…」

澪「……律は……律は、それでいいのか?」

律「………ぁあ」

ムギ「…りっちゃん…」

「…めだよ…」

律「?」

唯「ダメだよ!!」

律「唯?」

唯「放課後ティータイムのドラムは…りっちゃんじゃなきゃ…田井中律じゃなきゃダメだよっっ!!」

律「唯…」

梓「唯先輩…」

澪「………同感だ。先生を入れるくらいなら…先生には悪いけど、ドラム無しで演奏した方がイイ」

律「澪…」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 20:12:42.35 ID:tq6sLSPWO
さわ子「…あ~もうハイハイ」

唯「っ?…さわちゃん?」

さわ子「お熱いのはそれくらいにさない。イイじゃない、それで。ドラム無しで」

さわ子「一応向こうにはそれで話しをつけておくわ」

澪「先生…。…ありがとうございます」

さわ子「うん。それと、一応私もドラムの練習しておくから。必要だと思ったら、声をかけなさい。ま、必要ないと思うけどね」

律「さわちゃん…ありがと」

さわ子「いいのいいの。まったく…あんた達見てたら私の若い頃を思い出すわホント…」

さわ子「じゃあ、とりあえずまた今度ね」

一同「はいっ」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 20:15:39.83 ID:tq6sLSPWO
その日から…ドラム無しの練習が始まった。
さわちゃんは、「練習くらい入れてくれてもイイじゃない…」
とか言っていたような気がする。ごめんねさわちゃん。譲れないんだ。そのドラムの席だけは…





そして…

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 20:23:04.01 ID:tq6sLSPWO
澪「レベル、高いな…」

唯「うん…」
自分達の番が来るまでまだ時間があったので、客席からコンサートを眺めていた。
でもそれは間違いだったのかも知れない。みんな、自信を失っていく…
こんな時、ムードメーカーが居れば、全然違ったのだろうか
唯「りっちゃん…」
誰にも聞こえないように呟く。大好きな人の名前を声に出すと不思議と勇気を得られる。
このおまじないを、私は毎回、ライブ前に行っていた
でも
唯「…」
今回ばかりはダメだった。呟いて得られるのは悲しみだけ。勇気の欠片もない

梓「だ、大丈夫ですよ皆さん!私たちの方が上です!そうに決まってます!」

ムギ「梓ちゃん…」

さわ子「みんな、そろそろよ。支度するからこっち来て」

澪「あ、はい」

梓「やってやるです!」

唯「…」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 20:27:26.21 ID:tq6sLSPWO
唯「…」

澪「う、う…何だか気分が…」

ムギ「澪ちゃん大丈夫??」

梓「ふぅー。ふぅー。深呼吸深呼吸」

さわ子「みんな、着替えたわね?」

澪「は、はいっ!!」

さわ子「……ふふ」

梓「?…どうかしたんですか?」

さわ子「ここで、スペシャルゲストの登場です」

唯「え」

澪「な」

梓「ま、まさか…」

ムギ「うそ…」

さわ子「嘘よ」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 20:32:59.80 ID:tq6sLSPWO
ムギ「なっ」

唯「っ!」

澪「せ、先生!こんな時にそんな嘘つかないで下さい!」

さわ子「…」

梓「せ、先生?」

さわ子「今のみんなの表情で、今抱えてる不安や気持ちがわかったわ」

さわ子「みんな、りっちゃんの事が大好きなのね。……でもね、みんな」

さわ子「りっちゃん抜きでライブをする。そう言いだしたのは、あなた達よ」

澪「っ…!」

さわ子「このライブが失敗して一番悲しむのは誰…?」

さわ子「……これ以上は…野暮ね。…みんな、頑張ってね」

唯「……先生!」

さわ子「…なぁに?」

唯「ありがとう…ございます」

さわ子「…私は何もしていないわ。…客席から、見てるからね。じゃあ」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 20:40:48.52 ID:tq6sLSPWO
唯「行こう。みんな」

澪「ああ」

ムギ「ええ」

梓「はい!!」
ありがとう、さわちゃん。本調子とはいかないけれど、何とか頑張れそうだよ。

りっちゃん……見守っていてね

唯「…」
舞台袖へと続く扉。そのドアノブに手を伸ばした
扉は古いのか、独特な音をたてながら開いていく

唯「……」

梓「先輩?早く進んで下さい」

唯「りっ………りっちゃ…ん?」
そこには紛れもない、見間違うハズのない、あの見慣れた後ろ姿があった
扉が開く音に気付いたのか、その姿がこちらに振り向く

律「…よう。遅かったな、お前ら」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 20:49:50.60 ID:tq6sLSPWO
澪「律!」

梓「先輩!」

ムギ「りっちゃん…!」

唯「…」
みんなが駆け寄る中、一人呆然と立ち尽くす私

律「…」
りっちゃんと、目が合う

律「遅くなったな。田井中律、ただいま帰還しました!!」

唯「りっちゃ……りっちゃああああっん!!」
駆け寄り、抱きつく。ああ、これだ…私が欲しかった安らぎが、今、目の前にある

唯「りっちゃんりっちゃん!りっちゃぁああん!!」

律「こらこら、泣くな泣くな。そろそろ幕開くぞ」

澪「と、いうか、律。大丈夫なのか?その、色々と」

律「はは、無理言って抜け出してきたんだよ。少しくらいなら大丈夫なんだってさ」

澪「そうか、ならいいんだ」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 20:53:50.96 ID:tq6sLSPWO
司会「次は、放課後ティータイムによる」

ムギ「あっ、みんな!始まるわよ!」

律「よし!…唯、やれるか?」

唯「ぐすっ…ずびっ…。モチロンだよ!!」

律「…よし!梓!」

梓「やってやるです!!」

律「澪!」

澪「大丈夫!」

律「ムギ!」

ムギ「いつでもオッケ~よ~」

律「よし!聴かせてやろうぜ!見せてやろうぜ!私たち、放課後ティータイムをさ!!」

唯「うん!」 澪「ああ!」 ムギ「ええ!」 梓「はいです!」


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:04:33.89 ID:tq6sLSPWO
幕が…開く
観客の視線が、私たちに集中する
さっきまでの私なら、この状況でもう参っていただろう。けれど、今はもう違う
後ろに…居てくれている
安心を…くれる人がいる。だから…もう大丈夫

唯「…あー…コホン」

唯「ここに来るまで、とても長い道のりでした」

唯「楽しい事や嬉しい事。もちろん、辛い事や苦しい事もありました。もうダメだと、何度か諦めかける時もありました」

唯「けど、私はこうして、ここに、立っています」

唯「それは…みんなが……仲間が支えてくれたおかげです」

唯「こんな…こんな喜びを皆さんにも知ってほしい…そんな気持ちを込めて、歌います」
澪ちゃんを見る。ニコッと、頷いてくれた
あずにゃんとムギちゃんの方を見る。ニコッと、頷いてくれた
最後に、後ろに振り向く。ニコッと、頷いてくれた

唯「…」

唯「聴いてください。放課後ティータイム、曲は―――――――

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:08:41.55 ID:tq6sLSPWO
さわ子「…」

「凄い子たちだねぇ。アレ、みんな君の教え子?」

さわ子「あらアナタ…。…ふふん、凄いでしょ」

「伝わってくるものが違うよ。他とはね」

さわ子「…決めた?」

「あぁ。決まりだ」

さわ子「そう…。あの子たちも喜ぶわ」

「だといいね」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:14:32.90 ID:tq6sLSPWO
唯「ふぅ…ふぅ…」
歌い終わると同時に大きな歓声。鳴り止む気配がない。それがとても心地よく感じられた

梓「…い、今までで、一番…イイ演奏が出来た気がします…」

澪「はは、梓、泣いてるぞ」

梓「えっええっ!?そ、そういう澪先輩だって泣いてます!」

澪「な、なにぃっ!本当か!?」

ムギ「はいはいそういうのは幕がおりてからね」

唯「あはは」
相変わらずだなぁ、みんな

幕がおりる。その時だった
りっちゃんが一言も喋っていない事に気付く

唯「りっちゃん?」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:17:51.18 ID:tq6sLSPWO
私の声に反応する事はなく、視界には、横たわったりっちゃんが、そこにいた

唯「ーーっ!りっちゃん!!!!」

さわ子「みんな!」

唯「さわちゃん!りっちゃんがっっ!!」

さわ子「とにかく落ち着いて!今医者が来てるから!みんなは後片付けを!」

梓「は、はいっ」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:21:48.23 ID:tq6sLSPWO
病院にて


律「…」
りっちゃんはすぐに意識を取り戻し、面会可能という事になったので、病室にみんなが集まる事になった

医者「…私はダメだと言ったんですがね」

澪「あの…どういう事ですか?」

医者「…田井中さん」

律「いいです、先生。私から言います」

唯「…」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:31:25.94 ID:tq6sLSPWO
医者「それじゃあ私は退室するよ。何かあったら呼んでくれたまえ」

さわ子「ありがとうございます」

律「・・・・・腕…」

唯「え?」

律「腕が…弱ってるらしいんだ」

梓「ど、どういう事ですか?」

律「腕に負担をかけると…事故の時の痛みが再発して…まともに動かせなるんだ。私生活では問題ないけど」

律「…負担っていうのはまぁ…ドラム…くらいのレベルな訳で…」

律「それに、もしかしたら将来的には、もっと弱まるかもしれないって」

唯「…りっちゃん…まさか……」

律「うん。だから、この腕がまともに動かなくなる前に、放課後ティータイムの…最後のドラムを…やりたかったんだ」

律「だから、無理に病院を抜け出したんだ。たはは」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:39:13.05 ID:tq6sLSPWO
唯「わたしの――

律「唯」

律「唯のせいじゃない。気にするなよ」

澪「待て。待ってくれ。じゃあ放課後ティータイムのドラムはどうなるんだ!?」

ムギ「澪ちゃん!落ち着いて!」

澪「これが落ち着いていられるか!なぁ律、冗談なんだろ?冗談って…冗談っていってくれよ!なぁ!!」

梓「先輩!!」

澪「っ!あ…ごめ…わたし…さ、最低だ…なにやって…」

ムギ「澪ちゃん…」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:41:08.21 ID:tq6sLSPWO
律「澪」

澪「なん…だよ…」

律「あ、いや。やっぱ後で」

澪「…お前、今、私放課後ティータイムを抜けるよ。とか言おうとしてただろ」

律「え、いや、あの…えと…」

澪「そんなの絶対に許さないからなっ!!」

ムギ「澪ちゃん、ここ病院だからっ」

澪「あ、ごめん…」

ムギ「…ちょっと外に出よ?ここじゃ冷静で居られないでしょう?」

澪「うん、そうする…ごめん、律、ムギ…」

律「あ、ああ」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:43:58.94 ID:tq6sLSPWO
ムギ「りっちゃん」

律「ん」

ムギ「私も、りっちゃんが抜けるなんて、絶対に認めないからね」

律「ムギ…」

梓「…律先輩、私もですよ」

律「梓…」

ムギ「さ、澪ちゃん」

澪「ん…」

梓「何か、冷たいもの買ってきますね、私」

律「あ、ああ。ありがとう」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:51:56.10 ID:tq6sLSPWO
さわ子「私はお邪魔みたいだし…じゃあね☆」バタン
こうして、室内に取り残された私と唯
重たい雰囲気の中、先に口を開いたのは
律「いやぁそれにしてもあれだな」
私だった

律「腹へったなぁ…」

唯「………ねぇ、りっちゃん」

律「唯…どうした?」

唯「ドラムはダメなんだよね…?」

律「あ、ああ?」

唯「ギターは、どうなの?」

律「ぎ、ギター?ああ、ギターなら多分大丈夫だよ。先生が言ってたんだよ」

律「誠に残念です。まさかドラムとは…ギターやベース、キーならまだ何とかなったのに…ってな」

唯「じゃありっちゃん!!」
私が言い終える前に、笑みを浮かべた唯が顔を近づけてきた

律「お、おう。どうした」

唯「ギターやろうよ!!」律「は?」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:01:13.14 ID:tq6sLSPWO
律「なに言って…」

唯「それでね!私がドラムをするの!!そうすれば全部解決だよ!」

律「…あのな、唯。お前がどれだけ練習したか私は知ってる。ボーカルもギターも。それを全部壊す事何て私には出来ないよ…」

唯「りっちゃんが壊すんじゃないよ。私が壊すんだ」

律「へ、屁理屈を…」

唯「それに、私は」

律「?」

唯「ギターやボーカルがしたいんじゃない」

律「…唯?」

唯「りっちゃんと…みんなとバンドがしたいの!!」

律「……唯…」

唯「待ってて!」

律「あ、おい」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:04:11.83 ID:tq6sLSPWO
律「これ…」

唯「ギー太だよ!」

律「…ダメだ、受け取れないよ…」

唯「むー……」

律「第一、そんな大切なもの、他人に簡単に譲渡しちゃいけません」

唯「りっちゃんだからだよ」

律「えっ」

唯「他の誰でもない…りっちゃんだから」

唯「だから、渡せるんだ」

律「唯……」

唯「だから受け取って、りっちゃん」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:12:44.46 ID:tq6sLSPWO
これを受け取れば私は…
ダメだ…受け取れない…
唯の頑張りを知っているからこそ…受け取る事なんてできない…

唯「りっちゃん」

律「なん…だよ…」

唯「本当ならそこには…私が座っていたハズなんだよ」

律「!」

唯「これはその…ほんの少しの恩返しで…」

唯「それに…りっちゃんは言ってくれたよね…」

唯「楽しい事も、辛い事も…半分こ…ぜん…ぶ…半分こっ…て…」

律「っ…!」
唯は泣いていた。多分、私も泣いてる

唯「全部背負わないで……私、りっちゃんの事…大好き…だから…。少しでも力になりたくて…うぐっ」
私は…馬鹿だ。こんなにも近くで、すぐ傍で、私を思っていてくれてたのに

律「唯…ごめんな。そしてありがとう」
ベッドからおりて、唯と向き合う。もう逃げないよ

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:17:04.40 ID:tq6sLSPWO
唯「りっちゃん…」

律「唯の気持ち…全部、貰う事にするよ」

唯「りっちゃん…!」

律「唯…」

唯「うん。ギー太をよろしくね」

律「うん」
ギー太を受け取る。重いなぁ。きっと色んなモノが詰まってるんだろう

唯「私がい~っぱい、色んな事教えてあげるからね!」

律「うん。私も…ドラム、教えるよ」

唯「うん!」

律「……」

唯「りっちゃん?」

律「えーっと…だな」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:18:37.49 ID:tq6sLSPWO
律「あ、唯。顔にゴミついてるぞ」

唯「へっ?どこどこ?」

律「あぁ待って、ちょっと顔近づけて」

唯「う、うん」



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:24:44.82 ID:tq6sLSPWO
言われるがままにりっちゃんに顔を近づける
その時だった。唇にやわらかな感触

唯「…へ?」

律「へへ。ついていたのは可愛い唇でした!なーんてな。びっくりした?」

唯「……・・・・・ーー~~っ!!!?~~○×△□!?!」

律「お、おいおい唯、落ち着けって」

唯「りりりりり、りっちゃん!これはそのあのあ、あ、あれ、えと、そういう意味で捉えてもイイのでしょうか!!」

律「……ふふ。うんっ」

唯「り、り、りっちゃぁああああああん」ガバッ

律「お、おわっ!唯っ!?」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:31:23.73 ID:tq6sLSPWO
廊下にて
「りっちゃあああああんっ!」

梓「…入りづらいです」
澪「…私なんてあんな事言っちゃったんだぞ。もっと入りづらいんだぞ」
ムギ「まぁまぁ」
さわ子「あ、そうだ皆、デビューが決まったわよ」
梓「へ~…ってえええ!?」
ムギ「あらあら」
澪「ホントですか!?」
さわ子「うん」
梓「軽っ!って、そうなると大学にもあまり行ってられませんね」
ムギ「私、一度大学を中退するのが夢だったの~」
澪「どうしてそうなる!というか何だその夢は!」
「院内ではお静かに!」
澪「はひっ、す、すみません!」
さわ子「…(デビューを推したのは私だけど…何だか不安になってきたわ…)」


おしまい

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:33:12.81 ID:tq6sLSPWO [75/78]
みんな、こんな独りよがりなSSに付き合ってくれてありがとう

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。