FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルルーシュ「記憶喪失?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:03:07.78 ID:N/RFvwEp0
スザク「ああ、そうだ」

ルル「……スザク、冗談はよせ」

スザク「いいや、本当だ。わかっているんだろう?」

ルル「……」

スザク「本当に記憶を失っているんだ」

スザク「……――C.C.がね」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:05:37.34 ID:N/RFvwEp0
ルル「だが……そんなはずは……」

スザク「ルルーシュ、何か知っているのかい?」

ルル「……ああ、前にも一度同じことがあった」

スザク「! 前にも、記憶を失うほど強く頭をぶつけたことが!?」

ルル「……」

ルル「何だって?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:09:00.35 ID:N/RFvwEp0
ルル「おい、スザク。お前今何t」

スザク「そうか……もしかして記憶を失う癖でもあるのかもしれない」

ルル「いや、前は強く頭をぶつけたわけじゃn」

スザク「でもさ、頭をぶつけただけで記憶を失うなんておかしいよね」

ルル「だからそうじゃn」

スザク「リセットボタンみたいでさ、あはは!」

ルル「スザアアアァク!!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:12:19.52 ID:N/RFvwEp0
スザク「どうしたんだいルルーシュ? 急に大声を出して」

ルル「おい、C.C.は強く頭をぶつけたのか?」

スザク「うん、そうだよ」

ルル「一体何をしてるんだ、アイツは……!」

スザク「彼女を怒らないであげて欲しい。
     それには訳があるんだ」

ルル「……何があったのか知ってるのか?」

スザク「今から話す。落ち着いて聞いてくれ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:16:53.28 ID:N/RFvwEp0
スザク「ルルーシュ、君には癖や習慣はあるかい?」

ルル「まあ、あるだろうな。そういったものは、
    自分では気付かない所にもあるものだ」

スザク「そうだね、その通りだ。
     それじゃあ、反射的にやってしまう事は?」

ルル「それもさっきの答えと同じだ。
    ……良いから本題に入れ」

スザク「廊下でぶつかったら、反射的に投げ飛ばしちゃったんだよ。
     だから、彼女を責めないであげてくれ」

ルル「……?」

ルル「――それなら、原因はお前だろうが!?」

スザク「えっ? そうだよ?」

ルル「っ……!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:20:39.09 ID:N/RFvwEp0
スザク「だから彼女を責めないでくれって言ってるんじゃないか」

ルル「ほう……! さすがに気遣いが出来るなぁ……!」

スザク「当たり前だろう。だって僕は――」

スザク「――ナイトオブゼロ、だからね」

ルル「ははは……! ナイトオブゼロの仕事は、
    俺の仕事を増やす事だったのか……!」

スザク「僕は君の剣だからね」

ルル「スザクっ……!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:24:54.81 ID:N/RFvwEp0
スザク「ルルーシュ。ここで話し込んでいても、
     問題は何も解決しない。わかってるんだろう?」

ルル「ええい! 言われなくてもわかっている!」

スザク「だったら、今すぐ彼女の所へ行くんだ」

ルル「……何故お前が指示をする側なんだ」

スザク「僕は君の剣だからね。
     それに……僕達は友達だろう?」

ルル「っ……!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:29:54.82 ID:N/RFvwEp0
ルル「……まあ良い。それで、C.C.は今どこに?」

スザク「宮殿内の道場に居るよ」

ルル「ああ、お前が訓練をするために作らせた施設だったか」

スザク「畳の方が心が引き締まるんだ」

ルル「それで、C.C.は何をしてるんだ?
    そのまま放り出してきた訳じゃないんだろう?」

スザク「当たり前だろう? ちゃんと言い聞かせてからここに来た」

ルル「……それもそうか」

スザク「ルルーシュ、早く彼女の元へ行って欲しい。
     そうしないと、畳の編み目を数え終わってしまう」

ルル「お前は何を言い聞かせているんだ!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:35:09.15 ID:N/RFvwEp0
ルル「ええい、とにかく急ぐぞ!」

スザク「なんだかんだ言っておきながら、
     やっぱりC.C.の事が心配なんだね」

ルル「誰に対して“何だかんだ”言ったと思っている……!?」

スザク「急ごう、ルルーシュ」

ルル「仕方が無い……!」

スザク「記憶を失ったC.C.は、数は20までしか数えられないらしいけど、
     それでもやり遂げる気がするんだ」

ルル「お前という奴は……!?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:39:28.27 ID:N/RFvwEp0
     ・    ・    ・

ルル「……はぁ……はぁ……!」

スザク「相変わらず体力が無いなぁ」

ルル「はぁ……俺は……頭脳労働……タイプなんだ……!」

スザク「勿論知ってるよ。だけど、体も鍛えるべきだと思う」

ルル「ええい、うるさい!……C.C.はどこだ?」

スザク「……あそこに居るよ」

C.C.「――19……20……えっと、20の次は……」

ルル「……やはり“あの”状態か」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:42:49.35 ID:N/RFvwEp0
ルル「……おい」

C.C.「はっ、はいっ! すっ、すみません!
   まだ全部数え終わってなくて……す、すぐにやります!」

スザク「なんだ、まだ数え終わってなかったのか」

ルル「いや、もうそんな事はしなくて良い」

C.C.「で、でも……」

スザク「やれやれだ。君もそう思うだろう? ルルーシュ」

ルル「スザク、少し黙っていてくれないか?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:47:14.36 ID:N/RFvwEp0
ルル「俺の事がわかるか?」

C.C.「はい、ご主人様です」

スザク「それにしても、普段と全然違うな」

ルル「だったら、俺のいう事が聞けるな」

C.C.「わっ、わかりました!」

スザク「ルルーシュ。僕は、今のC.C.の方が素直で良いと思う」

ルル「スザク、確かにそうかも知れんが黙っていろ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:50:33.11 ID:N/RFvwEp0
ルル「……問題は、どうやって記憶を戻すかだな」

スザク「もう一度投げ飛ばしてみるかい?」

C.C.「ひうっ!?」

ルル「ああいや! そんな事しないから安心して良い」

C.C.「すみません……すみません……!」

スザク「このC.C.……少し面倒だね」

ルル「スザアアアァァァク!!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:53:24.57 ID:N/RFvwEp0
ルル「大丈夫だ。俺が絶対にそんな真似はさせない」

C.C.「ご主人様……」

ルル「だから、もう怯えるのはよせ」

C.C.「ご、ご命令でしたら……」

ルル「命令じゃない。これは、お願いだ」

C.C.「……お願い……」

スザク「いいや、命令すべきだ」

ルル・C.C.「……」

ルル・C.C.「えっ?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:57:28.07 ID:N/RFvwEp0
スザク「確かに、命令よりもお願いの方が聞こえは良い。
     だけど、それには強制力が無いんだ」

スザク「ルルーシュ……ギアスを使ってきた君が、
     どうして今そこで命令することを躊躇うんだ」

スザク「ここで命令をしないのは――逃げだ」

スザク「その方が話がスムーズにいくし……
     何より、僕はちょっと面倒になってきたから」

ルル「C.C.、お願いだ」

C.C.「はっ、はい……わかりました」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:03:13.32 ID:N/RFvwEp0
ルル「やはり、医者に見せるのが一番か?」

C.C.「すみません……何か失敗をしたんですよね……」

スザク「いいや、君のせいじゃない」

ルル「そうだ。だから、お前が気にする事はない」

C.C.「……ありがとうございます」

スザク「あれは事故だったんだ。誰の責任でもないよ」

ルル「いいや、お前のせいだ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:10:11.17 ID:N/RFvwEp0
ルル「……とにかく、医者にみせてみるか」

C.C.「お医者様……?」

ルル「ああ。ほら、立つんだ」

スッ…

C.C.「す、すみません! 私なんかのために手を……!」

ルル「……“私なんか”なんて言うな。
    それに、こういう時は素直に礼を言うものだ」

C.C.「は、はい! ありがとうございます」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:14:03.63 ID:N/RFvwEp0
ルル「よ、っと」

グイッ!

スザク「掛け声が必要なんて、力が無いなぁ」

ルル「うっ、うるさい!」

スザク「さあ、早く医務室に行こう」

ルル「っとと……!」

ヨロヨロッ……!

C.C.「ひゃあっ……!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:17:51.60 ID:N/RFvwEp0
スザク「? 早く行こうよ」

ルル「すっ、スザクどけっ!」

C.C.「あわわわっ……!?」

ヨロヨロッ……!

スザク「? 何をして――」

…トンッ

スザク「生きる!」キュィィン!


ルル・C.C.「!?」


――ゴチィンッ!……ドサッ!


つづく

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 19:19:00.77 ID:N/RFvwEp0
一服

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:56:00.11 ID:N/RFvwEp0
>>29
     ・    ・    ・

C.C.「……痛っ……!」

スザク「気がついたかい? C.C.」

C.C.「スザクか……おい、私に何があった?」

スザク「待って欲しい。今、大変な事が起きてるんだ」

C.C.「……何?」

ルル「大丈夫ですか? 痛む所はありませんか?」

C.C.「……」

C.C.「はっ?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:59:12.68 ID:N/RFvwEp0
C.C.「おい、“それ”は何の真似だ?」

ルル「それ、とは……?」

C.C.「とぼけるな。その喋り方だ」

スザク「いいや、ルルーシュはとぼけてなんかない」

C.C.「コイツがこの調子でとぼけていないとでも?」

ルル「……すみません」

C.C.「聞いただろう。何があったにせよ、
    ルルーシュが素直に私に詫びるものか」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:04:08.32 ID:N/RFvwEp0
スザク「……口で説明するより、見たほうが早い」

C.C.「……?」

スザク「ルルーシュ、君の妹の名前は?」

ルル「? スザク、俺には妹はいないだろう。
    居るのは弟のロロだけだ」

C.C.「!?」

スザク「これ分かって貰えたと思う」

C.C.「……」

C.C.「記憶喪失?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:08:41.58 ID:N/RFvwEp0
C.C.「おい……冗談だろう?」

ルル「……確かに記憶が曖昧な所もあります」

ルル「どうして俺がブリタニアの宮殿に居るのか、
    どうして貴方が倒れている所に居合わせたのかの記憶が……」

C.C.「……」

ルル「ブリタニアの貴族の貴方に怪我をさせてしまっては、
    記憶が無いとはいえ申し訳が立ちません……」

C.C.「……本当……なのか」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:13:02.04 ID:N/RFvwEp0
ルル「……」

ルル(まずい……! 本当に思い出す事が出来ない!)

ルル(……俺は確か、ロロと学園からバイクで移動していたはずだ)

ルル(なのに、この状況は何だ? 一体どうなっている!)

ルル(それにこの女、スザクが言うにはブリタニア貴族というじゃないか)

ルル(傲慢なブリタニア貴族の怒りを買ったとなっては……!
    それに、本国に居るとなっては退路は全て絶たれたようなもの……!)

ルル「っ……!」

ルル(ここは……機嫌を取っておくしかないか……!)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:15:00.62 ID:N/RFvwEp0
C.C.「……」

ルル「あの……」

C.C.「――ふふっ!」

ルル「えっ……?」

C.C.「そうか、忘れてしまったのか」

ルル「っ! す、すみまs」

C.C.「私達は将来を誓った仲だと言うのに」

ルル「……」

ルル「えっ?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:19:11.12 ID:N/RFvwEp0
ルル「……将来を誓い合った?」

C.C.「ああ、そうだ」

ルル「あの、何かの間違いでは……?」

C.C.「スザク。私とルルーシュが“そういう”関係だと、
   お前も嫌と言う程知っているだろう?」

スザク「勿論さ。忘れるはずがない」

ルル「……!?」

スザク「ちなみに、“そういう”意味では僕とも将来を誓い合った仲だ。
     今は忘れてしまっているようだけど、これは真実だ」

ルル「……い……!」

ルル(意味がわからない……! ええい、一体どうなっているんだ!?)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:26:17.94 ID:N/RFvwEp0
C.C.「……それを忘れてしまうとは、お前は本当に酷い奴だ」

ルル「すっ、すみません!」

ルル(俺が、この女と将来を誓い合った仲だと!?)

ルル(つまり、俺とコイツは婚約者同士だった、
    という事なのか……!?)

ルル(記憶が無いとはいえ、
    ブリタニアの貴族が俺を自分の婚約者だと騙すか?)

ルル(……有り得ない。酔狂だとしても、家の名前に傷がつく可能性がある。
    暇つぶしというメリットに対して、デメリットが大きすぎる)

C.C.「……ふふっ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:33:50.78 ID:N/RFvwEp0
ルル「っ……!」

ルル(やはりここは、スザクに助け舟を寄越して貰うしか無いか……!)

ルル「――なあ、スザク。お前からも何か言っt」

prrrr!prrrr!

スザク「このコール音……また暴動がおきたのか!
     早く行かないと、多くの血が流れてしまう……!」

ルル「……」

ルル「えっ?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:37:24.28 ID:N/RFvwEp0
スザク「――すまない、ルルーシュの事は任せた」

C.C.「ああ」

ルル「おい、スザク……?」

スザク「ルルーシュ、僕は君の剣となる。
     そして、彼女は君の盾となってくれる人間だ」

ルル「何を言ってるんだ!? 意味がわからないぞ……!」

スザク「ナイトオブゼロ、枢木スザク! 行って参ります!」ビシッ!

ルル「まっ、待て! せめてもう少し説明を……!」

ルル「スザアアアァァァク!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:41:00.32 ID:N/RFvwEp0
ルル「くっ……!」

ルル(本当に行くとは……)

ルル(だが、ナイトオブゼロとは何だ?
    ラウンズはナイトオブワンから始まるはずだが)

ルル(……失った記憶の中で何があったというんだ)

C.C.「――おい」

ルル「っ!……はい」

ルル(そして……この女は何だ)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:44:50.96 ID:N/RFvwEp0
C.C.「ふふっ。お前が私に対して、
   そんな返事をする日が来るとは夢にも思わなかったぞ」

ルル「そう……ですか」

C.C.「ああ、そうだとも」

ルル「……」

ルル(情報が少なすぎる……!)

ルル(……今はとにかく、この女から機嫌を損ねずに情報を引き出すしかない)

ルル(あの……お聞きしてもよろしいですか?)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:50:12.88 ID:N/RFvwEp0
ルル「記憶を失ったままでは、貴方に失礼だと思いました。
    なので、お話を聞けば何かきっかけになるかと……」

C.C.「ほう、確かにそれもそうだな」

ルル「では――貴方のお名前は?」

C.C.「C.C.だ」

ルル「し、C.C.? 変わったお名前ですね」

C.C.「よく言われるよ」

ルル「で、では――貴方の年齢は? 見た所、俺とさほど変わらn」

C.C.「女に歳を聞く……か」ギロリ

ルル「っ……!?」

ルル(何故不機嫌になる!?)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 20:51:13.73 ID:N/RFvwEp0
>>50
>ルル(あの……お聞きしてもよろしいですか?)



ルル「あの……お聞きしてもよろしいですか?」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:56:50.72 ID:N/RFvwEp0
ルル「で、では――俺とC.C.様はどうやって――」

C.C.「C.C.で良い。“様”はいらん」

ルル「……わかりました」

C.C.「敬語もやめろ。聞いていてむず痒くなってきた」

ルル「……ああ、わかった」

ルル(……このC.C.とか言う女、随分と偉そうだな)

C.C.「どうした?」

ルル「――いや、何でもない」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:00:48.34 ID:N/RFvwEp0
ルル「それじゃあ――俺とC.C.が知り合ったきっかけは?」

C.C.「囚われていた私をお前が開放したんだ」

ルル「……えっ?」

C.C.「そして、その時私は思った」

ルル「……何と?」

C.C.「見つけた、とな」

ルル「……」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:06:10.61 ID:N/RFvwEp0
ルル(俺が、囚われたブリタニアの貴族を解放……?)

ルル(……記憶に無いとはいえ、物理的にではなく、
    何かの別の事の表現を変えているんだろう)

ルル(自由の少なかった貴族としての生活から開放した、
    という所か……)

C.C.「――出会って別れた後、私達は再会した」

ルル「それは……どこでだ?」

C.C.「お前の家だ」

ルル「!?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:09:44.52 ID:N/RFvwEp0
C.C.「お前はもう二度と会えないと思っていたのか、
    私が居たのを見てとても驚いていたぞ」

ルル「いや……それは流石に驚くだろう」

C.C.「そういえば、お前は驚きのあまりカップを落としていたな」

ルル「……その後は?」

C.C.「そのまま一緒に暮らした」

ルル「!?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:13:09.29 ID:N/RFvwEp0
ルル(ぶ、ブリタニア貴族と生活を共にした……!?)

ルル(何だそれは……! 何があったというんだ……!?)

C.C.「そうだな――お前のベッドの寝心地は良かったぞ」

ルル「お……あ……!?」

C.C.「何をそんなに驚く必要がある?」

ルル「ああ、いや……」

ルル(まずい……これは非常にまずい……!)

C.C.「……ふふっ」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:20:51.91 ID:N/RFvwEp0
ルル(ブリタニアの貴族を傷物にしておいて、
    覚えていないで済むはずがない……!)

ルル「!」

ルル(俺が宮殿に居るのも、それに関わる事か!?)

ルル(……考えられるパターンは24パターン)

ルル(その内、現実的なものが……くそっ、この女の話しかない!)

ルル(つまり、この女は嘘をついていないという事に……!?)

ルル「くっ……!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:27:58.49 ID:N/RFvwEp0
ルル「……どうやら、C.C.の話は本当らしいな」

C.C.「なんだ、疑っていたのか?」

ルル「ああ、まあな。それも当然だろう?」

C.C.「それもそうだな」

ルル「それに、俺とお前が将来を誓い合った仲だと言うのなら、
    こういう時には俺は疑うものだと知っているはずだ」

C.C.「当然知っていたとも」

ルル「……くえない奴だ」

C.C.「それはお互い様だろう?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:33:06.66 ID:N/RFvwEp0
ルル「しかし……参ったな。このままでは色々と都合が悪い」

C.C.「確かにな。何か思い出さないのか?」

ルル「いいや、全く」

C.C.「ふん、使えない奴め」

ルル「黙れ。……と、この調子で話していたのか?」

C.C.「そうだな」

ルル「だとすれば……相当気心の知れた関係だったんだな」

C.C.「不可抗力とはいえ、心の中を覗かれた程度にはな」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:37:49.88 ID:N/RFvwEp0
ルル「……すまない、C.C.」

C.C.「いきなりどうした」

ルル「俺は、お前の本当の名前を思い出す事すら出来ないでいる。
    それなのに、お前は……」

C.C.「気にするな。私達の契約は、
   記憶が無くなった程度で破棄されるものではない」

ルル「……」

C.C.「私とお前は共犯者。お前が世界を敵に回しても、
   私だけはお前の味方でいるよ、ルルーシュ」

ルル「……」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:42:43.07 ID:N/RFvwEp0
ルル「C.C.……」

C.C.「……何だ?」

ルル「俺が……いや、記憶をなくす前の俺が、
    お前を選んだのは間違いじゃ無かったようだ」

C.C.「そうだとも。私はC.C.だからな」

ルル「C.C.……」

C.C.「……ルルーs」

ドンドンドンドンドンッ!

ルル・C.C.「っ!?」

『ルルーシュ様――ッ! 記憶がホワ――イ!』

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:47:27.23 ID:N/RFvwEp0
ルル「なっ、なんだこの叫び声は!?」

C.C.「……ふん」

ガチャッ!

ジェレミア「おっおおおっお、おいたわしや!
     老いた鷲や! おいタワシ屋――ッ!!」

ぎゅううっ!

ルル「ぐおおおおっ!?」

ポキポキンッ!

ジェレミア「嗚呼っ! このジェレミア・ゴットバルト!
     忠義の嵐がハグで涙がノンストップです!」ダーッ!

ルル「ぐああああっ!?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:51:29.37 ID:N/RFvwEp0
ジェレミア「記憶してください! 記憶してください!」

ルル「は、離……!?」

ポキポキンッ!

ジェレミア「忠義の名はオレンジです!」

ルル「きっ、聞いてな……!?」

ジェレミア「この私が居ながら、なんという不覚を!
     申し訳ありません、ルルーシュ様……!」

ルル「こ……は……!?」

ポキポキンッ!

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:54:42.54 ID:N/RFvwEp0
C.C.「――オレンジ君、そのへんにしといてやれ」

ジェレミア「まだまだ! 私の忠義がこの程度だと思うな!」

C.C.「お前が忠誠を誓う相手がいなくなってしまうぞ?」

ルル「」

ジェレミア「ど、どうなされたのですかルルーシュ様!?」

C.C.「……お前が原因だろう」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:57:47.65 ID:N/RFvwEp0
ジェレミア「お、おお……ワタシは何と言うことを……!?」

C.C.「……ふん」

…ガチャッ

スザク「――戻ったよ」

ルル「」

スザク「って、大丈夫かいルルーシュ!?
     誰がこんな酷い事を……!」

ジェレミア「お、おああ……ワタシは……ワタシは……!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:03:18.84 ID:N/RFvwEp0
スザク「この状態……あまりにも酷すぎる」

スザク「これだけの怪我、もしも過失だったとしても
     許されるようなレベルじゃない」

スザク「……あと一歩で命を落とす所だった」

スザク「誰がルルーシュをこんな目に遭わせたんだ?
     ソイツは……人間じゃない……!」

C.C.「そこで機能停止している奴だ」

ジェレミア「」

スザク「ジェレミア卿……何故こんな真似を……!」

C.C.「……ふん、私が知るか」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:08:05.29 ID:N/RFvwEp0
スザク「それで……結局どうなったんだい?」

C.C.「私に聞くな」

スザク「あれ? なんだか機嫌が悪いね」

C.C.「……」

スザク「もしかして、記憶の無いルルーシュをけしかけて、
     良いムードになった所をジェレミア卿に邪魔されたのかい?」

C.C.「!? そ、そんなはずが無いだろう」

スザク「そうだよね、確かにその通りだ」

C.C.「そ、そうだとも」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:10:59.99 ID:N/RFvwEp0
C.C.「仮に……仮にだぞ?」

スザク「?」

C.C.「もしも私がそうしたとしても、
    それはルルーシュが記憶が戻った時にからかえるからだ」

スザク「でも、君はそうしてないんだよね」

C.C.「もっ、勿論だ」

スザク「良かった。君が人の道をはずれていなくて」

C.C.「……」

C.C.「ひ……人の道……?」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:16:47.34 ID:N/RFvwEp0
スザク「記憶を失っている人間をけしかけるなんて、
     これほど卑怯な手段はいつものルルーシュでもしない」

スザク「いや、するかもしれないな。
     いやぁ、絶対するよルルーシュなら」

スザク「――でも、それはやっちゃいけない事だ。
     僕達は大きな罪を背負っているし、これからもそれは増えていく」

スザク「けれど――それでも、変態という罪は背負いたくない」

C.C.「へ、変態……?」

スザク「ああ。人の道を外れた変態だ」

C.C.「……」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:21:58.53 ID:N/RFvwEp0
スザク「例え未遂であったとしても罪は罪。
     それに、間違った手段で得た結果に意味は――」

C.C.「……」

スザク「って、どうしたんだい?」

C.C.「……いや、何でもない」

スザク「C.C.、悩みがあるのなら話して欲しい。
     話せば楽になるって事もあるんだから」

C.C.「……いや、いい」

スザク「さすがにその落ち込みようは放っておけないよ」

C.C.「いいと言っているだろう……!?」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:27:15.55 ID:N/RFvwEp0
ルル「ぐ……う……!?」

スザク「! 気がついたのかい、ルルーシュ!」

C.C.「……助かったか」ボソッ

ルル「く――クロヴィス……?
    その絵は……まさか……?」

C.C.・スザク「!」

スザク「記憶が戻ったんだね!」

C.C.「ああ、これで――」

ルル「ユフィ……すまない……」

スザク「――安心だ! 良かった良かった!」

C.C.「どう見ても良くないだろう!?」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:31:50.15 ID:N/RFvwEp0
C.C.「おい、目を覚ませルルーシュ!」

ユサユサ!

スザク「C.C.、その状態で揺らすと……」

ジェレミア「」

ぎゅうっ!

ルル「お……ぁ……」

ポキポキンッ!

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:40:17.95 ID:N/RFvwEp0
C.C.「……これは……」

スザク「体を揺らさずにルルーシュを起こさないと」

C.C.「オレンジ君を先に起こしたら、
   同じことの繰り返しになるかもしれない、か」

ジェレミア「」

スザク「僕達の声は届いてなさそうだし……」

ルル「俺は……お前みたいな髪型には……絶対にしない……!」

スザク「キスでもしてみたら? 記憶もちゃんと戻るかもしれないし」

C.C.「……」

C.C.「何?」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:44:28.44 ID:N/RFvwEp0
C.C.「おい……どういう意味だ?」

スザク「えっ? だって、前はそうやって記憶を戻したんだろう?
     それに、お姫様のキスで目覚めるなんて話もあるし」

C.C.「何故……それを知っている」

スザク「?」

C.C.「キョトンとするな!」

スザク「ルルーシュに聞いたんだけど……。
     あっ、まずい! これはここだけの話だって言われてたんだ!」

C.C.「……」

スザク「聞かなかった事にしてくれるかい?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:50:02.53 ID:N/RFvwEp0
スザク「手段は同じでも、目的が違うなら話は別だ」

スザク「僕がさっき言った理由なら変態だけど、
     今はルルーシュの目を覚まし、記憶を戻すという理由がある」

スザク「だからC.C.……ルルーシュにキスしてくれ。
     ルルーシュの盾になってくれ」

C.C.「……後半は関係無いだろう」

スザク「するのかい? しないのかい?」

C.C.「いや、それは……」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:53:42.60 ID:N/RFvwEp0
C.C.「……」

スザク「早く決めるんだ。
     早くしないと、ジェレミア卿が先に目を覚ます」

C.C.「……」

C.C.「……仕方ない。仕方なくキスしてやるか。
   ルルーシュのような童貞坊やには仕方なくな」

スザク「前置きはいらないんだけど」

C.C.「くっ……!」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:57:45.17 ID:N/RFvwEp0
C.C.「おい、ルルーシュ」

ルル「……ぁ……」

C.C.「……起き――」

ジェレミア「……うう~ん! よく寝たな!」

C.C.「!? お、オレンジ君が先に目覚めた……!?」

ジェレミア「はて……? ここは……?」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 23:00:12.70 ID:N/RFvwEp0
ジェレミア「!?」

ルル「……ぃ……」

ジェレミア「一体何がどうなっている!?」

C.C.・スザク「っ!」

ジェレミア「ワタシが抱きしめているこの少年は何者だ!?」

ジェレミア「ぬうぅ!? 何故、何も思い出せノットなのだ!?」

C.C.・スザク「……」


スザク「記憶喪失?」


おわり

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/03/07(日) 23:06:23.37 ID:N/RFvwEp0
こんなくだらないもん最後まで読んでくれてありがとう
複数パターン書こうとしたけどめんどくなった
落としておやすみ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。