FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「ムギちゃんのはつこい」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:05:49.01 ID:Su5flL8x0
澪「さ、今日も練習するぞ」

律「えーもうちょっとだけお茶してようよー」

澪「ばか、学園祭もうすぐだろ。
  今練習しないでどうすんだよ」

唯「いーじゃんちょっとくらいー。
  ムギちゃーん、紅茶おかわりー」

紬「……」

唯「ムギちゃーん」

紬「……」

唯「ムギちゃん?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:09:34.95 ID:Su5flL8x0
紬「……」

唯「ムギちゃん!」ゆさゆさ

紬「はっ! な、何かしら?」

唯「それはこっちのセリフだよ。
  ボーッとしちゃって、どうしたの?」

紬「あ、ボーッとしちゃってた……?」

唯「してたよー、すごくしてた。
  何度呼んでも返事ないんだもん」

紬「あら、そう……ごめんなさい。
  それで、私を呼んだ用件は何?」

澪「練習しようって言ってたんだ」

紬「ああそうね、そろそろしなきゃね」

律「うぉい」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:12:02.00 ID:Su5flL8x0
澪「よし、じゃあ始めるぞっ」

唯「はーい」

紬「いいわよ」

律「いくぞー、ワンツースリフォー」

ジャカジャカージャッカジャカジャカジャカジャカ

澪(……あれ?)

律(なんか……)

唯(……変?)

ジャーン♪

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:16:38.42 ID:Su5flL8x0
澪「……」

律「……」

唯「……」

紬「? どうしたの?」

澪「うーん、ムギ……
  キーボードの音、だいぶずれてたぞ」

紬「え、ほ、ホントに? ごめんなさい……」

澪「いやそんな謝んなくてもいいけどさ」

律「でも珍しいな、ムギがこんなミスするなんて」

唯「具合悪いんじゃない?
  さっきもボーッとしてたし……」

紬「う、ううん、大丈夫……」

澪「無理することないぞ、
  体調悪いんなら遠慮なく休んでくれていいんだから」

紬「ほ、ほんとに大丈夫だから! もう一回やろ、もう一回」

澪「え、うん……」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:22:34.10 ID:Su5flL8x0
しかしその日の演奏は散々なままで終わった。

紬「……ごめんなさい」

澪「いいっていいって、今日はたまたま調子が出なかっただけだろ。
  また今度、いつもみたいに上手くやってくれればいいから」

紬「……うん」

律「澪ってムギには甘いよな、
  私達の時はすげえ怒るクセに」

唯「日頃の行いの差じゃない?
  ていうか『達』ってどういう意味」

紬「あ、私、戸締りしとくから……
  みんなは先に帰ってていいわよ」

律「え、ああ、うん」

唯「えー、ムギちゃんも一緒に帰ろうよー」

澪「……ばか、ここは独りにさせてやれ」

律「じゃあな、ムギ」

紬「うん……また明日」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:27:42.36 ID:Su5flL8x0
帰り道。

唯「今日のムギちゃん、おかしかったね」

澪「ああ、そうだなあ」

律「体調悪いようには見えなかったけど……」

澪「とすると、なんか悩みでもあるのか」

唯「悩みかー……」

律「でもムギに悩みごとなんて想像できねえな」

澪「それはムギに失礼だ……」

唯「もし悩みがあるとしたらさ、どんな悩みなんだろ」

澪「うーん……家のこととか?」

律「あー、金持ちの家って複雑そうだよなー」

澪「成績が落ちたとか」

律「それはないだろ、この前のテストでもクラスで上位だったし」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:32:50.20 ID:Su5flL8x0
澪「また太っちゃったとか」

唯「そう? 別に太ったようには見えないけど」

澪「外見からは分からなくても、
  1つ2つの数値の上下には過敏に反応してしまうのさ」

律「そうか……それがストレスになって……
  太るのを気にするあまり食生活が乱れ……
  そして摂食障害……入院……退学……」

澪「いきなり話が飛躍したな、
  ていうか真面目に考えろ」

律「考えろっつってもなあ」

唯「ムギちゃんから直接聞かないことには分かんないよ」

澪「まあ、そうだけどさ……」

紬「みんなーっ!」たったった

唯「あ、ムギちゃん」

澪「噂をすれば……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:40:05.92 ID:Su5flL8x0
紬「はあはあ……唯ちゃん、これ」

唯「あ、携帯!」

紬「部室に忘れてたわよ」

唯「ほんと? ありがとう、ムギちゃん!」

紬「ううん、いいの。気にしないで」

澪(さっきの話は今はしないほうがいいな)

律「なあムギ、なんか悩みごt」

澪「オラァ!!」ボカッ

律「ゲフッ」

紬「? なあに?」

澪「いやーなんでもないなんでもない……
  そうだ本屋寄ってかない? 本屋」

唯「お、いいね。確か今日は女性自身の発売日だし」

澪「そんなん読んでんのかよ」

唯「憂がね」

澪「……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:45:28.86 ID:Su5flL8x0
本屋。

律「澪は何買うんだ」

澪「好きな作家の新刊が出ててさ、それをね」

紬「へえ」

澪「あー、あったあった」

律「ほう、タイトルは……『16歳のはつこい』……
  いやあいかにも澪が好きそうな」

澪「う、うるさい……! いいだろ別に」

紬「……」

澪「ん? ムギ?」

紬「……」

律「またボーッとしてら……おい、ムギ」

紬「……はっ!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:52:06.19 ID:Su5flL8x0
澪「どうしたんだよ、またボーッとしてたぞ」

紬「そ、そうだったかしら、ごめんなさい……
  それよりこれ、素敵なタイトルの本ね。
  私も買おうかしら」

律「おお、ムギも澪ワールドにハマるか」

澪「なんだ澪ワールドって。
  ていうかムギも恋愛小説とか好きなんだな」

紬「好きっていうか、その……
  いいかな、って思って」

澪「ふうん」

律「ところで唯はどこいった」

澪「女性自身買ってんじゃないか?
  ……ん?」

紬「……」

手に取ったハードカバーの表紙をじっと見つめる紬。
澪にはその紬の表情が、何か普通ではないように見えて……。

澪「…………」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:59:26.82 ID:Su5flL8x0
唯「あ、みんないた」

澪「買ったのか、女性自身」

唯「うん」

律「憂ちゃん、そういうの好きなんだな……」

唯「そうなんだよねー。
  休日なんかはお煎餅かじりながら
  楽しそうにワイドショーの芸能コーナー見てるよ」

律「憂ちゃんの育てかたを見直した方がいいぞ」

澪「じゃあ、私達も会計済ませるか」

紬「え、あ、そうね……」

唯「りっちゃんは何も買わないの?」

律「私はいいや。お金ないし」

唯「ふうん」

その日、3人は本を買い、
あとは何ごともなくそれぞれの家路についた。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:03:52.43 ID:Su5flL8x0
翌日、放課後。

ガチャ
唯「ちょりーっす」

澪「おう」

律「うぃーっす」

唯「ムギちゃんはまだ来てないの」

澪「うん、まだ」

唯「そういえばさ、
  昨日のムギちゃんなんか変だったけど、
  どうだった? 今日は」

澪と律と紬は3人とも同じクラス(1年2組)である。

律「今日は今日でまた……なあ」

澪「え? ああ」

唯「えーなになに?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:10:53.18 ID:Su5flL8x0
澪「昨日ムギが私と同じ小説買ったんだよ。
  で、今日は一日中、それを貪るように読んでた。
  授業中も、休み時間も」

唯「へえ~」

律「それはそんなに熱中するような本なのか?」

澪「いや、私もまだ最初の方しか読んでないし……
  ていうか熱中するかどうかは人それぞれじゃない?」

唯「ふうん……で、それどういう小説なの?」

澪「16歳の女子高生の、初々しい初恋を描いた小説だよ。
  引っ込み思案な少女のひたむきな片想いの話……って
  あらすじには書いてあった」

律「ほう」

唯「ボーッとしてて、演奏も手につかない……
  恋愛小説……片想い……
  それに熱中するムギちゃん……
  もはや導き出される答えはひとつ!!」

澪「いや唯、それは私も考えたけど……短絡的すぎるぞ」

唯「そうかなあ、これ以外ないと思うけど」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:14:08.25 ID:Su5flL8x0
澪「何にせよ、ムギの口から直接聞かないことにはさ……」

唯「んー、そっか」

律「なあなあなんだよ、
  何を2人で分かった気になってるんだよ、
  教えてくれよ」

澪「落ち着け」

唯「でも、どうやって聞き出す?」

澪「うーん……」

ガチャ
紬「遅れてごめんなさい!」

唯「あ、きた」

澪「よ、よう」

紬「今お茶の用意するわね♪」

唯「……なんかゴキゲンだね」

澪「……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:20:31.20 ID:Su5flL8x0
紬「そうだわ澪ちゃん、この小説とっても面白かった」

紬はカバンから例の小説を取り出した。

澪「ああ……今日一日中それ読んでたよな」

紬「うん、読み出したら止まらなくなっちゃって……
  なんていうのかな、
  主人公の気持ちに共感できることばっかりで」

澪(共感……)

紬「片想いの切ない気持ちがすっごくリアルで」

唯(切ない……)

紬「最後、想い人と結ばれたときは私まで幸せな気分になったわ」

澪「幸せ……ていうかオチを言うな!
  私まだ読んでないのに」

紬「あ、ご、ご、ごめんなさい!
  私ったらついテンションが上がっちゃってうっかり……」

澪「ああ、いやまあ、いいんだけどね……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:26:54.17 ID:Su5flL8x0
律「…………ああ、そういうことか」

紬「? なあに?」

律「ムギ、好きな人いるんだろ!」

澪「こら――――っ!!」

紬「え? え? 好きな人……!?」

澪「あ、ち、違うんだ! 唯に好きな人がいて、な、唯!」

唯「え、ああああ、うん、そうなんだ! 実はね!」

紬「へえ、そうなの」

唯「それで、澪ちゃんに色々とアドバイスもらってたとこなんだー、
  あはははは……」

紬「へえー」

澪「律……ちょっとこっちに来なさい」

律「はい……」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:30:46.05 ID:Su5flL8x0
音楽室の隅っこ。

澪「おい……あんなダイレクトに聞いたらダメだろ」

律「でもそれが一番手っ取り早いじゃん!」

澪「台無しになっちゃうだろ、色々と」

律「何がだよ、気にしすぎだよ」

澪「おまえが気にしなすぎるんだよ」




紬「あの二人は何を話しているのかしら」

唯「さ、さあ……」

紬「ところで、唯ちゃんの好きな人って誰なの?」

唯「え、えーと……えー……
  ちゅ、中学の時に同じクラスだった人で……」

紬「へえ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:37:20.82 ID:Su5flL8x0
唯「い、今は別の高校でサッカーやってて……」

紬「その人とは仲が良いの?」

唯「う、うーん……電話とかメールとかしたり……
  あとサッカーの試合観に行ったりとかして……」

紬「そうなんだ。
  付き合ったりとかはしないの?」

唯「それを澪ちゃんに相談してたとこだよ、うん」

紬「あら、そうだったの」

唯「でもムギちゃんがこんな話に乗ってくるなんて珍しいね。
  まあ興味あるか~、高校生なら誰でも」

紬「え、あ、うん、そうね……」もじもじ

唯「……?」

紬「興味あるっていうか~、その、……」

唯「もしかしてムギちゃん……」

紬「……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:41:05.12 ID:Su5flL8x0
唯「ははーん」

紬「……、……」

唯「ムギちゃんも好きな人がいたりして……?」

紬「…………」もじもじ

唯「誰にも言わないから教えて、ね、ね」

紬「でもそんな……いない、いないわよ、うん」

唯「ウソだー、絶対いるでしょー……」

紬「いないってばあ……」

唯「誰にも言わないからさ……
  いるかいないかだけ教えて!
  それ以上は突っ込まないから!」

紬「ええ……」

唯「いる?」

紬「……」

唯「いるんだよね?」

紬「……………………」こくん

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:45:31.20 ID:Su5flL8x0
唯「!!!!」

紬「だ、誰にも言わないでね……」

唯「う、うん……安心して」
 (まさかホントにいるとは思わなかった……)

紬「絶対秘密よ、ねっ」

唯「うん、大丈夫。私、口は堅いから」

紬「そう、ならいいんだけど……」

唯「恋に悩んだときはいつでも言ってね、
  相談くらいなら乗るから」

紬「う、うん……ありがとう」





澪「あの二人は何を話しているんだろ」

律「よくは分からないけど
  問題の確信に迫るような会話をしている気がする」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:50:06.87 ID:Su5flL8x0
唯「……」チラチラッ


澪「唯のアイコンタクト……」

律「そろそろテーブルに戻るか……」



律「よ、よう、何の話してたんだ」

唯「なんでもないよー、ね、ムギちゃん」

紬「ええ、なんでもないわ。
  りっちゃんと澪ちゃんこそ、隅っこで何の話してたの?」

澪「こっちこそ何でもないよ」

唯「アヤシイね」

澪「なんでもいいだろ、じゃあ早く練習するぞ」

唯「ふぇーい」

紬「あ、ごめんなさい、私その前にお手洗いに……」

律「おう」

紬「すぐ戻るから……」
ガチャ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:53:48.91 ID:Su5flL8x0
澪「……」

律「……」

澪「……で?」

唯「ムギちゃん、好きな人いるんだって」

律「おお、やっぱりか」

唯「でもそれ以上のことは分からないよ」

澪「いや、それだけでも大手柄だ、唯。
  ムギが悩んでたっぽいのはこのことで決まりだな」

律「いやあ、でもムギがねえ、片想いねえ」

澪「想像もつかないな……相手が誰なのか」

唯「うーん……女子校だから男の人とは縁遠いはずなんだけど」

律「校内で男っつったら」

澪「教師?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:59:21.78 ID:Su5flL8x0
律「男の教師といえば……」

唯「古典の豊崎先生、物理の日笠先生、英語の佐藤先生、
  数学の竹達先生……あとは~」

律「オッサン教師ばっかじゃん」

澪「流石に恋愛対象には……」

唯「あ、生物の米澤先生は?」

澪「えー、あの人は若いけど……
  なんかみんなから嫌われてんじゃん。
  生徒のこと変な目で見たりさ」

唯「うーん、じゃあダメか」

律「いや……ムギのやつ、マゾっ気があるから……
  米澤から変な視線を送られているうち、それが快感に変わり、
  恋が芽生え……」

澪「嫌すぎるわ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:03:52.88 ID:Su5flL8x0
唯「うーん……あ」

澪「なんだ?」

唯「いやあ……
  ムギちゃんって女の子同士の恋愛が好きだから……
  そのー」

澪「ムギ自身も女の子が好き……ってことか?」

唯「考えられない?」

澪「可能性としちゃ捨てきれないけど……
  同性を好きだった場合、相手は誰になるんだろうな」

唯「……」

律「……」

澪「?」

唯「……」

律「……」

澪「え、私!?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:10:28.55 ID:Su5flL8x0
唯「いやあ、だって」

律「澪って、ムギには優しいし」

澪「ええ? でも、優しいっていうかそれは……」

唯「いやいや、りっちゃんや私に対しては厳しいのに、
  ムギちゃんにだけ優しいんだよ?
  勘違いされても仕方ないよ」

澪「それはちが……」

律「昨日だって、同じ小説を買ったのも」

唯「澪ちゃんと共通の話題を作るため……?」

澪「嘘!? うそだよな、そうだと言ってくれ……」

律「いやあ、でもこうして考えてみると」

唯「真実としか思えなくなってくるよね」

律「全部つじつまが合うもんな」

澪「うそだあああ!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:17:26.69 ID:Su5flL8x0
唯「まあまあ、あくまでも仮説だから」

律「ただし現時点でもっとも有力な仮説」

澪「……うう……」

唯「うーん、他にムギちゃんが好きになりそうな人は……」

澪「なんていうか、こんなこと考えても意味ないんじゃ……
  ムギの交友関係はよく分かんないし……」

唯「まあそうだねえ、
  お金持ちの家には色々と交流があるだろうし」

律「金持ち同士の恋愛か、私らが入れる問題じゃないな」

唯「『ああ紬さん……僕はこんなにも君を愛しているのに……!
   僕らには決められた許嫁がいるんだ……!』」

律「『親が決めた結婚なんて無視すれば良いわ……!
   私を連れて一緒に逃げてください、地の果てまでも……!』」

唯律「みたいな感じ」

澪「すごい偏見だな」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:21:37.28 ID:Su5flL8x0
律「でもま、ムギが誰を好きかは
  やっぱ本人に聞かないと分かんないか」

澪「そうだなー、そこは唯がムギに……」

ガチャ
紬「私がどうかした?」

律「うおう!」

澪「ななななななななあんでもないですよ!?」

紬「あらそう?
  私の名前を呼ばれた気がしたんだけど」

律「いやー違うんだ、
  そろそろ田舎では麦を収穫してるのかなってさ、あはは」

紬「ふうん、そうだったの」

唯「あはは……」

澪「じゃあ、れ、練習しようか。うん」

紬「あ、澪ちゃん」

澪「ん?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:25:38.93 ID:Su5flL8x0
紬「部活が終わったら……ちょっと残ってもらえないかしら」

唯「!!」

律「!?」

澪「……え?」

紬「話したいことがあって……
  あ、時間がないならいいんだけど……」

澪「え、あ、あー、いや大丈夫だ、大丈夫、うん大丈夫」

紬「そう? 良かったわ、じゃあ……よろしくね」

澪「………………うん」

律「あーちょっとトイレ行きたくなっちゃったなー!!
  なあ唯!!」

唯「そうだね!! ちょっと紅茶飲みすぎちゃったねー!!」

紬「あら、今日は紅茶だしてないけど」

律「ほらトイレ行こうぜ!! ほら澪も!!」

澪「え、あ、おう!!」

唯「ちょっと待っててねムギちゃん!!」
ガチャ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:30:53.47 ID:Su5flL8x0
トイレ。

律「おい、どういうことだこれは……」

唯「ムギちゃんが澪ちゃんを……
  話があると言って……
  部活後に居残らせる……!」

律「急展開! 急展開だぞ!」

澪「ばか、決めつけるのは早すぎる!!
  全然関係ない話かも知れないだろ……」

律「フッ……そんなふうに自分に言い聞かせるのはよせ」

唯「どう考えても告白じゃん。
  私の仮説は当たってたね」

澪「ええっ、で、でも……」

律「いやーこれは告白だよ、
  百人中百人に聞いても告白だと答えるね」

澪「いや確かにそういうシチュエーションかも知れないけどさあ……」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:35:03.03 ID:Su5flL8x0
律「うん、まあ澪の言うとおりさ、
  告白じゃなくて全然関係ない話をしたいだけかも知れないよ」

唯「でも告白という恐れも捨てきれないわけだし」

律「告白された場合にどうするかを決めよう」

澪「どうするか、って……」

唯「告白にOKする……は、ないよね」

澪「そりゃまあ……私は同性は好きじゃないし」

律「とすると、ムギの告白を断る、か……
  しかしその場合、ムギをなるべく傷つけず、
  部活内での調和が崩れないようにしなければならない!」

澪「ええ、難しいなあ……」

唯「澪ちゃんならできるよ、
  口は微妙に達者じゃん」

澪「その褒め方、引っかかるなあ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:42:05.93 ID:Su5flL8x0
律「ともかく、なんて断るかだ」

澪「うーん、そうだなあ……まあ無難に…… 
  『ムギの気持ちはうれしいけど、
   そういう気持ちで接することはできないよ……ごめん』」

唯「ううん、いいの……気持ちを伝えられただけで満足だから」

澪「うん……でも、ムギは私の大事な友達だから。
  友達としてなら……一緒に、いられるから……」

唯「……ありがとう、澪ちゃん……」

律「おー、唯のモノマネ似てるな~!」

唯「でしょでしょー!」

澪「唯のモノマネより私の断り方に対する評価をお願いします」

律「え、ああ、いいんじゃないか?
  無難すぎる気はするけど」

唯「まあ及第点って感じかな~」

澪「厳しいなお前ら」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:47:36.36 ID:Su5flL8x0
律「じゃあ音楽室に戻るか」

澪「そ、そうだな……」どきどき

唯「緊張してるの?」

澪「ああ……告白って、
  する側だけじゃなくてされる側も緊張するもんなんだな」

唯「ムギちゃんの方がもっと緊張してるよ」

澪「まあそうなんだろうけど……」

律「おいおい、告白されるとは限らない……って言ってたの澪だろ、
  なんでお前が一番その気になってんだよ」

澪「し、仕方ないだろ……!」

3人は音楽室に戻り、
紬とともに練習を始めた。
しかし3人……とくに澪はまったく練習が手につかず、
昨日の紬のように失敗を連発したのであった。

結局一度も完璧な演奏が出来ないまま、
部活の終了時刻を迎えたのであった。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:53:39.91 ID:Su5flL8x0
律「じゃ、じゃあ……私ら、帰るわ」

唯「頑張ってね」

紬「? うん、また明日ね」

澪「あ、ああ……」

唯「じゃあねー」
ガチャバタン

紬「……」

澪「……」

紬「……」

澪「……」

紬「……」

澪の顔をじいっと見つめる紬。

澪「……ムギ?」

紬「あ……いえ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:59:18.62 ID:Su5flL8x0
さっきまで楽器の音に満たされていたとは思えないほどに
音楽室は静まり返っていた。
外はもう暗く、運動部の掛け声も聞こえない。
夜の静寂の中に、ただ2人。

澪「で、ムギ……話って」

紬「あ……うん」

澪「……」

紬「その、恥ずかしい話なんだけど……
  笑ったりしないでね……」

澪「わ、笑わないよ。
  ムギの真剣な気持ちを、笑うなんて……」

紬「ありがとう……あのね」

澪「……うん」

紬「えっとね」

澪「うん」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:01:40.83 ID:Su5flL8x0
ちょっと中断
30分後か1時間後か1時間半後に再開します

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:39:52.08 ID:Su5flL8x0
再開

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:46:15.09 ID:Su5flL8x0
紬「何から話せば良いかな……」

澪「……あ、焦らずに話してくれれば良いから」

紬「うん……じゃあ、本題から先に言うわね」

澪「う、うん……」

紬「澪ちゃん……」

澪「はい……」

紬「私に眉の整え方を教えて欲しいの」

澪「ムギの気持ちはうれしいけど、
  そういう気持ちで接………………え?」

紬「自分でも調べてみたんだけど、
  やり方がよく分からなくって……」

澪「はァ」

紬「澪ちゃんの眉は綺麗だから、
  そういうの詳しいかな、って」

澪「まァ」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:50:07.33 ID:Su5flL8x0
紬「……教えてくれる?」

澪「そ、それはもちろんいいけど。
  でもなんでいきなりそんな……
  あ、好きな人か……」

紬「!! ……唯ちゃんに聞いたの!?」

澪「あ、いや違うよ、
  なんか最近ムギの様子がおかしかったからさ、
  悩みとかあんのかな、好きな人でもできたかな、
  ってみんなで話してたんだよ、うん」

紬「あ、そ、そうだったの……」

澪「ていうか、図星なんだな」

紬「…………う、うん」もじもじ

澪(可愛い……)

紬「だ、誰にも言わないでね……
  唯ちゃんにはいっちゃたけど」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:56:02.28 ID:Su5flL8x0
澪「うん、まあ誰にも言わないけど……
  好きな人ができたから、
  おしゃれを頑張ってみようということか」

紬「うん、恥ずかしいけど……
  まずは小さいとこからって思って」

澪「そのままでも充分可愛いと思うけど」

紬「え、そ、そんなこと……!」

澪「いやー、可愛いって。
  まあムギがやりたいってんなら
  教えられる範囲で教えてあげるけどさ」

紬「ありがとう、澪ちゃん」

澪「ところで、ムギの好きな人って誰なんだ?
  もしかして軽音部の誰か?」

紬「あはは、何言ってるのよ澪ちゃん。
  軽音部には女の子しかいないじゃない」

澪「え? ああ、そ、そうだったな……」
 (私がズレてるのか……)

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:04:36.25 ID:Su5flL8x0
紬「じゃあ今日はもう遅いから、
  明日か、またお休みの日とかでいいかしら」

澪「そう? 別に今からでも良いけど」

紬「でも私は門限が……
  そうだわ、澪ちゃん今からうちに来てくれない?」

澪「いいのか?」

紬「ええ、大丈夫よ。
  ついでに晩ご飯も食べていって」

澪(ムギの家の晩ご飯……)

紬「澪ちゃん?」

澪「行かせていただきます」

紬「そう、良かった。
  私、お友達を家に招いてご飯食べるの、
  夢だったの」

澪「ムギの夢は聞いててときどき悲しくなるよ」

紬「じゃあ、いきましょうか」

澪「うん」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:08:16.14 ID:Su5flL8x0
琴吹家。

メイド「お帰りなさいませ、お嬢様」

メイド「お帰りなさいませ、お嬢様」

メイド「お帰りなさいませ、お嬢様」

メイド「お帰りなさいませ、お嬢様」

メイド「お帰りなさいませ、お嬢様」

メイド「お帰りなさいませ、お嬢様」

メイド「お帰りなさいませ、お嬢様」

メイド「お帰りなさいませ、お嬢様」

メイド「お帰りなさいませ、お嬢様」

メイド「お帰りなさいませ、お嬢様」

紬「ただいま」

澪「開店してすぐの百貨店に入った時のような気分だ」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:14:08.35 ID:Su5flL8x0
メイド「お荷物をお持ちいたします」

紬「ありがとう」

メイド「お連れ様も」

澪「え、あ、じゃあお願いします」

紬「私の部屋はこっちよ。
  この廊下を真っすぐいって、
  3番目の階段を上がって
  左に曲がった突き当たりよ」

澪「案内がないと迷いそうだな。
  それにしても広い家」

紬「そうかしら?」

澪「うん、充分広いよ」

紬「前に住んでたとこはここの3倍の広さで、
  それくらいが私としては調度良かったんだけど」

澪「……」

紬「あ、ここが私の部屋よ」
ガチャ

澪「お邪魔しまーす……」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:19:20.49 ID:Su5flL8x0
紬の部屋。

紬「どうしたの? 澪ちゃん。
  早く入って」

澪「う、うん……」きょろきょろ
 (すごい部屋……)

紬「なあに、きょろきょろしちゃって」

澪「あ、いやなんでもないんだ。
  ごめんごめん」

紬「晩ご飯は、あと1時間くらいだから。
  それまで教えてもらって良いかしら?」

澪「うん、いいよ。
  じゃあ鏡台の前に座って……」

紬「はいっ」ビシッ

澪「そんな力いれちゃダメだよ。
  リラックスして、特に顔」

紬「うん」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:26:11.23 ID:Su5flL8x0
澪「ムギの場合、眉が濃いから抜くのが良いかもな」

紬「抜くの? 痛くない?」

澪「大丈夫大丈夫。ほら、これで挟んで……ちょいっと」

紬「あっ……」

澪「ほら、動くな……」

紬「ん……」

澪「……痛いか?」

紬「大丈夫……あん」

澪「こっちの方も……」

紬「……ああっ……」

澪「もっとよく見せて……」

紬「あ……」

澪「とまあこういうふうに」

紬「よく分かったわ」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:29:12.72 ID:Su5flL8x0
澪「自分でもやってみな」

紬「ええ……」

コンコン

紬「? 誰かしら?」

ガチャ
斉藤「お嬢様、お食事の時間でございます。
    お連れ様のぶんもございますので、どうぞ」

澪「あっ、はい、ありがとうございます」

斉藤「……お嬢様、何をしてらっしゃるので?」

紬「あ、貴方には関係の無いことです!
  早く下がりなさい!」

斉藤「はい、それでは失礼いたします」

紬「も、もう……」

澪「……」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:31:53.38 ID:Su5flL8x0
紬「? どしたの?」

澪「あ、いやー……
  眉いじるのは食事のあとのほうが良かったかな、
  って思って」

紬「ああ、大丈夫よ、前髪で隠れるから」

澪(じゃあ眉整える意味ないんじゃ)

紬「じゃあご飯食べに行きましょ、澪ちゃん」

澪「ん、ああ……」

澪(眉のことなんかどうでも良い……
  問題は……さっきの……

  執事さんが来た時のムギの反応……!)

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:38:58.10 ID:Su5flL8x0
食事部屋。

澪「……」きょろきょろ

紬「どうしたの、またきょろきょろして」

澪「いや、こんな広いのに、
  私達しかいないなんて……」

紬「ああ、ここを使うのは琴吹家の人間だけだから。
  メイドたちは違う場所で食べてるわ」

澪「ああ、そう」

ガチャ
斉藤「お嬢様、もういらしていましたか」

紬「おっ……遅いわよ、斉藤……!
  こちらには客人もいるんですからね」

斉藤「申し訳ございません」

テーブルの上に食事を並べていく斉藤。
そしてそれを赤い顔で見つめる紬。

澪「……」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:45:41.92 ID:Su5flL8x0
斉藤「お食事の用意が整いました」

紬「ならもう出ていってちょうだい、
  澪ちゃんと二人で食べるから」

斉藤「はい、ではごゆっくり……」
ガチャバタン

紬「ごめんなさいね、うちの執事ったらグズで……」

澪「ああ、いや……」

紬「じゃあ食べましょうか、いただきます」

澪「いただきます」

紬「お口にあうかしら?」

澪「うん、おいしいよ」もぐもぐ

紬「そう、良かった」もぐもぐ

澪「あのさあ」

紬「?」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:50:49.40 ID:Su5flL8x0
澪「間違ってたら申し訳ないんだけど」

紬「なあに?」もぐもぐ

澪「ムギの好きな人ってさっきの執事さん?」

紬「ぶーっ!!」

澪「うわ、きたなっ!」

紬「み、澪ちゃんがいきなり変なこと言うからっ!!」

ガチャ
斉藤「どうかなさいましたかお嬢様!」

紬「なんでもないから来ないでっ!」

澪「顔真っ赤だぞ」

紬「うるさいっ!」

斉藤「では失礼いたします」
ガチャ

紬「はあ……」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:56:16.66 ID:Su5flL8x0
澪「……」

紬「いつ気づいたの」

澪「……ついさっき」

紬「なんで気づいたの」

澪「……見てたら分かった」

紬「そんなに露骨にアレだった?」

澪「アレだった……
  ていうかアレじゃあ本人だって気付くんじゃ……」

紬「そ、それは言わないで……」

澪「……でもさあ、なんで執事さんなんだ?
  ムギが好きだって言うんならそれで良いんだけどさあ、
  歳だって離れてるし……」

紬「だ、だって……」

澪「だって……何?」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:02:57.90 ID:Su5flL8x0
紬「そりゃ……確かに斉藤はただの執事で、
  歳も離れてるけど……」

澪「うん」

紬「昔からお父さんはあんまり家にいないし、
  一人っ子だし……
  家にいるときはずっと斉藤と一緒にいたの」

澪「うん」もぐもぐ

紬「でもそれも小さい時だけで……
  大きくなるにつれて、
  だんだんと距離を置くようになって。
  こっちからは必要最低限のことしか
  話しかけなくなったし、
  斉藤の方もそれを察して
  私に対してあまり干渉しなくなったわ」

澪「反抗期だね」

紬「まあそんなものね。
  で、そんな状態が何年も続いたわ」

澪「ほう」もぐもぐ

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:10:03.72 ID:Su5flL8x0
紬「で、ある日……
  ていうか何ヶ月か前なんだけど」

澪「うん」もぐもぐ

紬「ライブでオリジナル曲をやることになったわね」

澪「そうだな」

紬「私は作曲の心得があったから、
  曲を書くのを引き受けたけど……
  やっぱり一人じゃ上手くできなかったのよ」

澪「もしや、その時に手を貸してくれたのが」

紬「斉藤だったわ」

澪「……」

紬「私は数年ぶりに、
  斉藤と必要最低限以上に近づいて……
  会話をして……
  つきっきりで作曲の手ほどきをしてくれたわ、
  夜遅くまで」

澪「それで惚れた?」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:18:15.52 ID:Su5flL8x0
紬「まあ、そうね……
  斉藤と一緒にいるうち、
  昔のこと思い出したりして……
  それで、それからも意識するようになって」

澪「ほー」

紬「あとその、
  作曲できるとこもすごいなー、なんて……
  あ、何いってんだろ私……」

澪「ふうん……
  ムギが斉藤さんを好きなのは分かったよ。
  でもさ、さっきみたいに冷たくしたりしたらダメじゃんか」

紬「そ、それは分かってるんだけど……
  どうにも恥ずかしくて……」

澪「素直になれない、か……分かるよ、うんうん」

紬「澪ちゃんも恋したことあるの?」

澪「ないけど?」

紬「あ、そう……」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:24:48.94 ID:Su5flL8x0
澪「それで、ムギは斉藤さんと付き合いたいのか?」

紬「でも恋仲には……
  立場が立場だし、歳も……」

澪「じゃあどうしたいんだ?」

紬「……想いを伝えて、
  また昔みたいに仲良く出来れば、それでいいわ。
  ……ううん、昔みたいじゃなくて、
  16歳の私と……」

澪「16歳の自分、か……
  じゃあ自分が成長したとこを見せないとな」

紬「そうね……
  どうすればいいかしら」

澪「うーん……」

ガチャ
斉藤「お嬢様、お食事は済まれましたか?」

紬「は、入るなっていってるでしょお!」

澪「……」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:31:57.97 ID:Su5flL8x0
澪「……じゃあまあ、
  この話はこのへんにしとくか……」

紬「そ、そうね……
  ありがとう、聞いてくれて。
  やっぱり澪ちゃんって頼りになるわ」

澪「そ、そうかな」

紬「唯ちゃんが恋愛相談するのも分かるわ」

澪(信じてたのか……)

食事の後、
澪はふたたび紬の部屋で
眉の整え方を教えてやり、
おみやげにお菓子をいっぱいもらって
琴吹家を後にした。

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:38:41.27 ID:Su5flL8x0
翌日、放課後。

ガチャ
唯「ちょりーっす」

律「お、唯」

澪「よう」

紬「こんにちは」

唯「……」

澪「どした?」

唯「…………ああ、ムギちゃんか。
  なんか違和感あると思ったら……眉毛が」

紬「似合う?」

唯「うん、可愛いよ。いいんじゃない?」

紬「そう、ありがと」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:45:43.90 ID:Su5flL8x0
澪「唯。さっき3人で話てたんだけどな」

唯「なに?」

澪「今度のライブ、絶対成功させような」

唯「そりゃー当然だよ」

澪「軽音部のためだけじゃなく、ムギのためにも」

唯「なんでムギちゃんのため?
  ま、まさか……」

澪「そう、そのまさかだ」

唯「ムギちゃんの余命がわずかで、
  学園祭までしか生きられないとか……」

澪「本気で言ってるのか」

律「あーもう、ムギの恋を叶えるためってことだよ、唯」

唯「ムギちゃんの恋?」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:50:51.81 ID:Su5flL8x0
澪「ムギは自分ちの執事の斉藤さんが好きなんだって」

唯「ええっ、そうだったの!?」

紬「…………」こくん

澪「そう、幼いころからムギの面倒を見てきた斉藤さんに、
  ライブを通してムギの成長した姿を見せる!
  そして想いを伝える……という計画だ。
  名づけてラブライブプロジェクト」

律「すげえ言いにくい」

唯「ふうん……
  それにしても執事さんかー、
  なんかムギちゃんらしいな」

律「まーそのへんの男と恋愛するってイメージはないな」

紬「も、もう、2人とも……」

澪「ほら、そういうことだから、練習するぞ」

唯「よし、やろう!」

律「ムギのためにも!」

紬「みんな……」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:59:54.97 ID:Su5flL8x0
唯「私、ムギちゃんのこと応援するから!」

律「私も応援するぞ、絶対いいライブにしような!」

澪「頑張ろう、ムギ」

紬「ありがとう……
  みんなで良いライブにしよう」

唯「うん!」

律「よーしいくぞー、
  ワン・ツー・スリー・フォー!」

その日から、4人はひたすら練習に打ち込んだ。
ライブを成功させるために。
紬のが想いを伝えられるように。

学園祭が近づくにつれて、
4人の演奏は確実に磨きがかかっていった。
特に紬の技術の向上は目を見張るものがあった。
恋する力はスゴイ、澪はそう思った。

そして時は流れ学園祭当日。

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:08:11.13 ID:Su5flL8x0
講堂、舞台袖。

唯「おー、お客さんいっぱいいるよ」

律「ほんとだ、こんな大勢の前でやるのか」

唯「ちょっと緊張しちゃうねえ」

律「そうだなあ、流石に」

唯「澪ちゃんは大丈夫? 緊張しない?」

澪「え、ああまあ……
  確かに緊張はしてるけど……
  私より……」

唯「?」

紬「がくがくがくがくがくがくがくがく」

律「ムギ……」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:15:12.16 ID:Su5flL8x0
唯「だ、大丈夫? ムギちゃん」

紬「だだだだだだだだだだだいひょうふひょ」

律「まったく大丈夫そうに見えねえ」

澪「しっかりしろよ、斉藤さん来てるんだろ」

紬「た、た、たぶん」

唯「たぶん?」

紬「うん、今朝スキを見て斉藤のテーブルの上に
  招待券を置いといたから、
  たぶんそれを見てると思うんだけど……」

律「ば、ばか! なんで手渡しにしなかったんだ!!」

紬「そ、そんなの…………恥ずかしい」

澪「自分を見ているようだ」

律「もう、来てなかったら意味ないじゃないか」

紬「うう……」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:23:30.13 ID:Su5flL8x0
唯「大丈夫だよ、ムギちゃん!」

紬「え……」

唯「斉藤さんは昔からずっと
  ムギちゃんのこと見ててくれてたんでしょ?」

紬「うん……」

唯「じゃあムギちゃんの考えだって、きっとお見通しだよ。
  机の招待券にも気づいて、ここに来てくれてるよ」

紬「そ、そうかしら……」

唯「そうだよ。
  信じてあげなきゃ、斉藤さんを。
  それから、自分自身を」

紬「自分自身を……そうね。
  ありがとう、唯ちゃん」

放送『次は、軽音楽部によるバンド演奏です……』

律「お、きたな」

澪「ようし、ライブラブプロジェクト、最終段階だ!」

唯「ラブライブじゃなかったっけ」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:29:06.35 ID:Su5flL8x0
幕が上がり、
客の視線と歓声が4人にぶつけられる。

唯「……」

澪「……」

律「……」

紬「がくがくがくがく」

唯「ムギちゃん」

紬「?」

唯「みんな、ムギちゃんが頑張ってたの知ってるから」

紬「……」

唯「だから、大丈夫だよ!」

紬「……うん」

律「……ワンツースリーフォー!」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:37:53.97 ID:Su5flL8x0
ジャカジャカジャージャカジャカジャカ

紬(斉藤……)

ジャンジャカジャカジャカジャンジャカジャカ

紬(ねえ斉藤……)

    君を見てるといつもハートドキドキ♪

紬(この講堂のどこかで、私を見ていてくれてるのかしら)

    揺れる想いはマシュマロみたいにふわふわ♪
 
紬(もうあの頃の私じゃないわ)

    いつも頑張る 君の横顔♪

紬(何も出来ずに泣いていた、あの頃の私じゃない)

    ずっと見てても気づかないよね♪

紬(もうこんなに大きくなって)

    夢の中なら二人の距離縮められるのにな♪

紬(できることだってたくさん増えたわ)

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:38:36.82 ID:Su5flL8x0
やべえ改めて見たら超読みづれえ

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:45:15.24 ID:Su5flL8x0
――――ああ神様お願い 二人だけのDream timeください


紬(仲間だってたくさんできた。
  一人じゃできないことをたくさん知った)


――――お気に入りのうさちゃん抱いて


紬(その仲間たちと半年間一緒に過ごして、
  私はうんと大きくなれたわ)


――――今夜もおやすみ


紬(斉藤、私はもうお嬢様じゃなくて)


――――ふわふわ時間 ふわふわ時間

紬(一人の女なのよ)


ジャーン♪

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:48:30.14 ID:Su5flL8x0
ワアアアアア………
パチパチパチパチパチパチ

紬「…………」

澪「みんな、ありがとー!」

ぐいっ

澪「ひゃっ……!」

どたん

澪「あたたたたー……」

紬「あ」

律「いっ」

唯「う……」

澪「えっ!?」




斉藤「Oh......」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:55:32.42 ID:Su5flL8x0

――――

――――――――

――――――――――――

――――――――――――――――


音楽室。

澪「…………」

紬「…………」

澪「…………」

紬「…………」

澪「…………」

紬「…………」

唯「……どうする?」

律「どうにもならんだろ……」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:02:37.61 ID:Su5flL8x0
澪はライブ終了時にすっ転んで
客にパンツを晒してヘコみ、
そして紬はそのせいで
ライブが台無しになってヘコんでいる。

唯「ま、まあ、元気だしてよ、2人とも……」

澪「……」

律「澪もムギも、立ち直れよ」

澪「……無理だよそんなの……」

律「いいじゃないか、
  別に下着くらいさ、減るもんじゃなし」

澪「そういう問題じゃない!
  私のせいでライブをダメにしてしまったんだ、
  せっかくのライブを……」

紬「……」

澪「ごめんムギ、本当にごめん!!」がばっ

律「もー、何百回土下座すれば気が済むんだよ」

澪「それを決めるのはムギだよ……
  ムギに許してもらうまでは何度でもやる」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:07:58.60 ID:Su5flL8x0
紬「……」

唯「ほらムギちゃんもさ」

紬「……」

唯「澪ちゃんがこんなに真剣に謝ってるんだから、
  いつまでもへそ曲げてないで」

紬「……」

唯「過去のことを気にしても仕方ないよ、
  これからのことを考えよう」

律「お、良いこと言うなあ唯」

紬「コレカラノコト……?」

唯「そうだよ、告白するんでしょ?
  斉藤さんに」

律「そうそう」

紬「無理よ、そんなの……相手は執事よ、
  告白することさえ許されないわ」

律「自身をすっかり失ってらっしゃる……」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:16:42.33 ID:Su5flL8x0
紬「そうよ、最初から無理だったのよ……
  ライブも……告白も……
  私に恋なんて……
  人が生きる意味は……
  地球ができて46億年……
  そう人生など塵でしかない……」

澪「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」ガンガンガン

律「床に頭を打ち付けるのはやめろ」

唯「はあ、どうしよ……」

律「うーん……
  ムギの気が収まるまで待つしか……」

コンコン

唯「? はーい、どうぞお」

ガチャ
斉藤「軽音楽部、でよろしかったでしょうか」

澪「さ、斉藤さん」

唯「え、この人が?」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:23:13.24 ID:Su5flL8x0
律(オジイサンじゃないか……)

唯(ムギちゃんこういう趣味だったのか)

斉藤「お嬢様……」

紬「こ、来ないでちょうだい……
  今の私は貴方に合わせる顔はないわ……」

澪「すみませんすみません私のせいで」ガンガンガン

斉藤「そんなことはございません、お嬢様。
    私、お嬢様の演奏を客席から拝見しておりました」

紬「……」

斉藤「確かにライブにはハプニングがございましたが、
    それも予期できなかった事故、
    この方が悪いと言うわけではございませぬ」

澪「ありがとうございますありがとうございます」ガンガン

紬「私は完璧なライブを見て欲しかったのよ……」

斉藤「私にとっては完璧なライブでございました」

紬「嘘……」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:30:41.76 ID:Su5flL8x0
斉藤「嘘ではございません。
    お嬢様が、あんな大勢の前で
    立派に演奏をこなされたのです。
    それ以上に何を望みましょう」

紬「……」

斉藤「それに、演奏された曲は
    お嬢様がお書きになった曲でしょう」

紬「……斉藤も書いたでしょう」

斉藤「私はお嬢様の書いた曲を
    バンド音楽向けに編曲しただけでございます。
    あれは正真正銘、お嬢様の曲ですよ」

紬「……」

斉藤「聴衆は皆、お嬢様の曲に聞き惚れておりました。
    私もその一人でございます」

紬「……」

斉藤「お嬢様はライブを成功させたのですよ」

紬「……」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:37:57.88 ID:Su5flL8x0
斉藤「お嬢様……」

紬「……」

斉藤「どうか機嫌を……」

紬「……」

澪「すみませんすみません」ガンガン

斉藤「私は……どうすれば」

唯「それは斉藤さんが一番よく知ってるはずです!」

斉藤「!」

律「唯……!」

唯「だって、斉藤さんは昔からずっと
  ムギちゃんの一番側に居たんですから」

斉藤「……そう……そうですね。
    ありがとうございます、お嬢さん」

唯「はいっ」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:42:56.58 ID:Su5flL8x0
紬に歩み寄る斉藤。

斉藤「お嬢様」

紬「……、…………!!」

そして斉藤は、
そっと紬を抱きよせて
頭を優しく撫でたのであった。

唯「おお……」

律「ダイタンだな」

紬「ななななななななななにをするんですか斉藤!!」

斉藤「昔より、お嬢様が拗ねられた際には
    こうしておりました」

紬「わ、私はっ……拗ねてなんか……!
  とにかく離しなさい!!」

律「顔真っ赤だぞー」

紬「うるさいっ!」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:52:14.05 ID:Su5flL8x0
斉藤「知らないうちに大きくなられましたな」

紬「や、やめっ……」

斉藤「いや……大きくなったのは知っておりました。
    しかし目で見るのと、こうして触れ合うのとでは
    また印象が違うものですね」

紬「何を言って……」

斉藤「そして……目で見ても肌に触れても
    分からないであろうお嬢様の成長が、
    今日は感じることができました」

紬「……!」

斉藤「素晴らしいライブでしたよ、お嬢様」

紬「……」

斉藤「……大人になられましたな」ぎゅっ

紬「……っ」



唯律澪(私達はここにいて良いんだろうか)

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:58:37.31 ID:Su5flL8x0
斉藤「もう機嫌は直られましたかな」

紬「ええ……もういいわ」

斉藤「かしこまりました」

斉藤は紬を離した。

紬「……」

斉藤「お嬢様、皆様に言わねばならないことがあるでしょう」

紬「ええ。ごめんね、みんな……
  特に澪ちゃん、ほんとは澪ちゃんが悪いわけじゃないのに……
  その、私……」

澪「いやいいんだよ、気にしないでくれ」

律「デコから血がドバドバ出てるぞ」

紬「ありがとう、澪ちゃん……
  あと、素敵なライブにしてくれて、ありがとう」

律「どういたしまして」

唯「こっちこそありがとうだよ、ムギちゃん」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 23:03:49.55 ID:Su5flL8x0
斉藤「良い仲間を持たれましたな」

紬「ええ」

唯「それよりー、ムギちゃんこそ
  斉藤さんに言うことがあるんじゃないのー?」

斉藤「ほう」

紬「ちょ、ゆ、唯ちゃん……!」

唯「ほらほらー言っちゃいなよー」

律「おい唯~そういうのやめろよぉ~」

澪「そうだぞ~かわいそーだろ~」

紬「すごく嬉しそうな顔してるわねみんな」

斉藤「お嬢様、私に言いたいこととは?」

紬「っ……」

唯「言っちゃえムギちゃん!」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 23:09:31.44 ID:Su5flL8x0
澪「私達は外にでてようか」

律「そうだな。ほら唯」

唯「えー」

紬「ここにいてくださいお願いします」

澪「ムギって意外と意気地なしだな……」

紬「…………」

斉藤「…………」

紬「…………」

斉藤「……お嬢様?」

紬「えっと、その……」

斉藤「はい」

紬「私、斉藤が……」

唯「おっ」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 23:16:22.47 ID:Su5flL8x0
紬「斉藤が……斉藤に……」

唯「お?」

紬「斉藤に……
  もう、お嬢様って呼ばれるのは、嫌だわ」

斉藤「……」

唯「……」

澪「……」

律「なんだそりゃ」

紬「もう私お嬢様じゃないわ」

斉藤「そうでございますね」

紬「だから……
  名前で、呼んで」

斉藤「かしこまりました、紬さま」

紬「……、…………ありがとう」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 23:22:26.01 ID:Su5flL8x0
斉藤「これでよろしいのですか、紬さま」

紬「ええ…………充分よ」

斉藤「そうでございますか。
    では私は、家の仕事がございますので、
    これで失礼いたします」

紬「ええ」

斉藤「では」
ガチャバタン

唯「……」

澪「……」

律「てっきり告白するのかと思ったのに」

唯「そうだよ、拍子抜けだよ」

紬「いいのよ、今はあれで……
  それに愛の告白なんてする気はなかったわ。
  私がもう子供じゃないってことを、
  一人の女性だってことを分かってもらえれば、
  それで良かったの」

唯「ふうん……?」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 23:30:42.45 ID:Su5flL8x0
紬「今はスッキリしてるわ。
  素直に仲良くなれそうな気がする」

唯「そっか、良かったね。ムギちゃん」

律「ええ話や……なあ澪」

澪「……そうだな」

唯「いーなー、私も恋とかしたいなー」

律「お、恋に恋するお年頃てやつか」

紬「ふふ、唯ちゃんならきっと素敵な恋ができるわよ」

唯「ほんとにー?」

紬「ええ……って、唯ちゃん好きな人いるんじゃ?
  同じ中学だったサッカー部の」

唯「あっ」


     お   わ     り




241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 23:31:32.34 ID:Su5flL8x0
これでおしまい

前に斉藤→紬で書いたので
今度は紬→斉藤にした

オチは許せよ

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 23:34:11.55 ID:Su5flL8x0
>>243
斉藤「はあはあ、紬お嬢様っ……うっ!!」ドピュドピュ

コメント

No title

最後のに全部もってかれた

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。