FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「りっちゃんがカチューシャになっちゃった」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 01:25:33.92 ID:5SjVW/cXP
カチューシャ「・・・」

唯「大変だあ」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 01:37:23.10 ID:5SjVW/cXP
唯「りっちゃーん」

カチューシャ「・・・」

唯「おーい」

カチューシャ「・・・」

唯「返事がない」

カチューシャ「・・・」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 01:40:37.14 ID:5SjVW/cXP
ドア「ガチャ」

梓「こんにちはー」

唯「あ、あずにゃーん!」

梓「どうしたんですか?」

唯「りっちゃんがカチューシャになっちゃたんだよ」

梓「本当ですか。それは大変ですね」

カチューシャ「・・・」

梓「律先輩?」

カチューシャ「・・・」

唯「全然返事してくれないんだよ」

梓「カチューシャには口がついてませんから」

唯「あ、そうか。あずにゃん頭いい!」

梓「褒めても何も出ませんよ?」

唯「何も出ないの?」

梓「はい」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 01:44:18.64 ID:5SjVW/cXP
唯「じゃあ褒めなくていいや」

梓「賢明な判断ですね」

カチューシャ「・・・」

唯「りっちゃんはどうしよう?」

梓「私はカチューシャつけたことないからわからないですね」

唯「私はあるよ。カチューシャつけたこと」

梓「そうですか」

唯「私にならなんとかできるのかな?」

梓「私に聞かれても困ります」

唯「だよね」

カチューシャ「・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 01:48:32.21 ID:5SjVW/cXP
ドア「ガチャ」

足音「スタスタスタ」

澪「お疲れー」

唯「澪ちゃんおいっす」

梓「こんにちは」

唯「澪ちゃんにお知らせがあります」

澪「なんだ?」

唯「りっちゃんがカチューシャになっちゃった」

澪「意外と重大なお知らせだった」

梓「意外と重大って漢字の形が似てますよね」

澪「そうかな?」

唯「どんな漢字かわからないよ」

梓「すいません、レベルの高い会話をしてしまって」

澪「これから気をつけるよ」

カチューシャ「・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 01:52:48.50 ID:5SjVW/cXP
澪「それにしても律がカチューシャになるなんてな」

唯「幼馴染なのに予想できなかったの?」

澪「唯が思ってるほど幼馴染はすごくないよ」

唯「でも私は和ちゃんが眼鏡になったときも予想できたよ?」

梓「きっと個人差があるんですよ」

唯「そうなんだ」

澪「おーい律」

カチューシャ「・・・」

唯「おーいお茶」

梓「澪先輩、カチューシャは口がないから喋れないんですよ」

澪「あ、そういう感じなんだ」

梓「はい」

カチューシャ「・・・」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 01:57:42.47 ID:5SjVW/cXP
唯「そうだ」

梓「どうしたんですか?」

唯「りっちゃんを元に戻す方法考えたよ」

澪「へえ。教えてくれる?」

唯「だれかの頭にりっちゃんをつけてみるの」

澪「いいアイディアだね」

梓「早速やってみましょう」

カチューシャ「・・・」

澪「誰の頭につけてみる?」

唯「あずにゃん付けてよ」

梓「私ですか?」

唯「あずにゃんはあずにゃんしかいないよ」

梓「そうですね。では失礼して」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 02:01:16.15 ID:5SjVW/cXP
梓「・・・どうですか?」

カチューシャ「・・・」

唯「かわいいよ」

澪「意外と似合ってるな」

梓「それはありがとうございます」

唯「どういたしまして」

梓「でもそうじゃなくて、律先輩は元に戻りそうですか?」

唯「なんで私に聞くの?」

梓「なんとなくです」

澪「唯が最初に気付いたから、戻った時も唯が気付くんじゃないかな?」

唯「なるほど。そっかあ」

梓「それで?どうですか?」

唯「似合ってるよ」

梓「ありがとうございます」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 02:08:44.15 ID:5SjVW/cXP
カチューシャ「・・・」

唯「ねえ」

澪「何?」

唯「カチューシャとりっちゃんって、どっちが可愛いかなあ」

梓「難しい比較ですね」

唯「澪ちゃんはどう思う?」

澪「ええっと、人間として可愛いのはやっぱり律なんじゃないか?」

唯「やっぱり?」

澪「え?」

唯「なんでやっぱりって言ったの?」

澪「さあ、良く考えたらなんで言ったのかな」

唯「やっぱりって言葉はすごく日本語らしいと思うんだよね」

梓「なんでですか?」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 02:13:04.13 ID:5SjVW/cXP
唯「日本人って、集団から孤立することを嫌がるでしょ?」

澪「そうだね」

唯「だから、自分の意見の前にやっぱりって言うことで、私は少数派じゃないですよアピールをしてるんだと思うんだ」

梓「なるほど」

澪「その説、唯が自分で考えたのか?」

唯「テレビで誰かが言ってた」

澪「やっぱり」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 02:15:46.76 ID:5SjVW/cXP
カチューシャ「・・・」

唯「あ」

梓「どうしました?」

唯「あずにゃん、りっちゃんを付けたままだね」

梓「そういえばそうでした。もうはずしますね」

唯「似合ってるのに?」

梓「これは律先輩のものですから」

唯「それがりっちゃんなんだよ」

梓「これは律先輩ですから」

唯「うん。それで正しいよ」

カチューシャ「・・・」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 02:25:15.15 ID:5SjVW/cXP
唯「そういえば、ムギちゃん遅いね」

梓「ムギ先輩来るんですか?」

唯「当たり前だよ」

澪「ムギは昨日たくあんになっただろ?」

唯「あ、そうだったね」

梓「ムギ先輩はいつ元に戻るんでしょうね」

唯「早く戻ってほしいな。ムギちゃんのケーキ食べたいもん」

澪「おいおい、ケーキ目当てか?」

唯「もちろんムギちゃんも好きだよ」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 02:28:05.63 ID:5SjVW/cXP
唯「あ」

澪「どうしたんだ?」

唯「良く考えたらムギちゃんもここにいるね」

たくあん「・・・」

梓「そうですね」

澪「気付かなかったよ」

唯「ムギちゃん、早く元に戻ってほしいなあ」

梓「何かいい方法はないんですか?」

たくあん「・・・」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 02:31:57.40 ID:5SjVW/cXP
唯「いいこと思いついたよ」

梓「教えてくれますか?」

唯「たくあんを食べたら元に戻るかも」

澪「食べるのか」

唯「駄目かな?」

梓「どうやって食べ・・・いや、食べたらムギ先輩が死んじゃうんじゃないですか?」

唯「それは問題だね。だったら舐めるのはどうかな?」

たくあん「・・・!」

唯「あれ?」

澪「どうした?」

唯「いまムギちゃんが反応したような気がする」

梓「私は気付きませんでしたよ」

澪「私もわからなかった。気のせいじゃないか?」

唯「きっとそうだね」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 02:37:16.86 ID:5SjVW/cXP
カチューシャ「・・・」

たくあん「・・・」

唯「舐めてみようよ」

澪「誰が舐めるんだ?」

唯「ここはやっぱりあずにゃんだね」

梓「やっぱり私ですか」

唯「予想できた?」

梓「はい、なんとなく」

澪「梓、頑張れよ」

唯「舐めればムギちゃんが元に戻るよ。たぶん」

澪「唯、自分に自信を持った方がいいよ」

唯「そうだね。あずにゃん、舐めればムギちゃんが絶対に戻るよ」

梓「わかりました・・・では失礼して」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 02:47:00.26 ID:5SjVW/cXP
梓「ペロ・・・」

たくあん「!」

唯「おお!」

澪「どうだ!?」

唯「ムギちゃんが元に戻った!」

澪「おお!」

梓「や、やりましたね」

紬「ありがとう。助かったわ」

梓「ムギ先輩、舐めちゃってすいません」

紬「気にしないで」

唯「あずにゃんは今日の勇者だね」

梓「ありがとうございます」

カチューシャ「・・・」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 02:58:15.41 ID:5SjVW/cXP
澪「この勢いで律も元に戻らないかな?」

カチューシャ「・・・」

紬「唯ちゃん、何かいい方法はない?」

唯「さっきから思ってたんだけどさ」

梓「なんですか?」

唯「みんな、真面目にりっちゃんを元に戻す方法考えてる?」

澪「私なりに頑張って考えてるよ」

梓「唯先輩みたいなすごいアイディアが思いつかないんですよ」

唯「私はアイディアマンなんだね」

紬「アイディアウーマンじゃない?」

唯「アイディアガールのほうがかわいいよ」

梓「じゃあ唯先輩はアイディアガールですね」

唯「えへへ」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 03:07:51.07 ID:5SjVW/cXP
澪「アイディアガールの唯さん」

唯「はい!」

澪「律を戻すいいアイディアは見つかりましたか?」

唯「見つかりました!」

紬「ぜひ聞かせてほしいわ」

唯「りっちゃんにケーキを食べさせる!」

梓「ど、どうやって?」

澪「口がないからな」

唯「そうだねー。ケーキをくっつければいいと思う」

澪「べちゃっと?」

唯「べちゃっと」

紬「・・・ケーキ用意するね」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 03:11:57.12 ID:5SjVW/cXP
紬「はい、用意しました」

唯「早いね」

紬「持ってきてたからね」

唯「でもムギちゃんはたくあんだったんだよ?」

紬「あっ」

澪「まあまあ、ケーキが見つかったんだからそれでいいだろ?唯」

唯「そうだね」

梓「じゃあ私が今付けてるカチュ・・・律先輩を机に置いて」

唯「元の席に戻そうよ」

澪「机じゃ駄目なのか?」

唯「なんとなく駄目だと思う」

梓「で、では元の場所に戻しますね」

カチューシャ「・・・」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 03:17:11.11 ID:5SjVW/cXP
唯「澪ちゃんが食べさせてあげてよ」

澪「わかったよ」

紬「はい、切ったわよ」

澪「じゃあ行くぞ律。あーん」

ケーキ「ベチャ」

カチューシャ「・・・!」

澪「ど、どうだ唯」

唯「うーん・・・」

梓「律先輩は元に戻りましたか?」

唯「駄目みたい」

澪「駄目だったか・・・」

紬「残念ね」

カチューシャ「・・・」

澪「カチ・・・律がケーキでべちょべちょになっちゃったな」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 03:22:54.55 ID:5SjVW/cXP
梓「拭いてあげましょう」

唯「待って。りっちゃんはケーキを食べてる途中かもしれないよ」

澪「口がないのに?」

唯「だからこそ全身で食べてるかもしれないんだよ。ケーキは拭かないであげて」

梓「わかりました」

唯「私たちもケーキ食べようか」

紬「そうね。ちょうど人数分切ったから」

唯「あれ?5切れ残ってるよ?」

紬「りっちゃんの分よ。戻った時のために」

唯「りっちゃんはもう食べたじゃん」

澪「カチューシャの状態で食べるのとはまた違うかもしれないだろ?」

唯「それはずるいよ。私たちがじゃんけんして勝った人がもうひと切れ食べようよ」

梓「律先輩はどうやってじゃんけんするんですか?」

唯「あ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 03:26:23.13 ID:5SjVW/cXP
カチューシャ「・・・」

唯「りっちゃんは不戦敗になっちゃうね」

澪「ごめんな、律」

唯「じゃあいくよ!じゃんけんぽん!」

梓「私の勝ちですね」

唯「あずにゃんおめでとう。2切れ食べれるね」

梓「そうだ、ひとつは取っておいて家で食べますよ」

唯「あずにゃん計画的だね」

梓「それほどでもないです」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 03:33:36.34 ID:5SjVW/cXP
唯「ケーキ美味しかったね」

紬「ありがとう」

チャイム「キーンコーンカーンコーン」

唯「あ。チャイムが鳴っちゃった」

紬「下校時刻ね」

澪「そろそろ帰るか~」

ドア「ガチャ」

憂「お姉ちゃん。迎えに来たよ」

唯「あ、うい~。和ちゃんも一緒だね」

メガネ「・・・」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 03:37:06.90 ID:5SjVW/cXP
憂「お姉ちゃん、さわ子先生が呼んでたよ」

唯「そうなの?なんで?」

憂「お姉ちゃんの成績がいいから褒めてくれるんだよ。きっと」

唯「うれしいな。じゃあ行ってくるからここで待ってて?」

憂「一人で行ける?」

唯「私はお姉ちゃんだから大丈夫だよ」

憂「さすがお姉ちゃんだね」

唯「行ってきまーす」

ドア「ガチャ バタン」

カチューシャ「・・・」

メガネ「・・・」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 03:59:32.71 ID:5SjVW/cXP
澪「・・・もう行ったよな」

憂「行きましたね」

律「・・・っはあ!ティッシュくれティッシュ!」

紬「どうぞ」

律「さんきゅー。いやーまいったよカチューシャと頭がべちゃべちゃだ」

和「律が頭にケーキくっつけてるの見たときは吹き出しそうになったわ」

憂「今度はどういうことに?」

澪「律がカチューシャになっちゃったんだってさ。あ、ケーキくっつけてごめんな」

律「いいって。梓は私のためにケーキ残してくれたんだよな?ありがとう」

梓「いえいえ。律先輩はすごく頑張ってくれましたから」

和「ごめんね、私も手伝いたいんだけど」

澪「なかなか唯がメガネから戻そうとしないからなあ」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 04:00:50.26 ID:5SjVW/cXP
紬「私は早く元に戻れて運が良かったのかしら」

憂「紬さん元に戻れたんですか。良かった」

梓「唯先輩が早くケーキを食べたかったからかもしれないですね」

憂「みなさん・・・本当にありがとうございます。お姉ちゃんのために」

梓「お礼はいいって何回も言ってるでしょ?」

律「唯は友達だからな。当然だよ」

憂「お姉ちゃんがああなった時はすごく困りましたけど・・・
  みなさんがこうやってお姉ちゃんと向き合ってくれてるおかげで」

澪「もういいって。憂ちゃんは家でもっと大変なんだろうし」

憂「そんな・・・でも私もなにか物にされないかはいつも心配ですけど」

律「そうなったら私たちが何とかするよ」

憂「そこまで迷惑を掛けるわけには」

澪「しっ!足音が!」

ドア「ガチャ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 04:01:56.36 ID:5SjVW/cXP
唯「やっぱりさわちゃんに褒められたよ!テストの答えがすごく独創的だって!」

憂「良かったね
お姉ちゃん!」

メガネ「・・・」

カチューシャ「・・・」

唯「あれ?りっちゃんについてたケーキが無くなってるよ?」

澪「ん?本当だ。食べたのかな」

唯「すごい!りっちゃんはカチューシャになっても食いしん坊なんだね!」

憂「そろそろ帰ろうか?お姉ちゃん」

唯「あ!憂大変だよ!」

憂「どうしたの?」

唯「澪ちゃんがしましまパンツになっちゃった!」

しましまパンツ「・・・!」

カチューシャ「・・・くすっ」


おわり


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/10(水) 04:19:59.13 ID:5SjVW/cXP
読んでくれた人ありがとうございましたー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。