FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上嬢とうこ物語、第1話

25 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] 投稿日:2010/09/06(月) 21:53:16.70 ID:XFSv01co [2/9]
※注意書き※

おかしな電波をキャッチしてしまいました
もしも上条さんが女の子だったらというSSです
オカマじゃありませんよ
外見は黒髪ロング(切るの面倒で伸ばしてた感じ)のちょっとボサっとした髪型で想像してください。
もちろん美人設定です(笑)

26 名前:上嬢とうこ物語、第1話 ◆QXQDE8vvhs[saga] 投稿日:2010/09/06(月) 21:55:19.90 ID:XFSv01co [3/9]
上嬢「ふーんふーん、っと。さーて1学期も今日で終わりだし、パーッと何か食べますかぁ」

結構な美人だけどどこか不幸っぽい印象を受ける少女、上嬢とうこはファミレスで活き込んでいた。
メニューを真剣に凝視し、むむむっ、と眉を寄せて悩む。

上嬢「ダイナマイトジャンボパフェ!これで行くわよ!さーぁどんと来い!」

ベルを鳴らして注文する。

ニーソに包まれた細くて綺麗な足をぶらつかせ、パフェが来るのを待つ。

店員「すみません、お冷になりま…っきゃ!」

上嬢のところに水を持ってきた店員が、その場で躓いて水を零した。
不幸な星の元に生まれた少女、上嬢とうこは見た。
自分の頭上に、降って来るグラスを。
これでも上嬢は平均的な女子の体型なのだ。
上嬢より大人である店員の手の位置が、上にあったのだろう。

ビシャッ

上嬢「……あー不幸だ」

あははー、と乾いた笑みを浮かべる。
もちろん服は乾いていない。
夏服ということで、上はシャツにリボンだったのだが、びしょぬれだ。
おかげで下着まで見えて、貧相な胸が……。

上嬢「う、わぁぁっ!ち、違うぞ!?あたしはまだまだ成長期なんだからな!?」

誰に対して言っているのかわからない。
とそこでハッとして。

上嬢「大丈夫ですか?店員さん。これ、あたしのタオルですけど」

同じく濡れてしまった女性店員の髪を拭いてあげる。

店員「あっ、す、すみませんお客様!」

上嬢「おぉっと。あんま動かないでよねー、髪がまだ拭けてないんだから」

店員「い、いえそのっ」

顔を赤くする店員。
上嬢は気にしない。

上嬢「よっと。はい、終ー了。災難だったわね、立てる?」

店員「あっ……は、はい」

27 名前:上嬢とうこ物語、第1話 ◆QXQDE8vvhs[saga] 投稿日:2010/09/06(月) 21:57:29.60 ID:XFSv01co [4/9]
顔を赤くして縮こまる店員。
旗立ての瞬間である。
何を隠そうこの少女、とにかく同性にフラグを立てやすいのだ。
そこら辺の男の子よりも強く、かっこよく、そして綺麗。
そして優しくて、王子様のようにピンチに駆け付けてくれる。
そんな女子なのである。
友人の金髪少女からは、「う、羨ましいにゃっ。私ももっと妹に好かれたいのにー」とよく嫉妬されているほどだ。

上嬢「さて、パフェはまだかなっと」

店員も行ってしまい、上嬢は座って待つことに。
とそこで騒がしい声を聞いた。

上嬢「ん?――――あいつら…!」

不良に絡まれてる女の子を発見し、上嬢は立ち上がった。

上嬢(仕方ない。助けてあげるかなー)

スタスタと、近付いて行く。

不良1「あん?なんだテメェ」

上嬢「コホン。え、えぇーと。やめなさいよ、アンタたち。中学生相手にナンパなんて」

不良2「あぁ?女は引っ込んでろや!」

不良3「よく見るとお前もかなり可愛いなぁオイ」

不良4「悪ぃ、俺こっちのが好みだわ。お前らと違ってロリコンじゃねーし」

不良1「だ、誰がロロロリコンだコラァ!お、俺だってこの黒髪女にときめいたよコンチクショウ!」

上嬢「あ、アレ?」

美琴「……」

上嬢(なんだかおかしな方向に…?)

上嬢「と、突然の告白は嬉しいんだけどぉ…急用を思い出しました!ロリコンのお兄さんたちじゃぁね!」

と、不良たちを挑発し、上嬢はファミレスを跳び出した。

不良ズ「…………」

美琴「……」

不良「……って待てやコラァァ!!」

上嬢の狙い通り、不良たち全員が、上嬢を追いかけてファミレスを飛び出した。

28 名前:上嬢とうこ物語、第1話 ◆QXQDE8vvhs[saga] 投稿日:2010/09/06(月) 21:58:49.15 ID:XFSv01co [5/9]
~~~~~


上嬢「はぁ……はぁ……」

上嬢「これだけ走れば……巻いたかしら?」

橋の上で立ち止まる上嬢。
そこに、足音が響いた。

美琴「何やってんのよアンタ」

上嬢「げっ……」

美琴「不良を守って善人気取り。熱血教師ですか?」

上嬢「あいつらが追いかけて来なくなったのって……」

美琴「うん。面倒だから私がやっといた」

上嬢「……」

上嬢「なんて言うか……不幸だなぁ」

美琴「ねぇアンタ、レールガンって知ってる?」

上嬢「は?」

美琴が、コインを弾いた。

美琴「フレミングの法則を使ってやるんだけど。こういうのを言うらしいのよねっ!」

直後。
上嬢の真横を、音速の三倍で飛び出した超電磁砲が空気を裂いて地面を削った。
思わず頬に嫌な汗を浮かべる上嬢。

上嬢「……まさか、連中を追い払うのそれを?」

美琴「バカにしないで。無能力者の撃退法くらい、心得ているわよ」

そう。

上嬢(あたしが助けようとしたのは絡まれてたコイツじゃない。あいつらのほうだ)



29 名前:上嬢とうこ物語、第1話 ◆trP4Cm8WhE[saga] 投稿日:2010/09/06(月) 22:00:46.70 ID:XFSv01co [6/9]

上嬢「はぁ……君が七人しかいないレベル5の一人だってのは知っているけどさ、あんまり人を見下すような発言、しない方がいいわよ?」

美琴「……」

美琴「……強者のセリフよね」

バチンバチン、と美琴の額から紫電が飛び散る。

上嬢「ちょ、ちょっと!あたしだってレベル0だぞ!?」

慌てる上嬢に構わず、美琴はバカみたいに巨大な電撃を上嬢に放った。
上嬢は即座に右手を構える。

しばらく、橋の上で電流が飛び散った。

煙が立ち込める中、

美琴「で?レベル0のアンタが何で、傷一つないのかしら?」

上嬢とうこは無傷のまま、立っていた。
そして、ふっと笑う。

上嬢「何て言うか、不幸っていうか……」

不敵なその様子に、美琴は思わず後ずさる。

上嬢「ホントについてないわよ、君」


その日、巨大な雷が落下し――上嬢の部屋のブレーカーが落ちた。

30 名前:上嬢とうこ物語、第1話 ◆QXQDE8vvhs[saga] 投稿日:2010/09/06(月) 22:02:12.64 ID:XFSv01co [7/9]
以上です。
とっても短かったですねwwしかも3レスで収まってないwww

失礼しましたっ

Tag : とあるSS総合スレ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。