FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックス「なんかイカ臭いんだよとーま!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:35:11.09 ID:Bqn90HVcO [2/61]
上条「き、気のせいだろ」

インデックス「とーま!
なんか隠し事してるでしょ
わたしの目は誤魔化せないんだよ」

上条「・・・」

インデックス「もしかして・・・浮気?
とーま酷いんだよ
わたしというものがありながら!」

上条「お前といつそんな仲になったんだ俺は」

インデックス「女の子の勘は鋭いんだよ
このイカ臭さには何か陰謀があるはずなんだよ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:40:24.44 ID:Bqn90HVcO
上条「はぁ・・・仕方ねえな
ホントのこと話すか」

インデックス「最初からそうすればいいんだよ」

上条「おい、出て来ていいぞ」

イカ娘「ゲソゲソ♪」

インデックス「・・・
とーま?なんなのこの子は
ホントに浮気してたの?」

イカ娘「お前がインスタントでゲソか」

インデックス「わたしの名前はインデックスなんだよ!!」

上条「実はさ
今日から俺、このイカ娘と同棲することにしたんだ」

インデックス「・・・・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:47:01.97 ID:Bqn90HVcO
イカ娘「早く荷物をまとめていぎりすとかいう故郷へ帰れでゲソ」

上条「そういうことだから
ごめんなインデックス
出てってくれ」

インデックス「・・・なんで
なんでなんでなんで!!
なんでとーまはわたしよりこんな胡散臭くてイカ臭い女を選んだのさ!!
酷いんだよ!!」

上条「いままでのお前の生活態度思い返してみろよ」

インデックス「・・・」

上条「居候の癖に家事はしない
働きもしない
家に籠もって食っちゃ寝ばかりしやがって」

インデックス「そ、それは」

イカ娘「自業自得じゃなイカ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:56:38.08 ID:Bqn90HVcO
インデックス「そんな・・・わたしはとーまのこと好きだから甘えてただけなのに・・・・」

上条「あ?上条さん舐めんな
そんなの飯にありつく為の口実だろうが」

インデックス「ち、違うんだよ!!ほんとにとーまが大好きd」

上条「それに比べてイカ娘はなぁ
お前と同い年くらいの女の子なのに
立派に働いてんだぞ」

イカ娘「そんなに褒められるとテレるじゃなイカ」

上条「つーわけだ
ほらさっさと出てけよ」

インデックス「う、うっ、うわぁぁぁぁん
とーまなんか大嫌い!!」

ガチャ バタン

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:07:07.44 ID:Bqn90HVcO

上条「ふぅ 穀潰しがいなくなって清々したぜ」

イカ娘「わたしの役目はここまででゲソ」

上条「ああ、すまねぇな
アイツを追い出す口実に使っちまって」

イカ娘「成功報酬のエビ天寄越せでゲソ」

上条「わかってるよ
ほら
弁当だけどな」

イカ娘「美味しそうじゃなイカ!
いただくでゲソ」
ムシャムシャ

上条「エビ天が好きな女の子か
そんなのが金よりいいなんてお前変わってるな」

イカ娘「ゲソゲソ♪」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:13:08.51 ID:Bqn90HVcO

イカ娘「満腹でゲソ
じゃあそろそろ帰るでゲソ」

上条「もっとゆっくりしててもいいんだぞ」

イカ娘「口実だとしても人間がわたしの彼氏だなんて
末代までの恥でゲソ」

上条「人間って
お前もしかして宇宙人か何かなのかよ
そういやぁ髪の毛の形変だな」

サワサワ

イカ娘「か、勝手に触るなでゲソ!
髪はイカ娘の命でゲソ」

上条「わ、わるい」

イカ娘「ほんとに人間は配慮がない奴らばかりでゲソ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:18:33.18 ID:Bqn90HVcO
上条「・・・」ジー

イカ娘「な、なにジロジロ見てるんでゲソ」

上条「いやぁ
どこかインデックスの奴に似てるなぁと思ってな」

イカ娘「あんな駄目人間と一緒にしないでほしいでゲソ
不愉快だから帰るでゲソ」

上条「ああ、それなら送ってくよ」

イカ娘「お?
そんな事しなくていいでゲソ
一人で帰れるでゲソ」

上条「こんな時間に女の子を一人で帰らせるなんて
上条さんには出来ないのですよ」

イカ娘「・・・へんなの」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:25:38.65 ID:Bqn90HVcO

ーー。

上条「この時間の学園都市は危険なんだぜ
ほら、そこの暗い路地とか」

イカ娘「別に気にしてないでゲソ」

上条「お前能力者じゃないんだろ?」

イカ娘「能力者てなんでゲソ」

上条「ああ、学園都市に住んでる奴の7割くらいは変な能力持っててな
火とか雷を出したり」

イカ娘「人間ってやっぱり恐ろしい生物でゲソ」

美琴「ちょっとアンタ!!
そ、その小娘はいったいなんなのよ!!」

上条「んっ?ああビリビリか」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:33:29.62 ID:Bqn90HVcO
イカ娘「コイツ誰でゲソ?」

上条「御坂っていってなぁ
さっき言った雷の能力者だ
お前門限は大丈夫なのか?」

美琴「そんなのアンタの知ったこっちゃないじゃない!
それよりその小娘は誰よ!!
まさか・・・」

上条「(面倒くせぇ・・・・)
ああ、俺の彼女だけど」

美琴「・・・・・・」

イカ娘「・・・いま何と言ったでゲソ」

上条「ごめん
この馬鹿女いつもしつこいから撃退するまで協力してくれ」

イカ娘「エビ天」

上条「後で買ってやるよ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:42:15.77 ID:Bqn90HVcO
美琴「・・・ふ、ふぅ~ん
そうだったの
別にあたしにはアンタの恋路なんかかかか関係ないけどねっ!!」

上条「じゃあそういう事だから
またなビリビリ」

美琴「ま、待ちなさいよ!まだ話しは終わってない!」

上条「んだよ
俺たちはお前と忙しいんだよ
なぁ」

イカ娘「えっ?
・・・うん
忙しいでゲソ
基地外女は早く帰って寝ろでゲソ」

美琴「なんですってぇぇえええ!!」
バチバチバチ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:50:33.70 ID:Bqn90HVcO
バチバチバチ

イカ娘「うわわっ 人間って恐ろしいでゲソ」

上条「おい待てよ御坂」

美琴「な、なによ!!」

上条「能力者でもないコイツに危害を加えるつもりなら
ただじゃおかねぇぞ」

美琴「・・・」

上条「どうなんだよ」

美琴「・・・も、もういいわよ!!
あたし帰る!!」

上条「大丈夫だったか?」

イカ娘「だ、大丈夫でゲソ・・・
怖かったでゲソ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:56:37.92 ID:Bqn90HVcO
上条「お前火傷してんじゃねぇか」

イカ娘「おっ・・・ホントでゲソ
でもこのくらいならイカスミ付けとけば治るd」

上条「戻るぞ」

イカ娘「えっ ちょっ どこにでゲソっ!」
上条「俺んちだ
応急措置してやるから」

イカ娘「そんなのいいでゲソ!
わたしは人間みたいに貧弱には出来ていないでゲソ!」

上条「上条さんはな
目の前で女の子が怪我してるのに
そのままにしておくなんて出来ないんですよ」

イカ娘「・・・お前、変わった人間でゲソ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:04:27.86 ID:Bqn90HVcO
ーー上条宅

上条「ほら、腕出せよ」

イカ娘「この綿はなんでゲソ」

上条「消毒用エタノールを染み込ませた綿だ」
チョン チョン

イカ娘「ひゃっ!痛いでゲソ!
シミるでゲソ!!」

上条「おい暴れんな
消毒できねぇだろうが」

イカ娘「もっと優しくやれでゲソ!」

上条「ほら、終わったぞ
治らない内はあんまり腕動かすなよ」

イカ娘「腕しか器用に動かせない人間と一緒にするなでゲソ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:11:16.16 ID:Bqn90HVcO
イカ娘「もうこんな時間でゲソ
帰るでゲソ」

上条「ちょっと待った」

イカ娘「お?」

上条「お前怪我してるし
こんな時間に帰るのは身体にもよくない
今日はここに泊まってけよ」

イカ娘「な、なにを言ってるんでゲソ!
そんなこと出来ないでゲソ」

上条「そんなに今すぐ帰らないとマズいのか?」

イカ娘「べ、別にそういうわけじゃないでゲソ・・・」

上条「じゃあ、いいだろ
っていっても
帰さないつもりだったがな」

イカ娘「・・・?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:16:46.35 ID:Bqn90HVcO
上条「いや、勘違いするなよ
怪我人は安静にしてろって意味だ」

イカ娘「・・・ゲソゲソ」

上条「じゃあ寝るか」
ガチャ

イカ娘「どこに行くんでゲソ?」

上条「えっ?ああ風呂場だけど」

イカ娘「寝るんじゃなかったのでゲソ?」

上条「ああ、俺風呂場で寝るから
お前はそのベッド使っていいぞ」

イカ娘「えっ、ちょっと待つでゲソ!」

上条「ん?」

イカ娘「そんな情けはいらないでゲソ!
お前がベッド使うでゲソ
わたしはお風呂場でいいでゲソ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:26:44.42 ID:Bqn90HVcO
上条「女の子を風呂場で寝かすわけにはいかねぇんだよ」

イカ娘「わたしはこの世界を侵略しにきたんでゲソ
つまりわたしは人間の敵でゲソ!
情けなんていらないでゲソ!」

上条「またワケのわからねぇ事を
お前さぁ」

ナデナデ

イカ娘「あ、頭をなでるのはやめなイカっ!」

上条「お前がもし宇宙人でも地底人でも
俺からすればお前は可愛い女の子なんだよ」

イカ娘「・・・///」

上条「おとなしくベッドで寝ろよ
いいな?」

イカ娘「あ、あの・・・」

上条「・・・」

イカ娘「わ、わかったでゲソ・・・」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:36:22.61 ID:Bqn90HVcO

上条「うむ。
素直でよろしい
じゃあな おやすみ」
イカ娘「お、おやすみでゲソ」

ガチャ

イカ娘「・・・なんでゲソあの人間
なに考えてるのかわからないでゲソ」

イカ娘「何だかどきどきしてるでゲソ・・・・
きっと怪我のせいでゲソ」

イカ娘「・・・キュっ キュっ」

スフィンクス「にゃー」

イカ娘「うひぃっ!!な、なんでゲソこの生物!」

スフィンクス「にー にー」

ペロペロ

イカ娘「うわっ手を舐めるのはやめなイカ!!
わたしは食べ物じゃないでゲソっ!
あっちいくでゲソ!」

スフィンクス「にゃー!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:42:00.93 ID:Bqn90HVcO

上条「おい、うるせーな
なに騒いでんだよ」

イカ娘「は、早くこの化け物を追い払うでゲソっ!!」

上条「なんだよ
猫嫌いなのかお前」

イカ娘「はぁはぁはぁ・・・」

上条「スフィンクス
こっち来い」

スフィンクス「にゃー」

上条「まったく世話が焼けるなぁ」

イカ娘「早くドア閉めるでゲソっ!」

上条「へいへい」

バタン

イカ娘「・・・今日はひどい目にあったでゲソ」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 02:48:24.41 ID:Bqn90HVcO
イカ娘「なんだか侵略する気力も自信も無くなってきたでゲソ・・・・」

イカ娘「それにしてもこのベッド
女々しい匂いがするでゲソ」

イカ娘「・・・さみしいでゲソ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 03:03:20.25 ID:Bqn90HVcO
ガチャ

イカ娘「ねぇ、まだ起きてるでゲソか?」

上条「んっ?ああ
どうしたんだよ
寝れないのか?」

イカ娘「平たく言えばそうでゲソ」

上条「んで?
上条さんはどうすればいいんだ
子守歌でも歌えばいいのか」

イカ娘「さみしいでゲソ
今日怖い目にあったから余計さみしいでゲソ」

上条「・・・で?」

イカ娘「・・・その・・・・えっと
やっぱり今のはナシでゲソ
おやすみでゲソ」

上条「ちょっとストップ!」

イカ娘「・・・」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 03:10:49.97 ID:Bqn90HVcO
上条「何か悩みがあるなら俺に相談してみたらどうだ
頼りにはならないが聞いてやることは出来ますよ」

イカ娘「い、いいでゲソ
大したことじゃないでゲソ」

上条「おいイカ娘」

イカ娘「お?・・・きゃっ」

上条「よっと」

イカ娘「うわわっななななにするんでゲソ!」

上条「何って
上条さんの膝の上に乗せただけですよ」

イカ娘「や、やめなイカっ!
い、いっいますぐ離すでゲソっ!」

上条「このほうが話しやすいだろお前」

イカ娘「あわわ・・・」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 03:20:30.08 ID:Bqn90HVcO
上条「で、何悩んでんだよ」

イカ娘「・・・」

上条「なんだよ素直じゃないなお前は」

ナデナデ

イカ娘「あ、頭撫でるのはやめなイカ・・・」

上条「そーいやぁお前頭に面白い帽子被ってるなぁ」

イカ娘「それ絶対取っちゃ駄目でゲソ」

上条「そうなのか
まあ理由は聞かないけど」

イカ娘「・・・お前は変でゲソ」

上条「ん?何がだ」

イカ娘「わたしが人間じゃないのはホントでゲソ
お前も気付いてるはずでゲソ」

上条「まあ、色々と変わってるからな
それにお前華奢な身体してる癖に重いから」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 03:28:40.95 ID:Bqn90HVcO
イカ娘「どうして気持ち悪がらないんでゲソ
普通の人間なら本来避けるはずでゲソ」

上条「さっき言っただろ
お前がたとえ宇宙人でも地底人でも
俺から見ればお前は可愛い女の子だって」

イカ娘「人間ってお前みたいな奴ばかりでゲソか?」

上条「いいや
普通なら避ける奴が大半なんだろうけどな
俺は他の奴より色んな場数を踏んでるってだけだ」

イカ娘「ふぅ~ん
お前は特別なわけでゲソか」

上条「おいおい
あんま俺を過大評価すんなよ」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 03:37:26.59 ID:Bqn90HVcO
イカ娘「ゲソゲソ・・・お前といると飽きないでゲソ」

上条「それはどうも」

イカ娘「ねぇ」

上条「ん?」

イカ娘「お前の名前は何ていうんでゲソ?」

上条「名前か
上条当麻だけど」

イカ娘「かみじょーとーまでゲソか
じゃわたしもあの女と同じで
とーまって呼ぶでゲソ」

上条「ああ、お前の好きに呼んでくださいよ」

イカ娘「わたしは『お前』じゃないでゲソ
イカ娘っていう立派な名前があるんでゲソ」

上条「わかってるよ」

イカ娘「わかってるのなら次からは名前で呼んでくれでゲソ」

上条「わかりましたよ」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 03:43:31.90 ID:Bqn90HVcO

イカ娘「イカ娘イカ娘キュっキュっ」

上条「なに歌ってんだ」

イカ娘「内緒でゲソ」

上条「どうだ
少しは落ち着いてきたか?」

イカ娘「うん
とーまの膝の上は暖かくて落ち着くでゲソ」

上条「そりゃあよかった」

イカ娘「・・・もう少しこのまま乗せててほしいでゲソ」

上条「ああ、飽きるまで乗ってていいぞ」

イカ娘「ゲソゲソ」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 03:51:26.36 ID:Bqn90HVcO
上条「(しかしやっぱ重いなぁ
何キロあるんだ)」

イカ娘「重い?」

上条「ふっ・・・上条さんはこの位の重さで潰れたりはしませんよ」

イカ娘「無理してるの見え見えでゲソ」

上条「上条さん舐めんなよ
その気になれば砲弾でも素手で止められますよ」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 03:58:01.20 ID:Bqn90HVcO
イカ娘「じゃあ」

上条「ん?」

イカ娘「・・・わたしの体に腕を回してぎゅっとしてほしいでゲソ」

上条「(ななななんだこのエロ嬉しいフラグは)」

イカ娘「とーま?」

上条「あ、ああ
こ、こうでしょうか」

ギュッ

イカ娘「っ・・・」

上条「はぁはぁはぁはぁ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 04:07:41.67 ID:Bqn90HVcO
イカ娘「ありがとうでゲソ
じゃあわたしベッドで寝てくるでゲソ」

上条「えっ」

イカ娘「・・・人間とわたしは相容れない存在なんでゲソ
一線は越えちゃいけないでゲソ
これがわたしに出来る最大の譲歩でゲソ
ごめんでゲソ・・・」

上条「ふ・・・不幸だぁぁぁあ」

イカ娘「とーまは好きでゲソ
・・・でもこの感情は忘れるでゲソ
おやすみなさいでゲソ」

上条「」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 11:19:06.26 ID:Bqn90HVcO
上条「ふっふふふふふ・・・」

イカ娘「・・・」

上条「相容れない存在だと?」

イカ娘「ゲソゲソ」

上条「そんなの誰が決めた
本当に相容れない存在か試してみればいいじゃないか」

イカ娘「た、試すって何をでゲソ」

上条「・・・」

ガバッ

イカ娘「ひゃあっ!!?」

上条「このままベッドに行くぞ」

イカ娘「ちょっちょっと待つでゲソ!
そういうのはお互いの了承のもとに成り立つd」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 11:30:08.56 ID:Bqn90HVcO
ーー

ドサッ

イカ娘「酷いでゲソ!一方的過ぎるでゲソ」

上条「ほんとに嫌ならここで止めるけど
嫌なのか?」

イカ娘「・・・」

上条「どうなんだよ」

イカ娘「ぅぅぅぅ・・・・・
あっ!エビフライが空飛んでるでゲソ!」

上条「ふぅ~ん」

イカ娘「い、イカァ・・・」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 11:38:16.30 ID:Bqn90HVcO
上条「チッ わぁったよ やめる」

イカ娘「・・・えっ」

上条「なに意外そうな声出してんだ」

イカ娘「・・・ここまできて諦めるでゲソ?」

上条「お前どっちだよ」

イカ娘「ううう・・・もう知らないでゲソ
好きなようにすればいいでゲソッ」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 11:43:01.71 ID:Bqn90HVcO
上条「いいんだな?」

イカ娘「・・・どれだけ人間と違うか
きっと思い知るでゲソ」

上条「・・・」

イカ娘「き、気が変わらない内に抱きしめるなり触るなり早くしなイカっ!!」

上条「ああ」

サワサワサワ

イカ娘「・・・っ」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 11:52:13.63 ID:Bqn90HVcO
サワサワサワ

上条「・・・んっ?」

イカ娘「ど、どうしたんでゲソ」

上条「いや
インデックスの奴より肌の質がいいな、と」

イカ娘「・・・そんなのどうだっていいでゲソ」

上条「じゃあ次は」

モミモミ

イカ娘「あっ・・・・・・んんっ」

上条「なんだ
柔らかいじゃないか
心配して損したぜ」

イカ娘「や、やだ・・・やめなイカ・・・・・そんなとこ触るのはああん」

上条「ずいぶん敏感だなぁ」

イカ娘「や、やっぱりやめるでゲソ
恥ずかしくて死にそうでゲソ・・・」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 14:12:38.92 ID:Bqn90HVcO
上条「もう止まらねえよ」

イカ娘「やっあっ・・・・・ふぁぁっ」

上条「揉みごたえのない胸だな」

イカ娘「こ、これから成長するでゲソ」

上条「そうかそうか」

イカ娘「はぁ・・・はぁ・・・」

上条「さて、次は
いちばん敏感そうなココを」

イカ娘「あっ待つでゲソ!そこはだmぁぁぁっっん」

クチュクチュ

上条「ずいぶん濡れてんなぁ」

イカ娘「あんっや、やめなイカぁぁ」

上条「・・・形は人間と同じだな
どこが相容れない存在だよ」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 14:21:12.45 ID:Bqn90HVcO
イカ娘「まじまじと見るなでゲソ!!」

上条「こんだけ濡れてれば・・・」

イカ娘「ふぇっ?・・・あっ」

上条「コイツがすんなり入りそうだ」

イカ娘「!!
わ、わたしの頭の形に似た物体でゲソ・・・・グロテスクでゲソ・・・」

上条「なんだ見たのは初めてか?」

イカ娘「・・・それをどうする気でゲソ」

上条「これを挿れるんだよ
ココに」

クチュクチュ

イカ娘「んあっ・・・待つでゲソっ
そ、そんな太いの入らないでゲソ」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 14:26:20.06 ID:Bqn90HVcO
上条「好きにしろって言ったのはお前だろうが」

イカ娘「そうだけどそんな話し聞いてないでゲソ!
きっと裂けるでゲソ!死んじゃうんじゃなイカ!!?」

上条「この程度で死ぬ奴なんかいねぇよ」

イカ娘「で、でも
痛いんじゃなイカ?」

上条「心配するな
上条さんは無理やり押し込んだりしませんよ」

イカ娘「イカァ・・・・・」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 14:34:04.55 ID:Bqn90HVcO
上条「いいな?体の力をぬいとけよ」

イカ娘「ままま待つでゲソ
まだ心の準備が出来てないでゲソ!」

上条「わかったよ」

イカ娘「すーはぁ すーはぁ すーはぁ
・・・
もう大丈夫でゲソ」

上条「いいんだな?後悔すんなよ」

イカ娘「そんな怖いことギリギリで言うなでゲソ!!」

上条「冗談だよ」

イカ娘「はぁ・・・もう、挿れるなら早く挿れるでゲソっ!」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 14:41:42.69 ID:Bqn90HVcO
上条「・・・」

ズプッ

イカ娘「!!・・・あっ・・・・んんんんっ」

上条「おい、力抜けって
全部入らないだろ」

イカ娘「ううう・・・だって・・・なんか変な感じなんでゲソぉぉ」

上条「おい、イカ娘
深呼吸しろ深呼吸」

イカ娘「んっんんっ
・・・・すーはー すーはぁ」

上条「よし」

ズプププ

イカ娘「ッッッッッッッッッッッッ!!!」

上条「くっ・・・俺のドラゴンヘッドに吸い付いてきやがる・・・・」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 14:49:24.61 ID:Bqn90HVcO
イカ娘「ッッッあああっああんんんにゃあああ」

上条「おい大丈夫か?」

イカ娘「い、い、い、痛いぃぃっ!!
死ぬでゲソぉ・・・苦しいでゲソ・・・あんっ」

上条「心配すんなよ
すぐ痛みは消えるはずだから」

イカ娘「ゲソぉぉゲッソぉぉぉぉん
うわぁぁぁん」

上条「ちょっ馬鹿
うるせぇって!近所迷惑だろ」

イカ娘「だっだぁってぇぇ」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 17:14:19.09 ID:Bqn90HVcO
上条「仕方ねえな」

チュッ

イカ娘「んっ!?んんんんー
な、なにするんでゲソ!」

上条「こうすりゃ声出なくなるし」

イカ娘「んっはぁんっっちゅっん」

上条「・・・そろそろ出し入れしてもいいか?」

イカ娘「・・・んっ」コク

上条「うおおお」

ジュプ ジュプ ジュプ

イカ娘「うっあぁぁぁっんはふぁひゃあぁぃぃっっっ!!」

上条「なんて締まりの良さだ
くっ・・・こりゃあ長く保ちそうにねぇな」

イカ娘「んっはぁあんっとーまぁぁぁぁ気持ちいいでゲソぉ
もっとぉぉもっと奥まで突いていいんじゃなイカぁぁあっぁぁん」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 17:22:10.35 ID:Bqn90HVcO
上条「なんだイカ娘
ずいぶん素直じゃないか」

イカ娘「あんあんっもう何も聞かないでくれな、イカっあっあぁぁぁあ」

上条「うぐっ 出すぞイカ娘!」

イカ娘「あんっはぁはぁだ、出すってなにをでゲソぉぉ?」

上条「精液に決まってんだろ
中に出していいか?」

イカ娘「そ、そんなことされたら・・・わたし、に、妊娠しちゃうでゲソぉぉぉ」

上条「すまん
もう我慢できねぇ」

イカ娘「いやあああああ妊娠なんかしたくないでゲソぉぉぉ
中に、中に出さないでぇぇぇえ!!」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:17:27.77 ID:Bqn90HVcO
上条「おっしゃああああああ」

イカ娘「離してっ!!離すでゲソぉぉぉうわぁぁぁん」

ドピュ ドピョ

イカ娘「うっあぁぁぁっ・・・中に出てるでゲソ
嫌だって言ったじゃなイカ・・・ひどいでゲソ」

上条「・・・ふぅ」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:21:54.89 ID:Bqn90HVcO
イカ娘「うっ・・・うぅぅ・・・ひんっ グスン・・・スンスン
ゲソぉ・・・・・」

上条「これで受精してればイカ娘でも人間の子供を産めるってことだ
つまり相容れるってことなんだが」

イカ娘「わたしもう国に帰るでゲソ!
人間はやっぱり怖い生き物でゲソ!!!」

上条「ごめんな
イカ娘があまりに可愛かったもんだから」

イカ娘「・・・妊娠したら責任とってもらうでゲソ!!

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:23:37.34 ID:Bqn90HVcO

ーー数ヶ月後

を書くのはやめとこう
イカスレの人に殺されそうでゲソ

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:26:54.58 ID:euXydEYd0 [1/2]
そんな事はないんじゃなイカ


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:29:20.61 ID:Bqn90HVcO
>>157
そうでゲソ?

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:36:32.06 ID:Bqn90HVcO
ーー数ヶ月後
ピンポーン

上条「ん?誰だこんな真夜中に」

ガチャ

イカ娘「・・・」

上条「い、イカ娘!
お前いままでどこ行ってたんだよ
あれ以来どこ探してもいなくて心配してたんだぞ」

イカ娘「ちょっと里に帰ってたんでゲソ」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:39:10.92 ID:Bqn90HVcO
上条「そうか
で、こんな時間にどうしたんだよ」

イカ娘「・・・何か気付かなイカ?」

上条「何かってなんだよ
んっ そういやお前、こないだより太ったか?
特に腹周りが」

イカ娘「・・・」

上条「・・・えっ」

イカ娘「責任とってくれなイカ?」

上条「・・・
ふ、ふ、不幸だあああああああ」

イカ娘「自業自得でゲソ」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:40:12.85 ID:Bqn90HVcO [60/61]
おわり

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 22:45:52.07 ID:Bqn90HVcO [61/61]
ありがとうでゲソ
酷い出来だったけど最後まで書けて嬉しいでゲソ
お前らのおかげじゃなイカ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。