FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美琴「あんたのこと嫌い」 上条「なん……だと…?」前半

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 20:07:42.30 ID:wyd/DbyF0 [1/32]
ある日。公園にて

上条「お、ビリビリ。こんなところで会うなんて奇遇だな」

美琴「……」

上条「…ん? どうした? 以前のように勝負しろって言ってこないのか?
   なんだか今日は静かじゃないか」

美琴「前から言おうと思ってたんだけどね。私、あんたのこと
   嫌いだから。あんたの顔、見てるだけで吐き気がしてくるわ」

上条「な…」

美琴「二度と私に話しかけてこないでね。さよなら」

上条「……!? ……!?」

美琴は呆然とする上条を置き去りにし、その場を去ってしまった。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 20:14:06.69 ID:wyd/DbyF0
上条「なんで……? どうして俺が美坂に嫌われる?」

地面に両手をつく。

上条「うそ……だろ? 俺……どうして涙が止まらないんだ?」

あふれ出す涙が頬を伝い、地面に落ちていった。

上条「……そ、そうか……俺……もしかしてあいつのこと…
    好きだったのかもしれない…。
    こ、……こんなに悲しい気持ちになるのは初めてだ…」

そのまましばらく泣き続け、失意のまま家に帰る。

上条「ただいまぁ。遅くなってごめんな。インデックス」

禁書「遅いんだよとうま! もうお腹ペコペコなんだよ!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 20:18:06.56 ID:wyd/DbyF0
禁書「ちゃんとスーパーで買い物してきてくれた? 
    もう冷蔵庫の中身が空なんだよ」

上条「…それどころじゃないんだよ。俺、美坂に絶交された」

禁書「へ?」

上条「美琴に嫌われちゃったんだよ!!」

禁書「……ひぃ!?」

上条は怒り、その辺にあるものを手当たり次第に投げ始めた。

禁書「と、とうま。落ち着いて」

上条「はあああああああああああああああああああああああああああああ!!」

禁書は脅えて縮こまるが、上条の怒りは収まらず、
気がすむまで家の中で大暴れした。

禁書「だ、誰か助けてえええええええええええ!!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 20:22:42.78 ID:wyd/DbyF0
上条「ふぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

禁書「いやああああああああああああああああああああああ!!」

数分後、部屋の中は滅茶苦茶になってしまった。
散乱した家具などが転がり、その中には台所にあった包丁も含まれていた。

上条「……はぁ。もう生きていてもしょうがない。そろそろ逝くか」

暗い顔で包丁を手に取り、自身の手首に当てようとした瞬間。

禁書「ちょ…何してるの!? 死んじゃ駄目だよおおおおお!!」

上条「ぐ…」

インデックスのタックルを食らう。

上条「…っ。…はぁ…」

床に背中を強く打ちつけ、一瞬だけ呼吸が止まった。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 20:27:37.40 ID:wyd/DbyF0
倒れている上条に、禁書がおおいかぶさる態勢。

禁書は吐息がかかる距離で、

「とうま。たんぱつに絶交されたくらいでそんなに落ち込まないで。
 今日のとうまはちょっとおかしいんだよ? 私が直してあげる」

「インデックス……ぁ」

禁書のうるうるした目で見つめられ、上条さんの股間はフルボッキしてしまった。

「もうたんぱつのことは忘れて?
 とうまは私だけを見てくれればいいの」

インデックスの顔が近づいてくる。その熱っぽい眼差しに

(はああああああああああああああああああああああああああああ)

覚醒しそうになる上条だが、

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 20:33:16.85 ID:wyd/DbyF0
「な~んて言うと思った?」

それは聞き間違えではなかった。

「あはははははははっはあははははははははははははっは!!
 ばーーーーーーーか!! 私がとうまのこと好きなわけ無いじゃん!!」

高笑いするインデックスの顔は、上条が初めて見るのもだった。

「中学生にに嫌われて泣くとかwwwwwwwwwww
 ダサすぎて涙が止まらないよwwwwwwwwwwwwwwwww」

「あ……あ……もう……やめ……」

上条の声は震えていた。すでに砕けてしまいそうなガラス細工の
心が悲鳴をあげていた。だが、禁書は容赦しない。

「私一人も養えないような甲斐性なしのくせに!!
 じょうばんだいのお嬢様に好かれるわけないじゃん!!
 身の程を知るといいんだよ!」

偉そうに人差し指をくるくる回す禁書目録。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 20:39:29.60 ID:wyd/DbyF0
「そ……そんな。インデックス? おまえ、いままで俺といて
 楽しいって言ってくれたじゃないか…」

「あー。何泣きそうな顔してんの?
 うざいんだよ? もう私イギリスに帰ろうかな。とうまと
 いるとこっちまで辛気臭くなるから」

その一言で、上条は暴走した。

「うわあああああああああああん!!」

まるで女の子のように泣きながら、部屋を出て行ってしまった。

「あははははははっはははははははははあひいいいいいい!!」

部屋の中から狂ったように笑い続ける禁書の声が聞こえるが、
そんなものは無視しして走り続けた。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 20:44:26.78 ID:wyd/DbyF0
「はぁ……はぁ……俺は……俺は……う……うあ……ぐ……」

自称正義の味方は、気が付いたら公園に来ていた。

今日美琴に絶交された場所だ。
何故ここに来たのかは自分でも分からない。

「あれ? そこにいるのはもしかして……上条さんですか?」

声をかけられたのではっとして顔を上げると、そこにいたのは
頭に花飾りをつけた女の子。

「初春…さん?」

「わあ。覚えててくれたんですね! そうです。私初春飾利です。
 ジャッジメントやってます! 今日はこんなところで何してるんですか?
 野外露出プレイの練習ですか?」

「ち、違う! 今日はちょっと落ち込んでたから一人になりたかったんだよ」

泣き顔を見られ、赤面した上条が返す。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 20:50:18.59 ID:wyd/DbyF0
「俺、御坂に嫌われたんだよ」

「WOW!」

「ふざけるな。俺、たぶんあいつのことが好きだったんだよ。
 いつもは俺に電撃を食らわしてくるやかましい奴だと思ってたけどさ。
 でも、失って初めて気づいた。俺はあいつといられる時間が好きだったんだって」

上条は体育座りしながら独白した。

「……なあ。初春さんなら分かるかな? 
 最近の御坂、何か変な様子はなかったか?」

「え? なんですか? もう一度最初から言ってください」

初春は逆立ちの練習をしていたので話など聞いていなかった。

「……泣くぞ?」

上条が肩を震わせる。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 20:56:09.72 ID:wyd/DbyF0
「分かりました。もうふざけるのはここまでにします。私とてジャッジメント。
 一般市民の悩み相談くらい乗ってあげます」

「……」

あきれた様子の上条。

「そうですねぇ。御坂さんなら、最近新しい自分に目覚めたとか言ってましたよ?」

「新しい自分だと?」

上条が話題に食いつく。

「はい。なんでも、もう当麻を追いかけるのを止めて、自分に素直になろうって
 言ってました」

「どういう意味だ?」

「私にも詳しいことは分かりません。どうしても知りたいなら、女子寮で
 ルームメイトの白井さんにでも聞いてみればいいんじゃないでですか?
 もう夜遅いので私は帰りますね。それじゃあ」

そう言い残し、初春は去っていった。

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 20:59:56.51 ID:wyd/DbyF0
ちょうどその頃、美琴と黒子の部屋は地獄と化していた。

「黒子。今日からあんたは私のものよ。ふふふ。今日は私とあんたの
 アニバーサリーになるわね」

美琴は黒子を愛しそうに見つめながら言った。

「……」

「黒子。どうして黙ってるの? いつもみたいに喜びなさいよ。
 あんたの大好きなお姉さまがここにいるのよ?」

「……」

「……あんた……いい加減にしなさいよ」

美琴が微量の電流を発生させて黒子を脅すが、

「……」

黒子は今も沈黙を続けている。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 21:03:27.22 ID:wyd/DbyF0
「あなたなんて……死ねばいいんですわ」

黒子が、まるで唾を吐くような勢いでつぶやく。

「あんた!!」

憤慨した美琴は、遠慮のないビンタを放った。

「……っ」

「……どお? 痛いでしょ?」

優越感に満ちた顔で微笑む美琴。

「……あなたなんて。私の知ってるお姉さまではありませんの」

「へえ? この状態でもまだそんなことが言えるんだ?」

美琴が倒れている黒子を見下ろす。

黒子は全身を縄で縛られており、衣服を一切見につけていなかった。

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 21:06:53.10 ID:wyd/DbyF0
「うふふふ。しつけがたらなかったかしら?」

そう言うと、美琴がムチを取り出した。

黒子が顔面蒼白になる。

「お、お姉さま……なんですのそのムチは……
 まさかそれでこの黒子を……?」

「うん。泣くまで痛めつけようと思う。何か言い残したことがあれば
 聞いてあげるよ?」

まるで聖母マリアのように慈悲深く微笑む美琴だが、
その内面に悪魔を宿していた。

「だ、誰か助け…」

「行くわよ!!」

「ぎゃああああああああああああああ!!
  あああああああああああああああああああああ!!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 21:10:34.70 ID:wyd/DbyF0
「ああああああああああああああああ!!
 いやあああああああああああああああああ!!」

黒子の叫び声は寮内に響き渡る。

「うああああああああああああああ!!
 誰かああああああああああああああああああ!」

「あー。いぃ。人の叫び声って最高だわ……」

美琴はだらしない顔でよだれを垂らしていた。

「ぴyがああああああああああああああ!!」

黒子は痛みと恐怖で泣き叫ぶ。
早くこの苦痛から逃れたい。その一身で拷問に耐えていた。

「いぃ……その顔……気持ちいよぉおおお!」

美琴がスカートの中に手をつっこみ、オナニーを始めた。
ルームメイトをいじめるのが楽しくて、刺激的で、我慢できなくなったのだ。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 21:15:21.02 ID:wyd/DbyF0
「こらあ!! 貴様ら何を騒いでいる!!」

鬼の形相の寮監が扉を開ける。

「あー、寮監じゃないですか。ちわー。今黒子にお仕置きしてまーす」

明るく答える美琴は年齢以上に幼く見えた。

「りょ、寮監様……助けてくださいまし……お姉さまがキチガイに……」

「……」

寮監は腕を組み、しばらく考えて

「すまんが、私はSMプレイは専門外だ。
 消灯時間までには終わらせろよ?」

それだけ言い残し、扉を優しく閉めてしまった。
なんと、助けるつもりは微塵もないらしい。

部屋には猟奇的な美琴と、哀れな黒子だけが残された。

「黒子。続き、がんばろっか♪」

「ひいい!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 21:16:37.85 ID:wyd/DbyF0
風呂入る。

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 21:50:12.96 ID:wyd/DbyF0
「くーろこ? ほらほら。そんなに震えちゃってどうしたのかなぁ?」

「ぁ……ぁ……やめ……」

現在の時刻は深夜の2時。
真っ暗な部屋の中で、黒子の身体に微量に電流が流れている。

「ん? 何が言いたいの? もっとはっきり言わなくちゃわからないよ?」

「ぁ……だ……だめ……ですのぉ……」

電流がバチバチと点滅し、部屋をかすかに照らす。
黒子は椅子に座らされており、両手両足を縛られていた。

「も……もう……殺して……」

黒子は長時間続いたムチ打ちに耐えたが、それだけでは
拷問は終らなかった。現在では眠ることも許されず、
断続的に弱い電流を流され続けていた。

「うふふふふふふふふふふふふ」

冷酷なるサディスト・御坂美琴は口元をにやけさせる。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 21:55:41.27 ID:wyd/DbyF0
「くぅぅ……うぅぅぅぅ………」

激しい頭痛と、全身にまとう電流の痛み。
黒子は身体をくねくねさせて逃れようとしたが、
その仕草は美琴を喜ばせるだけだ。

「うふふふふふふふふふふふふふふふ」

美琴はかれこれ一時間近くも不気味に笑い続けている。
その瞳の奥には、計り知れないほどの深い闇が宿っている。

(もういっそのこと殺してくださいまし……
 どうしてお姉さまはこんなに狂ってしまったんですの?)

黒子は地獄の苦痛の中でさえ、お姉さまのことを考えていた。

(黒子の知っているお姉さまはこんな最悪なイジメをするような
 人ではなかったですの……)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 22:03:57.28 ID:wyd/DbyF0
美琴が変わってしまったのは最近のことだ。

以前から好意を寄せていた上条に気持ちを伝えられず、
毎日イライラしていた。勝負では連戦連敗。素直に告白しようと
しても、ツンデレな性格が邪魔をする。もう限界だった。

そこで、黒子でストレスを発散することにしたのだ。

『お、おねえさま…!?』

初めて美琴に暴力を振るわれた黒子の顔は最高だった。
まさか慕っているお姉さまに殴られるとは夢にも思っていなかっただろう。

『黒子。ごめん。殴らせてもらうね』

『や…やめてくださいまし… あぁ!!』

『うふふ。たのしーな!』

一方的に暴力を振るわれる黒子は激しく動揺し、テレポート
する余裕すらなかった。殴られた痛み以上に心の方が痛かった。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 22:09:18.04 ID:wyd/DbyF0
『人の苦しんだり泣いたりする顔ってこんなに素晴らしいんだね』

にっこりと笑う美琴。足元にはボロボロになった黒子がいた。

そうして味を占めた美琴は、大好きな少年の動揺する顔が見たくなり、
冒頭のシーンで罵倒してしみたのだ。上条が泣き出すとは予想外の
結果だったが、彼の悲しむ顔は十分に堪能できたのだから良しとした。

「とうまぁ……待っててね。私が癒してあげるから」

美琴は焦げてしまった黒子を踏みつけながら、明日上条に
会いに行くことに決めたのだった。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 22:14:01.14 ID:wyd/DbyF0
次の日。

学校帰りの美琴は、上条の家に直行した。

「とうまぁ? お邪魔するわね」

返事を待たずに玄関を開け、ずけずけと中に進入する。

「た、たんぱつ!? 何しにきたの!?」

インデックスはするめを食べていた。

「うん。ちょっと当麻に昨日のことを謝りにきたの」

「と、とうまならまだ帰ってきてないんだよ」

「そうなんだ。ところで、禁書ちゃん」

美琴の目が細くなる。

「な、なにかな? 目が怖いんだよ、たんぱつ」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 22:52:00.92 ID:wyd/DbyF0
「あんた、当麻のこと罵倒した?」

「したよ! たんぱつに言われたとおりにちゃんと罵倒したんだよ!!
 とうまったら、泣きながら部屋を出て行ったんだよ!!」

「そう……」

美琴は目を閉じてため息をついた。

禁書はその妙な雰囲気に脅える。

(た、たんぱつはどうして怒ってるのかな? 私はちゃんと指示通りに
 動いたんだよ? 大好きなとうまを傷つけたんだよ?)

「禁書ちゃん?」

美琴は禁書の肩に手を置いた。

「な、なに?」 ごくりと唾を飲み込むインデックス。

美琴はにやけながら

「あんたってさ。殴りやすそうな顔してるよね?」

「な…!?」

「動いたら殺すから。抵抗しても殺す。余計なことを口にしても殺す」

「あ……そ、そんな……」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:00:35.68 ID:wyd/DbyF0
上条の部屋が魔界と化しているころ、

「あーくそ!! どうして取れないのよこれ!!」

佐天さんはゲームセンターにいた。

「むかつくぅぅぅう!! なんでギリギリのところで取れないの?」

ゲシゲシと下品にユーフォーキャッチャーを蹴り飛ばす。
その姿は店員からマークされており、隣で見ていた初春が口を挟む。

「さ、佐天さん! そんなに叩いたら壊れますよ」

「いいから好きにさせてよ! どうしてもこの商品が取りたいの」

佐天が欲しがっているのは猫のぬいぐるみだった。
黒と白がペアになっており、名前のプレートには『黒レン』『白レン』と
書かれている。

「こらこら。君たち。ここは上条さんにまかせなさい」

「え?」

突然現れた上条はマシーンにコインを投入し、
あっという間にヌイグルミをゲットした。

「ほらよ」 

佐天さんに手渡す。

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:06:45.11 ID:wyd/DbyF0
「あ、ありがとうございます…上条さん。
 恥ずかしいところを見られちゃいました」

顔を真っ赤にする佐天。

上条とは初春経由ですでに知り合っていた。

「きにするな。俺だって昔はゲーセンで暴れたものさ。
 あ……そういえば昨日も家で大暴れしてしまった…」

落胆する上条。佐天は不思議そうな顔で

「何かあったんですか?」

「ああ。ミサカの奴に絶交されちゃってさ。腹が立ったんで
 家で八つ当たりしちゃったんだよ。最低だよな俺…」

「ええ!? あの御坂さんとそんなことが!?」

「もう俺の顔も見たくないとさ。はは」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:12:20.71 ID:wyd/DbyF0
上条はうつむき、くやしそうに唇をかんでいた。
肩を震わせ、今にも泣きそうになったそのとき、

「泣かないで下さい! 上条さん」

叫んだのは初春。大胆にも上条の手を握り、
彼の顔をまじまじと見つめる。

「う、ういはるさん?」

「上条さんはとても素敵な人です。レベルゼロなのに悪い人たちを
 やっつけようとするし。正義感が強くて髪の毛がツンツンしてるところも
 可愛いですよ? おかしいのは御坂さんの方です」

「そ、そうかな…?」

照れくさそうに顔を赤らめる上条。

「はい! 私も昨日は酔ってたので変なことを口走ってしまいましたが、
 本当は上条さんのこと大好きです」

初春はひまわりのような笑顔でそう言った。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:19:24.21 ID:wyd/DbyF0
「私も上条さんの味方ですよ!」

佐天さんが上条の腕に抱きつく。

「ちょ……」

上条は激しく動揺したが、佐天さんはむしろ
その反応を楽しみながらさらに強く抱きしめた。

「上条さんの良さが分からないなんて、御坂さんは損してますね。
 私と初春はいつだって上条さんが大好きですからね」

「あ……あうあう……」

「上条さん。これからデートしませんか?」

「デ、デート!?」

その魅惑の単語にさらに動揺する。

「はい。デートです。初春もいいよね?」

佐天さんの提案に、初春は乗り気の様子。

「もちろんです。映画でも見に行きませんか?
 今ちょうど割引チケットを持ってるんですよ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:24:35.29 ID:wyd/DbyF0
そのまま話はとんとん拍子で進み、三人は映画館に足を運ぶ。

「平日だから人が少ないですね」

上条の片腕に抱きついている佐天が言う。

「そ、そうだな。これなら人に見られる心配もなさそうだ」

上条は緊張しながら答えた。昨日は地獄が訪れたが、
今日は一変して天国のようだった。

「あそこに座りませんか?」

も片方の腕に抱きついている初春が空席を指さす。

そして三人は寄り添いながら席に座る。

(あはは……俺って意外と年下に人気あるのかな…)

上条は緊張して顔を引きつらせながら、映画が始まるのを待っていた。

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:31:33.29 ID:wyd/DbyF0
上条が映画を見ているころ、

「とうまぁあああ! たすけてえええ!!」

「うっさいのよ。騒いだら人に聞こえるでしょうが!」

美琴が禁書に愛のあるお尻たたきをしていた。

「ほらああ! もっといい声で鳴きなさい!」

「あ! あふ! いやあ!! やだあ!!」

「きひひひひひひひ そうよ!ほおおら」

「あん! やん! だ、だめ! やめ」

禁書はすでに涙目だ。いつか大好きな上条が助けてくれること
を願いながら、お仕置きに耐えていた。

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:40:37.42 ID:wyd/DbyF0
インデックスが地獄を見ているとき、上条らは
映画を終えてファミレスに来ていた。

「上条さん。あーんしてください」

佐天さんがパフェをすくったスプーンを差し出す。

「あ、あーん」

上条もこのハーレムに慣れてきたのか、割と自然な感じで
それを口に含む。

「おいしいですか?」

「ああ。とってもおいしいよ」

「佐天さんばっかりずるいです! 私のも食べて欲しいです。
 あーんしてください」

対抗した初春がスプーンを上条に差し出す。

上条は照れながらも二人分のパフェを食べさせられていた。
口の中にクリームの風味が広がり、確かな満足感を得ていたが、
それも長くは続かなかった。

「何やってんのあんたたち?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/13(月) 23:45:12.62 ID:wyd/DbyF0
突然掛けられた声。

「「「!?」 」」

驚愕した一同が振り返ると、そこには怒りの形相の御坂
美琴が立っていた。上条が唾を飲みこんだ後質問する。

「な、なぜ御坂がここに!?」

「さっきまで禁書ちゃんで遊んでたんだけどね。私のビリビリセンサーが
 警報を鳴らしたのよ。今、当麻が悪い女の子達につかまってるんだってね」

「禁書で遊んでいただと…!? まあそれはいい。なんでおまえが
 俺に話しかける? 昨日もう話しかけるなと言ったじゃないか」

「ああ。あれはただの冗談よ」

「はい?」

上条は困惑した。

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:49:29.54 ID:wyd/DbyF0
「意味が分からないって顔してるわね?
 いいわ。説明してあげる」

美琴は腕組した。

「私はずっと前からあんたのことが好きだった。
 それは今も変わらない。昨日のあれはただのお遊びよ。
 あんたの動揺する顔を見て楽しんでただけ」

「なん……だとぉ」

それは上条にとって驚愕の事実だった。
元来朴念仁として定評のある人物である。

昨日の一見以来、二度と御坂に関わることはないと思っていた。
その矢先にこの告白である。動揺するなという方が無理がる。

「ぷ…ぷひぃ」

呂律が回らず、上条は一方通行のような顔をしてしまった。

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/13(月) 23:55:23.34 ID:wyd/DbyF0
上条はそのまま固まってしまった。

美琴は彼の両脇にいる二人の少女達に視線を移す。

「あなたたち。私の当麻にずいぶん慣れ慣れしいじゃない?」

美琴が寮監も真っ青になりそうな目つきで脅しを掛ける。

「……!!」

それはまるで質量を持ったかのような勢いがあった。
美琴が殺気を放つだけで、店内の雰囲気は一変し、
近くで皿を回収していたウエイトレスはそれを派手に落としてしまった。

「黙ってないで、なんとか言いなさいよ」

美琴がさらに凄む。空気がさらに

『うわあああああ!!』

厨房では、どういうわけか火災が発生していた。
美琴の放つ凄まじい空気に動揺して手元が狂ったのだろう。
消火器を持った店長が慌しく消火活動を始めていた。

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:03:12.17 ID:xh9hPofq0 [1/78]
阿鼻驚嘆の騒ぎと化すファミレス。

「三秒あげるわ。今すぐ当麻からハナレナサイ」

美琴がコインを取り出した。

「…!」

佐天さんと初春さんは、あれがレールガンを射出するための
準備であることを正しく認識していた。美琴が本気で元友人達を
殺す覚悟なのは、あの狂った目つきを見れば分かることだ。

だが、

「……っ」

二人は上条にしがみついたままだ。

動けないのだ。恐怖で足がすくみ、一歩もそこから動けない。

真の恐怖とはこういうものだ。



「ぷふふふふふうひいい」

一方の上条はカッパのような顔をして呆けている。

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:07:46.52 ID:xh9hPofq0 [2/78]
「さん……にぃ……」

美琴が死のカウントダウンを開始する。
その無機質な声がさらに恐怖をあおる。


(このままじゃ殺される)

佐天さんは母から貰ったお守りを握り締めながら

「上条さんは渡しません!!」

悪に対してはっきりと意思表示する。

それは願いだった。

美琴には力ではどうしても適わない。
だが、この上条に対する思いは本物。
たとえどんな危機に陥ろうと、これだけは曲げたくなかった。

「ふぅん…」

美琴の目がさらに温度を失っていく。

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:14:03.57 ID:xh9hPofq0 [3/78]
「死のっか。佐天さん」

美琴が致死量の電流を放とうとしたが……

「いい加減にしろよ、てめえ」

上条が立ちふさがる。右腕で美琴の手を強く押さえていた。

「…? どうして邪魔するの?
 当麻も一緒に電流浴びせようか?」

美琴は心底不思議そうな顔をした。
そして苛立ちを見せた。美琴の行動を邪魔するものは
全て悪であり、排除する対象だ。

上条でさえ、多少の罰を与える必要があると考えていた。

「御坂。おまえは最低だ」  

上条がつぶやく。

「…?」

意味が分からず、美琴は首をかしげた。

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:30:17.73 ID:xh9hPofq0 [5/78]
上条は得意の説教を始めようとする。

「だいたいな…おまえはいつもそうやって短絡的にものを
 考えすぎなんだよ。確かに俺がおまえの気持ちに気が付かなかったの
 も悪かったと思う。だがな、罪のない女の子たちを…」

「うるさい…」

「な…!?」

上条が全て言い終わる前に、美琴が電流を放った。

近くにあったテーブルとイスが跡形もなく吹き飛ぶ。

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:34:35.83 ID:xh9hPofq0 [6/78]
「当麻。あんた自分の立場が分かってる?
 私はレベル5だよ?」

美琴は上条の左手を握った。

(こいつ……まさか俺の幻想殺しを知ってるのか…)

上条が懸念するとおり、イマジンブレイカーは右手でのみ
使用できる能力。左手から電流を直に流されれば終わる。

「私と付き合いなさい」 

美琴は強い口で言う。

「……」

「これは命令よ?」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:39:17.43 ID:xh9hPofq0 [7/78]
「分かった。おまえと付き合うよ。その手を離してくれ」

上条は五分ほど考えてから結論を出した。
今の美琴を止める術はもはやない。

佐天さんたちの命がかかっている以上、少しでも犠牲の
少なくする条件を考えた末、

「それと、頼むから佐天さんたちには手を出さないでくれ」

「うふふふふ。当麻がいい子にしてくれたらね♪」

美琴は鼻歌を歌いだしそうな雰囲気だった。

先程までの殺意が消え、今では安心しきった顔で
上条の腕にからみついている。

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:46:18.29 ID:xh9hPofq0 [8/78]
こうして、上条は不本意ながらも美琴と恋人関係なった。

少しでも美琴を怒らせれば自身はもちろん、
周りの人間にまで危害が及ぶ危険な関係だった。

そんな生活が一週間も続き、上条は神経をすり減らしていた。

学校帰りは美琴に強制デートに誘われ、夕飯時になると
毎日上条の家におしかけて作りに来た。

エプロンをして料理を作る美琴を見て、
最初は、まるで夫婦のような関係だなと思ったものだ。

だが、美琴が異常であることに変わりはない。
特に気の毒のなのがインデックスだった。

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:49:46.00 ID:xh9hPofq0 [9/78]
ある日、上条は学校帰りにスーパーで買い物して帰宅した。

「禁書目録、上条さんは今帰ったぞ」

くたびれたサラリーマンのように玄関を開ける上条。

「……」

禁書目録は返事せず、無表情で座っていた。
テレビをつけているが、その内容は頭に入っていないようだ。

「なあ、禁書目録……? うれしくないのか?
 おいしいものが食べられるんだぞ? 

上条はもう泣きそうな声。

「……」

禁書目録は端正な顔を変化さえることはなく、
人形のようにボーっとしている。

「どうして黙ってるんだよ?
 今日はおまえの大好きな料理をたくさん作ってやるぞ!」

「……」

しかし、上条当麻の魂の叫びは禁書へ届かない。

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:52:48.12 ID:xh9hPofq0 [10/78]
「哀れな禁書目録……。まだ……失語症が治らないんだな……。
 なんでだよ……なんでこんなことに……」

「……」

「うっ……ううう……」

上条は目録を抱きしめ、声をあげて泣いた。

インデックスが失語症になったのは、美琴の拷問のせいだった。

常に上条の部屋に居続けるインデックスは美琴に目をつけられ、
気が向いたら痛めつけられた。

上条と共に楽しい同棲生活を謳歌していたが、いきなり地獄の底に
突き落とされたのである。美琴の拷問はインデックスの精神を破壊した。

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 00:57:06.20 ID:xh9hPofq0 [11/78]
「あんた。また禁書ちゃんとイチャイチャしてるの?」

訪れた美琴があきれた様子で立っていた。

「その子が悪いのよ? 私がイギリスに帰るように何度も忠告したのに
 言うこと聞かないんだもん。見上げた根性よね」

「く…!」

禁書のことを侮辱された上条が苛立つが、

「何よその目は? 言っておくけど、抵抗したら禁書ちゃんを
 丸焦げにするわよ?」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:00:45.83 ID:xh9hPofq0 [12/78]
「ち…ちくしょう」

上条が悔し涙を流しそうになる。

圧倒的な力に屈服する哀れさは絶筆に尽くしがたかった。

「とうまぁ。泣かないでよぉ。私が癒してあげるからぁ」

「お…おい」

とろんとして目つきの美琴が迫る。

彼女は上条を押し倒し、ゆっくりと顔を近づけた。

「んん……」

美琴の舌が上条の口腔に侵入する。

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:03:31.13 ID:xh9hPofq0 [13/78]
(ちくしょう……受け入れるしかねえのかよ……)

上条は全てをあきらめ、美琴とのキスに没頭した。

ちゅ

ちゅ ちゅうう

ちゅぱ


「うふふふふふ」

キスするときの美琴の目は据わっていた。
濁った闇の色をしていて、まるで飲み込まれてしまいそうだった。

「当麻の唾液、おいしいよ?」

上条の頭をつかみ、激しく唇をむさぼる美琴。

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:08:24.62 ID:xh9hPofq0 [14/78]
「ぷは」

たっぷりと時間をかけたあと、美琴がようやく唇を離す。

口元にしたたる透明の液体を舐めながら、

「当麻。うれしそうじゃないね。本当は私のこと嫌いだもんね?」

「…!?」

「隠さなくてもいいよ。そのことは後でゆっくりと聞かせてもらうから。
 まずはお夕飯作っちゃうね。テレビでも見ながら待ってて」

美琴は立ち上がり、キッチンで野菜を並べ始めた。

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:12:35.86 ID:xh9hPofq0 [15/78]
>>121 いかにも。クズ無は俺のおすすめSS。

_________________________________

まもなくして夕飯ができた。

「「いただきます」」

「……」

禁書を交えた三人で食卓を囲む。

夕飯の間、しばらく無言が続いたが、やがて美琴が

「当麻。あーんして」

美琴がフォークで刺したミニトマトを差し出す。

「ちょっと恥ずかしいな」

首を振る上条。

「ふーん……私を怒らせるつもりなの? 
 初春さんたちとは楽しそうにやってたくせに。
 トマトの代わりに禁書ちゃんの生肉でも食べる?」

「っ…。すまん。冗談だよ。いただこう」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:14:36.16 ID:xh9hPofq0 [16/78]
「はい。あーん」

「…あーん」

目をつむって咀嚼する。味など全く感じなかった。

「大丈夫? ずいぶん冷や汗をかいているわね」

「まあな。こんなに緊張する食事は生まれて初めてだ。
 一歩間違えれば俺は殺されるんだろ?」

「そんなに緊張しなくて大丈夫よ。私を殺人兵器と勘違いしてない?」

不満そうに唇を尖らせる美琴。

「ところで話は変わるけどさ、あんたの周囲には
 たくさんの美少女がいるけど、ぶっちゃけ誰が一番可愛いと思う?」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:18:51.22 ID:xh9hPofq0 [17/78]
「なぜそれを聞く?」

上条の手は震えていた。

「いや、今後の参考にしようと思ったの。あんたが私のこと
 好きじゃないのはよく分かってるから、逆に他の子たちの魅力を聞こうかなって」

「……」

上条は真剣に考えて結論を出した。

「井口裕香だ」

「当麻」  

「なんだ」

「死にたいの?」

「すまん」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:22:49.57 ID:xh9hPofq0 [18/78]
美琴はオレンジジュースを飲み、一息ついた。

「もう一度聞くわね。誰が一番可愛いと思う?」

美琴は真剣な顔で言ったが、どういうわけか、
上条を中心に、テーブル全体が揺れ始めた。

「ちょっと、震えてるのよ。動揺しすぎでしょ」

「うるせええ!! 今真面目に考えてるんだよ!!」

上条が机を勢いよく叩いた。

         


(どうすればいい?) 上条は考え続ける。

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:26:07.50 ID:xh9hPofq0 [19/78]
上条は苦肉の策を打ち明ける。



「美琴。明日までに考えておくよ」

「は? いっぺん死ぬ?」

「……わーったよ!! 答えればいいんだろ答えれば!!」

上条は再び机を叩いた。

「声ならインデックス。総合的には佐天さん」

「なん……ですって……」

今度は美琴が動揺した。

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:30:42.11 ID:xh9hPofq0 [20/78]
「なぜに禁書ちゃんの声が好きなの?
 ってか私の声は好きじゃないってこと?
 こんなふざけたクサレシスターの声が好きなの? 頭大丈夫?」

美琴は自然な動作で禁書ちゃんの首を絞めようとするが、

「あああああああああああああああ!!」

上条が咆哮(ほうこう)をあげる。

「禁書の声を馬鹿にしないでくれ。俺は大好きだぞ」

「ふーん」

美琴が目を細める。

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:33:37.26 ID:xh9hPofq0 [21/78]
「当麻」

「なんだ」

「私、嫉妬しちゃったんだけど、どうすればいいと思う?」

美琴は禁書の首を思い切り絞めようとする。

「落ち着け」

「じゃ、今すぐ撤回してよ。
 こいつは地獄の淫乱のファッキンシスターだって言って。
 そしたら許してあげてもいいよ」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:37:15.60 ID:xh9hPofq0 [22/78]
「さっきから苦しいんだよ。たんぱつ」



「「な!?」」


上条らは驚きを隠せない。

「とうまが私の声を好きって言ってくれたこと、すごくうれしいんだよ」

禁書は美琴の手を振りほどき、なんと上条に抱きついてしまった。

「とうまぁ~ とうまぁ~ 」

まるで猫のように上条の胸の中で頬すりする。上条は動揺しながら聞いてみる

「ちょ……おま……失語症は……」

「もう直ったよ。とうまの愛の力でね」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:40:28.84 ID:xh9hPofq0 [23/78]
「そ、そうなのか。なんかよく分からんけど、とにかく良かったぁ。
 よかったなインデックス! これからはおまえとたくさん話せるぞ」

「うん! 私もとってもとってもうれしいんだよ」

仲の良い兄妹のように抱き合う二人。



だが、

「うふふふふふふふふふふふふふふ」

鬼のレールガンが不気味に笑っていた。

「まずはぁ……テアシを焦がしてぇ……さいごにアタマだけノコシテぇ」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:44:44.03 ID:xh9hPofq0 [24/78]
美琴から放たれる殺気はレストランの非ではなかった。

「あわわわわわわわっわ!!」  脅える禁書。

なぜか局地的な地震が発生しており、部屋全体が揺れている。


ドドドドドドドドドドドドドド


例えるなら戦車がすぐそこまで迫っている感覚。

(これはやばいことになった……)

百戦錬磨の上条さんでも、この戦場のような雰囲気には
耐えられそうもなかった。

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 01:49:50.16 ID:xh9hPofq0 [25/78]
(おいおい、下手したら学園都市ごと吹き飛ぶぞ!)

危機的状況に対し、上条は即断した。


「美琴。不安にさせてごめんな? 本当はお前のことが大好きだよ」

「え…?」

美琴は上条に抱きしめられていた。

「禁書目録は…俺の妹みたいなものだ。恋愛対象じゃない。
 でも美琴は違うぞ? 毎日おまえと過ごしてすごく楽しかった。
 いつしかおまえのことが本当に好きになってることに気づいたよ」

「本当に?」

美琴がいぶかしむ。

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 15:22:14.44 ID:xh9hPofq0 [27/78]
「ああ。本当だ」

「嘘ばっかり。さっきは佐天さんが本命だって言っててじゃない」

「ふ…あれはイタリア風のジョークだ。お前は常盤台のお嬢様。
 そしてレベル5の超能力者だ。おまけに器量もいい。
 おれがおまえに惚れないわけないだろう?」

「……でも」

「美琴。好きだ」 ←イケメンAA

「……」



その後5分ほど沈黙が続いた。

抱擁した姿勢のまま、美琴は言葉を発しようとしない。

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 15:26:22.15 ID:xh9hPofq0 [28/78]
(まずい……ものすごく気まずい雰囲気じゃないか。やはり駄目なのか?)

上条が背中に嫌な汗を流しながら別の作戦を考えようとしたが、

「とうま。信じていいの?」

「…!」

ようやく聞けた美琴の言葉。

上条が即答する。

「もちろんだ。俺にはおまえだけだ。俺に以外におまえを
 幸せにできる奴なんていないよ」

「……」

「改めてもう一度言わせてもらうぞ。美琴。愛してる」

次の瞬間、美琴の瞳から涙が零れ落ちた。

「…………とうま……。私もとうまのこと…大好き…」

美琴はぎゅっと力を込めて当麻に抱きつく。

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 15:30:42.57 ID:xh9hPofq0 [29/78]
「と……とうまぁ……とうまぁ……う……ひぐっ……」

嗚咽交じりで彼の名前を呼び続ける美琴。

当麻から告白されるのは始めてだった。

今までツンツンしていたせいで気持ちを伝えられなかったことも
重なり、この喜びは大きかった。

「いい子だな。美琴……」

当麻は慈悲深い顔で美琴の頭を撫でていた。

(ふふふ……くくく……)

だが次第にその表情が変貌していき、口元を醜悪にゆがめる。

(思い通り…!!)

この抱き合った姿勢なら、悪に染まった顔を見られなくて
すむので幸運だった。

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 15:34:58.82 ID:xh9hPofq0 [30/78]
その後、美琴が泣き止むまで待ち、遅くなる前に帰らせた。


夜はインデックスと二人きりである。

美琴による武力侵略を受けた上条家において、二人の仲はますます深まっていた。
卑劣極まる悪の制裁と暴力により、死と隣り合わせの生活をしていた
上条達は、いつのまにかお互いを意識するようになっていた。


今では一つのベッドを共有している。


「とうまぁ!」

インデックスが上条の腕の中で丸くなる。

「とうまの腕の中ってとってもあったかいんだよ?」

まるで猫のように目を細めて甘えている。

「失語症も治ったし、これからはいつでもとうまとお話できるんだよ?」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 15:38:18.07 ID:xh9hPofq0 [31/78]
「ああ。ただし美琴にばれないようにしないとな」

「うん。大好きだよとうま」

インデックスは目を閉じて上条に顔を近づけた。

「ん…」

上条の嬉々としてそれを受け入れる。


言うまでも無くこの行為は、美琴に対する裏切りである。
美琴に発覚すれば即抹殺されるに違いないが、それでも
二人は、一緒にいられる時間を大切にしたかった。

「とうまぁ。私にも好きって言って」

キスを中断したインデックスが求める。

「大好きだよ。インデックス。ちなみにこれは嘘じゃない」

「うれしい……すごくうれしいんだよ」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 15:43:27.63 ID:xh9hPofq0 [32/78]
ちゅ

「んんn」

ちゅー ちゅば ちゅば

インデックスと情熱的に舌を絡める。

「大好きだよとうまぁ」

禁書が失語症になって以来、上条はいつも以上に優しくなった。
禁書は、それが上条から向けられる愛情なのだと思っていた。
こんな出来損ないの自分でも面倒を見てくれる彼のことが大好きだった。
病気が治ったら、いつか上条に恩返ししたいと考えていた。

ちなみに、美琴に対して嫉妬心は全く無い。
上条が美琴に向けている感情が偽りであることに気がついているからだ。
同時にそれは、自分が上条に愛されているという自信の表れだった。

(とうまは私だけを見てくれてるんだよ…)

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 15:48:11.77 ID:xh9hPofq0 [33/78]
禁書はキスに夢中になっていた。
電気を消しているので彼の顔は見えないが、きっといつもの
ように優しく微笑んでくれているのだと思っていた。


(ふふふふ)

上条は心の中で笑っていた。

禁書目録の可愛い声を聞くだけであそこがうずいて仕方が無かった。

あの甘い声で自分の名前を連呼して甘えてくる。
これこそが上条の望んだ日常だった。不幸体質の彼は、
家の外では散々な目に会ってきた。特にビリビリ中学生の
ヤンデレ化による圧政をしかれ、せっかく仲良くなった佐天さんと
初春さんと疎遠になってしまったのは許しがたいことだった。


「インデックス…」

つぶやきながらインデックスの髪の毛を触る。
細くて柔らかい彼女の髪は触り心地が最高だった。
軽く掴んだそれに鼻を近づけるとシャンプーの匂いが漂った。

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 15:52:56.40 ID:xh9hPofq0 [34/78]
そんな彼のストレスを解消してくれるのが、インデックスだった。
確かに、傍若無人な彼女の振る舞いに苛立つ日もあったが、
それでも女の子と同棲生活は楽しかった。

おいしい料理を作れば褒めてくれるし、何より寂しさを紛らわせてくれる。
高校生の身で女の子一人を養うのは大変だと最初は思っていたが、
今では彼女無しの生活など考えられなかった。

なぜなら

「あぁ はぁああ……やああ……ああん……」

「痛いか? インデックス」

「だいじょうぶ……だよ……もっと……強く突いて……」

インデックスが四つんばいになって彼のモノを受けいれていた。
上条は彼女の腰を掴みながらピストン運動に励む。

「ああ んあああ はあああ ああああん いいいよおおお!!」

「ふふふ。可愛いなぁインデックスは」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 15:57:00.99 ID:xh9hPofq0 [35/78]
「もう……イキソウだよ……」

「ああ。だけどもう少し我慢してくれ…」


行為の最中なのに、上条は妙に冷静だった。
実を言うと、上条はインデックスのことをそれほど
好きではなかった。大切な存在であるのは確かだが、
美琴に言ったとおり、それは恋愛対象としてのそれではなかった。


上条が好きなのは……


「インデックス。俺にも好きって言ってくれ」

事後。上条がそばで寝ている禁書を揺する。

「ん……」

心地よ眠りから覚まされた禁書が寝ぼけながら応じる。

「なぁに、とうま?」

「おまえは俺のこと好きだよな?」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 16:01:44.27 ID:xh9hPofq0 [36/78]
「うん。とうまのこと、だぁいすきだよ」

まるで脳みそがとろけてしまいそうな声で言う。

上条は興奮し、

(……うぉ!! すごい破壊力!)

心中で暴走したが、現実では
シマウマモードになるのを何とか我慢していた。

「そうか。安心したよ。聞きたかったのはそれだけだ。
 おやすみ。インデックス」

「ふぁあい。おやすみぃ」

インデックスは上条の腕の中ですやすやと眠った。



つまり一言で言うと、彼はインデックスの『声』を愛していた。

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 16:04:41.40 ID:xh9hPofq0 [37/78]
週末。

上条は公園で待ち合わせをしていた。

「ち…!」

携帯を見ながら思わず舌打ちをする。

画面には以下の内容が表示されていた。

 『電話帳、登録件数 1件 御坂美琴』

以前登録されていた友人達のアドレスは全て消されてしまった。
美琴の嫉妬深さにより、上条と仲良くしている人間は全て罰せられるのだ。
それは携帯に登録されているデータとて例外ではない。

(ったく、佐天さんと初春さんの番号まで消しやがって。
 こんな生活がいつまでも続くと思うなよ。いつか復讐してやる)

闘志を燃やす上条。

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 16:09:08.04 ID:xh9hPofq0 [38/78]
そこへ美琴が駆けて来た。

「当麻。遅くなってごめんね。待った?」

「いや大丈夫だよ」

「そっかぁ。それじゃ映画見に行こうか」

「おう」


テンプレート的な会話を経て、二人は劇場に足を運ぶ。
そこは以前、上条が佐天さん達と一緒に訪れた場所だ。


そのことを知った美琴は激怒したが、上条になんとかなだめられた。
そして美琴は佐天さん達に対抗するため、ここを選んだのだ。

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 16:31:47.42 ID:xh9hPofq0 [39/78]
「……」

真剣に映画を見ている美琴だが、隣に座っている上条には
どこが楽しいのかさっぱり分からない。

上映しているのは『ゲコ太戦隊・ゲコレンジャー』という戦隊ものの
映画で、どう見ても対象年齢が幼稚園程度のものだ。

「美琴。おまえ。本当にゲコ太が好きなんだな」

「う、うん。だってゲコ太は私のアイドルなんだもん。この年で
 こんな子供っぽい映画を見るのは変だとは思うけど…
 それでも好きなものは好きなの!」

子供っぽく頬を膨らませる美琴は可愛らしかった。

(やはりこいつは腐っても美少女だ…)

上条は映画よりも美琴を観察していた。

館内特有の暗がりの中で、上条は八神月の顔をしながら考えた。

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 16:36:57.04 ID:xh9hPofq0 [40/78]
(美琴とはいつかは縁を切るつもりだが、その前に少し
 仲良くするのも悪くは無いか…何せお嬢様だからな)

美琴に愛を伝えて以来、彼女の雰囲気は変わった。
ヤンデレであることには変わりないが、以前のように
他人に暴力を振るうことは無くなり、上条に従順になった。



「美琴」

「ひゃ!?」

上条は美琴の肩を抱き寄せた。

「動くなよ」

「な…ナニをするのいきなり! ん……」

それは強引な口付けだった。

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 16:40:33.56 ID:xh9hPofq0 [41/78]

「ちょ、ちょっと…」

嫌がる美琴が口を離す。涙目になりながら、

「こんなことろで、そういうことするのは良くないよ…。
 どうしてもしたいなら映画が終ってからしよ?」

「うるせえよ」

「…え?」

美琴は呆然とした。あの優しい上条にこんなに怖い目で
睨まれるとは思わなかったからだ。

「おい。美琴」

「は、はい……」

「俺、もう帰るわ」

上条が冷たく言って席を立ち上がった。

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 16:44:57.13 ID:xh9hPofq0 [42/78]
美琴は悲痛の叫びをあげる。

「ま、待って!! どこ行くの!」

「帰るんだよ。もうおまえといても楽しくないからな。
 おまえは俺よりゲコ太の方が好きなんだろ?」

「そんなことないよ!! 私は当麻のことが一番好き!
 お願いだから行かないで」

「……」

美琴は無言で佇む上条の足にすがり付いていた。

「ねえ。お願い。私、当麻がいないと寂しくて死んじゃうの。
 お願いだから一緒にいてよ…」

美琴はうるうるした瞳で上目遣いで見上げてくる。

(ほう。これはなかなか…)

上条が冷たく接したのはもちろんわざとだ。美琴のヤンデレ属性が
どれほど変化したのかを確認したのだ。

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 16:48:23.57 ID:xh9hPofq0 [43/78]
あの告白以来、上条は意図的に美琴といる時間を増やした。
美琴を上条依存症にするためだ。最初のうちは美琴のわがままを
なんでも聞いてやり、信用させる。そして仲良くなった所で、
一気に絶望に落とすことによって不安にさせる。

「と、当麻。どうして黙ってるの? もしかして怒ってる……?」

美琴は今にも泣きそうだ。
まるで先生に叱られる子供のような顔で震えている。

(……計画通り)

上条が八神のセリフを模倣する。

思惑通り、美琴は上条に依存するようになった。
彼女にとって上条に嫌われることは死に等しい苦痛だ。

「美琴。今のは冗談だ。不安にさせてごめんな?
 仲直りしよう」

作り物の笑顔で美琴を抱きしめる。

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 16:52:29.29 ID:xh9hPofq0 [44/78]
その温もりを感じた瞬間、


「あ……」


美琴の顔が弛緩し、もう何も考えられなくなってしまう。

「俺がおまえのこと嫌いになるわけないだろ?
 大好きだよ。美琴」

「うん。うれしいよぉ。当麻ぁ」


映画などそっちのけで、二人は熱いキスを交す。

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 16:57:21.49 ID:xh9hPofq0 [45/78]
まもなくしてトイレに移動した。

「美琴。お前の胸、小さくて可愛いな」

ここは男子トイレの個室。

上条は美琴の背後から胸を揉んでいた。

「ん……」

上半身裸の美琴は顔を赤らめながら、上条の機嫌を損ねないようにしていた。

「大きさ的にはAカップってところかな?
 さすがのレールガン様でも胸までは恵まれてないようだな」

ビンビンの乳首をつねる。

「い、痛い…そんなに強く触ったら痛いよ…」

美琴が涙目で訴える。

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 17:01:20.08 ID:xh9hPofq0 [46/78]
「ああ。ごめんな。お前を見てるとつい、いじめたくなるんだよ」

「あっ…」

上条の手がスカートの中に侵入した。

「ここをこんなに濡らすなんて、美琴は変態さんだな?
 パンツまでびっしょりだぞ?」

「あっ んん」

上条の指が美琴の膣に差し込まれ、中をかき回す。

「あ だ、だめぇ そんなに…」

「何が駄目なんだ? 言ってみろよ」

「あふ……んんん…」

美琴は目をきつく閉じて耐えていた。

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 17:05:21.91 ID:xh9hPofq0 [47/78]
正直、美琴はこういう事は望んでいなかった。

常磐台中学で英才教育を受けている彼女は、そこいらの
学生よりは貞操観念が強かった。

幼き頃から良妻賢母となるべく育てられてきたので、
公共の場所で犯されているこの状況は最悪だった。
まして美琴はまだ中学2年生だ。常識的に考えても
性の関係をもつには早すぎる。


だが、


「あああ!! んあああ! あっ ああっ はぁっ」

美琴は荒い息を吐いていた。

立ったままの姿勢で上条から犯されている。
いわゆる立ちバックの態勢だった。

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 17:10:45.13 ID:xh9hPofq0 [48/78]
「どうだ? お嬢様?」

「あぁああ…だ、だめよ……こんなことしちゃ……」

「いいじゃねえか。俺とおまえの仲じゃないか」

「ああっ んあああ いやあ いやああああ!!」


悲しみの涙を流す美琴だが、上条の運動が休まることは無い。

突付くたびに弾けるような水温が響く。


美琴は恥辱に耐えながら、早くこの苦痛が終わることを願っていた。

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 17:16:37.18 ID:xh9hPofq0 [49/78]

事後。


「美琴。痛かったか? 酷いことしてごめんな」

「ぐすん……」

上条は、泣きべそをかきながらふてくされている美琴を慰めていた。

「そんなに泣かないでくれ。悪かったよ。でもな、俺がこんなことするのは
 美琴にだけなんだぞ? 美琴のことが一番好きだからな」

「ほ、ほんとう?」

またしても美琴の上目遣い。上条は暴走しそうになるのを我慢し、

(ぐぉおお!) 深呼吸して、「もちろん。愛してるよ。美琴」

愛をささやき、美琴を抱きしめる。

もはや完全にワンパターンだが、ヤンデレには効果抜群だ。

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 17:20:40.91 ID:xh9hPofq0 [50/78]
「私も愛してるよぉ。とうまぁ」

インデックスのようなだらしない顔をして上条に
身を任せる美琴。

(ふふふふふ。くくくくく。攻略完了だな。
 もう美琴は俺の奴隷だ)

上条は今すぐ笑い出したくなるのを我慢していた。

(いよいよ初春さん達と仲良くなれるぞ。
 さっそく計画を立てよう)

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 21:28:55.50 ID:xh9hPofq0 [52/78]
そして次の日。

学校の帰り道にて。

上条は自己嫌悪に陥っていた。

「はぁ~~~~~」

盛大にため息をつく。

それもそのはず。正義の味方であるはずの上条さんとも
あろう者が、二人の女の子と体の関係を持ってしまったのである。

(俺はやっぱり鬼畜なんだろうか? 美琴に恨みがったとはいえ、
 映画館で犯すなんて我ながら最低だ…)

肩をがっくりと落としてうなだれており、その後ろ姿は
くたびれたシマウマを連想させる。

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 21:32:50.80 ID:xh9hPofq0 [53/78]
(俺は真人間になりたい。そして、普通の恋愛がしたい。
 そのためには……)

と、そこまで考えた所で、


『きゃあああああ!!』

路地裏から悲鳴が聞こえた。

「ほらあああああああああ!!」

上条はいきり立ち、そこへ足を運ぶ。

待ち構えていたのは不良という名の鹿たち。

「あんだてめえは!?」

「邪魔するつもりか? あああああ!?」

「ぷふいいいいいいいいい!!」


敵は全部で三人。鹿らに囲まれて脅えている女の子が一人。
女の子は下校途中なのか、カバンを抱きながら震えている。

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 21:36:26.53 ID:xh9hPofq0 [54/78]
(三対一か。少しやっかいだが、やってやるぜええええええ!!)

正義のシマウマ(上条)が助走を開始する。

「ちょ…!?」

鹿Aが発したセリフは短かった。

タックルされそいつは激しく吹き飛び、路地の外を走る
トラックに激突してしまった。

「な…?!」 「ぶ、ぶひ?」

その一瞬の惨事に、不良諸君らは立ち尽くす。

「他所見してんじゃねええぞおおおおおおおお!!」

その後は余裕だった。戦意を失くした彼らをタックルで
50メートルくらい吹き飛ばしてやった。

(ふふふ。今日も人助けをしたぜ…!
 見ろ。俺はどう見たって正義の見方じゃないか。シマウマだけど)

上条はガッツポーズして力が鈍っていないことを実感した。

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 21:40:42.45 ID:xh9hPofq0 [55/78]
「あ、あの……助けていただいてありがとうございます…」

おずおずと頭を下げる女の子は気品に満ち溢れていた。

(ん? 見覚えのある制服だな。美琴の学校のものか?)

上条はそう思ったので聞いてみる。

「君はもしかして常磐台中学の生徒さんかな?」

「はい。ご存知なんですか?」

「知り合いが一人いてね。御坂っていうんだけど」

上条が頭をぽりぽり掻きながら言う。

「まあ。あのレールガンの御坂様とお知り合いだったのですね。
 すごいですわ。あの……失礼でなければ…お二人はどういう関係なのですか?」

「あー、えーっと……」

上条が言葉を選ぶ。まさか主従関係にあるとは口が裂けてもいえない。

「くされ縁だよ。いっつもあいつが勝負を仕掛けてきて
 それに巻き込まれてるだけ」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 21:44:15.50 ID:xh9hPofq0 [56/78]

「あの御坂様が勝負を…?  うふふふ。
 信じられませんわ。学園では粛々としてらっしゃるのに」

「そうなの? 俺の知ってるあいつは結構バカだよ? あはは」

その後しばしの雑談を挟み、最終的にアドレスを交換した。


上条にとってその少女の名前は知らないものだったが、
とにかくこれで御坂美琴以外の新たなメアドをゲットしたのだった。


真人間への復帰・第一歩である。

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 21:48:29.97 ID:xh9hPofq0 [57/78]
「ただいまぁ」

上条は堂々と胸を張って帰宅する。

「おかえりなんだよ、とうまぁ」

甘い声のインデックスが抱きついてくる。
その柔らかい感触といい匂いに惑わされ、暴走しそうになる。


「っぐぐぐぐぐぐぐ」

「とうま? 険しい顔してどうしたの?」

「い、いや、大丈夫だ。ちょっと発作が起きそうになってさ」


上条は内部に潜むシマウマと戦っていた。
それが発動すると鬼畜モードになってしまうわけだが、
今は抑えることが出来た。

「あれ? 今日は美琴は来ないのか?」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 21:53:34.11 ID:xh9hPofq0 [58/78]
いつも夕食を作りに来る彼女がいないので疑問に思った。
インデックスはくりくりの瞳をしながら答える。

「うん。なんか調子が悪いからしばらく来れないんだって」


(美琴の奴……具合でも悪いのか? 健康管理には気を
 使っている方だと思っていたが……まあいい。
 後でこれからも家に来ないように命令しておこう)


上条は思考を中断し、

「そうか。じゃあ今日は二人だけでご飯を食べような!
 たぶんこれからはずっと二人だけで生活できるぞ!」

「うん!」

こうして二人だけの愛の夕食を堪能した。
純真無垢な禁書を見ていると、こちらの心まで
洗われる思いがして心地よかった。

上条は、鬼畜を卒業して真人間になることを誓ったのだった。

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 21:58:31.58 ID:xh9hPofq0 [59/78]
その次の日。

「か、上条さん……?」

クレープ屋の前を通った際、気まずそうな顔で
こちらを見てくる佐天さんと初春さんの姿があった。

「あ……よ、よう、元気か?」

上条も同様に罰の悪そうな顔をしている。

会うのは、ヤンデレ美琴によるレストラン襲撃事件以来だ。

あの日からすっかり疎遠になってしまった。

「あ、あの…私たち、もう行きますね。御坂さんに見つかると大変ですから」

初春さんが佐天さんの手を引いて立ち去ろうするが、上条が呼び止める。

「待ってくれ! 御坂ならもう大丈夫だよ!
 俺があいつを説得したんだ。
 もう初春さんたちには手を出させないから大丈夫だよ」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:02:28.86 ID:xh9hPofq0 [60/78]
「……」

上条の必死の叫びが通じたのか、彼女達は足を止めてくれた。
しかし、まだ背中を見せたままだ。

「もう御坂に脅えなくていいんだぞ? さあ仲直りしようぜ」

「……か、かみじょうさん……!!」

佐天さんが泣きながら上条の胸に飛び込んでくる。

「うわあああん!!」

今度は初春さんだ。今までの寂しさが募ったのか、
恥も外見も関係なく上条の腕に抱きつく。

「はは。これで、元通りだな……」

上条は二人の少女の泣き顔を眺める。
そこにはかつて存在した温もりがあった。

鬼畜サイドに落ちてしまった上条であるが、それは
悪の美琴が原因であり、本来は優しい少年である。

そうでなければ、純情な二人の女の子達に好かれるわけが無い。

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:06:24.44 ID:xh9hPofq0 [61/78]
なお、上条は彼女たちの身の安全を保障させるため、
美琴宛に『俺の周りの女の子達に手を出したら絶交するから』
という内容のメールを送信しておいた。

しばらく待ってもメールの返事はもらえなかったが、
美琴は上条の奴隷であるから、逆らうような真似は
しないだろうと判断した。

「上条さん。あーんして」

「こっちのも食べてください」

現在の彼らはベンチに座り、クレープを食べていた。
というより上条が食べさせられていた。

初春 上条 佐天 という順で座っており、腕を組んでいる。
いつかのハーレムフォーメーションの再現だ。

上条はいちごとバナナの二種類のクレープを味わいつつ、
その腕に感じる柔らかい感触に暴走しそうになる。

(こ……これは……特に佐天さんのほうが大きいな……
 まずい……だが…ここで興奮するわけにはいかん…)

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:10:27.19 ID:xh9hPofq0 [62/78]
強く押し付けられた胸の感触は確かに気持ちよかったが、
シマウマモードをキャンセルする術はすでに心得ていた。

(ふぃぃぃ。俺は人間……)

明鏡止水の心で目を閉じる上条。

これぞ真人間上条が会得した、シマウマキャンセラーだった。

理性を制御し、幸せを謳歌する上条だが、それも長くは続かなかった。


「あら、ずいぶん楽しそうですわね。上条さん。女の子二人を
 連れて軽いハーレム状態ですの?」

通りかかった白井黒子が声をかける。上条は少しカチンときつつ、

「し…白井? 別にどうしようと俺の勝手だろ」

「ふうん。そうでしょうか? 誰にでも優しすぎるのは
 時として罪になるのですわよ。昨日は我が校の先輩が
 お世話になったそうで…」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:14:48.91 ID:xh9hPofq0 [63/78]
「…? ああ、昨日のあの生徒さんのことか…」

黒子が話しているのは、昨日上条が助けた女子生徒のことだ。

「あの方は二年の先輩ですの。その件ついてはお礼を言っておきますわ。
 でも、ずいぶんお姉さまに対してずいぶんと冷たいようですわね。
 こんなに堂々と浮気なさるなんて…」

黒子は冷たい目つきで上条を見下ろした。


「うわ…き?」

佐天さんが疑惑の目で上条を見つめる。


黒子が得意げに語る内容は、上条の闇の記憶を暴露するものだった。

「そうですわよ。上条さんが佐天さんたちと仲良くしてるのは偽りの姿。
 彼は本当はお姉さまとお付き合いしているはずですの」

「……あいつとは脅されて付き合ってただけだ。もう別れるよ」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:18:32.96 ID:xh9hPofq0 [64/78]
「…そうですか。なら美琴お姉さまのことはもうなんとも思ってないのですね?」

「ああ」

上条がそう答えると、黒子は捨てゼリフを吐いた。

「別に上条さんを責めようとしているわけではありませんの。
 お姉さまにも非はありますから。ただ上条さんの気持ちを確かめたかっただけですの」

踵を返し、去っていく黒子の後姿は次第に小さくなっていった。


そして残された三人の間に気まずい沈黙が訪れる。



「あの、上条さん。御坂さんとは……」

初春が慎重に口を開く。

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:22:30.28 ID:xh9hPofq0 [65/78]
「ごめんな。まだ二人には話してないけど、あいつとは色々あったんだ。
 本当に色々なことが。はは。やっぱり俺は最低だ。初春さんたちと
 いる資格はないのかもしれない」


上条は自嘲気味に笑い、中年サラリーマンのような顔で
その場から去ろうとするが、少女達に引き止められる。


「上条さんは最低なんかじゃありませんよ! 何があったのかは
 聞きませんけど、どうせ御坂さんに脅されてたんでしょ?
 悪いのは御坂さんです」

「そうです! 御坂さんが異常だったのは明らかです。
 白井さんだってそれを認めてたじゃないですか!」

佐天さん、初春さんの順で慰めの言葉をかけてくれる。

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:27:09.73 ID:xh9hPofq0 [66/78]
「ひぐっ…ぐす……う……お、俺は……二人と一緒に…
 いても……いい……のか……?」

上条のセリフは嗚咽交じりだった。


「もちろんです! 私たちは上条さんとずっと一緒にいますよ」

「もう御坂さんのことは忘れてください」


地獄を経験した上条にとって、彼女らの言葉は温かかった。

恐らく美琴もこうしてストレートに思いを伝えられる子だったら、
過ちを犯すことはなかったのかもしれない。

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:30:50.87 ID:xh9hPofq0 [67/78]
家に帰ると、インデックスがまたしても抱きついてきたが、
彼女は笑ってくれなかった。

「とうまから女の匂いがする。これはたんぱつのじゃないね」

「……!?」

上条は顔面蒼白になる。

禁書は間違いなく佐天さんと初春さんのことを指摘していた。
今日あれだけ密着していたので無理はない。

「もしかして、誰かとうわきしてる?」

「……!?」

上条の顔に冷や汗が流れた。

「さっきから黙ってるのはどうして? 
 とうまは……『私だけ』を好きでいてくれるって言ったよね?」

部屋の空気が張り詰める。

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:40:56.55 ID:xh9hPofq0 [68/78]
「だれと浮気したの?」

「…!!」

上条は激しい動悸に襲われ、気絶しそうになった。

(なん……だと……まさかの……ヤンデレ第2号発生か…?)

美琴に襲われたときの衝撃がよみがえる。
過去の残虐な記憶が脳内で再生され、
うずまきのようにぐるぐると回り始めた。

「どの女の子と仲良くしての? 黙ってないでしゃべりなさいよ。
 本当のことを言わないと……」

禁書はここでためを作り、大声で宣言する。

「もう二度と、とうまと口を聞いてあげないんだからね!」

(……!?)

その言葉を聴いた瞬間、上条は酸欠に陥った。
それほどショックは大きかったのだ。

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:45:34.79 ID:xh9hPofq0 [69/78]

(禁書の声が聞けない………だとぉ!?
 うああああああああああああああああああああ!?)


上条は頭を両手で押さえながら床の上をのた打ち回った。


「うああああああああああああああああああああ!?」


ゴロコロと冗談のように転がり続ける。
恐らく下の階まで響いていることだろう。
だが、止まるわけにはいかなかった。

(禁書目録の声は……俺の宝だ……ゆかち……)

上条はブリッジを始めた。
こうしないと頭がおかしくなるからだ。

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:49:16.51 ID:xh9hPofq0 [70/78]
ここで冷静な意見を述べさせてもらえば、禁書目録は
ただ怒ってるだけで、別にヤンデレ化はしてない。

したがって、いつものように適当なことを言って目録ちゃんを
なだめればいいのだが……

「はあああああああああああああああああああああああ!」

上条は逆立ちを始めた。

彼にとって、インデックスの声は生きがいに等しいのだ。
美琴による圧政下に耐えられたのも、明日が来れば
禁書の声が聞けると考え、それを支えにがんばったからだ。


それが今、禁書自身の判断により失われようとしている。
これでどうして落ち着いていられようか。


散々暴れた後、上条は土下座しながら佐天さんたちのことを話した。
そしていかに禁書のことを愛しているかを原稿用紙20枚分に書いて
朗読したが、機嫌を直してくれなかった。

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:54:48.63 ID:xh9hPofq0 [71/78]
(とうまはひどいんだよ……。乙女の純情をもてあそんで…)

頬を膨らます禁書さん。


禁書は、とうまだからこそ身も心も許したのだ。
諸事情によりこの家に引きこもる彼女は、上条が
外で何をしているか知らない。

よって上条の話を信用するしかないのだから、
それが裏切られたとなっては怒るのも当然だ。

結局、朝になるまで禁書は口を聞いてくれなかった。

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 22:58:08.27 ID:xh9hPofq0 [72/78]
ちなみに、禁書が膨れている頃、常磐台中学の女子寮のある部屋では……

「お姉さまぁ。今どんな気分ですの?」

「うぅぅ……もう許してぇ…………」


黒子はベッドの上で足を組んでいた。
片手にワイングラスを持ち、優雅に美琴を見下ろしている。


「黒子ぉ……私が悪かったからもう許してよぉ……」

美琴は後ろ手に縛られ、檻の中に入れられていた。
全身ゴム製の服を着せられている。

もう何日も食事をさせてもらえず、飢えと乾きが極限まで
達しそうになっていた。

「駄目ですの。お姉さまにはたっぷりと反省していただきますわ。
 ところで、今日上条様にお会いしましたの」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 23:07:34.89 ID:xh9hPofq0 [73/78]
「え? 当麻と!?」

美琴が上条の話題に食いつく。

「お姉さまのことをどう思っているかと聞いたら、もう別れたいと
 答えられましたわ。お姉さまに脅されて付き合っていただけだと、
 隣に寄り添う佐天さんと初春にも伝えてました」

「な!? なんで佐天さんたちと…? そんなの許せない…!!」

「ふん。あなたがどう思っても、もう関係ないんですの」

黒子は凍りつくような表情でムチを取り出した。

「ははは……黒子……まかさそれで私を叩こうっての…?
 言っておくけど……私はレベル5よ? ただで済むと思ってるの?」

「黙りなさい」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 23:10:53.27 ID:xh9hPofq0 [74/78]

「~~~~~~~~~~~~~~~!」

振り下ろされたムチがしなる。
美琴の痛みは想像を絶し、叫びは言葉にすらならないほどだった。
黒子のスキルは上級者のものだ。

数分後。


「お姉さま? 体中血だらけになってしまいましたね。
 お塩を塗って差し上げますわ」

「ssddfklkklf~~~~~~~~~~~~~~~!?」

黒子の蓄積した恨みは相当なものだった。
激痛のあまり美琴が何度も気絶するが、冷水を顔にかけて起こしてやった。

「うふふふ。お姉さまが愛した当麻様は私がもらっていきますわ」

なにやら怪しい宣言をする黒子。こうして二人の愛の夜はすぎていく。

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 23:14:25.19 ID:xh9hPofq0 [75/78]
話は再び上条サイドへ戻る。

上条は翌日の学校で地獄を見た。

昨晩は一睡も出来ず、授業中は猛烈に眠かったので、
教師に注意されぬよう巧みなトリックを用いて事なきを得た。

休み時間や昼休みは全て睡眠に使い、
青ピや土御門に怪訝な顔で見られた。

夜を徹してエロゲーをプレイしたと伝えたら簡単に納得された。
彼らにとって上条の認識はその程度なのである。

計り知れない声フェチである上条は、世間的には普通の学生だった。

そして全ての授業が終わり、スーパーで買い物して家に帰った。

静粛に玄関の扉を開ける。

「た、ただいま帰りましたよ。インデックスさん」

「……」

禁書はそっぽを向いている。

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 23:18:15.20 ID:xh9hPofq0 [76/78]
「あの……まだ怒ってますか?」

「……ち。うざいんだよ」

禁書は舌打ちした。

「……」

「……」

沈黙したまま5分が経過し、上条は泣きながら寮を飛び出した。

全力疾走し、気がついたら公園に来ていた。

「うぅ……ぐ……ぐふ……うえ……えっぐ……ひぐ……」

いつかのように四つんばいになり、子供のように泣き続ける。
まるで誰かが慰めてくれることを期待した幼児のような姿。

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/14(火) 23:22:08.76 ID:xh9hPofq0 [77/78]
そこへ通りかかった淑女がいた。

「あら。上条さん。ごきげんよう。今日はどうされたんですか?
 泣いてらっしゃるようですけど…」

涼しい顔の黒子だった。 上条に近寄り、

「大の男が大泣きしてみっともないですわよ。
 ハンカチで涙をを拭きなさいな」

「え?」

差し出された上品なハンカチ。
上条は感動してさらに泣きそうになった。

「おまえは…俺をなぐめてくれるのか?」

「うふふ。わたくしとてジャッジメントの端くれ。
 お悩みがあれば相談に乗りますわ。遠慮なく話してごらんなさいな」

にっこりと笑う黒子。上条にとっては聖母のようだった。

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 12:40:28.28 ID:+6YbMGV50 [2/41]
上条は全てを話した。黒子の前で嘘をつく理由が無いからだ。

黒子は相槌を打ちながら真剣に聞いてくれた。


一通り聞き終わると黒子は立ち上がり、

「話はよく分かりました。つまり上条さんは禁書ちゃんと
 仲直りがしたいというわけですのね」

「ああ。でも中々機嫌を直してくれなくてさ」

「同棲しているだから喧嘩することはよくあるでしょう?
 その時はどうやって仲直りしてますの?」

「そうだな……」

上条が顎に手をあてる。

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 12:44:35.64 ID:+6YbMGV50 [3/41]

「あいつは食べるのが好きだから……おいしいものを
 作ってやったら喜ぶかも」

「それですわ。では、さっそく食材を買いに行きましょう」

黒子は上条の手を引いて歩き出す。


「え? え? まさか…手伝ってくれるのか?」

「もちろんですわ。わたくし、困ってる人を見たら
 助ける性質ですの。あなたのようにね」


黒子がウインクしたので、上条はドキッとしてしまった。

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 12:48:14.18 ID:+6YbMGV50 [4/41]

「おそいんだよとうまぁ!! もうお腹すいて死にそうなんだよ!!」

帰宅後、開口一番に怒声をあびせる。インデックスは怒っていた。

「こらこら。居候ちゃん。あなたが怒るのもわかるけど、
 普段から骨を追っている上条さんの苦労も少しは考えなさいな」

買い物袋を持った黒子がたしなめる。


「え……だれ。このひと…。もしかしてとうまの浮気相手?」


インデックスが眉間にしわを寄せるが、黒子は冷静だった。


「わたくしは上条さんの友達ですの。はじめまして。白井黒子と申します」

「え…? えっと……インデックスって呼んでほしいんだよ。よろしく…」

黒子が優雅にお辞儀したので、インデックスが慌ててしまった。

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 12:52:28.97 ID:+6YbMGV50 [5/41]

だがすぐに不機嫌になる。

「ちょっと、どういうこと! また別の女を連れてくるなんて節操がないんだよ!!」

彼女の怒りは当然だった。上条は久しぶりにインデックスと
会話できることをうれしく思いながら話した。

「いや。おまえにおいしいものを食べさせてあげようと思ってさ。
 白井って料理が得意らしいぞ。それに今日、すげえ食材を買ってきたから
 きっと気に入ると思うぞ」

「……ふーん。おいしいものってどんな?」

「高級和製ステーキ肉」

「!?」

インデックスは気絶した。


それからしばらくして…

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 12:56:08.41 ID:+6YbMGV50 [6/41]

「できましたの」


テーブルに用意されたのはステーキ定食。
肉の乗った皿にはサラダとポテトが添えられている。さらに専用のたれまで。

ご飯と味噌汁はごく普通だが、ステーキの存在感が凄まじい。
むしろ乗せられている皿がしょぼいほどだ。

「「い、いただきます」」 「召し上がれ」

上条と禁書は慎重にステーキ肉を食べる。

口に入れた瞬間に漂う風味と触感は最高だった。
まず、一口噛んだだけで普通の肉と弾力が違うのが分かる。
さらに専用のたれと肉汁が合わさって絶妙の味をかもし出している。

「……」

上条たちは無言で食べていた。普段のもやし炒めなどとは比べ物に
ならないセレブの味に絶句してしまったのだ。

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 13:04:06.56 ID:+6YbMGV50 [7/41]

落ち着いているのはそのセレブの黒子だけだった。

「禁書さん。お口にソースがついてますのよ」

ナプキンで禁書の口元を丁寧に拭いてやる。

食事中の黒子は姿勢をピンと正し、ナイフとフォークを
使いこなして粛々とステーキを食べていた。

(さ、さすがはお嬢様だぜ。住んでいる世界が違うな…)

上条がそう思うのも無理はなかった。
椀に乗せられたご飯と味噌汁があって幸いだった。
もしパンやスープなど出されたら、完全な洋食になりそうだった。

(おいしいんだよ…こんなおいしいもの食べたことないんだよ…)

禁書は密かにこの料理を絶賛していた。
黒子が家に押しかけてきたのは腹が立ったが、こんな
豪華なものをご馳走されては文句は言えない。

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 13:08:07.55 ID:+6YbMGV50 [8/41]
「禁書目録ちゃん。私のお肉を少し分けて差し上げますわ。
 本当はマナー違反ですけど。どうぞ召し上がれ。あーん」

「あーん」

禁書が黒子が差し出したフォークに噛り付く。

黒子は早めに食べ終えて暇そうにしていたインデックスに気を利かせたのだ。


「ところで、当麻様」 と黒子。

「な、なんだい?」

上条はつい緊張してしまった。

「明日のご予定は空いてます?
 もし良ろしければ、わたくしとデートしませんか」

「デート? ああ。もちろんオッケーだよ」

断る理由は無かった。今日は夕食まで黒子に世話になったし、
好意を向けてくれる女の子を無下にすることなどできない。

その後も上条たちは恐縮しつつ、その日の夕食を終えた。
黒子は片づけをした後すぐに帰った。

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 13:13:00.13 ID:+6YbMGV50 [9/41]

そして約束の休日。

上条は公園の自販機の前で叫んでいた。

「前から思ってたけどさ! この自販機で販売されてる飲み物って
 おかしくないですか!? 何このイチゴおでんって!?」

喉が渇いたので珍しくジュースを買おうと思ったのだが、
そのあまりのふざけたラインナップにブチ切れたのだ。

「カツサンドドリンクとか! ガラナ青汁とか何これええ!?
 誰得だよ!! 消費者を馬鹿にしてるとしか思えません」

むしゃくしゃしたので、自販にワンパン食らわそうとしたが、
通りすがりの女子中学生が声をかけてきた。

「そうかしら? 意外といけるわよ? カツサンドドリンク」

「なぬ?! お、おぬしは!?」

「久しぶりね。当麻」

女子中学生は常磐台中学の制服に身を包んでおり、髪型は
茶髪のショートカット。爽やかに微笑むその美少女は
間違いなく御坂美琴だったのだが……

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 13:18:01.49 ID:+6YbMGV50 [10/41]

「うわあああああああ!?」

上条は情けない声を発しながら尻餅をついてしまった。

一見するとただの奇行だが、もちろん理由はある。


「うふ。そんなに驚いてどうしたの?」

上条に手を貸して起こしてくれる美琴は、この上ないほど気品に満ち溢れている。

香水でもつけているのか、いい匂いが漂っていた。


(え…? だれ? この可愛い女の子?)

上条の顔はなぜかシマウマになってしまった。

優しそうに微笑む美琴からは邪気が全く感じられない。
未知の生物との一時接触に等しいこの興奮は、
どう表現したらいいか分からないほどだった。

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 13:22:25.16 ID:+6YbMGV50 [11/41]

「当麻。この後暇かしら? 良かったら一緒にかいも…」

美琴が言い終わる前に、

「当麻様ぁ~~。お待たせしてすみませんの!」

可憐なるジャッジメント・黒子嬢がツインテールを揺らしながら走っている。


「はぁ……はぁ……ちょっと野暮用が入って遅くなってしまいました」

黒子が息を切らしている。それだけ急いでいたのだ。

なお、黒子とのデートの待ち合わせ場所がこの公園である。


「あら、黒子じゃない。あんたも当麻に用があるの?」

美琴が変わらぬ笑顔で話しかける。

「ええ。わたくし、当麻様とデートの約束をしておりますの」

対抗するように黒子も笑顔。

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 13:26:36.69 ID:+6YbMGV50 [12/41]

「へえ。そうなんだぁ。ちなみにどこへ行くの?」

「ショッピングモールまで」

「それなら私も一緒に行ってももいいかな? 
 ちょっと買い物する用事があるんだけど」

「それは遠慮していただけませんか。わたくしは
 大好きな当麻様と二人きりで行きたいので」


黒子は強気な姿勢だ。美琴は苛立ち、髪の毛にわずかな電流が流れる。


「黒子ってさ。もしかして当麻と付き合ってるの?」

「いいえ。まだ友達の関係ですが。かなり親密ですわよ。
 先日は食事をご一緒させていただきました」

「私だって何度もあるよ。てか私は当麻の彼女なんだけど。
 そうだよね? 当麻」

妙な迫力の美琴が尋ねる。

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 13:31:44.91 ID:+6YbMGV50 [13/41]

「ほえ?」

上条は突然話を振られたので驚き、間抜けな反応しか返せない。


ここで黒子が間髪いれずに口を挟む。


「とにかく! 当麻様はわたくしと買い物に行く約束を
 しておりますの。それではごきげんよう」

黒子が強引に上条の手を引っ張るが、美琴は食い下がる。

「当麻ぁ。今日は私と一緒にお出かけしようよ」

反対側の手を握る美琴。


(ちょ……これ何年前のギャルゲーですか?
 二人とも目が全く笑ってないよ!? 俺びびるよ? 泣くよ?)

シマ条さんは心の中で盛大に突っ込みを入れたが、
取り急ぎこの状況の改善に努めなければならない。

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 13:35:22.49 ID:+6YbMGV50 [14/41]

「よしよし! 分かったよ。ここは間を取って皆で買い物に行こうじゃないか!! 
 それなら平和ですむ。うん。そうしよう」

シマウマのような顔をしている彼だが、基本的には平和主義者だ。

やむをえない事態には武力を振るうが、犠牲が出ない方法が
あるのならそれに越したことは無い。


「仕方ありませんね。当麻様がそうおっしゃるのでしたら…」

「さすが当麻ね。話が分かるわ」

唇を尖らす黒子と、上機嫌な美琴が対照的だった。

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 13:40:06.60 ID:+6YbMGV50 [15/41]

ちなみに、なぜここに美琴がいるのかというと、話は数日前にさかのぼる。
監禁されていた美琴は見回りに来た寮監に発見され、拘束を解かれた。

そして『過激なSMプレイは教育に悪いからほどほどにするように』と
なぜか美琴が説教を喰らうことになった。さらに食堂の清掃を命じられ、
泣きながらそれをやり通したわけだが、美琴の内面で何かが目覚めようとしていた。


掃除を終えると、美琴はある種の悟りを開いた。


黒子に虐待され、数日間に及ぶ断食と拷問を経て、
頭の中がすっきりしてしまった。つまり今まで持っていた邪な考えが
消えうせ、真人間に生まれ変わろうとしていた。


過去、天邪鬼な性格が災いして上条につらく接してしまったが、
今では自分の素直な気持ちを伝えること出来る。もう二度と
あの時の過ちは犯さないと誓った。


そして冒頭の自販のシーンへと進むわけである。

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 13:44:10.98 ID:+6YbMGV50 [16/41]

一同はショッピングモールの洋服売り場に来ていた。


「このお洋服はわたしに似合いますでしょうか。当麻様」

試着室でノンスリーブのワンピースを着た黒子。
シックなデザインが彼女の雰囲気にマッチしている。
細い手足がすらりと伸びて健康的だ。

上条を熱っぽい目で見ながら問いかけていた。


「ああ…いいな。清楚な感じで白井にすごく似合ってるんじゃないか」

上条は顔を赤くしながらそう答えた。
女の子の服選びをするのは初めてだったので緊張していた。


「うふふ。遠慮なく黒子と呼んで下さいまし。
 お姉さまには下の名前で呼んでらっしゃるのに……」

黒子がそう言って微笑むが、なぜか上条の背筋が凍った。

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 14:57:10.72 ID:+6YbMGV50 [17/41]
バイバイさるさん喰らってた。歯がゆい。もう一度再開。
また規制されたら待たせてしまうが、スマン。 

_______________________________________________

「とうまぁ! こっちで私と一緒にパジャマを選んでよ」

数メートル離れたところから美琴の声。

「おう」

上条はそちらへ近寄る。

「このパジャマのデザイン、どうかな。子供っぽくないよね?」

「うん。割とシンプルな感じだし、悪くないかな」

「うふふ。そっかぁ。それじゃあ試着してくるから待っててね」

嬉々として試着室へ消える美琴。

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 15:04:44.01 ID:+6YbMGV50 [18/41]

まもなくしてカーテンを開き、パジャマ姿の美琴が

「どうかな…? 似合ってる?」

夏物のパジャマを身に着けた美琴が恥ずかしそうに足をもじもじさせていた。

薄い生地が彼女の身体のラインを強調させ
て妙に色っぽく、またゲコ太のような
子供っぽいプリントは一切存在しないその柄に上条は……


(ふぉおお……ふぅう。俺は人間だ)


シマウマキャンセラー(略してシマキャン)を発動させて落ち着く。


「なんていうか。美琴らしくて素敵だと思う。
 俺はそのパジャマ、好きだよ」

「本当? うれしいわ。これ買うことにするわね」

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 15:10:42.70 ID:+6YbMGV50 [19/41]

レジに足を運ぶ美琴だが、上条とすれ違う際に耳元でそっと…


「私のパジャマ姿を見て興奮したでしょ?
 黒子に飽きたら、いつでも私に乗り換えてね」


人を惑わすようなことをつぶやくのだった…。


そして華麗にウインクして上条の視界から去っていく。


(あれが本当に御坂美琴なのか……?
 やばい…マジで惚れそうなんだけど…)

上条は口を開けて立ち尽くした。


そんな感じで二人の淑女に連れまわされ、
モール内のあちこちを回った上条である。

やがてお昼時になったのでレストラン街へ足を運ぶ。

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 15:17:26.16 ID:+6YbMGV50 [20/41]

訪れたのは安価なファミリーレストランだ。
ドリンクバー付きのイタリアンレストランのチェーン店。


「三名様でよろしいですか?」

ウエイトレスに四人用のテーブルへ案内された。

上条の対面に黒子と美琴が座る。


すると、さっそく口論が始まった。先端を切るのは黒子。



「お姉さまがこんなに執念深いとは知りませんでしたわ」

「……なんのことかな?」

「当麻様に対してです。実質的にあたなは一度振られたような
 ものでしょうに。なぜまだ付きまとうのです?」

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 15:26:11.94 ID:+6YbMGV50 [21/41]
振られた、という単語に美琴の眉がわずかに動く。

「本当にそうかしら? まだ当麻の口から直接聞いてないから
 分からないな。人の感情って揺れ動くものよ。まして私達は
 まだ学生だしね。たった一日夕飯を共にしただけじゃ
 すぐ飽きられるんじゃない?」


黒子が涼しい顔で冷水を飲んだ後、会話の応酬が開始される。

「付き合った時間はともかく、人付き合いをするには礼節が必要ですの。
 当麻様の家にいらっしゃるあの可愛らしい居候さんは、私のことを
 とても気に入ってくれましたのよ。もっとも、禁書さんが
 お姉さまに対してどうゆう感情を抱いているかは知りませんけど…」

「聞いた話によると、昨晩はずいぶん高いご馳走を振舞ったそうじゃない。
 強引に恩の押し売りをするのが礼節といえるのかしら?
 そんなのお金にモノをいわせればどうにでもなるじゃない」

「お姉さまがどこでその情報を仕入れたのかはあえて聞かないで
 おきますね。…確かに私は多額の出費をしましたが、
 暴力で人の心を支配するよりはずっとましだと思いますよ」


ここで両者は無言になり、場の空気が凍りつく。

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 15:33:12.90 ID:+6YbMGV50 [22/41]

「ふうん。言ってくれるわね?」

「お姉さまこそ」


わずかな沈黙をはさみ、どちらからともなく笑い始める。


「うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」

「ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」



ファミレスは魔界化した。


(ちょっと、なにこれええ!?)

上条は先生に説教をされている生徒のように
うつむき、縮こまるしかなかった。

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 15:40:05.46 ID:+6YbMGV50 [23/41]

「お待たせいたしました」

ここでウエイトレスが恭しく料理を配膳する。
注文したメニューがすぐにやってきたのは
客足が少ないので店が暇だからだ。


「ご、ごゆっくりどうぞ」

従業員は怖気づいたのか、ご注文は以上でよろしいでしょうか、
というお決まりのセリフすら省いて逃げるように去ってしまった。


「当麻。私のドリアを食べてみない?」

と美琴の声。


(ほら! やっぱりこのパターンだ!)

予感が的中した上条の背中に冷や汗が流れた。

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 15:42:38.00 ID:+6YbMGV50 [24/41]

美琴は上条の返事を待たずにドリアをすくい、
スプーンを差し出してくる。


「当麻様。こっちのピラフはいかがですか?」

同じように黒子のスプーンも伸ばされる。

二人のお嬢様はテーブルから身を乗り出して当麻に決断を迫っていた。



(はい……どっちを選んでも死亡フラグの完成です!)

上条は今にも泣きたかった。

例えるなら、怒れる二人の淑女と一匹の哀れなシマウマの図である。

彼は、『誰もが望むハッピーエンド』を望む症候群に罹っている男だ。
二者択一のこの状況ほど悲しいものはない。

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 15:46:59.54 ID:+6YbMGV50 [25/41]

「お姉さま。あなたがしつこいから当麻が困ってますわよ」

「黒子こそ。私に対抗してるのが見え見えじゃない?」


シマ条の眼前の二人は火花を散らしている。

「おーい! それなら両方交互に食べるってことでどうだ!?
 それなら文句無いだろ?」

「……」


上条の提案に不満そうな二人だったが、最終的には納得してくれた。

緊張感のある食事は異常に長く感じられた。

レストランを出た後も色々な場所を訪れたが、
そのたびに美琴と黒子は言い争いをしていたので
上条の神経が極限まですり減らされた。

二人はまるで噴火寸前の火山のようだった。

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 20:59:59.36 ID:+6YbMGV50 [26/41]
そして日が暮れて開放され、上条は家に帰った。

「ただいま。インデックス」

「…」

だが、いつもの返事は帰ってこなかった。


「あ、寝ていたのか」

禁書目録はベッドの上ですやすやと眠っていた。

無防備な顔で寝息を立てているその姿は、
健全な男子高校生の性欲を刺激する。

(っふぉお。っと、俺は人間…)

即シマキャン発動である。

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 21:04:32.18 ID:+6YbMGV50 [27/41]
上条は座禅を組んで10分ほど瞑想した後、
昨日買ってきた食材で適当な料理を作って禁書に振舞った。



日付が変わって翌日。


「ふぁああ。だり」

朝のホームルーム前の時間。
上条は机の上でだらけていた。

昨日は休日だというのに精神的に疲れ果ててしまった。


「カミやん。また女の子とフラグを立てたのかにゃー?
 女関係で苦労してそうな顔しるぜよ」

金髪のグラサン野郎が適確な指摘をしてくる。

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/15(水) 21:10:26.16 ID:+6YbMGV50 [28/41]

「土御門。誰に聞いたのか知らねえけど、
 複数の女の子に迫られるのは楽じゃないぞ?」


ここで青ピ登場。

「はは。カミやんは無意識のうちに女の子と仲良くなるから
 罪なんやで。最近では常磐台の生徒さんの一部がカミやんの
 ファンになってるって噂やん。腹が立つからいっぺん死んでみては?」

「それこそ悪い冗談だ。俺がお嬢様たちに好かれるわけないだろ」

「そうかなぁ? 昨日、中学生二人と楽しそうにショッピングしてる
 カミやんを見た人がおるんやけど」

「……たぶん気のせいだよ。別人だ」


上条は適当に誤魔化した。


美琴「あんたのこと嫌い」 上条「なん……だと…?」後半
に続きます

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。