FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「うるとら!」

1 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 11:55:19.92 ID:NgJ2CsAO [1/41]

21世紀

世界各地に異常災害が発生し、空想の産物と思われていた怪獣が現実に出現するようになった

それは、あまりに繁栄をしすぎた人類という種に対して生態系が産み出した天敵でもあったのだ

しかし、怪獣の出現に呼応するように宇宙の彼方から、人類の味方もやって来た


ウルトラマンだ

なんやかんやで彼らは桜高軽音部員に力を貸すことになったのだが、長くなるから割愛しよう


そんなわけで

普段は女子高ライフをのんびりまったりエンジョイしている軽音部の面々

しかし、人々の叫びを聞いた時

彼女たちは銀色の巨人へとその姿を変え、迫る巨悪と戦うのだ!


頑張れ! 放課後ティータイム

負けるな! 放課後ティータイム


2 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 11:57:17.62 ID:NgJ2CsAO

梓「とは言うものの……」

唯「暇だねぇー」

律「暇だなぁー」

紬「ウルトラマンと出会った時以来、2週間ほど怪獣たちは音沙汰なしだもんねぇ」

律「ウルトラマンになったからには、もっと戦い詰めかと思ってたのにな」

唯「ねー」

澪「いやいや」

澪「戦わないで済むならならそれが一番いいんだよ。うん」

律「あれれー? 澪しゃん戦うのが怖いのかなー?」

澪「そ、そんなことないっ!」

ポカッ

律「あいたっ」


3 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 11:58:20.13 ID:NgJ2CsAO

梓「それにしたって、皆さんだらけすぎですよ」

律「だって暇だしなぁ」

唯「暇だしねぇ」

紬「ねー」

梓「いや、いつまた怪獣が現れるかわからないんだからもっと緊張感を……


ビーッ ビーッ ビーッ


澪「!」

律「電話だ!」


放課後ティータイムのメンバーがウルトラマンであることを知っているのは2人だけだ

それは、さわ子と和である

そして街に怪獣が現れた時、部室に設置されたホットラインへと2人から連絡が入るようになっている

ちょうどパワーパフガールズと市長さんの関係のようなものだ


4 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 12:01:00.78 ID:NgJ2CsAO

唯「私が出る!」

ガチャッ

唯「もしもし」

さわ子「B地区に怪獣が! 助けて!」

唯「うん! すぐ行くよ!」

ガチャンッ


唯「街に怪獣です、りっちゃん隊長!」

律「よーし、それなら出動だ」

律「みんな準備はいいか!」

みんな「おー!」

そう言って各々、部室に新設されたロッカーに入る。端から見るとかなり滑稽な姿だが、笑うことなかれ
ここより彼女たちはHTTの誇る特殊戦闘機 クロムチェスターに搭乗するのだ


律「それじゃ。HTT、出動――っ!!」

みんな「おー!!」


5 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 12:05:44.34 ID:NgJ2CsAO

校庭が真っ二つに裂け、クロムチェスターが発進する
普通なら生徒たちは、この非日常的光景に驚き、戸惑うだろう

しかし、クロムチェスターは離着陸時に特殊なバリアを展開しているため、一般の生徒たちにはクロムチェスターを視認することはできない
ただ単に、校庭で地割れが起きたようにしか見えないのだ

放課後ティータイムのメンバーがウルトラマンであり日夜怪獣と戦っている、という秘密はこうして守られている


律「唯。怪獣はどこに現れたんだ?」

唯「B地区だよ、りっちゃん」

律「B地区か」

紬「B地区?」

唯「B地区」

紬「B地区!」

澪「……女の子がビーチク、ビーチク言うんじゃない!」


6 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 12:11:59.82 ID:NgJ2CsAO

バシュ―――――――ン

梓「先輩。B地区、怪獣出現ポイントまであと2kmです」

澪「そろそろ視認できるな」

律「怪獣はどこだー!」

唯「どこだー!」

紬「……いたわ。1時の方向よ」

ギャアアア! ドカ―ン

唯「あっ、ホントだ」

律「……む。1匹じゃないな」


7 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 12:18:54.85 ID:NgJ2CsAO

澪「全部で3匹だ」

律「ムギ、あいつらの情報あるか?」

紬「えぇ」

紬「右端にいるのが、一角超獣バキシム。これといった弱点はないわ」

紬「真ん中が、宇宙戦闘獣コッヴ。こっちにも弱点はなし」

紬「左端のは、宇宙恐竜エレキング。確か、頭の角が弱点のはずよ」

律「なるほど……」

梓「先輩。エレキングから攻めましょう!」

律「当然!」

律「まずはエレキングを攻撃だ。ミサイルでヤツの角を叩き、ストライクバニッシャーでトドメをさすぞ!」


8 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 12:30:53.49 ID:NgJ2CsAO

ウルトラマンになれるからといってその力に頼りきりではいけない

彼女たちにできることを、人としてできることを

そうしなければウルトラマンの力を借りる資格など、地球のために戦う資格などないのだ


律「唯。全ミサイル、エレキングの角へ向かって発射!」

唯「りょーかい!」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ド

エレキング「ギャアアア!!」

澪「当たった!」

紬「効いてるわ!」

律「よーし、梓! ストライクバニッシャー発射ぁ!」

梓「ストライクバニッシャー、はっし……


ド―――――――ン


9 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 12:41:33.28 ID:NgJ2CsAO

律「な、なんだ!?」

紬「バキシム! バキシムがロケット弾で攻撃を……

ド――――ン

唯「きゃっ!」

澪「あぁっ! 右の第2ブースターが停止してる!」

梓「高度がドンドン下がってます!!」

律「くっ! 仕方ない、不時着するぞ!」

律「何かにしっかりつかまってろー!!」


唯「……」ギュッ

梓「私につかまるのは止めてください!」

唯「でも、あずにゃんが一番落ち着くから……

律「しゃべると舌噛むぞ――!!」


ズザザザザ―――――――


10 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 12:57:42.32 ID:NgJ2CsAO

HTTを乗せたクロムチェスターはB地区外れの森の中に不時着した


澪「いたたたた……」

律「みんな無事かー?」

梓「はい」

紬「えぇ」

唯「無事だよー」



律「ムギ、クロムチェスターはまだ飛べるか?」

紬「……ダメ。右ブースターの受けたダメージが大きすぎるわ」

律「そうか……」

律「仕方ない、全員外に出よう」

律「変身だ」


11 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 13:06:36.51 ID:NgJ2CsAO

HTTの5人は丘の上に並び立った
なかなか様になっている。映画ならポスターになりそうなシーンだ



律「ダイナ――――!」バッ

変身アイテム リーフラッシャーを天高く掲げる、律


唯「……」バッ バッバッ

唯「レオ――――!」バッ

右手にはめたレオリングを勢いよく突き出す、唯


紬「タロ――――ウ!」バッ

空に掲げた腕のバッチが輝く、紬


梓「……」キュイーン

梓「メビウ――――ス!」バッ

左腕のメビウスブレスを高々と突き上げる、梓


そして

澪「……」シャカシャカシャカシャカ

澪「……」バッ

歯を磨く、澪


12 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 13:10:28.31 ID:NgJ2CsAO

ダイナ(律「だあっ!」

レオ(唯「や――っ!」

タロウ(紬「たぁーっ!」

メビウス(梓「せやぁーっ!」

ゼアス(澪「ぜあっ!」


並び立つ5人の巨人たち
圧巻だ。こちらをポスターにしてもいいかもしれない


ダイナ(律『街ではまだ怪獣が暴れてる。急ごう』

みんな『おー!』


14 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 13:17:48.26 ID:NgJ2CsAO

こちらB地区市街地


エレキング「ギャアアアア!」

コッヴ「ガァアアアア!」

バキシム「グゥアアアア!」

ドカ――――ン    ズカ―――――ン
   ワー   キャー
     ボカ――――――ン
     キャー    ワー


HTTの攻撃作戦が失敗した今、怪獣たちは街を蹂躙し尽くしていた
ビルは燃え、血が流れ、人々は逃げ惑った

しかし、そんな悲劇が永く続くワケはない

レオ(唯)『やめろぉ――――!!』

ド――――ン

エレキング「ギャアア!」


メビウス(梓)「せやぁ!」

ダ――――ン

コッヴ「ガァアア!」


タロウ(紬)「たぁ!」

バシ――――ッ

バキシム「グゥアア!」





ダイナ(律)『本当の戦いは、……ここからだぜ!』

HTTの攻撃作戦第2弾の、始まりだ


15 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 13:25:10.63 ID:NgJ2CsAO

レオ(唯「やーっ!」バシッ

レオは格闘に秀でたウルトラマンだ
猛烈な打撃の嵐が次々にエレキングに決まる

エレキング「ギャアア!」

レオ(唯「えぃっ! えぃっ!」バシッ バシッ

レオ(唯「ぃ、やあ!」ドカッ

エレキング「ギャアア!」

レオ(唯『!』

エレキング「キシャアアア!」

ビーッ ビーッ ビ――ッ

レオ(唯『光線!? それなら……』

レオ(唯「やあ!」バッ

エレキングの放った光線に唯は身構え……


傘を差した


バキィイイイイン

レオ(唯『どんなもんだい!』


その名もレオブレラ
ウルトラマンキングからもらった代物で、開けば強力なバリアの役割を果たすのだ。いやマジで


16 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 13:30:22.82 ID:NgJ2CsAO

エレキング「ギャアア!」

レオ(唯『もう打つ手がないみたいだね』

レオ(唯『トドメだ!』

レオ(唯「や――っ!」

唯は空高く、地上1000mまで跳び上がる

レオ(唯「ぇや――っ!」

必殺 レオキックだ!

バシィイイイイイイイイ

エレキング「ギャアアアア!」

エレキング「……ギ、ャ……ァア……ァ」


ドカ――――――――――――――ン


17 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 13:35:04.85 ID:NgJ2CsAO

タロウ(紬「たぁ!」バシッ

メビウス(梓「せやっ!」ダンッ

コッヴ「ガァアア!」

メビウス(梓『楽勝ですね』

タロウ(紬『油断禁物。一気に決めるわよ』

メビウス(梓『はいっ!』


タロウ(紬「でやあっ!」ドカッ

コッヴ「ギィイイイ!」

紬が放ったのはアトミックパンチ
なんとあの原子爆弾と同等の威力を誇る恐ろしいパンチだ!


タロウ(紬『敵が怯んだ、今よ!』

メビウス(梓『了解です』

メビウス(梓「……」キュピーン
タロウ(紬「……」バッ バッ

メビウス(梓『メビュームシュート!』
タロウ(紬 「ストリウム光線!!」


ビィイイイイイイイイイイイイイイイ


コッヴ「ガァアアアア!」


ドカ――――――――――――――ン


18 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 13:37:32.97 ID:NgJ2CsAO

バキシム「グゥアアアアア!」

ダダダダダダダダダダダダ

ダイナ(律『こんちくしょう!』バリーア

ゼアス(澪『ロケット弾の弾幕で接近できない!』カワシカワシ

ダイナ(律(このままじゃ埒が明かないな……)

ダイナ(律『澪! 二手に分かれて左右から攻撃しよう!』バッ

ゼアス(澪『わ、わかった!』バッ

バキシム「!」


ダイナ(律「だぁっ!」ドカッ

ゼアス(澪「とぁっ!」バキッ

バキシム「グゥアア!」

左右からの見事なコンビネーション
これにはさすがのバキシムも翻弄される、はずだった

現実には
賢いバキシムは片方に、澪に狙いを絞って攻撃を展開したのだが

バキシム「グァアアア!」

ゼアス(澪「!」

ダダダダダダダダダダダダダ


19 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 13:47:35.07 ID:NgJ2CsAO

ゼアス(澪『うあああああ!』

バキシム「グァアア!」


ダイナ(律『澪!』

バキシム「グゥアア!」

ダイナ(律『……この野郎!』

ダイナ(律「だぁっ! でやぁ!」ドカッ グシャッ

バキシム「グゥアア!」

ダイナ(律「じゃあっ!」バキッ

バキシム「グアア!」

ダイナ(律『これで仕舞いだ!』

ダイナ(律『くらえ―――――――!!』

律が腕を十字に組んで放ったのは、ウルトラマンダイナの必殺技 ソルジェント光線だ!


ビィイイイイイイイイイイイイ

バキシム「グゥウウウウ!」


ドカ――――――――――――――ン


20 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 13:49:58.23 ID:NgJ2CsAO

ダイナ(律『澪、大丈夫か?』

ゼアス(澪『なんとか』


ドカ――ン
         ドカ――ン


ダイナ(律『お、向こうも終わったみたいだ』

レオ(唯『おつかれー』タッ

ゼアス(澪『おつかれさん』

タロウ(紬『みんな無事そうね』タッ

メビウス(梓『そうですね』タッ

ダイナ(律『……よし。みんな揃ったな』



ダイナ(律『これにて一件落着!』

ダイナ(律『寿司でも食い行くかー!』

みんな『おー!』


みんな「しゅわっち!」

バシュ―――――――ン



こんな感じで

今日もみーんな救われた
ありがとう 放課後ティータイム!


23 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 16:15:11.16 ID:NgJ2CsAO

次の日


唯「澪ちゃん遅いねー」

律「ああ。澪なら今日は日直だから部活にはちょっと遅れて来るってさ」

唯「なーんだ」グテー

律「ふぅ」グテー

梓「なんで疲れてるんですか……」

律「長台詞喋ったから疲れた」グテー

梓「えー」

紬「そんなあなたに、はい。今日の紅茶」

律「おぉ! サンキュー、ムギ」

梓「……やっぱり緊張感が足りません!」

律「大丈夫大丈夫」

律「昨日戦ったばっかりなんだから、そんなすぐ怪獣が現れるわけ……

ビーッ ビーッ ビーッ


24 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 16:19:38.93 ID:NgJ2CsAO

ガチャッ

梓「もしもし」

和「A地区第3ブロックに怪獣出現よ」

梓「わかりました。すぐ行きます」

ガチャッ

梓「……ジトー」

律「な、なんだよ?」

梓「いえ、別に」

律「……ええい! 出動だ、出動っ!」

唯「おーっ!」

紬「でもまだ澪ちゃんが……」

律「待ってる隙はない。すぐ出動しなくちゃ」

紬「……それもそうね」


律「いくぞ。HTT出動ー!」

みんな「おー!」


25 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 16:26:30.94 ID:NgJ2CsAO

バシュ―――――――ン

梓「怪獣発見!」

律「お。今日は一体か」

紬「あれは…… 破壊獣モンスアーガーね」

唯「どんな怪獣なの?」

紬「皮膚が恐ろしく堅くて、防御力がすごく高い怪獣よ」

唯「なるほど」

紬「正直言って、クロムチェスターの武装程度じゃ傷一つ付けられないと思う」

律「……」

律「……わかった」

律「私と唯が出よう。ムギと梓はクロムチェスターで後方支援に回ってくれ」


26 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 16:29:58.39 ID:NgJ2CsAO

唯「じゃ。行ってきます!」

梓「いってらっしゃい」

紬「気を付けてね」

唯「うん!」


律「ダイナ――――!」バッ

唯「レオ――――!」バッ


ド――ン   ド――ン

2人の巨人が大地に降り立った

ダイナ(律『よーし。いっちょやってやるか!』

レオ(唯『おー!』


27 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 16:34:42.08 ID:NgJ2CsAO

モンスアーガー「ギィアアアアア!」バキィ

ド―――――――ン

ダイナ(律『そこまでだ!』

モンスアーガー「ギィア!」


レオ(唯『闇の力のしもべたちよ!』

ダイナ(律『とっとと来世に還りなさい!』

レオ・ダイナ(唯律『2人はうるとら!』

ビ――ッ ビーッ ビ―――ッ


ダイナ(律「ぐわっ!」

レオ(唯『レーザー攻撃!?』

梓「真面目にやってください! 撃ちますよ!?」

ダイナ(律『……もう撃ってるし』

梓「口答えしない!」ポチッ

ビ―――――ッ

レオ・ダイナ(唯律『わああああ!』


28 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 16:42:20.21 ID:NgJ2CsAO

その頃の部室


ガチャッ

澪「遅くなってごめーん ……って」

澪「誰もいないし」

澪「……ああ。みんな出動しちゃってるのか」

澪「……」

澪「暇だなぁ……」

澪「……」

澪「……練習しましょうよ!(裏声)」

澪「えー、やだー(唯声)」

澪「やだじゃありません!(裏声)」

澪「まあまあ、梓。もう少しくらい、な?(りっちゃんな声)」

澪「もう! 先輩たちからも何か言ってやってください!(裏声)」

澪「ムギ、おかわりもらえる?」

澪「えぇ♪(麦声)」

澪「先輩!?(裏声)」


澪「……」

澪「……虚しいなぁ」


29 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 16:43:34.26 ID:NgJ2CsAO

ダイナ(律『今度こそいくぞ!』

レオ(唯『うん!』

モンスアーガー「ギィアア!」

ダイナ(律「だぁっ!」バキッ

ガキィイン

モンスアーガー「ギィイイイ!」

ダイナ(律『か、堅い!』

レオ(唯『全然効いてない……』

紬「りっちゃん、唯ちゃん」

ダイナ(律『どうした?』

紬「頭頂部にある水晶体を攻撃して! そこがヤツの弱点よ!」

レオ(唯『とーちょーぶ?』

ダイナ(律『頭のてっぺんだよ』


30 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 16:47:43.37 ID:NgJ2CsAO

レオ(唯『そういうことなら私に任せて!』

レオ(唯「や――っ!」

唯は跳び上がった。上空1000mに

レオ(唯「ぃ、やあ――――っ!」

必殺 レオキックだ!


バシィイイイイイイイイイイイイイイ


モンスアーガー「ガァアアアアア!」


ドカ――――――――――――――ン


31 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 16:59:09.69 ID:NgJ2CsAO

ダイナ(律『唯、ナーイス!』

レオ(唯『えへへ。照れるよー』


梓「無事終わったみたいですね」

紬「えぇ。早く帰りま……


ド――――――――――――――ン

梓「きゃあ!」

紬「な、なに!?」

梓「敵襲です! この機は何者かの攻撃を……


ドカ――――――――――――――ン


レオ(唯『クロムチェスターが!!』

ダイナ(律『ば、爆発した!?』


32 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 17:01:38.35 ID:NgJ2CsAO

レオ(唯『ムギちゃん! あずにゃん!!』

ダイナ(律『ちくしょう! 誰だこんなことするヤツは!!』

ピロロロロ


レオ・ダイナ(唯律「!!」

ゼットン「……ゼットン」


33 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 17:04:23.81 ID:NgJ2CsAO

またも部室


澪「暇だなぁ……」

澪「……む?」

澪「みんなが出動してるってことは、みんな戦ってるってことじゃないか……」

澪「……」

澪「……うん、私も行かなきゃ」



澪「1回言ってみたかったんだよね」

澪「……」

澪「……よし」

澪「HTT出動――っ!!」




バシュ―――――――ン

校庭からHTTの新メカニックであるクロムチェスター δが発進した

澪「一応出動したけど、私が着く頃には戦いも終わってるだろうな。気が軽いや」

澪「~~♪」


34 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 17:06:24.25 ID:NgJ2CsAO

レオ(唯『お前がムギちゃんとあずにゃんを!』

ゼットン「ピロロロロ ……ゼットン」

レオ(唯『許さない!!』

レオ(唯「やあ―――――――っ!」


ピンッ


レオ(唯「!?」スカッ

ダイナ(律『き、消えた!』


ピンッ


ゼットン「ピロロロロ」

ダイナ(律『なっ!? 唯! 後ろだ!』

レオ(唯『えっ?』

ゼットン「……ゼットン」

ゴシュッ

レオ(唯『うわあっ!!』


35 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 17:10:55.60 ID:NgJ2CsAO

ダイナ(律『唯!』

レオ(唯『……だ、大丈夫だよ』


――ピコーン ピコーン ピコーン ピコーン――――


レオ(唯「!」ピコンピコン


ウルトラマンはその姿を保つために大量のエネルギーを消耗する
したがって、何人かの例外はいるものの、彼らは故郷より遠く離れた地球上では約3分間しか戦えない
そして、唯ことウルトラマンレオはその例外だ。レオは地球上で2分40秒しか戦えないのだ


ダイナ(律『ゆ、唯。ホントに大丈夫か?』

レオ(唯『大丈夫だよ。まだカラータイマーが鳴っただけ。』ピコンピコン

レオ(唯『……まだ、消えない。まだ、戦える』ピコンピコン


36 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 17:21:32.82 ID:NgJ2CsAO

レオ(唯「や――っ! ぃや――っ!!」ピコンピコン

ダッ

ダイナ(律『待て、唯! 迂闊に近寄るな!』

レオ(唯『うおおおおお!』ピコンピコン

ゼットン「ピロロロロ」


ピンッ


スカッ

レオ(唯『くっ!』ピロロロロ


ピンッ


ゼットン「……ゼットン」ガシッ

レオ(唯「!」

ゼットン「ピロロロロ ……ゼットン」

レオ(唯『……か、……はっ……』ピコンピコンピコンピコン


ゼットンは唯の首を両手で掴みそのまま頭上に持ち上げた。世に言う、ネックハングツリーだ


37 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 17:25:37.17 ID:NgJ2CsAO

レオ(唯『か、っ……ぁ……』ピコンピコンピコンピコン

カラータイマーの明滅スピードが上がっている。唯の命が、危ない


ダイナ(律『唯を、離せええ!』ドカッ

ゼットン「……ピロロロロ」ブンッ

ドタッ

レオ(唯『ぐぁ……』ピコン


――ピコーン ピ、……コーン ピコ…………


レオ(唯『……ぁ』


ゼットンに放り投げられたのがトドメとなって、唯のカラータイマーが明滅を止めその光を失った

もう、戦えない


レオ(唯「」

フッ

唯「」


38 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 17:28:04.63 ID:NgJ2CsAO

ダイナ(律『唯――!』


――ピコン ピコン ピコン ピコン――――


ダイナ(律「はっ!」ピコンピコン

ゼットン「ピロロロロ」

ダイナ(律『ちくしょう……』ピコンピコン

ダイナ(律「……だぁっ!」キィイン

律が撃ったのはダイナスラッシュ。必殺の切断光輪だ


ゼットン「……ゼットン」バリーア


ガキィイイイン


ダイナ(律「!」ピコンピコン


39 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 17:36:14.26 ID:NgJ2CsAO

ダイナ(律『……万事休すか』ピコンピコン

ゼットン「ピロロロロ」

ピンッ


ダイナ(律『あっ!』ピコンピコン

ピンッ

ゼットン「……ゼットン」ドカッ

ダイナ(律「ぐわあっ!」ピコンピコン

ゼットン「ピロロロロ」


その時

バシュ―――――――ン

澪「怪獣出現ポイントはこの辺りだなー ……げ。まだ怪獣が残ってる」

澪「……でもおかしいな。戦ってるのは律だけだ」


ゼットン「……!」

ダイナ(律「はっ!」ピコンピコン

ダイナ(律『澪! 来るんじゃない! 戻れ―――!』ピコンピコン

澪「え? 何だって?」

ゼットン「ピロロロロ」バッ

ダイナ(律「!」ピコンピコン

ダイナ(律『止めろ! 澪を撃つな―――!』ピコンピコン

ゼットン「……ゼット

ダイナ(律『やめろって言ってんだろおおおおお!』ピコンピコン

ダイナ(律「だぁっ!!」バッ

ビィイイイイイイイイイイイイイイ


40 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 17:38:02.08 ID:NgJ2CsAO

ビィイイイイイイイイイイイイイイ


ゼットン「……ピロロロロ」ガシッ

ダイナ(律『なっ!?』ピコンピコン

ゼットンは律のソルジェント光線を、その両手で受け止めていた。そして

ゼットン「……ゼットン」

ババババババババババババ

波状光線として律に跳ね返した!


ダイナ(律『うわああああああ!』ピコンピコン

澪「律!」



ダイナ(律『……あ…、ぐぅ……』

ドサッ

ダイナ(律『ぁ……』

ダイナ(律「」

フッ

律「」


41 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/26(土) 17:41:23.50 ID:NgJ2CsAO

ゼットン「ピロロロロ ……ゼットン」

澪「う、うそだろ…… り、律が負けた……?」

澪「……まさか他のみんながいないのも、こ、こいつに負けたから?」

ゼットン「ピロロロロ」

澪「ひ、ひぃっ!」

澪「あ…… か、勝てるわけがないよ……」

澪「……逃げなきゃ! 逃げなきゃ!!」

ゼットン「……ゼットン」

澪「……うあ、あ、あ、あ」

澪「うわああああああああああああああああああ!」グイッ


バシュ――――――――――――――ン

澪を乗せたクロムチェスターδは最高スピード マッハ7でA地区から離脱した



ゼットン「ピロロロロ ……ゼットン」


これが、放課後ティータイム全滅の全貌である


49 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 13:24:30.36 ID:/GuhkwAO [2/22]
始める前に

クロムチェスター、クロムチェスター言ってたけど基本的にクロムチェスターって合体メカなんだよね

クロムチェスターα、β、γがあってHTTはその三機の合体フォーメーションたる"ストライクチェスター"を使用してた

技術班が調子こいて"クロムチェスターδ"を新造した

こんな感じの解釈をよろしく頼みます

50 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 13:26:40.76 ID:/GuhkwAO [3/22]

さわ子「HTTが全滅!?」

和「はい」

和「モンスアーガーを囮にして現れた、宇宙恐竜ゼットンによって ……全滅しました」

さわ子「だ、誰か死んだりしてないでしょうね?」

和「幸い死者はいませんでした」

和「ただ……」

和「ムギと中野さんはストライクチェスターを攻撃され重傷。意識がありません」

和「唯は体力の消耗が激しいですが比較的軽傷です。こっちもまだ意識が戻っていません」

和「そして最後まで戦った律は、全身に大怪我を負っていて助かるかもどうか怪しい、と……」

さわ子「そ、そんな……」


51 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 13:33:27.27 ID:/GuhkwAO [4/22]

さわ子「……ん?」

さわ子「澪ちゃんは? 澪ちゃんはどうしたの?」

和「澪は……」

和「今日は遅れて出動したらしく、律が負けたのを見て帰投したそうです」

和「そのため無傷ですが……」

さわ子「どうしたのよ?」

和「……怯えています。心が壊れてしまいそうなくらいに」

さわ子「……」


52 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 13:42:40.32 ID:/GuhkwAO [5/22]

部室。柄にもなく静かな部室


澪「………………………………」

澪「……………………………」

澪「…………………………」

澪「………………………」

澪「……………………」

澪「…………………」

澪「………………」

澪「……………」

澪「…………」

澪「………」

澪「…」

澪「」


澪「……ナイ」


53 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 13:47:53.83 ID:/GuhkwAO [6/22]

澪「……アリエナイ」

澪「……アリエナイ アリエナイ アリエナイ アリエナイ アリエナイ アリエナイ アリエナイ アリエナイ アリエナイ アリエナイ アリエナイ アリエナイ アリエナイ アリエナイ!!」

澪「みんなが負けるなんて……」

澪「……」

澪「……次は私の番だ」

澪「私が戦いに行ってあいつに殺されるんだ」

澪「……ヤダ」

澪「いやだああああああああああああああああああ!!」

澪「うわああああああああああああああああああ!!!」



――――ゼットン『ピロロロロ ……ゼットン』――――――



澪「ひいっ!!」

澪「……ぅあ……ぁ……」

澪「……やだぁ」

澪「……」

澪「……グスッ」

澪「……怖…ぃ…」ポロポロ

澪「怖いよぉ……」ポロポロ


54 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 13:52:01.37 ID:/GuhkwAO [7/22]

さわ子「……それで? 被害の状況は?」

和「はい」

和「ゼットンの出現ポイントであるA地区は既に全壊」

和「現在、隣接するC地区第7ブロックが侵攻を受けています」

さわ子「じゃあ、今こっちが使える武装は?」

和「ストライクチェスターが撃墜されたので、現在使用できるのはチェスターδと予備のチェスターαのみです」

和「ですがハイパーストライクチェスターはおろかストライクチェスターへの移行も不能ですし」

和「ゼットンに有効打を期待することはできないと思います」

さわ子「しかもウルトラマンはいない、か……」

さわ子「……あはは、絶望的じゃないの」


55 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 14:02:29.19 ID:/GuhkwAO [8/22]

和「……これからどうします?」

さわ子「どうしますもこうしますも、私たちしか戦えないなら私たちが戦うしかないじゃない」

和「ですよね……」

さわ子「……」

さわ子「……真鍋さん」

和「は、はい」

さわ子「あなたは、ここに残って澪ちゃんを励ましてあげて」

和「えっ」

さわ子「立ち直ってくれれば貴重な戦力になるし、何より心に傷を負ったままじゃ澪ちゃんは本当に壊れてしまうわ」

和「せ、先生はどうするんですか?」

さわ子「……私はチェスターδで出動する」

さわ子「たまには大人らしいこともしなくっちゃね」


56 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 14:07:26.08 ID:/GuhkwAO [9/22]

さわ子「……あれ?」

和「はい?」

さわ子「チェスターってどこから乗るんだっけ」

和「軽音部の部室ですね」

さわ子「澪ちゃんってどこにいるんだっけ」

和「……部室ですね」

さわ子「あー……」

和「一緒に行きます?」

さわ子「うーん……」

さわ子「いいわ。まず私がちょっと澪ちゃんと話してから出動する」

さわ子「だから、真鍋さんが部室に行くのは30分待ってちょうだい」

和「は、はい」


57 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 14:11:38.27 ID:/GuhkwAO [10/22]

ガチャッ

さわ子「……」

澪「………コワイ コワイ コワイ」ブルブルブル

さわ子「……これは重傷ね」

澪「……コワイ コワイ コワイ コワイ」ブルブル

さわ子「みーおちゃん」

澪「……?」

さわ子「大丈夫?」

澪「……先生」


58 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 14:23:45.09 ID:/GuhkwAO [11/22]

さわ子「なーにがそんなに不安なの? 先生に話してご覧なさいな」

澪「…………」

澪「……怖いんです」

さわ子「怖い?」

澪「……戦いが怖くなったんです」

澪「私は見た。律があの怪獣に倒されるところを」

澪「そしてまだ暴れてる」

澪「私なんか行ったってあっという間に殺されちゃうんだ……」

澪「律みたいに、みんなみたいに……」

澪「……そんなのいやだ。死にたくない」ポロポロ

澪「いやだよ……怖いよぉ……」ポロポロ


59 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 14:32:52.80 ID:/GuhkwAO [12/22]

さわ子「そっかぁ……」

澪「……グスッ」

さわ子「でも」

さわ子「あなたがここでメソメソしてたら、怪獣は野放しのままよ?」

さわ子「それだけで人が死ぬ。誰かが悲しい思いをするって事」

さわ子「そんな悲しみが生まれないように」

さわ子「誰かの大切な人を守るために、あなたたちは戦っているんじゃないの?」

澪「……そんなの、知ってます」グスッ

さわ子「……だったら」

さわ子「なぜそこで泣いてるの?」

さわ子「その涙は何?」

さわ子「あなたのその涙でこの地球が救えるの?」

澪「……」


60 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 14:39:44.87 ID:/GuhkwAO [13/22]

さわ子「……今、あの怪獣はC地区にいるそうよ」

澪「……!」ビクッ

さわ子「私が今からチェスターδで先行するわ。だから……」

さわ子「必ず来て。待ってるから」

澪「そ、そんな!」

澪「あいつのとこに行ったら先生だって死んじゃうよ!!」

澪「死ぬのが怖くないの!?」

さわ子「……平和のためだもの。へっちゃらよ」

澪「……」

さわ子「……じゃあ行くから」



さわ子「……出動―――!!」




61 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 14:48:58.78 ID:/GuhkwAO [14/22]

クロムチェスターδ操縦席


さわ子「……はぁ」

さわ子「あーあ。元気を分けてあげるはずが、どうして私がこんなに落ち込んでんのかしら」

さわ子「……あー、分けたから私の元気は減ったのか。あはは」

さわ子「……」

さわ子「はぁ……」


――――澪『死ぬのが怖くないの!?』―――――――


さわ子「……」

さわ子「馬鹿ね……」

さわ子「……死ぬのが」

さわ子「死ぬのが、怖くないわけ、ないじゃない!!」グイッ


バシュ――――――――――――――ン


62 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 14:53:49.24 ID:/GuhkwAO [15/22]

澪「……グスッ」

ガチャッ

和「邪魔するわよ」

澪「……和」

和「あー、そのままそのまま。座ってていいから」

和「その代わり」

和「ちょっと私の話を聞いてくれる?」


63 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 14:59:00.67 ID:/GuhkwAO [16/22]

和「知ってると思うけど」

和「あなた以外のHTTメンバーは重傷よ。意識もないわ」

澪「……」

和「でも」

和「どうしてそんなになるまで戦えたか、わかる?」

和「みんなもあなたと同じ人間よ」

和「今のあなたと同じように戦いが怖くなる一瞬だってあるはずなのに」

澪「……」


64 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 15:01:47.21 ID:/GuhkwAO [17/22]

和「それはね」

和「みんな1人じゃなかったからよ」

和「強大な敵を前にして恐れなかったんじゃない」

和「怖くて恐ろしくて、それでも戦ったの」

和「1人じゃないから。自分の隣に大切な人がいたから」

和「戦えたのよ」

澪「……」

澪「……」

澪「……でも」

澪「今、私は1人だ」


65 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 15:05:57.09 ID:/GuhkwAO [18/22]

澪「……そうだ。私は1人じゃないか」

澪「誰も助けてくれない……」

澪「たった1人で、……死にたくないっ」ポロポロ

和「あら? いつの間にあなたは1人になったの?」

和「さわ子先生が先行して戦地に行ったはずよ」

和「ここには私だっているじゃない」

和「それに」

和「側にいないだけで、HTTは今もあなたと一緒に戦っているわ」


66 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 15:08:20.98 ID:/GuhkwAO [19/22]

和「あなたは一人じゃないわ、澪」

和「たとえ離れていても、あなたはいつも仲間と一緒にいるの」

和「仲間たちの思いをあなたは託されているんだから」

澪「離れていても、一緒……?」

和「そうよ」

和「私やさわ子先生を入れて7対1。負けるはずがないわ」

和「だから、澪。恐れてもいい、怖くたっていい……」

和「ただ、今はそれを乗り越えて!」

和「私たちが付いてるから!」

澪「……!」

和「お願い! みんなを守って!!」

澪「……!!」


67 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/27(日) 15:10:05.14 ID:/GuhkwAO [20/22]

―――――――――――――――――――――

――――やっぱり、怖い――――

――――律も、唯も、ムギも、梓もあいつにやられたんだ――――

――――私が行っても、きっと殺される……――――

――――……でも、私が行かないと、みんなが死ぬんだ――――

――――いやだ。そんなのいやだ――――


――――……大丈夫。私はやれる――――

――――律も、唯も、ムギも、梓も、和も、先生も、みんなが付いてるんだ――――

――――私はやれる――――

――だって私は……―――――

―私は……―――――

――





『ウルトラマン、ゼアス!!』


72 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/28(月) 18:10:09.90 ID:GsYg/oAO [1/13]

C地区

古くより工業地域として栄え、現在に至っても大都市圏を形成していた
ちょうどドラゴンボールの西の都みたいな感じでイメージしてほしい。その想起もまったく無意味なものではあるが

なぜなら、ゼットンによって破壊し尽くされたC地区に広がっていたのは、荒廃した都市の残骸だけだったから


バシュ―――――――ン

さわ子「……酷い。何も、何も残ってないじゃない」

さわ子「ゼットンは、……あそこか」


ゼットン「ピロロロロロ」


さわ子「……先手必勝! クアドラブラスター、シュート!!」

ビ―――――――ッ



73 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/28(月) 18:14:24.01 ID:GsYg/oAO [2/13]

ゼットン「ピロロロロロ」バリーア


バチィイイ


さわ子「なっ!? 反応が早すぎる!」

ゼットン「……ピロロロロロ」バッ

さわ子「!」

さわ子「回避! 回避を!!」グイッ

ゼットン「……ゼットン」バシュッ バシュッ


キィイイイイイイイイン

さわ子「ギリギリセーフ、か……」

さわ子「……このお!」

さわ子「クアドラブラスター、シュート! シュート!!」

ゼットン「……ピロロロロロ」バッ

 ド―――――――ン

         ド―――――――ン


さわ子「決まった!」


74 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/28(月) 18:18:12.28 ID:GsYg/oAO [3/13]

ゼットン「……ピロロロロロ」ビシッ

さわ子「あっ!?」

さわ子「敢えてバリアをせずに私に狙いを……!」

さわ子「…ぁ………あ……」

ゼットン「……ゼット


ゼアス(澪『やめろおおおおお!』


バキィイイイイイ




75 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/28(月) 18:25:01.29 ID:GsYg/oAO [4/13]

さわ子「澪ちゃん!」


ゼアス(澪『先生。遅れてすいません!』

さわ子「……」

さわ子「……なーに言ってんの。私は5分前行動で動いただけよ」

さわ子「澪ちゃんは、ちっとも遅れてないわ」

さわ子「だから、……胸張って戦ってきなさい!」

ゼアス(澪『……はい!』


ゼアス(澪「……」キッ

ゼットン「ピロロロロロ ……ゼットン」

ゼアス(澪『今度は、……私の番だ!』


76 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/28(月) 18:30:34.27 ID:GsYg/oAO [5/13]

ゼアス(澪「ぜあっ!」ダッ

ゼットン「ピロロロロロ……」

ピンッ


ゼアス(澪『あっ』スカッ


ピンッ

さわ子「澪ちゃん! 後ろ!」

ゼアス(澪「!」

ゼアス(澪「とぁっ!」バキッ

ゼットン「……ピロロロロロ」ドタッ


77 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/28(月) 18:49:35.01 ID:GsYg/oAO [6/13]

ゼアス(澪『まだまだぁ!』

ゼアス(澪「はあっ!」

ゼットン「……ゼットン」ドカッ

ゼアス(澪『うわっ!』

ゼットン「ピロロロロロ」バシュッ バシュッ


   ド―――――――ン
           ド―――――――ン

ゼアス(澪『うわあああああ!』

さわ子「澪ちゃん!」


78 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/28(月) 18:58:40.16 ID:GsYg/oAO [7/13]

ゼアス(澪『くうっ!』

ドカ―――――――ン
     ドカ―――――――ン

ゼアス(澪『ぐあっ!』

ゼットン「ピロロロロロ」


ビ――ッ ビ――――ッ


ゼットン「……ピロロロロロ」バリーア
ガキィイン


ゼアス(澪『えっ?』

さわ子「だ、誰が……」


キィ―――――――ン

和「ふふっ。私、後方支援は得意なのよ」

そう言って和はやって来た
桜高に残された最後のクロムチェスターαに乗って


ゼアス(澪『和!』


79 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/06/28(月) 19:05:14.63 ID:GsYg/oAO [8/13]

和「ちょっと気付いた事があってね。今の攻撃で確信したわ」

和「先生。残る攻撃力を全て、ゼットンに集中してください」

さわ子「で、でもあいつはバリアを……」

和「大丈夫です。とにかく攻撃を」

さわ子「……わかったわ」


さわ子「クアドラブラスター、シュート!」カチッ

和「……」カチッ



ビィイイイ―――――――ッ



ゼットン「……ピロロロロロ」バリーア

ガキィイイン


80 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/28(月) 19:09:18.36 ID:GsYg/oAO [9/13]

和「やっぱり!」

和「澪、今よ! ヤツは頭上にバリアを張っていないわ!!」

ゼアス(澪『……ホントだ!』


ゼアス(澪「とぁっ!」ダンッ

澪は空高く跳び上がった
空中で超高速回転し、赤熱したそのかかとをゼットンの脳天に叩き落とす

ウルトラマンゼアスの必殺技 ウルトラかかと落としだ!


バキィイイイイイイイ

ゼットン「!? ピロロ……! ピロロロロロ」


81 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/28(月) 19:12:50.99 ID:GsYg/oAO [10/13]

さわ子「よしっ!」

和「澪! そのまま押し切って!」

ゼアス(澪『わかった!』


ゼットン「ピロロロロ……」

ゼアス(澪「ぜあっ!」バシッ

ゼアス(澪「とぁっ!」バキッ

ゼットン「ピロロロロロ……」


さわ子「くらえっ!」カチッ

和「……」カチッ

ビィイイイ―――――――ッ


ド―――――――ン

ゼットン「ピロロピロロロロロロロ……」

ゼアス(澪「たぁっ!!」ドカッ

ゼットン「……ゼットン」ドタッ

和さわ子「今よ!!」

ゼアス(澪『うん!!』


82 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/28(月) 19:17:36.99 ID:GsYg/oAO [11/13]

ゼアス(澪「……」スッ

ゼットン「ピロ…… ピロロロロロ」

ゼアス(澪「……」スッ

ゼットン「ピロロピロロロロ」フラフラ

ゼアス(澪「……」バッ


ゼアス(澪「ぜあっ!」バッ


澪の腕から射出されたスペシュッシュラ光線の青い光が、ゼットンの黒い身体を直撃


ビィイイイイイイイイイイイイイイ


そして、貫いた


ゼットン「ピロロロロロ ……セ゛ット」


ドカ――――――――――――――ン


83 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 投稿日:2010/06/28(月) 19:24:07.94 ID:GsYg/oAO [12/13]

ゼアス(澪「……」

フッ

澪「……」

澪「……勝った」

澪「勝ったんだ!」

澪「生きてる!!」


和「お疲れ様」

さわ子「やったわね、澪ちゃん」

澪「和、先生!」

―――――――――――――――――――――

それから、HTTのみんなが回復するまでしばらくかかった
命が危ぶまれていた律も、どうにか助かった。回復した後、私がゼットンを倒したんだって言ってもちっとも信じてくれなかったけど

そして今日ついにみんなが退院して来て、いつも通りのティータイムが始まるんだ

なにもかも元通り、本当にハッピーエンドだ

―――――――――――――――――――――


こんな感じで

今日もみーんな救われた
ありがとう、放課後ティータイム!


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。