FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木原数多「折角だから俺も能力開発受けてみた」

832 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 21:41:04.41 ID:LAbyBv.o [2/7]
唐突に電波を受信したので一発ネタ投下
流れを全く読まずに2~3レスほどお借りします


833 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 21:42:42.52 ID:LAbyBv.o [3/7]

研究員「お疲れ様でした。以上でカリキュラムは終了です」

木原「ふぅ~、ちょっくらしんどかった。やっぱ俺も年だねぇ、引退を考えようか」

研究員「こちらが開発結果です。お受け取り下さい」

木原「はい、どーも。んー、どれどれー?」


結果:レベル5 (順列:1位)


木原「…………」

木原「え? マジ?」



834 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 21:43:43.30 ID:LAbyBv.o [4/7]
~翌日~


研究者「てなワケでさっそく第一位になったのでレベル6を目指して下さい」

木原「え? 何ソレ脈絡無さ過ぎない?」

研究者「あのレベル6に一番近いと言われた一方通行よりも上なんですよ! こうなるのは必然じゃないですか!」

木原「いやそれ良くわかんない」

研究者「というわけでレベル6シフト実験って事でツリーダイヤグラムは使えないのでロクメンタイダイスを使って実験内容を決めます」

木原「それただのサイコロだよね? 幾らなんでもグレードダウンにも程があるよな?」

研究者「何が出るかな♪ 何が出るかな♪」テレレテンテン テテテテン♪

木原「って、よりによってお昼の一時のノリ!?」

研究者「一方通行虐殺! 略して?」

観客「「「あくさつー!!」」」

木原「ちょっと待て今観客出てきたぞ!? 実験じゃなくてバラエティじゃないこれ!?」



835 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 21:44:27.35 ID:LAbyBv.o [5/7]

研究者「というわけで2万体の一方通行くん入場でーす!」

一方通行×2万「「「「「うィーっす」」」」」

木原「気持ち悪ッ! 2万体いっぺんに出てくるとか気持ち悪すぎるッ!!」

研究者「尚、一方通行のクローン製作は何故か成功してみんなレベル5になりました」

木原「オォォォォォイ!? それ普通にスゲェじゃん!! もう俺の実験とかサイコロで決めてないでレベル5量産して世界支配しちゃえばいいじゃん!!!」

研究者「え、でももうサイコロ振っちゃったし」

木原「そういう問題かよ!? っていうか2万体の万全な一方通行とガチバトルとか幾ら序列上とはいえポッと出のレベル5の俺でも普通に死亡フラグだと思うんですけど! 勘弁してくれません!?」

研究者「れでぃー、ふぁいっ」カーン

一方通行×2万「「「「「うォォォォォォォ!!」」」」」ドドドドドドドド

木原「ギャアアアアアアアア!! 怖いっていうかキモいっていうかキモ怖い!?! 助けてぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」


研究者「あ、ハイ。実験ですか? なんか面白いし成功って事でいいんじゃないでしょうか?」


~劇終~


836 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 21:45:25.78 ID:LAbyBv.o [6/7]
以上です
既出っぽい不安もありましたが勢いで無視しました!

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月刊少年ガンガン 03月号 なんたらかんたら

月刊少年ガンガン とある魔術の禁書目録 第19話「木原数多」 ようやく打ち止めと再会を果たした一方通行。 しかし、突如現れた集団猟犬部隊が彼らを襲う。 やがて一方通行の前に、猟犬部隊を率いる白衣の男 木ぃぃぃぃぃぃぃ原くぅぅぅぅぅぅん がその姿を表す!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。