FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「純ちゃんがいけないんだからね!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/25(土) 21:26:51.31 ID:DY74CclP0 [1/16]
唯「純ちゃーん!」ダキッ

純「わっ!」

純「何してるんですかっ!?」

純「私は梓じゃ無いですよ」バタバタ

唯「いーじゃーん、たまにはぁー」ギュッ

純「ちょっと、離れてください!」

純(憂のお姉さんって、ほんとに変わってるなぁー)

唯「!!?」

唯(あれっ、何だろうこの感じ…?)

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:33:23.58 ID:DY74CclP0
純「はあ、もういいですかぁ?」

唯「」サワサワ

純「えっ!?」

純「ちょっと、先輩っ、どこ触ってるんですか!?」

唯「」チュッ

純「!!?」

純(えっ、何なの!?)

純(キス、された…!?)

梓「あっ、純と唯先輩だ」

憂「おねーちゃーん!」フリフリ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:40:41.43 ID:DY74CclP0
純「あっ、梓、憂っ、ちょっと先輩をなんとかしてよ!」

唯「」ギュッ

梓「まったく唯先輩ったら、純にまで抱きついてぇー」

憂「おねえちゃん、純ちゃん困っちゃってるよ」

唯「」ギュッ

梓「あれ?離れない…」

憂「どうしたのおねえちゃん?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:46:01.60 ID:DY74CclP0
唯「むうっ…///」

純「先輩…?」

唯「」ダッ

タッタッタッタ

梓「あれ?走って行っちゃった」

憂「おねえちゃん…」

憂「純ちゃん、おねえちゃんと何かあったの?」

純「へっ、いやっ、ただ抱き付かれただけっ」ビクッ

憂「ふーん、そうなんだぁー」

純「いやー、ビックリしたなぁー」ドキドキ

純(何で私がドギマギしなきゃならないのよー!)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 21:57:57.34 ID:DY74CclP0
純「あのさ、梓はさぁ?」

梓「ん、なに?」

純「唯先輩に、よく抱きつかれてるじゃん?」

梓「うん、そうだけどー」

純「その時ってどんな感じ?」

梓「まあ、後ろからガバーって感じかな?」

純「それだけ?」

梓「それだけって?」

純「触られたり、その、えっと、チューされたりは?」

梓「えーっ!?流石にそれは無いよー」

梓「冗談でチュッチュっとか言ってたりはするけど」

梓「いくら唯先輩でもそこまではしないよー」

純「あははっ、そっ、そーだよねー」

純(さっきのは一体何だったんだろ…?)

憂「……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:12:38.64 ID:DY74CclP0
お昼休み!

梓「お昼食べよっか」

憂「うん!」

純「あー、もうお腹ペコペコだよー」

憂「純ちゃんったら、食いしん坊さん!」

純憂梓「あはははっ」キャッキャッ

梓「でもさぁ…」

純「ん?」

梓「唯先輩、どうしたんだろうね?」

梓「あの時、純から離れた途端に、急に走って行っちゃってー」

純「えっ、それはっ、お手洗いに行きたくなったとかっ」アセアセ

梓「そうかなー?」

憂「……」

憂「純ちゃん、ちょっといい?」

純「なっ、何?」ドキッ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:20:14.15 ID:DY74CclP0
憂「純ちゃんはー…」

梓「あっ、唯先輩だ!」

純「えっ、あっ、本当だ!」

唯「」モジモジ

憂「おねーちゃーん、どうしたのぉー?」フリフリ

梓「私達に何かご用ですか?」

唯「あの、えっとね…」

唯「純ちゃんにね…」

純「!!?」

純「私に、何ですか?」

唯「///」

唯「ごめんっ、やっぱりいいよっ!」ダッ

タッタッタッ

梓「また走って行っちゃった」

憂「おねえちゃん…」ググッ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:26:56.00 ID:DY74CclP0
純「……っ」

純「私、ちょっと行ってくるよ!」ダッ

梓「ちょっと、純!?」

タッタッタッ

梓「行っちゃった…」

梓「おかしな二人、一体何なんだろうね?」

梓「あれ?」

梓「う、憂?」

憂(おねえちゃん、おねえちゃん、おねえちゃん、おねえちゃん、おねえちゃん、おねえちゃん、おねえちゃん、おねえちゃん、おねえちゃんっ!!!!!!!)ギリギリ

梓「うわぁ」ゾッ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:39:56.51 ID:DY74CclP0
純「唯先輩っ!」

唯「あっ、純ちゃん!?」

純「先輩どうしたんですか?」

純「私に何か用事があったんでしょ?」

唯「……」

純「そっ、それに、私に抱きついた時の事もっ!」

唯「純ちゃん…そうだね」

唯「じゃあね、二人だけでお話しようよ」ハアハア

純(あれ?唯先輩息が荒い、さっきまで走ってたから?)

唯「こっちに来て」ギュッ

純「先輩…?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:51:35.72 ID:DY74CclP0
唯「この辺りは誰も来ないからね」ハアハア

純「えっ、ええ…」

純(唯先輩、頬も赤くて眼が潤んでる)

唯「純ちゃん!」ダキッ

純「わわっ!」

純「ちょっと、止めて下さいっ!」バタバタ

唯「純ちゃん!純ちゃん!」スリスリ

純「そんなに体を…っ、ちょっと、やっ、だめっ!」

唯「お願い、ちょっとだけっ!」

純「だめっ、ダメですっ!こんなのおかしいですよ!」

純「わわっ、危ないっ!」

ステンッ

唯「純ちゃん、好きだよ純ちゃん!」

純(ひえっ、馬乗りになられた!?)

純(このままじゃ、ホントに…!!?)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 23:03:18.01 ID:DY74CclP0
純「ちょっと、先輩、もう止めましょう!」

純「今日の所はもうお終い、お昼ご飯食べましょうよ」

純「ねっ?」ニコッ

唯「ご飯なんっていらないよ!」

唯「私は純ちゃんが食べたいんだよっ!」ガバッ

純「ひゃっ!!?」

唯「ああーっ、純ちゃん!!!!!」

純「んっ、あんっ、ああっ、ダメェ!」

唯「」ブチュッ

純「んーっ!!?」

クチュクチュ チュパチュパ

純(もうダメッ、犯されちゃう!!?)

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 23:13:05.48 ID:DY74CclP0
純「ダメェーッ!!!!!!」バッ

ドンッ

唯「わっ!?」

純「離れてっ、あっちに行って!」

純「このっ、ケダモノっ!!!!」

唯「純ちゃん…」

純「早く行ってよ!そうじゃないと、この事みんなに言いふらしてやるんだから!」

純「憂にも、軽音部にもっ!!!」

唯「……」

唯「ごめんね純ちゃん」

スタスタ

純「ううっ…」

純「なんでぇ?なんでこんな事に」

憂「……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 23:23:42.59 ID:DY74CclP0
憂「純ちゃん…」

純「えっ、憂!?」

純「何時からそこに…」

憂「純ちゃんは、お姉ちゃんに何したのかなぁ?」

純「何って…」

憂「何かしたんでしょ?教えてよー」

純「そんなっ、私の方が唯先輩から迫られてっ!?」

憂「そんなの嘘っ!!!!!」

純「ひっ!?」

憂「何も無いのにおねえちゃんがあんな事するわけ無いよ!」

憂「純ちゃんがおねえちゃんを誘惑したんでしょ!?」

純「違うよ憂!私は何もっ」

憂「よくもっ、よくもおねえちゃんをあんなにしてっ!」

憂「絶対に赦せないんだからっ!!!」ガバッ

純「!!?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 23:34:52.94 ID:DY74CclP0
憂「お友達だと思ってたのにっ!赦せないっ、赦せないっ!!!」

純「止めてよ憂っ、恐いよぉー」ポロポロ

憂「えっ!!?」

憂(あれ、何?この感じ…)

憂「」ポーッ

純「……憂?」

憂「ううっ…」ヨタッ

純「ちょっと、憂、どうしちゃったの?」

憂「はあっ、やっ!来ないでぇ!」

純「憂、具合でも悪いの?」

憂「何でも無いからほっといて!」

憂「すぐ…落ち着くからっ」ハアハア

純「そんなこと言われてもほっとけないよ」ヒシッ

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 23:44:17.12 ID:DY74CclP0
憂「きゃっ!」ビクッ

純「どうしたの憂、やっぱり体調が悪いんじゃ…」

憂「はあっ、はあっ」

憂「私、なんだかおかしくって…」

純「じゃあ保健室に」

憂「純ちゃん…」チュッ

純「!!?」

純「ちょっと、何?まさか憂まで…」

憂「なんだか私、体が熱くて」

憂「助けてよ純ちゃん」

純(憂までおかしくなっちゃった)

純(もうっ、何がどうなってるのよ!?)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 23:53:07.21 ID:DY74CclP0
憂「」チュイッ

純「!!?」

純「ちょっと、憂っ、そんな所吸っちゃやだっ!」

憂「」ペロレロッ

純「はうっ」ビクッ

純「ダメだよ憂っ、正気に戻って!」

憂「じゃあ、純ちゃんが私の体を鎮めてよっ」ハアハア

純「鎮めるってどうしたら…」

憂「体にさわって!たくさんさわって!乱暴にしていいからっ!!!」

純(こんなの憂じゃない!誰かぁ、助けてぇ!!!)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 00:05:07.81 ID:6ZpoqSqG0 [1/5]
梓「だめーっ!!!」バッ

ドンッ

憂「きゃっ!!!」

純「梓っ!?」

梓「純、大丈夫?」

純「ありがとう梓、助かったよーっ」ダキッ

憂「梓ちゃん、邪魔しないでよ!」

梓「何言ってるの憂?二人が遅いから心配して来てみたら」

梓「まさか憂がこんな事をするなんてっ!?」

憂「梓ちゃん、純ちゃんを返してっ!」

憂「私達これからいい所だったのにっ!!!」

梓「嘘っ!純はこんなに震えてるじゃない!?」

純「梓ーっ」ブルブル

梓「今の憂に純はわたせないよっ!!!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 00:14:17.38 ID:6ZpoqSqG0 [2/5]
憂「仕方ないなー」

憂「じゃあ、梓ちゃんも一緒にしちゃおっか?」

梓「なっ、何言ってるの!?」

憂「さあっ!梓ちゃん!!!」

純「わーん、梓ーっ!」ヒシッ

梓「大丈夫だよ純、純は私が守ってあげる」ダキッ

梓「……!!?」

梓(あれ?これって…)

梓「はあっ、はあっ!」

純「えっ、梓っ!!?」

憂「えへへ、梓ちゃんも感じてきちゃったみたいだね」

梓「そんなっ、違うっ!!!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 00:24:25.06 ID:6ZpoqSqG0 [3/5]
純「まさか梓まで…?」

梓「だ、大丈夫だよ…」

梓「私、わたしはっ」ハアハア

梓「んっ!」ガバァ

純「きゃあっ!?」

梓「はあっ、純っ、ごめんねっ」

純「ダメだよ梓っ、いやっ!!!」

梓「ごめんっ、ごめんっ!」

憂「梓ちゃんズルイっ!謝りながらこんなに激しいんだもん」

憂「私にもさせてっ!!!」ガバッ

純「だめっ、そこは触らないでっ、ダメだよそこだけはっ!!!」

梓「はあっ、可愛いよ純っ、じゅんっ!」

純(二人に押さえ込まれちゃった、もう逃げられないっ…)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 00:42:50.64 ID:6ZpoqSqG0 [4/5]
純「いやっ、いやーっ!!!」グスグス

憂「純ちゃん、もう観念しなよー」ハアハア

梓「どうせもう逃げられないんだしさっ」

梓「一緒に気持ちよくなった方が楽だよ」ハアハア

純「いやだっ!こんなので気持ちよくなるはずないじゃないっ!!!」

憂「えーっ、純ちゃんにも私達を触って貰いたかったのになぁ」

梓「もう純ったら、強情なんだから」

梓「こうなったら無理やりにでも気持ちよくなって貰うからね!」

憂「えいえいっ」スリスリ

純「ひゃっ、ううっ、ぎもち良くなんかっ、んっ、ないもんっ!」ビクッ

梓「じゃあ、これはどうかなぁー」チュイチュイ

純「だめっ、そんなとこっ、汚いよっ!?」

純「んんっ、やだっ、ちょっとっ、あっ」ビクビク

憂「んー、もう少しかなぁー」サワサワ

純(いやっ、こんなのに負けたくないっ!)

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 00:51:58.47 ID:6ZpoqSqG0 [5/5]
唯「待って二人とも!」

憂「あっ、おねーちゃん!」

梓「先輩も一緒に純を気持ちよくさせてあげましょうよ!」

梓「純はなかなか頑固で」

唯「えへへ、私も、純ちゃんにその気になって欲しくて」

唯「助っ人を呼んだんだ!」

憂「スケット?」

澪「……」

純「えっ!?澪先輩!!?」

純「何で澪先輩が…!?」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:03:13.02 ID:6ZpoqSqG0
純「澪先輩っ、何やってるんですか!?」

純「早くみんなを止めてください!」

澪「ごめんっ」

澪「私も、純ちゃんを…」

純「そんなっ!?」

純「澪先輩までおかしくなっちゃったんですか!?」

唯「私達だけじゃないよっ」

ワラワラ

純「!!?」

純「いつの間にかこんなに大勢!?」

純「和先輩っ、さわ子先生まで!?」

純「私に抱きついた人だけが、おかしくなるんじゃ無かったの!?」

唯「みんなだよ」

唯「この学校全ての人が、純ちゃんと一緒に気持ちよくなりたがってるんだよっ」

純「!!?」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:17:05.63 ID:6ZpoqSqG0
純「嘘っ…」

憂「だからもう観念してね」

梓「はじめは純の大好きな澪先輩なんだから、喜びなよ!」

澪「私も、どうしたらいいかよく分んないんだけど///」

純「お願いですっ、止めてくださいっ!」

澪「こんな感じかな?」キュッ

純「っはう!!!」ビクビクッ

憂「すごいすごいっ!私達と感じ方が全然違うよ」

唯「澪ちゃんも脱いでさ、裸で抱き合いなよー」

澪「そっそうか///」ヌギヌギ

純「だめっ、私っ、そんなことされたらぁっ!!!」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:31:21.70 ID:6ZpoqSqG0
澪「じゃあ行くぞ」スッ

純「!!?」

純「はっ、はぁぁああぁあああ!!!!」

澪「ああっ、純ちゃん…」チュッ

クチャッ チュパッ

純(もうダメ、憧れの澪先輩にこんな事されたらっ)

純(私っ、もうっ!!!)

純「あっ、あんっ、きっ、気持ちいぃっ!!!」

憂「ついに純ちゃんが堕ちたよ!」

梓「これで無理やりじゃないよね?合意だよね?」

唯「やったーっ!全校のみんなで純ちゃんを犯しまくろうっ!!!!」

澪「純ちゃん、どう?ここ気持ちいい?」

純「ああっ、いいっ、いいっ!!!」

純(私もうらめぇ、どうにでもなってぇー)

唯「まあ、この人数に犯されたら、純ちゃんは衰弱ししちゃうだろうけどね」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:42:34.76 ID:6ZpoqSqG0
唯「でもそれは、可愛すぎる純ちゃんがいけないんだからね!」

?「ちょっと待ったぁーっ!!!」

唯「何者だ!?」

純「えっ、りつ…先輩?」

律「純君、大丈夫かい?」

律「みんなは悪霊に取り付かれているんだ!」

純「ええっ!?」

律「そうだよな、悪霊ども?」

淫魔唯「へっ、バレちゃあしょうが無いぜっ!」

淫魔唯「死ねっ!!!」

律「甘いぜっ!!!!」

律「破ぁぁあああああーーーーーっ!!!!!!!!」ドキューン

淫魔唯「ぎゃぁぁああああああああ!!!!!」ドカーン

純「律さん、貴方は一体…」

律「人呼んで寺生まれのT!地獄寺生まれ田井中律とは俺の事だっ!!!」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 01:58:23.71 ID:6ZpoqSqG0
淫魔憂「だがな寺生まれ、俺たちが一体何人いると思ってるんだ?」

淫魔梓「いくら寺生まれであっても、この人数相手に霊力が持つとは思えんな」

淫魔憂「多勢に無勢、なぶり殺しにしてくれるわっ!!!」

律「果たしてそうかな?」ニヤリ

律「貴様らが遊んでいた間、俺はこの学校全体に結界をはったっ!」

淫魔憂「なん…だと!?」

律「一撃で終わらせてやるぜっ!!!!」

律「いっけーっ!!!!!」

律「破ぁぁああああああああ!!!!!!!」ドキューン

巨大な半球状の光が学校全体を包む!

淫魔達「ぎゃぁあああああああああ!!!!!!」ドカーン

律「いくら雑魚が集まろうが、寺生まれのてきでは無い」

純「まさか…、律先輩があの寺生まれのTさんだったなんて!?」

律「純君、隠していてすまない」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:10:58.42 ID:6ZpoqSqG0
律「うっ!」ガクッ

純「律先輩!?」

律「はは、流石に今回ばかりは霊力を使い果たしちまった様だぜ」

律「かっこつけた割には情けねえなぁ…」ハアハア

澪「……」ムクリ

純「あれ?澪先輩、気が付いたんですか?」

澪?「……この時を待っていたぞ寺生まれ」

邪悪な瘴気が澪の周りに渦巻く

律「なっ!!?」

律「バカなっ、なんて事だ!?」

純「へっ、悪霊はさっき退治したはずじゃ…?」

律「こいつはっ、悪霊なんて生易しいもんじゃねえ!」

律「そいつらの親玉『大邪気王』っ!!!」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:28:32.02 ID:6ZpoqSqG0
純「何で澪先輩にそんなのが取り付いているんですかっ!?」

律「実は、澪は代々この大邪気王をその体に封印する巫女の一族、その末裔!」

純「みっ、澪先輩が!?」

律「そして俺はそれを監視する役目としていつも澪の傍に居たんだ」

純「幼馴染の二人に、そんな因縁がっ!?」

律「俺たちの周りで頻繁に起こる霊現象も、この大邪気王が誘き寄せていたもの」

律「それを退治することが寺生まれの宿命だったんだ!」

律「俺はなんとか澪を一族の因縁から解放するために、この大邪気王を倒す方法を探っていたのだが」

律「奴さん、最悪なタイミングでのお出ましだぜ」

大邪澪「ぐははっ、お前の霊力が尽きるのを待っていたまでよ!」

大邪澪「霊力が無ければ寺生まれもタダの人間も同じ、バラバラに切り裂いて食ってくれるわ!」

律「くそっ、タダでやられるか!!!」

純「律先輩っ!?」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:42:52.52 ID:6ZpoqSqG0
大邪澪「無駄な事をっ」シュバッ

ズバッ

律「ぐはぁッ!!!」

純「ああっ、律先輩っ!!!」

バタリ

律「くそっ、情けねえ、結局俺は仲間を救えねえのか…」

律「みん、な…」

邪気澪「他愛も無いな、死ねっ!!!」

律(だがっ、俺が守らなければ、みんながっ!)

律(大切な仲間がっ!!!)

律「くっそーっ!!!、負けてたまるかよーっ!!!!」

律「うぁあああああぁああああっぁあああああ!!!!!!」

ドゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!

邪気澪「なっ、なんだと!?」

邪気澪「どこにこんな力が残っているというんだ!?」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 02:52:23.96 ID:6ZpoqSqG0
律「これが、俺の最後の力だっ!!!!」

律「この命尽きてもいい、俺の全てをこの一撃へっ!!!!」

律「うぉぉぉおおぉおおおおおおおおお!!!!!!!!」

律「くらえぇぇええええ!!!!!!」

律「破ぁぁああああああああああああっ!!!!!!!!!!!」

ドギューン!!!!!!

邪気澪「これほどの力が…何故!?」

律「お前にはわからんだろうな、大切なものを守る時っ」

律「人は自分の限界を超えた力を発揮出来るんだ!!!」

邪気澪「この、大邪気王様がっ!?ば…か…なっ」

邪気澪「ぐわぁあぁああああああああ!!!!!!!!!」

ドガーン!!!!!

律「はあっ、はあっ」

純「やりましたね、律先輩っ!」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 03:06:10.04 ID:6ZpoqSqG0
澪「」グッタリ

純「澪先輩っ!」

澪「んっ、純、ちゃん?」

純「よかったー、澪先輩も無事だぁ!」

律「永年にわたる呪われの宿命に終止符が付いた」

律「これで澪も…解放された!」

律「終わりだな…」

?「ぐははははっ!!!!」

大邪気王「まだだぞ寺生まれぇーっ!!!!!!!!」

律「そっ、そんなっ!?」

純「えっ?嘘でしょ!?」

澪「あれはっ、大邪気王!?」

大邪気王「俺様を倒すとは流石だな」

大邪気王「だがタダでは死なんっ!!!」

大邪気王「俺様の最後の力でこの世界を破滅に導いてくれるわっ!!!」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 03:29:35.60 ID:6ZpoqSqG0
澪「いけないっ、大邪気王は自分もろとも世界を滅ぼすつもりだっ!」

純「ひえっ、そんな事まで出来るんですか!?」

澪「大邪気王は人の悪しき心の集合体」

澪「人の憎しみの心を増大させて、争いを起こさせる気だ!」

澪「おそらく狙いは第三次世界大戦っ、それで人類は滅亡…!?」

純「そんなっ!?」

律「さっ、させるかよーっ!」ヨロッ

大邪気王「ふははっ、今回ばかりはどうし様も無いな寺生まれ!」

大邪気王「人類同士お互いに争い、憎しみ合い、殺し合い、滅ぶがよいっ!」

律「くっそーっ!!!!」

大邪気王「さらばだ寺生まれ!!!!」

大邪気王は禍々しい瘴気となってなって、世界中に飛散した

律「ダメだった…結局俺はみんなを救えなかった」

律「世界は、これで終わりだっ!!!」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 04:00:36.74 ID:6ZpoqSqG0
和「大丈夫よ、人類は滅びないわ」

律「えっ、和!?」

憂「きっと人類は大邪気王に打ち勝ちます!」

律「憂ちゃん?」

律「どうしてそんな事が分るんだっ!?」

唯「私達、これまでの事で分ったんだよ、悪霊は外から来るんじゃ無いの」

唯「私達自身が作り出していたんだよ!」

梓「残虐性も、性欲だって、元々私達の中にあるものです」

紬「大邪気王だって、憎しみの心も本来私達の中にあるものよ」

紬「それを一人一人が自覚して、闘っていけたなら、きっと今回だって…」

律「みんな…」

律「俺は、今まで悪霊が現われる度にただ倒していたが」

律「本当は、その出処が分らなければ、結局は何も解決しないんだ」

律「俺のやっていた事はその場しのぎでしか無かった」

律「その事が、最近になってようやく分かりはじめてきたんだ…」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 04:17:33.73 ID:6ZpoqSqG0
澪「確かに人間はどうしようもないほど愚かかもしれない」

澪「でも、その愚かさを知る事は出切る」

澪「人類は大邪気王なんかに負けたりしないっ!」

澪「人類は滅んだりしないよっ!」

律「そうか…そうだなっ!」

寺生まれと大邪気王の闘いから数ヶ月経ったが、人類は滅亡していない
大邪気王の力が、人類を滅ぼすに至らなかったのか?
人類が大邪気王、己の憎しみの心に打ち勝ったのか?
それとも、既に人類は滅亡の道を辿っているのか?
その答えは、まだ出ていない…

駅のホーム

澪「本当に行っちゃうのか?」

律「ああ…」

紬「寂しくなるわね」

唯「いつでも電話してね!」

梓「体に気をつけて、元気でいてくださいね!」

律「わかってるって!」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 04:27:42.26 ID:6ZpoqSqG0
澪「やっぱりヤダっ!」

澪「行かないでよ律っ」ダキッ

律「おいおい、大げさだな、永遠の別れじゃあるまいし」

澪「でもーっ」グスグス

律「前の闘いで霊力を使い切っちゃったからな」

律「霊力をためる為に、ちょっとの間修行に出るだけだよ」

律「大丈夫さ、またすぐに会える」

澪「ううっ、早く帰って来いよ」

律「ああ…」

梓「そろそろドアが閉まりますよ」

紬「じゃあ、またねりっちゃん」

唯「お土産いっぱいよろしくね!」

梓「もう唯先輩ったら!」

一同「あはははっ」

律「それじゃ、ちょっと行ってくるよ!」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 04:49:33.33 ID:6ZpoqSqG0
律(ごめんなみんな、おそらくもう会うことも無いだろう)

律(宿命は解かれた)

律(もはや俺が澪の傍に止まる必要は無い)

律(俺はこれから、旅をしながらできるだけ多くの人々の心を、闇から救って生きるよ)

律(世界的に見たら些細な事だろうけど、それが人類を救う一歩だと信じてる)

律(俺の出切る限りで、世界に散らばった大邪気王と闘いたいんだ)

律(澪、みんな…)

律(どうか幸せにな…)


人の心に悪霊が巣食うとき、きっと奴は現われる
その名も 地獄寺生まれ田井中律!!!!

律「破ーっ!!!!」

地獄寺生まれ田井中律第七話 『さらば寺生まれまた会う日まで』 完       

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/26(日) 05:03:25.69 ID:6ZpoqSqG0
読んで下さった方
レスして下さった方
ありがとうございました

最近書いたのは

唯「愛しているとつたえて欲しい!」

唯「お葬式なんてする意味無いよ!」




すいません、平沢家はちゃんとします

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。