FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわ子「なりきり魔法少女マジカル澪ちゃん!」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 13:59:37.32 ID:tqJVb0Zc0 [1/103]
N女子大学食

律「よう澪、今日はメシ少ないな」

澪「ああ、最近新歓続きで太っ…お金なくてな!」

律「ふうん、何キロ?」

澪「えっと…2…って言わせんな!」ポカッ

律「あはは!ごめんごめん」

澪「ちゃんと減食だけじゃなくて運動もしてるんだよ…」

?「その心意気やよし!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:05:08.58 ID:tqJVb0Zc0
律「さわちゃんどうしてここに!?学校は!?」

さわ子「あんまり気にしないで」

澪「いや、気にしないのは難しいですよ…」

律「…まさか軽音部で何かあったのか?」

さわ子「そんなことないわよ、あなた達も結構会ってるんでしょ?」

澪「まぁ軽音部も今年は憂ちゃん純ちゃんに加えて2年と1年が1人ずつ入って順調そうだし…
  私達もスタジオで会ってるから何かあったら気付きそうなもんだよね」

律「かなり説明っぽいな」

澪「ここで説明しておかないといけない気がして…」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:10:26.39 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「実は…異世界人の干渉から世界を守ってほしいの」

律「…は?」

さわ子「実はあなた達が高校生の時から異世界人はこの世界に干渉してきていたの」

さわ子「でもそれは最低限度の干渉でこの世界の人が気付くことはほとんどなかった」

さわ子「でも最近彼らはこの世界に強く干渉して、この世界を乗っ取ろうとしてるわ」

律澪「」

さわ子「そこで…澪ちゃんに戦ってほしいの」

澪「…へぅ!?私!?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:15:16.29 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「あなたにはこのなりきりブレスレットを着けてもらうわ」

さわ子「このブレスレットをしてコスプレするとその衣装に合った能力を得るわ」

澪「何で…私が…?」

さわ子「コスプレさせがいがあるからよ」

律「そんな事だろうと思った…」

さわ子「名付けて、なりきり魔法少女マジカル澪ちゃんよ!」

澪「いやだーーーー!恥ずかしいーーーー!!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:20:19.97 ID:tqJVb0Zc0
澪「律!そんなのおかしいよな!?私じゃなくていいよな!?」

律「…ごゆっくり~」ソソクサ

澪「薄情者~!」シクシク

さわ子「さぁ、早速変身してみなさい」

澪「嫌だぁーーーー!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:25:32.29 ID:tqJVb0Zc0
・・・・

澪「MMQ!」キュピーン

さわ子「完璧ね、変身解除」パチン

澪「はっ!いつの間に!」

さわ子「動作チェックは完璧だったわよ」

澪「ううう…せめて記憶が消えてれば…」

澪「だいたい魔法少女って…年齢的にギリギリアウトですよ…」

さわ子「大丈夫よ、まだ澪ちゃんは十分若いんだから」

澪「だいたい何で私が…異世界人なんて私には関係ないですよ…」

さわ子「それが…関係あるのよ」

澪「!?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:30:09.92 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「その異世界人たちはあなた達の高校生活を観賞するのが趣味だったのよ」

さわ子「あなた達が卒業したのが、彼らの暴走の原因なのよ」

澪「そんなこと言ったって…私達はそりゃ卒業しますよ…」

さわ子「そんな理屈が通用する相手じゃないのよ」

澪「そんな…」

さわ子「彼らの名はモエブター」

澪「…一気にギャグっぽくなったな」

さわ子「仕方ないじゃない、そういう名前なんだから…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:35:14.55 ID:tqJVb0Zc0
バリン!

「キャーーーー!変態ーーーー!」

澪「あれは!?」

さわ子「早速お出ましね…丁度良かったわ、あなたが標的みたいよ」

澪「私が…」

さわ子「奴の名前はチュサーン、相手の国籍を変えてしまう恐ろしい能力を持っているわ」

澪「…何ですかソレ」

さわ子「あなた、高校時代に突然怒りっぽくなったり、キムチが食べたくなったことは?」

澪「…そういえば…たまに」

さわ子「それは奴があなたに干渉していたのよ」

澪「な、何だってーーーー!?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:40:08.76 ID:tqJVb0Zc0
澪「でもどうすれば…」

さわ子「変身よ、澪ちゃん!ここは…これなんてどうかしら」

澪「は…はい、やってみます!」

澪はさわ子から受け取った服を手に取ると目を瞑り、ゆっくりと深呼吸をした

澪「変身!」ピカー

澪「チマチョゴリ!」ジャーン

澪「って…こっちから国籍変えてどうするんですか!」

さわ子「目には目を、歯には歯をよ!」

澪「だいたいこれでどうしろと…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:44:38.16 ID:tqJVb0Zc0
モ「グヘヘ…秋山澪…お前は在日韓国人だ…」ブォォォン

澪「きゃ!なにこの悪寒…!」

モ「グヘヘ…さあ、学食でキムチを頼むのだ…」

澪「…」

モ「…何をやっている?早くキムチを…」

澪「チマチョゴリキーーーック!」ドゴォ

モ「ぐは!な…何故…効かない…」

澪「私はそんな攻撃くらわなくても」

澪「りっぱな韓国人だからニダ!」

モ「何だと…」シュワシュワー

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:50:12.68 ID:tqJVb0Zc0
澪「…消えた」

さわ子「もういいわね、これでもう彼らは干渉できないわ」パチン

澪「はっ!私は純粋な日本人だよ!」

澪「…これでもう開放されるんですか!?」

さわ子「いえ、奴はモエブターの中でも最弱」

澪「それって敵が言うもんじゃないんですか…」

さわ子「これからも頼むわね、マジカル澪ちゃん!」

澪「いやあああ!恥ずかしいいいいい!」

『プロローグ』完

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:55:13.27 ID:tqJVb0Zc0
休日、喫茶店

唯「今日はあずにゃんちに行く予定なんだ~」

律「梓かー、元気してるかな?」

紬「りっちゃんは先週街で会ったんじゃなかった?」

律「そうだけどさ、毎日会ってないとなんか久々って感じしない?」

澪「ああ、わかるわかる」

さわ子「そうよねぇ…」シミジミ

唯「うんうん…っていたのさわちゃん!?」

さわ子「ええ、ずっと」

律「やっぱこの人忍者かなんかなんじゃね?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:00:10.23 ID:tqJVb0Zc0
唯「で、どうしてさわちゃんがここに?」

さわ子「澪ちゃん、あなたも唯ちゃんについて行くのよ」

澪「え?何で…」

さわ子「次の標的は梓ちゃんみたいなの、だからマジカル澪ちゃん出動よ!」

唯紬「…」ジー

澪「い、いや…私は反対したんだ…さわ子先生が勝手に…」

唯「澪ちゃんも一緒に行こう!」

澪「え?」

唯「別に一人ぐらい増えても問題ないでしょ?会うだけだし」ニコ

さわ子「交渉成立ね」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:05:08.64 ID:tqJVb0Zc0
梓「…で、何で3人もいるんですか」

唯「ごめんねあずにゃん、突然増えちゃって~」

さわ子「お邪魔するわ」

澪「ごめん…梓」

梓「まぁいいですけど…」

唯「さすがあずにゃん!太っ腹!」ダキ

梓「や、やめてください…もう大学生なんですから///」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:10:11.67 ID:tqJVb0Zc0
唯「…でね、その教授の頭が…」

梓「もう、真面目に勉強してないんですか!」

澪「…本当に来るんですか、モエブター」

さわ子「多分ね」

澪「多分って…」

ピンポーン

梓「あ、誰か来た…ちょっと出てきますね」

唯「はーい」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:15:28.97 ID:tqJVb0Zc0
梓「今開けまーす…ってぎゃあああああああ!」

唯「!?今あずにゃんの叫び声が!」

さわ子「…来たわね」

澪「玄関から…しかもチャイム鳴らして…」

唯「今行くからね!あずにゃん!」

さわ子「ダメよ唯ちゃん!ここはマジカル澪ちゃんの出番なんだから!」

澪「…もしかして変身しなくてもなんとかなるんじゃ…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:20:17.64 ID:tqJVb0Zc0
唯「あずにゃん!…ってあれ?あずにゃんは?」

梓『唯先輩!ここです!』カサカサ

唯「わ、ゴキブリだ…あとどこかからあずにゃんの声がする…」

梓『私です!梓です!ゴキブリにされちゃいました!』カサカサ

唯「え…?このゴキブリがあずにゃん…?」

梓『そうです!助けてください!』カサカサ

さわ子「やっぱり奴ね」

澪「知っているんですか、先生」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:25:13.08 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「奴はニャンゴキー、人をゴキブリにする能力を持っているわ」

澪「なんですかそのトンデモ能力!ゴキブリにされたら何にもできないじゃないですか!」

さわ子「一応…耐性に個人差があるからなりにくい人はなりにくいのよ」

澪「梓は耐性が弱かったのか…」

梓『奴はもう家の中に入ってしまいました!カサカサと!』カサカサ

唯「あずにゃんにこんなひどいことをする奴は…許さない!」ダッ

澪「あ…唯、ダメだって…」

さわ子「追うわよ」

澪「はい」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:30:08.82 ID:tqJVb0Zc0
唯「こ…ここか!出てこい化け物!」ガタガタ

梓『怖いんなら逃げましょうよ…多分あんな化け物かないませんよ…』カサカサ

唯「ダメだよ!…ここで逃げたらあずにゃんがゴキブリとして一生を終えちゃう…」

梓『ありがとうございます…唯先輩…』カサカサ

プシュー

唯「いや!何これ…」

さわ子「いたわ、澪ちゃん!」

澪「変身!」ピカー

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:35:10.47 ID:tqJVb0Zc0
モ「貴様らもゴキブリになりに来たか」カサカサ

さわ子「私達はそのつもりはないわ」

澪「新聞配達員!」ジャーン

澪「って何で新聞配達員?」

さわ子「ゴキブリといえば新聞でしょ」

澪「安直な…」

唯「あぅ…い…や…体が…硬く…なってく…」

さわ子「唯ちゃんが苦しんでるわ、早くやっちゃいなさい」

澪「はい…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:40:09.77 ID:tqJVb0Zc0
モ「ふ、俺の速さについていけるかな」カサカサ

澪「は、速い…」

モ「隙あり!」

プシュー

澪「きゃあ!」

唯「み…お…ちゃん…』カサ

梓『澪先輩!』カサカサ

モ「ククク、俺の勝ちだな」カサカサ

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:45:35.01 ID:tqJVb0Zc0
澪「…」

モ「ククク、ゴキブリになる時はちょ――っと痛いけど我慢しな」カサカサ

澪「…」ニヤ

モ「?」

澪「新聞スラッシュ!」ビュン

サッ

梓『避けられた…!』カサカサ

モ「グ…まだ抵抗する元気があったか、ならば時間稼ぎをさせてもらおうか」カサカサカサカサ

唯『逃げに徹し始めた!これじゃあ澪ちゃんもゴキブリになっちゃう…』カサカサ

澪「新聞スラッシュ!」ビュン

ブシュ

モ「ぐはあ…な、何故俺に当たった…!?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:50:14.03 ID:tqJVb0Zc0
澪「フフフ、目には目を…だ」カサ

モ「まさか奴…自らゴキブリになって…俺と同じ素早さ…を…」シュワシュワー

澪「…ふう」

梓「…体が戻った」

唯「良かった~、あずにゃん!」ダキ

梓「な、なんで抱きつくんですか!」

唯「やっぱあずにゃんは柔らかいほうがいいよ!」スリスリ

梓「わ、私も…唯先輩は暖かくて柔らかいほうが…」

さわ子「一件落着、ね」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:55:17.15 ID:tqJVb0Zc0
唯「にしてもすごいよ澪ちゃん!敵を利用するなんて!」

澪「いやあれは…さわ子先生が助言してくれたんだ」

さわ子「澪ちゃんのなりやすさ次第の賭けだったけどね」

梓「だいたい先生はなんで敵のことに詳しいんですか」

さわ子「それは…いずれ言うわ、澪ちゃんに」

澪「私にだけ!?」

唯「まぁそのときじゃないんなら仕方ないよ」

さわ子「唯ちゃんは理解が早いわね」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:00:08.23 ID:tqJVb0Zc0
澪「だいたいゴキブリにする能力って…そんな干渉アリですか?」

さわ子「異世界人にはいろいろ居るのよ」

梓「もうゴキブリは嫌です…」

唯「私もゴメンだよ…」

さわ子「奴を倒したからゴキブリにするっていう干渉はもうできないはずよ」

澪「良かったな、梓」

梓「はい!澪先輩かっこよかったです!」

澪「恥ずかしい…」テレテレ

唯「私は?」

梓「唯先輩も…ヘタレだったけどかっこよかったですよ!」

唯「あずにゃん…もう、素直じゃないなぁ」

『怪奇ゴキブリ男』完

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:05:20.31 ID:tqJVb0Zc0
律「大学入ってもテストはつらいぜ…」

澪「今回こそはもう一夜漬けはさせないからな」

紬(そんなこと言って…また手伝っちゃうんでしょ♪)ニコニコ

唯「みんな~、遅れてごめーん!」

律「おう、唯なら遅れてくると思ってたぜ!」

唯「そんな~」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:10:12.36 ID:tqJVb0Zc0
紬「唯ちゃん、その帽子は?」

唯「あー、これ?さっき露店で買ったんだ~」

澪「いや、センスを疑うぞ…」

律「なんか昔のSFみたいな帽子だな…」

唯「これ被ってるとα波出て頭が良くなるんだって~」

澪「怪し!しかもα波は頭良くならないから!」

唯「…騙された…」ショボーン

律「…まぁ、もしかしたら他の効果あるかもじゃん!そう落ち込むな!」

唯「う、うん…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:15:47.29 ID:tqJVb0Zc0
澪の家

澪「ここがこうで…」

律「眠…」グテ

唯「…あれ…全く分からない…」

紬「どうしたの?唯ちゃん」

唯「この問題が全く分からないよう…」

律「それなら私にもわかるぞ~!」

澪「調子に乗るな」ゴン

律「あいて~…ごめんごめん」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:20:31.29 ID:tqJVb0Zc0
唯「そう言うのじゃなくてね、なんか私がヘンになったみたいな…」

唯「それよりアイスある?」

澪「ん?どういう繋がり?」

唯「あいすだよアイス~、私チョコミントがいいな~」

律「えー、チョコミントとか歯磨き粉だろ!」

澪「チョコミントは甘さと爽快感が組み合わさってるからいいんじゃないか!」

さわ子「チョコミントの話とかどうでもいいから」

紬「先生!どうしてここに?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:25:15.02 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「唯ちゃんのその帽子、モエブターのものね…あ、お茶貰える?」

澪「あ、はいどうぞお茶です…それで、今度はどういう」

律(澪もさわちゃんに染まってきたな…)

さわ子「奴は恐らくケイマーヌ、相手の脳をとろけさせる能力を持っているわ」

澪「けっこうヤバイ奴ですね、最初の奴が最弱呼ばわりされるのも納得です」

律「さわちゃん、だったら唯の帽子取らないとまずいんじゃね!?」

唯「うんたん♪うんたん♪」

さわ子「ダメよ!無暗に取ると脳に悪影響が出てしまうわ」

澪「奴は今どこに?」

さわ子「奴は…今に来るわ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:30:11.28 ID:tqJVb0Zc0
ピンポーン

澪「…まさかこのパターンは」

さわ子「ムギちゃん、代わりに出て」

紬「私、居留守してあげるのが夢だったの~♪」

澪「…目的違うからな」

紬「じゃあいってきま~す♪」

さわ子「私達は後ろで様子見よ」

律「ムギはおとりかよ…」

澪「なんか悪いな…」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:35:12.70 ID:tqJVb0Zc0
紬「なんでしょうか?」ガチャ

?「あのー、秋山さんのお宅ですか」

紬「そうですけど本人は外出中です」

?「んー…じゃあんたでいいよ」

?「この頭が良くなるCD買わない?」

紬(すごい!胡散臭さがすごすぎるわ!逆に欲しい!)

?「1枚1万円なんだけど…」

紬「買います!」

?「今なら…って、え?ああ、じゃあどうぞ」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:40:10.09 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「どうやら間違いないようね」ボソボソ

澪「何で買ってるんだムギ…」ボソボソ

律「会計してる今がチャンスなんじゃないか?」ボソボソ

唯「何でみんなボソボソ話してるの~?」ボソボソ

さわ子「んじゃ、早速変身よ、はいこれ」ボソボソ

澪「変身!」ピカー

澪「クレーマー!」ジャーン

澪「クレーマーて!どんな服よ!」

さわ子「怒るところはそこじゃないでしょ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:44:42.15 ID:tqJVb0Zc0
澪「あー、イライラしてきた!」ズカズカ

モ「あ、秋山さん、居たんじゃないですか」

澪「何よ貴方!秋山さんとか慣れ慣れしいわね!」

モ「す…すいません」オド

澪「だいたいあんたでしょ!うちの唯に変なもの売りつけて!」

モ「あ…あれは…変なものではなくて…」

澪「変なものでしょうが!あれのせいでうちの唯が頭おかしくなっちゃったのよ!」

モ「いえ…そんなはずは…」

澪「あるから言ってるんでしょ!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:50:08.75 ID:tqJVb0Zc0
モ「しかしあれは輸入物でして…当社では責任は…」

澪「責任とかそういう話をしてるんじゃないの!」

紬(澪ちゃん怖いわ~♪)

モ「ですがこのCDを聞けば唯さんもきっと元に戻ります!だからCDを…」

澪「はぁ!?ふざけないでよ!そんなの信用できるわけないじゃない!」

澪「だいたいCD1枚1万とかふざけてるの!?」

モ「あれは…あの後値引きする予定でして…」

澪「だったら最初から値引いときなさいよ!」

律「さわちゃん、脱線し過ぎじゃね?」

さわ子「まぁ黙って見てなさい」

唯「1枚1万円だったら2枚でいくらだろ?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:55:09.21 ID:tqJVb0Zc0
モ「でもこのCDは1万円の価値はあります!効きますから!」アセアセ

澪「だったらここであなたが試してよ!」

モ「いえ…私は…」

澪「ほら!CDプレイヤーとイヤホンならここにあるから!実験だよ早く!」

モ「は、はい…」

紬(ケ、ケイマーヌさん…)

カシャ

モ「あ、秋山さん、やっぱりやめましょうこんなこと…ね」

澪「ダメだ!!だったらこの唯元に戻してくれよ」

唯「ほげー」ホゲー

澪「C・D!!C・D!!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:00:09.26 ID:tqJVb0Zc0
澪「再生!」カチャ

モ「うわああああああ!」

モ「…」

モ「…ほげー」シュワシュワー

律「や、やった!」

唯「んあ?私何してたんだろ…」

紬(ああ!せっかく買ったCDが消えちゃった!)

さわ子「奴は頭を使って戦うモエブターだから本人の脳をとかしちゃえばいいのよ」パチン

澪「はっ!今回は叫んでばっかりで喉渇いた…」クタクタ

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:05:11.30 ID:tqJVb0Zc0
唯「ごめんね、あずにゃんの時と言い、私ばっかり迷惑かけて…」

澪「いいんだよ、どうせ倒さなきゃいけない敵だし」

さわ子「『倒す』っていうのはよろしくないわね」

澪「え?なんでですか?」

さわ子「仮にも彼らはあなた達のファンのうちの一人なんだから、ファンは大事にしないとよ」

唯「人をゴキブリにしたり頭悪くしたりするのも愛なのかな…?」

律「愛は人それぞれだからなー」

紬(愛は人それぞれ…いい言葉ね)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:10:12.81 ID:tqJVb0Zc0
唯「んじゃあ勉強に戻ろうよ!」

律「お!唯がなんかやる気だ!」

唯「うん!なんかおバカになってた分頭がすっきりするっていうか」

澪「あ、その前に…」

律「ん?」

澪「チョコミント買ってこよう!」

『智将ケイヌーマが脳波を吸う!!』完

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:15:12.15 ID:tqJVb0Zc0
紬「見て見て!きれいな花!」

澪「ユリかぁ…いいな」

紬「百合…///」

律「自分で振っといてなんなんだよムギは…」

唯「なになに何の話?」

律「お子様は聞いちゃダメだ」

唯「もう大学生だから大人だよー」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:20:19.40 ID:tqJVb0Zc0
澪「にしてもそんな立派なユリどこにあったんだ?」

紬「道端で既に切られてるのを拾ったの」

律「生えてたわけじゃないのか」

唯「じゃあもう死んじゃってるのかな?」

律「まだ花瓶にでも刺しとけばなんとかなるんじゃね?」

澪「ユリは無理だろ~」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:25:17.59 ID:tqJVb0Zc0
紬「あれ?突然この百合からいいにおいが…」クンカクンカ

律「マジでー、嗅がせてー」クンカクンカ

律紬「!?」

唯「ん?どうしたの二人とも」

紬「なんだか胸が切ないの…唯ちゃん…」ムギュ

唯「うわあ!ど、どうしたの?ムギちゃん」

律「澪ーーーー!好きだーーーー!」ダダダ

澪「恥ずかしい気持ち悪い」ドス

律「う…ぐ…」バタ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:30:09.15 ID:tqJVb0Zc0
紬「唯ちゃんチュッチュ♪」

唯「み、澪ちゃん…これってまさか…」

さわ子「そのまさかね」

澪「毎度毎度登場が突然だな」

唯「ムギちゃんとりっちゃんが突然おかしくなっちゃったんだよ、さわちゃん…」

紬「私をおかしくしたのはあなたの存在よ…」

唯「さっきから離れてくれないしクサい台詞吐くし…」

澪「といっても唯は人に言える立場じゃないけどな」

唯「私はやっぱ抱きつかれるより抱きつくほうがいいな…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:35:11.14 ID:tqJVb0Zc0
澪「においを嗅いでから二人がおかしくなったってことは…」

さわ子「どうやらこのユリがモエブターみたいね」

モ「正確には花から鼻に入り、脳を支配するのが私、レズリリーだ!」

澪「ここにきて初めて相手が名乗った!」

さわ子「…」

モ「え?名乗っちゃダメだった?」

さわ子「…」ゴゴゴ

モ「すみません、出しゃばりました」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:40:10.25 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「どうやらこのユリがモエブターみたいね」

唯(…やり直した…!?)

澪「それで、どんな奴なんですか?」

さわ子「奴の名前はレズリリー、女の子が女の子を好きになってしまうわ」

モ「お前も百合属性にしてやる!」

澪(嗅がなきゃいいんじゃないの?)

さわ子「澪ちゃん、変身よ!」

澪「変身!」ピカー

澪「男装!」ジャーン

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:45:14.10 ID:tqJVb0Zc0
澪「うーむ…今までよりは納得がいくな」

律「みおしゃん…宝塚みたいで…かっこいい…」

唯「りっちゃんが生き返った」

澪「ふん!」ドス

律「ぐは…おやすみ…」バタ

唯「そして意味もなく気絶させられた!」

澪「どうやら俺の力も上がってるみたいだな」

唯「一人称が俺になってる!」

紬「俺っ子萌え~♪」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:50:16.17 ID:tqJVb0Zc0
澪「おい!こらムギ離れろ!」

紬「澪ちゃん素敵~!」ムギュ

紬「え…豊満なお胸がカチカチ…まさか…!?」

紬「男はフケツよーーー!助けて唯ちゃん!」ダダー

唯「私はムギちゃんに抱きつかれなければ助かるよ…」

澪「なんか精神的に来るものがあるんですけど…」

さわ子「気にしないで」

澪「あと俺の胸は胸当てで硬いだけだから勘違いするなよ」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:55:50.62 ID:tqJVb0Zc0
澪「さっさとけりつけるぞ」

モ「ふふふ、私のにおいを嗅げば男装してたって…」

澪「そい!」プチ

モ「踏むとか…ありえ…ない…」シュワシュワー

澪「あっさりだったな」

さわ子「早期解決ね」パチン

澪「はっ!この格好は割と恥ずかしい!」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 18:00:07.96 ID:tqJVb0Zc0
紬「うーん…あれ?」

紬「…わっわわわわ私唯ちゃんに抱きついてる…!?」

唯「あ、元に戻ったんだね、ムギちゃん」

律「うーん…み…お…私…何で倒れてんだ…?」

ドス

律「ぐ…は…」バタ

澪「あ、ついつい反射的に…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 18:05:25.73 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「今回はムギちゃんの百合嗜好につけこんで狙われたのね」

紬「…ごめんなさい」

唯「私はいいんだよ、いっつもあずにゃんに抱きついてるし」

さわ子「モエブターの能力はあなた達の性質から来るものもあるから気をつけてね」

紬「はい」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 18:08:51.10 ID:tqJVb0Zc0
澪「律、起きろ」

律「キャベツ…ん?ここはどこだ?」

澪「大学だよ、今モエブターを倒したところだ」

律「また倒したのか、すごいな、惚れちまうぜ」

澪「まだ残ってるーーーー!」ドス

律「残ってるって…なに…が…」バタ

『悪魔の居る花』完

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/18(土) 18:10:18.00 ID:tqJVb0Zc0
ごはんです
一旦休憩

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 19:10:58.72 ID:tqJVb0Zc0
唯「あ、和ちゃん!」

和「唯、久しぶり」

唯「和ちゃんも夏休みの間帰省?」

和「うん、大学生の夏休みは長いからね」

唯「私はこれからみんなと買い物行くんだけど」

和「そうなんだ」

唯「和ちゃんも一緒に行かない?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 19:15:13.58 ID:tqJVb0Zc0
和「…」

唯「和ちゃん?」

和「そうなんだ…わ、私…せいとかい…行くね…」ギギギ

唯「和ちゃん、どうしたの?ギャグ…?」

和「じゃあ…わ…たし…生徒会寄ってくね!」ダダダ

唯「和ちゃん?和ちゃーーーん!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 19:20:35.62 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「唯ちゃん、和ちゃんは?」

唯「さわちゃん!?」

澪「今度は…和が危ないって…」ハァハァ

唯「澪ちゃんもいたんだ」

さわ子「その調子だともう手遅れみたいね」

唯「あ、和ちゃんはさっき生徒会行くって走ってっちゃった…」

澪「それが…モエブターの仕業なんだ…」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 19:25:11.05 ID:tqJVb0Zc0
唯「どういうこと?」

さわ子「奴はソーナンダ」

さわ子「あるキーワードを口走ってしまうと体が勝手に生徒会に行ってしまうの…」

唯「そのキーワードって?」

さわ子「それを言ったら私もオシマイよ、和ちゃんの台詞を思い出して」

唯「…和ちゃんが変になったのって…」

───

唯「私はこれからみんなと買い物行くんだけど」

和「そうなんだ」

唯「和ちゃんも一緒に行かない?」

和「…」

唯「和ちゃん?」

和「そうなんだ…わ、私…せいとかい…行くね…」ギギギ

唯「和ちゃん、どうしたの?ギャグ…?」

───

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 19:30:13.56 ID:tqJVb0Zc0
唯「まさか…『そ」パシ

さわ子「待った!それ以上言ったらあなたも餌食よ!」

唯「あわわ…危なかった、ごめんさわちゃん」

唯「でもそのキーワードって…名前と同じ…」

さわ子「奴の名前はソーナンダ、言うときは気をつけて、間違えると餌食よ」

さわ子「それが奴の恐ろしいところよ」

澪「じゃあ名前言わないようにするよ」

さわ子「じゃあ早速、生徒会室へ向かうわよ!」

唯澪「おー!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 19:35:09.38 ID:tqJVb0Zc0
唯「…さわちゃんはやい…」ハァハァ

澪「さっきもついていけなかった…」ハァハァ

律「おう!澪に唯、まだ集まる時間じゃねーよな」

唯「私達はこれからモエブターの討伐に行くんだよ…」ハァハァ

澪「おい、討伐って言い方はダメなんじゃないか?」ハァハァ

律「そうなんだー」

唯「あ」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 19:40:11.55 ID:tqJVb0Zc0
律「…」

澪「やっちゃった…」

律「じゃあ私生徒会行くね」ダダダ

澪「追いかけるぞ」ダダダ

唯「追いかけなくても生徒会行くけどね」ダダダ

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 19:45:13.79 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「おそーい!」

澪「ごめんなさい」

唯「さわちゃんが速すぎるんだよぅ…」

さわ子「まぁいいわ、それよりりっちゃんも餌食になったみたいね」

唯「それは私が…」

さわ子「…和ちゃんもりっちゃんも助けましょう」

唯澪「…はい!」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 19:50:11.73 ID:tqJVb0Zc0
生徒会室

唯「たのもー!」

?「来たか…」

澪「お前が…か」

モ「ソーナンダだ、名前ぐらい呼んでくれたっていいじゃねーか…」ククク

唯「性格悪そー…」

和「そうなんだ…そうなんだ…」ユラユラ

律「そうなんだ…そうなんだ…」ユラユラ

澪「和!律!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 19:55:09.91 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「さぁ、変身よ!はいこれ」

澪「変身!」ピカー

澪「生徒会長!」ジャーン

モ「ククク…生徒会長になったってオレには勝てないだろ」

澪「…生徒会室を無断で使用した罪は重いわよ」

モ「フン、知ったことか」

澪「生徒会チョップ!」

モ「俺を守れ!」

律「そうなんだ…そうなんだ…」ササッ

澪「律…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:00:13.10 ID:tqJVb0Zc0
澪(すまん!)ゴッ

律「そう…なんだ…」バタ

モ「こいつ…友達を容赦なく殴りやがった!」

澪「次はあなたよ」

モ「くっ…最後の手段だ…」

モ「俺の名を言ってみろ!」

唯「汚いよモエブター汚い!」

澪「ソーナンダ、よね」

澪「あなたの罪を数えなさい」ゴッ

モ「…マジ…かよ…」シュワシュワー

さわ子「上出来ね」パチン

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:05:11.19 ID:tqJVb0Zc0
澪「今回は生徒会長になる必要あったんですか?」

さわ子「あの完璧なソーナンダの発音と生徒会室への執念があいつに勝つ重要な鍵だったのよ」

澪「…納得したことにしておきます」

和「…うーん」

唯「和ちゃん!」

和「あれ?唯…私どうして生徒会室に…?」

唯「実はかくかくしかじかで…」

和「そうなんだ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:10:10.52 ID:tqJVb0Zc0
澪「!」

和「澪、ありがとうね」ニコ

澪「良かった…また変になるかと…」

さわ子「モエブターが居なくなったらそいつがもたらしたものはなくなるから大丈夫よ」

さわ子「以前のCDとか帽子が消えたのも同じ理屈ね」

唯「良かった良かった!」

律「…」キュー

・・・・

紬「みんな…まだかしら…」

『禁じられたそうなんだ』完

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:15:10.50 ID:tqJVb0Zc0
唯「最近寒くなってきたよね」

澪「夏ももう終わりって感じだな」

紬「ちょっとさびしいわよね」

律「ああああ…もう半年経っちゃったのかよ…」

俺「そうだな、時間が経つのは早いもんだぜ」

唯「そんな悲しいこと言わないでよ~明るく行こう、ね」

澪「…いや待て、なんか変なの混ざってるけど?」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:20:13.00 ID:tqJVb0Zc0
唯「変なのって?」

澪「そこの男だよ!なんで女子大に男がいるんだよ!」

紬「俺くんのこと?俺くんは軽音部でも一緒だったじゃない」

律「澪ー、俺のことからかってんのかぁ?」

俺「澪は恥ずかしがり屋だからな」

澪「私の何を知ってるんだこいつは!」

俺「俺は澪のことならなんでも知ってるよ」

澪(こいつ気持ち悪い…)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:25:11.46 ID:tqJVb0Zc0
澪(こいつはまさか…モエブターなのか…っていうかそれ以外考えられないな)

唯「澪ちゃん大丈夫?」

澪(ここは合わせるべきだろうな…)

澪「ああ、ちょっと俺のことからかっただけだよ!」

律「もしかして…みおちゅわん気があるんじゃないの~♪」

紬「きゃあ♪付き合っちゃうの?」

俺「俺は付き合ってやってもいいんだぜ」

澪(やっぱこいつ気持ち悪い…)

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:30:11.55 ID:tqJVb0Zc0
澪(さわ子先生はまだか…こういうときすぐに現われてくれるのが数少ない良いところなのに…)

唯「あ、手紙が落ちてるよ」

俺「秋山澪へ、か…怪しいな、俺が捨ててきてやろう」

澪「いや、読むから!」バッ

律「なんか心当たりあんのか~、澪~」

澪「ちょっとトイレ…」

俺「付いてってやろうか?」

澪「いいわけないだろ!」ダダッ

紬「いつもの澪ちゃんならいいって言うのにね」

唯「やっぱ変だよねー」

俺「…」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:35:09.95 ID:tqJVb0Zc0
トイレ

澪「何々…」

さわ子『あなたがこの手紙を読んでるってことはモエブターが現れてるってことでしょう。
    あなたはブレスレットを着けてて干渉を受けにくくなってるから
    気付いているかもしれないけど。』

澪「このブレスレットにそんな効果が…」

さわ子『澪ちゃん、今私はちょっと遅めの軽音部の合宿に行ってて居ません。
    だからしばらく我慢してね。』

澪「あんなのもう我慢できない…」

さわ子『あと、私はすぐに現われてくれるのが数少ない良いところ、とか考えてたら殺すわよ。』

澪「ひぃ!読まれてる!?」

さわ子『本題に戻ります。奴の名前はオレサン、能力は自然に居たことになっていること。
    害はないけど気持ち悪いから干渉できないようにしてね。』

澪「気持ち悪いのは同意」

さわ子『服はあなたの家に届けておいたから、さっさと着てきなさい』

澪「家に…届いてたかなぁ…」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:40:23.29 ID:tqJVb0Zc0
澪「おまたせー」

俺「遅かったじゃないか、大きいほうか?」

澪(うるせー違えーよ!)

俺「そういえば言うの忘れてたけど…」

澪「ん?」

俺「お前の家に届いてた荷物、変なものだったから捨てておいたぞ」

澪「ええ!?何でだよ!」

律「俺はマメだよな、澪ん家の変な手紙とか処分してあげてて」

俺「いや、俺はあくまで澪が幸せならいいだけなんだが」

澪(詰んだ…)

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:45:09.69 ID:tqJVb0Zc0
唯「それが可愛くって…」

俺「分かる、可愛いよなアレ」

律「アルパカに勝てるわけがねぇ!」

紬「アルパカなら家で飼ってるわよ♪」

俺「さすがムギだな」

アハハハハハハハ

澪(もうダメだ…死にたい…)

澪「…あれ、何だろ…袋…?」

澪「服…これはさわちゃんの作ったやつか!?」

さわ子『もしものことがあった時のためにもう一着用意しておきました』

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:50:19.44 ID:tqJVb0Zc0
俺「…澪の奴はどこ行ったんだ?」

律「そういえば居ないな」

唯「探そうよ!」

紬「そうよね!」

俺「ノリノリじゃねーかお前達」

澪「…今のうちに…変身!」ピカー

澪「三浦茜!」ジャーン

澪「って誰だよ…」

澪「まぁいいや…多分これでなんとかなるんだよね」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 20:55:11.70 ID:tqJVb0Zc0
澪「みんなー、歩くの速いよぉ…」

律「茜は運動神経良いんだから私たちなんて本気出せば追い越しちゃうだろ?」

澪「でも転んだら気付いてよ~」

唯「デビちゃんはドジっ子だからね~」

紬「デビちゃん、お菓子食べる?」

澪「うん!是非!」

俺「いやいやいやいや、三浦茜って釣りだろ!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:00:12.05 ID:tqJVb0Zc0
唯「…釣り…?」

律「なんか俺おかしいぞ…」

紬「デビちゃんからかってるの?」

俺「いや、そういうことじゃなくて…なんていうのか…架空の人物っていうのか…」

澪「そういうあなたこそ、宇宙人なんじゃないですか?」

唯「…俺くん…まさか…」

俺「クッ、ばれちまったら仕方ない…そうさ、俺はモエブター、オレサン」

律「俺ッ!私を騙してたのか!信じてたのにッ!」

律「前歯全部折ってやる!」

澪「りっちゃん、ここは私が」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:05:12.77 ID:tqJVb0Zc0
澪「ユーフォニアムパンチ!」ドゴォ

俺「ぐはぁ!」

俺「…俺は…死んでしまうが…みんなのこと…おはようからおやすみまで見てたぜ…」

俺「グッバイ…マイワイフ…」シュワシュワー

唯律澪紬(気持ち悪い…)

律「ごめんな茜、お前は気付いてたんだよな、奴のこと」

澪「うん、でもいいんだよ、奴の能力のせいだから」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:10:19.13 ID:tqJVb0Zc0
唯「行こう、デビちゃん!」

紬「デビちゃん♪」

澪「一件落着♪」

澪(いつまで三浦茜なんだ私は!)

『俺、侵入』完

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:15:09.62 ID:tqJVb0Zc0
唯「最近憂からメール多いんだよね~」

律「憂の奴ホームシックならぬ唯シックなんじゃね?」

唯「そうかもしれないけどさすがに異常かな~って思うんだよね」

澪「どのくらいの頻度なんだ?」

唯「5件」

澪「1日5件なら全然…」

唯「1分に…」

澪「…」

律「憂のところ行ったほうがいいんじゃね?」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:20:11.88 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「それは助かるわ」

澪「さわ子先生、久しぶり」

紬(澪ちゃん…もう当然のように…)

さわ子「実は軽音部で憂ちゃんと梓ちゃんが喧嘩してるのよ」

律「うへ…喧嘩の仲裁かよ…」

さわ子「それが…モエブターの仕業なのよ」

唯「じゃあ行かないとだね」

澪「もう行きたくない…」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:25:12.53 ID:tqJVb0Zc0
音楽室

憂「梓ちゃんが…梓ちゃんがお姉ちゃんを攫ったんでしょ!?」

梓「何よ憂、言いがかり!?私は憂こそ怪しいと思ってるんですけど!?」

純「やめなよ~、二人とも~、後輩にこんなところ見せられないでしょ?」

唯「二人ともやめて!」ガチャ

憂「お姉ちゃん!お姉ちゃん大丈夫だった?お姉ちゃん朝ごはん食べた?髪の毛の寝ぐせは?」

唯「憂…おかしいよ…」

憂「どうして?私はお姉ちゃんが大好きなの大好きだったら心配して当然なの大好きだったら…」

梓「憂…やっぱりあんたが唯先輩を苦しめてる張本人だったんだなあああああ!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:30:12.82 ID:tqJVb0Zc0
梓「殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる」スッ

純「ひっ!包丁!」

憂「お姉ちゃんが梓ちゃんに殺される!梓ちゃんを殺さないと!」スッ

純「憂まで!」

澪「先生!これは!?」

さわ子「…奴はヤンデロン、恐らくティータイムのお菓子にヤンデレ化させるものを混ぜたのね」

律「ティータイムまだやってたんだ…」

紬「二人を止めないと…」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:35:20.55 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「とりあえず変身よ、澪ちゃん!」

澪「変身!」ピカー

澪「味の鉄人!」ジャーン

澪「何でだよって突っ込むのも疲れた」

さわ子「とりあえず止めてきなさい」

澪「もうやけくそだ、やめろ!二人とも!」ダダッ

梓「邪魔するなあああああああああ!」

憂「澪さんごと貫いてやる…!」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:40:10.27 ID:tqJVb0Zc0
澪「ふん!」カキン

憂梓「!?」

タスッタスッ

澪(包丁が…包丁の動きが見えた!)

律「確保!」ガバッ

梓「離してください!律先輩!」ジタバタ

紬「憂ちゃん、暫く大人しくしててね」ガシッ

憂「お姉ちゃんを殺す奴は殺さなきゃいけないのに…!」ジタバタ

澪「先生!ヤンデロンはどこに!?」

さわ子「それは分からないわ…純ちゃん、怪しいお菓子を買った場所分かる?」

純「珍しいお菓子なら多分あそこじゃないかな…」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:45:12.65 ID:tqJVb0Zc0
純「ここです」

さわ子「行くわよ、澪ちゃん」

澪「はい」

純「私は…」

さわ子「純ちゃんはここで待ってて、何かあったら唯ちゃんに連絡して」

純「はい、分かりました」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:50:14.86 ID:tqJVb0Zc0
店内

澪「人がいない…」

さわ子「モエブター!どこにいるの!出てきなさい!」

澪「きゃ!」

さわ子「澪ちゃん!…どこに行ったの!?」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 21:55:17.85 ID:tqJVb0Zc0
澪「ここは…?はっ!誰だ!」

モ「ようこそマジカル澪ちゃん、私は君が来るのを待っていたのだ」

澪「何!?」

モ「歓迎するよ、何なら律ちゃんも呼んだらどうだい」

澪「あなたの計画は知っているんだ、大人しく干渉をやめろ」

モ「はっはっは、我々の実験は十分成功したのだ」

澪「実験?」

モ「そうだ、ヤンデレ薬がこの世界の人をヤンデレ化するのに十分効力がある事が分かった」

モ「教えてやろう、我々はこの世界の人が互いに人を愛し合い、信頼し合って生きていることに目を付けた
  この世界を壊滅させるのに暴力を奮う必要はない、人間同士の信頼感を失くして愛を増強すればいい
  人間同士は互いに敵視し、傷つけあい、やがて自滅する、どうだいい考えだろう」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 22:00:11.09 ID:tqJVb0Zc0
澪「そうはさせない、この世界にはマジカル澪がいるんだ」

モ「マジカル澪ちゃん?怖いのは山中さわ子、彼女だけだ
  だから君は彼女から隔離させてもらう、邪魔だからな、はっはっはっはっは」タタタ

澪「待て!…くそ…ドアが開かない…」

澪「こっちも開かない…」

澪「閉じ込められた…」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 22:05:16.02 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「純ちゃん、澪ちゃんが攫われちゃったわ」

純「ええ!どうするんですか!?」

さわ子「代わりにあなたが変身するのよ!」

純「仕方ないなぁ…憂と梓のためでもあるし…」

純「変身!」ピカー

純「赤い全身タイツ!」ジャーン

純「って何ですかこれは…」

さわ子「変身ヒーローよ」

純「はぁ、そうですか」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 22:10:12.24 ID:tqJVb0Zc0
モ「これであとは無防備なさわ子を消すだけだ」

純「お前か!」

モ「…何!変身できるのは澪だけじゃないのか」

さわ子「…澪ちゃんに危険を感じて捕えたのね」

モ「さわ子…お前は殺しておく、危険すぎる」

さわ子(こいつ…私のことに気づいてるの…?)

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 22:15:11.09 ID:tqJVb0Zc0
純「させないわよ!純キーーック!」

モ「うおおおお!」

さわ子「あ、夕日」

モ「ぐ…一旦撤退だ…」

純「させるか!純ギロチン!」シュピー

ズバッ

純「追撃純ビーム!」ビー

ドゴーン

モ「く…私の負けだ…」シュワシュワ

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 22:20:09.67 ID:tqJVb0Zc0
ヤンデロンの世界壊滅計画はこうして終わったのです
人間同士の愛情を利用するとは恐るべきモエブターです

でもご安心下さい、このお話は遠い遠い未来の物語なのです
え、何故ですって?

我々人類は今、モエブターに狙われるほど、お互いを愛してはいませんから

澪「律、何言ってるんだ」

律「最後にナレーション入れたらいい感じに終わるかなーって思った!」

唯「パクリは良くないよ~」

律「オマージュだ!」

紬「うふふ♪」

『狙われた後輩』完



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 23:00:09.79 ID:tqJVb0Zc0
唯「おっす澪ちゃん!」

澪「おっす唯!」

唯「今日は澪ちゃんヒマ?」

澪「ヒマだから買い物行こうと思って…」

唯「んじゃ一緒に行こう!」

澪「いいな、行こう」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 23:05:18.27 ID:tqJVb0Zc0
唯「今日トラック多いよね~」

澪「工事ラッシュだからな」

唯「こんなにトラック多いと一台ぐらいこっちに向かってきそうだよね」

澪「どっからそんな物騒な発想になる」

唯「…私の中の何かがトラックを恐れてるんだよ」

澪「なんか昔にトラックで事故ったとか?」

唯「かもねー、覚えてないからそれほどの事故じゃないのかもだけど」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 23:10:14.07 ID:tqJVb0Zc0
澪「ん?あれは律じゃないか?」

唯「ゲーセンから出てきたね、大きいぬいぐるみ抱えて」

澪「ぬいぐるみにあわない」クスッ

唯「おーい、りっちゃーん」ブンブン

律「お!お二人さん仲いいねぇ!」スタスタ

ポロ

澪「おい律、なんか落ちたぞ」

律「ああ!私の2,000円!」

唯「今日は結構散財したんだね…」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 23:15:10.89 ID:tqJVb0Zc0
律「まてー」

澪「あ!律危ない!」

トラック「プップー!」

さわ子「そおい!」

運ちゃん「危いだろ!」

律「はぁ…はぁ…し、死ぬかと思った…」

さわ子「…これはモエブターの仕業よ」

澪「もうここまで来たら言いがかりのレベル」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 23:20:26.23 ID:tqJVb0Zc0
澪「そんなこと言ったら先生が突然現れるのもモエブターのせいになっちゃいますよ!」

さわ子「…」

さわ子「奴はトラックマスター、能力はトラックを自在に操ることよ」

唯「なんでトラック限定なの?」

さわ子「そこまでは知らないわ、トラックに何らかの思い入れでもあるのか、扱いやすいからか」

澪「で、今回は律が狙われてるんですか?」

さわ子「そうよ、どうやらあなたの戦力をそぐためにりっちゃんを殺そうとしてるようね」

律「…殺されるのか!私」

唯「そういえば前回から直接命に関わりそうな能力になったよね…」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 23:25:12.68 ID:tqJVb0Zc0
澪「そうなってきたら私の力じゃどうしようもなくなってくるような…」

さわ子「なんとかなるわよ、何にだってなれるんだから」

律「そうだよ、生身のさわちゃんが私を助けられたんだからさ!」

澪「でも早めに対処しないと集中切れた瞬間に即死とかもありうるってことだよな…」

律「こえーこと言うなよ…」

さわ子「じゃあ早速…やる?」

澪「もちろん!」

唯「澪ちゃんもノリノリになったよねぇ…」

さわ子「それでも恥ずかしがってくれるから着せがいがあるわよねぇ」

澪「あーもう!」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 23:30:12.15 ID:tqJVb0Zc0
澪「変身!」ピカー

澪「ミニスカポリス!」ジャーン

澪「待て待て、ミニスカな理由が分からない」

さわ子「エロカワよ、澪ちゃん!」

澪「もういや…」

律「パンツ見えそうだなぁ」ニヤニヤ

澪「ひぃ!変なこと言うなぁ!」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 23:35:10.81 ID:tqJVb0Zc0
さわ子「奴はトラックが集中してる所に居るはずよ」

唯「トラックが集中してると言えば…」

澪「工事現場!」

律「んじゃ早速行くぞー!」

澪「殺されるかもしれないのに明るいな」

律「このぐらいのテンションじゃないとやってらんないんだよ」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 23:40:15.67 ID:tqJVb0Zc0
澪「ここか!?」

モ「待っていたよ、マジカル澪ちゃん…」

律「トラックが多くて近づけねぇ…」

唯「卑怯だよ!」

モ「これが僕の戦い方なのさ」

さわ子「澪ちゃん、いってらっしゃい!」

澪「はい!」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 23:45:10.62 ID:tqJVb0Zc0
モ「…!トラックの川に飛び込んでくるなんて!」

澪「はーい、一旦停止してください!」ピッ

律「すげぇ澪のやつ、交通整理しながら近づいてる…」

モ「クッ、ならこうだ!」

運ちゃん「うーん、酔ってきた…」

トラック「フラフラ~」

律「きゃああああああああ!」

澪「嘘!律ぅ!」

モ「ふ、お前の近くじゃなきゃ交通整理の効果はないだろう
  それに交通整理したって飲酒運転はどうしようもないだろう」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 00:05:47.73 ID:lpu5Rp+R0 [1/8]
澪「止まってください」

運ちゃん「みんなだって飲んでるじゃねーか…」

モ「捕まっちゃったーーーー!」

律「ありがとう…澪…」ヘナヘナ

澪「律、じゃあ殴りに行ってくる」

モ「ちょ、ちょっと待ってよ、僕は何もやってないじゃん!トラックが勝手に…」

澪「言い訳は地獄で聞く!」

澪「ポリスキーーーック!」ガスッ

モ「殴りじゃないじゃん…でもスカートの中見えてしあ…わせ…」シュワシュワー

唯「拳銃じゃないんだね」

さわ子「銃刀法違反で本物に捕まっちゃうでしょ」

唯「偽物だもんね…だったら交通整理とかもヤバイっていうのは考えないでおくけど」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 00:10:10.20 ID:lpu5Rp+R0 [2/8]
さわ子「ごくろうさん」パチン

澪「はっ!モエブターにパンツ見られたぁ…」マッシロ

律「いいじゃんか、消えたんだし」

さわ子「彼らは消えたわけじゃないわ、異世界で澪ちゃんのパンツに思いを馳せてるでしょうね」

澪「」チーン

唯「さわちゃん!トドメ刺してどうするの!?」

さわ子「あ、ごめーん」

律「ほらほら澪~?ぬいぐるみやるぞ~?」

澪「律ぅ…」

『トラックマスターが工事現場でまつ』完

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 00:15:13.65 ID:lpu5Rp+R0 [3/8]
ピピピピ

澪「うーん、朝か…大学行かないと…」

澪ママ「大学?何言ってるの!高校行ってきなさい!」

澪「…え?」

澪ママ「今日始業式なんでしょ」

澪(…そうだ…混乱してたけど私は高校1年生で、今日は2学期の始業式…)

澪「じゃあ行ってきます…」

澪ママ「澪元気なかったけど大丈夫かしら?」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 00:20:15.93 ID:lpu5Rp+R0 [4/8]
澪「おはよう律」

律「おー澪、今日は起きるの遅かったな」

澪「起きるの遅かった私に起こされる奴に言われたくない」

律「へへっ、いつもすまんね」

澪「謝るなよ、なんか変な感じだから」

律「私が謝るのはおかしいことかよ!」

澪「ああ、今日は雪でも降るな」

律「そこまでか!そこまでなのか!」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 00:26:01.06 ID:lpu5Rp+R0 [5/8]
澪「ようムギ」

紬「おはよう澪ちゃん」

澪「あれ?ムギは一緒じゃ…」

紬「?私はこっちの教室だけど…」

律「クラス違うもんなー私達」

澪(そうか、私がムギと同じクラスなのは3年のときだけ…)

澪(3年の時…?何考えてるんだ、私は…)

澪「…ぅ」

律「どうした?澪…」

澪「…う…グス…」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 00:30:16.60 ID:lpu5Rp+R0 [6/8]
紬「澪ちゃん大丈夫!?お腹痛いの!?」

澪「…こんなの…違う…」

律「…こんなときにさわちゃんが居てくれたら…」

澪(居て『くれたら』…?)

紬「さわ子先生は関係ないでしょ!ねぇ、澪ちゃん、どうしたの?」

澪「さわ子先生はどこだ…」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 00:35:26.98 ID:lpu5Rp+R0 [7/8]
紬「何を言って…」

律「桜ケ丘総合病院だ」

紬「りっちゃん!」

律「必要なんだろ、さわちゃんの助けが」

澪「律…ありがとう!」ダダダ

紬「澪ちゃん行っちゃった…」

律「あいつ朝から変だったしな、きっと何かあんだろ」

紬「いいの?りっちゃん」

律「私はあいつを信じるだけさ」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 00:40:16.20 ID:lpu5Rp+R0 [8/8]
澪(先生が病院…これもモエブターの仕業なのか…?)ハァハァ

澪(何もなければいいけど…)

澪「着いた…」

桜ケ丘総合病院

受付「山中さわ子さんの面会ですね、どうぞこちらです」

澪「…!!」

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 00:45:12.23 ID:lpu5Rp+R0
唯「澪ちゃん…お見舞い、来てくれたんだ…」

さわ子「…」

澪「さわ子先生は…!?」

唯「見ての通り、意識不明だよ…」

唯「トラックから私をかばってくれたせいでこんなことに…」

澪「さわ子先生!私です!助けてください!」

唯「ちょっと!先生は意識…」

さわ子「…ぃ…」ピク

澪「先生!」

唯「意識が…回復した!?」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 01:00:27.61 ID:lpu5Rp+R0
さわ子「…み…お…ちゃ…」

澪「先生!」

さわ子「…あ…あなたの…う…しろ…モ…エ」

澪「モエブターが居るんですね!」

さわ子「ブレス…レット…ある…」

唯「無理しないで!さわちゃん!」

澪「唯、頼む!さわ子先生に全部話させて!」

さわ子「ふく…は…ぶ…しつ…」フッ

唯「さわちゃん!」

澪「唯はさわちゃんを見てやってくれ、私は用事が出来た」

唯「うん…」


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 01:05:18.29 ID:lpu5Rp+R0
澪(さわ子先生が言ってたこと…)

澪(部室に服がある…ブレスレットがある…)

澪(モエブターを倒して世界を戻すんだ!)

バタン!

音楽室

澪「ここに…あれか!?」ハァハァ

澪「段ボールに服が一式…でもブレスレットはない…」

澪「とりあえず着てみよう」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 01:10:20.22 ID:lpu5Rp+R0
澪「変身!」ピカー

澪「霊能力者!」ジャーン

澪「さわこ先生…モエブターを霊扱いは大丈夫なんですか…」

澪「って変身できてる…」

澪「もしかしてブレスレットがあるって言ったのは見えてないだけってことか?」

澪「まぁいいや、とりあえずやってみよう」

澪「破ぁ!」


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 01:15:11.51 ID:lpu5Rp+R0
モ「ぐおおおお!」

澪「ひぃ!後ろに!」

モ「…私がモエブター、ジカンガエシ」

モ「私の能力は時間を巻き戻すこと」

澪「巻き戻してどうなるっていうんだ!」

モ「私の能力があればお前たちはいつだって軽音部でいられる」

モ「それはお前も望んでいるんだろう?」

澪「さわ子先生のいない軽音部なんてありえない!」

モ「奴は危険だ…奴を軽音部に入れることはできない」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 01:20:20.87 ID:lpu5Rp+R0
澪「だいたい私は思い出に浸る気なんてない!」

モ「そんなことはないはずだ、また新歓ライブをして、合宿をして、学園祭をして…」

澪「私達は…もうとっくに卒業したんだ」

モ「後悔はしていないと?」

澪「当然だ」

モ「…わかった、その決意、忘れるなよ」

澪「ああ、絶対に後悔はしない」

モ「ならば…やれ」

澪「鬼の手!」ズバ

モ「…これでいいんだ」シュワシュワー


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 01:25:11.70 ID:lpu5Rp+R0
ピピピピ

澪「…夢…?」

澪「いや、きっと夢じゃない」

澪「…さて、朝か…大学行かないとな!」

『次元モエブター・ジカンガエシ』完



152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 01:30:14.08 ID:lpu5Rp+R0
澪「行ってきまーす」ガチャ

さわ子「澪ちゃん、話があるの」

澪「おふぇ!さわ子先生!」

さわ子「驚き過ぎよ、もう慣れてよね」

澪「いや、驚かないのは難しいですよ…」

さわ子「とりあえず本題に入るわ」

澪「時間ないんで手短にお願いします…」

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 01:35:13.86 ID:lpu5Rp+R0
さわ子「実はこの世界に干渉しているモエブターが最後の1人になったの」

澪「へぇ、それは良かった!」

さわ子「その最後のモエブターっていうのは…」

澪「?」

さわ子「私なの」

澪「はぁ?え、それはどういう?」


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 01:40:17.54 ID:lpu5Rp+R0
さわ子「正確には半分モエブター、半分この世界の人間ね」

さわ子「私はストーリーテラー、能力はオリジナルから乖離した、私の自由に動かせる世界を作る事」

さわ子「でも、私はあなた達も知っている山中さわ子でもある」

さわ子「この体を借りてこの世界のモエブターを干渉できないように動いていたの」

澪「澪じゃあさわ子先生は敵じゃあないんですか?」

さわ子「こら、敵とか言わないの!仮にもあなた達のファンなんだから」


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 01:45:12.49 ID:lpu5Rp+R0
さわ子「でもそうね、私はこの世界に不利になる干渉はしたくはないわ」

澪「じゃあもう戦わなくていいですね、無事解決ですよ!」

さわ子「でも私はこの世界に干渉したくはないの」

さわ子「私の干渉を振り払って…この世界を独立した世界にしてほしいの」

澪「独立した世界…?」

さわ子「物語の終わった後の世界って考えたことある?」

澪「その世界は…消えちゃうんじゃあ…」

さわ子「消えるんじゃないの、永遠になるのよ」

澪「永遠?」


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 02:00:12.88 ID:lpu5Rp+R0
さわ子「物語は終わるまでの時間は読み手によって繰り返される」

さわ子「でも物語が終わった瞬間、読み手は干渉できない新しい世界になるの」

澪「…そんなもんですか?」

さわ子「そんなもんよ」

澪「でも、独立した世界でも…先生がいないと嫌です!」

さわ子「それは大丈夫よ、ストーリーテラーを倒せば、その干渉の痕跡は消える…」

さわ子「つまり、私は元の山中さわ子に戻るだけよ」

澪「…でも」


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 02:05:16.76 ID:lpu5Rp+R0
さわ子「もう説明することはしたし、服を渡すわ」

澪「…この服は…」

さわ子「変身しなさい」

澪「変身!」ピカー

澪「桜高の生徒!」ジャーン

さわ子「その格好、高校時代に固執する、モエブターの最後にはふさわしいと思わない?」

さわ子「…なんてね、私もモエブターだから…最後にあなたの高校時代の姿を見たかっただけよ」

澪「先生…」


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 02:10:12.48 ID:lpu5Rp+R0
さわ子「ほら早くやりなさい!生徒は先生の命令を聞くものでしょ!」

澪「…生徒じゃなくても…先生の言うことは聞きますよ…ふふ…」

澪「…これで終わりだぁ!」

さわ子「そう…これでいいの…」シュワシュワー

『終わる世界』完


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 02:15:11.43 ID:lpu5Rp+R0
N女子大学食

律「よう澪、今日はメシ少ないな」

澪「ああ、最近送別会続きで太っ…お金なくてな!」

律「ふうん、何キロ?」

澪「えっと…3…って言わせんな!」ポカッ

律「あはは!すまんすまん」

澪「ちゃんと減食だけじゃなくて運動もしてるんだけどな…」

澪「…」

律「澪、どうした?」

澪「いや、こんなタイミングでさわ子先生が来そうな気がして…」


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 02:20:12.74 ID:lpu5Rp+R0
律「来るわけないだろ~、ここ大学だぞ」

澪「そ、そうだよな!」

澪(あれから…さわ子先生には会ってないな…)

澪「そうだ、軽音部見てこよう!」

律「突然だなぁ…まぁ行く気だけどな!」

澪「じゃあ唯とムギも呼ぼう!」

律「よっしゃー、行くかー!」

『エピローグ/澪の世界』完

おわり

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/19(日) 03:00:26.47 ID:lpu5Rp+R0
痛い子になるの承知で…一応今まで書いてきたもの

唯「ぎたーって何?」 梓主人公

唯「あずにゃんもっと大きくなあれ…」律「唯、もうやめろ!」 律主人公

唯「Yがない!」 唯主人公

澪「遠くの君へ」 澪主人公

紬「みんなを助ける夢だったの」 紬主人公

唯「和ちゃんは絶対に生徒会には行かせない!」 和主人公?

憂「二心同体!?」 憂主人公

純「そこに3つの髪ゴムがあるでしょ?」 純主人公

今回 さわ子主人公

ではおやすみなさい


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。