FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂梓「乙女な災害対策!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 22:59:27.12 ID:fULhiMsxO
梓「なんか暇だね、憂。」

憂「そうだね、梓ちゃん。」

梓「外はいきなり雨が降りだしてるし。」

憂「そうだね。」

梓「私の家って音楽関係の物しかないから、こんな日は困るんだよね」

憂「でも私の家だと、お姉ちゃんが邪魔だって言ったのは誰だったかな?」

梓「・・・そうでした。」

憂「うーん、梓ちゃん家ってゲームとかおもちゃとか無いのかな?」

梓「おもちゃ・・・憂の口から出るとなんか淫靡な香りがするね。」ゴクリ

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:02:24.00 ID:fULhiMsxO
憂「そうかな?」

梓「なんとなくね。」

憂「ふーん、変な梓ちゃん。」

梓「あ!そう言えば・・・」

憂「ん?なにかな?」

梓「ちょっと待っててね。」

・・・

梓「お待たせ。」

憂「なにかな、その鞄?」

梓「災害用の避難袋だよ。母さんに点検する様に言われてたのすっかり忘れてたよ。」

憂「それはちょうどいい退屈凌ぎだね。」

梓「うん。ついでだから使えるかどうかも確認しとかないとね。」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:04:05.65 ID:fULhiMsxO
憂「えっとまずは・・・ロープだね。」

梓「ロープと言うか縄かな。」

憂「赤いのは目立つからかな?」

梓「きっとそうだよ。」

憂「うん、なかなかシッカリしてるし、大丈夫だね。」

梓「だね。次は蝋燭か。」

憂「これも赤いんだね。」

梓「赤が好きなのかな?もしかしてシャア専用だったりして。」

憂「ごめん、それちょっと分からないよ、梓ちゃん。」

梓「・・・あ、そう。」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:06:32.64 ID:fULhiMsxO
憂「次は、なんだろこれ?ハタキにしてはちょっと変だよね?」

梓「そうだね、なんに使うのかな?」

憂「取り敢えず保留かな?」

梓「そうだね。次は?」

憂「うん、これもよく分からないね。おっきい注射器かな?」

梓「またよく分からないね、これも。」

憂「これも保留かな?次は・・・なんだろ、水着にしては素材が変だよね。エナメルレザーかな?」

梓「なんか溺れる気満々な感じだよね。」

憂「あはは、だよね。」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:10:20.57 ID:fULhiMsxO
梓「それも保留かな、次は?」

憂「次は、ハイヒール?だけど、踵が凄く細くて高いよ、これ?」

梓「ふむ、足元にガラスなんかが散らばってる時用かな?」

憂「なるほど・・・災害用品は奥が深いね。」

梓「だね。で、次は?」

憂「次は・・・これもよく分からないな、なんだろアイマスクかな?」

梓「おー!タキシード仮面様みたいだね。」

憂「ごめん。それもちょっと分からないよ。」

梓「・・・忘れて、お願いだから。」

憂「ふふっ、梓ちゃんって可愛いよね。」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:14:34.25 ID:fULhiMsxO
梓「やめてよ、恥ずかしい//」

憂「エヘヘ。次は・・・マッサージ器かな?」

梓「避難所生活は肩がこるらしいからね。」

憂「なるほど、電池は大丈夫かな?スイッチはこれ?」ウインウイン

梓「大丈夫みたいだね。」

憂「なかなか気持ち良さそうな動きだね。どれどれ。」ブーン

梓「どんな感じ?」

憂「うん、このイボイボが肩のツボを刺激してなかなかいいよ。」グリグリ

梓「へぇー、なかなかの優れ物だね、それは。」

憂「うん、このちっちゃい方も結構ツボを刺激していい感じかな。」ブィーン


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:18:09.06 ID:fULhiMsxO
梓「やるな!災害用品って感じだね。」

憂「そうだね。次は、本が一冊。『猿でも分かる縄の縛り方』だって。でも、人を縛ってどうするのかな?」

梓「ちょっと見せて。なるほど、災害時に骨折をした箇所なんかを固定するためかな?」

憂「なるほど、きっとそれだよ。さすが梓ちゃんだね。」

梓「そんな・・・照れるね//」

憂「取り敢えずこんな感じかな?」

梓「みたいだね。」

憂「でも、肝心の水や食料がなにも無いのがちょっと気になるけど、大丈夫かな?」

梓「それはまた別に用意してるのかも?」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:21:52.31 ID:fULhiMsxO
憂「きっとそうだね。食料用は保冷バッグとかかな?」

梓「かな?取り敢えず後はこれらが使えるか確かめておかないとね。」

憂「いざという時に使えませんでした、では意味が無いもんね。」

梓「うん、今のところ縄とマッサージ器は大丈夫だったね。」

憂「そうだね。それじゃますばどれからかな?」

梓「取り敢えずこの水着かな?穴とか開いてたら困るし。」

憂「それは確かに困っちゃうね。」

梓「うん、それじゃ憂が着てみてよ。」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:26:07.76 ID:fULhiMsxO
憂「え?私が着るの?」

梓「だって・・・これどう見ても私にはサイズが。」

憂「うーん、確かに。」

梓「・・・なんかちょっと傷付いたかも。」イジイジ

憂「あはは、ごめんごめん。それじゃ私が着てみるよ。その、ちょっと恥ずかしいけど//」

梓「平気であんな白いビキニを着てるのに、なにを今更って感じだけどね。」

憂「それもそうだね、エヘヘ//」

梓「まったく羨ましい限りだよ、このわがままバディが!」

憂「バディ・・・なんかちょっと親父臭いよ、それ。」ジトーッ

梓「・・・またまた忘れて、お願い。」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:30:54.91 ID:fULhiMsxO
憂「それじゃ恥ずかしいから、後ろを向いててね、梓ちゃん//」

梓「あ、うん。分かった。」クルッ

・・・

憂「よいしょ・・・あれ?」

梓「どうかしたの、憂?」

憂「あ、うん・・・あの、この水着ちょっと変だよ?」モジモジ

梓「変?」

憂「う、うん。その、胸の辺りがちょっと、ね//」

梓「見てもいいかな?」

憂「う、うん//」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:36:47.21 ID:fULhiMsxO
梓「・・・変というか、丸出しだよねパイオツ。」

憂「・・パ・・イ」

梓「・・・お願い、なにも言わないで。泣いちゃうかもしれない、私。」ウルウル

憂「反省しなさい、メッ!」

梓「・・・はい。」ショボーン

憂「うむ、許してあげよう、エヘヘ」

梓「とっ、取り敢えず水着は大丈夫だね。それじゃ次はついでにこのヒールを履いてみてよ。」

憂「そうだね、えっとこんな高いヒール履いた事無いから、少し怖いな、よっと。」プルン

梓「うおぉ、屈むたびにスッゴイ揺れるね、憂のパイオ・・・胸。」ゴクリ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:42:56.29 ID:fULhiMsxO
憂「もう、梓ちゃんのエッチ!そんな娘はこのヒールで踏んじゃうぞ、エイッ!」グリグリ

梓「にゃああ、らっ、らめぇぇぇぇ//」

憂「・・・なんだか気持ち良さそうだね、梓ちゃん?」ジーッ

梓「そっ、そんな事ないって//あーいたいいたいやめてー。」

憂「ふーん、まっ、いいか。」

梓「そうそう、次はついでにこのアイマスクをだね。」

憂「えっと、これの意味がイマイチ分からないよね?」

梓「うん・・・なんかそれ憂の顔が見えなくて勿体ないよ。それは無しの方向で。」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:47:31.55 ID:fULhiMsxO
憂「初のダメダメさんだね、このマスクは。」

梓「そうだね。それじゃ次はこの縄の結び方の練習をしてみよっか?」

憂「そうだね、いざという時にスムーズに結べる様に練習しないとだね。」

梓「それじゃこの『猿縄』に載ってる実用的な感じの奴は・・・やっぱ、これかな?」

憂「ふむふむ、亀甲縛りか。なるほど亀の甲羅みたいだね。」

梓「トンちゃんみたいでちょっと可愛いかも?」

憂「だよね。それじゃ梓ちゃん、服を脱いでもらえるかな?」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:52:24.07 ID:fULhiMsxO
梓「えっ!ぬ、脱ぐの?//」

憂「うん、だってこの『猿縄』には裸の絵が使われてるから、服を着てるとどこをどう縄を通すのか分りにくいよ。」

梓「そ、それなら仕方ないかな・・・それじゃ脱ぐね」ゴソゴソ

憂「なんで下着は着けたままなの?」

梓「やっぱり脱がないとダメ、かな?//」

憂「初めてだから、本の通りじゃないと難しいよ。」

梓「うー、分かったよぉ。」スルッ

憂「・・・」

梓「な、なによ?」

憂「ど、どんまいだよ、梓ちゃん!」

梓「どんまい言うなっ!」ニャー


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:56:52.88 ID:fULhiMsxO
憂「ごめんごめん。真面目にやらないとだよね。」

梓「そうだよ、これは災害時の緊急医療の練習なんだから。」

憂「そうだよね。えっと先ずは、両手を後ろ手に縛って、と。」キュッ

梓「もう少しキツく縛っても大丈夫だよ。」

憂「そうなんだ。これくらいかな?」ギュッ

梓「あ、いい感じかも//」

憂「ん?なんか嬉しそうだね、梓ちゃん?」

梓「き、気のせいだよ、気のせい//」

憂「そっか。次はこれを首のところに、っと。」クルッ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 23:59:00.19 ID:fULhiMsxO
梓「うまいね、憂。」

憂「編み物の要領だよ・・・あ!」

梓「どうしたの?」

憂「あのね『猿縄』だと、胸の谷間で縦に縛るようになってるんだけど・・・」

梓「だけど?」

憂「梓ちゃん谷間が無いからどうしよう?」

梓「・・・適当に真ん中辺りで。」

憂「だね。よし、後は余った縄を、くるくるーっと。」

梓「出来たかな?」

憂「うん、完成!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:04:16.12 ID:MDtz34RIO
梓「おー!本当にトンちゃんの甲羅みたいな模様だよ!」

憂「うーん、胸の辺りが納得いかない。」ムー

梓「・・・なんかごめん。」

憂「ど、どんまい!」

梓「だから、どんまいはやめて・・・お願い。」

憂「あはは、ごめんごめん。」

梓「もー、憂のいじわるっ!見えないようにすればいいんでしょ!えやっ!」ゼンクツッ

憂「あ、女豹のポーズだね!グラビアアイドルみたいだよ、梓ちゃん。」

梓「そうかな?照れるよ//」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:07:11.37 ID:MDtz34RIO
ピカッ!ゴロゴロゴローッ!!

憂「うわっ!凄い雷だね!」ビクッ

梓「そっ、そうだね。」ビクビクッ

ガラガラピッシャーン!

パチン

憂「あ、停電しちゃった!真っ暗闇だよ。」オロオロ

梓「外も雨雲で真っ暗だしね。」

憂「どうしよう、梓ちゃん?」ウロウロ

梓「慌てないで、憂!私達がなにをしてたか思い出して!」

憂「そっか!こんな時こそ災害用品の出番だよね!」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:11:44.10 ID:MDtz34RIO
梓「今こそ蝋燭の出番だよ!」ビシッ

憂「そうだね。えーっと、あ、あったよ。ついでにライターも。」カチカチ

梓「ライターはさっき無かったような?」

憂「でもあるから、えいっ!」ポッ

梓「まぁ、点いたからいいかな。」

憂「あんまり明るくないね、この蝋燭。」ポタポタ

梓「そうだね・・・あうっ//」

憂「あう?」ポトポト

梓「な、なんでもなひぃーーー//」

憂「ど、どうしたの、梓ちゃん?」ボタボタッ


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:16:05.14 ID:MDtz34RIO
チカチカッ パッ

憂「あ、電気が点いたよ!」ポタポタ

梓「良かっはぁぁぁぅ//」

憂「さっきから変だよ・・・って、た、大変だよ!蝋燭の蝋が梓ちゃんの背中にっ!!」ポットン

梓「へ、平気だよほぉぉぉぉ//」

憂「ど、どうしよう!?すっ、すぐ消すからね!」タラタラ

梓「けっ、消しちゃらめぇぇぇぇ//」

憂「え?」ポトン

梓「あ、その、う、憂は甘いんだよっ!」

憂「甘い?」ボットン


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:19:08.35 ID:MDtz34RIO
梓「あ、その、てっ停電は断続的に起こる可能性が高いから、火は暫く点けたままにしておくぅぅぅぅんだよっ!」

憂「なるほど!災害対策は奥が深いね!」ポトポト

梓「はぁぁぁぅっ//」

憂「わっ!梓ちゃんの背中の蝋がもう大変なことに!」タラリ

梓「へ、平気だから、そっそのままぁぁぁん//」

憂「でも、その蝋をなんとかしないと。なにか、はたく物でも・・・ハタキ!ハタキがあったよ、梓ちゃん!」ポタッ

梓「そっ、それだよっ、憂ひぃぃぃぃ//」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:24:06.59 ID:MDtz34RIO
憂「よし!これで・・・えいっ!」ピシーッ

梓「っくはぁっ//」

憂「わっ!か、軽くはたいたつもりなのに、すっ、凄い音がっ!!」ポタポタ

梓「ふはっ、お、音だけで全然痛くないから平気だよ。」

憂「そうなの?それじゃ、えいっえいっ!」ピシッパシッ

梓「ふにゃあああああっ//」

憂「おおっ!結構取れたよ!これなら、えいっ!」パチーン

梓「あぁぁうぅいいーーーー//」

憂「ふうっ。だいたい取れたよ、って大変!今度はお尻に蝋がっ!!」ポタポタポタッ


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:30:40.45 ID:MDtz34RIO
梓「と、取ってくれりゅかにゃはぅ//」

憂「わ、分かったよ、梓ちゃん。えいっ!」ピシーッ

梓「はぁうっ//」

憂「えいっ、やーっ!」パシッパチー

梓「くはっ//」

憂「ていっ!」パッシーン

梓「にゃあぁぅぃ//」

憂「ふうっ、取れたかな。」

梓「あ、ありがとう、うぃぃ//」グッタリ


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:33:28.24 ID:MDtz34RIO
憂「あれ・・・な、なんで?//」

梓「な、なに?」

憂「あのね、梓ちゃんの、その、あっ、あそこが大変なことに//」

梓「にゃっ?」

憂「その、太腿までビッショリと。ほら//」ツーッ

梓「はぁん//」

憂「あ、梓ちゃん、なんか変だよ?」

梓「こっ、これはその、そうっ、この縄っ!この緊急医療で身体の新陳代謝が活性化されてるからだよっ!」

憂「なるほど!防災対策ますます奥が深いねっ!」

梓「そ、そうなんだよー、は、ははは//」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:36:11.50 ID:MDtz34RIO
憂「取り敢えずなにか拭くもの・・・無い。」

梓「な、無いね//」

憂「ふむ、こんな時にも慌てず騒がす災害用品・・・でも、後はこのおっきい注射器だけか。」

梓「そ、そうだね//」

憂「でも、これは流石に今使えるものとは思えないよ?」

梓「冷蔵庫に牛乳ならあった・・・かも?」

憂「牛乳?」

梓「な、なんでもないの!忘れて、ね//」

憂「わかった。ちょっと行って来る!」

梓「・・・//」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:39:43.56 ID:MDtz34RIO
・・・

憂「ただいま、梓ちゃん。」

梓「あ、あれ?牛乳は?」

憂「うん、美味しかったよ!」

梓「・・・飲んだんだ。」

憂「うん、喉渇いてたし。」

梓「憂って何気にフリーダムだよね・・・」

憂「そうかな?」

梓「うん。」

憂「ついでにタオル持ってきたから、拭いてあげるよ。」フキフキ

梓「・・・ありがとう。なんか、悪いね。」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:44:01.98 ID:MDtz34RIO
憂「こんなの全然平気だよ。お姉ちゃんのおねしょの処理なんて、しょっちゅうだし。」

梓「・・・唯先輩、おねしょするんだ。」

憂「あ?今のはナイショにしといてね、梓ちゃん//」

梓「・・・うん。」

憂「あ!雨やんだよ。」

梓「ホントだね。」

憂「そろそろ解こうか、縄。」

梓「そうだね。」

・・・

憂「よし!完了。」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:46:15.09 ID:MDtz34RIO
梓「うーん、なかなか有意義な時間だったね。」ツヤツヤ

憂「なんか梓ちゃんイキイキしてるね。」

梓「きっとあの縄の緊急医療で身体が健康になったんだよ。」テカテカ

憂「そっか。次は私もしてもらおうかな。」

梓「そうだね。次は憂の家の災害対策の点検もしなくちゃだね。」キラーン

憂「うん。備えあれば愁い無し、だよね。」

憂梓「皆さんのお宅の災害対策は大丈夫ですか?」

お し ま い

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/23(木) 00:51:37.83 ID:MDtz34RIO
>>1です。

おバカなお話に支援&お付き合い頂き、ありがとうございました。

また見掛けたら読んで下さい。

それでは読んで下さった皆様に感謝です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。