FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純「琴吹先輩って少し怖い……かな?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 17:16:05.14 ID:4kooBeiZO [1/51]
梓「そー言えば純?」

純「ん?どーしたの?」

梓「純ってさ澪先輩好きだよね」

純「うん、好き……って言うか憧れる」

憂「澪さんカッコイイもんね~」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 17:20:59.74 ID:4kooBeiZO [2/51]
純「そうそう。あのキリっとした目とかかっこいー!よね」

梓「うん、カッコイイよね。ベースも上手いし」

純「そこも憧れるよね~」

憂「純ちゃんお姉ちゃんの事はどう思う?」

純「憂のお姉ちゃんは可愛いかな~」

憂「えへへ~そうだよね~」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 17:25:45.03 ID:4kooBeiZO
梓「ちなみに唯先輩の何処が可愛いって思ったの?」

純「う~ん。あのほんわかしたオーラとかかなぁ?憂は分かるよね?」

憂「分かるよ~」

梓「私も分かるよ!」

憂「ギターも上手いもんね!」

純「ギター弾いてる時の憂のお姉ちゃんはカッコイイかも……」

憂「ありがと~」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 17:28:26.70 ID:4kooBeiZO
梓「あ!じゃあムギ先輩は?」

純「琴吹先輩か~……」

梓「美人だし優しいよね」

憂「そうだよね~」

純「琴吹先輩って少し怖い……かな?」

梓「え!怖いの?」

純「うん……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 17:33:45.19 ID:4kooBeiZO
憂「紬さんの何処が怖いの?」

純「う~ん。何か怖い体も大きいし……」

憂「確かに背が高いよね~」

梓「背が高いだけで怖いの?」

純「琴吹先輩ってお嬢様なんでしょ?近寄りがたいってのも少しあるかなぁ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 17:41:44.65 ID:4kooBeiZO
梓「そうかなぁ?意外と親しみ易いけど……」

純「それにほら、何だか外国の人みたいだよね」

憂「金髪だもんね~」

純「うん……琴吹先輩って少し怖い」

梓「いい人なんだけどなぁ~」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 17:48:13.47 ID:4kooBeiZO
純「いい人っとのは分かるよ?でも、私が一年の時だけどびっくりした事があってさ……」

憂「びっくりした事?」

純「学園祭の時にね琴吹先輩が何食わぬ顔で重たそうな機材を運んだりしててさ……」

梓「ムギ先輩力持ちだからね」

純「やっぱり力持ちなんだ。汗もかかずに何往復もしてたよ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 17:52:33.46 ID:4kooBeiZO
憂「あ、それお姉ちゃんも言ってたよ!ムギちゃんは力持ちなんだよ~って」

純「そうなんだ。しゃらんらしゃらんらって歌いながら運んでたよ」

梓「ムギ先輩よくそれ歌ってるよね」

純「そうなの?私分かんない」

憂「お姉ちゃんは紬さんの事が大好きみたいだよ~」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 17:57:54.11 ID:4kooBeiZO
純「憂のお姉ちゃんは琴吹先輩の事なんて言ってるの?」

憂「可愛いとか!ムギちゃんが作る紅茶は美味しいんだよ~う~い~って毎日のように言ってるよ」

梓「言ってる姿が目に浮かぶ……」

純「あ、でも体験入部した時の琴吹先輩の紅茶は美味しかったよ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 18:05:09.06 ID:4kooBeiZO
憂「確かに紬さんの紅茶は美味しいよね~お姉ちゃんも美味しい美味しいって言ってるよ!」

梓「憂、さっきから唯先輩の事ばかりだねー」

純「まぁ憂らしいけどね~」

憂「えへへ~」

純「あ、私そろそろジャズ研行かなきゃ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 18:09:10.25 ID:4kooBeiZO
梓「私もそろそろ軽音部に……」

憂「二人共バイバイ~」

純「あ、うん。憂は帰るの?」

憂「うん!ご飯の支度しなきゃいけないから」

純「大変だね~」

梓「唯先輩は手伝ったりしてるの?」

憂「してるよ~」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 18:13:47.54 ID:4kooBeiZO
憂「昨日もクラムチャウダーを一緒に作ったんだぁ~」

梓「美味しかった?」

憂「うん!とっても美味しかったよ~」

純「私も食べたいなぁ~今日お母さんに頼んでみよっかなぁ」

梓「私は今日はカレーが食べたいなぁ……」

憂「私の家は今日はカレーだよ!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 18:18:42.59 ID:4kooBeiZO
梓「いいな~」

純「購買でカレーパン買えばいいんじゃない?」

梓「それだと夜ご飯入らないじゃん」

純「あ、そっかそっか。ところでさ……」

憂「どうしたの?」

純「カレーにつけて食べるパンみたいな奴ってなんだっけ?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 18:22:25.97 ID:4kooBeiZO
梓「うん、そうだよ」

純「そうなんだーありがとうスッキリした」

憂「梓ちゃん純ちゃんそろそろ部活に行かなくていいの?」

梓「あ!忘れてた!」

純「私もスッカリ忘れてた」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 18:29:14.91 ID:4kooBeiZO
梓「じゃあ私達は部活に行くね」

憂「うん!バイバイ~」

純「バイバイ~」

梓「また明日ね~」

純「あはは何かグダグダだね」

梓「毎度の事でしょ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 18:35:05.32 ID:4kooBeiZO
純「はぁ~そう言えば来月からテスト期間かぁ~」

梓「ちゃんと勉強してる?」

純「勿論してるよ。はぁ……めんどくさい」

梓「赤点取らないようににしなきゃね~」

純「そうだね~はぁ……」

梓「ため息ばっかりだね」

純「ため息でもついてないとやってらんないもん」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 18:40:37.86 ID:4kooBeiZO
梓「あ、週末って空いてる?」

純「空いてるよ」

梓「動物園に行かない?」

純「う~ん……行く!」

梓「そっか、じゃあ明日憂にも話してみるよ」

純「ありがと~」

紬「あら?梓ちゃんと……鈴木さん」

梓「あ、ムギ先輩!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 18:46:22.34 ID:4kooBeiZO
純「こ、こんにちは!」

紬「うふふ。こんにちは」ペコリ

梓「ムギ先輩もまだ部室に行ってなかったんですね」

紬「えぇ!ちょっと唯ちゃんが落とし物したみたいで探してたの~」

梓「何の落とし物ですか?」

紬「手袋を落としたみたいなの~」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 18:55:28.33 ID:4kooBeiZO
梓「手袋……ですか」

紬「憂ちゃんから貰った大事な手袋だからみんなで探してるの~」

梓「私も手伝います!」

純「あ、私も手伝います」

紬「梓ちゃんありがとう。鈴木さんは大丈夫なの?」

純「は、はい。大丈夫です」

紬「本当?とってもありがたいわ~」

純「いえ……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 19:01:00.29 ID:4kooBeiZO
梓「あ、じゃあ私達は二年の教室側を探しますね!今朝、唯先輩が来てたし」

紬「そうね~私は下駄箱辺りを探してみるわ~」

梓「はい分かりました。じゃあ純行こっか!」

純「うん、わかった」

紬「それじゃよろしくお願いね~」

梓「は~い!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 19:07:37.79 ID:4kooBeiZO
純「う~ん……見つからないね」

梓「だね~それより純?」

純「なに?」

梓「ムギ先輩と会った時もの凄く緊張してたね~」

純「えーしてないよ」

梓「そう?してたように見えたからもしかしてと思って……」

憂「あ!梓ちゃんと純ちゃん!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 19:12:31.58 ID:4kooBeiZO
純「あ……憂」

憂「あれ?まだ部活に行ってなかったの?」

梓「うん、唯先輩が手袋落としたみたいでみんなで今探してるんだ」

憂「え!お姉ちゃん手袋落としたの?」

純「そうみたい」

憂「私も手伝うよ!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 19:17:09.77 ID:4kooBeiZO
梓「大丈夫だよ。私達で探すから」

憂「ううん!お姉ちゃんの為だもん!私も探すよ」

純「三人の方がすぐに見付かるかもしれないしね」

梓「そっか……じゃあ憂も一緒に探そう!」

憂「うん!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 19:39:29.94 ID:4kooBeiZO
純「う~ん無いね~」

梓「何処行ったんだろう?」

憂「にんにく~にんにく~」

梓「にんにく?」

憂「にんにく~にんにく~」

純「そんな大声で叫ぶ程にんにくが食べたいの?」

憂「ううん違うよ~」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 19:46:09.78 ID:4kooBeiZO
梓「じゃあなんでにんにくって言ってるの?」

憂「にんにく~って言いながら探し物を探すと見付かりやすいんだって!」

純「本当?」

憂「う~ん……ただのジンクスだから本当かどうかは分からないよ」

梓「そうなんだ……」

純「にんにく~にんにく~」

梓「純……?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 19:51:01.69 ID:4kooBeiZO
純「ほら梓も……にんにく~にんにく~」

憂「にんにく~にんにく~」

梓「も、もう……恥ずかしいよ……」

憂「にんにく~にんにく~」

純「にんにく~にんにく~」

梓「に……にんにく~にんにく~」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 19:55:20.25 ID:4kooBeiZO
純「にんにく~にんにく~……あ、あった!」ヒョイ

憂「本当だ!純ちゃんやったね」

梓「うん!やったね純!」

純「あ、中身も入ってるよ」

憂「……え?」

梓「……中身?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 19:59:14.22 ID:4kooBeiZO
純「あぁ……ごめん間違えた中に何か入ってる」

憂「もーびっくりしたよ~」

梓「どんな間違いしてるのよ……」

純「あははごめんごめん今取り出すから」ガサコソ

憂「何が入ってるの?」

純「髪が入ってた」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 20:03:13.10 ID:4kooBeiZO
純「あ、何か書いてあるみたいだから読んでみるよ」

憂「うん!」

純「えーと……この手袋が落ちてたら平沢唯に渡して下さい……だってさ」

梓「って言うか唯先輩、紙が入ってた手袋をずっと着けてたんですね」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 20:07:21.03 ID:4kooBeiZO
梓「あ、早く唯先輩に届けましょうよ」

憂「そうだね~私、電話かけるよ!」

梓「うん!」

純「私が見付けたって言ってね!」

憂「勿論だよ~……あ、もしもしお姉ちゃん?」

純「…………」ドキドキ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 20:13:27.71 ID:4kooBeiZO
憂「手袋見付けたよ~……あ、うん!梓ちゃん達から聞いたんだぁ~」

純「…………」ドキドキ

憂「それから!純ちゃんが見付けたんだよ~うん!うん!わかった。伝えておくね~」ピッ

梓「唯先輩何だって?」

憂「職員室の前にいるから届けに来てって。あと純ちゃんありがとうだって!」

純「えへへー……何か照れるね!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 20:17:41.46 ID:4kooBeiZO
・・・・・・

唯「あ!みんなー!」

憂「お姉ちゃん!」

純「こんにちはー!」

唯「純ちゃん手袋見付けてくれたみたいでありがとう!」

純「い、いえ……」

唯「落とした時の為に紙を入れてたんだけど見た?」

梓「あ、見ましたよ!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 20:23:38.93 ID:4kooBeiZO
唯「中々いいアイディアでしょ~」

梓「でも、名前だけじゃ分からないと思いますよ」

唯「じゃあ今度から住所も書くよ!」

憂「ダメだよ!」

唯「冗談だよ~でも、そのぐらい大事な手袋って事なんだよ~」

憂「お姉ちゃん……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 20:32:36.98 ID:4kooBeiZO
唯「あ!何か純ちゃんにお礼するよ!」

純「え!そんな悪いですよ」

唯「いいよ~悪くないよ~ムギちゃんが持って来た私の分のケーキをごちそうするよ!」

純「ケ、ケーキ……い、いいんですか?」

唯「うん!大丈夫だよ~」

純「ありがとうございます!」ペコリ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 20:37:00.57 ID:4kooBeiZO
憂「あ、お姉ちゃん私は帰るね~」

唯「え~憂も来ないの~?」

憂「だってご飯の支度しなきゃいけないから」

唯「あ、そっかぁ~憂ありがとね!」

憂「うん!じゃあ私帰るね!みんなバイバイ~」

一同「さようなら~」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 20:47:04.61 ID:4kooBeiZO
・・・・・・

紬「鈴木さん紅茶よ~」

純「あ、ありがとうございます!」

律「あれだけ探しても見付からなかったのに鈴木さんよく見付けたなぁ~」

純「にんにく~って言いながら探したらすぐに見付かりましたよ」

澪「に、にんにく?」

純「憂がにんにくって言いながら探し物を探すと見付かるって言ってました」

唯「それ私が教えた奴だよ~」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 20:51:47.87 ID:4kooBeiZO
梓「そうなんですか?」

唯「うん!すっかり忘れてたけど!」

紬「みんな~ケーキ持って来たわよ~」

律「おー!今日のケーキはなんだ?」

紬「チョコレートケーキよ!」

澪「凄く美味しそうだな!」

律「そうだな~」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 20:58:31.02 ID:4kooBeiZO
唯「ムギちゃん私の分のケーキは純ちゃんに渡して!」

澪「珍しいなどうしたんだ?」

唯「手袋を見付けてくれたお礼するんだ~」

紬「そうなの?じゃあ鈴木さんどうぞ」

純「あ、ありがとうございます!」

梓「…………」ヒソヒソ

律「ほほぅ……なるほど」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 21:03:28.80 ID:4kooBeiZO
唯「…………」ジーッ

純「いただきまー……」ピタッ

唯「…………」ジーッ

純「…………い、いりますか?」

唯「い、いらない!」

律「なぁ澪…………」ヒソヒソ

澪「え?そうなのか?」

梓「だから……」ヒソヒソ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 21:08:34.93 ID:4kooBeiZO
律「あぁ!私用事を思い出したー!」

梓「わ、私も用事を思い出しましたー!」

澪「私も用事が……」

紬「み、みんなどうしたの?」

唯「一口だけ欲しいなぁ……」

純「分かりました!一口どうぞ!」

唯「ありがとう!きゃっ!」

律「唯も用事があるよな?な?」ガシッ

唯「ど、どうしたのー?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 21:14:21.40 ID:4kooBeiZO
律「唯も用事があるよな?私達、用事を済ませてくるからムギと純ちゃん二人で待っててくれないか?」

唯「私、用事な……んぐっ」

梓「二人共待ってて下さいね!すぐ帰って来ます!」

澪「それじゃあ……行くか」

タッタッタッバタン。

紬「みんなどうしたのかしら?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 21:20:01.55 ID:4kooBeiZO
純「き、急に出て行きましたよね!」

紬「何かあったのかしら?」

純「ど、どーでしょう?」

紬「そう言えば鈴木さんの髪ってくせ毛よね~セットとか大変でしょう?」

純「た、大変です!」

紬「私も鏡の前で悪戦苦闘してるわ~」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 21:23:57.95 ID:4kooBeiZO
純「琴吹先輩もその……くせ毛なんですか?」

紬「えぇそうよ~あ、そうだ!みんなが帰って来るまでくしでといてあげるわ!」

純「え、えぇ!」

紬「今鞄からくしを出すから待っててね?」

純「わ、わ分かりました」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 21:28:40.01 ID:4kooBeiZO
純「…………」ドキドキ

紬「髪をほどくわね~」シュルシュル

純「は、はい!」

紬「綺麗な髪ね~」

純「綺麗……ですか?」

紬「えぇ!とっても綺麗な髪それに鈴木さん何だかとってもいい匂いがするわ~」

純「い、いい匂い……」ドキドキ

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 21:34:50.92 ID:4kooBeiZO
純「こ、こ琴吹先輩もいい匂いがしまちゅ!」

紬「うふふ。ありがとう肩の力抜いて?」

純「は、はい!(か、噛んじゃった)」

紬「鈴木さん憂ちゃんみたいにポニーテールにしたら良いんじゃない?」

純「ポ、ポニーテール……」

紬「試してみてもいい?」

純「……はい!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 21:39:06.66 ID:4kooBeiZO
紬「ほら!鏡見てみて!」

純「わ、私じゃないみたいです」

紬「鈴木さんは髪型一つ変えるだけで凄く綺麗になるわね~」

純「あ、ありがとうございます!……えへへ」

バタン

律「おっかえりー!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 21:49:05.21 ID:4kooBeiZO
梓「律先輩ただいまでしょ」

律「あ、そーだったそーだった。ところでだ!二人共仲良くやってたかぁ~?」

紬「えぇ!見て鈴木さんの髪型」

唯「純ちゃん可愛い!」

純「そう……ですか?」カァァ

澪「あぁ、そのポニーテールとっても似合ってるよ」

純「ありがとうございます!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 21:54:43.24 ID:4kooBeiZO
紬「鈴木さん本当に可愛いわ~」

純「可愛い可愛い言われたら照れますね……この髪型でジャズ研に行ったらみんなびっくりすると思います……ああああ!」

梓「ど、どうしたの?」

純「すっかり部活の事忘れてた!行かなきゃ!皆さんありがとうございます!」

タッタッタッタッ。

唯「あ、待って!ケーキ!」

梓「私、純にケーキ届けに行きますね!」

タッタッタッタッ。

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 21:59:24.43 ID:4kooBeiZO
梓「純ー!待ってー!」

純「あ、梓!どうしたの?」

梓「はぁはぁはぁケ、ケーキ!」

純「あぁ!ごめん忘れてた!ありがとう梓!」

梓「う、うん……はぁはぁはぁはぁ」

純「走って来たの?」

梓「うん……はぁはぁ……はぁー……」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 22:02:05.29 ID:4kooBeiZO
梓「あ、純?ムギ先輩どうだった?」

純「凄く優しい人だったよ!梓達わざと私と琴吹先輩を二人っきりにしたでしょ?」

梓「律先輩の提案だけどね……もう怖くない?」

純「あはは……ぶっちゃけると最初から怖くなかったんだ!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/21(火) 22:08:09.15 ID:4kooBeiZO
梓「え?怖くなかったの?」

純「うん!軽音部の皆さんと仲良くなりたかったんだぁー」

梓「そうなの?」

純「うん!みんな魅力的な人達ばかりだもん!あ、そろそろジャズ研に行かないとみんな待ってるから」

梓「わ、わかったバイバイ」

純「バイバイ!あ……最後に梓に一つだけ言いたい事がある!」

梓「な、何?」

純「次は田井中先輩が怖くなってきた!」




END

コメント

純ちゃんのボンバーヘッドに顔うずめて心行くまでクンカクンカしたいお

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。